青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「怖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

念~ 念仏~ ~忽ち 忽ち~ 怒~ ~怒っ 怒っ~ ~怒り 怒り~ ~怖
怖~
~怖い 怖い~ ~思 思~ ~思い 思い~ 思いがけない~ ~思いました 思いました~ ~思います

「怖~」 5444, 59ppm, 1955位

▼ 怖~ (2147, 39.4%)

172 しさ 121 しいこと 103 しいもの 88 しい 52 しいの 39 しいと 29 しくて 28 しくなって 26 しい顔 23 しかった 20 しいような 19 しい目 17 しいほど 16 しい人 15 しい力, しい夢, しい眼, しかつた 14 しいので, しそう 13 しい事, しくなった 12 しい出来事, しがって 11 しい物 10 しい気, しが, しくな 9 しいとは, しいやう, しい姿, しい形相, しくは 8 しいか, しいから, しいよう, しい奴, しい話, しくなつ 7 しいという, しい女, しい心, しい言葉, しくない 6 しいとも, しい予感, しい声, しい夜, しい秘密, しい音, しげ 5 しいお, しいところ, しい光景, しい勢い, しい敵, しい結果, しい者, しかったの, しくなりました, しや

4 [11件] しいくらい, しいぞ, しいわい, しい大, しい復讐, しい悪魔, しい手, しい疑惑, しい祟りが, しい運命, しい風

3 [32件] しいけんまく, しいに, しいほどの, しいよりも, しい不安, しい人殺し, しい人物, しい体験, しい口, しい叫び声, しい吹雪, しい墓場, しい嫉妬, しい幻影, しい思い, しい性質, しい悪, しい意味, しい決心, しい狼, しい目つき, しい眼つき, しい経験, しい罪, しい輪廻, しい野獣, しい顔つき, しくなりて, しくもないの, しく不, しく大きく, しく長い

2 [80件] しいあらし, しいうち, しいお方, しいけれども, しいそして, しいな, しいばかり, しいまでに, しいや, しいやつ, しいんです, しい一夜, しい世界, しい乱壊転変, しい予覚, しい事件, しい事実, しい人間, しい伝説, しい冬, しい処, しい刃物, しい剣幕, しい動物, しい勢, しい勢ひで, しい化けもの, しい名, しい噂, しい宿命, しい形, しい怖ろ, しい悪徳, しい想像, しい感じ, しい挿話, しい故郷, しい教師, しい格闘, しい武器, しい毒, しい毒薬, しい水筒, しい沈黙, しい男, しい病気, しい相手, しい真実, しい瞬間, しい神, しい禍, しい考, しい花, しい表情, しい覚悟, しい誘惑, しい谷, しい躍動, しい雲, しい雷雨, しい響, しい風巻, しい魔神, しい魚, しい鰐, しかった記憶, しがる風, しくなったが, しくなったの, しくなり, しくなる, しく不気味, しく大きな, しく尤も, しく思った, しく気, しく深い, しく酔, しく高い, しさうに

