青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思ふ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思つて ~思はず 思はず~ ~思はれた ~思はれる 思はれる~ ~思ひ 思ひ~ ~思ひます ~思ふ
思ふ~
~思へ 思へ~ ~思わず 思わず~ ~思わない 思わない~ ~思わなかった ~思われ 思われ~ ~思われた

「思ふ~」 10630, 115ppm, 917位

▼ 思ふ~ (2993, 28.2%)

68 私は 43 急に 39 彼は 22 今度は 18 彼女は 15 僕は 14 それは, 彼の, 私の, 自分の 13 それが 12 瑠璃子は, 美奈子は 11 云ふ 9 自分は 8 こんどは, 俺は, 彼女の, 渠は 7 いふこと, さうで, それを, 大違, 妙に, 胸が, 言ふ 6 すぐに, 何か, 僕の, 次の, 気が, 自分が 5 あつしは, これは, みのるは, 不意に, 信一郎は, 實に, 直ぐに, 腹が

4 [21件] いふの, お末, さすがに, そこに, ちよつと, パツと, 一方では, 主人の, 二人は, 今の, 何も, 俄に, 其高い, 早や, 涙が, 眼が, 美奈子の, 義男は, 義雄は, 見えて, 違ふ

3 [33件] あとは, しも, そこの, そのま, その次, た, なけれど, ひよい, ます, われながら, ゐても, 人の, 何んだ, 入院させ, 夜の, 夢の, 女の, 女は, 嬉しさ, 忠興は, 忽ち又, 怖ろ, 或る, 昔の, 汽車は, 滝本は, 瑠璃子の, 直ぐまた, 私には, 私も, 胸の, 膝の, 逸子は

2 [184件] いきなり眼, いきなり私, いくらか, いつでも, いつもの, うれしいやう, うんざりする, お光, お定, かれは, きつと, くるりと, こいつは, このか弱い, これも, さう, さうでなく, すぐまた, すべての, そぞろに, その吉野, その拳, その火山, それで大抵, それに, それにしても其娘, そんなこと, だにも, だん, とてもそんな, とてもとんちんかん, どうした, ふいと, ふとその, ほりに, ほりの, また, またお, またさ, また女, また急, また此方, また目, また議会, もうどうしても誰, やがてそれ, わけも, わたしは, ギャッといふ, ハツと, ブウと, ホッと, モウ私の, ワツと, 一人の, 一刻も, 一向そんな, 一斉に, 一方には, 一時に, 一本出し, 一種の, 不思議な, 不恰好な, 人程, 人間の, 今まで, 今までの, 今更の, 他人の, 他合, 代助, 何うし, 何が, 何となく嬉しい, 何を, 何物にも, 信一郎の, 元の, 先づ床の, 先生は, 兵士は, 其お, 其れ, 其処に, 其夫の, 其梅野といふ, 判事の, 力一杯頭突, 勝平は, 又もや涙, 右の, 同時に私, 大きな聲, 大粒の, 大違ひで, 妙な, 嬉しくて, 安閑と, 実に同情, 家の, 家中の, 小鳥の, 左の, 己は, 平次も, 平生烈しい, 彼が, 心が, 忽ち何, 忽ち心, 忽ち机, 思ふだけでも, 恐ろしくなる, 悚然と, 愚かな, 慄然と, 慌て, 扉が, 抑へ, 斯うし, 昨晩の, 朝子は, 村瀬は, 樽野は, 此過去の, 死んで, 殆ん, 残つた半分を, 殘念で, 殿の, 氣が, 氣の, 氣味が, 渠には, 渠の, 無暗に, 煙が, 照子は, 熱い涙, 熱かい, 生きて, 申すの, 痛快な, 癪に, 直ぐその, 直ぐにも, 相手の, 眼の, 矢庭に, 私が, 私どもは, 突然, 突然けたたましく, 突然土間, 素早く蛇, 義雄には, 胸には, 腰が, 腹の, 自分ながら, 自分も, 自然に, 若僧は, 見る間, 言つたさうである, 詠むならば, 誰しも, 誰も, 赫と, 足の, 足を, 道が, 酒臭い, 野々宮は, 野村は, 間もなく車掌, 闇の, 阿母さん, 隣の, 雨が, 颯と又, 馬鹿, 骨の

1 [1967件 抜粋] あさましい, あつけなく思はれた, あの公園裏, あの広い, あの絶筆, あの音, あまりの, ある国, ある時, あゝし, いきなりそこ, いきなりみち子, いきなり妙, いきなり楢雄, いきなり階下, いくらか心, いたましい氣持, いつそ美奈子, いつの間にかふけ, いつも腹立たし, いふ, いへども, いやん, うしろへ, うんざりした, お, お傍, お妻, お父様, かういふ簡単, かの北海新聞記者, きゆうツ, くるつと, けろつとして, こちらが, このロシヤ, この場合, この月光さ, この白, この頃流行, これを, こんな暮し, さうでない, さきに, さみしい, しばらくし, すぐまた引きずり落される, すぐ岸, すぐ眼, すぐ間近, すべてが, するりと呑まれ, そこでも, そのあと, そのついで, そのまま昏, その一刹那, その五分間, その儘凝, その儘髯, その場, その昔馬賊, その毛筋, その理想, その瞬間, その芸術品, その間が, その隣り, それだけ, それほどき, そんな婆あと, ただつ, たちまち妖女, たまらなかつたん, だしぬけに, ちやんと, ぢつと, つい何事, つい身, つまらないその, とても堪らない, どうしてもぢ, どうせさう, どうやら自分, どこからとも, どんなに樂, なか, なほ, なんとなく胃袋, なんべ, のんびりする, はや寒々, ぱつたりと卓子に, ひつたり, ひとりの, ぴかりと何やらその, ふと坐る, ふられた奴, ほかの, ほろりと, ぽん, またおき, またするする, またの日は, またパッ, また何者, また心, また炭, また虚言, まだ三十そこそこ, まだ茶の間, まつし, まるで電気, みんなみんな自分の, もうその後, もうむつ, もう一つ, もう一里, もう其, もう四辺, もう小僧, もう怡, もう由藏, もう自分, もう違, もえ上るやう, もはや私, やがてひ, やがて何処, やがて義淨, やくざな, やつ, やはりけ, よくあれ, わしは, われを, イドリスは, ガッカリする, クラ, サー大変何と, ススリ泣きに, セップンした, ツと, ドルフは, ノンキに, バツトを, ビクリと, ポンポン言, ヨチヨチ這, 一つよ, 一入感じ, 一夜の, 一寸愉快, 一層同情, 一息に, 一時外に, 一足飛びに, 一頭は, 三井寺から, 三味線の, 三縁山増上寺の, 上野の, 下段の, 不安ぢや, 不憫だ, 世の中の, 中から, 丸で, 予は, 二三度くる, 二十間か, 云つた, 五六間離れた, 人一倍怠惰, 今までに, 今日, 今月は, 仏蘭西の, 仙人どのと, 伏見鳥羽の, 体も, 何だかおかしな, 何だか口中, 何だか正岡, 何だか訳, 何となく人, 何となく氣, 何となく逡巡, 何やらうらめしい, 何事も, 何故か倉市, 何時の間に帰つて, 何處からとも, 余は, 信ぜられぬ嘆き, 傍らの, 兄の, 先登に, 光る眼鏡, 兎も, 全体の, 其の下, 其不調和な, 其途端に, 再び突, 冬から, 凉しい, 初夏の, 別段に, 前方から, 力いつ, 動きたくなかつた, 勢ひ, 十年二十年先を, 半途で, 危ない, 却つて此方が, 厭や, 又その, 又一人, 又元, 又季題, 又彰義隊, 又懐, 又木節, 又浮い, 又直ぐ, 又解散, 又閉される, 又霽, 口も, 口惜しかつ, 只その, 可哀想で, 可愛いと, 可笑しかつ, 同じく馬鹿, 同じ言葉, 同時にこみあげ, 同時にステパン, 同時に多く, 同時に彼, 同時に痛切, 名状し, 向うへ, 君と, 味氣ない, 問は, 喫驚も, 器用に, 四十年も, 図太くその, 坂本とは, 埼子は, 堪らなかつたが, 変だ, 外へ, 多勢立て込んだ, 夢では, 大きい雌, 大きな櫨, 大ドロ, 大將, 大聲, 天井から, 天使は, 太つた青, 夫が, 奥村さんが, 如何にも腹, 妻の, 姉川の, 嬉しかった, 宇部の, 実に変, 実に気, 実際に, 家鳴り振動する, 寂しい気, 實家の, 小学生に対する, 小牛, 少しを, 少し行つて, 少年は, 居ても, 山蔭から, 崖から, 左右に, 帰りに, 年頃の, 幾許七顛八倒, 引き波, 張り子の, 当らない, 彼れ, 彼等は, 後の, 徐に紫檀, 心の, 心細かった, 心細さ, 忽ちの, 忽ち低い, 忽ち大きな, 忽ち深い, 忽ち私, 忽ち部屋, 忽然とし, 怒りの, 思はず冷汗, 思はぬ軒先, 急性腎臓炎の, 怪しいもの, 恐らく人, 恐ろしく懷かしく, 息子の, 悲しくなる, 情ないの, 情死する, 想像が, 意久地無く, 憂鬱な, 憤れつたさ, 我ながら, 或家, 房一は, 手中に, 折角はりつめた, 持參の, 揚幕から, 支配人が, 文吾の, 斜か, 斯兒は, 新庄に, 日曜日だ, 早足にな, 昔が, 昨夜にも, 時々非常, 時雨が, 暫くし, 暴に, 更に更に尊い, 最前からの, 會社の, 朝夕彼女と, 未だそれ, 朱鞘の, 東京より, 松吉は, 柱の, 案外平然, 森が, 極めて非, 横浜を, 次には, 欧陽詢は, 正面に, 此上越後屋に, 此方こそ, 武大夫が, 死にきれない思ひが, 残念で堪らない, 母は, 気の毒だ, 気分が, 気色が, 水を, 決してさうで, 沛然として, 河岸まで, 泣き出しさうな, 泣けて, 流石がに, 海防の, 淋しい気, 深い苔蘚, 渠等は, 溌と, 滅入つた, 滝の, 濟ま, 烈しい人間, 無常に, 然し余程, 煙草に, 熱心に, 片側は, 物凄い爆音, 狹い, 獨り, 現に彼, 甚だ頼もしい, 生真面目で, 男の, 異口同音に, 痛は, 白くくるり, 皮肉に, 目にも, 直ぐさま, 直ぐに冬, 直ぐ又ほんの, 直ぐ霧, 直に恐し, 相島は, 眞面目には, 眠つてゐた, 眼先きが明るく, 瞬間手を, 矢張り生き, 石は, 神さまにも, 私だ, 私を, 私戦争つてものの, 程なく口, 穏しい, 空恐ろしくなる, 突如其処, 突然にぎやか, 突然奇妙, 突然甲走, 突然路上, 窃に, 竹田一族が, 笠間由子の, 箆を, 精一ぱい銅貨を, 素戔嗚は, 紫も, 絡んだり, 綴方へ, 繁吉も, 續い, 美しい金髪, 羽田の, 老爺さん, 聊かおどされる, 胸を, 腕が, 臨時に, 自分より, 舌が, 良寛さんは, 若い私, 英軍は, 荒々しい語気, 落ちついてること, 蓮太郎の, 薙刀つかひ, 蝋燭に, 血走つた彼, 袴の, 裾を, 見て, 見る見る香, 言つた, 話を, 誰にも, 谷, 貫太の, 路は, 身体は, 軈て, 近代感覚を以て, 退儀, 這ひ出しません, 遊びなんかといふ, 道に, 遠方だ, 部屋に, 重ねて, 金扇を, 銀之助は, 錠のか, 長いからだ, 長煙管を, 間もなく綱渡り, 間違ひだぞ, 限りなく楽しい, 雨戸を, 電氣屋の, 静かに, 面を, 靴下止めが, 頬に, 頭突に, 額を, 顔だけ, 風は, 飛でも, 馬は, 驚いたやう, 高く高く空, 鮎がさつぱり駄目だ, 黒い太い手, 齒が

▼ 思ふ~ (1338, 12.6%)

243 である 191 です 136 であります 7468 だが 46 ですが 43 だつた 32 であるが 281514 でありますが 1110 ですね 9 ですよ 8 は無理, も無理 7 かい, では 6 でした, は誤り 5 だけれども, だよ, は私 4 だけれど, でございます, ですから, はそれ, は間違ひだ, もある

3 [12件] かも知れない, が常, だから, だがね, ぢや, ですといふ, でも, と同じ, は, はその, は彼, は間違

2 [21件] かね, が病氣, だもの其樣, だらう, であるから, ですけれど, ですけれども, はい, はこれ, は何, は俺, は僕, は厭, は大, は大間違ひで, は実は, は当然, は我々, は早計, は面白い, も尤も

