青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「当日~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~当て 当て~ 当の~ 当り~ ~当る 当る~ 当人~ 当分~ 当局~ 当惑~
当日~
~当時 当時~ ~当然 当然~ ~形 形~ 形容~ ~形式 形式~ 形態~

「当日~」 1036, 11ppm, 10057位

▼ 当日~ (243, 23.5%)

3 朝に 2 ことを, 会葬者一同には, 夜は, 天候は, 御馳走は, 朝から, 朝の, 朝は, 模様を, 試合に

1 [220件] うちに, お物入り, きまりすら, ことであった, ことです, ことに, ことについては, ご盛儀, ために, はなし, ぱっとした, もっとも重要, ものが, クリストフの, トバの, ハマ子は, レポートを, 一番当り千両の, 七ツ, 三番浮標を, 不首尾から, 主に, 主人側には, 主唱者であり, 主客以外窺い知る, 久美子夫人の, 九つ半ごろに, 事上層に, 事実である, 二十日であった, 人足である, 会場たる, 会葬者の, 会衆は, 会計は, 会計を, 会議で, 会議には, 余興にとて, 作戦命令を, 使用量を, 供奉警衛に, 倉田と, 光景を, 光栄ある, 八幡社前へは, 内達に, 出席者たる, 出席者である, 出席者は, 出来が, 出来事であった, 出来栄に, 勝負を, 十二禽の, 午すぎに, 午前中の, 午後である, 午後でございました, 午後八時前後黄塵に, 午頃にな, 印象が, 印象を, 参会者は, 参衆は, 同伴な, 吟味を, 呼びもの新郎左近倉平の, 呼び物に, 四日には, 地謡の, 場合に, 場所時刻承知の, 壮観が, 売上高の, 夕刻部落の, 夜更けに, 大呼び物, 大導師, 大講会に, 大釜の, 天候その他出来る, 天候としては, 天候や, 奉行役としては, 奮戦振りは, 姿, 婿君の, 媒灼人たる, 定刻に, 客は, 寒暖は, 導師の, 少し前, 居士の, 山車屋台の, 幹事は, 序の, 式服だけ, 当直だった, 彼の, 往来筋は, 御道筋, 御馳走の, 御馳走を, 思出だった, 悪条件が, 慰安会は, 戦場と, 戦略とかいう, 所を, 所在には, 所在行動等につき, 所持金の, 振袖長襦袢丸帯白襟帯止等は, 挿花は, 捕虜収容所と, 接待とか, 料理方を, 新聞を, 新聞広告の, 新聞紙を, 日曜日に, 日曜日の, 日記に, 昧爽西町奉行堀利堅に, 昼間が, 景気は, 景観だけでもと, 暴風と, 最大の, 朝九時頃に, 朝僕が, 朝同じ, 朝庄五郎が, 朝空は, 来ないうち, 東雲御覧という, 根岸庵の, 案上案下の, 案内接伴役は, 楽器を, 様子を, 標語が, 模様から, 模様だった, 模様について, 模様物珍らしき, 次第を, 正午ごろ彼は, 正客は, 気温湿度気圧等の, 気象状態航空船の, 決潰に, 決議としては, 決闘振が, 沿道ご, 泊まり客は, 消印を, 清洲城は, 清興を, 演説を, 演説家を, 潮流の, 牡丹餅は, 生贄と, 用意万端怠る, 番組も, 異常な, 異常の, 発言者は, 白眉と, 的は, 盛儀を, 盛餐に, 目付頭だ, 相手としては, 相撲を, 真相を, 私の, 立会人として, 競技種目は, 結び相撲だった, 緊急村会はめ, 総収入, 胆いりである, 能の, 舞い人, 船止めの, 花嫁の, 茶会を, 荷物に, 葬儀は, 行動を, 被害の, 裏切を, 見物に, 訊問に, 討論においても, 討論会を通じて, 記事でも, 記憶が, 試合は, 説教の, 請願一行に, 諸準備, 講演が, 講演会に, 賑の, 賓客は, 賞金は, 進退に, 配車状態などから, 野試合定めし, 音楽打合せを, 頭髪を, 食品中日本の, 騒ぎなどは, 騒ぎの, 黄塵は

▼ 当日~ (170, 16.4%)

