青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

思い出す~ 思い切っ~ ~思う 思う~ ~思え 思え~ ~思える ~思っ 思っ~ ~思った
思った~
思ったら~ ~思つて ~思はず 思はず~ ~思はれた ~思はれる 思はれる~ ~思ひ 思ひ~ ~思ひます

「思った~」 12513, 135ppm, 794位

▼ 思った~ (2768, 22.1%)

377 である 300 です 21185 ですが 84 でしょう 80 であった 79 だが 65 でした 59 であろう 50 であるが 49 だろう 36 だった 35 であります 333226 では 19 も無理 17 はその 15 はこの 13 か急 12 かいきなり, かも知れない, であったが, でしたが 11 でありました, ですよ 10 でございます 9 は私 8 ですか, ですけれど, は間違い, も道理 7 かもしれない, かも知れません, は, は自分 6 だけれど, だったが, は無理, も束の間 5 かその, じゃ, だね, だよ, だろうか, であろうか, で御座います, はそれ, はもう, は誤り 4 か手, がそう, が僕, が大, だから, はお, は大, は当然, は瞬間

3 [23件] かあるいは, かい, かしきりに, かそのまま, かそれとも, かふと, か彼, か自分, が, がそもそも, がもう, だそう, だろうが, であるから, でございました, でございましょう, ですけど, ですって, でも, はしかし, は僕, は実は, も一つ

2 [61件] かいそい, かも知れぬ, かウム, かツカツカ, か今度, か畳, か秀吉, か私, か黙っ, がこの, がその, がだんだん, が意外, が私, が釣, が間違い, じゃない, だと, だという, でありましょう, であろうお, であろう誰, でございますが, でしたから, でしょうか, でしょうね, ですから, ですけれども, と, はあの, はあまりに, はあれ, はあんな, はこう, はこういう, はここ, はそう, はただ, はたった, はどこ, はほんの, はぼく, はもっとも, はわたくし, はわたし, は事実, は俺, は実に, は家, は己, は彼, は彼女, は新, は日本, は父, は錯覚, は間違, は黒, もほんの, もまた, も実は

1 [653件 抜粋] お庭, かあの, かあるいはまた, かあわて, かあわてる, かいずれ, かいった, かいや, かうんと, かきっと, かくるり, かこんど, かさ, かさも, かしいんと, かしら, かしらん, かすっと, かそこ, かそっと, かそのままじっと, かそのままスーッ, かそれで, かちょっと, かついぞ, かところ, かとつぜん, かとん, かどういう, かどうして, かどこ, かなるべく, かはははと声, かひどく, かびっくり, かまた, かもしれぬ, かも知れなかった, かわからない, かわざと, かを自分, かオドオド, かクスクス, かクルリ, かゴム長, かスタスタ, かステッキ, かズボン, かツ, かツイ, かピッタリ, かポーッ, かマダム丘子, かミドリちゃん, か一座, か一緒, か一羽, か上, か下, か不意, か中村警部, か主人, か事務室, か二度, か今わ, か佇ん, か佐助, か保険会社, か僕, か刑部, か別段, か勘三, か十六夜, か半, か又, か口, か右, か声, か大月, か実験室, か尋ね, か小平太, か小走り, か岡, か幽霊, か広長舌, か強く, か息, か慌てた, か憤り, か戻っ, か探偵小説, か掴み食った, か敷い, か日除, か日頃, か時どき, か本気, か案内役, か橋, か此時, か殆, か比較的, か沈黙, か深く, か源中将, か煙突, か片, か犢, か狒々隠居, か申訳, か男, か男ども, か白紙, か百合枝, か直ちに, か真事, か真直ぐ, か石段, か神尾主膳, か素早く, か翌日, か若い衆, か葛木, か葵, か蟇口, か裏庭, か足, か近頃, か途端, か非常, か頬, か顎, か飛田, か駅前, があくる, があった, があに, があの, がいつのまにか, がいつの間にか, がいや, がうまい, がうるおい, がかえって, がこうして, がこの世, がこの小さな, がこれ, がすなわち, がどう, がどうして, がはからずも, がはじまりで, がはや, がふい, がぼく, がまちがい, がみんな, がわたくし, がオレ, が一人, が三十分, が不覚, が中, が二つ違い, が五日, が人力, が今, が仰, が伊代, が何と, が俺, が偶然, が光一, が午後四時, が咽喉, が喬, が図, が外洋, が大佐, が大金儲, が姫, が実は, が巧, が後, が徒労, が手, が救われまし, が既に, が暫く, が最初, が案外, が正面, が此方, が油断, が無え, が狐, が生きかえった, が畳, が白い, が空, が立った, が第, が糠袋, が葉, が薄, が表, が豈, が近々と, が近づい, が達者, が酒, が重なっ, が釣り, が間違えだろう, が間違っ, が闇, が鳰鳥, こんなに早く, さあれ, さ審問官, さ息, じゃあない, じゃなかった, じゃア, そしてね, そして次に, その次, それが, それでもまだ, だけれども, だそうして, だろうサーちゃん, だろう一日, だろう一晩中, だろう五十, だろう嫂, だろう家財, だろう屋内, だろう懐, だろう高座, であったらしい, であったろう, でありまして, であるけれど, であるそれ, であろうその, であろうにこやか, であろう刃物, であろう小首, であろ台所, でございましょうか, でしょういきおいこんで, でしょういつの間にか, でしょうお雪ちゃん, でしょうちょっと, でしょう岩切, でしょう庄吉, でしょう急, でしょう新, でしょう犬, でしょう評判, でしょう通りかかった人, ですがね, ですけれどね, ですと, ですもの, です今, です貴方, で御座いました, で御座いますが, とこれ, とでずっと, とのため, とは全然, とは違う, とヴェネディヒ, と一つ, と主人, と救い, と符, と葉子, ならば, なら仕様, なら単に, にありません, には, には初め, には種々, にもわけ, に行かない, はあたし, はある, はあるいは, はいつぞや, はうんと, はおしまい, はおそろしく, はおとうさん, はお前さん, はお腹, はからす, はこうした, はこちら, はこれから, はすなわち, はそうした, はそこ, はそれでも, はそれら, はたしか, はつい, はどうも, はなかっ, はなん, はね佃さん, ははや, はぼう, はまだ, はまだしも, はまったく, はみんなダイアモンド, はみんな椋, はみんな水銀, はみんな私, はもう余程, はもとより, はやっぱり, はよく, はアネサ, はアパート, はケラー, はショーウィンドー, はジョルジュ, はセメント, はソンナ時, はトニオ・クレエゲルさん, はネズミ, はボーイ, はポリタミン, はマチガイ, はワグナー, は一セント, は一千七百七十五年, は一日, は一時過ぎ, は一本, は一種, は並, は中将, は之, は人, は人間, は仕方, は仙吉, は何, は何ぞ, は余, は余りに, は併, は停車場, は僅か, は僻耳, は元, は其処, は冷, は初めて, は刹那, は前, は勘ちがい, は君, は周囲, は国民酒場, は地理, は壜, は壻殿, は外国人, は大きな, は大丈夫, は大人, は大正九年, は大祭, は大間, は天地, は天華堂主人, は夫, は家主, は宿, は小平, は少年, は山本有三氏, は岩魚, は川村サイトさん, は巻煙草, は平八, は幾年, は廣, は往年, は怪物, は悉く, は意見交換, は戸浪, は手紙がわり, は探偵, は掴まれた, は政江, は旦那, は早計, は時計, は普通, は暗がり, は最初, は本当は, は東京, は止む, は此, は池, は洋服, は浅草, は満更, は演説, は物, は猛獣大蛇, は理由, は生活, は町, は白骨, は皆自分, は盲目, は真似, は真赤, は矢, は矢張, は矢張りビール瓶, は短剣, は秦啓源, は第, は米友, は糠喜び, は結婚, は結局次郎, は絵, は耳, は聞き, は舞台面, は花廼屋, は薄, は虫, は表, は親戚, は言わばやや, は赤軍, は身の丈一丈, は車, は近頃, は鉄, は長野, は間ちがい, は間違っ, は隣室, は雪, は電灯, は頭足類, は額口, は飛んだ, は黒木長者, もあった, もお, もこいつ, もしかし, もそれ, もたびたび, もつかの間, もむりはありません, もむりはない, も二度目, も何, も余り, も夜, も夫人, も寧ろ, も当然, も拙者, も数度, も明るく, も瞬間, も間違い, をいま, をきっかけ, をじっと, をふと, を使わない, を小さい, を忘れず, を恐れる, を見た, を記憶, を誡め, 実は

▼ 思った~ (2362, 18.9%)

35 それも 32 それは 20 そうで 16 それが 13 それを 12 これは, 私は 10 彼の 9 その時, 仕方が 8 彼は 7 あとで, 女の, 念の 6 これも, もう遅い, 何か, 半七 5 そのままに, それよりも, ともかくも, 今度は, 今日は, 考えて 4 その瞬間, それに, どうした, よく見る, 併し, 僕は, 相手が, 自分の, 誰も

3 [33件] いずれに, このとき, この上, この場合, これを, しかしその, しかしそれ, しかたが, そうでない, そのうち, それには, どうする, もう遅かっ, 二人の, 何も, 何分にも, 兎に, 前の, 場合が, 女が, 実際は, 彼女は, 後に, 思い切って, 此の, 気が, 見て, 言葉が, 豹一は, 起きて, 頭が, 顔を, 黙って

2 [97件] あなたに, あわてて, いや, おめ, お前の, お染, かれは, こうなる, ここで, この辺, これじゃ, これに, さうで, さすがに, しかし今日, しかし毛布, すぐその, すぐに, そうじゃ, そうでなく, そうは, そう思う, そこへ, そのとき, そのまま眠っ, それじゃ, それと, それにしてもあの, そんなこと, そんなもの, ためであろう, だめだった, どうにも, どこに, どちらも, なんしろ, ほかの, またすぐ, もうその, やっとの, やはり田舎, やめた, よく考え, ビラを, マッチの, 人生の, 今は, 今も, 今更どうする, 他の, 何う, 何でも, 何と, 例の, 先刻の, 先生が, 出て, 博士は, 口に, 向うは, 声が, 妙な, 妹が, 宝が, 家の, 対手が, 年の, 引き返すの, 思いきって, 急に, 我慢した, 早くも, 次の, 武蔵は, 残念ながら, 母が, 気がついて, 気に, 気の, 然う, 爾も, 相手の, 相手は, 看護婦に, 私が, 私も, 自分に, 自分は, 色にも, 薬屋へ, 行って, 見ると, 試みに, 足が, 途中に, 顔見知りの, 風が

