青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「島~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

岬~ 岳~ ~岸 岸~ 岸本~ 峠~ 峯~ ~峰 峰~ ~島
島~
島田~ 崇拝~ ~崖 崖~ 崩れ~ ~嵐 嵐~ 嶺~ 巌~ ~川

「島~」 12516, 120ppm, 879位

▼ 島~ (3239, 25.9%)

29 ように 24 上に 23 方へ 16 ことを, 人は 14 ような, 中に, 秘密を 13 名を, 岸に 12 姿を, 漁夫 11 上には, 中央に, 人たちは, 顔を 10 まわりを, 上を 9 南の, 目に 8 近くに 7 人々は, 傍へ, 影が, 方に, 男の 6 やうに, 人の, 原地人たちは, 周囲を, 姿が, 方を, 最後の, 目には

5 [20件] ことは, まわりに, 中で, 中の, 事を, 人に, 人生, 住民は, 名も, 外へ, 女の, 形を, 村, 様子を, 死骸を, 海岸の, 王様の, 秘密は, 話を, 間を

4 [27件] お組, ことも, ない態度, ない気持, まん中に, やうな, 上の, 主と, 人々の, 北の, 夕景を, 大臣家の, 女は, 山之, 岩の, 岸の, 平らな, 影は, 東の, 海岸に, 港を, 生活が, 生活は, 生活を, 神, 親分は, 近くへ

3 [54件] あること, そばを, ために, ところへ, どこかに, ないやう, なかに, ほうへ, 上へ, 中でも, 中を, 中央には, 事は, 人達は, 人間は, 住人が, 内の, 南, 収容所から, 名と, 名は, 向うに, 向うの, 土人が, 土地が, 大きさ, 奥の, 如きは, 宮の, 影の, 影を, 心に, 心は, 心臓部を, 方の, 方へと, 景色を, 最初の, 根を, 漁夫達の, 瀧五郎は, 生れで, 生活に, 男が, 細い町並, 群れた職工達, 者が, 耳に, 職工達は, 西に, 運命を, 間に, 顔が, 風景が

2 [225件] あたりに, あたりを, あるもの, いちばん高い, うえに, うちで, うちでも, お客に, こと, ことだ, ことで, とある家, どこに, ない思ひ, なかの, なかを, ほうが, ほうに, まわりには, まわりは, やうだ, ようすを, カヌーで, バナナの, 一端に, 一角に, 三年の, 上にも, 上空に, 中から, 中には, 中心を, 乗組員たちは, 事も, 二つの, 人々とを, 人々を, 人たちと, 人たちに, 人だ, 人で, 人口は, 人民を, 人生の, 人達の, 人間に, 人間を, 仕事の, 仕事場な, 他の, 付近に, 代りに, 伝説に, 住人とは, 住民が, 俊寛, 側へ, 働きぶりを, 兄哥の, 全貌を, 内部は, 前で, 北に, 北東の, 南に, 原地人は, 名に, 名まえ, 名前は, 周りが, 周りを, 周囲に, 周囲には, 周圍を, 土に, 土は, 土を, 土人に, 土人の, 土人も, 地に, 地図が, 地図を, 地理を, 城門の, 外に, 夜は, 夜を, 夜話, 大噴火, 大部分, 奇なる, 奇聞, 奥に, 女たちは, 妹である, 妹の, 威力を, 娘の, 子供が, 子供達は, 存在を, 家の, 家を, 小さな社会, 岬に, 岸へ, 崎, 巣窟を, 工場を, 帯の, 年老いた連中, 形が, 心には, 心を, 急を, 戦ひを, 所在を, 手前まで, 手引に, 数は, 方々も, 方から, 方が, 方向を, 方角を, 旅人は, 日本建鉄工業株式会社に, 春に, 月を, 木の, 李太白が, 村長から, 東側に, 松林は, 松林を, 果てから, 柳に, 柳の, 根本の, 根本を, 椰子の, 椰子樹は, 様子が, 様子の, 模様を, 歌, 歴史を, 殺戮, 沖で, 沖では, 波うちぎわ, 洞穴の, 流人と, 浪, 海では, 海の, 海上で, 海岸で, 渡しを, 港に, 漁人, 火が, 火山, 灯台を, 父親だ, 父親は, 玉藻を, 玉藻刈ります, 生まれで, 生活について, 生活も, 由来, 男へ, 男より, 目を, 眞菰の, 砂の, 研究を, 神古伝神オキクルミの, 祭りに, 私への, 秘密が, 秘密の, 空は, 空を, 竹踊が, 第一長老, 絶滅を, 総督に, 者, 者だ, 者で, 者と共に, 者は, 肌黒く逞しい, 背を, 脊に, 脊を, 花は, 若者たちでは, 蔭から, 蔭に, 蔭の, 行政事務を, 西岸に, 試運転は, 話は, 語彙の, 誰かが, 貴族の, 身の, 近くまで, 連中が, 連中だ, 連中も, 配所で, 野を, 間で, 間には, 陰に, 青柳に, 顔は, 風物を, 高品さんである

1 [2046件 抜粋] あいだを, あちこちでは, あにいは, あはれさへ, あらゆる隅々, ある村, あんない, いただきに, いろ, うちを, おきてと, おびんづる野郎, お墓, お話とも, かげ岩, かの乙女子, きわめて近距離, ことかい, ことです, ことまちがいなし, この島, ごときは, ごとく浮いて, さまざまが, すさき, その奇病, そんな家庭, ためには, てっぺんには, とを取り, どこにも, どの部分, ない方, なかは, なまけ者どもが, はるか沖合を, ひ弱い武装, ほのぼのと, まづしさと, まわりいちめんに, まんなかに, みんなの, ものいみ, ものを, やうにも, ようだ, わたりなるらむ, アジャチオ生れの, アンテナ線に, オットセイの, カッカに, ゲリラを, サンダカンから, ジャングルに, ズット右手に, ツラギ監獄へ, トロール船バクウの, ニイルピトゥの, ヒロは, マレー人は, リョトルウィックの, ワクワクへ, 一件については, 一周と, 一所に, 一番大きな, 一部で, 一隅の, 三人と, 三宅翁を, 上では, 上空を, 不老不死の, 世間に, 両方ともに, 中へ, 中央は, 中心へと, 中部で, 主だった, 主峯マウナ・ロア火山, 主立った武士たち, 主都ヒロへ, 乞食と, 事だ, 事なら, 事蹟の, 井戸, 人々との, 人たちが, 人たちの, 人なき, 人家にも, 人足寄場と, 人達に, 今回の, 付近には, 仲居だった, 伊崎不動の, 伯父の, 位置まで, 住人な, 住吉神社芝の, 住民に, 住民達は, 体は, 例でも, 俊寛ものだ, 信者たちに, 倶楽部の, 側を, 働きぶりに, 元祖が, 先に, 児童であった, 入江を, 全景が, 全面を, 八丈島には, 八月今から, 内または, 内臓や, 再建の, 出口で, 切り岸に, 別莊, 前側に, 前面の, 創造主だ, 勘太郎という, 北の方には, 北岸でした, 北方に, 北東隅の, 北部で, 北部国頭郡には, 十郎と, 十頭鬼王と, 南のは, 南岸に, 南方二百浬の, 南端を, 単調さに, 原地人に, 原子爆彈で, 友達は, 口だけを, 古井戸, 可愛御堂, 各所の, 同じ道教, 名で, 名の, 名物の, 向こうの, 周囲の, 周辺に, 唄を, 噴火丈を, 四人の, 図と, 国の, 土人たちは, 土人なる, 土人ニュー・ジーランド人中には, 土器は, 地は, 地主の, 地図, 地形, 地理には, 地積人口は, 地體に, 城主蒲生氏郷秀吉の, 場でも, 墓を, 夕暮の, 外で, 外来の, 多い海, 夜が, 夜間偵察を, 大八卦, 大捜索, 大統領に, 太陽も, 奇景を, 奥まったところ, 女が, 女千鳥, 女軍の, 如き地形, 姉が, 姿も, 娘さんに, 娘だった, 娘を, 婚約, 子供に, 孤島苦の, 完備した, 官庁へ, 宝庫発見よ, 実況, 宮はも, 宮廷の, 家が, 容貌美く, 宿りに, 寄場へ, 寺を, 小さい町, 小学児童は, 小間使いと, 少女の, 尾野間といふ, 屯田の, 山かげには, 山も, 山谷に, 岩城は, 岸から, 岸は, 島かげに, 島人の, 島蔭に, 嵐の, 工事は, 左の, 巨体が, 帯鋸見た, 常用した, 平和, 幸で, 幼子が, 底に, 庭園に, 建設に, 弁天様へ, 強い幾人, 形じゃが, 形相の, 影なと, 役人だって, 彼方に, 従兄だ, 御守護, 心の, 心臓部の, 思出, 恐ろしい寂寥, 悲愴な, 意, 感なき, 慘劇發見からわ, 懲役場の, 成人達が, 戦に, 手は, 手紙に, 抑へとして, 持つ魅力, 探検に, 支配者な, 政体は, 政治界なんぞには, 教育の, 敵を, 文化の, 断崖の, 方で, 方へも, 方向が, 方言が, 施主に, 日には, 旧伝, 明媚な, 昔話集に, 景色とが, 景観, 暗闇の, 曠野にかけて, 最期を, 最高部柱が, 有様に, 服部小平太羽栗郡栗田の, 木は, 木立らしい, 条下で, 東側の, 東北岸鼓の, 東北部は, 東尾や, 東方に, 東海岸を, 東西兩側に, 松しげみかも, 林の, 某という, 根拠地へ, 桜に, 森の, 検分に, 様な, 樋の, 樣子を, 樹木たるや, 機関部, 歓楽の, 此方へ, 歴史の, 歿した, 母と, 民家に, 気候は, 水門へ, 池に, 沈没し, 沖に, 沖合まで, 沿岸を, 洋服姿が, 派出所から, 流人は, 浅吉の, 浜辺に, 浮べる伊予, 海よりも, 海員倶楽部へ, 海岸, 海岸岬の, 海水館という, 涙に, 深林地帯の, 淺吉等と, 渚で, 渡し場だって, 渡船の, 湧いたよう, 溪流が, 漁區の, 漁師で, 漁期の, 漁船等は, 濃緑な, 瀧五郎の, 火山には, 火山プレー, 無い気, 無花果, 燈台守だ, 爆発は, 父親を, 牛どもが, 牧場村道岩の, 物資は, 特質上石膏末コロジウム繃帯縫合針義眼など, 猴声を, 玉藻刈りはむ, 王が, 王たり, 王二柱, 王様や, 瓜話は, 生家へ, 生活だけは, 生活中櫻木大佐に, 産では, 産物として, 田地と, 甲板上に, 男ベン, 町や, 画面を, 療養所に, 発展といふ, 白夜を, 百姓で, 盛衰, 相川といふ, 眞晝は, 真南, 真次郎, 眼目は, 短銃を, 砂上に, 研究は, 磯に, 磯近くへ, 社会の, 神が, 神人には, 神様赤水明神は, 神話だ, 禁制物, 秘密, 稲穂祭などでは, 空前の, 立像や, 端でも, 第三甲板, 答へには, 篝火に, 精神だ, 納豆売り, 紛失について, 経済的疲弊は, 絶壁を, 緑の, 繼ぎ目に, 美しい景色, 羽衣譚で, 老若男女が, 者に, 耐熱試験を, 耳もとで, 背中から, 脇屋義助, 航進は, 船は, 船着場に, 艦形を, 花園から, 苔, 若者どもが, 茶屋にて, 草屋を, 荒涼たる風景, 荒野, 葉の, 蔭へ, 血相の, 街道を, 表面の, 裏手の, 裸岩の, 西側には, 西南に, 西岸を, 西浦で, 西端には, 見張りも, 親しい歯科医, 観光面や, 角を, 言葉だ, 討伐を, 記録は, 試された如才, 話には, 調子に, 警備隊長に, 豪家らしく, 赤蜻蛉, 身の上は, 輪廓が, 近くの, 迷宮にも, 速贄, 連中に, 連続だけ, 道具とでも, 遣口, 避難所の, 部屋では, 郷土史家や, 酋長な, 酋長ミンチの, 酋長ロロとは, 配所いらい, 里方を, 野生の, 鉄桁が, 長い物語, 閑居に, 間僅に, 防波工事にも, 附近には, 陰の, 隱居家へ, 雛豆雛いちもん雛と, 離縁話を, 雪, 青ぞ, 面積風土の, 頂の, 頂線のみが, 頭髪を, 顔に, 風上から, 風土にも, 風蔭で, 養父から, 馬鹿囃子に, 高木という, 鬼は, 鳥貝なる, 黄金島へ, 鼠の

▼ 島~ (1268, 10.1%)

24 そう言っ 13 それを 10 自分の 7 そうも 5 そう言い, その時, 顔を 4 どうかする, 二度ばかり, 小野田に, 愚か海の

3 [16件] おとら, そう云っ, そう思い, その傍, その日, その頃, よしやつらい, 不思議そうに, 何の, 常に若い, 急いで, 漸と, 無い, 笑いながら, 首を, 黙って

2 [70件] いい所, いつまでも, お燗番, お花, この頃, しずかに, そう思う, そこから, そこに, そこへ, そこらを, そのこと, その仕事, その前, その間を, それで, それまでに, それらの, どうしました, どう見, またの名を, まだ生き, ナポレオンの, 七島と, 久しい前, 人口も, 何という, 何も, 作の, 台所で, 唯だ, 声を, 完全に, 家へ, 小さくとも, 小野田の, 居りませんでした, 居合せました, 帯を, 平次の, 庭の, 急に, 手を, 新調の, 時々その, 時と, 母親の, 気が, 涙を, 漁夫が, 瀬戸内海の, 無造作に, 父親の, 独りで, 男に, 男の, 聞いて, 腰の, 腹立し, 自分が, 見えない, 試運転を, 身一つに, 遠く, 長いあいだ, 長さ, 順吉に, 飛付いて, 養父が, 鼻で

