青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「当時~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

当の~ 当り~ ~当る 当る~ 当人~ 当分~ 当局~ 当惑~ 当日~ ~当時
当時~
~当然 当然~ ~形 形~ 形容~ ~形式 形式~ 形態~ 形成~ 彦~

「当時~」 13569, 140ppm, 751位

▼ 当時~ (5528, 40.7%)

78 日本の 50 ことを 43 私の 37 私は 32 人の 30 事を 29 事情を 23 社会の 21 フランスの, 私には 20 彼の 18 人は, 自分の 17 人々は, 模様を 16 光景を 15 状況を 14 人々の 13 ロシアの, 日本人の 11 京都の, 自分には 10 ことで, 文学の, 新聞に, 有様を, 社会に, 記憶を 9 ことが, ことである, 僕は, 多くの, 実社会の, 日本には, 社会を 8 僕には, 僕の, 文壇の 7 ありさま, わたしは, 人々が, 人が, 文壇は, 様子を, 武士の, 私が, 記憶が, 風俗を

6 [12件] ことや, ままに, ドイツの, 人には, 人心を, 実社会と, 幕府の, 彼は, 思想の, 日本に, 日本人が, 金で

5 [27件] こととて, すべての, ま, ままの, ような, イギリスの, 上流の, 事で, 二葉亭の, 女の, 彼らの, 文化の, 日本人は, 日記に, 民衆の, 状態を, 状況が, 状況は, 現実の, 私に, 私を, 言葉で, 記憶は, 記録に, 進歩的な, 青年の, 青年は

4 [33件] ことだ, ことは, ように, プロレタリア文学の, 事だ, 事情は, 人にも, 人心に, 他の, 余の, 余は, 作者の, 信輔には, 学界の, 実状を, 彼には, 心持を, 情勢は, 政府は, 新らしい, 新聞の, 日本は, 水戸の, 江戸の, 生活の, 田舎の, 社会が, 私と, 自分は, 著名な, 観客は, 話を, 都の

3 [81件] いろいろの, ことから, このよう, ままで, ドイツに, 一般の, 一般的な, 世界の, 世相を, 事が, 事である, 事は, 事実に, 事実を, 事情では, 事情に, 人々に, 人から, 人に, 人間は, 俤を, 僕が, 吉原は, 周囲の, 大家の, 姿を, 婦人は, 学生の, 学者は, 実際の, 小学校の, 少年の, 常識から, 彼女の, 心事を, 心境を, 心持は, 情勢に, 我々は, 所謂, 政界の, 文学に, 新聞は, 新聞を, 新聞紙が, 新聞紙に, 日本が, 日本で, 日本人に, 日記を, 有名な, 朝日新聞, 歌の, 歴史が, 歴史の, 歴史を, 氏の, 流行に, 父は, 環境に, 男が, 相場で, 相場に, 知識人の, 硯友社の, 社会では, 社会においては, 社会における, 翁の, 習慣で, 自分が, 自分を, 記録には, 記録は, 諸新聞, 青年が, 面影を, 風俗の, 風潮に, 風習として, 風習に

2 [301件] いきさつを, いわゆる, いわゆる知識階級, お兄さん, ことに, ことばで, ことも, さまを, ものが, ものである, ものは, もよう, やうな, わたしが, アテナイの, インテリゲンツィアの, カザンに, スペインの, ドイツが, ドイツは, ナオミの, ヒューマニズムの, プロレタリア文学運動の, リベルタンの, ロシアは, ロシヤでは, ロマンティシズムの, 一つの, 一村の, 世の, 世界全体に, 世界文化の, 中学生を, 中村屋の, 主人は, 予が, 予の, 予は, 事から, 事です, 事に, 事情が, 事情として, 二つの, 二人の, 二人は, 京都を, 人々から, 人々にとっては, 人々を, 人たちが, 人たちは, 人心の, 人民の, 人気に, 人目を, 人達は, 仏教が, 仏教美術が, 仏蘭西に, 仏蘭西人は, 伝道文学者が, 余には, 作家が, 作者仲間の, 例で, 僕を, 光景は, 公卿が, 公卿の, 公卿は, 内閣が, 内閣に, 内閣の, 内閣は, 凄惨な, 劇壇に, 半七, 印象を, 友だちは, 取沙汰では, 句である, 各藩, 君は, 呼び名に, 和文なる, 唱門の, 国民の, 国語学の, 地理上の, 堀端は, 境界を, 境遇を, 大導寺信輔よりも, 天下の, 天皇は, 女が, 女友達, 女性の, 妾が, 婦人としては, 婦人には, 婦人の, 子供は, 学生時代に, 学生運動を, 学界に, 学界を, 学者の, 官職名は, 実況を, 実社会とは, 実社会を, 実際を, 家の, 容子を, 容易ならぬ, 富豪の, 寺院は, 小市民, 少女に, 川上の, 己を, 常識に, 幕府には, 平凡な, 平民の, 形勢を, 形見とも, 彼が, 彼にも, 彼らとしては, 彼を, 彼女には, 徳川氏は, 心ある, 心持としては, 志士の, 思い出を, 思い出話を, 思想界の, 急務は, 急進的な, 悲痛を, 情景は, 情況を, 感激を, 憎悪は, 憎悪を, 戦争に, 戦争は, 戦慄を, 所懐と, 支配者たちの, 支配階級の, 政府の, 政治家は, 教養ある, 数を, 文人の, 文化は, 文壇に, 文士の, 文学, 文学を, 文学者としては, 文書に, 文献に, 文芸の, 新宿は, 新工夫, 新聞が, 新聞にも, 新聞記事で, 新聞記事に, 新聞記事を, 新鮮な, 方が, 方針を, 日本においては, 日本を, 日本人には, 日本文学の, 日記には, 時代思潮は, 書生の, 最高有力者たる, 有力な, 有様は, 未熟な, 札幌は, 東京の, 東大植物学教授の, 校舎も, 植物学の, 様を, 横浜は, 欧化熱の, 武士階級の, 武家の, 武将の, 歴史は, 民草の, 民衆に, 民間では, 気分に, 気持を, 決心を, 活動の, 流行の, 流行を, 流行語で, 流行語を, 浜尾東大総長に, 浜尾総長の, 漱石の, 犯人の, 状を, 状態も, 状況から, 生活が, 生活には, 生活状態では, 田中伯よりも, 男に, 男の, 監獄の, 相当の, 社会には, 社会党は, 社会状態の, 社会的, 社会的な, 社会統制の, 神保町通りは, 神学思想の, 神田裏神保町に, 私であった, 私にと, 私にとって, 私にとっては, 私共には, 科学的研究の, 秩序を, 第一流, 緊張を, 署長が, 美術界に, 習慣として, 考へ方, 自分と, 色々な, 若い世代, 若い人々, 苦しみを, 落語家番付で, 衛戍病院の, 表情は, 被害者は, 言葉の, 言語は, 記事を, 記念として, 記憶に, 記録の, 記録を, 評論家角田浩々歌客すら, 詩の, 詩人, 詩人が, 話である, 諸大名, 諸藩, 諸音, 貴婦人を, 貴族, 貴族の, 趣味の, 身分は, 軍隊は, 連歌の, 遊記や, 道徳では, 選科生という, 都人士の, 野蛮な, 鉄砲の, 鉄砲は, 関趾は, 陣中日記を, 陣形を, 雑記である, 雑誌の, 雰囲気を, 青年に, 青年を, 音楽家の, 音韻の, 風習を, 飲み仲間, 髪の

1 [3580件 抜粋] あくまでもさびれ, あの身体, ありがたい旧, いきさつが, いわゆる従軍記者, いわゆる風流人, お客さんは, きりの, こととくに, ことゆえ今の, この小さな島, この芸術価値, ご時勢, すべてを, その姿, それと, どの新聞, ほめ物, まだ方向, むかしが, ものより, わたくしに, わたしを, アテナイは, アルバムも, イタリア美術に, イングランドと, ウェスト・ポイント出身者の, オルソドクシーを, キリスト党から, ゲルマン民族に, ゴシツプ好きの, シナに, ジイドの, スタアロジタ・モレノ嬢でした, ソヴェト同盟に, テオドラ嬢は, ドイツ思想の, ノートを, バーグレーヴ夫人も, ファシズム権力の, フランス文芸思潮の, ブルジョア道徳が, プロットによって, プロレタリア文学者たちは, ベートーヴェンを, メキシコの, モラルも, ヨーロッパにおいても, ラップを, レンズでは, ロシア労働者の, ロマンティストたち, ローマ市民が, 一伍一什を, 一座の, 一般人をのみ, 一般風俗心理の, 一部上層の, 万葉仮名によって, 三枚続きにも, 上流と, 上野山内は, 下界の, 不安は, 且元が, 世子は, 世界的水準に, 世話人としては, 世風としては, 中堅作家たちは, 中学は, 中村屋としては, 主としてイングランド, 主治医は, 九州に, 乞食者の, 事そこの, 事件とか, 事情と, 事情よりか, 二倍とは, 五万円と, 井戸の, 京童に, 京都文明の, 人々にとって, 人です, 人口については, 人智だった, 人気俳優福助を, 人間性の, 仏墺戦争は, 仏画に, 仲間は, 伝説であろう, 住宅建築の, 何物をも, 作品には, 作家同盟が, 例によって, 便せんと, 俗謡の, 信長の, 候文である, 偽らざる実感, 僕らの, 儒家林信満に, 元老には, 先達が, 光景今, 全体に, 公侯の, 公家の, 兵法者に, 内神田は, 写実文学, 凡ての, 出版事情では, 切ない事情, 判官たる, 制度を以て, 剣道の, 劇通の, 勅語としては, 動静を, 包括的思索も, 医学書生という, 医薬関係の, 半分しか, 南京漢口の, 博物館長は, 印象に, 友で, 反プロレタリア文学, 口語で, 古典流行から, 史学雑誌編者は, 司法卿山田顕義伯は, 吉原細見に, 同業者, 名人巨匠を, 名士の, 名文家である, 名門畠山御, 君主らしい, 呉八段は, 哲学は, 唯一の, 啓蒙的な, 噂でなかった, 団長は, 国士的記者気質から, 国民は, 国語の, 土木力では, 地価と, 地理的事実風俗習慣言語服装食いもの飲みものの, 基督教の, 塑像は, 増上寺は, 変らない面貌, 外国貿易に, 夢に, 大儒室鳩巣の, 大名の, 大型の, 大学理学部物理教室の, 大官貴紳は, 大小劇場の, 大権威者, 大相撲を, 大蔵省は, 大阪の, 天下を, 天文知識を, 夫に, 女史の, 女学生の, 女相撲, 如き感情, 妾という, 娘たちが, 嫁姑の, 学問と, 学生は, 学者には, 学術と, 宏壮な, 宗教裁判は, 官女らしい, 官省は, 実情であった, 実感を, 実生活の, 客宇清蔚が, 宮廷に, 家だ, 家橘, 寄席芸人に, 対支交渉及び, 封建的社会に, 将棋は, 小さなエンマ, 小林秀雄の, 少年が, 少青年雑誌, 山荘の, 島の, 左翼作家の, 市場価格は, 帝政露西亜の, 常識の, 平安朝時代で, 幼稚な, 庄司署長が, 座右銘とも, 延二郎が, 弥陀浄土への, 形である, 影響から, 彼女と, 待合の, 御朱印船に, 心の, 心情そのまま, 心持の, 心理状態まで, 志士が, 思想が, 思索研究の, 怪談小説よりも, 恒藤も, 悩みは, 悪童連が, 情勢で, 情報局が, 情況に, 情誼的交渉とを, 意味に, 愛国運動に, 感情にとって, 慣いとして, 慾望が, 我々も, 我当局者の, 戦争文学には, 戯作者は, 戸籍簿とも, 所謂大衆読物の, 所謂過激な, 才媛について, 批評家に, 抄写に, 振舞の, 採風熱, 支配人で, 政変は, 政府反対党が, 政治に, 政治的な, 政論家は, 数は, 文久銭は, 文化人, 文壇には, 文学には, 文学士は, 文学的動向に, 文学精神を, 文学革新は, 文章を, 文芸時評の, 新しい事情, 新体詩にも, 新思想, 新流行, 新聞劇評家は, 新興宗教である, 新進気鋭の, 旗本の, 日本だけにしか, 日本にとっては, 日本化は, 日本文化な, 日本画科の, 日本風俗の, 旧友に, 明星が, 春廼舎に, 時代的環境によって, 普通一般の, 智識人や, 書で, 書類次に, 最も切実, 最も高き, 最高地位に, 有名なる, 朝夷郡真門村で, 木曾山一帯を, 朱丹が, 条件及生れた, 東京は, 東京第, 東海道は, 柏軒が, 根岸子規庵の, 検事局的に, 楽しい思い出, 標準からは, 権力と, 権威に対し, 横着な, 欧化熱が, 歌に, 歌人連歌師を, 正午前後妻は, 此二家の, 武器としては, 武士仲間で, 武家奉公を, 武芸者には, 歴史へと, 殆ん, 殿上は, 比率に対し, 民衆が, 民間人は, 気合なり, 気持としては, 気運に, 江戸では, 江戸幕府の, 沖縄の, 法度として, 法王は, 洗煉された, 流行に対し, 流行的思想に, 浜ッ子には, 浴客は, 海軍である, 消毒方法は, 清野知事の, 溌剌と, 滞仏士官, 漢学の, 激しい選挙干渉, 為来り, 無気力な, 熊本の, 牙彫, 物価では, 物語作者, 状態から, 状況として, 状見る, 独逸の, 獅子と, 現内閣, 理会では, 甘い批評家たち, 生残イネ人, 生活描写を, 用に, 用兵術を, 田舎人が, 男女同権論者に, 町奴にも, 画学校卒業生の, 異人の, 病院だ, 白川侯は, 百分の一の, 皇族朝融王殿下は, 目付の, 真実が, 知識としては, 短歌が, 石油会社は, 硯友社や, 社会で, 社会不安が, 社会及び, 社会状態に, 社会生活から, 社会的欲求と, 社会経済生活は, 神であった, 神楽坂警察署長庄司利喜太郎を, 秀吉に, 私では, 私共の, 科学水準では, 秘事を, 称賢次郎で, 窪川稲子の, 第一印象, 筆記に, 粋や, 精神生活に対する, 素人写真でも, 経済闘争の, 絵描が, 編纂物としては, 繁昌を, 羅府新報が, 美人の, 美術学校派さへ, 習いである, 習慣でございます, 老儒大槻磐渓先生を, 考えは, 聯想を, 職掌がら多少, 能書を, 自分では, 自慢話を, 自由主義の, 自身としては, 船艦の, 芝居道において, 芸名妻吉さんが, 芸術家らは, 若い人, 若い娘, 若い田丸先生, 若者どもに, 苦心を, 英国の, 英材某, 菓子商主水である, 落首だ, 蒲田は, 藩主は, 蘭医, 蝦夷は, 街道筋は, 裁判長を, 要路の, 観客に, 言語理論の, 記憶なぞも, 記録にも, 詔勅条例を, 試合の, 詩壇では, 話では, 語学校の, 読書界の, 読者を, 論派を, 諸国往来の, 諺である, 警察に, 議会を, 財政家, 貴婦人方の, 貴紳たる, 貿易品は, 賤者の, 足尾銅山には, 身分としては, 軍参謀中村少佐は, 軍需品が, 辛辣な, 農村は, 近松秋江や, 通りに, 速記者たちの, 進取的な, 遊女たちにも, 道中奉行都筑駿河守が, 遺物で, 部下である, 酌婦らも, 野心なる, 金融業者を, 銀座界隈には, 鎌倉にも, 開国論者の, 関東は, 限界は, 陸軍では, 雑誌, 難波の, 青年たちを, 青年男女の, 音で, 音韻状態を, 顕官で, 風に, 風俗歴史が, 風潮という, 風習でした, 風雲を, 香料国アラビアの, 高官にも, 魁儒たるに

▼ 当時~ (1118, 8.2%)

9 私の 6 今の 5 私も 4 これが, 誰も, 非常に 3 これを, そういうこと, それが, それを, まだその, 今日の, 何か

2 [31件] ある事情, このよう, さう, そんなこと, ちょッと, まだご, まだ電灯, むかしの, もう練兵, インフルエンザと, モールスとして, 一滴も, 世間の, 伯爵たり, 例の, 凡そ同盟, 分らないので, 十二歳の, 大変な, 学校を, 小学六年生ぐらい, 少くとも, 後世の, 必ず四十八手, 戦国の, 日本人の, 東京の, 東京市中にも, 相当に, 細い首, 自覚しなかった

1 [1003件 抜粋] あからさまに, あの地方, あまり本, あらゆる方面, ある外交上, あれを, いくつも, いまだいまだ正統派, いまだ若く, いろいろばか, おまき, お上の, お嬢様に, お幾, かなりの, きれいで, けおとされて, ここに, ここらは, ことにまだ十分, このこと, この二類, この動き, この郡, これらの, こんな記事, さしたること, さまざまの, すこぶるこの, すでに四高, すでに故人, すばらしく大きな, ずいぶんと, そういうとき, そういう画, そうたいした, そうよびました, そう考え, そこと, そのままであった, その同感, その封緘, その洋妾, その辺, その音, それこそ, それで, それでも芹川さん, それについて, それも, そろ, そんな事件, たしかにそれ, ただあまりに心から, ただ九鬼, ただ彼女, ただ法学界, ただ軽い, たまに草, ちっとも気, ちょうどドイツ, つきり, どうであったろう, どっちかと, なおさら懐中貧困, なお植物, なか, なかつた急行電車, なかなか好評, なにも, なるほど, なんどき, はっきりし, ぱっとする, ひっそりし過ぎる, ひどい沈黙, ふかが, ほとんど着のみ着のまま, ほんの小さな祠, まあまあ十人並, まだ, まだお, まだそういった, まだそんな, まだド, まだ世界, まだ二十四, まだ何, まだ元気, まだ具体的, まだ十六歳, まだ博士, まだ原子爆弾, まだ商工業, まだ夏, まだ小山内八千代, まだ当歳, まだ御, まだ手, まだ文学, まだ新しい, まだ日本, まだ旧暦, まだ松平信綱, まだ泰西法学, まだ特に彼ら, まだ現今, まだ纏つた著述, まだ若, まだ衛生, まだ豪傑, まだ鉄道, まだ銀行, まだ青二才, まったくそれ, まったく眼, みんな二十三四の, むしろいい, むろんわびしい, もう原始的, もう祖国, もう長い, もちろんまだ但馬守宗矩公, もちろん現在, もとより京都, ものを, やった手札形, やや異端, よう, よくよくの, よく冠君, わが領事館, われわれの, カンヅメの, ケゴンの, コレラ患者の, シナ兵ばかり, スペンサーの, バイブルを, ヒョロヒョロの, フランスでも, プロレタリア作家として, ホームズの, マダム街や, ミノの, ヤミを, レーニングラード附近の, 一切の, 一日が, 一時止ん, 一種の, 一般ジャーナリズム文化人が, 一足飛びに, 七月が, 三十五六であった, 三文の, 三百円も, 三芝居だ, 上海に, 上述の, 世の, 世間でも, 中将, 中村の, 主従の, 之が, 九州磯貝平太左衞門武連と, 予未だ, 事業に, 二川の, 五月庭に, 井伊大老横死の, 京都から, 人々が, 人も, 人民は, 今と, 今も, 今思う, 今日も, 仏法科の, 仔細あつ, 他の, 代々三位にまで, 代用臓器が, 住むべき家, 何と, 何とも, 何も, 何処か, 何分にも, 何某の, 作の, 作品の, 便所へ, 俗に, 偉い門人, 僅かながら, 僕も, 元気旺盛身体壮健であった, 先ず戦術的, 全くの, 全く目星, 全く額面通り, 全然お目にかかる, 八九十円であった, 八円で, 六百匁ある, 其儀無き, 内務省で, 凹い, 切支丹の, 初めての, 別として, 別にセンサク, 到るところ, 劇場内に, 力次第で, 助役だった, 勤先の, 勿論大正十二三年頃, 北国に, 北海道用という, 医師に, 十一に, 半四郎の, 卑怯者の, 卒業出来る, 南朝北朝とも, 南面が, 博奕が, 占領後まだ, 即ち彼等, 又夥しく, 双流鎮と, 口添えを, 古典復興の, 右様の, 各の, 各年代, 合点が, 同じよう, 名は, 嚔から, 国事多端に, 地上や, 城が, 塞外の, 変つた商売を, 外国雑誌など, 多少とも, 夜中でも, 夢にも, 大いに悲観, 大した評判, 大なり小, 大伴旅人が, 大化改新に, 大原に, 大学出の, 大河に, 大理石の, 大衆を, 天覧演劇である, 奇麗な, 奈落に, 好評サクサク, 姫ぎみも, 娯楽読物としてよりは, 嫉妬を, 子供達の, 存し, 学生の, 学者は, 守備に, 安来節お, 宗教法律共に, 実に憤慨, 実に言論自由, 実行せられ, 実際の, 客車にさえ, 家に, 家系の, 対抗する, 尊王論を, 小柳, 少し人出, 少年倶楽部の, 就職難の, 川の, 市内至る, 帝室領であった, 幅は, 幕府閣僚の, 平和で, 幸若舞の, 幾ら船が, 広島とも, 店の, 廿四五だった, 彦右衛門と, 彼が, 彼女は, 御用たし, 徹夜する, 必村邑の, 怖がって, 思ったもの, 恋する人, 恍として, 恐怖や, 息を, 感動を, 憲法が, 戦乱の, 戦争中で, 戸数六万人口三十万以上の, 手打ちで, 打ち殺しても, 技術的に, 拡散を, 支倉を, 支配権力が, 教に, 文字としては, 文学作品の, 文展も, 文芸物を, 新しいもの, 新婚の, 新年の, 新日本, 新興ブルジョアジーが, 方に, 旗本どもが, 既に数年間東京専門学校経営, 日向より, 日本全国朝野の, 日本語は, 日露の, 旧刑法時代, 明智の, 晦渋なり, 普通科が, 暢気に, 書記長だった, 最善を, 朝鮮の, 木の, 未だいくら, 未だベースボール, 未だ未だ醜, 未だ生き, 村人とも, 東京で, 東洋第, 格式も, 梶子夫人が, 植物学が, 樹木の, 歌を, 止利が, 正岡子規が, 此の, 此山の, 武士の, 歩くこと, 死屍累々の, 殆ど総て, 殉教の, 毎週一回大学で, 比較的自由, 民政権判事としての, 気が付かなかったが, 水泳協会も, 江戸市中にも, 決して俗悪, 河に, 法律を, 洋行中です, 活動大, 海に, 海水浴旅館と, 源通親が, 演説会と, 無論なかっ, 焼け残つた家, 燈火管制も, 父の, 片っ端から, 牛込神楽坂辺の, 物資窮乏の, 特に十字軍, 犬に, 狩野派や, 王朝時代の, 珍しい外人, 現代の, 理想を, 甚だしい蛮島, 生活と, 田に, 男盛りの, 町を, 異風と, 痘瘡とか, 痛足川, 皇后の, 盗られる方, 相当学風, 知らない人, 知りませんでした, 研師であった, 硯友社中は, 社会一般が, 祇園祭の, 神保町の, 神田錦町区役所の, 秀吉歿後いくらか, 私と, 私は, 私立の, 私自身が, 科学殊に, 空想に, 第一次欧洲戦争, 米谷どのも, 純文学の, 素よりかかる, 終止言からも, 絵を, 絶対の, 総てで, 縦十二町横三四町の, 美しい姫たち, 義賊と, 肉の, 能く, 自分の, 自由党が, 航海者ヘンリの, 色々な, 芝居の, 花火の, 若い淑女, 英学塾を, 荒れ廻つたり, 菓子職人に, 蔭で, 虎二郎の, 街燈の, 裁判長である, 西の, 見る影, 親しい間柄, 親類の, 言語が, 詩人と, 誰しも, 豚よりも, 豪傑万能豪傑だらけの, 貌ぢゆう, 貴重品だった, 足利幕府の, 身請が, 逃げだすこと, 通俗小説の, 週報, 過去を, 遠方にて, 邦人に, 酒が, 酒の, 里げしきと, 野菜の, 鈍くさく, 鉛筆にて, 錫箔を, 長楽寺の, 開山天海僧正の, 阿部に対してさえ, 随分と, 随分奥様, 随分行われた, 難路の, 電灯が, 霞と, 青春で, 面白くも, 頗る盛大, 風流と, 食い違いご, 飽き足らぬこと, 駒形に, 騎西家の, 高坂弾正が, 魔声なりと, 鹿鳴, 黙って

