青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「平生~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~平和 平和~ 平均~ 平家~ 平常~ ~平次 平次~ 平民~ ~平気 平気~
平生~
平等~ 平野~ ~年 年~ 年々~ 年代~ 年増~ 年寄~ 年月~ 年来~

「平生~」 2431, 24ppm, 4823位

▼ 平生~ (625, 25.7%)

32 ように 10 代助 5 癖で, 自分に 4 やうに, 様に, 通りに, 通りの 3 彼は, 我に, 気質から, 生活に, 癖の, 自分より, 調子で, 鬱憤を

2 [66件] おとなしい慎, お前にも, こんな場合, たしなみも, たしなみを, とおりの, ような, 三倍も, 主張を, 人を, 例で, 元気も, 元気を, 冀望を, 動作が, 務と, 口吻に, 好奇心にも, 如く入, 如く水を, 小六, 常識に, 彼と, 心に, 心掛が, 志を, 快活を, 性質とは, 態度で, 態度では, 慎みも, 憎悪は, 手続を, 抱負に, 持論が, 服装で, 望足り, 母とは, 理想が, 理想を, 用意と, 癖が, 細心にも, 習慣が, 習慣的な, 自分から, 自分が, 自分でなけれ, 自分なら, 自分を, 興奮した, 行状が, 行状やら, 見方を, 観察から, 調子であった, 調子に, 調子を, 通りで, 通りである, 通り機嫌よく, 通り自由に, 通り落ちつい, 通り静かな悪びれない, 造詣を, 頬に

1 [401件] あなたの, あの人, いかにも颯爽, いたずらが, いつくしみが, いわゆる知己, おつぎ, おとなしさ, おれが, お住居, お八ツ, お師匠さん, お座敷へ, お延, お房, お料理, お糸さん, かれこれから, ぐうたら態度に, ごとく夙く, ごとく落ちついて, ごり, とおりで, とおりな, とおり貝塚へ, にぎやかな, ぼんやりを, むしや, ものよりも, やり方から, やり方を, ゆったりした, ようでなく, アナトオル, オーケストラ指導者ウムラウフが, ガチ, ギバよけの, サモアとは, ドンモリに, ポオズを, 一端である, 三四郎の, 不取り締まり, 不平や, 不愛嬌, 不用意も, 主人であった, 主張からも, 主張と, 主張に, 主張は, 主義たる, 主題に, 事に, 二倍ほどにも, 五郎治では, 交を, 交際を, 京の, 人格に対して, 人間に対する, 仕事にも, 仕事次第で, 何処を, 作法どおりに, 例の, 信念を, 修業は, 個人と, 倍以上に, 倍額の, 健康大切なる, 傲慢が, 僕の, 僻んだ容貌, 僻見から, 元気なく, 入場料は, 冷淡さに, 冷静荘重な, 処に, 処へ, 処置に, 力を, 勉強ぶりから, 勉強家は, 北原君よりも, 十倍に, 十分の一の, 卯平で, 厳しい法律, 友義の, 口の, 同博士, 吾らは, 命令権を, 和敬ひとへに, 哲學上所見及其實感を, 四倍ぐらゐの価を, 四倍ぐらゐの價を, 国交際においても, 埋智, 報酬の, 場合である, 夜なら, 夜にも, 夢想する, 大酒, 夫には, 奢侈ぜいたくを, 好みに, 好むところ, 如くお, 如く夙く, 如く船首, 如し, 姿一枚は, 威厳を, 学問浅薄なる, 学問浅薄に, 学術上研鑽の, 実践的生活から, 室が, 家に, 寡言にも, 寡言の, 實踐的生活から, 小児を, 尤もらしい, 居間の, 工夫と, 市蔵に, 常識を, 常識的な, 幕船とは, 彼とは, 彼に, 彼にとって, 彼よりは, 彼を, 彼女と, 彼女よりも, 御交際, 御無沙汰の, 心がけから, 心がけが, 心で, 心の, 心事御, 心得が, 心得といった, 心得方宜, 心持と, 心掛けが, 心掛けも, 心構へに, 志の, 忠次だったら, 快濶, 念また, 思い切った動作, 思ひ切つた動作, 思想齟齬する, 怠慢を, 性情に, 性格には, 性格の, 性質から, 性質を, 恩人だ, 恩怨が, 恩顧を, 息を, 意見が, 意趣ばらし, 愛を, 愛嬌は, 態度は, 態度を, 我よりは, 我儘な, 所感を, 所業から, 所見を, 手まめ口まめに, 手腕を, 技倆以上に, 抑制から, 持論から, 持論として, 持論は, 持論を, 持論也, 持論又は, 挙動にも, 振舞にも, 摂生法を, 擧動は, 教訓宜しから, 散歩道である, 敬意が, 新子を, 新聞の, 方が, 旅の, 日本人でなく, 時にも, 時間に, 書生風に, 月に, 望は, 楽器の, 様子から, 横着さに, 權威を, 歴史を, 気分を, 気弱さが, 気性を, 気楽な, 気象も, 気質の, 氣象に, 河に, 洒ツクにも, 活計と, 浩さんに, 浩さんらしくなけれ, 消息を, 清子と, 渇を, 渇想を, 温和な, 源氏に, 源氏らしく, 潜光を, 火災とは, 為す所, 無精に, 無邪気な, 無頓着な, 煩羅, 父らしく感ぜられ, 物質的収入は, 特徴を, 状態を, 現実を, 現實, 理智と, 理智を, 生活から, 生活が, 生活よりも, 生活振りを, 生活状態に, 生活費と, 生理状態であったなら, 用心にも, 用心を, 用意が, 甲斐を, 申付方行屆かざる, 町子を, 畑の, 疏放から, 疑問は, 疑念憤怒を, 癖と, 癖として, 登山ぶりを, 真喜には, 矜誇などは, 知己に対して, 神通力により, 私の, 私を, 私情は, 稽古にも, 究むる所偶, 立場から, 筆不精を, 筆法とは, 箍を, 節義を, 粋にも, 紋切形を, 素戔嗚が, 素振, 素行が, 素養ある, 經驗學識等に, 綺麗好き, 練習が, 美貌と, 群を, 翁には, 習として, 習慣通りに, 考え方が, 考への, 考へを, 臆病にも, 自信も, 自分と, 自分にも, 自分の, 自戒を, 芝居でも, 苦労鬱散の, 苦辛は, 落ちつきが, 落ちつきを, 落ち着きを, 蓄を, 蓉子の, 虚勢を, 虚飾をか, 行いに, 行いを, 行きが, 行は, 行為は, 行状から, 行状誠に, 衣食住についても, 表情とは, 視力以上に, 覚悟, 覚悟が, 覚悟は, 覚悟を, 覚悟如何に, 覚醒時に, 言に, 言葉が, 言行が, 言行野鄙に, 詞なる, 話と, 話の, 話題とは, 誇りに, 誠実を, 説に, 説教も, 調を, 調子と, 談話愁歎誹謗罵詈辨難等の, 談話愁歎誹謗罵詈辨難等を, 講義姿を, 謹厳な, 豪快なる, 貧乏と, 貴嬢, 賢さ, 趣味から, 身持よろしから, 軽い皮肉, 通り, 通りだ, 通りだった, 通りだつた, 通りです, 通りでは, 通りズバズバ, 通り二三日がかりで, 通り五杯喰べたので, 通り仕事を, 通り別に, 通り如才なく, 通り強烈な, 通り御膳を, 通り早く, 通り朝食の, 通り気楽な, 通り淋しい, 通り聴てら, 通り落ちついた, 通り落ち付く, 通り裏口から, 通り言葉寡な, 通り針箱を, 通り陰気である, 通り飯の, 道楽なれ, 遺恨で, 邪推を, 酒量から, 酒量を, 重吉そのまま, 陵の, 順序を, 顔つきで, 願いも, 願が, 風狂を, 風貌や, 食物に, 食物にも, 飲物としては, 魂と

