青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「念~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

忘れる~ 忙しい~ ~応じ 応じ~ 応用~ 忠~ 忠実~ 快く~ 快活~ ~念
念~
念仏~ ~忽ち 忽ち~ 怒~ ~怒っ 怒っ~ ~怒り 怒り~ ~怖 怖~

「念~」 7537, 81ppm, 1367位

▼ 念~ (2313, 30.7%)

228 押して 184 押した 177 入れて 55 押すと, 押すよう 47 もって 28 押しました 24 おした, 抱いて 21 いだいて, 覚えた 20 おして, 押す 15 いれて 14 押すの 12 いだいた, 持って 11 押したの, 押しながら 9 押されて 8 おしました, 押してから 7 入れなければ, 押すやう 6 おすと, 入れた, 押した時, 押すので, 押すまでも, 推して, 起して 5 つけて, 感じた, 懐いて, 抱いた, 新たに, 禁じ得なかった, 禁ずること, 起さずには

4 [19件] おすの, おすよう, こめて, どうする, 与えた, 入れました, 入れるため, 少しも, 感じる, 抱かざるを, 抱かせた, 押されると, 押したが, 押しても, 押しに, 押しますと, 推した, 禁じ得ない, 起した

3 [28件] おしたの, おす, 入れたもの, 入れての, 入れないと, 入れると, 入れるよう, 凝らして, 増すばかり, 感じて, 抱くよう, 押さずに, 押されながら, 押し, 押した上, 押すには, 深くした, 深めた, 生じた, 示して, 禁じ得ないの, 私は, 胸中に, 薄から, 覚えて, 起こさした, 起こした, 起すこと

2 [75件] いだいたの, おしながら, おすには, した, して, なせり, もつて, 一処に, 一處に, 入れたの, 入れた上, 入れた形容, 入れよ, 入れるが, 入れるの, 入れるので, 入れるやう, 入れる性質, 入れ過ぎて, 制すること, 嗟歎の, 失うこと, 寄せて, 彼に, 忘れて, 感ずるのみ, 懐いたの, 払う事, 抑えて, 抱いたが, 抱きながら, 抱きました, 抱くに, 抱くやう, 押したこと, 押したそう, 押したとき, 押したのに, 押したほど, 押したん, 押していう, 押しては, 押して言う, 押します, 押すじゃ, 押すもの, 押す必要, 押す時, 押す様, 持たざるを, 持つて, 挟む余地, 捧げて, 捧げないわけ, 文化事業に, 新に, 有た, 朝鮮に, 標榜し, 深めて, 深めるの, 覚えさせられた, 覚えなかった, 覚えました, 覚ゆる, 誘ひ起して, 起こしたの, 起さしむ, 起させた, 起させたり, 起させる, 起したに, 起したん, 起した調子, 離れて

1 [903件 抜粋] あがなう人物, あの時代, あらは, あらわそうと, いだいたこと, いだいたり, いだいてるらしかったが, いだかせた, いだかせられた, いだかないばかりか, いだきながらも, いだき得るもの, いだくまでに, いっそう強めた, いまだに禁じ得ない, いれたすえ, いれまして, うしなって, おいつくしみ下され, おこさずに, おこさせたよう, おこさない者, おこしました, おさうなんて, おさえ得る人, おさなければ, おされたの, おされました, おしえたうえ, おしたが, おしたぢ, おしたとき保, おしたり, おした時, おしてから, おしてたずね, おして見ました, おして言いました, おしとくぜ, おしましたくらい, おすこと, おすわけ, おのずから形, おれに対して, お入れ, お忘れ, かきたてられたり, かけて, きざすの, きつかけ, ここに, こめていう, さえ持ちましたがな, さとりなど, したらこの, しりぞけそれら, すてて, そ, そそって, その熱情, たよりに, だれも, ついて, つれて, どうしよう, どうぞお, どこかへ, なさしめしもの, なして, なし深く, なすこと二月間, はらいがたい, ひどく殺がれた, ふかめて, ますます大きく, まず先, まるでもっ, もう一度味わせ, もたない奴, もちます, もち帰った, もっていうか, や, やぶって, よびさました事実, よび起こしたとも, よび起こすこと, より深く, わたしは, クリストフの, ディーニュ市民の, ヴェリチャーニノフに, 一杯に, 下って, 与えるかも, 与えるよう, 与へ, 主と, 二人は, 交へ, 他人に, 以つてその, 伴う場合, 伸べその, 余が, 作さ, 作さしめた, 作す, 來らす, 保たんと, 催うし, 催おし一喜一憂一哀一楽来往常ならずし, 催します, 催ふした, 入るれば, 入れかなり, 入れさせ分業物, 入れすぎた, 入れすぎてるが, 入れたうえ, 入れただけさ, 入れたと, 入れたに, 入れた仕上げ, 入れた化粧, 入れた女王, 入れた数遍摺, 入れた服装, 入れた腹下し, 入れた諜, 入れてと, 入れても, 入れと, 入れねば, 入れまして, 入れる, 入れるつもり, 入れるなんて, 入れる傾向, 入れる清七, 入れる隙, 入れろって, 入れんで, 入れ世間並, 入れ分別, 入れ大いに, 入れ心, 入れ手配り万般, 入れ老人, 入れ過ぎたので, 入れ過ぎる位, 其儘筆に, 凝らしながら, 凝らすひと, 制しきれないで, 加えて, 加味し, 助長する, 助長せし, 動かしつつ, 勦絶しよう, 去り時として, 去る事, 取りのけなければ, 口授し, 吐いて, 含んだ, 周囲の, 呼びさ, 呼び起して, 呼ぶべし, 喚び起こしお, 喚起させる, 喚起し, 固くし, 圧すと, 増した, 増しなお, 増し警戒, 増進せしめた, 外に, 多少とも, 失うよう, 失った, 失っては, 失はしむる, 失ふなと, 失わずに, 奪うほど, 存し各, 寄せた, 寄せるところ, 平生の, 引き起こしたほど, 強うし, 強く抱かせた, 強めるため, 強めるばかり, 彼は, 心から覚えた, 忘れずに, 忘れましょう, 念じ無, 急に, 恐らく多く, 悉く東隣, 意識した, 感じさせるもの, 感じない, 感じ自ら, 感ずるので, 感発せし, 懐いたろう, 懐かせたが, 懐かせた故, 懐きあるいは, 懐くよう, 懷きつ, 懷く, 懸るの, 戒めながら, 打消して, 払い得難き, 払ひ退ける, 抑えきれずに, 抑える訳, 投げかけます, 抱いたくらい, 抱いたの, 抱いたらしい, 抱いた事, 抱いてを, 抱かされました, 抱かしむる, 抱かしめたるギヨーテ, 抱かずに, 抱かせすすんで, 抱かせるに, 抱かないでも, 抱かなかった, 抱かれるか, 抱きつづけて, 抱き一方, 抱き出したの, 抱き次第に, 抱き百方これ, 抱くことさ, 抱くの, 抱くもの, 抱くらしく計, 抱く程度, 抱けり, 押さずともの, 押さなかったと, 押さなくても, 押さにゃ, 押さるるか, 押された, 押されたため, 押されたの, 押された一言, 押された印象, 押されても, 押される, 押されるまでも, 押しおる, 押したあの, 押したうへ, 押したかったの, 押したさうである, 押しただけ, 押したつて間, 押したはず, 押したよう, 押したらウン, 押したら恨めし, 押したら貴女, 押したる分れ道, 押した声, 押した当の, 押した後, 押した御, 押した重太郎, 押しでは, 押しとくぜ, 押しのばしたなんて, 押しましたこの, 押しましたので, 押しましたゆえ, 押しますが, 押しを, 押し合, 押し夫人, 押し彼, 押し辞, 押すが, 押すこと, 押すため給仕, 押すとは, 押すなぞ, 押すね, 押すまでの, 押すよりは, 押すん, 押す気持, 押す訳, 押そうと, 抽出し, 持たずには, 持たない奴, 持ち得たの, 持ち得ないもの, 持ち易, 持ち続けられるに, 持つかも, 持合わし, 挾み妬評, 捧ぐるに, 捧げたくなると, 捧げる外, 捨てたらしかった, 捨ては, 掘り下げること, 推さなくたつて, 推したげでのう, 推すも, 撥無し, 放擲し, 散ずるの類これ, 文化的に, 断たしめたるもの, 断って, 断つ処, 断らんければ, 断絶する, 昂めず, 晴さず, 晴らさせよ, 晴らそうかとも, 暗示した, 有し刻苦精励これ, 本来持っ, 植えつけた, 植ゑつける, 残したか, 汲みとって, 浄業の, 浴せかけた, 浴せて, 深からし, 深からしめた, 深くし, 深めかつ, 深めるであろう, 深めるのに, 減じ参らぬ神, 減殺す, 満足せしめた, 満面に, 滿たしたる, 滿足せしめよ, 煽つた, 燃して, 燃やさずに, 燃やして, 爲さず, 現は, 生じこの, 生じたの, 生じたもの, 生じた者, 生じ諺, 生ずること, 生ずるの, 生ずる如きは, 生ぜしむ, 生ぜしむるよう, 生ぜず, 発し自, 発すべし, 発せしめずには, 発表せられた, 發動し, 益々深く, 看取する, 瞬間スッカリ忘れ, 示されてるの, 示しながら, 示そうと, 禁じること, 禁じ得ざるも, 禁じ得ないであろう, 禁じ得ないでは, 禁じ得ないもの, 禁じ得なくなった, 禁じ得なくなる, 禁じ得ません, 禁ぜざるなりき, 私たち少年の, 私有する, 秋毫も, 節し当初婚姻, 籠め烟を, 絶たしむる, 絶たんが, 絶ちて, 絶ち候, 緩和する, 繋くる, 翻さしめたの, 育し, 脱し塵, 致したいの, 與へ, 萠さんよりは, 薄くする, 表すの, 表わしはじめる, 表示し, 視つめて, 覚えさせる事, 覚えしめるもの, 覚えたりは, 覚えながら, 観る人, 言って, 誘うと, 誘ふと, 誘起せし, 譬えて, 買ったが, 起こさざら, 起こさしむ, 起こさしむることあり, 起こさしめたかについて, 起こさしめるという, 起こさずには, 起こさせた, 起こさせは, 起こさせられるその, 起こさせるの, 起こさせるよう, 起こさなかったの, 起こしたまわること, 起こして, 起こし後者, 起こす, 起こすに, 起こすよう, 起さしむるものは榛名, 起さしめそれ, 起さしめたり, 起さしめぬ, 起さしめるには, 起さしめ立山, 起させたに, 起させたれば, 起させて, 起させない, 起させない時期, 起させぬ用心, 起させるであろう, 起させると, 起させるほど, 起させるやう, 起させ娘, 起さなければ, 起さる, 起し, 起したこと, 起したの, 起したよう, 起したるもの, 起した事, 起しはじめ幾度, 起し悪い, 起し自ら, 起し藻西, 起すであろう, 起すに, 起すべし, 起す惧, 起せるも, 迎える間, 迷信の, 通り過す, 長く心, 隠して, 集めたどうして, 離れては, 露出し, 静めて, 頭から, 顕す考え, 養ふ, 馳せるでも, 高むる, 高めて, 高める事, 高め或いは

