青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「怒り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

快活~ ~念 念~ 念仏~ ~忽ち 忽ち~ 怒~ ~怒っ 怒っ~ ~怒り
怒り~
~怖 怖~ ~怖い 怖い~ ~思 思~ ~思い 思い~ 思いがけない~ ~思いました

「怒り~」 3121, 34ppm, 3482位

▼ 怒り~ (511, 16.4%)

13 感じた 12 含んで 11 感じて 7 こめて, 覚えた 5 もって 4 発して, 見せて 3 あらわして, お発し, なだめた, ふくんで, 含んだ声, 忘れて, 押えて, 表は, 解いて, 買うこと

2 [30件] あらは, あらわした, うけて, おさえて, お發, かき立てたの, かき立てられるの, しずめて, みせて, やり過して, 一時に, 何う, 受ける, 含んだ聲, 帯びた声, 心に, 心頭に, 怖れ, 抑えて, 激発させる, 燃さずに, 燃やして, 燃やすたび, 発せり, 聞いて, 胸に, 覚える, 買って, 遷さず過ち, 額に

1 [358件] あおり主我心, あおり立てられるの, あおる, あらはせることしば, あらはせる民, いだいたの, いどむ小, うかべ足, うけては, うけましょうとも, うけ征, うち忘れ, うつさない過ち, おさ, おさへようと, おしずめ下さい, おし耐えた無理, おそれて, おなだめ下さいませ, おなだめ申す, おびその, おぼえた, かい勘気, かい軍, かったの, かって, かんじた, かんぜり, きれいに, ぐっと呑み込ん, こっちへ, こめたムチ, こめた腕, さけること, さらに焚きつける, しきりに誘った, しずめ, しずめたため, しずめられい, しずめるよう, しづめました, じりじりと, すっかり忘れ, たたきつけるみたい, つのらせて, とろかすよう例, なお甚だしく, なした, なしたの, なした代官松, なした米友, なして, なしました, なし劇, なすなり, なす前, なだめしごとし, なだめたが, なだめて, なだめるには, なだめる役, はぐらかそうとして, はっきり出せない, ひそめた白っぽい, ふくみて, ふくみ深く, ふくむ所以, ふくんだ気色, ふるわせて, ほしいまま, ほどよく冷ます, まじえた声音, ますばかり, まず忘れさせた, まぬかれたる戦士, まねくよう, みずして, もつ, もつて, もて余して, もて己, もやしすぐ, もやし忽ち, もやすところ, もよおし手勢, もらした, もらしたので, もらすこと, もらすでも, もらすと, やめて, やわらげて, やわらげるまで, 一層刺戟, 一層荒々しく, 一度に, 一緒に, 与えた, 交へたり, 人に, 倍に, 催さないでは, 催したらしかった, 催して, 催す時, 刺戟した, 加えたらしい, 加えて, 加え吠えるが, 動かして, 動作に, 募らして, 包んだ声, 収めた, 受けて, 受けてか, 叩きつけました, 叩きつけると, 叩きつけるよう, 同時に和らげた, 同時に感ずる, 吐き出して, 向う鉢巻の, 含めた声, 含んだよう, 含んだ怪訝, 含んだ眸, 含んだ眼, 含んだ眼つき, 含んでるかの, 呼ぶから, 和ぐるの, 和げること, 和めずば, 和らげる目的, 嘗て経験, 圧え, 圧し潰して, 圭一郎は, 堪えるため, 増し, 壓へて, 声に, 声にも, 大きゅうした, 宥めて, 宥める由, 宥め三つ, 宿して, 察して, 少しも, 少なくする, 帯びたよう, 帯びた低い, 帯びた深刻, 帯びて, 底に, 強いて押えつけた, 彼の, 彼は, 後悔する, 忍びて, 忍んで, 恐れて, 恐れながら頭, 恐れる気持, 恐れ避け, 悔いた, 想像し, 意味する, 感じその, 感じたこと, 感じないでは, 感じなかった, 感じました, 感じやしないん, 感じ憮然, 感ぜずに, 感ぜず隠忍自重, 慰め得ない狭小, 我以外に, 我思ふ, 我慢する, 抑えかねた, 抑えきれずあらんかぎり, 抑えきれなかった, 抑えた代り, 抑えた声, 抑え一通, 抑へる, 抑制し, 投げつけること, 抱いたこと, 抱いたところ, 押えた眼付, 押えようと, 押し流した, 招いた, 招き危ふく, 招くという, 招く行い, 招けるより, 持たねば, 持って, 挑んで, 掻き交ぜたよう, 放つ幼い, 日本犬の, 昂ぶらせるだけ, 明日まで, 最も厳格, 最も重要, 東へ, 極力なだめ, 構成し, 止めなかった, 殺すため, 洗う精神, 浮かべながら, 浴びせかけて, 涙で, 湛へ, 溶かす海, 漲らせながら, 潜めながら, 激せし, 煽ったり, 煽るのみ, 燃え立たせたが, 燃したところ, 燃して, 燃やしながら, 燃やしまた, 爆発させない, 爆発させる, 犯しても, 現して, 理性で, 生じやすく, 畏れたり, 発しおさえつけて, 発したが, 発したため, 発したと, 発したの, 発したり, 発した右近丸, 発した喜兵衛, 発した源助町, 発した竹童, 発した茨右近, 発しました, 発し久しく, 発するもの, 発する力, 発する暇, 発せられたとか, 発表する, 發し, 相手に, 眉に, 眸に, 眸にも, 眺めて, 知って, 知らない, 知ること他郷, 確める, 示されたの, 示した, 示すの, 示せば, 移し, 移すべき事情, 移すべき人, 籠めて, 紛らして, 紳士としての, 緩和し, 緩和しよう, 緯に, 罩めて, 考えたり, 聲に, 育てた, 胸へ, 自制する, 蒙つて, 蒙つて内務大臣, 表現なさる, 見ずして, 見せた, 見せるの, 見て, 見よと, 覚えずに, 覚えて, 覚えられたであらうか, 覚えられたであろうか, 覚える事, 覺え, 解いたのみ, 解かれて, 解かんと, 解きお気に入り, 解くほう, 解く事, 解こうという, 誘おうと, 語らん, 買い実は, 買い後, 買い烈しく, 買い義盟, 買い被害地選出, 買うお, 買うならそれ, 買うよう, 買ったもの, 買った事, 買った日, 買っても, 買ひ, 買ふ, 買わねば, 買われたか, 走らせて, 起こさせようと, 起さざる, 起し, 起し二匹, 起せし如くなりき, 起せるなり, 辛うじて抑へ, 辛うじて押, 通りこした, 通過させ, 逸せられるか, 避けて, 避けようと, 避け逃, 醒まさず, 鎮めた, 鎮めた事, 鎮めむものと巨大, 鎮めること, 鎮めるため, 鎮める事, 陽に, 隠しきれずに, 集中する, 静めあれこれ, 静めて, 顔つきと, 飲み込みこらえしのんだでしょう, 駆られて, 駆りたてて, 駆ろうと