▼ 当時~ (415, 3.1%)

52 あっては 26 あって 24 於て 19 於ては 11 あつて 10 ありて 9 あっても 6 在っては 5 ありては, しては, 於ても 4 くらべると, 於いて 3 至るまで

2 [17件] しても, とつて, 及んで, 古書を, 在りて, 悔る, 於いては, 於ける他, 於ける登山, 於てすら, 有名の, 残存した, 比して, 比べて, 生まれしめば, 至るまでの, 較べて

1 [198件] あったあらゆる, あった客観的条件, あった煉瓦場, あらゆる珍宝貨財, ありても, ありふれた所謂意識, ありましては, あり法制上, あり速やか, あると, おきかえて, お岩, くらべたら今日, くらべて, この本能寺, この船, これくらいな, これは, これを, しちゃあ, すっかり聞きつけ, その学説, その界隈, つけられたよう, であろうか, できた沼, どれだけの, はじまって, はじまつて, みずから作っ, みんな反古に, もって, やつと, ウンと, エタとは, オヴィドが, サイレント映画の, サン・セルジュの, ニッポンの, バイカル湖を, ホンの, 一人の, 一日約, 一時期に, 七十幾日隠れと, 七十幾日隠れとおした, 与えたるかを, 予言した, 二〇・七五分の一であり, 五六倍し, 京都で, 今日の, 何か, 作用した, 使用した, 信ぜら, 出た, 出来上った信, 出版された, 切り倒したもの, 到って, 剥き捨てられたもの, 半蔵に, 半蔵や, 却て, 双なき尊き智識, 双びなき, 受けた心身, 受けた第, 同き憤, 名前の, 君が, 吹き込まれた, 喝采された, 在っても, 在つて, 在りては, 在りても, 在りと, 場内の, 女学生が, 如何にも若い, 始れり, 存し, 存在し, 存在しなかった, 学術組織改組準備委員会が, 学長の, 完成された, 定められた方向, 小さくない, 少なくなかった, 尾州の, 居合わしたと, 崛起した, 市ヶ谷刑務所に, 帝国劇場は, 幽屏, 建てたもの, 建てられたまま, 建設した, 当時には, 彼らが, 従来ドイツから, 必要であった, 悩んだ良心, 感じた漠然たる, 感得した, 慶長甲寅という, 戻って, 戻ります, 持って, 掴んだ物, 支払って, 文明の, 斎藤先生から, 斎藤松洲さんという, 於けるが, 於ける京, 於ける伝承, 於ける作者, 於ける僧侶, 於ける参謀総長, 於ける口語, 於ける唯一, 於ける国史, 於ける国家, 於ける彼, 於ける思想世界, 於ける悲惨, 於ける既知, 於ける椿山荘, 於ける民衆, 於ける物産, 於ける自由民権運動, 於ける芥川, 於ける輿論, 於てさえも, 於る, 日本唯一の, 書いたもの, 書いた真記, 未練が, 来て, 極刑に, 標語された, 毎日まい, 比し優に, 比し決戦戦争, 比べると, 比べ随分, 比較すれ, 水際だって, 流行った小唄, 溯って, 溯つて, 溯ぼる必要, 焼け残った岡, 現在の, 生れを, 産額も, 異ならず, 異る, 異国人からでも, 発達し, 破れて, 立ち戻りたいよう, 立帰っ, 立派な, 結びぬ, 絵葉書も, 聴くらん想, 至りにわかに, 至る, 若干の, 萌して, 著者が, 見てさえも, 見説話構成, 観念的な, 観理, 言われた, 貴女は, 贈られた蒼海翁, 起こりその, 起った主要, 起源す, 較べると, 輝いて, 退けられた人材, 遡って, 邪魔な, 鉄板製の, 限られたこと, 類を, 食物を, 高い排外熱, 鳴り響いたもの

▼ 当時~ (189, 1.4%)

5 の家 3 は, はまだ 2 の友達, の感じ, の母, はただ, はウブ, は十八歳, は学校, は極めて, は麹町三番町

1 [160件] かに嘆, があの, がこの, がなに, がヘボ碁, が半年, が学校以外, が序文, が教えた, が時代精神, が考えた, が良教科書, が裸体, が身, が高山町西校校長野村宗男君, と会, と石川光明氏, と苦楽, には一日一日, に太閤, に好き, に最も, に洩らした, に話された, に送った, のいた, のおかれ, のこれら, のこんな, のところ, の下働き, の乗つて, の仕事, の作った, の傍ら, の反復愛誦, の受持っ, の同窓, の妻, の宅, の廃棄, の心持, の感想, の抱懐, の持っ, の教室, の最も, の月々叔父, の父椿岳, の生活上, の習慣, の考えた, の若い, の見る, の身, の通つて, の郷里長野県選出, の関心, はある, はいろんな, はうかつ, はこう, はこの, はこれ, はそういう, はその, はそれほど, はそんな, はちょうど, はほとんど, はわけ, はクラリス・ダルセル, はスペンサー, はタージ・マハール・ホテル, はモスクワ, は三州豊橋, は二十六歳, は二十四歳, は二十歳, は京都, は京都寺町通, は京都帝大, は人, は今, は仏法科, は佐藤君, は八重子さん, は其以外, は冬山, は冷静, は凝視点, は十六歳, は十四歳, は南洲学者, は即効, は友人, は古典派, は四十二歳, は外国劇, は大学, は大学院, は大尉, は太平洋, は失敗, は妊娠四ヶ月, は対米戦争計画, は専ら, は小売店, は小説, は帰省, は当市, は思いました, は意外, は感じた, は或, は戦前同様組織部長, は推賞, は政治部, は文学的, は文科大学, は新聞社, は既に, は日本, は日本語, は朝, は未だ, は東隣, は樺太庁農林部水産課, は此, は此処, は民間, は気楽, は父, は物理学校, は猿, は珍, は甲府市, は病気中, は知らなかった, は私, は経済学, は自分, は若い, は落語家, は衆議院議員, は行動主義, は評定役, は読売, は誰か, は警察当局, は貴下, は避寒旁, は郷里, は金, は面白く, は飽食暖衣別, もまた, も兄, も小田原, より一級下

▼ 当時から~ (177, 1.3%)

3 して, 今日までの 2 今日まで, 在職し, 日本の, 現在までの, 米を, 見れば

1 [159件] あった, あぶないこと, あること, お話ししなけれ, かたとき, かなり光っ, かれは, くらべれば, ここで, この点, この行き, この香水, これは, しだいに面目, すでにこういう, すでにこの, すでに二十年, すでに喧しい, すでに多く, すでに大, すでに実際は, すでに直観的, すれば, ずっと挿画, そういう一種, そう思っ, そなた, そのバカ, その前, その真価, そら来た, それは, ただ成功, つけつぱなしになつていたのだろう, とざされたまんま, どうしてもなく, どう処置, なかなかただ, なにかと, はち切れるばかり, ひと方ならず, ふけ込んで, まるで自分, みると, もう何とも思っ, ゆっくりと, ウォロンスキーは, ソヴェトには, ソヴェト同盟について, タカ子は, ターザンに, ドイツで, ナポレオン時代を通じて, ロシアの, 一は, 一歩も, 一種の, 一般読者に, 一貫した, 一風変った, 三四十年前と, 中佐と, 主人の, 二人きりに, 二年位前に, 二百年も, 交されて, 人の, 今に, 今の, 今もっ, 今日に, 今日までには, 伊勢の, 何う, 何の, 修学旅行とは, 俺は, 八年後に, 共に願望, 其の美し, 其後の, 典型的な, 十七年即ち, 反ファシズム, 変な, 外夷の, 多くの, 奉仕的な, 女は, 好感を, 婆さんの, 嫌つてゐた, 実に様々, 将棋の, 尋常四年の, 居るの, 屡々感覚, 山岸敬明と, 島川は, 平取近文などの, 幾多の, 廃城で, 引離して, 彼の, 数えて, 数へて, 新免宗貫が, 方々持ち廻った, 既に各所, 晶子さんの, 暗記し, 書きはじめて, 最も多く, 有名な, 朝夕の, 槍は, 決して無意義, 決めて, 法律を, 洋服など, 火星人は, 灼熱の, 無意味な, 熱烈な, 特別の, 犯人が, 現在の, 疑惑の, 病弱であった, 病身だつた, 相当有名, 着手され, 知って, 知己であった, 知識階級についての, 福岡の, 移り住んで, 約一週間, 約九十年後, 肯定し, 胃が, 腹が, 自動車を, 行はれ, 行方が, 行方不明と, 裏日本の, 見当が, 言文一致は, 認めてを, 誰も, 足掛五年に, 身に, 退屈まぎれ, 鉄道工事に, 開かれたガリーンウィッチ・ビレージ, 駄夫と, 鳴かねば

▼ 当時~ (129, 1.0%)

7 回想し, 回想する 3 思い出して, 追想する, 追憶し, 追懐し

2 [13件] 回顧し, 回顧する, 心得, 心得て, 思いだして, 思い出した, 思い出しながら, 思い出すたび, 思へば, 憶い出し, 追想し, 顧みて, 顧みれば

1 [77件] さして, しのぶこと, しのぶよすがさえも, しのんで, ばさんと, よく記憶, 中心として, 今と, 体験し, 偲ばう, 偲ばしめるもの, 偲ぶこと, 去ること, 反映し, 囘想し, 回想した, 回顧すれ, 境として, 忘れたの, 思い偲ばせるよう, 思い出さない訳, 思い出したため, 思い出したと, 思い出し声, 思い出す, 思い浮べては, 思い起して, 思い起すに, 思い返すこと, 思った, 思ひだして, 思ひ出したそして, 思ふと, 想い出しため, 想い出して, 想い出すとき, 想い出せば, 想い起して, 想うと, 想ひだし, 想像させる, 想起すれ, 憶い出さない, 憶い出します, 憶い出す, 憶い起さず, 憶遣り, 懐しく思, 批評した, 振り返って, 振り返つて, 明らさまに, 物語りながら, 物語る記念, 生々しく想い出し, 知って, 私は, 繰り返し正月, 聯想し, 蘇生らせる, 裏返す折々, 見ても, 見よ, 見よ無辜, 親しく知つて, 記憶し, 詠んだ古, 話して, 詳しく説明, 語つ, 語らないもの, 語れば, 追想しました, 顧みなければ, 顧る, 風靡した, 驚かしたばかりじゃ

▼ 当時まだ~ (96, 0.7%)

4 若かった 2 ほかにも, 生きて

1 [88件] この本文, して, しらみの, そういうふう, そういう新しい, その辺, そんな言葉, つよくのこっ, ひら, サンヂカリズム, ジイドが, プロレタリアートの, マテスン氏部下の, ライタアは, 七つ八つの, 三十六七歳にしか, 三十四歳くらいの, 不便限りなかった, 世に, 中学生に, 主家の, 二十七八歳の, 二十三歳位の, 二十五歳の, 二十代の, 二十歳で, 二十歳に, 五段ぐらいの, 交番が, 作者名不明の, 使われて, 保守的であった, 健在で, 僕の, 八歳で, 六つか, 十六歳の, 南海の, 吾妻橋下の, 呉郡の, 多田君は, 大学の, 子供あがり, 学生であった, 小さかった, 小学校の, 小学生であった, 山川均との, 幼かった, 幼稚き, 幼稚園へ, 幾分の, 後世程にも, 息子の, 持って, 授爵の, 斬新と, 村の, 東京専門学校, 欧州戦争の, 残って, 水道橋の, 牛乳は, 物心の, 狩野派の, 独身者の, 珍しかった, 珍しかつ, 珍品で, 現在の, 現存し, 現役で, 生まれ出た, 生れて, 結婚期に, 翻訳は, 肩揚げの, 若くて, 若手であった, 見いだされて, 観測器の, 誰も, 農奴であった, 部屋住み, 金沢には, 電燈は, 青年であった, 非常に

▼ 当時この~ (89, 0.7%)

3 ような, 種の 2 国の, 家の, 附近に

1 [77件] あたりで, あたりに, あたりは, ことは, グループの, ヤマトの, 三党の, 両君以上に, 二論派は, 二論派を, 人々は, 人たちだけ, 人でなけれ, 人の, 伊勢山田の, 作者は, 先覚者の, 北海道の, 句を, 国では, 国には, 地に, 夜鷹が, 奇怪きわまる, 孤独な, 学を, 学校の, 完成を, 室の, 家には, 屍体を, 市場の, 平湯には, 広い浴場, 店は, 捏鉢は, 新形式, 新鮮な, 日の, 星群が, 時点から, 服装が, 武士の, 江戸でも, 流行に対して, 災禍から, 災禍は, 無趣味なる, 物騒な, 特定目的を, 犬神人に対して, 犯人捜索を, 現象の, 町に, 町へ, 発見が, 発見は, 皇帝の, 眇目の, 磯部には, 種族は, 言葉は, 話は, 話遠近に, 辺に, 連峰の, 遊里の, 道庵の, 邸に, 都に, 長歌を, 関白から, 附近では, 附近の, 類の, 館では, 館に

▼ 当時としては~ (86, 0.6%)

3 非常に 2 其が, 相当の, 破天荒な

1 [77件] いかにもすばらしい, かなりの, かなり大きな, かなり高度, ずいぶん遅い, それで, たいへんな, できやしない, なかなかいい, なかなか大変, まことに当然の, まだ之, めったに見られない, やはりすぐれた, よかった, より賑やか, コロンブスの, フレッシュな, モダーンな, 一回一円は, 一番きいた, 之ほどの, 京都の, 人間性解放の, 何しろたいへんな, 佳句の, 全くそうした, 出来うる限り, 別に, 劃期的な, 厖大なる, 和紙に関する, 喰ふか喰はれる, 変わった教育法, 完全に, 実に思い切った, 小大名, 当面の, 快速船な, 思ひ切つた改新, 恐らく誰, 新しい世界, 最も安全, 最も有りふれた, 最も進んだ, 最大の, 最高の, 格外に, 極めて妥当, 欧州文化を, 止むを, 決してちゃち, 無理も, 珍しい写真, 珍しい制度, 珍しく思い切った, 珍らしい, 甚だ勇気, 画時代の, 異常な, 疑ひも, 発展的統一に, 皆耳新らしく, 相当思ひ, 稍, 稍早い, 美人の, 自由な, 誠によく見透し, 誠に止む, 超, 近世の, 道中を, 随分思いきった, 飛び切りハイカラな, 馬が, 驚くべき精緻さ

▼ 当時その~ (77, 0.6%)

2 場に, 境内が

1 [73件] お転婆の, ことで, ことは, ほうの, ような, カレツヂの, パリーと, メンバーであった, ロシアに, 中に, 中へ, 中学に, 事に, 事について, 人民の, 任に, 係りの, 儘の, 切符を, 原因を, 友人達にも, 反響は, 周囲から, 国に, 地に, 地方に, 存在に対して, 孤児院の, 学生は, 実情を, 密猟船の, 寺に, 屋敷は, 工場の, 師抽斎に, 師父等と, 席に, 弁証法提唱を, 後継者として, 微妙な, 恩に, 救済院に, 方に, 春先き, 書斎と, 死体の, 流れの, 淀みには, 渦中に, 点を, 理論的未熟な, 男が, 研究を, 社会に, 第一巻, 聯隊の, 船に, 苦衷を, 記事を, 話も, 説には, 諱を, 趣意を, 近所に, 避暑地に, 酒席に, 重要性を, 門には, 附近に, 隊中に, 風評は, 風説は, 高地は

▼ 当時既に~ (67, 0.5%)

2 それを, 古歌, 相当の, 落ち付いて

1 [59件] あったらしく思わる, この層, そういう方術, はなはだしく亀裂, アジアの, オペレットと, ガリレオ, スタニスラフスキイダンチェンコを, トルストイをも, ブラームスを, ブルジョアジーにとって, メンセビキの, レーリーの, 一種の, 三十八歳に, 三山の, 世上に, 世界に, 中風の, 主題の, 乾燥状態に, 人心を, 作家として, 侍が, 健康は, 刊せられ, 国力に, 妊娠し, 存在し, 後年の, 支倉が, 日本にも, 日本は, 時代は, 時流を, 本所横川邸に, 枕詞としての, 正宗白鳥氏その他が, 池には, 無用論が, 牙彫りでは, 独立し, 異伝, 病死し, 知られたる事実, 素人芸でない, 肺結核を, 自力によって, 致仕し, 蟄居を, 衰微し, 詩壇を, 貴重の, 辞職し, 都権平の, 銀貨に, 闕巻にな, 電車が, 食用に

▼ 当時には~ (65, 0.5%)

2 父の, 異例で

1 [61件] あったこと, あって, ありあまる強い, いくら金を, このよう, これを, それ以外に, だれと, なまず坊主で, ひどくそれ, まことし, まだその, まだ目新しい, まだ通貨, わしも, スウェーデンの, フランスの, 一人の, 丁度天気, 世界に, 二三の, 五十銭と, 亡父は, 他の, 何の, 動かなかったほどの, 博物学者にも, 却って理解, 原虎之助, 口も, 和算家としての, 唱門の, 国造と, 大きく華美, 大伴仙, 大変な, 大火に, 左様な, 御馳走と, 愛の, 批評家の, 既にフランス内, 既に岐阜, 日本人も, 歴史に, 殆ど庸兵, 満員であった, 特に江戸趣味, 珍しいという, 珍しいので, 珍しいボールド, 珍しい本物, 現在より, 皇子は, 確かに, 立派な, 花の, 花暖簾も, 託宣は, 長曽我部, 養成すべき

▼ 当時~ (62, 0.5%)

3 はその 2 はまだ, は事務見習

1 [55件] から来た, から離れ, がこの, がふけっ, が主宰, が前後四時半, が真, が翻訳, と友達, に対して面会, のあだ名, のランス, の取った, の右, の国, の後継者, の心, の心臓, の手, の描いた, の書斎, の父, の苗字, の著書, の読みかけ, の長男, は, はありったけ, はこの, はドーナウ河畔クレムス, は一種, は七十四才, は三十一歳, は三十六歳, は世界, は二十二歳, は六階, は右足, は四十二歳, は外国, は大森山王, は彼ら, は打ち明けた, は既にもう, は明治音楽院, は木曾山, は特別, は疑, は自ら命, は馬籠本陣, は高崎, も鎌倉, よりもずつと年上, れが, れは

▼ 当時流行~ (58, 0.4%)

5 して 2 の思潮, の猟虎

1 [49件] しかけて, した二百三高地どころ, した占星術, した富本節, した接骨家元大坂町, した紫色鉛筆, した言葉, しはじめたダットサン, であったリッケルト一派, のある, のたて方, のコルビジェ, のジイド, のスパイ一件, のダヌンチオ, のナショナルリーダー, のミル, の一揆, の作家, の出版, の剣劇, の剣術, の夜会, の官員様, の尊王攘夷, の尖, の幇間松廼家花山, の教科書, の有志者, の束髪, の気質本, の浪士マネ, の渇水, の病的, の短, の石版画, の立派, の網, の羽織, の花吉, の草双紙, の蘭学, の襟巻き, の西洋風着色石版刷り, の訳書, の連歌会, の隆達節, の青面書生, の風潮

▼ 当時日本~ (54, 0.4%)

2 に勃興

1 [52件] では, ではかろうじて, では一合五銭, では最初, でも一流, で作られ, と同じ, にいくら, にいる, にはまだ, にはもう, には出版文化協会, にも相当, に二人, に対するセンティメンタル, に来, に流行, に渡っ, に留学, に駐在, のプロレタリア文学, の人物, の前衛組織, の医学界, の国防論, の外交政略, の大兵法家, の大山綱輔公使夫人久子さん, の女, の帝室, の思想界, の文学, の文芸, の文芸評論, の楽壇, の権力, の民主主義革命そのもの, の法学論派, の流行語, の物品, の社会主義同盟, の第一人者, の資本主義, の龍, は明治初期, ばかりでの現象, へはいった, へ亡命, へ来朝, へ渡っ, へ移住, 第一

▼ 当時~ (51, 0.4%)

4 少しも 2 いえども, 今日とを, 同様の

1 [41件] あとと, いうので, いくぶんちがっ, お変りなく, お変りに, この頃, ごたまぜに, すこしも変り, その意味, どれほど改まっ, まったく違った, 二十年後の, 今とで, 今とでは, 今との, 今とは, 今の, 今日とは, 今日の, 全然一変, 同じく今, 同じく対象, 同じく真面目, 同じく私, 同じやう, 同じ事件, 同じ無気味さ, 同じ状態, 同様な, 同様可笑しい, 同様特に, 変ったところ, 変って, 変つてゐる, 変らぬ初々し, 寸分違わぬ, 殆ど変つて, 申しても, 致しましては, 違って, 雖芙蓉間詰五千石高の

▼ 当時~ (50, 0.4%)

2 いまも, 此方から, 私は

1 [44件] この宿, しこの, ずいぶん気, そういうこと, その下, その資金, そんなこと, どうだい二号, なおカムベ, なお筑紫, またいま, やはり低かっ, やはり錠前, エタの, ロマンと, 下つ, 世評が, 今日の, 出品を, 呼ばれて, 四五羽相集め, 報いが, 多々良川が, 大変好評で, 最初は, 有名であった, 欧羅巴の, 正宗氏や, 母が, 母は, 深く心, 田舎の, 病気だった, 盛んであった, 盛んに, 目立たぬ存在, 相当な, 砂の, 笑ったが, 肯われなかった, 自信という, 言われた程, 非常に, 頻々として

▼ 当時すでに~ (48, 0.4%)

1 [48件] かくの, この, この系図, これらの, 一に, 一家を, 上将として, 世間が, 二種の, 五十歳を, 人家が, 俗法師とも, 健康が, 僧門の, 先生は, 六高に, 坊主ならぬ, 多くの, 大なる, 太平洋の, 学良周囲の, 実行され, 宿相続を, 寺では, 彼らが, 彼らは, 徳川時代に, 想いを, 書きなおしたい希望, 未亡人である, 本書については, 桃の, 独逸第一流の, 発明され, 社会の, 秀衡が, 私とは, 私は, 立派な, 繍糸の, 認められて, 貧乏な, 赤痢菌の, 長崎表で, 開けて, 関東大坂の, 非人の, 高価な

▼ 当時江戸~ (37, 0.3%)

4 で有名 2 で一, にゐた

1 [29件] っ児, での最も, では一番, では今, では誰, で名高, で名高い, で巨匠, で男, にあつ, にある, にいた, には駿河台, にめされ, に在住, に然, に集っ, のどこ, の三人女, の三塾, の仏師, の剣豪, の名物, の富豪大家, の消防機関, の町, の講武所, を騒がせ, 第一

▼ 当時自分~ (35, 0.3%)