▼ 平生から~ (258, 10.6%)

5 信じて, 自分の 4 推して 3 心得て

2 [17件] お延, この男, それだけの, 人の, 何を, 倅の, 崇拝致し, 怪ん, 極めて評判, 無口な, 物質的状況に, 特に懇意, 私の, 考えて, 能く分らない, 軽蔑し, 鼓動を

1 [207件] あったこんな, あまり丈夫, あまり仲, あまり口数, あまり喜, あまり小説, あまり愚痴, あんなに御, いじりつけて, いたして, おつぎ, お人好しで, お役向, お杉婆, かのお歌, こういう呼び出し方, こつちを, この人, この位, この装飾画家, この軌道, ごく親しく, さびしそう, すぐに, ずいぶん口幅ったい, そう考え, そこに, そのすわり, その健康, その用心, その豪家, それに対する, だれが, つねに戦時同様, できて, なじみの, なよなよと, はっきりしない, ばかに, ひどくそれ, むしろ質素, もう少し一般文化面, よくこんな, よく知っ, わかって, わかつて, 一方ならぬ, 一生懸命に, 一種の, 一般の, 三沢こそ, 不思議に, 不満に, 世間へ, 五郎の, 人家に, 仕事の, 低く見, 何か, 何事も, 余の, 余り呑気, 余り旅行を, 使用する, 兄さんを, 兄に対する, 兄夫婦の, 冗談口一つ仰有らぬ, 出不精を, 出不精を以て, 切長の, 初瀬は, 半ば公然, 厳しく監督, 口を, 君が, 吾輩を, 嘲るもの, 団十郎贔屓でも, 国民一致協力し, 夙に戒心, 大そう, 大概な, 好んで, 官吏として, 家で, 察する, 小型な, 小林を, 少し慾, 少し神経質, 少し神經質, 山岸さんと, 島田の, 崇拝の, 崖崩れを, 度々お, 弱い人, 強がって, 彼の, 彼を, 彼女が, 後生の, 御壮健, 御意見申, 御病身, 心がけて, 心がけも, 心掛けて, 快濶, 思って, 思ってるん, 思ふの, 恐ろしい細かい細工, 惰弱で, 意氣込んで, 感情強い, 慎しんで, 慣れ抜いて, 戦争とは, 手の, 扶持を, 押して, 持ち合せ, 持薬に, 掠奪強姦を, 教えて, 日本の, 日本中の, 明瞭で, 暗くて, 果物を, 極めて用心深く, 構えが, 欠席ばかり, 欲しいと, 欲しい欲しいと, 此位に, 此装飾画家に, 武芸自慢の, 気が, 気に入らないおよそ, 気の毒に, 氣の, 沢山の, 派手な, 淋し相, 温良の, 無学文盲を, 熱心なる, 爬ふ, 狸山へ, 生き物が, 用心の, 用意し, 町人どもを, 畳まっ, 疑問に, 病身の, 皇室と, 皮肉たくさんに, 相当に, 相当の, 真っ白に, 眼の, 矢島は, 社員に, 私に, 私に対して, 私は, 私を, 粗末な, 締まりの, 繋続, 考えると, 考へて, 肺病に, 胃腸の, 胸に, 臆病で, 自慢に, 色々の, 芝居を, 若いお, 苦に, 落ちついた女, 落ちついて, 蒼白い顔, 虚弱で, 虚弱な, 虫の, 覚悟が, 解って, 認めない訳, 貯蔵し, 軋り合って, 進退明白な, 閑静な, 陛下の, 陰気な沈んだ, 陽気な, 静過ぎる, 非常に, 願って, 飼ひ馴らされ, 骨董が, 黄檗の

