青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「念仏~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

忙しい~ ~応じ 応じ~ 応用~ 忠~ 忠実~ 快く~ 快活~ ~念 念~
念仏~
~忽ち 忽ち~ 怒~ ~怒っ 怒っ~ ~怒り 怒り~ ~怖 怖~ ~怖い

「念仏~」 1322, 14ppm, 7815位

▼ 念仏~ (323, 24.4%)

31 唱えて 14 して 11 唱えながら 8 唱へ 6 となえて 3 しようと, すること, となえた, 唱へて, 申さるるよう, 称えて, 称へ

2 [20件] くりかへ, させて, させること, やめて, 修した時, 口に, 唱え, 唱えた, 唱えたり, 唱える, 唱えると, 唱えるばかり, 唱えるよう, 唱へながら, 唱和し, 始めた, 申されるよう, 申して, 申しながら, 申す

1 [192件] いいに, いう奴, いたします時, いろいろに, お唱, お唱え, させるよう, しさえ, しその, したから, したからとて, したり, してねん, してやったところ, しない者, しろ, しろ念仏, し法然, し立派, し続けて, し菩提, すすめその他七カ所, すすめられた, すすめ七カ所, すすめ念仏, するが, するその, する僧, すれば, そねみ, たれが, となえたの, となえたり, となえながら, となえると, となえ念仏, となえ目, とりて, なさると, はじめた, はじめて今, はじめて置く, はじめました, はじめ十一月十八日に, はじめ行い出した, はじめ行道した, ぶつぶつ口, まうさせさ, まうして, まふし, もって, 中止した, 事と, 云う, 享楽する, 低く唱え, 信ずると, 信ぜん人, 修した処, 修すること三日三夜, 修する処, 修せん所, 停止すべし, 分別し, 初めた, 刻み付けて, 前に, 勝林院に, 勤行し, 勤行した, 勧めた法師, 勧めにか, 口の, 口誦んだ, 同行の, 唱うること, 唱うるなかれ, 唱えさせること, 唱えしめたのみ, 唱えしめて, 唱えしめられて, 唱えたい, 唱えたくらい, 唱えたの, 唱えたよ, 唱えた者, 唱えだした, 唱えても, 唱えてるもの, 唱えなければ, 唱えまする途端, 唱えるが, 唱えること, 唱えるだけで, 唱えるだろう, 唱えるです, 唱えるの, 唱えるもの, 唱える事, 唱える声, 唱える者, 唱え一方, 唱え出した, 唱え惣次郎, 唱え沸, 唱え立ち帰らんと, 唱え込んで, 善くなろう, 噛みまぜて, 始めた時, 始めた灯, 始め六時礼讃, 宣伝し, 差置くという, 布教する, 広めて, 思はせるやう, 怠り給ふ, 怠ること, 怠る事, 扶けて, 抵当に, 捨てては, 描き名物大津絵, 教えられたと, 数多く称える, 日々の, 止め眼, 独唱し, 現実に, 申さないこと, 申さなければ, 申されないこと, 申した, 申したが, 申したとて, 申しつつも, 申しました, 申し一連, 申し供養, 申し掛蒲団, 申し通ったの, 申すが, 申すこと, 申すと, 申すとか, 申すは, 申すもの, 申すよう, 申す修行者, 申す托鉢, 破折, 禁じて, 禁ずるの, 称えこれ, 称えたり, 称えましても, 称えるもの, 称え人, 称え始める声, 称え荒磯, 称しても, 称へたり, 称へる, 終りおのおの帰り, 続けさせて, 繰り返すを, 聞きおぼえに, 興立し, 興行さした, 興行し, 興隆した, 行じた, 行ずる有様, 行と, 言ふ, 誓ったという, 語りあるく念仏比丘尼, 語ること, 語る女, 誦した, 誦しまいらせて, 説かれた古徳, 説くこと, 起して, 進められた, 進め上, 阻止妨害しよう, 除いた田楽, 離れて, 難破した, 高声に

▼ 念仏~ (255, 19.3%)