1 [35件] がひどく, が会長, が御, が立合, でそれ, としてはこれ, と同様, と若い, にこれ, にはそれ, にもわからなかった, のいたずら書き, のほか, のもと, の主宰, の勤め, の口, の妻, の家, の尊, の意見, の未来, の研究, の考, の考え, の通学中, の頭, はこんな, は中古以来, は京都, は或, は東京近郊, は発明, は訪問, は風邪

▼ 当時わたし~ (34, 0.3%)

2 の家庭, はこの, は従軍新聞記者, は東京日日新聞社, は毎日出勤, は胃腸

1 [22件] から聞かされ, と同じ, のその, の一家, の周囲, の家, は, はまだ, はコダック, は伊香保, は十三, は十四歳, は建仁寺, は彼, は思った, は新生, は新聞記者生活, は日露戦争, は東京毎日新聞社, は横浜, は空想, も新聞社

▼ 当時有名~ (34, 0.3%)

2 だった, な事件, な美少年, な話

1 [26件] だった映画俳優某, であ, であったらしい, な, なもの, なりし某, なる文学者, なる訴訟事件, なクラシック, なデゾージエ, な凸版印刷会社, な占星数学者ストッフレル, な坂東力寿さん, な志士, な方, な楽屋ばなし, な毒物学者, な煙管商, な禅師, な腕, な詩人, な詩人達, な金魚屋, の弁護士カラン, の新聞記者福地源一郎氏, の美少年

▼ 当時における~ (33, 0.2%)

2 彼の, 日本の

1 [29件] ソヴェト農民大衆の, 二百円は, 偉大の, 八雲氏の, 国家の, 外交の, 女義太夫の, 存在の, 実際の, 尾州藩の, 当然で, 敵階級の, 文化なる, 文士生活の, 旅行の, 日本出版協会の, 最近諸論派の, 火山作用活動の, 相場を, 真実であった, 筆の, 結果のみを以て, 課丁減少の, 谷文晁は, 貴紳の, 輿論や, 都人士狂乱の, 青年で, 馬琴の

▼ 当時において~ (32, 0.2%)

1 [32件] かかる新, かくの, これに, これほど, これを, すでに書い, その胸中, なんと公称, ほとんど狂想, もっとも憂慮, ブーア人が, マンチェスター大学や, ローマ帝国の, 一省の, 他の, 唱門師を, 四十日間の, 四方拝の, 少なからぬ, 屈指の, 山陵は, 彼らが, 然る, 猿若町は, 珍しいこと, 現に警察事務以外, 真実外国干渉の, 秀吉の, 維新後の, 聖人が, 言わず語らずの, 誰か

▼ 当時では~ (31, 0.2%)

1 [31件] かかる噂, かなりオリジナル, この作, これは, それは, とてもその, なかなか容易, なくて, まだ自然, まるきり見当, ハイカラな, 云い難い, 今日の, 八寸玉を, 大金と, 実に鉄壁, 容易に, 少しも, 思いつきの, 是すら, 最も西洋, 死刑に, 決して珍しい, 癒り, 秀吟であったらしい, 職業婦人の, 自覚され, 谷中仲門前の, 連鎖店が, 進歩した, 頗る下等

▼ 当時においては~ (30, 0.2%)

2 殆ん

1 [28件] いわゆる非人, けだし事実, この若き, そうで, ぴつたり, もはや彼ら, やはりヨウロッパ, よほど値, わたしは, ギリシアの, ドイツは, 七百三十カ所四国大の, 不当な, 人は, 余り賑, 先ずこの, 前者の, 医者に, 地球を, 堪え得る, 大問題, 実にただ, 想像を, 未だ官国奉幣, 確かに, 立派な, 醒覚せる, 関流の

▼ 当時東京~ (25, 0.2%)

2 にいた, の或

1 [21件] からついて行っ, から焼, から送った, では喜多流皆伝, でひそか, で一番ハイカラ, で名前, で推薦映画, で猖獗, で第, にゐた, に住, に住ん, の取締, の各, の大久保, の某, の某大, の築地病院, は横浜, へ行く

▼ 当時でも~ (24, 0.2%)

2 今日でも, 珍重した

1 [20件] あまりたくさん, かなり貴顕, この方法, すっかり深く, もう相当, やはりすべて, アメリカでは, キケロによって, ティコ・ブラーヘの, 乾山の, 他処, 医者は, 喧伝され, 少くとも, 少数な, 抜け駈けや, 芸術を, 開化の, 随分なさびれ, 高座で

▼ 当時京都~ (23, 0.2%)

2 の町

1 [21件] では信長, では内裏修復用, で悪い, にあった, にいた, においても勤王, には会津関白, に創始, に大, に如雲社, に流言, に集まる, のある, の名物, の四条河原, の教会, の方, の東本願寺, の活動小屋, は兵乱, まで喧伝

▼ 当時これ~ (22, 0.2%)

1 [22件] が台ぎれ, が四つ, が現存, だけの権式, でも書家, でも江戸, に長, に関する言語学者間, は, はいかなる, より安, をはた, をイルマン, をバター, を一過, を八百円, を力攻, を妻恋坂, を徒士, を本郷区東京大学近く, を聞い, を郷里

▼ 当時なお~ (22, 0.2%)

2 封建の

1 [20件] この地, この地方, その境遇, その帽子, ロンドンから, 一つの, 七堂伽藍再興の, 七堂伽藍造営の, 人が, 人心宗教に, 仙北の, 奥羽の, 存しおる, 帝政時代の, 強固な, 本願寺の, 杖に, 現われて, 相当勢力, 貨幣贋造は

▼ 当時最も~ (21, 0.2%)

1 [21件] 不思議な, 勇敢に, 勢力の, 卓越した, 博く読まれた, 完備した, 有力な, 権威ある, 武夫の, 流行し, 深い感銘, 激戦を, 熱心に, 癪に, 社会の, 秀れた, 純潔な, 若かつ, 華美と, 親しく附き合っ, 雷名ありし

▼ 当時にも~ (20, 0.1%)

1 [20件] いささか悔む心, いろいろの, はいから, まさって, まさる深い, まさる窮民, 佳句, 劣らず中宮, 劣らない大入り, 各新聞社, 在った, 変わらず幾つ, 多くの, 大部屋の, 天草乱後の, 川上の, 斯うし, 既に存, 氏は, 活躍した

▼ 当時からの~ (19, 0.1%)

2 ことを

1 [17件] あの弱い, ことで, 事実であった, 古い城, 古い日本建て, 同じ記憶, 名が, 専門家であり, 崇高な, 思い出を, 情誼で, 態度である, 慶喜が, 懸案であり, 持論だった, 腕白仲間の, 貞之助の

▼ 当時より~ (19, 0.1%)

1 [19件] この金堂, ずっと好く, はるかに, 三年前の, 下って, 今日に, 低いん, 大人に, 安易な, 提携其事に, 既によほど健康, 既に諸, 早くも, 更に数年前, 行われしか, 見れば, 遥かにより, 遽かに, 非常の

▼ 当時一般~ (19, 0.1%)

1 [19件] から彫刻, に, に信ぜられ, に行なわれた, に行われ, の人々, の仏徒, の傾向, の取沙汰, の女, の心理, の注意, の熱望, の状態, の絵画界, の習い, の考え, の輿望, を驚かせた

▼ 当時世間~ (19, 0.1%)

2 を騒がせた

1 [17件] が両者, では悪逆塚, では普通, でもてはやされ, にはやつ, に名高い, に持て囃され, に流行, に示した, に行, に評判, のこと, の噂, の大, の視聴, を震撼, 伝へて

▼ 当時~ (19, 0.1%)

2 には友達, の家

1 [15件] とこの, の勤め, の弟, の気, の熾烈, はこの, はずい分, は中学, は何所, は司法官, は心残り, は所謂背水, は自信, はR, も聞かされた

▼ 当時~ (16, 0.1%)

2 侍の

1 [14件] あつた, あつたら, いう宮方, ことに馬籠, すらあまり, すら敢然, すら秘密, その中, まず二千円, 夢現という, 夫婦で, 自分の, 言へば, 謂うならば

▼ 当時天下~ (16, 0.1%)

1 [16件] にその, に聞こえた, に道庵, に隠れ, の三剣客, の人心, の人物, の名, の大, の識者, の長者, はこの, をおさえた, を聳動, 之人物, 第一

▼ 当時~ (15, 0.1%)

1 [15件] ういう, かの記念碑, かの賞, か事, と名乗っ, によらず, に使用, に寄らず, もせず, も知らなかった, よりも少女, よりも矢張りそれ, を恥じ, を教わった, を見

▼ 当時あの~ (14, 0.1%)

2 ように, 辺は 1 地方の, 室に, 断崖の, 新聞を, 時の, 時は, 書に対して, 珊瑚樹に, 男は, 部屋に

▼ 当時まで~ (14, 0.1%)

1 [14件] ずっと独身, まさか支倉, まだ誰, 一の, 三十余年を, 元の, 参謀総長であったなら, 大阪には, 女には, 引きつづき同家子弟, 木村重吉にと, 溯って, 私が, 誰も

▼ 当時政府~ (14, 0.1%)

2 の保護, の弁護者 1 に反対, に対してなした, に居つた, に左院, の公認, の大立者, の当路, の民党圧迫, の高官, もいろいろ

▼ 当時評判~ (14, 0.1%)

1 [14件] がよろしく, だったのでね, だった青面獣, だつた或, どした, な作者仮名垣魯文, のお話, のよかっ, の勝麟太郎, の坪内逍遙さん, の大, の疑獄, の高い, の高かっ

▼ 当時ドイツ~ (13, 0.1%)

1 [13件] からシュミット会社, とアフガニスタン, における碩学, にヨハンネス・ケプラー, のインテリゲンチャ, のブルジョア哲学, の学者ラインホールド・シュミード氏, の学者政治家, の文学, の芸術家, の風俗, は近代資本主義, やフランス

▼ 当時~ (13, 0.1%)

1 [13件] にも相当, に並ぶ, に友だち, に比肩, に類, の二論派, の仕事, の劇場, の同人たち, の方面, の研究, の諸, 領の

▼ 当時大阪~ (13, 0.1%)

1 [13件] では, で羽振り, に供, に流行病, の人, の大, の学界, の私立大学, の萩, の高等学校, を横行, 第一, 総年寄

▼ 当時彼女~ (13, 0.1%)

2 に丁寧

1 [11件] がわれわれ, の家, の想像, の清く, はある, はがっかり, は十九歳, は十六, は窓, を劫, を看護

▼ 当時~ (13, 0.1%)

2 る一部, る日九段 1 る事情, る勢力, る外人, る左翼, る洋学者, る知人, る篤志, る若い, る雑誌

▼ 当時それ~ (12, 0.1%)

1 [12件] から西, と聞い, はまだ, はサン, は文学作品, は瀕死, は直ちに, をバクロ小説, を大変, を差, を当時, を諫止

▼ 当時として~ (12, 0.1%)

1 [12件] すこぶる科学的, なかなかカネの, めずらしいこと, 及ぶ限り, 反政府的, 官立の, 必然な, 新しいもの, 最もよい, 最正しい, 極めて有効, 稀有の

▼ 当時とは~ (12, 0.1%)

1 [12件] まったく変っ, まるで反対, よほど変っ, 丸で, 事情も, 云へ, 地価も, 少しく違, 意味が, 村の, 経済状態も, 違って

▼ 当時フランス~ (12, 0.1%)

1 [12件] から輸入, では音楽, で唯一, で婦人, とイギリス, にはドイツ, には世界各国, のもの, の音楽批評家, はナポレオン三世, は将, は領土的

▼ 当時~ (12, 0.1%)

2 がいかに, は都新聞 1 の僑居, はほんの, は二十二歳, は多少, は寒雀, は毎日新聞, は頑固, も君

▼ 当時巴里~ (12, 0.1%)

2 にありし 1 から帰られた, で名うて, とアントワアプ, にゐた, に於, に移っ, のロシア人たち, の中心, の演劇革新派, の籠城

▼ 当時~ (12, 0.1%)

1 [12件] が俳書, が鰹節製造, と最も, のところ, の一番崇奉し, の持っ, の眼, は事業, は家, は日清戦役, は洋行中, は自分

▼ 当時彼ら~ (11, 0.1%)

1 [11件] が研究, のある, の数, の眼中, の精神的雰囲気, の見る, はそんな, はよれよれ, はエジプト, は法廷, は神事

▼ 当時新聞~ (11, 0.1%)

2 に書いた 1 が大々的, が百合子, が紳士盗賊, にも使われ, にも通俗科学, に委しく, の劇評家, の小説, の社会面

▼ 当時ある~ (10, 0.1%)

2 英国の 1 ところでも, カフェの, 一つの, 夜私は, 新聞記者との, 私立中学で, 雑誌に, 雑誌の

▼ 当時~ (10, 0.1%)

2 てつ牡丹餅は 1 いよさんとの, まきさんも, 元の, 国替えの, 城には, 父様も, 神さんが, 粂と

▼ 当時こそ~ (10, 0.1%)

1 それは, ひどく落ちぶれ, ほんの二三回そこ, 互にどんな, 何かと不満, 入り乱れて, 命かけ, 多少陰惨, 暗夜の, 芳賀矢一の

▼ 当時よく~ (10, 0.1%)

1 その家, はやって, 使われて, 僕の, 常用された, 歌われた, 浅井に, 見るところ, 解らなかったと, 近所の

▼ 当時作者~ (10, 0.1%)

1 が全然, が自家, と読者, のおかれ, の外誰, の好ん, の筆端, は任, は孫かさ, は西

▼ 当時大学~ (10, 0.1%)

2 で研究 1 での講義, で発行, と見, に於ける, の助教授, の学生, の総長, を卒

▼ 当時非常~ (10, 0.1%)

2 に流行 1 なる窮乏, な人気, な勢い, な感銘, な神経衰弱, な評判, に野心的, の屈辱

▼ 当時~ (9, 0.1%)

1 かえって恥ずかしい, それよりも, 一番ものが, 尾を, 彼女の, 思ひ出され歴史的意義, 死すべきとき, 華美で, 追懐され

▼ 当時そこ~ (9, 0.1%)

1 からより, におる, にはわたしたち, には藤沢浅二郎, にランニー行き, はきわめて, へ新た, へ暫く, まで考えた

▼ 当時ロシア~ (9, 0.1%)

2 に擡頭, の貴族 1 において法典編纂, にはびこった, の巡査, の現実, の進歩的雑誌

▼ 当時世人~ (9, 0.1%)

1 のすこぶる, の知識, の立憲政体, の賞め者, は, はその, は此, は秀吉, は驚くべき

▼ 当時世界~ (9, 0.1%)

2 の文化, を風靡 1 に並ぶ, の市場, の視聴, は宇垣大将, を敵

▼ 当時十八歳~ (9, 0.1%)

1 だったの, だつた私, なりしが, になつて, の半蔵, の妹さん, の父, の美しい, の頼家公

▼ 当時多く~ (9, 0.1%)

2 の人, の人々 1 の女, の学者たち, の新聞, の自由民, 板橋に

▼ 当時幕府~ (9, 0.1%)

1 からお, が船改め, には二つ, に勢力, の十人衆, の要路, の財政, の進歩派小栗上野介, を代表

▼ 当時~ (9, 0.1%)

2 夫婦を 1 に師, らしかった果物, イスパニヤの, 兵衛, 機運に, 潮へ, 青年の

▼ 当時未だ~ (9, 0.1%)

1 この日本, 三十歳に, 六七歳の, 文殊と, 曾て, 此人の, 海の, 結婚以前だ, 電車が

▼ 当時ここ~ (8, 0.1%)

1 でひとり, で三つ, にいた, には伸子, に仏弟子, に住ん, は黒川, まで参ります

▼ 当時もう~ (8, 0.1%)

2 一人これは 1 六十歳くらいの, 四十二三に, 女学校へ, 尼に, 死んで, 相当な

▼ 当時わが国~ (8, 0.1%)

1 ではあまり, にあり, において, において新, に駐在, の民権論派, の議会, の鉄道

▼ 当時~ (8, 0.1%)

2 の勧, を斬る 1 の倍以上, の噂, の心, は実に

▼ 当時文壇~ (8, 0.1%)

1 では若, に勢力, に重き, の埒外, の風潮, は全く, や一般, や一般知識人

▼ 当時ほとんど~ (7, 0.1%)

1 フランスに, 何も, 即興的に, 唯一であった, 構築せられ, 無風で, 理解され

▼ 当時よりも~ (7, 0.1%)

1 はるかに, ひとしおの, 商売を, 多忙で, 自由が, 衰えて, 長く伸び

▼ 当時先生~ (7, 0.1%)

1 から話された, に差上げた, の宿, の態度, の消息, はたしか, はターナー

▼ 当時十七歳~ (7, 0.1%)

1 だつた, であ, である, の幸徳, の求馬, の私, の聖ベネディクト

▼ 当時~ (7, 0.1%)

1 が国権主義, の心, の感情, はひたすら, は実に, は幼く, は重井

▼ 当時~ (7, 0.1%)

1 在府に, 朝廷との, 来朝中で, 発病の, 納戸奉行上席を以て, 自分たちの, 隠居なすっ

▼ 当時我輩~ (7, 0.1%)

1 の説, は話柄, は金色夜叉, も加藤弘之博士等, も法理上, をし, を信頼

▼ 当時支那~ (7, 0.1%)

1 から伝わった, から入った, から輸入, においては南北朝, に遊ん, は張作霖, 第一

▼ 当時~ (7, 0.1%)

2 新聞社の 1 はある, は江戸詰め, 代議士は, 会社に, 有力菓子店の

▼ 当時私たち~ (7, 0.1%)

2 は酒 1 の手, の教室, はこの, は血, は西南

▼ 当時そんな~ (6, 0.0%)

2 問題に 1 ことで, 大作を, 悪者の, 自覚など

▼ 当時での~ (6, 0.0%)

1 モダン代言人である, 剣術という, 巨船に, 当世男である, 最新知識であり, 知識人である

▼ 当時わたくし~ (6, 0.0%)

1 には意外, は十三歳, は推薦, は猶, は若い, は青山

▼ 当時ロンドン~ (6, 0.0%)

1 から日本, で上演, で楽壇, で総領事, における外交戦, の疫

▼ 当時~ (6, 0.0%)

2 が好みし 1 がいかなる, が家, はこの, はこれ

▼ 当時余輩~ (6, 0.0%)

1 が極めて, に対する直接, の発表, は右, は早稲田鶴巻町, は現存

▼ 当時同じ~ (6, 0.0%)

1 ゴンクウル氏の, 屋根の, 政治的な, 汽車に, 浪を, 町に

▼ 当時名高い~ (6, 0.0%)

1 あなたの, もので, 女優, 小説家だ, 恋歌を, 王党の

▼ 当時売出し~ (6, 0.0%)

3 のダンサー川俣踏絵 1 のアメリカ帰り, の八百蔵, の落語家

▼ 当時実際~ (6, 0.0%)

1 にこの, に人心, に参与, の歌謡界, 使役し, 意味した

▼ 当時我々~ (6, 0.0%)

1 が郊外, の同僚, はアイアムビツク, はドイツ, は事実, は印象派

▼ 当時文学~ (6, 0.0%)

1 が宗教, が新しい, とよばれる, に対する世間, の置かれ, の面

▼ 当時~ (6, 0.0%)

1 では二, には二軒, の一部, の桑畑, の消防団長, の青年四

▼ 当時~ (6, 0.0%)

1 の塾舎, の如く財利, の峠, の書簡, の老, の駄々ッ児

▼ 当時~ (6, 0.0%)

1 などとこちら, の側近, の胎内, はそんな, は末, や祖母

▼ 当時英国~ (6, 0.0%)

2 の公使館 1 にいた, に居た, の大学者, の植民地

▼ 当時親しく~ (6, 0.0%)

2 見聞したる 1 して, その劇団, 住みも, 彼女を

▼ 当時~ (6, 0.0%)

1 あって, だったか, でもこの, もいい, もその, やらが川柳

▼ 当時こういう~ (5, 0.0%)

1 ことは, ことを, のが, インテリゲントの, 戒めは

▼ 当時すなわち~ (5, 0.0%)

1 十九年二十年の, 四年あまり前に, 奈良朝初期において, 徳川お, 永禄の

▼ 当時そう~ (5, 0.0%)

1 であったよう, とは知らず, めずらしいこと, 呼んで, 強大な

▼ 当時そういう~ (5, 0.0%)

1 ところには, よい手蔓, 意味で, 正規の, 秘密通信機関で

▼ 当時らしい~ (5, 0.0%)

1 典型的な, 性質を, 概括で, 考えかただ, 考えかたで

▼ 当時イタリー~ (5, 0.0%)

1 で一番尊敬, で売れっ子, に滞在, の人民生活, 第一

▼ 当時パリー~ (5, 0.0%)

1 にあっ, にいた, にはボートレイイ街, の市門, の街路

▼ 当時~ (5, 0.0%)

1 が発表, をカント, を諸国, 艱, 鈔本

▼ 当時十六歳~ (5, 0.0%)

2 の少年 1 であったか, であつ, である

▼ 当時~ (5, 0.0%)

1 ある画家, に轟いた, も知らなかった, を得たる, を知られた

▼ 当時~ (5, 0.0%)

2 に御 1 の道江, はその, は文学者

▼ 当時唯一~ (5, 0.0%)

1 のプロレタリア芸術運動, の便利, の大, の将材, の文学者式

▼ 当時~ (5, 0.0%)

1 から, から悲しい, が自転車, の赤ん坊, の身

▼ 当時存在~ (5, 0.0%)

5 して

▼ 当時政治~ (5, 0.0%)

1 が鎖国開国, と宗教, の局, は薩長土, や道徳

▼ 当時文部省~ (5, 0.0%)

1 につとめ, には芳賀先生, に国民精神文化研究所, の一官吏, の維新史料編纂官

▼ 当時~ (5, 0.0%)

1 前衛であった, 勝会を, 勢力の, 評判の, 高級と

▼ 当時有数~ (5, 0.0%)

2 の剣客 1 の人材也, の剣客島田虎之助, の博識家

▼ 当時~ (5, 0.0%)

1 にも英雄的人物, に対してさえも男, の使用人, の社員たち, は監獄入り

▼ 当時盛ん~ (5, 0.0%)

2 に採集旅行 1 であった政社, に行われ, に造られた

▼ 当時知られ~ (5, 0.0%)

5 ていた

▼ 当時神戸~ (5, 0.0%)

1 という知合, に奇言奇行, の旅館, の独逸人商館, の生糸検査所

▼ 当時第一流~ (5, 0.0%)

1 の建築家ブラマンテ, の文化人, の日本画家, の芸術家, の菓子店主達

▼ 当時若し~ (5, 0.0%)

1 ゾーラを, 仮すに, 歌舞伎或いは, 此の, 社会の

▼ 当時~ (5, 0.0%)

1 外国との, 将の, 藩に, 藩の, 軍の

▼ 当時警察~ (5, 0.0%)

1 が全力, ではクレチュカ, の方, の権限, は意

▼ 当時電車~ (5, 0.0%)

1 があった, がなかっ, の中, はなかっ, は未だ

▼ 当時飛ぶ~ (5, 0.0%)

2 鳥も, 鳥を 1 鳥落とす

▼ 当時あった~ (4, 0.0%)

1 ということ, というの, よりはもっと, 雑誌の

▼ 当時おれ~ (4, 0.0%)

1 にはなん, は二十五歳, は忌わしい, もまだ

▼ 当時かなり~ (4, 0.0%)

1 に有名, の評判, 発達し, 険しかった

▼ 当時かの~ (4, 0.0%)

1 シャトーブリヤン氏と, 保安条例で, 外国人らが, 帝国極盛で

▼ 当時かれ~ (4, 0.0%)

1 は二十三歳, は築地, らが, を見る

▼ 当時ここら~ (4, 0.0%)

