青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年寄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年々~ 年代~ 年増~
年寄~
年月~ 年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~ ~幸 幸~ ~幸い

「年寄~」 1181, 12ppm, 9288位

▼ 年寄~ (294, 24.9%)

7 くせに 5 女の 4 やうに 3 ために, ような, 世話を, 云う事, 女が, 方が, 癖に

2 [12件] ことを, ように, 人が, 仕事に, 側に, 傍より, 女に, 家の, 物ぐさにも, 男が, 雇婆さんと, 馬を

1 [233件] あさましい執念狂気, いふ礼儀, いるあわれっぽ, うちです, おっしゃるの, おつくうで, おふくろは, お前一人, お守りばっかり, お客さんで, お客それは, お方済みません, お陰であった, ことが, ことだ, ことです, する事, せつない思い, そんな身振り, ない家, はたいてい極, はなしに, やうな, ようだっ, わきに, わしが, わらひ, ゐる百姓家, オメカケが, ピューを, ピューをな, フワンの, モーガンと, 一つ話にも, 一人しか, 一代かぎりかも, 一徹さを, 万年二つ目の, 三味線などを, 上に, 不機嫌な, 世界二つに, 世話の, 丹精が, 主人清右衞門どう, 乞食で, 乞食には, 事で, 二人暮しで, 云うの, 云ふ, 仁王サマを, 仲間を, 伊達男が, 傍に, 傍らで, 児は, 冷水, 冷水さ, 冷水だ, 冷水と, 冷水といふ, 冷水とは, 冷水の, 冷水は, 冷水夢妄動を, 処へ, 分別も, 前に, 勤めにも, 勤勉な, 取りこし苦労, 取り越し苦労に, 取締りは, 口から, 口の, 口癖とも, 召使と, 喜三郎を, 喜八郎の, 嘉兵衛との, 囃子方が, 圓い, 坊さんが, 坊主が, 場合は, 声だ, 声と, 外に, 多い級, 天狗の, 奥様が, 女たちの, 女だけに, 女を, 如く見ゆる, 姿が, 姿は, 娘が, 娘という, 婆さんが, 婆さんぐらいの, 婆やに, 婦人と, 婦人は, 嬌態は, 客は, 家へ, 家鴨は, 居ない三吉, 居る隣, 巡礼が, 巡礼だった, 巡礼の, 巡禮だつた, 巡禮の, 師匠の, 幽霊とは, 座が, 弟子と, 張と, 役だ, 役人が, 役者な, 後家さんである, 御主人, 御方は, 御相伴, 心に, 心を, 心配を, 忠告にも, 思惑が, 恋に, 悩みを, 意見は, 愚痴が, 愚痴つ, 愚痴です, 愚痴の, 愚痴ばなしです, 慰撫で, 慾目人ごとながら, 我儘で, 所へ, 手に, 手の, 方々が, 方たちにも, 方どう, 方に, 方の, 智恵で, 暗さ, 木魚を, 歌の, 歩みは, 母の, 気が, 気持は, 汚ない, 江藤が, 流感で, 流浪人は, 涙もろさから, 渋味という, 父は, 父親は, 物識りに, 猟揚番人を, 用務員が, 男の, 男巡礼なんて, 男巡禮なんか, 留書に, 留書にも, 留書を, 病人が, 病人の, 癖で, 白髪の, 白髪頭を, 百姓たちと, 百姓との, 百姓を, 皆からも, 皺だらけで, 目は, 相手が, 眉を, 祖母が, 私には, 穿く草履, 細かい話, 組下に, 給仕が, 絶叫する, 義務という, 老女に, 老婆心と, 耳の, 自治に, 船乗, 船乗りで, 蛇ぐらゐにしたのかもしれない, 要らざる気苦労, 言ふこ, 言葉であった, 言葉を, 話して, 話だけに, 話は, 諸役, 足ぢや, 身で, 身体には, 身體の, 車夫は, 車掌が, 連署を, 運動には, 醜男に, 醫者でした, 金六は, 門番夫婦にも, 靱負之, 頭に, 顔も, 顔を, 願の, 養老院の, 馬, 鼠が

▼ 年寄~ (98, 8.3%)