▼ 怒り~ (445, 14.3%)

17 燃えて 16 まかせて 14 なって 13 ふれて, 任せて 12 触れて 7 觸れ, 震えて 6 乗じて, 顫え 5 ふるえて 4 もえて, 逆上し

3 [11件] かられて, ならないで, ならないよう, なりました, ふるえながら, 会って, 似たもの, 燃えた, 百年の, 身を, 駆られて

2 [23件] なったの, なっちゃ, なっても, なり, なりお, なること, ふるへて, ふるへをの, ぶるぶるふるえ, もえた, 任して, 似た怪しげ, 似た感情, 依って, 前後を, 変りつつ, 油を, 漲れるを, 燃えました, 耐え, 触れる, 震へて, 顫える

1 [242件] あったとしても, あったとも, あって, あつて危く命, あふれた宸翰, うち震えた, かすれた喉声, かっとなっ, かられながら, しても, たへ, つつまれて, つりあがって, とらはれし者, なったかの, なったかも, なったでしょうねえ, なったところ, なったり, なった御, なっちゃあ, なってと, なっては, なってよ, なつたらしい, なつちやいや, なつて, ならないでも, ならないの, ならないのよ, ならぬよう, なられたの, ならんで, ならんと, なりあれきり, なりさ, なりただちに, なりましたかしら, なりましたわ, なりますると, なりませんでしたそういう, なりまっ先に, なり乍ら活躍, なり此, なり鋭い, なるかは, なるその, なるでしょうキット, なるでせう, なると, なるどころか, なるならお, なるには, なるよう, なるん, はち切れさうな, ひきしまった, ふさは, ふる, ふるえた悪筆, ふるえながらも, ふるえる声, ふるえ人, ふるえ拳, ふるえ猛りに, ふるへながら, ふれ, ふれことごとく, ふれたの, ふれた人間, ふれても, ふれるとは, ふれるの, ふれるよう, ふれる者, ふれ狼, ふれ謀反, ぶるぶるふるえる, まかす仕返し, まかせたその, みちた声, みなぎりまた, むかへるごとくまた, もえあがった火星人, もえつ, もえる彼女, もえ金剛力士, やりきれない, ゆがんだ彼, ゆがんで, わななきやめ, わなわなと, 乗じ足, 代へる, 任せ思わず, 任せ敵將, 似げ, 似た涙, 似た絶叫, 似た複雜, 依つて, 価するもの, 偽装せられた, 充ちた己, 全身が, 刺さると, 刺されしか, 刺激された, 叫んで, 喉を, 嗄れて, 堪えずこの, 堪えないもの, 堪えないよう, 堪えない所業, 堪えなかった, 堪えなかったの, 堪え切れぬ私, 報ゆる, 変って, 変つてゐる, 変へて, 帰する説, 怒り, 怒鳴った, 怯えながら, 意気昂ぶりし, 慄えました, 慄わして, 慈愛の, 態度に, 憑かれたが, 憑かれると, 拳を, 捉えられそいつ, 捌け口を, 捕えられた, 暗然と, 曇り眼, 来とるよう, 来るわよ, 果てむ, 止まる, 泣きあかした時, 洪水来り, 満ちたもの, 満ちたる彼ら, 満ちた愚痴, 満ち溢れ鋭い, 澄んだ呟きが, 炎へ, 炎へて, 焼きた, 煮えくりかえるの, 燃え, 燃えあがったの, 燃えこの, 燃えその, 燃えたが, 燃えたつので, 燃えたどなり聲, 燃えたの, 燃えた二本, 燃えた刺すよう, 燃えた呟きを, 燃えた声, 燃えた貪食的, 燃えた賊兵, 燃えながら, 燃えながらも, 燃えること, 燃え上がって, 燃え白髪さかしま, 燃え私, 燃え立ったお前達, 燃やされた, 燃やした, 物凄く変っ, 狂い立って, 狂った, 狂ひ, 目が, 盲ひ, 眠たさ, 眼が, 眼を, 私は, 移りつつ, 肩を, 胸が, 胸も, 胸を, 興奮した, 血の, 血ばしらせて, 血走って, 触るべしと, 触るるを, 触れかかる, 触れしめたの, 触れずその, 触れたため, 触れたの, 触れたララン, 触れた時, 触れば, 触れました, 触れるからと, 触れん, 触れフランシス, 触れ刑, 触れ後日, 触れ気狂い, 触れ鞭, 觸れし, 觸れな, 觸れる, 護らる, 負けしもの, 身体を, 輝や, 近い気持, 近い氣持, 逆ろう, 逆立って, 過ぎませんが, 道庵先生へ, 酔って, 震う山肌, 震えた声, 震えた雷, 頓着なく, 頸すじを, 顔を, 顫へて, 駆らるるは, 駆られたの, 駆られたものの, 駆られたり, 駆り立てられ復讐, 駆り立てられ猛然と, 驅られ

▼ 怒り~ (332, 10.6%)

41 ために 11 色を 8 葡萄 7 声を 5 ような, 声が 4 眼を 3 滝の, 焔を, 色が, 色も

2 [17件] うちに, ほうが, 中に, 叫びを, 形相が, 御様子, 情に, 方が, 本能は, 涙が, 瀧の, 爲めに, 発作が, 結を, 聲を, 虫が, 雲の