▼ 平生~ (174, 7.2%)

2 あんな風, こちらから, 不在でも, 何か, 別々に, 割合に, 忙が, 至つて口少な

1 [158件] あまり勉強, あまり口, あまり興味, あらあらか, あるとも, あれほど, あんなに嗜み, あんな非, いかに心持, いちばん浅い, いっこう見当, いつまでも, おくびょうで, おそろしく無口, おとなしい歌女代, お通しに, かく盟, かりにも, こうした場所, この声, この通り, こんなに思っ, さほど真剣, しっくりと, すはに, ずいぶん出来, その劇場専属, その迷信, それほど親密, そんなにし, そんな話, ただ方便, ただ美しい, だれも, だんなを, ちょいちょい私, つやつやしい, つれづれで, どうかする, どうか知らぬ, どれも, どんな生活, なるべく安い, なんの, ふつうの, まず出逢わない, みんな善人な, ゆるゆるお, ハイカラーを, ハルピンでも, 一本きり帶し, 一週に, 三十万乃至, 二つしか, 云々又, 互いに罵り合い, 人の, 人気も, 人混みで, 人通りの, 人間や, 何人も, 何処へ, 余り好い, 依然として善意, 僧侶でも, 其迷信が, 再び一同, 出ない, 別にそれほどの, 別に錠, 十分も, 単に妹, 名を, 名字で, 君の, 唯美しい, 四角に, 塾務を, 大いに禮儀, 大きなこと, 大して懐工合, 大方の, 奉公人大勢に, 女中に, 女子の, 妾は, 威張ったこと, 婦人の, 学者町で, 安物と, 家政以外の, 寺の, 平気に, 平生そう, 年賀状以外に, 彼女と, 往々士官, 往来も, 待たれる人, 思い出すこと, 悪い方, 戸も, 手軽に, 散歩さえ, 日本人よりもずつと, 早くお, 木の, 果実を, 柔しげな, 概して上らなかった, 橋掛り共に, 殆ど役者である, 気の, 水を通して, 江戸住いな, 沈着い, 沙の, 河野時宗さんと, 注意の, 淋しい大学, 温和しい, 湯の, 源氏に, 漁師を, 火の, 無口な, 無愛想とも, 無難なまとまった, 猫の, 白い金巾, 真白な, 眼中に, 短い脇差, 神社の, 粗衣粗食に, 縁に, 羨ましいほど, 老ぼれて, 腹が, 自分の, 芋野老などを, 苦しくばかり, 落ちついた親切, 行ったこと, 裁縫を, 見られない嶮, 親切な, 角帯などを, 誰でも, 諤々として, 軽口で, 近所の, 鉄工所で, 頭と, 顔を, 風変りな, 驛迄徒歩で

▼ 平生~ (77, 3.2%)

3 似合は 2 なく朝, なく流暢, 似も, 全くない

1 [66件] あらしめば, きたいと, くらべて, ないおどおど, なくそれ, なく不機嫌, なく恁ん, なく混乱つて, なく混亂つて, なく眞劒, なく真剣, なく神中, なく青ざめ, にざる言, まして, ませたこと, 一層を, 似ず全く, 似ず異常, 似ず言, 似ない真率, 似合わずあたふた, 似合わず声, 似合わず頭, 似合わない重苦しい, 似合わぬ冒険, 似合わぬ観察, 倍した, 出そう, 変らない五分刈, 変わって, 変わらずおのおの, 就いて, 希望し, 復したれど, 復して, 復しました, 復し食慾, 復す, 復る, 復るだろう, 怠無, 慣れて, 持張し, 於ける唯一, 於て, 水を, 無く熱かった, 用いられるに従って, 用いられるよう, 異なった特別, 異ならざるを, 異なり荐, 異り, 異るあり, 異れる, 被る大学生, 見ようと, 見る外界, 親しくな, 調達しおかざるべからず, 超えて, 近い落ちつき, 違ったこと, 違って, 還らうとして

▼ 平生~ (71, 2.9%)

8 違って 6 少しも 3 何の, 同じよう 2 変ったところ, 変った点, 打つて

1 [45件] あまり変っ, あまり變, いえども, かわらぬ風付き, くらべもの, すこしも, ちがった犯しがたいいかめし, ちがった顔, まつたく變, まるで違う, チットモ変らない, 似も, 危急時と, 同じに, 同じ物質的, 変らないよ, 変らないよう, 変らなかった, 変らなくなったよう, 変らぬ動作, 変らぬ夫, 変らぬ烈しい, 変りが, 彼に, 異つて時代遅れ, 異ならない元気, 異なる様子, 異なる点, 異ふ, 變つた, 變つた事も, 變らず, 變らない, 較べて, 違い言うこと, 違うから, 違う圧, 違ったで, 違ったよそゆき, 違った処, 違った服装, 違った言葉, 違は, 違ひ, 餘り

▼ 平生よりも~ (63, 2.6%)

2 しんみりと, めいったふう, 一時間ほど, 熱心に

1 [55件] いそいそとして, いっそうみごと, いっそう故人, かえって穏やか, くわしく山荘, この使い, しみじみ姫君, すぐれて, ずっと澄み切っ, ずっと蒼かっ, たびたび来る, なおなよなよ, なお冷淡, なお寂しく, はしや, また多く, また情け, また美しく, また近しく, もっと当り前, ものを, よく微行, ズット平気な, 一倍気の毒に, 一層はしゃい, 一層疲れ, 乗客が, 乘客が, 多く歎息, 弱々しいふう, 御簾の, 心を, 念入りに, 悪く見える, 愁わしい, 打ち解けたふう, 早く切上げ, 早く薫, 明るくて, 暑いの, 暑い日, 柔しかった, 深く身, 減じて, 物数を, 緊張した, 美しく見える, 美男に, 羞恥を, 艶に, 蒸らし方, 行儀よく, 衰えて, 輝いた顔, 食物に