2 これだ, 楽焼の

1 [94件] あたしに, いなかったな, いやしいもの, おしまいに, お嫌, きたならしいばかり, ごくらく, さつきから, そこい, それで, そんな話, たかが人間, ただそれ, とても乗れませんです, なるほどと, ばかに, また三度目, また問, また考えこんだ, まめまめしく形, みんなさうだ, よろこぶので, わかもの, わけが, 三郎次に, 下手を, 不安そうに, 主人を, 云うの, 云つた, 云ひました, 互にす, 先に, 助かつて, 勿論結構, 十日前には, 危んで, 反り身にな, 口を, 口癖の, 土から, 変な, 大小言, 女優なんかに, 嫌いな, 寄人の, 寝床の, 居ずおまけ, 常々他人との, 年の, 年寄だけに, 年寄づれひとつ出かけ, 年寄らしい, 年寄らしく, 年寄達で, 彼への, 御友人, 恩を, 息を, 恰も自分, 悪いごと, 惶てて, 態と立留まつ, 旧弊な, 早く別れた, 早寢, 早起, 最う入らぬ, 未だあたり, 本当にそうどなりたてた, 死んで, 残らず島流し, 気が, 水腫と, 満足さう, 無事に, 皆鼻を, 真顔に, 眼が, 礼を, 結局復一の, 膝の, 自分が, 見受けられませんでした, 言ひます, 試業の, 譯が, 身代りとして, 連れ合, 避難させ, 長く寐, 非常に, 驚いて, 黙って

▼ 年寄~ (86, 7.3%)

2 来て

1 [84件] あったが, ある, あるもの, いたという, いなければ, おらんと, おるので, お邪魔, こんなこと, すげ替えの, せっかく摘まれた, そういいます, それを, ひどく感服, ぽろぽろと, やかましくて, ようよう落着, アブリダシアブリダシって, 一人その, 一人どこかで, 一人淋しく, 三世相を, 二三人と, 二人ぎりで田舎に, 二人の, 人の, 仏壇に, 何か, 克子を, 兩手に, 危い, 厄年の, 古風な, 各自その, 喜びましょう, 喧嘩を, 四人か, 壇を, 宜い, 居たでしょう, 居るの, 幅の, 庭に, 弾く算盤, 彼の, 彼女が, 後生を, 怖ろ, 悪いの, 愛撫の, 戦争に, 拵へて, 持って, 描かれて, 敵討に, 昨日も, 月の, 朝から, 来ると, 栽培した, 楽往生した, 此の, 死ぬ氣, 死んじまいたいと, 洗湯からかへ, 無事に, 祖母とは, 立つて, 繭を, 若い者, 苦り切ったので, 茶を, 見ると, 言った, 詳しいからと, 諸事助平と, 貴下物干, 造つた青, 酌を, 酒に, 酒の, 采配を, 難儀イぶっ, 駈けて

▼ 年寄~ (82, 6.9%)

5 留守を 4 心配を 3 なって 2 なると, 聞いて, 聞かせたくないので

1 [64件] あつまり武蔵, いたるまで, いって, お喜び, お玉の, お逢いでしたら, かけか, この手紙, さう云つて, しては, すまないという, そう云われ, そう心配, そんな面倒くさい, たづねてみます, なったの, なったもの, なったり, なつたり, なつて, なりました, はなつて, わかる様, 会って, 似合わない白い, 似気, 何か, 俺あ, 傍に, 免じて, 其様な, 出遇, 分別が, 化けて, 同情する, 呼ばれた, 多く失恋自殺, 大変好意を, 子供力に, 安心でも, 川へ, 彼等は, 恥を, 愛好せられ, 手を, 担がれた, 渡すこと, 無慈悲な, 煙は, 用いて, 用ゐ, 聞いたら横尾, 至るまで, 苦労を, 見える分, 見える方, 見える筈, 解毒剤を, 訊ねたの, 近づく死, 逢うこと, 逢ひました, 連れて, 骨を

▼ 年寄~ (54, 4.6%)

3 の伊之助, の儀助, の金兵衛 2 の桝田屋小左衛門, を兼ねた, を勤め

1 [39件] だけに三十六計, だし, だった父, でおれ, でもあった, でもあつ, で千石, で問屋後見, というもの, としての街道, として半蔵, として署名人, とも相談, と共に会所, にチョット, のつとめな, のほか, の一人, の人たち, の伏見屋金兵衛なぞ, の廃止, の新, の林兵右衛門, の見習い, は互いに, は慇懃, も同道, も組頭, らしい人, らしい調子, をつとめ, をも勤めた, を兼, を勤める, を勤続, を言付かっ, を辞し, 及び問屋後見, 触頭役

▼ 年寄~ (44, 3.7%)

2 労は, 怒らせない様, 見ると

1 [38件] いじめるの, いたわりながら, おいて, こんなこと, して, ぢらす, なぐっても, カピトリウムに, 一人使つて意氣事と, 初めいったい, 初め居合せた, 助けて, 取つて, 呼出して, 好く娘, 守って, 島流しに, 庇って, 廿年勤られ, 手に, 抱へて, 指して, 棄てた名所さ, 殺すの, 決して粗末, 生かして, 目當ての, 相手に, 絞め殺すやう, 置き運上所わき, 苛めるかと, 褒めないもの, 覺えて, 許すお, 責める気, 貰ひ当てた, 追い除けて, 連れて