1 [1782件 抜粋] ああし, あいにく名前, あこがれの, あたりには, あとの, あの時, あの連中, あまりお, あまりに心, あまり愚, あまり高価, あるいはその, あんがいグズグズと, あんな人間, いきいきと, いくらも, いったい何, いつまでも, いつも彼, いやそんなに, いろいろな, いわれたとおり, うっかりそんな, おおかたそれら, おどり出して, おもて, お前が, お徳, お蘭, かくなる, かれを, きまりが, けれど出来ず, こうして見, こう早く, ここでは, ここまで, このうえ, このぶん, この円い, この家, この手紙, この月丸, この笹, この際, こりゃア一通り, これとても, こんなにいろいろ世話, こんな執念, さあらぬ, さっきから, さてと考え, さて何, さて部屋じゅうどこ, さりとて故意, しかしいつの間にか, しかしこちら, しかしこんなに, しかしそれとて, しかしとにかく, しかしもう少し, しかしゲルベゾルテ, しかし二人, しかし何度, しかし同, しかし国賊, しかし大袈裟, しかし文人画, しかし朱, しかし畏れなかった, しかし罐, しかし轡川, しばらくする, じっと考え, すぐこれ, すぐそ知らぬ顔, すぐ彼女, すぐ駈け戻っ, すでにその, すれば, ぜひなく, そういうふう, そういう消極的, そうすると細君, そうでなくっ, そう云わざる, そう苦り切っ, そこは, そこを, そににも, そのとき彼, そのまま失心, そのむずかし, その一言, その中, その儘自動車, その場合女, その夫人, その実在, その屈托, その後いまだに, その思うした, その指先, その日ぎり, その晩, その水鉄砲みたい, その言う, その認識不足, その間を, その頼り, それから, それさえ, それだけでも, それではまたかえって, それでもその, それでもまだ, それでも八九十枚, それでも安心, それでも米友, それとも博打, それにしてもこんな, それにしても千鶴子, それほどに, それをも, それ以外には, そんな手蔓, ただくだらない, ただ仮の世, ただ思った, たましい, だめであった, ちゃんと証拠, ちょっと伝染病研究所みたい, ちょっと試みる, つい果さなかった, つい番地, できるまで, でも念, とうとうやった, とうとう草稿, とっくにいなくなっ, とにかく日本, とめること, ともかく日本, どういう風, どうしても待ちきれない, どうしても知れず, どうしました, どうせ会った, どうにもしかた, どうもそうらしく, どうも寝就かれ, どうも禅籍, どうも聞き慣れない, どう言っ, どちらを, ない, なかなかどうしてエライ景気, なかなか恰好, なにこれも, なにしろ大, なまじそんな, なんだかうす, なんだか改まった, なんとなく大人げ, のちには, はっきり思い出せなかった, ひところこの, ふだんから, ふところに, ふと其の, ふと気, ふと胸, べつに何人, べつに悲しく, まごまごし, まさかに巾着切り, まさか打ちつけ, まさしく角兵衛, まず使者, またみんな, また彼是手間, まだ何, まだ給金, まるで芸妓, みじん玉に, もうおそかっ, もうとりかえし, もう一度と, もう大丈夫, もう彼, もう車, もう間にあわない, もしこの, もしや人違い, もし東風, やがてまた, やがて縁側, やっと堪えた, やっぱりそうじゃ, やっぱり智力, やはりこの, やはり利己的, やはり昔, やはり熊本君, ゆうべの, ようやくその, よく恐ろしい, よく聞い, わたしは, イヤ, オレの, クピドーが, シルヴァーや, ストーン氏は, ソバケーヴィッチは, テクニカラーの, マズルカも, ヨーロッパへ, 一体それ, 一台で, 一寸思い出せなかった, 一度当っ, 一旦, 一歩足を, 一番しまいに, 七郎は, 三好入道も, 上に, 上海くんだりまで, 不思議に, 丑松は, 中, 中二階には, 主命モダシ難シであった, 九官鳥らしかった, 事件の, 二三日で, 二十七日は, 云えなかっ, 人が, 人口二百幾十万と, 今さら及ぶ, 今でも, 今夜の, 今更どうにも, 今直ぐ, 今見る, 仕事に, 他には, 代金百五十両と, 佐藤は, 何かしら, 何しろその, 何しろ女, 何しろ自由行動, 何だかどうも, 何だか時雨, 何だか面倒くさく, 何となく恐ろしい, 何ぼ, 何を, 何処か, 何時まで, 侍なら, 修学院を, 側の, 僕にとっては, 元気が, 兄は, 先に, 先生どうしても, 全く別, 全然安心, 六年から, 兼子が, 出来そう, 初めて見る, 別に屋敷, 別に深く, 到頭それ, 割合に, 勇気を, 勿体なくッ, 十年以上も, 千鶴子は, 午後八時頃から, 半分程, 博士が, 却って冷然, 厭と, 又肉体, 受けたよう, 口を, 右の, 同時に, 同時に尾沢, 同氏との, 君を, 咄嗟に, 啄木に, 四年まえ, 園に, 堅くやる, 声を, 多々羅三平, 夜更けに, 大きにそんな, 大丈夫だらう, 大声を, 天気は, 夫人に, 女房は, 如何に, 始めて見る, 婆さんの, 学校から, 安心いたしました, 官僚が, 実はそんな, 実は違っ, 実際あっ, 実際毎晩ステッキ, 宮は, 容易に, 宿に, 寝ぼけ眼の, 小さいもの, 小僧は, 小平や, 少々遠く, 少し気の毒, 尾羽打ち枯らし, 岩や, 巡査は, 差し迫っては, 師匠に, 帰参の, 年も, 幸い廊下, 広い江戸, 店先の, 座を, 弁天松代ちゃアんと, 引くに, 強いて何気ない, 強いて聞く, 当ったね, 当時は, 彼に, 彼女の, 後が, 心が, 心臓を, 忽ち背後, 思いついて, 思い返して, 思った瞬間, 怪人が, 恐入って, 悩む脚, 悪阻が, 惟光が, 愛という, 憶出せない, 我慢し, 戻りかけたなら何, 手錠を, 折からの, 折角造作, 持っちゃ, 振顧, 揶揄を, 斬られたという, 新聞の, 既に当時, 日課を, 旦那殿が, 昂奮した, 是非なく, 時計は, 時間中でなく, 暗室へ, 書類が, 最大級の, 最後気疲れが, 月丸が, 朝に, 末子たる, 本当の, 李の, 来ない, 松の, 果してそうだった, 果せる哉是, 柔かいの, 格別芳ばしい, 案外彼, 梅雪を, 欠点らしく, 止して, 此処では, 歴々彼処に, 死んだ気, 残念な, 母には, 気づいたからは, 気色には, 汚らしいもの, 泣声を, 浪之, 深夜である, 渓石の, 満員と, 源吉が, 灰の, 焦っては, 焼け布片, 父が, 父上が, 片方を, 猟師なら, 現に二人, 球は, 生みの, 由子は, 男は, 皆んなの, 目が, 目的は, 真っ昼間では, 真暗な, 矢っ, 矢張房吉を, 磯五は, 秀子の, 私の, 空模様が, 窓の, 笑って, 簡単に, 約束の, 素顔が, 結局前川との, 絹を, 縁側から, 羅宇木介が, 翌日に, 考え直して, 肩の, 胸を, 腹の, 自分から, 自分も, 興行者の, 若しもまだだったら, 苦情を, 莫迦莫迦しい, 葉の, 蛙の, 行動の, 襖絵なんかは, 見たとは, 見れば, 見渡したところ, 見送りの, 観念した, 言う暇, 話して, 誰れ, 財力が, 赤壁八十馬は, 身に, 軍曹との, 近くに, 返事を, 逃げるにも, 進んで, 遅かった, 道夫の, 違って, 都合で, 酔い心地で, 重臣たちは, 長いあいだ, 開かない, 間に合わないから, 間もなく牛, 間違いだった, 隠れるところ, 雨に, 面倒臭かった, 須磨へ, 頼朝の, 顔色には, 颯とそのまま落とし, 飲みたい飲みたいと, 馬鹿, 駅逓から, 高槻が

▼ 思ったから~ (819, 6.5%)

177 である 121 です 7339 であった 17 だった, であります, でした 12 であろう 6 黙って 5 で, でございます, 僕は 4 でしょう, なの, 私は 3 だよ, で御座います

2 [15件] じゃ, そこは, それを, だと, でありました, では, でも, らしい, 二人は, 俺は, 加十は, 左へよけて, 急に, 持って, 米友は

1 [277件] あちらこちらの, あの岩, あの柱, いきなり上がっ, いっしょうけんめいああやって廊下, いったの, おらすぐ, お前に, お幸, お梅, お話し, お銀様, かく蛇足, きいて, きちがいなら, きみに, ここまで, こなかったの, このこと, この力, この辺, これは, さあさあ御遠慮なく, さっさと跡, さも隣室, しかもお, しるして, じっと立ち止っ, じっと顔, じゃどこ, すぐに, すぐ右手, すっかりわたし, そういう横柄, そうさね, そうは, そう云った, そう聞い, そのままで, そのまま行き過ぎよう, その思い, その方, その時, その翌朝, その色, そばへ, それじゃ, それで, それでお前, それに, それらの, それ掛れ, そんなもん, そんな男, そんな風, そッと, ただ, ただ前川氏, ただ帰りに, だが, だぜ, だろう, だろうさっそく, だわ, だ転, ちょっと人, ちょっと聞い, ついそのままに, ついて, でありますが, でありもう, であり森山啓, であるけれども, であるし, であろうが, であろう石段, でございましょう, でござる, でして, でしょうが, ですそれ, です彼, でわたくし, で不意, で他, で御座いました, とにかく建て, とにかく村上編集局長, ともかくも, どうです, なるべく大きな, なんだ, ひきうけて, ふとこんな, ほんのちら, ぼくは, まあお前さん, まごまごし, またコーヒー, みんなの, やたらに, やったん, よけいに, わざと両親, わざと平気, わざと話しかけ, わざわざ引返し, わしあ, わたしは, わたしも, わたしゃいやに, わっし, カゲに, カピは, ジョリクールを, ニコリとも, ファラデーの, 一層不安, 一応わたし, 一昨日母にも, 一服すすめた, 一生懸命な, 三根夫に, 与らんこと, 二人の, 二階から, 云ったん, 今以て, 今度は, 今翻訳し, 伊織は, 佐渡守は, 何も, 何んで, 何喰わぬ, 何気なく眼, 余は, 俺が, 俺らは, 僅かばかりの, 其のうけ, 内務大蔵両, 加藤子爵と共に, 印形を, 即日なにがしか, 厭だ, 又吸い出した, 同意した, 吾輩は, 呼び留めて, 四時が, 多少事, 大急ぎに, 大迫玄蕃も, 天皇制反対論を, 奥の, 女房に, 奴等を, 学校を, 実はお前, 小手調べに, 小石川金剛寺坂の, 峠の, 工夫の, 年下の, 廊下の, 弥兵衛は, 彼は, 彼も, 徒らに, 御用は, 心配し, 必死の, 忌違え, 快く晩酌, 思い切って, 急いで, 急ぎも, 悠々と, 慌てて, 手は, 手紙を, 担当の, 捨身に, 斬りかかる懐剣, 新宿で, 方針を, 旅籠賃や, 早々別れ, 早速承諾, 早速本庁, 昨日から, 時々, 暗くなっ, 暗にそれ, 最初は, 最後の, 本堂の, 机の, 来たん, 板子を, 棟梁どこな, 此んな, 段々聞い, 毎晩故意と, 民や, 気が, 油断なく, 泥だらけの, 無益な怯え, 物をも, 犯人が, 独りで, 現場を, 登ったわ, 直ぐ行っ, 相手の, 眼の, 眼を, 私が, 答0デショウと, 署長は, 翌朝に, 翌朝第, 腕も, 腹が, 腹を, 膝の, 自分は, 自分も, 船を, 苦しんで, 菊子に, 落ち着いて, 蝙蝠傘だけは, 行ったに, 行ったの, 行届かない点, 見て, 見ると, 親方誰か表に, 言いなりに, 言い放って, 言った, 言葉も, 訊いて, 訳して, 詫まっ, 話さなかった, 誰かの, 諦めて, 護摩か, 谷中三崎町から, 貰ったの, 貰ったよ, 買って, 貸して, 賭を, 贋物だった, 近づいたの, 途中で, 途端に, 通るん, 遅くなりまし, 運転手は, 遠慮してた, 遠慮を, 遣るという, 銃を, 門から, 阿Qは, 陛下に, 雄吉は, 青くなっ, 革命的な, 頼みも, 高坂は

▼ 思ったので~ (698, 5.6%)

33 彼は 12 私は 11 かれは, 半七 9 僕は 8 急いで 6 わたしは, 彼女は 5 それを 3 その晩, それは, 二人は, 刀を, 急に, 持って, 自分は

2 [22件] お筆, お粂, すぐに, そのままその, そのままに, その方, ぼくは, わたくしは, ポケットに, 口を, 彼に, 往って, 恐る恐る入っ, 林の, 煙管を, 留吉は, 素直に, 耳を, 自分の, 許宣に, 長三郎は, 黙って

1 [532件 抜粋] ああいう, ああ云う, あいさつしよう, あえいます, あけて, あたふたと, あたりに, あっしは, ある日, ある日教師, ある時, あわてて, いいかげんに, いい出された, いい加減に, いきなりかけだし, いきなり刀, いきなり腰, いきなり跳び起き, いずれそのうちまた, いそいで, いちも, いっぽうの, いつでも, いろいろの, いろいろ云った, いわなかったよ, うまく足, うやうやしく拝, おしんを, おもに綜合雑誌, お峰, お母さんに, お源, お玉は, お琴, お米, お花, お身, お雪, お願いに, かごが, かたがた二度の, かれら, がすが, がまんを, きっと唇, きみは, きょうは, くどい所, くれなかった, けさから, けさも, こういう間, こうして今日, こう声, ここへ, こっそりなにかたべる, こっちも, この室, この間奥畑の, これも, これを, これ等の, こわさ, こんなお願い, さいしょから, さからわないに, さぐりを, さっきから, さとりへの, しかたなく, しばらく待っ, しぶしぶ皮匣, じっとした, じつはゆうべ晩飯, じつは丸の内, すぐタンク, すぐ他, すこし速力, すこし道, ずいぶんばかげた, せっかく正月, そう思う, そう返事, そこから, そこで車輪, そこに, そっと台所, そっと夜着, そっと寝床, そっと床, そっと後戻り, そのうえひどい, そのこと, そのほう, そのまま今日, そのまま捨て, そのまま放置, そのまま眠った, そのまま足早, その不遜, その冬, その場, その女, その岩陰, その意, その手当て, その暖簾, その由, その男, その話, それから, それからは, それから後, それから暫く, それだけです, それでそんな, それ以外の, たいへん考えた, ただ黙っ, だんだん話し, ちょっとした岩陰, ちょっと耳, ちょっと英治さん, つい, ついと私, つい失礼, つい少しばかり, つい怒り声, つい笑っ, できるだけ忠実, でたらめを, とうとう右衽, ともかくも, どこまでも, なにげなしに, なるべく強く, なるべく遠い, なるべく鄭重, ぬきあしで, はいおりよう, はいって, はっと身, ぴっしゃりと叩きつける, ふたりは, ふだんから, ふりかえって, ぶっきら棒, ほんの自分, ますます腹, まずためし, まず印籠, まず第, また云おう, また最初, もう一つ, もう一度たずね, もう何, もう少し増し, もう山登り, ものの, やっとの, やっと忍, やにわに二人, よく覚え, よしそれ, わざと葉書, わざわざ用事, わたしも, わたし友達に, エレヴェーターを, ソーンダイクは, ソ連の, ツイ失敬した, ヒョイと, ホッと, ポケットから, ポケット小僧は, マラリアの, 一しょに, 一ぺん横に, 一カ月三十五円で, 一ヶ月三十五円で, 一人が, 一応お, 一所懸命で描きはじめました, 一日その, 一時は, 一時郷里に, 一生懸命に, 一生懸命使った, 一箇所に, 一結に, 一緒に, 一足先へ, 万力は, 三足ぐらい, 三足ばかり, 下田は, 下草の, 不安に, 不審であった, 両腕, 中仙道を, 主人を, 主税に, 乃公は, 亀戸から, 二十九日の, 云って, 人形と, 今では, 今の, 今まで, 今日でも, 仕事の, 休まして, 何となく針, 何もかも打ち捨て, 例の, 俺等ドンドン後を, 停車場前で, 側に, 僕も, 兄の, 先に, 先生は, 入口へ, 兵士の, 其のまま庭前, 其の日, 其処まで, 其場の, 其所へ, 内心で, 再び廊下, 分け入り口, 刑事は, 別に, 別れを, 制服制帽は, 前垂れで, 助けるつもり, 勇気を, 勘十郎は, 勝手には, 十一時に, 千束町の, 博士と共に, 博士を, 博士邸の, 即座に, 又次郎は, 反射的に, 取消を, 口まで, 右近丸は, 同じよう, 君に, 君の, 君らが, 吾れ知らず, 呂宋兵衛いきなり, 呼吸も, 唇の, 問いかえした, 問われるまま, 四郎次郎は, 図篇の, 土人を, 土地の, 土手を, 地方の, 墓地には, 声に, 外から, 大きに恟, 大声を, 大急ぎで, 大悦び, 天井板の, 夫に, 夫人には, 夫婦だけが, 夫婦は, 失念遺漏を, 奔って, 女の, 女を, 嬉しくも, 子供の, 宗達は, 実はロッセ氏, 室の, 家の, 家主は, 家事を, 寅二郎は, 寛之助が, 対手に, 将軍夫人の, 小坂部は, 小早川自身が, 小沢は, 少々苦い, 少しく躊躇, 少し腑, 岩崩れの, 岩田だけには, 左の, 左右太は, 左腕を, 己の, 帆村は, 帯を, 帰ろうと, 帽子も, 平賀源内障らぬ, 幾らか案内気分, 庄三郎は, 庄屋は, 引受けたん, 引返そうと, 弥次, 張訓は, 強いて云わず, 強いて傲然, 強いて反対, 強いて止めよう, 当時の, 役人は, 彼と, 彼の, 彼らの, 彼女も, 後日を, 心が, 忍剣が, 応援を, 快くひきうけた, 念の, 思いきって, 思い直して, 思わず膝, 思切り大声を, 急がずに, 怪塔王を, 悦んで, 慙じる, 我れ知らず, 或る, 戸を, 扉を, 手さぐりで, 抱き支えようと, 挨拶も, 振向いて, 掴んで, 改めて西空, 救護所の, 敬二は, 数馬は, 新田先生は, 方向舵の, 早月の, 早速本社, 早速注文, 明くる日鍵惣が, 更に向き, 最初の, 月番の, 有田氏, 望遠鏡を, 未練らしい, 末には, 東助は, 柳を, 梯子を, 極力弁解, 極秘の, 榻の, 権兵衛は, 権右衛門は, 止まって, 正直そうな, 此の, 此方面から, 死にものぐるいで, 死物狂いに, 母も, 気づかれないよう, 気を, 水を, 治六も, 治郎君から, 注意した, 洋子は, 浪之, 涼みが, 演説なんぞを, 炭を, 無理に, 爪さき, 片倉の, 甚七は, 男の, 画工は, 皆で, 皆を, 目白の, 直ぐここ, 直ぐその, 直ぐに後, 直ぐ出懸る, 真っさき, 眼の, 着物を, 秋晴の, 秘密に, 程も, 突然たずね, 立ちどまって, 立って, 笠原さんの, 紀代子は, 紅子の, 結婚以来初めて, 結局日陰の, 翌日は, 聞き流して, 腰かけさせて, 腰に, 腹癒せの, 膳を, 自分が, 自分で, 自分ひとりで, 自身番に, 若しもの, 苦しい機智, 苦心し, 茶わん屋から, 荷を, 蒋林は, 蛇の, 裏門を, 西洋間へ, 見合わせたの, 覗いて, 言わるるまま, 訊いて, 試して, 詮議は, 誠に何, 警察医に, 豹一が, 豹一は, 貧民窟の, 買って, 起き上ると, 足もとの, 足を, 足音の, 跳び退きながら, 軒先に, 近所の, 返事は, 返事を, 返辞も, 追いかけて, 造酒は, 遂に自分, 運転手に, 遠くの, 遠慮なく御馳走, 遺言状を, 邦原家では, 酔った振り, 酷く怒っ, 金を, 鉄之進は, 銃を, 鍬を, 阿部さんは, 障子の, 隠れようと, 雪渓の, 静かに, 面晤する, 頼光は, 風呂敷包みの, 食物を, 駒を, 高一, 高松さんは, 鬼魅悪く, 魔人が, 鳥井君は, 麦酒の

