青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「当局~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~当っ 当っ~ ~当て 当て~ 当の~ 当り~ ~当る 当る~ 当人~ 当分~
当局~
当惑~ 当日~ ~当時 当時~ ~当然 当然~ ~形 形~ 形容~ ~形式

「当局~」 1181, 12ppm, 8948位

▼ 当局~ (285, 24.1%)

5 忌諱に 3 無能を, 許可を

2 [24件] 不法を, 交渉振りの, 人々は, 人とか, 努力を, 弾圧が, 態度が, 手に, 手によって, 手の, 方が, 方で, 方針も, 施策にも, 歓迎宴などの, 注意を, 海の, 神経の, 行動は, 許可が, 談として, 諒解を, 譴責を, 間で

1 [226件] ある一人物, えらい方, お役人衆, かたにも, この親切振り, ご好意, ご意見, すすめに, すること, そのおどかし, その後の, ためでなく, つくった似顔絵, とった紋切型, ほうで, やり方は, ギャラントリーから, トリックじゃ, ヤリ口を, 一行が, 一諾を, 三省を, 不興を, 中に, 主務官が, 云う処, 人々が, 人々と, 人たちの, 人も, 人民戦線恐怖性は, 仕事で, 保護, 保護なき, 信じられないほどの, 信頼を, 偉功である, 先生達の, 公開状まで, 冷静なる, 処分に, 処置に, 出店に, 出版業者に対する, 判断や, 前に, 前には, 努力にも, 勝手かも, 勝手で, 卑屈の, 厳しい取締, 厳重なる, 取締が, 取締とについて, 取締方針が, 取締方針など, 取調べに, 取調べにも, 口実も, 名誉であり, 名誉には, 呼び出しを, 命により, 命令によって, 嗜好の, 国家的従っ, 圧力も, 圧迫とても, 声明によって, 声明を, 大官にも, 奔走による, 奴等だって, 如何なる意図, 威信さえも, 威信という, 威信に関する, 威信の, 婦人においても, 家計簿, 容疑は, 尻ぬぐい, 干渉を, 弁解, 役人は, 役員生活問題にも, 後援の, 御参考, 御好意, 御家老, 御本人, 忌違に, 忌避に, 忠告に従って, 意の, 意を, 意向として, 意向を, 意嚮などが, 意図であっ, 意図の, 意図は, 意志を, 意見では, 慫慂指導により, 所謂, 手で, 手加減に, 折紙づき, 招きによ, 指弾を, 指示を, 探査方針及び, 措置に対しては, 措置は, 提供する, 政治家においては, 政治的な計らひによつ, 政治的処置に, 教育上無責任な, 文化政策も, 文化統制の, 断乎たる, 新聞取締が, 方々に対して, 方は, 方へも, 方を, 方策であり, 方針, 方針とを, 方針を, 明断が, 明断に, 明断は, 検挙行為に対する, 検挙行為自身が, 検閲の, 正確な, 民衆化で, 注意事項が, 注意人物な, 注文を, 注目を, 洗うところ, 活動と, 深い疑惑, 無情を, 無気力を, 無知は, 無茶を, 熱心な, 片手落を, 現場検視の, 理解や, 男女相見, 癪に, 発表が, 発表なぞは, 相談役的存在は, 眼とかいう, 神経は, 立ち退き命令, 立法技術に, 答弁も, 統計に, 罰を, 習慣を, 肚では, 臨検に, 自信の, 自動車を, 苦心は, 苦慮心痛という, 行為は, 見込みは, 言うところ, 言としても, 言は, 言を, 言明である, 言明は, 言明を, 計ひで, 訊問に, 訊問に対して, 記録課, 許しを, 許可不, 話では, 認可を, 誠意と, 誤解を, 調査によって, 調査も, 調査続行中の, 諒解の, 諒解指示を, 諸君は, 警戒が, 警戒校内の, 責任ある, 責任を, 責任者として, 責任者は, 賛助をも, 賛成を, 軟弱無気力に, 農村振興宣伝と, 迂愚を, 達示によって, 都合も, 配慮によ, 配慮により, 配慮を, 配慮並に, 重圧であろう, 重大な, 重大声明, 間に, 雑誌統制案に, 非常時編成も, 非常識にも, 驚愕と, 鼻を