▼ 念~ (1557, 20.7%)

615 ために 82 為に 29 爲に 21 ためだ 19 ため, ためと, 為めに 11 ためにと, ためもう一度 9 ためお 7 爲めに 6 ためじゃ, 入ったもの 5 ためこの 4 ためその, ため下女の, ため家の, 入つたこと, 小屋, 押し方, 爲だ 3 ためここに, ためにも, ためもう, ため平次は, ため聞い, ため見, やうに, 為だ

2 [36件] しるしとも, ためあなたの, ためご, ためで, ためとにかく, ためまた, ためも, ためよ, ため一度は, ため右の, ため小屋に, ため引返し, ため彼は, ため申し添え, ため申添候, ため町内の, ため薪の, ため裏の, ため覗い, ため訊い, ない静か, 上にも, 入ったこと, 入ったの, 入った用心, 入れ方, 強い人, 強さ, 方が, 湧かないの, 為め, 無いもの, 花束を, 表裏が, 起るの, 軍艦旗と

1 [574件 抜粋] あつい妙, あまりお, あること, ある病院, いったこと, いったの, いったもの, いった冒険劇, いった着付, いつた奴, いとしさ, いれようだ下らん, うちにばかり, お篤い, かしこにては, かたまりで人生, きざすの, こもったもの, こもった奮激, これが, ごとく華やか, さ, その一端, ためあんぐり口を, ためいっぺん引っぱっ, ためおっかさんの, ためおれが, ためお前を, ためお前自身が, ためお勝手の, ためお参りに, ためか, ためき, ためきい, ためききます, ためここへ, ためこれへ, ためこれを, ためじゃまじゃ, ためそこに, ためそこの, ためそれじゃ, ためそれなる, ためそれは, ためつけ加え, ためである, ためです, ためという, ためといふ, ためなお, ためにつけ, ための, ためのみ, ためはしごを, ためもう少し, ためよう, ためよく, ためわきに, ためカギを, ためコバルトを, ためジガレンを, ためスヰツチを, ためトランクを, ためノックしたら, ためフレンチ医師が, ためプールの, ためポケットに, ためロープを, ため一々, ため一人ずつ, ため一例を, ため一応, ため一間のこらず歩い, ため三人の, ため下總屋に, ため不用心だ, ため与八どのこの, ため中へ, ため乙の, ため二人の, ため云う, ため五代目菊五郎伝を, ため人違いに, ため今一度ふり返っ, ため今一度二人の, ため使いを, ため便所を, ため先妻の, ため先廻りを, ため入口の, ため入港中の, ため全文を, ため六月発行, ため内を, ため内科の, ため出張する, ため別院の, ため前後二三の, ため剣の, ため千種殿の, ため取調べ, ため同家へ, ため名乗り申す, ため向う三軒兩隣を, ため善七の, ため声を, ため大村附近へ, ため大石を, ため女房にだけ, ため女湯の, ため婆や, ため子分の, ため家へ, ため家中の, ため宿まで, ため寝る, ため専門の, ため尋ね, ため小当りに, ため島田家へ, ため常盤橋の, ため幻術の, ため幾枚かを, ため廊下に, ため廊下傳ひ, ため当時使っ, ため彭義の, ため彼の, ため彼女の, ため後に, ため後ろから, ため後刻お, ため懷紙で, ため或, ため戸棚を, ため手を, ため手探りで, ため手燭を, ため手紙の, ため承っ, ため把手を, ため捜し, ため捜した, ため捨吉の, ため採り帰っ, ため探りを, ため提灯を, ため放射線を, ため政府の, ため教へて, ため数え, ため文箱の, ため断る, ため明治四十五年五月博文館發行の, ため是非あなたに, ため時間を, ため時間表を, ため最初に, ため最後に, ため東大梶浦教授の, ため果し, ため柳橋の, ため査證を, ため格子へ, ため格子を, ため栽え, ため橋の, ため此處に, ため殿軍し, ため水兵杉田に, ため注意し, ため津田君に, ため父の, ため理科大学の, ため甚吉の, ため生肝を, ため田沼先生の, ため申し, ため申しあげときます, ため申しおくなら, ため申しまする, ため申し上げます, ため申し添えたい, ため申す, ため申上げ, ため申上げます, ため病院に, ため目印として, ため知らし, ため示された, ため私から, ため私が, ため私にも, ため私は, ため私みな寄つて見る, ため竹町の, ため筋違見附を, ため老婆心を, ため聞きおく, ため背中の, ため自分の, ため自身しめし, ため與三郎の, ため船長に, ため虎や, ため行つて聽い, ため衣套を, ため見ましょう, ため見よう, ため覚えを, ため言っときます, ため言つ, ため訊いた, ため訊く, ため訊ね, ため記し, ため註し, ため証言し, ため試問しよう, ため語らざる, ため調書の, ため諸家の, ため貴殿に, ため足の, ため軍を, ため軽便天測具を, ため辻番で, ため途中松井田で, ため道誉へ, ため邸内の, ため酒席と, ため醫者にも, ため金八に, ため鉄棒にて, ため間取りを, ため附け, ため隣に, ため隣へ, ため面を, ため饗庭の, ため黒田官兵衛生駒甚助明石与四郎などの, つかえと, つくられること, つつしむべきは, ところへ, ない兄, ない女, ない者, ない邪悪, なかつた俊, はげしいの, むらむらと, めくらむ, ゆえである, 一分のあらはれです, 一種の, 一端を, 三兄弟, 上手に, 下に, 世界の, 乏しさ, 乗越で, 乗越を, 交じった喜び, 交った不安さ, 今ところ, 余り, 佳名, 供養塔の, 僕の, 入た, 入ったい, 入ったいたずら, 入ったしかも, 入ったフィクション, 入った世間騒がせ, 入った仕掛け, 入った催し, 入った出版物, 入った包み方, 入った取調べ, 入った口上, 入った品がわり, 入った婿選び, 入った客, 入った御, 入った忍び足, 入った感じ, 入った手紙, 入った暴論, 入った検, 入った欠伸, 入った正攻法, 入った相談, 入った研究, 入った筋立て, 入った精進料理, 入った装飾的, 入った複合体, 入った親切, 入った言葉づかい, 入った訳, 入った話しだが, 入った調度, 入った讒言悪口, 入った贈物, 入った趣向, 入った道中姿, 入った達し, 入った錯覚, 入った長い, 入った長虫, 入った隅っこ, 入った雑多, 入つたフイクシヨン, 入つた下手人, 入つた仇打ち, 入つた挨拶, 入つた歩き振りぢ, 入つた筆, 入つた美観, 入つた誓, 入りし憎く, 入り過ぎたほどに, 入り過ぎる方, 入れやう, 入れよう, 写真を, 出ない理由, 切な, 切なる, 力が, 加わったインスピレーション, 勃興した, 半分は, 印たてられ, 厚いこと, 厚かった, 去らぬうち, 叶わぬ恨み, 品である, 問いを, 堪えが, 堪へが, 場合には, 増すに, 増すの, 如くに, 字の, 守刀, 守刀を, 宴が, 尊さ, 小屋が, 小屋に, 小屋は, 小屋へ, 小屋まで, 強いこと, 強いもの, 強い妙, 強い若殿, 強い飽迄, 強ければ, 強よければ, 御思ひはきはまれり, 必要以上に, 志望を, 情が, 意味かも, 意味で, 懐剣, 懐剣を, 抑え難く, 拮抗を, 数遍の, 方を, 早さ, 曇りが, 末こういう, 来る事, 梅だ, 梅子を, 楡の, 極端を, 様子である, 機微に, 欠乏せる, 残るはず, 消えぬの, 深いある, 深いこと, 深い時, 深い者, 深きに, 深ければ, 深さ, 深厚なる, 清い捧物, 湧き出ずるの, 湧くを, 火の手を, 為というくらいの, 為につけ, 為にと, 為にとて, 為めかの, 為めこれだけの, 為め今一度承知し, 為め今一度繰り返し, 為め十分に, 為め湯気で, 為め私は, 為め行人を, 為め見廻り, 為之と, 為何か, 為再び, 為再検視を, 為周囲を, 為堀の, 為大分の, 為押入れ, 為探る, 為昨日と, 為燐燵を, 為田舎の, 為申し, 為私へだけ, 為自分で, 為蓮太郎の, 為衣嚢を, 為言つ, 烈火に, 無いこと, 熾な, 熾烈さに, 熾烈に, 燃えた気ぶり, 爲お, 爲さ, 爲です, 爲め蟇口を, 爲め黒門町の, 爲もう一度, 爲一同立會の, 爲其處に, 爲御, 爲手短に, 爲死骸を, 爲町内の, 爲裏口の, 現れだ, 甚しきや, 発作が, 発動に, 發動に, 白楊, 益々高, 盛んな, 相即する, 祭典を, 禁じられないこと, 禁じ得ないこと, 禁じ難い, 種子の, 篤かった, 籠ったおじぎ, 素朴に, 繪葉書を, 肩には, 肩へ, 胸に, 自覺, 花吉と, 花小草よ, 萌すを, 萬分の, 葵ぐさ, 蔭から, 薄くなっ, 薄くなり, 薄らいだという, 襲い来るの, 語気するどく, 谷を, 起きるの, 起らないでも, 身が, 道は, 遺髪は, 醜さ, 錯誤ある, 面にも, 音楽堂が, 頂上には, 風を, 餓鬼が, 黒い小さいひとみ

