青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思いました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~怖 怖~ ~怖い 怖い~ ~思 思~ ~思い 思い~ 思いがけない~ ~思いました
思いました~
~思います 思います~ ~思い出 思い出~ ~思い出し 思い出し~ ~思い出した 思い出した~ ~思い出す 思い出す~

「思いました~」 1068, 12ppm, 9460位

▼ 思いました~ (577, 54.0%)

9 そうで 6 それは 5 その時, それも 4 私の 3 そうでも, それを, どうもそうで, よく考え, 私は, 考えて

2 [16件] いや, お雪, ここで, こんども, せっかくここ, そのうち, ほかに, セエラは, 一郎は, 今の, 何を, 兄が, 別に気, 彼の, 打ち明けて, 案外に

1 [498件] あああいたあいたあいたたた, あいにく日比谷公園, あとで, あとに, あとへは, あのバカ, あの方, あれから, あんまりおこっ, あんまりみんな, あんまり怒っ, いいや, いい塩梅, いかにも先生, いくら呼ん, いざその, いたずらに, いつか習慣の, いつぞやの, いまさらこの, いまさら逃げだす, いや変った, うっかり人に, ええ意気地, おかあさんが, おさしつかえなけれ, おたき, おぼこゆえぐず, お大名さ, お姫さまを, お徳さん, お母様など, お父さんは, お父様, お薬, お話の, かわいそうに, がらんと, ぎょっとし, けっして顔, けれどもこの, けれども私, こうも, ここまで, こちらは, こっちも, このあいだ, このうちの人, このよう, この一品, この上愚図愚図, この危険, この器械, この場合, この子, この山, この川, この時, この笛, この騒乱, これは, これまた, こんな事, こんな悪事, さあそれでも, さしてくる, さすがに, さっきファゼーロたちに, さてその, さてそれ, さて何, さて自分, さほど, さまざまと, ざんねんながらその, しおれ返って, しかしあい, しかしあるいは別, しかしその, しかし何, しかし学術上, しかし殺人行為, しかたが, しさい, じきに, すこし無理, すっかりこうして, するて, ずいぶん永い, そういう訳, そうし, そうじゃ, そうでございましょう, そうでなく, そう判然, そこに, そこらに, そのころ, そのとき, その中, その円ら, その前, その坊さんたち, その大尽, その後あの, その後だんだん, その後ふと, その後ラサ府に, その捨てられた, その時私, その次に, その裏, それから先, それが, それさえ, それだけ気分, それでは先, それでもお爺さん, それでもこの, それでもそんな, それでも一彦, それでも何, それでも前後, それでも十五分, それでも日本, それでも秣場, それでも若し, それで何もかも, それと, それとても大して, それとは, それなら, それにしても万一, そんなこと, そんなもの, たいへん疲れ, ただその, ただ一つ, ただ何人, ただ少し, ただ恥, たった一人, たぶん鐙小屋, だんだんたつ, だんだん聞きます, ちっとばかり, ちょっとお知らせ, ついはや好い, つい泣いた, つか, でもそれ, でもそれでは折角, でもやっぱり, とう, とうとう王様, とてもその, とにかく先方, とにかく探し, とにかく正直, とにかく自分, ともかくも, どうしてもあがれませんでした, どうしても思い出せません, どうして退屈, どうする, どうもあんまり向う, どうやら酒, どの人が, なおそこら, なおも胸, なかなか折, なにかの, なにしろあんな, なにしろ姫, なにしろ延津弥, なにぶんにも, なにぶん申し, なにも, なまじ隠し, なまなかの, なるほど舟, なんだかやっぱり沼, なんだかやはり心配, なんだか奇妙, なんです, なんとした, のがれるわけ, はすはに, ばあさんは, ふだんから, ふろしき包みに, ほんとうに, ほんとうにも, ほんの一瞬間, まさかこんな, まさかそうも, まさかに死ぬ, まさか気, まさか開け, またあんな, また先刻, また反感, また同時に, また急, また気の毒, まだよく分らない, まだ私, まったく高谷君, まてしばし, まんざら木の葉, めったに見た, もうまにあいません, もうゆうべ, もう仕掛けた, もう仕方, もう横っとび, もう間にあいません, もちろん私, もとよりどこ, やがてローリイ, やがて奥, やっぱりたしかめます, やっぱりどうにもおそろしく, やっぱり夜一夜, やっぱり粉, やっぱり駄目, やはりまだルポルタージュ, やはり人影, やはり人情上自分, やはり御, やはり戸外, よい気持ち, よく御寝, よく検, よく見ます, よく覚え, りすの, わざと苦笑, わざわざ御, わたくしは, アルバート, サイコロの, ステージに, スープの, セラダは, ツイ近所だ, ドウモ変な, ナオミの, ビクの, フト八五郎の, フト気が, ヘルンは, ミーロも, ヤーフの, 一たいそれは, 一つ係蹄を, 一めんに, 一人で, 一向声, 一向様子, 一心凝った, 一方に, 一粒飲みます, 万一覚られる, 三口目には, 世間へ, 中, 中を, 主人の, 久方ぶりに, 乱世の, 二人の, 二十八九歳の, 二十円だ, 二月の, 五十両なぞという, 人力を, 人間なら, 今お聞き, 今に, 今一方の, 今度は, 今後また, 今朝の, 今考え, 仕合せの, 仮令一片, 体が, 何うも, 何しろ十一二, 何しろ学校, 何しろ差, 何だか気味, 何だか笑えませんでした, 何だか虫, 何も, 何もかもごちゃごちゃに, 何分届を, 余りにも, 併し, 保険会社に, 僕も, 兄さんと, 兄さんを, 兎に, 全体の, 其の声, 其処は, 別にどうする, 別に扉, 前にも, 助かりました, 北海道くんだりまで, 十三日が, 千草の, 南郡の, 参る所, 又考え直しまし, 合憎, 吉原の, 同じ力, 同役同僚とは, 同時に昨晩, 向うが, 嘔吐た, 四十面相や, 因果と, 地主からは, 変ぜずには, 外国の, 夜ねる, 夜の, 夜は, 夜分の, 夜床に, 大事の, 大体私は, 大層お, 夫が, 契約を, 女中部屋は, 女房や, 妻が, 姿が, 子供の, 定まる命数, 実はお, 実はそれ, 実は先刻申, 家光の, 小平の, 小心者です, 小林君は, 少々勢, 少しも, 川を, 川安に, 師の, 帯地の, 年寄に, 幸い無事, 弟の, 当人が, 彫った覚え, 役人が, 彼が, 彼は, 彼此する, 待てしばし, 待てよと, 後に, 後には, 後の, 後半が, 御家老, 御薬園, 心安いお方, 思い返して, 急いでは, 急に, 怺え, 悲しいこと, 意外です, 意外彼は, 我慢し, 手も, 扨誰が, 折あしく, 折り入って, 折角こ, 折角ここ, 折角三十日と, 拠なく, 拳骨団が, 掛違いまし, 文壇の, 新吉は, 新婚早々, 既に取返し, 日ごろご, 早速, 是非紹介し, 暫く過ぎる, 木の, 本当は思い違い, 村人も, 来れば, 松蔭にも, 果してこうなるた, 果してこの, 柳糸子は, 校長から, 根気が, 案外にも, 案外スラスラと, 森へ, 構わずに, 次から, 次の間に, 止められました, 正直に, 此の, 母が, 汽車の, 注射を, 清水堂からでも, 無理に, 然し倒れる, 特急で, 狭い処, 琵琶では, 申そうにも, 留吉は, 留守中に, 病理解剖に, 百メートルいじ, 皆様が, 監視が, 目的は, 眉を, 真弓は, 眼を, 瞳孔を, 矢野助手の, 知って, 知らして, 石川様は, 確かり, 神主さんの, 秘密に, 素知らぬ顔, 細かい事, 結局どっちへも, 結果が, 絵本で, 縛られた上, 縦に, 美しい夫人, 義理堅い伯父, 老人を, 聊か残念, 聞いても, 腕は, 自分は, 致し方が, 良吉さんの, 若い女, 若い者, 若し遽, 蜆汁の, 表面は, 見ちがい, 覗いて, 親分に, 誠に急ぎました, 調子に, 貴君の, 貴方さまとは, 貴方の, 賢吉君の, 近頃は, 返らぬ事故, 逃げる訳, 遂に小酒井さん, 道中の, 道庵の, 違います伊太利人, 郎太郎という, 醒めて, 金持ちの, 間が, 障子を, 隣りの, 離宮の, 顔を, 馬の, 默って, 鼠は

▼ 思いましたから~ (152, 14.2%)