1 [695件 抜粋] し, しいあの, しいあやかし, しいいびき, しいお化け, しいお客さん, しいかしれない, しいかも, しいが, しいことば, しいしやっぱり, しいし彼女, しいその, しいぞっと, しいたくらみを, しいだに, しいだにとして, しいで, しいでしょう, しいですから, しいでは, しいといった, しいとか, しいとても, しいどころか, しいなどと, しいなどという, しいのに, しいのよ, しいひろ, しいほどに, しいまでの, しいみじめ, しいもん, しいようそして, しいようです, しいようで再び, しいんだ, しいウードレー, しいクマバチ, しいサアベル, しいスワン, しいツ, しいヒメ, しいメフィスト, しいライター, しい一策, しい三つ目, しい不幸, しい世の中, しい丸太格子, しい予察, しい予言, しい争闘, しい事情, しい事物, しい人々, しい人智, しい仕事, しい仕置き, しい仮面, しい伝波, しい伯五郎, しい何もの, しい何やら, しい何者, しい侍たち, しい傷, しい光り物, しい入れぢ, しい全く, しい凶事, しい凶賊, しい出来心, しい刺すよう, しい剛力, しい剣難, しい勝手, しい勢ひで両手, しい化生, しい十字, しい卯平, しい印象, しい厄年, しい古, しい司権者, しい含満ヶ渕, しい呪い, しい呪詛, しい呻き声, しい命がけ, しい哲学, しい唯一, しい問題, しい嘔, しい因果, しい因縁, しい土用波, しい圧迫, しい執念, しい報い, しい場所, しい壓迫, しい夕暮, しい大声, しい大敵, しい大罪, しい天才, しい天罰, しい奇蹟, しい女犯, しい女難, しい妖女, しい妖怪, しい妖花, しい威厳, しい婆, しい婿, しい嫌, しい子, しい実例, しい宣告, しい容貌, しい宿業, しい密猟船, しい対象, しい山, しい峠, しい嵐, しい巧み, しい年, しい幻, しい幻想, しい廻り合せ, しい弓, しい弱点, しい形想, しい影, しい復命, しい微細, しい念い, しい思, しい思ひが, しい怪物, しい怪物め, しい怺, しい恰好, しい悟空, しい悪夢, しい悪戯, しい悪業, しい悪鬼, しい悲劇, しい悲報, しい悲惨, しい悲鳴, しい惨めさ, しい惨事, しい想い出, しい感化, しい感情, しい慄, しい憎みの, しい懺悔, しい戦争, しい戦場, しい戦慄的, しい戦災, しい手紙, しい打撃, しい打着, しい披露, しい掏摸, しい探究, しい故に, しい敏捷, しい断定, しい方, しい方法, しい早口, しい昨夜, しい景色, しい暗く, しい暗流, しい暗示, しい暗黒, しい暴風, しい暴風雨, しい更に, しい未来, しい村, しい果実, しい楽しい, しい榴弾砲, しい権式, しい横柄, しい此処, しい死, しい死者, しい殺人方法, しい殺人模様, しい殺意, しい母, しい毒念, しい毒蛇, しい毒血, しい毛虫, しい気持, しい決意, しい波, しい泥沼, しい注射, しい浪, しい海, しい海鳴り, しい淵, しい渡世, しい激動, しい火花, しい灰色, しい災禍, しい災難, しい無念無想, しい無理押付, しい無道, しい熊襲, しい爪, しい物たる, しい物質慾, しい物音, しい犠牲, しい犬, しい犯人, しい状態, しい狩猟, しい猿, しい獣, しい王さ, しい理想, しい生命力, しい生活, しい生物, しい田舎, しい発見, しい白光, しい目論, しい盲目, しい相互関係, しい省線電車, しい真剣味, しい真裸, しい瞋恚, しい短刀, しい礫, しい神秘, しい神罰, しい祟, しい禍い, しい秘密性, しい穴, しい空想, しい竜巻, しい策, しい精神上, しい精神的, しい精神錯乱, しい絶叫, しい継身, しい繰返し, しい罅穴, しい罠, しい罵声, しい羞恥, しい羽目, しい考え, しい肚, しい背, しい胴震い, しい胸, しい脹れ上がった形相, しい自分, しい自責後悔, しい芸者, しい苦い, しい苦悩, しい苦悶, しい荒業, しい葛藤, しい薄, しい蛮人, しい蜘蛛手, しい血統, しい行脚, しい裁き, しい言い伝え, しい計画, しい記事, しい誤解, しい警鐘, しい負けず嫌い, しい貪婪, しい賊軍, しい車, しい軍医, しい追憶, しい速力, しい道連れ, しい遺伝, しい邪気, しい重み, しい重味, しい野性, しい長い, しい開けない白井八崎, しい阿呆, しい隔たり, しい雄叫び, しい雷, しい雷鳴, しい電気, しい霜, しい静寂, しい面相, しい顔色, しい顰ツ面, しい飲んだくれだな, しい馬, しい骸骨, しい高, しい鬼, しい魅力, しい魅惑, しい魔術使い, しい鷲鼻, しい麻酔, しい黴菌, しい鼓動, しうあぢきなき, しうございますから, しうございますと, しうございます私, しかったか, しかったから, しかったし, しかったため, しかったので, しかったもの, しかったらわし, しかった光景, しかった心, しかった相, しかった米騒動, しかつ, しかつた經驗, しかろうと, しがらずには, しがらせるの, しがらねば, しがりました, しがる, しがると, しがるの, しがるよう, しがる犬, しきこと, しきこの, しきもの, しくありませんので, しくおぼしめして, しくかたまって, しくがん, しくこの, しくさえ, しくしないで, しくそして, しくそれ, しくとうてい, しくとも, しくどんなに, しくなかつた, しくなく, しくなったこと, しくなったよう, しくなったらしい, しくなったん, しくなど, しくなりまして, しくなりますわ, しくば, しくまた, しくもあった, しくもあったの, しくもあれば, しくもつと, しくもまた, しくも思われるが, しくも感じられない怪談, しくやや, しくッ, しくニラミ, しく一面, しく不如意, しく不思議, しく不愉快, しく亢奮, しく今にも, しく体力, しく俯向, しく偏つた芸術, しく元気, しく光りぬれば, しく光るあの, しく六ヶ, しく凄まじい, しく出たらめ, しく厚ぼつたく, しく又, しく吃驚, しく啼き立てて, しく固い, しく声, しく奇妙, しく威張って, しく子供心, しく安価, しく尊大, しく巨きく, しく強い, しく強いはげしい, しく弾力, しく思えた, しく思ったろう, しく思わせるの, しく思われたの, しく思われたほど, しく思われますか, しく悦, しく悲しい, しく感じたの, しく感じました, しく描き出して, しく敏捷, しく旧式, しく早く, しく昂奮, しく映つて, しく暗く, しく暢, しく森厳, しく気味, しく沈んだ男, しく沢山, しく浪, しく激し, しく無精者, しく狂暴, しく甘い寒, しく異性的, しく痛く, しく真剣, しく眺めて, しく短い白い, しく短気, しく空々し, しく立派, しく緊張, しく胸, しく脚, しく自信, しく興奮, しく荒涼, しく虐めるの, しく虫, しく血相, しく表面, しく見えた, しく躍動, しく迅, しく迅速, しく近く, しく退屈, しく達者, しく酔つて了つた, しく酔つて了つたの, しく醜く, しく鋭利, しく霧, しく静か, しく非, しく頭脳, しく頼母, しく騒がしい, しく鳴り, しく鹿爪, しさうに母, しさうに透, しさうに顔, しの, しやと, し鳴

▼ 怖~ (1241, 22.8%)

82 ている 47 ていた 44 をなし 31 てゐる 30 がある 26 てゐた 14 をなした 11 気も 10 てその 9 げも, のため, を知らぬ 8 もある, を感じた 7 て居る 6 て, というもの, もなく 5 があった, がない, てい, てのこと, て逃げた 4 があり, てはならぬ, てはゐなかつた, て居ない, て走る, て逃げる, もせず, もない, を抱い, を知らない

3 [26件] があつ, さへ, てそれ, てはいない, てはいなかった, て居た, て横, て眼前, て近づかず, て逃げ, と不安, と怒り, と悲しみ, と憎しみ, と驚き, はしない, はせぬ, はない, もしない, や不安, をなす, を感じ, を感じる, を抱いた, を覚えた, 怖れ

2 [67件] から肩, があっ, が胸, それを, たり, つつしむ, ていい, ていつも, ていない, ています, ているらしい, ておる, てこの, てしまう, てはいけない, てばかりいた, てびくびく, てもいた, てゐるらしく, てコソ, て一人, て先, て口, て大きい, て引退, て急ぎ, て敵, て早く, て殺した, て私, て窓, て老, て蒲団, て近, て遠く, て頬かむり, て騒ぐ, とあやしみ, と共に限り, と寒, と恥, と暗, ながら, ながら私, に襲, に近い, の心, の表情, はしなかつた, は致しません, もあった, もする, もな, もまじっ, も知らない, や悲哀, らるる, をいだく, をもつ, を以て迫る, を抱く, を為し, を知る, を覚え, 入つて, 自分の, 顫か