20 声が 8 ように 5 ことを, 功徳によって, 大師匠 4 ために, 声は, 大元締, 行者は 3 一つも, 声に, 行に, 行を

2 [11件] ような, 声とが, 声を, 外に, 徒の, 心が, 教えを, 時に, 法門を, 行は, 行者と

1 [162件] ある分派, おかげか, かみさんは, こころが, ことで, ことである, さまたげに, しやう, ただよう海風に, ため御堂に, とぎれけり蚊, ともがらの, ひとつも, やうな, やうに, 一つでも, 一つの, 一枚絵を, 一行を, 一遍も, 一門に, 三昧の, 上の, 両大派, 中に, 中将姫と, 主体であり, 事業愈々, 他の, 代りに, 例に, 信仰に, 信仰を, 信者であった, 信者と, 俳人惟然坊の, 催しも, 僧たちが, 僧の, 六阿弥陀を, 共通点ばかりが, 功が, 功力で, 功徳を, 効能が, 効能を, 務め長日六万遍である, 勢た, 口あけ, 口止め, 同一性平等性を, 名道場一蓮寺, 唱文に, 回向, 団体が, 堂と, 声かすかに, 声だけが, 声では, 声とは, 声などが, 声なんぞが, 声まもなくすっぱり, 声よりも, 声位で, 声幽, 声洋々たるは, 声絶えず, 外の, 外他言は, 大先達, 大行, 天魔狂言だ, 如きは, 安座を, 安心の, 宗旨であった, 家には, 家を, 小栗転生物語の, 差, 布教を, 帰依者であった, 庭にも, 影と, 影響し, 役を, 徒で, 必要が, 念を, 意味から, 意義が, 掌に, 救いを, 教えは, 教理から, 数は, 数遍多い, 数遍少い, 方が, 方は, 日を, 易行門のみ, 暇を, 末流と, 本意に, 本義が, 本願を, 様に, 様にもの, 気持さへ, 法語は, 法門の, 流行であった, 狂言が, 生活を, 由来を, 申されん様, 発祥地であった, 直入を, 稽古した, 終つた老婆たちは, 結願に, 絵看板鉦と, 義も, 義を, 義道を, 聖として, 肝要を, 興行これも, 興行は, 興行も, 行人と, 行怠りなかっ, 行怠りなく, 行者たちは, 行者であった, 行者とが, 行者として, 行者には, 要旨を, 要素が, 要義を, 話ばかり, 語が, 説経語りは, 諸声な, 謂れなどを, 踊りが, 輩を, 道場で, 道場と, 邪道に, 鉦の, 鉦を, 門に, 間に, 間には, 障りにも, 音, 類似点から, 黒仏では

▼ 念仏踊り~ (59, 4.5%)

2 の要素

1 [57件] がある, が現れた, が田楽, が這入, であ, である, であること, となつ, との三要素, と田, と田楽系統, と称, と言, など其間, なるが, になつ, にも迎, に夜すがら法楽, に惹き込まれ, に近い, に附会, のよう, の一変化, の中, の出来た, の古い, の基礎, の屋敷, の新しい, の流, の済んだ, の源, の直接, の系統, の組合, の遺風音楽, の部分, の陰惨, はほんとう, は其代表的, は勘三郎, は採り入れ, は既に, は此様, は田楽, も或は, や万歳舞, や唱門師風, や念仏宗, をかぶき, を仲よく, を基礎, を形づく, を生み, を行うた, を見, 及び旧来

▼ 念仏~ (49, 3.7%)

2 すぎず傑作, 帰して, 帰する, 生きる生活

1 [41件] ありと, おこもり, しくもの, ついて, なさいまし, なって, なりそう, なると, ふかく帰依, まさるべき善, 他より, 伴ふ, 似た唄, 依って, 凝りまた, 凝り固まりよつたん, 勝劣が, 参ったり, 夕勘定そろ, 夢中に, 大なる, 導かれて, 帰したの, 帰しつつ, 忙が, 恋々たる, 抑揚曲節を, 曲節を, 歩みより遂に, 深まらねば, 疑いが, 紛らせました, 群衆賑は, 若くは, 茶を, 見える町内, 託して, 転じたが, 関した書, 関係あらう, 限るとは

▼ 念仏~ (35, 2.6%)

4 て地獄 3 て弥陀 2 ていた, て往生

1 [24件] あたりの, その上, それから自分, ていそぎ, ている, ておりました, ております, てくれ, てまわり, てみだ, て人, て共に, て別, て対手, て居た, て居る, て往生必定臨終正念, て御, て心窃か, て息, て眠る, て静か, 寛元, 給へ

▼ 念仏申さるる~ (32, 2.4%)

27 ように 21 かこう, ようにという, 勇気を

▼ 念仏~ (31, 2.3%)