2 そのこと, それを, 前に, 急いで, 私は

1 [142件] あっしゃご不浄, あっちこっちと, あなたの, ある時, いきなりその, いよいよ本当に安心, おばあさんは, お八代さん, お松は, お竹, きょうまで, こちらも, これなら, これは, こんどお父さんに, さっそく手, さっそく街はずれ, じきに決心, じっと様子, すぐいっ, すぐに, すなお, そっと扉, そのままおじぎ, そのままに, そのまま温柔, その儘山谷, その写真, その枝, その点, それぎり私も, それ位に, ただ一人, ちょうどそこ, で, でありますお礼, でご, でございます, です, でそれ, はとに, ほかで, まず通し, もし何, よく気, わざとへ, わざと暗い, わざと黙っ, わたくしは, わたくしも, チベットでは, チベット文法を, ハッと, フイと, 一日そこへ, 一月あまりも, 一生懸命に, 一緒にな, 七兵衛が, 三人は, 丸めて, 亀の, 今の, 今朝まだ, 今迄, 仕方なし, 他の, 余程その, 僕は, 光子さんが, 兵馬は, 初めから, 力まかせに, 勧めて, 又二階, 右門は, 右門はぶきみな, 向う側の, 唯あれ, 問いましたが, 土下座こそ, 土人の, 土間へ, 女房の, 嫉妬の, 子供は, 安心し, 宗近, 家を, 宿内の, 少しは, 尚おそっ, 尻を, 帰りは, 平土間の, 店へ, 庭に, 彼は, 彼を, 彼方此方へ, 心しいしい待ちあぐん, 怖いゆえ窓, 思いきって, 思わず知らず, 懇ろに, 成たけ酒を, 手っとり早く行く, 手灯を, 払い除ける拍子, 敬遠の, 敵方の, 早速三浦, 早速白犬, 明朝沢山に, 時を, 暗い廊下, 止めようと, 殊更言葉, 無邪気なお, 父親は, 狐鼠り, 男は, 目を, 直ぐに, 直ぐ狭山さん, 直に一角, 眼は, 私が, 私一流の, 稲吉はじめ匕首を, 米友は, 自分は, 衝突させ, 親切な, 認められぬ様, 起きて, 非常に, 領事に, 題も, 顔色を, 風を, 鳩は

▼ 思いましたので~ (72, 6.7%)

3 これは, 右門は 2 上野の

1 [64件] ありのままを, いたって, おもむろにふところ, お父さんが, かかりの, かように, こちらは, さっそくその, じっとその, そのこと, そのままふたり, その夕方, その日, その汚ない, その絵, ちゃんとここ, どんな人, なおも身, はいと, びっくりし, もう一日, やがて家, わざとああ, ミンチン先生は, ラウンジを, 一声高く, 一寸お知らせ, 一応庭, 一時預かっ, 今日は, 伝六以下の, 何事が, 出かけて, 出来る丈, 別紙の, 十八番の, 口早に, 只顔を, 土居画伯に, 堅くなっ, 妹は, 少し理助, 御伺い致す, 悪いこと, 愛想よく, 或る, 敦子さまの, 早速お, 早速嫁, 早速彼, 明日酔いの, 明智の, 棚から, 田の, 直ぐ後から, 立ち止って, 綱に, 腕首を, 腸管拷問法が, 自動車で, 鏡は, 雨の, 食事を, 馬の

▼ 思いましたけれど~ (40, 3.7%)

1 [40件] あまりその, お断わり, きょうは, こう眠く, この年, そうも, それっきり聞こえませんでした, それでは話, それとても, つい鳥, とうとう悲しい, どうする, どこつて別に, また先, ラシイヌさんの, 二つ三つ食わし, 井戸へ, 今そんな, 今では, 今と, 何う, 例の, 兵馬の, 別に, 向うでは, 咄嗟には, 唯今お湯へ, 女の, 女ひとりで, 家や, 思いきって, 曩に, 本来わっ, 河野さんが, 猥らしい, 私には, 私を, 羽織の, 考えて, 馬車から

▼ 思いましたけれども~ (30, 2.8%)

2 さあぜんたいどこ

1 [28件] あの子, お松は, こうなっ, ここは, こんな雪, その場, その悲し, その米友, それでもじ, それは, ただ時間, まだそれ, 事実こんな, 伊太夫としては, 余り道が, 兵馬は, 実はこのごろ, 家宅捜索の, 幾ら捨て, 意地にも, 慌てた事, 此処を, 用心深いあなた, 知らぬ人, 誰が, 警告を, 遊女衆などの, 電報を

▼ 思いましたもの~ (16, 1.5%)

5 でしたから, ですから 1 かすぐ, かたいへん, か一昨日, か小, で, でございますので

▼ 思いました~ (14, 1.3%)

1 [14件] かさっそく, が実は, さ, じゃ, でしたね, です, ですが, ともう, ならないとしても, はお母さん, はほんとう, はやはり, は幾度, は書き

▼ 思いました~ (13, 1.2%)

1 [13件] あの同勢, あの娘, あの顔色, このさむ, ねえ坊ちゃん, ほほほ, 二三日前に, 余まりです, 先刻から, 命からがら両国橋, 弁信さんの, 時々つまらな, 鳶頭の

▼ 思いました~ (9, 0.8%)