1 [995件 抜粋] あた, あの晩松井町, あの頃, ありますが, あると, ある朝, いい島, いきなり声, いきなり小野田, いきなり振, いちばん高い, いつか側に, いつもする, いつもの, いまごろは, いま戦友に, いま波濤を, いま越前守様の, いよいよ仮面, いよいよ眼前, いらいらした, うんうん唸り, およそその, お母さんその, かういふ, かたりぐさにするのも, くじらの, くっきりと, ぐずぐずし, こ, こう言うた, ここの, このごろ, この味, この夏, この家, この正月以来, この頃自分, これである, こんなところ, ござりませぬ, じっとし, じつは恐し, すっかり後, すでに廃虚, そういう祈祷, そうし, そうした男たち, そこにも, その一人, その会社, その八畳, その周囲三, その土地, その声, その小さな共同墓地, その度, その後も, その方, その日一日充血, その晩裏, その男, その足, その金, それから, それでも極り, それほど大きい, それ以来作の, そんなに美しい, そんな時, そんな生, たいていの, ただ四つ, たと, だんだんに, だんだん近く, ちょうど私, ついこれ, ついに爆破, つんと顔, どうしても直り合う, どうぞスヰフト, どこだったろう, どっかに, どんな事, ない, ないに, なかった, なく島民, なにか不, なんだか自分, なん年もの, にやにやし, のっそりした, のろのろし, はたして遣唐使, はるか二十キロの, ぱっぱと金, ひくい砂, ひとりぽ, ふとそれ, ぷりぷりし, ほぼ三角形, ぼつぼつ支度, まことに菜の花ざかり, まずこの, またあわただしく, また汽車, また辞儀, また隠居, まだ何, まだ墓, まだ母親, まだ肩, まったく無人島, まるで蜂, みるみる形, みんなの, むかし蝦夷が, めちゃめちゃに, もうスッカリ地獄, もう冷たく, もう大概水, もう見つかるまい, もと洲, もと郵便局, もみじし, やっぱりそれ, やはり留め置い, よく叱りつける, よく浜屋, わかい人, わが海軍, わざと嵩, アフリカの, イストリアの, カムチャッカ作戦基地たる, ガン湾の, クレーム色の, サッサンラップと, セライファス島と, デュウマの, ハッと, バッと, フラフラと, ホノルル港から, マルセーユの, モスケーです, ラピュタの, 一七六三年には, 一人で, 一人の, 一体風の, 一層分明自分, 一度作太郎, 一望た, 一言二言口を, 一間ぐらいの, 七の, 三つの, 三重県だ, 上って, 上り框の, 下の, 不思議な, 世界に, 両親の, 中央の, 乃公を, 乗込んで, 乱れた髪, 二三日の, 二人の, 二階の, 云って, 人造島だ, 人間だ, 今でも, 今ひとつに, 今月へ, 今着, 仕事が, 仰山らしく, 佐十郎の, 何か, 何だか変, 何だか胸, 何となく晴がましい, 何とも, 何を, 何処へ, 作と, 係の, 俛いた, 停まって, 側へ, 元暦, 元気らしく応えた, 兄を, 先天的に, 全く高山, 八重山な, 其發見, 内陸の, 决し, 出て, 初めから, 初らしく, 別なる, 刻々と, 割合に, 力ない, 動かないや, 勿論藤沢, 北緯二十五度東経百五十三度に, 南北に, 危険な, 厠へ, 参河という, 口を, 只今試運転中である, 可怕そう, 可恥しい, 可笑しそう, 可羨し, 名人らしい, 周囲三十里余の, 周廻幾ばかりも, 喫驚した, 四つの, 四五百フィート平方で, 地上に, 坐って, 壮太郎に, 壹岐か, 外寇と, 外聞なぞは, 多く散在, 夜に, 夜厠への, 夢中で, 大きい島, 大きく頷い, 大きな重い, 大人同志からは, 大別二つに, 大坂より, 大工の, 大洋の, 大混乱, 天国の, 天性の, 夫に, 夷岐戸島と, 女で, 女心に, 如露を, 始終気, 姿見の, 嫂の, 学校の, 実に大きい, 家の, 寂しいところ, 尋ねた, 小さく低かった, 小川の, 小野田や, 少しづゝ, 少しばかり, 少し離れ, 屋玖国とて, 岩に, 島である, 川荒によって, 工藝の, 帰らなかった, 平和の, 年取った人達, 幾度と, 広いが, 広そう, 店の, 店を, 引摺られ, 彼らの, 待遠しいよう, 後向に, 心の, 心得て, 忽ち溶け, 思ったより, 思出し, 怪塔ロケットの, 恍惚と, 恐竜島じゃ, 息せき家へ, 息を, 悪い顔, 悲鳴を, 感激した, 慄然と, 憲兵上等兵の, 或時, 手拭で, 投出したよう, 押被せる, 持って, 振り返って, 擽ったいよう, 敵も, 料理の, 断, 方角蝦夷より, 日が, 日の, 昔から, 昔気質の, 昨夜見た, 時々傍, 時々疑問, 時々見かけた, 時々院庭, 時の, 普通の, 暫らくは, 暮の, 更に屈せず, 更生資金より, 最大速力を, 最近の, 有名に, 朝早く, 本島に, 村人や, 東西十里, 株の, 桑の, 森戸崎の, 植物が, 極度に, 檀家の, 次第に溶け, 此家の, 死場所でも, 段々日の, 母親を, 毎土曜日, 気を, 気嵩な, 気性そのまま, 気骨の, 水中に, 水面下に, 江戸の, 汽車が, 波の, 流れる水, 浅草や, 浜屋で, 浮島八十島, 海に, 海岸の, 海賊の, 涙ぐんだ面, 淀川河口の, 深い霧, 渡黨に, 漁業が, 火山岩の, 炬燵へ, 無人島という, 無論樺太, 無風の, 煩そう, 燥いだ, 父親が, 爾時も, 物置の, 狭いとは, 現地の, 甚だ恰好, 生みたま, 甲高な, 男ばかり, 略, 當年何歳に, 疲れた体, 発見者の, 白い地面, 目に, 目元に, 直に彼等, 直徑僅, 相手が, 看護婦などの, 真紅に, 眼に, 眼前に, 知ったか振りを, 砂糖きびや, 碌, 私が, 私の, 空, 突然見える, 立つ前, 笑いだした, 笑って, 粉屋の, 紅い顔, 細かい砂, 終に呶鳴, 絞ったもの, 絶えて, 絶対に, 綿帽子を, 緑色豊かな, 縁側から, 縫あがった, 置物の, 羽田村の, 老人の, 耳朶まで, 肩の, 背戸畑の, 腕節の, 膃肭獣の, 自分自身の, 自暴に, 臺灣から, 船を, 色の, 苦しい夢, 茶屋の, 草履や, 荒い調子, 荒涼として, 蒼くなっ, 藤三郎を, 血が, 袷の, 西海岸の, 見えないと, 見えませんかな, 見かけた, 見しを, 見つかったろうか, 覗いて, 言いました, 言って, 言葉巧な, 記念の, 註文を, 話ぶりなどに, 警備隊との, 赤い顔, 起伏する, 跳あがるよう, 車の, 軽くあしらい, 込合う電車, 近く見え, 近所の, 逃げるよう, 遂に一言, 遣切, 部屋へ, 酒くさい熱い, 酔ったまぎれに, 野広い, 金, 金輪際から, 針の, 鏡中の, 長いあいだ養父母, 長く青柳, 限りない, 隙を, 隣の, 霞の, 静かな, 静に, 面白そう, 音楽の, 頭を, 頭髪を, 顔出しを, 顫える, 飯の, 養家の, 養父から, 養父母が, 首尾よく, 高い調子, 髪を, 鬼ガ島と, 鶴さんや, 黒潮に, 鼻頭で

▼ 島~ (1205, 9.6%)

18 住んで 8 上陸し, 来て 7 帰って 5 上陸した, 漂着した, 着いたの

4 [15件] あがって, いるあいだ, して, すんで, 於て, 来たの, 来てから, 残って, 滞在し, 漂着し, 着いた, 着きました, 船を, 近づいて, 遊ぶ

3 [23件] あった, いるの, ちがいない, なって, 上がって, 住む人, 住む者, 到着し, 到着する, 向かって, 暮して, 暮らして, 果して, 残ること, 渡って, 生存し, 着くこと, 着くと, 移って, 行って, 言った, 話して, 足を

2 [65件] あがると, あるの, いたこと, いたの, いって, いること, おくる夜, お堂, かりの, こもって, しても, そんな事, ついた, つきますと, やってきた, ゐるの, ゐろと, 上られた, 上陸させ, 住むこと, 何の, 働いて, 取っては, 寄って, 居た時, 居残って, 彼が, 彼此十日も, 待つ間, 忍びこんで, 於ては, 望みを, 来た時, 残りました, 求めて, 流された, 流されたという, 流された俊寛, 流されて, 流され目白長者, 産する, 着いて, 着いてから, 移りますかな, 置いて, 置去りに, 群れなして, 至るまで, 至る迄, 若い娘, 行くと, 言って, 訊ねた, 話しかけた, 話しかけたが, 話した, 踏み止まって, 連れて, 遊びに, 達した, 長い間, 閉じ籠め, 隠れて, 集まって, 鼠が

1 [890件 抜粋] あがった, あがった当時, あがるほう, あがるよう, あったという, あった庭園, あって, あっては, あつて, あらずして, あり, あり皇子ら, あり近づき難し, あるかぎり, あるねるげ, あるやう, あるを, あるエトナ山, ある不気味, ある國立, ある楽園, ある民間伝承, ある火山, ある群像, あんな巨獣, いくん, いたあの, いたころ, いたって, いた四頭, いた方, いた比, いつかされた, いては, いないとき, いなくなるの, いまも, いやがる, いるぞ, いるだけとしても, いると, いるぼく, いるらしい, いる兵隊, いる奴, いる正直, いる紀州藩士たち, いる鵜, いればこそ, うかんで, うつし一方, うつり住むとばかり, おいでに, おき去りに, おちつかせて, おりました, おりましたので, おりようと, おわかれ, お住まい, お菓子と, かえるの, かえる娘二人, かかる人物, かくして, かくれた石油坑, かくれて, がんばって, くどくど言聴, こうした美しい, この生活, この種, こられて, さうし, さく子は, ささえられないほどの, さへ, されたならまだ, したもの, しろポチ, すかし宥められて, すっかり呑まれ, すむよう, するため, そういう三つ, そうそういる, その住居, その淋しき, その財宝, それを, ただひとり, たてこもった, たどりついた, たまたま涌き出し, だれも, ちょっと保養, ついたん, ついて, ついてからの, つかわして, つき六人, つくと, つけば, つこうと, できるよう, とどまったの, とびあがりました, とまること, とりつきました, ながれついても, なったという, なった土, なつて, なりますわ, なり磯, なると, なる幕, にせた人形, のこって, ひとりいれ, ぶつかる筈, ほかならじ, まさか人間, まだ三人, まっ赤, みえるの, むかって, もしもの, もっとも近い, やったの, やってきたの, やって来たの, やつた, やどりて, ゆくと, ゆく仕度, わがゐねし, ゐて, ゐる戀人等, ゐる間, アーサアが, オオハマユウという, コッソリ大砲を, ダムを, ハヌマン猴王の, プランテーションを, 一ヶ所, 一人も, 一人残される, 一匹の, 一種の, 三十万羽も, 三年の, 上がった船頭, 上って, 上つて腹一杯芋を, 上る早々, 上陸が, 上陸します, 上陸する, 上陸を, 上陸直ぐ, 下りゐて, 不時着この, 並んで, 乗りつけると, 乱人しない, 二ヶ年滞在製法を, 二三十戸の, 二十余年も, 二年目の, 云いながら, 人柱の, 人間が, 付き纏って, 伝へて, 伸びて, 住みたいと, 住み漁りさ, 住むは, 住む外国人, 住む狼共, 住んでは, 住居する, 何年住む, 來て, 俘虜収容所の, 倉庫を, 傳はるを, 僧侶の, 入って, 八年間妖術者キルケの, 六十三人の, 共通し, 出くは, 出征中の, 切支丹が, 到って, 到りて, 到着した, 加療し, 動ける, 化して, 北海道本島アイヌの, 十數年を, 単身忍びこん, 及びしもの, 及べり, 取りのこされて, 可愛がられて, 同じ吉新, 名馬草, 向い, 向うべくオラウス自身, 向かった, 向け水煙, 向った, 向って, 向つた, 吹き送ったそこで, 咲く花, 唯稀, 囚人が, 囲まれた海, 在りて, 在る同君宅, 声かけ, 売り飛ばされる寸前, 夕暮が, 多く居る, 多く犬, 大友宗麟を, 天の川たかく, 奇妙な, 奉職し, 女の, 子産み殿, 学問の, 安全生活の, 定住する, 宿れる鳥山廉平, 寄せつけなかったのみか, 寄つた, 對する, 對ひ, 小言を, 尚巴志, 居なければ, 居るの, 居住せりと, 居着いてから, 居着くよう, 島回する, 崇徳上皇配流の, 帰ったが, 帰ること, 幽閉され, 幽閉された, 広く産, 庵を, 廻り道, 引っこし, 引っ込んで, 御耳, 復讐した, 心臓を, 忍びこみ幾度, 恋を, 意見を, 憧れて, 成って, 戻った話, 打ち上がった五十五フィート, 押し渡り軍功, 持上げて, 持参し, 捨てられるよりも, 接す, 攻めよせられること, 放らば, 放逐したら, 教わった通り, 断って, 斯う言った, 於いて, 於ける, 於ける小人, 於ける漁期, 於ける白人, 於ける石器時代, 於る, 日本の, 暮すこと, 最古くから, 望みをか, 来たくは, 来たまま, 来られて, 来り猿, 来るまで, 根城を, 根拠地を, 案内させ, 案内し, 植える草ブドウ, 止まって, 死し死しては, 死んだ夫, 残されるか, 残し島, 残った松, 残つて居る, 残られいまだに, 残るの, 母と, 水が, 沢山の, 泊つて居た, 波を, 泳ぎついたが, 泳ぎついた杉田二等水兵, 泳ぎつきました, 泳ぎ着くなんかも, 流されけるに, 流されずとも, 流されたとも, 流された一方, 流された彦太郎, 流されルイ十六世, 流すと, 流れついたの, 添いながら, 渡った, 渡ったと, 渡ったの, 渡った僧友松, 渡った後, 渡ってから, 渡つて殆ど, 渡つて行つた, 渡りしに, 渡り其の, 渡ること, 渡れり, 渡来し, 溢れて, 滞在中の, 漂到し, 漂流せし, 潜入した, 炬火を, 焼夷弾の, 特有なる, 犬寺が, 猟に, 生えたワサビ, 生き残った鬼, 生き永らえて, 生まれた彼ら, 生れたが, 生れて, 生れなかつた, 生立ちし, 産れ, 用を, 田作るべき, 田舎らしい, 留まったの, 留る, 病人が, 瘠世帶を, 発生した, 監禁し, 目を, 相当滞在し, 着いたけれど, 着いたとかいう, 着いたらすぐ, 着かぬと, 着き午後, 着き更に, 着くよう, 着岸す, 着船し, 砦を, 砲臺が, 禁錮せられた, 私たちの, 私ひとりである, 私語いた, 移ったよう, 移り住んで, 移ると, 移住し, 移住を, 立ち寄つたので, 立てる白雲, 立寄られた農學部, 笑顔を, 籠らなきゃなるまいと, 糧足らずされど, 続いて, 繁った花, 纏めて, 置かれその, 羊が, 習わせるつもり, 考えさせた, 聞いたらお母さん, 腰を, 至りし小説, 至り土人, 至る, 船がかりを, 船寄る, 苦める, 落ちのびたこと, 落着い, 著き初め山, 虎が, 蠍アンチ, 行かれたが, 行きしもの, 行き不思議, 行くに, 行くの, 行くもの, 行く新任, 行こうと, 行つ, 行つたのは, 行われて, 見られる, 見出されたその, 言かけた, 言つて南向の, 言聞せた, 詳しいこと, 誰か, 講釈場が, 變更する, 買せた, 質問し, 赴いた, 赴いて, 赴きバルチック海湾, 赴くこと, 起ったの, 起って, 起るであろう, 踏止まっ, 蹈み留まった, 辿りついたが, 近いある, 近い土地, 近くなった, 近づいた時, 近づいては, 近づきました, 近づくとか, 近づこうと, 近よる, 返り去る, 送って, 送りフェルナンデス, 送るに, 送る天使, 逃げ込んだ, 逗留せ, 逢わせるの, 進む木下大佐, 遁れ, 遇て, 遊び三日, 遊ぶこと一時間余り余り, 達しよう, 達すること, 違いなかった, 遮えられながら, 配流され, 醫師は, 閉じこめられいわば, 開業し, 闖入し, 防備を, 降りて, 限ったこと, 限るの, 隠されて, 隠されなくては, 隠れる事二十六年, 雁卵生みたり, 集結し, 面した海岸, 頼もしいよう, 題材を, 飛びあがったの, 骨を, 魚屋の, 鹿猿を

▼ 島~ (790, 6.3%)

7 発見した, 眺めて, 見て 6 お生み, 出て, 後に 5 めがけて, 出てから 4 生みたま, 見た, 見に, 訪ねて 3 あとに, さがしに, でて, はなれて, 去って, 右に, 求めて, 知って, 経て

2 [69件] うろついて, さして, する, つくった博士, つくって, つたって, ながめて, なぜ千五百万ポンド, ばらまいて, よこぎって, 一まわりし, 一周し, 中心に, 乗せた駕籠, 二つおく, 借りて, 出ると, 出るとき, 出発し, 別に, 占領し, 占領した, 右舷に, 呼んだの, 夜半に, 幾つも, 廻ると, 思い出したこと, 思い出しました, 愛しそれから, 持って, 指さした, 指して, 探検し, 探検する, 撃沈し, 根拠地に, 案内しよう, 横切って, 横断し, 沖縄と, 浮かべて, 無理に, 熱愛し, 發見した, 目指して, 眺めながら, 築いて, 置くならなに, 脱け, 脱出し, 蔽うて, 見つめた, 見ながら, 見ました, 見ること, 見ると, 見捨てて, 討ち従えて, 訪ねる時, 訪問しました, 調べた, 越した向う岸, 通って, 通りこし, 遍歴し, 遠ざかって, 離れて, 離れること