2 がこんなに 1 ではもちろん, は屋敷

▼ 当時~ (4, 0.0%)

1 いっしょに, 使用の, 承知の, 領地の

▼ 当時すぐ~ (4, 0.0%)

2 に銀座 1 にその, 造営が

▼ 当時~ (4, 0.0%)

1 からこう, からごく, と思ふ, 名和さんが

▼ 当時どんなに~ (4, 0.0%)

1 俺たちが, 全市の, 多くの, 無限の

▼ 当時はやり~ (4, 0.0%)

1 の, の花月巻, の金ブラ, の青白い

▼ 当時ひそか~ (4, 0.0%)

1 に交通, に噂, に思へらく, に胸

▼ 当時ほど~ (4, 0.0%)

1 では, フランス文学界の, 流言の, 言文一致派の

▼ 当時ぼく~ (4, 0.0%)

1 にとってはどう, はこれ, は二十歳, は生家

▼ 当時また~ (4, 0.0%)

1 ある一つ, キヨメを, 南新地から, 多日

▼ 当時までの~ (4, 0.0%)

1 全著作, 又は当時以後, 被害寺院と, 間に

▼ 当時わが~ (4, 0.0%)

1 上杉家の, 文部大臣にて, 洋画界は, 陸軍では

▼ 当時アメリカ~ (4, 0.0%)

1 において世論調査, に建てられ, の民謡, の科学者

▼ 当時ゴーリキイ~ (4, 0.0%)

2 はソヴェト同盟 1 の職業, は汽船

▼ 当時ソヴェト同盟~ (4, 0.0%)

1 では批判, の民衆, の石炭, の遠い

▼ 当時ハイカラ~ (4, 0.0%)

1 であった白い, とされた, な名, な夫人

▼ 当時一方~ (4, 0.0%)

1 では保守, には日曜, には自暴自棄, に於

▼ 当時一流~ (4, 0.0%)

1 の人間的情熱家, の好事家, の戯作者達, の腕

▼ 当時七歳~ (4, 0.0%)

1 であった今, にしかならない, になる, の私

▼ 当時世の中~ (4, 0.0%)

1 にマダ国会論, に緒方塾生, は新, もまだ

▼ 当時二十一歳~ (4, 0.0%)

2 であつ 1 であった彼女, にもなつて

▼ 当時二十歳~ (4, 0.0%)

1 になつて, の彼女, の方, の鄙

▼ 当時人々~ (4, 0.0%)

1 が既に, の頭, の驚き, は皆

▼ 当時僕等~ (4, 0.0%)

2 のクラス 1 がみんな, の借り

▼ 当時全国~ (4, 0.0%)

1 に浪, の新聞, の警察, 各新聞

▼ 当時十九歳~ (4, 0.0%)

1 の奥田, の若, の青年, ばかりであった

▼ 当時~ (4, 0.0%)

1 大学の, 寺に, 州デトロイト市の, 科担任教授正木博士は

▼ 当時土佐~ (4, 0.0%)

1 から逃げ, には石版, の民俗, の藩獄

▼ 当時売り出し~ (4, 0.0%)

1 の作者, の少壮弁護士, の映画女優, の流行児

▼ 当時外国~ (4, 0.0%)

1 からアテナイ, から取り寄せる, にいた, の事情

▼ 当時多少~ (4, 0.0%)

1 でもだ, 教育ありし, 文筆の, 精神力の

▼ 当時~ (4, 0.0%)

1 ストライキの, 問題を, 宋国においても, 弁護士の

▼ 当時大いに~ (4, 0.0%)

1 久米正雄を, 売れた菊池三渓, 朝野識者の, 民間に

▼ 当時大和~ (4, 0.0%)

1 では未だ, には五十七宿, には数十箇所, に活躍

▼ 当時大坂~ (4, 0.0%)

1 でめきめき, に下河辺長流, の中井履軒, はすでに

▼ 当時子供~ (4, 0.0%)

2 の自分 1 だった彼ら, だった私

▼ 当時少し~ (4, 0.0%)

1 ずつ流行, も知らなかった, 大げさに, 淋しくなった

▼ 当時已に~ (4, 0.0%)

1 この最後, 自身も, 馘首され, 高齢で

▼ 当時~ (4, 0.0%)

1 のへだたり, の若い, はひどく, は瀬左衛門

▼ 当時我邦~ (4, 0.0%)

2 における法学教育 1 に御, に舶来

▼ 当時支倉~ (4, 0.0%)

1 から来た, が神戸牧師, の寄越した, は神楽坂署

▼ 当時新しい~ (4, 0.0%)

1 お学問, 外交情勢が, 女優という, 文学の

▼ 当時日本橋~ (4, 0.0%)

1 で料理店, におった, に在った, の木原店

▼ 当時早く~ (4, 0.0%)

1 偽撰, 既に前途, 既に登山者, 瑞仙と

▼ 当時朝廷~ (4, 0.0%)

1 では後鳥羽天皇, の綱紀, 之御, 及び藤原氏等

▼ 当時民間~ (4, 0.0%)

1 にて評判, に居った, に流行, の政論家

▼ 当時~ (4, 0.0%)

2 洲で 1 十六年四ヶ月の, 右衛門は

▼ 当時独逸~ (4, 0.0%)

1 から帰朝, にあり, は英国, は連合国側

▼ 当時~ (4, 0.0%)

1 人々は, 孱弱なる, 山陽を, 狭斜の

▼ 当時発表~ (4, 0.0%)

1 した文章, した有名, する意志, せられたまま

▼ 当時硯友社~ (4, 0.0%)

2 の文壇 1 と相, の根城

▼ 当時私共~ (4, 0.0%)

1 の家, の家族, の間, は到底

▼ 当時~ (4, 0.0%)

2 一の 1 一等の, 一級の

▼ 当時米国~ (4, 0.0%)

1 から帰朝, から注意, の公使, の文人

▼ 当時~ (4, 0.0%)

1 が考え, だけのうち, の意見, の間

▼ 当時自由党~ (4, 0.0%)

1 が一二, の幹事, は屡々, 中慈善

▼ 当時若い~ (4, 0.0%)

1 作男が, 心を, 男女の, 腰元の

▼ 当時都下~ (4, 0.0%)

1 に洋酒, の平民, の温泉旅館, の諸

▼ 当時~ (4, 0.0%)

2 の味 1 の税制, をのみ

▼ 当時鎌倉~ (4, 0.0%)

1 に住ん, に新しく, の辻, の里

▼ 当時長崎~ (4, 0.0%)

1 から柳, から渡っ, きつて, の一西教寺院

▼ 当時あたかも~ (3, 0.0%)

1 アメリカの, 菅家一門の, 鎌倉の

▼ 当時あれ~ (3, 0.0%)

1 ほどあなた, ほど寛大, ほど熱心

▼ 当時いろいろ~ (3, 0.0%)

1 な不幸, な取りざた, の臆説

▼ 当時いわゆる~ (3, 0.0%)

1 公立の, 六郡以北の, 非人法師等が

▼ 当時かく~ (3, 0.0%)

1 の如く, の如く持久戦争, も大

▼ 当時これら~ (3, 0.0%)

1 の作品, の唱門師, の地方

▼ 当時しばしば~ (3, 0.0%)

1 田畑に, 聞き及んだ事実, 見受ける素人医者

▼ 当時しばらく~ (3, 0.0%)

1 はどういう, 中国の, 別れて

▼ 当時そのまま~ (3, 0.0%)

1 だから, の店, の石

▼ 当時それら~ (3, 0.0%)

1 の基礎薄弱, の成果, の経営

▼ 当時でさえも~ (3, 0.0%)

1 すでに古びた, 後送距離の, 返せなかったもの

▼ 当時としての~ (3, 0.0%)

1 いきさつが, リアリストたり, 先見も

▼ 当時としても~ (3, 0.0%)

1 おどろかれる無, ハシリであった, 貞山馬琴如燕若

▼ 当時どうして~ (3, 0.0%)

1 そんなこと, 人間が, 坪内先生が

▼ 当時どんな~ (3, 0.0%)

1 ようすでした, 事が, 風であった

▼ 当時なら~ (3, 0.0%)

1 ば出陣, ば或は, 気も

▼ 当時においても~ (3, 0.0%)

1 またその後, 女子よりは, 秀吉の

▼ 当時まったく~ (3, 0.0%)

1 堪えられやせんからな, 武蔵野の, 超然居士で

▼ 当時までは~ (3, 0.0%)

1 仏教行わるる, 村の, 酒量極めて

▼ 当時よほど~ (3, 0.0%)

1 な御, 注意し, 珍物に

▼ 当時アテン~ (3, 0.0%)

1 における, に在住, の政治

▼ 当時エタ~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれた, の事, も非人

▼ 当時パリ~ (3, 0.0%)

1 にあった, に在, の市街

▼ 当時ヨーロッパ~ (3, 0.0%)

1 で東洋情緒, におきましてもまれ, にては信仰

▼ 当時一種~ (3, 0.0%)

1 の, の催眠術, の反感

▼ 当時一部~ (3, 0.0%)

1 のロシア・インテリゲンツィア, の文化人, の活動家

▼ 当時三十三歳~ (3, 0.0%)

1 であった, であったゴーリキイ, の長兄

▼ 当時下谷~ (3, 0.0%)

2 の長者町 1 に大きい

▼ 当時世界中~ (3, 0.0%)

1 で愛読, に一冊, を賑わした

▼ 当時九州~ (3, 0.0%)

1 でも一流, には先, の諸

▼ 当時二人~ (3, 0.0%)

1 あったが, の幼い, は敵

▼ 当時二十四歳~ (3, 0.0%)

1 であったの, の大学卒業生, の留学生

▼ 当時人心~ (3, 0.0%)

2 を寒 1 のいまだ

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 の両国公園, の児玉郡本荘町, の皇后様

▼ 当時仏教~ (3, 0.0%)

1 の中心, の僧侶たち, もない

▼ 当時以後~ (3, 0.0%)

2 しばらくの 1 の政論

▼ 当時伊藤~ (3, 0.0%)

1 のとなえた, の月給, は岩倉具視

▼ 当時伸子~ (3, 0.0%)

1 が窓際, にはその, の体位

▼ 当時住ん~ (3, 0.0%)

3 でいた

▼ 当時住居~ (3, 0.0%)

1 して, だけをこの, は諏訪町

▼ 当時何人~ (3, 0.0%)

1 にも理解, にも解らなかった, も企て及ばなかつた

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 の団十郎, の家, の措置

▼ 当時入手~ (3, 0.0%)

1 しうるもの, したの, できなかつたかも

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 ヨーロッパが, ヨーロッパにおける, 院委員長の

▼ 当時八歳~ (3, 0.0%)

1 の健三, の梨枝子, の自分

▼ 当時八犬伝~ (3, 0.0%)

2 に次いで 1 に読み耽っ

▼ 当時六歳~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの子供, になる, の百川

▼ 当時初めて~ (3, 0.0%)

1 東海北陸吉備丹波地方への, 現われた鋼鉄, 認識の

▼ 当時勃興~ (3, 0.0%)

1 しかけて, したディアギレフ, の途

▼ 当時十一歳~ (3, 0.0%)

1 であった多紀, になっ, の紫

▼ 当時十一谷君~ (3, 0.0%)

1 が私, の確信, は

▼ 当時十九~ (3, 0.0%)

1 か十八位, の美少女, の而

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 どうした, ソヴェート通信社, 可笑しかった

▼ 当時吉原~ (3, 0.0%)

1 の幇間, の狎妓, の金瓶大黒

▼ 当時同君~ (3, 0.0%)

1 にその, の右, はすでに

▼ 当時問題~ (3, 0.0%)

1 にしよう, になつた吉原行き, の人

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 されて, に高い, のあった

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 からの母, の興り, は手

▼ 当時外国人~ (3, 0.0%)

1 が来, にも自, や外国語

▼ 当時大学生~ (3, 0.0%)

1 だった私, であった安雄, の正司

▼ 当時大学院~ (3, 0.0%)

2 の学生 1 におられた

▼ 当時大江戸~ (3, 0.0%)

1 で飛ぶ, に名高い, に粋

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 に死別, のない, は形而上学

▼ 当時学校~ (3, 0.0%)

1 に生徒, のみならず, へ来た

▼ 当時宮中~ (3, 0.0%)

1 において雉子, にまで出入, に奉仕

▼ 当時将軍家~ (3, 0.0%)

1 に対する御, のお, の奥医師

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 が外征, には国是, 大卒業生

▼ 当時師匠~ (3, 0.0%)

1 の台所, の宅, の没後

▼ 当時我が国~ (3, 0.0%)

1 に御, に通つて, の動物学界

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 に入, に入る, に負

▼ 当時擡頭~ (3, 0.0%)

1 しかけて, した作家, しはじめた

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 あって, 侯の, 直木三十五氏や

▼ 当時普通~ (3, 0.0%)

1 に用いられ, に禅, の新聞

▼ 当時最初~ (3, 0.0%)

1 に同, の月経時, はこの

▼ 当時朝鮮~ (3, 0.0%)

1 で権力, には高句麗, の非常時内閣

▼ 当時横浜~ (3, 0.0%)

2 にゐた 1 に今

▼ 当時歌人~ (3, 0.0%)

1 としては六条家, として地位, を志し

▼ 当時~ (3, 0.0%)

3 んど

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 にもとめなかった, のきいた, のつい

▼ 当時江戸中~ (3, 0.0%)

1 に散っ, に響いた, の人気

▼ 当時病気~ (3, 0.0%)

1 で出席, で床, にか

▼ 当時発行~ (3, 0.0%)

2 の有 1 された唯一

▼ 当時相当~ (3, 0.0%)

1 な名声, にやっ, の芸術的効果

▼ 当時真に~ (3, 0.0%)

1 余の, 国を, 戸籍なく

▼ 当時~ (3, 0.0%)

3 を搬

▼ 当時福岡~ (3, 0.0%)

1 の種子屋六兵衛老人, の簀子町, は只

▼ 当時私達~ (3, 0.0%)

1 の間, は万葉集, 新詩社

▼ 当時立ち~ (3, 0.0%)

3 朽り

▼ 当時羅馬~ (3, 0.0%)

1 はジュギュルタ, は世界, は実に

▼ 当時行われ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ 当時西洋~ (3, 0.0%)

1 から盛ん, で行われ, の事情

▼ 当時遊里~ (3, 0.0%)

3 の周囲

▼ 当時~ (3, 0.0%)

1 で噂, には, に在

▼ 当時閣下~ (3, 0.0%)

1 にし, の属僚, の属僚等

▼ 当時電燈~ (3, 0.0%)

2 の取り付け 1 や電熱器

▼ 当時青年~ (3, 0.0%)

1 のわたし, の間, は失業中

▼ 当時頗る~ (3, 0.0%)

1 令名の, 多く名流, 安泰だ

▼ 当時鶴見~ (3, 0.0%)

1 が手, の仮寓, はどくだみ

▼ 当時あまり~ (2, 0.0%)

1 敏感でなかった, 有名で

▼ 当時あまりに~ (2, 0.0%)

1 幼かった, 思慮の

▼ 当時あるいは~ (2, 0.0%)

1 平姓, 当時以後五六年の

▼ 当時いい~ (2, 0.0%)

1 ことと, 男だ

▼ 当時いかに~ (2, 0.0%)

1 壮麗なる, 苦心した

▼ 当時いずれ~ (2, 0.0%)

1 の論派, も政府

▼ 当時いやしくも~ (2, 0.0%)

1 一科を, 英国の

▼ 当時いろんな~ (2, 0.0%)

1 噂が, 方面から

▼ 当時お前~ (2, 0.0%)

1 が出, も

▼ 当時からは~ (2, 0.0%)

1 すでに二十五, 十何年か

▼ 当時こちら~ (2, 0.0%)

1 にかへつて, へ出

▼ 当時こんな~ (2, 0.0%)

1 淫蕩の, 証文が

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 ほど注目, までに思はなかつた

▼ 当時すこぶる~ (2, 0.0%)

1 興味を, 貧乏で

▼ 当時すでにほとんど~ (2, 0.0%)

1 あるいはまったく, 不安に

▼ 当時そうした~ (2, 0.0%)

1 みだらごとで, 本で

▼ 当時それぞれ~ (2, 0.0%)

2 に見舞い

▼ 当時それほど~ (2, 0.0%)

1 に鋭, までの分別

▼ 当時たとい~ (2, 0.0%)

1 嘘だった, 自己の

▼ 当時だけ~ (2, 0.0%)

1 で又, 注意を

▼ 当時だったら~ (2, 0.0%)

1 そんな心配, 所詮彼

▼ 当時だれ~ (2, 0.0%)

1 かから聞きかじった, もまじめ

▼ 当時ちょうど~ (2, 0.0%)

1 社会問題は, 英米に

▼ 当時ちょっと~ (2, 0.0%)

1 ここに, 捕まえどころ

▼ 当時である~ (2, 0.0%)

1 から出, から舞台

▼ 当時でさえ~ (2, 0.0%)

1 もし道, 他の

▼ 当時です~ (2, 0.0%)

1 からその, が恰好

▼ 当時どういう~ (2, 0.0%)

1 おもわく, 態度を

▼ 当時どこ~ (2, 0.0%)

1 かに上演中, の武人

▼ 当時どの~ (2, 0.0%)

1 女にとっても, 校舎でも

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 がはま, ので伯母

▼ 当時などは~ (2, 0.0%)

1 その不完全, 洛中洛外の

▼ 当時なに~ (2, 0.0%)

1 かの奇蹟, を見

▼ 当時にかけて~ (2, 0.0%)

1 増上寺の, 盛んに

▼ 当時にこそ~ (2, 0.0%)

2 余計な

▼ 当時にすら~ (2, 0.0%)

1 わからない事件, 指一本人に

▼ 当時はじめて~ (2, 0.0%)

1 この先生, 見た人

▼ 当時はなはだ~ (2, 0.0%)

1 実行し, 有名な

▼ 当時ほか~ (2, 0.0%)

1 にはいなかつた, にコーヒー

▼ 当時ほどの~ (2, 0.0%)

1 多数の, 好成績

▼ 当時までに~ (2, 0.0%)

1 どうです, 聯合国側に

▼ 当時までも~ (2, 0.0%)

1 ひとたび戦争, 地方によっては

▼ 当時もし~ (2, 0.0%)

1 あのま, 適当の

▼ 当時もっとも~ (2, 0.0%)

1 恐るべきの, 生き上がってた実行運動

▼ 当時やや~ (2, 0.0%)

1 一定の, 社会的な

▼ 当時よりは~ (2, 0.0%)

1 大分年数が, 遙に

▼ 当時わたくし共~ (2, 0.0%)

1 は萱堂, へもそれからまた

▼ 当時われわれ~ (2, 0.0%)

1 の機関, の血

▼ 当時アナタ~ (2, 0.0%)

1 にも定次郎氏, の所

▼ 当時イギリス~ (2, 0.0%)

1 の海軍大臣, 第一

▼ 当時インド~ (2, 0.0%)

1 にいた, にのみ産した

▼ 当時オランダ~ (2, 0.0%)

1 で一流, にてはアルメニアン教徒

▼ 当時ギヤマン~ (2, 0.0%)

1 とかビイドロ, と呼ばれ

▼ 当時ギリシア~ (2, 0.0%)

1 とバビロン, の古

▼ 当時シャン・ゼリゼー~ (2, 0.0%)

1 の地下, を通っ

▼ 当時ナポレオン~ (2, 0.0%)

1 の軍事的勢力, を熱読

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 ても土佐国ハ幕, 在りて

▼ 当時フランス文壇~ (2, 0.0%)

1 に異彩, の一部

▼ 当時フロイス~ (2, 0.0%)

1 の聞いた, は病気がち

▼ 当時ベルリン~ (2, 0.0%)

1 ではこれ, で逢う

▼ 当時ホテル~ (2, 0.0%)

2 には二室続き

▼ 当時ユダヤ~ (2, 0.0%)

1 でも一番, の国

▼ 当時ルパン~ (2, 0.0%)

1 が平素, はまだ

▼ 当時ローマ~ (2, 0.0%)

1 の彫刻, の香料商

▼ 当時~ (2, 0.0%)

2 しよに

▼ 当時一つ~ (2, 0.0%)

1 の丘, の女性解放

▼ 当時一個~ (2, 0.0%)

1 の惑星, の木彫り

▼ 当時一家~ (2, 0.0%)

1 の彦三郎, をなしてる

▼ 当時一葉~ (2, 0.0%)

1 のゐた, の周囲

▼ 当時七八十人~ (2, 0.0%)

2 の滞在客

▼ 当時七十五銭~ (2, 0.0%)

2 で買われる

▼ 当時三十一歳~ (2, 0.0%)

1 であった枳園, の某

▼ 当時三十余歳~ (2, 0.0%)

1 の高橋作左衛門, の高橋左衛門

▼ 当時三十六歳~ (2, 0.0%)

1 であつ, で私

▼ 当時三歳~ (2, 0.0%)

1 にすぎなかった, の僕

▼ 当時三浦~ (2, 0.0%)

1 はロンドン, は大学

▼ 当時上流~ (2, 0.0%)

1 の士人, を占めた

▼ 当時上田敏さん等~ (2, 0.0%)

2 の仲間

▼ 当時上野~ (2, 0.0%)

1 なる新, に毎

▼ 当時下町~ (2, 0.0%)

1 では, の問屋

▼ 当時世に~ (2, 0.0%)

1 洋学者なき, 行われ出した蓄音器

▼ 当時世間一般~ (2, 0.0%)

1 には目見以上, の事

▼ 当時両国~ (2, 0.0%)

1 にはたいへん, は夏

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 で仕事, をひらく

▼ 当時中国~ (2, 0.0%)

1 の人士, の毛利大膳大夫輝元

▼ 当時中学~ (2, 0.0%)

1 によく, の絵画

▼ 当時乱世~ (2, 0.0%)

1 の有様, の武将

▼ 当時二十~ (2, 0.0%)

1 であった, に近

▼ 当時二十七歳~ (2, 0.0%)

1 くらいだった, のお

▼ 当時二十二歳~ (2, 0.0%)

1 であった領主, の母

▼ 当時二十五歳~ (2, 0.0%)

1 のヴォルテエル, の青年

▼ 当時二十六歳~ (2, 0.0%)

1 であったが, の胆力

▼ 当時二十歳前後~ (2, 0.0%)

1 であった婦人政治家たち, の屈強

▼ 当時五万両~ (2, 0.0%)

2 の価値

▼ 当時五人~ (2, 0.0%)

1 の兄弟, の姐

▼ 当時五十二歳~ (2, 0.0%)

1 であった家康, の猪

▼ 当時五十歳~ (2, 0.0%)

1 になっ, の忠兵衛妾牧

▼ 当時五歳~ (2, 0.0%)

1 の私, の陸

▼ 当時五段~ (2, 0.0%)

1 ぐらいだった, の呉清源

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 の疎から, はつて

▼ 当時交通~ (2, 0.0%)

1 が不便, は不便

▼ 当時交通不便~ (2, 0.0%)

1 な京都, にし

▼ 当時交際社会~ (2, 0.0%)

2 の表面

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 から大津, の土地

▼ 当時京橋~ (2, 0.0%)

1 の三十間堀, の方

▼ 当時京橋日本橋付近~ (2, 0.0%)

2 が商業

▼ 当時京洛~ (2, 0.0%)

1 の人士, の士民

▼ 当時京都大学~ (2, 0.0%)

1 に在学中, の学生

▼ 当時人気~ (2, 0.0%)

1 の焦点, の頂点

▼ 当時他国~ (2, 0.0%)

1 に二十年, へは極秘

▼ 当時以前~ (2, 0.0%)

1 の日本人, は公証人

▼ 当時会話~ (2, 0.0%)

1 が棒, の光景

▼ 当時伝えられた~ (2, 0.0%)