1 [259件] あまり一時, あまり憂ひ, かえ, かこの間, かその, かと僕, かと芥川, かねえそんな, かオイ花吉, かシーン, か依然として, か僕, か右往左往, か喝, か日本人, か當世流, か皆, か知らぬ, がこの, がすき, がせめて, がつらい, がなか, がもの静か, がわたしたち, が一層切に, が人情, が何より, が反っ, が大間違ひよ, が好き, が嫌, が尤も, が愉しい, が普通, が有, が正しい, が正当, が當然, が病気, が癖, が私, が自分, が衝, が間違えだ, さう, さだから, さほんとに, じやが, すら忘れた, だい, だその, だった, だつたが, だとか, だね, だもの, だらうか, だらうが, だ如何, だ実に, だ私, でありました, でありまして, でありますけれども, であります我國, であるけれども, であるもつ, である意思論, である瑠璃鳥, ですあなた, ですか, ですからね, ですがの, ですしかし, です大洞, です是, です第, で御座いました, で御座います, で御座いまする, といつ, とで数千巻買つて, とともにまた, とはたいへん, とは別もの, と云, と全く, と十七, と是等, と榮子, と無, と自分, と蛾, と見る, ならとにかく, ならもう少し, なら何で, なら芝公園, になあ, に不思議, に今日, に声, に大食, に忙, に誰, はあの, はいけない, はいろ, はかへって与, はこ, はこの, はこんな, はさう, はそれだけ, はそれ許, はたつた, はところ, はもつ, はもつとも, はわれわれ, はイプセン, はブリオシユ, は一, は一分間, は一寸, は三遊亭圓朝, は不当, は不快, は世界歴史さ, は人, は今度, は佐藤, は作家, は個人, は偽善者, は先方, は先生自身, は八段, は其の, は利己, は創作, は勝手, は十七, は危険, は却つて, は叔父, は口, は古人等, は吸取, は国民, は大いなる, は大正五年最初朝鮮, は大間違, は天, は安, は富岡, は實, は専ら, は小生, は尤も, は平次, は幼稚, は強, は当らない, は彼自身, は後家, は復讐, は恐らく, は意地張り, は抜殻, は支那, は文化人, は新劇, は旅行案内さ, は日本, は日本人, は旧い, は明, は明かだつた, は普通, は書け, は月, は本誌, は東京朝日, は林首相, は正直, は此, は此新築地劇団, は此道, は水, は決して, は泰, は猿田彦, は當, は當然, は白布, は目, は矢田津世子, は知る, は童心, は第三者, は罪ぢゃないか, は考へ, は自分, は英雄, は誤謬, は誰, は誰だい, は貴方, は身の程, は軽卒, は近頃, は違, は銀座, は間違ってる, は間違つて, は間違ひで, は鳥追笠一つ, もかう, もこんな, もその, もみんな自分, もやはり, も一應尤, も上戸, も人間, も束の間, も矢張愚痴, も耐ら, も自分, も道理, も間違, も間違ひだ, やけれど, をあて, を怺, を無, を社會, を視た, を道理, を選ん, を食べた, を黙, サ, 外なし, 心も, 心切なれ, 心深い, 念に, 情と, 情に, 情是れ, 文は, 極終に生命, 真情ありがたし, 誤りを, 願ひ, 餘地なき

▼ 思ふ~ (616, 5.8%)

15 どうだ 13 どうだらう 11 どうで 7 それは, 私は 6 それを 5 さう, ままに, 私の 4 お身, それが, それも, 何う, 何うだ, 儘に, 如何, 家出の, 私が 3 ようご, 何か, 併し, 兎に, 芥川は

2 [24件] いい, お前は, ごとくにも, さうし, しかしそれ, その時分, それに, そんな法, よく考へ, 万一の, 他に, 何うだらう, 僕としては, 僕には, 僕の, 其は, 君も, 困つたこと, 如何で, 少くとも, 彼の, 抑も, 早いか, 此は

1 [443件] あてには, あのあたり, あのありあまる, あの勢ひで, あの樣子, あるとしても, ある画家, あれぐらゐ傍若無人の, いいわ, いきなりあの, いけませんね, いざそれ, いつか其意味が, いづれに, いづれも, いづれ大成, いまの, いやに, うちへ, うつと, お前つき合つて見る, お前も, お貞さん, かういふこと, かの天象, きつと, こ, この, このまま, この二つ, この公演, この場合, この文獻, この程度, この節女, この記念日, この語, これも, これら様々の, これを, こんな大, こんな稼業, こんな際, さてさ, さてどうにも, さる, しかし利根子, しかし日本, しかし酒, しかし首, すこし土地, そこの, その, そのうち, その中, その宮城氏, その小, その後どこで, その所説中, その日, その時間, その男, その範囲, その繪, その苦心, その誘惑, その警戒, その辺, その遠い, その銅像建設, その頃出入り, その頃私, それさへ, それだけまた, それでもハイヤ, それでも君, それでも騷ぎたい人達, それならうた, それにしても不愉快, それにしても盛ん, それには, それよりも, それらは, そんなこと, そんな顔, ただひとつ, たま, ために, だから西洋, つい思はれる, つひ待つ, では長篇, でもてんでに, とにかくこの, とにかく七人, ともかくこれら, ともかく類, どういふ風, どうか, どうかね, どうか知ら, どうしても開い, どうしよう, どうだい, どうです, どうにも, どうにもしようが, どう考へ, どちらかと, どんなもの, なぜかと, なぜ我が, なにしろこれ, なほ附け, なるべく多く, はつきりは, べつな, ほこ, まあ思, まあ暫らく葉山, まさかお前さんぢ, またそこ, また我輩善蔵君, また我輩善藏君, まだその他, ままの, まアそれ, まア命びろひをしたのも不思議, みなさんご, もう一歩, もう季節, もつと, やうに, やはり, ややあ, よい, よく笑っ, よく見, よく見えません, よく調べ, わつ, わりや, われわれには, ジャンルの, ノートが, ハッキリさう, ヘッケル氏は, ポルトガル人は, マルクス主義文学も, 一人一人の, 一年を, 一應見, 一方は, 一方更に, 一春文學部の, 一時は, 一生は, 七八年前帰省した, 三十年後の, 下手人は, 世間では, 中途半端な, 主人公や, 之に, 之を, 乙やん, 事実に, 事實大師の, 事文学芸術に関する, 人が, 人は, 人生友を, 今ここで, 今は, 今までは, 今年は, 今度自分は, 今日では, 今日七十二歳の, 今試み, 今遽, 仕事や, 仕立賃より, 代宗皇帝, 伊豆戸田の, 何しろ飯, 何だかさびしく, 何でも, 何にか, 何んとしても, 何人が, 何分締切間際, 何處に, 余りに溝, 佛は, 作中の, 佳境に, 使つて見, 例へば棟梁, 例へば自由主義的, 側面背面は, 元来訳し, 充分に, 先づ第, 先輩の, 兎も, 全くその, 全体で, 兩國の, 八鍬を, 其が, 其を, 其後一年半ばかりずつと, 其理由は, 内田君に, 凡そ芸術上, 初めて土田麦僊, 別に, 別にそれ以外, 刹那の, 前にも, 前の, 前者は, 勿論穏やか, 十二の, 南洋系の, 即ち花, 原書には, 又或, 又氏, 受けること, 口の, 古往今來大抵, 史實といつても, 同人諸君も, 同時にかかる, 名匠狩野元信が, 向うへ, 君にも, 君の, 吾輩は, 地理的事実など, 変に, 夏目君と, 多分御, 夜更し癖が, 夜見舞に, 大きい家, 大きな椎, 大和だましひとか, 大学へ, 大師は, 大衆といふ, 大衆的円満の, 天井裏も, 太鼓を, 夫人は, 如きこと, 如き實感, 如く善政良法, 如く成るべしと, 如何即ち, 姑らく正本に, 子供たちの, 宜しく頼みます, 実は附け, 実際に, 寛先生が, 寛先生に, 實は, 寫眞には, 小杉さんの, 少し調子, 少し違, 少なくとも僕, 少年が, 尾上梅幸が, 山の, 川口君の, 左樣な, 常識で, 当協会, 当時大阪の, 形式と, 必ず安否, 念の, 恐らくは退屈, 恐らく土, 恐らく講師, 愈々戦争, 或は商号, 戸袋から, 所謂, 扨合つて見る, 抑, 提灯を, 支那の, 故なり, 故にこの, 故にその, 故に余, 故に作者, 故に国民, 故に手紙, 故に此方面, 故に生命, 教へ, 文芸春秋社の, 文藝春秋の, 斯う, 新しい仕事, 方言が, 既に衆目, 日本に, 日本の, 日頃私の, 早くやつ, 明日もう一度, 昔は, 昨日何んか, 時代に, 時代の, 時刻も, 普通な, 暁の, 曇って, 曙覧伝を, 更に1, 更らに, 書いた方, 書く場合, 會つた, 有望な, 木が, 本の, 本を, 東京の, 果して問題, 果して広重, 横状に, 歌詞は, 正式には, 此う, 此だけの, 此だけは, 此文の, 此方は, 此歌全体の, 死は, 段々考へる, 殺されたお, 気分少し, 氣早な, 江戸一番の, 江柄三七郎といふ, 決して語, 流二, 浦上さんの, 浮雲の, 淨瑠璃芝居音曲等の, 演劇の, 潔く降, 猿之助一派の, 現に今日, 現代の, 現在の, 現在楊州に, 瓜と, 生憎眼, 男の子を, 留守で, 畫家音樂家その他新らしい, 當時では, 當時の, 癩も, 皆引くり, 目下の, 目籠と, 直ぐに, 相当に, 真実か, 知りすぎるため, 短歌の, 確かで, 私としては, 私も, 私を, 私一個の, 私達の, 窓掛を, 第一回, 簑を, 簡単に, 精神病院の, 紀行も, 素姓は, 終りには, 結局盤数を, 老人の, 聊城の, 胸裏の, 脇指でも, 自分が, 自分の, 自分は, 自分も, 自分を, 船は, 芝の, 若しあの, 若し塞がつ, 若芽薑の, 菊次郎さんが, 行つて見, 西洋演劇に, 要するに日本, 見物は, 見當ら, 親善には, 記憶の, 訣らない, 語がずつと, 誰だ, 誰だらう, 誰も, 谷中村を, 貞子さんは, 賛成者は, 身體に, 近江さん達と, 近頃甚だ面白く, 造型美術だけは, 過を, 金子君どう, 鏑木さんは, 長文の, 長春では, 間違ひ, 雨天の, 面白くも, 頭巾も, 顔が, 鰰または

▼ 思ふ~ (445, 4.2%)

10 つけて, つけても 8 彼は 4 それは, 違ひない 3 いかにしたる, しても, コロボツクルは, 中

2 [20件] ああした, かくの, かれの, こ, これが, これは, そこに, われは, 就けて, 彼の, 彼等は, 我々の, 我は, 日本の, 此の, 汝も, 私の, 私共の, 逍遙子は, 閣下は

1 [357件] あの美しい, あの邊, あまさ, あらねども, いかに端近, いたれり, いつたい僕等日本人, お定さん, お神さん, かくて, かく多く, かなは, かれは, げに偽り, ここの, こちらを, この, このシェイクスピア協会設立, この事, この苗, この觀念, この詩, この辺一帯, この頃光琳ら四家, これぞ世, これも, これらは, これを, これダンテが, これ当時の, これ必ずしも, これ永代橋下の, さういふ環境風, さうし, さうゐないそれで, さきの, しけだ, し余り, すぎざるべし, せよ昔, その二十代, その理由, それが, それには, それら新, そんなこと, だな, ですね, どこの, どふ, はかなき戯作, ばた, まかせざりけんその, まかせず諸君, まかせて, まかせぬにぞ, まかせぬ悲運, また一つ, みつはの, もがりは, わが, わがかの, わが生涯, わが言, わたくしに, わたくしは, わな, わなわなと, アキリュウス崇め, ウテツ辺に, カッチアグイーダは, クロニオーンこ, コロボックルは, コロボックルも, サンタの, シピオにより, ジルコーヴィチ氏は, ゾロアスタル釈迦の, デカダン芸術が, ドン, ハネバシとしては, ハ男子ハすねより, ピカソは, フェートンが, フレギュアスの, ベルナルドオは, ペーリュウス其頃既に, マストリリは, ヴェーネレの, 一路絵の, 丁度もう形, 上代には, 下裳, 不彌, 之二者は, 予を, 事の, 二三の, 二回, 二氏が, 五年たつ, 人の, 人間には, 人間の, 人麻呂が, 今し, 今まで, 今までの, 今もし, 今日の, 今日地上を, 今日政府の, 今週は, 仲禎は, 任さぬ身, 任せざれども, 任せず船頭, 任せて, 任せない, 任せない自分, 任せぬこと, 任せぬ事, 任せねど, 任せません, 何の, 何時に, 何晏集解に, 俄に, 俳文の, 傳の, 傷き, 僕が, 其看板は, 円朝像の, 再び斯くな, 利根は, 到つて, 前代以来我々が, 前記の, 劇場の, 十九世紀, 単に神, 博士の, 原本の, 古くから, 古人の, 古代の, 古代人の, 只蘭軒, 君と, 商売人の, 商買人の, 商賣, 団十郎の, 土偶製作者の, 土師の, 在りし日, 地二二・一〇三に, 多分あの, 多分又し, 多彩の, 多情淫奔な, 夜も, 大部分, 天主も, 妻が, 妻は, 実にせんなき, 実朝, 寂滅為楽の, 専務は, 將門の, 尊公等岩窟断食の, 小林の, 就けても, 山城綴喜郡も, 山王台の, 帝國は, 師も, 常に他人, 常陸の, 平家が, 幸の, 弘化三年の, 当世の, 彼が, 彼を, 彼ダンテも, 待つ人, 後の, 後宮を, 御自身, 御身も, 心痛む, 必ず由緒, 必ず盡, 忽然とし, 恐らくこの, 恐らく語部, 恭吉氏の, 悪女の, 意はず, 意ひ, 愛の, 我が國, 我が邦, 我國民は, 我情いかに, 我等の, 我等は, 或人, 所謂叙情と, 所謂新, 手紙を, 才にて, 扨御奉行と, 批も, 捕捉し, 接吻を, 撲犬師, 支那人の, 数日前の, 敵將ヘクトール, 敷多く, 文学の, 文調春章の, 斯う, 既に汝, 日本人といふ, 日本人は, 日本国民の, 日本的思考が, 早く結着, 昔エージナの, 春水既に, 是よりかへ, 是れ, 是泥黎の, 暇なく, 暇無く, 暴き戰, 曙覧の, 曾丹は, 月無かるべし, 朕が, 木もて, 村田新八が, 杢太郎氏の, 東洋でも, 松平定信は, 桃太郎の, 横光氏は, 次日藍氏と, 此は, 此れ, 此利噐は, 此孔に, 此潮流は, 此者退き, 此言は, 此骨器は, 此點に, 武力足る, 比類なき, 氏は, 汝に, 汝には, 汝は, 汝トロイアに, 汝得べからず, 泡鳴は, 流俗なる, 海水浴と共に, 消えぬ, 消えぬもの, 涙は, 清き夜, 灘は, 父は, 版元の, 玄人と, 現世の, 現在の, 生きて, 生人, 生憎や, 畫と, 異ならじ, 相違あるまい, 相違ない, 相違なかつたらう, 眞の, 短気に, 私は, 私達は, 空も, 立ち舞, 竪穴の, 第三種, 筆到らざる, 終戦後現れた, 結果かく, 総江, 肉筆の, 肱川の, 自から, 自分の, 自身, 至つたといふ, 至つたのである, 至らば, 至るであらう, 至れり, 至れる, 良之助起つべき, 色気ある, 茶番の, 蕪村といふ, 蘭方に, 虎に, 西洋支那の, 西遊より, 言水の, 詩歌に, 語根と, 諸君, 諸君御覧の, 諸天, 諸氏の, 謡ひ, 貴重な, 賤奴意富美は, 足下必ず, 足羽には, 躊躇しない, 身一つに, 過分なる, 過去に, 遑あらずし, 違ない, 違ひ, 違ひありません, 遣唐使の, 酔つ, 鎌倉武士の, 長崎絵などから, 関東の, 陰陽及び, 陽揚相通ぜしめ, 難波が, 頼氏二世共に, 饑ゑを, 體の, 高き神明, 高皇産霊尊, 魏略の, 魔神が