▼ 年寄~ (31, 2.6%)

1 [31件] きくと, きまって, ゆるして, 一所では, 二人で, 云う事, 云ふ, 喋った, 女には, 妻が, 妻の, 子供が, 子供では, 子供の, 子供ほど, 少し趣, 幼児この, 思えばこそ, 用達と, 称する役員, 結婚した, 胸紐の, 自分の, 若い女, 若い婦人, 言つたら, 話さうと, 話しても, 話しながら, 連れ立って, 顔も

▼ 年寄~ (23, 1.9%)

1 [23件] がなんと, がやがて, が寄り合っ, であるが, で彼等, と別世帶, と離れ, にほんにそう, に対して身, に憤慨, に様子, に覺, はきっと, は一句切れ, は何事, は彼, は気, もいる, もお, も云っ, も氣, も當時腹の中, や夫

▼ 年寄たち~ (20, 1.7%)

1 [20件] が, がまあまあ, が余り, が出なけれ, が古風, が土産物, が御, が眉, が証人, が長く, とお茶, とも間もなく, にとつ, には死別, に様子, は自分たち, は言っ, は頻りに, への哀慕, もふしぎ

▼ 年寄~ (20, 1.7%)

1 [20件] いくらも, これで, こんな一軒家, せうが, そのくらい, その上中風, どのくら, まだ死ん, 三宅島へ, 他に, 体が, 冬は, 半町ほど, 同じく袴, 声だけ, 夜中に, 目が, 眼も, 荒つ, 食養生を

▼ 年寄~ (18, 1.5%)

1 [18件] からあ, から何, から助け, から嫌, から宜しい, か若い, がお松, が今, が橋架, けれど小姑, けれど良い, しまだ, そうです, つてそんなに, つて人を, という, と思っ, ね

▼ 年寄~ (17, 1.4%)

2 子供たちが, 子供の

1 [13件] おかみさん, また時として, わかい女房, 仲間に, 侍女たちを, 外から, 女では, 女子供, 婦子供のみの, 子供が, 子供と, 子供は, 若い人

▼ 年寄には~ (14, 1.2%)

1 [14件] この十日, それを, どうせかないっこ, なりたくない, もたれ気味, 向かんといふ, 孫女房には, 水野壹岐守本多伊豫守太田備中守松平左京太夫御, 油つ, 珍しく愚痴, 珍らしい, 軽くて, 違ひない, 養老保険が

▼ 年寄~ (13, 1.1%)

2 若者も

1 [11件] あれば, いた, いる, いるに, どっちも, 及ばない行末, 土下座し, 子供も, 居りますが, 若い者, 非常な

▼ 年寄夫婦~ (13, 1.1%)

1 [13件] がせまい, が一, が商売, が居, が拾つて, でございますもん, で一人, とおなじ, と大きな, なので, に若い, の話, を害め

▼ 年寄でも~ (12, 1.0%)

2 女の, 子供でも 1 ないん, なく二才, 不具でも, 凌ぎよい, 手術が, 無く二才, 知らぬもの, 若い人

▼ 年寄から~ (11, 0.9%)

3 子供まで 1 そんな素晴, 幾度と, 気違い扱いを, 聞かされたもの, 聽きました, 自然に, 親類の, 近年手下の

▼ 年寄です~ (11, 0.9%)

2 か, から 1 からねえ, からねえと云った, から娘, から脂, か若い, がね, が老耄

▼ 年寄~ (10, 0.8%)

2 がお 1 からも別に, がおいで, にきい, のお, のお目にかかりました, の評議, は額, へ此伯父

▼ 年寄~ (8, 0.7%)

1 お友達, 何んかで, 勸進元か, 大きいか, 婦で, 小さな児, 小供, 身扮は

▼ 年寄らしい~ (8, 0.7%)

1 イゴで, 声で, 声は, 御同情, 歩きぶりでも, 用心深さ, 落着きを, 親しみ深い

▼ 年寄つた百姓~ (6, 0.5%)

1 が, が上つた, のやう, の言葉, はその, はテキ面

▼ 年寄にも~ (6, 0.5%)

1 よく納得, 似合わずまことに, 女にも, 子供にも, 聽え, 隠れて

▼ 年寄役伊之助~ (6, 0.5%)

