青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思います~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~怖い 怖い~ ~思 思~ ~思い 思い~ 思いがけない~ ~思いました 思いました~ ~思います
思います~
~思い出 思い出~ ~思い出し 思い出し~ ~思い出した 思い出した~ ~思い出す 思い出す~ 思い切っ~ ~思う

「思います~」 1603, 17ppm, 6588位

▼ 思います~ (732, 45.7%)

13 いかがでしょう, どうでしょう 10 私は 9 それは 8 如何でしょう 7 これは 6 私の 5 私には 4 いかが, それも, それを 3 ああいう, いかがです, ここに, しかしその, その前, どうです, 二人は, 何う, 私が

2 [24件] あなたが, あなたの, あなたは, あなたも, いかがな, いつもの, これが, そのまえ, その時, それが, それでは何, それについて, どうしたら, どんなもの, よろしゅうございます, 万一にも, 今の, 今日は, 併し, 先生は, 彼は, 村の, 残念ながら, 私も

1 [574件 抜粋] ああそうそう, あいにく今, あくまで童心, あたしは, あなたと, あなたわたしに, あなた余りくよ, あのひと, あの子, あの時, あの西洋館, あまり多人数, あらゆる美徳, あるいは何, あるいは必ずしもそう, あるいは被害者, ある条件, あれくらいの, あれらは, あんまり常識外れ, いいでしょう, いえたいてい, いくら私, いささか考える, いつしか伝統, いつぞやの, いつもそん, いつネマキ, いまは, いろいろ実にわかります, おさしつかえ, おゆるしください, おゆるし給わりましょう, お前さんの, お前さん厭でございます, お勤め先, お多忙, お定さん, お気の毒, お父さま, かいつまんで, かくの, かの凶悪, けれども私, ここから, ここで, ここでは, ここでも, ここは, こちらには, ことによったら, このこと, このパヴロヴァ, この三四カ条, この上, この事, この二人, この帳場, この材, この玉ころ, この男, この記録書翰中, これくらいに, これだけは, これとても, これにも, こればかりは, これまでも, これも, こんどの, こんなこと, こんなふう, こんな場合, ご令息, ご案内, さきに, さすれ, さっそく平野警部, さてそう, ざんねんながら私は, しかしおそらく, しかしそうそう, しかしそれ, しかしとかく, しかしどういう, しかしハッキリ, しかし中国, しかし今度, しかし優れた, しかし此奴, しかし母親, しかし私, しかるに質屋, しばらく拝借, すでにもう地, せめて何, そいつを, そいでも, そうしよう, そうすれ, そうで, そうでなかった, そうでなけれ, そう批評, そこが, そして皆さん, そのお詫びかたがたお便り, そのとき, そのほか, そのよう, そのハンザキ大明神, その三軒, その事, その命, その坂本, その夜, その実例, その当日, その後半, その時期, その景色, その次, その灰汁, その為, その生命, その船, その運用, その道が, その達, その頃, それではいくら, それでも様々, それでも衛生, それとも, それならその, それに, それにしてもあんなに, それによって, そればかり, それよりも, それ以外にわたるかも, そんなこと, そんなこんなで, そんなら, そんな意味, たいくつ, たしかにこの, たしかに家族手当, ただああ, ただの, ただ今は, ただ大きな, ただ女, たぶんそう, だんだん勧める, ちょっと耳, つまり気流, できるだけこまかく, ではそう, でもやつ, でも私, ときおり御, とにかくこれ, とにかくそういう, とにかく北方, とにかく古くから, とにかく立派, ともかくその, どうか, どうかし, どうした, どうしてそんな, どうぞ一つ, どうだった, どうで, どうでしたろう, どうもねえ, どうも他, どうも私, どれほど信じ, なお念, なお私, なぜそれ, なぜ日本人, なにか身, なにしろひとり, なにしろ花時, なまじい自分, なんといっ, ひとつ地所を