青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「峰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~岩 岩~ 岬~ 岳~ ~岸 岸~ 岸本~ 峠~ 峯~ ~峰
峰~
~島 島~ 島田~ 崇拝~ ~崖 崖~ 崩れ~ ~嵐 嵐~ 嶺~

「峰~」 3670, 35ppm, 3315位

▼ 峰~ (771, 21.0%)

21 上に 14 間に 8 ように 7 下に, 方から, 方へ, 間から, 間の 6 頂に, 麓に 5 上から, 上を, 方を, 松原も, 茶屋から 4 あたりに, 上で, 下宿へ, 二上山形に, 分れて, 松の, 松原が, 松原である, 松原は, 頂上に 3 並んだ山, 中腹を, 方に, 白雪, 白雪麓の, 雪に, 雲に, 頂は, 頂上から, 高きに

2 [68件] あちらから, さくら, つくり, とがりの, ところへ, ない剃刀, ふところに, チムニーの, 一角に, 一面が, 上には, 上の空は, 上へ, 上まで, 下の, 世界と, 中腹に, 二階の, 前を, 劍の, 半腹, 句を, 右に, 名は, 城を, 堂, 大氷河, 大鳥居まで, 家に, 家の, 家へ, 小屋から, 小屋の, 尖ったよう, 尖つたやう, 尖りの, 尾根に, 彼方に, 数が, 方で, 明神の, 東に, 松が, 松を, 桜が, 殿様が, 畳みに, 登りに, 社の, 社へ, 社前へ, 突端に, 立ち騒ぐ, 竝んだ, 総領とは, 背から, 背を, 茶屋で, 茶屋の, 茶屋への, 裾を, 言葉に, 跡取り息子に, 近くまで, 雜誌の, 雪の, 雪を, 頂を

1 [450件] あたりが, あたりの, あま雲に, あらしで, あらしに, ある低い, ある高い, いかにその, うえに, おっか, お寺かな, お犬様, かけぢを, かのゑはわざわざ探り, が茶化す, くずるる, ここかしこに, こと, ことで, これを, こんなところ, こんな話, ごとくさ, ごとく円錐形, ごとく遥, さまが, さわらび, しらゆき, しら雪, すぐ下, そそり立つところ, そばで, それにも, たたずまひ, ちょっと手前, てつぺんの, とがりを, ところへと, ねむさ, ばらばら松を, ふところから, ふところへと, ふもとで, ふもとに, ほうは, まだ分らない, まどかさ, まわりを, みどりの, むら錦葉の, めぐるある地点, もとへ, もみじ葉, もみぢは, も云, やり方を, ような, わらびと, キレットを, ススケ峰なる, テーブル山の, ラマの, 一つ, 一つが, 一つに, 一つ瑠璃ヶ岳の, 一の, 一ツを, 一方が, 一本の, 一端から, 一處を, 一角を, 一角先づ燧を, 七合目あたりに, 七滝, 三角圈點が, 三霊跡として, 上, 上あるいは, 上だった, 上の, 上は, 上より, 上りと, 上りに, 下へ, 下宿で, 下宿に, 両側面, 中で, 中では, 中には, 中の, 中腹そして, 中腹へ, 中腹東光寺の, 中間に, 事なり, 二つある, 二女を, 二重丸圈點, 二重圈點, 人形の, 企て及ぶ, 伯父である, 伯父にあたる, 使いは, 例祭は, 俸給が, 偃松は, 停船を, 兄夫婦が, 先き, 先生その, 先生は, 先鋒を, 光悦家を, 光悦寺から, 入用な, 兵一万五千人を, 其の上, 冷かし半分の, 処だけ, 凹みに, 出さうと, 初霜, 別当が, 前に, 前へ, 北は, 北口にも, 北方に, 十三重の, 南を, 原房親, 右側を, 合戦では, 名なり, 名湖沼の, 向うが, 向うに, 向の, 周旋で, 回向堂の, 囲いに, 土に, 地を, 地蔵に, 坂道などで, 城は, 城攻めの, 城星崎城松ヶ島城などに, 城趾の, 堂だ, 堂の, 堂山の, 塀を, 塊を, 夕雲に, 夜あらしが, 夜あらしであった, 大安寺磬の, 大日堂に, 大鳥居の, 天狗松の, 奇を, 奥深くへ, 奧深く, 女の, 女のだ, 如く兀, 如く宙, 妾かと, 字が, 宅へ, 安受け, 実家富田氏は, 家も, 實際の, 寺の, 小ざら, 小城など, 小曝し, 尾根ながら, 山北を, 山地と, 山嶺の, 山巓でした, 山懐に, 山腹を, 山颪が, 岨に, 岨路や, 岩に, 岩の, 岩峰や, 岩崖に, 岩風荒けれ, 岬を, 峰吉にとって, 崇高さを, 崖腹の, 崩れるやう, 嵐か, 嵐が, 嵐でも, 嵐に, 嵐の, 嵐も, 嶮を, 嶮坂, 嶺です, 嶺の, 嶺空の, 巍然として, 左の, 左手は, 師で, 帰りに, 幾つもをもって, 建策を, 廻航は, 形峻厳崎嶇たりとぞ, 彩光と, 彩光を, 影も, 影東は, 彼方手に, 忍び駒で, 急がしさうな, 怪鳥を, 息を, 懐に, 戻るの, 手が, 教育に, 数を, 斜面は, 斜面を, 断裂は, 方にて, 方は, 方まで, 日脚を, 旦那, 旦那殿様イヤサ先生, 晩秋も, 暮煙, 月, 月と, 月といふは, 月の, 月は, 月見る, 朝霧に, 木の間から, 机の, 村は, 杣道谷間の, 東まで, 東側は, 東正面直下で, 松に, 松のみ, 松も, 松影色黒み落葉を, 松風, 松風が, 松風吹きはらふ, 林の, 根もとまで, 桜花盛りなり, 森から, 椎の, 横を, 横合いからも, 横雲ほ, 樹かげ樹かげに, 正面は, 歸り, 残月, 殿様あっしに, 殿様どうして, 殿様に, 殿様は, 殿様も, 殿様品川に, 殿様旦那先生, 氷壁で, 法を, 法師といふ, 法師に, 法師は, 流に, 浮く季節, 清きかな, 減つた使ひ, 湯, 煙に, 牙は, 物で, 特に目標, 瘤とも, 白妙衣が, 白影に, 白雪に, 白雪消えかね, 白雪蹈み, 白雲, 白雲つま木こる, 白雲ふみわけ, 白雲も, 的の, 監獄へ, 直ぐ北, 相方の, 真上の空, 真下に, 眺望富士見越の, 石段を, 石陰に, 神南備山が, 称ある, 積翠を, 立ち並んだ中, 立並んだ中, 端から, 端まで, 簪にも, 精進を, 紅葉は, 紅葉を, 紅葉心あら, 紅葉月に, 細い山径づたいにいそいそと連れ, 細君に, 絶巓を, 緋葉は, 緑の, 緑処々に, 美を, 群が, 群らだちである, 翠り, 老松も, 聲だ, 肌に, 肩に, 背さえ, 背へ, 背後などに, 脊を, 膝に, 色なども, 色は, 色を, 花から, 花こそ, 茶屋には, 茶屋一名荷置場の, 茶屋近くで, 茶屋附近に, 茸を, 草つ, 荒れ寺, 莫大な, 落葉が, 葛の, 薬師で, 薬師には, 薬師は, 衆徒との, 裾に, 裾の, 裾まで, 褄一重は, 襞には, 襞は, 西には, 西側を, 要所などに, 規定を, 親は, 親子は, 親方では, 言を, 言葉通り羽織袴で, 詩集廣告と, 詰問を, 話な, 話にの, 説話には, 谷戸が, 貧なる, 踏破を, 近くに, 連続である, 連続に, 違約に, 遠近に, 部屋でなく, 部屋という, 部屋は, 部屋へ, 錯落と, 長女に, 門前町の, 開けた処, 間は, 間を, 附近で, 陣屋で, 険濤を, 雅號を, 雉なき, 雜誌社の, 雪, 雪が, 雪だ, 雪とが, 雪よりも, 雪梢の, 雪汀の, 雪白水が, 雲は, 頂, 頂きが島の, 頂きに, 頂きには, 頂とを, 頂には, 頂まで, 頂も, 頂上が, 頂上で, 頂上の, 頂上は, 頂伊弉諾の, 頭を, 顔へ, 食客にな, 館の, 高いところ, 高い刃物, 高仙人, 鬼趣図とか, 麓で, 麓との, 黒い影