▼ 思ったこと~ (637, 5.1%)

35 はない 32 がある 26 があった 23 はなかっ 20 もあった 19 であった 15 であろう 13 は一度 12 もある, もない 11 だった, である, でした 10 だろう 8 がありました, がない, がなかっ 7 でしょう, はありません 5 か, があります, です, もありました 4 さえある, だが, のない, はありませんでした, はなく, を覚え 3 であったが, でありました, であります, ですが, には, もあります, も一度, をその, をまっすぐ, を記憶

2 [26件] がかえって, が一度, が幾度, が度々, が相手, さえあった, すらない, だったが, であろうと, に決して, のある, は, はあった, はあの, ははきはき, はまだ, は一遍, は何, は後, は昔, は自分, もたびたび, もなかっ, をする, をどんどん, をやっ

1 [223件] ありませんこと, かしれなかった, かどちら, かも知れない, からつぎ, から発生, か悲しい, か歌ちゃんあれ, があっ, があったかい, があったです, があったらのべ, があり, があるだらう, がございましょう, がそのまま, がただちに, がたびたび, がどうして, がどれ, がはっきり, がまちがっ, がルミ, が一つ, が一二度, が二つ, が云, が今, が今や, が伸子, が何, が何度, が其の, が四度, が幾たび, が忘, が手伝った, が描けなかった, が書けない, が深く, が結局石油, が自分, が錦子, ございませぬ, さえあります, さえなかっ, さえもなかっ, さえ何度, すらありました, すらなかっ, そうしたら無茶先生, だ, だったの, だってあった, だってあったろう, だろうね, であったろう, であり玉鬘, であるが, であろうか, であろうが, であろうし, であろうに, でございます, でしたろう, でしょうから, でできなかった, では, で有ろう, で竹内さん, で間違っ, といえ, とは違っ, と暗い, などたいへん, などなし, など一度, なの, なんかあり, なんてない, にある, にはこれ, にはどこ, にはまだ, にも無, に無理, のひとつ, の三分一, の反対, の外, の無い, はあなた, はありませぬ, はいう, はかつて, はかならず, はきっと, はこの, はこれ, はござらん, はした, はそりゃ, はそれ, はそれだけ, はたしか, はついぞ, はとにかく, はどこ, はどんな, はないだろう, はないでしょう, はなん, はねえ, ははたして, ははっきり, はほか, はほんとう, はぽんぽん, はまた, はまったく, はみんなそれぞれ, はわけ, はコレッ, はバルザック時代, はメッタ, は一つ, は一九四一年, は世間, は二三度, は二度, は今, は今日, は何事, は全く, は別, は如何にも, は子供, は審査風景, は岡田さん, は市子氏位, は彼女, は思ったでしょう, は日, は日本各地, は曲げられない, は更に, は有, は本当, は殆, は残念, は永久, は無い, は無かっ, は破れた, は確か, は私, は第, は編輯ぶり, は衝動的, は誰, まだ書きませんでしたろう, もあったであろう, もありまし, もありません, もありませんでした, もあるだ, もいく度, もおかしく, もくわしく, もございました, もしばしば, もなく, もねえ, もまた, ももう, も二, も二度三度, も今, も口, も少く, も屡, も度々, も此頃, も無い, も皆, も言えない, も話せない, も誤り, やそれから, や将来, や殊に, らしくみな, を, をあまり, をいっ, をいった, をこっそり, をした, をしねえ, をすぐ, をぜひ, をとにかく, をどこ, をなしてる, をやりぬいた, を亭主, を今想起, を口, を吐露, を告白, を思いおこしました, を思い出します, を書き, を書きつけ, を書け, を率直, を知る, を竹内くん, を自由, を迷わずする, を遂に, 又生活, 考えたこと

▼ 思った~ (619, 4.9%)

42 急に 9 不意に 7 しれません 6 しれない, それを, 知れない 5 あわてて, 今度は, 知れません 4 くるりと, して 3 俄かに, 呂布は

2 [23件] いきなり, それは, にっこり笑っ, ふいと, ふいに, ふいッ, むっくりと, ポケットから, 刀を, 声を, 引き返して, 彼は, 彼女は, 曹操は, 木下は, 知らないが, 知れやしない, 突然に, 解けきらない顔, 車夫は, 関羽は, 駒を, 高札の

1 [468件] あざ笑いました, あっけに, あぶみの踵, あわれな男, いきなりお, いきなりその, いきなり上衣, いきなり及び腰, いきなり弓子, いきなり槍, いきなり湯舟, いきなり節太, いきなり足, いきなり頭, いきなり驀, いすに, えいと, おおきくうなずく, おしおは, おまえの, お京, お化粧, お奇駒さん, お母さんが, お父さんが, お竜, お竹, お豊, かえって紀貫之, かれは, がんりきの, きっとそんな, きゅうに, けたたましい東洋語, けったいな, ことばも, このごろしばらく, この友人, この時, これを, こんどは, こんなこと, こんなふう, さしもの, しずかに, しばらくの, しれないん, しれませんでした, じっと京山, すきを, すたすたと, すたすた歩き出した, ずいと立っ, そこで兵馬, そのとろんと, そのまま両, そのまま立たない, その中, その女, その後を, その旧師, その時, その盗人, その紐線, その紙片, その翌朝, それから, それから矢戦, それきりで, それきり電車を, それだけの, それとも, それとも故意, それへは, ぞろぞろと, たいへん鄭重, たちまち彼, たちまち階段, だしぬけに, だまって, ちぢれた髪, ちと差支え, ちょっと目, ついと出, ついに憐愍, つかつかと, つと立ち上がっ, とつぜんつかつかと, とつぜんにやりと笑い, とつぜん名人, とつぜん尋ねました, とてもあなた, とんとんと, どうかは, どうだ, どや, にこにこし, にやりと笑う, にわかに城中, にわかに弓, はたまた, ぱっと原稿, ひとりの, ひどくはしゃい, ひどく感傷的, ひどく済まない, ぴたりと, ふところの, ふと書く, ふと立ち上がっ, ふと足, ほろりと, ぼうと, まじめな, まずはんけち, または書かなけれ, またふらふら, また引返し, また引返した, また立っ, また部屋, まるくなっ, むくりと, もう一ぺん長靴, やがて一人, やにわに伝六, やにわに履物, やにわに手, やにわに逃げ出した, らんを, れいによって, わからないが, わからないん, わざと表門, わしの, われから, オトラ婆さんに, カラカラと, クロの, スタスタと, スックリと, チェッと, チョビ安は, ツカツカと, ニヤリ紋太郎, ヒラリと, プイと, ポイと, ポロリと, ミネ子の, ムクと, 一匹ずつ, 一匹の, 一室に, 一彦少年の, 一枚の, 一言も, 万吉の, 三千メートル近い, 三好より, 三平は, 上衣の, 下宿人には, 与の, 与吉は, 与吉ハタと, 与次郎は, 世話を, 両手に, 丹造に, 主人が, 主水, 主税と, 乗物の, 二人は, 五助は, 五十銭銀貨を, 京伝は, 亭主も, 人丈ほど, 人込みを, 今まで, 今日は, 仏頂寺が, 仕事部屋の, 伊之助は, 伊勢守は, 伊織は, 伊達家を, 低いやや, 何事も, 何時の間にか居なくなっ, 使いの, 例の, 俄に, 俊夫君は, 保吉の, 保子に, 信雄も, 傘を, 元来た, 元気で, 全く相手, 全軍, 再び恐ろしい, 再び我が家, 再び道, 分らなかった, 列から, 判りません, 別に自分, 前後の, 前田の, 劉備の, 劉岱の, 力を, 勘平も, 千種忠顕は, 半七, 半白という, 博士は, 又八が, 反対の, 取次の, 口笛を, 同じく打ち笑っ, 同じく笑い, 名人が, 名人は, 咄嗟の, 喜んで, 喫驚した, 嘉六は, 四つン匍いに, 四郎兵衛に, 国体明徴という, 国経は, 地震計を, 城内の, 増上寺の, 夕方の, 多門へ, 夜中にも, 夢中の, 大学へ, 大道へは, 天に, 太刀を, 夫とも, 女の子の, 女は, 女も, 如来衛門は, 妖女は, 始めて清逸, 娘の, 娘は, 婢も, 子供の, 子路を, 孔明に, 安場の, 宗三むっくり, 寄って, 寝床に, 対馬守は, 小倉が, 小柄で, 小窓, 小藤次, 少し下手, 少なくともそれでも, 尚侍の, 屍体の, 山上に, 左慈に, 左手を, 巻尺を, 帽子を, 平吉の, 幻術は, 広間の, 弾正は, 当局へ, 形を, 彼の, 彼女の, 後肢で, 微行頭巾に, 忠顕は, 忽ちむっくり起き上っ, 怖ろ, 悲鳴の, 憂いの, 成政は, 或いは自己, 戟の, 扉に, 手に, 手を, 振が, 振りきって, 掛茶屋の, 揃って, 政友会総裁までが, 敗走する, 数珠を, 文次は, 文醜, 斯う云っ, 新九郎は, 新田先生は, 方針一転を, 旦那が, 早くより, 明り障子を, 時介の, 時計を, 暁子と, 暫く横, 曹操も, 朝っ, 来かかった道, 東京へ, 栄螺と, 梁へ, 棒を, 権田の, 正ちゃんは, 武州方面へ, 武者修行は, 死体の, 母が, 毎日細工場に, 毛利先生が, 水も, 泗水の, 洋寸を, 洋装の, 清洲の, 満州帝国では, 滝人は, 滝太郎の, 濡れ手を, 炉の, 無精髭を, 犬は, 狭い室内, 珍しい人, 用意の, 田原町まで, 甲野さんは, 畳の, 白皙な, 皆で, 目に, 真面目な, 眼いっぱいの, 知らない, 知らないけれど, 知らぬけれど, 知れなかった, 知れませんが, 知れませんでした, 知ンねえけん, 社家の, 福間警部を, 秀吉は, 秀政は, 私と, 私に, 私は, 私へ, 私達の, 空を, 突と, 突然, 突然また, 突然前方, 突然歓喜, 突然立ち上った, 突然立ち上る, 竜之, 笑ったもの, 笑みを, 筆を, 米友は, 素直に, 素知らぬ顔, 細溝を, 細身を, 縄を, 美和子が, 義貞は, 聞こえよが, 職人は, 胸毛だらけな, 脇息を, 腰を, 膝を, 自分の, 自身馬を, 船中で, 芝生の, 茨右近の, 荻原は, 葬儀の, 蕎麦屋の, 藤吉は, 藤吉転がる, 藤尾は, 蝋で, 血が, 血相を, 表からは, 袴の, 裏の, 裏口から, 解りませんが, 解りませんでしたわ, 許, 誠さんは, 諸将, 謙信公の, 講義の, 走り出そうと, 越後街道に, 足を, 足音の, 身を, 軒, 迂濶, 追っかけた, 途端に, 通り一遍の, 通夜の, 道化た, 道誉は, 遭難事の, 遮二無二その, 遽かに, 部下に, 金博士は, 釘勘は, 鉄扇を, 銀の, 銃を, 鎌髭の, 陸軍側の, 隼人に, 電光の, 静に, 頭高に, 顋で, 顎十郎は, 顔いろ, 顔を, 颯と一人, 首を, 馬に, 駕を, 驀し, 高島田に, 高野川から, 鬼女は, 鳥居忠広は, 麦松は, 黙って