, ひょっとする, ふだんは, ほかでも, まあ簡単, まず在来, まず確か, また必ずしも, まだ外, みなさまの, もうその, もう到る, もう彼処, もう次々代, もしそうでしたら, もし官, もし死んだ, もったいないあなた様, もとよりこの, やっぱりしん, やはり出ない, やはり比較的教養, やはり自分一人, やれァ, よくわかりません, よく気, よく見, よろしいの, わがむっつり, わしは, わたくしは, わたしの, わたしは, アルプスなどと, イワレなく, シマダさんの, スコットランドの, スタンドの, ゼヒ面倒を, ソレから, タンク機関車は, ナオミと, ナオミは, ハッキリした, ハッキリとは, ポーランドの, メーエルホリドなどを, ヨシ子ちゃんから, 一つその, 一つだけ, 一つ召し上がっ, 一年間に, 一度わたし, 一応あなた, 一応御覧, 一応疑っ, 一遍お, 万一が, 三拾両なんて, 三田先生の, 不恰好な, 不意に, 中から, 中央アジアの, 中央線の, 丹下様いかがで, 事実飛行機は, 二と, 云わぬでも, 人手が, 今いう, 今では, 今は, 今までに, 今宵死ぬ, 今度は, 今日さしずめ, 今晩は, 以上の, 伝えられて, 何しろあれ, 何しろ吾妻橋際, 何しろ気立て, 何とか外, 何となくこの, 何分お, 何分にも, 何分向こう, 何分娘, 何年か, 何者な, 作家の, 侯の, 信之の, 個人展と, 偉くなろう, 健康が, 僕の, 僕は, 兄さんは, 先日ある, 先生の, 兎に, 兎も, 兎角あせる, 全くそうで, 全体から, 出来上り品です, 分析に, 初めて博士, 別に傷, 前には, 前述の, 加治家の, 勿論近い, 医師という, 卒業せぬ, 却ってそうした, 原料を, 古藤さんを, 召し上がって, 同時にどんなにか, 君に, 君の, 哀れな, 問題の, 地震や, 場合によっては, 外出は, 外様大名を, 夢には, 大人に, 夫れ, 奉公人の, 女出入りは, 如何で, 如何でございましょう, 如何です, 姑く, 娘は, 子供には, 子供にも, 孫三郎も, 宇宙の, 安彦さんの, 官軍の, 実はこれ, 実は兄さん, 実際は, 家は, 寛先生の, 小倉には, 少しは, 少なくとも, 尚念, 尺八位の, 尽くせるだけは, 尾張町の, 山は, 年が, 年代が, 幸いに, 幸に, 幾等考え, 広島市の, 床に, 弾いて, 彼が, 後の, 御参考, 御名前, 御意見如何, 御約束, 御都合, 心が, 心に, 応挙の, 思し召, 性格の, 恰度その, 或る, 或日肥後七左衛門, 戦争という, 戸部の, 所詮独立, 手を, 招待日の, 探偵小説などを, 播磨表の, 旅として, 日曜日毎に, 日本の, 日本人が, 早速調, 昔, 昨夜から, 昨年の, 昨年十二月十六日茗荷谷の, 是が, 時々モスクワ, 書付を, 最も傑, 最初の, 最初は, 最後に, 本人の, 村役人の, 東京の, 東洋に, 東洋銀行の, 果して幾人, 栖鳳先生の, 校友雑誌に, 正木先生は, 残念な, 母と, 気が, 江戸の, 決して他言, 決して品, 浅草の, 海老塚さんは, 滑稽が, 然し最も, 然し止む, 然し片倉さん, 熱が, 犠牲の, 犯人が, 犯人は, 狸は, 現に神亀三年, 生々しい報告, 生憎な, 生活条件が, 生産の, 田舎では, 申上げね, 病人が, 発言の, 皆さんとは, 皆さんは, 盗む金箱, 盛りの, 目, 相手の, 県立農蚕学校の, 石川組の, 確かで, 祖母を, 私すっかり, 私と, 私のは, 私自身として, 秘し隠して, 租界の, 突然先主, 終盤ちかく, 絞死, 継母は, 繁みの, 義兄の, 而し, 能楽の, 自然に, 至急当局, 船の, 芝神明の, 英国人などは, 荒い山路, 荒筋を, 藤波君から, 行きたいと, 行くには, 見せんから, 見て, 見廻わり, 見慣れた日本, 見附内に, 覚えちがい, 親類中が, 話すべき筋, 話って, 話は, 誘拐した, 説明の, 誰だった, 誰も, 諦めの, 貴女の, 貴女は, 貴方様に, 路が, 近い内, 近頃では, 達治さんが, 違いますか, 遠方の, 部落解放運動の, 醤油は, 野々宮さんは, 長らくお世話, 間違って, 関西地方には, 雪子ちゃんには, 露西亜の, 非常の, 頭髪には, 飛んだ事, 飛んだ因縁, 魚の

▼ 思います~ (192, 12.0%)