▼ 峰~ (349, 9.5%)

6 越えて 5 包む雲の上, 指して 4 流れ降り岩, 見て, 踰え 3 かくすに, 伝わって, 見ること, 起して, 超えて, 越して, 踰える, 迂回し

2 [18件] かわして, さして, よく見る, 一面に, 上に, 二つ越え, 対峙させた, 崛起し, 望みながら, 眺めながら, 経て, 背に, 見ると, 見るに, 越えたの, 越すと, 踰えた, 飛越える

1 [261件] うす紫, うろついて, えいえい声, おろす風, かえしきらっと, かくされた駒ヶ岳, かすかに, かすめて, こえあの, こえ谷, さして農夫, さす, しいて, すぎ汽車, すたすたと, すべつて朝夕おり, すべるが, その下宿, そを, ぢつと, つかって, つなぐ尾根, つらねる巴顔喀喇山脈中, つらね前景, つらね城下, つらね夜, つれて, とう, どんどんおし, なして, なすよう, なぜ拝む, のぞみ南, ひとたびよぎれ, ぽつんと立てる, めがけて, めぐれり, もって, ややしばらく仰い, ゆびさして, よく眺め上げよう, よじ登らねば, チャンドラギリー, 一つは, 一目見た, 三つ程, 上るの, 上下する, 下って, 不自由な, 両方とも, 中に, 中心に, 二つ許踰え, 人まち顔に, 人工の, 介して, 仰いで, 仰ぎながら, 仰ぐ, 仰ぐもの, 仰ぐ毎, 伝って, 伴れ, 作って, 傳つた, 八丁堀に, 分けて, 分け滑石峠, 切崩して, 削つた剃刀, 削りきはめて, 前髪に, 剣ヶ峰と, 割り空を, 北また, 半里余, 卍巴の, 原を, 去りて, 取り入れること, 取り巻いて, 取囲んだ高低様々, 右方に, 吹き過, 吹く風の音, 大江山と, 孫の, 守って, 射る, 小野子山の, 少し左, 山と, 崛起する, 左手に, 巻いて, 常に見, 平野に, 廻って, 廻りて, 廻り食糧, 廻ると, 廻る度, 引きとめ, 引掻くよう, 張って, 彼は, 御覧に, 思ひ切らせる爲め, 成すこの, 手のひらに, 抓んだよう, 抽い, 拜する, 拝んだ, 持った八ヶ嶽, 指さした, 指さし足, 指さす, 振り返った, 捕へて, 捧げて, 掠めて, 探した, 掩い隠し, 擡げ孰, 攀じ峰, 攀じ谷, 攀づるの, 散歩し, 有するに, 有する世潮, 有する二, 望み松風, 望む, 望むやう, 木の, 東から, 東に, 東峰と, 染めて, 横倒しに, 欲しいの, 此処に, 歩みだしたの, 泣かせし今朝, 流れ降つて, 浮き上らせた, 渡る山風, 渡る風, 漸く芽ぐんだ, 焦し, 照す, 照せる光, 照り付けると, 片端から, 牛の, 猿の, 界と, 界ふ, 登って, 登つていつた, 登り詰めると, 登り象徴主義, 白くし, 目あてに, 目がけて, 目睫の, 直上する, 眺むることが出来た, 眺めた時, 眺めました, 瞰みつける, 築くもの, 紅く染めた, 経由し, 絶頂まで, 綴る火, 繋ぎ合わせるところ, 繞って, 繞らし, 聳か, 聳て, 背後に, 背負ふ, 蔽い根, 蔽う千歳, 蔽ひ, 蜿る, 被ふ, 裂いて, 西峰千八百三十四米七の, 覆うよう, 覆つて, 見たること, 見つけ出して, 見つめて, 見ながら, 見ますると, 見る思い, 見ろと, 見上げた, 見出すこと, 見出すであろう, 見渡しながら, 見込んで, 視め, 観る, 解纜し, 訪うて, 訪ねて, 認識しよう, 誘ひに, 負った巌窟, 赤安山と, 走つて頂上, 走る, 起したまま, 超えやや, 超えると, 越えしより, 越え谷, 越した, 越したこと, 越し一刻あまり, 越す時季, 越ゆる, 踏みあるいても, 踏み越え一歩, 踏む頂, 踏破し, 踰ゆれ, 辞して, 辿って, 辿りながら, 迂囘, 返して, 退けると, 通りジャワ, 連ぬる, 連ねた半, 連ね北西, 過ぎて, 重ね翠, 金茶色に, 闇の, 降りた, 隔て, 隔てた山鳥, 雜誌で, 離れて, 離れますとね, 飛んだ, 飛行機で, 食わされるあたり, 駒ヶ岳と, 駢べて, 驚かす為, 高めて, 高薙山と, 麓に

▼ 峰~ (324, 8.8%)