1 [205件] あまりあなたを, あまりこれまで, あまりに今にもわたし, あまりに家, あまり先生の, あまり口を, あまり布団の, あまり悉く, あまり我と, あまり足を, あまり遂に, うちにも, おびただしいこと, かたまりと, かたまりに, かたまり見たいに, こえを, ことと, ごとく, それでは, たびに, ためか, ためでない, ためブオンデルモンテ殺害せられ, ときいったん, とけるよう, はげしさ, ひらめけども, ほかは, まじりあった表情, まなざしを, もとに, もとは, もどかしさ, やりば, やり場が, ように, ようも, わけは, わけを, タネは, バネに, ブドー, マスクを, 一念が, 一文を, 中から, 中へ, 人, 人なりき, 代りに, 代わりに, 件でございます, 余りお前を, 余りに尊敬語, 余り中野学士を, 余り夢中に, 余り思わず, 余り掴んだ, 余り斬らん, 余憤で, 像と, 兵を, 冷めない董卓, 前に, 原因と, 叫びが, 叫び声にも, 叫び声を, 場合に, 声きこへ, 声だった, 声で, 声と, 声と共に, 声に, 声にて, 声も, 声伯母は, 大音, 太鼓の, 奔流を, 如く直ちに, 対象と, 底に, 度も, 形と, 形相に, 形相ものすごく, 形相物凄く, 影が, 影さえも, 影を, 御口調, 心持ちは, 心起させず, 念に, 念によって, 念も, 念を, 怖るべき, 恐しさ, 悲しさ, 情が, 情を, 感じ, 感情が, 感情の, 感情は, 感情も, 手に, 日の, 智を, 曲線に, 本音が, 条を, 柳眉を, 極みじゃ, 極度という, 歯噛み荒々しく, 段恐縮です, 気を, 気持ちが, 流れるに, 消えて, 涙を, 激しさ, 激情に, 火に, 火は, 火炎が, 炎も, 為めに, 焦点が, 焦点を, 燃えたの, 燃え狂うに, 爆発だった, 猛き, 現実へ, 甚だしさ, 由, 疲労に, 発たんと, 発作で, 発作に, 發作が, 的が, 目私は, 相を, 眼つき, 眼で, 眼に, 眼は, 眼付を, 眼差は, 瞬間に, 瞬間を, 程が, 程を, 節強き, 紅潮が, 納まらぬ母親, 絶叫さへ, 絶頂に, 罪を, 罰の, 胸を, 色, 色は, 葡萄下巻も, 虫と, 虫に, 虫を, 血の, 衝動に, 表情が, 表情に, 表情の, 表現で, 表現を, 裏に, 視線は, 視野の, 角に, 解けて, 解けぬうち, 解けぬ理由, 言葉が, 言葉で, 言葉であった, 言葉でも, 言葉を, 記号も, 足で, 身振るい, 逆上する, 道程を, 鎮まるの, 閃光に, 面地を, 面色すさまじき, 顫え, 顫へを, 魂を

▼ 怒り~ (201, 6.4%)

3 いうまでも, いつに, しない, しないか, 容易に, 心頭に 2 したものの, しないよ, しません, 三日も, 彼の, 怒りを, 急に, 消えて, 辛辣である, 重々ご

1 [163件] あったに, あと廻しに, あの人たち, ありありと, いかばかりなり, いつの間にか蘇っ, おかみさんの, おさまらない, お前の, かえってあらたまった, かえって煽られた, ぐるりと, ここに, ことごとくクリストフ, この世に, この部屋, ごもつ, さらに強く, しずまらず彼, したが, しないかといふ, しないかも, しないから, しないけれども, しないだろうか, しないだろうと, しないでしょう, しない頼むの, しなかったが, しなかったしかし, しなかつたらう阿母, しばしば虚栄, しませんけれどね, すぐ口, すべて忘れ, すまいかと, せん, そのため, その努力, その反対, その底, その様, その苦し, それに, ついに兄弟墻, つい制止, つきなかった, ともかくその, どうしても釈けなかった, どうじゃ, ないのね, なおさらに, なかなかしずまらなかった, なさるまい, なされまい, ひどかった, ひどかつ, ふくむもの, ふと眉, ますますクリストフ, ますます急, ますます激しく, ますます烈しく, まだとけなかった, まだ冷め, まだ完全, まるで私, もう消え, もう習慣, ものすごい, よく判ります, 一つに, 一と, 一時尋常で, 今でも, 仕事の, 仲, 依然解けなかった, 公憤でなけれ, 凄まじいもの, 刹那に, 募る一方, 卑劣だ, 原因で, 又乱潮, 反動的な, 収らず, 噴水の, 嚥み込ん, 大きかった, 小野派の, 少しも, 常に親しい, 幾分解けたらし, 幾分解けたらしかった, 当然じゃ, 心底に, 心頭より, 恐らく異常, 悲みとなっ, 感じては, 感覚物に, 才能と, 抱こうとしても, 新たに, 新鮮だ, 日増しにつのっ, 時による, 極度に, 次第に孤独, 正当な, 残りなく, 母に, 水火と, 浄海入道に, 涙を, 激しく三千石, 火と, 火の, 火を, 無慙に, 無理も, 爆発した, 爆發しました, 狂暴な, 狂気の, 甚しく, 直ぐに, 直つた, 知らないのよ, 私怨である, 私憤だ, 簡単に, 紛々として, 素朴な, 結果である, 縮れた長髪, 胃の, 腹の, 自己の, 虚栄心の, 血が, 解いて, 解けた, 解けたらしい, 解けましたが, 解けますまい, 言いようの, 言語に, 誤解だ, 説明する, 誰れ, 遣り場が, 避けて, 釈けるもの, 際限も, 隣室で, 露骨に, 静まった, 非常で, 頂上に, 頂点に, 頼母を

▼ 怒り~ (193, 6.2%)

