青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思い切っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思います 思います~ ~思い出 思い出~ ~思い出し 思い出し~ ~思い出した 思い出した~ ~思い出す 思い出す~
思い切っ~
~思う 思う~ ~思え 思え~ ~思える ~思っ 思っ~ ~思った 思った~ 思ったら~

「思い切っ~」 1309, 14ppm, 7893位

▼ 思い切っ~ (1302, 99.5%)

9 それを, 言った 8 声を 7 自分の 6 手を 5 やって, 出かけて, 身を 4 いった, 中に, 出て, 尋ねて, 戸を, 眼を, 言って, 静かに

3 [13件] 下駄を, 云った, 云って, 出ること, 封を, 帰ろうと, 店を, 扉を, 手紙を, 正直に, 話しましょう, 開けて, 障子を

2 [56件] ありのままを, お蝶, ここの, ここを, これを, こんなこと, しまった, しまって, ずうずうしい奴, そのまん中の, その便所, その扉, その門, それに, なるべく足音, わたしは, ガラリと, サバサバした, トワールを, 世の中へ, 中へ, 人に, 今夜は, 他愛ない, 例の, 出かけること, 切先を, 力を, 勢よく, 君に, 壊して, 外へ, 大胆な, 大胆に, 家の, 山の, 彼を, 探しに, 暇を, 最後の, 東京へ, 決行した, 海を, 溝口家を, 物を, 百姓に, 私は, 簡単に, 腰を, 自分で, 西の, 言うこと, 訊き返した, 買って, 陽気な, 飲んで