▼ 平生~ (48, 2.0%)

5 知って 2 叙せん, 疑ひ奸商, 知つてゐる, 離れない事

1 [35件] さも興, すこしばかり, よく知っ, 人が, 人に, 伝ふる, 叙し, 呑み込んで, 問ひ, 失せしが, 失わなかった, 思ひ浮べて, 悉し, 熟知し, 省みたるなり, 省みて, 知つ, 知らない余, 知らない園, 知り屡々, 知るもの, 知れる我等, 考えて, 聞きました, 聞くこと, 装いぱっと, 見たり, 見るに, 見るの, 見れば, 記したの, 識れる, 貫きて, 顧みて, 顧みない訳

▼ 平生なら~ (38, 1.6%)

2 ば退屈, 御父さん

1 [34件] こっちから, こんなどてら, そらサヴェジ・チー, とてもこんな, ともあれあの, なるべく労力, はっと驚く, ばうるさがる, ばどう, ば一杯, ば三つ, ば二時間, ば人, ば夜気, ば小さな, ば幾分, ば新聞, ば苦, ば通りいつぺん, ば銀座通り, 一言も, 二十分で, 何でも, 兄の, 別になん, 外套掛けに, 彼は, 恥ずかしくて, 手に, 抱腹絶倒の, 持合せの, 猪口に, 甲板から, 臆病な

▼ 平生より~ (35, 1.4%)

3 少し早目 2 人の, 青いん

1 [28件] いっそう鈍感, さらにくっきりし, できの, なお明らか, ひそかに, よく心, イクラカ叮嚀に, イクラカ念入りに, シャンと, 一倍の, 人望を, 余計蒼白く, 多少機嫌, 少し脊, 幾層倍も, 心正しから, 早めに, 早目に, 森栖校長を, 機嫌よく, 蒼い顔, 褌を, 西洋諸国の, 軍備を, 鄭寧で, 静かな, 養生の, 高調子に

▼ 平生でも~ (23, 0.9%)

2 この位, 繁昌し

1 [19件] あれを, そうな, そう流暢, とかく気, 一度いった, 両親に, 二三町は, 傍若無人の, 優に売卜者, 兄と, 刀の, 大きい上, 審判の, 山岸の, 手に, 挙動が, 時々見える, 泊まりの, 皆相応

▼ 平生よりは~ (17, 0.7%)

1 [17件] かいがいしく夫, ただでさえ, めいったふう, よっぽど鈍っ, 一層快, 仕事が, 勝れて, 多いの, 夜が, 大いに身じまい, 存外に, 理解できる, 生々して, 甲斐, 落ちついて, 遅くなっ, 過した

▼ 平生以上~ (16, 0.7%)

2 にあなた, の重み

1 [12件] にこまやか, にまた, にも大, にゆるみ, によく, に今日, に子, に宇治, に見わけ, に親, に親しく, の権利

▼ 平生とは~ (15, 0.6%)

2 まるで違った

1 [13件] なんの, まるで別人, まるで違っ, 似ても, 余程違う, 少しちがった, 見違えるよう, 違いどう, 違った意味, 違った旅, 違って, 違つて眠く, 違ひ

▼ 平生~ (14, 0.6%)

1 [14件] お洋服, はなやかな, よく事, 不順勝で, 余り不, 嚴な, 引く寢臺, 恰も芝居, 持ちたい思想, 晴れ晴れしくふるまう, 此の, 耳に, 言つてゐる, 賤しからぬ

▼ 平生にも~ (13, 0.5%)

2 似ず論理

1 [11件] まして不安, まして多く, 似ずおとなびて, 似ず兄, 似ず歌, 似合わしからんじゃ, 似合わないじゃ, 似合わない挨拶, 増して, 現われたかも, 続く事さ

▼ 平生~ (13, 0.5%)

1 [13件] て人形, で飛出した, というもの, とよく, に桃色, のまま, の上, の帯締め, の次ぎ, の羽織, をもっ, を持っ, 馴れた振袖

▼ 平生自分~ (12, 0.5%)

2 の分別, の家 1 が大阪特有, で撰ぶ, で歌, に関した, のよく, の生活, の神経過敏, を凌い

▼ 平生~ (9, 0.4%)

1 お弱い, すでにあぶなく, 大切だ, 悪いから, 破裂した, 稲妻の, 能く, 迷信深い, 達者な

▼ 平生~ (9, 0.4%)

2 をし 1 かの機会, でも実用主義, の様, の用意, の省, もない, も事

▼ 平生この~ (8, 0.3%)

1 土地では, 家と, 心を, 料理法を, 時間に, 美童に, 誡語を, 辺で

▼ 平生~ (8, 0.3%)

3 には吝嗇 2 に魂消られる 1 からばか, のゐない, をこき使っ

▼ 平生その~ (7, 0.3%)

1 境遇に, 小溝, 平生が, 心掛を, 料理を, 表面を, 金の

▼ 平生~ (7, 0.3%)

2 の遊び仲間 1 がお話, が秘密画, の処, の感じ, を愛し

▼ 平生通り~ (7, 0.3%)

2 の会話 1 の声, の打ち解けた, の気持, の生活, の調子

▼ 平生からの~ (6, 0.2%)

1 処へ, 心持ちが, 想像通りに, 意向で, 知合いと, 訓練であった

▼ 平生には~ (6, 0.2%)

1 きわめて円滑, なるべく感動, 予想できなかった, 似気, 微塵も, 見られない一種気品

▼ 平生~ (6, 0.2%)

1 が人間, の前, の口, の居, の説, は自分

▼ 平生親しく~ (6, 0.2%)

2 はせぬ, 往来する 1 した友だち, して

▼ 平生あまり~ (5, 0.2%)