1 処に, 通りを

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 が果して, の真

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 に上っ, を極め

▼ 当時佐助~ (2, 0.0%)

1 と云った, は五つ六つ

▼ 当時佐太郎~ (2, 0.0%)

1 のいつも, は二十そこそこ

▼ 当時何ぴと~ (2, 0.0%)

1 の構, の構えた

▼ 当時余ひそか~ (2, 0.0%)

2 に君

▼ 当時余り~ (2, 0.0%)

1 にも年少, に世間

▼ 当時作家~ (2, 0.0%)

1 に対して如何なる, の生活感情

▼ 当時使っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 当時使用~ (2, 0.0%)

1 されて, したもの

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 に青長屋, に駿河台

▼ 当時信長~ (2, 0.0%)

1 は尾張一国, は弾正忠

▼ 当時俺たち~ (2, 0.0%)

2 は極度

▼ 当時傍聴席~ (2, 0.0%)

1 のベンチ, は司法関係者

▼ 当時僅か~ (2, 0.0%)

1 に欧洲, に超然内閣

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 貴族や, 軍に

▼ 当時兎角~ (2, 0.0%)

1 の噂, 軽視され

▼ 当時入谷~ (2, 0.0%)

2 には

▼ 当時全快~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 当時全欧~ (2, 0.0%)

1 の楽壇, を風靡

▼ 当時全盛~ (2, 0.0%)

1 に全盛, のワルレンスタイン

▼ 当時内閣~ (2, 0.0%)

1 の中立者, の椅子

▼ 当時出家~ (2, 0.0%)

1 して, の天子

▼ 当時別に~ (2, 0.0%)

1 とりたて, 犯人は

▼ 当時前後~ (2, 0.0%)

1 は私, を忘れる

▼ 当時創刊~ (2, 0.0%)

2 された

▼ 当時加茂五郎兵衛~ (2, 0.0%)

2 の悩める

▼ 当時医学生~ (2, 0.0%)

1 たりし, であった青年

▼ 当時十三~ (2, 0.0%)

1 のサチコ, の兄貴

▼ 当時十三歳~ (2, 0.0%)

1 とは言, の頼朝

▼ 当時十四五歳~ (2, 0.0%)

1 のわたし, の少年

▼ 当時十四歳~ (2, 0.0%)

1 の少女, の少年

▼ 当時十歳~ (2, 0.0%)

1 であつ, で国許

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 には天草, 阿弗利加

▼ 当時印度~ (2, 0.0%)

1 における一番, に行われ

▼ 当時即ち~ (2, 0.0%)

1 今より, 馬琴が

▼ 当時原爆症~ (2, 0.0%)

2 で毛髪

▼ 当時叔父~ (2, 0.0%)

2 が経営

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 にした, ににじませた

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 俳書を, 靭太夫

▼ 当時古本屋~ (2, 0.0%)

1 が西側, をあさって

▼ 当時台所~ (2, 0.0%)

1 にいた, の井戸

▼ 当時名代~ (2, 0.0%)

1 の土平, の孝行娘

▼ 当時君主~ (2, 0.0%)

2 を渇望

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 の人, の人々

▼ 当時哈爾賓~ (2, 0.0%)

1 では畜犬箝口令, の英国商人

▼ 当時四十二歳~ (2, 0.0%)

1 でありましたが, になる

▼ 当時四十歳~ (2, 0.0%)

1 である, を越し

▼ 当時国内~ (2, 0.0%)

1 には或は, に流通

▼ 当時国際的~ (2, 0.0%)

1 な外交事務家, な革命的文学運動

▼ 当時土地~ (2, 0.0%)

1 は値下り, 慣れない私

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 の町, の編集

▼ 当時増上寺~ (2, 0.0%)

1 が瑞蓮寺, の地続き

▼ 当時夏目先生~ (2, 0.0%)

1 と何かと, の面会日

▼ 当時夜中~ (2, 0.0%)

1 にルアン通い, までも会議

▼ 当時大倉組~ (2, 0.0%)

1 に起った, に起つた

▼ 当時大尉~ (2, 0.0%)

1 であったが, の計算

▼ 当時大村~ (2, 0.0%)

1 の牢屋, の牢舎

▼ 当時大蔵省~ (2, 0.0%)

1 から納税, に勤め我輩

▼ 当時女学校~ (2, 0.0%)

1 の廊下, を出

▼ 当時女性~ (2, 0.0%)

1 でも禅, の生理

▼ 当時学生~ (2, 0.0%)

1 であったわれわれ, であった諸君

▼ 当時官吏~ (2, 0.0%)

1 であつ, になつて

▼ 当時定評~ (2, 0.0%)

1 があつ, のあつ

▼ 当時実に~ (2, 0.0%)

1 世界の, 歎ずべきハ伏水

▼ 当時宮庭~ (2, 0.0%)

2 へでも納めた

▼ 当時家中~ (2, 0.0%)

1 に聞えし, の人々

▼ 当時専ら~ (2, 0.0%)

1 インドに, 謬り入っ

▼ 当時将軍~ (2, 0.0%)

1 お手直し役, は上洛中

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 存命し, 相模国に

▼ 当時局外中立~ (2, 0.0%)

1 の位置, を宣言

▼ 当時山口~ (2, 0.0%)

1 に布教中, の教会

▼ 当時山陽~ (2, 0.0%)

1 が伊沢氏, の事蹟

▼ 当時岸田国士岩田豊雄氏ら~ (2, 0.0%)

2 が組織

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 の噂, の風説

▼ 当時帆村~ (2, 0.0%)

1 の並々, はそういう

▼ 当時帝国~ (2, 0.0%)

1 の公民, の外交官

▼ 当時帝大~ (2, 0.0%)

1 で哲学, の教育学

▼ 当時常に~ (2, 0.0%)

1 政府に, 行われて

▼ 当時平岡~ (2, 0.0%)

2 から兄

▼ 当時幾度~ (2, 0.0%)

1 か緯度, も秀子

▼ 当時府内~ (2, 0.0%)

1 にいた, を震

▼ 当時府立~ (2, 0.0%)

2 の一中

▼ 当時~ (2, 0.0%)

2 のあき

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は旅行

▼ 当時彼等~ (2, 0.0%)

1 の詩, は構

▼ 当時往々~ (2, 0.0%)

1 にし, 世間から

▼ 当時思う~ (2, 0.0%)

1 よう学問は, 存分に

▼ 当時思っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておりました

▼ 当時慶応義塾~ (2, 0.0%)

1 の卒業生, は年

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 之の家, 之は年甫

▼ 当時我東京大学~ (2, 0.0%)

2 で先生

▼ 当時批判~ (2, 0.0%)

1 の精神, は区々

▼ 当時抽斎~ (2, 0.0%)

1 の住ん, を揺り

▼ 当時持つ~ (2, 0.0%)

2 て行かれない

▼ 当時提唱~ (2, 0.0%)

1 された民衆芸術, されはじめて

▼ 当時文学青年~ (2, 0.0%)

1 としてこれ, の間

▼ 当時新た~ (2, 0.0%)

1 に世, に帰朝

▼ 当時新聞紙上~ (2, 0.0%)

1 に報ぜられ, を賑わし

▼ 当時新進~ (2, 0.0%)

1 であった十人, のホヤホヤ

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 の名人, を同じく

▼ 当時最大~ (2, 0.0%)

1 の一番贅沢, の豪奢

▼ 当時本国~ (2, 0.0%)

1 に於い, は鼎

▼ 当時本物~ (2, 0.0%)

1 のシルク, の団十郎

▼ 当時本邦~ (2, 0.0%)

2 の学校

▼ 当時本郷~ (2, 0.0%)

1 の富坂, の春木町

▼ 当時札幌~ (2, 0.0%)

1 がすでに, では手不足

▼ 当時東京大学~ (2, 0.0%)

1 でも我輩, の哲学

▼ 当時東京市内各区~ (2, 0.0%)

1 に牛肉店いろは, のいろは牛肉店

▼ 当時東京朝日新聞~ (2, 0.0%)

1 でも, などは大いに

▼ 当時東洋~ (2, 0.0%)

1 のルソー, 第一

▼ 当時松永久秀~ (2, 0.0%)

1 に従い奈良, の手

▼ 当時果して~ (2, 0.0%)

1 文学賞などという, 江戸氏の

▼ 当時柏軒~ (2, 0.0%)

1 が, が所感

▼ 当時柳橋~ (2, 0.0%)

1 にあった, の流行

▼ 当時栃木県知事~ (2, 0.0%)

1 であつ, は沿岸人民

▼ 当時桜楓会~ (2, 0.0%)

2 の仕事

▼ 当時植物学~ (2, 0.0%)

2 の教授

▼ 当時検事~ (2, 0.0%)

1 だった私, であった私

▼ 当時極めて~ (2, 0.0%)

1 一般的な, 敬愛され

▼ 当時橋場~ (2, 0.0%)

1 に住, の渡

▼ 当時欧州~ (2, 0.0%)

1 大戦乱時代, 諸邦

▼ 当時欧洲~ (2, 0.0%)

1 に滞在中, の堂々たる

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 の作り方, を読む

▼ 当時此家~ (2, 0.0%)

1 は芝居茶屋, へ一夜

▼ 当時武士~ (2, 0.0%)

1 がもっとも, の実状

▼ 当時歴史哲学~ (2, 0.0%)

1 として問題, や歴史学方法論

▼ 当時池長さん~ (2, 0.0%)

2 は月々若干

▼ 当時河内~ (2, 0.0%)

1 の山間, の東条川

▼ 当時法廷~ (2, 0.0%)

1 に引出され, に於ける

▼ 当時洛中~ (2, 0.0%)

1 に噂, の事

▼ 当時津軽~ (2, 0.0%)

1 の辺, 承昭

▼ 当時津軽家~ (2, 0.0%)

1 に静江, の中小姓

▼ 当時流行った~ (2, 0.0%)

1 猟虎の, 鳥刺唄

▼ 当時浅草~ (2, 0.0%)

1 での屈指, の竜泉寺

▼ 当時浮世絵~ (2, 0.0%)

1 を専業, を鑑賞

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 のこと, のもの

▼ 当時海外~ (2, 0.0%)

1 から日本, の機械文明

▼ 当時海軍~ (2, 0.0%)

1 で飛ぶ, の某

▼ 当時深い~ (2, 0.0%)

1 感慨を, 草叢の

▼ 当時漁村~ (2, 0.0%)

1 は六十二歳, は文章

▼ 当時漱石~ (2, 0.0%)

1 は世間全体, は五高

▼ 当時無双~ (2, 0.0%)

1 の大上戸, の美人

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 彫が, 彫の

▼ 当時牧野さん~ (2, 0.0%)

1 は恰も, は泉岳寺附近

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 の花壇, は非常

▼ 当時珍しい~ (2, 0.0%)

1 ウィスキーを, 南蛮渡りの

▼ 当時現に~ (2, 0.0%)

1 困窮の, 皮を

▼ 当時現場~ (2, 0.0%)

1 にいた, にもっと

▼ 当時現実~ (2, 0.0%)

1 に存在, に極めて

▼ 当時異国~ (2, 0.0%)

1 のこと, の風物

▼ 当時異彩~ (2, 0.0%)

1 を放っ, を放つた

▼ 当時療養中~ (2, 0.0%)

1 だった伊豆, であったため

▼ 当時発狂~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 当時発達~ (2, 0.0%)

1 して, の途上

▼ 当時百石~ (2, 0.0%)

1 のもの, の千場作兵衛

▼ 当時~ (2, 0.0%)

2 きに

▼ 当時直ちに~ (2, 0.0%)

1 梁に, 精細に

▼ 当時知られた~ (2, 0.0%)

1 五個の, 女も

▼ 当時社会~ (2, 0.0%)

1 のきびしい, の先覚者

▼ 当時種々~ (2, 0.0%)

1 の批評, の状況

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 にした, に古人

▼ 当時立派~ (2, 0.0%)

1 な下職, な繁栄

▼ 当時~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ 当時算哲博士~ (2, 0.0%)

1 が終焉, は左胸

▼ 当時築地~ (2, 0.0%)

1 に在住, に支那人

▼ 当時紅葉~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 当時細川家~ (2, 0.0%)

1 に御, の番頭

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 に志す, を進ん

▼ 当時緒方~ (2, 0.0%)

2 の書生

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 は僕, は志野

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 にする, に残っ

▼ 当時聞えた~ (2, 0.0%)

1 名人です, 神出鬼没の

▼ 当時胃下垂~ (2, 0.0%)

2 の症状

▼ 当時自分たち~ (2, 0.0%)

1 が何故, が先生

▼ 当時自然主義~ (2, 0.0%)

1 の文壇, の文学

▼ 当時芸術~ (2, 0.0%)

1 について全然, の極致

▼ 当時若手~ (2, 0.0%)

1 で立花家橘松, の利け

▼ 当時茶山~ (2, 0.0%)

1 が蘭軒, の詩

▼ 当時著名~ (2, 0.0%)

1 な美人, の狂歌師

▼ 当時蔵書~ (2, 0.0%)

2 も原稿

▼ 当時蔵書家~ (2, 0.0%)

2 として聞えた

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 から, の要路

▼ 当時西欧~ (2, 0.0%)

1 から北欧, における学問的教養

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 ていた, て感じた

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 の為, をがみ

▼ 当時親戚~ (2, 0.0%)

1 の者, や友人

▼ 当時読んだ~ (2, 0.0%)

1 ものばかり, 記憶が

▼ 当時誰独りそれ~ (2, 0.0%)

2 を知らなかった

▼ 当時諸方~ (2, 0.0%)

1 から昔なじみ, の通信

▼ 当時警官~ (2, 0.0%)

1 の挙動, や裁判官

▼ 当時議会~ (2, 0.0%)

1 で羽ぶり, の腐敗

▼ 当時貴女~ (2, 0.0%)

1 が伝声管, なら似合い

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 に一寸, を立てる

▼ 当時近隣~ (2, 0.0%)

1 におられた, の評判娘

▼ 当時道夫~ (2, 0.0%)

1 はあれ, は父

▼ 当時道庵~ (2, 0.0%)

2 の右

▼ 当時郡書記~ (2, 0.0%)

1 をつとめいたる, をつとめたる

▼ 当時銀座~ (2, 0.0%)

1 のカフェー, の役人

▼ 当時長州~ (2, 0.0%)

1 において藩政, は三条実美

▼ 当時開通~ (2, 0.0%)

1 しあらざりし電車, して

▼ 当時陸軍大臣~ (2, 0.0%)

1 が人民, であった寺内氏

▼ 当時随一~ (2, 0.0%)

1 の大家, の碁

▼ 当時随分~ (2, 0.0%)

1 沢山の, 苦しい山旅

▼ 当時隠れ~ (2, 0.0%)

1 ている, もない

▼ 当時~ (2, 0.0%)

1 ふ人, を土蔵

▼ 当時駒込署~ (2, 0.0%)

1 には左翼, に検挙

▼ 当時高名~ (2, 0.0%)

1 であった強盗犯人山辺音槌, の精神病学者

▼ 当時高知~ (2, 0.0%)

2 についで

▼ 当時高等学校~ (2, 0.0%)

1 に雅楽, は帝

▼ 当時麹町~ (2, 0.0%)

1 には殆ど, の一番町

▼1* [2694件]

