青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「怒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

応用~ 忠~ 忠実~ 快く~ 快活~ ~念 念~ 念仏~ ~忽ち 忽ち~
怒~
~怒っ 怒っ~ ~怒り 怒り~ ~怖 怖~ ~怖い 怖い~ ~思 思~

「怒~」 1295, 14ppm, 7959位

▼ 怒~ (325, 25.1%)

29 のよう 17 の中 7 のごとく 6 の寄せる 5 となっ, の相 4 にもまれ, の如き, の如く, の音, めがけて 3 と怒, に巻き込まれ, の上, の間, の響

2 [18件] とからわれわれ, に押され, のごとき, のなか, のひびき, のまえ, のやう, の下, の前, の声, の実写, の巌上, の底, の時代, の様, の飛沫, を作っ, を蹴

1 [185件] から守りつづけ, かりたてて, があがった, があと, があらう, がざぶっ, がしぶき, がす, がもくもくと, が列, が吹きつけ, が噛みあい狂いあう, が寄せる, が小, が屋, が御岳, が恐しい, が打ち上げ, が暗礁, が来れ, が死ぬ, が滝, が澎湃, が激打, が現れる, が白馬, が百千, が眺められる, が睫毛, が船, が船首, が艦橋, が覆し, が轟く, が隙間, が高く, そして岸うつ飛沫, である, で娘, とがあった, とに育てあげられた, ともなり, と暴風, と果て, と潮流, と狂, と鬪, にぐうー, にその, にたいしてひたぶる, につつまれた, になっ, にのまれ, にのまれた, にまかせ, にまで少し, にもてあそばれ, にも或いは, にも滅, にも間断, によつて保護, に乗せ, に俯, に呑まれ, に堪え, に屈せず, に押し流され, に捲き込まれ, に泡, に洗われます, に覆はれ, に逆, に雪, に飛び込む, のいちばん, のおかげ, のかちどき, のくだける, のくる, のこゑ, のご, のごとくみなぎった, のごとく入っ, のごとく起こった, のごとく駆け入っ, のしぶき, のす, のすぐ, のため, の一, の一波, の兵, の凄まじ, の力, の口, の吠え, の土, の大兵, の如く一隊, の如く来り迫る, の如く走る, の岩, の岸, の崩れる如く, の急, の打ち上る, の拍手, の敵勢, の潮頭, の無限, の爲, の狂乱, の砕け, の破れ目, の羽柴軍, の聲, の荒れ狂う, の葉っぱ, の跡, の陰, の響き, の高, はすでに, はつきあげる, はどこ, はふたたび, はわずか, は一方, は下層, は大河, は急, は早, は立つ, は筏, は轟く, は逆, は逆巻い, へ向っ, へ当る, へ怒, へ飛びこむ, へ飛び込む, ますますはなはだし, もあつ, もあれ, も次第, も消す, よりもはるか, をあと, をかぶり, をくぐつ, をくぐりぬけ, をさえぎり切れず, をさしはさん, をなし, をふせぎ, をぶつけた, をまきあげ, をみつめ, をもの, をモノ, を乗り切る, を作り, を冒し, を加え, を右折, を浴び, を照す, を目, を相手, を繞ら, を聞い, を聞き, を脚下, を見, を見る, を見降ろした, を認め, を蹴つ, を飽かず眺めた, ヲ凌キ, 実ハ楽シキ小波, 砕け散り乍, 轟く岸, 轟く海洋

▼ 怒~ (136, 10.5%)

2 [15件] われの, 制して, 嘲に, 宥むべ, 少しも, 尤もだ, 帯びたが, 忘れた多く, 発して, 知らないこと, 知ること, 自分の, 解くこと, 避ける最上, 鎭める