2 自力の

1 [29件] からだに, きこえる, すべての, ついて, となえられるよう, よきなり, 一代に, 一斉に, 出た時, 出来ないと, 四海の, 太鼓や, 奥州には, 影響し, 念仏する, 念仏を, 或は半時, 泣く様, 生活であるべき, 申さるるという, 申されようと, 申されるか, 目に, 絶えること, 自然に, 遊芸の, 長かった, 非常に, 飾って

▼ 念仏~ (31, 2.3%)

3 まことに浄土 2 弥陀廻向の

1 [26件] あらゆる人, けしからん, この聖, これ弥陀の, なんの, 一切衆生の, 人が, 何に, 十五日で, 各人の, 報恩謝徳の, 多くの, 大嫌, 如来から, 寺奴声聞身から, 御停止, 怠らず月々三島明神, 怠りなかっ, 数日前に, 最も優れ, 様なき, 甚だ無益, 行者の, 言葉称名でなけれ, 雨露次夫婦に, 飾る心

▼ 念仏~ (30, 2.3%)

3 のイデオロギー

1 [27件] か島人, があ, でありましたが, でございます, で警察事務, とは様, と称する, と言, なれど, の万歳舞, の村, の業蹟, の用, の行, の謡, の踊り, はた, は僧俗, は女犯, は正法, は毎年春, は無礙, は鬼神, も専門, を謗った, を連れ, 並びに檀那等

▼ 念仏でも~ (29, 2.2%)

7 唱えて 2 唱えるが, 称えるが

1 [18件] いうて, するか, となえて, となえるよう, やるべ, 信心でも, 呟くよう, 唱えるなら格別, 唱えろ, 唱えろッ, 唱へて, 申して, 申すが, 真宗の, 称えそう, 称えたい, 称えろ, 言ふ

▼ 念仏~ (23, 1.7%)

1 [23件] が先, が早く, が鉦, である, として方々, として諸方, とは謂, と人形舞, などが殊に, の中, の事, の多く, の徒, の念仏踊り, の懸けた, の持つ, の持つぬ, の旅路, の村, の芸, は此説経, を傭つて, 或は熊野比丘尼

▼ 念仏~ (22, 1.7%)

2 いって

1 [20件] いうべきもの, この源空, 一緒に, 世間者の, 云っても, 云ふ, 何れが, 功徳ひとしく, 勝劣いかむ, 呼んで, 在家の, 浄土宗の, 称するもの, 称する無言狂言, 称へ, 言うた時代, 言は, 言ふ, 鉦の, 阿波介が

▼ 念仏往生~ (16, 1.2%)

5 の道 3 のこと 2 を遂げた 1 のみを説く, の信心, の望み, の本願, の願い, をとげた

▼ 念仏~ (12, 0.9%)

1 [12件] かな, がある, といっ, とか観音講, にした, に寄りあつまる, の崩れ, の愚輩, の精進料理, の部落, をする, を鉦はじめ

▼ 念仏~ (10, 0.8%)

1 いって, させて, 云えない, 人の, 出来て, 唱えずに, 弥陀も, 悲鳴も, 禁じ題目, 題目も

▼ 念仏行者~ (10, 0.8%)

1 が日々念仏, が有っ, で生涯人, のふる, のやう, の法然房, の満, の目足, の称, は常に

▼ 念仏~ (9, 0.7%)

1 あるならば, お義理, きっと往生, そうやっ, ゐて, 句読を, 極楽に, 畳掛ける, 足りると

▼ 念仏という~ (9, 0.7%)

2 ものは 1 ことを, ものである, ものの, ものを, 他力で, 条件の, 踊りの

▼ 念仏~ (8, 0.6%)

2 お題目, 題目の 1 うしなわんずらん, 唱妙ばかり, 花を, 題目を

▼ 念仏する~ (7, 0.5%)

1 が好い, ことが, ことによって, のには, ものの, ものは, 御堂である

▼ 念仏~ (7, 0.5%)

1 が長文, のさんげ唱導, のさんげ種, の中, の信仰, の唱導, の打ちならす

▼ 念仏さえ~ (6, 0.5%)

2 すれば 1 いえば, 云えば, 申せば, 碌に

▼ 念仏比丘尼~ (6, 0.5%)

1 が諸国, で此比丘尼, となつ, の一類, の上, の語り

▼ 念仏~ (6, 0.5%)

2 というの 1 といっ, などと同じ, の不思議, は三十三所

▼ 念仏興行~ (6, 0.5%)

1 が一代, に多大, の理由, も余り流行, をそねん, を頼まれ

▼ 念仏道場~ (6, 0.5%)