当時あいつは田舎まわり, 当時あかめがしわ, 当時あこがれの的, 当時あざけっていた, 当時あそこは今浜, 当時あたりの世界, 当時あたり前の辛抱, 当時あなたがひと, 当時あやうく坐礁沈没を, 当時あらゆる交通機関が, 当時ありふれた此事件に対して, 当時ありませんよ若手, 当時あれ模様の空, 当時はゆる, 当時いかにもハイカラに, 当時いくらかでも根拠, 当時いた段という, 当時いたく恨んで, 当時いたって未熟, 当時いちばん若かった, 当時いっしょに老婆, 当時いまだこれを, 当時いやに刃金, 当時いわれた民衆の, 当時か, 当時うちにいました, 当時うっかりしたこと, 当時おくがたは, 当時おそろしい勢いで, 当時おった人は, 当時おのおの別々の, 当時おびただしい困難と, 当時お嬢さんはお, 当時お産をし, 当時お知らせしたこと, 当時マリア・テレジア時代の, 当時かうした若殿役に, 当時かかる題材が, 当時かきながら口癖, 当時かなで書くとおりに, 当時がんちゃんに限ります, 当時としぬ, 当時きかれたとき今日の, 当時きっての分限, 当時きびしい禁教の, 当時くわをののしっ, 当時しからぬの, 当時こう考へて, 当時これら南朝の諸国, 当時これ等の名篇, 当時こんなに思つてそのまま, 当時ごく若い怜悧, 当時さかんだったいわゆる, 当時さしたる評判も, 当時さしつまりたる所ハ, 当時さらにエタの, 当時さる会社の, 当時さる国の皇太子殿下, 当時さわやまは, 当時ざつと四千円である, 当時ざつと話はし, 当時ざらにあった, 当時ょこくを切りな, 当時しきりに穂井田忠友という, 当時すえ子は私, 当時すくなくとも成人後の, 当時すこし自惚れて, 当時すさまじい勢で, 当時すでにすでに半蔵は, 当時すばらしいものだ, 当時すべての漫画, 当時すましていた, 当時すみだ川では, 当時すらも長谷川君が, 当時ずいぶん迷惑な, 当時ずっと南室に, 当時そういった様子でし, 当時そう解釈して, 当時それぞれ町を引きあげ, 当時それで何うにか, 当時それどころの騒ぎ, 当時たいへん滑稽に, 当時たくさんの女王, 当時たぐいないほどの, 当時たしか一度君から, 当時ただこれのみが, 当時たれしもが認めぬ, 当時たれだつたか, 当時だけの道義を, 当時だけを見ても, 当時だって穢らわしかった, 当時ちらと新聞, 当時つかわれた拷問道具手枷足枷などを, 当時つつましい歌と, 当時つまらない探訪記者として, 当時つまり明治の, 当時であってつい, 当時であったのでした, 当時であったら直ぐにも, 当時でき得る限りの, 当時とうに退こうと, 当時ときどき囚徒らは, 当時とりでにつかった, 当時どう云ふ, 当時どころでは, 当時どちらも八段, 当時どっと床に, 当時どれほど世の中, 当時ないて姉, 当時なかったの, 当時なかつた訣である, 当時なかなか勢力の, 当時なぞの御, 当時などもかなり友人たち, 当時なにか青春の, 当時なほ煙を吐い, 当時なほ自殺の記憶, 当時ならぶ方の, 当時なんらの知識, 当時においてをや, 当時にだって奇妙な, 当時にては万国ともに, 当時にとってもっとも必要, 当時にのみ限りて, 当時にまで遡る, 当時に関するものである, 当時のかれとして出来る, 当時のすがたを, 当時のみならず長く, 当時のみやび男の, 当時はかやうな, 当時はげしく駁撃せられた, 当時はさほどにも思わなかった, 当時はや九十一歳に, 当時ひでよし公, 当時ひところ外国船がついた, 当時ひとりのみに止まらなかった, 当時ひとりでに迸つた才能, 当時ひとり息子にて利発, 当時ひとり者である, 当時ひと頃はずいぶん, 当時ふたたび国会請願の, 当時へも行った, 当時ほどに人は, 当時ぼくたちは毎日, 当時ぼっとして, 当時ぼんやりと看過, 当時まあだ紅顔の, 当時まことに重宝な, 当時まさにその萌芽, 当時まず安全に, 当時まだあまり使われて, 当時まつたく不案内で, 当時みな二十代から三十代, 当時みんな流れこんで, 当時むしろ哂うべき, 当時めづらしいほど, 当時もしも大学頭を, 当時もしや須磨子が, 当時もっていた, 当時もっぱらな評判, 当時もつたリープマンランゲほどの, 当時もつとも必要と, 当時もとより主従は, 当時もの淋しい日暮里駅の, 当時やかましかつた, 当時やかましく論議された, 当時やす子ははるみ, 当時やはりまだ自身の, 当時ようやく剣道の, 当時よくそう思った, 当時よばれた囚人労働によって, 当時よりもずつと進歩し, 当時らいてうはその, 当時らしくまたその, 当時くを, 当時づかに, 当時わかぎみの御, 当時わが家をば, 当時わしは世間, 当時わたしたちの貧乏, 当時わたし達が泊まった, 当時アウグスチノ会の代理管区長グチエレス, 当時アカデミーの集会所, 当時アテネに新聞, 当時アテーネ遊君の大, 当時アフリカで盛ん, 当時アボットにやった, 当時アメリカ人やイギリス人, 当時アメリカ政府のとつ, 当時アリョーシャは修道院, 当時アヲウマと云っ, 当時アントニーともあ, 当時イギリス法律を学んだ, 当時イタリアの空軍, 当時イッシーの野原, 当時イブン・サウドは三十三四歳, 当時イワン・フョードロヴィッチはスメルジャコフ, 当時インカがスペイン, 当時インカ帝国の臣民たち, 当時イングランドに於, 当時インテリ悲観説が議論, 当時ウイスキーを多量, 当時ウォルシンガム閣下の特別, 当時ウクライナ人によって占められ, 当時エジプトの人数, 当時エセックスは伯爵, 当時エリオットが懐いた, 当時エレアーナ王女殿下はわずか, 当時オストロフスキートルストイドストイェフスキーゴンチャロフニェクラーソフなどと共にロシア文学史上, 当時オラガビイルは二十五銭, 当時オランダ総督たりし, 当時オリフラム紙やコティディエンヌ紙, 当時オリョールには床屋, 当時オルガンチノとロレンソ, 当時オーストリア帝国領であったプラーク, 当時カイゼルは作戦計画, 当時カフエエらしい家, 当時カルカッタに来, 当時キノドラマ支持者に対しては自分, 当時キリスト教青年会での集会, 当時クエリヨは日本人, 当時クラスの文芸同人雑誌, 当時クラブの書記長, 当時クラブ出発に関係, 当時クリストフにとって何, 当時クリミヤ戦争の当分, 当時クレルモン・トンネールの館, 当時グルノーブル通いをし, 当時グローチゥスは三十六歳, 当時ケネディ博士は英亜両国, 当時ケレンスキーの臨時政府, 当時ケレンスキー内閣のあった, 当時ケーテは六十八歳, 当時コッペはコメデー・フランセーズ座, 当時コムソモールと政治部員, 当時コロンブスがいかなる, 当時サミイは同地, 当時サンキス号はアイスランド島, 当時シェストフと不安, 当時シノブさん父子には影, 当時シベリアのパルティザン, 当時ショウペンハウエルと仏蘭西, 当時シラミは歴史的, 当時シンガポールの総領事, 当時ジオヴァニ・パピニとともに声, 当時ジコーサマは奥州津軽あたり, 当時ジフリーズでペニシリン, 当時ジャーナリズムには赤木桁平, 当時ジュネーヴには内務省, 当時ジューヴェは俳優, 当時ジョホールで大, 当時スタンダードもコンサイス, 当時スツムプ教授これを実地精査, 当時ソクラテスは具眼者, 当時ソレ見ろとばかり, 当時ソロチンツイの定期市, 当時タネらしいもの, 当時ダアバン港で二百五十噸, 当時チベット第一, 当時チャアリング・クロスはウェストミンスタア, 当時チヤボの愛称, 当時チヤムバーレーンは尚, 当時チョッキというアダ名, 当時チ・ツが今, 当時ツェッペリン飛行船のロンドン空襲, 当時ディーニュの町, 当時デルマは善良, 当時デロルム路地の側, 当時トウブチにいた, 当時トキユタの連中, 当時トミ子のほか, 当時トルコとの紛擾, 当時ドイツ人は啓蒙, 当時ドイツ最大のヴァイオリン, 当時ドクトル論文を書い, 当時ナオミ以上の美人, 当時ナチスの制圧, 当時ナポレオン時代後というフランス, 当時ニキビ青年であつ, 当時ニジビの大, 当時ニッポンへやって来ました, 当時ニューヨークの下町, 当時ニヴェルの領有, 当時ニージュニイで急進的文化活動, 当時劇的情景ヲ, 当時ノジという小さな, 当時面白き事, 当時ハさつまのやしきおり, 当時ハイデルベルヒの大学教授, 当時ハリーは二十二歳, 当時ハロルド・ロイドとかいう外国, 当時ハンブルグ国民劇場だけで上演, 当時ハ戦のはじまる, 当時ハ病気にてけし, 当時バスコ・ダ・ガマの子, 当時バスティーユの風紀衛兵, 当時バルザックにひどく, 当時バルザツクが定めた, 当時バーナード・リーチや富本憲吉, 当時パッシーから到着, 当時パラオ地方に, 当時パリイの市民, 当時パリー近郊の小, 当時パンツは二拾銭, 当時ヒューマニズム行動主義の文学及創作方法, 当時ビスマークを首相, 当時ピエール・ロンバール街の角, 当時ピカソは背景, 当時フランス楽壇に雄飛, 当時フランス語の独修, 当時フリント市にあった, 当時フロベニウスは群指標, 当時ブダガヤにダンマパーラ居士, 当時ブルジョアジーが半ば封建的, 当時ブルジョア貞操観念に機械的, 当時ブルジヨア階級にとつて, 当時ブレルスフォードは中大畑町, 当時プロレタリアの世界観, 当時プロレタリアートの技術, 当時プロレタリア文学が問題, 当時プロレタリア文学理論はさき, 当時ベストメンバーを選ぶ, 当時ベッドの中, 当時ベルリン大学の教授, 当時ペテルブルグの華やか, 当時ペルジヤの町, 当時ホンの僅か, 当時ボージョンの高地, 当時マキシモヴィッチ氏の下, 当時マコーレーのクライヴ伝, 当時マッキンレイと云う, 当時マッセナはゼノバ, 当時マドレーヌ氏がまだ, 当時ミスラ君の住ん, 当時ミユンヘンは唯, 当時ムレーはロス, 当時メルジイは両, 当時モダンの名, 当時モリエールが誰, 当時モロは店, 当時モンマルトルの下水道, 当時ヤソ教なぞは日本, 当時ヤソ教隆盛の地, 当時ヨアヒムがこの, 当時ヨーロッパ資本主義は葡萄牙人, 当時ライオン宰相とあだ名, 当時ライプチヒに在住, 当時リワヂヤ条約の批准, 当時ルイジヤナ州に牛, 当時ルナアルの如き, 当時レーニングラードの鋳鉄工場, 当時レーリーの家, 当時ロシア楽壇の支柱, 当時ロシア関税政策の結果, 当時ロシヤの政府, 当時ロシヤ社会にやかましかっ, 当時ロッチの見た, 当時ロッテルダムに多量, 当時ロンドン大学教授であったジェヴォンス, 当時ローマ宗とルター宗とユダヤ宗は政府これ, 当時一たび其地を削れ, 当時一ヶ月の学資, 当時一七三六四八三一七七三年には一, 当時一仕事した連中, 当時一八一六年の事件, 当時一冊三銭位であったであろうか, 当時一分に対して銭, 当時一切の聖賢, 当時一切手を下さず, 当時一匁二十九円の高価, 当時一升の酒代, 当時一向勉強を, 当時一問題となっ, 当時一巡中を見せ, 当時一年ほどの間, 当時一探訪記者として, 当時一日の手間一円, 当時一旦邸宅は, 当時一昼夜一往復で, 当時一時代前の新進, 当時一時気が荒く, 当時一書の至る, 当時一本になり, 当時一概にプロレタリア作家という, 当時一橋家を嗣い, 当時一漁民の家, 当時一番かぶるもの, 当時一番金の自由, 当時一般世人から軽蔑, 当時一般農家の子弟, 当時一葉女史を退け, 当時一行の文字, 当時一軍と一軍, 当時一軒の破屋, 当時一週間あまりというもの, 当時一郎の隊長, 当時一青年学徒としての駒井甚三郎, 当時一風潮としてきざしはじめた, 当時一馬夫人だった宇津木秋子, 当時七人が占め, 当時七人組は江戸, 当時七八つは若, 当時七八歳だった私, 当時七十四歳の老父忠琢成器, 当時七十歳をこえ, 当時七十歳以上の老人, 当時七大夫と呼ばれ, 当時七月の中旬, 当時七等を貰っ, 当時万治二年三月から七月, 当時万目の見る, 当時万般の器物皆そう, 当時三ツの仏, 当時三人の人間, 当時三代目菊五郎の女房, 当時三十そこそこの好い, 当時三十一であったから, 当時三十七歳の春琴, 当時三十万人であったとして, 当時三十二三歳ぐらいであった, 当時三十五六漸く円熟境, 当時三十五歳だったピエール, 当時三十幾つか取り出され, 当時三十歳を越し, 当時三十歳位であったが, 当時三十歳前後であったプレハーノフ, 当時三千ヴォルトの発電機, 当時三吉は保久呂霊薬, 当時三宅やす子の平明, 当時三宅幾三郎君が住ん, 当時三度食べて, 当時三木は埼玉県, 当時三枚二百文乃至一枚百文, 当時三河守と名, 当時三百両と言え, 当時三種の本, 当時三重県における合祀, 当時から替地, 当時上上吉の女形, 当時上州に上州円朝, 当時上方の戦乱, 当時上方方面に配し, 当時上流人を集め, 当時上流地方に於ける, 当時上海租界の, 当時上皇の詠まれた, 当時下官の者, 当時下宿して, 当時下宿代が月四円, 当時下田にありし, 当時不即不離の態度, 当時不幸にも代表, 当時不治の病気, 当時不貞の噂, 当時を怨み, 当時世上にそう, 当時世界博覧会が米国, 当時世界戦争中では, 当時世界的に最も, 当時世界観の新しい, 当時世界通信は金博士, 当時世界風邪が何れ, 当時世相を蔽うた, 当時世話になった, 当時世論を沸かしつ, 当時丞相には敵人, 当時両君が一日僕, 当時両国間の通商, 当時並びに以後における, 当時中堅作家と云われた, 当時中学生であった余ら, 当時中欧最強の新興国, 当時中洲辺に住居, 当時中流の女性, 当時中町の叔父さん, 当時中立で海岸道不良, 当時中部伊太利のフシイノ地方, 当時中部日本西日本は全く, 当時中風を病み, 当時丸の内の帝国劇場, 当時丸善で売っ, 当時丸木たちの親切, 当時丹造が住ん, 当時主として使用され, 当時久米正雄君の, 当時久米正雄氏もここ, 当時乗り込んでおりました, 当時乗組員用の衝撃緩和装置, 当時九カ月あまりに五百両, 当時九十一歳の老齢, 当時九年間に亘った, 当時九歳か十歳, 当時九郎右衛門町の福田屋, 当時乱暴者と称, 当時亀島町に住, 当時予備にこそおれ, 当時予約を受付けず, 当時に当たった, 当時事件の真相, 当時事務局で一つ鍋, 当時事実とならず, 当時事業上非常な苦境, 当時二三の新聞, 当時二三カ所でがさがさ, 当時二三ヵ所でがさがさ, 当時二三人よりなかっ, 当時二三年の作曲, 当時二両という金, 当時二五・四分の三でなく二七, 当時二分して, 当時二十一歳枳園より少き, 当時二十七戸の粕谷, 当時二十三の娘, 当時二十三ポイントの暗, 当時二十三四歳であった宗房, 当時二十三歳の文学少女, 当時二十九という小娘, 当時二十二になった, 当時二十二三歳でまだ, 当時二十五か六, 当時二十五両包を切餅, 当時二十五今は三十, 当時二十五六歳で肥前生れ, 当時二十五歳大学の三年生, 当時二十何歳の男, 当時二十八歳で夫婦, 当時二十八歳日本画壇の年齢番附, 当時二十六七歳の青年福沢諭吉, 当時二十四長兄のドミトリイ, 当時二十歳以上年上であった夫人, 当時二十歳六尺十九貫五百紅顔の少年, 当時二千二百の街路, 当時二家の競争, 当時二年間私はこの, 当時二条離宮で群臣, 当時二歳と四カ月, 当時二段の畑, 当時二流と言いたい, 当時二番目と三番目, 当時二組の機械, 当時二者は一心同体, 当時二葉亭などの書いた, 当時云われた教養を, 当時互に関連し, 当時五ルーブル紙幣を青紙幣, 当時五・一五事件の花形, 当時五代将軍家のお, 当時五代目張りの演技, 当時五六歳の長男, 当時五十一であった, 当時五十歳前後であつ, 当時五千余を持ち来った, 当時五年級であつ, 当時五百三十万人の女, 当時五郎は聞いた, 当時井伊大老に反対, 当時井侯の逸聞, 当時井筒屋の主人, 当時亜典の法律, 当時亜太郎の屍体, 当時亜米利加の有名, 当時交通輸送の一大動脈, 当時京大の文科, 当時京大教授側を支持, 当時京橋区水谷町九番地に住ん, 当時京漢線方面では彰徳, 当時京美人の名, 当時京都帝大の小泉源一博士, 当時京都画壇には今尾景年先生, 当時京都相場なら二円, 当時の家, 当時人口大いに増殖, 当時人口一万位に過ぎなかった, 当時人口三千に足りなかった, 当時人口二十万郊外にも二十万, 当時人家もなく, 当時人形操りには辰松八郎兵衛, 当時人心激昂の際, 当時人民の熱望, 当時今川義元と云え, 当時今戸の渡舟, 当時今日の如く亜細亜, 当時今里保育園の仕事, 当時仏人は音, 当時仏僧たちは狂人, 当時仏国憲法改正案の討議, 当時仏師の手間, 当時仏徒の見る, 当時仏教文化の絢爛成熟, 当時仏王ルイ第十三世, 当時仔細を知らぬ, 当時候道筋も, 当時仕えていた, 当時他人と交渉, 当時他国ニ骨おり候人ニハなんぼあほふ, 当時他流試合ははやらなくなっ, 当時仙台の書生, 当時代数といえ, 当時以上に今, 当時以後五六年の間, 当時以来すこぶる眤懇, 当時以来人口の点, 当時仰々しい表題で, 当時仲御徒町に住まっ, 当時仲間の一人, 当時伊国の如何に, 当時伊太利側の策戦, 当時伊太利座の花形女優ジォ, 当時伊太利軍を破った, 当時伊沢分家が家政整理, 当時伊沢氏の子供, 当時伊藤内閣は自ら, 当時伊那にある, 当時伏字にされ, 当時会津を主, 当時会計を司っ, 当時伝わっていた, 当時伝来したもの, 当時伯父は何, 当時伯耳義で独逸兵, 当時住まっていた, 当時住友銀行といっ, 当時住吉村でそち, 当時住職がない, 当時佐々の家, 当時佐々木系の族党, 当時佐和山にいた, 当時佐幕論で福島, 当時佐藤検事総長は法務省詰, 当時佐野博士はまだ, 当時何んでも, 当時何不足なく暮らす, 当時何事も知らざりし, 当時何分にも九州全土, 当時何故そんな事, 当時何程世の中の調節, 当時余り饒舌らなかつたので, 当時余暇を有, 当時余等は橋本, 当時作った目録に, 当時作る所の, 当時作品を中條百合子, 当時作家達が所謂自由, 当時作戦部長の重職, 当時使った象牙の, 当時の遺産, 当時の命令, 当時依然としてメンシェヴィキの, 当時かの復員, 当時俗耳に入り, 当時俗語と言つて, 当時俚人は陸蒸気, 当時は一人, 当時保護観察所と云っ, 当時保養に来, 当時信崇は年三十四, 当時信濃の山々, 当時信濃国に百済人, 当時信行寺の住職, 当時信長公はぎふ, 当時俳優の肖像, 当時俳諧の大, 当時俳諧宗匠として世間, 当時俳諧師の品性甚堕落し, 当時倉田家の家族, 当時個人が奴隷所有者, 当時個人主義的に傾き, 当時倫理学が知識青年, 当時傑作といはれた, 当時に十六歳, 当時僧侶学校で教えられ, 当時の配属, 当時儒学の宗, 当時儒教思想や仏教思想, 当時優善は三十三歳, 当時優秀な航空テレビジョン機, 当時儲君であった二つ, 当時元日に白馬, 当時元気に活躍, 当時元田永孚などと交つて, 当時元老院の古参事務官, 当時兄さんがそう, 当時兄弟ともまだ, 当時兄弟分せいたかと, 当時兄貴は台湾, 当時先ずその時分支配的, 当時先立つて岡田先生, 当時先輩たる某, 当時先進の文明国, 当時も角, 当時児玉郡で庄屋, 当時党指導部に参加, 当時兜町で成り金, 当時入口の大, 当時全く知らなかったポー, 当時全勝集に駐屯, 当時全国選挙区の範, 当時八十才今日の三浦謹之, 当時八十歳兄竹山を喪つて, 当時八方の待合, 当時八条女院の女房, 当時八王子の親爺, 当時八百八町に大, 当時八郎は舞台近所, 当時公事の通, 当時公使館附武官であった柴五郎大佐, 当時公卿等は流行, 当時公園の亭座敷, 当時公武一和の説, 当時公民権賛成議員が多く, 当時公用の留守中, 当時公衆の注意, 当時公表された小説, 当時六十七歳であつ, 当時六十三歳の主人維明, 当時六十九歳の母, 当時六十五のオジイサン, 当時六十五石の扶助米, 当時六十以上の人兎道, 当時六十何名かあつ, 当時六十歳であったという, 当時六十歳前後滋幹は四十四五歳, 当時共同生活を営ん, 当時共和主義なりとまでに難, 当時兵乱の巷, 当時兵部少輔, 当時其の山に, 当時其処の大学, 当時其御地ニ御留りニ, 当時其撰者同人等は連歌, 当時内務省の検閲, 当時内山村から桃原, 当時内海達郎は二十八, 当時内科の専門医, 当時内約のみであっ, 当時内蔵助が仇家, 当時内部充実の時期, 当時円タクは市内五十銭, 当時円朝はそれ, 当時円融院の中宮遵子, 当時円覚寺内の帰源院, 当時再びルイ十五世広場と, 当時写したのを, 当時写山楼の在り, 当時写真で見た, 当時凌雲閣の近, 当時凡ての記憶力, 当時凡て我が国の地主, 当時処々方々で天狗隊, 当時出征して, 当時出征軍人が羨ましく, 当時出来ていた, 当時出来るだけの骨, 当時出来上った東印度会社は, 当時出版されたばかりの, 当時出現した金貨, 当時出石方面から山陽方面, 当時出羽にも留守所, 当時出頭の若年寄, 当時函陵酒量超倫, 当時の観相家, 当時刀鍛冶の延寿国村, 当時切っての評判者, 当時切支丹の勢力, 当時刑事でね, 当時列席した人, 当時初代瑞仙の養嗣子杏春, 当時則重は十八歳, 当時に捨てられた, 当時前山さんが鎌倉, 当時前川から三百円, 当時前橋に行っ, 当時によって倒れた, 当時剣名四隣を圧した, 当時剣客を以て関西, 当時副島伯が皇室, 当時割合に恩賞, 当時創業時代にあった, 当時創立せられたもの, 当時劇作家協会のため, 当時劇界を二分, 当時劇的形式に心, 当時加福の門弟, 当時加賀の屋敷, 当時助ちゃんは浅草公園, 当時助手として月給四十円, 当時効力未だ充分, 当時動物合戦と言われ, 当時動物心理学などいう, 当時勝ったという少年, 当時勝三郎は東京座頭取, 当時募兵員が巴里, 当時勤労階級解放運動があれ, 当時勤王の志士たち, 当時勤王思想が澎湃, 当時化学の進歩, 当時の端, 当時北国の名工, 当時北大の私たち, 当時北川氏は遠い, 当時北条の喜兵, 当時北條民雄の, 当時北海道庁の事務官, 当時北渓に席画, 当時北越方面の形勢, 当時北軽井沢で目撃, 当時北部アフリカとマルセイユ, 当時区長という大役, 当時医中の先覚者, 当時医学部の内科教授, 当時医科大学へ往, 当時医者をやつ, 当時十いくつあったそれ, 当時十ポンドであつ, 当時十一になった, 当時十七八であった父, 当時十七歳正確に云え, 当時十二や十三歳, 当時十二三か四五程度, 当時十二歳の二人, 当時十五になる, 当時十五六の少年, 当時十五六歳の細川護美氏, 当時十億五千万円にすぎない, 当時十八世紀における此, 当時十八才のヂェラルド・ド・ネルヴァル, 当時十六人はひどい, 当時十六文の売女, 当時十分と続け, 当時十四ぐらいであった, 当時十日余も同宿, 当時千代とわたくし, 当時千代子を僕, 当時千何百年むかしの話, 当時千円という金額, 当時千柿名人の千柿, 当時千樹園と云う, 当時千歳座は訥子, 当時千谷さんが診察, 当時千金とも評価, 当時七老人は, 当時半ば開いて, 当時半井大和守成美は献ずる, 当時卒業者の数, 当時南さんの知人, 当時南北戦争漸く止み, 当時南唐に仕え, 当時南寺の借家, 当時南海サン・マルセルの精神病院在住, 当時南渓子の同行, 当時南畝が五十八歳, 