5 笑つた 3 義雄の

2 [13件] こちらを, だんだん崩れ, 云つた, 云ふ, 伯父を, 微笑し, 慰める樣, 清らなり, 獨り, 瑞村と, 笑ひ, 義雄と, 義雄に

1 [290件] あとで, いい勝負, いかにも美しかっ, いつも義雄, いま, うお, うち消し, お君, お鈴, かう答, かの老婆, きのふお, きのふも, きのふ物集北劍が, けろりとした, ここから, ここが, こちらの, ことし四十歳娘の, この會, これぞドーラギリー, これは, これを, こんな時, しばらくうごき, すぐに, すっくと胴, すでに朝日, すなわち雪峰チーセ, すねた樣, すべての, すべて霊ある, そのひと切れ, その前, その度毎, その後から, その樣子, その跡, その馴れ, それに, それについて, それを, そんなこと, たえず陽, たえず雨, なほ調子に, にが笑, のんきさうに云つた, はげた岩, ひまに, ぼんやり待つ, まさしくその, まず訊いた, また一段, まだまだ嶮, まだ起らない, まだ遠い, まだ雪, まづ, もう第, もう返す, もとの, やや安心, わざとあ, ゐない, ゐなかつたが, コン・ギュイ・カンリという, サッと顔色, バツトの, 一つも, 一刷刷い, 一向氣, 一峰より, 三之助を, 三十六七氷河は, 下から, 不安らしく訊いた, 不意を, 世界の, 世間の, 乗鞍岳である, 亀山以下の, 事務室へ, 二つで, 二千二百米の, 二度とも, 二重丸圈點を, 二重圈點を, 互いに相, 今では, 今にも動き出す, 今の, 今や山火事, 今歸, 仰向いたから, 伯父への, 何を, 例の, 倶利伽羅の, 兩手を, 其北に, 冷かす, 冷たくきびしい威厳, 出しぬけに, 出迎, 別に注意, 別れて, 勇に, 勇を, 北に, 北は, 北劍に, 北劍の, 十五六座を, 即ち甘, 原稿を, 又も, 口惜しさ, 吠え信江上饒, 呑牛と, 呑牛に, 呑牛を, 呑牛並びに, 周囲の, 呼ばれて, 地図に, 外套が, 多少氣拔, 夜に, 大きく二つ, 大木戸前の, 大雪山の, 天然の, 天聲に, 太古の, 夫, 夫に, 奧ゆかしく, 好男子に, 姑く問わず, 娘を, 孔雀色の, 寂しく映る, 寄せつけも, 寢卷き, 實は, 少しも, 少し風, 崩れて, 巍然として, 川俣村戸倉村と, 席を, 平次を, 平氣, 度々語, 庭の, 後ろ鉢卷きで, 得意さうに白を, 復の, 微に, 微動も, 心で, 忌な, 思い切って, 思はず笑つて, 思わず後, 悲鳴を, 愛宕かな, 戸倉村と, 折から, 捨てぜりふの, 敷島の, 断崖と, 日暮れの, 早くも, 早く去りた, 早速に, 明治元年八十二歳を以て, 明神山と, 普通の, 更に山, 朝陽に, 木の葉の, 木戸山である, 机に, 机の, 東西南北いずれに, 栂沢の, 此出來事も, 歸りぬ, 水が, 水底に, 流紋岩, 浅葱色に, 浅間隠, 海から, 海に, 海月が, 渠に, 渠より, 渠を, 火鉢を, 無言で, 煙草の, 爐火を, 特殊の, 珍客と, 申樣貴方が, 男體の, 異樣, 疑うよう, 白雪麓は, 皆剣の, 皆眼下に, 皆磐石を, 益累り, 眉に, 瞬くまに, 石を, 社員を, 社長の, 社長を, 神仏に, 禁制との, 空知支廳へ, 立ち悩み, 立つて, 紅に, 紫から, 縁がはの, 縁を, 義雄や, 義雄をも, 義雄等を, 翠なす額髮を, 聲を, 腹立たしくなった, 自分が, 自分の, 自慢さう, 花壇の, 若杉貞子と, 草の, 草山で, 菱谷氏佐井氏に, 落日の, 薄紅, 蚊を, 親切に, 言い知れない恐怖, 詰らなささうに, 話題を, 認めた, 讃めて, 赤沸石の, 身づか, 身を, 車より, 輕く, 辛棒もの, 近くなりぬ, 近より, 近所の, 近習であろう, 遠慮なく一方, 酒で, 醉ひ, 金主が, 金主川崎の, 金魚の, 鉢ヶ峰とも, 鉢卷き, 門の, 雜誌どころか, 雜誌を, 雪ばかりの, 霧に, 霧積温泉の, 青くな, 青みを, 頻りに同席, 顏を, 風に, 首を, 駕籠を, 驚く, 高きに, 高さ十マイル, 黄いろい聲, 黙って

▼ 峰~ (268, 7.3%)

6 聳えて 5 あつた 3 東で, 立って, 見える, 邪魔に 2 あって, ある, あると, そびえて, 微に, 義雄に, 顔を, 黒

1 [229件] あいだに, あおみを, あそこに, あった, あったり, あらわれた, ありますが, あるから, あるが, ある日, いちどに谺, うごくよう, お八重, お犬さま, きのふその, くずれたころ, これを, さむざむと, するどくとがっ, そう言っ, その先, それぞれ別々の, それぞれ派せられ, それであった, それである, それでは, たちまち颯と暗く, たった一人, たまに山, ちよツと, つぶつぶと, どこに, どんな顏, はらはらと, ひとり仰向けに, ひやかすの, ふくれあがって, ふところの, また義雄, また言葉, また転ずる, まぶしい, むくむく湧き上る, もう晴れた, やつて, るいるいと, ゐる隣, アルプス連山, ポカリと, 一つ太陽の, 一つ破裂し, 一つ開ける, 一も, 一列に, 一様に, 三個ほど, 三方から, 下宿屋住ひ, 不動が, 中院も, 主は, 乗り巓, 二つに, 二つ三つ突立って, 二つ並ん, 二百尺ばかりも, 云つた通りこの, 云ひ出した, 云ふ, 云ふからである, 今将, 以前の, 何だか辯解, 來た, 僅かに, 僅に, 兼てから, 冷かし半分に, 冷かす, 冷かすと, 出しぬけに, 出て, 出来る, 分れて, 初めて姿, 初號, 剣を, 十座ありまし, 半腹, 南二條西一丁目の, 即ちチベット語, 厭が, 受けて, 受けると, 口を, 右からも, 唐松尾であろう, 單衣一つのへ, 土地拂ひ, 堰き止め難い, 塔ヶ岳が, 大奮發, 大烏帽子, 天に, 姿を, 守り本尊なるべし, 少し青ざめ, 尽きず村, 居並びまことに, 展望せられ, 展望せられる, 峻立する, 崩れかかり空, 巍然として, 川俣村と, 川俣村戸倉村と, 左り, 左右の, 左右へ, 幾つも, 庭先や, 引き取つて, 引出したるは, 強い日光, 後から, 急に, 愉快さうに云つた, 揺ぶれた, 新雪に, 早くから, 早朝の, 旭ヶ岳であっ, 晴れた秋空, 暇を, 曠原の, 曾て, 月光を, 望まる, 望まれた, 朧に, 来た時, 来て, 東西に, 某道會議員, 次第に高まる, 歸つて來た, 歿し, 殆ん, 気流の, 氣を, 水平線の, 沢山並列, 波頭の, 泰然たる, 浮かぶ, 海の, 海を, 涙の, 涙を, 滝倉岳である, 漆を, 灰がかった, 灼熱の, 燃えて, 瑠璃色を, 白んで, 盛んに, 目に, 目の, 眉近く聳え, 眞白に, 眞黒に, 真白に, 穂高の, 突如と, 突如雲, 立った空, 立つ, 立つて, 立つと, 競って, 競つて天を, 紫に, 紹介する, 続いた, 続く, 義雄を, 聳立する, 聽く, 肩を, 脚元から, 落ちかかるよう, 裏が, 西東に, 見えて, 見えるでは, 見え出して, 見つけて, 見る間, 詮議は, 語つた, 赤く万頃, 輝いて, 迫って, 這入つて, 連って, 連なって, 連立し, 遠く見える, 重なって, 重なり重なって, 重なり重なりして, 鋭い角度, 鋭く尖っ, 錐の, 際涯なく, 雑木の, 雪達磨の, 雲際に, 雲際高く, 雲霧の, 非常に, 頻りと, 額を, 餘り, 高いの, 高くな, 高く大きすぎ, 鮮かに

▼ 峰~ (265, 7.2%)

