青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「岸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

山脈~ 屹度~ ~岡 岡~ 岡田~ ~岩 岩~ 岬~ 岳~ ~岸
岸~
岸本~ 峠~ 峯~ ~峰 峰~ ~島 島~ 島田~ 崇拝~ ~崖

「岸~」 6024, 58ppm, 1986位

▼ 岸~ (1570, 26.1%)

52 立って 37 沿うて 23 沿って 19 近いところ 14 着いた 13 立つて 12 着いて 11 出た 9 上って 8 向って, 繋いで, 臨んで 7 そって, 沿ひ, 添うて, 生えて, 立つと, 腰を, 近づいて 6 ある, 並んで, 出で, 寄せて, 来て, 着くと 5 しゃがんで, ついた, つないで, 上ると, 出て, 着きました, 繋がれて, 置いて

4 [11件] あがって, あり, 出ました, 寄って, 星の, 柳が, 残って, 立った時, 船を, 身を, 銀いろ

3 [18件] あるの, つきました, つけて, つながれて, まって, 一艘の, 上った, 下りて, 人が, 出る, 多くの, 座って, 楊柳の, 添って, 添ふてお, 着く, 見出されたであろう, 近づくと

2 [91件] あがると, あった, ある村, いて, いる人たち, いる者, うまれいで, このごろとても, さく, そうて, そつた, たたずんで, ついて, つきて, つくと, つけば, ならんで, のぼって, のぼりました, ぶっつかって, ぶつかつて, むかって, むかつて, われは, ゐ杭, 一そうの, 一人の, 上がって, 上がると, 上りて, 上陸し, 下りた, 並べて, 二度も, 休んで, 住んで, 出す是, 出たとき, 分かれて, 向つて, 坐り暗い, 垂れて, 大和なでしこが, 姿を, 寄せる波, 建って, 杖ひく, 横這いの, 氾濫し, 沿うた, 沿ふて, 泊した, 波の, 漂着し, 漕ぎ戻したこと, 激し, 点々と, 登りて, 眼を, 着いた時, 着きさうになつ, 着けさして, 砕けて, 立ちて, 立つた, 立列んだ, 結びつけるの, 繋いだほう, 羅列す, 臨みたり, 茂つた柳の, 行って, 見えた, 見出だした, 赤い小鳥, 近い宿屋, 近い所, 近い水面, 近い石, 近い背, 近くなる, 近づくこと, 迫って, 這い上って, 這ひ, 達する渡船, 降りて, 集まって, 面し気候温暖, 飛んで, 騒いで

1 [951件 抜粋] あがった, あがりましょう, あげて, あたると, あったと, あった丸木, あった古, あった有名, あった温泉, あつた, あてました, あふれて, あらはれて, ありのこる一脚, ありまする, あるきれい, あるのに, あるもの, あるコーカサス, ある三万将士, ある右翼, ある四, ある大, ある崖, ある形勝, ある温泉, ある無花果, ある自分, ある藁家, ある鳥飼, いたるまで, いたれるに, いた先輩, いつまでも, いる人, いる正吉たち, いる見張人, いろいろな, うちあげられたといった, うちあげられましたそして, うちよせる憂鬱, うち寄せる, うち当て, おいて, お江戸名物, お秀, かかった, かこまれた中, かの段丘地形, くいこんで, くだりかくして, くつ着いたま, こわれかかった倉庫, ごつん, さういふ美麗, さして置い, しげりまた, して, しゃがみました, すがって, すくすくと立ち並ぶ, すむ人たち, すんで, せまって, そのお, その版図, それぞれ寄りかたまつ, た, たたずむとき, たちて, たつて, たつ水樓, たどり着いた時, だきあげぬ, ちかい洞窟内, ついたので, ついた両側, ついた時, ついで歩き出した, つきましたが, つく, つくべし汝, つけそう, つけようか, つけられたそれで, つけ相も, つないだ家根船, つないだ小船, つながれ水牛, つなぐと, つらなり暑熱, とても今, とびあがると, なって, なびく, ねころんで, のぞんだ大きな, ののしる左膳ら, のぼり一同, のりあげた, はい上った, はこばれ氷置き場, はねあがって, はりわたした二本, ひきあげて, ひたひたと, ひとつの, ひょろひょろと, ひろがって, ふきつけられて, ふりかえった, ぶっつけました, ぶつかるの, ぶつけられさんざん, またがった南方, また松明, みえた, むらがった, もうやってきた, もどるの, よじのぼりました, よどむ, れんげが, わたったそこで, ゐる學生さんたち, アセチリン・ランプを, ゲート型の, ズシンと, トロッコの, バンカが, ボートを, マナイールが, ワラワラと, 一丈ほど, 一人でに, 一区画を, 三層楼の, 上がろうと, 上げられようと, 上らしめたり, 上りこっそり, 上りました, 上るといふ, 上ろうとして, 上陸した, 下り立ち二, 下り立つた若い, 並び立って, 並び立つ柳, 並ぶ家々, 並べられて, 乗上げさせて, 二かかえ, 二人の, 二階建の, 井桁に, 人家の, 人影は, 今夜泊まる, 今鎮座, 伝わりました, 佇んで, 住む人たち, 何も, 倒れて, 倚り茂る, 備え立てた, 兵船を, 出たもの, 出でたり, 出でん, 出兵した, 到らむ, 到るまでの, 到着し, 到達する, 匂へる, 半分引き上げた, 各一条, 同じよう, 向かって, 向つて大声, 向へ, 吹き曝しの, 咲いて, 咲く, 咲く松虫草, 咲く野, 在った, 在るあり, 坐して, 坐りおれば, 埋めた, 埋伏の, 堤に, 堵列し, 壁白く, 多いアノフェレス, 夜中の, 大きくな, 大きな神社, 大聲, 奔溢さし, 存すること, 定めて, 宿りして, 寄せたの, 寄ったり, 寄りおいおい, 寄りつど, 寄り上ると, 寄る月, 密林が, 寝そべつて, 寝て, 対ひ, 小さいクジラ, 小さな四角, 小さな小さな二つ, 小鳥よろめく, 居あわせた船頭, 居てさえ, 居る一人, 居残ってる人々, 届いた汽船航路, 屍と, 岩の, 岩壁が, 岩石を, 岸の, 峙つ赤黒い, 川口の, 帰らざるべからず, 帰り着く迄, 幹太き, 幾株かの, 広重が, 建った家, 引きよせて, 引き上げられた漁船, 引き揚げる, 引上げられた, 張らせやが, 張りわたし, 彩筵毛氈など, 往かんと, 待って, 御殿の, 微笑みゐたり, 愁を, 懸けて, 懸りたり, 戻つたとき, 打ちあげられずには, 打ちよせる波, 打ち上げられて, 打ち寄せて, 打つ波, 打上げつ更に, 打寄せて, 投げて, 投げ終ったです, 抛りあげて, 招かれたくなる, 拾ひ上られた, 掛かって, 探検隊を, 揃えて, 揚が, 擦れ擦れに, 散布し, 散開し, 於ける大, 時々絶壁, 曳くこと, 木立が, 来ると, 枯れた葦, 桃の, 構えられたる平城, 櫻花の, 歸る, 残して, 残つてゐる, 段丘を, 水棹を, 水車を, 氾濫した, 沿いて, 沿い上流, 沿うたところ, 沿うた小さな, 沿うた蛇籠, 沿う水辺樹木, 沿った枯芦, 沿つてほそい, 沿つて彎曲し, 沿つて東へ, 沿ひまた, 沿ふ, 沿ふて進ま, 沿わずに, 泛ぶら, 波に, 泥泪という, 泳ぎついて, 泳ぎつきました, 泳ぎつくこと, 泳ぎ附かうとして, 洽うて, 流れついたかれ, 流れ付, 流れ着いたの, 浮かばしめしドイツ潜航艇, 浮んで, 浴舎が, 添い島, 添う街道, 添った道, 添つて金田峠を, 渡された, 渡した危ない, 渡し守の, 渡すの, 渡りました, 湾入が, 溢れ出し或, 漂いついて, 潮の, 火が, 無尽会社の, 無言の, 無障害, 現われて, 生えたほそ長い, 生ひいで, 生ふてふ, 産する, 町の, 登っても, 登り卵, 白い花, 白く泡立っ, 白木で, 百尺あまりの, 直立し, 着いたほとり, 着いては, 着きかねて, 着きてえん, 着きました時, 着き海岸, 着くまでには, 着くまでは, 着けた, 着けなけりゃあ, 着けられた, 着けり, 着けると, 着けれとも, 砕けたかと, 碎くる處, 移して, 移りつここ, 穂を, 突きあたるはずみ, 突き当らんず勢, 立たせたまま北, 立ち, 立ちたるは, 立ちつくした, 立ちならんで, 立ちもしくは, 立ち並ぶ人家, 立ち竝ん, 立ったなり, 立つた時, 立つわれ, 立つ人, 立つ楊柳, 立つ気高き, 立つ袖ふき, 立並んだ土蔵, 立廻らん, 粘き黴, 続く青葉, 繁ぐにも, 繋いだ小舟, 繋がれた一艘, 繋がれぬ日, 繋ぐ筏, 置いた衣類, 置き忘れて, 署長さんが, 群れて, 群れ惑う者, 聳えて, 聳った, 腹這いに, 臨み其の, 臨んだ静か, 舟を, 船首を, 花摘み, 芳流閣を, 茂った柳, 茂る色々, 菊の, 菜を, 葉と, 著くまで, 藤綱を, 虫でも, 血の, 行きついた日本人, 行き当ると, 行つてさかんに, 行つて是非, 襄陽を, 見えて, 見えるの, 見とるらしき女夏, 見出した, 見物人が, 見送りの, 触れると, 觸れよ, 賑わしい府中, 走りよる, 跳ね上がったと, 踏み止まった瞬間, 踞んでト, 蹲り旅人, 身投げが, 辿りついて, 辿りつくよ, 近いよう, 近い処, 近い水, 近い氷, 近い泥, 近い浅場, 近い海, 近い部分, 近きところ蘆荻, 近き水面, 近くきれいな, 近くたたずん, 近く二階建の, 近く咲い, 近く浮草に, 近く添う, 近く網を, 近づいた, 近づいたの, 近づいても, 近づきても, 近づくあいだ水, 近づく舟, 近づけるとき, 近付いた, 近寄らうとして, 近寄るの, 迫れり, 追いやられて, 追い上げられて, 這ひあがるごとく, 通ずる大綱, 連って, 連なり暑, 連れて, 進み來, 進出し, 運ぼうと, 運命が, 道が, 達したの, 達するとき, 遠い水, 配置し, 釣る人, 長い間, 降り潜水夫, 陣を, 集った, 集つた, 集まったと, 集り牛羊, 雪が, 青く茂った, 音も, 風雨に, 飛びうつって, 飛び上がった, 飛び上った, 飛び上って, 飛び越えるかしらと, 餌を, 高い峭壁, 高さ二丈許