1 [560件 抜粋] あらしに, いのち懸け, うずめるよう, えらんで, おいて, お作りに, お産み, お通り, かくれがに, かこむ海峡, かこむ海水, かわろうと, ぐるぐる廻っ, こしらえたか, こしらえて, こしらえるわけ, こっちへ, このまま祖国, この国, これからたくさん, ごらんに, さがし出すという, さがし出そうと, さしたの, さしてぞ, さして一直線, さして云, さして去りぬ, さして航海, さること八百七十マイル, して, しまづたひゆく小舟ひさしき, しらべる一隊, じいつと, じっと凝視, じろりと見た, すぎると, すぎれば, すべり落ちて, そっくり頂戴, その入口, たくさんは, たずねて, たつ前, つくったの, つくった方, つくられたの, つくる原因, つらぬきながら, つれて, つれに, でたとき, でたら分相応, でる, とめるよう, とりまいて, ながめつくした, ながめながら, なして, なし酒楼, なだめたが, ぬうて, ぬけだしたかという, のがれて, のがれるつもり, のがれ来て, のぞんで, はじめ全, はずしたらこの, はなれた, はなれること幾十キロメートル, ひかえ北方, まず見出した, まぢかに, まはつ, まわって, みのがすよう, めぐつて, めぐり四つ目, めぐり歩いたの, めぐる怪事件, めぐる蘆, めぐる道, めざして, もて国, やっつけるの, ゆっくり半周, ゆるがしまっ白, ゆるやかに, よぎり早暁, よくしらべ, わが島, アムンゼン島と, クウフリンが, ターナー島と, チュプカと, ベーリング島という, モスコエと, モーター, ヨコハマの, ローマの, 一たいな, 一つもつ, 一つシンガポールと, 一つ買つて配はう, 一めぐりし, 一周した, 一周せで, 一周りし, 一周中車に, 一回り高雄の, 一挺手に, 一番おしまいの, 一見せん, 七巻きする, 不等辺三角形, 中宿と, 中心と, 主と, 二つ目の, 五年もか, 仮の, 仮りに, 伐つに, 作りお, 例に, 保護し, 俥に, 元の, 兎も, 出して, 出た, 出づる時, 出ようとは, 出る, 出るとしても, 出るには, 出帆し, 出帆シンガポールから, 出港, 出発した, 出発したい, 出發, 出發せん, 創案した, 加賀藩は, 動かすエンジン, 勝手に, 勧めて, 包むかと, 包んで, 北へ, 北方地平線に, 北東, 南に, 占拠しよう, 占領せり, 去った, 去ったのち, 去ったもの, 去ってから, 去つて, 去つて福岡, 去られたが, 去ること, 去ると, 去る旨, 去る決心, 参加させ, 取ったと, 取って, 取りまく半径七カイリ半, 取り巻いて, 口説けれ共, 古宇利と, 召捕るだけの, 各処, 合わせて, 合算する, 向うに, 呪い殺し勘三, 呼付藤五郎兄弟は, 唆した, 囲む黒い, 国民に, 外へ, 夜の, 夢みる, 大洋中の, 大迂回, 大陸へ, 失い沖縄, 失った, 失った想い, 失つた, 失つた思ひ, 始め多く, 娶つた次, 子婦として, 守るため, 守る陸軍, 守ろうと, 守護せしめた, 宝島と, 対岸から, 尋ねに, 尋ね勝見, 少しも, 巡って, 巡りその, 巡り歌, 左に, 左手に, 左舷の, 巨人の, 帰せと, 平らげたついで, 庇護だ, 廻つて隱れ, 廻る果て, 引きあげると, 引き出したか, 引取る, 引据え, 引立て庭, 強面せし, 強面致したる, 形づくる中央, 彼等の, 征伐し, 征伐したい, 征服する, 後光の, 徒手空拳で, 従え玄関, 徘徊し, 心に, 忘れて, 思い画いたよう, 思った, 思ひ畫, 恐しい場所, 想は, 想像し, 愛し生きて, 憧れ求めて, 懲し, 成しそれ, 抜けて, 抜け出して, 抜け出すなんて, 押えたため, 指さして, 指揮し, 捕ふる, 捻りも, 探しあてること, 探った, 探検しょう, 探検に, 描く事, 握った一人, 揺りうごかす, 撲り付けて, 擬して, 擬しました, 支配した, 改めて見やり, 攻めようという, 攻撃し, 放れて, 救ふ, 散歩し, 斜めに, 新日本島, 時々救おう, 暗示する, 更に小さく, 最後に, 有って, 有名に, 望, 望まうと, 望むこと, 望むに, 望んだヴィッス・ベーリング, 東海道や, 某国軍, 根元から, 案内し, 極として, 横切つて, 横切り加藤洲, 横断した, 横断し計らず, 歌わないという, 歩きまわった, 歩きまわったとき, 死の, 殆ん, 殘した, 段々造つて行つて, 水上に, 沈没させ, 治むる者の, 泥溝の, 洗つてゐる, 浪が, 浮かべたこの, 浮せ, 浮べ飛行機, 海の, 海上に, 溶かすと, 漕ぎ出したの, 漕出た, 火付け人殺しの, 為して, 煙波縹茫たる, 照し, 煽るため, 爆破した, 物色する, 特に麗々しく, 狙って, 独占し, 琉球と, 生まれたという, 生まれたの, 生まれた時, 生み竟え, 産まれたと, 産みたまひ, 発明し, 発明した, 発明します, 発見したい, 発見したら, 発見更に, 發つた, 皆は, 目あてに, 目ざすの, 目指したについての, 眺めまわして, 眺める便宜, 眺め煙草, 眼がけて, 眼の, 眼下に, 研究し, 破って, 破るとき, 破壊し, 破獄する, 私が, 私と, 私に, 穴と, 空しく海上面, 空想し始めた, 突っ切って, 突返そう, 窘めたお, 窺うこと, 窺って, 立つ時, 立去って, 立去らなかったの, 立去ること, 立去る時, 立退かなければ, 築きあげて, 築き松杉, 築く時白馬白鞍, 素通りに, 紹介した, 経るや, 経由し, 絞殺し, 縛ったそう, 縛る氣, 縦横に, 繞って, 繞つて四方に, 置きシモシリ以北, 美しいと, 美しく妬ましく見せ, 脱せるもの, 脱れる, 脱出した, 脱出する, 自分の, 自動車で, 自動車にて, 落すと, 蔽う枯葭, 襲つた草は, 襲つて日本人を, 襲撃した, 覆うて, 見いだして, 見ざるガリワル, 見せて, 見たこと, 見たと, 見たん, 見た者, 見つけた, 見つけたよう, 見つけたら日本, 見つけだしいどころ, 見つけて, 見てからは, 見まわって, 見るであろうこれ, 見るとき行潦, 見るなり, 見るよう, 見付けださねば, 見失って, 見張って, 見捨てる勇気, 見晴らす, 見送った, 覗きに, 討った時敵, 訪うたとして, 訪うと, 訪ねること, 訪れたの, 訪れた翌々夜, 設け又, 許して, 詛わしくも, 詰ったの, 語る時, 調査し, 謠ふて通る, 豊沃の, 貰つて何う, 買つて棲む, 赦して, 越えた次, 越えて, 越して, 辭した, 辭しよう, 返すとも, 追って来た, 追われる二人, 追払って, 退去し, 送出し, 逃げて, 逃げ出して, 透して, 通り帰り, 通り日本, 通過し, 造らせた, 連れ出し和蘭客屋, 連出すこと, 過ぎて, 過ぎ荒川, 遠まき, 遠望する, 遥拝する, 選ぶと, 重大な, 金色に, 長谷部大尉は, 開拓する, 附けて, 除き諸方, 除くのほか, 隔てて, 隠して, 離れた, 離れたいと, 離れたの, 離れた海面, 離れた爲, 離れてから, 離れぬ, 離れぬと, 離れると, 離れるなんて, 離れ元, 離れ竊, 離陸し, 雲の, 震わせて, 露西亞や, 領するの, 領するので, 顰蹙させた, 飛びだした, 飽きも, 驚かして

▼ 島~ (768, 6.1%)

20 渡って 18 行って 12 来て 8 来たの, 流されたの 6 あがって 5 寄って 4 上って, 上陸し, 上陸した, 往くの, 船を, 行ってから, 遠島に, 鬼せいばつに

3 [12件] いって, おいでに, きて, つきました, やって, 上陸する, 参詣を, 戻って, 持って, 流された, 着いたの, 着いて

2 [63件] いくの, おいて, お遣下さる, かえって, かえってきた, かけて, つけて, つれて, むかって, やって来たの, ゆくこと, ゆくの, 一夜兵隊の, 來て, 出て, 出發, 向かって, 向けて, 向って, 小さなポンポン, 帰った, 帰るの, 帰れ, 往く心持, 往つてから, 往つて見ます, 志すの, 攻めて, 旅立つこと, 来たよう, 来てから, 歸る, 残して, 泊りに, 流されたといふ, 流されると, 流れつきました, 流謫され, 渡した細綱, 渡りまして, 渡ること, 渡ると, 渡るの, 渡るもの, 渡る夜, 渡ろうと, 漂流し, 發つ, 着いた, 着くと, 行くと, 行くの, 行こう, 行つてゐる, 走る, 足代を, 送つた, 送られた, 遊びに, 遠島申付る, 遠流, 遣つて, 電話を

1 [497件] あがったもの, あがった第, あがっても, あがらう, あがらせないよう, あがりなさるの, あがりましても, あがると, あがるなり, あげて, いく道, いけたこと, いけば, いこうと, いそぐん, いったっきり, いま自分は, いら, いらっしゃるん, おあがりなさる, おき去りに, おしわたっ, おまいり, おやりくださる, おりて, おりるからね, おりると, おれを, おろすこと, お参りし, お島, お母さん達が, お着き, お立ちに, お舟, お逃げ, お連れ, かえったらきっと, かえって伊那丸, かえって来た, かえりつかねば, かえろうと, かかりたるは, かけての, かけベーリング海近く, きたかと, きてから, くること, こう勘三, こぎついた, こぎつけるん, こぎつけろ, この船, こもって, さよならと, すすんで, たつた一人, たどり着きたいもの, ちかよって, ちかよらせては, ちかよらないの, ちょっと顔, ついたといふ, ついた一行, つきたいもの, つくこと, つくの, つけないだろう, つないで, とまって, とんで, どこからとも, ながれついて, ならば, のぼる鋼鉄階段, はいったの, ひきあげて, ぶちこんで, ほか親王方をも, ほんの目, また戻っ, むかう明石町河岸, むかった, むけて, もうそろそろ落ち, やってくるの, やって来たかが, やつて, やられたん, やられた鬼, やられるの, やるの, やるほどの, やる程, やろうという, ゆきそこ, ゆくという, ゆく心持ち, ゆく渡し舟, ゆけば, ゆけるだろう, よく狩り, よって, わが, わざわざ訪ねた, わたして, わたった, わたったの, わたり塔ヶ岡, わたるから, わたれ, クイクイの, ハンカチを, 上がって, 上がると, 上つて煙火を, 上つて見る, 上りましょうよ, 上り花木の間に, 上る, 上るとき, 上陸いたした, 上陸いたしました, 上陸されたら, 上陸以来人に, 下ったの, 下りる位, 中院には, 二人で, 二度も, 二日も, 交易に, 人員を, 仲間を, 何を, 來た, 來てから, 來てからの, 來る, 便船ごとに, 俊寛様を, 入りこんだそう, 入り込んで, 兵備を, 出かけること, 出る道, 出掛け様, 出発, 出発させた, 出発する, 出稼人夫に, 出立致し, 別れを, 到着す, 十人も, 単身で, 印度の, 即刻ひきかえす, 参りましたを, 参りますには, 參詣いたしました, 吐きつけて, 向かってか, 向けた時, 向ふ, 向われたし, 吹放たれ, 呼んで, 囁くよう, 報告する, 夕な, 好意を, 孫四郎の, 安着した, 寄せられたこと, 寄港する, 寄航し, 導こうとして, 小屋掛けを, 小舟を, 小鳥を, 岬から, 島へと, 川上機関大尉と, 帰えっ, 帰ったが, 帰ったら, 帰って, 帰りたい, 帰り着きました, 帰る, 帰ること, 帰る人, 帰る人々, 帰れば, 帰れる見こみは, 帰ろうよ, 幕府が, 建てたこと, 引き上げられること, 引こうという, 引揚げ, 引移ります, 引越しを, 引返した, 引返したの, 彼が, 往かんという, 往きその, 往きて, 征伐に, 徒刑に, 御到着, 御参詣, 御遷幸, 忍び渡って, 急いで, 急航, 戻つて, 戻り二度, 抜けて, 抜けようと, 押し渡り例, 押し渡り地図, 押し渡り魚屋助右衛門, 押渡った, 拔け, 持つて, 探検に, 攻めこまれると, 攻めよせて, 新院には, 旅立つ船, 旅行を, 昨日上陸を, 曲がって, 本土の, 来そう, 来たくない, 来たですが, 来た時, 来た甲斐, 来ても, 来なかったら又, 来ながら, 来なきゃいい, 来ました, 来ます以前, 来られたの, 来られた日, 来る一般観光客, 根拠地を, 案内する, 植えかえる草ブドウ, 横切って, 歸つてからの, 歸つて行つた, 死にに, 残されたん, 残ったという, 残って, 残党討伐に, 母や, 水汲み, 永住に, 流された与市, 流された元, 流された日野資朝卿, 流された父, 流されて, 流されること, 流される日, 流される章, 流され海士郡, 流され給い宮方, 流せと, 流れついた, 流れついたん, 流れついた人々, 流れて, 流れ着いて, 海上あと十キロの, 海上六十カイリの, 渡される, 渡した石橋, 渡しの, 渡った, 渡ったが, 渡ったこと, 渡ったという, 渡ったの, 渡ったばかり, 渡った当座, 渡った日, 渡ってから, 渡つたのだ, 渡つた時その, 渡つてこんな, 渡つてゐる, 渡つて千之, 渡つて參り, 渡つて行つても, 渡らうと, 渡らせご, 渡らせて, 渡られお, 渡りこれ, 渡りて, 渡りてえん, 渡りなさるの, 渡りました, 渡りカーメンヌイ・オストロフ, 渡り土方, 渡り土筆, 渡る, 渡るあかつき, 渡るお客さん, 渡るかって, 渡るしたくなど, 渡るという, 渡るには, 渡るまでには, 渡る事, 渡る小さな, 渡れないもの, 渡れば, 渡ろうとして, 渡来いたした, 渡航し, 漁夫等を, 漂いついて, 漂泊した, 漂流の, 漂着した, 漕ぎだした, 漕ぎつけるつもり, 潜入し, 燐鉱掘りに, 父は, 特に船, 現れて, 留めて, 療養に, 登って, 着いたとき, 着いた兵船, 着いた巌流, 着いた翌日, 着いちまったん, 着いても, 着きたいもの, 着きました, 着きません, 着く, 着くこと, 着くの, 着くやう, 着く頃, 着けないの, 着けようと, 着けよう俺たち, 着岸せし, 着陸した, 砂金採りに, 碧海島へ, 神経衰弱に, 移して, 移すの, 移りまた, 移るの, 移るまで, 移る仕度, 移住し, 稼ぎに, 突入する, 立ちよるの, 立ち去つた画家, 立つて, 立つと, 立退いて, 筏で, 籠りて, 納まると, 置いて, 置き去りに, 舞いもどって, 舟を, 船が, 船出した, 花ぐもりの, 螢を, 行かねば, 行かれたら日々, 行きその, 行きたい, 行きな, 行きなさるな, 行き度, 行き着いたの, 行くこと, 行くには, 行くよう, 行く事, 行く浜田大尉, 行く渡船, 行く者, 行けば, 行ける方法, 行ったこと, 行ったの, 行ったら明暦義党, 行った八五郎, 行った帰り, 行っても, 行つた, 行つたつ, 行つてくれ, 行つても, 行つてゐなけれ, 行つて住ん, 行つて其の大きな, 行つて其所に, 行つて見ます, 襲撃し, 見物に, 計画し, 詣でて, 詣でんが, 調査に, 貯え出した, 赴き流刑地, 赴く迄の, 踏みこんで, 身を, 転がして, 轉が, 辿り着いたという, 辿り着けそう, 近づいた, 近づいたの, 近づくに, 近づけないの, 近寄り過ぎは, 近寄れなくって, 迷い込んだが, 送った, 送って, 送つて, 送られたか, 送られたの, 送られたん, 送られた記録, 送られた道, 送られて, 送られる覺悟, 送られる途中, 送られ一中隊長, 送りつけて, 送り出す重要輸出品, 送ること, 送るべきところ, 送還される, 逃げこんで, 逃げたとか, 逃げ帰った, 逃避した, 逐いやられて, 逐電した, 連れて, 遁げの, 遁げました, 遊びになんか, 運ばれたと, 運ぶこと, 運んで, 達した所, 遠島にな, 遣られるの, 遷された, 遷されたので, 遷し奉るもの, 酒から, 金坑掘りに, 釘づけされ, 闖入した, 防備を, 降りて, 隠したという, 隠れろ, 集まって, 電話し, 青年を, 順徳土御門の, 飛んで, 飛来した, 駈けつけた訳, 魚雷を

▼ 島~ (664, 5.3%)

29 ある 10 あって 9 あるの, ない 8 見える 7 見えた 6 なかった 5 浮んで, 見えるの 4 あつて, 日本の 3 あったり, あります, ありません, あると, あるという, 見えて, 見えます

2 [39件] あった, あったと, あらあ, ありその, ありまして, ありますが, あること, あるそう, あるに, いくつも, いるところ, その事, ないの, ないので, のみに, もう一つ, もとか, やさしく見え, ナポレオンの, 三十五ノットで, 二つ並ん, 働きにて, 入って, 入江から, 動く, 姿を, 小野田に, 死骸を, 波の, 浮いて, 溶けて, 玉砕し, 現れて, 発見せられた, 言った, 近づいて, 部屋を, 陥落した, 陸が