▼ 思った~ (368, 2.9%)

6765 です 43 だが 39 ですが 15 だけれど 14 だろう, ですよ 13 だよ 11 ですけれど 10 ですけど 8 ですけれども 7 ですがね 6 だけど 4 だけれども, でしょう 3 じゃない, だがね, だね, ですもの 2 だから, だそう, だな, だもの, でしょうね, ですか, ですの, ですのよ

1 [20件] かな, じゃろ, だあれ, だがな, だけれどもね, だそれ, だなんだか, だろうな, だろうね, だろうよ, だナチ奴, だ今に, でございますが, でございますけれど, でしょうよ, でしょう辞世, ですけれどもさ, ですって, ですわ, や

▼ 思ったもの~ (277, 2.2%)

44 ですから 18 だ, だから 10 である 7 だが, であった 5 でした, です 4 か突然, でございますから, もありました 3 か急, だった, ですか, ですからね 2 かまた, さ, だからね, のうち, は何

1 [129件] か, かある, かいかに, かいきなり, かしばらく, かしら, かその, かそのまま, かそれでも, かつかつか, かつと, かとっさ, かとにかく, かのこのこ, かまだ, かやにわに, かようやく, かカラカラ, かコソコソ, か一座, か一日, か一言, か久松, か云いあわした, か何, か余, か初め, か取っ, か吏員, か大きく, か左手, か帆村, か徐々に, か息, か戸棚, か持っ, か機会, か池上, か無闇, か父, か玄関, か申し合わせた, か目, か矢庭, か腹立たし, か若い衆, か転任, か逃がし, か鉄十郎, か阿修羅, か靴, か飽くまで, か馴れ, がある, があろう, がこうして, がただ, がだんだん, がなかなか, が今, が何, が入れ, が十貫目, が塩水, が存外どうにか, が実は, が後, が急, が芭蕉, さははあ, だあの, だと, だろうよ, で, でありましょう最後, であるが, であろう, であろうか, でございます, でございますよ, でしょう絶えて, ですが, ですがね, ですな, ですよ, でも, でネー, とは別個, とみえ, と見え, と見える, なんかは一つ, なんぞが挙げ, にパセリ, に食い当りません, のこと, の中, はいったい, はだんだん, はどしどし, はやっと, は一つ, は取らねえ, は存外, は実業的道徳, は急, は日, は泣き声, は無い, は無理, は精神, は誰, は近づい, は離しゃしない, は飛行機, までが休み茶屋, も忽ち, も蓋, よ, らしい, らしいが, らしく全力, をお前たち, をかならず, をウヤムヤ, を一枚一枚, を一種, を回復, を選んだ

▼ 思ったより~ (244, 1.9%)

4 よかった, 楽に 3 以上に 2 はるかに, 住み心地, 少なかった, 手間が, 早かった, 楽だ, 簡単に

1 [219件] あんさんは, いいからね, いい人, いい家, いい船, いい顔, いっそう不健全, いやでない, うまく行った, おとなしくってね, お元気そう, お粗末だ, きつくて, きれいだ, さっぱりし, さむいのね, しばしば開かれ, すいて, ずっと, ずっとずっと他, ずっとずっと素敵, ずっとひどい, ずっとよい, ずっとよくなっ, ずっと受ける, ずっと広く, ずっと強い, ずっと簡単, ずーっと早く, たいへんに, たよりに, だいぶ汚れ, ちゃんと受け, つまらない平凡, なかなかの, はい, はっきりし, ひどかった, ほんとの, まとまり, みじめな, むずかしい者, もっと困難, やすいので, よいね, よくモダン, よく出る, よく年貢米, よく辷っ, よさ, わずかな, わるかった, アッピールし, スピードを, チャチな, ハイカラです, 上出来で, 丸っこくて, 仕事が, 住まい勝手, 住みごこち, 余程さき, 傷も, 優秀だ, 元気が, 入って, 冴えた腕, 冷く, 出来て, 切迫し, 刑期も, 利き目, 刺された場所, 力が, 労れず, 口が, 堅固に, 売行きが, 多いが, 多忙しい日, 多額な, 夥しい混雑, 大う, 大きいので, 大きく一銭銅貨大, 大きな家, 大仕掛, 大捕物, 太郎さんの, 奥深そう, 好い, 好い家, 好い成績, 妙でねえ, 安くあがった, 安値い, 宏大な, 宏大なる, 容易に, 寂しく不便, 寧ろ旨く, 寧ろ深く, 小さいし, 小さくかつ, 小さくなっ, 小さなもの, 小柄な, 少いので, 少ない, 少なく二十両, 工合が, 巧く, 巧に, 巧みな, 年を, 幾層倍か, 広い, 広いけれども, 広い沼, 広く傾斜, 強豪そこへ, 得る所, 忙しい商売, 悪党だ, 悲惨な, 感じが, 憂鬱な, 手ごわいぞと, 手強い敵, 手強かった, 数多い群衆, 早くかえって, 早くすみ子, 早くよく, 早く上っ, 早く吉之助, 早く呼び出された, 早く堤, 早く帰っ, 早く東京, 早く病気, 早く相手, 早く神主, 早く纏った, 早く辞し, 明るかった, 昨夜よりは, 晴々した, 暇が, 暖かな, 書く事, 柔かで, 楽であった, 残酷でなかった, 気持の, 水気の, 汚い狭苦しい室, 沢山ある, 沢山の, 消えて, 淡泊に, 深いもの, 深かった, 混雑し, 演り, 激しく動揺, 無事で, 爆発の, 狭いので, 狭い室, 狭かった, 狭く殊に, 狭苦しい, 獰猛な, 真っ暗である, 積って, 立派だった, 立派な, 細緻な, 背が, 自分に, 若く才敏, 苦しい, 華やかだったらしく, 落著いた, 薄っぺらな, 見事に, 話が, 谷が, 貪り過ぎたため, 賑か, 質が, 軽い父, 遅くなる, 遠く渡る, 遥かに, 遥に, 酔ってる足, 重いの, 長びいて, 長話を, 陽気な, 集まらない, 雪が, 静かである, 静で, 面倒であった, 面白かった, 面白くは, 頑愚であった, 風が, 風通しも, 食へる, 骨の, 高い丘, 高い療治代, 高く一間, 黒い, 黒いの

▼ 思ったほど~ (164, 1.3%)

13 である 129 であった 7 だった, でした 6 です 3 では, でも 2 変っては, 大きくは

1 [100件] いかめしい声, いやもう, うまくは, かれの, きつい調子, こちらの, この世界, ごう慢な, じつにそれ, すべてが, そのことば, たのしいもの, だから, だが, だったが, であろう, でございます, でござる, ですもの, でないという, でなかった, でなく陽気, でなし, でまた, ととのった言葉, ひどいもの, ひどくは, むずかしいこと, むずかしいもの, やさしい口調, よくない, よくなし, らしい, ハッキリし, 上半身が, 世の中には, 乏しいもの, 人がらが, 全系列, 利かないかも, 劇しい, 効目が, 千鶴子の, 単調な, 単調の, 叮嚀な, 嗄れて, 堂々たるもの, 多くは, 大きくなっ, 大きくも, 大きな木, 奥が, 女の, 容子が, 常に動き, 幸運事では, 強くなく, 彼の, 悪くは, 悪くも, 愕いた, 憎くて, 捗らず冬籠, 敵の, 早くは, 早く帰らなかった, 気力の, 洋装が, 浮, 渾身の, 潜らないが, 生意気で, 痛かった, 痛くない, 矢代は, 短かくし, 私は, 空は, 窶れても, 節子を, 老けて, 老人では, 自分の, 花やいだもの, 虚しく深い空, 調子が, 途中の, 部屋の, 酷き使った, 金持ちでは, 長い滑降, 長くは, 長く黙っ, 険悪でない, 静かな, 革新的で, 頓狂な, 頭が, 魚は

▼ 思った~ (143, 1.1%)

11 はない 9 があった 7 がない, もあった 6 もある 5 がある, はなかっ 4 はありません, はいちど, は一度 3 であろう, ない, は無かっ, もない 2 が何度, だった, です, も度々

1 [61件] いまだ一度, がありました, があります, がありません, がございます, がどこ, がまだ, が一二度, が信ぜられる, が屡々, が既にもう, が翌日, さえありました, さえある, だけを略した, だろう, である, でご, でございます, でございますが, で失敗, とあまりによく, とそれ, と反対, なんか一度, のない, はあった, はあれ, はこの, はございません, はその, は一再, は一生, は何事, は再々, は冬季伊吹山, は必ず, は生涯, もあります, もありませぬ, もございません, もそのまま, もまだ, も何度, も幾度, も束の間, よ, をあらまし, をいっ, をかわいらしい, をこれ, をしない, をすぐ, をすっかり, をめちゃめちゃ, をやってる, をやめる, をチョット, を云う, を実行, を役所

▼ 思ったけれど~ (131, 1.0%)

2 かれは, それも, 今は, 僕は, 私の

1 [121件] あたりに, あの場合それ, あやまる分と声, えらくりっぱ, おくれと, お前さんが, お爺さんの, お金を, かえってお, かつてこんな, ぐずぐずし, ここの, これは, これほどの, じっとこらえ, せっかくここ, そうすると面倒, そうで, そうと, そうはいっ, そうも, そのほか, それでもと, それでも身構え, それは, それよりも, そんなこと, そんな材料, ついに寄らなかった, でも, とうとう駄目, とにかく私, どうしていい, どうしてもそれ, どうする, どうせ自分, どうもその, どうもちがう, どうも態度, どうやら気, なかなか沈着, まあと, まさか, まさかあの, まさかそんな, まだ分らない, まだ同じ, まもなくなあんだ, まアあと, みんなに, めんどう臭く, もう時間, もしまだだ, もっとひろい, もともと青二, やって, やはり行けなかった, ゆっくり考え, わざわざお母さん, わたくしは, セシルの, 一度寂しい, 一時過ぎ, 京都の, 今じゃ, 今日は, 何か, 何しろ木胴鉄胴, 何だか怖い, 何も, 何楼の, 僕の, 兄の, 先だって田舎に, 先生だ, 刑事さんが, 千二少年に, 友さんお前が, 友達が, 名を, 吾, 声を, 婢が, 巡査は, 年の, 彼は, 待って, 心強い様, 念の, 悲しや, 慰めようが, 折角の, 押し釦も, 探す時, 新郷に, 既に遅い, 最後の, 未亡人の, 村田の, 泊めて, 潜りから, 牧山大佐の, 狐猿が, 生憎それ, 男に対して, 癖に, 目覚しに, 眠ること, 私は, 窓の, 興奮する, 芳子が, 菜穂子の, 行状点を, 親方は, 辰夫くんは, 逃げを, 重い荷物, 間もなく胸, 電報を, 馴れて

▼ 思ったのに~ (120, 1.0%)

3 これは, 違いない

1 [114件] あちらに, あてが, あなたの, あらわれたの, あんなくだらない, いち早く聞きつけた, いっこうそんな, いつの間にどこ, うまく命びろいして, およそ退屈男, お婆さんか, かえって普通, かえって温い, かえって私, かんじんな, この島, これが, さすがは, しかし突然, すぎない, すっかり忘れ, そうで, そこは, そこも, そこを, その先, その当て, その恩, それが, それっきりです, それでは横町, それは, それよりも, そんなこと, たちまち平原, だんだん読ん, ついいづみ子, となりの, どうやらあの, どこも, なかなか出, ぷつりと矢が, ぼうん, まあお前, まして障子, まるで君, まる三日間, もうひとりすくん, もう六時間, もう出かけ, よみ始めると, アノ通りだ, ホーサンが, マルファ・イグナーチエヴナの, 一向に見つからず, 一時半を, 下らない茶碗, 之は, 乳の, 事実は, 云うこと, 人の, 今の, 今は, 今年も, 今見る, 佐々木末川恒藤宮本, 何処へ, 八丁堀へ, 八人おそっ, 其処は, 十二も, 又もや取逃がし, 反対な, 夜中より, 奇妙な, 小母さんは, 当てが, 彼等は, 心の, 思いがけない機会, 思いのほかねえ, 意外であった, 手一つも, 手前の, 手延びに, 手紙が, 既に九時, 旦那も, 昨今では, 木の, 格子は, 残念だ, 気の, 淡々として, 灯を, 無事に, 牛に, 男は, 相変らずふくれ, 眠ること, 着いたところ, 碌な, 私が, 私の, 突如と, 突込まなかった, 議会で, 遠くから, 遠方の, 阿修羅の, 音なく, 髭を, 黄いろい幽霊

▼ 思ったよりも~ (119, 1.0%)

2 立派な

1 [117件] いいところ, いい所, いくらか沢山, いっそう重要, うねりが, かんたん, けたたましい音, この林, さっぱりした, さむくは, しとやかに, じめじめし, たくさんな, のりが, はっきりした, ひっそりし, まだ狭い, むつかしいもの, もっと彼女, 今日の, 仕事が, 侘びしげな暮らしの, 元気であった, 凄い奴ら, 割合元気, 叮嚀であった, 同氏の, 品の, 売値が, 多かった, 多く従来, 大いなる事, 大がら, 大きかった, 大きな事件, 大きな影響, 大胆であった, 天下泰平で, 好い, 好いので, 好かった, 存外広い, 実はあまりに, 容易に, 寂寞と, 小さくて, 小さな黒い, 少い, 嵩んで, 巧く, 平易である, 幸福そうな, 幼稚の, 広い国, 広かった, 店の, 庭は, 延びたから, 強かった, 強く船, 快い眺め, 急でなく, 急に, 整然と調った這入る, 早かった, 早く, 早く余, 早く到来, 早く帰っ, 早く茅ヶ崎, 明るくなる, 歩き易かっ, 浅かった, 涼しそう, 深くえぐれ, 狭い裏, 田舎だ, 病竈が, 空漠である, 立派に, 簡単な, 粗末な, 素晴らしい剣技, 絵に, 緩やかだった, 繁かった, 肥えて, 脆かった, 若い声, 苦労人らしい, 苦痛の, 薄い様, 薄暗い寝台, 藻の, 見上げる程, 評価的神経は, 説き落すの, 調子よく, 調戯われず, 賑やかな, 車が, 軽かった, 軽く済んだ, 輪を, 近くで, 近く三十米位, 遅く眼, 遙かに, 遠くへ, 鄭寧であった, 重うございました, 重くて, 長くなっ, 長篇な, 開けて, 静かに, 頑丈です