▼ 岸~ (1183, 19.6%)

45 方へ 19 柳の 16 方に 15 ほうへ 10 上に, 方を 8 ほとりに, 草の, 近くに 6 ところに, 景色を, 柳は, 火が 5 上を, 家々の, 山は, 岩の, 方には, 方の, 村, 杭に, 柳に 4 岩に, 方は, 草原の, 道を

3 [22件] あたりは, ほうで, 上なる, 丘の, 光景は, 家々は, 家の, 崖に, 方から, 柳が, 柳も, 柳を, 水の, 浅いところ, 浅瀬に, 灯が, 石垣を, 砂地を, 紅葉を, 辺に, 間に, 間を

2 [73件] あたりで, あたりを, あなたに, うえに, ずうっと, ところどころに, ところへ, ところまで, ほうから, ほとりの, ほとりを, 一もとは, 一角に, 上から, 上などに, 下で, 下との, 下にも, 人々も, 人たちも, 人家には, 人数が, 光に, 叢に, 土を, 姫松の, 屋根や, 山が, 山の, 岩には, 岩を, 崖ところどころ, 崖の, 崖を, 巌に, 或る, 景色が, 木立の, 松と, 松林の, 板屋楓が, 柳, 根に, 桜の, 桜は, 橋の, 水を, 河原から, 海しか, 火事は, 灯に, 灯の, 熊笹を, 石垣から, 石垣に, 石垣の, 竹槍の, 竹藪に, 絶壁は, 線を, 草, 草むらでは, 草むらは, 草を, 草原に, 葦蘆を, 蘆が, 蘆の, 部分が, 青砥は, 風光は, 風光を, 風景は

1 [747件 抜粋] あたりに, あたりも, あたり幅半, あちこちに, あの草, いきり立った逸り男, いきるる雑草, いずれかに, いと低き, おいさん, おばさんは, おやじも, かれや, くぼんだ所, けしきいつも, ことで, さびしいところ, さびしい物哀れ, しげった草, しげみから, じめじめした, すぐ上, すぐ水際, すぐ灰色, すぐ際, すすきの, ずうっと向, ずうつ, その緑, そばまで, つかさの, つつじの, つるつる滑る, ところから, ところで, ところを, どよめき, ながめを, にはとり, ねこや, はなで, はんの, ふかみどり, ふたりは, へか, へに, へ匂, へ着ける, へ鮮血, ほうに, ほうまで, ほうを, ほとりには, ほとりまで, まっくろな, まはり, やうな, やうに, ように, わきから, アーク灯が, ウガンダ王国の, オランダの, スレスレに, フロリダに, ベンテンの, ポイントバローなどでも, ムリアスに, 一に, 一事に, 一同は, 一帶を, 一点に, 一農家の, 一部には, 一酒店, 三つなら, 上, 上日数五日の, 上照す, 下の, 下は, 両側から, 両側の, 並木に, 中央に, 二士を, 二階屋の, 人々が, 人々は, 人たちが, 人を, 人家の, 人家まで, 人家や, 人影は, 人払いや人よせを, 人通りの, 人通りを, 低いねえ, 低い川, 低きを, 倒木の, 傍らに, 傍楊柳の, 光景が, 光景と, 兵から, 兵に, 内地からは, 処々に, 処には, 凹みには, 前線に, 割烹店が, 北に, 北側には, 半腹, 卯の花が, 叢の, 古柳, 右手に, 哨戒隊が, 土からも, 土地の, 土堤を, 土手から, 土手に, 土手の, 土手を, 地も, 地形は, 坡まで, 堀垣の, 堡塁から, 夕暮に, 夜あけの, 大いなる原, 大きな岩, 大堤防, 大学眼薬の, 大戦に, 大木に, 大石小石の, 太陽と, 女は, 如きは, 姫松は, 子が, 子壽, 子松, 孤独な, 守備に, 客船まで, 家々と, 家で, 家や, 家並の, 家並を, 宿に, 審判所では, 寺中永久寺へ, 対ひ, 小さい町, 小さい神殿, 小さな町, 小屋の, 小松に, 小石に, 小石を, 小舟へ, 小都市, 尾花苅萱だ, 屋根の, 層楼は, 山々は, 山あ, 山この, 山側から, 山光雲煙を, 山吹底も, 山壁の, 山脈は, 山裾を, 岡野の, 岨道を, 岩にも, 岩の上あちこちに, 岩ほ, 岩上に, 岩拍ち, 岩石の, 岩角に, 岩角へ, 岬の, 岬昔からの, 峭壁は, 崖が, 崖は, 崖も, 崩れより, 崩壊箇所が, 巖には, 川へ, 川原の, 工場の, 布置茂の, 平らかな, 平地であれ, 平地を, 平遠, 平野は, 広場に, 建築物と, 引き入れられるやう, 弟が, 形が, 形状さえ, 彼方は, 彼方へ, 思想を, 悪魔が, 意と, 所まで, 掘割沿いの, 探検などに, 支度茶屋に, 敵の, 新しい二階, 新田とを, 方で, 方にも, 方へまで, 方をも, 日本左衛門と, 春に, 是だけ, 晩香坡から, 景色は, 景色も, 智惠子が, 暗いど, 暗みへ, 暗みへまで, 曲線は, 朝妻に, 木の, 木立が, 木蔭の, 杉の, 杉山の, 村に, 村民が, 杭の, 東京神奈川など, 松が枝結びけむ人はかへ, 松の木に, 松並木に, 松明は, 林に, 林の, 林美しい, 枝ながら, 枝頭の, 枯れたカン木, 枯れ芦, 枯れ葦, 枯草には, 枯草の, 枳殼垣に, 柔い草の, 柔らかな, 柳かな, 柳とも, 柳に対して, 柳岩国の, 柳橋に, 桃の, 桃園は, 桟敷涼み櫓は, 桟橋で, 梨花に, 棒杭に, 森の, 森へ, 植物は, 楊に, 楊柳は, 楊柳も, 楽音は, 様な, 樹に, 樹木が, 樹木の, 樹木の間には, 櫻の, 欅の, 此彼草を, 段々に, 水ば, 水まづ氷り, 水圧の, 水揚げ場へ, 水神様の, 水等は, 水車小屋の, 水車小屋まで, 氷は, 氷りたる端, 江山須臾に, 河原は, 法螺の, 波うち際, 波打ちぎわが, 泥に, 泥を, 洞穴が, 浅いところ方々, 浅い処, 浅瀬を, 浅羽という, 浴場の, 海岸まで, 淡竹の, 深みどり, 渡頭から, 潟と, 瀬戸の, 火で, 火事に, 火事を, 火影に, 灯かげも, 灯も, 灯台からは, 焔の, 熊笹が, 熊笹の, 熱病が, 燈火が, 片隅に, 物々しい有様, 狼狽ぶりが, 猫の, 猿声啼い, 玉造へ, 田地を, 町の, 畔まで, 病院, 白楊の, 百姓たちが, 眺めが, 矢いくさに, 石ころや, 石だたみの, 石と, 石に, 石壇を, 石崖を, 砂が, 砂しろく, 砂に, 砂にも, 砂も, 砂を, 砂原に, 砂原も, 砂地に, 磯から, 秋, 秋田に, 穴の, 空が, 突出した, 窪いところを, 端が, 竹屋の, 竹藪の, 竹藪や, 箱へ, 篠井の, 米大陸が, 紅葉が, 紅葉空の, 細い平ら, 絶壁いずれも, 絶壁なる, 絶壁の, 絶壁を, 網引にとっても, 緑と, 縁に, 縁まで, 群衆を, 群集の, 義なるべし, 職業組合ボート繋留所の, 腐木, 舟まで, 舟小屋にだって, 舟着場を, 船津まで, 色, 芒を, 芦の, 芦萱と, 花と, 若い草, 若草香に, 茂みを, 茫と, 草に, 草の根まで, 草へ, 草まで, 草むらに, 草をも, 草原へ, 草叢の, 草山の, 草木が, 草村に, 荊州, 荒い岩石, 葦の, 蔭から, 薄の, 藪を, 蘆荻を, 蛇籠の, 蝉時雨で, 蝉時雨であった, 街道に, 表日本, 裾と, 要所要所, 見える所, 諏訪下の, 警備に対して, 谷原には, 豆麦と, 豪宕極まりない, 赤土の, 路梁津の, 辺まで, 辺りに, 辺をめぐって, 近いところ, 近くでは, 近くには, 近くは, 通行を, 道から, 道路の, 遠くない, 遠近船よりも, 邊を, 部分の, 酒店から, 野原に, 金すじ蛙も, 釣りびとを, 間にも, 間は, 間汝の, 防備を, 陣地へ, 陣屋へ, 陸地が, 陸地には, 際丈魚の, 隣松亭へ, 雑草の, 雜木に, 雪景色は, 雪相合し, 青い木の下, 青や, 青山は, 青田なぞは, 青葉も, 青葉を, 靜かな所で, 頂まで, 額かな, 顔も, 風光自然に, 風景が, 風景も, 風景を, 風物は, 風貌は, 高いところ, 高いの, 高い渓川, 高さ, 高台小石川と, 高楼に, 黄土で