▼ 当局~ (204, 17.3%)

2 である, の一人, の参考, の施設, の気, はこの, はその, もまた, をし

1 [186件] から聞い, がこの, がそんな, がやっ, がズラリ, がムキになっ, が一般, が人民, が仮想敵国, が何, が功名, が外交官, が大部, が局, が抑, が滑らした, が無, が登場, が私, が英独二国, が許可, が調べた, が貿易, たること, たるもの, だけに任すべき, だけは至当, でありながら, でなくても, ではない, とが巧, としてのち, としても局外者, として之, として固, とに訴えた, と他国, と余, と同じ, と森林, と私, と私有財産, などによって知識偏重教育, などの国民, なりと推定, においては自, にくん, について質問, にはあまり, に先だって発見, に勧め, に参考材料, に向っ, に在る, に対して二人, に帰し, に教員資格審査委員, に気に入らぬ, に私, に親しく, に言わせれ, に認め, に質さん, に質問, に頼みたい, のあ, のからくり, のため, のほう, のほんの, のよう, の一大成功, の不明, の人々, の位置, の優柔不断, の再考, の処置, の動揺, の厚意, の反省, の奮闘, の好意, の居宅, の弱点, の役人ども, の心事, の心持ち, の意向, の意見, の所謂流言蜚語, の手, の手際, の注文通り, の演説, の無法, の無知, の焦躁, の熟考, の猛省, の疑惑, の眼, の眼前, の罪, の考え, の考える, の考へらしい, の耳, の苦心, の苦心尋常, の苦慮痛心, の親心, の言, の言明, の記憶, の説諭, の調べた, の講演, の責任, の身, の間, の騒ぎ, はこういう, はそう, はそれぞれ責罰, はどう, はどこ, はまず, はもちろん, はよく, は一, は云う, は人類文化発展, は初心, は勿論, は図書, は大いに, は容易, は常に, は彼, は必ず, は時々, は洋算一点張り, は無神, は田辺博士, は直ちに, は相当, は神経, は考えた, は能, は自分, は興味, は苦い, は蠣, は裁判, は迷う, は銀売, ばかりで, へ持ち出す, もそれ, も充分, も充分御存じ, も全く, も心, も気の毒, も決して, も近頃, も驚くだろう, や世, や各, や多く, や張作霖, や有志者, や篤志者, をさえ驚嘆, をなじった, を初め学校, を厳罰, を啓発, を困らした, を始め, を恐れしめた, を攻撃, を罵っ, 仮令賢明, 諸大臣

▼ 当局~ (149, 12.6%)

5 これを 3 云うまでも 2 あわてて, これらの, それを, 云って, 国民の

1 [131件] あの事件, いうの, いずれも, かくまで, かく云う, こういう方面, この一群, この少数, この電力会社案, これについて, これに対し, これは, さらに最後, すでにかぎつけ, その方, その焦慮, その真相, その責め, それだけ, ただそれ, とうとう最後, どういう社会的機能, どう思った, なぜこの, なにも, まことに絶大, まだなん, まだ戦局, まだ美容院, もとより父兄側, ようやくスパイ, わざわざパイロット, わしを, アリバイという, ソモソモの, ダンスホールに, パリの, ビクビクし, 一応その, 一笑に, 丁度幣, 之に対して, 之を, 之以上判定に, 九日, 争議団に, 何の, 何故か口, 何故二週間, 入学試験の, 内々こうも, 前後の, 勿論の, 勿論司法当事者, 又その, 取締に, 取締りの, 古市加十なる, 合祀によって, 同一犯人, 周章狼狽蒼白に, 国運を, 大いに困っ, 大いに考慮, 少しも, 島民間の, 弁護人側の, 彼に対して, 彼の, 彼等を, 待つこと, 心外がっ, 必ずしも組合結成主義, 忘れて, 応接に, 慌てて, 慎重にも, 抱合兵団の, 政治的に, 教育そのものを, 敵国航空機の, 断固として, 日ならずし, 旦那の, 明確な, 曰く, 更に新, 最初反対し, 最後に, 未だに警戒, 桑港警察の, 殺人事件と, 殺人事件行わる, 気づいて, 永らく希望, 法曹界を, 注意が, 烏啼の, 物的証拠を, 犯人の, 甚だしく狼狽, 由来自分たちの, 目前の, 直ちに町, 直ちに要求, 直に東停車場, 真名古の, 真名古を, 睨んだので, 矢野氏を, 研究の, 神経を, 禁止し, 私に, 私を, 秘密に, 突然上演禁止, 聖マテオ警察及び, 色々な, 若い精神, 苦心し, 英国政府の, 誰かが, 警戒網を, 躍気, 速かに, 道路の, 遺憾と, 重刑を以て, 関東方面の, 頭が