5 ちぎれた白い 4 立って 3 して, 出る, 向ひ

2 [11件] 分岐し, 向って, 岐れ, 拠って, 白雪を, 聽く, 落つる, 行くの, 讀んで, 達する, 閑居する

1 [225件] あった, あって, あらずして, ある, うち込んで, うろ, おこもり, おふる, おわす大観音, お降り申さしめました, かかった, かかりけり清滝河, かかる白い, かくれて, この主任, ごつごつあたりその, ささやいた, さては狩場, しがみついたが, そっくりであります, それを, たどりついて, たなびく金, つけられて, つづいて, とどまる, とどまる碑, なって, なり岩, のぼった折, のぼって, のぼらむとしたるなり, のぼりその, のぼり森, のぼり谷, のぼる煙りの, のぼる直前, ひょいと着こう, ほんのりと, まき立てる天雲, もう雪, もらした, やどりて, やられてね, ゆり起された, われらを, 一寺を, 一応それら, 上りて, 上りまた, 上り谷, 上るうち, 下ること, 与えられた称呼, 並んだ向う, 二三目置かせた, 云つた, 云つて義雄は, 云はれた, 仰いで, 住って, 何やら動く, 促されて, 倚れる, 借りてた外套, 元の, 充てられて, 先年狩人にても, 入ったの, 入港する, 出させても, 出入りし, 分けて, 分け登ろうと, 分つこと, 分れて, 分れ最高点, 及ばずと, 取って, 受け取らせた, 向う頃二十日, 向け出発, 向った二階, 向つて口, 向つて辯解, 回らせた, 囲まるるを, 囲まれ周囲二百八程, 在るので, 在る高い, 地蔵岳薬師岳白根山蔵王山熊野岳剣ノ山鋸山等の, 垂り, 夕立つ, 大海を, 如何たる, 姿を, 孝助の, 宛然であります, 寄った, 尋ねると, 對する, 帰りそれ, 平氣, 年たちて, 幾らか明るみ, 建てられて, 当って, 当り頂, 当る絶嶮地, 往昔近江守護六角佐佐木氏の, 從つて北海實業雜誌社に, 手助けを, 打映え, 抉られた空, 抗し, 抽ける, 指を, 攀じて, 攀じ里, 於けるプラツトフオーム, 星を, 映じて, 昼は, 来に, 栗鼠の, 比すべきもの, 比べますと, 氷峰は, 決して上州方面, 決心のほどを, 沈んで, 沿って, 法の, 注ぐ夕立, 注意は, 浮んで, 消え殘つた雪, 添ふ, 渡した, 湧き上, 湧き上った, 王城御, 現れたと, 生ひたる, 登った, 登った位, 登って, 登つた, 登り日, 登り次, 登り表口, 登り谷, 登ること, 登るも, 登る途上, 登れば, 直航した, 相談し, 神戟有り, 秀ずる蝦夷松椴松の, 移る, 積る, 突き当り右折, 突立って, 立た, 立った, 立った黒い, 立つて, 立つ雲, 立てみずから, 築いたやう, 築いたよう, 粉雪けぶる, 続いて, 続きまた, 続き峰, 縁故の, 義雄は, 花の, 蔽われたが, 薄靄, 虹たち入日さし時雨の, 行かずして, 見とれて, 見立てて, 訊いた, 託した, 話したに, 話しを, 話す, 誇つて, 語つた, 語ると, 語るの, 谷に, 貼付けただけ, 跨がるよう, 迎えられやがて, 近いこの, 近きあたり, 近きところ, 近づいて, 逃げて, 連って, 遊んだ時, 達したが, 達した三等三角測量標, 達した時, 達して, 達しよう, 達するであろうさ, 達するまで, 達せられると, 酌を, 閉籠って, 関さんと, 降臨され, 隠るる頃, 雨ふりて, 雪が, 雪は, 雲の, 雲霧しげく, 霞たなびく, 靡く

▼ 峰から~ (133, 3.6%)

13 峰へ 4 峰へと, 峰を 3 峰が 2 一直線に, 流れ落ちて, 谿から

1 [103件] おろす松風, その聲, たくさんな, なぞえに, ぼたん, もう痩せ, インバネスを, 一面に, 一颪颯と, 三上山にかけて, 三窓の, 丘丘から, 二十町ばかり, 二時間半を, 京は, 伸出い, 出て, 勇ましい鬨の声, 北岳まで, 南は, 南方に, 又石楠, 取りあげ, 台地が, 右に, 吹きおろす山風, 吹きますよ, 吹き下りて, 吹き渡って, 呶鳴った, 哄と, 始めて, 小出俣岳に, 少し下る, 尾根の, 尾根は, 屆けて, 峰あるいは, 峰づたいに丹波篠村の, 峰と, 峰に, 峰にかけて, 峰の, 峰梢から, 峰渓から, 崩れか, 工面し, 後戻りを, 応えて, 急に, 恐ろしい入道雲, 押し流されたよう, 拝んだ時みたい, 振り向いた途端, 斜に, 東の, 森狭い, 森狹い, 次の, 正南に, 此方に, 池の平に, 沢へ, 沼の, 流れて, 流れ出して, 流れ出たもの, 流れ来る川, 渓間渓間から, 滑って, 片品川の, 生え続いた杉, 真西, 空へ, 立ち昇って, 笠が, 続くという, 聽い, 聽かせられ, 落し谷, 落ちて, 落つる男滝女滝, 裾野の, 西に, 西の, 見透しに, 谷まで, 谷底へ, 赤倉岳に, 走つて來, 起し川, 辷った朝日, 辷つた朝日, 遠く兵馬, 那智の, 釈迦谷山瓜生山から, 降り窯, 雑木を, 雪が, 雲に, 靄の, 頂上までの, 風道通りへ

▼ 峰丹波~ (107, 2.9%)

4 の手, をはじめ 3 とお, は 2 だ, である, とぐる, の一党, の一刀, の一派

1 [81件] およびお, から数え, がある, があんまり, がいちばん, がこの, がこのごろ, がはいっ, がノッソリ, が大きな, こう冷笑, だけであろう, だった, というもの, ともあろう, とトチ狂いかたがた, と源三郎様, と申, など以前, にあの, にじゃま, にはこの, に告げ, に報告, に復命, に斬りつけられた, に笹, に近づく, のよう, の一味, の一行, の下知, の両人, の仕業, の偉い, の側, の刀, の命, の四角, の固い, の声, の奴ばら, の存在, の待っ, の怖, の烈刀, の眼, の肩, の腕組み, の腹心, の言う, の身体, の逃げ道, の部屋, はいっこうに, はこの, はそう, はそれ, はまるで, はサッ, は大きな, は大声, は心配そう, は高話, へうまく, まだ眼通り, も, もう面色蒼ざめて, もはやなん, もガッチリ, も与吉, わざと供, をしたがえ, をだきこん, をはじめ二, をふりかえりました, をもっ, 受けるには, 然り, 知らなかった, 落ちついて

▼ 峰~ (90, 2.5%)

6 峰との 2 お滝, 相対し, 重畳し

1 [78件] いうよりは, お妻, お道, したならば, し農鳥岳, する幾つ, その側, その周囲, その高, つけた, であるが, なって, なつて, ならぬと, なりて, ほく, わかりましたが, モオリシアスとに, ラハム・ツォ湖の, 一つ一つ登っ, 一つ床へ, 一人娘の, 三人は, 中央の, 云うの, 五百羅漢の, 倶に, 傲語した, 其西の, 北岳及び, 北峰との, 名づく, 名づけた方, 名づけて, 向ひ, 呑牛とが, 呼んで, 呼んでは, 唱えるには, 変って, 大書した, 娘千草らしい, 子持山との, 対ひ咲く, 小さな峰, 小倉之, 峰とが, 峰とに, 峰の, 或女, 手代の, 才六の, 文化以前の, 波の, 滝子山との, 澤とを, 申しますの, 申す娘, 相対つて霞の, 看做して, 睨めッこ, 矢田部は, 神仙ヶ岳との, 称したもの, 称する山稜, 空と, 義雄とのは, 自分とを, 言うよりも, 言ひ, 言わずお, 詩に, 谷と, 谷は, 身軽な, 金峰山以西の, 鶴次郎とは, 鶴次郎とを

▼ 峰~ (79, 2.2%)