▼ 念~ (672, 8.9%)

15 入って 14 湧いて 13 入り過ぎて 8 彼の 6 むらむらと, 起る 5 先に, 入りすぎて

4 [11件] あつた, ある, 届いて, 強いの, 強かった, 強くなっ, 彼を, 湧き上って, 生じた, 胸の, 起った

3 [17件] あった, あって, なかった, 入り過ぎます, 動いて, 少かった, 少しも, 心の, 浮んだ, 生じて, 胸に, 胸一杯に, 萌して, 薄らいで, 起つた, 起つて, 起るの

2 [36件] あったに, ありありと, あるの, かなって, ぐらついて, この時, こもって, これで, つけば, ない, むくむくと, むら, 一つの, 一時に, 交, 交じって, 入り過ぎたよ, 増して, 大切な, 少ないなら, 届かなければ, 方図も, 油然と, 深かった, 深くなった, 湧いた, 湧くこと, 盛んに, 私の, 胸いっぱいに, 自然と, 萠し, 起こって, 起こる, 起って, 高まって

1 [433件] あったから, あったこと, あったと, あったよう, あったらば, あとかたも, あふれ喪, あまり露, あらゆる希望, あらゆる関係, あらわれて, ありある, ありさえ, ありますから, ありませんから, あるから, あるだろうか, あるので, あるもの, ある以上, いかに偉大, いかに逞しく, いずれへか, いっそう深く, いってるでしょう, いっぱいに, いつかその, いつか少し, いつしか色, いまさらの, いよいよ切になった, いよいよ強く, いよいよ抑え切れなくなっ, いよいよ深く, いよいよ濃厚, いりすぎて, いり過ぎるしの, いる, うすかった, うすく幕臣どもみな王事, おいおい高まっ, おさえきれない, おしてある, おふさ, お上げ, お師さま, かなり前, きざしかかって, きざしたの, きざし始めたの, ぎくしゃくと, ぐんぐん力, こうした伝説, こころの, ことごとく崩壊, こみあげて, こみ上げて, こんな問題, しきりに動く, しだいに起こっ, して, しみじみと, じりじりと, すくなく, すさまじい力, ずっと強かっ, せっぱつまッ, その隙, そぶりに, たぎりぎらついて, たまらなかった, ちょこちょこ顔, ちよいと, つて駄目を, つのるばかり, つよい, つよく町子, できないよう, ときどき起こる, とどいて, とどかぬこと, どうかする, どうしても許さなかった, どこへでも, ないから, ないと, ない方, なかったら, なかつたら和紙, なかつたわけ, なくても, なくな, なくなって, なくなつた, なくなりますよう, なくば, なければ, はいって, ぱつと, ひそやかに, ひそんで, ひとしお深く, ひらめいた, ふた月越し, ふときざした, ふと萌した, ますます強められる, ますます深く, また戻っ, また湧いた, また甦, また甦つ, また襲っ, まっ暗に, みなぎり返るの, むづの, もてない理由, もの言いて, より強く, わいたの, わく, ダンチョンの, ムラムラと, モヤモヤと, 一刻も, 一回毎に, 一層強く, 一日は, 一杯ある, 一杯であった, 一枚一圓の, 一毫も, 一緒に, 一致する, 一般に, 不変である, 不安を, 主要な, 乏しいの, 乏しかった, 乏しくなり, 乏しく僻地, 二人の, 交じってると, 交って, 人の, 人一倍烈しい, 今少し, 以前よりは, 伴なわざる, 作家に, 作者を, 例もの, 俄に, 働いて, 兆して, 先へ, 先方へ, 兎の毛ほども, 入った仕方, 入った所為, 入つて, 入らない如く完, 入りあの, 入りすぎます, 入りすぎるかも, 入り過ぎた, 入り過ぎたまかり間違, 入り過ぎますね, 入り過ぎる, 入り過ぎるぜ, 入り過ぎると, 入るの, 入れて, 入ッ, 入過ぎた, 全く無くなっ, 全身に, 公に, 内心に, 内攻する, 冷たく彼, 凝って, 凡てに, 出なくなる, 切になっ, 判然と, 剣に, 劇しかった, 加は, 加わって, 動き出した, 動き初めるにつれて, 動くの, 十年前に, 却って彼, 厚かった, 厚く自分, 厚ければ, 去らないので, 去る, 取付いた, 右往左往に, 叶って, 地獄絵の, 増した, 増しました, 多大の, 夜と, 夢の, 大気中に, 大部分, 大風の, 失せること, 奇蹟的に, 奥ふかく, 始めて, 家を, 容易に, 寄せて, 寸時も, 少しでも, 屆いた, 届いたらもう, 届いたん, 届きやっと, 届くん, 届けば, 嵐の, 常にメルキオル, 常に肉體, 年と共に, 幽かながら, 張る氣, 強い, 強いか, 強いため, 強かつ, 強かつた, 強くて, 強くなつた, 強くやさしく救助, 強くコゼット, 強く是, 強く概括, 強く起こる, 強く起つた, 彼らに, 彼女の, 往来し, 微笑んで, 心を, 必ず起る, 忠之に, 思はず起るの, 急な, 惜しげも, 愈, 憂鬱な, 懸って, 懸つて煩悩, 我ながら, 手伝つていささか, 折々彼, 抜けきらないから, 抜けなかった, 押して, 掠めた, 断れたらまた, 断れんから, 断れんと, 新たに, 施されて, 日々烈しく, 早くも, 昂まっ, 普通の, 最高潮に, 有りましょうお前さん, 有る為, 未だ黒死館, 本能の, 来たの, 根深く彼, 欠ける, 次第に胸, 歓喜の, 止まないから, 此の, 此時油然として, 武家の, 残つてゐる, 残らねえでよ, 残り晩年, 残るという, 段々嵩じ, 毛頭なければ, 沸き起こる一方, 油然として, 洗われた惟念, 流転きわまり, 浅く向上渇仰, 浮んで, 消えるだらう, 消滅する, 深いから, 深いそこで, 深いの, 深かつ, 深くなっ, 深く萠, 深まりました, 清水の, 湧いたの, 湧かないでも, 湧かぬでも, 湧きあがった, 湧きあがつた, 湧き上るの, 湧き千穂子, 湧き感謝, 湧き起ったの, 湧き起り何, 湧き返って, 湧くのみ, 湧起しました, 溢れるやう, 漂う, 漂って, 漸く増長, 潜んで, 潮の, 濃くなっ, 火の, 火花みたいに, 炎を, 烈しく心頭, 無いで, 燃えた, 燃えたの, 燃え上って, 特に強い, 犇, 猛烈に, 現れるから, 現われて, 生じたとき, 生じ悔恨, 生ずる, 生存の, 留どもなく, 益々深められ, 益深く, 真実な, 眼覚めた, 祈願に, 私を, 稍薄らいだ, 稲妻の, 積って, 篤かつ, 絶えずどこ, 絶えず私, 絶えず襲いかかっ, 老衰した, 胸先を, 腹の, 自分の, 自然に, 萌さなかった, 萌した, 萌し始めたの, 萌し始めると共に, 萠しかけた, 著るしく, 薄かった, 薄かつ, 薄らぎました故, 薄らぐの, 薄れて, 蘇つたときすでに, 蟠つて時, 蠢動し, 衰えます, 要求する, 見えて, 見え礼節が, 起きた, 起こった, 起こらないでも, 起こらなかったの, 起こりことに, 起こる時, 起されるので, 起らない, 起らぬもの, 起りこれ, 起りました, 起り一揆, 起るであらうが, 起ると, 起るやう, 足らん, 足りないから, 跳って, 輝き満ちその, 込み上げて, 込上げて, 迹方も, 通つてゐた, 通らぬとの, 逞しい, 進み私慾, 重く心, 重なるに, 金五郎を, 銘々の, 鋭く私, 鋭く胸, 錆附い, 長ずるに, 限りない, 離れやしない, 雪の, 霧の, 音を, 頭を, 頻りに起つ, 骨に, 高くな, 高くなった, 高まるばかり, 黒