1 使われない御殿, 化粧を, 好まないおかず, 見たこと, 親しくは

▼ 平生~ (5, 0.2%)

1 おきなくまじわった老人, から犬, に抑制, を不愉快, 懸の

▼ 平生~ (5, 0.2%)

1 が持っ, でも顔, とも交際, も行かない, れでも

▼ 平生これ~ (4, 0.2%)

1 にさ, にさえ気がつかなかった, を忘れん, を懐中

▼ 平生であったら~ (4, 0.2%)

1 その老人, 伝蔵が, 天風は, 月が

▼ 平生よく~ (4, 0.2%)

1 一晩の, 事へ, 国民に, 衛生の

▼ 平生わたくし~ (4, 0.2%)

1 の身, は文学, は詩, を愛し

▼ 平生丈夫~ (4, 0.2%)

1 だから, なお前, なれば, な人

▼ 平生好き~ (4, 0.2%)

1 であつ, でなかった, なもの, な物

▼ 平生最も~ (4, 0.2%)

1 尊敬する, 愛するところ, 隠居に, 食物に

▼ 平生深く~ (4, 0.2%)

1 考えても, 考へてもを, 耻ぢて, 自信する

▼ 平生考え~ (4, 0.2%)

1 ていた, ている, ておった, もせぬ

▼ 平生~ (4, 0.2%)

2 の中 1 に溜まっ, の底

▼ 平生身体~ (4, 0.2%)

1 にある, の強壮, の忙しい, を鍛錬

▼ 平生~ (4, 0.2%)

1 に對, をやめず, をやめない, を置いてない

▼ 平生あまりに~ (3, 0.1%)

1 現在の, 簡単に, 遠

▼ 平生~ (3, 0.1%)

2 ういふ 1 う近い

▼ 平生そんな~ (3, 0.1%)

2 ものの 1 事を

▼ 平生において~ (3, 0.1%)

1 かつ百金, 男女品行上の, 自分の

▼ 平生はさ~ (3, 0.1%)

1 ほどで, ほどに感じない, まで信仰

▼ 平生主張~ (3, 0.1%)

1 する心, する趣味, する風流亡国論

▼ 平生何事~ (3, 0.1%)

1 か言い出す, についても国民, にも大概満足

▼ 平生使~ (3, 0.1%)

1 つたもの, はれて, ひ馴れた黒柿

▼ 平生使用~ (3, 0.1%)

1 されて, した風呂桶, して

▼ 平生~ (3, 0.1%)

1 に居, の面倒, へ出入

▼ 平生~ (3, 0.1%)

1 に師, れ自ら, を喜ばざる

▼ 平生日本~ (3, 0.1%)

1 の国士, の姑, の社会的道徳

▼ 平生無口~ (3, 0.1%)

1 な兄, な足人, な非

▼ 平生苦労~ (3, 0.1%)

2 を知らない 1 をした

▼ 平生食物問題~ (3, 0.1%)

2 に不注意 1 を研究

▼ 平生あれ~ (2, 0.1%)

1 ほど仲, ほど懇意

▼ 平生あんなに~ (2, 0.1%)

1 快濶, 親しくし

▼ 平生いかに~ (2, 0.1%)

2 眼識の

▼ 平生おう~ (2, 0.1%)

2 たいに

▼ 平生それ~ (2, 0.1%)

1 で困らされ, を勘次

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 つて自分の, と立ち上る

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 すらそう, もさうであるのに

▼ 平生どおり~ (2, 0.1%)

1 になった, の夢

▼ 平生なれ~ (2, 0.1%)

1 ばしまいなくしたですむ, ば大広間

▼ 平生について~ (2, 0.1%)

1 幾らか知つて, 私は

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 が朝寢, に向っ

▼ 平生人間~ (2, 0.1%)

1 はただ, を大別

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 善しの, 好く暮し

▼ 平生健康~ (2, 0.1%)

1 でもあった, にし

▼ 平生催眠術~ (2, 0.1%)

2 によつて過去

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 がとっ, が目のあたり

▼ 平生兄弟~ (2, 0.1%)

1 の如く, 同樣

▼ 平生出入~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 平生名利~ (2, 0.1%)

1 の外, の巷

▼ 平生嗜まれ~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 平生地震~ (2, 0.1%)

1 というもの, の研究

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 の集り, 更かしで

▼ 平生夢寐~ (2, 0.1%)

1 する所, の間

▼ 平生~ (2, 0.1%)

2 のする

▼ 平生好ん~ (2, 0.1%)

1 でパン, で悪辣

▼ 平生学校~ (2, 0.1%)

1 から帰った, で主人

▼ 平生宿直室~ (2, 0.1%)

1 に寝, に寢泊り

▼ 平生少し~ (2, 0.1%)

1 の病気, 遺恨が

▼ 平生彼女~ (2, 0.1%)

1 の眼, の議論

▼ 平生~ (2, 0.1%)

2 厄介に

▼ 平生念頭~ (2, 0.1%)

1 にかかりおりし, に置い

▼ 平生思っ~ (2, 0.1%)

1 ている, ておりました

▼ 平生愉快~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ 平生意見~ (2, 0.1%)

1 の衝突, を加えい

▼ 平生慈悲~ (2, 0.1%)

1 をかけられ, を第

▼ 平生懇親~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 平生戦争~ (2, 0.1%)

1 の事, を忌

▼ 平生敵視~ (2, 0.1%)

2 せる他

▼ 平生文相~ (2, 0.1%)

1 が行おう, の漢字廃止論

▼ 平生旅行~ (2, 0.1%)

1 して, は割合

▼ 平生既知~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 平生日本人~ (2, 0.1%)

2 に対しては自由

▼ 平生普通~ (2, 0.1%)

1 の手紙, の業務

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 の着心地, を無造作

▼ 平生~ (2, 0.1%)