1 がその, だ, とはこういう, と組頭庄助, も東海道, をも不安

▼ 年寄じみた~ (5, 0.4%)

2 態度とから 1 ところも, 作家と, 子供の

▼ 年寄つて~ (5, 0.4%)

1 からあなた, からはますます, ゐた, ゐないそれ, 居たな

▼ 年寄では~ (5, 0.4%)

1 ありません, だめだ, ないが, ない隆々, 有るし

▼ 年寄ばかり~ (5, 0.4%)

1 だと, では, なの, 七百何十人も, 来るん

▼ 年寄子供~ (4, 0.3%)

1 で働けない, に免じ, を扣, を避難

▼ 年寄役金兵衛~ (4, 0.3%)

2 の名代 1 が預かった, の付き添い

▼ 年寄~ (4, 0.3%)

1 がこの, が私, が集っ, に話し

▼ 年寄くさく~ (3, 0.3%)

1 て自分, なって, 口の

▼ 年寄たる~ (3, 0.3%)

1 ものは, 女一人怖, 嫗の

▼ 年寄~ (3, 0.3%)

1 ちや癒り, ている, 子の

▼ 年寄つた母親~ (3, 0.3%)

1 の後姿, は息子の, は老眼

▼ 年寄つた百姓達~ (3, 0.3%)

1 はそれ, はどんな, は今

▼ 年寄つた祖母~ (3, 0.3%)

1 からの或, が傍, やマリー・ガオ

▼ 年寄といふ~ (3, 0.3%)

2 ものは 1 當時の

▼ 年寄~ (3, 0.3%)

2 んです 1 が気に入らぬ

▼ 年寄などは~ (3, 0.3%)

1 又誰, 多く旧, 蹈切って

▼ 年寄まで~ (3, 0.3%)

1 うようよ腹, 船と, 詣る

▼ 年寄仲間~ (3, 0.3%)

1 は御坊さん, は皆眉, や組頭

▼ 年寄治右衛門~ (3, 0.3%)

1 と千本野口, と記名, はもと

▼ 年寄連中~ (3, 0.3%)

1 のうち, の気分, を連れ

▼ 年寄くさい~ (2, 0.2%)

1 けれど, 人物で

▼ 年寄じみ~ (2, 0.2%)

1 てはおしまひ, て見えるだろう

▼ 年寄だけに~ (2, 0.2%)

1 いつまでも, 気が

▼ 年寄だろう~ (2, 0.2%)

1 がその, ね

▼ 年寄~ (2, 0.2%)

1 やありません, やね

▼ 年寄つたの~ (2, 0.2%)

1 がそんな, が分つた

▼ 年寄という~ (2, 0.2%)

1 ものは, ものも

▼ 年寄とも~ (2, 0.2%)

1 云ひ, 元々堅い

▼ 年寄なら~ (2, 0.2%)

1 まだよう, 私は

▼ 年寄にて~ (2, 0.2%)

1 これを, 一切官員の

▼ 年寄にと~ (2, 0.2%)

1 つては, 決議した

▼ 年寄にな~ (2, 0.2%)

1 つてから, つては

▼ 年寄に対して~ (2, 0.2%)

1 同情を, 実際御

▼ 年寄めい~ (2, 0.2%)

1 ていた, てゐた

▼ 年寄らしく~ (2, 0.2%)

1 振舞へ, 無駄な

▼ 年寄一人~ (2, 0.2%)

1 だから, を汽車

▼ 年寄~ (2, 0.2%)

1 は好かない, ひに

▼ 年寄染みた~ (2, 0.2%)

1 事を, 意見に

▼ 年寄~ (2, 0.2%)

1 の経験者, の者

▼ 年寄用人ら~ (2, 0.2%)

1 の佐幕派, は退き

▼ 年寄用人書役~ (2, 0.2%)

1 などが居並び, などが居並ん

▼ 年寄~ (2, 0.2%)

1 が來, までがこれ

▼ 年寄臭い~ (2, 0.2%)

1 ことを, 名を

▼ 年寄~ (2, 0.2%)

1 に乘つて, に蹴られ

▼1* [157件]