▼ 念~ (529, 7.0%)

31 念を 12 駆られて 6 打たれて, 燃えて, 驅られ 5 かられて, とらえられた, 堪えなかった, 変って, 襲われた, 駆られた, 駆られながら 4 たへ, 打たれた, 打たれる, 満ちて, 襲われて, 駆られるの 3 うたれた, して, 制せられた, 堪えない, 堪えないの, 心を, 悩まされて, 滿ちた, 衝たれ, 襲は

2 [24件] いっぱいに, たえなかった, とらわれて, わくわくし, 乏しいもの, 冒されて, 堪えかねて, 堪えざら, 富んで, 打たれたこと, 打たれないわけ, 打たれながら, 支配され, 於て, 燃えつ, 発するもの, 耽って, 胸を, 襲はれ, 襲わる, 襲われるの, 迫ま, 迫められた, 駆られたり

1 [331件] あおくなった, あげたいもの, あふれた様, あまり多く, いささか狎れすぎ, いっそう麗しく, うたれざるを, うたれたすぐ, うたれたの, うたれて, うたれるか, うたれること, うるみ, おそわれて, おどろかされるので, かきたてられ窓, かきむしられて, かたまって, かられある, かられたの, かられたん, かられないでも, かられること, かられ始めた, かわった, くれて, これを, さいなまれた, さいなまれて, しらべます, せまられて, せめられて, たえざりしも, たえない, たえません, たへが, たまらなくなつた, ちがいない, つくば, つよい人, つよい栄三郎, つれて, とらえられたらしい, とらわれながら, とらわれ自分, なった昨年, なると, なるもの, になわれて, はじまる, ひたる, ふくれ上がった, ほかならんので, また一般世間, まだうち, みちみちて, むしろ原始, むせびあげて, よりて, われを, 一本ずつ, 一羽の, 乏しくて, 乏しと, 似たもの, 似通うたもの, 偽りが, 傷ついては, 傾きまた, 充された, 充たされて, 充ちたもの, 充ち満ちたる我等, 充つ, 入る, 入れて, 冒されながら, 凝り固, 切なる, 制せられたなんて, 制せられて, 加えやぶれかぶれ, 動いて, 動かされて, 動く人, 勝へ, 包まれおるかと, 包まれて, 厚い嗣子, 厚く婦女, 及ばず, 啓発された, 嘔気を, 噛まれはじめた, 囚えられた, 囚われて, 四肢震ひ, 基づく心構え, 堪えざりしかど, 堪えざるが, 堪えざるもの, 堪えざる如き思, 堪えざる次第, 堪えずこれ, 堪えずや, 堪えず直ちに, 堪えず魑魅魍魎隊, 堪えないしだい, 堪えないで, 堪えないと, 堪えなかったの, 堪えなかった特に, 堪えなかつた, 堪えなかつたです, 堪えぬけれど, 堪えぬであろう, 堪えぬの, 堪えぬ裏, 堪えません, 堪えやらぬもの, 堪えられないよう, 堪えられまいでは, 堪えんが, 堪えんくらいの, 堪えん位, 堪へざら, 堪へざりしかど, 堪へざるなり, 堪へずして, 堪へず其の, 堪へず悲歌慷慨, 堪へず斯く, 堪へない, 堪へないと, 堪へなかつた, 堪へぬと, 堪へません, 堪へられなかつたが, 堪へん, 堪へ兼ねた樣子, 堪へ得ず漸, 塩煎, 壓せられ, 変りかけた時, 変りは, 変わった, 変わって, 変化した, 多少感染, 大切に, 奇しく, 女学校用探偵小説を, 守刀として, 富み家族, 富む天孫民族, 富んだ上品, 就いての, 左右せられ, 巴丹杏や, 幾分恥し, 強くて, 強く動かされた, 心一ぱいになつたのである, 忙しく老, 怒つたやう, 思わずカッと, 悩まされた, 悩まされ出した, 悩んで, 惱まされる, 慄然と, 懊悩し, 懊惱し, 我が所在, 打たれこの, 打たれざるを, 打たれしが, 打たれずに, 打たれずには, 打たれその, 打たれぞっと, 打たれたかも, 打たれたの, 打たれたもの, 打たれないでは, 打たれました, 打ちのめされ, 打ち克って, 打ち勝って, 打ち消されて, 打れた, 打れる, 批評した, 拠って, 拾い合せて, 捉えられた, 捉えられて, 掛けて, 揺すられた, 撲たれざるを, 支配ばかり, 攻められて, 攻められ自ら大罪, 敏く一般, 文字どおり転輾する, 日記を, 是非こちら, 本づく, 毒され, 気が, 気づかず自分, 求めるより, 沈んで, 波及したる, 浸って, 浸つた, 浸るの, 消されて, 涎も, 満たさる, 満たされその, 満たされつつ, 満たされて, 満ちあふれた世界中どこ, 満ちた一種, 満ち溢れて, 満てる, 溢れつつ, 滿された, 滿ち, 滿ちあふれた, 炎ゆる, 熔けさ, 燃えきって, 燃えそして, 燃えた, 燃えたの, 燃えました, 燃えるので, 燃える瞳, 燃え先鋒中, 燃え陣頭, 生きろ, 生ずること, 矢も, 禁じ難い, 私を, 絶えず悩まされ, 絶えず掻き乱され, 繰り展げた, 繰り返しながら, 置かるる筈, 置き換えられて, 耐えない, 耐えなかった, 耐えません, 耐ず, 耐へて, 肩を, 背かなければ, 胸が, 胸の, 胸は, 脅かされました, 自分で, 自然はなはだしく, 自由は, 苛まれた幾日, 苛まれて, 苦しむかも, 苦しめられた, 苦しめられ小さく, 薄かった, 衝たれた, 襲はれました, 襲れる, 襲われざるを, 襲われたごとくに, 襲われだした, 襲われては, 襲われました, 襲われる事, 襲われ濡れもの, 見る, 見並べました, 解け次, 記録を, 訴えて, 誓つて断言する, 誘はれて, 誘はれ到底, 説明された, 變つて來た, 責められた, 買い求めたの, 贈呈する, 足を, 躍り上がった, 迷った, 過ぎないが, 酔ったかの, 閉されて, 間違いが, 雉子塚を, 雑つて昔の, 震え上がった, 頭を, 顏を, 食べた果もの, 駆られざるを, 駆られそう, 駆られたあまり, 駆られたお客, 駆られたが, 駆られたもの, 駆られたらしいドレゴ, 駆られたる結果, 駆られだして, 駆られてか, 駆られないわけ, 駆られました, 駆られ外来, 駆られ良心, 駆りたてること, 駆り立てられて, 駈られたり, 駈られながら, 驅られた, 驅られつ, 驅られる, 齷齪する