▼ 岸~ (570, 9.5%)

20 出て 13 上がって 10 出た, 向って 8 戻って 7 あがって 6 着いた, 着くと 5 つけて, 上って 4 上りました, 寄せて, 寄って, 帰って, 持って, 綱を

3 [14件] あがると, 上がった, 上げて, 上つた, 下りて, 出ました, 岸へと, 泳ぎつく, 渡して, 漕ぎ寄せて, 着いて, 着きました, 近づいて, 連れて

2 [31件] あが, あがった, あげて, いって, つきました, つないで, 上がると, 上がろうと, 上ると, 下りた, 叩きつけて, 寄せます, 寄せろ, 帰った, 徒歩で, 戻った, 抜手を, 来て, 泳いで, 泳ぎつい, 渡ること, 漕ぎ寄せました, 着けて, 着けろま, 立ちました, 船を, 行くこと, 這いあがった, 這い上がった, 運んで, 飛んだ

1 [352件] あがったり, あがつたり, あがりますと, あがるせつな, あがるやいな, あがれば, あがろうと, あげる時, あつまって, あとの, あふれ軍船五百余艘, いつ出られるか, うち寄せる, おとっつあん, おりて, お越え遊ばす, かきよせその, かけあがって, かけつけた, かけて, かつぎあげた, くると, さして進み, すがりついた敵, すぐに, すれ, せまる鬨の声, そっと伝馬船, その縄, つ, ついたかと, ついたとき童子, ついたサツパ舟, ついた波, ついて, つえを, つき出た黒い, つくだらう, つくと, つけたな, つけ一力, つなぎました, でたの, でられます, とび上がって, とび上がるやいな, とび移った, ぬけそのまま, のそ, のぼって, はい上った, はしごが, ひきよせて, ひろがって, ぴょいと飛び降りる, ぶつけ, みじめな, もどって, やった, やってこられると, やって来たという, ゆく二, よじ上りお, よじ登った時, よって, よって鴎, わたるには, ガリガリと, ガリガリッと, 一せいに, 上がったと, 上がった時, 上がった虎髯, 上げい, 上げられた地点, 上ったばかりの, 上った右, 上った辺, 上っても, 上つても, 上つてアカシヤの, 上つて來る, 上つて指を, 上つて泥だらけの, 上らせて, 上りますと, 上り更に, 上り終えたところ, 上り荷物, 上り陸路, 上陸する, 上陸ろうと, 下って, 下りるであろうところ, 下り立つと, 乗りあげて, 乗りつけること, 乗り上げそこ, 住み何やら, 佛國の, 使いに, 來て, 出たとき, 出たの, 出た小一郎, 出る, 出ること, 出ると, 出るや, 出る二町, 出る麓, 別れたもの, 到着した, 到着しました, 勢揃いした, 取りつかせないよう, 合図を, 向う進み, 向かって, 向きたがる艇, 向き直ると共に, 向けましたので, 吸いつけられるよう, 吹き上げられ定, 吹寄せられた, 呼ばせた, 呼びそこ, 坂を, 夜釣りに, 天幕を, 寄せそこ, 寄せられて, 寄せられ傍ら, 寄せること, 寄せるやら, 寄せる様子, 寄せる波, 寄せろと, 寄せ山岡屋, 寄った, 寄つて来た, 寄り織田家, 寄る, 寄るたび, 己を, 帰せッ, 帰るだろうと, 帰るの, 帰れるか, 帰ろうと, 廻った, 廻りはじめて, 引きあげられた, 引きかへ, 引きずり上げようとして, 引き上げた, 引き上げたばかり, 引き上げて, 引き寄せる, 引っぱって, 引っ立てろ, 引寄せる, 彼を, 往って, 徐々と, 忍び寄るその, 忍び忍び上がっ, 急いで, 急ぎますと, 戦ひ疲れた獅子王, 戻るよりは, 手繰りよせられた, 打ち上げて, 打ち上げられたよう, 打ち上げられた材木, 打ち上げられて, 打ち寄せる大海, 打付ける海音, 打揚げられ, 投げて, 投げ上げ綱, 投り, 折れ曲って, 抜けがけを, 押して, 押しよせては, 押し寄せ押し寄せする潮, 担ぎ上げました, 掛けて, 揚げられて, 揚げられるまで, 搏って, 攻めかかれ, 攻め上ったよう, 放り投げて, 斜めに, 方向を, 早く近づこう, 曳いて, 曳きあげるとき, 曳き上げたところ, 来た, 来たの, 来たので, 来たり, 横付けに, 横切って, 歸つた, 沈枠を, 波が, 泳ぎついた, 泳ぎつきました, 泳ぎつき船と, 泳ぎ付く, 泳ぎ戻った, 泳ぎ戻る, 泳ぎ着いたところ, 泳ぎ着いて, 流して, 流れ寄ること, 流れ着いた, 浪が, 渉る, 渡いた, 渡つてゆき, 渡つてゐ, 渡つてゐた, 渡つて並木路づたひに上流へ, 渡りつくや, 渡りました, 渡る, 渡るの, 渡るのに, 渡る船, 渡船を, 溢れ出しますから, 漕がれヒラヒラ, 漕ぎつけて, 漕ぎ付けん, 漕ぎ寄せた伝馬, 漕ぎ寄せた傳馬, 漕ぎ寄せるや, 漕ぎ戻して, 漕ぎ戻る, 漕ぎ着けて, 無事に, 目がけて, 目を, 着いたおり, 着いたらさぞ, 着いた時, 着いた波, 着いてからに, 着き, 着きまた, 着き次第, 着き設けられた釣殿, 着く, 着くこと, 着け, 着けさ, 着けたもの, 着けたら何, 着けぬという, 着けると, 着けろ, 着船へ, 移って, 移る, 突っ放し, 立つて, 立つと, 繋留させられ, 繋綱を, 繰りだして, 自分で, 舟を, 舵を, 船はが, 菫蒲公英桜草そこには, 落ちた小, 藤蔓を, 行かうぢ, 行くため, 行くん, 行った, 行ったの, 行ったり, 行って, 行つた, 行つて草の, 触れて, 走った, 走って, 越される筈, 足が, 跨がないでは, 跳ね出して, 跳び上がった伊織, 跳び上がって, 跳び来って, 跳び移って, 跳上る, 転がった, 辿り着いた時分, 近いところ, 近づいた, 近づいたの, 近づくにつれ, 近づくふう, 近付こうと, 返すな, 迫った, 送って, 逃げあがった, 逃げ上がった輩, 這いあがって, 這いあがると, 這いついて, 這い上がって, 這い上がるよう, 這い上がろうと, 這い上った, 這い上って, 這ひあがる, 這ひ上がらう, 這ひ上がる, 運ばれた, 運ぶもの, 避難し, 降りて, 降りると, 陣地を, 陸揚げされた, 顔を, 飛びあがると, 飛びうつりながら, 飛びついて, 飛びつき着物等, 飛び上ったこと, 飛び上り, 飛び上れません, 飛び移ったこと, 飛び移つた, 飛んで, 飛上がった, 駆けて, 駆け上, 駈け上がって, 駈け上がりかけて, 駈け付けて, 鮫の

▼ 岸~ (551, 9.1%)

27 離れて 9 歩いて 8 離れた, 離れる 7 洗って, 見ると 6 はなれて, 噛んで 5 伝って, 浸して 4 あるいて, 下流に, 進みました 3 はなれようと, 廻って, 打って, 打つ波, 見て, 走って, 離れた時, 離れると