1 [601件 抜粋] あなたこなた, あひまじり, おの, か, かしこみ, かつ哀しんだ, かつ尊んだ, かつ憎ん, からかれ, からこれ, からその, から冗談, から小説家, から解放, がありました, がありましょう, があるです, がございます, がその, がだきしめ, がだんだん, がなかっ, がオレ, が不思議, が主人公, が今, が充分, が出, が彼, が心配, が想像, が本物, が欠け, が生きた, が稲妻, が諸人, が静か, ことごとく潰走, これは, ざらんとしても, すら自覚, そしてジョーヌ, そして苦痛, そのはじ, その予防, その原形, それに, たりし, たりする, たりはにかむ, たりまたは, たり不愍, たり屈服, つつ, つつしんでいまさア, つつも引越し, つつ眺め, てあたり, てあの, てあわただしく, てあわてふためい, ていじけた, ていませんでした, ている如く, ていれ, てうなる, ておい, ておどおど, ておやじ, ておらない, ており, ておりました, てかえって, てかくし, てか争い, てか内地, てか寄ら, てか返事, てか顔, てこう, てしかるべき, てすぐ, てそこ, てそっと, てそのまま, てそれに, てたからない, てだ, てだれ, てで, てであろう, てどういう, てにわかに, てのせい, ての作戦, ての努力, ての所業, ての非常手段, てはいられなかった, てはおりませぬ, てはならない, てはならない如く, てはゐません, てはゐられない, ては出来ない, ては己, てばかりい, てひそか, てほか, てまた, てまたもや, てみごと, てみな片隅, てもいけません, てもいない, てもいないらしい, てもいました, てもう, てもう暫く, てもがいた, てもゐた, ても火事, てよい, てよけて通す, てよもや, てわっ, てゐ, てゐました, てゐます, てゐる如く, てオドオド, てギルフォオドの, てヒーン, てプイ, てマンジリ, てワザワザ, て一生懸命, て不在, て云つた言葉, て五八, て人々, て今晩墓場, て他, て伐る, て何進門, て傷口, て働こう, て入らざれ, て其霊魂, て出勤, て動かず, て募集, て包み隠す, て午前中, て単身藪林, て取乱す, て吉野, て吾, て唯むっつり, て單獨, て執拗, て外套, て多く, て夜, て夜泣, て大勢, て姿, て威厳, て客, て容易, て寄, て小心, て山奥, て布陣, て常に, て平生, て廊下, て弁解, て当時, て彼, て御免, て必死, て思い切れず, て急, て急い, て息, て戸, て戸惑っ, て所々, て手, て投げすて, て捨て, て控目, て敢, て数瞬, て明らか, て晝間, て暇, て木の根, て本能的, て本陣, て棄つる, て棒, て欠席, て次, て歌わない, て母, て氣, て洞窟, て海, て消そう, て無事, て燈影仄, て現在, て登らぬ, て皆, て相手, て相手国, て知らぬ, て秘か, て穢, て終生, て維茂, て翌朝, て聖僧ブレイス, て自分, て若し, て董卓, て蒼く, て行く, て行先, て袁尚, て見つかり, て見上げ, て覗い, て言, て起つ, て身, て車, て近く, て近づかない, て近づく, て近寄らない, て近寄る, て返つ, て逃, て逃げだした, て逃げ出した, て逃げ帰りし, て逃げ帰る, て逃げ隠れ, て進み出る, て進む, て道, て避け, て陣, て障子, て雲助, て青く, て顛, て食う, であつ, でもする, でガタガタ, で怖, で見かえす, で顔色, という, というの, という意味, とが, とがあり, とがある, とが一つ, としない, とに, とのうち, とは, ともせぬ, ともつかぬ, とも悲しみ, とも駭, とも驚き, と嫌気, と寂寥, と弱味, と悔, と愕きの声, と望み, と激しい, と疑惑, と羞恥, と苦しみ, と苦悶, と駭, どもおのれ健か, ながらもただ, ながらもほんの, ながらも友, ながらも彼, ながら子安観世音, ながら彼女, ながら時々, ながら素早く, ながら肩, ながら諸国, などは絶無, などを抱い, に, にくらべれ, になる, には反感, には始め, にふるえた, にも似, に似た, に充ち, に充血, に圧倒, に堪へ得なかつた, に少し, に思わず, に怯え, に戦かず, に戦きつづけ, に打たれなかつた, に捉, に満たされた, に耐えぬ, に触れ, ぬきはに, の, のため氷, のなか, のもつれあがる, の下, の叫び, の外, の実感, の情, の根本, の淵, の為, の生じる, の苦し, はあった, はありません, はある, はいたしませぬ, はいたしません, はし, はしまい, はすな, はそんな, はなかっ, はなかつた, はもう, はわが, は一方, は失せなかつた, は小さな, は恐怖, は感じなかった, は打たれる, は起こらない, ばかりを抱いた, ひとみを, まさに色, また何, また敬っ, まど, みじめさが, めや, もありました, もありません, もし, もした, もしなかつた, もし非難, もなし, もならぬ, もまじつ, もみせず, も忘れ, も澄江相手, も痛み, も知らなく, も致しません, も苦しみ, やあろう, や妥協, や憧れ, や羞恥, や苦しみ, らる, を, をいだい, をかの, をすでに, をなしたらしく, をなしてる, をなしました, をまぎらす, をもってせられる, を世, を今ごろ, を以て見出さなけれ, を催したらしい, を含ん, を巧み, を帯び, を彼, を忘れ, を忘れなけれ, を怖, を思はせる, を感じだし, を感じないで, を感じました, を感じ始めた, を感ずる, を慮つた, を懐いた, を成し, を抱かせる, を拭い, を浸, を生じ, を眼ざめさせた, を知らなかつた, を秋山夫人, を表わそう, を裏書, を覚, を軽く, アーンチロコスに, シテ柱を, 下加茂から, 且つ恥ぢ, 且つ避けました, 且憎ん, 世の中全体に, 世間を, 人を, 他人を, 伊東の, 伝染病の, 先に, 勇と, 呪は, 多いはなし, 嫌悪し, 尊める, 幼き我, 弁舌に, 弟の, 強ひ, 彼の, 心配し, 怯ゆる, 恋うる, 恋ふる, 惑ふ, 感謝し, 慄ひ, 憎しみを, 憚かっ, 憚って, 憚ッて, 授業の, 方とが, 暁闇の, 暗記の, 朝臣であり, 極度の, 正しく見るべき, 死から, 死を, 気を, 清左衛門一人に, 生に, 男子船と, 異様な, 種々迷信を, 素女は, 給ひ, 緊張した, 翌十七, 自分でも, 自身の, 言あげ, 詐りに, 諦らめを, 豫定を, 足は, 足利家の, 遁げ帰る, 釣床に, 顫い, 魏へ