当時南米の植民地, 当時南蛮研究の第一人者, 当時南部という舎監, 当時単なる失職者に, 当時単純な理由, 当時博学な文人, 当時博学者として有名, 当時博文館に, 当時博文館内に在った, 当時博物局発行の, 当時印刷事業進歩の賜, 当時危機一髪の境, 当時却って自由主義者が, 当時原彦次郎の手, 当時原町にゐた, 当時に起きた, 当時厩橋城は織田信長, 当時厳寒のころ, 当時厳格峻厳を以て知られ, 当時参政周布政之助の家, 当時参謀本部の下僚, 当時友人の田所輝明君, 当時双方妙な工合, 当時野上派に, 当時反対ダッタノニ僕ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, 当時収入の何, 当時収容中の俘虜, 当時取り扱われた被告人須山春一の, 当時取急ぎて普請, 当時取払いになった, 当時取調べた際その, 当時叙爵の儀, 当時口々に云われ, 当時口髭は市民, 当時古道具屋から収集, 当時叫ばれた文芸復興の, 当時召し使い給いし, 当時可能な頂点, 当時台頭の左翼, 当時の二傾向, 当時右京に貫, 当時右大臣であった兼, 当時司法当局の声明, 当時宗教家間に, 当時各地で飛揚, 当時各種の人, 当時各自の動静, 当時合法団体として存在, 当時吉原あたりでは, 当時吉右衛門に会, 当時吉川さんは深い, 当時吉田茂は占領政策, 当時吉田首相が一記者, 当時同じく政治記者を, 当時同地出身のお歴々, 当時同局に勤務, 当時同市の支局, 当時同所の白首, 当時同書を世間, 当時同氏はフランス民法, 当時同車したり, 当時名僧として聞え, 当時名古屋の城下, 当時名古屋県の福島出張所, 当時名古屋鎮台につとめ, 当時名声をはせた, 当時名女優として高く, 当時名探偵として鳴らした, 当時名立たる大藩, 当時名高えもん, 当時名高かったブールボン派, 当時名高き駿河の, 当時君らに相談, 当時君上御不例, 当時昨日まで, 当時吾輩が国民論派, 当時呉下の智能, 当時呉服の中買い, 当時呉清源をめぐってモロモロ, 当時呼ばれた激戦だった, 当時和助が東京, 当時和田君はこれ, 当時んで龍馬, 当時品川に住ん, 当時哲学的にはインド, 当時唯一人私の態度, 当時唯一軒よりなかつた, 当時啄木には決して, 当時商業出版の上, 当時問題作とされた, 当時善く保を, 当時善書の聞, 当時善隣書院の中国語教師, 当時を記した, 当時喜平の妻子, 当時喜悦と光明, 当時喧しくはやし立てられた内閣審議会, 当時喧伝されたこと, 当時風博士に, 当時四五人の不良, 当時四五日の間, 当時四人が占め, 当時四個拾銭で握り, 当時四十三歳になっ, 当時四十何歳の未亡人, 当時四十八歳だった詩人ハイネ, 当時四千万以上ということ, 当時四囲の情勢, 当時四国で一番, 当時四年制の高等小学, 当時四旬節祭の間, 当時四貫島の遠縁, 当時四郎左衛門と親善, 当時回向院の境内, 当時より閣下, 当時固陋の人々, 当時国々の形儀, 当時国中に而ハ鬼神, 当時国内問題のため, 当時国内国外呼応して, 当時国内市場に流通, 当時国内戦にたたかった, 当時国外へ逃げだした, 当時国定忠次といえ, 当時国師岳と呼ん, 当時国府さんの秘書, 当時国庫から全部, 当時国教の名称, 当時国民全般の要望, 当時国王がいた, 当時国男は今日, 当時国語国文学の研究, 当時圓朝子が或, 当時土佐出崎の御, 当時土民の乞い, 当時圧倒的な勢力, 当時つた江木の, 当時在京の内田寛氏, 当時在京中の慶喜, 当時在住した物理学者マリンス, 当時在勤の者, 当時在学の私達, 当時在満日本人には, 当時地方の町, 当時地球に住ん, 当時坂東の武夫ども, 当時坑内にいなかった, 当時坪内先生は少し, 当時坪内博士主宰の劇団, 当時埋葬に従事, 当時城内の武備, 当時執権の家老, 当時執筆の短篇小説数篇及雑録, 当時執筆不可能のあり, 当時基督教界の三傑, 当時埼玉県の商工課長, 当時堂上お公卿さん, 当時報知はそういう, 当時報知新聞の編集局長, 当時報知新聞記者であった私, 当時報道班員としてマニラ在, 当時境遇を写す, 当時について親しく, 当時の色, 当時も襖, 当時壁紙など自分, 当時士人の狂歌, 当時士族になっ, 当時売り出したバリモアという, 当時売り物に出, 当時売るに着物, 当時売れっ子の豊国, 当時売出した江戸川乱歩氏, 当時売出し中の, 当時売女の相場, 当時に納め, 当時つたこと, 当時変ったことも, 当時変物の意義, 当時夕陽丘女学校は籠球部, 当時外交主任として知られた, 当時外人の挙動, 当時外国公使はいずれ, 当時外国公使館などで歓迎, 当時外国奉行の首席, 当時外国干渉すなわち国家, 当時外国為替と云う, 当時外地からひきあげ, 当時外夷とせられ, 当時外法と呼んだ, 当時外神田に地蔵ヶ池, 当時外科医として第一人者, 当時外語の学生, 当時計代, 当時多分縁側の, 当時多分十九か二十歳位, 当時多忙でもあり, 当時多数の嫌疑者, 当時多紀安琢津軽玄意の柏軒, 当時夜そこからは細燈, 当時夢にも思っては, 当時夢声老は二十何歳, 当時夢想だに, 当時夥しく現れたトルストイアン達, 当時大きな呉服店だった, 当時大人気の役者, 当時大人気者のサレー, 当時大公望の恩, 当時大分費つた為, 当時大勢の有力, 当時大名にも旗本, 当時大名府ともいい, 当時大和川附近の沼沢地, 当時大地は牧羊神, 当時大変な評判, 当時大変得意になつ, 当時大安寺にもこの, 当時大家の西瓜, 当時大将はまだ, 当時大将軍にいた, 当時大小幾すじにもわかれ, 当時大山園は電灯, 当時大山郁夫北沢新次郎佐野学猪俣津南雄教授これが教授側, 当時大成中学に通っ, 当時大戦という大, 当時大抵復古の傾向, 当時大望を懐い, 当時大木主水と称し, 当時大杉はしばしば, 当時大村氏としきりに, 当時大森某と云, 当時大樹公ニも御, 当時大正四年に七十四歳, 当時大町桂月がこの, 当時大砲といふもの, 当時大童が江戸屋敷, 当時大統領だったルーズベルト, 当時大聖寺町に残っ, 当時大臣の黒川さん, 当時大臣級で今, 当時大船のステーション, 当時大蔵大臣の勝田主計氏, 当時大逆事件と呼ばれた, 当時大連にゐた, 当時大金なりける五十銭紙幣, 当時大阪事件が如何, 当時大阪第一流の名手, 当時大阪衛生試験所長兼造幣局技師たりし, 当時大隈重信らの民間, 当時天が下で自分, 当時天子は御, 当時天文学と云え, 当時天草より持ち込んだ, 当時太陽は既に, 当時夫婦を呪詛, 当時夫婦間の関係, 当時失意の境遇, 当時として認められた, 当時奈良は旧都, 当時奈良坂の長, 当時奈良坂清水坂両所の非, 当時奈良興福寺の一乗院主, 当時奈落には二人, 当時奉公中の下女, 当時奉天特務機関にあった, 当時奔走最中の彼, 当時奥医師になっ, 当時奥山の住人, 当時奥州平泉の文化, 当時奥御殿へ駈けつけた, 当時奥戸の渡船守, 当時奥祐筆所詰を勤め, 当時女の子を生ん, 当時女中一人も使っ, 当時女人夫は一日八銭, 当時女優で名高かっ, 当時女子大の下級生, 当時女房に対して感じた, 当時女流作家中では, 当時はガナガナ, 当時奴国王の貰った, 当時好んで用いて, 当時如何に衰微, 当時妙義の町, 当時妻籠の方, 当時姉婿花忠茂が密, 当時始終眼先に, 当時姫鏡女大学女孝経等をもらつた, 当時は慶応, 当時娘ざかりの絶頂, 当時婦人の勤労婦人, 当時婦人たちの一日, 当時嫌疑のかかった, 当時子供心の私, 当時孔子は国老, 当時存じていた, 当時存命して, 当時学問の権威比叡山, 当時学堂亦逐客, 当時学士であった山崎博士, 当時学府と軍部, 当時学業半ばにし, 当時学窓を出, 当時学者も俗人, 当時学解深厚を以て称された, 当時は母柴田氏, 当時孫六は幅一寸, 当時宇宙を知つて, 当時守り本尊の沙翁, 当時守範は十五歳, 当時ホテルへ, 当時安土城で試合, 当時安土造営のため, 当時安堂寺橋に巡航船, 当時安息日に国教寺院, 当時安藤伊賀の一味, 当時安藤鶴夫君から東京新聞紙上, 当時宋代の習慣, 当時宋朝の文化, 当時完全に胃腸, 当時宗教にたいしてはかなり, 当時宗教上の問題, 当時宗猷寺に移っ, 当時宗門改めのやかましかっ, 当時官吏道場なるもの, 当時官憲から追跡, 当時官民朝野の反目, 当時官用で某所, 当時官軍を指揮, 当時定員法をめぐって与野党, 当時宛らの瓦斯燈一基, 当時宜山は儒者奥詰, 当時宝塚の人気スター, 当時宝暦頃から明和, 当時宝田石油に勤め, 当時の父頭中将, 当時実在したこと, 当時実戦の景況, 当時実権的海軍大臣と新聞, 当時は闇, 当時宮内庁要路の人々, 当時宮島はショーペンハウエル, 当時宮崎県にいた, 当時宮廷の一役人, 当時宮廷貴紳を挙げ, 当時宮本は公判廷, 当時宮永町に住ん, 当時宰相は権勢, 当時を張つて茶山, 当時に居る, 当時家兄は神田, 当時家族五人予や明治十二年以降, 当時家茂将軍の長洲, 当時家計豊かでなかったため亡父, 当時家運が傾い, 当時容易に解されず, 当時宿にマドレエヌ, 当時宿場の継立て, 当時寂びれていた, 当時寄手の北上軍, 当時の求心力, 当時富士山が噴火, 当時富樫左衛門を勤め, 当時富豪にし, 当時寛斎天民五山柳湾の詩, 当時寝泊りをし, 当時にゐた, 当時寺域の一部, 当時寺子屋式の小学校, 当時寺田先生は今, 当時対岸の英国, 当時封建士族の世界, 当時封建武士脳中の国家, 当時専門家の間, 当時に消えよう, 当時将来を気づかわれる, 当時将軍家弑逆の大, 当時将軍家茂は京都, 当時尊王攘夷の熱, 当時尊王攘夷論これは幕臣, 当時尊王論を唱え, 当時尊王論者であった人々, 当時小さい女の子が, 当時小五郎ハ大ニ用, 当時小伝馬町の裏, 当時小倉袴仲間の通人, 当時小六の学資, 当時小学校の三年生, 当時小官は在, 当時小川町住の奥医師, 当時小早川隆景は朝鮮, 当時小普請入りのお, 当時小歌を作つて其事, 当時小生専ら, 当時小石川のある, 当時小石川原町の家, 当時小石川植物園事務所の西側, 当時小耳に挟んだ, 当時小説の神様, 当時小野組は政府, 当時小野鵞堂先生の人気, 当時少くも茶山, 当時少しく世間に, 当時少しも透谷の, 当時少壮有為の司法官, 当時少女歌劇を御覧, 当時少尉の松原政治, 当時尚古版本若くは, 当時就職難であつ, 当時尺八の名人荒木竹翁, 当時局面展開を唱, 当時合わして, 当時居た大西洋で, 当時居合した人夫, 当時居士は東京日日新聞, 当時居延に屯, 当時屈指の探偵, 当時屋部先生の弟子, 当時展覧会出品のいろ, 当時属目する所之, 当時屡々斯くの如き, 当時山口県庁の役人, 当時山城河岸の家, 当時山崎洋服店が塔, 当時山川派としてのこった, 当時山本大膳の五人組帳, 当時山本有三氏の編輯, 当時山田奉行大岡忠右衛門がどんな, 当時山脇信徳が文展, 当時山谷とならん, 当時山陰第一, 当時山陵奉行とか云う, 当時山陽外史の名, 当時っ引, 当時岡山にいた, 当時岡氏は父子共, 当時岡田程均衡, 当時岡鹿之助のお, 当時岩波書店の卸部, 当時岫雲氏は, 当時岸本はもう二度と, 当時の王様, 当時島の内の自分, 当時島原一円の領主, 当時島村伊三郎を斬った, 当時島津氏は鹿児島, 当時崛強の男, 当時崩れゆく武家の, 当時巌本善治氏の主宰, 当時川上一座から独立, 当時川路君はヱルハーレン, 当時川辺みさ子の評判, 当時川長青柳大七, 当時巡査がことごとく, 当時工藝に関して未だ, 当時左端の一つ, 当時左翼の波, 当時左翼芸術に高度, 当時巨人軍の青田君, 当時差し懸つた用事が, 当時巴里展覧会に出品, 当時市ヶ谷には堺利彦, 当時市中取締りの酒井左衛門尉, 当時市人は正宗院等, 当時市内の, 当時市内何軒かチェーンストアー, 当時市内各区の, 当時市内池之上町講道学舎付近居住新助長女坂上ツル, 当時市場の建築工事場, 当時希臘に於, 当時希臘国内は雅典市, 当時帝劇専務でこうした, 当時帝国ホテルに滞留, 当時帝国ホテル演芸場と呼ばれ, 当時帝政ロシアの文壇, 当時帝政論派より痛く, 当時はまだ, 当時師匠東雲の家, 当時庵は, 当時幅利きの旦那様, 当時幕府内部の物論, 当時幕府当局が新た, 当時幕府施政の範囲, 当時幕府直轄の天領, 当時幕政の一端, 当時宝も, 当時平八郎年壮にし, 当時平凡極まるもの, 当時平家に代っ, 当時平家色の濃かっ, 当時平川はお, 当時平常な生活, 当時平田派の熱心, 当時平田篤胤没後の門人, 当時年十八であつ, 当時年少で詳知, 当時年齢三十七歳鼻の下, 当時幸野楳嶺といえ, 当時幼くもあり, 当時幼名千代造氏が能静氏, 当時幼少なるを, 当時幼稚な三十代, 当時幼稚園から帰つて, 当時幾人も生き, 当時海氏も, 当時広大な領土, 当時広島で罹災, 当時店員の中, 当時店員たちの間, 当時府下第一, 当時度島にいた, 当時庶民のなか, 当時廃仏毀釈の行われた, 当時廃止されて, 当時廟堂在位の諸公, 当時廣田弘毅さんあの総理大臣, 当時建仁寺の両足院, 当時建築が完成, 当時建築中ここで山の手, 当時廿八歳で妻, 当時廿歳であった末, 当時弁慶橋にあっ, 当時弁護士であったジョン, 当時弁護士たちは公判ごと, 当時弘前吏胥中の識者, 当時弘前邸内屋敷住居なり, 当時張良をもっ, 当時強烈であった彼女, 当時弾正台と云, 当時弾正大巡察であり権田, 当時師の, 当時彫刻家を志し, 当時彫刻家ロダンがロオマ, 当時役所から貰っ, 当時役者で好き, 当時彼なほ十五歳ながら間, 当時彼地の模様, 当時彼自身がとった, 当時往来して, 当時征夷の結果, 当時に捨てられた, 当時後花園天皇の御, 当時後藤氏の宅, 当時後醍醐天皇初め南朝公家の間, 当時後鳥羽上皇講武のため, 当時徐々に新気運, 当時従っていた, 当時従来の人糞, 当時得がたいものばかり, 当時御上に者, 当時御家人旗本の間, 当時御府内に人血, 当時御影堂にある, 当時御成街道を真正面, 当時御札の降りきたりたる, 当時復活した所払い, 当時復興したであろうか, 当時微かながら, 当時微笑失笑をさそはれた, 当時徳安改磐安の一家, 当時徳富蘇峰の, 当時徳川内府を向う, 当時徳川家の近親, 当時徳川家斉の美挙, 当時徳川末期のドン底, 当時徳次は二十前, 当時ある皇族, 当時心当りが無い, 当時心理学に興味, 当時忍術衆の心掛け, 当時志士等の符号, 当時志士達のパトロン, 当時思想的な波, 当時思想統制の前衛, 当時に思いつい, 当時急便運送不可能の都合上, 当時急迫の場合, 当時急速に貨幣経済, 当時急進的インテリゲンツィアのもっ, 当時性関係の面, 当時怪しい女性が, 当時と富, 当時恋愛というもの, 当時恐らく困難であったろう, 当時恰度その部屋, 当時恵瓊が都, 当時悪友としてのよしみ, 当時悪逆塚のこと, 当時惰弱の公方様, 当時想像して, 当時意義は知られ, 当時愛したのは, 当時愛国詩人大町桂月一派から激しい, 当時愛宕の塔以外, 当時愛読したトルストイ, 当時感じたことです, 当時感動のあまり, 当時感服したこと, 当時感染して, 当時憲政党には第, 当時憲政党内の内訌, 当時憲法を私議, 当時懐疑的になっ, 当時懸賞小説さまざまありしが, 当時戎呉という胡, 当時成斎に就い, 当時成熟して, 当時我が政府の, 当時我ら法科大学の同僚, 当時我国には前述, 当時我国興行界の事情, 当時或は其数年前に, 当時戦乱に馴れた, 当時戦争の脅威, 当時戦勝記念に建立, 当時戦国で世, 当時戦場に接し, 当時戦塵を避けた, 当時戦犯の処罰, 当時戦雲の濃い, 当時戯作者といえ, 当時戸籍の上, 当時所感を次, 当時所用の古, 当時所謂バリバリの, 当時所謂御社の先生, 当時所謂文壇に話題, 当時所謂言文一致体の文章, 当時手一杯な生活, 当時手前の妹, 当時批判的諸思想, 当時批評して, 当時批評家はこの, 当時応の, 当時投宿の館, 当時折衝に当, 当時抜群の大, 当時抱一は万朝報社, 当時押しも押され, 当時押収を喰わなかった, 当時拙作あり, 当時ばれた芸者, 当時拝借した兵馬, 当時へた, 当時拷問の実状, 当時囃された詩人, 当時持ち出した初期の, 当時持明院統のお, 当時指導的な思想, 当時掃除人足すなわちキヨメ, 当時掘った者は, 当時探偵学の神様, 当時探偵小説が一般, 当時携帯して, 当時撮った写真に, 当時もまた, 当時支払われた金子五百五十両である, 当時支那語を学ん, 当時支那道徳が形式上, 当時支那音に通じたる, 当時支配人格で店, 当時支配的だった軍事的イデオロギー, 当時支配階級が革命的労働者, 当時改めて強調された, 当時改革家の胸中, 当時放送局は思索, 当時政務を執っ, 当時政府発行の紙幣, 当時政教社をおこし, 当時政権を持つ, 当時政界の現状, 当時政論の中衰, 当時政論派の変化, 当時救世軍はまだ, 当時教えられた大陸の, 当時教会の指導者達, 当時教室の看護婦たち, 当時教師を勤め, 当時教科書ならざりし, 当時教科書編纂者のなす, 当時教育部長の山口泉氏, 当時敬太郎は果し, 当時数人居たと, 当時数千の僧兵, 当時数学という言葉, 当時数寄屋橋教会堂に催された, 当時整理の為, 当時となりし, 当時敵味方乱軍の最中, 当時敵地へスパイ, 当時敵手を殺し, 当時數茶山の口にし, 当時文人の運命, 当時文化十三年の武鑑, 当時文化日に進み, 当時文化活動に献身, 当時文壇的主流をなし, 当時文学志望の若い, 当時文学思想を支配社会, 当時文学者として自分, 当時文学運動に関する討論, 当時文弱に流れ, 当時文芸協会の女優生徒, 当時文芸春秋に時評, 当時文芸評論が急速, 当時文蔵と云う, 当時文藝春秋社は雑司ヶ谷金山, 当時文運の所産, 当時大はまぐさ桶, 当時斎藤老人達があの, 当時斬り捨て御免の境遇, 当時う零落れまし, 当時斯様な姿, 当時新しかった彼, 当時新しくおこったプロレタリア文学, 当時新しく強く意識された, 当時新定の法官服, 当時新宿にあった, 当時新宿北町に結んだ, 当時新撰組の及ぼす, 当時新教でカソリック教, 当時新新文芸の, 当時新橋第一流, 当時新橋横浜間の鉄道, 当時新橋駅付近に千成, 当時新潟に英学, 当時新潟市に疑, 当時新田義貞は赤松則村, 当時新築中の帝国博物館, 当時新聞社の慣用手段, 当時新聞紙にのってる, 当時新道なるもの, 当時方々から多少, 当時既にかなりすぐれた蘭学者, 当時既に多少の論議, 当時既以同志相期許焉先生時猶在, 当時満軍隊, 当時日の出の勢い, 当時日刊新聞紙の業, 当時日常の什器, 当時日日新聞社から十五円, 当時日曜になる, 当時日本人は欧州人, 当時日本人民は新た, 当時日本共産党東京地方に活動, 当時日本刀は荷抜屋, 当時日本唯一の一大権力者, 当時日本国中の輿論, 当時日本国内は一応, 当時日本大使館内におかれ, 当時日本文学の古典, 当時日本映画社の嘱託, 当時日本海からオホツク海, 当時日本漆器の尊ばれたる, 当時日本研究に大いに, 当時日毎に容態書, 当時日比谷公園の今, 当時日没と共にとざされる, 当時日進月歩であった新, 当時日露戦争の従軍新聞記者, 当時旦那様の秘書, 当時旧制中学校の上級, 当時旧弊固陋に対する旗印, 当時早婚の風, 当時早稲田の学生, 当時の昇る, 当時旭川に帰省, 当時や朝鮮, 当時明治の初年, 当時明治天皇が奉天, 当時明治天皇様の皇后陛下同校, 当時明瞭に分らなかった, 当時易学で名高かっ, 当時の鉄道馬車, 当時星田さんは姉, 当時映画劇場としては立派, 当時春一は自分, 当時春山は何歳, 当時春廼やは, 当時春廼舎は既に, 当時春日野ゆかりの身, 当時春木座で興行, 当時春琴は一室, 当時春雨が鶯, 当時時めく名医典薬左井黙庵の, 当時時人のうたう, 当時時国は中里, 当時時平があゝ云う, 当時時流に取り残された, 当時普通科をやった, 当時景公酷刑を用いる, 当時晴代は霊, 当時晴天十日といつた, 当時晴期にて毎日快晴, 当時晶子がこの, 当時暫く居た脳病院, 当時暫らくは辻斬, 当時暴動の中心地, 当時暹羅公使をし, 当時書いていた, 当時書かれていた, 当時書かれたもので, 当時書き留めて置かなかった, 当時書生の引越, 当時曹操はまだ, 当時曹軍の北, 当時最古の刊本, 当時最新式の優秀船, 当時最早私の, 当時最高の専門雑誌, 当時最高経済会議の調査, 当時の世界, 当時月給百五十円を貰っ, 当時有り合わせた材料によって, 当時有力な学者, 当時有名ノフランキリンガ云ヘルニハ我身ハ居ニ常処ナシ, 当時有馬義直が出陣, 当時から晩, 当時朝な夕な東の田んぼ, 当時朝敵と見, 当時朝日岳を奥仙丈, 当時朝日新聞に小説, 当時朝野を通じて神仏, 当時朝鮮半島は新, 当時朝鮮政府に大改革, 当時朝鮮方面に大いに, 当時朝鮮海峡に於, 当時朝鮮遠征をかう, 当時朝鮮銀行秘書課長兼人事課長現在京城, 当時を伐り払った, 当時木星の衛星四個, 当時木曜会の文士, 当時木曾福島の代官山村氏, 当時木曾路を通過, 当時木村と花田, 当時木橋の万代橋, 当時木綿は未だ, 当時未熟なら未熟, 当時の弟, 当時末吉橋東詰松屋町に豊竹呂昇, 当時本堂建築中なり, 当時本妻のお, 当時本所に谷川, 当時本所一つ目辺に住ん, 当時本書を更に, 当時本科三年予科二年であった, 当時本紙にも載った, 当時本郷座は新派, 当時本郷春木町にいる, 当時机竜之助, 当時村中の人, 当時村内で大次郎, 当時村木さんが住ん, 当時村田は自身防禦, 当時少陵, 当時杜甫の妻子, 当時来合せた神戸とを, 当時東京一の牛肉屋, 当時東京中で名うて, 当時東京中央幼年学校に在学中, 当時東京人からは一種軽蔑, 当時東京側の評判, 当時東京博物館の天産課, 当時東京市中の私窩子, 当時東京帝国医科大学の雇教師, 当時東京帝大法学部経済学部の教授助教授, 当時東京座に於, 当時東京方棋師が実戦的, 当時東京日日の新聞社長, 当時東京朝日新聞社に籍, 当時東京随一といわれた, 当時東京電気の傍系会社, 当時東儀氏が例, 当時東国第一, 当時東大の教授, 当時東宮であった天武天皇, 当時東西相敵したりと, 当時松向寺殿は御, 当時松岡君がわざわざ, 当時松川町に住ん, 当時松平越州の名, 当時松竹が東京劇壇, 当時松陰二十二の青年, 当時果たしたいと思った, 当時某々批評家等が筆, 当時某国が秘密裡, 当時某氏の報知, 当時某藩に起りたる, 当時柑橘界の第一人者, 当時柳営の大奥, 当時柳秋雲はその, 当時栃木県那須野ヶ原に本郷定次郎氏夫妻, 当時栄えた唯物史観という, 当時栄玄の妻, 当時栗山の名, 当時校舎は今, 当時根津の社, 当時格別の批評, 当時案内の雛僧, 当時梨園に擢, 当時梶一家の神経, 当時棠軒の受けた, 当時を水平, 当時森文部大臣は半ば真面目, 当時森槐南はまだ, 当時植えた松や, 当時植木屋に命じ, 当時検察庁に対して大きい, 当時検視した医師, 当時検閲はきびしかっ, 当時椿年は蔵前, 当時楊公が荊州, 当時楊枝を削っ, 当時極寒氷の水, 当時極東には国際問題, 