6 谷も 2 それに

1 [71件] あくまで高く, ありますけれども, あるが, うごかない, お妻, ここでは, じっと物, ずっと南端, そこに, そばから, つむ雪, ない, また昭和遊撃隊, まるい, みなこの, やわらかな, 一瞥を, 乘り, 二つ許り見えた, 井戸屋に, 亦そこ, 亦その, 亦他, 今は, 仰がずただ, 停車場へ, 刃も, 割合に, 古綿, 呑牛も, 垂簾を, 大分義雄に, 姿が, 尾根も, 山も, 帶廣に, 役人に, 必らず, 志賀粟津の, 指呼の, 文次郎も, 映りそう, 會計も, 沈んだ調子, 洞もちやん, 流るる渓, 焼いた霰, 煙草を, 用事が, 白く褪せ, 白皚々と, 破裂しよう, 筆を, 義雄と, 義雄に, 聳えます, 胴の, 見あたらぬ眠むたげな色合, 覗いた, 言った, 賛同し, 辛棒し, 追う岩太郎, 遙, 遠慮なく云, 隔てを, 隱りける, 雲深く, 颯々と, 飽くまで高く, 鳥羽の

▼ 峰~ (72, 2.0%)

3 上って, 登って 2 かけて, かけての, 動いて

1 [60件] いつて, おわたりに, お出, たどりついて, とこだまし, とどかぬうち, とぶのに, ゆき帰るの, ゆく, よじ登って, わたり歩くこと, 一つ一つ飛び越し, 上る路, 伸る, 出かける下相談, 出て, 参詣する, 取りつく術, 向った, 向った味方, 吹き上げるうら葉, 寒いかすか, 尾を, 山王三座来りし, 峰が, 峰へと, 廻って, 廻つてそれから, 引き返して, 押昇って, 担ぎあげて, 来る時, 流れて, 渡るか, 渡る幾百羽, 濃みどり, 畝り, 登つて自由に, 登つて見た, 登りかけると, 登りたるに, 登れば, 移る前, 移住し, 積つてゐる, 蝙蝠が, 行ったから, 行った時, 詣る白衣, 谷へ, 跳躍する, 辛うじてぬけだした, 追いやられて, 退き始めたこと, 逃げて, 逃げ退いて, 電報を, 飛んで, 飛躍しよう, 馳け

▼ 峰~ (50, 1.4%)

2 に遮, は流石, を仰ぐ, を擡げ

1 [42件] から見た, が山頂, が幾多, が浮ん, が狼牙, が碧空, が鋸, には白毛, にばらばら, に出る, に着いた, に立っ, に立った, に立つ, に達する, に遮られ, の二分, の土, の突端, の鋭く, は乱杭, は孰, は痩せ, は稍東, は著しく, は露岩, や山稜, より転ずる, をあおぐ, をかすめ, をたどる, をながめ渡す, をもたげ, を三つ四つ, を乱雲, を北, を尖らせ, を幽か, を描出, を白く, を越え, を鈍い

▼ 峰右衛門~ (44, 1.2%)

2 の家, の部屋

1 [40件] がどう, が一代, が袂, が金, だ, と名前, と閻魔, なる人物, にお前, にはわからなく, に思い知らせ, に騙され, の倅, の傷, の兄, の口, の後ろ, の心持, の死骸, の生命, の甥, の用心棒, の血走る, はすっかり, はゴクリ, は喉笛, は愚痴交, は掛り合い, は言います, は金持, は顔中, もさすが, も二人, も思わず, を殺し, を殺そう, を脅かし, を脅かし続け, を脅かす, 若い時

▼ 峰右衞門~ (44, 1.2%)

2 の家, の部屋, を脅かし

1 [38件] がどう, が一代, が袂, が金, だ, と名前, と閻魔, なる人物, にお前, にはわからなく, に思ひ知らせ, に騙され, の伜, の傷, の兄, の口, の後ろ, の心持, の死骸, の生命, の甥, の用心棒, の血走る, はす, はゴクリ, は喉笛, は愚痴交, は掛り合, は言, は金持, は顏中, もさすが, も二人, も思はず引入れられる, を殺さう, を殺し, を脅かす, 若い時餘

▼ 峰~ (40, 1.1%)

2 がお

1 [38件] がとしよりだった, が前, が帰っ, が自分, が首すじ, だった, という, としてはお, にとってこの上ない, にはさっぱり, に大事, に惚れ, に突っ込まれ, に表現, の光りで, の声, の大声, の女房, の帰っ, の眼, の耳, の落胆, はいよいよ, はぎょっと, ははじめて, は副, は半ば以上, は土, は尻もち, は峰吉以外, は植峰, は汗, は火事以来, は矢鱈, は黒子, も八五郎, をわざとらしく, を実父

▼ 峰~ (39, 1.1%)

2 裂目の, 観音山などが, 谷を

1 [33件] お道, お鈴, 一の谷も, 一寸一杯喰込で, 丘やに, 勇の, 勇や, 呑牛にも, 四明ヶ岳の, 天聲の, 妙高山や, 尾根尾根に, 山には, 山稜の, 岳と, 斜里岳漂津の, 曠野が, 月の, 東山を, 沢や, 深い谿, 渓谷の, 白間ヶ岳など, 蝶, 谷が, 谷には, 谷の, 谷は, 谷崖を, 谷川の, 谷間を, 那智や, 頂上直下から

▼ 峰~ (29, 0.8%)

1 [29件] あの多, ござりまする, それらしい, なれなれしく話しかける, バタバタと, 一ト息つこう, 久しく人界, 今朝椽から, 信州でも, 其右の, 典膳の, 十四五米は, 同じよう, 左側を, 年久しく, 待って, 手放されてから, 散り残った山ざくら, 有名な, 標高二千四百四十六米山群の, 横は, 私は, 第三, 答えあう, 蝋燭の, 見たは, 身を, 颯々と, 高さ

▼ 峰つづき~ (24, 0.7%)

1 [24件] が見える, が見ゆる, などは思いきらね, にあたる高い, になっ, にはやはり, に押し, に模糊, に猿, に見える, に配し, のと, の寺, の山, の松原, の水越峠, の赤沢岳, をその, を歩く, を畝, 一帯を, 堀切辺りで, 牛ヶ岳の, 裂石山雲峰寺へ

▼ 峰より~ (24, 0.7%)

1 [24件] おろし北風海, ここに, ずツ, ほかに, チベット内地を, パードヴァの, ロンドンまで, 一歩の, 下を, 南米に, 右に, 吹き下して, 峰に, 峰を, 林より, 狼烟の, 約四百米, 続きけり, 落つるみな, 蛟龍, 雪崩れ来る, 雲吹き, 高く一山, 高く引

▼ 峰チーセ~ (24, 0.7%)

3 に参詣 2 へ参詣

1 [19件] からこっち, すなわち釈迦牟尼仏, という寺, に対して礼拝, に近い, に逢わぬ, に進ん, の七龍, の中央, の四大寺, の方, の東, の石像, の霊跡史, の高, へ指し, も巡り, を巡ろう, を見る

▼ 峰には~ (23, 0.6%)

1 [23件] あまり石, ほかに, ほかの, もう登らない, 乳白色の, 夏でも, 夕陽が, 天狗様が, 展望台が, 御殿岩の, 昔阿部頼時が, 最初の, 有馬の, 未だ残, 松柏の, 発する彩光, 目白四十雀の, 立花宗茂高橋統増筑紫広, 虹いろ, 雪らしい, 雲が, 霞たなびき, 鳥が

▼ 峰伝い~ (19, 0.5%)

2 に下っ

1 [17件] とは言い, に下り, に北, に南, に奥, に姜維, に安易, に峠路, に後, に杓子ヶ岳, に自由, に遠ざかる, に鉢伏, に頂上, の外, はどう, は全く

▼ 峰~ (18, 0.5%)

4 助が, 助の, 助は 2 助と, 助に, 助には

▼ 峰にも~ (15, 0.4%)