7 湧いて 6 こみあげて, こみ上げて 4 こみあげた 3 火の, 燃えた, 燃えて

2 [13件] ありました, 又彼, 心頭に, 恐ろしいの, 戻って, 爆発し, 生じて, 私に, 私を, 粉微塵に, 胸を, 解けた, 走つた

1 [135件] あった, あまりつよい, あらわれて, ありますて, ありよろこびが, あると, あるの, いっしょに, おいおい消え, おさまらない, おさまらないの, おさまると, かりたてられた, こちらへ, この気持, この老人, こもった, こもりに, さめると, すぐ欣び, せつないの, そのまま政子, そのまま焔, たちまち今度, とけず親, とけるわけ, なかなかとまらぬらしく, なくなって, ぶっつかって, ますます高じ, またじりじり, また女, また燃えあがりました, また胸, まだおさまらない, まるで私, みちみちて, むらむら湧い, もえて, やわらげられたの, わいて, タタリを, ムラムラと, 一ぱいに, 一時に, 一朝でない, 一様ならぬ, 乗りうつった, 二人の, 交ざり合ったよう, 今も, 仲, 光った, 全面を, 凍って, 分からんの, 勃発し, 勃発した, 募って, 収まらないので, 向けられて, 呂木の, 四十何年の, 字にまで, 完全に, 家へ, 少しでも, 常に又, 強く発した, 強く發, 彼らを, 彼を, 心の, 心頭より, 忘れられぬ, 怖いから, 急に, 恐い, 悲しみが, 想像の, 来ないであろうか, 歌を, 沈みきって, 沈んで, 消え弱い, 渦巻いて, 湧き起こった, 満ちて, 激烈な, 炎の, 燃えあがった, 燃えたった, 燃えつ, 燃えつのるたび, 燃えました, 燃えます, 燃えるの, 燃え立った, 爆発した, 現われ口, 男と, 発したもの, 盛り上つて, 眠られぬ夜, 眼の, 私の, 突然湧き立つ, 立たせたよう, 納得できる, 絶望の, 綴られて, 老婆の, 胸の, 胸へ, 腹の中で, 自分の, 荒々しく彼, 蒼白く漲っ, 血に, 襲つて来た, 解くる, 解けない, 走った, 走つて, 走りすぎた, 込み上げて, 重り合つて騷いで, 鎮まらなかった, 鎮まりでも, 鎮まれば, 間違いであった, 降らぬうち, 静まって, 頭へ, 駈け狂

▼ 怒り~ (171, 5.5%)

5 しないで 4 しない, しなかった, せず 3 して, しなければ, すべき事, せずに, 悲しみも 2 ある, し苛立ちも, するし, すれば, せずただ, せず腹, なく, なさらずば, 反抗も, 恨みも

1 [119件] あって, ありましょうが, ありますまい, あるだろうし, いくども, いわれなきこと, かくやの, かなしみも, こちらの, さっそくに, さめて, されず寫眞, されないの, しすね, しずまらなかった, した, したこと, しないこと, しないところ, しないの, しないので, しないのみか, しないらしい, しますまいそれでは, しませんでしたが, し得ない笑い, すぐ第六感, すぐ解け, するが, する憤りも, せずあくまで, せずこんど, せずにやにや, せずのっそり, せずますます, せずまた, せずよう, せずニヤニヤ, せず上機嫌, せず反, せず只, せず壺, せず怨み, せず悲しみ, せず泣き, せず無神経, せず笑いだして, せず驚き, せぬ, せぬが, せば, そこでは, ない, なく悲しみ, なく楽しく交際, なみでは, なやみも, ならず拾いあつめながら, ならない顔, また大, また正しかっ, やれず小, わすれた, 一片だに, 何も, 何処へやら, 出来なかったの, 別に心, 勿論おそろしかっ, 友情も, 和らいで, 喜びもそをつと秘密に, 大きかった, 失せて, 失望も, 女々しい灰, 嫉妬も, 実は糸子, 宥めて, 容易でない, 幾分か, 強かったであろう, 彼らの, 御座いませうが, 復讐も, 心の, 忘れたよう, 怨みも, 悲しい結果, 愚かなる, 感じないの, 憎しみも, 憎みも, 憎悪も, 憧れも, 手伝い左膳, 持つて, 最早純情, 歎き, 歓びも, 母達の, 消えて, 涙も, 無論であろう, 現わすまい, 発しきれないで, 短時間だ, 笑いも, 納まるでしょうからね, 絶望も, 羞らいも, 聞かれなかった, 致しました, 見えなかつた, 覚えた, 解け, 解けた, 解けよう, 買うよう

▼ 怒り~ (129, 4.1%)

6 悲しみに 5 失望と 3 嘲りを 2 なつて, 恐怖と, 悔恨が, 悲しみが, 悲しみと, 悲しみは, 憎しみと, 憎しみとで, 憎しみに, 驚きに

1 [95件] あまり香ばしく, いうか, いうよりも, いまに, お悲しみ, きき動顛, きまって, したの, そうして驚き, それから孤独, なった, なって, なってかの, まといつく怖, ろうばいの, 一番乗が, 不安に, 不快とは, 不面目な, 主我心とを, 主我心を, 争いと, 仰望とを, 侮蔑とを, 入れ交ったよう, 冷たさ, 冷笑, 厭悪働い, 口惜しさ, 呪いが, 呵責な, 命ぜられた事, 咒ひ, 喧嘩とで, 嘆きと, 嘲りとを, 嘲笑を, 失望とを, 婦人の, 嫉妬とが, 嫉妬の, 屈辱とで, 当惑と, 後者の, 復讐に, 復讐の, 怖れ, 思いつつ, 怨みとで, 恋慕とを, 恐れとから, 恐怖とで, 恐怖に, 恐怖の, 恐怖を, 恥が, 恥ずかしさ, 恥とで, 恥とに, 恨みと, 恨みとを, 悩みに, 悲しみとを, 悲しみの, 愛情との, 愛惜の, 憎しみが, 憎しみは, 憎しみを, 憎悪と, 憎悪とで, 憎悪との, 懊み, 敵意を, 正義を, 気力とが, 涙とに, 混乱を, 無念さと, 猜疑心とに, 痛みとの, 笑いと, 絶望と, 絶望に, 罵倒を, 苦痛で, 苦痛とに, 蔑みと, 蔑みの, 言ひ知れぬ, 詰問の, 諧謔を, 鎮魂と, 驚きと, 驚きとの

▼ 怒り~ (73, 2.3%)

5 彼に 4 之を

1 [64件] いかほど謝する, うたき依り, これを, その舅ヨバテース, つかみかかれる彼, イミルを, プロイトス夫王に, 一飛びに, 争うは, 云はむ, 休らへど, 作物も, 兇暴の, 兎を, 其の切株, 去り黄泉国行, 叫ぶ時, 大穴遅, 天を, 夫に, 妾を, 宮殿の, 害を, 將さに, 岩を, 必ず聞きいれず, 応ぜずまた, 怒りの, 我こ, 敵の, 曲頸の, 書物を, 榎木を, 洪武十四年日本を, 激浪を, 爾來閣下, 爾来閣下, 用いず黄子澄, 發する, 目閃めき, 神の, 神工の, 立てる如く途, 立上り, 自らテヱエルの, 自ら苦しむ, 船に, 虚空を, 血相か, 視る何, 谷へ, 身を, 退きて, 鉄の, 銀主を, 鋭き矢, 長く之, 阿を, 陣に, 頑なる, 頸を, 額を, 騷ぐらむ, 高き逆波

▼ 怒り~ (48, 1.5%)