4 朝から 2 自分は

1 [164件] あいにく雨, あくまでもお前さん, あすこを, いつもの, いろいろの, いわゆる文明開化, お互いに, お嬢様極彩色で, お誂え, けっして精進, ここを, この商談, これで, ご前, すでに明日, その親族, それで, ちょうど新帝, とにかく成績, どうやら出し, びしょびしょ降, ふらふらする, まことに万事, もうお, やはりご, わが面前, わざと粗酒一献, イースターの, オトキの, オーカミイナリに, クリスマスなりとて, コロンブス米国発見の, セビロである, 一しょに, 万一の, 上達部殿上人は, 不二見台, 両人で, 両人とも, 久しぶりの, 久方ぶりで, 乗物をも, 予想以上の, 伊藤が, 休業屋台の, 会の, 伺候の, 何かの, 何も, 何十万人が, 先づ被告が, 全市電車が, 公務多端の, 兼ねての, 写真乾板を, 冬には, 出席する, 別に客, 別荘中が, 加代子さんに, 午前十時十分前に, 午前夜分両度礼拝式が, 午少し, 南蛮流の, 参考品として, 参詣人が, 名前は, 和尚には, 哲学館出身高木真一氏も, 四人が, 四時間暇が, 土曜日だ, 夕霧自身が, 多忙の, 大谷君中村久四郎氏, 学校の, 学校を, 小僧に, 小間物やが, 居合わせなかったが, 山田氏羽仁氏にも, 島田三郎松村介石蔵原惟郭などの, 市内を, 市内三番町の, 年中一回の, 彼は, 往来を, 往来止めに, 御一門, 御主, 御気分, 心から合掌礼拝, 必ず何, 必ず大紋烏帽子, 必ず御, 応援団を, 恒例の, 愚か暫く, 戸ごとに, 打揃っ, 披露を, 数十軒の, 新郎まず, 日曜なれ, 日本の, 明治初年以来父が, 昔の, 星が, 是非お, 昼食後バカテル倶楽部で, 曇天だった, 朝の, 朝は, 本所の, 村民一同夜の, 楽屋へ, 欠席した, 江戸城三十六見付総ご, 決して焼い, 河原へ, 混雑しない, 清らかな, 烈しい黄塵, 無論私, 特にわざわざ店, 界隈の, 番頭自身が, 病人が, 白紙に, 百合子と, 皆鐘の, 祝日に, 神奈川辺の, 神家の, 私は, 秋ばれ, 立三味線が, 竜子は, 算えるべからず, 米かしとて, 終日夫人と, 臨時の, 自分の, 自宅の, 若主人, 表門を, 袴を, 袴羽織で, 見事に, 親戚朋友の, 詩人の, 誰と, 警察官は, 賑やかな, 赤飯を, 近郷中の, 返りの, 門内の, 雪が, 面会の, 面白半分, 香椎の, 騎兵の, 鶏卵を

▼ 当日~ (90, 8.7%)

17 なると 7 なって 6 なりますと 5 なった 4 なりました 3 至って, 限って 2 相成り蒲生殿, 至りて

1 [41件] いたって, おくれたり, かれは, しかもお, そんなこと, なったが, なっても, なつた, なりましたが, なり同僚たち, なり玉座, のつ, はじめて出かけた, 一年に, 五百は, 付御, 使者が, 及び女王船員, 家内が, 当りますので, 当るとは, 愛樹を, 手柄を, 拘引された, 於ける上映映画, 早す, 暴れ込んで, 狂言が, 百円の, 竹内さんが, 臨んだ, 至るまで, 行列の, 行衛不明, 被告人の, 逃げたまま行方不明, 遊びに, 鉄漿親へ, 開校した, 間にあわなくなるぞ, 限り

▼ 当日には~ (30, 2.9%)

1 [30件] すでに日本, だいぶ飛び入り, どの生徒, なかなか人, ほど近い七里ヶ浜, まず会主, インカを, 三方おそろいにて, 九人の, 二人で, 二千人の, 代理の, 先方から, 分るこった, 勅使も, 半蔵は, 半裸体, 在国の, 媒介役の, 尊氏は, 祗候せぬ, 紹興酒の, 繩手通り三条通りから, 見物人を, 詮索が, 赤飯を, 辻, 近村からさえ, 遠い所, 首府オスロへ

▼ 当日~ (21, 2.0%)

3 なった, なって 2 なつて, なりました, なれば 1 なりその, なりますと, なると, 云うこと, 云ふ, 同じこと, 同じ人数, 大して変り, 違った点

▼ 当日から~ (17, 1.6%)