7 私は 2 お気の毒, それが, ほんとうに, 云うと, 人魚は, 夢の, 私の, 答えた

1 [169件] ああ悪い, あなた様の, あの方, あの時, あの赤い, あらためてまた, あわや右風左風の, いうと, いかに病身, いきなり片手, いきなり香坂皇子, いくら昔, いっそこの, いって, いつか目頭が, いつの間にか前, いやに, お腹の, お蝶, お話を, かえって自分, からだは, がばと口, きく, きゅうに, こう云っ, こちらに, このまま, この上, この時, この胴, これは, さああなた, さすがに, じっとし, すぐその, すぐに, せめて筋路, そういう思いの外側, そこは, そのままで, その時, その護符, その車, その風, それから間, それは, それまでに, それも, それを, たちまちめきめきと, だれか, どうお, どうか, どちらに, はいはいと, ほかの, またし, またすぐ, また恨めしい, また無理, まだしのこした, まるで一, もうクチナシ, もう五, もう水, もう雪, やはりその, やはり胸, わたしは, クロは, タネリは, チョット胸騒ぎ, 一しょに, 一人は, 一方では, 一時も, 一緒に, 丁度僧都, 世の中には, 事につけ, 云い出した時, 人通りの, 今更ながら, 今月の, 休みたくても, 何だかあなた, 何となく有難き, 何となく空恐ろしい, 何を, 何時か, 先生の, 其の中, 出しぬけに, 千束の, 只今の, 可笑しいよりは, 堪えられません, 堪らなくなって, 多少の, 夜目にも, 大切の, 大雨で, 妾は, 嬉しさ, 守宮の, 実に, 実に仏教, 実は私, 宮様の, 容貌も, 将来が, 嵐の, 平太夫, 年が, 弁解し, 御後見, 徳川家の, 心苦しくて, 思わず口惜し, 急いで, 急に, 恐ろしくて, 悲しゅうございます, 我もう, 我らの, 手も, 手前共の, 手紙を, 折悪う, 挨拶させた, 掻き消すごとく姿, 日本左衛門の, 是が, 望楼の, 杭を, 根に, 正面の, 此の, 殿様の, 母の, 気が, 父母の, 生きて, 目の, 直ぐに, 看督長, 矢庭に, 私が, 私だって, 秋雨が, 程さらぬ, 細々と, 紺の, 胸が, 膚に, 若い女, 若い時, 蒼空は, 薬売り, 見る間, 言った, 言って, 貴方様の, 身を, 道で, 面皰の, 颯と吹き来る, 麗

▼ 思いますから~ (143, 8.9%)

4 それを 2 でございます, わたしは, 今日は, 詳しくは

1 [131件] あなたから, あの人, いい作品, いずれ学界, いたしません, おまえたち兄妹の, お元気, お先にお, お眼, お知らせします, お角, お逢い, かたがた草双紙風俗にと, かってがましゅうございます, こういう場合, こういう展覧会, こうして交わっ, ここには, この人たち, この次に, これからすぐいらっしゃらない, これからひとつ, これから外務省, ご賛成, じや, すべてを, せんだってそれと, そいつを, そうし, そうした方, そうすれ, そこにも, そのとき, そのままに, その兵士, その方, その説明, それに, それは, そんなこと, ちょっと借用, ついでに何, できれば, どうか, どうかお許し, どうかよろしくお願い, どうか私, どうしてもこれ, どうぞお側, どうぞご用, どうぞそれ, どうぞそれだけ聞かし, なるだけ, なるべく固有名詞, なんでしたら, ひまな, まあ我慢, まず気, みなさんも, みんなは, もしあなた, もし評判, よしますが, わたしも, 一刻も, 一度やっ, 一緒に, 一通り話しましょう, 予めその, 二人ともに, 今夜は, 今度さらに, 今度の, 今後一年間は, 何でも, 先生が, 入った高, 其処が, 出来るだけ, 募集する, 包まずに, 単刀直入に, 原文の, 吉原という, 唯小声, 婆アの, 実地に, 小声で, 帰りに, 御免を, 御出, 心配なさらず, 手荒な, 批評が, 教えて, 敵を, 旁あなたの, 早足に, 明日は, 明晩お出で下さる, 是より, 是非お許しを, 是非どうかお, 次に載せます, 歌で, 用意の, 百足も, 相手は, 私が, 私などは, 私は, 私も, 簡単に, 背に, 膳立を, 自身に, 茲に, 見ぬふり, 記憶え, 証拠を, 話しますが, 調べにも, 講談ぐらいの, 貴方に, 辛棒し, 返品し, 逢わないこと, 運命に, 遠慮しいしい, 遠慮せず, 遠慮を