2 を知る

▼ 平生決して~ (2, 0.1%)

1 不經濟, 妓楼へは

▼ 平生沈黙~ (2, 0.1%)

1 なる大原, を以て行

▼ 平生烈しい~ (2, 0.1%)

2 内心の

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 が口癖, より戒められ

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 が大嫌い, に好意

▼ 平生甚だ~ (2, 0.1%)

2 多忙に

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 ゐた硯, ゐて

▼ 平生用心深い~ (2, 0.1%)

1 兒で, 子で

▼ 平生畏敬~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 平生疎遠~ (2, 0.1%)

1 なもの, なりし親族

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 にし, を掛け

▼ 平生相撲~ (2, 0.1%)

1 などの好き, に無

▼ 平生私智~ (2, 0.1%)

2 を恃

▼ 平生科学~ (2, 0.1%)

1 に対して反感, の研究

▼ 平生~ (2, 0.1%)

2 より人

▼ 平生立派~ (2, 0.1%)

1 に一方, に演じ

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 を持ちつけない, を行

▼ 平生考へてる~ (2, 0.1%)

2 事を

▼ 平生~ (2, 0.1%)

2 を聾する

▼ 平生~ (2, 0.1%)

2 ゆるところ

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 を作る, 散里夫人

▼ 平生見かける~ (2, 0.1%)

1 枯れ葉の, 相撲が

▼ 平生見慣れた~ (2, 0.1%)

2 ものも

▼ 平生貧乏~ (2, 0.1%)

1 して, をかこち

▼ 平生~ (2, 0.1%)

2 で充分

▼ 平生門閥~ (2, 0.1%)

2 だとか

▼ 平生雨戸一枚~ (2, 0.1%)

2 隔てた外

▼ 平生露西亜~ (2, 0.1%)

1 の新聞, の虚無党

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 にある, のみ露わし

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 の色, を洗っ

▼ 平生~ (2, 0.1%)

1 り威張り散らすから, り注意

▼1* [580件]