1 [1065件 抜粋] あけて, あとを, ある日, あんと, いい嫁さん, いたずらも, いったん捨てよう, います, いると, うしろから, うちで, おくん, おたずねし, おふみ, お久美さん, お前に, お役人, お房, お父さま, お父様, お話しする, お話し致しましょう, お遣なさい, お顔, かつて俊三, かれに, がむしゃらに, くれその, ぐいと花宵先生, こういった, こうした急, こう云っ, ここで, こちらさ, こちら側の, こっぴどくやっつけ, このさい, この中, この地底戦車, この手段, この病院, この筆, この身, これをば, さびしいところ, さるお, しまいました, しまうが, しまっただろうが, しまった男, じかに船頭, すなお, ずっとお初, そいつを, そうし得ない, そう云っ, そう案内, そこの, そこを, そのあと, そのそば, その事情, その助言, その女, その島, その村, その端, その紳士淑女, その腋の下, その荒地, その話, その説明, そんな事, たった一人, つづけた, できなかったこと, どうかすれ, なんとも言い得なかった, のこのこ下り, はいさよう, はだけた多鶴子, ぶちまけて, ぼくは, まあよかっ, また切戸, また歩き出した, また音楽, めかしたその, もう一ぺん, やった仕事, やっちまあ, やっと, やめると, やりたまえ, やり遂げよう, やれ, やれない, やろう, ようすを, わたしが, アに, アーダを, オムスク辺で, ガラクタ屋の, クリストフの, グニャッと, スワンの, タクマ君と, ダヴィデを, ドギツイレンガ色の, パッと, ミリガン夫人に, ライオンや, リーズを, ロシアへ, 一つの, 一つ珍しい, 一切を, 一寸出かけましょう, 一張羅を, 一方を, 一桶の, 一気に滑り落ちれ, 一組の, 一足飛びに, 七時に, 三千代の, 三木雄の, 三造にだけ, 上り口へ, 上場した, 上海まで, 両手を, 丹波山に, 乗り出すと, 乱雑に, 二人の, 云いました, 云い出したその, 云うため, 云ったよし, 五つ六つ載せ, 亭主と, 人間味の, 今一度診, 今日じゅうに, 今時分に, 今朝立っちまえ, 他国へ, 休学する, 伺ったわけ, 低く評価, 何でも, 何もかもおまえ, 何用あっ, 使うこと, 俗曲を, 俺は, 値切り倒して, 働いて, 先き見た, 入り乱れた藪, 入院した, 八円半まで, 公表した, 内容は, 冷かして, 凡てに, 出かけたの, 出かけるという, 出して, 出た, 出られたね, 出掛けました, 出発し, 出立致そう, 切って, 切りますぞ, 切腹しよう, 刑務所の, 初めに, 割いても, 努力し, 勝れて, 北の, 北海道の, 医師に, 十分に, 千鶴子に, 半分ガラスに, 卑怯な, 南洋へでも, 厚く一面, 又云い出した, 取り除けば, 受話器を, 古事記か, 叫んで, 右奥の, 同志を, 向うの, 君にだけ, 吾輩の, 呑んだ, 呼び起こすこと, 命を, 喉を, 国栖村へ, 圓朝は, 圧迫を, 坂井へ, 堅気に, 墓の, 声の, 外套を, 多数の, 大きく出, 大きく眼, 大きな声, 大きな雪渓, 大っぴらに, 大力を, 天幕から, 夫に, 奇抜な, 奉行を, 奥さんに, 女学校へ, 好きな, 妹に, 妻帯し, 姉に, 娘の, 字と, 宅へ, 実行する, 宿を, 富子嬢に, 寝坊を, 寝床を, 寺尾に, 射撃を, 尋ねました, 小伯爵, 小樽の, 尾根の, 屋敷を, 山へ, 山岡の, 左の, 巷を, 布施金を, 帰りますと, 帰ろうかと, 帰郷し, 平凡である, 平泉へ, 広い芝生, 床の, 店の, 度外れた, 庭から, 廃税に, 引き揚げて, 引越しを, 弟を, 弾いて, 彩光の, 彼に, 彼女に, 彼女を, 往きますか, 往来の, 後を, 後退する, 御奉公, 御話, 御飯を, 徳の, 心を, 応と, 怒鳴りつけた, 急ぎ足に, 恋愛論を, 悪事を, 愉快に, 慎作は, 懐剣を, 成城まで, 戦って, 所長に, 手まねで, 手分けを, 手酷いもの, 打ち明けたところ, 打明けて, 打明けること, 投げ出して, 折角築いた, 抜け落ちた, 押しつけた, 持ち出すの, 持米を, 振りすてて, 掛川へ, 掻巻の, 損害賠償を, 放して, 文展出品を, 斬りなすったよ, 断行した, 新人を, 旅に, 日記を, 早く遠い国, 明治十七年から, 暖かい国, 暗闇の, 暴れてから, 書くこと, 最後に, 朝飯の, 本堂の, 本建築, 本流を, 杜絶でも, 来年の, 東京を, 板戸へ, 根本的に, 格子戸を, 桜の, 様子を, 橋を, 此方の, 歩き出した, 歴史の, 死にますから, 死人の, 残忍痛烈な, 殴ったが, 殺って, 民政党に, 気象台の, 水蒸気の, 池に, 決行する, 沢山入れ, 法科へ, 泣いて, 洋行し, 派手な, 浮世へ, 海へ, 淡くし, 清算する, 満月寺に, 漕ぎ出して, 無残な, 無茶を, 無邪気で, 熊本の, 片町に, 独逸流に, 猛進した, 率直に, 申しましょう, 申し上げますが, 申し上げること, 男らしい御, 画架を, 病室を, 発つつもり, 白状した, 目を, 相談を, 真暗な, 真逆様に, 矛盾を, 破壊する, 碇を, 社員に, 祖父の, 福島から, 私の, 私小説や, 穴の, 空色の, 突飛な, 立ち上がりだれ, 立ち去ること, 立って, 立上りさま天井を, 童話化せられた, 第一流, 筆太に, 答える, 範囲を, 素っ気ない, 絞り出すよう, 縁を, 縛ったもの, 置き家, 美人座の, 老巡礼, 耕平の, 聞いた, 聞かせて, 職を, 肥えた千世子, 背の, 胸から, 膨らさねば, 自分も, 自分自身を, 舞台す, 舞踏場へ, 船卸し, 芝忠さんに, 若松屋惣七, 草履の, 荒れ果てたもの, 華麗に, 薄暗い奥, 虫の, 行きかかれば, 行けないもの, 行ったところ, 行って, 衝突すれ, 表沙汰に, 襖を, 西の京の, 見きわめて, 見開くと, 言いだし得ず言いだしても, 言いましょうと, 言い出すと, 言えば, 訊いて, 訊ねて, 訪問した, 話しかけようかと, 読まない事, 課長室へ, 譲歩し, 豊富に, 豊臣という, 貰った, 買います, 賑やかな, 赤い風, 赭黒く, 起き上り一, 起ち上がった, 起上がった, 足を, 跳べも, 踏み込んで, 踏台に, 身体の, 転がるよう, 辞職も, 近代的な, 逆さまに, 通って, 進んで, 遠くへ, 遠慮の, 部屋の, 都を, 里好を, 金を, 金星堂へ, 鍵を, 長いメリンス, 門を, 開けること, 閑静な, 降りられない, 陳情し, 階級性, 雨が, 震え声で, 青扇, 靴を, 頭から, 頼む段, 飛びおりること, 飛び込まなければ, 飛び降りて, 飛ぼうという, 飛込むと, 飽食すべき, 馬の, 馬鹿げた迷信, 駕籠を, 高笑いしてやろう, 高輪を, 黒い

▼ 思い切っては~ (3, 0.2%)

1 しない, 笑う事, 誰の

▼ 思い切っても~ (2, 0.2%)

1 他に, 俺と

▼1*

思い切ってとよに尋ねた, 思い切っての大仕事