青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思い出した~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

思いがけない~ ~思いました 思いました~ ~思います 思います~ ~思い出 思い出~ ~思い出し 思い出し~ ~思い出した
思い出した~
~思い出す 思い出す~ 思い切っ~ ~思う 思う~ ~思え 思え~ ~思える ~思っ 思っ~

「思い出した~」 1730, 19ppm, 6140位

▼ 思い出したよう~ (704, 40.7%)

11018 に云った 12 に言った 8 にまた 7 にその 6 にし, に彼女, に時々 5 にお 4 な顔, に口, に声, に急, に膝, に訊いた

3 [15件] な気, にいった, にこう, にざわざわ, にそれ, にそんな, にたずねた, に右手, に彼, に私, に突然, に立, に立ち上っ, に話, に頭

2 [32件] にあわて, にいいました, にうしろ, にうなずいた, にきしっ, に傍, に前, に動きはじめる, に哄笑, に大粒, に婆, に尋ねた, に少しく, に引き返し, に往来, に急い, に手紙, に方々, に星, に片手, に猪口, に白い, に眼, に立っ, に笑っ, に箸, に肩, に葉子, に銚子, に雨, に雪, に顔

1 [393件] であった, である, でひどく愉しい, なわけ, なチョビ安, な一語, な云い方, な様子, な気分, な氣, な濃い, な無縁墓, な眼附, な調子, な雨, な面相, にあちこち, にあちら, にあと, にあの, にある, にいい出した, にいかにも, にいくぶん, にいくらか, にうす明かるい, にうなずく, にうなり, にお辞儀, にかしら, にかすか, にかるく, にきいた, にぎょ, にこの, にこぼれ, にこんな, にさっき, にさびしい, にしきりに, にしずか, にしゃっくり, にしゃべった, にじっと, にすぐ, にそっと, にそろそろ, にそわそわ, にだらけた, にちよ, につい, につくづく, につけ足した, につと, にときどき, にとぼけた, にどうして, にどうしても, になで, ににわかに, にはたはた, にひとりごちた, にひろ子, にぴしゃりぴしゃり, にふき子, にふっ, にふふふ, にふらっと, にふらり, にふりかえっ, にふり向い, にふる, にぶくぶく, にぽん, にまわり, にみんな, にもと, にも思った, にわー, にアハハハ, にオイチニ, にカアカア, にガラッ, にキュー, にギャング狩り, にギラギラ, にグッタリ, にコンナ事, にゴロゴロ, にゴーッ, にシャックリ, にジロリ, にナムアミダ, にナーヂャ, にニコニコ, にバラリバラリ, にパタパタ, にパッ, にヒョッコリ, にビール, にピアノ, にブツブツ, にブラシ, にボソボソ, に一, に一しょ, に一封, に一心不乱, に一皿, に一陣, に三十円, に三歳, に上体, に上野, に不意, に与八, に与次郎, に主, に久能さん, に九花蘭, に乱暴, に二人, に二月以来, に二階, に云い直した, に云う, に云っ, に五六枚, に井伏さん, に交っ, に人間, に今, に今時分, に仏間, に仕事, に仕事場, に付け足した, に以前, に仮, に伏見掾, に伝六, に伝承, に伸子, に何度, に催促, に先生松, に兵馬, に冷えきっ, に出かけ, に出す, に函, に初夏, に勇美子, に北村さん, に半, に半蔵, に卓上電話, に南老人, に又, に叫んだ, に台所, に台石, に同じ, に名, に向こう, に吹い, に告げた, に呟いた, に哀調, に問うた, に啼く, に嘆息, に四五度, に団扇, に坊や, に塵ホコリ, に墨, に壁掛電話, に壮, に変, に外, に大声, に大村, に大砲, に女給, に嬉しかっ, に子供, に子供等, に客, に寂しい, に寝棺, に尋ねかけ, に小さい, に小さな, に小刻み, に少し, に少時口, に岩, に島村, に工事, に左膳, に帰っ, に平山いく, に年, に店座敷, に座, に庭, に庸三, に引返し, に弾力, に当局, に当惑, に御, に徳利, に忙しく, に快く, に恭一, に息, に感ずる, に懐, に懐中, に扇子, に手, に手文庫, に抱い, に拍手, に指, に振り返っ, に振り返った, に振返っ, に教え, に教育問題, に散っ, に数珠, に日, に早口, に昼間, に時時句作, に時計, に月, に木枯らし, に本気, に本署, に机, に杯, に東京, に松井, に柱時計, に桂田博士, に検屍官, に横, に機械人形, に欠伸, に次, に歌, に歌いつづける, に歩, に歩き出した, に歩み, に歪んだ, に河豚, に洗い始める, に浅間, に涕, に溜め息, に漆雕開, に漫罵, に潜り, に火鉢, に炉, に烈しい, に無, に無言, に焦心, に煙管, に煙草, に爺さん, に生活, に男, に町, に町並, に畳, に白葡萄酒, に盤台, に直下, に眼玉, に祖父ちゃん, に神尾, に禿げ, に穴, に空, に窓, に窓ぎわ, に窓硝子, に立ちどまった, に立ち上がっ, に笑, に笑い, に笑う, に笑った, に紅茶, に経済学, に美しい, に美奈子, に羽ばたき, に老人, に老儒者, に老幼, に考え込みました, に聞く, に肉体, に肩越し, に肴, に胴衣, に腕時計, に腹, に自分, に芭蕉, に苦笑, に茶, に華やか, に落ち, に葉巻, に蓋, に薄い, に藤吉, に虫, に行火, に街路, に袂, に袖口, に見入った, に角三郎, に言いました, に言い出し, に言う, に言っ, に訊ねた, に訪ね, に話しかけた, に話しかける, に話半ば, に調子高, に豹一, に財布, に賑やか, に起き直りました, に起て, に足, に足近く, に跟, に路端, に跳び起き, に車, に軒, に軽く, に返事, に運動, に道具, に道風, に遠く, に郡代, に部屋, に酒, に醒ヶ井, に針, に長々, に間近かく, に阿部, に附け加えた, に降っ, に陽, に障子, に障子越し, に隣, に電車, に露八, に青年, に響い, に響いた, に頤, に頸低, に飛び上った, に食いもの, に食事, に飯, に駕籠, に高らか, に髭, に鳥打帽子, に鳴いてる, に黒い, に鼠