平生あなたがかう, 平生あの分析表を, 平生あまり人に臆, 平生あまり文通をし, 平生あまり顔なじみのない, 平生あらゆる本能的自我的心理の, 平生ある点にかけては, 平生あんまり御無沙汰を, 平生いう所の, 平生いかなる動作に, 平生いっておられる, 平生いつけたせいで, 平生いつも胸が, 平生いない人が, 平生いろいろな天狗, 平生聞きし慣れないせい, 平生おえんまさま, 平生おそらく市の, 平生おちついた男で, 平生おちつきはらっている, 平生おとなしい人間ほど, 平生おとなしき人にて, 平生おのづから天命, 平生おれに片意地, 平生お世話に成っ, 平生お前の仕打, 平生お嬢さんがお, 平生お寺で人, 平生かかりつけの甘木先生, 平生きたない風を, 平生くらゐ出来たん, 平生くらい出来たの, 平生こうした断片的随筆を, 平生ここに出入, 平生こそ嫂の, 平生ことにおと, 平生こんな場合に, 平生ごく人の, 平生さえ然うだった, 平生しげしげ出入する, 平生しっかりして, 平生すこし悪口を, 平生すこぶる嗜む所, 平生そうでがしょう, 平生そこだけはとばし, 平生それ程借金を, 平生そんなに弱い小児, 平生たくさんは私, 平生たしなむ水泳を, 平生だったら寒いだろう, 平生だんまりやで通つて, 平生ちょっと外へ, 平生つかつている, 平生であったならそのままそこ, 平生でさえなんとなくその, 平生とかわらない, 平生とっておき, 平生とて人間や, 平生どうしまって, 平生どういう風に, 平生どおり兵器を執っ, 平生どおり家に帰っ, 平生どこへも出た, 平生どの角度に, 平生どんなに控え目な, 平生など思ひ出, 平生なら泊りたい泊りたいですべての, 平生なんの気, 平生なんらの善根, 平生においては見馴れざる色彩, 平生においても敵という, 平生にやにやばかりし, 平生ねらひすませし的彼方より, 平生はどつちか, 平生ひつそりして, 平生ひとを引見, 平生ぶこつなご番所勤めを, 平生ほど時間の, 平生ぼんやりと考へ, 平生ぼんやり物を考へ, 平生まずいものを, 平生みなさんの活発, 平生むずかしい顔を, 平生むつかしい顔を, 平生やさしい上に, 平生よく分の分かる, 平生よりはずつと無口に, 平生くでもね, 平生ろくに歩いたこと, 平生わが国の民衆思想, 平生わたくし達は心窃, 平生アヌンチヤタが歌うたふ, 平生アンチヴィヴィセクショニストなどという者, 平生セメントや煉瓦, 平生デモ一回ノ排尿ニ時間ガカヽリ, 平生トルストイが書斎, 平生バーへは誰, 平生ピート一等兵が訓練, 平生ヘイヘイやって, 平生ペトラルカを崇む, 平生マスコフキナの機嫌, 平生ワシントンの自由主義, 平生一つの荷車, 平生一度も雨戸, 平生一滴も飲まぬ, 平生一般新劇團の女優, 平生丁度その時, 平生万事至極殺風景, 平生丈夫ぢやつた, 平生三百円や五百円, 平生下宿の主人夫婦, 平生喜苟著述二巻随筆身後伝, 平生不平の事, 平生不思議に思う, 平生世間外に孤立, 平生並んで居る, 平生丹精して, 平生を怠っ, 平生乞食の入る, 平生乱雑の上, 平生予め言かは, 平生予感されて, 平生に追われ, 平生二人の女子, 平生ふこと, 平生云ってらっしゃる, 平生五万位のところ, 平生些細の事, 平生京弥どののお腰, 平生の法律裁判, 平生の人, 平生他人の議論, 平生仲間交際を更に, 平生会談の場所, 平生っております, 平生住んでいない, 平生何とも思はなかつた此, 平生何人も出入, 平生何心なく身, 平生何樣に忠義, 平生余り従順しく無い, 平生余裕をつくる, 平生使い慣れた卓子には, 平生使う必要の, 平生使っていた, 平生使つてゐる言葉, 平生使わない棚の, 平生使われていない, 平生侠客ぶるの, 平生信ずるところの, 平生信心をいたす, 平生俳優という意識, 平生健三よりは親しく, 平生健啖であったの, 平生健脚を誇る, 平生に置い, 平生備えて置かなけれ, 平生儒学を奉じ, 平生はこう, 平生先生の小説, 平生先生呼ばわりをされる, 平生克己ということ, 平生入道の知らない, 平生其の意気の, 平生其処へは余り, 平生其身に不足有, 平生内地米のありがた, 平生円満な家庭, 平生冷静沈着なる英人, 平生に園芸, 平生劇場用の小道具等, 平生力一ぱい遣って, 平生力自慢の者, 平生勇気もあり, 平生務めて俗縁, 平生包み蔵して, 平生匡済の念, 平生匡濟の念, 平生のもの, 平生卑屈の旨, 平生厚く飼われた恩返し, 平生がつて, 平生参りたいツて, 平生友達と話してる, 平生叔父の手下, 平生取扱つてゐましたから, 平生にする, 平生口やかましい女房の, 平生口数の少い, 平生口癖の様, 平生叱りつけたり口, 平生吉之助とは交, 平生同じ町に, 平生同志として御, 平生同所にて作業, 平生同氏が机上, 平生を知っ, 平生君達の我々日本犬, 平生吾が健全な, 平生吾輩が彼, 平生唱える処は, 平生善くない事, 平生善良の資質, 平生喜八の正直, 平生喜兵衛を心, 平生嗜みて飮め, 平生嗜める食物娯楽を, 平生を吐かない, 平生の君, 平生四種の絵具, 平生困っております, 平生囲碁を好み, 平生土人とは仲, 平生づけの, 平生多くの人, 平生多く書を讀まざりしか, 平生多く詠物の詩, 平生多弁の老人, 平生夜仕事の時, 平生夢裏に遊べる, 平生酒家であった, 平生大きい口を, 平生大事に畳ん, 平生大人しい人であります, 平生大声で談, 平生大宮はこの, 平生大臣のお, 平生大言壮語の癖, 平生大言壯語の癖, 平生大道狭しと, 平生大飯喰いの, 平生天国における神, 平生天狗を呑ん, 平生奇行に富む, 平生女房級の人, 平生好まない顏, 平生好まぬところなれ, 平生好む所を, 平生好んで辛い物, 平生如何に訓練, 平生ながら何事, 平生妻君恐怖症にかかっ, 平生嫌いな物, 平生子供らに, 平生学問の得, 平生學問の心, 平生學海居士が儒家, 平生に自慢, 平生室内にばかり引込み勝ち, 平生宵子の守, 平生家族に交つて, 平生寂寥の田, 平生密輸入者たちに黄老爺, 平生寡言沈黙の人, 平生の味方, 平生尊重する痩せ我慢, 平生小六かしい顔, 平生小言を言う, 平生小食をし, 平生少しく獨逸語を, 平生尤も親しらしい, 平生山風以外に聞く, 平生川端玉章の為人, 平生を臆病, 平生市民たちからいわゆる, 平生に換, 平生に換, 平生常にその傍, 平生氣で, 平生幽霊を笑, 平生幾度となく, 平生店子を督視, 平生引っ越し車などに見なれない, 平生弾いておいで, 平生当面の時事, 平生彼らの未来, 平生彼等上流社会から抵抗, 平生往き来してらつし, 