青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小使~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~對 對~ ~小 小~ ~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~ 小さな~ 小作~
小使~
小倉~ ~小僧 小僧~ 小児~ 小判~ ~小声 小声~ 小姓~ 小娘~ ~小学校

「小使~」 1017, 9ppm, 11228位

▼ 小使~ (163, 16.0%)

6 来て 3 はいって, 出て, 最後の

2 [14件] いた, それを, また云, やつて, 一人居, 二人で, 作って, 入つて, 入つて來, 帰って, 毎朝拭掃除を, 草履を, 襁褓の, 駄菓子の

1 [120件] あちこちに, いくらお, いった, いるし, お茶を, して, すぐ片づけるだろう, せかせかした, そう通告, そこに, そばに, たしかに事実, ちゃんと見はり, つい予審判事, とりわけ念入り, ふるえ声, みんな休みまし, もって, やってくるに, やって来た, やって来るの, オズオズと, ゴトゴトと, ベルの, ベルを, 一人たいてい, 一人で, 一人ばたばた, 一人居眠りを, 一人梁に, 一人現われ, 一人私達を, 一葉の, 丁字形の, 両手に, 中へ, 便って, 停車場前の, 入れて, 六幅の, 出入する, 初めて来た, 動こうとは, 名刺を, 呼びに, 咳を, 土瓶を, 大きなブラッシ, 大学の, 子供の, 学校に, 宝の, 寝静まる時刻, 局へ, 居た, 届けて, 差掛屋根, 干物でも, 廊下を, 廻って, 慌ただしく駈け込ん, 戸を, 扉の, 打った蕎麥, 振った, 振鳴らす最終, 教えた, 教室, 教室の, 斎藤さんお, 早くやって来, 明け放して, 書類を, 月八十圓かかります, 朝の, 木片二個を, 校長さんの, 流しの, 火を, 犯人であった, 申しましたので, 発見し, 皆石膏, 眼を, 知って, 私に, 私の, 窓の, 立ち去った其後, 答えたの, 紀尾井町へ, 終日かかっ, 終生を, 職員室を, 自分の, 茶を, 茶碗を, 草箒を, 荒っぽく後, 蛇を, 行って, 言った, 言つた, 談した, 足を, 迎えに, 部屋の, 配達に, 重たさ, 金五郎を, 鍬を, 閂を, 電燈ひとつの, 電話がか, 頓馬な, 頭部を, 風炉を, 食事を, 飯と, 飼って

▼ 小使~ (144, 14.2%)

5 一人が 4 ニキタは, 老爺に 2 ニキタ, 出て, 妻たいが, 弁蔵が, 手で, 手前何うし, 次男な, 爺さんが, 老人が, 音吉が

1 [111件] あいだを, うるおいが, おばさんは, おやじが, お古らしい, お爺さんの, お爺さんは, お道婆, かたわら自分の, ことなんかで, ことを, ところへ, ないの, ほうを, もって, ようだ, ような, ように, わきの, 一人に, 一人を, 一家なんて, 一色又, 三円五円腹掛に, 不確かな, 中でも, 中には, 丹波丹六の, 久作に, 事も, 仕事が, 仕事も, 仕事を, 佐野だ, 佐野に, 傍ら相応の, 制帽を, 制服を, 吉見これを, 地位と, 地位を, 声, 声で, 声である, 外殆どない, 女房か, 奴は, 如きもの, 姿は, 婆さんが, 室に, 家の, 家を, 家族丈け, 小西, 屍体を, 幸福を, 弁蔵は, 弁蔵を, 弁蔵爺やは, 心持では, 必要も, 手を, 振鳴す大, 東作という, 東作の, 某が, 椅子を, 汲んで, 爺が, 爺さんから, 爺さんぐらいは, 爺は, 用を, 用途も, 白木某が, 白髪爺さんに, 眼は, 知らせで, 禿頭であった, 私に, 細君が, 給料でも, 給料なんかで, 給料に, 老夫婦以外, 老爺は, 聲, 聲である, 聲は, 職に, 親爺だ, 角さんが, 言ふこ, 言葉が, 赤井さんが, 赤井さんも, 赤井君だなっ, 辰さんで, 過失らしい, 重吉は, 金さんが, 金さんでした, 金さんに, 金さんは, 鈴木であった, 鈴木は, 間違いだ, 雑巾爺さ, 面前で, 音さんが

▼ 小使~ (77, 7.6%)