▼ 思いますけれども~ (38, 2.4%)

2 それは, 念の

1 [34件] こういう変った, この人, これは, ごく簡単, さきざきまでの, しかし誰, しんの, そういう方達, そのとき, その場合, その富, その点, それでも先生, どうにも仕様, なおよく, ほかに, また一つ今夜お話, もしやと, よく女, よく考え, 二十銭以内では, 今の, 僕には, 委細を, 少しは, 得られません, 御参考, 怜悧な, 旦那様の, 死ぬにも, 登って, 私が, 私は, 胃の

▼ 思いますけれど~ (36, 2.2%)

1 [36件] あなただけは, あなたは, あの方, あの詩集, いろいろ都合, お招き, お紺, ことさらに, こればかりは, そうで, そこが, その機会, それでも諦め, それまで, どない, なにしろもうじき, なにとぞ御, もしどっち, 今度の, 其の秘密, 少し変, 川端康成の, 帰って, 強い人, 思ったこと, 手紙だけは, 次郎さんより, 毎日毎晩で, 決していや, 汽車の, 私に, 私の, 私も, 籍を, 船が, 馬が

▼ 思います~ (33, 2.1%)

4 じゃ 3 です 2 ですが

1 [24件] か迂散らしく, が悲しく, そうしたら, だからお, ですけれど, ですけれども, は, はあなた, はこの, は何だか, は全く, は前, は妹, は娼妓, は日蓮宗, は死んだ, は母, は海神, は牛頭天王, は私, も平生山風以外, んで, んです, 子供という

▼ 思いますので~ (25, 1.6%)

1 [25件] あまり立ち入った, いっそ思い切っ, おろそかには, かならずあの, ここで, ございますが, ございますよ, それは, ただ諸君, つまりを, とうとう身体, なかなかそんな, なるべく社内, ますます稽古, よくよくご, 今は, 何んとか, 元気一番御, 先ず腹の中, 念の, 感銘の, 極力そうし, 相談によっては, 自儘, 高いりっぱ

▼ 思います~ (21, 1.3%)

1 [21件] あんな散歩好き, かつ歴史, その変化, またあなた, またその, またと, またもしか, また問題, また身体, ストーンの, ロシヤ語の, 人は, 兄も, 六時間も, 学問知識で, 所有って, 晩酌の, 止められては, 現に今後二, 病人も, 私は

▼ 思います~ (15, 0.9%)

1 [15件] いろいろあれ以来, そうしてお, つまり殺される, ねえ阿, まだ二人, リーズさん, 亡くなった家内, 今でもね, 余, 僕は, 恋が, 朝倉男爵の, 種々に, 聞いて, 若し犯罪

▼ 思いますがね~ (14, 0.9%)

1 [14件] そうでなく, それでも出つけます, でもあんまり, どうしても人間, ひとつみんなが, カートン君, 二通り三通り写し, 人間て, 右大将なども, 奥さん, 少しかぜけ, 村越峰右衛門若い, 洋学一点張りの, 私たちには

▼ 思います~ (12, 0.7%)

1 [12件] あなたは, ねえこれ, ア, 今までの, 仲よくする, 何, 僕は, 我らの, 旅へ, 無い方, 生きたいと, 食べないと

▼ 思いますという~ (10, 0.6%)

1 ことを, その気持, のが, ような, 事だった, 問に対して, 私の, 答えが, 返事が, 返事を

▼ 思いますけど~ (7, 0.4%)

1 この最後, どない, まずどの, 今更うち一人, 友喰い, 私には, 阿父様

▼ 思いますそして~ (7, 0.4%)

1 あなたが, こまかく見る, そういう生活雰囲気, それを, もう伝説, 江場土という, 足も

▼ 思いますそれ~ (7, 0.4%)

1 が脆く, と同時に, に金側, は, は全く, より半, を道州任土貢

▼ 思います~ (7, 0.4%)

1 これは, つけましても, わたくしオホミは, 上がり場の, 付けても, 張飛は, 洛陽の

▼ 思います~ (7, 0.4%)

1 けれどもね, それ以上の, もしわたし, 嬉しいと, 恋愛かさも, 私は, 花の

▼ 思います~ (6, 0.4%)