1 だけにここ, の床, の片すみ, の破れ門前, をその, をどやどや

▼ 念仏~ (5, 0.4%)

1 から, かわかりゃしません, と考へ, よ, 久しぶりで

▼ 念仏ばかり~ (5, 0.4%)

1 でいい, でこんな, 唱えて, 唱える老人たち, 称えて

▼ 念仏をとな~ (5, 0.4%)

1 へた, へて, へました, へる, へる声

▼ 念仏~ (5, 0.4%)

1 から若宮稲荷, に確か, の十夜講, の懸, の方

▼ 念仏申す~ (5, 0.4%)

1 こそ誠に, にはま, のみぞすゑ, もの往生は, よう明け

▼ 念仏では~ (4, 0.3%)

1 ない, なくして, なくて, 往生は

▼ 念仏にも~ (4, 0.3%)

2 済まぬと 1 あらず, 狂言

▼ 念仏によって~ (4, 0.3%)

1 万人の, 完全な, 往生せん, 成仏する

▼ 念仏みたい~ (4, 0.3%)

1 な節, な言い方, に呟い, に頭

▼ 念仏~ (4, 0.3%)

1 か何, などに身, を喜ばせる, 高足駄

▼ 念仏申し~ (4, 0.3%)

1 ていた, ても利目, てやろう, て助かる

▼ 念仏~ (4, 0.3%)

1 に入った, に入る, の志, の教え

▼ 念仏~ (3, 0.2%)

1 お題目, 呪文でも, 念経かの

▼ 念仏すれ~ (3, 0.2%)

1 ば下品下生, ば疫病, ば臨終

▼ 念仏である~ (3, 0.2%)

1 がため, が前者, が故に

▼ 念仏とは~ (3, 0.2%)

1 全く反対, 念仏の, 関係が

▼ 念仏にて~ (3, 0.2%)

1 大通り芝口より, 宗門仏に, 行う獅子踊

▼ 念仏より~ (3, 0.2%)

1 お前の, ほかの, 外の

▼ 念仏一つ~ (3, 0.2%)

1 いわない, お題目一つ, 知んねえからな

▼ 念仏信者~ (3, 0.2%)

1 のお爺さん, の地頭東条景信, の老人

▼ 念仏修行~ (3, 0.2%)

1 の乞食僧, の光景, も今

▼ 念仏系統~ (3, 0.2%)

1 のもの, の伝, の歌

▼ 念仏~ (2, 0.2%)

1 半長右衛門の, 米の

▼ 念仏だけでも~ (2, 0.2%)

1 して, 専念に

▼ 念仏とも~ (2, 0.2%)

1 つかぬ文句, つかぬ歌

▼ 念仏と共に~ (2, 0.2%)

1 土を, 御息

▼ 念仏なり~ (2, 0.2%)

2 御詠歌なりを

▼ 念仏のみが~ (2, 0.2%)

1 痛切に, 真実である

▼ 念仏~ (2, 0.2%)

1 ふさん人々, ふしたる

▼ 念仏をとなへ~ (2, 0.2%)

1 けるこそを, 或はい

▼ 念仏一声~ (2, 0.2%)

1 には怎麼, の外

▼ 念仏~ (2, 0.2%)

2 りに

▼ 念仏代り~ (2, 0.2%)

1 になる, の阿呆陀羅経

▼ 念仏伝道~ (2, 0.2%)

1 した, をし

▼ 念仏停止~ (2, 0.2%)

1 というよう, をうける

▼ 念仏~ (2, 0.2%)

1 したもの, して

▼ 念仏唱え~ (2, 0.2%)

1 てねりあるき, ながら心

▼ 念仏唱名~ (2, 0.2%)

1 して, を通じて人生

▼ 念仏~ (2, 0.2%)

1 左衛門という, 左衛門は

▼ 念仏流行~ (2, 0.2%)

1 して, の時勢

▼ 念仏~ (2, 0.2%)

1 といふもの, になつ

▼ 念仏狂言~ (2, 0.2%)

1 とは念仏, と云っ

▼ 念仏申さつ~ (2, 0.2%)

2 しやい

▼ 念仏芸能~ (2, 0.2%)

1 の古形, の観察

▼ 念仏衆生摂取~ (2, 0.2%)

2 不捨

▼ 念仏~ (2, 0.2%)

2 を著した

▼ 念仏~ (2, 0.2%)

1 も曾, を聞き

▼ 念仏踊念仏~ (2, 0.2%)