1 [77件] いつもていねい, いなかった, お止しなさい, けげんな, こんなこと, そのそば, そのまま向う, その跣足, そばから, ちょっと本, ちょっと石炭殻, びつくりし, ふろを, また可, もっそり, やがてオズオズ, わたしに, わたし達を, キツト焼け死ぬる, コンミッションが, 一度の, 一銭も, 三人共永年の, 上草履を, 五時の, 代理の, 先生が, 内証で, 冷めた方, 出たり, 出流れ, 又麦作, 受驗用の, 口も, 名刺と, 嘆息する, 壁の, 夜分一人きりに, 大きな薬罐, 大方壁, 妙な, 姉夫婦が, 室の, 家族の, 小使で, 小腰を, 少し考え, 局長の, 急いで, 恐る恐る箒, 慌て, 成金で, 承知しなかった, 持たない主義, 採集した, 教師たちにとって, 日本地図だった, 書記を, 格別の, 椅子を, 法螺貝の, 注意され, 特に朝, 玄関で, 百姓らしい, 眼を, 社中で, 繰り返して, 自分の, 若し大臣, 苦笑いを, 説明した, 貸本屋の, 過去に, 銀行の, 長靴を, 面白い男

▼ 小使~ (75, 7.4%)

3 頼んで 2 命じて, 少し毛, 御案内

1 [66件] くっついて, ぐったりと, させること, されて, しろ此方, ちょっと出, とりあえず試験所, なったり, なった時三十, なってから, なる前, はようなりませぬ, ばけて, みちびかれて, むかって, 二銭の, 付き添われながら, 代って, 会計部の, 住み込む時, 何か, 出逢, 向って, 呼ばれて, 命じた, 命じなければ, 喰って, 外套を, 大風呂敷, 女を, 尋い, 導かれて, 左様言つて, 平一郎を, 打たせた蕎麥, 持たせて, 新鮮な, 日本刀を, 様子を, 用件で, 発見され, 罪を, 習って, 背負わせて, 自分の, 至るまでも, 落ちつくまでには, 行詰つたり, 言はせる, 言含めて, 話した用向き, 負ぶさって, 貸間の, 費ふ, 連れられて, 遣つて, 部屋は, 酒と, 酒を, 雇ったらもっとよく, 雇って, 雇れ, 雇われたり, 頂くお銭, 頼めば, 頼んだ

▼ 小使~ (71, 7.0%)

8 して 7 呼んで 2 お寄越し下され, した事, 歩かせるの, 遣つて

1 [48件] お呼び下さい, した男, しばらく身近, じろりと見た, するかたわら小作, つかって, つかまえては, つけたり, つとめ母親, つれて, ねだったり, もらって, やった, やって, よんで, グルゥバッハ夫人の, 下手な, 五銭くれりゃ, 使って, 信州から, 借りて, 取りに, 合わせて, 呼びて, 呼び出して, 娘達に, 宿直部屋へ, 待って, 志願し, 拝命した, 捉えては, 捉へては, 撲殺した, 案内に, 殴り殺して, 殺したの, 殺したろう, 煩すまでも, 父の, 見た, 見て, 走せ江戸表, 起そうと, 近づけないため, 送つて來い, 遣つて商人, 顧みて, 馘に

▼ 小使部屋~ (66, 6.5%)

2 の前, の女王

1 [62件] からこっそり, から出火, から外, から火, から火ダネ, が可, が見えた, だけ障子, だマツチ箱, であ, では黒い, でもよく, で兄妹, で日, で珍しい, で莨, で誰, とお, と吏員室, などというの, などによく, には薄暗い, にふと, にほうり込む, にも居つた, に人, に同居, に寝泊り, に居た, に押しかけ, に来, に泊っ, に行っ, に這入つ, に通じた, のある, のそば, のテーブル, の一隅, の入口, の小使さん, の扉, の正月, の火鉢, の炉, の爐, の老, はこれら, は従つて素敵, は見る, へある, へは方々, へ持つ, へ渡し, へ飛び込んだ, まで報告, もいま, をあけさせ, を抜け, を見つける, を覗い, を覗いた

▼ 小使~ (63, 6.2%)