6 しない 2 がった, しないよ, 怨恨の

1 [36件] あがって, がって, がるん, したの, しないから, はりますや, はるねん, まずいう, また, よろこびに, アが, アしめえ, 不徳の, 世の, 口惜し涙, 呪いが, 呪ひ, 怨みが, 恥を, 恨みを, 悲しみが, 悲しみと, 悲しみの, 悲しみを, 憎しみで, 憎しみの, 憤りの, 手振りの, 焦燥や, 狂わしい元気, 短気は, 荒々しさ, 警戒又は, 軽蔑の, 逆上に, 逆上や

▼ 怒りながら~ (43, 1.4%)

2 帰って

1 [41件] あの手紙, いったわ, うっかり下駄, お甲, こんなこと, しかしだらし, はげしく叱, まけて, やはりその後, アパートに, 今度は, 会場に, 剣を, 吃り出した, 向うへ, 大声で, 巨大な, 彼も, 恨みながら, 愛して, 戻つて來, 方々を, 書いて, 泣いて, 浅川の, 眠りに, 私には, 私は, 立ち上がって, 箸も, 腰を, 自分の, 行って, 西東の, 質ねた, 通りすぎました, 部下の, 野崎を, 長島萃に, 閣外へ, 飜訳し

▼ 怒りっぽい~ (42, 1.3%)

2 のは, 人達が

1 [38件] かわりには, が元来, が涙, が直ぐ, くせに, ぐらいはまあ, ことなども, しかし無邪気, しそれに, し先程, というの, という批評, ねあなた, のだ, ものです, ものは, んです, オランダ人の, ヴァン・リッパーという, 人だ, 人で, 人間であった, 危険な, 子夏に対する, 庸三を, 性質からと, 性質であった, 惣七の, 感じが, 方だ, 気短かな, 気質は, 男な, 禿久が, 苛立たしい気分, 蟹は, 野獣責めさいなまれる, 顔つき長い

▼ 怒り~ (39, 1.2%)

5 あつた 2 口の

1 [32件] いっぱいだった, この鬼, ござります, そのたび, それさえ, だんだん赤く, どなったが, ぶる, まったくこまっ, もって, ギラギラ光り出した, チョークを, 一ぱいに, 今いう, 仕置は, 充たされようと, 唇も, 室の, 必ず犬死, 思わず地団太, 思慮を, 打たれた板木, 泣き叫ぼうと, 燃え立って, 真っ赤に, 紅潮させ, 胸が, 血走った眼, 里方へ, 頭が, 顫えた, 鶏卵と

▼ 怒りっぽく~ (32, 1.0%)

4 なって 3 なった 2 なったり, 泣きっぽく

1 [21件] するもの, て友人たち, なったの, なったもの, なりましたが, なる, なること, なると共に, なるの, また憂鬱, 云っても, 何ものへ, 僕には, 心平らかでない, 怒鳴りつけること, 情愛の, 或る, 振りそして, 由蔵を, 芸術家の, 頑固で

▼ 怒り~ (24, 0.8%)

2 で, で叫んだ, を出した

1 [18件] が聞える, が雹, であった, でいいました, でいっ, で喚いた, で浴せかけた, とともに壁, ともとれる, にああ, もろくに, をその, をた, をたて, をひびかせました, を上げ, を上げた, を出し

▼ 怒り心頭~ (19, 0.6%)

14 に発し 3 に発した 1 に燃えた, より発し

▼ 怒り~ (17, 0.5%)

2 をした

1 [15件] がひどい, が余り, が眼, だった, であった, で嵯峨, で果ては, の足りない, はいつも, はそれ, は反抗的, は実に, は想像, を示し, 叱り方

▼ 怒りにな~ (16, 0.5%)

3 つても 2 つて, つていらつ, つて玉作りの 1 つてその, つてオホクサカの, つて居られる, つて弓に, つて往つておし, つて御船に, つて船出の

▼ 怒りから~ (14, 0.4%)

2 であったが, 代助 1 ご辺, その, 悲しみに, 或る, 斬首を, 涙を, 立上つて面白く, 身を, 逃れ, 醒めて

▼ 怒りよう~ (13, 0.4%)

1 [13件] がない, がひどい, が御大層, が無い, だ, でこの, で武士たち, とは打っ, とみな恟々, と言ったらありません, にまさか, もない, も大人げ

▼ 怒りとで~ (12, 0.4%)

1 [12件] いっぱいに, 口を, 叫んだ, 彼の, 心が, 思わず大声, 挟み上げられた肉, 真赤に, 眠ること, 葉子は, 言葉が, 黙って

▼ 怒りでも~ (11, 0.4%)

2 なければ 1 あった, したら喧嘩, するかの, ない, ない悲しみ, 仕置でも, 恨みでも, 悲しみでも, 無く嫌悪

▼ 怒りとが~ (10, 0.3%)

2 燃えて 1 いつし, ごっちゃに, ごつちや, ひそんで, もつれ合って, 抑えがたなく, 次第にその, 起って

▼ 怒りとに~ (9, 0.3%)

1 がたがたふるえ, さっと顏, どうにも堪へられなく, ふるへるの, 代えて, 就いて, 歯噛みを, 途切れ途切れの, 震えて

▼ 怒りとも~ (9, 0.3%)

2 つかないもの, 悲しみとも 1 いいよう, 思はれなくなつ, 憎しみとも, 笑いとも, 蓋恥とも

▼ 怒り出し~ (9, 0.3%)

2 もしなかった, やがった 1 さえすれ, そうに, たりした, たり言葉, 御き

▼ 怒り~ (9, 0.3%)

1 つた, ひに, ひました, ひ君, ひ考へること, ふ, ふ紺青, へる, へる咆哮

▼ 怒りとを~ (8, 0.3%)

1 ない交ぜた, もって, 吐き出した, 心に, 感じたであろうこと, 感じたらしい, 感じて, 歌つたいかにも

▼ 怒り~ (8, 0.3%)

2 ぼだから 1 ぼ, ぼう, ぼうの, ぼでヤッツケ, ぼにも, 坊だ

▼ 怒り~ (8, 0.3%)

2 ぽい 1 ぽいこれ, ぽいの, ぽいガサツ者, ぽく, ぽくなっ, ぽくなった

▼ 怒り易い~ (8, 0.3%)

2 性質を 1 のを, 一方にのみ, 人が, 人な, 人間で, 槍に

▼ 怒りあるいは~ (7, 0.2%)

1 卒爾として, 喜ぶ, 歎き, 殺す鋭き, 泣きあるいは, 落胆し, 蔑み格子越し

▼ 怒りでは~ (7, 0.2%)

2 有るまじと 1 ありますまい, かえって火, ない, なく癇癪, 到達の

▼ 怒りという~ (7, 0.2%)