2 [33件] うつ波, おりて, なして, はなれた, はなれました, トンと, 上流へ, 下って, 傳ひ, 出て, 外へ, 打つ浪, 打つ音, 掘しに, 掩って, 望むと, 東へ, 歩きながら, 歩き沖, 歩く者, 洗う水, 洗う波, 眺めると, 突いた, 突いて, 船と, 見つめて, 超え常に, 通って, 通るとき, 降りて, 離れたの, 離れること

1 [361件] あっちへ, あとへ, あゆみゐるピナテール, あらう渓流, あらって, いくら物色, いつか上がっ, いで, うかがって, うちまるで, うち蘆荻, うった, えぐりとり淵, えこそ, おおうて, おり小川, かえたと, かけ上, かけ下, かんで, くだらんとて, くだれり, ぐるぐるまわっ, ぐるっと取巻い, ぐるっと右, こんな工合, さかのぼるにつれて, さが, さぐりさぐり敵, さした, さしてこぎだした, しばらく眺め, しらべろっ, するする走っ, すゝみゆき第, ずっと内陸, ずっと見, そぞろ心に, その巨大, その路, たどり歩いて, ちゃぷちゃぷ洗い流れ, ついて, つたは, つたひ, つたふこ, つたわって, とぼ, ながめて, ながめまわして, ながめゆくに, なしそれ, なす土壌, なん時間も, のぼりかねて, のぼると, はい上がっ, はなれたすぐ, はなれること, はなれると, はなれるの, はなれ岸, はなれ青海原, ひたして, ひたし壊れた家, ひたす水, ふたりの, ふらふらし, ふりかえった, ふんだばかり, ぶら, まわって, めぐつて, めぐりて, めぐれる槐柳, めざして, もちその, もった流れ, ヒタ, ブラブラ歩い, ユウラユラ酔いどれみたいに, 一回りせね, 一巡し, 一巡し終わる, 一押し押す, 上って, 上への, 上ります, 上れば, 上手へ, 下つて水上, 下つて高山, 下りて, 乗って, 二三十町ほども, 仰いで, 伝いあるいは, 伝いながら, 伝うて, 伝ひほ, 伸して, 俥で, 傳つて漁夫町の, 傳つて行く, 傳つて走つ, 先廻りし, 出た時, 刺して, 匐いのぼっ, 北から, 北の方へ, 北へ, 北西に, 十間ばかりも, 半周した, 占める丘陵, 占領し, 卷けり, 去って, 去りしづか, 去れば, 取り囲まれる, 右往左往する, 呼ぶ俗称, 噛みただ荒狂つて, 噛む勢, 噛む怒濤, 噛んだ反動, 噬む水は, 噬んで, 坦々とさかの, 埋めた, 嬲って, 嬲つて, 少し散歩, 尺も, 川上の, 川下に, 巡って, 幾つか, 廻った二人連れ, 廻つてゐる, 弁別し得ざる, 強く突け, 形づくって, 形づくる山々, 彷徨う, 彷徨うた, 彷徨って, 彼方此方見めぐる, 徘徊し, 徘徊すれ, 必然に従って, 急いで, 我等に, 所有し, 打ちて, 打ちながら, 打っては, 打つかの, 打つて, 打つの, 打つ浜, 打つ鉄色, 打て高く, 持ち日没, 持つ湾, 指して, 挟んで, 掘りひろげた天然, 掘るの, 掠めながら, 探しに, 探らせた, 措いても, 揺つたり, 搏って, 撃ち河, 撫でて, 撫でる木の葉, 擾し, 放れ, 放れた, 放れて, 散策した, 日出の, 時折通っ, 望みきといふは, 望むこと, 望遠鏡で, 机竜之, 東に, 東進し, 棄てし後ダヌービオ, 楯と, 横ぎりマーレボルジェ中央の, 歩きつつ, 歩き出しました, 歩き出す, 歩く童子, 歩けるだけ, 歩む, 気だるげ, 氣だる, 江刺郡の, 汲水場の, 沢井まで, 洗いつつ, 洗いながら, 洗い東海道, 洗い浴客あと, 洗うて, 洗うとも, 洗う三方子川, 洗う大波小波, 洗う川波, 洗ひ, 洗ふ, 洗ふて居る, 洗へる, 浸さんばかりに, 浸さんばかりの, 浸し蠶食, 浸すこれ人間, 浸す千曲川, 浸す頃, 淙々と, 溢れて, 溯って, 漁って, 漕いで, 灑ひ, 男と, 登った, 登って, 目がけて, 目掛けて, 真っすぐに, 眺めた, 眺めたとき, 眺めて, 眺めながら, 眺め大, 眺め遠く, 眺れ, 私と, 私は, 稍, 突きました, 突くと, 立て廻して, 立去るに, 籠めて, 紙帳蜘蛛は, 経て, 縫うて, 縫って, 縫つて栗山へと, 繞って, 繞つて磊, 自分等の, 舞台として, 船が, 船の, 茂らせ水面, 草蛇の, 菜摘の, 蔽えるクローバー, 行きしに, 行くわけ, 行く往来, 見いだすもの, 見かへ, 見たとき, 見たりといふは, 見ました, 見よ沖, 見わたすと, 見廻すだけの, 見張って, 見込むと, 見返ると, 調査した, 警戒し, 護し長堤村, 護る杭, 走つて, 越えしめる, 越後へ, 踏ますな, 踏まないうち, 踏みながら, 踏むと, 踏んだぞ, 踏んだ者, 蹴破ってと, 躑躅の, 輪なりに, 辿つて, 辿りし名, 辿るか, 追いかけて, 逆に, 這って, 通つて行く, 通りすぎる河, 通り船津, 通るよう, 進み行き, 進んで, 過った, 遠くまで, 遠ざかった時, 遠ざかって, 遠巻きに, 遠退きます, 遡り周, 野らから, 銀色に, 限りとして, 隔てて, 隔と, 離る, 離るれ, 離れたその, 離れたばかりの, 離れたろうか, 離れた小さな, 離れた彼, 離れた漁夫達, 離れた船, 離れなければ, 離れぬ舟, 離れは, 離れほどなく, 離れました, 離れようと, 離れるとき, 離れるとき運転手, 離れるほど, 離れるも, 離れるや, 離れる二反余, 離れる舟, 離れ入江, 離れ去るのみ, 離れ国, 離れ汽船, 離れ見る見る狭霧, 離れ貝, 青く彩つた, 静かに, 領と, 頬白が, 頼んだ若木, 顔で, 顧みれば, 飛ぶ一人, 馬に, 駈け廻って, 高く築き固める

▼ 岸から~ (279, 4.6%)

5 離れて 4 見るだけ 3 岸へと, 橋を

2 [18件] こちらの, この高原, すぐの, 三尺ばかりの, 上野谷中の, 北へ, 向ふ, 小腰を, 岸へ, 川の, 望めば, 板を, 水の, 直ちに底, 舟へ, 船へ, 船を, 駈けて

1 [228件] あちら岸へ, ある微か, うつむいて, お互いの, かけて, かなりに, このあたり, この岸, さかのぼって, さげて, すぐに, すこし離れた, すさまじい鬨の声, すべり出して, ずっと私, そっと身体, その令嬢, その船, それと, たったひと, つまみあげられたよう, とおざかって, とびおりて, どしどし船積み, はなしました, はみだして, ひき離されたので, ひら, ひらひらと, まっさ, むこうの, もう一方, やって来た小舟, よほど離れた, わきへ, ウルグ島までの, キリキリと, ボートを, 一ばん向うの, 一人の, 一段下った, 一間も, 一隊の, 丁度同じ, 七八丁は, 三メートルほどの, 三十間ばかり, 三十間程は, 三反と, 三四ロッドまでは, 三百メートルも, 乗ったあの, 二三十ロッドばかりは, 二三段の, 二人の, 二十間も, 二間ほども, 五十メートルほど, 五十間あまりしか, 余り遠く, 例の, 俺を, 傍観し, 先ずその, 兎の, 入る支流, 冒険的な, 出た低い, 十二ロッドは, 十五ロッドばかり, 十五六フィートの, 十五歩ほどの, 十四五間も, 十数メートルは, 十数艘の, 十間の, 十間ほどに, 千海里近い, 半丁ほど, 半丁程, 叫んだ, 同時に撃ち出した, 向うの, 向こうの, 向こう岸へと, 向を, 向岸, 吹いて, 吹くの, 呼ば, 商人と, 四マイルばかり, 四五間乗り出し, 圧して, 垂れさ, 垂れた小, 垂下る, 堰かれて, 声を, 大声し, 小さな小屋, 小声で, 小舟を, 少し淵, 少し離れた, 屋島へ, 展望した, 岸にと, 岸まで, 岸を, 川へ, 差出た木立, 幾らも, 広漠たる, 張り出した足場, 強くひ, 彼に, 彼の, 彼を, 往来まで, 徐々として, 悟りの, 手ごろの, 手を, 打ち上げる目標, 打ち寄せる波, 打出ヶ浜へと, 投げこむの, 押し戻されて, 拡げて, 挟みうち, 揚子江の, 数羽の, 断崖を, 新しい石垣, 早舟が, 映るの, 昼猶, 東は, 松林の, 板が, 栗鼠の, 槍を, 此岸へ, 此方の, 歩み板が, 水中に, 水中へ, 水面およそ, 沖の, 泥の, 消えて, 清洲橋を, 湖心に, 溢れそう, 漕ぎ出された時, 濁水を, 父に, 犬が, 狙いを, 狙撃された, 生い茂った大木, 百メートルも, 百里ほど, 直ぐずつと, 直径二三丁に, 礫の, 空壜を, 空声ばかり, 突き出して, 突き離した, 笑い返すと, 等距離の, 絶壁が, 綸を, 縄を, 聳立っ, 舟に, 船中から, 船頭の, 艫の, 苦労し, 荒れた昔, 落ちて, 落ち込む沢, 落ち込む谷, 葦の, 蔽いかかる樹, 蔽いかかる雑草, 藤棚の, 見えて, 見た男體, 見ると, 見るわけ, 見る見る内, 覗いて, 覗き込んだ, 覗く海, 解かれずに, 賽の河原と, 賽の河原という, 走りついた, 起った, 起って, 起り始めたかの, 身を, 軽舸, 逃げ出した, 遠い砂浜, 遠く吹き払われた, 遠ざかって, 遠ざけて, 遠退い, 金門湾に, 鉄線で, 銃声が, 間近に, 離さないの, 離れた島々, 離れた氷, 離れぬ様, 離れようとは, 飛びたって, 飛び込むよりも, 飛び込んだ, 飛び込んだが, 飛び飛びの, 駆けて