年寄ぁダメなん, 年寄あなたと兄さん, 年寄からはものを, 年寄がたお若い, 年寄がるのは, 年寄さながら驚いて, 年寄さらにその下, 年寄じみた考へ方を, 年寄じゃないでしょうお雪ちゃん, 年寄じゃとあわれまれるよう, 年寄たち庄屋を庇う, 年寄だけでは, 年寄だけが不足だろう, 年寄だけにはあの往来, 年寄だったりした, 年寄だってねお爺さんも, 年寄だつたかね, 年寄だつたので私, 年寄だの出征兵士の, 年寄つたなア, 年寄つたイヴォンヌが路, 年寄つたポインタ種の犬, 年寄つた一人の婦人, 年寄つた伯父の腕, 年寄つた伴の男, 年寄つた先生が二十人, 年寄つた大男の巡査, 年寄つた女は唇, 年寄つた寺男が一人, 年寄つた店の主, 年寄つた方々の老, 年寄つた母上の若い, 年寄つた母親達が死んだ, 年寄つた漁夫は小さい, 年寄つた父をも安心, 年寄つた父親はスープ, 年寄つた牝鶴がす, 年寄つた腰の立たない, 年寄つた自分に飽, 年寄つた船乘りの, 年寄つた足で駈けられる, 年寄づれでぞろぞろ河岸, 年寄づれひとつ出かけて, 年寄てえ者は, 年寄であったんだ, 年寄であるが非常, 年寄であれ若い人達, 年寄でございますが私, 年寄でしたがいろいろ, 年寄でないことや, 年寄とか村方年寄とかいう, 年寄とかいうのと, 年寄とが親しくな, 年寄としか受取れなかった, 年寄として火消人足を, 年寄としての大砲も, 年寄とて気に, 年寄との毎日毎晩の, 年寄どもの茶番劇, 年寄なぞというものは, 年寄なぞに偶, 年寄などについても中には, 年寄などの話に, 年寄などをすかして, 年寄なんか掌中に, 年寄について来たもん, 年寄のだけが明くる日の, 年寄のびつこの百姓, 年寄はね何でも, 年寄頼む方, 年寄ばかりがひとり虫の息に, 年寄ぼけだね, 年寄までがそれに, 年寄みたようで, 年寄もと必ずしも非人, 年寄もどつちも役に立たぬ, 年寄やと思うて, 年寄より外存ぜず, 年寄らしくない飾りつ氣の, 年寄らしく見える女が, 年寄をも廓と共に, 年寄東京に, 年寄ハ手数ガカヽッテ困ルワネ, 年寄一人相手にしよんぼり, 年寄一統を下手人, 年寄一風てえ, 年寄与三兵衛と北組年寄, 年寄のヨボヨボ, 年寄中島四郎兵衛の祖先, 年寄中島氏のもと, 年寄二人から齎, 年寄今井が火消人足, 年寄今井官之助, 年寄は柔弱, 年寄伝馬役定歩行役, 年寄佐野豊前守政親組飯田四郎左衛門良清, 年寄作右衞門と相談, 年寄僧侶などさえお, 年寄が象棋, 年寄共如何アルベキヤ否ヤノ儀権門ヲ恐, 年寄兼問屋後見役小竹金兵衛忰として付き添い二人, 年寄同士のくどい, 年寄同志のうえ, 年寄呆氣に取られた, 年寄堀江典膳であらう, 年寄としか見えぬ, 年寄始め役人を鄭重, 年寄でお, 年寄子供連の帰った, 年寄家松浦氏の一族, 年寄家鴨が, 年寄役なんぢやから, 年寄役一名都合五名のもの, 年寄役付き添いの上, 年寄役仲間で寄り合い, 年寄役伊之助らと共に熱い, 年寄役伏見屋の伊之助, 年寄役伏見屋伊之助同役桝田屋小左衛門同じく梅屋五助, 年寄役兼問屋後見として彼, 年寄役小竹金兵衛忰両人にて役所, 年寄役得右衛門の二人, 年寄役村方で九, 年寄役桝田屋小左衛門同役蓬莱屋新助, 年寄役梅屋五助方をたたき起こし, 年寄役組頭皆それは村民, 年寄役蓬莱屋の新, 年寄役金兵衞の言葉, 年寄役風情としてこの, 年寄衆中迄, 年寄でそれから, 年寄指揮の下, 年寄支配になり, 年寄に頼申候, 年寄村人たちもその, 年寄来いもそれぞれ, 年寄松浦氏の如き, 年寄染みているでしょう, 年寄染みます其の時分, 年寄染みる割合には, 年寄武者の意見, 年寄沁みた落着さで, 年寄渡辺新左衛門城代格榊原勘解由大番頭石川内蔵允, 年寄のやう, 年寄甚左衛門とが扱い, 年寄用人などの前, 年寄等村役人に就職, 年寄組合など種々, 年寄組頭すべて廃止となった, 年寄臭く反り身に, 年寄衆小姓衆そのほか徳川家, 年寄行事が組全体, 年寄行司といったよう, 年寄りの, 年寄身寄りの近親, 年寄達上出来であったな, 年寄関の戸住右衛門が其事, 年寄に機