2 谷にも

1 [13件] ここの, じめじめした, わき起った, 一羽の, 分れて, 劣らず多く, 尾にも, 届かず徒に, 溪にも, 花崗岩の, 蜀兵の, 話した, 銀の

▼ 峰~ (15, 0.4%)

1 [15件] かと思われる, から人, から西塔, から谷, には一つ, の敵別動隊, へかかる, へ入っ, もあり, もすべて五彩, やまた, を暗夜, を西, を越え, を踏み

▼ 峰とは~ (12, 0.3%)

1 [12件] あの歌, さう, そこを, 凝糖峰, 加藤に, 反対な, 呼ばれて, 文學上で, 玄關へ, 碁を, 西湖の, 頻りに話し

▼ 峰太郎~ (12, 0.3%)

2 が死んだ, が生き, の孫, はお前, は弟, を殺した

▼ 峰~ (12, 0.3%)

1 [12件] から尾根, が全部, であるが, では露営, に登臨, に至れ, に達する, の三角点, の或は, を一刀, を望む, を踏ん

▼ 峰との~ (11, 0.3%)

2 間に, 間の 1 あいだから, かたはらに, 峡を, 應對が, 衝突が, 裂け目から, 間を

▼ 峰まで~ (11, 0.3%)

1 [11件] いやもう, 下ると, 二三丁の, 八百十二マイルメルボルンより, 共に人生, 帰って, 行かねば, 行き着いたので, 行き着きたもうころ, 道普請よ, 雪が

▼ 峰~ (11, 0.3%)

2 の相 1 が臥牛, が見えた, が見える, にそれぞれ, に接せり, や重, より成り, を指, を飾る

▼ 峰では~ (10, 0.3%)

3 ない 2 直ぐ頭 1 あるが, 何事も, 分るまい, 副小頭, 紅の

▼ 峰という~ (10, 0.3%)

2 のが 1 ところが, のは, 妾が, 峰も, 意味, 所それより, 美しい妾, 長女を

▼ 峰~ (10, 0.3%)

1 から聽, が自分, に對, のあと, の推察, の文字, は義雄, もこちら, も亦, を呼び起し

▼ 峰~ (9, 0.2%)

2 か又 1 が世間, ぞあの, というの, といふ, と思う, ツて, 山ばかり

▼ 峰へと~ (9, 0.2%)

1 一目散に, 子孫を, 山に, 岩石を, 弥が, 火が, 燃え上がるが, 絶えない起伏, 縦走する

▼ 峰として~ (8, 0.2%)

1 この辺一帯, 取扱うならば, 夙くから, 富士の, 彼の, 御坂越の, 聳え立って, 聳ゆる

▼ 峰~ (8, 0.2%)

4 の下 1 に対して北岸, のある, の蛇, 倒れ西湖水乾

▼ 峰~ (8, 0.2%)

3 を渉つて 1 のむかふ, の蓬, の重なり合った, も崩, を渉

▼ 峰さん~ (7, 0.2%)

2 のおばさん 1 と姓, のおじさん, は腹, を煙, を煙たがっ

▼ 峰~ (7, 0.2%)

1 という大工, という親方, は堅気, は親切, もお, も心配, を自身番

▼ 峰越し~ (7, 0.2%)

1 にどこ, に前, に吹きおろす, に逃げのびた, の冷, の勁風, の笹原

▼ 峰かけ~ (6, 0.2%)

3 て断続 2 て斷續 1 硯を

▼ 峰である~ (6, 0.2%)

1 けれど遠く榛名, ことが, という, と冒頭, エヴェレストカンチェンジュンガナンダ・デヴィなど, 由槻が

▼ 峰~ (6, 0.2%)

1 と何とか, に大層, のところ, の本, の考, はその

▼ 峰~ (6, 0.2%)

1 から銀箭, に荷, の名前, は大, を目, を覗かせる

▼ 峰越え~ (6, 0.2%)

1 そが, て, に高原, の道, 一目見し, 鹿待つ

▼ 峰からは~ (5, 0.1%)

1 またブナ, むくむくと, 大残雪, 滝津瀬の, 積み重り渦巻き

▼ 峰といふ~ (5, 0.1%)

1 ところは, ところまで, 友ありき, 峰は, 所に

▼ 峰とが~ (5, 0.1%)

1 あるの, どちらも, 小さな子, 襟を, 見えるばかり

▼ 峰と共に~ (5, 0.1%)

1 ここから, 巖本, 往く, 池の, 露西亞パンを

▼ 峰先生~ (5, 0.1%)

1 が, がお, のペテン, はやっと, を流

▼ 峰~ (5, 0.1%)

1 が連, に抉られた, の頂, は皆磐石, を振り返った

▼ 峰~ (5, 0.1%)

2 をし 1 に遠山, の, の路

▼ 峰~ (4, 0.1%)

1 又は頂上, 堅固の, 有る買, 若くは

▼ 峰~ (4, 0.1%)

21 へもこの, へも見えなかつた

▼ 峰ちやん~ (4, 0.1%)

1 といつ, は, は怖い, は意地わる

▼ 峰であった~ (4, 0.1%)

1 か陽, ことは, その中, と思います

▼ 峰であろう~ (4, 0.1%)

1 し九十九江源地, と信じ, と平, と推察

▼ 峰において~ (4, 0.1%)

4 感得した

▼ 峰丹波一味~ (4, 0.1%)

1 といまだに, のし, のたれ, への焔

▼ 峰丹波様~ (4, 0.1%)

2 に言い 1 へ納め, もすこし

▼ 峰~ (4, 0.1%)

1 が引張っ, にちゃんと, ひどか, 止しな

▼ 峰即ち~ (4, 0.1%)

1 五万の, 布引山の, 竜バミ山が, 袴腰山と

▼ 峰~ (4, 0.1%)

1 が殆, をいら立たせた, を乱立, を認む

▼ 峰淵車之助~ (4, 0.1%)

1 が向う, が最初, だ, も追う

▼ 峰続き~ (4, 0.1%)

1 が仄, の松, を分, 南の

▼ 峰~ (4, 0.1%)

1 に夕日, の樹立, は, は明るき

▼ 峰親子~ (4, 0.1%)

1 の駕籠, は思った, は暗い, は裏木戸

▼ 峰からも~ (3, 0.1%)

1 さらに後ろ, よく見えた, 待ちかまえて

▼ 峰づたいに~ (3, 0.1%)

1 歩いて, 生命がけ, 行く道

▼ 峰とに~ (3, 0.1%)

1 かこまれたゆ, 向つて, 相違あるまい

▼ 峰とも~ (3, 0.1%)

1 坐ながらに, 方角を, 見る可

▼ 峰など~ (3, 0.1%)

1 である, みな青年が, 義雄が

▼ 峰なる~ (3, 0.1%)

1 ことも, ことを, アシクラ山の

▼ 峰にかけて~ (3, 0.1%)

1 啼き立つる, 枯木の, 眼の

▼ 峰について~ (3, 0.1%)

1 また渠, 廻つてゐるらしい, 説明を

▼ 峰にて~ (3, 0.1%)

1 その四方, 強石, 根張りも

▼ 峰ばかり~ (3, 0.1%)

1 だ, 見える処, 颯々たる

▼ 峰ふところ~ (3, 0.1%)

1 が怪しい, に建立, へ躍り入る

▼ 峰への~ (3, 0.1%)

1 ぼつて, 用事あり, 登りは

▼ 峰よりは~ (3, 0.1%)

1 いつもずっと低い, 下の, 遥に

▼ 峰らしい~ (3, 0.1%)

2 ものが 1 がどこ

▼ 峰~ (3, 0.1%)