▼ 思い出した~ (386, 22.3%)

56 である 51 です 33 であった 2624 だった 9 であります 8 であろう 6 だが, でした, でしょう 5 だろう 3 かい, はこの 2 か今朝, か急, だろうか, であろうか, ですが, は, はあの, はそれ, は私, もあろう

1 [130件] かが, かくすくす, かさも, かそこら, かそれとも, かつと, かと思った, かどうにも, かのそのそ, かひどく, かもしれない, かブルブル, かワッ, か一知, か二人, か二百ルーブル, か何もかも, か口, か思い出さない, か慌て, か手拭, か本庄, か死に, か苦し, が, がこれ, がそ, がむかし上方, がわたし, がロンドン, が丹下, が今, が何年, が例, が原因, が呼び鈴, が機縁, が正覚寺門前振袖銀杏, が矛盾, が筆屋, が背戸, さ, だい, だずっと, だそう, だそれで, だつた, だね, だもの, だろうその, だろうまた, だ相, でありまして, であるが, であろう片, であろう立ちどまって, であろう隙間, でございましょう, でございますか, でござった, でしょうか, でしょうしかし, でしょうジーナ, ですか, でなければ, はいかなる, はいつも, はいま長野市, はお, はかつて, はこれ, はさっき, はずっと, はそこ, はその, はつや子, はどこ, はもう, はもう随分, はやはり, はジャケツイバラ, はジョンドレット, はフロレンス・ナイチンゲール, はワイルド, はワルシャワ, はヴィタリス親方, はヴイレン, は一時大阪, は二三日前手前, は二時間, は今, は今朝滔々, は何時, は僕, は先日, は先達, は初対面, は劇談会, は十二三年前, は吉野左衛門氏, は嘗て, は大島紬, は妹, は宗右衛門町, は実に, は山岡, は川上機関大尉, は彼, は必ずしも, は或, は故郷, は数年, は本郷, は桜島, は此処, は死んだ, は殊に, は無理, は相手, は筆者, は腰, は近頃, は道理, は酔いどれ, は関東大震災, は隣, ももちろん, ももっとも, も自分, 背の

▼ 思い出した~ (87, 5.0%)

2 今も, 先生の, 私が, 蝙蝠も

1 [79件] あいにくそれ, あなたは, あの加賀屋, あの静枝, ある午前, ある時, いいぞ, いささかも, おれは, お前は, お嬢さんは, お父さんが, こいつ, ここの, こっちで, これから支度, これは, こんな天気, さあその後, しかしその, そのずっと, その中, その家来たち四十七人, その時, それについては, それは, それよりも, たぶん大正五年, ついこの, とうとう一度, ふだん気障だ, まさかそれ, まさか手紙, また人違い, まだもう一人, もう暫くは, もう車, やっぱり此, わしは, わたくしの, アノ, エイゼンシュテインが, タオルミーナの, ヴェルレエヌね, 一月に, 七兵衛には, 世民の, 九州や, 今家に, 今年は, 何でも, 側に, 僕が, 僕の, 僕は, 儂は, 別に愚, 十軒店にも, 取り立てていうほどの, 同時にあの, 大変ここに, 大変興味の, 実際その, 彼女の, 散歩が, 最近は, 果してそこ, 椅子へ, 気が, 気を, 瀧山氏へ, 矢島さんは, 短い糸, 私の, 私は, 芝浦という, 英吉利人は, 見た訳, 近ごろ自分の