1 [106件] あつめて, うるは, じっとこらえた, じっと我慢, なしたか, なして, なす勿, ふくむ其時丹羽長秀太閤, ふくんだやう, ふくんだ目, むけて, やめずいやましに, やめずシモアイス, やめよお, 乗せて, 作し, 作せしか, 免れない, 利用し, 助けて, 募らせて, 含むこと, 含むで, 含んだ形, 含んだ細君, 含んで, 和げたで, 和げるやう, 和げる訣, 和げる訳, 和めたりき, 回し下, 圧え, 小羊, 帯びたり, 帯びたるりりしき, 帯びたる声, 帯びた声, 帯びて, 帶びて聲高に, 忍て, 忍び辞, 怒るべきである, 思え, 思へ, 恐れて, 感じた, 抑へたり, 抱きたち, 押えて, 押えること, 押へ, 招きけん其の, 持って, 棄て, 棄てよアガメムノーン, 歌へ, 気の毒にも, 満面に, 漏らしたくなるであらう, 爆発させない, 爆發させます, 犯して, 犯してまで, 犯してまでも, 畏ぢ, 発し勢, 発し言語粗野, 發した, 發せざるなり, 示すとは, 移して, 考えること, 考へること, 耐えました, 行うなかれ, 表は, 表わさないで, 見せて, 覚えて, 覚える, 覚えると, 解きその, 認め知り, 護れ意, 護れ語, 護れ身, 買いあわや, 買い文治五年, 買うに, 買ったため, 買って, 買ふであらう, 買ふも, 起させる傾があるので, 起し給, 足に, 避くべき, 避くる, 鎮めるには, 鎮める最上, 除けお, 霽す便にも, 面に, 餘儀なく, 齎して

▼ 怒つて~ (120, 9.3%)

9 ゐた 7 しまつ 4 いらつし 3 よ, ゐて 2 しまつて, た, やしない, ゐたところ, 出て, 居らつし, 来ました

1 [80件] いいの, いひました, かう弁解, かう言, この阿呆玉め, ござらうお, その威厳, たつけ, どなりました, な, なぞゐない, なんかゐない, なんぞゐやしません, なン, ねそんな, はいけない, はいけません, はくれまい, はこまる, はならない, はみた, はゐない, はゐなかつた, はゐまい, はゐる, は出す, は考, ばかし居, ばかりも居られまい, ばかり居たら, ばかり居る, ばつかりゐる, ふりむいたの, もしかた, もゐない, もゐなけれ, も一日, も仕方, も恨むで, も足りない, も顏, やしなかつた, やへん, やア, ゐたといふ, ゐたね, ゐたの, ゐたわよ, ゐた父, ゐても, ゐなさるやう, ゐました, ゐましたよ, ゐます, ゐやあ, ゐれば, をら, をりました, 出かけたつて, 出掛けた位ひなら, 去つて仕舞, 取組んだら誰, 大きな口, 居た, 居たさ, 居た様, 居りました, 帰りし後, 待つて, 怒つて, 怒鳴つたり, 来られたん, 歌いますには, 泣いて, 立ち上がり我身分, 立つて, 見せたり, 見たりの, 言われるには, 騰つて天

▼ 怒~ (92, 7.1%)

11 ために 5 色を 4 多くは, 意味が

2 [12件] 伊呂比賣, 余に, 倫理的意味が, 倫理的意味ほど, 内面性が, 原因と, 意味を, 根源の, 深さ, 為に, 神の, 神は

1 [44件] さびしさを, はげしさ, ほどを知らしめ, むらむらと, やうな, 三女神フリエユ, 中心より, 前に, 動機を, 叫が, 和田合戦も, 女神でございます, 弁証法である, 形相ものすごく, 形相物凄く, 悔も, 情は, 故による, 故にトロイヤ, 日に, 果は, 権化は, 波に, 涙が, 涙だった, 涙だつた, 焔に, 王, 王次に, 眼か, 矢, 神, 神明の, 程も, 突発性は, 突發性は, 純粋性或いは, 純粹性, 色が, 行動に, 辯證法である, 郎女, 郎女に, 静まらざる如く

▼ 怒~ (69, 5.3%)

4 憎みの

2 [11件] ただ避, より深い, 分離であり, 募る, 啓示の, 容易に, 復讐心として, 忘れられて, 恐るべし, 洒落である, 私の

1 [43件] いかに現, いかに現われる, いつ現, いつ現われる, この時, とりわけ突発的, とりわけ突發的, 不義を, 利章一人の, 可なれ, 名誉心からの, 名譽心, 尋常の, 布団の, 彼の, 彼虚舟にも, 息むこと, 想ふ, 憤, 我と云う, 撫で下す絹しなやか, 敵と, 最後まで, 本來, 本来の, 歌か, 止息に, 永続する, 永續する, 漸く凪い, 激して, 爆発しました, 甚しかりき, 発するや, 突発的である, 突發的である, 蝮蛇の, 解けずお, 解けた, 車夫の, 運命的な, 釈く可, 際限も