▼ 思ふこと~ (393, 3.7%)

25 がある 14 があつ, もあつ, もある 6 があります 5 ができない, が出, でも 4 あり, がなかつた, はない 3 がよく, が有る, なしに, は, もない, を言

2 [23件] あらば, あるでも, ができなかつた, が度々, が時々, が私, そのこと, た, である, であるが, なかれ, なく, なけれど, の出来ない, はあ, はけふも, は多し, は少く, は私, もあり, もなし, も度々, を禁じ得ない

1 [229件] あらず, あらむ, ありて, あり八歳, あるもの, あれどかひなし, あれば, いはぬは, かく父母, かたみ, かな, からし, があつたらしく, がうまく, がこの, がこれ, がございます, がござる, がし, がしばしば, ができ, ができる, がない, がなか, がなくなる, がひとつ, が一つ, が不可能, が不自然, が二ツ三ツ, が何となく, が余りに, が出来, が出来ました, が出来る, が十分, が半分, が口, が四つ, が多, が多く, が思ふ, が既に, が書けない, が最も, が横井源太郎, が異常, が空頼み, が繰返された, が自然, が誤り, が随分, しかない, しかも主として, しか出来ない, すらある, だ, だが, だけだ, だつた, だつて, だらうと, ちつとも, であらう, です, でせう, では, で逆, とげずほとほと, とはこれ, と日本以外, なからん, なかりき, なき光, なくクローバー, なく唯, などの旨, なの, ならどんな, ならば, なん, には反抗, にも慣れ, によく, によつて, に堪へぬ, のありけり, の一つ, の中心, の人, の出, の切, の適切, はあり, はありません, はある, はあるまい, はいくら, はいくらでも, はいつも, はいはない, はいま文化部門, はいろ, はこれら, はしない, はすでに, はせんだつて, はその, はた, はただ, はつひ, はできなかつた, はできる, はなく, はやまない, はわが, はわれわれ日本人, は一大事処, は主人, は今日, は何, は何ん, は何度, は先づうまいポタアジュ, は出来ない, は出来ないだらう, は出来ませんでした, は医師, は即ち, は厳密, は反, は国民, は外国トオキイ, は大師, は実に, は常に, は常時, は度々, は彼, は思つて, は思ふ, は悉く, は斯様, は日本, は晴天, は有る, は未だ, は決して, は滅多, は演劇, は無い, は相手, は第, は絶間, は美奈子, は自我, は要するに, は非常, ばかりできない, ほど憐れ, まだ及ばぬ, までを防止, もありました, もあるし, もあれ, もかなり, もつい, もなえ, もよい, もろくろく, も出来ません, も好い, も好まない, も彼, も易々, も有る, も自ら, も行動, も言, も軽く, も遂人, も間々, をしない, をする, をちやん, を人, を冷笑, を切出した, を列記, を反, を可笑し, を好まず, を尽さなかつた, を思った, を悲しむ, を瀬川君, を発見, を發見, を皆んな隱, を知る, を禁じ得ざりき, を細々, を考へなく, を考へぬ, を聴かし, を自分, を自由, を談, を述べ, を迷はず断行, を間違つて, 侍りける間, 多きかな, 多くし, 多く恩, 多し, 尽くべく, 思ふま, 恨むこと, 感じたこと, 折々に, 更に寒し, 書く頃, 有つて來たん, 有るやう, 深し, 無くてぞ, 盗みきかるる如く, 頻なり

▼ 思ふ~ (354, 3.3%)

80 です 7261 だが 36 ですが 14 ですよ 12 だよ 9 ですがね 8 だがね 6 だけれど 5 ですけど, ですね 4 だがな, だけど, ですけれど 3 だけれども, だな 2 ですの, ですわ

1 [24件] だから, だがねえ, ださ, だらうでなきやあ, だ僕, だ夕暮近く, だ頭, でございます, ですか, ですから, ですがねえ, ですけれども, ですな, ですのよ, です僕, では, でやんす, ならあなた, ならいて, なら其の, なら各々, なら家, なら東京, やけど

▼ 思ふやう~ (336, 3.2%)

39 になつ 13 なこと 7 にならない 6 になりました 5 な人 4 である, なところ, なは, になり, になる 3 なもの, な事, にさ, にな, になりません, に出来ない, に描けない

2 [18件] だが, でした, です, では, なの, な声, な女, な心持, に, にあがらないらしい, にならぬ, にはならない, にはゆかない, には動い, に只, に成らない, に研究, に行かない

1 [189件] あらむや, さね, だがね, だつたらおし, であつ, であるが, でございました, でないで, でも, で極めて, なある, なかたち, なぐずぐず, なさ, なねた, ならむ人, なりとて, なタイプ, な世にも, な事ぢやあ, な人物, な人目, な人間, な僕, な入り, な出方, な印象深い, な句, な各種, な大, な大ら, な容子, な幸福, な形, な微か, な徹底, な心残り, な所, な手紙, な折, な日, な時, な板塀, な様子, な機會, な気持, な氣持, な水, な注文, な洋風建築, な物, な珍試合, な理由, な男, な異種, な目, な眼, な破れ鐘, な社会政策, な答, な繪空事, な美しい, な考, な肩幅, な脚本, な色, な芝居, な花, な見事, な親爺, な詩, な遠い, な醜い, な音, な顔, な風, にいかず, にいかない, にお, にご, にし, にしつ, にしてやりたい, にする, にその, にちう, にできます, にとれなかつた, にない, になるだらう, になるでせう, になれ, には, にはならないらしい, にはならぬ, には働け, には動き, には捌けなかつた, には捗らなかつた, には書けなかつた, には注射, には筆, には行かず, には行かなかつた, には行きませんでした, には訪問, には飲めない, にばかりもいかない, にま, にもなつて, にや行かねえや, にゆかない, にドルフ, に下らなかっ, に仕事, に任務, に何ん, に何事, に作り上げる, に働ら, に入りません, に出, に出ず, に出ない, に出ん, に出来なかつ, に力強い深い, に勉強, に動かせませな, に動かない, に動かなかつた, に動けぬ, に卑しい, に原稿, に収入, に口, に名づけられ, に変, に師, に後, に息, に情, に成らず, に成りました, に捗らなかつた, に捗取つたら, に描けた, に教, に暫らく, に書い, に月, に枯燥, に歩けなかった, に汗, に河, に治らぬ, に活溌, に生長, に發展, に眠られず, に眺められる, に着こなせない, に絲瓜, に經營出來, に纒まり, に肩, に茹ら, に薄弱, に行かず, に行かなかつた, に行かねえ, に行く, に西風, に言, に言あら, に言葉, に詩集, に追, に進まなかつた, に進まぬ, に進行, に運んだ, に集りません, に雑誌, に電話, に霜, に飛ぶ, に高い, の顔

▼ 思ふから~ (163, 1.5%)

23 である 74 です, 私は 3 であつ, であります, 聞違ひだらう 2 いけない, こ, それは, 江の島へ

1 [108件] あへ, い, いつたの, いはない, いふの, お引取値段, お母さんの, お父さんは, かうして, くすねたり, ここでは, ここに, こつちは, この朱, これからそれ, これからは, これで, これも, こんな事, さう, したくなかつた, そのまま使, その用意, それで苦し, だつた, ちよいと, ついお話, で, であ, であの, であらう, であるデッサン, ですよ, で同時に, どうせ往かんなるまい, なるべく黙つ, まあ演説, もう一度その, もう一度通話, もう一生懸命, もう二つ三つ, わざ, 一寸その, 一寸報知, 一寸簡単, 一層この, 一讀を, 上下揃つて三四百円で, 乘出す, 亡くなつた後, 仕方が, 仕方なし, 仙石博士の, 余計に, 僕は, 先生の, 全部言ひ切, 其で, 其の後, 其參考の, 出かけるん, 医者としての, 又連れ, 口惜しい思ひ, 可笑しいん, 呼吸が, 坂田八段は, 大いにチップ, 婆や, 婿がねを, 嬉しくなる, 安心し, 張合が, 彼女が, 後前御免を, 御前は, 忍んで, 恥づかしくなつ, 我慢にも, 或時, 明日に, 書かぬ, 枉げて言, 格別不審, 楯雅一は, 此の, 此假定の, 毎日病院へ, 永久と, 省略する, 私も, 笑つてばかり, 聞ひた, 色に, 茲では, 見に, 言つ, 訂正する, 話すの, 話すん, 誰にも, 誰も, 近頃愉快, 迷惑でも, 遠慮に, 顧みれば, 飯も, 默つて居ました

▼ 思ふ~ (140, 1.3%)

8 ゐる 4 ゐるの, 居るの 3 くれる人, ゐた, 下さるな, 恥かしい, 私の, 見ると

2 [17件] お出なさる, くれねば, ましてん, ゐたが, ゐるが, ゐると, ゐる次第, 下さろう朝夕, 召さる, 夫れ, 居たので, 居ましたに, 居りましたけれど, 是に, 此に, 眞人間に, 見れば

1 [72件] いふ事, いらっしゃるやう, うろへは, おりました, お客さんの, それを, それ故の, ちやつと, なつかしくて, なり香華, ふこと, ほれぼれと, ましたが, ましたがな, また終り, わたくし, ゐたので, ゐたのに, ゐたりや, ゐた事, ゐた矢先, ゐないが, ゐましたに, ゐましたを, ゐます, ゐまつ, ゐや, ゐよう, ゐるに, ゐる素振り, ト前の, ト少し, 下さるなと, 人は, 何ともいへぬ, 何氣なく, 來まし, 其顔を, 処々経めぐり, 吐息を, 堪らえて, 夕顔の, 夫の, 女中の, 嬉しさうに, 少く頭, 居たが, 居たらこの, 居つたの, 居ますが, 居りますの, 居りまする, 居りまするが, 居る, 居るであらう, 居る内, 居る処, 岡の, 御商, 慙ぢて, 懐かしい友, 成るたけ刺, 手紙で, 探してを, 本論を, 流涕の, 犬の, 真人間に, 私は, 聴く時, 自ら慰め, 見送ると

▼ 思ふ~ (135, 1.3%)

24 がある 5 があつ, もある 3 があるだらう, が出来ない, は御座んせぬ, も自然違 2 がない, が出来る, なく寐入, のある, はうらはら, は何, は反, は口, も出, も度々

1 [69件] あり, ありとも, から言う, があります, がありませう, があるです, ができない, が出, が出来た, が向, が多けれ, が度々, が後め, が案外, が業腹, が無, が通り, だ, だが, ですが, でも, とてなかりし, なげに, にし, によつて, によつて其人, に一銭, に一錢, に依つ, の一つ, の出, の出来た, の出来ない, の常, の要点, はなかつた, は何ん, は全く, は出, は反対, は既に, は極, は締切, は裕佐, ばかりかい, までも並べ立て, もあつ, もおます, もない, も久しい, も出来ず, も同じく, も否定, も屡, も思, も見る, をどし, をば請, を其の, を思ふ, を悉く, を沢山, を筆, を言つて了つた頃, 包まず書残して, 多ければ, 多し, 思ふ事, 果さでは

▼ 思ふほど~ (114, 1.1%)

4 であつ, 音に 3 でした 2 だ, である, われわれの, 無味乾燥な, 鋭く, 鋭く廻つた

1 [91件] あの人, あの波, うろたへた, こ, すぐれて, その表現, それぞれの, そんな水, であ, でありきりつめた趣味生活, であります, です, なくは, なほ下駄の, なり小, やかましいもの, わたしを, ゴチヤ, 乙女心の, 人の, 人生の, 今日の, 他には, 低く這下つて, 何も, 何処までも, 優遇し, 兄弟ある, 冷遇する, 出鱈目でない, 切ないもの, 唇重く, 変つてゐ, 変つてゐない, 大きな犬, 夫人を, 好調子, 子供と, 宏大で, 室の, 平明な, 庭も, 彌増す憎, 彼は, 彼れ, 後ろ姿の, 心の, 思案に, 情なくな, 愛して, 感じが, 憎い奴, 我身も, 拡張せざりし, 擴張せざりし, 新しい社會, 横面を, 気は, 氣の, 消極的な, 深く, 溺れて, 熱かりし, 物価は, 狹い, 玉野は, 珍奇な, 瑠璃子の, 瓜二つな, 痛々しく感ぜられる, 私は, 簡単な, 美しく取すまし, 胸さわがれ, 胸の, 自ら信頼し, 自分が, 自分の, 興奮し, 色を, 苦りきつた顔, 落附き, 表面は, 身も, 音が, 顔が, 食ふ, 驚いて, 高くなかつたら, 高らかに, 黒山の

▼ 思ふ~ (111, 1.0%)

15 がある 8 もあらう 4 もある 2 ありや, と共にゐる, なべて常久, はあり, は一人, は誰, もあつ, もありません, もあるべけれ

1 [66件] あらんか, ありて, ありやなしや, ある身, あれど, かな, があつ, があれ, がない, が多い, が多く, が有, が此頃, が誰, でも入院, とで大変, と互に, と人, と埋, と好, などがあります, には会, には英佛系統, には見棄てられ, に下手人, に似た, に捨てられた, に近づける, に送りし, ね, のあたりゆ持, のひとり, のもの, の中, の出, の口, の心, の忘れ, の悲しみ, の有力, の為事, の玄関, の長, はない, ははぢ, は二度と, は吾, は少い, は思ひ, は日本, は未だ, ほど耻かしく, みしりは, もあるらしい, もつぎつぎ, も凡そ量, も実にもつとも, も少く, も有らん, も相当, やある, やとまる, を吾, を遠き, 多かれども, 多けれど