▼ 思い出したから~ (82, 4.7%)

20 である 7 だった 53 であります, でございます, です 2 ここで, だと

1 [37件] お犬, ここが, すぐに, そして探究心, それで不意, だったが, ちょっと吾輩, ちょっと私宅, ついでに, つい泣い, で, であった, であろう, でした, で寝ついてからは, で当時, なんだ, にすぎない, まずその, もしや右, ガラに, 今日は, 出かけます, 出して, 唖に, 尋く, 序に, 日記を, 書いて, 有馬屋へ, 机の, 直ぐに, 直に帰ります, 直に旦那, 言伝ける, 調べついでに, 駒井は

▼ 思い出したこと~ (51, 2.9%)

13 がある 5 があった 3 がありました, でも, もない 2 があっ

1 [22件] あいての, があつ, があります, がご, がもう, が御座いました, だ, だった, であった, であるが, であろう, に対してひどく, のない, のなかっ, は, は一度, は彼, は後藤新平, を, を書い, を書きつけた, を見

▼ 思い出したので~ (39, 2.3%)

3 それを

1 [36件] あつた, お雪, ござります, そこへ, そのままスルリ, その少し, その方, どうにもしよう, ふたたび下山, また万世橋, もう日, やっとそれ, ゆうべ不覚にも, ポケットから, 三十分と, 今更それ, 共に腕, 劇場へ, 半分は, 友人に, 川幅が, 彼は, 思わず頭, 急に, 手を, 手短かに, 早速出掛け, 歌子によって, 私は, 自分の, 若党に, 西町に, 課長は, 遠くの, 離れへ, 顏を

▼ 思い出した~ (39, 2.3%)

106 だが, です 3 ですが 2 だよ, だろう 1 じゃない, だから, だけれども, でござんす, でしょう, ですがね, ですけどね, ですな, ですもの, ですよ

▼ 思い出した~ (36, 2.1%)

7 急に

1 [29件] お文, お葉, くすくすと, つと立ち上つた, どうかを, どうだ, ぴょこりと一つおじぎを, ふいに, また悚, ホロリと, 一人で, 一目散に, 事務長が, 五十嵐が, 元の, 刀の, 吹き出しそう, 嫣然笑い, 小さい声, 小児の, 杯を, 沁, 独りで, 甚七は, 膝を, 若々しい声, 藤吉郎から, 音高く, 駆け出して

▼ 思い出した~ (34, 2.0%)

7 見えて 3 みえて 2 見え

1 [22件] いうだけの, いうので, いったら人間, いわぬばかりに, お思い, みえる, みえ威儀, みえ急いで, 云うこと, 云う調子, 云う風, 告げた, 思いとうとう, 見えすたすた, 見えそう, 見えはつきり, 見え少し, 見え手帳, 言うので, 言ったならば, 陳べた, 風の

▼ 思い出した~ (29, 1.7%)

43 に云った 2 にこの間, に又

1 [18件] にいいました, にざあ, にジーブッ, にポケット, に傍ら, に又は, に大急ぎ, に寐, に打ち萎れ, に打っ, に折々, に枯葉, に涙, に立ち上っ, に立ち上った, に繰り返された, に追っ掛け, に金

▼ 思い出したもの~ (26, 1.5%)

4 ですから 3 だから 2 である, のよう

1 [15件] かここ, かそう, かヒステリック, か同じ, があります, だ, だと, であった, であろう, です, とみえる, と思ったらしく, と見える, は九谷焼, らしい

▼ 思い出したという~ (18, 1.0%)

6 風に 2 のは, 様子で 1 のである, ふうで, ようなよろこび, わけでございます, 感情で, 書類は, 範囲の, 風で

▼ 思い出した~ (16, 0.9%)

6 がある 3 があった 1 があります, がありませんでした, があるです, であった, なので, もない, も発見

▼ 思い出した~ (10, 0.6%)

2 のよう 1 であろう, で目賀田さん, にそれ, の米友, ばっかりというよう, 始めて蜀紅葵, 突然彼, 見なおすと

▼ 思い出したかの~ (7, 0.4%)

4 ように 1 ごとく, ような, 如くその

▼ 思い出しただけ~ (5, 0.3%)

1 でおたがいに, で与吉, で大いに, で無性に, で舌端

▼ 思い出したとき~ (4, 0.2%)

1 その店, に, にどの, 大して害

▼ 思い出したほど~ (4, 0.2%)

1 だった, です, また楽しみ, 奇麗である

▼ 思い出したわけ~ (4, 0.2%)

2 なん 1 である, です

▼ 思い出した~ (4, 0.2%)