▼ 当局~ (102, 8.6%)

2 予に

1 [100件] あまり因循姑息, いくらかと, いざ東京, おびただしい焼死体, お父さんに, かくも, かれの, ここへ, このよう, この国粋的, これ位の, そういう勝手, その作品, その国家的自爆, その現世的, それに対して, たぶん古い, どうする, なんと詭弁, ひとへに, もっと処罰, やかましくて, やって来て, やるだろう自衛隊, より安い, わからず屋だ, ガス漏出による, 一二〇人から, 一年志願兵制廃止の, 一生懸命で, 事実正義を, 今更思い出した, 何ゆゑにそれを世間一般に, 児童読物の, 出版業者の, 分らないから, 刑事黒田清太郎氏の, 助手として, 勝手に, 厳かに, 口を, 同人雑誌に, 地方官公吏の, 売春婦狩りを, 外部の, 大体同じ, 大変積極的である, 如何に, 宗教という, 実利的打算的で, 小作人組合に, 少なからず悩まされた, 巧に, 引続い, 得々と, 徹底的に, 意識し, 意識するしない, 憤慨され, 振興し, 捻出する, 支那の, 散々持て余した, 新たに, 日本には, 書き取らせた言葉, 最後会見を, 有害と, 東京第, 気がつくか, 気に, 気を, 沖縄方言を, 浄化に, 浦和を, 無理に, 特別に, 皮算用し, 直接関心する, 相手を, 真名古を, 真実を, 真相を, 矢田部良吉教授を, 終戦以来われわれに対して, 考へて, 肯んじ, 若い女性, 藩内諸, 言明するごとき, 許可する, 該問題に, 認めたせい, 調査し, 農村に, 通信社の, 長府を, 鞭撻の, 頗る冷淡, 風紀警察に

▼ 当局~ (71, 6.0%)

3 希望する, 於て 2 奔走し, 提出し, 注意したい

1 [59件] あるの, して, しても, せまった, できるだけ, どなり込んだ, ねじ込んだり, よほど文化指導的, よると, 一定の, 上申し, 与えないよう, 他から, 伝えさせた, 伝えたる結果, 伝へ得るか, 何かの, 何等かの, 依然として民衆的, 出向いて, 勧告する, 向つて, 報告し, 宣伝報道に関する, 対決を, 希望したい, 強く要求, 忠告せん, 忠言を, 抗議を, 折衝した, 教えて, 於いては, 於ても, 望むなり, 椅子は, 檄を, 求めると, 油を, 注意した, 浄化取締の, 特殊な, 申し出たもの, 申し立てられんこと, 申告し, 眼を, 示さぬという, 種々の, 訴えずに, 訴える, 試みに, 話さうか, 調べて, 請願書を, 責むるが如き, 逢って, 連絡し, 限らず広く, 顔が

▼ 当局~ (36, 3.0%)

1 [36件] あざやかに, あなたの, いろいろな, かならずまける, この事件, この作品, そこから, それは, それ以上には, ともに銘記, まけては, また再版もの, また後日, また英公使パークス, まったく匙, 亦, 亦この, 亦これ, 亦全く問題, 先生の, 口で, 大いに困った, 専らその, 必ずや君, 意義深く, 手を, 文相の, 日本の, 本事件, 毛沼博士の, 流石に, 痛し痒しで, 苦しむ, 見て, 軍検察当局, 除雪すべく

▼ 当局~ (34, 2.9%)