▼ 岸には~ (211, 3.5%)

3 大勢の, 娼妓の, 子供が

2 [14件] いろいろの, いろんな粗末, ヒマラヤを, 二三本の, 処々に, 南牧北牧相木などの, 桜が, 樹木が, 猫柳の, 画舫も, 茨や, 蘆が, 近江屋が, 長兄と

1 [174件] あって, あまり湾入, あらゆる大き, いないの, うるい, およそ四, がやがやと, くろずんだ古い, さ, ささやかながら, じつに二百里, すべて柵を, ずっと遊女, たくさんの, はや旌旗林立, はんの, ぴちゃぴちゃと, まだ比べ, まだ釣り, まるで万里, もうほ, ハーナムキヤの, ポプラや, ユパダール公園が, 一つの, 一つ一つ廓の, 一万も, 一旦モスコエストロオム, 一軒の, 一面の, 七霊社という, 中背の, 丹三郎と, 之よりも, 二階造に, 五六隻の, 亭々たる, 人が, 人の, 人家や, 人影も, 今大きな, 仮に小屋, 何にも, 依然髭, 僧達が, 全く岩石, 兵船を, 出ずに, 午後の, 半永久的の, 同じやう, 名に, 土筆でも, 垂柳を, 型ばかりの, 墨絵の, 夏でも, 夕方の, 多く黒塗りの, 大きい幾株, 大きい石, 大きな岩, 大きな柳, 大きな波, 大きな製紙工場, 大きな角材, 大八車にべか, 大師堂を, 大橋の, 奇妙な, 奇岩の, 奇態な, 奔流を, 家が, 尾の, 屏風に, 山と, 山の, 山吹咲き亂れ, 岩窟多く, 巍峨たる, 川越しの, 幾旒もの, 必ず柳, 慶養寺という, 推ならべ, 支那人や, 月見草も, 木の, 木の下に, 杉林の, 果しなく, 枝を, 枯芦や, 柳が, 柳と, 栄橋と, 桃の, 椰子の, 楊が, 楊や, 楊柳が, 橄欖の, 機織り石という, 次の, 武器を, 水あふひが, 水車が, 水駅の, 沢山の, 沢桔梗が, 河口の, 波が, 涼みの, 淡紅の, 港湾らしき, 無数の, 熱い砂, 男が, 男の, 町の, 白菖と, 百丈の, 相当の, 真黒な, 石炭の, 砂が, 稻掛けに, 空色に, 紅楓の, 紫色の, 綺麗な, 緑の, 胡桃の, 腕たしかなる, 舟小屋が, 船が, 船宿の, 船宿や, 良港が, 芒が, 芒の, 芒や, 芦の, 芦荻の, 芦荻や, 茂つた松の木や, 草や, 荷主や, 葉桜の, 葦が, 薄氷が, 處, 赤と, 赤煉瓦の, 赤色帽の, 送つて, 連山群島に, 遠い時, 遠山の, 重畳たる, 長い櫂, 長い間, 雪の, 飛騨の, 馬桶, 高い柵, 高い樹木, 高い欅, 高く柵, 高桑の, 麦田の, 黒人種風景の

▼ 岸~ (144, 2.4%)

2 まるでいちめん, もとの, 低く河原, 車の

1 [136件] あくまで高く, ありましょう, あんまり人, いずれも, いつかは, いつしか遠い, いないか, いまだにそのままの, うつくしいけしき, おせんの, かなり高い, くずれた, さかんに, さながら昼, すでに晴天, すでに河北, すべて山が, せめん, たちまちの, ともに草, どこも, どっちから, ひどい藪, まだ見えない, めぐりに, もう浮巣, もと水際, よしきり, イエルサレムと, イスパニアまで, キルギスの, コンクリートで, シガラミだ, ショーン, ボーッと, モロッコ, 一二個所の, 一間ばかりの, 一間位の, 一面に, 三味線の, 三囲社こっちの, 上の, 丸く反対, 乾いて, 二三度うねりを, 人造石の, 何から, 何やら胸, 優し眼, 凡て数丈も, 切り削った, 千住から, 卑湿の, 南の, 単調を, 又一, 叢の, 可恐く水, 四五丈の, 土鬆けれ, 埋め川, 外の, 夜見が, 大なる, 大ツクシ, 妻女山の, 官軍の, 家や, 少しずつ, 少し高く, 岩が, 岩だらけの, 岩で, 崖下に, 川楊の, 彼を, 急で, 慌しく駆け込ん, 文字通りの, 新緑の, 時に及び, 朧ろに, 本郷向, 林が, 植民州と, 極めて低く, 模糊として, 櫻並木で, 水が, 水の, 汝の, 油断が, 波斯毛氈でも, 泥砂を, 洋館や, 浸さざりけり, 焔の, 畑で, 異教の, 白い雪, 皆削りたつた, 皆懸崖なり, 目の, 目の下に, 眼の, 石垣で, 空を, 突兀たる, 競り合うよう, 細い樹, 絶壁にて, 緑野低く, 總てが, 美しい景色, 船舶が, 芦を, 茂つた森に, 街道であった, 見えない, 起重機ばかり, 近いし, 遊廓家も, 遠い, 遠いだけ, 遠いです, 遠く水平線, 金竜山その, 閃くよう, 開いて, 雑木が, 離れた, 雪が, 青みどろの, 高くなっ, 鬼門へ

▼ 岸~ (125, 2.1%)

3 見て 2 二人の, 何か, 死んで, 釣竿を

1 [114件] あつた, いふ潟, おまえを, かれは, げらげら笑っ, こ, ここにも, ことに東京, すぐ下, その下, その手前, たぐるもの, たった一人, たつた一人, だった, つばな, とまったのね, とろりと, どんなこと, ひろった硬い, ほかの, ようやく捕えた, わいわい脅しゃあがった, サバが, ピストル自殺を, ロシア婦人の, 一人の, 一旦止む, 一緒に, 一週間ばかり, 下して, 人の, 休息した, 会う船頭, 何を, 倫敦と, 古いサイダー, 古在さん子供たち, 同じ津浪, 呼んで, 女子を, 寒中だった, 少女を, 山の, 広い雪, 弁当に, 弾に, 彼は, 彼等は, 彼等を, 待ちかまえて, 待って, 悠々閑々と, 悲鳴が, 我国の, 手を, 打ち上げられるの, 打ち仆, 握つて, 支那人が, 斬り合ったみぎ, 新撰組が, 旗を, 昼の, 昼寝を, 最も自然, 桜の, 楊の, 歌つて居る, 殊に美しい, 水は, 水を, 汲みまする, 洗った, 淨岸の, 漁夫が, 焼いたと, 狐の, 生まれて, 男と, 眠るとき, 碎ける浪, 私達は, 組んずほぐれつの, 考へて, 聞くよりは, 職人風の, 腑抜けの, 船頭か, 船頭が, 船頭や, 良心で, 芝居でも, 草を, 草摘みを, 蘇摩酒に, 見つけた古い, 見つけた雲雀, 討たれたと, 貝殻を, 辛うじて踏みとどまっ, 逢った例, 遊んで, 釣を, 釣糸を, 闇を, 降ろされたの, 電車を, 頻りに何やらの, 顔を, 馬から, 馬に, 馬の, 鳴きかわし

▼ 岸まで~ (124, 2.1%)

6 来ると 5 来て 4 来た 3 つづいて, 下りて 2 やって来ながら, 出て, 徒渉した, 来たの, 来た時, 歩いて, 渡して, 行ったの, 逃げて, 運んで