1 [469件] あったらぜひ, あったら私, あった掠奪, あっちこっちに, ありこの, ありますか, ありまるで, あり或いは, あり船, あるから, あるだろうか, あるといふ, あるとの, あるとは, あるには, あるので, あるん, あるインド, ある晩九時頃, あわただしい思い, いかに便利, いくつか, いま爆発したら, いよいよ重大任務, いらいらし, うかんで, うごきだしますか, おいおいと, お屋敷奉公, お昼を, お菊, お袖, かほどまでに, くつ, くれに, くれゆく京洛, くれ行く風情, こう言うた, ここの, このすぐ, これこそと, これに, これも, ございません, さういふ位置, しきりに灯火, じっと寝, そこに, そこへ, そつと, その人口, その希望, その潮流, その男, それぞれ堀を, それとなく浜屋, それに, それほど美しい, たいへん御, たくさんに, ちがうと, ちゃんとし, ちゃんと横たわっ, ちらばって, つくられて, つれられて, できたの, できてから, できました, とくに羊, とつぜんもうれつ, とりわけ大きい, どういうところ, どうしてここら, どこに, どちら側へ, どれくらい, どんな島, どんな目覚しい, ないかと, ないから, ないくらい, ないし, ないです, ないよう, なかつた, なかつたこと, なかなか腰, なくせっかく, なくそこ, なくなって, なくマッチ, なく流入口, なければ, にわかに沖, はつきり見えました, ひとり感心し, ほかの, ほんのりと, ぼつり, ぼんやり佇ん, ぽつかり浮かん, まず生まれた, また, まだ娘, まめの, みつかれば, もう一寸物足りない, もう今, もう帰る, もっと賑, もとは, やって, やはり立っ, やや慌しかっ, よいと, よく出, ゐません, アメリカ大陸に, インチキだ, インチキでない, インチキとは, スーッと, チョウだった, ツ, ニュージーランドより, ブリキ缶島と, ポルトガルに, 一つ, 一つある, 一つより, 一つ眼の, 一つ見え, 一人で, 一切を, 一国である, 一大音響とともに, 一條に, 一生の, 一番親に, 一際明, 七つの, 万一自分, 三百カイリも, 三角洲である, 下げられた時, 下りて, 下谷の, 不断から, 与えられたる当座, 世に最も誇っ, 丸ノ内の, 予想した, 二つ, 二つある, 二つ並んでる, 二つ見え, 二つ見える, 二着三着と, 云った, 五つ一列に, 人の, 今の, 今度は, 仲間うちの, 住んで, 住込む, 何とか歌, 何を, 余り勧めるもん, 作との, 作を, 傍に, 傾くの, 内証で, 内陸と, 再び座敷, 出た後, 出来て, 出来神聖江の島, 分れば, 別に仕切り, 到る処, 刻々に, 加わります, 動いて, 動き出し否, 十七の, 千米もの, 又もと, 又出, 収容せられた, 取かかった自分, 古くから, 叫んだ, 右方に, 右舷に, 合併された, 啼くやう, 四島に, 地図の, 基地としての, 多い, 多過ぎる, 夜半に, 大きいせい, 大きいせゐ, 大工などを, 大秀へ, 大西洋上に, 太てた, 奈良朝以前なら, 女掏摸とは, 如何に, 始めて, 嫁いて, 子供に, 存在すべき, 安治川を, 完成した, 完成する, 実は世界最大, 家出した, 富みと, 寝ざめにふかす煙草, 小さいの, 小さくて, 小さければ, 小石川の, 少し落着き, 居るか, 屋外から, 屋敷奉公に, 島に, 島も, 崇徳上皇配流の, 工面した, 帰って, 帰ると, 帳場へ, 干係, 幻の, 幾つか, 幾つも, 庭口へ, 当時の, 彼等の, 得意まわりを, 微な, 忍ぶよう, 忠節天晴なる, 思いのほかに, 思っただけ, 思った時, 恐竜島だ, 恐竜島だったら, 成功した, 成功すれ, 我々の, 手を, 手伝ったと, 手傳つ, 手土産の, 手引を, 抱きもどしたもの, 拒んだので, 持古し, 掛先から, 探して, 数度の, 数馬の, 敷くから, 方々札びらを, 日本空爆の, 時々生家, 暖かい海, 暫くで, 最初に, 有って, 朝御飯を, 本場, 来た, 来たん, 来てからも, 来ると, 来合わせて, 柏屋の, 根に, 根の, 根は, 格さんを, 框から, 梯子だ, 楽み, 横た, 横たわって, 横たわり島, 横つて居つた, 横わっ, 横わります, 機転を, 此家に, 此海を, 死んで, 死骸の, 死骸取, 歿く, 段々寄生貝, 殺された, 殺されぬ以前豫, 毎日の, 氣分が, 水平線の, 水戸家へ, 波に, 泣きそう, 浅草を, 浜屋に, 浦と, 浮いたっけ, 浮いてるよ, 浮き出て, 浮ぶ, 浮遊する, 海から, 海の, 海中から, 海洋の, 涙を, 深い眠り, 温帯で, 満洲, 溶けたらどう, 溶けだした, 溶けだす, 溶けても, 澄まして, 濃淡の, 炉辺へ, 無い, 無いから, 無いので, 無く目, 煙管を, 爆破した, 爆破する, 片づいてからも, 現われあるいは, 現われた時間, 生まれるという, 生むもの, 生れたの, 生んだ愛すべき友情, 生家の, 産まれました, 番人を, 疑はれるの, 疑われるの, 白く曇つて, 盆暮に, 盗みを, 監視の, 盥の, 目の, 目的物が, 相ついで, 真中から, 真夜中に, 眺められた, 眼に, 眼の, 砂浜を, 磯の, 積って, 空中を, 突然押し上げられた, 窓の, 立寄るまいと, 箕を, 素因を, 網地島で, 縛られた, 能く, 脅かされて, 腫ぼったい, 自分たちを, 自分だけ, 自分の, 自動車を, 自由自在に, 航行し, 舳に, 船と共に, 船の, 若し寛文元年, 茶を, 薄霧, 薬売り, 要害の, 見えたあの, 見えたが, 見えたとか, 見えたので, 見えたら五十メートル, 見えだしたか, 見えないであろうか, 見えないと, 見えました, 見えまた, 見えようという, 見えるぞう, 見えるだけ, 見えるだらう, 見えるだろう, 見えると, 見えるので, 見えるよ, 見える北東海岸, 見える着けろ着けろと, 見え出した, 見え出したと, 見つかったの, 見つかったよ, 見つかった以上, 見つかるよう, 見て, 見られるという, 見下せたばかり, 見捨てたほどの, 見知, 親しく祐天, 言出し, 設堡され, 診て, 詰った, 説明し, 豊かな, 買って, 起出した, 超大航空母艦, 躓いて, 車に, 軍夫の, 近くなっ, 近くなった, 近く明かに, 近所の, 返辞を, 這うよう, 通りの, 連なりそれから, 遺書を, 都合が, 酔潰れた作太郎, 門付に, 開けて, 開拓された, 隠して, 隠しもって, 雪と, 雪の, 静かな, 養親の, 餌食に, 駕籠から, 鬼ガ島な, 鮮かに, 鶴さんに, 點綴し

▼ 島~ (325, 2.6%)

7 あつた 3 暮して, 死んだはず

2 [16件] ご逝去, する爲事, それを, そんなこと, トラック語ばかり, 働いて, 彼は, 朽ち果てる積り, 死んだ清七, 火を, 納涼ながら, 遊んで, 長い事私, 難破し, 難破した, 難船した

1 [280件] あつたの, あつて, あれほどに, いうところ, いちばん綺麗な, いちばん美しく, いったいどこ, うねり廻つてゐる, おこなわれたこと, おどろいたこと, おなくなりなされた, おもしろいこと, おやり, お亡くなり, お目, お逢, かめや, くらしたいと, くらして, くらすと, ぐずぐずし, こういう仕事, この国, この方, この空, この草, こんな暮, しばらく遊ぶ, する仕事, すんで, そういうの, そのまわり, その神, その老人, それから, それぞれ共同宿泊所を, そんな事, たいした評判, たった二人きり, でも, とれた産物, どういう生活, どちらの, どんなこと, どんな暮し, なくなられたと, なくなられた事, なれる限り, ね人, はじめてしん, はじめての, べつに見る, ほとぼりを, まず飲料水, まはり十五キロぐらゐしかなく, むかえる最初, もう一人, やったこと, やった卒塔婆流し, やろうという, りっぱに, わしが, われわれ技術員は, カレケバンクス島で, ココク, コンテを, デベソという, トルレスが, ニンブという, ペール島という, モノに, ヤカミシュという, ヨハネ騎士団の, 一〇九マイルという, 一人の, 一生くらす, 一生を, 一生涯を, 一番の, 一番古い, 一番年長者が, 一番高い, 一群の, 七千何百万という, 三ヵ月も, 下りた途端, 与市に, 乘合自動車を, 亀の, 二つに, 二十四時間を, 亡くなったので, 交通不能の, 人は, 人口は, 今梅, 仕入れ服, 仲仕生活を, 佐々木小次郎を, 余生を, 作ったクサヤ, 作つたといふ, 使われたきり, 修繕し, 全員戦死の, 八人の, 八千五百萬人の, 出して, 分れその, 勉強した, 十八年間に, 唄われて, 唄を, 唯一人の, 四国の, 四年ばかり, 地味が, 坊主の, 坐礁し, 執り行, 壞血病を, 夏の, 大きな砂糖工場, 大正四年頃まで, 天文年間に, 女の, 奴らを, 妙な, 宗家を, 宿酔の, 小西行長の, 島は, 平地という, 平戸領に, 年に, 幼時を, 建てましょう, 待って, 懸命に, 懸念し, 或あさ, 戦ひが, 手には, 拘束される, 持って, 捨てようと, 斬られその, 新嘉坡, 日本人と, 昔は, 暮した, 更に理想化, 書いた, 最後の, 月曜日の, 有力家を, 有名な, 朽ちはてて, 果てたという, 正月二十四日を, 正朔, 此の, 此処に, 死なせようつもり, 死ななくては, 死なれたところ, 死にたいと, 死ぬこと, 死ぬつもり, 死ぬとき, 死の, 死んだ, 死んだと, 死んだ与市, 死んだ彦太郎, 死んだ者, 死んで, 死んでしまつた, 母達と, 毎日ラジオで, 比類の, 気紛れに, 水に, 汽船の, 油揚の, 泊つて今朝歸つて參りました, 法楽を, 海が, 海の, 海鳥糞を, 満潮時には, 滯留する, 漁を, 焼きトゥリニダッド, 熱帯の, 牛の, 狩りせられ, 王宮改築の, 玻璃窓を, 珊瑚採取の, 生きて, 生きること, 生まれて, 生れた遠縁, 生活し, 留吉の, 畝作りくらゐし, 瘧, 白い砂, 白耳義の, 的矢丸の, 盛大な, 知人が, 神妙に, 祭の, 禊を, 私が, 私の, 私は, 秘密裡に, 種姥と, 稼いだもの, 稼ぎためた, 篝を, 約束した, 網に, 編輯し, 考へて, 育ったらどんな, 育てば, 臨終の, 臨終より, 船を, 花子が, 草も, 草や, 草木の, 葡萄酒の, 蘆や, 蘭の, 虹を, 行われる数々, 行方不明も, 行方知れず, 見い出されたジュノー, 見た漁夫, 見た潜水夫, 見た真珠景気, 見ましたはず, 観測する, 話すは, 貿易に, 越年する, 送ること, 逃げ出すの, 逝去なられた, 遠くから, 遭遇した, 鄭和の, 酒は, 金が, 銀を, 銅鑼が, 長い間食糧, 開催しよう, 難波した, 難船し, 霊魂を, 霽れ, 頂上が, 領主の, 顔を, 風の, 飲料水を, 飼い得る羊, 馬車を, 鬼と, 鶏の, 鹹気の, 鼻まで

▼ 島さん~ (283, 2.3%)

9 の妻 7 は云った 4 とお 3 の顔, の顔色, は

2 [15件] か, から頼まれた, が云った, が宵, の家, はいよいよ, はそう, はそれ, はなかなか, はにこっ, はまた, はもう, は岡田少年, は水沢さん, は続けた

1 [224件] お勘定, お島さん, から預かっ, があなた, がいくら, がいや, がこの, がそこ, がそれ, がだしぬけ, がとめよう, がどういう, がどうか, がよく, がレコード, が万端, が三人, が不思議, が出, が可哀そう, が応対, が急, が戸, が松井町, が此方, が水沢, が煮炊き, が父親, が特別, が立ちあがっ, が縛られ, が蒼い, が躯, が追いかけ, が逃げた, が金額, が頓狂, が馬乗り, こうだ, この守り袋, だけで, だけであろう, だってそのまま, だね, ちじゃあ, ちには, て言, て言う, とあまり, という神奈川在産, といふの, と二人きり, と手代, と言っ, どうも済んません, につかまった, にとんだ, には一種, には友情, には妻, には疑はれる, には顔面神経痙攣, にむかっ, に人殺し, に出, に出逢った, に別れた, に対して尊敬, に尋ね, に押し戻され, に注意, に渡した, に肩, に見せつけ, に言わせる, に賛成, のあと, のお, のおっ, のところ, のどんな, のは皮肉, のよう, のようす, のデリケイト, の世話, の口, の同僚たち, の喉, の外, の妹, の婿さん, の容體, の左, の御, の情熱, の料簡, の方, の眼, の米, の胸, の表現, の話, の顔面, はあくまでも, はあざける, はいつもきちんと, はけさ, はこく, はこの, はこわい, はごく, はさぞ, はしぶしぶ, はすぐ, はすばしこく, はそこ, はそっと, はその, はたいてい, はただ, はたてつけ, はついに, はどう, はなぜ, はなに, はなんだか, はにやっ, はにやっと, はののしる, はべつ, はまだ, はやがて, はゆるんだ, はよかろ, はよほど, はステッキ, はパン屋, は一, は一度, は三十四, は不安心, は云いかけ, は云っ, は他, は休み, は何, は何ん, は停車場, は僕, は元気, は内, は初め, は勤勉, は又, は収拾, は口ごもった, は口髭, は可笑し, は右手, は品, は妻, は客, は左, は帰っ, は彼, は徳利, は感心, は戸惑った, は手まね, は放つ, は新しい, は明らか, は時間, は暗い, は松井町, は歯, は気楽そう, は深川, は湯豆腐, は溜め息, は煮え, は父親, は片手, は留守, は相手, は確か, は結論, は胸, は行っ, は見られる, は言った, は訴える, は警察署, は酒, は野本くん, は陽気, は頬, は風呂, は鼻, ばかりでなく, もちょっと, もどこ, も一生, も中島さん, も同じく, も拵え, も最早, も気ちがい, も調べられ, も遠慮なし, より十センチ, を三百代言, を助け, を呼ん, を奥, を持つ, を政界, を縛, を見おろした, を貰つて來, を送, 待て呉れ云うて, 行って

▼ 島~ (277, 2.2%)

13 言ふ 4 十字架とは 3 いうと, いって, 内地との, 島との, 島の

2 [20件] いう, いわれて, おなじよう, なって, 二人で, 云って, 会ったこと, 呼ばれて, 呼びましょう, 呼んで, 宝島の, 海岸との, 申せども, 私は, 私はのみに, 称す同, 自分の, 視線を, 運命を, 金次郎は

1 [205件] あって, あり, いいます, いうからには, いうならば, いうには, いうば, いうべきで本土, いえば, いえよう, いっても, いつて, いふと, いふので, いふ所は, いふ所を, うちの, おっしゃいましたか, おなじくらいの, おキミ, お仙の, お別, お取次ぎ下され, させられる可能, されなければ, したん, した所, し来って, する, そのつぎ, その北, その鐘, それから, それに, それを, つけたいの, つながって, つらねし技倆, てない赤道下, なったキューネ, なりしとの, なりそれ, なりました, なり島原, なる, なるが, なるべきなり, なる是, ふ, もうす郷士, もう一つ他, よばれて, よばれるよう, よぶ太平洋上, よぶ洲, ウルツプ島の, クリアムリア群島との, サモア島の, サラン島とを, サント・オノラ島が, サン・ローザ島を, セリゴ島との, ドーム地帯とは, ナポレオンの, マルグレープ島の, メキシコとの, ロップ島の, ヴェルデ岬の, 一しよ, 一括し, 一緒に, 下總, 云, 云い維新後付近, 云う小, 云う所, 云ったこと, 云った態, 云った様, 云つた, 云ふ, 云ものは, 云處に, 人に, 会いたい屋敷, 似たり, 作太郎との, 信じ能, 倭みな大和平原における, 倭皆大和平原に, 僕の, 刻んで, 千束島, 半島の, 南アフリカ大陸との, 同じく直島, 同じよう, 名づけた, 名づけようじゃ, 名づけられたと, 名づけられて, 名づけ遊覧者, 名の, 名附けた, 向ひ, 呼ばるる二つ, 呼ばれた程, 呼ばれるが, 呼びすてに, 呼ぶが, 呼ぶこと, 呼んだこと, 命名された, 命名した, 地震の, 大夫との, 大島らしい, 孔雀が, 対の, 対岸四国の, 対立した, 對立し, 導いて, 小人島とで, 尾道の, 山で, 岬と, 岸との, 島とに, 島とは, 島原との, 島原半島と, 市十郎は, 度島とへ, 彼の, 往復し, 心得その, 思われる, 成れり, 改名した, 春日が, 曰ふ, 書きたる字面, 月島との, 木と, 本土とを, 松と, 水との, 沖永良部島との, 泥地と, 浅間との, 湖水と, 煙草と, 狎, 狩野川の, 申しまして, 申しまする中, 申すの, 申す女, 申合せ, 申者竊に, 的矢丸との, 相對, 相見え申候, 知れけりあげ雲雀, 石田英吉山本幸堂の, 福岡と, 称される所以, 称したと, 称して, 稲村ヶ崎を, 空とに, 竝びて稍, 背中合せの, 膃肭獣, 船との, 船とを, 花咲半島の, 裏浜とは, 見ゆ上, 見る説, 覺しき島の, 覺ぼ, 言う中婆さん, 言えば, 言ったって, 言ったもの, 言つて家付の, 言は, 言はれた, 言へ, 言蒸気船ニて, 謂うべきだから, 謂ふと, 貝十郎と, 越中島の, 路を, 身を, 連って, 連接し, 野原の, 陸とに, 青柳の, 風とに, 鴎と

▼ 島から~ (269, 2.1%)

5 島へ 4 歸つてから, 歸る 3 帰って, 持って, 歸つて來た

2 [16件] きた三人, 一歩も, 他の, 出て, 出る好い, 千軒の, 南は, 外へ, 外へは, 島へと, 島への, 島を, 来たので, 東京へ, 渡って, 追放され