▼ 思った~ (111, 0.9%)

8 にはもう 7 はもう 3 にその 2 には彼

1 [91件] あの小児, あの格闘, おぬいさん, から大将, かれ自身, があった, がいい, がかえって, すでに僕, そのまま陸尺, だ, である, でさえジャヴェル, でさえ彼, でした, どうしてもその, にこの, にすぐ, にね, にはいささか, にはおそろしく, にはお金, にはしかし, にはすでに, にはっきり, にはまるで, にはわづか, にはマスク, には二人, には他, には何, には全身, には女, には必ず, には自分, には足, には身動き, には通り過ぎ, にひとしお, にひとり, にふと, にもその, にも御, にゃカント・デック, にアネサ, に口, に右, に実行, に小, に彼, に忍び, に無, に物, に目, に祖父, に私, に立っちまう, に背後, に自分, の事, の私, の美しい, の苦し, はじめて彼, はっきりあの, はなかなか, はわざと悠々, はわし, はッ, は丁度, は二の腕, は後の祭り, は手, は本当に, は自分, は途中, は黒髪, ひどく動悸, ふとその, また如来, また聞こえた, も, もう格子, より更に, 始めて千枝子, 小さい提灯, 小さい灯, 少なからず, 引き返せぬもの, 現われたの, 鋭い嬌声

▼ 思っただけ~ (90, 0.7%)

7 だ, である 6 です 5 なん 4 なの 3 だった, でした, ですよ 2 だったが, であった, でさえ, でそれ以上, でもう, で彼, で彼女

1 [38件] だから, だよ, であります, でさして, でしたが, ですでに, でそう, でその, でそのまま, でそれ, でそれから, でそれ以上気, でつぎ, でほんとに, でイヤ, で不思議, で中, で何, で別段, で即座, で口, で広小路, で往来止め, で心, で恋争い, で惣七, で手, で新た, で本当は, で歯, で気, で私, で自分, で貴方, で足, で飛びたつよう, 作品として, 製造出来る

▼ 思った~ (88, 0.7%)

28 違いない 17 ちがいない 9 相違ない 3 ちがいありません 2 しても, ちがいなかった, 疑無い

1 [25件] あなたの, こうして急, ご坊様旧, しろすぐ, しろ思わぬに, し太く, ちがいないであろう, ひきかえ藤田刑事部長, ひどい事, ぴか, まるでもう子供, よく首尾, 人里近い, 勘兵衛めに, 却って主人, 斯う, 汝筑紫権六だ, 無理は, 相違ありません, 相違なく, 葉之, 過ぎない, 違いありませぬ, 違いありません, 違ない

▼ 思ったけれども~ (87, 0.7%)

2 それは, 仕方が

1 [83件] ああいう, あなたの, あんまりひどく, いっしょに, うちの, お前さん何うも, お母さんが, この降り, この頃平岡, さてどこ, しかし事務長, しかし決して, せっかく山嵐, そのぷよぷよした物, そのままに, だまって, ちょうどその間, とにかくすべて, とり乱して, なんとなく惜しく, はっきりした, まさかにそうも, まず已め, また多少, ままよ, もう, 一晩経つ, 万一掟, 万事先生の, 事は, 事実品質が, 五十川女史は, 今では, 今に, 何か, 何にも, 何も, 余りの, 僕は, 内々気を, 凡夫の, 刑事部屋での, 十七日午前に, 同じ頃, 君が, 場合が, 多年の, 夢だった, 女が, 女将が, 婆さんの, 実行する, 対手が, 小山君の, 彼が, 必ず書こう, 悦子を, 我を, 手紙で, 折入っ, 指先で, 敢て, 料理の, 日本人が, 明後日すなわち, 是非何とかかとか, 枉げて, 横着な, 母親の, 気が, 気紛れな, 水先案内の, 父や, 盗賊なら, 真逆, 私のから, 種々其所, 米友の, 葉子としては, 買って, 運を, 重くなっ, 頂上からは

▼ 思った~ (84, 0.7%)

8 見えて 3 いう, 云って, 言って 2 いうより, みえて, 云う, 云うの, 言うこと

1 [57件] いい間々, いうが, いうだけの, いうて, いうので, いうのに, いうよりも, きいたら一つ, きかれは, する, そうぬかす, つづけた, ほっと肩, みえ, みえすぐ, 云い猶, 云うが, 云うは, 云うん, 云う者, 云う言葉, 云った話, 他意なく, 傍の, 元気の, 同時にその, 同時に反射運動的, 同時に愕然, 同然に, 告白した, 妹は, 彼方で, 思うと, 時計屋は, 書いた, 書いて, 清さん自身で, 源氏に, 父は, 申して, 相川良之介が, 私は, 答えて, 答えもう, 終りの, 自ら観書く, 致しましても, 褒めながら, 見えいい, 見えまるで, 見える, 見える成, 見え殆ど, 言います, 言う, 言うの, 言ったと

▼ 思ったよう~ (75, 0.6%)

5 なもの 3 であった, でした, です, なこと 2 である

1 [56件] だった, であったが, でしたが, ですが, でも, で裂き切られた服, なとき, などろまみれ, なの, なふう, な事, な凄味, な女, な好い, な態, な政争的, な晩, な気, な理想的, な田舎, な結果, な顔つき, に, にかまわず, にさっさと, にすぐ, につけ, にはまいらぬ, には出来なかった, には行かなかった, にばかりはいかぬ, にもう一度, にやはり, にポカン, に三つ, に出る, に又八, に口, に四郎馬鹿, に実行, に小さな, に帯, に弟, に彼女, に書けなかった, に死ん, に気, に淡泊, に滄洲翁, に痩せない, に竹やぶ, に簡単, に蒸し暑かっ, に進展, に野原, に頷いた

▼ 思ったくらい~ (69, 0.6%)

115 である, でした 3 だが, であった, です, ですもの 2 だから, だった, ですが

1 [30件] いたわるよう, きつく折檻, この中, この峠茶屋, だし, だったと, だったよ, だよ, だわ, だ私, であったから, であったが, でございます, でしたが, でしたけれど, でしたよ, ですから, でまあ, なもの, ならおそらく, なんだ, な玄関, はっきりは, よく似, スゴかった, 怒って, 愚かな, 細かい神経, 苦しかった, 蠱惑的な

▼ 思ったとおり~ (65, 0.5%)

84 でした 3 だった 2 だッ

1 [48件] あの方, あまり似, いうの, いう男, いかないかも, いかなかったので, うまくいき, この儘此処, じゃ, その中, だお前たち, であったと, であの, である, です, なん, にあの, にいっ, にいつも, になり, にやる, に何, に喋り, に増長, に成就, に打ち下ろしたなら, に正直, に言う, に言っ, のこと, のぶしつけな, の事, の効果, の女らしかっ, の寂しい, の御返事, の行為, ますます事実, まったく無駄骨, も抜け, をいいます, を元帥, を実行, を尋ねました, を答えた, を言える, 少しは, 申しあげたん

▼ 思ったとき~ (63, 0.5%)

4 はもう 3 にはもう

1 [56件] あの草紙洗小町, があっただろう, がある, ぐるりの, この平和, すぐ三脚几, ずしんと, ずっと大事, そのとき, その事, その場, その時, その貴い, でした, です, にいきなり, にはあの, にはすでに, にはわが家, には博士, には唄う, には此方, には犬, には猫, には胸, には誰, にほそい, に一つ, に信一郎, に彼女, に戸, に東洋, に生々, に生れ, に空襲警報, のほか, の心持, の方, は, はいつか復一, はすでに, はそれどころ, はだまっ, はなんと, はもうすでに, は意見, は案外, は胸, ふいに, ふと三元, またも座間, もあった, もうそいつ, やっと時計, 実に笑えた, 果たしてどんな

▼ 思った通り~ (60, 0.5%)

85 だった 3 のこと 2 でした, になっ

1 [40件] いよいよこの, うたってるの, きっかりその, すぐに, すぐ帰っ, その中, その横穴, だという, だ岩角, であったと, に, にしか出来ない, にする, になった, にならぬ, にはゆかない, に出来あがらなかった, に実現, に行う, に話した, に責任, のところ, の御, の用向き, の陣営, や, をやらせる, を云っ, を無遠慮, を答えました, を話し, を話しました, を遠慮, 御父さま, 快い返事, 数えも, 深かった, 立たなくなって, 言うの, 運んだので

▼ 思ったところ~ (56, 0.4%)

3 だ, です 2 でどう

1 [48件] ああちゃん, からこいつ, から屋敷, が, がすでに, が到底, だから, だけをあなた方, だった, であった, である, でした, でそれ, でそんな, ではない, では何とか幾分はっきり, では逃げ場所, でやむにやまれぬ, で周, で大家, で女, で平次, で彼, で末始終, で致し方, で鉄砲, とちょうど, どうした, なかった, のもの, はきっと, はどこ, は問題, は実は, へお前さん, へ意外, へ来た, へ落ち込む, へ駒, や不, を, をとうとう, をみる, をズバズバ, を繩梯子, を黙っ, 漸く安心, 隣りの

▼ 思ったもん~ (51, 0.4%)

20 だから, ですから 2 だが, で, でね 1 だよ, ですか, ですからね, でひっぺがすようにして, で堀

▼ 思ったそう~ (43, 0.3%)

13 です 10 である 43 だが, ですが 2 であるが 1 して, で, でね, で実に, で家主, で斜, で火鉢, 言うの

▼ 思った瞬間~ (42, 0.3%)

2 なら自分達, にはもう, に私

1 [36件] からです, からサト子, から姫君, この銀色, ずどんッ, ずぶりと水, であった, にいつも, にしゃも, にそう, にわたくし, に一切, に何かしら, に何やら, に余, に努力, に又野, に叫びました, に太股, に小一郎, に急, に敵弾, に既に, に気, に瑠璃子, に背中, に電燈, に顔, は来, ふっと思い出した, またもやプン, もあれ, もう千鶴子, 物凄い水音, 真ッ逆様, 長庵

▼ 思ったかも~ (40, 0.3%)

12 知れない 5 しれない, 知れぬ 4 知れないが 2 しれぬ

1 [12件] しれないが, しれないさ, しれませんよ, 分れしまへん, 知れないよう, 知れなかった, 知れぬが, 知れねえが, 知れは, 知れません, 知れませんが, 知れませんわ

▼ 思ったその~ (37, 0.3%)

1 [37件] ときふと, ときハクスターは, とたん女は, とたん百畳敷の, におい, まに, みつばち, クマが, 人が, 人の, 刹那それまで, 刹那です, 前後の, 場所から, 女は, 思いにも, 時おそく, 本人が, 柔和な, 決心が, 男に, 男は, 眼その, 瞬間, 瞬間がらがら, 瞬間こそ, 瞬間だった, 瞬間彼は, 瞬間運八は, 秘密は, 自分の, 船頭は, 蕃人の, 薄暗い部屋, 贈品, 途端その, 雑木山の

▼ 思った~ (33, 0.3%)

2 それに

1 [31件] あなたに, あり得ぬこと, お前に, お前も, こわさ, すぐその, そして生命, その上, それからそういう, ほんとうに, また實際, カン, 一方つもり, 三田の, 下士達は, 今では, 仕舞いには, 僕は, 前例に, 千世子の, 半頃じゃ, 可哀そうとも, 庄吉は, 旦那が, 死ぬの, 汁の, 父自身でも, 用は, 美和子が, 聞きたくは, 鼻薬で

▼ 思ったという~ (33, 0.3%)

4 のだ 3 のは, ような 2 ことだ, ことです, ことは

1 [17件] うちには, こと, ことでした, ことの, ことを, のです, 事です, 夫人の, 小説を, 意味が, 文章の, 方が, 点も, 証拠には, 話も, 関の, 顔でしょう

▼ 思った~ (33, 0.3%)

5 であった 3 だ, だった, です 2 であったが, でした

1 [15件] いだ, だから, だのにさ, だろうよ, だわ, であったから, であったけれど, である, でしたが, ではれません, で御座いましたが, で戯曲, の, の事, よ

▼ 思っただけでも~ (32, 0.3%)

3 私は 2 ぞっとする, 気が, 胸が

1 [23件] おれは, くやしいね, このお母さん, ぞっとします, たまりません, もう何, ゾッと鳥肌, 五体が, 僕の, 先に, 全身に, 嫌だった, 心臓が, 恥ずかしくて, 息が, 数限りも, 熱い熱い冒険, 胸の, 腹の, 虫酸の, 足が, 身の毛が, 頭の

▼ 思ったばかり~ (32, 0.3%)

3 であった 2 である, でその

1 [25件] だけれど, で, であるか, であるが, でした, ですけれども, です深く, でなくそう, でなく一つ, でなく実際, でなく幾多, でなく肉親, でぼんやり, でも, でもう, で一向に, で下宿, で依然として, で別に, で別段, で同じ, で名, で格別, 屍体を, 罪は

▼ 思った~ (30, 0.2%)

2 はその

1 [28件] あ板戸, だが, の主観, の全身, の気持, の真意, の答, の臀, はいっこう, はおぼろげ, はこの, はまるで, は三月二十一日, は乗りき, は今, は何もかも, は危険, は心, は慌て, は新聞, は気, は浅間, は矢庭, は突然, は罪, は耳, よりも税務署, を裏書

▼ 思った~ (30, 0.2%)

4 でも 3 である 2 悪くない

1 [21件] だった, つまらなくなし, つまらなくは, つまらなくも, で, でございます, です, でなし, で我慢, には変っ, にラザルス, の光った, の苦痛, ひどい藪, むきに, サヤサヤと, ハッキリと, 悪くは, 烈しい嫉妬, 精魂を, 美味しくいた

▼ 思った~ (29, 0.2%)

2 はその, は桜木町

1 [25件] が望み, であった, と思った, の心, の手, はこれ, はさすが, はまた, はもう, はもう一度, はわざと, は一散, は傍, は同時に, は家, は寝台, は思わず, は悲し, は新, は機, は氷上, は猛然と, は眼, は秋, は走り