▼ 思ふ~ (109, 1.0%)

4 から解い, が切々 3 をしる, 躍りだとも 2 が抑, が通じず, のみが先, の暇, の深き, の起る

1 [83件] あり, ありてなりけり, あれば, から, から出る, から智恵子, から智惠子, から雨聲, がある, があれ, がかう書い, がしる, がそれから, がどうしても, がなかつたなら, が予, が今, が動く, が弱い, が強い, が我知らず形, が文學, が私, ざしは, すら起つた, である, で一つ, で一ぱいだつた, で一杯, との中, と動, と自ら, ならひに, におかし, にかけて孤舟, に居り, に忍べり, に曾, に水茎, に絡まし, のあれ, のいかばかり, のいくばく, のそら, のみ満ち, のみ滿, の仇桜, の内, の切, の尊, の惰性, の暗, の空頼み, の起るべき, の身, はあつ, はあり, はかく, はどんな, ははやりしか, はもと, は一つ, は今, は全く, は娘, は幽冥, は幾度, は残つて, は消え, は酒, は閑却, は音樂, もある, もまた, を, をひる, を制し得ざりき, を完全, を悟りたる, を禁じ, を禁じ得ない, を籠め, 躍りであつ

▼ 思ふので~ (105, 1.0%)

50 あつた 7 あらう 4 せう 3 有つた 2 あつて, 其時は, 少しでも

1 [35件] くるしい工夫, これから町, これは, ごさい, ずん, それを, つい此間今, つまらない例, やめるが, ラストシーンは, 一つ二つの, 一二申上げ, 一字一句も, 一日も, 一言書き添へる, 余は, 併せて, 例へば宇野浩二氏, 取敢, 困つて, 執著, 大緊張, 始めから, 延引してた, 怪談の, 格別不満と, 此の, 此處には, 氣おくれ, 特に例, 眠る事, 筆を, 素早く大の字, 自然と, 芝居へも

▼ 思ふもの~ (98, 0.9%)

9 である 4 であります 3 もあり 2 から, があれ, だから, であるが, でも, なし, はない, はなかつた, もある, 多かりき

1 [62件] あらむや, あらん, ありと, あるに, かな, からそれ, から今, から家, から述べ, から門, があつ, がある, がまるで, が多, が多い, が急, が漸, である世の中, です, ですか, でないこと, とすれ, とをよりわけ, と惡, なく, なの, にあらず, には土人, にやア, に料理, の一つ, の一人, の無い, はありません, はそんなに, はどうしても, はなく, はなん, はみんな, は余り, は創痍, は喜劇, は大抵外, は恐らく, は恐らくは, は殆, は決して, は無論, は當屋敷内, は眼, は自分, もなく, も無から, をとりあげられ, を介抱, を他人, を得つ, を挙げん, を柳ちや, を言, を選ぶ, 豈に

▼ 思ふ~ (65, 0.6%)

2 があつ, なり, は何, もあつ, もある, より信如

1 [53件] あけて, うとましき夢, がある, がなかつた, が一番我輩, が多い, が来た, が来る, だけ彼女, でした, でもする, でも人前, と, なぞはよく, などにはこの, に, にかぎつ, にさう思ふ, にはどんな, にはまだまだ, には先づ自分, には彼, には既に, には爺, には頼ん, にぼっと, にも人間, に僕, に来, に真如, に鎭守, のそれ, の不幸, はある, はあるまい, はきつ, はたいてい, はどうしても, はふつ, は守り袋, は恐ろしく, は遠慮なくさう, は鬱ぎました, もう野山, もはやその, も海松房, わがゐたる, 嬉しと, 少くとも, 必ず普門品, 惜しいやう, 早くも, 直に其作者

▼ 思ふところ~ (56, 0.5%)

4 あつて 3 ありげ 2 から來, があつ

1 [45件] あつて出家, からし, から来る, から生じ, から白潟, から重立つた, がある, が人生, が有る, だが, だつて関はず, である, で寧ろ, と違, なし, なり, なりけり, にあつ, に碇, に船, に限り, のみを正し, のもの, の舊いもの, の裏板, はなかつた, は必ずや我と同じく, へ待伏せ, へ突, まで行つて帰つて, もあらざりき, もあるで, も無い, をうつ, をひとつ, をみる, をわれ, をグイグイ, を目標, を行, を述, を述べ, を陳ずべし, 直に筆, 高ければ

▼ 思ふ~ (55, 0.5%)

2 だし, であります, 唯ならなかつた

1 [49件] うぢ, さうし, その仕事, その眼, それ程自信, だ, だが, ちつとも, であつ, である, です, どんな山奥, ならば, にて候ひき, にはいかなかつた, に悲し, に明く, に違つて, に靜, ののんきさ加減, のはかなき, の傑作揃, の大きい, の奇観, の楽, の病的心理, の聲, の自分, の馳走, ぽつりと, ももう, も無く, ゆるい速度, より積, 凄じい形, 可愛らしい子, 大きな破片, 小さなもの, 平靜である, 待つて, 愈堕落, 気味が悪いの, 熱い, 猶々其, 男らしい活力, 美しく品, 荒凉たる, 赤く成つて, 青い煙

▼ 思ふ~ (52, 0.5%)

8 して 5 知らぬが 3 土方を, 現在の, 茫然と 2 知らねど

1 [28件] あるひ, いや御, いや面白, したくないか, なんぴとのものでもない, ひなし, よしや芳之助, ヤイ, 乃至は, 今に, 八, 分りません, 取らぬと, 君は, 否や, 大抵分るだらう, 女衒や, 安心しろ, 思はない内, 思はぬに, 思は無え, 恐らく支那人, 此間から, 知ら, 知らないけれど, 罰当りめ, 若しやの, 訊いて

▼ 思ふ~ (50, 0.5%)

2 いかにと, お縫, 大寺の

1 [44件] ありふれた趣向, いかに, おのが, その人, だかの, ひそやかに, ひりの, やはり私, 一国の, 世上一般の, 人の, 何なる, 余は, 其人が, 即ち誤り, 反對, 古の, 唯一つそこ, 大早計, 大間違で, 子らが, 少しく變, 山の, 彼の, 心がらなり, 惡しき事なり, 感応は, 我の, 我れ, 昨日も, 是, 此の, 泉下の, 涙のみ, 無理ならぬ, 理なれ, 皷を, 盂蘭盆の, 笑ふべし, 脆き人, 誤なり, 誤りなれ, 身体の, 非か

▼ 思ふ~ (49, 0.5%)

2 があつ, の人物, を知る, を述べ

1 [41件] あつて, あつて志村玄叔, あつて試, あり, ありなんぞ, あるが, あるものの, ある如く容易, があります, がそれ, だが, であります, で化けた, と正, と自然, なきにも, にあらず, にては我日本, に彼女, に狂言詞, に達せず, に遣らう, に非, のまま, は決して, へ辿り着く, もある, も無, をい, をそのまま, をぶつきら, を云, を伝へん, を忌憚, を明, を記す, を述べた, を陳ずべし, を魚刺, 欲する所, 正しされど

▼ 思ふ存分~ (45, 0.4%)

2 に手腕, のこと, の事, 泣いて, 茶化して

1 [35件] いぢめ, お騒ぎなさい, なものら, な事, にさせ, に傑作, に冷かし, に力, に動いた, に專門, に感じた, に握らせた, に歡, に毆つて, に泣いた, に活動, に消費, に演, に観察, の惡罵, の筆, の芝居, の金, 仕遂げて, 叱りつくる人, 呑むが, 壊させる趣向, 楽しんで, 泣いたあと, 泣きつくすまでは, 温かい汐風, 聞かせて, 苦しめて, 行き度, 謝りたいの

▼ 思ふけれど~ (43, 0.4%)

2 私は

1 [41件] あの方, お桐, きつちり, それが, それにしてもお金, そんな事, そんな粗野, でも, でもそれ, どうしてもやまない, ほんた, まだ下らん, やつぱり腹が, わたしの, われ, 今から, 仕方が, 何といつ, 先生の, 其様な, 妙な, 少し批評的, 少し目, 屋根の, 当初に, 彼が, 或は帰庵, 早く云, 曲者が, 朝から, 本人に, 武蔵野の, 気にか, 汽車賃は, 現に省吾一人, 私に, 私病気の, 自分の, 自業自得か, 芭蕉の, 食べて

▼ 思ふだけ~ (40, 0.4%)

11 である 3 でそれ 2 だつた, です, では

1 [20件] それだけ美しく, だよ, で, でさ, でした, ですわ, でそんな, でなくそこら, で一向, で何, で彼, で既に, で胸, サ, 一層烈しい, 一緒に, 其の苦痛, 少しの, 素人には, 脈を

▼ 思ふばかり~ (38, 0.4%)

3 だつた, である, で上る事 2 であつ, です, なの

1 [23件] いとうれしく, しかしね, しばし一座, だ, だわ, ぢや, で, でございます, でどう, でなく寧ろ, でなく寿詞, でなし, でも, で一寸, で対岸, なるが, なれば, 凄じ, 奇くも彼の, 家庭の, 昂奮し, 痛む頭, 身は

▼ 思ふさま~ (37, 0.3%)

3 いふて 2 に擲, のびのびと, のびをして

1 [28件] いたはつ, きたない言葉, この瀬戸, この返報, その幅廣, その自然, その金色, にさも, にていとも, に蹴外し, の歯, ぶつけて, 伸ばした, 凝つた妾宅建てたきもの, 大きな欠伸, 延ばして, 張りつめる, 慰めて, 有りたけ, 殴り付けて, 泣かせる事, 泣きたかつた, 泣き續けた, 泣くこと, 照り輝く夏, 踏ませて, 遺趣, 長くな

▼ 思ふ~ (37, 0.3%)

54 である 3 だつた, であつ 2 です, なれど, 何時もよりは

1 [16件] であります, でした, でしたが, で御座います, なもの, なもん, なら未だ, な処, な妙, に體, ね, のめらせながら, の明るい, ゐ, ゐだつた, 如何にも楽し

▼ 思ふ~ (37, 0.3%)

9 になつ

1 [28件] ならず阿屋まり, な大, な洒落, な語, な迷信, にさ, にな, にはなりませぬ, に世話, に体, に出来た, に出来ない, に半分, に叶, に変つて, に意思, に慈善, に歩けなかつた, に続け, に行かない, に言, に遊ぶ, の毒言, 暴れて, 楽しく過し, 泣くので, 耽つて, 踊り回ること

▼ 思ふうち~ (33, 0.3%)

2 に, にいま, にこんど, に銀

1 [25件] にいきなり, にいつか桃, にも烈しい, にスキー, にスー, に一筋, に不思議, に不意, に亀, に今度, に何處, に咲き, に妹, に忽ち, に最う, に火, に由良, に目, に眼, に竹刀, に見る見る, に魚, に鼻, に龜, 忽ち庫裡

▼ 思ふ~ (33, 0.3%)

53 も無く 2 に道路

1 [23件] あらせず, にいきなり, にからだ, にくる, にはや, にむし, に余, に全然, に其中, に其仁王, に卑し, に又, に口端ぢ, に夕陽, に庄吉, に心, に忽ち, に早, に躊躇, もあらせず, もありません, も無, も疾し

▼ 思ふ~ (31, 0.3%)

20 せう 3 あらうが 2 せうが 1 あらうな, あらうに, せうなあ, せうね, せう大抵, 何度も

▼ 思ふ間もなく~ (31, 0.3%)

2 ボウボウ山で, 人の, 彼の

1 [25件] あつしは, おすゑ, ちりん, ふす, トンネルの, ワツと, 一種ほのかな, 人が, 今度は, 來り, 先に, 八五郎を, 反齒, 太田は, 娘の, 彼れ, 成田驛に, 牡牛の, 翌日の, 華嚴の, 薄月, 車は, 逃げ去つたといふ, 郷里より, 関森の

▼ 思ふ~ (30, 0.3%)

2 はなかつた, は極めて

1 [26件] あり些, あるは, から考へる, がある, がございまし, が多, が自分, こそ多かる, である, では, と選ばない, なり, はありません, はない, は其勢, は勝手, は幾冊, は愛, は文芸家, は無い, もあった, もない, も惡, をし, 必ず神, 豈に

▼ 思ふ~ (28, 0.3%)

32 な氣, になつ

1 [21件] なこと, なもの, な上達, な事, な力, な卑猥, な構造, な白, な研究, な能くも, にいへなかつた, になつた, になつたの, にはか取らない, に世話, に佐治君, に出, に成績, に薄い, に見え, に送金

▼ 思ふ通り~ (28, 0.3%)

4 になる 3 のもの 2 にする, にやつ, に新聞, を述べたる

1 [13件] な声, にならない, になります, には何時, に出来ない, に動かし得た, に燃えた, に考へ, に行かなかつた, の反応, の求婚, の若者, を父

▼ 思ふかも~ (27, 0.3%)

6 知れないが 5 知れぬが 2 しれない, 知れない

1 [12件] しらんが, しれぬ, 知れない何しろ未だ, 知れない併, 知れない僕, 知れぬ, 知れぬし, 知れません, 知れませんけれど, 知れん, 知れ無え, 知んないが

▼ 思ふくら~ (26, 0.2%)

9 ゐである 2 ゐで, ゐに

1 [13件] ゐいい, ゐくるくる, ゐだが, ゐであります, ゐであるが, ゐです, ゐの, ゐよ, ゐ下, ゐ危険, ゐ座, ゐ末輩, ゐ舌

▼ 思ふまま~ (26, 0.2%)

2 に出, のこころ

1 [22件] にうつくし, にそら, になつて, にならず, にはならず, に何, に声, に外面的, に引かれ, に濃, に濶歩横行せり, に現し, に苛まれ, に詠みたる, に質問, に贈られない, に運んだ, の世, の通路, を詠みたる, を通して離縁, 下らせて

▼ 思ふけれども~ (24, 0.2%)