▼ 念~ (278, 3.7%)

4 ぬに 3 なかった

2 [13件] いささかも, ざらむ, なくに, なけれど, 人類に, 人類の, 今も, 包むにあまりて音に, 毛頭ない, 稀薄な, 薄らがぬ, 許されて, 起すまい

1 [245件] あたりを, あつた, あとから, あの長期, あまり起らなかった, ありしなるべし, あるざるなり然, あるはず, あるまじ今, いかなりし, いかなる時代, いっそう深く, いつか影を, いつのまにか数学, いつの間にか消え, いつの間にか頭, いとど深く, いよいよ増し, いよいよ増した, いよいよ深まりゆく, おして, おそらく欧洲, おのずから支那人, おもいじゃ, おろか彼女は, かく懺悔, この大, これまでとは, これらの, こんな暑い, さかんな, さらに加わった, し, しだいに一つ, しばらく措こう, すこしも見えず, すごすごと, すなわち驚喜, すは, そしてそれ, そのため, その小さい, その時, その膝, それが, それぎり消え, それらの, それを, たちまち消散, だいぶ救, ついたん, てんで心, とにかく道楽, どうした, どうしても押さへる, ないの, ない皆, なかッた, なし父, ぬもの, ぬ人, ねば妹, ば, ひたむきで, ひどく動揺, ひどく強くて, ほんのりと, ますます切になる, ますます募っ, また高まっ, まだ年, みじめな, もうかすか, もしその, もちろん, もとよりこれ, もはや動かす, やがて新来, やまなかった, やりきれないもの, よく遊ん, れるの, れる心, わが頭, われわれにおいても, われわれの, アルノー老, オットーとともに, セシルに対する, 一と, 一分間も, 一向に湧い, 一層甚だしい, 一層高まる, 一度も, 一日も, 一番強い, 一種の, 一種不可思議な, 万, 不安に, 世に燃, 乏しかつ, 人情の, 人間の, 今から, 今さら出すべき, 今だに, 今でも, 余の, 依然として信仰, 信頼の, 免れぬ, 入れなくとも, 六七年の, 出でて, 別として, 到底消滅, 十三に, 十二三才位から, 双に, 反徒ら, 同時に日月星辰, 在世中から, 増すばかり, 増す訳, 大なる, 夫ぎり消え, 失せぬ, 失はれて, 失わるべきでない, 嫩より, 宗助の, 実にくだらない, 届いたので, 届くし, 山々である, 岸本の, 年と共に, 強かった, 形を, 影を, 彼にとっては, 彼の, 彼女の, 御婦人たち, 微塵も, 心中に, 忘れること, 忽ち生じ, 忽然とし, 怪しき焔, 恋を, 恋愛と, 愉悦の, 感心だって, 懷き得られない, 抱きつつ, 押したが, 拭い去ったよう, 故人の, 斯くありき, 旅行者に, 昔の, 是非共自殺させなけれ, 晴らされる, 暴動を, 更に示さなかった, 更に芭蕉, 欠けてるとは, 次第に成熟, 次第に絶大, 次第に自家活計, 死に抵, 殆ど総べての, 残って, 残らず擺脱, 殘り, 毛頭ありません, 毛頭ないの, 毫も起らん, 永久に, 江戸の, 法衣朴齒の, 消えうせた, 消え異様, 深く私, 渇者の, 漸く薄らい, 漸次薄らぐべきである, 激しく胸, 烈しく頭, 烈しく頭脳, 無いから, 無制限, 爲めに, 片すみに, 片時も, 猫より, 理想と, 甚だしく高まった, 生まれなかったろう, 益々深く, 益深く, 相当に, 眼に, 確乎として, 神経質に, 禁じられなかった, 禁じ得なかった, 私を, 立てるが, 竟に, 第三, 絶えず原, 絶えず彼, 聊も, 胸に, 自ずから一般, 自分が, 自然起るべき, 良人に, 薄らいだものの, 要らぬと, 覚えなかった, 言葉づかいの, 起こらずに, 起さなかつた, 起しませんでどうか, 起らうとも, 起らず苦痛, 起らなかった, 起れるなり, 軈て事切れた, 転じて, 通じた, 遠くで, 遠すぎる, 長く閣下, 限り無い, 離れぬかと, 雪が, 頗る厚, 高まって, 鬼女の

▼ 念~ (146, 1.9%)

6 して 3 した, したの

2 [13件] しいつの間にか, しながら, し特に, すべけんや, すること, するもの, せなければ, 大切に, 恐怖の, 憤怒の, 眼を, 良心との, 親密の

1 [108件] ある故, いいますこれ, いう, いえば, うなだれて, かたい信念, これほどの, したいの, したが, したもの, した提案, しつつ, しない多く, し時代, し楠公父子, すや, するから, するの, する協同作用, する帝, する所, する革命家, す勿, せざるもの, せず, せずご, せば, せらるる国人, せられるならば, せられ王政復古, その裏側, それに, たとえがたいさびしい心細い, どちらが, なした, なしたるもの, なし一切, なす, なって, なつた, ならば, なりおさえきれぬ憤怒, なりこの, なり心, なるの, また崇拝, 一に, 一礼し, 云うもの, 云う坊主, 云つたら, 交, 以前の, 伴う, 個性の, 入りまざった, 入れ代る, 勃々たる, 同時に兵馬, 呼ばれた山伏, 固陋の, 太子薨去に対する, 好奇の, 好奇心と, 嫌悪感とが, 幽かな, 弟思いが, 当然の, 待ち遠しさ, 心強さ, 情愛とが, 意味が, 愛情とを, 愛情の, 慚愧の, 憎悪の, 成つた, 戦い之, 朝廷の, 果無, 栄達を, 検束に, 榮達を, 檢束に, 正面から, 激昂の, 無念との, 無意識的な, 煮え切らない考え, 熱烈な, 父を, 申します, 穴あら, 美への, 聞きいたる主人中将, 腰かけたまま返辞, 腰を, 良心の, 融け合って, 見ら, 親しさ, 言ったの, 謙譲な, 遺せし歌, 長い間沈吟, 集注と, 馬上から, 鬱を

▼ 念~ (129, 1.7%)

3 起る

2 [11件] あらざるまで, ない, ないこと, なく裏屋, なく見附, 交って, 弱いの, 無く不思議, 起こった, 起つた, 通し矢の

1 [104件] あった, あったが, あったので, あって, あつて, ありました, ある, あるし, あろう, いくらかある, いっしょに, これに, これを, しきりに起こる, そこに, それに, たびかさなるにつれて, とどいた以上, ないかの, ないで, ない代り, ない気分, なかった, なくお, なく人々己一個, なく古文書, なく商估, なく彼女, なければ, なしに, なほざり, はなはだ強かっ, ほどこすに, まじって, まじりて, また亡き, また広く, また彼, また甚だしい, めったに私, わしの, 三念も, 互に厚, 交ってるもの, 亦薄く, 人生にたいする, 今では, 他に, 他人を, 何にも, 何も, 何時しか屏息, 兆して, 入って, 入らず幾度, 出まじく況して, 出る, 加は, 加わった, 加わって, 動いて, 去って, 去る, 同時に断絶, 失せて, 少し薄らい, 巌の, 幸福な, 強まったであろう, 忘れて, 手伝つてい, 払われるが, 昂まって, 暫くの, 有しなかった, 正直ない, 気がねも, 涌かなかつたの, 涌き多く, 湧かずそれ, 湧かずには, 漸, 無く善報厚酬, 生じたの, 私に, 精進の, 置かないで, 萌して, 薄らぐは, 起さずただただ, 起さずに, 起さず唯只, 起った, 起って, 起らず憎, 起らないの, 起りたり, 起り時には, 起るが, 超えて, 遂げられたけれども, 醒めはてたと, 霽れる, 餘り動かす

▼ 念~ (101, 1.3%)

7 に調べ 3 にし, に調べた 2 にお, に見

1 [84件] だと, だ恐し, であった, です, でも銭形平次, で下手上手, で冷血, で単なる, というの, と見え, なり, な奴, な打合わせ, な旦那樣, な男, な細工, な計算, にさがした, にしらべ, にて酔狂, にイヤ, に作った, に兩方, に口, に土鉢, に地球, に引い, に往來, に押し, に拂, に捜し廻った, に捲き込んだ, に搜, に日数, に時間, に検出, に汚れ, に注意, に洗っ, に渋, に焼き付けられ, に片づけた, に眺め, に瞞着, に立ち, に粗末, に紫袱紗, に締, に見る, に見廻つた, に覗い, に観察, に觀察, に言う, に訊ね, に診た, に診察, に認めなくっ, に調べました, に調べられました, に調べる, に調べ始めた, に調べ始めました, に身仕舞, に遣っ, に閉め, のもの, のよう, のアブセンス, のボロ, の不器量, の作, の化粧, の捜査, の楷書, の殺風景, の破屋, の虐殺, の視察, の遊覧目録, の醜男, の雑炊, の黒痘瘡, リニ流シテクレルヨウナ気ガシタ