1 [215件] あのひどく, あまり離れ, いって, おかえりに, おとうさんに, おとなりの, おはなし, おろされると, お連れ, かぞえて, きたの, くる神, この若江, この谷, しまへと, すこしは, ずっとはなれた, その作り方, だいぶ東, だされると, だして, つぎの, つれ出して, でたい名, とび立ったあやしい, におう花風, にげだすの, ぬけ出して, のがれ出て, また流れ, また船, まともに, やって来た人達, よび戻された僧, わたった貝独楽, われわれが, ケタの, コルフ, ゼブラの, ペラホの, ホテル・エキセルシオオルまで, ボルネオの, ボートを, ムネ・シユリイに, 一番に, 一直線に, 一直線の, 一緒に, 三人が, 上京した, 下りて, 下松から, 不思議にも, 乃至は, 乗り出した駒井甚三郎, 九マイル離れ, 二十五レガほど, 二海里ばかりの, 伊那丸が, 何時までも, 佛領印度支那方面にまで, 來たであらう, 傳つて吉備の, 僅かに, 元の, 入って, 出しそれ, 出せば, 出たらおれ, 出た物, 出た語尾, 出ようと, 出ること, 出る才覚, 出る純粋, 出京, 出雲の, 十二カイリ, 十二歳の, 又向う, 台南迄の, 台湾, 右方の, 向こう岸の, 向ふ, 呼ばれること, 呼び戻せる, 四百哩も, 垂れ下った樹, 多量の, 大きな高い, 大勢の, 大和や, 大男を, 奥さんの, 姿を, 宝物を, 小笠原あたりまで, 少しは, 少し引きかけ, 少し沖, 尾久へ, 岸までの, 島にかけて, 帰されて, 帰すまいぞ, 帰ったばかり, 帰った後, 帰っても, 帰るの, 帰るよう, 年の, 引きあげること, 復員した, 急いで, 成りその, 成立つて, 戻って, 手前には, 手紙が, 手紙を, 持ちきたされナポレオン自身, 持ち帰った陶器, 捕われて, 支島へ, 放れなくては, 救い出されると, 救い出すの, 救かる, 数町の, 旅へと, 日本人は, 旧兵庫, 明治二十五年の, 時々木乃伊, 時々葉書, 更に北, 書送った同じ, 月島へ, 本土へ, 本土へと, 来たばかりの, 来た人, 来た宮良, 来た漁師, 来た船, 来た角ちやん, 来るん, 東北風に, 根室まで, 根室までは, 歸つて來たなら, 歸つて來ても, 歸つて來る, 毎日この, 民族の, 汽船で, 汽艇が, 海魔が, 深い海, 渡舟で, 爆撃飛行団を, 狐火が, 町奉行へ, 発せられたこの, 發掘される, 着いて, 私たちを, 移住を, 空に, 脱け, 脱けた事, 脱出出来る, 自分の, 舟へ, 船に, 華の, 蒼黒い, 蘭を, 西の, 西方に, 解かれて, 解放される, 許されて, 資朝卿の, 赤い髪, 越して, 越後の, 転進に, 載せて, 近いの, 追ひ出された, 追放し得る, 送られた, 逃がして, 逃げだしたの, 逃げだすこと, 逃げだすよう, 逃げ出したいもの, 逃げ出し給え, 逃れようなんて, 逃出し, 進んで, 遠い昔, 遥か南方, 釈放した, 金を, 鉄砲が, 陰暗, 飛びさ, 飛びさったらまもなく, 養家の, 鬼を, 魁を, 鰐の

▼ 島には~ (204, 1.6%)

2 それが, むかし鬼が, 三時間しか, 本物の, 気づかれぬよう, 珍しい内地人, 赤ん坊が, 鎌倉殿の

1 [188件] ああいう, あって, あの怪い, あの漁師ただ一人, ある, あるん, いい港, いくらか解る, いのうなったはず, いまだ見物, おとら, おれたちの, おわさぬらしい, お初には, お爺さんなどで, かつてそんな, きびしい門限, ぐるりと, このよう, これら天然の, じぶん, すでにツシヤ, そうたくさん, そのずっと, それを, それ以来鼠満ち満ち, たくさんの, ただ二本, だれも, つつじ山吹連翹糸桜春の, どうやら住民以外, どこへ, ないと, ないの, なにか恐し, また絵, まだ吾が, まだ庚申, まだ独自, みんなで, めずらしい動物, やど, よくそんな, よくは, ろくろく食べる, わが聯合艦隊, インドネシアだけの, オイヅァ鳩間島には, オレンヂの, カトリックの, キラウエアといふ, タメトモが, ドゥミーという, ナルコテルコという, ハブという, ポルトガル人が, 一人の, 一握, 一日一日と, 一目も, 三本の, 二つの, 二人も, 二百七十名の, 五頭も, 井戸が, 人が, 人も, 人よりも, 人一人も, 人間が, 人間の, 今まで, 他の, 伊織や, 何となし, 何の, 何べ, 何人も, 信ぜられないくらい, 信者の, 先生不孝者を, 入って, 公学校校長の, 公學校校長の, 其要件が, 到底ない, 十何年も, 危険な, 合唱の, 同じ南, 君よりも, 土地の, 地下へ, 堪えがたい圧迫, 大きなほら, 大そう, 大体に, 大恩, 大砲を, 天産物が, 奈良朝以前に, 妃たちも, 宝は, 宝物が, 宝石の, 実際に, 対馬, 小さな半島, 小さな湾, 小学校が, 居ない, 島と, 川上以外に, 御番所, 恐竜の, 恰好の, 感興が, 慣れて, 排外的な, 支庁が, 支廳が, 数百人の, 文人好みの, 既に皮膚, 最新式の, 最近まで, 有名流罪人の, 木の葉が, 木橋の, 杉だの, 松でも, 松の木は, 桜も, 極めて軽快, 樹木が, 毒蛇あり, 水が, 汝の, 決して死人, 沢山青い, 法縁が, 海賊の, 激しい情欲, 烏帽子岩獅子岩カラス岩という, 珍しい桜, 珍しい椰子, 珍らしい, 生活の, 異常な, 白鳥が, 着いたものの, 硝子工場が, 神山と, 米が, 約八十人, 縁家が, 置いて, 羊の, 美しい娘たち, 能く, 自分一人が, 船が, 芝居の, 草が, 草や, 蜥蜴のみ, 蝮蛇が, 行われそれ以南, 解らないよう, 解らなかった, 訓練所を, 誰も, 近世に, 遊女の, 限らず内陸, 限らない, 雨雲低く, 雲わき燕が, 青い山, 食物を, 養い親, 鬼の, 鮎小屋らしい, 鳥一羽寄りつかなくなる, 鵯が, 黄金の, 黒煙が

▼ 島~ (196, 1.6%)

9 ないよう 6 ないやう 5 ありません 4 ない, 知って 3 あらなくに, 海も

2 [18件] あった, あつた, ある, おみよ, その一つ, ないくらい, ないしょんぼり, ない自, なさそう, よくお, 何時からとも, 作曲家も, 小カール島, 山も, 無かつ, 知つてゐる, 見えず, 見える

1 [126件] あらず思悩め, あります, あり第, あろうという, い, いよいよ近く, うすうす感づい, うるさいね, おとらから, お菊, この頃姉, すぎて, すっかり焼け, ちょっと珍, つよい, ないじゃ, ないぞ, ないで, ないといった, ないといふ, ないので, ないほど, ないまま, ないもの, ないわね, ないジロリ婦人, ないムザン, ない孤絶, ない思い, ない思ひ, ない有様, ない気持, ない空気, ない血相, ない話, ない返答, ない頑固げ, なかった, なかつた, なかつた忙しい, なくしたがって, なくただ, なくただただ, なくなって, なくふり, なく唯, なく寒ささびしさ, なく目, なく突き, なく立, なく絶望的, なく船, なく黙っ, なければ, なささうに, まるで強盗, まわりの, り, コマ人を, 一度は, 互いに素知らぬ, 伯父さんは, 何も, 内へ, 北の, 合衆国の, 同じ意味, 同様の, 地獄の, 変りは, 大船も, 大陸も, 岬も, 岸の, 左程, 巨人島も, 床の間に, 彼等と, 料理人も, 新潟と, 明治以前は, 春風, 是非なく, 時々入っ, 時々遣られた, 東京を, 棄白で, 汪洋たる, 海洋の, 混雑し, 無い, 無いの, 無いやう, 無い詮方, 無からずや, 無くして, 無くて, 無く落胆, 無価値, 物珍しそう, 皆白い, 目路に, 相変らず, 眩しい目, 眼を, 私の, 立ち上がり二人, 絽縮緬の, 聞いて, 自分が, 自分一身上の, 船が, 船の, 船も, 蒼渺たる, 見えない小鳥, 見えぬ洋上, 見えるには, 見ゆる, 變り, 負けて, 身一つに, 躯の, 近づいて, 隱れ, 黒一色に

▼ 島では~ (156, 1.2%)

2 なかった, 今も, 巡査と, 当日建物疎開の, 浦島太郎は, 浪の

1 [144件] ありましたが, ありませんが, あるまいし, おじいさんは, かういふ種類, ことにそれ, この星, この自分, これに, こんな資財, ございません, さうし, さんざんお, その夜, その日, そんなこと, ただ一人, たつたの, ないかと, ないだろうか, なかったろうかという, なくて, なくなつ, なくやはり, なくわが, なく世界最大, のろと, まず眼, またこの, まだ活, まだ秋, もっとも狭く, やがて彼ら, やや少なく, よい清水, アルコールタンクの, オイザトナという, オミキヲ入, キツネを, クィーン的な, クルクルと, ゴショウバナ後生という, ダ行を, ハマクラ喜界島では, バッコーという, マドモノ中部地方に, 一人の, 一体に, 一切の, 一定した, 一番高い, 万葉の, 三年毎に, 三線を, 上陸前に, 九千万人の, 二十尋から, 人の, 今でも, 今なお, 今漸く, 以前急死人の, 以前自分の, 例年の, 先帝以下三名の, 光と, 全体に, 兵士の, 出入りに, 切支丹反乱の, 前代未聞であろう, 助かって, 勢ひ, 十三年に, 十六日を, 単にラ・モンタニュ, 名代だ, 地下の, 地震神の, 外から, 夜深く, 大島から, 天人を, 女は, 宮古と, 小座頭, 小木の, 小浜島から, 山の, 山へ, 幸いに, 彼の, 必ず両者, 必ず兩者, 息子に, 打ちよせる浪, 拍子水と, 新輸入, 方言と, 日が, 日本一の, 日本人一般に, 旧暦六月三十日の, 明治十二三年に, 最も進歩, 朝で, 木曜日だった, 村, 村長も, 樹の, 正しいこと, 武田博士が, 歩哨も, 殆ど凡て, 毎日上陸し, 流木の, 温過ぎた, 熟兎を, 特に烏賊, 独身者が, 珍重される, 瘧と, 白い大きな, 皿に, 石を, 石原産業の, 神の, 穀物の, 聞かされたこと, 自活が, 蒼空の, 蛇を, 見かけぬ遊び人, 見はり, 貧困や, 近い頃, 都合が, 随分助かっ, 霊石に, 餓鬼飯とさえ, 魚狗だ, 鰆その他の, 鹿児島県の, 黍殻を

▼ 島~ (100, 0.8%)

2 の中, の元祖, の妻, の石塔, の群, の踊り, の間, を皆

1 [84件] かの手, からは花, から優れた, から受け, から村長さん, から聴き取った, が乗り人, が企て望んだ, が日, が身まかれ, が通例名, であ, であつ, ではなく, でニ・ヌガリ, で夢, で海上, となる, と共に洗礼, と帰っ, と物, なども浜辺, にさ, には言葉不通, にひどい, にも訣ら, に伝へた, に到る, に叱られた, に聞け, に逢, のなさけ, のサバ, の一人, の一生, の仕事, の仲間, の伝承, の住まい, の何人, の信じ, の信仰生活, の倭文, の吐息, の墓並び, の声, の大, の始祖, の心, の感情, の所謂, の胸, の脈管, の葬礼, の見覚え, の記憶, の話, の誇り, の語, の謹慎, の赦免祭, の迫害, はすっかり, はそれ, は今, は島, は既に, は猴, は珠, は移動, へ心, また仇敵, も, もクイクイ, もロップ島人, も後, も知つて, らしい半, を代表, を欺き, を非常, 乗せて, 話すは, 闘う時対手

▼ 島~ (86, 0.7%)

84 ということ 2 から何, し住民, な, ね, よ弁天島, 島だ

1 [62件] からこそこうした, からこの, からだ, からねえ, からゆき, から余程, から流木, から私, から麦稈, かわたくし, か北, がこれ, がそこ, がそれ, がリヨン, が人情, が其處, が夏, が屋久島, が覚悟, が談合島, しそこ, そうだ, そうです, ぞ, つた事は, と, とある, といいました, という, というの, という事実, とおもう, とか, とか三河, ときまった, とすれ, とつくづく, とのこと, とはかぎらぬ, とは矢代, とばかり思っ, ともおもわれ, とも思われた, と古代人, と怖じ気づき, と思っ, と思った, と思つて, と思ひました, と期待, と気がつけ, と聞かされ, なあ, などといっ, なんかと管, ねそういう, のと, のという, のに, よ無論, ア

▼ 島という~ (71, 0.6%)

10 のは 7 のが 3 ことに, のだ 2 のも, 小字に, 島に, 所が, 美しい緑

1 [38件] ところが, ところに, のであろう, のでしょう, のへ, のらしい, ひとりの, めばる, ものを, ろくろく人, 一人娘が, 亀に, 八人芸の, 印度洋の, 名が, 名の, 名は, 地名は, 女と, 女の, 女子の, 娘が, 娘で, 孤島に, 小さな島, 島が, 意味を, 歌は, 特殊部落が, 病婦が, 石油が, 詩に, 語が, 語も, 語意だ, 豪州に, 郷士の, 離れ島などにも

▼ 島にも~ (62, 0.5%)

2 あり, ある, 工場の

1 [56件] あった, ありまた, あり安, いた, いよいよ空襲, いろいろ名が, おなじ昔話, かうした閑雅, これと, こんなにうつくしい, こんな話, その心算, だんだん広い, つたわって, ないそれ, ぼんやり頭脳, またシロエ, また奄美大島, まだはっきりと, まだ一様, やはり古くから, ナルクミ・テルクミという, ネンガラ打ちの, 丁寧に, 人は, 似たる姿, 優美な, 分らなかった, 各々その, 周防長門の, 家が, 容易く感, 左迄, 年数が, 幾本かの, 後くも, 採録せられ, 春は, 曾ては, 未判定, 水が, 浦にも, 漸く感, 留まらず白山, 目に, 考えられた, 聞くも, 融通を, 見えすいて, 見える, 話し置其節, 赤外線男が, 遥かに, 雨に, 飛騨の, 鼠の

▼ 島~ (62, 0.5%)

2 [16件] が底, が引, つぁん, というの, と一緒, に平次, に手柄, に縛られた, に縛られました, は但し, は先代, は半日, は押入, は脇差, は首, を物色

1 [30件] が帰つて, が指さす, が朝子, が老母, でございます, でも俺, とかいう男, となった, に帰し, に歸, の丈太郎, の嗚咽, の後, の請人, の顏, の顔, の魯鈍さ, はさ, はささやきます, はまず, は一層, は七つ八つ, は宵闇, は幾松, は男用, は矢, は矢庭, は顏, は顔, を見

▼ 島でも~ (58, 0.5%)

2 ないぞ, もてあます跳梁ぶり, ポナペでも, 今は, 水曜島でも

1 [48件] あった, あるし, いいから, いささかも, いわゆる野菜, ないかぎり, なく先代萩, なんでも, また大和, また鳳仙花, みんな休み時間に, もう知つた人, やはりこの, やる時, アジサシの, ガダルカナル島でも, クラグワの, タンポポの, 一寸民主主義, 一流の, 一番の, 中流以下の, 人造人間を, 十八町ある, 十日ほど, 南に, 又生口島, 大勢出し, 小木邊の, 山羊なんか, 御油断, 指おりの, 日本の, 旧十二月末, 椿の, 漠然とし, 特殊扱いされ, 盆踊の, 矢張この, 福岡でも, 私の, 筑紫の, 網を, 蕎麦切を, 資本主義に, 近くに, 非常に, 風當り

▼ 島~ (56, 0.4%)

1 [56件] お気の毒, がいる, が云った, が加わる, さらばじゃ, じゃ, じゃと, だな, であった, でござんす, とは夫婦, とは恋, と恋仲, と申しまし, なら僕, に参っ, に導かれ, に立ち向かった, の伏せっ, の後, の心, の方, の耳, の袖, の顔, はきっと, はこう, はそう, はどこ, はべたべた, はバタバタ, はヒラリ, は丑松, は今, は反, は声, は夢中, は太, は左, は後, は悪口, は来る, は無残, は見えない, は身, は険しい, は静か, は顔, は鬼村さん, も笄, よ泣い, を右衛門, を尻目, を捉え, 目掛けて, 驚いたか

▼ 島婆さん~ (48, 0.4%)

9 の家 4 の所 2 の養女

1 [33件] お敏, がいざ, がお, がそれ, がそれほど, が二人, が何故, が悪事, とも交渉, と云う, にお札, にゃ見透しらしい, に見, に遇った, のよう, の云い, の作略, の声, の娘, の悪事, の手, の方, の秘密, の素性, の言葉一つ, の青んぶくれ, はいざ, はこう, はやっと, は毎晩二時, は鍵惣, もつい, を向う

▼ 島まで~ (43, 0.3%)