▼ 怒~ (66, 5.1%)

6 觸れ 5 触れて 4 ふれて 3 任せて, 燃えて 2 段階が

1 [43件] お春, ふれること, ふれ私, まかせては, 乗じて, 任する, 倒されき, 其の身, 堪へないやう, 変って, 委せて, 心の, 怒り狂, 意気昂ぶりし, 我を, 満たされて, 満ちた言葉, 滿ち, 火を, 煌いた, 煽られて, 燃えあがった市民, 燃えた半四郎, 燃ゆる, 狂はんと, 狂わせた, 耐へ, 襲はれた, 触るるくらいの, 触るれば, 触れたの, 触れたもの, 触れ易い, 觸る, 震ふ朱唇, 震へるきち, 非ず, 顫え, 顫える, 顫は, 顫わして, 高まるという, 高まるといふ

▼ 怒~ (33, 2.5%)

2 解けて, 貴女を

1 [29件] あります, いっしょに, ますます輪, 一旦洪水, 出て, 劇かつ, 勃然として, 口惜しい恨めしい辯解, 心頭より, 恐ろしかった, 悔しい恨めしい弁解, 深いの, 湧いた, 湧いて, 湧き上がりましたが, 燃え上って, 燃え立った, 燃え立って, 生じたところ, 短気である, 短氣, 私の, 突発的な, 突發的な, 籠ったの, 胸へ, 荒れ狂って, 起りさうに, 降るの

▼ 怒つたの~ (33, 2.5%)

42 か耳, 怒らないの

1 [25件] か, かい, かその後, かただし, かな, かね, か何, か解らない, か解らなかつた, が原因, さうなの, だから, でありました, でしたが, では, どうして黙つ, ね, はその, はそれ, は友達, まア濟, もあります, をガラツ八, を見た, 怒らねえの

▼ 怒~ (26, 2.0%)

5 ている 2 た, たの

1 [17件] たとすら, たよう, た直実, た訳, た青すじ, ちゃいけません, ちゃア損, ていい, ています, てくる, てさえ見える, てその, てなどはいない, ては悪い, て以後, て此, て湯

▼ 怒~ (25, 1.9%)

2 いふもの, 嫉妬の, 恨との, 悲との, 憎みとの, 憎みとは, 焦躁とが

1 [11件] はずかしさ, 云う情, 同一状態である, 名のりつつ, 哀傷と, 喜を, 失望に, 復讐の, 恨とで, 惨酷, 涙で

▼ 怒つた~ (16, 1.2%)

3 でも

1 [13件] この係争, つかみ掛りサウ, でせう, とする, ならば, にも聊か, のかい, のかし, は奇怪千萬, もの, 大猪, 悲しんだ喜んだと, 見て

▼ 怒~ (16, 1.2%)

3 の臣

1 [13件] といふの, といふひ, のお, の分限者, の実家, の小屋, の者共, の里, へ呼び戻されました, へ引ツ, へ来, へ達する, もその他五つ

▼ 怒~ (16, 1.2%)

2 が起つた, の戰

1 [12件] した, して, する態, と拍手, の中, の叫, の外, の水, の雄叫び, はげしく更に, を發, を續

▼ 怒~ (14, 1.1%)

4 を含んだ 1 が肉體, すさまじき共に, の如き, をふくんだ, を含みました, を帶びたる詞, を帶びましたが, を挫, を紛らせる, を込め

▼ 怒つた顔~ (12, 0.9%)

3 をし 2 を見 1 うれしい顔, で怒鳴つた, によつて威厳, はせず, ばかりで, をしよう, ををかしく思

▼ 怒~ (8, 0.6%)

2 ない, 常習的に 1 その通, 収り, 憎しみも, 消えて

▼ 怒つてら~ (7, 0.5%)