▼ 念~ (87, 1.2%)

11 を稱 5 でも稱, の一つ 3 を唱 2 だ, の徒, の行者ら, をすゝめ, を申す

1 [53件] か, が流行つて公儀, が濟, が畢, して, す, だつた, だらう, で總踊り, という, といふぐらゐだ, ともつかぬ, に夕勘定, に念佛衆, に餘念, の亡者, の伴侶, の先達, の大, の太鼓, の復活, の心, の新, の方, の日, の時, の歌, の正, の濁つた, の聲, の衆, の鐘, の集り, の音, はお, は伽藍佛教, は次, は釋迦, ばかり稱, まを, やらお, や和讃, をさえ唱えず, をとなへだした, を云っ, を初め, を口, を唱えず, を始めた, を称え, を開帳, 又はお, 起り

▼ 念~ (77, 1.0%)

3 という独特 2 の使い手, の場合

1 [70件] が今, が伝承, が打ち下す, すらも忘れた, だ, だけが一ツ別格, で, であるが, ですと, というもの, という実用一点ばり, という流派, という高名, とが彼ら, と師家, と樋口家, なぞと諸国, には真剣勝負専門, にふさわしい, に愛着, に限らず, のカケ声, の一党, の人たち, の伝授以来二十四代, の伝統, の先生, の剣客, の剣法, の剣術ら, の小, の当主, の扱われ, の構え, の樋口家, の歴史, の殆ど全部, の特別, の目録, の眼, の石川淳八郎, の秘法, の稽古, の第, の精神, の覚え, の話, の道場, の門, の門弟, の門弟中, の開祖念和尚, の額, はいわば, はそう, はもっぱら, は他流, は伝わらない, は全然, は最も, は樋口十郎左衛門, は突き, を使う, を侮辱, を偽, を尻目, を残し, を百姓剣法, を破門, を習っ

▼ 念~ (76, 1.0%)

8 いっぱいに 3 胸が 2 あつた, 一杯に, 事を, 心が, 見て

1 [55件] いたずらに, いっぱいの, いッぱい, お姉さま, ござります, しきりに煽った, その前, その感銘, その様子, その知謀, それに, なやまされた, はち切れそう, ふるえて, また見直す, みずから心配し, もしもこんな, ガバと, レーネットから, 一杯だった, 一杯です, 他人に, 半ば意識を, 反省せず, 吸って, 固まったこの世, 太閤は, 子供を, 弱点を, 彼らから, 彼を, 彼女に, 彼女を, 従って, 思いやった, 息づまる程, 打對, 打對はる, 暗に頭, 消えも, 無邪気に, 然う, 現わそう, 眺めた, 私は, 聞くばかり, 自分を, 見ずに, 見られる人, 見る眼, 見上げた, 語りその, 責められた, 貰ふ, 躍り立たせるほどの

▼ 念から~ (63, 0.8%)

4 では 2 して

1 [57件] あなたに, その絵, それらの, それを, のがれるため, ふたたびやっ, また憐憫, もっとも大きな, 一には, 一寸好奇心, 一度物を, 不平を, 人は, 全く脱却, 出たこと, 出たと, 出たの, 出るの, 出発すべき, 出立し, 切り離せると, 口を, 可否の, 困難な, 大かた気絶した, 大六, 大夫の, 彼は, 忘れかけて, 放れたとまでは, 救はれたかつた, 書かれるもの, 書き渋つて了, 来るもの, 構図を, 歎き, 正確な, 発したもの, 発した言葉, 発して, 知らず識ら, 祖先の, 私は, 肩を, 自己を, 萌したもの, 解こうとして, 解脱する, 起こったもの, 起って, 連想作用によって, 酔っ払ってる, 離れて, 離れること, 離脱し, 離脱する, 骨も

▼ 念には~ (61, 0.8%)

45 念を 3 及ばぬ

1 [13件] もとより変る, 勝てなかつた, 及ばないだろうが, 及ばぬこと, 及ばねえよ, 及ばんよ, 及びませぬ, 及び申さぬ, 念とやら, 懸けざるべしと, 生涯変わり, 責められたくない, 近いもの

▼ 念~ (49, 0.7%)

7 の住職 2 という寺, のご, の二重屋根, の和尚, の寺男

1 [32件] であつ, というお寺, というお寺そのもの, に歩い, に泊り込ん, に近い, に逗留, のお, の上屋敷, の住職隆法, の坊さん, の坊守, の境内, の墓地, の寺, の屋敷, の庫裡, の方, の癖, の裏坂, の隆法, の順, はまた, はノツソリ, は動きません, は言, へこれ, へ續, もできる, も立派, を思ひ出し, を訪

▼ 念~ (32, 0.4%)

5 を作 2 をし

1 [25件] があった, が変る, その非違, て曰く, て猪, て算, にたえません, に充たされた, に歎, に触れかかろう, のよう, は一通り, は今, は頂上, ばかりが繍帳, ばかりで, を, をうちこん, をなす, をます, を今, を抱き, を追いつめ, 同じ事, 情感の

▼ 念~ (31, 0.4%)

2 これを, 自ら華族の

1 [27件] がかなつた, が殘つて徳利, けれど彼等, それは, つるを, て, てありし, て更に, て行く, て貫一, ながら老婢, にけり, に念, のことごと, の殘, はやつ, は久方, をさせ, をした, をしなけれ, をする, を一首, を紛らせ, 告らすごと, 束の間も, 身必ず, 遠く慮れ

▼ 念~ (27, 0.4%)

2 が額, の甥, は, は不動堂, は講中

1 [17件] そのそば, というの, というやつ, といふ挙動, といふ法師, に三十両, に三十兩, の法衣, の蛇除, の言う, はかた, はその, はちょうちん, はぶる, は思いました, は門, をひっぱりこんだ

▼ 念~ (26, 0.3%)

2 が正, が殆ど絶え間, が流れ, が閃, なの, を空

1 [14件] がきれ, がすぐ, が泡立つ, が眼, が踵, と云, にとらはれ, に耽けりたくなかつた, のやう, のよう, の側, は何時の間にか, は絶えず, は高い

▼ 念寺前~ (25, 0.3%)

9 の柳生 6 の上屋敷 2 のお, の上 1 なる柳生, なる柳生対馬守, にあった, に移りました, の屋敷内, の手

▼ 念~ (24, 0.3%)

1 [24件] た, た自分, て, ています, てこれから, てし, てしまう, ての後, てまた, てゐる, て下さる, て了, て了つたの, て折角, て財布, て閑さ, なければ, られなかつたと, られるに, るよ, るより, 得たりとも, 得るであらうか, 得る戀

▼ 念~ (23, 0.3%)

3 ままに

1 [20件] こと, ことの, こと勿れ, てくれ, とまことに, とる獲たら離すまいと, と似, と再び, と熟, ふるさとは, もの佗びた心情も, 不断の, 備や, 心が, 心配げな, 某室を, 某殺, 某青年に, 気持を, 西顧すれ

▼ 念~ (23, 0.3%)

6 ていた 3 ている

1 [14件] あるいはわが, かつこれ, たりし, てくれる, てなお, ては書き, て前, て居った, て暗に, て自, て遺れ, ながらもまず, 学者なり, 観察し

▼ 念~ (23, 0.3%)

2 妹も, 所の

1 [19件] そのなき, な, にも劣るべき, に天, は非, やう, 児に, 公は, 君を, 君待ちがてに, 吾妹を, 太陽なる, 妹に, 妹は, 妹を, 心と, 心は, 時に, 親の

▼ 念を以て~ (23, 0.3%)

2 物を

1 [21件] かく語る, この宇宙, して, 之に, 事に, 交際したかった, 人生を, 天才を, 対したが, 対し得られる, 彼等を, 必ず他, 打對はる, 此の, 為めに, 睨み返し, 礼拝せず, 細君の, 言ったこと, 諷刺する, 遇し

▼ 念として~ (20, 0.3%)

2 之を

1 [18件] したくの, まず鋭い, ゐた, ゐたので, ゐると, ゐる長十郎, 一先づ今度の, 与えられた疵, 且は, 伯爵は, 唇を, 坐ッ, 建てられたる万国平和, 春風秋雨の, 殘った, 永久に, 肌身離さず持っ, 附載した