▼ 思ったとたん~ (28, 0.2%)

3 に私

1 [25件] いいよう, に, にかの, にかれ, にその, にぞー, にぴかりと, にふと, にぼく, にやはり, に今度, に伊織, に向う, に娘, に廊下, に玄関, に自分, に足, に遠く, に頭, ふたたび彼, またひとしきり, またも激しく, また涙, パッと

▼ 思ったものの~ (25, 0.2%)

2 そのとき

1 [23件] こちらも, この手帖, さて自分, しかしもしも, しかし三十八, そこまでは, そのこと, そのころ, その後で, そんな気, ほかのを, わたしは, 一つである, 一向に動き出し, 取替えて, 多鶴子の, 居ないの, 彼は, 折ふし来会せた, 母に, 池の, 自分の, 見す見す厭

▼ 思ったわけ~ (25, 0.2%)

5 では, でも 3 でした, です 2 じゃない 1 だったが, だね, であったが, でなくただ, なのね, なん, は何

▼ 思った途端~ (22, 0.2%)

1 [22件] けたたましい咳嗽, その男, その鐘, つみあげて, である, です, においおいちょい, にぎくン, にぞおっと, にふと, に上, に刀, に涙, に父, に私, に空座敷, に突如, に耳, に舞台, ほのぼのと, まざまざと, ビリビリと

▼ 思った~ (21, 0.2%)

2 はなかっ

1 [19件] がもっ, が他人, が最後, が自分, が追従, でも気, の容子, の顔, はみんな誘惑, は一人, は人並, もあった, もあったでしょう, もある, もあろう, もたくさん, もない, も多い, も多かっ

▼ 思ったまま~ (19, 0.2%)

1 [19件] しばしは, に出来る, の感じ, ひかれるよう, をここ, をずばずば, をその, をつい, を三十一字, を彼, を書きなぐった, を直ぐ, を言った, を言ったら, を誤解, を述べ, を述べさせ, を順序, 見つめて

▼ 思ったよりは~ (19, 0.2%)

1 [19件] あるな, この島, ずっと厚かっ, たやすく捜す, ひどくない, もっといい, 全く若い, 少なかった, 平気である, 広い洞, 微弱であった, 忙しい店, 易く書付, 流されて, 落着けそう, 豪勢な, 遙かに, 雑作なく, 高名で

▼ 思った~ (18, 0.1%)

1 [18件] さよが, ぬいさんが, 信が, 十夜と, 千の, 品は, 富た, 庄は, 延が, 延の, 延は, 種は, 粂が, 綱は, 菊という, 藤さんとは, 藤姐御, 雪は

▼ 思っただけの~ (17, 0.1%)

2 ことだ, ことを

1 [13件] ことだろう, ことで, ことである, ためです, ものでした, 事だ, 事で, 事は, 事を, 平凡な, 話さ, 速度の, 間違であった

▼ 思ったんで~ (16, 0.1%)

1 [16件] おらあ, こんな事, ごぜえましょう, なまじな, まっしぐらに, わざと三時すぎ, 不審に, 呼ぼうと, 変電所へ, 歯を, 死ぬ, 私あわて, 空かねえん, 聞かれる迄, 隣家の, 鶴子の

▼ 思った~ (16, 0.1%)

3 がいい

1 [13件] からほか, があったらしい, が上策, が可, が多かっ, が常識, が間違い, が面白い, はありません, はない, は一時気, へいっ, へ突き進ん

▼ 思った~ (15, 0.1%)

1 [15件] があろう, がなぜ, が一人, ですが, と見え, にし, の気持, の誤解, はない, はなに, はひとり, もあった, もあったでしょう, もあるらしかった, もすく

▼ 思ったあの~ (14, 0.1%)

1 [14件] ときの, 上の, 印象深い汽缶, 影と, 忘れ難き, 情熱に, 時から, 男から, 男が, 白い大きな, 瞬間を, 足音の, 際涯の, 骸骨あれが

▼ 思ったところが~ (13, 0.1%)

1 [13件] そううまく, それほど失望, どうしても出来ない, もともと炭素, 乗馬者は, 何か, 夕方に, 案に, 案外にも, 生憎この, 番頭殿ノコノコ, 荘園の, 鍋の

▼ 思ったため~ (12, 0.1%)

1 [12件] かどう, かもしれない, か相手, だ, だが, だろうかと, である, ではなく, にかえって, に伯父, に妖怪沙汰, に益々

▼ 思った~ (12, 0.1%)

1 [12件] からまた, が一人, が中ごろ, が呼びかけません, が悪擦れ, のその, の行方, の過っ, の顔, はきっと, は反対, は逃げる

▼ 思ったけど~ (11, 0.1%)

1 [11件] あまり辛, お前は, こんな女, その途中, だめだろう, どうしても声, どうしよう, ぼくも, やっぱり呼び, 例の, 太宰さんの

▼ 思っただけで~ (11, 0.1%)

1 [11件] それなりに, ぞっとし, 否定する, 息が, 意に, 気が, 深い疑問, 終って, 葉子は, 身の毛が, 身を

▼ 思ったほどの~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことは, 事で, 功績が, 厳粛な, 大軍では, 客足は, 怪我でも, 愛を, 煙も, 熟睡も, 金を

▼ 思った~ (11, 0.1%)

1 [11件] が彼等, が打っ, が時間, で大声, と全く, にちゃんと, に寝, に己, を探し, を此方, を申した

▼ 思ったかと~ (10, 0.1%)

3 いうと 1 いうに, いえば, 云うと, 云う事, 云われれば, 思うと, 申しますの

▼ 思ったせい~ (10, 0.1%)

1 かいまだに, かむしろ, か仏頂面, か何気なく, か彼, か法華気違い, か甘, か紋附, だ, だろうか

▼ 思ったほどに~ (10, 0.1%)

2 風流でない 1 よくない, 不便でも, 危険は, 好くない, 捌けぬばかり, 浮世の, 痩せないナ, 衰れ

▼ 思った~ (10, 0.1%)

1 お前を, きたなっ, しかしあれ, そしてこんな, なに己ア本当に, 何枚ある, 八驚かず, 木内君の, 生き甲斐が, 裏で

▼ 思った~ (10, 0.1%)

1 あゝ宜, から日頃, がのう八蔵殿, が山出し, だったのよ, で, にちゃんと, へ明, も客, を他

▼ 思った様子~ (10, 0.1%)

3 です 1 がナ汝, だが, だったが, だったの, で懐, ははり, もなく

▼ 思った刹那~ (9, 0.1%)

1 ががが, に, にお, にすぐ, にひとりでに, に先刻, に救われた, に綱, 老僧

▼ 思った~ (9, 0.1%)

1 が鎮まる, こんな卑しい煩わしい, のゆるみ, の虚, はある, は全く, も消え失せ, も貫き, をひるがえし

▼ 思った時彼~ (9, 0.1%)

1 にはさっき, の眼, はぎょっと, はつつみ切れない, はもう, は人, は突然, は胸, を導い

▼ 思ったからこそ~ (8, 0.1%)

1 こうして行火, わざわざおもといじり, 乗り込む時, 山木戸を, 科学の, 結婚が, 自分で, 自分の

▼ 思ったこの~ (8, 0.1%)

3 家の 1 小魚, 少年は, 岩壁は, 柳原は, 白根と

▼ 思った~ (7, 0.1%)

1 けで, けなん, であった, でしたが, で美奈子, で雨, のこと

▼ 思った~ (7, 0.1%)

6 の瞬間 1 の問題

▼ 思った次第~ (7, 0.1%)

5 である 1 であった, でした

▼ 思ったきり~ (6, 0.0%)

2 で別に 1 だったらおそらくとう, でそのまま, でそれ以上, でちっとも

▼ 思ったそして~ (6, 0.0%)

2 彼が 1 その美くし, 何となく夢, 幾分狼狽, 涙を

▼ 思っただが~ (6, 0.0%)

1 じっとそれ, その原因, どうやらそんな, 人間慾に, 先生が, 逃げること

▼ 思ったとて~ (6, 0.0%)

1 そうは, なんの, 仕方が, 実は死ねない, 所詮お, 考えたとて

▼ 思った~ (6, 0.0%)

1 どうしてどうして油断, 国元の, 恥かしい, 皆夢の, 空頼みで, 迷いで

▼ 思った~ (6, 0.0%)

1 そしてすぐ, そして死ん, でも念, ひどいひと, よく見えなかった, わざわざ呼

▼ 思った以上~ (6, 0.0%)

1 に小さい, に彼, に怪しく, に物, の嵐, の狼藉

▼ 思った~ (6, 0.0%)

1 がじゃあ, が心臓, に天才, は不, は手帖, は早く

▼ 思った~ (6, 0.0%)

1 が誰, はなかっ, はベルセネフ, は案外, を取逃がせ, を相手

▼ 思った自分~ (6, 0.0%)

1 の信念, の愚かし, の用事, はこの, はまだ, は実は

▼ 思ったお前~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 と一所, に見せ, をおまえ

▼ 思ったかは~ (5, 0.0%)

1 あの恐し, いうまでも, だか, 想像が, 想像に

▼ 思ったからね~ (5, 0.0%)

1 いっしょに, こうしていっし, このお, ちょいと, まずだんな

▼ 思ったがね~ (5, 0.0%)

1 まだ田町, 人にも, 愚図愚図し, 考えて, 荒っぽいこと

▼ 思ったとは~ (5, 0.0%)

1 まるで違う, 別の, 大変な, 見せまいと, 言っても

▼ 思ったまで~ (5, 0.0%)

1 だわ, であった, である, であるが, 雨の

▼ 思った~ (5, 0.0%)

2 だのに 1 である, の人, の赤沢博士

▼ 思ったからと~ (4, 0.0%)

1 一つには, 云いわけ, 云って, 答えた

▼ 思ったくらいに~ (4, 0.0%)

1 よく寝た, 早くご, 老けた弱々しい, 自分は

▼ 思ったぐらい~ (4, 0.0%)

2 だった 1 だったの, である

▼ 思ったそれ~ (4, 0.0%)

1 がどうやら, がまさしく, に我輩, は存外

▼ 思ったでも~ (4, 0.0%)

2 あろう 1 あったろう後, あろうし

▼ 思ったのみ~ (4, 0.0%)

1 これで, であった, で仰々しく, ならず広く

▼ 思ったほどには~ (4, 0.0%)

2 鳴かなかった 1 受けない僕, 寂しいこと

▼ 思ったまでの~ (4, 0.0%)

1 ことである, ことでござる, ことです, 話で

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 ンだ, 一刹那年若, 一度お, 束の間敵も

▼ 思ったトタン~ (4, 0.0%)

1 に世界中, に囃子方, に廊下, に自分

▼ 思った一人~ (4, 0.0%)

1 であった, であるが, の仲間, は熱心

▼ 思った人間~ (4, 0.0%)

1 が共同浴場, が君, に対しての処分法, は必ず

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 がじゃ, が存外, が此度, だが

▼ 思った帆村~ (4, 0.0%)

1 はカズ子, は服, は空港, は試み

▼ 思った彼女~ (4, 0.0%)

1 は, はあたり, は眼, は身体

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 から飲み, しも船, しも車, でも

▼ 思った拍子~ (4, 0.0%)

1 に, に夢中, に彼, に脳貧血

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 である, にゃ狒々, は一日, もある

▼ 思った時分~ (4, 0.0%)

1 になっ, に友人, に惣太, に駒井甚三郎

▼ 思った時私~ (4, 0.0%)

1 の嫌い, の鍬, は呼吸, は静か

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 が突然, が部屋, の横顔, の顔

▼ 思った津田~ (4, 0.0%)

1 のどこ, の耳, はすぐ, はその

▼ 思った源氏~ (4, 0.0%)

1 のも少しよく, は前後, は皮肉, もここ

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 だった, でもあった, で有ろう, にすっかり

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 で厳にじっと, に吉次, に誤り, を見

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 一から, 三の, 二報は, 八潜水艦でした

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 は, は匂宮, は少将, は帰っ

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 だ, であったが, であった私等, でも

▼ 思った~ (4, 0.0%)

1 に非常, のこと, の心持, は園子

▼ 思ったあいだ~ (3, 0.0%)

1 にたちまち, にどう, に結果

▼ 思ったあと~ (3, 0.0%)

1 から突如, であるから, でこの

▼ 思ったおれ~ (3, 0.0%)

1 の心, はあの, はとうとう

▼ 思ったかという~ (3, 0.0%)

1 ことさえも, のは, 記念物を

▼ 思ったからとて~ (3, 0.0%)

1 それが, どうなる, 本人の

▼ 思ったしかし~ (3, 0.0%)

1 かれの, 世の, 平右衛門

▼ 思ったっけ~ (3, 0.0%)

1 だが, だがねえよ, 山門を

▼ 思ったついで~ (3, 0.0%)

1 にお山, に私, に良心

▼ 思ったときカムパネルラ~ (3, 0.0%)

3

▼ 思ったとしても~ (3, 0.0%)

1 なかなかそうは, よし軍書, 彼は

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 これは, 地ん, 消費組合は

▼ 思ったのよ~ (3, 0.0%)

1 その様子, だから昨日, はじめ電車の

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 てとても, て時, て私

▼ 思った主人~ (3, 0.0%)

1 が居る, が活き返っ, が生き

▼ 思った光君~ (3, 0.0%)

1 の心, の瞳, は着せ終っ

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 が出来たら, ではなし, とそっくり

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 がいた, は意外, は気違い

▼ 思った平次~ (3, 0.0%)

2 はお 1 もこれ

▼ 思った時一人~ (3, 0.0%)

1 の侍, の女中, の娘

▼ 思った時代~ (3, 0.0%)

2 もあった 1 があった

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 がうんと, だけをソーッ, は芹川さん

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 につく, にも辛い悲しい, の若者達

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 はこの, はほんの, を紙

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 の舌, や馬, を一頭

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 がどんな, が一つ, は得ない

▼ 思った甲斐~ (3, 0.0%)

3 もなく

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 が青い, は午前, は又

▼ 思った記憶~ (3, 0.0%)