6 つし 1

▼ 怒~ (7, 0.5%)

1 あり合, おぞや, 便は, 奸夫を, 居たこと, 此所の, 砂に

▼ 怒心頭~ (7, 0.5%)

4 に発し 2 に発した 1 より發

▼ 怒から~ (6, 0.5%)

2 直接に 1 生ずるから, 発した復讐心, 發した, 白怒

▼ 怒つた様~ (6, 0.5%)

2 な調子 1 な面, な顔, に, にムツ

▼ 怒において~ (6, 0.5%)

4 であるか 2 人間は

▼ 怒には~ (6, 0.5%)

2 ただ下降, どこか 1 嬖臣十太夫の, 頓着なく

▼ 怒~ (5, 0.4%)

1 は出, をながめ, をふくんだ, を見, を面

▼ 怒~ (4, 0.3%)

1 された, した, なぐり合, を加え

▼ 怒~ (4, 0.3%)

1 うづまき吠, に投じ入れ, の勢い, を防ぐ

▼ 怒濤澎湃~ (4, 0.3%)

2 の間 1 として孤峭, として岩

▼ 怒つて云~ (3, 0.2%)

3 つた

▼ 怒という~ (3, 0.2%)

1 ものが, ものの, 三つの

▼ 怒とを~ (3, 0.2%)

2 感じた 1 去勢する

▼ 怒~ (3, 0.2%)

1 たの, たツ, て居

▼ 怒~ (3, 0.2%)

2 へず叫び曰 1 へとむ

▼ 怒濤逆~ (3, 0.2%)

1 まくと, 卷く荒海, 巻く海

▼ 怒~ (3, 0.2%)

1 がまた, に油, を一生懸命

▼ 怒~ (3, 0.2%)

1 が折伏, の御, もち

▼ 怒~ (3, 0.2%)

1 に空中, の句, を起こし

▼ 怒~ (2, 0.2%)

1 咆哮し, 給い筒

▼ 怒つた人~ (2, 0.2%)

1 に向, の顔色

▼ 怒つた風~ (2, 0.2%)

2 もなく

▼ 怒つて意地わる~ (2, 0.2%)

1 が為たい, が爲たい

▼ 怒つて自分~ (2, 0.2%)

1 の室, の髭

▼ 怒~ (2, 0.2%)

1 あつた, 波立って

▼ 怒においては~ (2, 0.2%)

1 永続する, 永續する

▼ 怒について~ (2, 0.2%)

1 眞劍に, 真剣に

▼ 怒にも~ (2, 0.2%)

2 神の

▼ 怒ほど~ (2, 0.2%)

2 正確な

▼ 怒~ (2, 0.2%)

1 賣, 賣に

▼ 怒濤時代~ (2, 0.2%)

1 にあんな, の真っ

▼ 怒濤狂瀾~ (2, 0.2%)

1 の押寄, は多く

▼ 怒~ (2, 0.2%)

1 を円, 鋭牙

▼ 怒~ (2, 0.2%)

1 がある, をひそめ

▼ 怒~ (2, 0.2%)

2 怒の

▼ 怒~ (2, 0.2%)

1 で子, を朱泥

▼1* [165件]