1 [24件] しかもその, そこに, その場合, それだけでも, それは, それも, どうして足, やつぱり大人で, 一〇パーセントといふ, 今は, 併し, 又若い, 同時に旅費, 大変な, 実際は, 当時は, 或は何, 扨て, 新兵の, 最近に, 本意は, 立ち向, 綜合的な, 近頃の

▼ 思ふより~ (24, 0.2%)

2 他は, 外は

1 [20件] しかたが, ほかどう, ほかない, ほかなるもの, ほかに, よもの, われの, 不愉快な, 主人の, 乞食の, 仕方が, 他の, 他思ひ, 口に, 外に, 外には, 外有りあん, 寧ろ伯父, 寧ろ孫, 蛾を

▼ 思ふには~ (23, 0.2%)

1 [23件] いは, これが, これは, にずざんこくなものだ, 一歩, 今此家, 似ず平気, 何か, 女といふ, 彼は, 忍ぶる, 支那人として, 昔の, 是丈の, 最初は, 生命が, 目的や, 石川が, 縦令茶山, 自分は, 詩の, 酒の, 餘り

▼ 思ふ~ (21, 0.2%)

1 [21件] ありや, があつ, があるなら, がみんな亭主持ち, が果して, だらううつむいて, と結婚, ならば, には氣, に遇, のあり, のねんごろ, のやう, の兒, の名, はございますまい, はない, は先づあるまい, は見当らなかつた, をなほ, をば奪

▼ 思ふとも~ (20, 0.2%)

3 なく胸

1 [17件] その險惡, なき自ら, なく女, なく思つて, なく母恋, なく爲, なしに, 云つた, 何とも感ぜぬ, 及びなき, 君は, 思はるるとも, 恋ふと, 理だにも, 知らずに, 空吹く, 言つた

▼ 思ふ~ (20, 0.2%)

1 [20件] かに大師當時, が, がなる, が苦悩, が見る, である事, に候, の動坂, の寝床, の愚かさ, の愛情, の短冊掛, の考, はすまない, は勿論, は嚴密, は多く, は特に, は近来, を見送

▼ 思ふ~ (19, 0.2%)

2

1 [17件] ありあの, 久し天, 僭上の, 勿躰なき, 可恐き, 可笑しい, 哀れな, 少からず, 徒に重盛, 心からぞとは, 我といふ, 母の, 涙は, 淺ましき, 物の, 珍しき事, 疾う

▼ 思ふ~ (19, 0.2%)

3 にはまつ, に嵌 2 だと, にはまった, に篏つて 1 だ, でした, にはまる, に入, に引入れる, に落ち, の結論

▼ 思ふにつけ~ (18, 0.2%)

3 ゆき子は

1 [15件] いろんな問題, お優し, これでは, さき, 到底我慢, 十年の, 安心の, 富岡と, 富岡の, 急に, 我儘ばかり, 深夜十二時敢て, 灰白色の, 自分の, 身の

▼ 思ふ~ (18, 0.2%)

1 [18件] がなけれ, である, で五六尺天窓, で左, として私, ならん, なれども, には誰, に扉, に違はず, は一生懸命, は他日これ, は思ふ, は現在, をまた, を前, を湿し, を述べ

▼ 思ふ~ (17, 0.2%)

2 でした

1 [15件] あひ, おなじガラス窓, お勝手口, お末, その中, その産婦, にはきまつ, にふと, ふと薄寒い, また次, 再び海, 又別, 呼びさ, 思ひも, 表入口

▼ 思ふ~ (16, 0.2%)

1 [16件] さう, さうなら, どみ, また出, また前, 一寸濟, 会は, 又既に, 同時に, 女同士で, 少々長い, 少くとも, 改進新聞かとも, 経済的な, 経費の, 馬の

▼ 思ふほどの~ (15, 0.1%)

1 [15件] きりやうです, ことを, なじみやすい, のんきさ加減なれ, 効果が, 声で, 大夕立, 小さな男, 濡れやうです, 痛みを, 絹夜具の, 美しい女性, 者は, 自信が, 騒ぎを

▼ 思ふよりも~ (15, 0.1%)

2 もつと

1 [13件] やあ又, ヒロシに, 何う, 偶逢つた卯平の, 取りつき端, 國を, 多くの, 嫌な, 寧ろ多く, 彼奴が, 遠く且つ, 驕慢で, 驚きに

▼ 思ふあたり~ (14, 0.1%)

1 [14件] から北, で再び, で聲, には人, にフンワリ, に錨, の狹隘, へ来る, へ談柄, へ針金, まで此, をたづ, を無手, を立ち

▼ 思ふだけでも~ (14, 0.1%)

4 堪へられなかつた 2 いやに 1 たいへんな, ふしぎに, 何となく旅, 労れる, 幾らか調子, 恐らく隠元, 胸が, 自由な

▼ 思ふのに~ (14, 0.1%)

1 [14件] さても, ちら, どこかの, なんの, もう七年, もう煤煙, 文庫版, 早くも, 未だ宵, 本當, 水の, 目には, 記, 野守りは

▼ 思ふ~ (14, 0.1%)

6 だけど 2 だ, です 1 だが, だね, ですがね, ですけど

▼ 思ふとき~ (13, 0.1%)

2 あり

1 [11件] その言葉, どの愛情, にはいつも, には屹度ほか, には眼前, に自分, はいつも, はどんな, は誰, 又やる, 青みて

▼ 思ふ~ (12, 0.1%)

2 に我 1 ついつい画家, に, にこ, にこの, にもの思ふ, にわれ, にわれすべ, に壱岐, に神, 乎

▼ 思ふ~ (12, 0.1%)

1 [12件] から山, なるべし, にし, に忽ち, に聞え, へ胡粉, をうんと, をもつ, をスツ, を一つ一つ赤染衞門, を僞, を探し

▼ 思ふ~ (11, 0.1%)

2 ういふ 1 うかうして, うして, うする, うだあの, う云, へ余りに, へ胸, へ辛い, まただ

▼ 思ふそれ~ (11, 0.1%)

1 [11件] がうまい, だのに, ならば, は厄介, は小雨, は生活意力, は画風, ばかりぢ, までこの, も思へ, を忘れ

▼ 思ふだけの~ (11, 0.1%)

1 [11件] こと, ことが, ことである, ことです, ものさ, ものだ, 事だ, 事は, 事を, 心で, 意味で

▼ 思ふだに~ (11, 0.1%)

2 よしを 1 いやくるし, すぐ夢, なほ嘔吐を, 愚なる, 痛ましい, 笑止の, 自尊心に, 苦し, 身の毛の

▼ 思ふといふ~ (11, 0.1%)

2 程思つてるで 1 その幸, つまりあの, やうな, やうに, 意味な, 日本語で, 様な, 葉書が, 風で

▼ 思ふ~ (11, 0.1%)

31 ア何だか, 子ども皇祖の, 時に逢, 智恵子, 物事に, 腕には, 自分達にも, 錢形の

▼ 思ふ~ (11, 0.1%)

2 だから信さん友達 1 これといふ, さうし, だつてさ, で, ふに, 其土地土地の, 天は, 小型の, 閻魔の

▼ 思ふ~ (11, 0.1%)

1 [11件] あやなく, まなかひを, もしその, り, 人も, 何とかも, 免れなかつた, 同じくは, 懌びたりし, 我は, 欲せざりき

▼ 思ふ~ (11, 0.1%)

1 [11件] にいきなり, にいつか十月, につい, にもう, にも客, にクル, に卅日以上, に引返せり, に赤坊, に車, も猶

▼ 思ふ~ (11, 0.1%)

1 [11件] とは誰, の一刹那, の女, の弱, の感情, の脚, の蓮太郎, の誇, は奈良, は悲痛, もやがて

▼ 思ふても~ (10, 0.1%)

2 居たれど 1 また気, ゐたれど, 又いきね, 書生の, 最早我が, 涙が, 種々な, 罪の

▼ 思ふ~ (10, 0.1%)

3 否や 2 我に 1 あるは憤激, 否や水の, 多年, 我等を, 歌の

▼ 思ふわけ~ (10, 0.1%)

2 である, では 1 です, なれば, の無い, はだ, は前, を事細か

▼ 思ふこの~ (9, 0.1%)

2 三道は, 頃 1 型は, 山や, 意味から, 点で, 画などは

▼ 思ふにも~ (9, 0.1%)

2 どうでも 1 あらず静, うき水鳥, し便, なほう, 世や, 哀れなる, 堪へ難い

▼ 思ふ~ (9, 0.1%)

2 には唯, に猿 1 にいつしか, に何時, に意外, に潮霧, に狐

▼ 思ふ人間~ (9, 0.1%)

1 が二人, には平常, に何故, に呉れ, の前, の死所, は我儘, ほど得手勝手, も馬鹿

▼ 思ふ~ (9, 0.1%)

1 にはならず, に事, に日本朝廷, に編輯, に貪つた, に遊べぬ, の原稿, の表現, 仕ても

▼ 思ふ~ (9, 0.1%)

1 が多く, には客, には自ら鍬, のあり, のいつか, のうれし, は生みし, も来ぬ, も過ぎ

▼ 思ふ~ (9, 0.1%)

1 があれ, が天秤, が現れた, でした, と相合傘, に添, に身, の情熱, をん

▼ 思ふけど~ (8, 0.1%)

1 あんたが, うまく行かなく, この家, だつてタマさん, 一度聞き合せ, 一時あたしが, 僕は, 駄目な

▼ 思ふしかし~ (8, 0.1%)

1 あなたの, これによりて, これらの, 佛教の, 其の輸入, 河童は, 痒いところ, 私としては

▼ 思ふ~ (8, 0.1%)

21 ちい群れ, ちにや, ち二人三人かい, ち斯く, ち遊べる今日, ち靡く方

▼ 思ふほどに~ (8, 0.1%)

1 なりぬ, はや出, 二人は, 怪しげな, 疲れを, 白衣の, 耳に, 讚岐から

▼ 思ふ~ (8, 0.1%)

1 お正月を, さうし, その原, 小母さん真, 殊に自然派, 物事は, 独身の, 貴方は

▼ 思ふ~ (8, 0.1%)

2 はあるまい, はない, はなかつた 1 ない, は何事

▼ 思ふ心持~ (8, 0.1%)

1 から本間氏, が強, が強く, に基く, は何處, も交つたの, をもその, を少く

▼ 思ふかと~ (7, 0.1%)

1 いふに, たづねる, 云ふ, 問し, 幾が, 心配した, 訊ねて

▼ 思ふその~ (7, 0.1%)

1 くせ彼は, ことを, 中で, 人の, 夏霞, 日その, 眼力

▼ 思ふもん~ (7, 0.1%)

3 ですか 1 か, かといつたら, だから, やお

▼ 思ふよう~ (7, 0.1%)

1 では, なの, な形, に, に出, に行かない, 剥げること

▼ 思ふらん~ (7, 0.1%)

2 など打返し 1 かは能, かも, かをも能, とて御衣, 犯せる罪

▼ 思ふ以上~ (7, 0.1%)

1 にその, に当局, に日本, に親友, のこと, は其の, 猶又

▼ 思ふ~ (7, 0.1%)

2 き事 1 からざる, からざる事, きところ, きを, くも無い

▼ 思ふ~ (7, 0.1%)

1 がある, が正しい, が順道, は煙管, へ行ける, より風, をひとつ

▼ 思ふ時分~ (7, 0.1%)

1 にあわ, にはまた, に振返, に私, に頸, の事, まで案外

▼ 思ふ~ (7, 0.1%)

1 に, に一種, に古人, に思はず, に汽車, に肌, に限り

▼ 思ふ気持~ (7, 0.1%)

1 があつ, などは這, に似, に変り, のみになつ, は持ち得ない, を諦めきれない

▼ 思ふ自分~ (7, 0.1%)

1 がしつとり, にとつ, の心, の氣持, の計, はこれから大いに, は結婚

▼ 思ふ途端~ (7, 0.1%)

1 になぜ, にヤッ, に乾, に女, に電燈, 忽ち, 悲しくも

▼ 思ふごと~ (6, 0.1%)

2 にすず子 1 にかの, にその, に泣き咽び, に私

▼ 思ふたび~ (6, 0.1%)

1 に人, に俺, に卓一, に憎, に次, に氷化

▼ 思ふとたん~ (6, 0.1%)

1 その聲, にごう, にどこ, に古ぼけ, に大勢, に消えちまつ

▼ 思ふと共に~ (6, 0.1%)

1 また顔, 大変日が, 私の, 自分に対して, 見捨てるなら見捨てろといふ, 身うちの

▼ 思ふなり~ (6, 0.1%)

2 濡石に, 黝朱の 1 かくまでに, といふ

▼ 思ふのみ~ (6, 0.1%)

1 そのままに, である, なの, ならず俳句, 充血が, 歯が

▼ 思ふのみにて~ (6, 0.1%)

1 そなた, 便りを, 別れて, 外に, 打過ぎたり, 未だ語らざる

▼ 思ふばかりに~ (6, 0.1%)

1 その一挙一動, 嘆くなり, 捕物の, 物ひそかなり, 美しい, 陳腐とは

▼ 思ふものの~ (6, 0.1%)

1 かれは, どういふ, なぜか, もしそれ, 夢とは, 田丸浩平は

▼ 思ふんで~ (6, 0.1%)

1 がすがね, せう, せうね, それを, 松島は, 足跡を

▼ 思ふ一人~ (6, 0.1%)

2 である, の女 1 にすがりつい, に目星

▼ 思ふ~ (6, 0.1%)

2 のこと 1 けである, その小説, でも彼女, で実行

▼ 思ふ場合~ (6, 0.1%)

1 が多, でもそれ, などに, には他, は氣性, 誠にそこ

▼ 思ふ~ (6, 0.1%)

2 のちらつく 1 が唯, だに見えぬ, だに見えね, のしたし

▼ 思ふ~ (6, 0.1%)

2 の行衛 1 かけて, ぞ経, のふかき, の旅

▼ 思ふ~ (6, 0.1%)

1 から日, があ, があります, を作る, を挙げる, を註文

▼ 思ふ~ (6, 0.1%)

2 を花 1 ではなし, の不運, は, も独り

▼ 思ふ~ (5, 0.0%)

1 たが, 互に慰め合ひたい, 品さん, 喜代に, 艶の

▼ 思ふことさ~ (5, 0.0%)

3 へあつ 1 へ, へある

▼ 思ふだけで~ (5, 0.0%)