1 のまだ, はある, はない

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 にぶくぶく, に梶新左衛門, に相

▼ 思った~ (3, 0.0%)

1 がいつも, がそれ, は眼

▼ 思ったうち~ (2, 0.0%)

1 から目, 漸

▼ 思ったかに~ (2, 0.0%)

2 こりと

▼ 思ったかの~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 思ったからに~ (2, 0.0%)

1 相違ない, 違いない

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 まあ可, ンど

▼ 思ったころ~ (2, 0.0%)

1 だった突然, にはもう

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 だが俺, 一緒に

▼ 思ったっきり~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 思ったとか~ (2, 0.0%)

1 あるいは馭者, 書類の

▼ 思ったところ事~ (2, 0.0%)

1 は全く, は案外

▼ 思ったところ幸い~ (2, 0.0%)

1 にし, に畳

▼ 思ったなどと~ (2, 0.0%)

1 批評される, 言われた

▼ 思ったなどという~ (2, 0.0%)

1 感傷は, 角度で

▼ 思ったなり~ (2, 0.0%)

1 これは, 私は

▼ 思ったなん~ (2, 0.0%)

1 だな, やと思った

▼ 思ったには~ (2, 0.0%)

1 従来わが国に, 違いない

▼ 思ったばかりに~ (2, 0.0%)

1 死ぬる, 身に

▼ 思ったほう~ (2, 0.0%)

1 が正しい, へ向っ

▼ 思ったまんま~ (2, 0.0%)

1 を手紙, 間違ったもの

▼ 思ったわたくし~ (2, 0.0%)

1 はその, は目

▼ 思ったアンテリナム~ (2, 0.0%)

2

▼ 思った一つ~ (2, 0.0%)

1 であります, の疑問

▼ 思った一刹那~ (2, 0.0%)

1 かの冬坡, 果して一人

▼ 思った一瞬間~ (2, 0.0%)

1 の印象, はその

▼ 思った世の中~ (2, 0.0%)

1 が広く, にこれ

▼ 思った乳母~ (2, 0.0%)

1 は不安, も心配

▼ 思った伸子~ (2, 0.0%)

1 のこころもち, の想像

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 もそう, も記す

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 その話, を云い切れない

▼ 思った刑事~ (2, 0.0%)

1 は富鬮, は足音

▼ 思った半分~ (2, 0.0%)

1 も商売, も這入らない

▼ 思った場合~ (2, 0.0%)

1 とは心, 当然起る

▼ 思った場所~ (2, 0.0%)

1 では逢えない, には雨戸一枚

▼ 思った夫婦~ (2, 0.0%)

1 が一番欲ばり, の考え

▼ 思った夫婦中~ (2, 0.0%)

2 初めての

▼ 思った女房~ (2, 0.0%)

1 がいま, は台所

▼ 思った好奇心~ (2, 0.0%)

1 も今, も催主

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 には会う, のお

▼ 思った子供~ (2, 0.0%)

1 が物, は胆

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 いさ, 悪魔は

▼ 思った小浜兵曹長~ (2, 0.0%)

1 はいそぎ, はいろいろ

▼ 思った尼君~ (2, 0.0%)

1 は, は僧都

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 で苦笑, に茶屋

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 が先方, が凝っ

▼ 思った感じ~ (2, 0.0%)

1 が今, は時

▼ 思った感情~ (2, 0.0%)

1 の底, は一時

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 があい, を開けず

▼ 思った手紙~ (2, 0.0%)

1 なり葉書, の竹筒

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 のやくざ者, の苦痛

▼ 思った時僕~ (2, 0.0%)

1 はどうしても, はどんなに

▼ 思った時坊主~ (2, 0.0%)

1 が, 之助

▼ 思った時急~ (2, 0.0%)

1 に変, に足

▼ 思った時泥棒~ (2, 0.0%)

1 しなけりゃあ, すれば

▼ 思った時葉子~ (2, 0.0%)

1 は紙幣, は身ぶるい

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 の一つ, は誠に

▼ 思った期待~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, を外された

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 の無い, 之助

▼ 思った栄三郎~ (2, 0.0%)

1 が舟尻, だったが

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 ないたずら女, に聞え

▼ 思った次に~ (2, 0.0%)

1 ツマらない, 死んで

▼ 思った母親~ (2, 0.0%)

1 にもまた, は自分

▼ 思った気持~ (2, 0.0%)

1 が彼女, にし

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 だ, ですが

▼ 思った相手~ (2, 0.0%)

1 だ, は意外

▼ 思った瞬間彼~ (2, 0.0%)

1 の視野, はもう

▼ 思った瞬間彼女~ (2, 0.0%)

1 はハンドバック, は静か

▼ 思った瞬間頭~ (2, 0.0%)

1 に浮かんだ, の上

▼ 思った程度~ (2, 0.0%)

1 でたいして, のこと

▼ 思った米友~ (2, 0.0%)

1 はふと, は案外

▼ 思った老人~ (2, 0.0%)

1 の前, は二三歩

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 侍たちは, 侍は

▼ 思った覚え~ (2, 0.0%)

1 はございませぬ, はない

▼ 思った豹一~ (2, 0.0%)

1 の眼, は不平一つ

▼ 思った財産~ (2, 0.0%)

1 は案外, をつくる

▼ 思った通り仕事~ (2, 0.0%)

1 のこと, の運ばない

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 ならぬ関係, は突如

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 がおもいがけなく, が五十円

▼ 思った針金~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 思った錠前~ (2, 0.0%)

1 がすでに, がどうか

▼ 思った青年~ (2, 0.0%)

1 が白い, が角

▼ 思った~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 はまだいくらか, をゆるめ

▼ 思った~ (2, 0.0%)

1 で道案内, をする

▼1* [804件]