1 となる, を始めた

▼1* [150件]

念仏から出発し, 念仏がとなへられキリスト信者, 念仏がわりに称ん, 念仏こころにいれ, 念仏こそなんとわれ, 念仏しか残って, 念仏したものだつた, 念仏し居る様には, 念仏すすめければ, 念仏すべしとある, 念仏そうな主, 念仏そこで疑いの, 念仏すなる, 念仏だけは申しますまい, 念仏だけを教えて, 念仏だの小念仏, 念仏ちょうどおあと, 念仏っぽくなるという, 念仏であって極楽往生, 念仏であったことである, 念仏であり念仏が, 念仏であろうぞ, 念仏でなくとも高声, 念仏として抱いて, 念仏とともに一句浮かんだ, 念仏との関係を, 念仏どころでなくなります, 念仏ども唱えて, 念仏など申し生きた心地, 念仏などといって, 念仏などは余り結構, 念仏などを云っちゃ, 念仏なら一念に, 念仏なりしは我, 念仏なる名は, 念仏なんか唱えて, 念仏なんかはホンの, 念仏には深いという, 念仏にまで用いて, 念仏によってのみ未来の, 念仏によるか坐禅によるか, 念仏に対してこれを, 念仏のさはりに, 念仏のみとなへれば, 念仏ばかりが救ひでご, 念仏ばかりとなえて, 念仏ばかりを附属する, 念仏ひとついっては, 念仏ぶしに近づい, 念仏まうしさ, 念仏または題目の, 念仏てえ, 念仏もどきの芸能, 念仏ゆるき野寺かな, 念仏よりも感じが, 念仏らしかったがとても, 念仏をとなへたりするの, 念仏をとなへながら私に, 念仏をも人の, 念仏唱ヘテ一図ニ飛ビ込ンデ, 念仏・時衆念仏の差, 念仏返にても, 念仏一ついまは申さず, 念仏一万五千を申され, 念仏一向の仲間, 念仏一方で久しく, 念仏一時間ばかり唱え, 念仏一行の絶対性, 念仏一道に仲よく, 念仏三万五千遍を唱え, 念仏三甚内はこの世, 念仏上人の禅室, 念仏退二十四日五日, 念仏三遍唱へ, 念仏主義はい, 念仏を催し, 念仏はそんな, 念仏供養を致した, 念仏修業の行者, 念仏修者の不思議, 念仏其他の興行, 念仏勤行の人, 念仏勧進の書, 念仏の正中, 念仏浄土の, 念仏及び能, 念仏合掌して, 念仏へて辿り, 念仏唱えれば往生, 念仏という, 念仏堂経堂無縁塚坊舎が三カ寺, 念仏という塚, 念仏好きの老人たち, 念仏婆さま連中が十五, 念仏安心を即座, 念仏とも呼ん, 念仏巫女踊りに幸若, 念仏に二度, 念仏弁慶やっこ矢の根座頭そんなよう, 念仏な, 念仏式説経となり, 念仏往生さかりなり, 念仏往生本願正意, 念仏往生義にも説くごとく, 念仏念法念僧するありさま, 念仏怠ることなく, 念仏を建て, 念仏数十遍禅定に入る, 念仏旅行者の物悲し, 念仏易行道他力本願そんな説法, 念仏枯枝に烏, 念仏になろう, 念仏といい, 念仏比丘尼即熊野比丘尼は虎御前型, 念仏気狂ひだとかで, 念仏という小さな, 念仏法門の説教絵解き, 念仏無間と罵られた, 念仏無間禅天魔真言亡国律国賊とは彼, 念仏で網, 念仏物語から来た, 念仏狂言類似のもの, 念仏甚だ盛んで, 念仏申さない場合が, 念仏申さんと思食, 念仏百万遍から来た, 念仏相続して, 念仏者伝ふる所, 念仏者等によつて, 念仏者自身なの, 念仏聖なる布教家も, 念仏聖一派の手, 念仏職人の中, 念仏芸人である, 念仏衆村のたれかれ, 念仏行者体のもの止宿, 念仏りして, 念仏詣りて余念無し, 念仏読経の手段, 念仏読経四威儀を破る, 念仏は出雲出自, 念仏の進化, 念仏踊りひよつとすれ, 念仏踊り其儘花鎮め行事, 念仏門最後の教え, 念仏門発祥の地, 念仏開基の地, 念仏降った, 念仏風雅の友, 念仏高く唱へて