1 すぐに, どうにもならない, 杉村の, 説明は, 誰の

▼ 思ふてを~ (5, 0.0%)

21 りましたけれど, りましたところ, ります

▼ 思ふ~ (5, 0.0%)

1 ほらよく, アメリカといふ, 彼の, 月給取, 毎見

▼ 思ふひと~ (5, 0.0%)

2 もあらう 1 がある, の春, をひとつお母さん

▼ 思ふほか~ (5, 0.0%)

1 にあの, には余念, に仕方, はない, はなにひとつ

▼ 思ふ~ (5, 0.0%)

2 に何 1 にばら, に今日, に凄まじい

▼ 思ふよし~ (5, 0.0%)

2 ありて 1 あれば, は後, 幼な

▼ 思ふ~ (5, 0.0%)

1 な十能, な麻袋, わた, 磐石の, 鼓鳴り

▼ 思ふ~ (5, 0.0%)

2 のうつくし 1 のみ, や水, 在りみたい

▼ 思ふかの~ (4, 0.0%)

2 女よ 1 大唐三藏聖教, 聴水も

▼ 思ふこそ~ (4, 0.0%)

1 はかなき限り, 尚を, 彼の, 情けなけれ

▼ 思ふこと切~ (4, 0.0%)

2 なり 1 なりき, なる餘

▼ 思ふころ~ (4, 0.0%)

1 かな, にはあきらめ, には鶴, ふいに

▼ 思ふては~ (4, 0.0%)

3 干場の 1 地韜踏んで

▼ 思ふとつ~ (4, 0.0%)

1 たが, たの, たらうち, たれど

▼ 思ふとは~ (4, 0.0%)

2 何といふ 1 つと目, なれ際

▼ 思ふとを~ (4, 0.0%)

2 かしくなる 1 かしいけれど, かしかつ

▼ 思ふなよ~ (4, 0.0%)

2 智恵の 1 光りかがやく天ツ日, 生ひ立つ

▼ 思ふばかりの~ (4, 0.0%)

1 ことな, 光景で, 液体を, 相違なる

▼ 思ふほどは~ (4, 0.0%)

2 此人も 1 この人, 降らないすこし

▼ 思ふまもなく~ (4, 0.0%)

1 かの両人, こんどは, つぎの, 我に

▼ 思ふ~ (4, 0.0%)

1 なにぶん何, よしなし, 御国表, 然レ共

▼ 思ふ一心~ (4, 0.0%)

3 で御 1 でその

▼ 思ふ一方~ (4, 0.0%)

1 この作家たち, で構, にやつぱりこの仕事, また津軽平野

▼ 思ふ人々~ (4, 0.0%)

1 に何枚, の前, の熱情, もなき

▼ 思ふ人物~ (4, 0.0%)

1 がそれ, は漫然と, を幻影, を発見

▼ 思ふ仔細~ (4, 0.0%)

1 あつて, あり是, あれば, がある

▼ 思ふ~ (4, 0.0%)

1 は, はむしろ, は日, もあやし

▼ 思ふ~ (4, 0.0%)

1 にそれ, にも述べた, に土塀, に苦々しい

▼ 思ふ~ (4, 0.0%)

2 が声 1 は鶏, 去りて

▼ 思ふ~ (4, 0.0%)

1 が母, が衣摺らむ, のこと, の額

▼ 思ふ~ (4, 0.0%)

1 にはがゆい, に困つた, に昔, に次

▼ 思ふ~ (4, 0.0%)

2 もなく 1 に惱, を払

▼ 思ふ~ (4, 0.0%)

1 から, しもそれ, もある, よく九時

▼ 思ふ樣子~ (4, 0.0%)

1 です, で凝, もなけれ, も無い

▼ 思ふ次第~ (4, 0.0%)

2 である 1 であります, で是

▼ 思ふ然るに~ (4, 0.0%)

1 これらの, ショッペンハウエル氏の, 余は, 小乘律

▼ 思ふお前~ (3, 0.0%)

1 がお, は時次, は氣

▼ 思ふかな~ (3, 0.0%)

1 やよや, 卯月の, 浴衣の

▼ 思ふこれ~ (3, 0.0%)

1 だけあれ, でずゐ, ならば

▼ 思ふしり~ (3, 0.0%)

1 からいやいや, からこれ, から伏見

▼ 思ふそして~ (3, 0.0%)

1 感謝と, 日本的な, 私は

▼ 思ふぞんぶん~ (3, 0.0%)

1 に伸び, に食べられる, 働いて

▼ 思ふたり~ (3, 0.0%)

1 いたしました, 不幸と, 知らぬうち

▼ 思ふだけが~ (3, 0.0%)

3 お前さんが

▼ 思ふつて~ (3, 0.0%)

1 あつさ, ねえ本当に, 何とも思はん

▼ 思ふつまり~ (3, 0.0%)

1 その間の, 交際の, 福田平八郎氏は

▼ 思ふといぢ~ (3, 0.0%)

1 らしい, らしくな, らしくなる

▼ 思ふとしては~ (3, 0.0%)

1 神を, 自己を, 運命を

▼ 思ふどんな~ (3, 0.0%)

1 だと, 苦痛と, 達人だ

▼ 思ふなと~ (3, 0.0%)

2 君は 1 あの人

▼ 思ふなど~ (3, 0.0%)

1 言ひ越せり, 誰にでも, 重きお

▼ 思ふにぞ~ (3, 0.0%)

2 あはれ一杯の 1 直ちに黒衣

▼ 思ふのさ~ (3, 0.0%)

1 へある, へ其の, へ指

▼ 思ふゆゑ~ (3, 0.0%)

1 に寄るべ, に身, 嘆かるる

▼ 思ふよりは~ (3, 0.0%)

1 もう僕, 寧ろ涜神, 尚際

▼ 思ふんぢ~ (3, 0.0%)

2 やが 1 やけど

▼ 思ふ一念~ (3, 0.0%)

2 からで 1 に眼

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

2 から齒 1 から歯

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 のま, は英國, までのやう

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

3

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 がこの, ともなりぬべし, とも成ぬべし

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 とがあつ, と分からぬ, はまれまれ

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 のあか, の浪, はわが

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 だの掏摸, の心臓, をお

▼ 思ふ寂し~ (3, 0.0%)

2 さは 1 さとは

▼ 思ふ彼女~ (3, 0.0%)

1 とは誰, の布施, の馴染客

▼ 思ふ戀人~ (3, 0.0%)

2 もあり 1 もなく

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 も無く

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 の慈悲, の戸, をおも

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 が後で, は起らなかつた, もあつ

▼ 思ふ氣持~ (3, 0.0%)

1 があり, とこの, とめつた

▼ 思ふ然し~ (3, 0.0%)

1 今の, 思想者で, 此石の

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 が二つ, が出ませう, も鈴

▼ 思ふ瞬間~ (3, 0.0%)

1 がある, にはもう, に階上階下

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 かな, はあまた, もふけ

▼ 思ふ程度~ (3, 0.0%)

1 で聞い, に自己, のもの

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

2 に上つた 1 にし

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 だが, はないだらう, はなかつた

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

2 して 1 もこれ

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 づと苦笑せず, 惚かも, 惚では

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 は闌け, も葉, を苞

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

3 の情

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 に進ん, の窪, の端

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 にはそんな, に蘆, りに

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

3 かな

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 のかたち, の色, の通

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 で人, で見, もなかつた

▼ 思ふ~ (3, 0.0%)

1 があります, はある, は前述

▼ 思ふいくらでも~ (2, 0.0%)

2 稿料が

▼ 思ふいや~ (2, 0.0%)

1 それよりも, 誰が

▼ 思ふおれ~ (2, 0.0%)

1 はどこ, も貰

▼ 思ふかた~ (2, 0.0%)

1 にたまたま, へ川梅

▼ 思ふかといふ~ (2, 0.0%)

1 ことばかり, 懸念自分の

▼ 思ふかね~ (2, 0.0%)

1 と客, 正しいと

▼ 思ふかねと~ (2, 0.0%)

2 重ねて

▼ 思ふからこそ~ (2, 0.0%)

1 おかしいが, 此の世は

▼ 思ふからでも~ (2, 0.0%)

2 あつた

▼ 思ふがな~ (2, 0.0%)

1 ア, 親分

▼ 思ふこころ~ (2, 0.0%)

1 つきて, もあつ

▼ 思ふことみなしづか~ (2, 0.0%)

2 なり妻

▼ 思ふこと人~ (2, 0.0%)

1 にさとらせぬ, よりも多き

▼ 思ふこと關路~ (2, 0.0%)

2 の暗

▼ 思ふさま胸~ (2, 0.0%)

2 を拡げ

▼ 思ふそこ~ (2, 0.0%)

1 に余, の食堂

▼ 思ふそば~ (2, 0.0%)

1 から思ふ, から直ぐ

▼ 思ふそんな~ (2, 0.0%)

1 化物は, 字が

▼ 思ふぞんぶん歌~ (2, 0.0%)

2 つたり

▼ 思ふだから~ (2, 0.0%)

1 当方には, 私は

▼ 思ふだが~ (2, 0.0%)

1 その解決, 彼れ

▼ 思ふだけに~ (2, 0.0%)

2 何と訊い

▼ 思ふつい~ (2, 0.0%)

1 泊つ, 目さきに

▼ 思ふとか~ (2, 0.0%)

1 はいさうで, 悪く噂

▼ 思ふとき私~ (2, 0.0%)

1 は人情, は暗

▼ 思ふところ月~ (2, 0.0%)

1 にあらざる, にあらず

▼ 思ふとぞ~ (2, 0.0%)

2 つとする

▼ 思ふとともに~ (2, 0.0%)

1 もつと, 彼は

▼ 思ふどう~ (2, 0.0%)

2 ぢや

▼ 思ふなかれ~ (2, 0.0%)

1 せんねんに, 詩想の

▼ 思ふなるべく~ (2, 0.0%)

1 そのやう, 其やうな

▼ 思ふの今日~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 思ふやう我母~ (2, 0.0%)

2 は余

▼ 思ふやがて~ (2, 0.0%)

1 今までの, 其のくら

▼ 思ふよく~ (2, 0.0%)

1 住みに, 酔へる

▼ 思ふよと~ (2, 0.0%)

1 なにげなさ, 私の

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 むか, むかかる

▼ 思ふらむ~ (2, 0.0%)

1 嘆くらむ, 打てども

▼ 思ふらん君~ (2, 0.0%)

2 が手

▼ 思ふわが~ (2, 0.0%)

1 胸は, 願ひ

▼ 思ふ一ふし~ (2, 0.0%)

2

▼ 思ふ一杯~ (2, 0.0%)

1 に吸う, ひつかけたい

▼ 思ふ不浄~ (2, 0.0%)

1 の涙, の涙身

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 になど風波, はこの

▼ 思ふ人たち~ (2, 0.0%)

1 ばかりで一ぱい, も多い

▼ 思ふ人達~ (2, 0.0%)

1 の消息, は今

▼ 思ふ今日保存~ (2, 0.0%)

1 されて, せられて

▼ 思ふ以外~ (2, 0.0%)

1 には異性, に法

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 うだね, といふ馬鹿者

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

2 が更に

▼ 思ふ俳優~ (2, 0.0%)

1 の手許, の頭

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 から二葉亭四迷君, の人

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

2 から

▼ 思ふ内容~ (2, 0.0%)

1 が形式, は無論

▼ 思ふ冷淡~ (2, 0.0%)

2 な同心

▼ 思ふ半分~ (2, 0.0%)

1 も云, も活動

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 博士は, 或る遣

▼ 思ふ同時に~ (2, 0.0%)

1 さびしくも, 南方所傳の

▼ 思ふ名刺~ (2, 0.0%)

1 には巡査飯田栄安氏, には巡査飯田榮安氏

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

2 つ岡月明

▼ 思ふ大師~ (2, 0.0%)

1 が入唐以前, は立派

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 から尚, の心

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 にまそ, に逢はず

▼ 思ふ存分寢~ (2, 0.0%)

1 たり起き, ましたが

▼ 思ふ存分我儘~ (2, 0.0%)

1 を働い, を振舞

▼ 思ふ存分腕~ (2, 0.0%)

1 が揮, を伸ばさし

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 に植木屋, に気がついた

▼ 思ふ小さな~ (2, 0.0%)

1 按摩どのが, 紙包の

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

2 の大木

▼ 思ふ度毎~ (2, 0.0%)

1 に同時に, に私

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

2 をあちこち

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

2 をあちこち

▼ 思ふ心止め~ (2, 0.0%)

2 難し

▼ 思ふ念心頭~ (2, 0.0%)

2 を衝い

▼ 思ふ意識~ (2, 0.0%)

2 が閑却

▼ 思ふ感じ~ (2, 0.0%)

1 が強, は学士

▼ 思ふ感情~ (2, 0.0%)

1 が私, などに至つて

▼ 思ふ慈母~ (2, 0.0%)

2 の恩

▼ 思ふ憂き~ (2, 0.0%)

2 ひとの

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 はいづ, ふ忘れがたし

▼ 思ふ我が身~ (2, 0.0%)

1 こそ, に

▼ 思ふ我輩~ (2, 0.0%)

1 が決して, は最も

▼ 思ふ或は~ (2, 0.0%)

1 退きて, 違ふかも

▼ 思ふ戯曲~ (2, 0.0%)

1 にはその, をやつ

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 が一寸, も青い

▼ 思ふ拍子~ (2, 0.0%)

1 にあの, に車夫

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 のこと, は私

▼ 思ふ日本人~ (2, 0.0%)

1 と餅, には入浴

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 ありて, を述べ

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 に於, れは

▼ 思ふ時右~ (2, 0.0%)

2 の肱掛

▼ 思ふ時私達~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ 思ふ時自分~ (2, 0.0%)

1 の荒み切つた, は平然

▼ 思ふ朗ら細音~ (2, 0.0%)

2 のうまし

▼ 思ふ望月~ (2, 0.0%)

1 の, の欠け

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

2 じめ

▼ 思ふ束の間~ (2, 0.0%)

2 に逃足

▼ 思ふ様油~ (2, 0.0%)

1 を取つ, を取る

▼ 思ふ横町~ (2, 0.0%)