▼ 念~ (20, 0.3%)

4 の建立 3 を建て 2 を建てる

1 [11件] の建てられた, の表面, を作, を建つる, を建立, を引擔, を携, を擔い, を深山, を積, を見せ

▼ 念いり~ (17, 0.2%)

1 [17件] な奴, にいはない, におがみましょう, にくくった, にしばりました, にしらべ, にしらべた, にしらべました, に二度, に帽子, に捜し, に洗う, に独習, に磨き, に見, に通り, に錠

▼ 念なき~ (17, 0.2%)

2 にあらず, 即ち是, 如き其の

1 [11件] ときは, に原因, に非, ものである, や, を得ず, を得ない, を得なかつた, 人格陋劣の, 旨を, 精神にて

▼ 念~ (17, 0.2%)

3 は椽側

1 [14件] が座敷, の住居, の膝, の顔, はこの, はし, は何時の間にか, は刻々, は座敷, は思はず, は犬, は甲吉, は肩, 黙つて玄関

▼ 念より~ (16, 0.2%)

2 して, 美醜の

1 [12件] してか, するもの, 出しもの, 出でたる事, 出立し, 呼び起さる, 外に, 外は, 妖怪研究の, 為すこと, 生ずる真正, 遊戲と

▼ 念モーロー~ (16, 0.2%)

14 の先生 1 としてゐる, の先生並

▼ 念ある~ (15, 0.2%)

8 ことなし 1 ことなく, こと必定なれ, を要する, 事は, 二例を, 者は, 証として

▼ 念さえ~ (14, 0.2%)

1 [14件] あれば, いだいて, なくただ, わき上った, 切なら, 加えて, 加わって, 懐いたの, 次第にうすらぎ, 起きるの, 起こって, 起しかねなかったろうと, 起り思わず, 起るでは

▼ 念よりも~ (14, 0.2%)

1 [14件] この苦痛, さらにさらに大きい, まだ自分, 一句を, 他人の, 唯むやみ, 大きな復讐, 寧ろ嘲笑, 尊敬の, 崇拝の, 強かった, 忘我の, 牧師の, 雲に

▼ 念~ (13, 0.2%)

84 ゆるかも 1 ゆらくに

▼ 念~ (13, 0.2%)

2 謙譲の

1 [11件] またある程度, 仕事への, 他人にたいする, 侮蔑感を, 処世の, 同情を, 商売意識からの, 大喰, 有罪意識を, 自分の, 誠実の

▼ 念入れ~ (13, 0.2%)

1 [13件] だ, てその, てそれそれ, てやる, て写す, て尋, て打ち絶やした, て数える, て耕せ, であったの, とこう, に拵らへた袋, の製作物

▼ 念~ (13, 0.2%)

2 たると, を公 1 で御, などというもの, に保存, に永久, の所在地, は先生, は戦後顕彰会, も解散, を法人

▼ 念とを~ (12, 0.2%)

2 抱いて 1 その胸, もって, よび起こし女, 与え力強く, 忘れた験しとても, 有する人間, 痲痺させよう, 知って, 與へ, 起させるもの

▼ 念佛寮~ (12, 0.2%)

2 へ運ばれた 1 から歸つて來, の圍爐裏, の雨戸, はごつし, は只, へ引とつ, へ窶れた, を指し, を覗い, を顧みなかつた

▼ 念日様~ (12, 0.2%)

2 のお 1 が嘘, が御, が折檻, でご, なる恋, に想い, は御, もあそこ, をお, をくく

▼ 念~ (11, 0.1%)

51 かも, かも声の, ば, ばいゆし, 彼等の, 往復し

▼ 念~ (11, 0.1%)

1 [11件] が説明, する女性, という問題, などということ, にまで発展, に到っ, の可能性, の実験, の起り, は成功, も字

▼ 念~ (10, 0.1%)

2 を開く 1 があった, といひ, の催し, の節, の補助, は一種, を執行, を御家

▼ 念佛衆~ (10, 0.1%)

1 が赤い, であるなら穢土厭離, といふは難, の一人, の中, の使つて, の内, はそれ, へという, へやる

▼ 念山脈~ (10, 0.1%)

1 からの降, では大, とが北, には雪, に興味, の主峰, の山, の麓, は雲, を凌ぐ

▼ 念~ (10, 0.1%)

1 である, といい, の前, の裏, の類, を建て, を彫んで, を空中, を見た, を設

▼ 念にも~ (9, 0.1%)

1 あらず, ならないし, 及ばぬこと, 唆られ, 存し, 念を, 悶える, 置いて, 駆られたが

▼ 念~ (9, 0.1%)

5 しに 1 しだ, しだけの, しの, しを

▼ 念がけ~ (8, 0.1%)

2 ていた, ている 1 たでせう, ておりました, て行った, ながらもそのうち

▼ 念した~ (8, 0.1%)

1 かという気持, か如何, ことは, とある, のである, ばかりでなく, 旺んな, 義淨が

▼ 念する~ (8, 0.1%)

1 この御飯, ために, というよう, ところ多く, に堪えざるなり, のみなれ, ものと, 業にも

▼ 念とは~ (8, 0.1%)

1 しない, 今や崩壊, 似ても, 多く念仏を, 我を, 段違いの, 見ても, 違う

▼ 念なく~ (8, 0.1%)

1 て全く, 互いに恋人, 大君の, 御実兄, 打払うの令, 押し切って, 賛同した, 長州征伐時代の

▼ 念~ (8, 0.1%)

1 が繩尻, だろう因業, であった, であったから, であつ, といっ, と同じ, へ慇懃

▼ 念御坊~ (8, 0.1%)

1 は, はいまいまし, はちょうちん, ははし, は村, は歩き, は碁, は舌うち

▼ 念押し~ (8, 0.1%)

1 があっ, があり, するよう, てから俄, て行った, て馬, に出かけた, に尋ねられた

▼ 念と共に~ (7, 0.1%)

1 あの時, 同感の, 恋々と, 意識の, 憎悪の, 深く心, 養はれた

▼ 念をさえ~ (7, 0.1%)

1 ささげて, 催して, 寄せて, 抱いて, 起こさせること, 起こすの, 起させる

▼ 念禁じ~ (7, 0.1%)

2 難きもの 1 がたくしばしば, 難く, 難く兄弟姉妹, 難く徒に, 難し

▼ 念~ (6, 0.1%)

2 へ切 1 へ感じた, へ湧い, へ湧きたつ, へ起つた

▼ 念つて~ (6, 0.1%)

1 もゐる, ゐることくら, ゐるの, をつた, をつたの, をります

▼ 念~ (6, 0.1%)

1 からしめん, ことで, のである, のでした, ブラツシユを, 修繕を

▼ 念など~ (6, 0.1%)

2 微塵も 1 なくして, もすツ, 起すもの, 通用いたしません

▼ 念ばらし~ (6, 0.1%)

1 が出来る, にすつ, にみんな裸, にもなっ, にもなつて, に一斉

▼ 念~ (6, 0.1%)

1 が来る, で酒, としてメーデー以上, には掛軸, に一人, の挨拶

▼ 念うて~ (5, 0.1%)

1 その困難, ひどく自分, 毎々お, 虎に, 虎我と

▼ 念すべき~ (5, 0.1%)

1 ものである, オンコ樹の, 人である, 書たるに, 著書を

▼ 念すら~ (5, 0.1%)

1 あざむくこと, なく我儘, 失って, 抱いた, 起つた

▼ 念では~ (5, 0.1%)

3 なくて 1 ない, なくただ

▼ 念でも~ (5, 0.1%)

1 ある, なく多, よい一日一章, 恐怖でも, 現わし

▼ 念という~ (5, 0.1%)

2 のは, ものは 1 一番大事な

▼ 念との~ (5, 0.1%)

2 しるしである 1 ジャンクションから, 一般の, 諧和を

▼ 念において~ (5, 0.1%)

1 両者共, 人に, 少しも, 彼らは, 必然の

▼ 念をも~ (5, 0.1%)

2 忘れる程 1 悉知し, 持つて, 湧かして

▼ 念~ (5, 0.1%)

4 が原 1 が原野邊山

▼ 念~ (5, 0.1%)

1 がある, のみはなく, の調査会, を保護, を滅却

▼ 念~ (5, 0.1%)

1 がたくさん, に向い, の来, もまた, や桂男

▼ 念~ (4, 0.1%)

1 がそれ, ね, ねえ, わ

▼ 念つた~ (4, 0.1%)

1 けれどどうも, ものの丹子, んで御座います, 以上は

▼ 念とが~ (4, 0.1%)

1 ごつちや, 募って, 慌て, 胸に

▼ 念などは~ (4, 0.1%)

1 ない, なくなって, 勿論起り, 吹っ飛んで

▼ 念のみ~ (4, 0.1%)