1 [83件] あと四分の一航程を, いって, お水, からだを, きますと, くると, くれば, さつ, つづく, とっとと出し, とどかないうち, なだれ退がった, なほ數十間ありたれ, のがれて, はすかい, まだら, やって, ゆくと, ゆけるかも, ズッと, 一たい何里ある, 上がった, 乗って, 付いて, 使者の, 來る, 保ちさ, 出ると, 到着されました, 孔明を, 引きずって, 引き返して, 徒渉する, 急いだ, 急いで, 戻って, 戻るの, 押しつけられた恰好, 担って, 持って, 明かに, 来は, 来ましたが, 来れば, 歩く, 氷が, 泳いで, 泳ぐ勇気, 泳げば, 流して, 深く土堤, 渡らせて, 漕ぎ戻って, 無事に, 筏を, 美しいほどの, 翔けて, 聞えるもの, 聞こえて, 船を, 芝生が, 落ちて, 落ちのびて, 行くこと, 行くと, 行く用, 行く間, 行って, 謙信は, 走って, 走つて, 走り返えり, 転げそう, 迫つてその, 追いかけさせた, 追いつめられて, 送って, 送りとどけその, 逃げようかと, 連れて, 降りた, 馬を, 駈けた

▼ 岸~ (87, 1.4%)

2 あって, なだら, 急に, 気に, 見え船, 退き始めた汐

1 [75件] あるから, あると, いくらか他所, いちばん急な, いったん狭まっ, すぐに, すぐ目, すっかり照らし出され, ずっと高い, そんなに整然と石, だんだん低く, つづき真白, のんびりと, もう見えない, ようやく高く, アメリカにとって, ハルジェという, 一つに, 一目に, 三面で, 何時までも, 侵されて, 俄かに, 円い石, 出来た, 切り立って, 刺青の, 同じ光景, 唯一の, 垂直に, 好く見える, 小さく狭く彎入, 尽きて, 峭壁を, 嶮しい, 思つたより, 恋しくなった, 悪いの, 掌を, 擬山岩の, 既にはっきりと, 映った, 有明崎, 楯を, 極めて古い, 次第に暮れ, 江戸を, 沢に, 浅く段々, 涙の, 涜された, 燃えだしたので, 燃えて, 相接觸, 破堤, 聳えて, 自分の, 船尾と, 苔臭い, 見る見る崩れて, 近づくに従って, 迫つてゐない, 連続し, 違つて石垣つ, 遙に, 遠いにも, 遠くなっ, 遠くなる, 遠過ぎます, 開けて, 露わな為に, 高いのに, 高い山, 高くなっ, 高く峙

▼ 岸がん~ (78, 1.3%)

6 のやつ

2 [36件] が, が云った, が来ない, が死ん, が苦しん, じゃあない, でございます, とは半年, と呼ばれ, と心中, にそ, にむしゃぶりつき, の, のいる, のこと, のようす, の告白, の姿, の死躰, の顔, はうなだれた, はさすが, はじかに, はす, はそういう, はなに, はのびたままげっぷうをしているでしょ, はみつからなかった, は店, は思い詰めた, は約束どおり, は赤い, は身投げ, は金使い, は駆け, は駐在所

▼ 岸~ (53, 0.9%)

2 に建ち, へ打ち寄せ, より

1 [47件] から山, が茫, でも底, なる小舟, なる枯草, にある, にさける, にたつた, には一隻, には早く, には青く, に丸く, に坐し, に寢, に往き, に成長, に戰ぐ蘆茅, に戲, に横, に添, に皆, に立ち, に見しごとき, に足, に針, に集, に雨, に馳せる, に魚, の大, の岩, の巖, の枯草, の櫻, の藺, の農家, の高, へ運ん, も對岸, をさして, をさま, を波立たす, を洗, を牽かる, を行き, を見た, を離れ

▼ 岸近く~ (50, 0.8%)

2 なって, には古, に寄っ, の水中

1 [42件] あらはれて, から凍り始め, すれすれに, だけに急い, であったら大, では三十三度, で左右二つ, で私, なりますと, なる時真崎稲荷, には, には大きな, には枝垂れ, には都鳥, に来る, に留つて, に発見, の島, の捨小舟, の海, の海中, へ引き寄せた, へ曳かれ, まで屆, まで進ん, もやった, をご, をぶらぶら, を歩い, を群れ, を行く, 寄つて, 流れよった所, 浮けて, 漕ぐから, 砕けて, 立って, 立てるひとり, 細長い島, 繋いだこと, 繋いだ船, 船を

▼ 岸~ (45, 0.7%)

2 いっても, 岸との

1 [41件] くっついて, こっちでは, すれ, すれすれに, すれすれの, であった, なく荒れ, より浅い, 中央の, 二派に, 云ふ, 互に呼び交わし, 倫敦橋の, 八个処に, 同じく山, 同国の, 同様に, 名づけて, 向うの, 向う岸を, 呼んだ, 岸の, 平らな, 思はれるあたり, 杭との, 水平線上の, 水際との, 水面との, 洩れなく探し廻ったの, 海との, 相距, 舟とで, 舟とに, 舟とを, 舟の, 舟を, 船で, 裸に, 言へば, 連れるところ, 鴨嘴灘の

▼ 岸~ (36, 0.6%)

2 この橋, 慕ふら, 目に, 見渡すかぎり建物

1 [28件] うつ大波小波, こなたの, し斜, すてて, そうだ, そのへん, また絶壁, また黒, まひると, やがて公園, やと, わからないほどの, 其処では, 再会の, 同様に, 少し開け, 嶮しい, 既に隅田川, 橋も, 為に, 甚だ好, 空も, 見えん, 見送りの, 路も, 際限も, 青じろくぽうっと, 高く岩壁

▼ 岸より~ (27, 0.4%)

3 かの岸 2 眺むれ, 覗く青柳

1 [20件] さしむ, で近づいて, ほかは, 一丈あまり下に, 低し, 何気なく一見, 來れり, 出でし處, 古き水, 少し上手, 崩れ落ち來, 拔く, 日本海側の, 渡りゆくもの, 渡るが, 立ちさ, 立てる群鳥, 落ちて, 起るあり, 遠い山脈

▼ 岸~ (24, 0.4%)

2 に立っ

1 [22件] から伊勢, です, にあり, にわかに市, に一群, に在, に多少, に屹立, に於, に立てり, に笑うあり, に繋留, に脈々, に至る, に達す, に銅像, に露, の家屋, は丘山, より大西洋, を望む, を洗うあり

▼ 岸にも~ (21, 0.3%)

2 やはり防波堤

1 [19件] あった, あるん, いふ事, それらしい, そんな洞穴, たくさんあっ, まつ黒, やってなかったので, やつてあつ, 北の, 及びさらに, 寄せて, 布陣し, 愛知潟, 椰子の, 灯が, 聞えたるほど, 船頭小屋が, 葦の

▼ 岸へと~ (21, 0.3%)

2 下りて, 展開させない

1 [17件] かけられたの, なだれを, ひろがって, サヤサヤサヤと, 出発した, 吹き付けて, 寄せて, 急いだ, 支うるよう, 泳ぎつき, 溢れる水, 真一文字に, 着いた, 聞こえて, 越して, 逃れました, 運ばれて

▼ 岸べに~ (18, 0.3%)

2 立って

1 [16件] ある有名, いるとき, かかる安住, かすかな, そって, 天幕が, 打ちあげられて, 打ちつけて, 朝はやく, 生えて, 生え出でたあの, 生まれたある, 着いて, 着くと, 群がり立った, 限られて

▼ 岸では~ (17, 0.3%)

2 庄助が

1 [15件] とある藪, まだ呼びつづけ, キャラコさんが, 下流の, 人が, 仙台松島を, 夜もすがら篝火, 日和山の, 稲が, 蛙が, 釣りを, 隠居が, 青味がかった, 青砥が, 風の

▼ 岸伝い~ (17, 0.3%)

2 に白鮫号

1 [15件] がひんぱん, にしか出来なかった, にすぐ, にひたすら, に帰っ, に所々上陸, に来る, に波, に行く, に走る, に追, の常法, の航海法, の航海者, の道路

▼ 岸~ (17, 0.3%)

3 と起き 2 と伏し, と男, と跳 1 と, とうつ伏し, と伏, と刎, と打, と起上り, と蹶起, と野

▼ 岸~ (14, 0.2%)

2 崖の, 底の, 柳の 1 その向う, 大山の, 岡の, 川の, 水を, 瀬戸内海沿岸の, 近くの, 隅の

▼ 岸~ (14, 0.2%)

1 [14件] か, が刀, という野郎, ともよぶ, とも呼び, と号, と呼んだ, にちなん, の動静, の負け, の鼻, はもっと, を打殺した, を木刀

▼ 岸なる~ (13, 0.2%)

2 われらの, 夜叉神社に 1 わが東隣, 一大平民国を, 人を, 堅き岩, 新墾畑, 松柳に, 灰を, 石垣越に, 舟に

▼ 岸について~ (12, 0.2%)

1 [12件] まわりこんで, 一同陸に, 両国の, 八木さんたちを, 南に, 川上へ, 帆で, 来なさい, 溯った, 漁夫にでも, 番の, 黒装束の

▼ 岸内閣~ (12, 0.2%)

2 の政策 1 に対し社会党, に鋭い, の反動的政策, の基本的外交方針, の外交政策, の手, の政策転換, の車, は資本家階級, を倒す

▼ 岸少尉~ (12, 0.2%)