2 の長吉

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 の方, 勝つ

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 の木の葉, は何

▼ 思ふ浦島さん~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 がある, はない

▼ 思ふ焼野~ (2, 0.0%)

1 の雉子, の雉子けんけん

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 の濃き, は子

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 一寸茲に, 生きて

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 思ふ現に~ (2, 0.0%)

1 支那に, 赤の

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 が一群, は文学者

▼ 思ふ目的~ (2, 0.0%)

2 に向

▼ 思ふ相手~ (2, 0.0%)

1 には高飛車, にめぐり

▼ 思ふ程渦~ (2, 0.0%)

1 を卷い, を巻い

▼ 思ふ程火の粉~ (2, 0.0%)

2 が雨

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 のあたり, を霰

▼ 思ふ自由~ (2, 0.0%)

1 があつ, な態度

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

2 ぞうごける

▼ 思ふ若し~ (2, 0.0%)

1 さうで, 釋迦が

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 のいほり, の庵

▼ 思ふ調子~ (2, 0.0%)

2

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 嬢が, 孃が

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 の辺, の邊

▼ 思ふ遠慮~ (2, 0.0%)

2 はいらぬ

▼ 思ふ部分~ (2, 0.0%)

1 が多い, に就

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 の場合, を飲んだら

▼ 思ふ釣船~ (2, 0.0%)

2 の海人

▼ 思ふ錢形~ (2, 0.0%)

2

▼ 思ふ長吉~ (2, 0.0%)

2 だ生

▼ 思ふ閣下~ (2, 0.0%)

2 はた

▼ 思ふ頃不意~ (2, 0.0%)

1 にこんな大きな, に漕ぐ

▼ 思ふ~ (2, 0.0%)

1 さの, 臺で

▼1* [884件]