3 ものは 1 ものが, ものだ, ものを, 媒体が

▼ 怒りには~ (7, 0.2%)

1 それを, どんな他人, ならないでしょうね, 及ばじ彼等, 同感出来る, 怒りによ, 捉えどころ

▼ 怒り給う~ (7, 0.2%)

31 ことなし, こと勿れ, こと無く, な今

▼ 怒りさえ~ (6, 0.2%)

1 おびて, かんじ眼, こみ上げて, した, せねば, ない

▼ 怒りなすっ~ (6, 0.2%)

1 ちゃいけません, ちゃ困ります, ちゃ話, ては厭, ては困ります, てまあ

▼ 怒りなすった~ (6, 0.2%)

41 のあなた, のじゃ

▼ 怒り易く~ (6, 0.2%)

1 なって, なる傾があるが, なる運命, 恃み, 感じ易く, 狂ひ

▼ 怒り立っ~ (6, 0.2%)

1 てその, てついに, てふたり, てルブラン氏, て張遼, て攻め襲う

▼ 怒り~ (6, 0.2%)

1 になりました, に足, はいつの間にか, をし, をつつまず見せる, をまっ

▼ 怒りたっ~ (5, 0.2%)

2 ていた 1 ていきなり, て剣, て指揮棒

▼ 怒り罵る~ (5, 0.2%)

1 が如き, のは, 叫びでしか, 声が, 若者たちを

▼ 怒りかた~ (4, 0.1%)

1 で遂に, は病的, もしない, をする

▼ 怒り~ (4, 0.1%)

2 へした 1 ういふ, へすれ

▼ 怒りその~ (4, 0.1%)

1 一掃, 嫁を, 宅へ, 議論の

▼ 怒りそれ~ (4, 0.1%)

1 がミス・コロ夫妻, にはかまわず, を自分, を許した

▼ 怒りたけっ~ (4, 0.1%)

1 ていた, ている, て草むら, て走っ

▼ 怒りたった~ (4, 0.1%)

1 ために, 人声が, 入道は, 男は

▼ 怒りとは~ (4, 0.1%)

1 つながらない, 神と, 違います, 非常に

▼ 怒りながらも~ (4, 0.1%)

1 まじないに, 俊吉の, 愛して, 私の

▼ 怒りなされた~ (4, 0.1%)

2 由後で 1 ことは, のだ

▼ 怒りやすい~ (4, 0.1%)

1 お重, ものである, 人, 人ほど

▼ 怒りよりも~ (4, 0.1%)

1 なお悪質, はげしい軽侮, 一瞬に, 母への

▼ 怒り出す~ (4, 0.1%)

1 ことは, のは, のも, 始末で

▼ 怒り~ (4, 0.1%)

1 と共に木曾, に曰, の幸福, を軽蔑

▼ 怒り易き~ (4, 0.1%)

1 こと他に, 威力ある, 最可笑しき, 罪人等

▼ 怒り~ (4, 0.1%)

1 き悲しみ, き悲しんで, くと, く前

▼ 怒り泣き~ (4, 0.1%)

1 ながらそれに, に泣い, に泣く, 悲しみそして

▼ 怒り遊ばす~ (4, 0.1%)

1 か, な, のにも, ものと

▼ 怒りある~ (3, 0.1%)

1 い罵りあるいは, な, のみ来たれ

▼ 怒り~ (3, 0.1%)

1 え, 復讐めいた, 抵抗の

▼ 怒りかつ~ (3, 0.1%)

1 は実家, は悲しめる, は泣き

▼ 怒りくるっ~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, て吹きすさん

▼ 怒りこれ~ (3, 0.1%)

1 おさし, を咬ん, を怨む

▼ 怒り~ (3, 0.1%)

1 て行く, を見ん, 昨日まで

▼ 怒りだけを~ (3, 0.1%)

1 感じそれ, 示し縺れる舌, 荷って

▼ 怒りっぽ~ (3, 0.1%)

2 さという 1 さに

▼ 怒りっぽかっ~ (3, 0.1%)

3

▼ 怒り~ (3, 0.1%)

1 ぽいところ, ぽいの, ぽい父

▼ 怒りである~ (3, 0.1%)

1 ことを, というの, とか等々

▼ 怒りとして~ (3, 0.1%)

1 喜んで, 嫉み, 持ち出さずには

▼ 怒りとの~ (3, 0.1%)

1 ほの, 籠った眼, 自由を

▼ 怒りと共に~ (3, 0.1%)

1 ムク犬は, 昂進した, 近づく情慾

▼ 怒りどんなに~ (3, 0.1%)

2 口惜しがる 1 苦しみ苦しんだこと

▼ 怒り~ (3, 0.1%)

1 さるは, のである, んだろう

▼ 怒りなさらない~ (3, 0.1%)

21 でね

▼ 怒りなさる~ (3, 0.1%)

1 けれどこれ, ものじゃ, んです

▼ 怒りなされ~ (3, 0.1%)

1 ておる, て害, 何も

▼ 怒りにも~ (3, 0.1%)

1 ならず内々, 似たもの, 段階の

▼ 怒り恨み~ (3, 0.1%)

1 は一方, を結ばせ, 寒がっ

▼ 怒り悲しん~ (3, 0.1%)

1 で, でいる, で憎むべき

▼ 怒り猛る~ (3, 0.1%)

1 かしれない, にし, 仁王の

▼ 怒り~ (3, 0.1%)

1 が出, の, 出でて

▼ 怒り立った~ (3, 0.1%)

1 のは, 一方の, 声で

▼ 怒り立つ~ (3, 0.1%)

1 声が, 海底超人たちを, 良人へ

▼ 怒り~ (3, 0.1%)

2 ふこと 1 はざら

▼ 怒り罵り~ (3, 0.1%)

1 ていわく, ながら舷梯, 不覺

▼ 怒り遊ばした~ (3, 0.1%)

2 の何 1 んです

▼ 怒りかの~ (2, 0.1%)

1 婦わずか, 時を

▼ 怒りきつ~ (2, 0.1%)

1 た足どり, てゐた

▼ 怒りぎよろりと妻子~ (2, 0.1%)

2 を睨んですつく

▼ 怒りくるった~ (2, 0.1%)

1 女房は, 男は

▼ 怒りしか~ (2, 0.1%)

1 いかに罵りし, 歯を

▼ 怒りそう~ (2, 0.1%)

1 である, もない

▼ 怒りたま~ (2, 0.1%)

1 ひき, ふな

▼ 怒りたまう~ (2, 0.1%)