1 [17件] あるいはこんな, この神, だ, でございます, 一昨日までに, 三日に, 争いを, 亭主の, 人が, 今日で, 俄に, 信二の, 初七日, 大っぴらに, 支配人の, 生々流転, 相当に

▼ 当日まで~ (17, 1.6%)

1 [17件] これを, ずゐぶん世話, そこに, そんなこと, ペンを, 一箇月ばかりは, 両判事, 二人は, 全く不明, 実際何ん, 居られました部屋, 彼は, 彼女に, 待て居るの, 斎に, 趙子, 野庭と

▼ 当日~ (13, 1.3%)

3 来た 2 きました, 来ました 1 きた, きて, グード・フライデイの, 来る, 正月早々である, 生憎雨天

▼ 当日~ (13, 1.3%)

1 [13件] いた木下藤吉郎, かなりおそく, そのため, もちろんその, 一切見物の, 今生の, 六人の, 変った事, 手隙を, 散歩を, 机を, 盛装し, 船で

▼ 当日~ (11, 1.1%)

1 [11件] 使い御, 千を, 半と, 半の, 呼び出しに, 夏さんが, 浜にも, 熊さんが, 立会いなさるの, 能見物の, 電話します

▼ 当日~ (10, 1.0%)

1 何の, 待って, 待つという, 忍ばせるよう, 悠々一睡, 手グスネひい, 期して, 楽しみに, 気構えた若, 過した

▼ 当日~ (10, 1.0%)

1 が先生, が本陣, が腹, の講演, はたった, はひとり書斎, はコンパニオン, は出, は妻, は白張提灯

▼ 当日その~ (8, 0.8%)

2 場で 1 ような, 二人を, 内に, 日です, 時びっくりし, 檀那寺に

▼ 当日~ (8, 0.8%)

1 かけて, かの閑人ども, この雨, ほうぼうの, 厶ります, 幹枝永眠す, 林之助は, 牛込見附の

▼ 当日~ (6, 0.6%)

1 のだ, ので, のです, ので事件, ので伊勢屋, んだ

▼ 当日この~ (4, 0.4%)

1 夜は, 招待状を, 日は, 部屋へ

▼ 当日であった~ (4, 0.4%)

1 かと思う, が検事, ことある, ので話し手

▼ 当日より~ (4, 0.4%)

1 一日も, 五六日目若しくは, 母馬その, 路頭に

▼ 当日~ (4, 0.4%)

1 から出かけ, の気象状態, 早くから山, 早く私

▼ 当日あの~ (3, 0.3%)

2 件を 1 塀を

▼ 当日ここ~ (3, 0.3%)

1 へ来る, へ移っ, をたつ

▼ 当日だけ~ (3, 0.3%)

1 です, ひそかに, 雇われた媒酌人夫妻

▼ 当日である~ (3, 0.3%)

1 ということ, といふこと, と薫

▼ 当日どこ~ (3, 0.3%)

1 ぞお, へ行った, へ買いだし

▼ 当日なれ~ (3, 0.3%)

1 ばとてわざ, ば夕涼, ば孝助

▼ 当日にな~ (3, 0.3%)

1 つてまた, つて今日は, つて講演の

▼ 当日までに~ (3, 0.3%)

1 だれか, 上様を, 集まった武士

▼ 当日~ (3, 0.3%)

1 婚礼の, 持参下さっ, 祝儀御

▼ 当日~ (2, 0.2%)

1 つたかも, つたと

▼ 当日だけは~ (2, 0.2%)

1 オリンポスの, 着せて

▼ 当日でありました~ (2, 0.2%)

1 せいか, ので東京市中

▼ 当日よりも~ (2, 0.2%)

1 むしろそれ, 五日十日と

▼ 当日三人~ (2, 0.2%)

1 が連れ立っ, して

▼ 当日主人~ (2, 0.2%)

1 の因幡, や重吉

▼ 当日~ (2, 0.2%)

1 のほか, の来

▼ 当日~ (2, 0.2%)

1 が識, は車

▼ 当日先生~ (2, 0.2%)

1 が奥さん, には私ども

▼ 当日出席~ (2, 0.2%)

1 すること, せられたやう

▼ 当日午後~ (2, 0.2%)

1 にはもう, の四時

▼ 当日同氏~ (2, 0.2%)

1 が聖上, は実に

▼ 当日定め~ (2, 0.2%)

1 の二鶏, の刻限

▼ 当日~ (2, 0.2%)