▼ 怖れる~ (315, 5.8%)

19 ように 16 ことは 97 かのよう, やうに, ような 6 ことが, のは, 必要は 4 ことも, のだ, ので, 必要が, 必要も 3 ことなく, のである, ものの, ものは

2 [27件] かといふこと, かのやう, からである, ために, という, ということ, という話, といふ, ところの, にあたらぬ, には及ばない, のも, ものか, ものが, ものであり, やうな, よ, よりも自我自ら, 唯一の, 家の, 小心だけが, 小心者であり, 心が, 様に, 様子は, 母に, 理由を

1 [146件] あまりそれぐらい, あまり奈々子さんが, あまり突然, か, かと申しまし, かのごとく, からこそ隠す, からだろう, からです, からとて船, か勝頼, がけれども, がこの, がそれ, がよい, が故に, ことで, ことです, ことと, こと男の, こと買ひ, せいで, その理由, それらの, ためか, というで, というなら, というよう, という仏領カレドニア, という観念, といふやう, といふ表情, とかあるいは, ところなく, ところは, とすれ, とは, とは何, と云, と共にもっと, と同じ, と同時に, と奇怪, と重大, なわれら, な惑う, にし, にはあまりに, には当らない, には当らぬ, に足らず, に足らぬ, に足らん, のか, のかと, のだった, のであります, のです, ので彼自身, のみで, のを, は忠臣, は猿猴, ふうだった, ほどその, ほどな, ほどなら, ほどのこと, もので, ものであります, もんだ, ゆえに, ようであっ, ようである, ようなそわ, ような見, よりは一層, よりは寧ろ, よりは箱, よりも事件, んだ, アルバイトを, ソブリが, 両方の, 事は, 二百十日の, 人々によって, 人には, 人情を, 以上は, 伝統の, 何物も, 保守思想とか, 僕に, 処などを, 割合に, 卑屈な, 四隣の, 囲い女には, 土竜が, 密かな, 弱味が, 彼女を, 心と, 心の, 心持ちが, 心理と, 念は, 怪しい光, 恋人に, 悪童の, 悪魔の, 所以でも, 故専ら, 數限りない, 最も大きな, 有力な, 様と, 様な, 様子なく, 気持が, 気持は, 気持を, 気色も, 気配も, 気風に, 為でも, 物は, 理由の, 理由は, 眼で, 神尾では, 私は, 私を, 第一, 筈も, 精神, 者の, 者は, 良心が, 若宮の, 西比利亜の, 見栄に, 訳で, 質が, 風も

▼ 怖るべき~ (269, 4.9%)

6 ことを 3 ものが, ものだ, ものである, 犯罪が, 酒乱の

2 [16件] ことは, ことも, もので, ものであるなら, ものは, ものを, 兇行を, 冬の, 冬よ, 力よ, 敵の, 敵を, 運命の, 酒乱が, 険しさ, 風評が

1 [216件] お喋りの, お喋り坊主の, かということ, かな女神, がごとし, ことだ, ことです, ことな, ことをも, こと寧ろ, この悪, はかの, はそして, はその, はタカラヅカ, は天狗, は憎悪, は焼夷弾, は物, は純潔, は蜀, は術, は賢明, は足, は頂上, ひとつの, ものいや, ものだった, ものであった, ものでございます, ものでした, ものと, ものに, アマゾンだ, コロリの, デコボコだ, ファウストを, メスの, 一族だ, 不幸の, 不治の, 予言よくも, 事件でも, 事実から, 事実だけを, 事実は, 事態の, 二階の, 人だ, 人では, 人物が, 人物たちが, 人物で, 人物はと, 人間である, 仕返しを, 代物である, 伝染病であり, 何かが, 作家でも, 作用を, 光景が, 内容に, 冬将軍の, 冷酷な, 出来事から, 剣法である, 力を, 助平野郎でなく, 勢いで, 勢で, 危害の, 吸引力の, 告発が, 周子の, 唯一の, 商売仇であった, 商才の, 問題, 声の, 大地震, 大敵である, 大昆虫学者, 大罪を, 大言と, 天才的の, 太極刀の, 夫人の, 女で, 女性だ, 女怪メズサの, 奴, 奴だ, 奴で, 奴は, 威は, 威嚇殺戮が, 威圧と, 婦人の, 孤独の, 実用剣を, 実績を, 害毒を, 寝床に, 専制君主の, 小説家魂だ, 小説家魂を, 山窩の, 市民征服の, 幽霊たちを, 広長舌を, 強敵は, 当面の, 形相に, 形相の, 形相は, 後方の, 念力には, 思想自体を, 怠慢さについて, 性能を, 性質が, 怪盗アルセーヌ・ルパンが, 悪人として, 悪魔である, 惨劇を, 惨禍が, 惨禍発生を, 愉しい戯曲, 意地では, 意欲的作家で, 意気だ, 感じを, 感覚の, 感電性疾患の, 憂鬱と, 戰慄を, 所業の, 才色兼備の, 打撃だつた, 敵では, 敵でも, 敵と, 敵近づけり, 早技で, 格闘が, 椿事が, 殺人兇器を, 殺人鬼が, 殺気に, 殺気の, 殺気を, 毒蛇である, 気当が, 沈黙性は, 海獣が, 漠然さが, 無智, 物と, 物の, 犯罪だ, 犯罪だった, 犯罪を, 現実に, 理性的存在と, 理由は, 生活を, 男, 異常が, 病いに対して, 病に対して, 病気が, 病菌を, 相談が, 真蔭流, 瞋恚の, 砂粒それのみが, 祟を, 禍いであった, 禍であった, 禍根と, 空気が, 精力老人であった, 精霊の, 結果を, 罪を, 罪悪である, 群集であった, 老武者, 者でない, 者なりし, 者には, 者は, 臍の, 舌堤の, 英雄です, 虚偽を, 親不孝な, 試合だ, 質的昂揚が, 超越神の, 距り, 逆意, 運命を, 達人が, 闘争性を, 障害を, 電波嬢は, 面貌を, 革命が, 食欲を, 饒舌が, 饒舌家である, 魂だ, 魔人の, 魔力を

▼ 怖~ (123, 2.3%)