平生往来しない仲, 平生徒党を組ん, 平生得る所の, 平生に懷, 平生徳義の貴ぶべき, 平生心安くする誰彼, 平生心掛けてする, 平生忖度するところ, 平生忘れて仕舞, 平生忙しく暮して, 平生忠之と懇意, 平生忠利の机廻り, 平生忠義顔をし, 平生思つてゐるの, 平生思想を性命, 平生思慮深い性, 平生性欲の獣, 平生を抱ける, 平生といふもの, 平生恨まれている, 平生恩顧を受け, 平生悪い事ばかり, 平生悪人をのみ取り扱う, 平生惡口をいひ合うてる, 平生意気をたっとぶ, 平生愚痴の心, 平生愛乗致して, 平生愛国者振るくせ, 平生愛想笑ひを, 平生愛想笑いをする, 平生愛撫されて, 平生慈善を心, 平生憎まれたり軽蔑, 平生憎みける故態, 平生憧れていた, 平生懇意に交際, 平生懐抱するよう, 平生といふもの, 平生我々は我々, 平生我が国語の, 平生我儘をする, 平生戯談ばかり言う, 平生の後, 平生手紙をかく, 平生手許において可愛, 平生手馴れている, 平生坐精進, 平生批評を專, 平生承知して, 平生抑えてい, 平生にふれ, 平生拝見して, 平生拝観を許される, 平生拵える挽いた肉の, 平生歩く七つ道具, 平生持つてゐた, 平生掃溜へ捨てられる, 平生政見を異に, 平生教えられている, 平生敬愛するセザンヌ, 平生に識, 平生敷いてゐるらしい, 平生文右衞門は一文二文, 平生文学を志す, 平生文学上に抱い, 平生文学書類を手, 平生文筆に由っ, 平生日光を見ない, 平生智徳事業の帳合い, 平生暖かい筈の, 平生暴食の結果, 平生に心, 平生書物を気, 平生て冠纓, 平生所愛, 平生會社に行く, 平生有りそうに, 平生朋友等無之候え, 平生朋輩の睨み合い, 平生木の葉や芥虫, 平生の上, 平生東照公や楽翁公, 平生柏軒の最も, 平生森成さんから病気, 平生森本さんと御, 平生検事というもの, 平生検討的な彼, 平生極めて気の, 平生標本室の中, 平生権高で出入り, 平生欣慕するところ, 平生歌道を好ん, 平生正義という事, 平生此等の事實, 平生歩き馴れた街, 平生が出, 平生んど, 平生殆ど喜怒を現した, 平生殺傷沙汰多く辻斬り据物, 平生母親のこれこれ, 平生毒舌を以て自任, 平生毛筆を使, 平生の短, 平生気持の悪い, 平生水戸学派の諸, 平生水量はあまり, 平生求めようとして求め得なかった, 平生江戸にあ, 平生泥棒を捉え, 平生洋服を着慣れ, 平生洋風を悪, 平生活人画以上の面白味, 平生派手に作っ, 平生べで, 平生を控え目, 平生涵養停蓄, 平生渇して居る, 平生湖水の水嵩, 平生源氏が手もと, 平生演ずるということ, 平生漢方の薬, 平生潔白正直を取る, 平生激昂しやすき, 平生火鉢の火, 平生点けっぱなしに, 平生無事従容の日, 平生無感覚で読過, 平生はぐづ, 平生煮え切らない宗助の, 平生爵位を売り, 平生特に重厚な, 平生の御, 平生王氏の外甥, 平生っていた, 平生用いていた, 平生用いた華押は, 平生用いないだけのこと, 平生用いる脅しの, 平生田畑の青々, 平生由緒のある, 平生合せて, 平生申して居ります, 平生を知っ, 平生忽な, 平生病むことが, 平生癇性に爪, 平生白い顔が, 平生百病断えざる, 平生に立憲論, 平生直接行動革命運動などいふ, 平生知る間, 平生眠つきの悪いの, 平生眠付きの惡, 平生眷顧を辱, 平生が悪く, 平生着たらしい黒紋付が, 平生着丈四尺の衣, 平生て居る, 平生知っている, 平生知った人の, 平生知りたいと思ひ, 平生なぞ打った, 平生祈つてゐる, 平生祖母に叱られ, 平生にさう, 平生神経を悩まし, 平生神経質なるが, 平生私どもが読誦, 平生私個人とは疎遠, 平生私曲のある, 平生私達の行く, 平生秩序を好ん, 平生程と加減に, 平生種々な村方, 平生穿きにし, 平生や草, 平生築き上げたと自信, 平生を凝し, 平生紅い頬を, 平生紙幣や銀貨, 平生細節に拘らぬ, 平生紳士らしい行動, 平生統計学に興味, 平生絶間なく心, 平生継子を標準, 平生綿服を着, 平生羅甸語が読める, 平生美人だと, 平生美衣美食大きな邸宅, 平生羽衣の曲, 平生考へてゐる, 平生聞いていた, 平生職業に対し友人, 平生が惡, 平生胃吉や腸蔵, 平生胸底に往来, 平生脂肪分に欠乏, 平生かがみ, 平生腰帯にし, 平生自ら戒めて, 平生自ら実験する所, 平生自己の行, 平生自由の朋友, 平生自給自足をし, 平生自負の雄心, 平生至極丈夫な, 平生を大事, 平生船中は勿論, 平生良知の学, 平生花瓶を壊し, 平生若い男と, 平生若き女性に, 平生若宮君をよく, 平生若殿を神, 平生苦心せんので, 平生苦悩の絶, 平生を茂らし, 平生草稿をつくる, 平生莫大の保護金, 平生菅公の霊, 平生葛湯でそれ, 平生蓄積したる, 平生藝術家久保田君を見くびり, 平生蝙蝠傘などさしたる, 平生蠹魚の生活, 平生行きつけた家, 平生行きません所へ, 平生行って使っ, 平生行届いてい, 平生西洋食品を蓄え, 平生見かけない人たちが, 平生見つけた水の, 平生見ることの, 平生見慣れていた, 平生見聞する事物, 平生見馴れない見物事であった, 平生親しむ書巻の, 平生親切にし, 平生親日家を装つて自分, 平生解らない術語を, 平生言私淑良寛上人堂宇宏壯不似, 平生少ない物靜, 平生詞数を言はず, 平生語学の達者, 平生読み書きいたしおる漢字漢語, 平生読み破った書物上の, 平生読む所の, 平生読んだり書い, 平生謹厳を以て門人等, 平生を作る, 平生貴族名鑑などを読みません, 平生賢明の譽れ, 平生賭事のみを業, 平生贅澤ばかりし, 平生贔負にし, 平生赤みかかった艶, 平生農桑で多忙, 平生近眼で弱, 平生透明ガラスの衣裳, 平生通ったことも, 平生通り工事の指揮, 平生通り絃歌して, 平生通り腰をかける, 平生遅い夫の, 平生道義徳操を標榜, 平生遣って置かない, 平生避けている, 平生邦人の客, 平生邪慳よ私, 平生都会にてこれ, 平生金屋へも心, 平生金銭に無頓着, 平生金閭門外の桃花塢, 平生に任せ, 平生英に, 平生阿部弥一右衛門が一家, 平生隊中の者, 平生や鴨, 平生つて, 平生青眼を以て貞白, 平生と向っ, 平生革命を主張, 平生預けてある, 平生頑健な上, 平生と金, 平生頼みたりし, 平生風流亡国論を唱え, 平生食卓を賑やか, 平生食物論を研究, 平生食餌箋を拵え, 平生飢ゑてる様な話, 平生飢ゑてる樣な話, 平生飲む方に, 平生餅菓子を食, 平生養母に孝行, 平生香奩体の詩, 平生高位顕官の前, 平生を解い, 平生鬼怪を信じない, 平生魔除けとして危急, 平生鶏冠に注意, 平生麦飯を嫌