当時極端なる急進説, 当時楽壇の中心人物メンデルスゾーン, 当時楽屋口を入り, 当時榎本の家族, 当時榎本君は桜痴居士, 当時模範的な防空壕, 当時横井小楠また藩学, 当時横光利一によって代表, 当時横文読むの業, 当時横浜市の聖書会社, 当時横浜見物ということ, 当時横行したワイロ, 当時橋野川にサケ, 当時機会ある毎, 当時の最良, 当時次ぎのやう, 当時欧州視察に来た, 当時欧米各国の語, 当時欧羅巴を風靡, 当時歌つたそれは当時, 当時歌子や式多津, 当時歌謡の作者, 当時歌麿の美人画, 当時正四位下左近衛少将に任官, 当時正宗白鳥から絶讃, 当時正成の策戦, 当時正木院長から名前, 当時正男は五才, 当時正胤の二条衣, 当時此丘上に盛大, 当時此処の戦闘, 当時此名の下, 当時此地の領主, 当時此戦の功, 当時此文に感興, 当時此祭の花笠, 当時武士階級に大義名分, 当時武夫は既に, 当時武家の通患, 当時武平県の農民劉義, 当時武芸前に敵無し, 当時武門の権勢, 当時歩兵中尉であつ, 当時殆ど劃時代的の, 当時殆ど人事不省の状態, 当時殆水の出端, 当時残された二人の, 当時残っていた, 当時残る被告は, 当時残存した約, 当時段師子と呼ばれる, 当時殺戮を好む, 当時毀誉の区々, 当時母上の戯れ, 当時毎年拾い上げられた宿無し, 当時毎年充分の年金, 当時毎日何回か連絡, 当時毎日病院へ通う, 当時毎日目にした, 当時比較的新らしい, 当時毛利敬親は長, 当時毛沼博士は整形外科, 当時毫も世間向の, 当時は女, 当時氏名を更め, 当時氏郷は何万石, 当時民会ではしばしば, 当時民政がよく, 当時民政党などでは増税反対, 当時民権を唱うる, 当時民選議院論建白の出, 当時民間有志の建白, 当時民間薬として用いられ, 当時気やみのため, 当時水戸が仲, 当時水茶屋で名高かっ, 当時水車をし, 当時永続の太平, 当時汎瀾トシテ之ヲ聞キ, 当時江戸お構いになっ, 当時江戸前の意気, 当時江戸女の人気, 当時江戸川が電車, 当時江戸幕下に人物, 当時江戸御用聞のあいだ, 当時江戸政府は生糸貿易, 当時江戸派の彫金師, 当時江戸流行医の巨擘, 当時江戸警衛の任, 当時江戸長者番付の前頭, 当時江藤新平氏は同局, 当時江都評判の不知火銭, 当時の端, 当時池之端数寄屋町の芸者, 当時汪叡朱善と与, 当時決戦戦争すなわち武力, 当時決死の士, 当時汽船に石炭, 当時汽車の窓, 当時沁み込んだいろいろの, 当時沈没した旅客船, 当時沖縄に革命, 当時沢庵の学識道徳, 当時河原には浮浪人, 当時沸きたたせていた, 当時治療に任じた, 当時法印の位, 当時法師とは一種, 当時法師丸はなお, 当時法王この費用, 当時法院関係の家庭, 当時波江さんにはまだ, 当時泣く子も, 当時泥酔して, 当時注意すべき対立的, 当時洋学者流の心事, 当時洋服に, 当時洋画の展覧会, 当時洋画会の灰一色, 当時洋風の先端, 当時洛北の一寺院, 当時洛外に侘住居, 当時洛邑の遊び女, 当時津村の志, 当時活動して, 当時活溌なルポルタージュ, 当時派手好きの法王たち, 当時流布された巷, 当時流行っていた, 当時流行作家であったと共に, 当時浅井方の勇将, 当時浅草寺の秩序, 当時浅草座出勤少年俳優の写真, 当時浜松辺で暮し, 当時浦上にいない, 当時浦上原頭たるや満目荒涼, 当時浪々の大, 当時浪人仲間でそういった, 当時浮絵と呼びし, 当時海内の随一人, 当時海外折衝の要地, 当時海岸線は車, 当時海賊の大将, 当時海軍奉行として神戸, 当時深く侯の, 当時深夜の諏訪, 当時深川に居る, 当時清正公前に電車, 当時清水寺に属し, 当時清荒神から大勢, 当時渉河の光景, 当時渡米しようと, 当時測量部の人夫, 当時湯治のため, 当時満州事変が始まった, 当時与党として, 当時準備が少し, 当時の側, 当時滋幹はしば, 当時滝川一益はいつのまにか, 当時漁史の見聞, 当時演出を担当, 当時演劇的には最も, 当時演劇革新の運動, 当時演芸道の復活, 当時漢口には一個大隊, 当時漢文では孟子, 当時漢訳から来た, 当時漫遊中の阪谷男爵, 当時漸く盛んに, 当時潜入中の仏人天主教宣教師十二名中九名, 当時濠洲のシドニー, 当時濠洲殖民地の一知事, 当時濫僧屠者, 当時火術弩は壁, 当時火防の為め, 当時灯台光学の泰斗, 当時のよう, 当時災害に遭っ, 当時炎威猛勢にし, 当時烏丸家を出, 当時無名の光秀, 当時無官になっ, 当時無宿降蔵, 当時無宿新五郎と書い, 当時無宿江戸浅草孔雀長屋人別紋日の虎五郎娘, 当時無性な欣びにその半月, 当時無敵は若衆様, 当時無理に撮った, 当時無産派の文学, 当時無縁の墓, 当時無職の旗本, 当時無論真相を, 当時ういふ, 当時焼死して, 当時熊楠が繰り返し, 当時熱心なる自由党員, 当時熱烈なクリスチャン, 当時父伊勢守正倫が詰衆, 当時父祖伝領の六郡以外, 当時片上先生といへ, 当時牡丹模様のメリンス, 当時が少なかっ, 当時物価の高低, 当時物好きな御, 当時物語の面白, 当時物語草子は砕い, 当時物質的苦労社会的現実というもの, 当時犬山城の石川備前, 当時犯人がいた, 当時犯行用と認められし, 当時狂人となつ, 当時狩谷矩之が赤羽, 当時独乙にいた, 当時独仏の表現派芸術, 当時独創的に作り出した, 当時独唱会というもの, 当時独白化しつつ, 当時独逸軍令部の秘密命令, 当時訓練と, 当時猟友として行, 当時猶なかなかに貴い, 当時猶未だ其徴候を, 当時猿マワシの装束, 当時猿之助といつ, 当時玄同と改名, 当時玄徳といえ, 当時玄海灘でおそろしい, 当時王莽纂国の兆し, 当時珍しくない過渡人, 当時珍らしからぬ事, 当時理科大学物理学科の聴講生, 当時理解の限度, 当時琴平町に住居, 当時瑞英二十四歳常は寛政六年生, 当時瓦斯会社の集金係, 当時甘きなやましさを以て, 当時に安んぜずし, 当時生れた子を, 当時生憎と私, 当時生糸の海外取引, 当時産蓐にいた, 当時ひられた香油, 当時用いられた万葉仮名の, 当時用事はたいてい, 当時田ンボの六区, 当時田中首相は内閣, 当時田丸浩平は農業関係, 当時田原村辻川といったの, 当時田口博士は道鏡, 当時田村氏の場合, 当時田舎の小さな, 当時田舎屋を借り, 当時田辺城には松向寺殿三斎忠興公御立籠, 当時男子がなかっ, 当時男性的な華美風流生活, 当時男装して, 当時町じゅう誰知らぬ者, 当時町なかでない静か, 当時町人共の知らぬ, 当時町医ではある, 当時画家や世間, 当時斎が, 当時畜類おん憐れみの, 当時異例の大, 当時異国人のする, 当時異常な人気, 当時異族たる隼人, 当時石, 当時病中であったジョアン, 当時病天才の名, 当時病家として特別, 当時病気療養のため, 当時病牀に侍, 当時病身故慎しん, 当時痛切に感じ, 当時が備後地方, 当時痲痺して, 当時癩病は伝染病, 当時登志子の胸, 当時白い入道雲を, 当時白井雨山先生がフランス, 当時百一戸ばかりの横浜, 当時百人ほどの禅僧, 当時百円の月給, 当時百合子はソヴェト同盟, 当時百花園は尚, 当時な二十代, 当時皆様方の間, 当時皇后は臨月, 当時皇后陛下で在らせられた, 当時皇太子殿下でいらせられた, 当時盗罪の罰, 当時に行, 当時盛むに国民議会, 当時盛名を馳せ, 当時盛名全欧を圧した, 当時目のあたり眺める破損, 当時目付から側用達, 当時目撃した人, 当時目白にはかの, 当時目黒の辺, 当時盲縞の腹掛け, 当時直に一部を, 当時直接行動派の元気, 当時相呼応するもの, 当時相対死と言った, 当時相撲取り中第一, 当時看護婦の小池さん, 当時県吏の権勢, 当時真田久吉君という学校, 当時真砂町に富士見軒, 当時眼病に罹っ, 当時眼鏡はかけ, 当時の倉, 当時矢伏はすでに, 当時矢場の遊び, 当時矢張り銀座に在, 当時矢張有島生馬南薫造の両君, 当時知るに及ばなかつた, 当時知名の彫刻家, 当時知識人にとって現実, 当時石川県のある, 当時石田の意, 当時研究狂といわれた, 当時砲兵工廠と大宮工場, 当時硯友社派の戯作者気質, 当時碧梧桐君の文章, 当時に見, 当時確かに南室, 当時の身分, 当時に生えおった, 当時社交界のよりぬき, 当時社会主義者の群れ, 当時社会事情下におけるアイヌ, 当時社会党のゾルゲ, 当時社会的な生活, 当時社内の, 当時社員の誰人, 当時社長の女, 当時祖母は過度, 当時祝賀の宴, 当時の婚礼, 当時神奈川県令としてマリヤ, 当時神田の三崎町, 当時神田日本橋かけての, 当時神経衰弱の気味, 当時祭酒を向井, 当時禅林のうち, 当時福助は活歴, 当時福山と江戸, 当時福沢翁の慶応義塾, 当時秀吉の居城, 当時秀吉方は山崎以来, 当時秀子はたしか, 当時秀才の登竜門, 当時秀次は聚楽第, 当時私たち日本人はことごとく, 当時私どもと同じ, 当時私ハ諸生五十人斗ハ, 当時私ハ京都三条通河原町一丁下ル車道酢屋に宿申候, 当時私一家が貧乏, 当時私立大学を出た, 当時私立学校ではいくぶん, 当時私達四人はよく, 当時秋川一家は岡山, 当時秋月には少壮者, 当時秘密であったよう, 当時称せられた姦淫が, 当時移植したと, 当時に見る, 当時稀薄でありそして, 当時税務署の課税方針, 当時穂高小学校の首席訓導, 当時積弱の幕府, 当時穢れとした, 当時穴八幡にいた, 当時穴居民族があった, 当時空家であった, 当時空想して, 当時突如とし, 当時窮迫こそし, 当時立ち並んでいた, 当時立川の詰所, 当時竜之介氏も他, 当時競漕の選手, 当時竹内にも自由法曹団弁護人, 当時等閑にし, 当時を引いた, 当時筑摩家は門地, 当時筑摩県の管下, 当時筑紫の真綿, 当時筑紫路から出雲路, 当時箕作博士の用例, 当時箕輪の円通寺, 当時篤太夫また篤太郎, 当時を瑞仙, 当時が一升いくら, 当時米価の廉, 当時米穀も払底, 当時米遊中であった故, 当時籾山書店は祝橋向, 当時精神の明晰さ, 当時精神病学教授として存命中, 当時精鋭をもつ, 当時紀州の家老, 当時十七万人ばかりの, 当時紅葉山人もまだ, 当時紅葉眉山露伴諸家の雅俗文, 当時純粋戯曲というもの, 当時純金は一匁三円五十銭程度, 当時紙数の制限, 当時素人の域, 当時素晴らしい反響を, 当時素直に受け入れられなかった, 当時紡績織物専門学校で紡績, 当時の袴, 当時細野入から黒部山, 当時紹介されなかつたかも, 当時組屋敷小町と評判, 当時経済的困難と政治的動揺, 当時経蔵にいた, 当時結び付けられた白紙や, 当時給せられた地は, 当時絵画における写生, 当時絵草紙屋の下町, 当時絶えずわが微か, 当時絶好のコンディション, 当時絶対の父権, 当時絶滅に帰し, 当時絶讃を博し, 当時継室志保になつて, 当時続々来朝しはじめ, 当時綺麗ざかりの福助, 当時いろはの, 当時総理大臣の代理, 当時緑雨は, 当時編輯の番, 当時編集して, 当時繋留して, 当時織田の長, 当時織田どのに抗, 当時に二十歳, 当時が中, 当時署内切っての老練, 当時羅馬随一の権力家, 当時美人役者絵の画工, 当時美代子は悪く, 当時美作守さまは御, 当時美妙斎の作, 当時美濃国に刀鍛冶, 当時美術を理解, 当時美術史担当の滝清一博士, 当時美術学校は女, 当時美術界に貢献, 当時美術絵画の天地, 当時群小愛国ファッショ右翼団体中の白眉, 当時群臣に与えた, 当時義絶の証, 当時羽織ゴロといわれた, 当時翻訳紹介されたジイド, 当時博士は, 当時老練の誉, 当時考えていた, 当時考えられたる如く十全なりや, 当時考へないでも無い, 当時耶蘇教伝道師となり, 当時聖徳太子が自ら, 当時聖詔すでにその, 当時ゆる茨組, 当時聞いていた, 当時聞えたる有名の, 当時聞得大君以下大あむしられ, 当時聴いた声の, 当時股野は三池, 当時肥前の竜造寺, 当時を比べる, 当時を病ん, 当時胃カイヨーで重態, 当時胸部の病気, 当時く両人, 当時能楽や茶道, 当時脚本は俳優, 当時脱獄囚のため, 当時腸チブス患者はこの, 当時自他ともに, 当時自分自身の身辺, 当時自尊心を傷つける, 当時自己の臣下, 当時自然へのみずみずしい, 当時自然主義文学に対してはっきり, 当時自然哲学は主として, 当時自由党領袖等と屡々, 当時自由華やかな時代, 当時自身経験し又, 当時興味の少ない, 当時舞台の上, 当時舶来の珍しい, 当時舶来エレキ屋の三一旦那, 当時の乗組一人位, 当時船体の内部, 当時艇長以下二百名の将兵, 当時三と, 当時良人はきびしい, 当時良覚という坊さん, 当時色々の批評, 当時のユニテリアン教会, 当時芝三光町に居, 当時芝三田の四国町, 当時芝居噺の当時, 当時芝雀はまだ, 当時花柳界では客, 当時芳名香しいところ, 当時芸者もしくは淫売, 当時芹沢東洋は絵画そのもの, 当時若々しい希望に, 当時若く未熟で, 当時若人の心, 当時若年の翁, 当時若年寄を勤め, 当時若狭守用人三浦七兵衛から豊後守, 当時英三は十六, 当時英仏の好事家中浮世絵, 当時英俊豪傑が竜顛虎倒, 当時英国公使として日本, 当時英国政府は国教, 当時英国政府信教の自由, 当時英国留学中であったが, 当時英学にかけてはその, 当時英貨一ポンドはおよそ, 当時范氏中行氏の乱, 当時茅場町に, 当時茶の湯の盛, 当時草茫々とした, 当時荒い黄羽二重の, 当時荒物屋で鬻いだ, 当時荘園一般の例, 当時菊池容斎の高弟, 当時菩提寺の過去帳, 当時華蔵寺に居られた, 当時菱谷沢は二十七歳, 当時著者は自分, 当時蒔岡家では雪子, 当時古方面, 当時蒲田にゐ, 当時蔓延滋茂せるは, 当時蔵元屋の娘胴切り事件, 当時蕪木君は, 当時祿に, 当時薩兵の勢, 当時薩摩の村田新八, 当時薬師寺の方, 当時薬舗を営み居たる, 当時藤原信輔といえ, 当時藤島武二画伯が好ん, 当時藤村は本郷, 当時藩主勝成公は本領安堵, 当時藩学新たに建つ, 当時藩職におっ, 当時蘭軒の病候, 当時蘭軒一派の学者, 当時蘭軒三十八歳妻益三十二歳で子供, 当時を採っ, 当時蛮陬夷落であり虜陣戎庭, 当時の国情, 当時蝉表職中一の手利, 当時蝦夷のなお, 当時蝦夷以外の俘囚, 当時蟻田老博士は行方不明, 当時の花, 当時血気な私初め傍, 当時衆愚の嘲笑, 当時衆議院議員選挙の猛烈, 当時行かれなかった日本代表たちの, 当時行って見る, 当時行三と称した, 当時行動主義を唱えた, 当時行方不明の形, 当時行軍の疲労, 当時表向きに騒い, 当時表面上は幕府法律, 当時被告は聖書会社, 当時被告支倉の姦淫, 当時被害者とは距離, 当時に十七歳, 当時裁判長のウエッブ, 当時西丸にいた, 当時西台の御, 当時西国の博多, 当時西村渚山君が編輯, 当時西欧羅巴やアメリカ, 当時西洋人と云, 当時西洋人以外着て, 当時西洋音楽というもの, 当時西経三十三度南緯三十一度のところ, 当時西行にひとしい, 当時西語にいわゆる, 当時西遊途上にあつ, 当時西郷の敗亡, 当時西鶴の名, 当時見番の取締, 当時見習士官として北, 当時規則正しい陸軍志願の, 当時覗き眼鏡が望遠鏡, 当時覚えたものであろう, 当時親師匠のため, 当時親房は出家, 当時親父がまだ, 当時親爺には妻子, 当時観念小説とよばれた, 当時角砂糖は市価一斤二十三銭, 当時解放された町餌差, 当時穢の, 当時触目する新聞雑誌の, 当時言った神尾の, 当時言文一致は小説以外, 当時言論一般が如何なる, 当時言論報道は全く, 当時計画して, 当時討幕の官軍, 当時記者生活の月収, 当時訴訟になんら, 当時証人はこの, 当時評判東都花ごよみ桜花の巻一節, 当時詠進の歌, 当時試みたそれよりも, 当時話しておいた, 当時該案の議題, 当時詳細に伝えられた, 当時誠心国を憂うる, 当時誤解したもの, 当時誦した古歌, 当時説教を聞き, 当時読まないで近年, 当時読み下せなかつたのは, 当時読んでおられた, 当時読売の文芸部長, 当時誰一人として相手, 当時課役を避けん, 当時調べたことを, 当時調査した処, 当時諏訪藩は佐幕党, 当時論じられた日本の, 当時論者は政府部内の人, 当時諭吉は旧, 当時諷刺と諧謔, 当時諸人の目, 当時諸国にやかましく, 当時諸国紛端の折, 当時諸家の企てし, 当時諸説紛々で初め, 当時となっ, 当時の中心, 当時講師であった桑木さん, 当時講武所にある, 当時警視庁の官房主事, 当時谷中善光寺坂下にあつ, 当時谷崎氏は在来氏, 当時堪説, 当時豊後は内乱, 当時象山は果して, 当時豪傑といわれる, 当時豪商紳士で大黒様, 当時豪奢の名残り, 当時豪放豪快な画風, 当時貞雄さんはまだ, 当時貧乏でまだ, 当時貧乏党共和党と云, 当時邦に, 当時貴方の脳裡, 当時貴族院には或は, 当時貴族院議長たりし, 当時買い集めた西洋名画の, 当時賀茂川は勝手, 当時かな大西洋, 当時しと, 当時贈り物にした, 当時赤坂の竜土町, 当時赤城榛名妙義や男体浅間, 当時赤城横町は日蓮, 当時赤露非常委員会の間諜連, 当時赫々たる西郷, 当時走ることの, 当時起草委員より編纂, 当時越前守を勤める, 当時越後から京都, 当時越後新報の編輯長, 当時越路太夫と云った, 当時に負傷, 当時足利義輝の師範役塚原卜伝, 当時足尾の鉱山, 当時足疾は猶, 当時蹴鞠が京都, 当時躋寿館で校刻, 当時身体の調子, 当時身分を落し, 当時軍事革命委員の一人, 当時軍国主義日本の文化統制, 当時軍士のうち, 当時軍用ビスケット製造の話, 当時軍監附きの, 当時軍職を失ひたる, 当時軍隊統御の困難, 当時軽からぬ腸加答児, 当時軽部から間者, 当時輸入した二台, 当時辞書が読み物, 当時農地解放なぞで家, 当時農学者という, 当時農相から内相, 当時辺鄙なところ, 当時辻本君の一行, 当時祖母を, 当時処の, 当時近代音楽の勃興時代, 当時近松の題材, 当時近習小姓であった, 当時近習詰になっ, 当時近親の者, 当時迷信家達の間, 当時退屈し切って, 当時退隠相願い, 当時送り来りし新, 当時逓信大臣星亨は東京市参事会, 当時通りにし, 当時通学して, 当時通常で且つ, 当時通用の新, 当時通知のハガキ, 当時逢った切り久しく, 当時連合軍総司令部, 当時連隊長が神経衰弱, 当時進歩党は内閣, 当時進歩的であったブルジョア幹部, 当時進歩的イデオローグが取り上げた, 当時運動に無関係, 当時道中するものの, 当時道子は令嬢, 当時道家には中気真術, 当時道江にとくべつ, 当時道瑛令図が猶, 当時道連れになつて, 当時道鏡の党, 当時道頓堀の櫓, 当時と云, 当時遠山と申す, 当時遠島を申し渡された, 当時遭遇した事実, 当時選科の学生, 当時郡長をし, 当時都人の中, 当時都市の労働者, 当時都新聞の主筆者涙香小史君, 当時都鄙を分たず, 当時酒田に君臨, 当時酷評とされ, 当時の奴, 当時醤主席およびその, 当時重大なる戦術問題, 当時重患の病床中, 当時野中又五郎が反対, 当時野党の中堅, 当時野口君の新聞, 当時野戦病院にし, 当時野村君は一年, 当時野火のよう, 当時を持っ, 当時金銀の運搬, 当時鈴木君を動かした, 当時鈴木春信が一枚刷, 当時鉄道開通祝ひの村, 当時銀座有数の美貌, 当時銭塘地方の港場, 当時鏑木清方氏は, 当時鏡花先生は三十五, 当時鑑定に来, 当時長兄が一年志願兵, 当時長刀の師, 当時長姉の安宅先生, 当時長安の中央政府, 当時長崎在留の異国人, 当時長崎奉行の下役, 当時長州ニ人物なしと, 当時長州兵を敵, 当時長州壮士が練兵館襲撃, 当時長州征伐のこと, 当時長州藩京都留守居役乃美織江の手記, 当時長江に沿うた, 当時長男今滋, 当時長谷寺には乳母, 当時長谷川時雨女史によって創刊, 当時門人十九人が寄宿, 当時門弟達は佐助, 当時開港場として盛ん, 当時間牒審問に関係, 当時関八州は管領, 当時関屋孫兵衛というひとり息子, 当時関東は幾, 当時関東方について北条氏, 当時関東軍司令官は白川大将, 当時関白殿下の御, 当時関西にまで響い, 当時関野君の見られた, 当時閥族政府へ肉薄, 当時閨秀歌人として水戸, 当時阿波の御, 当時阿部伊勢守正弘は老中, 当時阿部家に仕え, 当時陸軍の負傷兵, 当時陸軍大学の教官, 当時陸軍大学幹事坂部少将から熱心, 当時陸軍大臣林銑十郎に書面, 当時陸軍少尉で首里, 当時陸軍御用商人ブウルガンの所有, 当時隅田川上流の蒹葭, 当時隆太郎小学部六年に在り, 当時隆盛な左翼文学, 当時階下の広間, 当時階級運動に従っ, 当時随行部下の諸, 当時隠居信政は六十五歳, 当時隠退して, 当時の室, 当時隣組長をし, 当時雅典市にヒポクラテス, 当時集っていた, 当時雑書を背負っ, 当時雑誌や単行本, 当時雑誌ザムボアに出した, 当時雑誌発行というよう, 当時雑説紛々の折柄, 当時降りて, 当時雨村君にも未だ, 当時雲浜の収入, 当時雲潭を肥前国, 当時電灯さへ点かなかつた, 当時電話はドイツ語, 当時霊南坂にあった, 当時霞が関を上邸, 当時霞亭は既に, 当時霧渓は養父錦橋, 当時露伴が非常, 当時露助が大連, 当時青年俳優中の粋, 当時青木も石村, 当時青竹の手摺, 当時青野季吉によって鼓舞的, 当時青鞜社同人の名前, 当時非人と呼ばれた, 当時非凡なる学士, 当時面白く読んだもの, 当時の浦, 当時鞍馬寺境内に公卿, 当時韓地にも牛馬, 当時音楽にかけて第一人者, 当時音楽家らを両, 当時音色がしだいに, 当時承の, 当時須磨子の勝気, 当時須磨寺の里, 当時の禿げた, 当時頻りに反対し, 当時頼つて行つたのは頼山陽門下, 当時頼まれて講演, 当時頼春水の寄せた, 当時類型化に対する注意, 当時風間は奈落, 当時風間さんの宅, 当時風雅を以て鳴っ, 当時飛騨国の地頭職, 当時飛騨山脈の一部, 当時飛鳥も落ちる, 当時食堂の二階, 当時飯田町五丁目の早瀬主税, 当時飯田藩で間道通過, 当時飲宴がしばしば, 当時養家で建て, 当時養父信崇三十四歳養子信平十三歳であつ, 当時養父錦橋六十六養母沢三十七杏春の瑞英十六, 当時養痾中の外游, 当時香以の姉夫, 当時香港の別荘, 当時に乗りくたびれる, 当時馬琴が戯作, 当時駈けつけて親しく, 当時駒井能登守を一流, 当時駿三は二十五, 当時駿河の国府, 当時駿河台の私邸, 当時の肉, 当時と皮, 当時高山では売れっ, 当時高橋定次郎氏が自ら, 当時高田は宇都宮, 当時高畠夫妻にとってその, 当時高等学校生徒であった自分, 当時高級劇場だった, 当時高輪へ書い, 当時高野山には僧兵, 当時高麗人日本を畏, 当時を麻糸, 当時鬼歓といわれた, 当時に張, 当時魚屋にて仕出し, 当時魚星座に著しい, 当時鮎川紅子と名乗っ, 当時鰥夫暮しで二人, 当時鱗形屋の定, 当時鳴らした八丁堀合点長屋の, 当時鴈治郎一座は殊に, 当時鴨川の如き, 当時鷲印ミルクは舶来, 当時鹿鳴館, 当時鹿児島で名声, 当時鹿児島県に移っ, 当時麻布一帯は素晴らしく, 当時麻布六本木に住ん, 当時黄色の服, 当時黄金がお, 当時黄金時代の日大三中, 当時黒坂は自分, 当時黒岩君を始め内山, 当時黒川徳三郎四段や上田愛桂四段, 当時黒門さどうだち, 当時龍馬は姓名, 当時JO撮影所の脚本部員, 当時SSに使っ