2 鉄岳ト云其東ハ三繋平 1 鉄岳ト云

▼ 峰~ (3, 0.1%)

1 に奇巌, のあかつき, の月

▼ 峰~ (3, 0.1%)

1 の山, の最北端, の随一峰

▼ 峰丹波先生~ (3, 0.1%)

1 が当, にとってはこれ, の恩

▼ 峰事件~ (3, 0.1%)

1 で無駄, と推移, をおこし

▼ 峰~ (3, 0.1%)

1 つきて, と相, 漸く蹙まり

▼ 峰~ (3, 0.1%)

1 の説, を冒した, を棄て

▼ 峰あたり~ (2, 0.1%)

1 へ待受け, より奥

▼ 峰かく~ (2, 0.1%)

2 そそり聳

▼ 峰こそな~ (2, 0.1%)

1 かりけれ, かりけれかからぬ峰

▼ 峰こなた~ (2, 0.1%)

1 の山, の沢

▼ 峰その他~ (2, 0.1%)

1 の記者等, は近頃

▼ 峰だけ~ (2, 0.1%)

1 であった, 特に目立ち

▼ 峰だろう~ (2, 0.1%)

1 か夫, が所在不明

▼ 峰ちかく~ (2, 0.1%)

1 して, 一かたまり

▼ 峰とか~ (2, 0.1%)

1 三畳泉とか, 言ふ

▼ 峰とともに~ (2, 0.1%)

1 きよし, 潔し

▼ 峰とを~ (2, 0.1%)

1 見て, 越して

▼ 峰はからか~ (2, 0.1%)

1 ひ半分, ふ樣

▼ 峰はずれ~ (2, 0.1%)

1 に月, に火

▼ 峰はに~ (2, 0.1%)

2 こつきながら

▼ 峰へも~ (2, 0.1%)

1 各, 屆い

▼ 峰また~ (2, 0.1%)

1 三条河原などで, 峰をめぐって

▼ 峰までの~ (2, 0.1%)

1 文字数が, 石の

▼ 峰までは~ (2, 0.1%)

1 三町余りも, 渡りきれずに

▼ 峰もしくは~ (2, 0.1%)

1 勇の, 池湖という

▼ 峰よりも~ (2, 0.1%)

1 高い, 高い処

▼ 峰をめぐって~ (2, 0.1%)

1 もう彼方, 密林地帯に

▼ 峰を以て~ (2, 0.1%)

1 道阿弥の, 首の

▼ 峰ゴーリサンガ~ (2, 0.1%)

1 あるいはエヴェレスト, も一際

▼ 峰~ (2, 0.1%)

1 別称ナル可シ, 堂から

▼ 峰ヶ原~ (2, 0.1%)

1 がある, といった山々

▼ 峰一つ~ (2, 0.1%)

1 越しただけ, 隔てた西

▼ 峰~ (2, 0.1%)

1 から間道, の谷

▼ 峰丹波今~ (2, 0.1%)

1 になっ, までふるえおののい

▼ 峰丹波殿~ (2, 0.1%)

1 と拙者源三郎, の一行

▼ 峰二郎~ (2, 0.1%)

1 と呼び, なり

▼ 峰入り~ (2, 0.1%)

1 でこの間, をした

▼ 峰太郎さん~ (2, 0.1%)

2 には配偶

▼ 峰奇峰~ (2, 0.1%)

1 の無, の間

▼ 峰岫重畳~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 峰~ (2, 0.1%)

1 を貫い, を重ね

▼ 峰~ (2, 0.1%)

2 の爺さん

▼ 峰~ (2, 0.1%)

1 を貫い, を重ね

▼ 峰~ (2, 0.1%)

1 の好意, の説明

▼ 峰戊申~ (2, 0.1%)

1 に襲國僞僭考, の襲國僞僭考

▼ 峰~ (2, 0.1%)

1 をくわせた, を頂戴

▼ 峰方面~ (2, 0.1%)

1 から駈け下っ, の新

▼ 峰日本アルプス~ (2, 0.1%)

2 の連嶺

▼ 峰松次郎~ (2, 0.1%)

2 の兄

▼ 峰植民地~ (2, 0.1%)

1 に行きまし, へ追放

▼ 峰竜山~ (2, 0.1%)

2 の山腹

▼ 峰自身~ (2, 0.1%)

1 には自分, の詳しい

▼ 峰通り~ (2, 0.1%)

1 は西山梨, 立てる松

▼ 峰連山雨~ (2, 0.1%)

2 の木曾川

▼ 峰~ (2, 0.1%)

1 の谿間, 未銷

▼ 峰~ (2, 0.1%)

1 て宿屋, へ着く

▼1* [354件]