1 な, なハハ

▼ 怒りたる~ (2, 0.1%)

2 ことなく

▼ 怒り~ (2, 0.1%)

1 か根本君, と言

▼ 怒りだけが~ (2, 0.1%)

1 のこつて, 彼の

▼ 怒りつつ~ (2, 0.1%)

1 描いたの, 空しく潮流

▼ 怒りであり~ (2, 0.1%)

1 屈辱であり, 逞しい闘志

▼ 怒りであろう~ (2, 0.1%)

1 か, と思いました

▼ 怒りでございます~ (2, 0.1%)

1 な, ね

▼ 怒りとかいう~ (2, 0.1%)

1 思いよりも, 感じを

▼ 怒りなどは~ (2, 0.1%)

1 ほとんど見られなくなっ, 忘れて

▼ 怒りによって~ (2, 0.1%)

1 楽園から, 踏み蹂

▼ 怒りに対しては~ (2, 0.1%)

1 ただちに膝, 怒りを

▼ 怒りはるよつて~ (2, 0.1%)

2 あゝ言

▼ 怒りばかり~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 怒りへの~ (2, 0.1%)

2 或る

▼ 怒りやう~ (2, 0.1%)

1 といふもの, になり

▼ 怒りやすく~ (2, 0.1%)

1 狡猾で, 醒めては

▼ 怒り一方~ (2, 0.1%)

1 ならぬは, は威張り

▼ 怒り上戸~ (2, 0.1%)

1 のアカザル通信兵, やアノ泣き上戸

▼ 怒り且つ~ (2, 0.1%)

1 悔いて, 驚きこう思わず

▼ 怒り~ (2, 0.1%)

1 を海南島, を火上

▼ 怒り乍ら~ (2, 0.1%)

1 もわが, も退き

▼ 怒り云々~ (2, 0.1%)

1 して, はその

▼ 怒り付ける~ (2, 0.1%)

2 気は

▼ 怒り~ (2, 0.1%)

1 に手, を抜い

▼ 怒り叫ぶ~ (2, 0.1%)

1 ところの, 猛獸

▼ 怒り呪詛~ (2, 0.1%)

1 して, ひ或は

▼ 怒り少年~ (2, 0.1%)

2 の美学

▼ 怒り復讐~ (2, 0.1%)

1 はいったい, を誓っ

▼ 怒り悲しみ~ (2, 0.1%)

1 あざ笑い歎, 直ちに弟ラクシュマナ

▼ 怒り或は~ (2, 0.1%)

1 哀み, 笑つてゐる

▼ 怒り~ (2, 0.1%)

1 に唾, を貸した

▼ 怒り狂つて~ (2, 0.1%)

1 ゐるでは, 哮つて

▼ 怒り~ (2, 0.1%)

1 けるよう, つてゐる

▼ 怒り猛っ~ (2, 0.1%)

2

▼ 怒り~ (2, 0.1%)

1 でしょう, の伝あにい

▼ 怒り~ (2, 0.1%)

1 は子, を侮辱

▼ 怒り~ (2, 0.1%)

1 して, しては

▼ 怒り遊ばします~ (2, 0.1%)

1 ことは, ななに

▼ 怒り骨髄~ (2, 0.1%)

1 に徹した, に徹すれ

▼ 怒り鼻渦巻~ (2, 0.1%)

2 縮れの

▼ 怒り鼻腔~ (2, 0.1%)

2 が正面

▼1* [324件]