6 の前 4 の土間, へ行つて 2 に來, のところ, の入口, の方, の横

1 [39件] から三階, から出され, から洩れ, から響い, があった, が続い, でことづけたのむ, で働き, で弁当, で打ち出す, で老, ともいうべき, にしょんぼり, には大きな, には戻らない, に伊田, に寝かせた, に寝た, に居ました, に来た, に来る, に皆, に駈けこんだ, のとなり, のほう, のまど, の中, の外, の裏, へかけこみました, へつれ, へ帰る, へ茶碗, へ退がっ, まで参りました, らしい爐, をのぞきこんだ, を借り, を潰し

▼ 小使さん~ (39, 3.8%)

1 [39件] がはいっ, がゐる, が何故, が教室, だけ, だけになる, だった, とそつくり, とそれ, と有名, なんか居ない, にきい, にこれ, にやっ, に訳, の娘, の家, の猫玉ちゃん, の目, の腕, は, はあっけ, はうそ, はここ, はその, はそれ, はなんとも, はびっくり, はニヤリ, は二人, は卑怯, は女, まで懇意, や宿直, らしい老人, をかえりみ, をつれ, を慰めよう, 少し耳

▼ 小使~ (27, 2.7%)

1 [27件] あまって, から出る, がほしい, そんな物, ではない, といふもの, としてはただ, とはいつも, にも不自由, に充てた, に困つた, に窮迫, に至っ, の不自由, の余り, の使, はいふ, はお, は一月三十円, をかせい, をやり繰っ, をわたし, を与え, を持, を持っ, を支給, 貸せの

▼ 小使~ (22, 2.2%)

2 一緒に

1 [20件] いっしょに, なった以上, やって来た, 一所に, 二人し, 二人で, 二人やって来た, 云うが, 交代しなけれ, 呶鳴つた, 彼の, 従姉妹三人が, 格闘した, 炊事場の, 申しても, 番人とが, 私と, 立ち話を, 給仕丈け, 食事を

▼ 小使~ (22, 2.2%)

2 測量技師も

1 [20件] いなかった, います, その気構, なくて, カステラも, 一人いた, 乃至患者, 何処かに, 何處かに, 入口の, 加は, 声を, 弁当を, 彼と, 特別学生も, 笑い出した, 自分の, 軽ん, 非常に, 高瀬には

▼ 小使たち~ (17, 1.7%)

1 [17件] がさまざま, がすぐ, が帰ろう, が着る, が郵便物, と仲間, と話, にたずねた, のところ, の手, の足音, はもう, は学生, は明日掃除, やおそらくは, をのせた, を部屋

▼ 小使~ (12, 1.2%)

1 [12件] がやめ, すこし得たく, にも困るだらう, に上げときませう, の仕事, の代り, の口上, の金, をし, を少し, 一つ与, 部屋の

▼ 小使でも~ (11, 1.1%)

3 何でも 1 あつた, あろうか, よろしゅうございます, 上げた方, 同様である, 引張って, 掃除番でも, 株を

▼ 小使~ (8, 0.8%)

1 が, が一平, ぞ, とおもっ, と思っ, なと思った, のと, 幾らも

▼ 小使~ (8, 0.8%)

2 看護婦が 1 又は好奇心, 友人は, 小僧の, 走り使いに, 門衛を, 非人の

▼ 小使らしい~ (8, 0.8%)

2 男が, 老人との 1 五十男が, 半纒着, 男な, 黒い詰襟

▼ 小使~ (6, 0.6%)

2 あつた 1 あツ, これから近所, その昔, 二十に

▼ 小使にも~ (5, 0.5%)

1 なる使, 二つも, 出来る仕事, 細君にも, 足りなかった

▼ 小使~ (4, 0.4%)

1 あらず, オチャッピーの, 何かで, 看護人か

▼ 小使から~ (4, 0.4%)

1 上は, 六月の, 受取った, 局員の

▼ 小使として~ (4, 0.4%)

1 なら採用, 使うには, 抱えて, 終るリアリズム

▼ 小使みたい~ (4, 0.4%)

1 なこと, な口, に扱っ, に朽ちさせ

▼ 小使~ (4, 0.4%)

1 などというもの, に生れる, の分際, の隣

▼ 小使~ (4, 0.4%)

1 がいる, に逢い, は訓令, を召喚

▼ 小使~ (4, 0.4%)

1 が投, の整理, をつけた, をつけない

▼ 小使~ (4, 0.4%)

2 へ行っ 1 に, へ遣った

▼ 小使~ (4, 0.4%)

1 で樂, もあぶなく, もない, も殆ど

▼ 小使~ (3, 0.3%)

1 芳は, 道は, 道婆アさんに

▼ 小使夫婦~ (3, 0.3%)