思ったああこの飯, 思ったあいつはもう, 思ったあげくやっとの, 思ったあげく最後にはパンパン宿, 思ったあたしの心持, 思ったあてがはずれ, 思ったあまり暴れるので, 思ったある旋律そういう, 思ったあんな者が, 思ったあんなに私を, 思ったあゝ左様かえ, 思ったいやなひと, 思ったえらい音で, 思ったおばあさんはなかなか, 思ったおばさんの内職, 思ったお力は嘉十郎, 思ったお方はこの, 思ったお松さんがこんな, 思ったお玉も何処, 思ったお話をもう一度, 思ったかお通が水, 思ったかしらないけれど, 思ったかではなかろうか, 思ったかねへへ, 思ったからさ緑色の, 思ったからじゃないかと, 思ったからだけですもの, 思ったからでもあった, 思ったからなちょっとばかり, 思ったからのことである, 思ったからばかりでは, 思ったかわーっと, 思ったがかの時遅く, 思ったがでも思いきって, 思ったがと淀文の, 思ったがとはいえヴェリチャーニノフ, 思ったがなア, 思ったがははあこれ, 思ったがはは此処に, 思ったがもうい, 思ったきっかけはそこ, 思ったきょう一日は神さま, 思ったきりそれ以上考えて, 思ったくまがあまり, 思ったくらゐはっきり, 思ったくらいの壮大な, 思ったこいが跳ね, 思ったこっちが大, 思ったことおかあさんにみんな, 思ったことフランス革命に関するもの, 思ったこと以外はなに, 思ったこと音をマス, 思ったこの大きな信条の, 思ったこれが生, 思ったこんな日に, 思ったしゅんかん怪人もさる, 思ったじゃあないの, 思ったすきな男, 思ったすぐあとな, 思ったすると間もなく四方, 思ったそうしてその日, 思ったそこで農業の, 思ったそのままの姿, 思ったその小さな丸いもの, 思ったその後俘虜になっ, 思ったそれからというもの, 思ったそれで最早こんな, 思ったそれとも何か, 思ったそれほど辟易し, 思ったそれら粗暴な現実主義者, 思ったそんな豹一の, 思ったや, 思ったたしかに今は, 思ったたばこ屋喜八が生き, 思っただから死んで, 思っただけでもべっぴんべっぴんしているじゃござんせんか, 思っただけど死んで, 思っただけにホントウは, 思ったちかぢかと寄って, 思ったちょうどその場所, 思ったっていうん, 思ったつもりで, 思ったとあるのです, 思ったとおりきつねにだまされた, 思ったとおりそこから踊り子, 思ったとおりそれは小, 思ったとおりトラ十にちがい, 思ったとおりハバノフ氏の好奇心, 思ったとおり仕事をやりとげる, 思ったとおり元の座員, 思ったとおり外海の側, 思ったとおり客はふかぶかと, 思ったとおり彼の一命, 思ったとおり新聞に見入っ, 思ったとおり磯五はまだ, 思ったとおり繊妍たる容姿, 思ったとおり親切であった, 思ったとおり足がかりなんかすこしも, 思ったとおり道綱はもう, 思ったときそこにたっ, 思ったときつれのふたり, 思ったときオブスキュリチーに慄, 思ったときチビ公はこらえられなくなっ, 思ったとき三人の着物, 思ったとき助次郎の右, 思ったとき反射的に男, 思ったとき向うの気, 思ったとき嗚咽とも怒号, 思ったとき岡っ引きとしての文次, 思ったとき島の上, 思ったとき彼の鼻孔, 思ったとき彼女はまるで, 思ったとき悪魔のお, 思ったとき戸口へ火事装束, 思ったとき故郷の松山, 思ったとき気を失っ, 思ったとき氷塊を飛ばし, 思ったとき河内介は鎧, 思ったとき眼がさめた, 思ったとき私は万事, 思ったとき私たちの胸, 思ったとき自分はまた, 思ったとき自然にかれ, 思ったとき荷車ひきは街道ばた, 思ったとき見物席に波, 思ったとき野上君は五人, 思ったとき銀行の金庫, 思ったとき門の中, 思ったところがいやはややっぱりもと, 思ったところそこの芸者衆, 思ったところオルチー夫人のサー・パーシー・ブレークネー, 思ったところ体を粉, 思ったところ内地から行った, 思ったところ清潔な白い, 思ったところ無事世田ヶ谷の家, 思ったところ馬大尽が山城屋, 思ったとたんぴゅうと空中高くまいあがりました, 思ったとたん一塊の石炭, 思ったとたん世の中はにやにや, 思ったとたん少年は毬, 思ったとたん彼は全身, 思ったとたん彼女は怒り, 思ったとたん死神がどこ, 思ったとたん病を得た, 思ったとたん私はきゅう, 思ったとたん背筋がず, 思ったとたん虚脱された晩秋, 思ったとのことです, 思ったろぼうの, 思ったどころか次の, 思ったなあその時きり, 思ったなどはこちらの, 思ったなんて言ってたよ, 思ったねずみはまた, 思ったはじめの志, 思ったはずだ, 思ったはずみにピオニェール小僧, 思ったはつは柄杓, 思ったばかりか少からず, 思ったばっかりに着物の, 思ったひとりよがりにも, 思ったへば豊沢小路の, 思ったほかに今, 思ったほどにもその匂い, 思ったほどは窶れも, 思ったほどまではなくとも, 思ったほんとだぜ, 思ったほんとうの自分, 思ったぼくは思わず, 思ったまず鼻が, 思ったまた他で, 思ったままジッと耳, 思ったまま昔時を追懐, 思ったむしろこの二人, 思ったもう衰えた彼, 思ったもの以外には何, 思ったもの発見したもの, 思ったやくざな梨畑, 思ったゆえこの十兵衛, 思ったゆえ私は寝, 思ったよく閉めて, 思ったよとそうおいいなさる, 思ったよとは言ったが, 思ったよなどとぬけぬけ上り込まれ, 思ったよりこともなく, 思ったよりやはやかった, 思ったわが養女を, 思ったわが家へ計らず帰っ, 思ったわよあたしだって, 思ったわりにはよく, 思ったんでがして, 思ったアノ婆は非常, 思ったエプロンは溝, 思ったエミリーが辛抱強く, 思ったカザン大学ではなく, 思ったカラスがす, 思ったガラスまどは, 思ったギンネコ号が意外, 思ったクリストフも慎重, 思ったクレヴァースが思いのほか, 思ったケレンコは, 思ったシャツはみんな, 思ったスケジュールがずらりと, 思ったタイピストと彼, 思ったダン艇長がくらがり, 思ったチチコフはどんな, 思ったチーア卿は実験室, 思ったテイイはすぐ, 思ったナギナタの刃, 思ったネクタイピンは後で, 思ったハイロはとにかく, 思ったバラバラ包みの, 思ったパラフィン紙の切れ端, 思ったヘリコプターは警視庁, 思ったベラン氏の姿, 思ったボタンが二つ, 思ったボードレールの墓, 思ったポチがいつのまにか, 思ったマンはがっかり, 思ったルパンはレイモンド嬢, 思ったロンドン港が見える, 思った幸い家が, 思ったワイルドもさみしい, 思った一せきのボート, 思った一体あの文筆, 思った一刹那女がクルリ, 思った一刹那秀吉の体, 思った一同の眼先, 思った一瞬のこと, 思った一瞬間これまで戦場, 思った一郎は再び, 思った一部の権利, 思った丁度そのとたん, 思った三保が中の口, 思った三分の一も売れず, 思った三宝山が雲, 思った三尺四尺五尺四方一丈余だんだんと, 思った三根夫は最後, 思ったに自分, 思った下女の名, 思った下宿の件, 思った与吉が駈け出し, 思った与惣次は身, 思ったから人, 思った丸木はそれから, 思った主人公がいまわ, 思った主税が身, 思った久慈は頭, 思った事がらがだんだん, 思った事件詳しく話せ, 思った事務員も沈黙, 思った事務長は声, 思った事好きな事, 思った事実そのとおり, 思った事業を苦しい, 思った事項について厳重, 思った二十めんそうがその, 思った二回芝居をやり, 思った二将が手, 思った二年半ももう, 思った二度目の時, 思った二階に四宮理学士, 思った五助は, 思った井戸の茶碗, 思った亭主が金持, 思った亭主清家博士の姿, 思った人々は腹立たし, 思った人たちが立っ, 思った人形を七つ, 思った人影は盗み出した, 思った人達が居, 思った今夜もまた, 思った今日の宴, 思った今朝庭の蹲い, 思った仕事をしなけれ, 思った仕事場のこと, 思った他郷に出, 思ったでございますから, 思った伊号一〇一乗組の紅子, 思った伊賀の暴れん, 思った伊香刀美は急, 思った会合であった, 思った位盛な活動, 思った何と云う不思議, 思った何事もなし得ないで零落れ, 思った作家たちは何たる, 思ったし他, 思った便りが復, 思ったはおとなしく, 思った俺らに御馳走, 思った個人的な心持, 思った健三は自分, 思った僧都が制した, 思ったが急, 思った先刻の様, 思った先生はおそるおそる, 思った先輩の須永助教授, 思った先頭の老人, 思った光一も父, 思った入口の造花, 思った八木はとことこ, 思った六さんはこんど, 思ったれだから, 思った其途端彼は家, 思った兼好法師のがあった, 思った内蔵助はそれ, 思った出羽守はそれ, 思った切り龍之助, 思った初恋です, 思った刹那傍らの壁, 思った刹那咽喉の奥, 思った刹那帆村の差上げ, 思った刹那彼の心, 思った刹那砲身も兵, 思った刹那自動車はガタン, 思った副官は参謀, 思った力それに仕える, 思った勇吉の頭, 思った動機は二つ, 思った動物園などで虎, 思った勘太郎はそこで, 思った勘次はこれ, 思った勝手な事, 思ったでかいた, 思った勿論薄ぐらい所, 思った北原は盗む, 思った十分の一も成績, 思った十四の時, 思った千世子は若し, 思った千二はなんと, 思った千恵造は益々, 思った半畳でした, 思った印象に移っ, 思った原因でがなあろう, 思ったあるもの, 思った友人の批評, 思った友情恋愛教育社会文化の諸, 思った反対にすこぶる, 思った叔父は船, 思った右近が起き, 思った右近丸はどこ, 思った同士の医師, 思った同時にこれでは, 思った名古屋が甘, 思った名目にしかすぎぬ, 思った吸口の紅, 思った吾輩がその, 思った呉青秀の心理, 思ったを拾う, 思った命婦のしらせ, 思った咄嗟に道子, 思った和尚さんが贋紙幣, 思った善人である先方, 思った喜びがひょっとしたら, 思った喜助はいきなり, 思った之助, 思った嘉門を笑う, 思った四千円の俸給, 思った困難からたちまち, 思った土匪は土塀, 思った土地なん, 思った城太郎がその, 思った報いにこんな, 思った場合誰にも相談, 思った場面はおお, 思ったも出なく, 思ったに別に, 思った多門の心, 思ったもございました, 思った夜討ちがはじまった, 思った夢占がほんと, 思った大きなあやまりあれ, 思った大人達は文部省, 思った大寺の寝床, 思った大将は従者, 思った大層居るね, 思った大海魔が目, 思った大石先生はお, 思った天国様を川, 思っただから, 思った奥庭つづきの, 思った女性という題, 思った女達まで出, 思った姉君の所, 思った姫君が奥, 思った娘たちは鬼, 思ったはちょこちょこ, 思った子規の手紙, 思った孤独と云った, 思った学生の声, 思った宇宙艇は今, 思った守人ちらと, 思った安易の道, 思った宝石のくび飾り, 思った実に美味くって, 思ったの通い路, 思った宮尾敬一郎の顔, 思ったがあった, 思った家中のもの, 思った家屋が差押えられ, 思った寺男にそれ, 思った対象に実は, 思った小さい子は, 思った小山の城, 思った小野さんは夢, 思った小隊長が帰っ, 思った尾根が著しく, 思った屋敷にいつの間にか, 思った屋敷自身が馬鹿, 思った山嵐は生徒, 思ったもつや以上, 思った岡引の岡八, 思った岩蔵はどこ, 思った川越駅で下車, 思った左膳さまこうして生き, 思ったは敵, 思った市之丞が多少, 思った希望は警察署, 思った帝国大学の図書館, 思った平ヶ岳には残雪, 思った年少客気の致す, 思った広告の下書き, 思ったの中, 思ったに何, 思った庭先の土蔵, 思った弁信が下, 思った弟子たちである, 思った之丞, 思った張飛は兵, 思った彫刻には, 思った彼らの胸, 思った彼自身の位置, 思った自慢の, 思った御免なすッ, 思った心持はその, 思った心持ちからか丁寧, 思ったさの, 思った怪塔王はいきなり, 思ったをし遂げない, 思った患者が全快, 思った意識の活動, 思った成経が急, 思った戸山少年は手, 思ったの力, 思った手文庫の蓋, 思った投手五大洲はじっと, 思った捕物第一号, 思った捨鉢の底, 思った揚句とうとう自滅, 思った敬太郎は今, 思った文次が細目, 思った鋳の, 思った新九郎は顔, 思った新吉さんととう, 思った新子が思いがけなく, 思った方向もそちら, 思った旅行記の続, 思った旗二郎卑怯な態度, 思った日本で鶴, 思った日本軍が意外, 思った旦那様に逢った, 思ったが突然, 思ったのじ, 思ったの光, 思った星宮学士はピストル, 思ったは感喜, 思った時お玉は始, 思った時わたしはただ, 思った時キスしたの, 思った時コンクリート道がひろく, 思った時パーシウスは剣, 思った時フリイデマン領事夫人はそんな, 思った時下の窓, 思った時主水のこと, 思った時他の人間, 思った時仲間の者, 思った時何小二の頸, 思った時俺は何故か, 思った時兄のなつかし, 思った時叔父さんの手紙, 思った時女の顔, 思った時宇治は戦慄, 思った時小太郎が蒼白め, 思った時幕あきの鳴, 思った時彼女の瞳, 思った時後方に鋭い, 思った時戸の上, 思った時掛け声もなく, 思った時杉山がアッ, 思った時清三の眼, 思った時清君は波, 思った時源氏は初め, 思った時火玉はいきなり, 思った時灯が左右, 思った時玄関で, 思った時王岳の頂き, 思った時百城が, 思った時目がさめた, 思った時眩暈が強く, 思った時眼前に石垣, 思った時老婆の顔, 思った時自分はチョコレート, 思った時藤村は心, 思った時虎と蛇, 思った時行く手の灌木, 思った時襟を掴まれた, 思った時誰かが, 思った時辻番所で四ツ本, 思った時銀座のコロンバン, 思った時間に眼, 思った時頭が急, 思った晩外にお, 思った晩手を曳い, 思った普請小屋へはいりし, 思った景色もいざ, 思った曲者の顔, 思った書物が未だ, 思った最初の希望, 思ったに考えついた, 思った本人はもう, 思った本間さんは可笑し, 思った松井須磨子は早稲田生えぬき, 思った松山の気性, 思った松永の姿, 思った松江は次, 思った林右衛門は私, 思った果して壁から, 思ったには散り残った, 思った柏木家へ申し込んだ, 思った柳生源三郎がムッツリ石, 思った栄蔵は若, 思った栄螺と蛤, 思った根性がわれ, 思った案内人は行く行く, 思ったは貰った, 思った椅子は逸, 思った極めて身に, 思った極右党はやはり, 思ったの穂, 思った橋本の縁談, 思った檀那の杉村, 思った次郎少年が死んだ, 思った欧洲から去年, 思った正直な心持, 思った武者修行は結構, 思ったがたちまち, 思った死刑囚が一行, 思った殿は冷, 思った気の毒な友子さん, 思った気持それをその, 思った気持ちの中, 思った気色でちょい, 思った水兵もあった, 思った水溜へ片足, 思った江戸屋半治, 思った泉ちゃんの方, 思った洋服とオーヴァ, 思った洋服男は実は, 思った浅吉さんの姿, 思った浮浪者の姿, 思った浮舟の姫君, 思ったなの, 思った清作の熱心, 思ったは一種, 思った湯屋の主人, 思った満代さんを貴様, 思った源三郎部屋の隅, 思った激しい心を, 思った瀕死の傷, 思った火柱も案外, 思ったの縄, 思った煙客翁はもう, 思った熊一変せば, 思った父親が聞き取っ, 思った爺さんはつて, 思った牛丸少年は空, 思った牢屋は大変, 思った物音がパッタリ, 思った猟師がかえって, 思ったがぬけぬけと, 思った玄蕃今にも用人ども, 思った玄蕃叱咤した, 思った玉太郎はたおれた, 思った理由もここ, 思った生命が真っ黒, 思った生理的な衝撃, 思ったの草, 思った田舎もやっぱり, 思った由上気した顔, 思った由吉が横, 思った町並の単調, 思った町内の頭, 思った病人は床, 思った病棟に折れ, 思った病気がたちまち, 思った白刃はいつしか, 思った白河内岳もここ, 思ったも其人, 思った皇帝は反対, 思ったを買った, 思った直覚がいつかしら, 思った真相とは遙, 思った真紀子や千鶴子, 思った真赤なの, 思った着物が有りやした, 思った瞬間アンコールの拍手, 思った瞬間ネルロは目, 思った瞬間一陣の渦巻風, 思った瞬間不意にぎらり, 思った瞬間二人の足軽, 思った瞬間何処でスイッチ, 思った瞬間俯伏になった, 思った瞬間僕の身体, 思った瞬間客がある, 思った瞬間左股に熱い, 思った瞬間怺え怺, 思った瞬間淑子はさっと, 思った瞬間眼頭からヒョイ, 思った瞬間竹見の腹の中, 思った瞬間紅をぬった, 思った瞬間腕を射られた, 思った瞬間自分の沈着, 思った瞬間虚空を飛翔, 思った瞬間足の裏, 思った瞬間錨はぶうんとはねとばされました, 思った瞬間駭きと, 思った瞬間黒吉の体, 思った矢先に感心, 思った矢先妻が病気, 思った短いので, 思った石段の上, 思った祖母は腹, 思った祖父はうなった, 思った禰宜様宮田はもう, 思った秀子が来, 思った私たちは前, 思った秘密はこれ, 思った程四辺は明るく, 思った程楽な仕事, 思った程金はかからぬ, 思ったの雨戸, 思った立派な若い, 思った竹見は友, 思った節子の写真, 思ったも切れたらしかった, 思った紋所さえもどこ, 思った素六がムクムク, 思った細工でしょう, 思った経験があるらしい, 思った統計的不定の渾沌, 思った絵描きだ絵描き, 思った飼い娘, 思った羊歯や木賊, 思った美しい声で, 思った美奈子は電車, 思った義雄兄への手紙, 思った商チャンであった, 思った老いたる母, 思った肝心のこと, 思ったが急, 思ったが高鳴りし, 思った能くまア悪党の粥河, 思ったの裡, 思った自信が彼, 思った自然の気持ち, 思った船員がすっかり, 思った芝居の切符, 思った芳子が既に, 思った若旦那が案外あっさり, 思ったの葉, 思った草履は九百九十九足, 思った菜穂子は自分, 思った華麗な御, 思った萩乃じぶん, 思った落下傘が僅か, 思った之助, 思った葉子は病院, 思った藤吉途中うしろを振り返っ, 思った虎松の背後, 思った行燈の血, 思った街路の近く, 思ったに人, 思ったも裙, 思ったの地, 思ったにだけは見覚え, 思った西洋料理屋の品物, 思った見晴し台の下, 思った見栄かそれとも, 思った親切な忠告, 思った言葉の先, 思った証拠には最初, 思った話声はもう, 思った誠意からほんとう, 思った調子である, 思った警官は富三, 思った警戒の念, 思った警部はびっこをひくような危, 思ったはここ, 思った豆腐焼これはない, 思った豪傑は負傷, 思った貞之進は歌, 思った付け地の, 思った之丞, 思った賢造はすぐ, 思った質問の百分の一, 思った赤い顔は, 思った赤帽は一人, 思ったの勇, 思ったはここ, 思った車冑は突然, 思った車寄せの石段, 思った軍曹の大胆, 思ったはいかにも, 思った辻中佐は総員, 思った迄の事さ, 思った迷亭がこの, 思った迷誤の罰, 思った途瑞にがーん, 思った途端中に乗っ, 思った途端俄に昨夜, 思った途端其処に誰, 思った途端北山の手, 思った途端城のよう, 思った途端壮年武士の木剣, 思った途端宮枝は男, 思った途端左右の叢, 思った途端敵愾心がいきなり, 思った途端水銀のよう, 思った途端素子の皮手袋, 思った途端自分も大尉, 思った途端自家の時計, 思った途端陽子はいきなり, 思った途端隅の方, 思ったを口, 思った通りお菓子でしかも, 思った通りここの伊勢えび, 思った通りチンドン屋が犯行後, 思った通りトン公であった, 思った通りヤな気持, 思った通り二尺ほど開いた, 思った通り二時を聞い, 思った通り京都向きらしく名古屋, 思った通り今度は取りひしぐ, 思った通り原稿用紙を綴じた, 思った通り右から左, 思った通り天井板は二枚, 思った通り廊下であるが, 思った通り歌の使, 思った通り気分の方, 思った通り無遠慮に言っ, 思った通り男は女, 思った通り紋十郎めが自ら吟味所, 思った通り芳子さんは勿論, 思った通り表面ではまめまめしく, 思った通り釜のたぎり, 思った通り雪子と妙子, 思った連中は, 思った道理以外のもの, 思った遠くのそら, 思った選挙は補欠選挙, 思った部屋とは別, 思った郷左衛門という侍, 思った郷里の百姓, 思ったもいよいよ, 思ったはとたんに, 思った野ッ原の景色, 思った金属は銀, 思った金額が出来ない, 思った鉄板が生, 思った鉱山主のお陰, 思った銭形の平次, 思った鋭鋒は次第に, 思った長屋の女たち, 思った長平が何, 思ったもなかっ, 思った閑枝の心, 思ったの中, 思った阿賀妻はもう, 思った階段の下, 思ったもなく, 思ったにちょうど, 思った障子を探り見れ, 思った隣人たちの噂, 思ったがとうとう, 思った電燈がすぐ, 思ったには果して, 思った音響はこの, 思った頃不意に後, 思った頃目をあげ, 思った頼母は不幸, 思った顎十郎はすぐ, 思った顔つきで入っ, 思った飛衛は紀昌, 思った食物が実は, 思ったの係員, 思った首山堡が容易, 思った馬琴はまだ, 思った高山植物というもの, 思った高重は仲間, 思った鳴雪の句, 思った黄竜の間, 思った黄金製カフス釦じゃない, 思った黒河内氏はパッ, 思ったの奥