49 怖る 3 眼を 2 には足りない, 可き, 女の, 怖る近寄っ, 相手の

1 [61件] おそる, おそる立った, おそる訊いた, こう申しました, こちらを, そちらが, その折本, その階段, たてがみの, と, といい, の一足一足, は異端, コツプを, 七万四千七百円だす, 七万四千七百円の, 二階の, 代官様の, 伺いを, 傍へ, 兵馬の, 可し, 地上へ, 坂下を, 奥から, 妻に, 庭の, 御用を, 怖るあけた, 怖る伺っ, 怖る入っ, 怖る出, 怖る参ります, 怖る取り下ろし, 怖る差出した, 怖る歩い, 怖る渡った, 怖る見あげた, 怖る訊ねた, 怖る這い出し, 怖る通っ, 扉の, 扉を, 手に, 手を, 森源の, 横目に, 次の, 母屋を, 毛の, 照子の, 笑つてゐる, 自らに, 行つて坐る, 返事を, 道三の, 遠くの, 隔ての, 頭を, 顔を, 首を

▼ 怖れた~ (120, 2.2%)

7 ので, のである, のは 4 からで, ことは 3 のだ

2 [12件] からだ, からである, から正直, が同時に, ことであった, のでしょう, ものか, ものです, ものは, やうに, 人物は, 人間も

1 [64件] か, かかごかき達, かにもなっ, かのよう, かも知れない, かも知れません, から, からこっそり, からだろう, からであります, からです, からでもあった, からな, から吾郎, か急, ことが, ことの, ことも, そうだ, そうでございます, その當時, そんなこと, つて仕様が, であらう, とおりに, と同様, のか, のが, のであった, のであつ, のであろう, のでした, のです, ので丁寧, ので声一つ, ので男, のと, のも, は根本説一切有部毘奈耶雜事九, ばかりで, ばかりで死にいた, ほどだつた, もう, もうな, ものだ, ものと, やうな, ようでありました, ような, よりももつ, よりも今日, わけで, んだ, んです, 姉まさか, 座元は, 彼等, 心配とは, 時代も, 災厄には, 玄蕃を, 社会には, 遺風であろう, 顔し

▼ 怖るる~ (97, 1.8%)

7 に足らず 4 ことは 3 ことが, に足らない, に足らぬ, に足らん 2 ことか, ことを, てふ, ところは, に足りない, に足りません, 歌とて

1 [60件] あわてる驚くなど, か, かに見え, がため, が故に, ことかくの, ことなかれ, ことの, こと一方では, こと勿れ, こと勿れです, こと虎の, でなく単に, といい習わせり, という信念, ところ, ところが, ところだった, ところなく, ところに, とは云わず, とは即ち, と共に独り, にあたらない, にたりない, には当らない, にも足らない, に足らぬで, に足る, のか, のかと, ので, のみで, の風, は決して, もの, ものの, も喜ぶ, ような, よりはそんな, 事なし, 事もつとも, 事甚だし, 事甚だしく, 人あり, 余り畏れ入りて, 余り自分たち, 勇敢な, 声が, 心の, 必要は, 所も, 敵でも, 昨今大本教が, 者も, 色なく, 色も, 表出の, 言葉を, 野猪をも

▼ 怖~ (84, 1.5%)

3 うな, も忘れ 2 と云う, は怖し, 恐しさ

1 [72件] うだから, うで不, からおれ, がう, がたた, が咽喉, が彼, が満ち, が身, だが, であった, であらう, です, で浴衣, というもの, といったらありません, とうれし, とは少し, とは彼ら, とは違つた心, と面白, などではなく, なン, に, にあわて, にあんな, にた, にまた, にめったに, によく, にわなわな, にヒーッ, に人, に何時も, に出来る, に小僧, に後, に息, に次々, に水, に祖母, に私, に腹, に誰, に誰一人千葉, に鉄棒体操, のあまり, のあまり息, の何層倍, の余り, は余程, は小宮山, は肉体的災害, ばかりで, もわすれえ, も不気味さ, も何, も忘れた, も知らない, も複雑さ, を, をよく, を失った隠し, を感じさせる, を払う, を知らない, を知り, を知れ, を自分, 恐ろしさ, 恥しさ, 苦しさ

▼ 怖かつ~ (55, 1.0%)

189 たんです 8 たの 5 たわ 2 たらう, たんだ, た日 1 たでせう, たと, たに, たね, たら呼, たら首, たわたし, た今, た怖

▼ 怖れない~ (49, 0.9%)

2 ことが, ものに

1 [45件] か, から熱海辺, がいたずらに, がオカ, が彼, けれども女房, ことと, ことを, しそれ, し日月星辰, でうるさがり, で勝手, で戦っ, で活動, というはず, という傾向, といふ態度, といふ現実的, ところまで, と反対, と自称, と言, と言う, にし, のは, やうな, わ, わけには, んだ, ヨタモノは, 人にのみ, 先生を, 勇気が, 庶民は, 心が, 新撰組の, 方だ, 気もちに, 気持に, 永遠の, 猪の, 男には, 確信が, 者で, 雷鳥の

▼ 怖~ (45, 0.8%)

6 あない 3 ない 2 ないから, ないもの, ないよ, ないわ, ないん, なかった, ッた

1 [22件] ぁねぇのか, あありません, あねえ, ありませんあたい, ありませんあたい蛇, ありませんおばさん, ありませんか, ありませんよ, ありません大好き, ないか, ないかね, ないけど, ないぞ, ないやと, ない敵役, ない面, ない顔, なかんべ, なくって, なくて, なくねえ, アない

▼ 怖ろし~ (37, 0.7%)

9 いもので 5 いもの 3 くもある 2 くもなった

1 [18件] いか, いがその, いがむしろ, きものに, くぎゆツと, くつて, くもあり, くもこわく, くもなく, くも変化した, くも思うであろう, くも解決された, ゅうござります, ゅうござるか, ゅうござんすとも, ゅうてなりませぬ, 気な, 気に

▼ 怖れぬ~ (36, 0.7%)

1 [36件] が彼, この女, ずるい鳥, という, ということ, という宋, といふ, といふ自覚, とは太, と同時に, に限らぬ, のも, はない, ものだ, やうな威張り, やうに, サービスぶりは, 不届きな, 不敵の, 人だった, 人には, 仕儀や, 仕方早く, 凄まじいもの, 勇気あっ, 床に, 心構えが, 振舞じゃ, 振舞表沙汰に, 正剣, 汝等一族の, 男の, 男児の, 者の, 豪胆, 馬も