あっちのは白楽天, 峰あなたにも立て, 峰あの天使の, 峰ありその状, 峰ある処件の, 峰あるいは谷から, 峰な兜卒天上, 峰いくつ崩れて, 峰いずれを蹈, 峰いただきに位置, 峰峰かけ, 峰お前は階下, 峰かさなりて, 峰かと見紛, 峰からくらい深淵の, 峰からでも呼びかけるよう, 峰からと言ったの, 峰からの手紙が, 峰がからかふと, 峰づれてしまへ, 峰ここの谷, 峰こそなかりけり, 峰この峰を, 峰これからやかましくいう, 峰さえ水の, 峰さしのぼる月かげに, 峰さん景年さんの塾, 峰しばらく思案し, 峰じゃあなかろうと, 峰そのままな存在, 峰たかく聳えて, 峰たちも新しい, 峰たるに愧, 峰だけが朝日の, 峰だけにできて, 峰だけにても天下の, 峰だけの世界である, 峰だけは階下の, 峰ちゃん生意気なもの, 峰ちやんが, 峰ってやつは, 峰つづきで眼さきも, 峰つづきである譲葉嶽の, 峰つていへば, 峰つるぎ山の頂, 峰づたいにどこへでも逃げ落ちられぬ, 峰づたいに丹波篠村の足利家, 峰づたいに乗鞍の頂, 峰づたいに乘鞍の頂, 峰づたいに南へ越えれ, 峰づたいに大文字山の裏, 峰づたいに張宝の本拠, 峰づたいに恵那山脈のふところ, 峰づたいに日光辺までのさ, 峰づたいに足海権現坂方面まで, 峰づたいに轟と鳴った, 峰づたいの坦々たる道, 峰づたいの天井から眸, 峰づたいの山狩りの汗, 峰づたいの道をやってきた, 峰づたい道をほか, 峰づたい針金渡しそれに, 峰づたひ行くその, 峰づたひしてうぐひすを幽かに聞ける, 峰づたふ夜の火, 峰でありその上方, 峰であるだろうと思う, 峰であればこそ光る, 峰でなければならない, 峰でもなく大きな, 峰といふも此あたりだ, 峰としては伯父を, 峰とちがつて, 峰とでもいいたいよう, 峰と共にのぼつた, 峰のだ, 峰などが白雲の, 峰などに見る青み, 峰などの守将たちへも, 峰などは天竜峡で, 峰などを攻略し, 峰なり口は, 峰なれば須臾, 峰にでも見られて, 峰にや響き候ひけん, 峰のうしろから, 峰のちよぼ圈點, 峰のてッぺんに, 峰はちよツと考へ, 峰はやツと, 峰ひとつ筑波の頂, 峰ふかく逃げ入ったとの, 峰へは雪が, 峰ほどの困難は, 峰ほのかに立ち, 峰ほめて遣, 峰つかつか, 峰みたいなもの, 峰もぐツたり, 峰もねむけが, 峰は不幸, 峰の笹葉, 峰われ沢山みな笠山ぬり桶山, 峰ゐるか, 峰をけふ見つるかも, 峰をも林をも, 峰カートリアと呼ばれ, 峰シナリオを持参, 峰ノヨウニ現ワレタト思ッタラ, 峰モン・ブランを遥望, 峰ユリ叡山ユリの名, 峰原あたり, 峰ヶ原尾鑿山などを探つ, 峰の店, 峰一〇五九・五メートルを登っ, 峰一人を縛った, 峰一個の利益, 峰一峰絶縁された形, 峰一杯の翼, 峰一渓を見, 峰一道二道と山, 峰一郎大使が代っ, 峰一郎氏が引受け, 峰七月猶看, 峰万峰を攀づる, 峰三度の大峰, 峰三郎が横堀, 峰下駄を直せ, 峰白と, 峰丹波いつか真剣の手合せ, 峰丹波こっちの部屋, 峰丹波さまで, 峰丹波さまへこいつ, 峰丹波それらへの興味, 峰丹波らが討ちとろう, 峰丹波ガッシリしたから, 峰丹波一党にとりかこまれ, 峰丹波一派の者, 峰丹波三方ごと残りのお捻り, 峰丹波乱心したの, 峰丹波今宵ほど酒, 峰丹波今宵ここで伊賀, 峰丹波先なる白馬, 峰丹波岩淵達之助等々力十内ほか十五人ほどの腹心, 峰丹波岩淵達之助等々力十内等重立った門弟, 峰丹波手のふるえ, 峰丹波朽ち木が倒れる, 峰丹波白木の三宝, 峰乗鞍岳に禦, 峰二つ踰えて右, 峰二一七三米の三角点, 峰二万三百フィートのマッキンレイ, 峰二三をすぎ, 峰二代清満と改め僅, 峰二十五浅が, 峰二千三百六十米を超えた, 峰二千六百年の脚本, 峰五峰の父子, 峰人遠藤勝畠山元三郎結城健三三田澪人志村沿之助我謝秀昌の諸氏, 峰も変らぬ, 峰仰ぎ見ればはる, 峰伝えに別山, 峰低くならぶ八ヶ嶽, 峰信敬は富田能登守, 峰信濃守平田壱岐守が新手, 峰から出, 峰ひに, 峰傳ひであつた, 峰元君は近ごろ市中, 峰の山伏, 峰八つをわたつ, 峰八郎君の妻君, 峰公床の間に己, 峰其子城富は申, 峰凍死の難, 峰出航以来毎日ただ白雲, 峰に見, 峰が三人, 峰勢天に聳え, 峰勢飛動せんと, 峰のよう, 峰及び二三の, 峰及十文字峠三国山等へ登る, 峰及日光火山群や渡良瀬川対岸, 峰及飯豊山の白雪, 峰が遠く, 峰右衛門さんですよ, 峰右衛門殿へよろしく, 峰右衞門さんですよ, 峰右衞門殿へ宜しく, 峰吉以外の何もの, 峰吉老をはじめ, 峰同様に意味, 峰向山と人, 峰呑牛等が發議, 峰和尚といふ, 峰和尚来庵真言坊主としては豁達明朗, 峰四つ五つ近いの, 峰四沢の水, 峰国府関亀山などの諸, 峰だの正岡城, 峰を刺し, 峰太虚庵門内人通り繁き路傍, 峰如削成直聳属天, 峰安策孫は二十六歳, 峰宮原節庵が江戸, 峰宮崎縣西臼杵郡など傳説地, 峰大雪山, 峰小松菜はゆで, 峰尾根どこへ到達, 峰尾節堂成石勘三郎崎久保誓一何れも大石, 峰居士独り無造作に見える, 峰を右, 峰山嶽の姫たち, 峰山道低地の窪, 峰岐峙するを, 峰の巓, 峰峰七月猶看, 峰ヲ以テ界トス, 峰巍立碧雲間鎮圧閻浮幾万関鶴林一夜煙散後, 峰巒半霄に磅, 峰巒草木茂生し浜頭, 峰となつ, 峰の住民, 峰に卵塔場, 峰左右前後にすくすくと, 峰帰路過茂樹六松蓼原諸村, 峰と立合つた時, 峰幾谿に亙, 峰広い谷に, 峰庚申男体などもありました, 峰廻りを志し, 峰廻り濠洲行きの主として, 峰形複雜にし, 峰彼処の襞, 峰後方は稻田, 峰心了居士といへり, 峰志津などがある, 峰怪蹟の蛇妖, 峰懐古の一首, 峰良充, 峰日暮の丘, 峰昌俊が後日, 峰の夜, 峰白衣美女二人双舞山巓上去, 峰朝日岳と脈, 峰も皆, 峰来りハリバ映画の, 峰東北常念岳や蝶ヶ岳, 峰林献堂氏邸にて, 峰根こそぎ一搖れ搖れたかと, 峰から梢, 峰とナナカマド, 峰にお, 峰標高三千七十米突主峰の北, 峰はこの, 峰次郎が窓, 峰の谷, 峰して, 峰深い渓谷, 峰淵保利荒木だの左右, 峰淵車之助殿, 峰淵車之助日向一学遊佐剛七郎それに屋敷, 峰淵車之助箭作彦十郎荒木陽一郎それに屋敷, 峰から渓, 峰渡権現においても昔蛇体, 峰温泉てとこ, 峰湧くが如し, 峰澄みてこの, 峰照る星を, 峰牧善助とを証人, 峰狗頭猴下より来る, 峰といふ綺麗, 峰玲瓏と頭上, 峰白くかりがね, 峰白根三山が太平洋, 峰白谷火山は梓川, 峰百合子女史は, 峰皆將軍磊嚴盡く貔貅, 峰皺襞を作り, 峰監獄へ送られた, 峰直立して, 峰並んで, 峰相並で東西, 峰神社の外, 峰秀立し或は, 峰秩父嵩などの名前, 峰を行く, 峰絶縁された形, 峰緑紅の三人, 峰起して, 峰老師は私, 峰聞いて呉れ, 峰を連ね, 峰の上, 峰脈六十八中央に最も, 峰芒原の間, 峰花子といいます, 峰茶屋心中なお夫人堂, 峰落ちゆく雲あらし, 峰の日, 峰西の夏口, 峰観念しろ, 峰の範圍, 峰谷谷には本草, 峰谷香蔵なぞはいずれ, 峰貞操大姉は錦橋, 峰越えして大津, 峰踏み越えさしまくる, 峰で自ら, 峰囘による, 峰迄は岩の, 峰近くの山, 峰近く松林の上, 峰通国界但シ信濃国ニテハ, 峰道谷道みるみるどこ, 峰遠視左兵衛佐藤原伊衡平希也など僅か, 峰ならん, 峰鉄岳の東, 峰が山々, 峰の美景, 峰阿彌陀山などの相, 峰阿蘇のものすごき, 峰附近に一部, 峰雪ふりつみて, 峰雪乃の墓, 峰雲間に突出, 峰青山岳坪笠谷のあたり, 峰青嵐楽天落魄居楽堂, 峰に当る, 峰頂かしこの渓間, 峰頂上から下界, 峰頂残雪の点在, 峰頭一マイルを歩, 峰頭三岐したもの, 峰頭二裂し東南, 峰頭平凡で記すべき, 峰頭路行看草色新, 峰頼母はその, 峰風聞には大方, 峰しに, 峰飛びて谿蹙, 峰飛舞天より来たる, 峰駒ヶ岳である, 峰駢峙した山頂, 峰駢立した一方, 峰高き巖の, 峰高く巌稠し, 峰鬱起見在, 峰の流, 峰鹿島槍ヶ岳の絶巓, 峰黒く燈火燦爛として, 峰黒髮山はわれ, 峰龍樹ヶ岳等の諸山