怒りあそばしてか, 怒りあってやにわに, 怒りあやか夫人, 怒りあらだつさまは, 怒りあり歓喜あり, 怒りいずれも, 怒りいとしも, 怒りいらぬこと云う, 怒りゑを, 怒りお上をいつわる, 怒りかえさず変に, 怒りかなしむのは, 怒りかへつて輕き, 怒りがいのない, 怒りがをさまる, 怒りくだされますな, 怒りける時楼上に, 怒りければ寄り就く, 怒りよいは, 怒りここはどこ, 怒りこそ永遠の, 怒りこの毛唐味な, 怒りもっともでは, 怒りさうなものぢや, 怒りさびしきに怒り, 怒りしかし依然として心, 怒りしわがこころしづまり, 怒りすぐさま自ら法廷に, 怒りする小さい舞台, 怒りせめては伊豆一国, 怒りそしてそのため, 怒りそのもののよう, 怒りそれから本読みにか, 怒りそれゆえの私, 怒りそんな無責任な聴き, 怒りたける相模灘の, 怒りたち殴り合い憎み合い癪, 怒りだけに立って, 怒りだすまえにかじりつい, 怒りだちに立った, 怒りっぱなしになった, 怒りっぱなし引込みつかず, 怒りっぽいじれったそうな, 怒りっぽくなし第三段, 怒りっぽく優しかった, 怒りっ放しで俺, 怒りつもりつもった不安, 怒りつんと後を, 怒りていひけるは, 怒りであって少し, 怒りであったように, 怒りであれ矛盾であれ, 怒りでございましてこれ, 怒りでしたけれどもこの, 怒りですぞ, 怒りででもあったの, 怒りでなかつたことだけは, 怒りで御座いましたが私, 怒りといったような, 怒りとか争いとか, 怒りとかというごとき表情, 怒りとでもいったよう, 怒りとのみ感じたの, 怒りおしに, 怒りないのみかかえって, 怒りなきようにと, 怒りなくば一言, 怒りなさったとみえ, 怒りなさらずお納め下さい, 怒りなさらなくとも, 怒りなさりやア, 怒りなされましたか, 怒りなされますな, 怒りなされるとまで信じ, 怒りなさんな, 怒りなすつちや厭よ, 怒りなせそ, 怒りなどという感情は, 怒りなれば義憤とい, 怒りなんかひき起こすこと, 怒りにかけて現実に, 怒りについて尚此天皇, 怒りにでも遇おうもの, 怒りによつて充たし得ぬ, 怒りによる上昇は, 怒りに対して父親は, 怒りに対する恐れが, 怒りに関することは, 怒りのほどを怖れ, 怒りはげしきにたへ, 怒りはげしく叱, 怒りはた喜びはた, 怒りひそかに許容, 怒りふるえている, 怒りほとんど片裂, 怒りぽかったから, 怒りぽくない人, 怒りまさあねあんな, 怒りまた笑った顔, 怒りまっ先に義を, 怒りもんでさ, 怒りゃしませんけれどあたしゃ男は嫌い, 怒りやがて聴水を, 怒りやすきその嫉妬, 怒りやまぬつもりで, 怒りやらであつ, 怒りやらを叩き付けたよう, 怒りよう眼の配り, 怒りよう苦りよう, 怒りよく笑いなかんずく, 怒りよったがなん, 怒りより生る, 怒りわしの仏像, 怒りわめいている, 怒りわめく形相さまざまの, 怒りわめけ自分ひとりは, 怒りわれらは特に, 怒りをすら帯びて, 怒りをば意と, 怒りをも漏らさずに, 怒りをやはらぐ, 怒りを以てむくいること, 怒りイーリスを遣, 怒りサトウと争, 怒りステンカラージンは反省, 怒りヂュウスに憤ほる, 怒りッぷりがキゼンとして自分勝手, 怒りッ面をし, 怒りファラデーの知らない, 怒りベッドの上, 怒り一昨夏祭日に他, 怒り一時に逆上せあがりました, 怒り一靴を取り, 怒り三分の一に受けたらう, 怒り上半分で笑つて, 怒りのおかみさん, 怒り下さいますな, 怒り且悲みて, 怒り争い打ち克たんと, 怒り争闘を続け, 怒り二人を執えよう, 怒り今朝未明に島田, 怒り付けながら老, 怒り以上にひどい, 怒り伊藤篤太郎に対し教室出入, 怒り伸子をののしった, 怒りでも狐, 怒り何故書けないの, 怒り何物をか呪い, 怒り侯盧二生と日夕往來, 怒り元来今回の, 怒り其破壞禁ぜんとても效, 怒り其老人を寸斷, 怒り其身を寸斷, 怒りない, 怒りしちまってね, 怒り出されたのです, 怒り出されないうちに, 怒り出したのにも, 怒り出しましたので豊田勢, 怒り切るのも, 怒りの柄, 怒りを極めて, 怒り医者に怒り, 怒り十組ばかりズカズカ, 怒りの頬, 怒りが示す, 怒り叫び曰ふ, 怒り号びて樹を鳴, 怒りつたこと, 怒り同じことに, 怒り同時に辯解しない, 怒り呪い蔑んでも, 怒りいヤミ屋, 怒り哮つた時之を, 怒り嘆き迷ひ, 怒り嘯き口を, 怒りの祟り, 怒り声不満の声, 怒りあばれの, 怒り失望嫉妬の感情, 怒り奔騰狂転せる風, 怒り女給頭をどなる, 怒り嫌悪悲哀その外いろいろ, 怒り定まれば相, 怒り宮宰をし, 怒り寂寥悲しさ, 怒り将来を想う, 怒り小柄な身体, 怒り就中アーンチロコス侠勇の, 怒り左右の者, 怒りの生涯, 怒り巻二は女, 怒り市長室から出, 怒り度いもの身ぶるい, 怒り彼等を一律, 怒り心晴間なければ, 怒り忽ち跡を, 怒り怒りて怒り, 怒り怒り怒りて怒り, 怒り思いの外なりしかば同志, 怒りだったが, 怒り怨み拗ね甘ったれしなだれかかり威しすかし, 怒り怨む可らず, 怒り怪しからん奴だ, 怒り恐れ入りまするが, 怒り恨む事と, 怒り悩む時又, 怒り悲しきに怒り, 怒り悲しみ恐れはすれ, 怒り悲しみ笑い身悶えして, 怒り悲しむもの, 怒り悶え憎み喜び泣き笑ったことか, 怒り惡意に加, 怒り意識喪失になった, 怒り憎しみまたは愛, 怒り憎しみ愛それは表面, 怒り憎んだことか, 怒り憤る風情です, 怒り懺悔もし, 怒りる時, 怒り抗議を申込んだ, 怒り挨拶もそこそこ, 怒り撃たるれば憤る, 怒り散々つねった, 怒り散らして木山, 怒り散らした村井長庵だ, 怒り断乎として抗議, 怒り斯く迄も君, 怒り既にして, 怒り昇天し, 怒り易かったと, 怒り暴れつつ曰く, 怒りふ, 怒り所治部の, 怒り最早安まっただろ, 怒り木刀をふるっ, 怒り東宝本社へ寄る, 怒り林中より二匹, 怒りを携え, 怒りまない, 怒り歌っている, 怒り止むるに答えず, 怒りはまだ, 怒りの背, 怒りと濤, 怒り浪子を怒り, 怒りをひどく, 怒り淋しい頽廢の, 怒り滿ち, 怒り澄まして, 怒り火箸や長, 怒り無きものあらん, 怒り無視されたその, 怒りのはやい, 怒りといっ, 怒り狂つた川浪の姿, 怒り狂はずにゐられなくなり, 怒り狂ひなば, 怒り狂風吹き捲いて, 怒り猜む暴君であったが, 怒りうかと喞, 怒りは笑った, 怒り王老師はなげいた, 怒り生じ雜念起ら, 怒り痛み激情それら心情的な, 怒り百七八十人徒党して, 怒り直に和む古代人, 怒り真剣勝負をしよう, 怒りで深雪, 怒り知識経験の如何, 怒り禍難をこ, 怒り立ち百千の, 怒り立つたるビエルヂバブには, 怒り立ていつかとっちめ, 怒り笑い嘆く, 怒りの表情, 怒り給はん出仕をさしとめる, 怒り絶頂に達し, 怒り織女の織りたる, 怒り罵りし事なく, 怒り群鼠をし, 怒りの兩眼, 怒りく苦しんだ, 怒り腰刀を抜き, 怒り自ら笑ひ自ら, 怒り自ら陽物を書き, 怒り自分から先, 怒り自殺せしなどと, 怒り自由に真摯, 怒り自身を辱, 怒り舌鋒するどくその, 怒り苦しんでいた, 怒り莞爾として笑いし, 怒り落つる滝, 怒りの身, 怒り西洋人の喜ぶ, 怒り試みよ空しく消え, 怒り詮方なきに, 怒りひて, 怒り神の, 怒り諸州のユダヤ人, 怒りをやっとく, 怒りを噛むごとくである, 怒り軍法をもっ, 怒り逆上である, 怒りふ, 怒り通してきた, 怒り遊ばしては実, 怒り遊ばないで下さいまし, 怒り遠く退却し, 怒り部下を率, 怒り閃く自棄的な, 怒り附けてやろう, 怒り難くなるから, 怒りは愁, 怒り顫いていうの, 怒り風狂ひ, 怒りを食, 怒り黄忠めがけて, 怒り黄金の羽, 怒りの側面, 怒り鼻のがあり, 怒りを見れ