▼ 怖~ (33, 0.6%)

3 やうだ 2 なア

1 [28件] からなあ, から提灯, が身, ことだ, ことも, させるため, つつもなお, てこと, なんちやね, な鐵, に似たる, に怖, の怖く, もんか, もんだ, ように, ようも, 乍ら辛うじて, 事が, 事は, 人でが, 侍なら, 慄えて, 易く唯一人, 時と, 時は, 者なんて, 興奮した

▼ 怖~ (30, 0.6%)

2

1 [28件] おそる, がない, けてる, けをふるつ, させた常, ざる盲蛇, ず, たやう, た子供, つつ, つつ夢みぬる, つつ醉, て, てといひ, てや各, てゐた, て寄つて, て綺麗, て誰批難, て近づかぬ, て騷ぎ, られた, られた点, をせぬ, 恐れ, 恐れ維持力, 畏れ, 震ふ

▼ 怖れられ~ (29, 0.5%)

12 ていた 4 ている 2 ています, てゐた, 然し甘く 1 てそこ, て居る, もした, もし敬せられ, 冒険好きの, 古参連には, 聯隊司令部へも

▼ 怖そう~ (26, 0.5%)

2 な表情

1 [24件] なお, な人, な器械, な声, な脈, な顔, に, にうかがっ, におずおず, にきょろきょろ, にしない, にながめ, にも見えた, に一種好奇的, に云いました, に云った, に地上, に声, に後, に水, に眉, に眺め, に華やか, に見廻した

▼ 怖~ (23, 0.4%)

5 怖わ

1 [18件] かつた, がらせたの, がらせちゃ, がらせるかという, がらない, がらないで, がる, がる必要, ごわ玉, そうな, そこへ, その子, ァ, ーが, 十字架に, 右手を, 後を, 面で

▼ 怖れず~ (22, 0.4%)

3

1 [19件] その眼, といふ信念, と云, どこへ, にかえって, には居られなかった, にゐられなかつた, に喜ん, に済ん, に邸内, の, また天上, バカに, 世に問, 今暁も, 会津を, 呪咀の, 桃枝もて, 死を

▼ 怖~ (22, 0.4%)

6 をふるっ 4 をふるった

1 [12件] だった, だつもの, の立つ, をふる, をふるいます, をふるって, をふるつた, をふるひました, を振っ, を振る, を震っ, を顫つて

▼ 怖らしい~ (20, 0.4%)

2 姿で, 顔を

1 [16件] お侍さん, お方に, わえ, 両眼, 人よと, 何物をも, 声に, 小父様, 意地の, 様であります, 浪人者が, 牢人者が, 男が, 程の, 連中ばかり, 顏つきし

▼ 怖~ (19, 0.3%)

3 つてゐた 2 つてゐる

1 [14件] つてその, つてた, つてとうとう, つてる癖, つてゐ, つてゐます, つて寄り付かない, つて居つた, つて直ぐ, つて落ちつきが, つて逃げる, つて騒ぐ, りんぼ, 合掌を

▼ 怖~ (14, 0.3%)

1 [14件] あまりに氣, しないほう, ために, 一字を, 余り己, 双の, 嬉しいをのの, 幻出する, 心理, 念に, 念を, 感動など, 色が, 餘り

▼ 怖~ (13, 0.2%)

2 わながら

1 [11件] わまた, わ入っ, わ外へ, わ椀の, わ眼を, わ答えた, わ花の木の, わ裏の, わ見あげる, わ覗きに, わ開いた

▼ 怖しい~ (13, 0.2%)

2 顔が

1 [11件] この世を, 刑罰で, 判決を, 危険をも, 婆である, 実験の, 心の, 病気に, 痛みと, 色彩が, 行事と

▼ 怖~ (13, 0.2%)

4 かなぃ 3 かねえ 2 かなぐなぃ 1 かする, かなぃごとぁ, かなぐ, かなぐなぃはんて歩

▼ 怖かね~ (12, 0.2%)

1 [12件] えから, えこと, えぞ, えと思っ, えほど, えもの, えナ, え事, え人, え処, え所, え野郎

▼ 怖れざる~ (12, 0.2%)

2 を得ない, 人です 1 の勇気, はなし, ゆえに, を得ぬ, ヤカラでも, 仕業である, 古靴, 若者どもである

▼ 怖れられた~ (11, 0.2%)

2 のです, のは 1 かを窺知, この星, のとは, やうに, ように, 事も, 玄竜が

▼ 怖らく~ (10, 0.2%)

1 この娘, さつかく, はこれ, は一方, は今日, は何人, は彼, は獣, 反對, 無二斎

▼ 怖るべし~ (10, 0.2%)

1 おそるべし, ちょっとした心, との感, と感じさせる, と見え, なんてそんな, 人を, 帰命頂礼穴賢, 怖るべし, 超溶解弾

▼ 怖ろしげ~ (10, 0.2%)

1 なのに, なもの, なり, なる蝦夷式偉丈夫, な山, な岩石, な猪武者, な眼, な遊女, な頭

▼ 怖~ (10, 0.2%)

2 覚えた 1 して, なして, 与える事, 冠すべからざる辺, 懷きはじめき, 私にも, 見て取りました, 身につけ

▼ 怖えた~ (9, 0.2%)

1 かと云う, のである, ので格別, わけだ, 様に, 様子で, 樣に, 草木は, 調子に

▼ 怖しかった~ (9, 0.2%)

2 のです 1 に相違, のかね, ので, のである, のを, 事は, 事ばっかりは

▼ 怖ろしゅう~ (9, 0.2%)

1 がした, ございます, ございますわ, ござったろう, て二度, ながめました晩, なる, 御座いましたこと, 御座います

▼ 怖~ (8, 0.1%)

1 がるやう, 始終富之助, 小半次が, 彼を, 怖は, 愕と, 持て, 甚だし

▼ 怖れおののい~ (8, 0.1%)

1 ていた, ている, てその, て一同, て声, て座敷, て皆, て真剣

▼ 怖~ (8, 0.1%)

1 がつい, づいて, のつきし, をふる, をふるひ, を振, 立つて, 立つの

▼ 怖~ (8, 0.1%)

1 あること, せず且, の情, の気, よりの誇張, を生ず, 憂虞の, 等あらん

▼ 怖ねえ~ (7, 0.1%)