思ふああこの心猛, 思ふあいつが夜, 思ふあこがれ邪と嫉, 思ふあさましい事を, 思ふあたりビクツと手応, 思ふあたり遥に馬子唄, 思ふあのうらわかい天才, 思ふあはれ愚かに, 思ふあまりにさう言う, 思ふあまり神経衰弱の気味, 思ふあまり色々な辛酸, 思ふありがたいと思ふ, 思ふあれが俺, 思ふいい子に, 思ふいつも行乞する, 思ふいとこの重吉, 思ふいにしへの, 思ふうす青き日よ, 思ふうたびとの眼, 思ふうち一時の鳴る, 思ふうち八疊に私, 思ふうち臺は平次, 思ふうら若い女の, 思ふうれしさ, 思ふお方にお, 思ふお話であつ, 思ふかかる夕日に, 思ふかぎりは飲め, 思ふかたきをかみころし, 思ふかたちになりました, 思ふかつて誰だつ, 思ふかなんて無理を, 思ふかな物のあはれ, 思ふかめよも既に, 思ふからだにウルチャリヤ, 思ふからには貫太を, 思ふかんじんの三又土筆, 思ふがいか, 思ふがずつと前に, 思ふがと相談の, 思ふがね案外晴れやか, 思ふがもッとに, 思ふきみは秋山, 思ふけつきよく味, 思ふけどもあまり考へる, 思ふけなげな心持, 思ふけはひに, 思ふげに見えた, 思ふこいつは洒落, 思ふこころ甚も術, 思ふことつばらかに述べよ, 思ふこと万にまさる, 思ふこと乱麻胸を衝き, 思ふこと何事よりも稀, 思ふこと全部を叩き込みたい, 思ふこと勿れ, 思ふこと図に当り, 思ふこと天を蔑み, 思ふこと己が身, 思ふこと心やりかね出で来れ, 思ふこと我も同じく亦, 思ふこと我等に似ざる, 思ふこと日の出を見, 思ふこと書信に飛ばし, 思ふこと能はずして, 思ふこと誌しくれなば, 思ふこと述ぶること, 思ふこと速に云, 思ふこと電光影裡如何に生き, 思ふこと静かなりあけぼの, 思ふこれこれの人々, 思ふころ二人の騎士, 思ふころ烏は不意, 思ふころ馬車屋が前面, 思ふこんな事を, 思ふさまうち湿つた山気, 思ふさまうち濕つた山氣を呼吸, 思ふさまそれを握りしめました, 思ふさまグイと睨み付けぬ, 思ふさまビシヤリと梅子, 思ふさま七月の生, 思ふさま勝手に跳ね廻る, 思ふさま千代子の横, 思ふさま味はう, 思ふさま奴等を罵倒, 思ふさま将軍家の悪口, 思ふさま山の清い, 思ふさま懊惱呻吟すること, 思ふさま歡樂を盡, 思ふさま涙を流さう, 思ふさま淫逸な欲念, 思ふさま私の頭, 思ふさま苦痛を訴, 思ふさま茎を伸ばし, 思ふさま言つて遣らうか, 思ふさま踊り狂つたり, 思ふさま身振りをし, 思ふさま辱かしめられた, 思ふさま酒喰はし, 思ふさま飜弄した, 思ふさま食はせる, 思ふさま髱後に突出, 思ふされどもこ, 思ふざまキタない言葉, 思ふしと云つて無, 思ふから, 思ふすべての愛, 思ふせつぱつまつた自分の心, 思ふせめて自分の, 思ふそしてまた一人は, 思ふそれだけまたその, 思ふそれで若し以上考, 思ふそれにしても旅は, 思ふそれほど彼には, 思ふそれゆへ余, 思ふたしかに島原らしい, 思ふたしかもう故人だ, 思ふただ其中に, 思ふたとへばこんどの, 思ふためである, 思ふたよりは御, 思ふだけさ愛し方, 思ふちやゐぬが, 思ふつて小便の音, 思ふてかどこまで, 思ふてばかり居りましても, 思ふてんのや, 思ふといふはまして人, 思ふとおなつかしく思ひました, 思ふとかへつてその, 思ふとからだが, 思ふとがつかりする, 思ふときそのものぐるひにも, 思ふときどき太く逞しく息, 思ふときハヤ左手なる汀, 思ふとき人は何, 思ふとき何か愕然, 思ふとき何かしら昌造の性格, 思ふとき吾等の悲哀, 思ふとき彼に対する私共, 思ふとき彼女の面影, 思ふとき我々は三思, 思ふとき手をかざし, 思ふとき散歩して, 思ふとき門にきこ, 思ふとけふは, 思ふとこそ浮べ, 思ふところが從來の, 思ふとつたんだが, 思ふとと振返ツ, 思ふとどつと大声, 思ふとなあもと言, 思ふとにかくこれからは夜, 思ふとねえもがある, 思ふとのたまひし, 思ふとほどばしつて來, 思ふとりまん, 思ふどころでは, 思ふどれだけかの深, 思ふなからんため, 思ふなどがすでに僣上, 思ふなどは心得ちが, 思ふなむ心愛しい, 思ふなりといふ, 思ふなりとて奥御殿へ, 思ふなり二方の寝息, 思ふにかの無情男子は, 思ふにくらしさに, 思ふにこそといへば, 思ふのみにあらず当人, 思ふのみにても吾等生甲斐ある, 思ふの一時に際し昂然, 思ふの士は日夜此事, 思ふの屹度音ちやんは来られるだらう, 思ふの生活のこと, 思ふの相違だ, 思ふの自分でももう, 思ふばかりにて熱海より, 思ふばかりよ壑間の, 思ふひまも無く, 思ふふしありと, 思ふべらなる, 思ふほどになつて教室全, 思ふほどのへ小判を, 思ふほども考へたこと, 思ふまことは月, 思ふまた資産は, 思ふまでだ, 思ふままならず老いに, 思ふまま思想の表現, 思ふまもなくつかつかと歩みより, 思ふむしろ肉の, 思ふもう一つは, 思ふもののもしさうで, 思ふものゆゑ浪の立つ, 思ふもの二あり, 思ふもの其位なこと, 思ふもの自分の名声, 思ふもはや我慢が, 思ふやう基督が世, 思ふやつぱり血は水, 思ふよしやありけむ, 思ふらくその交親, 思ふらむ啄木の, 思ふらん三とせになりぬ, 思ふらん心のほどやや, 思ふらん獄屋の友, 思ふらん言はぬお, 思ふわが身にはどう, 思ふわが身一つの秋, 思ふわねはつはつはつは, 思ふわれの憤り, 思ふをば思ひ思はぬをば, 思ふをも思はぬをも, 思ふを以て二人を, 思ふアカイアの, 思ふアカイア軍勢は, 思ふアゲクの中, 思ふアルゴス軍勢の惱, 思ふスタンダールのやう, 思ふチヱーホフほど親しく, 思ふヂャンプでも同じ, 思ふて, 思ふトロイアの陣, 思ふニ一朝幕と戦争, 思ふニ中島作太郎も急, 思ふニ唯君のミ, 思ふニ大兄ハ昨日も小弟宿, 思ふニ是ハ我ガをこたる, 思ふ同じ御事ニ御座候, 思ふ一つの変則, 思ふ一事を続け, 思ふ一寸此事を, 思ふ一日一句でたくさん, 思ふ一本の吹矢, 思ふ一番好きだ, 思ふ一緒に食事, 思ふ一面にあの, 思ふから, 思ふ丑松の情, 思ふ世界ではない, 思ふ世間常識が禍, 思ふ両親はゐ, 思ふ中年女ですが, 思ふ丸柱が白く, 思ふ久富もみっともなく, 思ふと, 思ふ事々につき, 思ふ事さへあります, 思ふ事一ツ叶へばまた, 思ふ事云はで止み, 思ふ事以外には一画, 思ふ事勿れ, 思ふ事大なれば, 思ふ事実が一向に, 思ふ事紫陽花の花, 思ふ事腹にたまり, 思ふ事至極をこ, 思ふ事象乃至景象, 思ふ二三日中に坪刈り, 思ふ京師辺には今, 思ふ人品も賤, 思ふ人間性即ち短い, 思ふ今年はもっと, 思ふ仏蘭西婦人の最も, 思ふに途, 思ふ他人の家, 思ふ仮令どんな幻滅, 思ふ仲よしのかう, 思ふ伯母さん從兄さんの深慮, 思ふ但し意思と, 思ふ位だぶだぶだ, 思ふ位何の渡りかけ, 思ふ位其中で何, 思ふ位晴れ晴れした微笑, 思ふ位曇つて, 思ふ何しろ生れてから, 思ふ何となれば, 思ふ何となく犯し難き, 思ふ何事も隱, 思ふ何故なら画壇的位地, 思ふ何等の印, 思ふに一度, 思ふ余りであつ, 思ふ余裕はありません, 思ふは大正元年九月發表, 思ふ作品は写し取つた, 思ふ作用がはたらいた, 思ふへて見れ, 思ふ例へば二頭の, 思ふ侘しさ, 思ふ信念に心, 思ふ個人の運動, 思ふ傾向はある, 思ふのさま, 思ふ儘事成るべしと, 思ふ儘自分の欲する, 思ふ儘行へ何ぞ, 思ふ來桑港及び, 思ふ元気さへなく, 思ふの尖つた, 思ふに角ショッペンハウエル氏以前, 思ふ入江たか子も此処, 思ふ極めて短, 思ふ其の遙け, 思ふ其人に復, 思ふ其他パウルゼン氏も矢張, 思ふ其処此処の河, 思ふ其懸念が絶えず, 思ふ其方は犬, 思ふ其本を買, 思ふ内ニ小弟先日中風けニ, 思ふ内切放れよく, 思ふ内沙漠先生何と思, 思ふ冷さに戸, 思ふじい爆音が, 思ふ処女の人, 思ふ出しものがない, 思ふ出雲の地名, 思ふは両度, 思ふなる衝動, 思ふ切々たる哀調は, 思ふ別れ来ぬれば, 思ふ別荘を見, 思ふ利口者は讀まない, 思ふ刹那に忽ち, 思ふ刹那彼の全身, 思ふ前書なしの, 思ふ劇場はこれくら, 思ふも逆境, 思ふ勃々とした, 思ふ勇気もない, 思ふ十二時に起きる, 思ふ十分に意趣, 思ふ千屈菜の花, 思ふをも解し得ず, 思ふ半面にはどんな, 思ふ博士はその, 思ふつ木, 思ふ即ち周の, 思ふ反抗の感情, 思ふ反面生命の張り, 思ふなしの, 思ふ可笑しさ, 思ふも左, 思ふ合掌低頭して, 思ふ同じ御影石の, 思ふ名物の古本屋, 思ふ君子に聡, 思ふ君達は何, 思ふ吾子真幸くあり, 思ふ周期的に精神錯乱, 思ふがそれ, 思ふかな, 思ふ和吉は手拭, 思ふ哀慕の涙, 思ふでもなかつた, 思ふ商買人が二人, 思ふ問題も捉, 思ふを, 思ふが長, 思ふ四方の鎮, 思ふ土地を奪, 思ふの黝朱, 思ふ坂道の異なる, 思ふと吉蔵, 思ふ垣根にはライラツク, 思ふ場面とが頭, 思ふの上, 思ふ塾生ともう, 思ふ境地は絶対, 思ふ境涯に立つ, 思ふをだした, 思ふふかみけり, 思ふもありぬ, 思ふ外一点のにごりなけれ, 思ふ外何もなかつた, 思ふ數の, 思ふ多少の慾, 思ふ大きな足場を, 思ふ大井町や山王, 思ふ大儀でなかつたら是非散歩, 思ふ大口を赫, 思ふ大柳があつ, 思ふ大衆の女人, 思ふ大観の何処, 思ふ大金は影, 思ふ大雨であつ, 思ふ天井も一面, 思ふ夫婦は稀, 思ふ奇特な人, 思ふ奈良の奠都, 思ふ女帝であつ, 思ふ好きな酒, 思ふ好奇心を起した, 思ふか今, 思ふは飲む, 思ふ始末だ, 思ふ姑根性が潜ん, 思ふ姫鱒は水, 思ふお園, 思ふ娘心の勘違, 思ふ子供らしい意識, 思ふ子細あつて, 思ふ存ぶん接吻すること, 思ふ存分やつたので, 思ふ存分人にあら, 思ふ存分寝起きの蚕, 思ふ存分尻から突いた, 思ふ存分怒りを表現, 思ふ存分日光に浴し, 思ふ存分最後に遊びたい, 思ふ存分熱切に夢中, 思ふ存分猟をし, 思ふ存分玉突きでもし, 思ふ存分翻弄されたの, 思ふ存分自分を咲かし, 思ふ存分苦勞をさし, 思ふ存分遊び興じ升, 思ふ存分道ぐさを食ひながら, 思ふ存分飮んで見, 思ふ学校を出た, 思ふ學校も訪ねず, 思ふ人生は, 思ふはその, 思ふ密教的解釋が到底, 思ふ富国強兵且雄将のはたらき, 思ふ寝覚かな, 思ふ實際歌がよく, 思ふ寸法通りに取, 思ふ專務さんが横暴, 思ふ箱程の, 思ふ小判を疊, 思ふ小手へどこ, 思ふ小説を書かう, 思ふ小野篁は元, 思ふ少くとも事理, 思ふ今一つそれに, 思ふ尤も意思が, 思ふ屋根も葺けた, 思ふを水, 思ふ山吹の咲いた, 思ふ山里の梢, 思ふ岡本に同情, 思ふの下, 思ふ市中を見納め, 思ふ希望をはつきり, 思ふ平らな岩礁, 思ふ平次の心やり, 思ふのこの, 思ふ幸吉は耳, 思ふ幽霊はハツキリ目, 思ふ幾夜さぞ, 思ふ幾筋を, 思ふ度びに涙, 思ふ度勝太は激しい, 思ふ度合がそのもの, 思ふ庭石の上, 思ふの朽ちた, 思ふ建設とはかく, 思ふ張子の恐, 思ふに造られる, 思ふ役川田では第, 思ふ役者もあるまい, 思ふ彼神なりや我知らず, 思ふ往事夢の如く, 思ふ往昔印度の行者, 思ふから見る見る, 思ふ後世心より附そ, 思ふ用心, 思ふ御代の恩, 思ふ心さへ起さぬ, 思ふ心はさこそ闇, 思ふ心一つ善きも, 思ふ心地よき題も, 思ふ心強く予を, 思ふ心持ちを若い, 思ふ心掛は幾度, 思ふ心根です, 思ふ心殘りも, 思ふ心狂ふやう, 思ふ心配で心, 思ふ必要はありません, 思ふ応接間かな, 思ふ念力岩をも通す, 思ふ性格的に間接的, 思ふふ忘れがたし, 思ふ恐らくアルゴスを, 思ふ恐ろしい怪物に, 思ふ息子を嫁, 思ふ恰も炎の, 思ふ恰幅の共に如何, 思ふ悠久たる想念, 思ふに, 思ふ悲しさ, 思ふが痛切, 思ふ情緒の表現, 思ふ愈々胸さきが, 思ふ愉快をひとり, 思ふの泉, 思ふ愛情の堪へ, 思ふ感謝があれ, 思ふは大, 思ふ慾求も案外, 思ふ憂慮から前後, 思ふ憐みの情以外の何物, 思ふ懷疑がない, 思ふ我が脣も, 思ふ戰爭惡癘わが軍, 思ふ所以のもの, 思ふ所汝に映り, 思ふ所爲すところみな, 思ふ手紙ばかし寄越し, 思ふ掻巻の友染, 思ふ提灯を貸し, 思ふ故ここに改めて, 思ふ故これ以外何にも言, 思ふ故にか, 思ふ故郷は何処, 思ふ散歩する, 思ふだけ複製, 思ふ敵軍は支, 思ふされたふたり, 思ふ文學青年が多く, 思ふ文章をあらかた, 思ふりなり, 思ふ新しい腹卷を, 思ふ方々は金錢, 思ふ方法で処置, 思ふ方角を遠く, 思ふ方針によつて, 思ふ方面の地圖, 思ふ日本の私共, 思ふ日本書紀と言, 思ふ明日迄この, 思ふ明月の楼, 思ふは二二ヶ四, 思ふ昨夜の頃, 思ふ時あやにくに夢, 思ふ時いつでも同じ, 思ふ時わたしは悲嘆, 思ふ時不幸にも, 思ふ時事新報の文芸記者, 思ふ時代の前後, 思ふ時余が心, 思ふ時俺は何, 思ふ時僕の目, 思ふ時其処に居る, 思ふ時分ひよつくり帰つて, 思ふ時季は紅葉, 思ふ時川下へ河鹿, 思ふ時彼は何時も, 思ふ時慄然として我が, 思ふ時掻消えるやう, 思ふ時歐米人の性質, 思ふ時泡鳴さんのさ, 思ふ時片手の上, 思ふ時痛みは古く, 思ふ時私は最後, 思ふ時蛙は一齊, 思ふ時車夫は梶棒, 思ふ時間でくさ, 思ふ晦澁卑俗なるの, 思ふ晩夏の生, 思ふ景色の中心, 思ふ暇さへなく, 思ふ曲解者であるらしい, 思ふに対す, 思ふ書簡を掲げる, 思ふ服装で隆, 思ふ朝夕と相重, 思ふ木賃宿があつ, 思ふ未練が彌, 思ふ末世の邪宗, 思ふのこと, 思ふだけを置い, 思ふ材料を柳田先生, 思ふ杞憂も案外, 思ふ東洋的日本的俳句的そして山頭火的, 思ふ松竹に入, 思ふ果して法律に, 思ふ柑子の店, 思ふ根拠がある, 思ふ梅子さん秋の霜, 思ふ梅干瓶の破片, 思ふ森かげの道, 思ふ植物を集め, 思ふ楊梅の老木, 思ふはないだらう, 思ふの穗, 思ふ様これで苦め, 思ふ様四肢を延し, 思ふ様太鼓をうち, 思ふ様子であつ, 思ふ様愚考も述べたく, 思ふ様腹を前, 思ふ様髪の毛でも引, 思ふ樂しき思ひに, 思ふ樣子ハタからは全く, 思ふ樣愚考も述べたく, 思ふ樣扨も心得ぬ, 思ふ樣腹を前, 思ふ檀家がある, 思ふ欲望はこの, 思ふの代表的, 思ふ歌人の, 思ふ體を, 思ふの頃, 思ふ此稻妻に些か, 思ふ此等の寺院, 思ふ此道や門, 思ふ武生から其の, 思ふ武蔵野の露, 思ふ歴史を恥, 思ふ殊に温泉だ, 思ふ母親の心, 思ふ毎日毎月の赤字, 思ふ気持ちが私, 思ふがだ, 思ふ氣勢がし, 思ふ氣持ちは直ぐ, 思ふが一, 思ふ池島信平はいつ, 思ふ河海と山岳, 思ふはない, 思ふ法悦を感じ, 思ふ法身仏といつ, 思ふに乗, 思ふ注文だが, 思ふ洗練された都会人, 思ふ浅草に住む, 思ふの上, 思ふは青き, 思ふ海老茶ではない, 思ふ涼しけれども五月半ば, 思ふ淡い朱鷺色な, 思ふ清親叔父さんだからこそ, 思ふさを, 思ふ温泉がある, 思ふ湖畔亭かな, 思ふ満足感がイモたち, 思ふ滝津瀬鳴りぬ, 思ふ点数を見積つて平均, 思ふか大した, 思ふ為めではない, 思ふ智な, 思ふ無形的内容的現實, 思ふ無論愛し合, 思ふも香, 思ふ然しながらダリの, 思ふ熱心家が五人, 思ふ熱情にも驚かれる, 思ふ熱烈な情, 思ふ父親があつ, 思ふ爺さんはガリ, 思ふ物凄さぢや, 思ふの歌, 思ふ理想郷だ, 思ふ理由があります, 思ふ瑠璃子を失はう, 思ふ正直から, 思ふあり, 思ふ由藏の心, 思ふ甲斐なき手がかり, 思ふを手入れ, 思ふ留守に, 思ふを焼く, 思ふ異郷の族人, 思ふ疲れご, 思ふ疲労も増さない, 思ふ病人を見る, 思ふの箇所, 思ふ痛みである, 思ふ白々しい無表情が, 思ふ白い蝶々の, 思ふ白気が一筋月, 思ふ白露の玉, 思ふ百分の一もしてやられない, 思ふ百姓といふもの, 思ふ相手役の足, 思ふ眞先に驅, 思ふをさました, 思ふ瞬間それはわたし, 思ふ瞬間無我夢中でその, 思ふ瞬間私はふと, 思ふの紅, 思ふ矢先突然横浜転任, 思ふ矢先フト思ひ付いたの, 思ふ知人へ宛てた, 思ふ知人俳友にハガキ, 思ふ礼手紙だ, 思ふ社会運動の各々, 思ふ社會に就い, 思ふ社界の外面, 思ふ祈りごころ許されざらむ月, 思ふ神祕なりとい, 思ふ神經衰弱は全快, 思ふ程かすかに白く, 思ふ程ことりと, 思ふ程それすら満足, 思ふ程一帶に見える, 思ふ程世の中が否, 思ふ程八釜しく響いて, 思ふ程厭ふべき事, 思ふ程喉の袋, 思ふ程單純な世間, 思ふ程変調に暑い, 思ふ程心の中, 思ふ程慎しみもなく, 思ふ程所まだら, 思ふ程揃つて背が低, 思ふ程揃つて脊が低, 思ふ程此職名の出, 思ふ程氣味が惡, 思ふ程汀に近い, 思ふ程満足しなかつたこと, 思ふ程煩悶に伴, 思ふ程燥き果て, 思ふ程神経的でも, 思ふ程私は感激, 思ふ程蜀黍畑が連續, 思ふ程路を失つた旅人, 思ふ程金縁眼鏡の男, 思ふ程隆々とした, 思ふ程靜かになつ, 思ふ種々の人, 思ふ積りやありけん, 思ふ空想の中, 思ふ空気の比重, 思ふ立派な兄, 思ふ箇所が随分, 思ふ節々がある, 思ふ紀元前一千年今から三千年許, 思ふの透綾, 思ふに寤ざる, 思ふ終に寤ざるもの, 思ふ経験がある, 思ふ綺麗なお嬢さん, 思ふ緊張感ともう, 思ふ織物工場を案内, 思ふ美しい年増襟の, 思ふ美奈子の心, 思ふひなり, 思ふ習はしから大臣, 思ふ老婆心が私, 思ふへは吾, 思ふのはた, 思ふ耳あらひつつ, 思ふ聖武帝が東大寺, 思ふ聴水なれば, 思ふの上, 思ふ自他共に迷惑, 思ふ自然は生存, 思ふ自覚をもつ, 思ふ至情からである, 思ふ興奮でそんな, 思ふ興行といふかなり, 思ふ般若三藏が大, 思ふなやますは, 思ふ色添ふ霞, 思ふ芝居の一例, 思ふ花すすきほに, 思ふ芸術の境, 思ふ芸術家に一番大切, 思ふ若い図画の, 思ふ若い衆が, 思ふ英武のアキリュウス, 思ふ英氣は全身, 思ふは頭脳, 思ふ荷馬車が繭, 思ふれは, 思ふ衆星の羅, 思ふ行乞と魚釣, 思ふへ, 思ふ衷情が知れ, 思ふの下, 思ふに色, 思ふ裸木さんの貧乏, 思ふ西明寺が延康坊, 思ふ西洋のお宮, 思ふ要素を失はない, 思ふ見事な大木, 思ふ親心に貴, 思ふ記録に過ぎない, 思ふりに, 思ふ評伝に欲しい, 思ふ詩界に於い, 思ふを聞かせ, 思ふ誘惑はある, 思ふ語彙を選び, 思ふ誠ただにとほら, 思ふ読経回向しなければ, 思ふ講演が終つて, 思ふ谷田の方, 思ふ豊年で困る, 思ふ豫め此事を申述, 思ふ質素な老, 思ふ趣向を話す, 思ふ足柄の仙石原, 思ふ明るかつ, 思ふ迄に彼は, 思ふ迄は輕率に, 思ふも痛切, 思ふ迷信の致す, 思ふ悔によ, 思ふ途端横から世津子, 思ふに弄んだ, 思ふ通り三田と娘, 思ふ通り口を動かした, 思ふ通り貴方に対して責任, 思ふ遊子は, 思ふなく樣, 思ふ邑人の意思, 思ふ都会の駅名, 思ふふこと, 思ふ釉藥を流しかけ, 思ふなるを, 思ふ野蛮な気習, 思ふの力, 思ふ鈴音のりん, 思ふの紙入, 思ふ長病かな, 思ふ長者が崎, 思ふ長虫と見えた, 思ふ閑居の昼, 思ふ間さへ中, 思ふ間もなく忽ち肌ひやひやとして, 思ふ間もなく直ぐに風, 思ふ間もなく突如とし, 思ふに迷ふらん, 思ふ關西の地方, 思ふ陣屋八太郎作の, 思ふ隔てがある, 思ふもなかつた, 思ふかがやき列竝, 思ふ雪枝も言葉, 思ふ雲のはたて, 思ふ露西亜の血, 思ふ青年諸君に若し, 思ふ頃かすかに妻, 思ふ頃そつと目隠し, 思ふ頃一個の泉, 思ふ頃三月になり, 思ふ頃二船の間, 思ふ頃何うした, 思ふ頃先きに, 思ふ頃其ま, 思ふ頃内儀さんとお, 思ふ頃冷吉はもう一度, 思ふ頃利根川の渡し, 思ふ頃女は起きあがつた, 思ふ頃女中が來, 思ふ頃庄次は目, 思ふ頃急に爆, 思ふ頃我は杖, 思ふ頃時計は午後, 思ふ頃板の間では一同, 思ふ頃椀を拭い, 思ふ頃母屋の方, 思ふ頃流石に猛, 思ふ頃白紙に包んだ, 思ふ頃私はそつ, 思ふ頃芬とした, 思ふ頃路は殆, 思ふ題材に就い, 思ふ題目が見つからない, 思ふ顏色は舟, 思ふ少し差出だし, 思ふひを, 思ふ願望が容易, 思ふ風習は頗る, 思ふ風采でもの, 思ふ風體でした, 思ふ餘地が存, 思ふ餘裕が無い, 思ふを, 思ふで巡査さん駅長さん, 思ふを汽車, 思ふに仰向いた, 思ふ高野山の當路者, 思ふがある, 思ふ鶴吉の顔, 思ふ黄金奴を亡き, 思ふのさき