3 帰って, 飛んで 2 船で, 行って

1 [33件] おやりなすった, お母さんが, とどき夕日, ひいて, やって, やってきたの, ゆくのに, 一人で, 乘せた, 分布する, 合わせて, 地図の, 大約一千五百海里, 帝との, 并はせ, 持って, 望まれた, 来て, 流れて, 渡したまえ, 漕いで, 焼いた大火, 独木舟旅行を, 竊に, 翔けて, 行きたい行かねば, 行つて來る, 赴かねば, 辿りつかなければ, 追撃し, 連れて, 運んで, 食糧の

▼ 島~ (37, 0.3%)

2 さかい磯, 八丈島に, 岬や

1 [31件] お仙が, オノゴロ島, ビルマ地方に, 下婢に, 伊八の, 俎島その他水底に, 半島にも, 大きな岩, 宝島付近は, 岩が, 岩は, 岩または, 岸辺を, 島人は, 崎の, 東京に, 沖繩以上の, 浜屋に, 海底に, 海流の, 白帆の, 福岡の, 美田院の, 荘園や, 蟹江の, 誰も, 過ぎ去つた樂, 陸を, 鴨河原へ, 黒みか, 黒潮帶は

▼ 島との~ (31, 0.2%)

2 ことも, 間で, 間の

1 [25件] あいだは, 中間だ, 交通が, 交通は, 古くからの, 大部分, 婚礼談が, 岩山の, 昔話集が, 時代に, 湖峽に, 秘密それは, 縁を, 義であります, 計八十四ヵ所, 距離は, 距離遠から, 間である, 間は, 間を, 間三十間斗といへ, 間海中に, 間鼠の, 関係, 隔離が

▼ 島より~ (30, 0.2%)

2 ここに, フランスへの

1 [26件] なると, のぞくよう, ほかには, もっと遠い, パリーへ, 二つ年下の, 傳ひ, 再びフランス, 十近くも, 吹き送る秋, 外は, 小さい島, 島へ, 帰来する, 帰還せし, 採取せる, 斫りいだしき, 新潟までを, 来た人々, 歸り, 氣多の, 汽船に, 發程し, 西方百五十マイルの, 陸地へ, 飲んだ

▼ 島である~ (29, 0.2%)

4 ことが 3 ことを

1 [22件] うえ単, かはつきり, からたぶん, から遠く, か大陸, か第, がこの, がどう, が同時に, が孤島, が雨, けれども外廻り, ことに, ことよ, ためか, ためだけ, とか唯, とそういう, と認められ, のが, のであった, 大東島は

▼ 島~ (25, 0.2%)

3 の中 2 が横浜, ではいろいろ

1 [18件] が残し, が疲れきった, で帰っ, のサルン, の上, の事務長, の検疫事務, の甲板, の船室, はあわただしい, はシヤトル, は機関, は泣きわめく, は風, まで行っ, もまじっ, より一日, 以来二人が

▼ 島全体~ (25, 0.2%)

1 [25件] が, が一つ, が夕闇, が大海, が彼, が斜め, が死んだ, が濃い, が霞, でで, でみすぼらしい, に満ち充ち, に頗る, の名, の秘密, の空気, はさっそく, はイギリス, も海, を取囲ん, を朝もや, を見はらした, を遙, を隠し, を雪

▼ 島~ (25, 0.2%)

2 の沖

1 [23件] がいい, にも路傍, のこと, のとりこ, のまん中あたり, のやう, のよう, の大理石, の模型, の測量, の牧神, の離れ, は, へ, へあそび, へきた, へはこん, より南米, を幾十隻, を測量, を現出, を過ぎ, 第一

▼ 島~ (24, 0.2%)

5 のだ, んだ 2 のか

1 [12件] の, のかと, のであります, のでしょう, のです, ので村, ので此, のね, のを, んだい, んださうです, んだろう

▼ 島技師~ (24, 0.2%)

1 [24件] が発明, が陸軍大臣, である, にスパイ, のいとも, のこと, ののぞい, の手, の死刑, の犯行, の白皙長身, の行動, の行状, はゴクリ, は午前十時, は博士, は国際殺人団, は大臣, は幾分, は気, は燃える, は緊張, は陸軍大臣, は鬼村博士

▼ 島です~ (22, 0.2%)

532 ぜ, って 1 かと船客, からああ, からね, から直ぐ, か地下街, が今, どんなところ, な, ね, 多分人間

▼ 島人等~ (22, 0.2%)

2 のこの, の間

1 [18件] がかしこ, が家族, が彼, が祝ひ, であつ, でもゴオド自身, と一緒, にとつて, のする, の出發, の歸, の歸つて來, の群星, の赦免祭, は, はブルバラネク, はヤン, へ來

▼ 島とは~ (21, 0.2%)

1 [21件] いったいどこ, いったいどの, おもわれぬまでに, ここから, そこを, そちか, どういう島, なんの, 云ふも, 何であろう, 何処な, 名ばかりの, 大分方角が, 如何んか, 宙に, 海で, 知って, 見えない淡路, 邦人の, 陸地の, 霞ヶ浦を

▼ 島たち~ (20, 0.2%)

1 [20件] が入っ, が取着い, が寄, が湯, が漸, のため, の寄, の居周, の店頭, の暗い, の母親, の見, はそれでも, はまた, はまるで, は二度, は人, は口, は自分たち, を思いのほか

▼ 島へは~ (20, 0.2%)

2 棹の

1 [18件] あとまわしで, いかないでしょう, いかれっこないぜ, ひとりも, まいれませんので, もう二度と行かない, 十一日, 家が, 小人島の, 帆船である, 度々旅, 念仏聖が, 明るいうち, 森に, 渡らずに, 行けないのみか, 行って, 近よらない

▼ 島~ (20, 0.2%)

2 の声, を見ない

1 [16件] か, がいう, という自分, なの, の一戦, の人工的斜視, の嬌態, の弥次兵衛以下三千七百人, の趣き, はくやし, はガックリ, は呼びかけた, は眼, は着, は襲衣一枚, 歌うよう

▼ 島~ (19, 0.2%)

2 魔の

1 [17件] いやに, その事, それともちがう, ただしは, わからないけれど, 不明, 光か, 分らないもの, 大陸かを, 存じませんが, 山かに, 岬か, 忘れたが, 近海探検の, 陸地か, 陸地らしい, 鬼の

▼ 島かげ~ (19, 0.2%)

2 にかくれ

1 [17件] から突進, から花, から辷り出, が見えた, さえついに, になつ, に停泊, に別れ, に向けられた, に立つ, の, の小さな, の顔, もぼんやり, を舟, を見つけた, を見付け

▼ 島五六郎~ (19, 0.2%)

3 と川前市助 2 の聲

1 [14件] が憎, が昔, でした, と主人, と用人, の放言, はほろ醉機嫌, はよろり, はフフン, は口, は大, は眉, は自分, を自滅

▼ 島~ (19, 0.2%)

2 を當

1 [17件] だ位, であ, では度び度びさうした凍死者, で地理上臺灣, にし, に於い, に着いた, のカプリ, の放浪, の方, の花柑子, は又, は忽ち, をよく, を守る, を彷徨, を涯

▼ 島といふ~ (18, 0.1%)

2 のが

1 [16件] のだ, のは, 二段の, 人の, 八人藝の, 処へ, 古い言葉, 名前から, 字に, 島が, 島に, 島は, 強い二段, 燈台の, 真珠貝の, 言葉が

▼ 島裕吉~ (18, 0.1%)

3 が軽井沢

1 [15件] が書いた, が死んだ, が生きつづけられなくなった, が西欧, が連想, という有名, に弟, の性格, の感傷的, の死, の生き, の葬儀, はある, をじかに, を回想

▼ 島送り~ (18, 0.1%)

4 の役人 2 になった

1 [12件] さわれながら, で出雲, にしてやろう, になっ, になる, のさい, の七人, の任, の前後, の少年, もすみ, も目前

▼ 島にて~ (15, 0.1%)

2 死す, 重さ十斤

1 [11件] あなたと, 二千年以上の, 取りし大き, 唐船に, 歿したる, 沒したる, 猫の, 磯よりは, 絶え果てたという, 鉄を, 鳥は

▼ 島めぐり~ (15, 0.1%)

3 をする 2 のため 1 という, に出かけた, に日, のとき, の切符, の最初, の案内人, をし, をした, を続け

▼ 島附近~ (15, 0.1%)

2 で溺死

1 [13件] では岩, で大波, で捕獲, で觀察, で高麗鶯, にある, にて日本, に於, のアザナギス族, の地勢, の海底, は船乘, へとっ

▼ 島ごと~ (14, 0.1%)

1 [14件] にちがい, にちがう, にといおう, にまたは, に人, に区々, に異なり, に異なる, に絶えず, に行事, の変化, の小さな, の昔話, の発達

▼ 島~ (14, 0.1%)

2 の宅, は馬 1 が飴, に言, に談判, の顔, はこの, は困つた, は孝行者, は言, は近しい, も親孝行

▼ 島秋人~ (14, 0.1%)

2 という人, の, の作, の歌, の歌評, の環境, は私

▼ 島への~ (13, 0.1%)

2 渡し舟は

1 [11件] しあげて, 出発に, 放浪を, 眺めに, 航海で, 要求権を, 路を, 転地なら, 道が, 道は, 階段を

▼ 島~ (13, 0.1%)

1 [13件] からは北, がある, においてさしたる, においてはこの, において各自別々, に至っ, のかなりはっきり, のちょうど, のみに許された, の一致, の南半分, を通じて最も, 最も大陸

▼ 島からの~ (12, 0.1%)

2 帰途好, 生産で 1 ものであった, 友人の, 客は, 手紙に, 手紙は, 敵に, 遲れた, 風

▼ 島からは~ (12, 0.1%)

1 [12件] これを, マンゴステインや, 一里余りしか, 大変だ, 小頭の, 山羊の, 微かな, 手紙が, 東南へ, 豕か, 遠くの, 飲料水を

▼ 島左近~ (12, 0.1%)

1 [12件] がただ, などというの, などといふの, にだって分らなかった, に討たれた, の二人, の所, は地団太, は松永明智, を淀君, を遣し, 実は登城

▼ 島行き~ (12, 0.1%)

4 の船 2 が出やん, のポッポ船 1 が出る, の遊覧船, を決心, を防ぎとめなけれ

▼ 島あたり~ (11, 0.1%)

1 [11件] から流れ, じゃア想像, でダボハゼ, と見た, にかけてこの, にすばらしい, にもなん, に鉱山, の町, の風景, へ出

▼ 島じゃ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ございません, そうな, ない, ないか, ないかしら, ないかなあ, ないでしょうか, ないとさ, ないよ, ない黒船, 逃げも

▼ 島ちゃん~ (11, 0.1%)

1 [11件] が商売, が逃げ, こうして並ん, そんなに拗ねん, なら持って, の旦那, の籍, はあっち, は面長, も遁, 確りしない

▼ 島における~ (11, 0.1%)

1 [11件] ゲルマンが, 二派の, 仏国が, 全員戦死住民婦女子まで, 動植物の, 印象は, 四人が, 日本民族の, 祖先の, 膃肭獣の, 露国が

▼ 島~ (11, 0.1%)

1 [11件] から現われ, で釣る, に, に到着, に待機, に沈みかかっ, に見え, の灯台, の程よき, まで, をめぐつては

▼ 島での~ (10, 0.1%)

1 ただ一度の, どんな苦難, ハスの, メンドクサイ悲しみは, 悲しみは, 普通の, 私たちの, 話, 都の, 食餌の

▼ 島とか~ (10, 0.1%)

2 言ふ 1 いろ, そんなもの, 八重山島とかの, 宮古島とか, 皆その, 耳にのみ, 舟とか, 鉄砲で

▼ 島とも~ (10, 0.1%)

1 いうべき黒い, いう可, に申, またの名を, わからない山の根近く, 云えましょう, 大いに比較研究, 岩礁とも, 見ゆるかな, 言つたさうだ

▼ 島などは~ (10, 0.1%)

1 はっきりと, ほんの近い, まるで一粒, 世界の, 宮良当, 当時海賊の, 最明寺も, 畠ばかりの, 若い娘, 薪を

▼ 島において~ (10, 0.1%)

1 その重大使命, どれだけ, 古文を, 小浜兵曹長です, 我々の, 発見せられた, 語るは, 逝くなられたはず, 逝くなられましたはず, 逝去し

▼ 島ぬけ~ (10, 0.1%)

2 をし 1 ができる, とみられ, はできやし, は死罪, をする, を考えた, 牢や, 破牢とは

▼ 島吉兄哥~ (10, 0.1%)

2 は, は親分 1 が困っ, が困つ, が隠居所, が隱居所, はとんだ, は飛んだ

▼ 島などでは~ (9, 0.1%)

1 あるいは保存, この篇, その父, オマツイ, 二つは, 山の, 是を, 神に, 袖とり神の

▼ 島などの~ (9, 0.1%)

1 メカスは, 不断考え, 口から, 小さな島, 方言集には, 既開拓地において, 緑樹海は, 話を, 頭脳では

▼ 島なる~ (9, 0.1%)

1 おん寺の, とかや, に合わず, ものは, パガアニイが, 國後擇捉の, 窟に, 色丹島に, 語が

▼ 島びと~ (9, 0.1%)

1 が石ころだらけ, が群れ漕ぐ, に見つけられ, の上, の勇敢さ, の生活, の言葉, は生き返へる, は鉄

▼ 島へと~ (9, 0.1%)

1 いそぐの, 乗りうつった, 渡り歩く白人行商人, 發つて行つたのだつた, 移されました, 行かねば, 進んで, 運ばれました, 道を

▼ 島よりも~ (9, 0.1%)

1 ずっと手前, もつと, 三四倍も, 出でたり, 少し親しみ, 更に南方遙, 更に南方遥か, 東方に, 階級差別は

▼ 島右門~ (9, 0.1%)

2 の家 1 と鶴屋利右衞門, に縋, の娘, の浪宅, は口, は貧乏, は鶴屋利右衞門

▼ 島天文台~ (9, 0.1%)

2 の台長 1 からは月, ではそれ, にも聞えぬ, の放送, はこんな, はすこぶる, はたった

▼ 島太夫~ (9, 0.1%)

1 が部屋, であるならば, と云った, の前, は声, は恭しく, は沈痛, は顫, は驚き

▼ 島ある~ (8, 0.1%)

2 構図である, 構圖である 1 がこれ, ところ, と言う, ひは

▼ 島だけ~ (8, 0.1%)

2 では 1 そのお, であった, である, でなく四国路, で今, で留守中

▼ 島にでも~ (8, 0.1%)

1 まざまざと, 住んでるやう, 居るよう, 救われて, 流された人, 流されて, 生きて, 集まって

▼ 島~ (8, 0.1%)

1 に, に出, に持ち出す, の宮方, へでる, へ去った, へ立ち退き, へ追いやられた

▼ 島戦隊~ (8, 0.1%)

1 なるもの, にとっては烈し, に編入, の威容, の戦士たち, はこの, は戦闘地域, は日本攻略戦

▼ 島渡り~ (8, 0.1%)

1 だ, だと, だ坊, というの, の浄土僧, の鼠, はいかにも, をし

▼ 島~ (8, 0.1%)

5 一の 1 一なり, 一号は, 三光景と

▼ 島~ (8, 0.1%)

1 すなわちこの, でその, で支那, の海底, の章魚, の花ひとつ, へ正午頃船, までも

▼ 島その~ (7, 0.1%)

1 ような, 主なる, 人は, 物が, 物の, 荒磯にも, 荒磯辺の

▼ 島であり~ (7, 0.1%)

1 ここに, ながらも一つ, ながら蛇紋石, ながら高山, 同時にまた, 同時に蚫, 國境でも

▼ 島どん~ (7, 0.1%)

1 がなあ, がタッタ一人, が来おる, という四十四, の涙, は, も一刻

▼ 島なら~ (7, 0.1%)

1 ば, ばあれ, んか, 一度来た, 宝が, 生島も, 真冬でも

▼ 島みたい~ (7, 0.1%)

3 なもの 1 なところ, な寮, にあの, になっ

▼ 島らしい~ (7, 0.1%)

1 の, ものの, もののかげ, ものは, 円錐形の, 海岸に, 漂流物の

▼ 島付近~ (7, 0.1%)

1 で, である, でしょう, の, の海底, の異常, は風

▼ 島巡り~ (7, 0.1%)

1 して, に出, のサーカス, の相客, は何, を思い立ち, 大満足

▼ 島湧出~ (7, 0.1%)

6 す是 1 す其翌年七月朔日水中

▼ 島~ (7, 0.1%)

1 でクア, で鶏, と云, に寄港, の名, も出し, ノ地アリ

▼ 島からも~ (6, 0.0%)

1 きた, こなかったであろうし, 何の, 便りを, 遠望された, 餘程離れ

▼ 島じゅう~ (6, 0.0%)

1 が大, でいちばん, に誰, の危惧臆測, を木づたい鳴き, を飛びまわらなけれ

▼ 島ぜんたい~ (6, 0.0%)

1 が一羽, が水, のもの, は一つ, をしらべ, を海

▼ 島だった~ (6, 0.0%)

1 のだ, のです, ので広島, ので病人, メラネシア諸島の, 場合佐渡行の

▼ 島であった~ (6, 0.0%)

2 のだ 1 かと思う, が汽船, ことが, とともにさらに

▼ 島として~ (6, 0.0%)

1 より立っ, 一躍世界, 有名である, 松を, 知られて, 老いず死なぬ霊

▼ 島ながし~ (6, 0.0%)

2 になっ 1 にいたします, になる, ニあ, ニあふ

▼ 島などへ~ (6, 0.0%)