1 [12件] がうち, が出, のかお, のかたる, の指揮, の顔色, はき, はしゃべりだした, はわかい, は相手, を先頭, を指揮官

▼ 岸近い~ (11, 0.2%)

4 ところを 2 石に 1 家の, 岩と, 水に, 特殊な, 船は

▼ 岸からは~ (10, 0.2%)

1 だいぶ何ロッド, なれて, 僅か七八丁, 六ロッドばかり, 如何に, 早朝より, 浮島が, 赤と, 雑草が, 雨の

▼ 岸との~ (10, 0.2%)

2 間の 1 あいだの, あいだを, 趣が, 間に, 間には, 間は, 間を, 間隔は

▼ 岸隊長~ (10, 0.2%)

1 にはなし, はあらためて, はどこ, はまるで, は疑問, は船員たち, は隊員, もこんど, をうごかそう, を公室

▼ 岸とも~ (9, 0.1%)

1 下へ, 大盤岩の, 岩も, 崖などは, 材木問屋多けれ, 殆ど断崖と, 謂つべき, 貧しげ, 高さ二

▼ 岸べの~ (9, 0.1%)

2 青蘆 1 岩かどに, 木々を, 森の, 茶店が, 蘆が, 蛍が, 静かな

▼ 岸までは~ (9, 0.1%)

1 まだ半分, 何程の, 出られるよう, 十数町の, 泳ぎ着きながらも, 猶更, 目で, 約百メートル, 行かず電燈

▼ 岸~ (9, 0.1%)

1 との間, とヱネチア, なりき, に住める, に着きぬ, に近づく, の優れたる, の漁者, を離れ

▼ 岸~ (9, 0.1%)

2 のたて三味線 1 で大, のお, の師匠, へ弟子入り, をはなれ, 小まつ, 小式部

▼ 岸ちかく~ (8, 0.1%)

1 あつまり, なり少しく, に漂う腐, に漂っ, の少し, の浅い, 焚火を, 通りすぎる荷船

▼ 岸本省平~ (8, 0.1%)

1 にはそう, の胸, はその, はちと, はなに, は彼女, は毎日, もその

▼ 岸沢蝶太夫~ (8, 0.1%)

1 かえ, かよと彼, だぞ, だ女, ですその, ともあ, ともある, には恨み

▼ 岸高く~ (8, 0.1%)

1 して, せまり緑樹, 兩側は, 峙てる楼閣, 水蹙り, 水遠く, 砂低けれ, 鳴る松風

▼ 岸でも~ (7, 0.1%)

1 とどまらずまた, とれるの, 常陸を, 有名な, 気仙唐桑以北の, 船でも, 連れて

▼ 岸~ (7, 0.1%)

1 づたいに舟は, では, で一人ベンチ, で手, についた, についたとき, もさが

▼ 岸べを~ (7, 0.1%)

1 あるいたり, うって, さがしまわって, ひとめ見, 望むよう, 洗つてゐた, 見る思い

▼ 岸~ (6, 0.1%)

3 の巨船 1 と口碑, のある, の国王

▼ 岸寄り~ (6, 0.1%)

2 の深み 1 には水鳥, に湖, の中洲, の浅い

▼ 岸~ (6, 0.1%)

1 と橋, のたもと, のよこの, の袂, へ行っ, を渡っ

▼ 岸にまで~ (5, 0.1%)

1 あふれそう, 到達した, 届く程, 立ち続いて, 進出し

▼ 岸へは~ (5, 0.1%)

1 日が, 次第にフランス・アルプ, 著いた, 誰が, 這い上がっても

▼ 岸へも~ (5, 0.1%)

1 ざぶりざぶりと打ちあげた, つづき地形, 出られて, 戻さず自分, 搏って

▼ 岸一帯~ (5, 0.1%)

1 が浅瀬, に眺められた, に舟, に逆茂木, の陣容

▼ 岸打つ~ (5, 0.1%)

1 波の, 波を, 浪と, 漣の, 潮に

▼ 岸~ (5, 0.1%)

1 に出会いました, の足跡, は一日, は薪, を追って

▼ 岸沿い~ (5, 0.1%)

1 にゆき, に南下, に岸, の森, の河水

▼ 岸~ (5, 0.1%)

1 が俗慾, じゃない, の大幅, の虎, はやや

▼ 岸あたり~ (4, 0.1%)

1 から揚げ, でも常に, に少し, を漕い

▼ 岸からの~ (4, 0.1%)

1 反射によって, 海の, 狙撃を, 蔓が

▼ 岸からも~ (4, 0.1%)

1 三分の一マイルばかりの, 大勢の, 御同様, 望まれる小学校

▼ 岸である~ (4, 0.1%)

1 が市中, ことと, とは思はれぬ, 其傍には

▼ 岸という~ (4, 0.1%)

1 ものが, 人が, 小料理屋目がけ, 限界さえ

▼ 岸にでも~ (4, 0.1%)

1 それに, 漂い寄って, 漂い寄り咲き得る萍, 舟を

▼ 岸にね~ (4, 0.1%)

2 おっかさんお話なすった 1 おっかさんお話しなすった, おつかさん

▼ 岸べには~ (4, 0.1%)

1 いい舟, よくみょう, 去年の, 菖蒲の

▼ 岸べは~ (4, 0.1%)

1 アシの, 水に, 沼地の, 麦のうねが

▼ 岸姫町~ (4, 0.1%)

1 というところ, の方, の鴨下ドクトル, の鴨下ドクトル邸

▼ 岸政府~ (4, 0.1%)

1 にたいする政策転換, の反動政策, の政策, をもっ

▼ 岸松太郎~ (4, 0.1%)

2 と大原幸内, も大原幸内

▼ 岸柳佐々木小次郎~ (4, 0.1%)

1 だが, とはどうして, のす, のほか

▼ 岸~ (4, 0.1%)

1 とは今, に着した, の海口, を後

▼ 岸いたる~ (3, 0.0%)

1 ところこれに, ところに, ところの

▼ 岸さん~ (3, 0.0%)

1 たらお, は何, も美しい

▼ 岸~ (3, 0.0%)

21 というしるし

▼ 岸つづき~ (3, 0.0%)

1 に何, の果, の珍

▼ 岸とに~ (3, 0.0%)

1 あって, 別れたの, 押し迫る

▼ 岸とは~ (3, 0.0%)

1 この附近一帶赤土, 反対の, 裂けて

▼ 岸にて~ (3, 0.0%)

1 又一本, 小人に, 鮎の

▼ 岸べで~ (3, 0.0%)

2 待って 1 やすんで

▼ 岸をば~ (3, 0.0%)

2 意外にも 1 崩れぬ様

▼ 岸をめぐって~ (3, 0.0%)

1 胆吹山まで, 魏軍営潰乱に, 黒焦

▼ 岸~ (3, 0.0%)

1 と云, の地つづき, の長い

▼ 岸絶壁~ (3, 0.0%)

1 のよう, の如く, をなし

▼ 岸~ (3, 0.0%)

1 な洲, に廻る, に筏

▼ 岸い着けるだ~ (2, 0.0%)

2 よ先生

▼ 岸がん様~ (2, 0.0%)

2 と書い

▼ 岸つた~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひ行く舞姫

▼ 岸づたいに~ (2, 0.0%)

1 急いで, 歩いて

▼ 岸であっ~ (2, 0.0%)

1 てこの, て突羽根草

▼ 岸です~ (2, 0.0%)

2 から何

▼ 岸とかの~ (2, 0.0%)

2 話である

▼ 岸とで~ (2, 0.0%)

1 默つて向, 黙って

▼ 岸とを~ (2, 0.0%)

1 つなぐ, 鳥たちが

▼ 岸などを~ (2, 0.0%)

1 さまざまな, 歩き

▼ 岸にかけて~ (2, 0.0%)

1 明るい生活, 泥水が

▼ 岸にかの~ (2, 0.0%)

1 架を, 狼を

▼ 岸につき~ (2, 0.0%)

1 たまいしも, 撫院舟より

▼ 岸により~ (2, 0.0%)

2 川を

▼ 岸による~ (2, 0.0%)

1 波の, 浪も

▼ 岸に対するよりも~ (2, 0.0%)

2 一体に

▼ 岸のや~ (2, 0.0%)

1 なぎに, はらかな

▼ 岸ばかり~ (2, 0.0%)

1 さまよって, 見詰めて

▼ 岸への~ (2, 0.0%)

1 航行は, 距離も

▼ 岸へよ~ (2, 0.0%)

1 つた方は, つては

▼ 岸べまで~ (2, 0.0%)

1 密生した, 駆け降りて

▼ 岸をと~ (2, 0.0%)

2 願ひ

▼ 岸一順~ (2, 0.0%)

1 という, の宅

▼ 岸九兵衛~ (2, 0.0%)

1 の三名, も劣らじ

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 に行く, ひに

▼ 岸低く~ (2, 0.0%)

1 あたりに, 湖の

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 でなく平坦地, の駒ヶ岳

▼ 岸全体~ (2, 0.0%)

1 にわたって食用蛙, を呪った

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 と云, 偉膂力絶倫

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 とあった, の鶴子さん

▼ 岸地方~ (2, 0.0%)

1 では家屋, への最近

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 で町内, 半助

▼ 岸~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ 岸崩し~ (2, 0.0%)