1 の中, を出る

▼ 当日建物疎開~ (2, 0.2%)

2 の勤労奉仕

▼ 当日~ (2, 0.2%)

1 のささげた, は椅子

▼ 当日津右衛門~ (2, 0.2%)

2 の霊

▼ 当日清正公前~ (2, 0.2%)

1 から電車, に電車

▼ 当日現場~ (2, 0.2%)

1 から余り, に居合せた

▼ 当日~ (2, 0.2%)

1 一の, 一回の

▼ 当日約束~ (2, 0.2%)

1 の貸金元利, の金

▼ 当日~ (2, 0.2%)

2 武が

▼ 当日限り~ (2, 0.2%)

1 でヒマ, のもの

▼1* [280件]

当日いよいよ手入れが, 当日いろんなことを, 当日お昼過から, 当日かえって多事なり, 当日からというから, 当日さし上げるお, 当日さしつかえができ, 当日ぶんの, 当日すなわち八月四日かね, 当日そこで見た, 当日たしかに水野家へ, 当日ただちに内田臨時首相を, 当日ただ一人で亀井戸, 当日たった一艘入港する, 当日だけにそれが, 当日だったそうで, 当日であろうが, 当日ですが円朝, 当日でなくその翌日, 当日ではなかつたかと, 当日でもあるから, 当日という夕方甚八が, 当日とはなった, 当日どのやうな, 当日なぞもそう, 当日なにか事が, 当日なにごとも起こらなかった, 当日なりしとぞ, 当日なりと申越しければ, 当日なる由にて, 当日にも普通の, 当日にわかに高熱を, 当日ばかりでなくそれ, 当日また寒風の, 当日までの利子を, 当日までは私は, 当日まるでお芝居, 当日やはり吉岡さんは, 当日やむをえざる故障ありし, 当日ゆえそれとなく今日殿様, 当日て, 当日わざわざ遠方の, 当日わたしたちが食わされた, 当日われは破, 当日アパートメントの入口, 当日アメリカの共産党, 当日ガスコ氏をこの, 当日ガマ六が酒, 当日コロンブス発見の往時, 当日スティヴンスンはサモア語, 当日セラダは法本, 当日セン・ドニの集会, 当日デンマアク大使のため, 当日ドンナ事になる, 当日ドーブレクは自分, 当日ナポレオン翁遠謫, 当日パリーへ帰りついた, 当日マーキュリー新聞社主および博物館長, 当日モンセーニュールの邸宅, 当日リバプール出航の約, 当日ルター宗の各, 当日一千人分の名物栗強飯, 当日一同が打ち解けた, 当日一般信徒のとりかこむ, 当日一首を浮かぶ, 当日七つ松の辻, 当日三度目の応召, 当日上場の効果, 当日上野の音楽学校, 当日忍, 当日不在又君, 当日主君の師直, 当日亀千代の前, 当日事件発生前の動静, 当日二人曳きの, 当日二科会員熊谷守一氏を招待, 当日五千二百何十円在中の一個, 当日京極家の武名, 当日人々が案じ, 当日の場所, 当日以外は見せられない, 当日以後今夜小六がそれ, 当日以来一ツしかなくなっ, 当日休業にし, 当日の催される, 当日会員以外に多数, 当日会場整理の任, 当日会社にいた, 当日伯母の怒り, 当日伯父の護衛役, 当日伴天連ろどりげ同道, 当日何月何日の何時ごろ, 当日何者に仮装, 当日入場のもの, 当日全市においては鐘, 当日八幡社の広場, 当日は華やか, 当日兵法試合のうち, 当日出来て居る, 当日出来したデスマスクが, 当日切符より得たる, 当日判事たちが乗った, 当日に役に立たなくなり, 当日加島に夜営, 当日十一時にオルゴール, 当日少し下る, 当日午前十一時三十五分駅着の電車, 当日午前十一時頃までに天和堂, 当日午前十時半出入を禁じありたる, 当日午後一時に下山, 当日午後二時頃渋谷道玄坂の青木堂, 当日午後六時ブリュッセル市に着す, 当日午餐には菰樽二挺, 当日卓越した商売人, 当日参ずるものは, 当日参観者の名簿, 当日参詣人は百二十九人, 当日参集した人々, 当日又はその前日, 当日叔父の定次郎, 