1 がある, というの, のよう, の名

▼ 思い出した様子~ (4, 0.2%)

1 で, で葉子, で附け加えた, で首

▼ 思い出した~ (3, 0.2%)

1 広芝じゃ, 紺, 蓮は

▼ 思い出したため~ (3, 0.2%)

1 であった, である, でもある

▼ 思い出したところ~ (3, 0.2%)

1 でなん, で始まらない, へ彼

▼ 思い出したとしても~ (3, 0.2%)

1 ほとんど気, 不思議で, 感心な

▼ 思い出した~ (3, 0.2%)

1 ちがいありません, 相違なかっ, 違いない

▼ 思い出した~ (3, 0.2%)

1 享保二十年板其碩の, 優秀船竜田丸内の, 彼の

▼ 思い出した~ (3, 0.2%)

1 あの子, やつも, 何でも

▼ 思い出した~ (3, 0.2%)

1 があっ, があつ, がある

▼ 思い出した顔つき~ (3, 0.2%)

2 である 1 だった

▼ 思い出したくらい~ (2, 0.1%)

1 です, ですもの

▼ 思い出したそう~ (2, 0.1%)

1 だ, だったか

▼ 思い出したついで~ (2, 0.1%)

1 だから, に書いた

▼ 思い出したのに~ (2, 0.1%)

1 違いありません, 違いない

▼ 思い出したふう~ (2, 0.1%)

1 で, で言った

▼ 思い出したほどの~ (2, 0.1%)

1 反応も, 言葉なれ

▼ 思い出したまま~ (2, 0.1%)

1 に訊い, 述べて

▼ 思い出したもん~ (2, 0.1%)

1 だから, ですから

▼ 思い出した~ (2, 0.1%)

1 あの慾張り, だけどこれ

▼ 思い出した~ (2, 0.1%)

1 にて吾が, に装っ

▼ 思い出した~ (2, 0.1%)

1 はただ, はどう

▼ 思い出した~ (2, 0.1%)

1 が多い, が早道

▼ 思い出した時分~ (2, 0.1%)

1 には柄, にまた

▼ 思い出した~ (2, 0.1%)

2 長くつづい

▼1* [86件]

思い出したあの時ぽろり, 思い出したいいものが, 思い出したいまやっぱり伸子, 思い出したおかげでいつか自分, 思い出したお方がある, 思い出したかと云うとね, 思い出したかに見ゆる, 思い出したかも知れないの, 思い出したからこそこんなもっけも, 思い出したからと云って, 思い出したけどそれまでに, 思い出したけれど子供を, 思い出したけれども名前は, 思い出したこの言葉, 思い出したとくに云う, 思い出したまた沢山, 思い出したせいかわたし, 思い出したせつな彼は, 思い出したそうして再びこの, 思い出したそれは実際, 思い出した戦場に, 思い出したたしかに俺は, 思い出しただけでもうっとりと, 思い出しただけのことだ, 思い出したってわけな, 思い出したといったように, 思い出したとかで帰って, 思い出したとき苦労でかしこく, 思い出したとたん中学生は何だ, 思い出したどうかした調子, 思い出したのねでもよく, 思い出したばかりでも, 思い出したほとんど一日がかりの, 思い出したみたいな口調, 思い出したゆえここで伝える, 思い出したゆえわしは後, 思い出したわたしはかれ, 思い出したんでそれからあなた, 思い出したトタンにキラリ, 思い出したユリがかえる, 思い出した七時発上り列車は買い出し客, 思い出した主膳はもう, 思い出した事柄をちょっと, 思い出した余り好い気持, 思い出したもあろう, 思い出した利右衛門は盗難, 思い出した刹那の事, 思い出したの日, 思い出した勇美子は滝太郎, 思い出した千浪は今にも, 思い出した同居の軍人上り, 思い出した大作ズズッと膝, 思い出した対山は, 思い出した山家集の一首, 思い出した平馬は返事, 思い出した幼少の時, 思い出したにいる, 思い出した感じだ, 思い出したでそれ, 思い出したを膝, 思い出した故郷の甲府, 思い出した時みたいにトキントキン, 思い出した時天才の魂, 思い出した時私は妻, 思い出した時電光の如く, 思い出した朝雨がふっ, 思い出した末私はその, 思い出したのリスト追加, 思い出した次第ですがね, 思い出したではない, 思い出したの骸骨, 思い出した深い感動が, 思い出した甚蔵を送っ, 思い出した用事からそれ, 思い出した瞬間いかほど内心, 思い出した矢先芝居の絵看板, 思い出した石ころ一つにもつながっ, 思い出した福太郎は怖, 思い出した立派な証言, 思い出した若僧が少なから, 思い出した記憶のよう, 思い出しただが, 思い出した途端におよそ, 思い出した面白い旧話, 思い出したは実は, 思い出したにとぼけた