1 が上出英国, 寺島の

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 つほとり潜, つ波

▼ 岸松太郎大原幸内~ (2, 0.0%)

1 などはいずれ, などはいづれ

▼ 岸松太郎林彦三郎~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 岸柳佐々木~ (2, 0.0%)

1 であろうと, と称する

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 でした, の丁字花魁

▼ 岸橋あたり~ (2, 0.0%)

2 の眺望

▼ 岸永久~ (2, 0.0%)

1 の闇, は地

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 で将来, で海岸

▼ 岸瓜州~ (2, 0.0%)

2 の楊柳

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 の手前, へ折れまがる

▼ 岸範一君~ (2, 0.0%)

1 とが私, と中村憲吉君

▼ 岸網もの~ (2, 0.0%)

1 である, を第

▼ 岸~ (2, 0.0%)

2 をブラブラ

▼ 岸~ (2, 0.0%)

1 へ叩きつけられた, 之丞

▼ 岸近き~ (2, 0.0%)

1 ところには, 宿に

▼ 岸遠く~ (2, 0.0%)

1 漕ぎ離, 離れて

▼ 岸~ (2, 0.0%)

2 の杭

▼ 岸~ (2, 0.0%)

2 の浦

▼1* [283件]

あたり一面の粘土, 岸あなたこなたの, 岸うつ波は波羅密, 岸うつ秋濤の響き, 岸おなじような, 岸およびコーカサス山中に, 岸鹿島の, 岸かの水際に, 岸からともづなを, 岸きり立って, 岸こっちの岸, 岸ことにアラビア, 岸この崖と, 岸へ定か, 岸さえ攀じのぼって, 岸じゃいけないですと, 岸その他へ行かね, 岸ぞいの黄色, 岸ただ冬の風, 岸だけであった, 岸だけしか見えなくなる, 岸だけは雪の, 岸だったのか, 岸ちゃんての, 岸っていう看板な, 岸つまらんことで, 岸づたいじや面白うない, 岸づたいとは言いながら, 岸づたいに一団の人影嵐, 岸づたいに一里あまり北の方へ行った, 岸づたいに下りながら細い, 岸づたいに他へ釣っ, 岸づたいに夕日を背, 岸づたいに岬の鼻, 岸づたいに川船に乗っ, 岸づたいに急ぎやはり孔明, 岸づたいに歩みを運ぶ, 岸づたいに河蒸汽の乗場, 岸づたいに道の行く, 岸づたひに上流の一本橋, 岸づたひに岩を踏ん, 岸づたひに松明をふり, 岸づたひ一時間半ばかり歩く, 岸であったこんなこと, 岸でありあるところ, 岸でございますよ, 岸でしたがしかし, 岸ででもあったならば, 岸でなくても誰, 岸での支配力を, 岸といつても河原寄り, 岸といふ詞に, 岸とか湖の, 岸とが同じぐらゐの, 岸とではそれほど相違, 岸なく泳ぐ者, 岸なぞには水死者の, 岸などいう諸, 岸などで大抵人の, 岸などに御幣を, 岸などの迂回を, 岸なども当然に, 岸なら往来も, 岸なり木の, 岸においてのみこれを, 岸にかけのぼると, 岸にかはせみが, 岸にがつちり挟まつて, 岸についてから弟と, 岸についてもいいつもり, 岸にとやわらかい光, 岸になんぞいるの, 岸にやあらん, 岸にわたる淋しい道順, 岸にをどると, 岸に対する自分の, 岸のうへから一所懸命に, 岸のうへであたしの, 岸のくづれに, 岸のべの穗立柳は, 岸のみが知られて, 岸のよもぎを, 岸たに, 岸ひたぶるに, 岸ひらけ三次町の, 岸へでもぶっつかって, 岸へなど寄せずに, 岸へなんか埋めたん, 岸へのたりついて, 岸べと泥の, 岸べにもあのよう, 岸べへすすんで, 岸べもぽこり, 岸べや小島の, 岸べりにはびこつてゐる, 岸または丘陵の, 岸までかへりました, 岸までが見えるやう, 岸までの間の, 岸までへえるやう, 岸までよりかはるかに, 岸みな一齊に鳴りひ, 岸めがけて追い散らす, 岸やや迫って, 岸やらにもう少しで, 岸ゆ落ちぬる, 岸よりもなほ東の, 岸らしい才能を, 岸らしくよほど遠く, 岸んどん, 岸われわれはこれからたいへん, 岸をへつり始めた, 岸をも搏ち, 岸イラワジ河口のイラワジ浮洲, 岸エピュレーよりし, 岸サンジェゴに五代目, 岸チリペルーをつなぐ, 岸ッぷちに天幕, 岸ニ聳チ一切前景ヲ遮, 岸火ノナカデ, 岸バンドの高層建築街, 岸マリー・ファルデマー岬に上陸, 岸ルイジアナ及び南アメリカ, 岸を慰めた, 岸一さんといっ, 岸一帯前代未聞の水寨, 岸一帯火山が砕けた, 岸一覧の図, 岸一面を立て, 岸三本木に買, 岸に, 岸上積みて山, 岸の氣腫, 岸中の橋に近い, 岸丸屋の裏木戸, 岸主計が利家, 岸久万また太乎里, 岸九兵衛阿部仁右衛門山川兄弟などに対, 岸也くま又た, 岸伝い航海の関, 岸何れと惑, 岸信介の放言, 岸信介大臣の証明, 岸へに敵地, 岸あふるる天, 岸光景山本五郎塩田真大森惟中諸氏の手, 岸光景等十人足らずの諸氏, 岸全く雲煙の, 岸つながら, 岸に見えなかった, 岸内閣不信任案の提出, 岸削るが如く, 岸へ先廻, 岸割けて海, 岸勘解由だった, 岸医学士長州へ赴任, 岸十里二十里おきに適当, 岸助の, 岸博士が来られる, 岸博士来の筈, 岸又は河の, 岸古松をつんざく, 岸向うの乾小屋, 岸が私, 岸君池田君というわけ, 岸過東畔, 岸和尚と号, 岸と, 岸国土の消息, 岸地形の差, 岸から引っ返し, 岸塩田氏その他の幹部学芸員, 岸姫松のおそ, 岸姿に横, 岸寺前の石屋京屋, 岸小艇の群れ, 岸少尉一行がボート, 岸尾渡辺松林堂谷松崎など一流二流, 岸居士である, 岸層斜下して, 岸や谷, 岸の間, 岸工事をし, 岸の岸, 岸広く開きて, 岸にはへたる, 岸悉く平げて, 岸我が兵船を, 岸浪の, 岸揚子江の流域, 岸数十メートルの絶壁, 岸景色おもしろし, 岸有れども無き, 岸木更津船の船つき, 岸本省平に眼, 岸本省平が彼女の方, 岸本省平が焼け跡のけち, 岸がちょっと, 岸東海道は房総, 岸の間, 岸の垂れた, 岸柳待てっ, 岸桝玄などにも見せた, 岸森林の鬱々蒼々, 岸楼閣には旅館, 岸は陰々, 岸橋よその船等, 岸次にあの岸, 岸此方の岩角, 岸など幹部, 岸に見えざる, 岸江上をふさがれい, 岸の竹, 岸沢式佐連中で, 岸沢文左衛門の息子, 岸河岸をでた, 岸沿ひに, 岸ひ去る, 岸浄達信士という卒塔婆, 岸渡寺とい古刹もある, 岸といふ, 岸湖水のごとく, 岸といふ河, 岸の矢, 岸とお, 岸爾出居而釣船之得乎良布, 岸きに, 岸猿声啼いて, 岸玄知といふ坊主, 岸現代の岸, 岸に突き当り, 岸白き渚あれ, 岸監視隊の一将, 岸直輔と云う, 岸の, 岸石層の縦穴, 岸を洗い, 岸硅砂の上, 岸神増村まで軍, 岸に足, 岸竹堂今尾景年森寛斎森川曾文等諸先生, 岸竹堂先生幸野楳嶺先生森寛斎先生などの方々, 岸範一という人, 岸築山の裾, 岸精神の影響, 岸絶壁近より難い, 岸というぶり, 岸腹帯という所, 岸のあか, 岸蘆ニ倚ル鳥ハ眉上ノ翆, 岸蜂須賀家のお, 岸被害地各村, 岸見えたり, 岸谷口加藤等の頃, 岸象ヶ鼻へお, 岸輝子さん黒い服, 岸輝子等を新協劇団系, 岸近く寄つて來て泳い, 岸近く櫂を止めたる, 岸近く縄舟を漕ぎ, 岸近く船で行くなら, 岸近く草噛むとき, 岸近く遊びに出, 岸近く飛びかふのは松明である, 岸暑去来風, 岸達郎小田耐の各, 岸重畳の山々高, 岸鎭到着後約三月, 岸たるゆゑ村, 岸隊長以下すこしも油断, 岸雨宮の渡し, 岸が白い, 岸雲播磨の岩雲, 岸青山送我船, 岸静里氏などであった, 岸非常によろし, 岸頭無類の電灯, 岸頭籬根の草, 岸頭茶店幾層楼夜深猶, 岸首相の顔, 岸駒ぢやない, 岸駒等の虎, 岸高きが下に碧潭