5 して 2 相手に

1 [27件] いましめ一笑, せめるジャーナリズム, 全く出しぬき, 刺戟し, 動かしたの, 動かして, 反省させ, 喜ばした, 困惑させ, 始め警視庁, 弱らせたの, 恫喝し始めた, 悦ばせた, 悩ました, 悩ましたが, 愚弄する, 憤慨させ, 憤慨させた, 攻撃する, 極度に, 狼狽させてる, 狼狽せしめた, 督励する, 責めた, 追求し始めた, 非難し, 鞭する

▼ 当局~ (32, 2.7%)

1 [32件] ごたごたが, して, その少女, ふかい理解, セミーリア州当局との, 世論, 世間との, 九大の, 了解を, 云っても, 交渉を, 内務省図書課とが, 協力し, 司法当局との, 国民とに, 国民との, 対立する, 意見の, 折衝し, 支配社会との, 教会とは, 映画資本とが, 犯罪学者とに, 相手国の, 相談なされ, 私とは, 脚色者アジャルベエルとの, 致しましても, 藤枝と, 談合の, 軍検察当局との, 連絡を

▼ 当局から~ (25, 2.1%)

1 [25件] すすんで, にらまれたの, ねらま, もらった機関銃, テッド博士の, ディクテートされた, ボルシェヴィキの, 一通の, 幾度と, 指命され, 捜査依頼の, 文化の, 日本の, 早速家族, 来たそいつ, 案外な, 歓迎されなくなった, 江戸横浜間の, 注意を, 相談を, 苦情が, 認められそう, 辞表を, 農村精神を, 送って

▼ 当局では~ (21, 1.8%)

1 [21件] さっきここへ, さっそく大, それを, そんなばか, そんな公報, ただちに海軍飛行隊, まだ考慮中, ジャンパー姿の, 一層精査, 中小商工業復興資金という, 事件の, 先年の, 堪忍袋の, 外出より, 極力警戒, 極秘裡に, 残酷にも, 片ッ端, 目下全力を, 管内の, 老博士

▼ 当局~ (18, 1.5%)

1 [18件] お世辞, お返しねがいたいです, この声明, すぐさま見分願, 出頭し, 報告された, 報告する, 報知する, 宛て一つの, 届けて, 届けなかった, 届けられたの, 急報する, 示すため, 私の, 苦情を, 送られる前, 電話し

▼ 当局でも~ (17, 1.4%)

2 この点

1 [15件] そうした主張, そのへん, どうする, まさか鶴見仙, ルパンの, 万一を, 事実上すっかり, 取調べを, 家庭でも, 寒心し, 当業者, 海岸の, 認めて, 近来の, 黙認と

▼ 当局~ (14, 1.2%)

1 [14件] ジャーナリズムの, 先生達を, 出版者が, 南鮮側を, 司法当局の, 国民でない, 有志達に, 武部氏自身と, 消息通が, 県庁が, 私共が, 警視庁では, 陸軍省と, 頭の

▼ 当局~ (9, 0.8%)

2 認可する 1 お考え, はてッきり皇帝, ヘンサンした, 予め各区, 斯くの, 業を, 言うの

▼ 当局との~ (9, 0.8%)

1 交渉も, 今日午前中までの, 以外に, 共同依頼に, 協議に対する, 対立が, 打合わせや, 諒解の, 間に

▼ 当局に対して~ (8, 0.7%)

1 万事ぬかり, 二重三重の, 云わば, 交渉中である, 国民として, 猛烈な, 要請する, 阿諛的であり

▼ 当局としては~ (6, 0.5%)

1 これらの, 一応自分, 個人指名までを, 已むを, 戦時下非常に, 是非払は

▼ 当局には~ (5, 0.4%)

1 きき入れて, それが, われわれの, 信用されない, 当局で

▼ 当局に対する~ (5, 0.4%)

1 一般の, 囂々たる, 憤懣を, 罵詈悪口が, 非難攻撃が

▼ 当局自身~ (5, 0.4%)

1 がそれ, によって認められた, の権威, の発意, は

▼ 当局からの~ (4, 0.3%)