2 来たの 1 どうしてお, よく旅行, 好んで, 来たと

▼ 島に関する~ (6, 0.0%)

1 すばらしい文書, 地図と, 多くの, 知識をも, 秘密なる, 言い伝えは

▼ 島へでも~ (6, 0.0%)

1 ゆこうじゃ, 何処へでも, 働きに, 参りましょう湖水, 巌穴へでも, 追いやられるの

▼ 島へも~ (6, 0.0%)

1 いって, ドイツ側は, 敵が, 昔, 来そう, 行った

▼ 島三郎~ (6, 0.0%)

2 と娘, は二十歳 1 とは反, とは反対

▼ 島下郡~ (6, 0.0%)

1 では西富田, と旧, に新屋, の宿河原, の新屋, の方

▼ 島人たち~ (6, 0.0%)

1 に最も, のため, の感覚, の畏敬, の観念, はこれ

▼ 島~ (6, 0.0%)

1 という糶, に与え, のほう, は始め, ひせしかども, へ祟る

▼ 島~ (6, 0.0%)

2 の家 1 であった岡本権判官, となり, になっ, の社宅

▼ 島~ (6, 0.0%)

2 の若 1 のあの, の所有, の新, の用人風情

▼ 島市猿樂町鈴木三重吉~ (6, 0.0%)

6

▼ 島征伐~ (6, 0.0%)

2 の途 1 などの昔話, の一条, の伴, の昔噺

▼ 島温泉~ (6, 0.0%)

1 と云っ, にもう, に往つて, の落合樓, へ出かけ, まで辿り着いた

▼ 島生活~ (6, 0.0%)

2 の話 1 にだんだん, になれ, にはなく, はきょう

▼ 島警視~ (6, 0.0%)

2 は総監 1 は大きく, もう一人, も唇, を自分

▼ 島あり~ (5, 0.0%)

1 てその, て人, て雁の巣, 女人国と, 阿波良岐島という

▼ 島であっ~ (5, 0.0%)

1 てこれ, てわれわれ, て南極大陸, て当時, て日本全土

▼ 島でない~ (5, 0.0%)

2 のかも 1 という, とする, 人が

▼ 島とを~ (5, 0.0%)

1 北極より, 右舷と, 弁別し, 見おろしたとき, 見ると

▼ 島について~ (5, 0.0%)

1 書いて, 知って, 自分の, 語るもの, 誤った考え

▼ 島または~ (5, 0.0%)

1 オニグスクと, 人の, 山に, 海岸の, 鬼が

▼ 島一つ~ (5, 0.0%)

1 しか無かっ, ぶっつぶす, もない, 無いという, 見えないそして

▼ 島大戦隊~ (5, 0.0%)

1 の在所, は夜明, は狼狽, も逃げる, を外部

▼ 島~ (5, 0.0%)

1 が一つ, として松, の上, の娘等, の眺め

▼ 島幾太郎~ (5, 0.0%)

1 とその, はその, は我が, や中島, を大谷千尋

▼ 島武士~ (5, 0.0%)

1 だったが, では近藤弥四郎, ながら世事, の小胆者, は小迎

▼ 島~ (5, 0.0%)

2 の下 1 など人間, のれい, はあまり

▼ 島~ (5, 0.0%)

1 から出, に行っ, の切取り線, の潮, へ行き

▼ 島~ (5, 0.0%)

2 の愛読者 1 でスヰフト, といい, と云

▼ 島~ (5, 0.0%)

1 にゆき, に國者, に往きしか, に近づきぬ, は悲しき

▼ 島~ (5, 0.0%)

1 で催され, という牛鍋屋, などというよう, の辻行燈, へも行った

▼ 島および~ (4, 0.0%)

1 スキピオの, チャタム島を, テッサリーにおける, 宮古島などに

▼ 島くん~ (4, 0.0%)

1 があんな, の云い, の誤解, はうまい

▼ 島しらす~ (4, 0.0%)

2 天皇と, 天皇現御神たる

▼ 島たる~ (4, 0.0%)

1 トンガタブウにおいては, ルソン島に, ヴルカーノ島を, 古郷を

▼ 島などが~ (4, 0.0%)

1 あって, はるかに, 海賊の, 鋪石の

▼ 島に対する~ (4, 0.0%)

1 不満であるらしかった, 信仰が, 感情には, 気持ちは

▼ 島をも~ (4, 0.0%)

1 家と, 有せぬ, 見出し得なかった二人, 鬼ガ島と

▼ 島ワサビ~ (4, 0.0%)

1 だけであった, のほか, をたべはじめ, をほっ

▼ 島~ (4, 0.0%)

1 から数条, には何, には英人以外, の怪しい

▼ 島~ (4, 0.0%)

2 御方と 1 時人哀傷作歌, 模様十七八里程廻りの

▼ 島五六郎樣~ (4, 0.0%)

1 と許嫁, の方, の許嫁, は繁

▼ 島~ (4, 0.0%)

1 帯が, 體に, 體は, 體を

▼ 島列島~ (4, 0.0%)

1 に行く, のあん, の中, を通じて大抵

▼ 島占領~ (4, 0.0%)

1 などというでっかい, の事, の報告, の考えなき

▼ 島君さん~ (4, 0.0%)

1 の元, の恋しい, はどこ, は頭痛

▼ 島四国~ (4, 0.0%)

2 の一日 1 めぐりは, をめぐってさえ眼

▼ 島~ (4, 0.0%)

1 と, は, はみまかりけり, 宿る巖蔭

▼ 島方面~ (4, 0.0%)

1 で使う, と南洋原住民, にはシダマ・スダマ, の人

▼ 島~ (4, 0.0%)

1 にて死亡, に仮泊, に現われた, のチャイナ号

▼ 島特有~ (4, 0.0%)

1 の段々, の湿気, の職業的説話者, の貝殻

▼ 島自身~ (4, 0.0%)

1 が太平洋, に言わせる, の口, は彼

▼ 島諸島~ (4, 0.0%)

1 にもココ椰子, にもニライソコ, に多く, の例

▼ 島近海~ (4, 0.0%)

1 で白昼, の島嶼中西南海中, の暗礁, へ往

▼ 島~ (4, 0.0%)

1 から出た, に舳部, の北山, の葦津江

▼ 島~ (3, 0.0%)

2 つる 1 しゃれこうべそっくり

▼ 島いっぱい~ (3, 0.0%)

2 に吠え 1 に詰っ

▼ 島~ (3, 0.0%)

21 みよの

▼ 島かけ~ (3, 0.0%)

2 て八十嶋 1 て大日崎

▼ 島かと~ (3, 0.0%)

1 思う白帆, 思つたら, 見ゆる小さな

▼ 島こそ~ (3, 0.0%)

1 小さいが, 浮べくろ, 見物だろう

▼ 島さして~ (3, 0.0%)

1 帰る時, 来ぬ, 進んで

▼ 島する~ (3, 0.0%)

1 と夜, にちがい, のが

▼ 島その他~ (3, 0.0%)

1 どの長篇, におけるわが, を新た

▼ 島だったら~ (3, 0.0%)

2 われわれは 1 それを

▼ 島だろう~ (3, 0.0%)

1 と思います, と思われる, と言っ

▼ 島って~ (3, 0.0%)

1 あるわけ, えやつ, その島

▼ 島~ (3, 0.0%)

21 田を

▼ 島づたいに~ (3, 0.0%)

1 行く理由, 行ける, 進んだ

▼ 島でございます~ (3, 0.0%)

1 かな, が, がとね

▼ 島としては~ (3, 0.0%)

1 世界で, 花々しい事件, 隣同士で

▼ 島などには~ (3, 0.0%)

1 嫁を, 宝に, 山に

▼ 島なども~ (3, 0.0%)

1 家の, 見えた, 見える

▼ 島などを~ (3, 0.0%)

1 廻りアラビア人, 要しない, 過ぎて

▼ 島なれ~ (3, 0.0%)

21 ば人

▼ 島に対して~ (3, 0.0%)

2 何らの 1 なおぶつ

▼ 島~ (3, 0.0%)

1 アザラシよ, 入江よ, 近づけと

▼ 島よりは~ (3, 0.0%)

1 ずっとずっと大きい, もっと遠い, 年下で

▼ 島人ら~ (3, 0.0%)

1 が信じ, が草創期大衆小説, の海上

▼ 島以外~ (3, 0.0%)

1 に海, の事情, の人

▼ 島~ (3, 0.0%)

1 の台地, は元山, は北海津軽ヶ沖

▼ 島~ (3, 0.0%)

1 の磯, の遭遇以来, の鳥島

▼ 島及び~ (3, 0.0%)

1 住民だ, 北海道の, 四方この

▼ 島~ (3, 0.0%)

21 する鵜

▼ 島~ (3, 0.0%)

1 といった方面, といひ, に屬

▼ 島市江波村~ (3, 0.0%)

3 築島内鈴木三重吉

▼ 島帝国~ (3, 0.0%)

1 に現在, のいたる, の婦人文化

▼ 島建設団長リット少将~ (3, 0.0%)

1 ともう, と警備隊員, はたいへん早

▼ 島~ (3, 0.0%)

1 が長く, の上, を通過

▼ 島役人~ (3, 0.0%)

1 から屆, が来, はその

▼ 島徳右衛門~ (3, 0.0%)

1 がいる, がまず, が押し隔て

▼ 島~ (3, 0.0%)

3 賣の

▼ 島耕二~ (3, 0.0%)

1 がひょっくり, が来てた, は次

▼ 島~ (3, 0.0%)

1 かい, が見せ, のウチ

▼ 島近く~ (3, 0.0%)

2 の海 1 にまっ

▼ 島運動~ (3, 0.0%)

1 が後に, が発見, のこと

▼ 島~ (3, 0.0%)

1 でありま, の便り, の呼び名

▼ 島あて~ (2, 0.0%)

2 の郵便物

▼ 島かしらと~ (2, 0.0%)

1 考えた, 考へた

▼ 島かなた~ (2, 0.0%)

2 に鏡

▼ 島ぐらい~ (2, 0.0%)

1 わけなくつくる大, わけは

▼ 島ここ~ (2, 0.0%)

1 から根岸, にも島

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 へ無, へ見出せ

▼ 島さし~ (2, 0.0%)

1 てゆく, まはる

▼ 島した~ (2, 0.0%)

1 か, というの

▼ 島すなわち~ (2, 0.0%)

1 ハワイ諸島の, 少年連盟島を

▼ 島そのもの~ (2, 0.0%)

1 からああ, からすばらしい

▼ 島だけには~ (2, 0.0%)

1 これほど, ちょいちょい当

▼ 島だらう~ (2, 0.0%)

1 といふ説, なんて近所

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 やない, や遁げ

▼ 島であります~ (2, 0.0%)

1 から開け, が産業

▼ 島であれ~ (2, 0.0%)

1 かしと, ば

▼ 島とで~ (2, 0.0%)

1 どこからも, 調練の

▼ 島とに~ (2, 0.0%)

1 ふりかかって, 離れて

▼ 島とやら~ (2, 0.0%)

1 で儂, 承候而

▼ 島とやらへ~ (2, 0.0%)

1 わが身も, 庵を

▼ 島と共に~ (2, 0.0%)

1 国分寺の, 譲ろうと

▼ 島なき~ (2, 0.0%)

2 場所も

▼ 島などで~ (2, 0.0%)

1 まるで島, 残って

▼ 島などに~ (2, 0.0%)

1 尚今日, 行くと

▼ 島なんかに~ (2, 0.0%)

1 いやしない, 来たくなかったの

▼ 島なんて~ (2, 0.0%)

1 あんな辺鄙, ものは

▼ 島にたいする~ (2, 0.0%)

1 嫌悪の, 臆測さまざまな

▼ 島についての~ (2, 0.0%)

1 大切な, 話を

▼ 島については~ (2, 0.0%)

1 収入の, 確実には

▼ 島にては~ (2, 0.0%)

1 なきよう, 狐が

▼ 島にとっては~ (2, 0.0%)

1 大切な, 姪にあたる

▼ 島にまで~ (2, 0.0%)

1 移住したる, 進められたこの

▼ 島に対しても~ (2, 0.0%)

1 一文の, 食慾を

▼ 島はじまっ~ (2, 0.0%)

1 てはじめて, て以来

▼ 島ばかり~ (2, 0.0%)

1 かたまって, でなく内地

▼ 島へまで~ (2, 0.0%)

1 流された僧侶, 運んで

▼ 島までの~ (2, 0.0%)

1 広大な, 海が

▼ 島までは~ (2, 0.0%)

1 例の, 千五百哩弱され

▼ 島テルナーテ~ (2, 0.0%)

1 とティドール, に来た

▼ 島一ぱい~ (2, 0.0%)

1 にパリ, に生え

▼ 島一人~ (2, 0.0%)

1 が何, を除い

▼ 島三郎さん~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ 島上陸~ (2, 0.0%)

1 だとか, の相次ぐ

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 の話, もいらぬ

▼ 島五六郎殿~ (2, 0.0%)

1 と許嫁, は御

▼ 島人全体~ (2, 0.0%)

1 から疑はれる, から疑われる

▼ 島人達~ (2, 0.0%)

1 が寒, のこと

▼ 島以来~ (2, 0.0%)

1 の荒海藻, 引き籠って

▼ 島公靖~ (2, 0.0%)

1 っての装置, も

▼ 島出身~ (2, 0.0%)

1 つまり日本海, の大小

▼ 島北岸~ (2, 0.0%)

1 の同名, の高地

▼ 島南方~ (2, 0.0%)

1 で英艦, の遭遇戦

▼ 島吉さん~ (2, 0.0%)

1 が毎日, が通る

▼ 島吉兄哥俺~ (2, 0.0%)

2 はこれ

▼ 島向島~ (2, 0.0%)

2 なぞと呼ばれ

▼ 島噴火~ (2, 0.0%)

1 に於, は著しい

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 お島坊, と呼びなずけられ

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 なるは, 噴火は

▼ 島大変素性~ (2, 0.0%)

2 のよい

▼ 島太夫お前~ (2, 0.0%)

1 に命ずる, は覚え

▼ 島奄美大島~ (2, 0.0%)

1 で採集, ももと

▼ 島姉さん~ (2, 0.0%)

1 がまた, は実

▼ 島守備~ (2, 0.0%)

1 の尊い, の我が

▼ 島安太郎~ (2, 0.0%)

1 が顔色, と云う

▼ 島帰り~ (2, 0.0%)

1 だから, はそれ

▼ 島平君~ (2, 0.0%)

1 がずいぶん, が私

▼ 島建設~ (2, 0.0%)

1 にしたがっ, にしたがった

▼ 島建設団長~ (2, 0.0%)

2 のリット少将

▼ 島廻り~ (2, 0.0%)

1 は一寸, を企てた

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 は円く, は帽子

▼ 島或は~ (2, 0.0%)

1 国の, 國土を

▼ 島探検~ (2, 0.0%)

1 の助手, の際

▼ 島探検隊~ (2, 0.0%)

1 っていうん, はよかっ

▼ 島星山~ (2, 0.0%)

1 であろう, の麓

▼ 島暮し~ (2, 0.0%)

1 だった, をし

▼ 島東側~ (2, 0.0%)

1 の本渡城, の熔岩流

▼ 島東南東~ (2, 0.0%)

2 微東

▼ 島東郷島~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 が雑, と云われる

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 のところ, はあの

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 と云, は或は

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 りだから, りの

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 衣君牛込下宮比町の, 衣森暁紅と

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 の上, の成因

▼ 島環国~ (2, 0.0%)

1 に集中, の中

▼ 島生まれ~ (2, 0.0%)

1 でアメリカ, の帰化人

▼ 島生れ~ (2, 0.0%)

1 のジャン, のテナー

▼ 島田圃~ (2, 0.0%)

1 に待受け, の方

▼ 島監獄~ (2, 0.0%)

1 から直ぐ, の内

▼ 島秀之助~ (2, 0.0%)

1 といふ者, 駈寄天一坊

▼ 島秋人君~ (2, 0.0%)

2 から来状

▼ 島秋人自選~ (2, 0.0%)

2 の歌集

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 けのご, けの舟

▼ 島船舶~ (2, 0.0%)

2 の乗組員

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 が土, の葉張り

▼ 島薗博士~ (2, 0.0%)

1 が予め, に診察

▼ 島辺り~ (2, 0.0%)

1 かも知れねえ, は此

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 という者, にも一生涯

▼ 島造船会社~ (2, 0.0%)

1 でも評判, の職工兼吉

▼ 島~ (2, 0.0%)

1 の宿酔, の宿醉

▼ 島銘仙~ (2, 0.0%)

1 の綿入れ, の袂

▼ 島高蔵~ (2, 0.0%)

1 も同じ, も現場

▼ 島黒く~ (2, 0.0%)

1 僕は, 海黒き

▼1* [642件]