1 お前の, こんだと, こんだ江戸, じゃねえ, ね恐山地獄谷, 人だ, 化物が

▼ 怖気づい~ (6, 0.1%)

2 ている, てしまっ 1 てこそこそ, てもはや

▼ 怖しく~ (5, 0.1%)

1 光つた, 早手廻し, 暗くも, 沢山な, 近眼な

▼ 怖~ (5, 0.1%)

1 うたれ一人, 竦まりき, 胸こそ, 逼められ, 関連し

▼ 怖るべく~ (5, 0.1%)

1 その企ら, 且つ醜き, 強きもの, 強く動かし, 戰ひ

▼ 怖れしめ~ (5, 0.1%)

1 ていた, 前面には, 捉へ, 生来心臓, 野心と

▼ 怖れで~ (5, 0.1%)

1 はない, はなかっ, はなかつた, はなくし, はなし

▼ 怖かねえ~ (4, 0.1%)

1 あれ, からもう憎まれ口, 喧嘩は, 女を

▼ 怖~ (4, 0.1%)

1 づいた李聖学, づかして, ていた, または恨むであろう

▼ 怖さうに~ (4, 0.1%)

1 うなされてるし, おど, 立つて, 見て

▼ 怖~ (4, 0.1%)

1 あらあらしい好奇心, 云う一字, 云う惰性, 云ふ

▼ 怖れなかった~ (4, 0.1%)

1 がこの, がしかし, 猿どもが, 筈だ

▼ 怖れなく~ (4, 0.1%)

2 なつたら 1 ためらふこ, と云

▼ 怖れました~ (4, 0.1%)

1 ああ今や, が今, が思い切っ, が男

▼ 怖れます~ (4, 0.1%)

1 あなたは, か, がお, けれども自分

▼ 怖れ悩ん~ (4, 0.1%)

2 でいる, でゐる

▼ 怖わい~ (4, 0.1%)

1 もの見た, 夢でも, 思いを, 病気に

▼ 怖~ (3, 0.1%)

1 おずし, ながら次第に, 怖ず

▼ 怖~ (3, 0.1%)

2 怯り 1 喫驚

▼ 怖ない~ (3, 0.1%)

1 事で, 皿を, 若侍

▼ 怖まし~ (3, 0.1%)

1 い姿, い色, い薄

▼ 怖~ (3, 0.1%)

1 の, のお, 戦きが

▼ 怖るれ~ (3, 0.1%)

1 ども去る, ばこそ同じ, ば血行

▼ 怖れおののいた~ (3, 0.1%)

1 が一つ, のであった, のである

▼ 怖れし~ (3, 0.1%)

1 むるに, むるもの, 桜花あらぬ

▼ 怖れなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ, ば血の池

▼ 怖れね~ (3, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 怖れはじめ~ (3, 0.1%)

2 てゐた 1 てしまふ

▼ 怖れません~ (3, 0.1%)

1 から時折, 初めから, 誰に対して

▼ 怖れ戦い~ (3, 0.1%)

1 てゐる, て夕闇, て実験室

▼ 怖ろしき~ (3, 0.1%)

1 に因った, に心, ばかりに見えた

▼ 怖~ (3, 0.1%)

1 が刹那彼, が描かれ, に駆られた

▼ 怖いっ~ (2, 0.0%)

1 たって今更, 怖いっ

▼ 怖さ半分~ (2, 0.0%)

1 で言葉, と横着半分

▼ 怖しゅう~ (2, 0.0%)

1 ございますから, 御座いますから

▼ 怖すべき~ (2, 0.0%)

1 ことを, 衝突を

▼ 怖ぢ気~ (2, 0.0%)

1 がさす, のついた

▼ 怖~ (2, 0.0%)

1 として, 怖づ

▼ 怖なく~ (2, 0.0%)

1 て手, て誰

▼ 怖~ (2, 0.0%)

1 て衆軍, 其身を

▼ 怖らく彼~ (2, 0.0%)

1 の職, の若年時代

▼ 怖らしき~ (2, 0.0%)

1 よりは万事物和ら, 程なりき

▼ 怖る近寄っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て行く

▼ 怖れあり~ (2, 0.0%)

1 何ぞ況や凡夫, 貴君は

▼ 怖れおののき~ (2, 0.0%)

1 ながらさびしい, ながら魂

▼ 怖れおののく~ (2, 0.0%)

1 ことも, 心持執行の

▼ 怖れさせ出し~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 怖れしめない~ (2, 0.0%)

1 ための, で驚かせる

▼ 怖れとで~ (2, 0.0%)

1 その婦人たち, 総身が

▼ 怖れないだろう~ (2, 0.0%)

1 ということ, と思います

▼ 怖れなかつた~ (2, 0.0%)

1 それは, ソクラテスも

▼ 怖れなくなる~ (2, 0.0%)

1 ような, 時には

▼ 怖れなし~ (2, 0.0%)

2 にかなり

▼ 怖れよう~ (2, 0.0%)

1 とは, ともし

▼ 怖れる如く~ (2, 0.0%)

1 ひたすら面, 西洋画家も

▼ 怖れわなない~ (2, 0.0%)

1 て帝, て逃げ走った

▼ 怖れん~ (2, 0.0%)

1 という貴様, ので

▼ 怖れ信じ~ (2, 0.0%)

1 ている, また忍従

▼ 怖れ怯え~ (2, 0.0%)

1 つつよそ, て青空

▼ 怖れ戦かず~ (2, 0.0%)

1 にゐられ, にゐられなかつた

▼ 怖れ給う~ (2, 0.0%)

1 ことは, て自身

▼ 怖れ考へる~ (2, 0.0%)

2 代りに

▼ 怖れ過ぎる~ (2, 0.0%)

1 から彼等, んだ

▼ 怖ろしき物~ (2, 0.0%)

1 の一瞥, を見れ

▼ 怖わかった~ (2, 0.0%)

1 と見える, のだろう

▼ 怖わや~ (2, 0.0%)

1 怖わや, 恐ろしや

▼ 怖~ (2, 0.0%)

1 があります, はあります

▼ 怖~ (2, 0.0%)

1 ながら見, 坐敷

▼ 怖怖し~ (2, 0.0%)

2 たり又は

▼ 怖~ (2, 0.0%)

1 義云々と, 難を

▼1* [216件]