当日召しいだされた連中は, 当日叱られたということ, 当日吉祥寺裏のお, 当日州の, 当日同所にて有名, 当日同族の暴挙, 当日同行者の一人柳川文吉氏詩, 当日名代の京極金比羅, 当日名簿と人員, 当日呉一郎が福岡市, 当日哲夫はお母さん, 当日喜平は何時, 当日四時半頃の事, 当日城下若松桂林寺町早山かもんのす, 当日報酬をいただく, 当日外部から忍び込んだ, 当日の十時, 当日大隈故侯, 当日夫婦の交, 当日安川さんが見え, 当日実際に舞台, 当日宴会の刻限, 当日家中列座のなか, 当日富士山を飾った, 当日審査員間で論争, 当日寺院には早朝, 当日尊者はその, 当日小作の挿画, 当日小生が撮影五枚, 当日山城守は悪政, 当日岩殿の前, 当日市内の大, 当日はもちろん, 当日幸いに傷, 当日広島からやって来た, 当日庄司署長と共に出頭, 当日府中火気厳禁の事, 当日の欄, 当日当夜の印象記, 当日彼ら二人が郊外, 当日後閑さんと最も, 当日御所警備を命ぜられ, 当日徳永直の報告, 当日志した奥州路に, 当日志呂足の次女宇礼, 当日恐らく全校数百の, 当日懐中にお, 当日房吉は女房同行, 当日手洗場の水, 当日手洗所の鏡, 当日打ち揃って聖堂, 当日打連れて神田見附, 当日払暁から続々, 当日拝受して, 当日持っていた, 当日支店から到着, 当日散歩のみちすがら, 当日旅行を忌む, 当日早速買って, 当日昭憲皇太后さまは純白, 当日時間は午後六時, 当日朝八時より午後三時, 当日朝刊の諸, 当日の刻, 当日材木屋来たって, 当日来なかった連中の, 当日来会せられて, 当日来邸して, 当日が村, 当日案内を受けた, 当日極めて謹慎し, 当日正午になっ, 当日正真の十二時, 当日武島町の一室, 当日毎日新聞社のヴエランダ, 当日毛利先生がその, 当日気候にわかに春暖, 当日水野の家, 当日江戸城内で事件直後, 当日汽船サンタ・カタルヘナ号に乗っ, 当日法廷に立つた, 当日流儀の晴業, 当日浅草へ行った, 当日浅草観音へ参詣, 当日深夜に失火, 当日十八歳に, 当日演壇に上つて, 当日無一文で外出, 当日牧山翁は珍, 当日特に変った御, 当日盗みだしてき, 当日目撃した所, 当日て出た, 当日着くように, 当日着る着物を, 当日私たちの着きます, 当日私非番のため, 当日窓口が即座, 当日立ち会うようにと, 当日端舟と楽隊, 当日の外, 当日総裁として何, 当日総領事斎藤幹氏および郵船代理人バクスター氏, 当日出で, 当日羽山の義兄, 当日羽衣を勤めた, 当日自ら問うた問題, 当日自分の手, 当日自殺したの, 当日のそば, 当日花婿の楯彦氏, 当日花川戸へ行っ, 当日苅谷邸は警官隊, 当日華々しく対局を, 当日藤井実氏サンチアゴより来, 当日虹汀は自ら座, 当日蝋人形の前, 当日行つて見ると, 当日行われたいわゆる, 当日被告一同の弁護人, 当日見物席に来合わし, 当日試験場へ行く, 当日読書すること, 当日を連れ出した, 当日財産を分与, 当日に着け, 当日身許の知れない, 当日軍人テロル団が撒いた, 当日軽傷なるも, 当日近郷の各, 当日逃げ迷った道すがら, 当日逃げだした弱虫の, 当日遊びにき, 当日邦楽座の聴聞席, 当日郊外にて詠じたる, 当日郡長や孵化場長, 当日都田川の刑場, 当日金龍山下をたずねた, 当日鈴本亭の前, 当日鉱泉宿へ遊び, 当日銀行から引出された, 当日長髪のまま点呼場, 当日開会前にまず, 当日関係者多数の面前, 当日限り私は狂人, 当日階下から茶, 当日集まった者の, 当日雪子は姉妹たち, 当日電車に乗らなかった, 当日霊前に読み上げられた, 当日餅団子を作り, 当日首相官邸で殺された, 当日駒ヶ嶽の為め, 当日駿河屋の養子, 当日騎兵の内一馬, 当日高輪の月見茶屋, 当日をあたり大島, 当日魚銀が才川家, 当日をとらえた, 当日鷹地の御用狩屋