嗚呼儚き, 怒かも知れぬけれども, 怒くらい強いもの, 怒ちゃ善け, 怒つたあまりの齒, 怒つたやうすも, 怒つた店にある, 怒つた目つきで云, 怒つた聲が忍びやか, 怒つた色にも気付かなかつた, 怒つた芳公が松原, 怒つた話がある, 怒つた顔付をし, 怒つてしまつたのかしら言, 怒つてしまつてはこれ, 怒つてつかみか, 怒つてどなり散らして, 怒つてはりまツせ, 怒つてぶりぶりして, 怒つてバカと叱る, 怒つて一人を詛, 怒つて下総の官員, 怒つて了つたのぢ, 怒つて代官を殺した, 怒つて休むのぢやないかしらだがまだ, 怒つて來るやろおもた, 怒つて催促する, 怒つて先に部屋, 怒つて先方にぶつ, 怒つて切り合ふ溝, 怒つて剣をぬく, 怒つて大に鞭撻, 怒つて天に滔, 怒つて妻の胸, 怒つて帰つたら, 怒つて帰つて来はした, 怒つて帰国の途, 怒つて底まで荒れ出す, 怒つて往つてしまつ, 怒つて御台所の命, 怒つて御覧なさい, 怒つて御返事らしい御返事, 怒つて復つて行つた, 怒つて志水にか, 怒つて手袋を地面, 怒つて承知しなかつた, 怒つて振り向きもしない, 怒つて日が暮れる, 怒つて東京へ歸, 怒つて此れを, 怒つて歸りながら, 怒つて歸つて來た, 怒つて渠の横腹, 怒つて火箸などを取り上げ, 怒つて碌に答, 怒つて自殺した, 怒つて行つてしまつ, 怒つて言つた, 怒つて詰めよる, 怒つて貰はない, 怒つて足を擧げ, 怒つて車輪の如く, 怒つて顔を真赤, 怒つて騷がねえたつ, 怒つて騷ぎを起す, 怒つとつた, 怒といふ三つの, 怒とが人を顛倒, 怒とに顫へて, 怒とは大抵瞬時, 怒とを以て書きもの, 怒なお色に, 怒なしに暴れ廻る, 怒によって示さねば, 怒のみ仏われ懸くる, 怒はげしとも, 怒はげしきクロニオーン即ち, 怒まことに恐るべし, 怒ものとせず, 怒めしを, 怒をも恨をも, 怒を以て書いて, 怒ッていらッしゃるのは, 怒ッタマノワルキカッカッ燃ユル頬トウモロコシムシャムシャヒトリ伏シテメソメソ泣イテイルスベテ記シテノチノチノ弱キケレドモ温キ, 怒ッタラアタシガ怒ッテヤルワ, 怒ッテ見セナガラ, 怒ッテ何事モオレニ向ッテ口答エヲスル, 怒ラナイデモヨカッタ颯子ガ婆サンカラ聞イテドンナ風ニ取ッタカト, 怒リニナラナイデ下サイ怒ルノガ一番体ニ, 怒ルノガ一番体ニ障リマスカラ, 怒ルモンデスカ怒ッタラアタシガ, 怒怖ルル惡魔, 怒万雷一時に激発, 怒を言, 怒及び其結果最後に, 怒に悪口, 怒譽心からの, 怒名誉心からの怒, 怒り付けた, 怒吼激越の高調, 怒喝一番前半に帯び, 怒ならず, 怒失望その他の情, 怒尋常一様のもの, 怒少なきなり, 怒島つた男があつ, 怒引きつげるアガメムノーン今更, 怒強く拷問の, 怒べからず, 怒れる眼, 怒ること勿, 怒の気, 怒は恐れ, 怒つべく君, 怒止むること勿れ任せよわれ, 怒気分的な怒という, 怒氣分的な怒といふ, 怒氣滿面けれど自己, 怒水神不, 怒の上流, 怒浪狂雷を踏み, 怒をしぼっ, 怒と云う, 怒液憂液はいつの間にか, 怒潮四千の軍馬, 怒濤あれ狂ふ荒海, 怒濤そのもののよう, 怒濤一色に塗りつぶされ, 怒濤中のかすれ, 怒濤岩を噛む, 怒濤暴風疾雷閃雷は自然, 怒濤澎湃水煙天に漲つ, 怒濤状の起伏, 怒濤砂を捲き, 怒濤船をゆらし, 怒濤重畳の彼岸, 怒濤雷の如く, 怒火心頭に発した, 怒として心, 怒のよう, 怒牛心理学概論闘牛道徳闘牛作法扱牛法大綱なんての, 怒牛角を閃かし, 怒の祠, 怒ほ色, 怒しく将, 怒を怖, 怒目主義を採用, 怒目赤黄色狗牙上に出, 怒を見る, 怒になつ, 怒のよう, 怒而貶入地獄, 怒腸一時に潰裂, 怒號慢罵の聲, 怒號橋は人, 怒號爭鬪に戰, 怒號紛として, 怒虫偏屈虫でありまして, 怒責作用を惹起, 怒蹇者も起つ, 怒罵刃, 怒髮冠を衝く, 怒髮天空を衝き, 怒の愛, 怒のごとき