えってって, 怖えもんさ, 怖えんでみんな, 怖え目つきしつちやつて, 怖づと吹きいづる, 怖おう御座いますわ, 怖おう御座んしたが思い切っ, 怖おっせとついぞ, 怖けたかも知れぬ, 怖けた様に眼, 怖けてはいけないので, 怖けりや暗夜, 怖けるには及ばぬ, 怖な眼, 怖ことあるもん, 怖さうに云ひました, 怖さうに手をふつ, 怖さうに遠くから取り, 怖されている, 怖さ加減を互に, 怖しげな薬, 怖のは, 怖するの情, 怖せしめるのだ, 怖やうに, 怖ぢけたのでまあ, 怖ぢそねかくれたる, 怖ぢ震ひ繁み, 怖って居りますると, 怖かなぐ, 怖づる弱き奴, 怖である未来も, 怖なかったってもう少し, 怖ながら見に, 怖なった時に, 怖なるべしとの予期, 怖えウーンおれ, 怖ねえと思って, 怖の的であったばかり, 怖びつくりやんぢ, 怖ましげな力, 怖また高吼, 怖を消す, 怖ず臆くせ, 怖出来る, 怖やかした統さんの, 怖やの恐や, 怖らくよそであったろう, 怖らくピシアスとデイモン, 怖らく不満なの, 怖らく人を避け, 怖らく他の大名, 怖らく会心の作, 怖らく先生にとっても生涯, 怖らく反対だし, 怖らく技に於, 怖らく跛行になっ, 怖らく静山のよう, 怖らしさに, 怖らしくない婆さんだ, 怖るあけた隙間から, 怖るつまむように, 怖るべからざるものを, 怖るべきだということ, 怖るべき祟りをうけない, 怖るべくして狎, 怖るべしですから, 怖る伺ってみる, 怖る入って来た, 怖る出て来た, 怖る参りますとお爺さん, 怖る取り下ろしそれを, 怖る差出した土地の, 怖る歩いて来た, 怖る聴いてみる, 怖る見あげたがびっくり, 怖る這い出してまず, 怖る通って例, 怖れあること三つ, 怖れいりますが, 怖れおののかないでいられる, 怖れおびえてもと, 怖れかしこまれ尊ばれている, 怖れかなしみ勅使として, 怖れさすに十分, 怖れさせてはなりません, 怖れさせたといふの, 怖れさせることを, 怖れしむべき敵が, 怖れしめず政権も, 怖れしめようと計った, 怖れしめるお働き, 怖れすくませてしまう, 怖れずしてまず, 怖れず乗だす性質の, 怖れず死にあこがれずに主人, 怖れたごとく佐助も, 怖れたらどこへも, 怖れだしてきた, 怖れだすかも知れない, 怖れちぢかんで, 怖れちぢこまってすぐ, 怖れつつしんでいる, 怖れつづけて生き, 怖れてらしたのよ, 怖れてるだけです, 怖れであったがそれ, 怖れであり愚かしさ, 怖れであるに相違, 怖れないではいられなかった, 怖れない見ようによっては人間, 怖れなつかしみそして友交, 怖れなやみぬいていた, 怖れなるかな, 怖れぬ思ひになつたの, 怖れはばかっている, 怖れやす殿様とも, 怖れやせんけどなわ, 怖れられるのも, 怖れられ信ぜられてしばしば, 怖れられ厭われた動物をも, 怖れられ蔑まれ口に, 怖れるこたあねえ, 怖れるせゐぢや, 怖れるだろうと思った, 怖れるべきでないことを, 怖れれば怖, 怖れろおそろしいの, 怖れわななきさすがの, 怖れ伏してしまった, 怖れ入っている, 怖れ入った浮気振り, 怖れ入り明日道人に, 怖れ入りますね, 怖れ入る事は, 怖れ出していた, 怖れ出したのも, 怖れ合うておりました, 怖れ合っていた, 怖れ呪わねばならなかった, 怖れ始めたかと思へ, 怖れ嫌うであろうと思っ, 怖れ嫌われている, 怖れ守っていた, 怖れ忌むものである, 怖れ忌んでいます, 怖れ怯えた様子で, 怖れ悲しむ次に大, 怖れ悲しんで勇気, 怖れ愛されている, 怖れ慎んでいた, 怖れ憂えている, 怖れ戦きつつ自分, 怖れ戦くの外は, 怖れ痛みもしくは憂い, 怖れ縮んで動く, 怖れ苦しむ大きな理由, 怖れ走って屎, 怖れ走らんとすれ, 怖れ走るので, 怖れ逃げ隠れ息を, 怖れ通しながら鬣, 怖れ隠れずにゐられない, 怖れ隠れる人々に, 怖れ騒いだのである, 怖ろしき人の住める, 怖ろしき人非人ぞもはや, 怖ろしき刑罰を案じたる, 怖ろしき化物を見た, 怖ろしき危難を逃れたる, 怖ろしき圧迫を感ずる, 怖ろしき夜叉の顔, 怖ろしき夢をむすぶ, 怖ろしき悪戦苦闘である, 怖ろしき文明の病毒, 怖ろしき昔の出来ごと, 怖ろしき毒を含める, 怖ろしき流は山岳, 怖ろしき經歴を想, 怖ろしき者どもであるな, 怖ろしき蛇の姿, 怖ろしき誘惑に想, 怖ろしき酒の精, 怖ろしき陶酔であり果, 怖ろしき顔を見, 怖ろしければいま, 怖ろしのさまが見えぬ, 怖わいということ, 怖わくないわね, 怖をば懷かざりき, 怖イデス捕マルデス, 怖イノデスカラソレヲ聞ケバキット私ヲ返, 怖イノデスカラソレヲ聞ケバキツト私ヲ返, 怖かなくっ, 怖ルベキ勁烈ノモノトナシ或者ハ, 怖ルル惡魔ノ甘, 怖ルル者少カラズ候ニ付今日ヨリ, 怖ロシイウネリヲ重ネテ, 怖ロシキ寡黙ヲ許セヨ, 怖ロシゲナル巨蛇ヲ掴ミテアリシト, 怖三界の相, 怖勸めにより釋種, 怖せんと, 怖怖, 怖味凄味を通, 怖敷に, 怖思念すと, 怖の極点, 怖せしめたセンセイション, 怖時代に, 怖気づいただけにたちまち, 怖物驚をし, 怖をした, 怖の一種, 怖退散する程, 怖古鳥