1 そう感じた, その赤い, 不図, 力強くあたかも, 手に, 投身でも, 自分では, 苦々しく顔, 起上り前なる

▼ 思いましたのに~ (9, 0.8%)

1 お分り, このよう, しっかり帯, そう思っ, なんの, 一つだけ, 何という, 捕えて, 矢張り犯罪者は

▼ 思いましたがね~ (7, 0.7%)

1 ぎょっとした, それも, なんせここ, 今夜だけは, 口へ, 枕皺が, 若君が

▼ 思いました~ (5, 0.5%)

1 つまりそこ, もしかする, わたくしは, 単純そうな, 国分寺の

▼ 思いましたからね~ (4, 0.4%)

1 すぐにおやじへきいたんでがすよ, だってこの, 思い切って, 鼠かなんかの

▼ 思いましたけど~ (4, 0.4%)

1 あんなり, そうし, 正直の, 皆さんの

▼ 思いましたこと~ (4, 0.4%)

1 が幾たび, で, は, は古来

▼ 思いましたその~ (3, 0.3%)

1 子が, 若者は, 顔という

▼ 思いました~ (3, 0.3%)

1 あの人, 云う, 語って

▼ 思いました~ (3, 0.3%)

1 まずあなた様, 人は, 告口を

▼ 思いましたゆえ~ (3, 0.3%)

1 ふいに, もしやと, 逃げ出す途端

▼ 思いましたんで~ (3, 0.3%)

1 さっそく一座, 差し出がましいこと, 手さぐりに

▼ 思いました~ (3, 0.3%)

1 から駈出し, へ宗觀様, 情なくも

▼ 思いました~ (3, 0.3%)

1 の見込み, は念, も嗜

▼ 思いましたからと~ (2, 0.2%)

1 いって, 言って

▼ 思いましたくらい~ (2, 0.2%)

1 息苦しくなっ, 私の

▼ 思いましたそして~ (2, 0.2%)

1 私は, 長生きが

▼ 思いましたところ~ (2, 0.2%)

1 からいそいそ, でもし

▼ 思いました~ (2, 0.2%)

1 波の, 火事だ

▼ 思いましたもん~ (2, 0.2%)

1 かそうそう, ですから

▼ 思いました~ (2, 0.2%)

1 ですけど, ですけれど

▼ 思いました~ (2, 0.2%)

1 あの本, でもあの

▼ 思いました先生~ (2, 0.2%)

1 のこと, は先生

▼ 思いました~ (2, 0.2%)

1 が母, のその

▼ 思いました若し~ (2, 0.2%)

1 丸部春子と, 此の

▼1* [69件]

思いましたね, 思いましたあなたについてもよ, 思いましたあのくろん, 思いましたあゝ今私の, 思いましたお座敷が大層, 思いましたがそれではかえってめだつ, 思いましたがとに角自分で, 思いましたがねんのために, 思いましたがネあんまり多勢, 思いましたえ汽車, 思いましたこの道に, 思いましたこんな心持については, 思いましたごぜえます, 思いましたさかいにただ伝え, 思いましたさすが名人でも, 思いましたそうしなければ, 思いましたそういうものを, 思いましたそれから学校で, 思いましたそれでぼくは, 思いましたえ, 思いましたただああいう, 思いましたために斯様, 思いましたときに私, 思いましたところ孔明のやつ, 思いましたとたんに吉之助様, 思いましたどうかお邪魔, 思いましたなるほどわれわれが, 思いましたのどかだったでしょう, 思いました八年前門番の, 思いましたばっかりなんでげす, 思いましたまた女の, 思いました固より, 思いましたもしこの人, 思いましたもののともあれ一度, 思いましたゆえ先刻も外, 思いましたゆえ多門と数馬, 思いましたような次第, 思いました今は, 思いましたイエ何あのよく, 思いましたイエ本統ですよ, 思いましたケニ思い切って, 思いましたナニ最う一昔以前, 思いましたハイ憎い二人, 思いましたでお話し申, 思いました不意に手, 思いました了簡の迷い, 思いましたにいう, 思いました作家の心, 思いました六月一日からセル類, 思いました刀傷よりも短刀, 思いました勿論その大工, 思いました夕方からは座談会, 思いました夫人は狐猿, 思いました寿江子にそう, 思いました小舟で蘆, 思いました少いのに疼, 思いました一緒に, 思いました悪気でお, 思いました感覚から人間, 思いましたう思って, 思いました時私はふと, 思いました病状もどうやら, 思いました私一人で困っ, 思いましたという突飛, 思いました兄弟だ, 思いました訝しいとは思った, 思いましたでお, 思いました長三は総て様子, 思いました骨身を砕く