1 が住ん, も見張っ, をあんなに

▼ 小使~ (3, 0.3%)

1 などが忘れられない, に相違, の旦那さま

▼ 小使からも~ (2, 0.2%)

1 生徒の, 麦畑に

▼ 小使だの~ (2, 0.2%)

1 交換手だ, 生徒には

▼ 小使とが~ (2, 0.2%)

1 粗末な, 足りないので

▼ 小使としての~ (2, 0.2%)

1 社会的地位と, 税金を

▼ 小使どん~ (2, 0.2%)

1 がやや, が紅茶

▼ 小使などに~ (2, 0.2%)

1 はようなりませぬ, 何が

▼ 小使なりに~ (2, 0.2%)

2 使つて呉れ

▼ 小使にでも~ (2, 0.2%)

1 やらせて, 持たせて

▼ 小使にな~ (2, 0.2%)

2 つてゐ

▼ 小使ひで~ (2, 0.2%)

1 もない, も夜番

▼ 小使ひとり~ (2, 0.2%)

1 のしわざではありません, の力

▼ 小使まで~ (2, 0.2%)

1 左の, 馬鹿だ

▼ 小使までも~ (2, 0.2%)

1 ことごとく笑っ, 心の

▼ 小使亀蔵~ (2, 0.2%)

1 が部屋, と云う

▼ 小使~ (2, 0.2%)

1 しか居ない, は送っ

▼ 小使取り~ (2, 0.2%)

1 に大蔵省, に餅

▼ 小使忠太~ (2, 0.2%)

1 の団栗眼, の團栗眼

▼ 小使~ (2, 0.2%)

1 が所用, 独り叢中に

▼ 小使爺さん~ (2, 0.2%)

1 などに尋ね, の噂

▼ 小使看護婦~ (2, 0.2%)

1 その子供等, 其の子供等抔

▼ 小使看護婦患者等~ (2, 0.2%)

2 は彼

▼ 小使給仕~ (2, 0.2%)

1 の果, までが有頂天

▼ 小使銭取り~ (2, 0.2%)

1 に農事, の嘘

▼ 小使錢さ~ (2, 0.2%)

1 へ客, へ殆ど

▼1* [80件]

小使がのそりと, 小使へ持合, 小使さえくれず懐中, 小使さえも自分の, 小使さんあんたはむろん, 小使さん小使さんと有名, 小使さん達が再び, 小使その外に, 小使だけでも早く樺太, 小使つぎのびん, 小使であることを, 小使であろうと少し, 小使でなければそんな, 小使ではなかった, 小使というものが, 小使とかが徒歩で, 小使との四人きりで, 小使とも庭掃き, 小使んです, 小使なぞこれらの, 小使などは金石でない, 小使ならおおきに其奴, 小使なる者の, 小使なんかいらなかったという, 小使なんぞあごで, 小使なんぞに恥かかされ, 小使なんぞをしてるん, 小使について廊下を, 小使には鳥渡おいそれと, 小使ひとを貰つて出發, 小使ぜい, 小使返辞を, 小使が白状, 小使やつとかん, 小使の説明, 小使らしきものに, 小使アアドルフ・ルボンが逮捕, 小使カタリと後, 小使ミシェルはむかし国境防備軍団, 小使一家までの毒殺事件, 小使三五郎は臺所, 小使上がりで今, 小使代りに使つて, 小使六七人この小使, 小使のずぼら, 小使其他は申す, 小使兼守衛さ, 小使兼番人で佗, 小使な店, 小使労働者等がいる, 小使勘三郎の爺, 小使勤務の隙, 小使医員等が駆け付けおり, 小使同様に見られ, 小使は御, 小使嘉市長吉のほか, 小使女きりであった, 小使娘みたいなこと, 小使ウ使, 小使山本九郎右衛門家来と云う, 小使恭しく入来り, 小使手打ちの自慢, 小使書記諸役人ら, 小使殺しのあった, 小使をお, 小使白木某は五階, 小使等無礼あるか, 小使給事などを叱散らし, 小使夫婦及当夜の, 小使腰打ち屈めつ, 小使部屋昇降口まで来, 小使部屋雪隠湯殿などの方面, 小使野郎の如く, 小使ぐらいお貰い, 小使鉢合せの光景, 小使銭三十九銭机の上, 小使銭位では毎日いたずら半分, 小使に王, 小使で彼, 小使の仕事