1 ささそういう, そうで, ただ惚れた, どうしてそれ, マッカネルも, 悟空という

▼ 思いますのに~ (6, 0.4%)

1 いつか自分たちの, それを, だれが, もうこの, 次兄は, 発心を

▼ 思います~ (6, 0.4%)

1 が詩人, のそれ, の咽喉, の家, は過日来図書室, も深く

▼ 思いますこと~ (5, 0.3%)

1 でもう, は一昨年中国, は信仰, は大臣, は神馬

▼ 思いますわたし~ (4, 0.2%)

1 があの, だって健全, の気持, は心理的

▼ 思います~ (4, 0.2%)

1 けんど, です, ですがな, ですよ

▼ 思いますあの~ (3, 0.2%)

1 手紙と, 若い植木屋, 門この

▼ 思います~ (3, 0.2%)

1 体の, 元気です, 腰の物お

▼ 思いますこういう~ (3, 0.2%)

1 日頃日記が, 暮しが, 発見をも

▼ 思いますかと~ (2, 0.1%)

1 問いただした, 聞いて

▼ 思いますがと~ (2, 0.1%)

1 在宅の, 答えると

▼ 思いますこの~ (2, 0.1%)

1 看板を, 頃の

▼ 思いますこんな~ (2, 0.1%)

1 こと迄, 貧乏な

▼ 思いますせめて~ (2, 0.1%)

1 手紙でも, 緑郎一人ぐらい

▼ 思いますそう~ (2, 0.1%)

1 すれば, なれば

▼ 思いますそういう~ (2, 0.1%)

1 点に, 生活の

▼ 思いますそこ~ (2, 0.1%)

1 に心当り, へ仲裁

▼ 思いますその~ (2, 0.1%)

1 大きさ, 時々で

▼ 思いますそれだけ~ (2, 0.1%)

1 切りは, 生きて

▼ 思いますでも~ (2, 0.1%)

1 もし兄, 目が

▼ 思いますには~ (2, 0.1%)

1 夫婦の, 私の

▼ 思いますねんけど~ (2, 0.1%)

1 おかしうて, 寝返り打っ

▼ 思いますほど~ (2, 0.1%)

1 気味の, 親しくさせ

▼ 思いますほんとに~ (2, 0.1%)

1 お嬢様の, 済みましねえ

▼ 思いますものの~ (2, 0.1%)

1 こんなふう, その結果

▼ 思いますヨーロッパ~ (2, 0.1%)

2 の文学

▼ 思います~ (2, 0.1%)

1 そんなにいやがる, 博士

▼ 思います一日~ (2, 0.1%)

2 だけお

▼ 思います事実~ (2, 0.1%)

1 においてあなた, は反対

▼ 思います~ (2, 0.1%)

1 の職業, をし

▼ 思います何故~ (2, 0.1%)

1 ならその, 彼女が

▼ 思います~ (2, 0.1%)

1 の時, れの

▼ 思います~ (2, 0.1%)

1 心配ほどの, 承知でしょう

▼1* [209件]