2 ご注意 1 ふれの, 依頼の

▼ 当局からは~ (4, 0.3%)

2 常に白眼 1 なにも, なんの

▼ 当局としても~ (4, 0.3%)

1 あれは, 捨てては, 自分たちの, 英国臣民たる

▼ 当局にも~ (4, 0.3%)

1 知られて, 確固たる勝算, 進言し, 重宝がられ

▼ 当局及び~ (4, 0.3%)

1 国民一般の, 教育者たちの, 新支那, 諸宗は

▼ 当局大臣~ (4, 0.3%)

1 のほか省中, はその, も明日ごろ, を鞭撻

▼ 当局からも~ (3, 0.3%)

1 十分信頼され, 奨励された, 新聞記者諸君からも

▼ 当局として~ (3, 0.3%)

1 これを, 処理し, 処罰の

▼ 当局並びに~ (3, 0.3%)

2 同僚たる 1 学生の

▼ 当局~ (3, 0.3%)

1 が想像, の人権蹂躙問題, の見解

▼ 当局連中~ (3, 0.3%)

1 の中, もスッカリ感激, を鞭撻

▼ 当局および~ (2, 0.2%)

1 惰民の, 老政治家ら

▼ 当局その他~ (2, 0.2%)

1 の意見, 各官衙

▼ 当局たる~ (2, 0.2%)

1 ものが, 文部省学生部も

▼ 当局とが~ (2, 0.2%)

1 その意見, 公判事務上の

▼ 当局とも~ (2, 0.2%)

1 十分お, 計りとりあへず一般

▼ 当局にては~ (2, 0.2%)

1 何等か, 既報ミス黒焦

▼ 当局によ~ (2, 0.2%)

1 つてさう, つて編纂され

▼ 当局によって~ (2, 0.2%)

1 不法と, 招かれた同じく

▼ 当局による~ (2, 0.2%)

1 検閲なども, 検閲制度も

▼ 当局に対し~ (2, 0.2%)

1 十全な, 師長に対して

▼ 当局のみ~ (2, 0.2%)

1 ならず市民, ならず満天下

▼ 当局への~ (2, 0.2%)

1 反抗的な, 批難が

▼ 当局~ (2, 0.2%)

2 常ニ言

▼ 当局者以外~ (2, 0.2%)

1 にだれ, の勢力家

▼ 当局肝煎り~ (2, 0.2%)

1 の官許組織, の組合結成

▼1* [57件]

当局かがかならず弁償, 当局さえしっかりし, 当局たちはただ, 当局というん, 当局であるとする, 当局という大きな相手, 当局とか町長とかに, 当局とに一杯くわされた, 当局とは違った考え, 当局とを未曾有の, 当局などがよくいう, 当局などは両大学, 当局においては最も適当, 当局にこそその目的, 当局にだけしか分って, 当局にとっては掛け更, 当局はずゐぶん骨, 当局ばかりじゃなしに, 当局ほど楽観的で, 当局づ率先し, 当局または南鮮政府の, 当局までもその虚構, 当局より日本主義転向を, 当局ニ訴へん, 当局怠慢曠職ニシテ上ハ陛下ノ, 当局ヲシテ能ク其責ヲ竭サシメ, 当局一統がもしや, 当局一般の意向, 当局に日本軍幹部, 当局に漢学, 当局主催の時局問題講演会, 当局乃至社会の, 当局初め一般の所謂常識階級, 当局官憲による, 当局同校職員総動員の下, 当局四十余名を釜山公会堂, 当局大臣並に貴, 当局天下の学者, 当局官吏の欺瞞政策, 当局審査諸君画家諸君新聞美術雑誌記者美術批評家諸君それから作者, 当局必死の防疫陣, 当局村民諸君に対して深く, 当局としては指定人, 当局父兄新聞社など強力, 当局に取り入っ, 当局糾弾の第一声, 当局者あてに奏進始末, 当局者談なるもの, 当局者達の遺憾, 当局自身残念がって, 当局大臣は, 当局諸氏にとっては日常茶飯, 当局警察当局同校職員総動員の下, 当局通報され, 当局祕に, 当局首脳部の智慧, 当局高官法医学者さては探偵小説家