あり合せて八島相聯, 島いくつも出来たるごとくなり, 島いたましく海に, 島いちばんのど, 島いちめんの鳥, 島いつぱいに, 島いまの広島城跡, 島い照る紅葉に, 島うかびて, 島うちでも相川, 島うつくしいといふ外, 島押渡, 島おかけめしやいが, 島おくりの囚人, 島おけさを, 島お前よく考え, 島かが分ろう, 島かしら小さいけれども, 島かで古い腐った, 島かとばかり都を, 島かとも見るうち, 島かもしれない, 島からとも知れず飛んで, 島からどないして, 島さまたちの, 島くんきみはいま, 島ぐにの王たち, 島ぐらいになると, 島こそは彼女らの, 島この島に, 島この世の地獄, 島これがフランス, 島もりを, 島ごと里ごとの変化, 島さえ見つければ, 島さえがよくも根こぎ, 島さては黄海の, 島さんあたしたちがこう, 島さんあなたは私, 島さんぢやそれ, 島さん夫婦の話し, 島しろし薩摩潟沖縄かけ, 島じうの猿, 島じゅうどこにもそんな, 島じゅう白樺の林, 島ずつ発見し, 島そこに行け, 島そして燈台守以外には, 島その他平戸島の村, 島その他水底にかくれた, 島それからそのじ, 島それぞれのちがい, 島そんな島が, 島ぞいにラボール港, 島たいじの桃太郎, 島たち夫婦の内幕, 島たった一言聞かし, 島たんぼを兄, 島だけが白いの, 島だけしか連れて, 島だけに生ずるアルガロッペ, 島だけの特殊な, 島だけは傍に, 島だってお二人, 島だらう見渡す處隨分巨大な, 島ちうとこへ, 島ちゃんお前さんそう幾日も幾日, 島ちゃんお前さん今のうち, 島っていうなあどこな, 島つた男があつ, 島つづきであって小舟, 島つてあるわけ, 島つてグアム島のこと, 島つらなれる風景画に, 島づたいといっても一つの島, 島づたいとはいいながら千カイリもある, 島づたいにトレス海峡を渡っ, 島であったならばそれ, 島であるしょうこでなかろうか, 島であろうか, 島でございまして東西南北二十余町, 島でしたか, 島でしょう竹生島へ, 島でたく大かがり火, 島でなくて埼, 島でなくなられたはずの, 島でなくもつと近い, 島ではにいるか, 島といへり, 島といった感じの, 島といふは五穀豊饒魚貝鳥獣多く, 島とかいう所に, 島とかいふ力士の, 島とかに至って奇抜, 島とかの名は, 島とが遠く水, 島ときたら少くも, 島としての疎かならぬ, 島とても其種の, 島とともにひさしを, 島とやらが何といたしました, 島とやらに連れて, 島どんと今の後妻, 島ながらこの島, 島なく老媼は, 島なしと伝う, 島なぞにいらしつたん, 島などでも村から, 島などといふけれど, 島などにも仕事が, 島ならばけふも御影, 島ならびにコテルニイ水道において, 島なら立てるごときは毘沙門島, 島なりエイヤ, 島なりあらず亞弗利加の, 島なりし今は, 島なりといふ, 島なんかへ案内を, 島にあたり鼓と, 島においてのみ認められること, 島においては女に対して, 島においてほど固有の, 島においてもコロンボ港から, 島にかへる時, 島にかけて啼き渡つて, 島にこそありけら, 島にこそは私は, 島にだけ南洋の, 島についてから三日めの, 島にと漂着した, 島にとって最も恐るべき, 島にとり残されたシンドバッド, 島になんか一時だって, 島にのみ似つかわしかった, 島にばかり集って, 島にゃダービーの, 島によつて種々, 島によって違うもの, 島によっては村の, 島により当分そこで, 島にをるあ, 島に対してはその得意, 島に関して研究致しました, 島ぬけだとみられるだろう, 島のみかどに於いて, 島のみが感じ得ること, 島のみに限られたもの, 島はいちめん鳥の糞, 島はとぼとぼと構内, 島ばかりか大海の, 島ばかりが多かつ, 島ばかりの大きさ, 島ひとつ守れねえこ, 島びとがあつまって酒を飲む, 島へかへる魚, 島へというのも, 島へとは思いきったご, 島へわたつた, 島へをれば, 島ほか島々の島蔭, 島ほどには人口の, 島ほどの蟻, 島ごく一部分, 島めぐりでわしが, 島め乃公をポチ, 島もしくは海近くの, 島もろとも焼き, 島やの幻が, 島やまとの國, 島やら半島やら, 島ゆく島の, 島よりずつと先の, 島らしく椿の, 島わにあらき潮騒, 島をさえ統一し得ず, 島をめぐって神之, 島を以て質と, 島アイヌも樺太アイヌ, 島アグリゲントウムの暴君ファラリス, 島アフリカおよび南北米, 島イスランジャ山の大, 島イル・デ・ラ・シテだけに過ぎなかった, 島エトナの火, 島カンボジヤチャンパマラッカマリヤナ島アフリカおよび南北米, 島コロンボの聖ミカエル聖天使寺院, 島コロンボ市のことに, 島コロンボ市マカラム街の珈琲店キャフェ・バンダラウェラ, 島ゴールバーンウェッセルカンベルランド海峡からアラフラ海, 島サン・ミケレとのあいだ, 島シラクサ市の僭主, 島スケエの城, 島セントビンセン港に入る, 島ソレントカプリ島フロウレンスミランと私, 島ダクダク講社の棕櫚絲時計, 島チモル島を経, 島ッ何という雑言, 島ティドールに残った, 島別レテカラ後ノコトハ, 島渡りし者ニ問, 島ニテハ焼継寄継不叶, 島ニハ女酋ヲ尊ブ習俗, 島ニ生レ四十一歳ニシテ來朝シ尋デ歸化シ姓名, 島ニ行て唯, 島ノルダン峽江附近にて船外, 島ハルマヘラ島と導い, 島ヒルテイ村ビジテリアン大祭の新鮮, 島フロウレンスミランと私, 島プレー山の噴火, 島ヘルナー山頂に坐礁, 島ボムベイ島と共に譲ろう, 島マウイにはハレアカラ, 島マデハ及バザルベク思ハルレバ此ノ二國造, 島ミッドウェー島に十六人, 島モルッカ諸島探検のため, 島モロカイに移り住み, 島ラパルマ港に入る, 島レイテ島ミンダナオ島にいたる, 島去ツテ, 島一つ一つ趣のかはるの, 島一つ五十日目に島一つ, 島一つ浮き上るよう, 島一の橋をわたっ, 島一人密かに是, 島一帯が低く遠く, 島一日に七度, 島一番の貧乏人, 島一般の観測, 島一隻があり, 島七兵衛さんは郡代, 島三万の膃肭獣, 島三石崎沖に假泊, 島上流に出, 島の条, 島下郡吹田村涙池土俗伝えて, 島が二男並馬ハ, 島家老の, 島中ノ島硫黄島濱島の諸島, 島久賀島佐賀県では厳木, 島久高のろ, 島乍浦寧波等を占領, 島九月の気圏, 島は嘉川主税, 島二つほどある, 島二ツ山の狸弾三郎, 島二人の踊り子丸トチリ, 島二十一年甚八は六十七歳, 島二島のひま, 島二氏と安濃津, 島二見港についた, 島二郎という者, 島云々の風聞, 島五六七月頃の巨済島入佐村, 島五六郎川前市助の二人, 島五六郎樣始め拙者までも腹, 島五六郎樣用人川前市助と申す, 島五六郎腹を切つて, 島五六郎自身前驅, 島五六郎長身白皙で鼻, 島五兵衛ともうす, 島五州氏とかいうが随分, 島五月上旬にはアフリカ南岸, 島亜刺比亜の国, 島亡くなった人に, 島人どうし互にさう, 島人どもが一日, 島人サウル・ランボオよりの聞書, 島人口百二十三の一人, 島人女を恋う, 島人柱の外, 島人間のすんでる, 島今回の噴火, 島以來かう云, 島以来南方諸島は失陥, 島仲里間切の数々, 島仲里間切二百数十年前の記録, 島伊勢ヶ浜玉椿浪の音, 島伯州會見郡濱野曰三柳村より隱岐, 島まで来られたら, 島住いがどんな, 島住むに足る, 島住居の御, 島佐賀県では厳木, 島何れも無人島, 島便りはいつも, 島信次氏の書いた, 島個々の観測, 島先生の伝, 島跳ねつつ, 島兜島を自, 島入佐村九十十一月の釜山, 島兩島の間, 島八丈青ガ島が相つい, 島八島の池, 島公靖その他の人々, 島六郎は中味, 島其岳父其夫の三人, 島兼次も酒友, 島分教場であつ, 島分署看守副長十等野口正義を末尾, 島岡西島などの, 島勾当の家, 島北端の志岐, 島十九になつ, 島十五里の島, 島どり, 島千本兩士の外, 島千本兩家のいろんな, 島千束島などの島, 島半島にも一カ所発光点, 島南旭村鰕島新田岩船郡金屋村海老江などいう, 島南湾路入濠洲, 島南端の空港, 島しと, 島即ち今の, 島が陽, 島右近村山左近北野小太夫幾島丹後守杉山主殿, 島右門厄介な事, 島右門如才もありません, 島司ハドソン・ロオとの対話, 島司令官および幕僚, 島司某君等が余輩, 島合せて八十四ヵ所以上, 島吉どんがいるで, 島吉原驛も打, 島吉親分じゃこね返し, 島吉親分ぢやこね廻し, 島名だかしされど北松浦, 島君女郎よな妾, 島君当世流に襟元, 島君殺しに懸かっ, 島君獨りでは, 島君達はとうに, 島周りは一里, 島周圍數里六十八峰天を刺し, 島唯一人の自殺者, 島商人となっ, 島喜さんのご, 島噴煙の高, 島四周の海面, 島四国八十八カ所の霊場, 島四山の中, 島団右衛門あたりの御, 島団右衛門どのの計画, 島国民の道徳, 島土人ときそう彫刻的, 島土産ではある, 島地方にはニイラ, 島垂根が女, 島も見る, 島堀江などが陪席判事, 島塩飽などの島々, 島壱岐島及び処処, 島外武士のひとり, 島外諸島が遠近, 島多く総て少年時代に, 島多ければ海賊, 島大いに繁昌する, 島大尉から当時, 島大島嶺は雲居, 島大根島などを夜見, 島大根葱などの山積, 島太夫十字架の前, 島太夫柵にこう, 島太島宇和島加島などまた, 島夫人に頼ん, 島夷志略がある, 島の原田, 島奪還の噂, 島また枯草, 島子志柿辺まで軍勢, 島定住者の後, 島宮古島の有力, 島宮津に道場, 島家令が遂に, 島小八郎恩人に頼まれた, 島小松川すじ品川目黒すじの三カ所, 島小瀬戸を界, 島吉津田六左衛門の, 島の谷, 島岩松白樺子供葦を渡る, 島そして其處此處, 島島中絶えて, 島島人が乗り人, 島川満の邑, 島巡り行商人に至る, 島にサルジニア, 島巨文島北は元山, 島の義, 島という本屋, 島市松の妹, 島帝国中どこへ行っ, 島師範の閣下穗科信良, 島常盤街十一番地と別, 島平等院のあたり, 島年頃は市十郎, 島幾万の膃肭獣, 島幾太郎こと兇賊の首領大谷千尋, 島幾太郎年の頃三十二三, 島広山に打, 島度島平戸西岸の村, 島建国建の物語, 島建設団首脳部はいつの間に, 島建設費の何万分の一, 島を榜ぎ, 島廿九日カナリー群島のテネフリ島, 島弁天島兜島を自, 島役所の納屋蔵, 島か宮崎敬介, 島徳さんも刑事, 島徳七氏について云う, 島徳蔵氏は成金, 島心中などに捏ね上げ, 島怪しい入江そこには, 島悠吉にきき, 島悠吉さんの隣り, 島成園中にも松園女史, 島戦隊司令官に任命, 島ひに, 島が立てられた, 島探検隊員は明智, 島支庁長をし, 島攻略に邁進, 島政府差廻しの成層圏機, 島數多かりしが, 島文博士であつ, 島文字島紅葉の岡, 島新しい島の, 島方言の古音, 島日暮里に大火, 島日暮里尾久と際限, 島日本海海戦の沖の島, 島の世, 島春近むらし雪解水, 島などは隣, 島時代である, 島暮らしの中, 島をゆきしか, 島曹博を作れり, 島最初の王, 島最大にし, 島月島の一大島, 島有りて此濱, 島末代までの, 島村地先群馬県境町地先世良田村平塚から尾島町前小屋地先, 島東南端の岬, 島東方五キロはい聞えます, 島東端の岬, 島東西八町南北四町と稱, 島某海軍大佐に至った, 島栄湖であろうな, 島株式会社というの, 島桂島踞せるが, 島梅田を始め十余名, 島椰子林の監督, 島榜ぎ回む舟は釣, 島樣御一家の難儀, 島横断旅行中である, 島此事を竊, 島武士近藤弥四郎村上六郎なども加わっ, 島殺しを便乘, 島殿とある, 島殿カランス殿が仰せられる, 島氏来神田の工場, 島民俗誌にも別に, 島の出る, 島水島手取川を越え, 島求めは島, 島江口と云う, 島沖の島へも行き, 島沖十二吋の主砲弾, 島沖縄のカンラク, 島泊りの方, 島の一族柳営, 島津らを語らひ, 島津庄南郷の内, 島津等の外樣大名, 島津藩との間, 島の上ニ其地ニ, 島流れの憂身, 島流人の親, 島浅黄なる衣更, 島海上の, 島海中の二島嶼, 島海人が往昔航海術, 島海人古へ航海, 島海島民は人, 島海沢藪をかけた, 島海総督府があり, 島海諸島に移住, 島海附近に颱風, 島海鳥の島, 島涅歯の風習, 島深川万年橋本所竪川同じく本所五ツ目羅漢寺, 島渡りして来た, 島渡りした御館配下の, 島渡り系統に東国, 島温泉付近も魚, 島温泉滞在中に詠んだ, 島温泉附近である, 島のくだり, 島湊町に御船手番所, 島湯本館にて, 島源三なども犬山その他, 島源左衛門和田源四郎を差向け, 島濱島の諸島, 島濱町の酒新聞社, 島火事だと, 島火葬場へ向, 島焼火山その他の所々, 島煙波ふかく鎖し, 島熊山の夕暮, 島爆然轟裂火光煽, 島爆発ではさぞ, 島爆破の導火線, 島物語を絶域, 島特に佐渡ヶ島には, 島特別郵便局の検閲済, 島にでき, 島狢塚戸指川などである, 島独特の黄色い円い, 島猫越川とヤマメ, 島もっとも多し, 島玄海島日本海海戦の沖の島, 島理想島等の名, 島環國日本は一つ, 島生馬南薫造の両君, 島の棕梠製, 島田地に成可二町四方, 島甲板から飛びだす, 島にし, 島町皆地巻士也泉米津までの間平原, 島變, 島百合子さんが僕, 島盛伊兵衞北田忠之丞中村右助皆八戸住, 島近き雷神, 島目がけて漕ぎ, 島目ざして必死, 島目掛けて投げ付けた, 島相應の小さな, 島眞夜中の太陽, 島矢張りお前は, 島取島, 島石垣を始め, 島石川島に燃え移り, 島石川島月島の一大島, 島が並び立っ, 島神崎あたりへも陸, 島神社に参詣, 島窶れの翳, 島等これらのもの, 島等焼立候に付, 島筑紫のはて, 島紀念塔設立の顛末, 島紅葉の岡, 島の三人, 島縣比婆郡に傳説地, 島繋留作業を終る, 島義勇が京都, 島耕二クビになった, 島耕二ロケーションで上京, 島育ちであったが, 島育ち死ぬまで野暮ったく, 島自体がロッペン鳥, 島臺世の常の目出度い, 島舳部の支柱, 島がポル・ヱヴァン, 島船小船浦の真船, 島若しくは大小の, 島荒磯の玉藻潮干, 島及び蓮, 島落合楼ての, 島葛島比島など云う, 島蓮田の古道具屋小林文平, 島蔭湾で深海, 島の侍等, 島蔵左団次の松島千太, 島を常に, 島薗内科の, 島薗順次郎博士はその, 島衆民の市, 島を噛ん, 島西代荒川河役前四ツ谷前など数里, 島西山など二, 島西岸に於, 島西端の集合地, 島見え松動く見ゆ, 島親愛島理想島等の名, 島に近づき, 島言問など隅田川, 島言葉でもアマンチュ, 島であつ, 島のしるす, 島語法の中, 島誠君に多大, 島説話とタンホイゼル説話, 島謹一郎氏の手, 島豊崎村に大字浜久須, 島貝殻島と花咲半島, 島とそうして, 島路大里矢田小泉これらの手合い, 島辺榜ぐ船に妹, 島散策, 島近きところを, 島近く榜ぐ船に供奉, 島途切れて見ゆる, 島通う千鳥の, 島造船は五円, 島造船所へ伝手, 島遊びを勸め, 島遊山一人別れて, 島道子といえ, 島達夫婦のところ, 島遠くて小田原大磯, 島一宮途中, 島那留浦を發船, 島郡領房雪の末子, 島醫學士の厚意, 島金沢なども見えまする, 島鉄砲洲にかけての風景, 島鐘ヶ淵綾瀬川なぞの蘆, 島長門の毛利, 島を見れ, 島開闢以来の文化人, 島間六千キロを定時, 島限りでの経験, 島隠り吾が榜ぎ, 島雑太の庄, 島離宮の省, 島離宮屋根を貫い, 島首長の墓, 島香取二神子の社, 島馬島という島, 島馬酔木しみ立ち岩床, 島騒動に激, 島高等師範教授今は東京高等師範教授, 島の群, 島や水天宮, 島の住む, 島啼きつと, 島鹿の島などというの, 島黒島がかすん, 島黒髪山島尤大なり