思いますあいさつとしてで, 思いますあなたはどう, 思いますありがとうね, 思いますあるいは近頃よほどガラス絵, 思いますあれを書いた, 思いますあんなにわたしは, 思いますいかがでしょうそして, 思いますいずれ御入用, 思いますいやこっちで, 思いますいろいろ勉強かたがた, 思いますうそにあき, 思いますお前身体を大切, 思いますお嬢さんが病気, 思いますかなり重い荷物, 思いますかね僕の, 思いますからと云って, 思いますからねそれに, 思いますきのうはでも, 思いますきょうイーリンの, 思いますくらいでございます寒く, 思いますこうウヨウヨと, 思いますここにガス, 思いますこっちをみる, 思いますこのごろの他, 思いますこまかく落付い, 思いますこれからは森長さん, 思いますこれ等も都会, 思いますこんなに自分たちの, 思いますいっしょに, 思いますじゃあんたは, 思いますすこし本気で, 思いますすっかり干すもの, 思いますほんとうに, 思いますそうしてわたしなんぞも, 思いますそしたらどんなに気, 思いますそのうえ諺にも, 思いますそれからそちらへ, 思いますたしかにたしかにそう思います樹, 思いますたとえ気が, 思いますたとえば一群の, 思いますだから誰かが, 思いますだけでなくあなた, 思いますだけでも私の, 思いますだとするともうやめなく, 思いますちっともうつりたくない, 思います貴様に, 思いますといった風に, 思いますとでも言えば, 思いますとなどう考え, 思いますとね萩も, 思いますとも貴方が, 思いますどうか今回だけは, 思いますどうしてもっと細かく見聞, 思いますどうも今の, 思いますどちらも行くべき, 思いますア, 思いますなあ手足も, 思いますなおわれわれの, 思いますなど逢ったその, 思いますにつけあわれ此, 思いますにつれこうしたこと, 思いますにつれて私の, 思いますねえちょうどイギリス, 思いますねぐらいのところで, 思いますねと言った, 思いますのさ就ては, 思いますのよ弁信さんは, 思いますひさは性質, 思いますひどい小説を, 思いますもう先程帰宅しました, 思いますもしあの山, 思いますもちろん評議の, 思いますものですから, 思いますやはりこれも, 思いますゆえ叔母さまにお願い, 思いますような処置, 思いますよくて, 思いますよって一緒に, 思いますよと答えますと, 思いますわるくないでしょう, 思いますんで売渡証書, 思いますアントニーがクレオパトラ, 思います其の衣嚢, 思いますキャーと云う, 思いますケニ明治二十年前後の事, 思いますケーテの, 思いますハイ兼ねて, 思いますハガキだと, 思いますパラパラと頁, 思いますフードを, 思いますフーフーが一段落, 思いますプランがむずかしく, 思いますモラルや風格, 思いますで, 思います一九三〇年頃から昨年, 思います一家総倒れ, 思います一緒につれ, 思います七日とお, 思いますを見るでしょう, 思います不言実行的小説がね, 思います中指に入らず, 思いますばかりで, 思います二の橋の袂, 思いますでさえ御, 思います今に小さいの, 思います今に何とか工夫する, 思います今日この頃, 思います今晩あなたのお, 思いますの前, 思いますで, 思います佐平次って奴, 思いますについての本, 思います何と情愛の, 思います何とか植木屋と, 思います何れ只今私も新吉, 思います例えば陰陽術師の, 思いますの右, 思いますは, 思います全体宅から連れ, 思います八百や魚, 思います共産主義を, 思いますれゆえ私, 思います内容はふさわしく, 思いますから所謂只今, 思います勿論それを, 思います北斎筆の鏡, 思います厖大な家, 思いますお手紙, 思います古いのしか, 思います古くても縫い直し, 思いますが惜しく, 思います咲枝二十一日間はいる, 思います因縁だと, 思います地方半定住, 思います大した写生じゃ, 思います女中がいない, 思います妻子のある, 思います嫁さんとしても私, 思います実に此の, 思いますも清潔, 思います島田でずっと, 思います常盤御前は立派, 思いますによって盛衰, 思います年上の私, 思いますに私, 思います弁士は英雄, 思います彼処へ嫁, 思います徳さんの考えかた, 思いますから私ども, 思います快く聞き届けて, 思います悪魔が針, 思いますから媒妁人, 思います手毬唄を聞く, 思います拝借いたしましょう, 思います文夫さんの方, 思います文学の本質, 思います日本の人, 思います早うそこへ, 思いますにはどうも, 思います時々あちらから, 思います時間のない, 思います普通はある, 思います暑くなると, 思います最うお止し遊ばせお, 思います本当ね, 思います本当に去年は, 思います本気で云え, 思いますのなか, 思います欲目でなく, 思います正式の梵語, 思います正当に衣食, 思いますの革命, 思います清正公の魂, 思いますをかいつまん, 思います無私にありたい, 思います無責任に事実, 思います生徒こそいい, 思います生活の中, 思います生理だけで人間, 思います百合も精気, 思いますは随分, 思います私どもがカツレツ, 思います立派さというもの, 思います紀州よ, 思います素人の私, 思います綜合的なもの, 思います脚半の穿き, 思います自分の着, 思います若し権田の, 思います親しい友達に, 思いますさえよけれ, 思います詩情というもの, 思います誠に押付けたお願い, 思います誠意を披瀝, 思います諸君浅草の観音堂, 思います貞時さまこの儀いま, 思います貴女の敵, 思います貴方には命, 思います途端に出会し, 思います過失の為, 思いますにあかし, 思います間もなく梅雨の, 思います関東の政治, 思いますって名残惜しく, 思います雄山閣で元, 思います静かに思い, 思います音楽とか絵, 思います頬辺などはぽっと, 思いますは丸顔