1 でありある, なりき, 募った, 強くな

▼ 念ひし~ (4, 0.1%)

1 に事, 妹が, 情今ぞ, 時に

▼ 念~ (4, 0.1%)

2 の頂 1 から熊笹, は殆

▼ 念~ (4, 0.1%)

2 に持っ 1 にあ, にある

▼ 念佛講~ (4, 0.1%)

1 だか, と一束, と別々, の爺さん婆さん

▼ 念~ (4, 0.1%)

2 なるより 1 なるもの, なるを

▼ 念和尚~ (4, 0.1%)

1 と名, の家, の弟子, は俗名相馬四郎義元

▼ 念~ (4, 0.1%)

1 だ, をいつ, を挙げ, 名づけて

▼ 念あり~ (3, 0.0%)

1 て善徳, て諷刺, 国家て

▼ 念からばかり~ (3, 0.0%)

1 でなくこの, でなく或, でなし

▼ 念これ~ (3, 0.0%)

1 が起る, につづき, に応じたるなり

▼ 念だけが~ (3, 0.0%)

1 問題なら, 湧くの, 頭の

▼ 念だけに~ (3, 0.0%)

1 して, 変わって, 駆られて

▼ 念といふ~ (3, 0.0%)

2 陋劣い 1 静な

▼ 念とに~ (3, 0.0%)

1 充ちたまま, 小さな頭脳, 思はず枕

▼ 念とも~ (3, 0.0%)

1 いふべきもの, つかない何かしら, なる可

▼ 念なし~ (3, 0.0%)

1 に対抗意識, に彼女, に憎ん

▼ 念にと~ (3, 0.0%)

1 いうほどの, つて置きたい, 駆られ過ぎては

▼ 念によって~ (3, 0.0%)

1 扶け, 真実を, 美しいもの

▼ 念へる~ (3, 0.0%)

1 児等に, 情和ぐ, 貫一は

▼ 念また~ (3, 0.0%)

1 不如意の, 復た, 盛んで

▼ 念までも~ (3, 0.0%)

2 あるまいが 1 ござるまいが

▼ 念~ (3, 0.0%)

1 ずしかるに, ず怨是, ぬこと

▼ 念オオトリテエ~ (3, 0.0%)

2 に從 1 に従うほか

▼ 念乗越~ (3, 0.0%)

1 から横通岳, が見える, で雪庇等

▼ 念佛三昧~ (3, 0.0%)

1 で愼, に日, の道

▼ 念~ (3, 0.0%)

2 たりき 1

▼ 念場ヶ原~ (3, 0.0%)

1 や野辺山原, を三軒家あたり, 或は野辺山原

▼ 念小屋~ (3, 0.0%)

1 から常, があります, は屋根

▼ 念~ (3, 0.0%)

1 はそれゆえ, はわれわれ一家, は亡妻

▼ 念流そのもの~ (3, 0.0%)

1 でありそれ, とは何ら, はおよそ

▼ 念深き~ (3, 0.0%)

1 上代に, 事務室, 紳士殿最も

▼ 念漸く~ (3, 0.0%)

1 成りて, 押へ, 長じ

▼ 念~ (3, 0.0%)

1 に歌, に肝要, の時

▼ 念~ (3, 0.0%)

1 で片づける, となる, に陥る

▼ 念~ (3, 0.0%)

2 と書いた 1 と書い

▼ 念~ (2, 0.0%)

2 つての

▼ 念あるいは~ (2, 0.0%)

1 暦の, 自分の

▼ 念いが~ (2, 0.0%)

1 した, 深くなっ

▼ 念いよいよ~ (2, 0.0%)

1 堅し, 深く果

▼ 念こそ~ (2, 0.0%)

1 この疑問, 彼が

▼ 念ごろ~ (2, 0.0%)

1 した事, なり

▼ 念さえも~ (2, 0.0%)

1 含まれて, 負わせないもの

▼ 念さん~ (2, 0.0%)

1 とのう, もね仲よし

▼ 念すれ~ (2, 0.0%)

1 ばよい, ばわれわれ人類

▼ 念たへ~ (2, 0.0%)

1 がたきもの, がたし

▼ 念たる~ (2, 0.0%)

2 を失はざるべし

▼ 念だけで~ (2, 0.0%)

1 口が, 欠伸を

▼ 念だけは~ (2, 0.0%)

1 抜き去る, 殆ん

▼ 念って~ (2, 0.0%)

1 いたか, 使を

▼ 念であり~ (2, 0.0%)

1 心を, 情熱であった

▼ 念である~ (2, 0.0%)

1 ことを, と

▼ 念とか~ (2, 0.0%)

1 そういったもの, 恋慕の

▼ 念なる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 珊瑚と

▼ 念にのみ~ (2, 0.0%)

1 滿され, 燃えあが

▼ 念にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ念, 念の

▼ 念にや~ (2, 0.0%)

2 及ぶだ

▼ 念による~ (2, 0.0%)

1 もので, ものであろう

▼ 念のみの~ (2, 0.0%)

1 亢張する, 湧き上るに

▼ 念はず~ (2, 0.0%)

1 にお, 又その

▼ 念ばかり~ (2, 0.0%)

1 では, で五六間

▼ 念ばかりが~ (2, 0.0%)

1 働いて, 心に

▼ 念ひと君~ (2, 0.0%)

2 はいへ

▼ 念ひわき~ (2, 0.0%)

2 まへ

▼ 念ひわたれ~ (2, 0.0%)

2 ば安

▼ 念へば~ (2, 0.0%)

1 さばかりの, 児島の

▼ 念まで~ (2, 0.0%)

1 懐きがち, 起した

▼ 念めん~ (2, 0.0%)

1 とて絶念め, と思はね

▼ 念やみ~ (2, 0.0%)

1 難いもの, 難く夜な夜な

▼ 念をすら~ (2, 0.0%)

1 懐いたほど, 抱くの

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 堪エラレナクナル, 駆ラレザル者ヤアラン

▼ 念丈ガ岳~ (2, 0.0%)

1 の東側, の頂

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 といふやう, なり

▼ 念写真~ (2, 0.0%)

1 と色々, 撮って

▼ 念劇場~ (2, 0.0%)

2 の高い

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 の求馬, の約

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 天井から, 天井に

▼ 念山塊~ (2, 0.0%)

1 には雲, の残雪

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 があげられました, にも昨夜

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 かりしシヨオペンハウエル, けれど妬

▼ 念強き~ (2, 0.0%)

1 は女, 事バートンの

▼ 念強く~ (2, 0.0%)

1 して, 福を

▼ 念心頭~ (2, 0.0%)

2 を衝い

▼ 念志ヶ原~ (2, 0.0%)

1 の刑場, へ曳かれた

▼ 念或は~ (2, 0.0%)

2 之れ

▼ 念~ (2, 0.0%)

2 へても

▼ 念押した~ (2, 0.0%)

1 ことは, 外には

▼ 念押す~ (2, 0.0%)

1 と番頭, のん

▼ 念断ち~ (2, 0.0%)

1 がたくすべて, 難く痩せる

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 といひ, を開く

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 という語, の特別品

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 の問題, を用い

▼ 念止み~ (2, 0.0%)

1 がたく汝, 難き故

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 が落ち込ん, は誰

▼ 念沢出合~ (2, 0.0%)

1 から上, を過ぎ

▼ 念流一党~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を解散帰村

▼ 念流本来~ (2, 0.0%)

1 の剣法, の極意書

▼ 念深く~ (2, 0.0%)

1 して, 何の

▼ 念滿~ (2, 0.0%)

1 たす, ちたり

▼ 念無き~ (2, 0.0%)

1 は甚だ, を得可

▼ 念無く~ (2, 0.0%)

1 彼を, 打殺せと

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 ゆるが如くなる青年, ゆるばかり

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 をとなえはじめました, をとなへはじめました

▼ 念禁ずる~ (2, 0.0%)

2 能は

▼ 念私念~ (2, 0.0%)

2 あつて

▼ 念篤き~ (2, 0.0%)

2 こと

▼ 念~ (2, 0.0%)

1 下間敷候, 観音力観音の

▼ 念起こり~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 念頗る~ (2, 0.0%)

2 強し

▼ 念~ (2, 0.0%)

2 わる

▼1* [347件]

あたりが朧げ, 念あらばよし, 念あらん者なれ, 念いでも其の, 念いでしたよ親分, 念いで死なないうちに, 念いというもの, 念いなお已み, 念いまでし, 念いまだ一日も, 念いりだしいつも黙っ, 念いりであって磨かれ削られ, 念いりなのです, 念いれて噛みなおし, 念い出しておかしい, 念い希う根柢の, 念い描いていた, 念い描くふるさとの, 念うたが我子, 念うところ随意に, 念うに臣の孝康皇帝, 念やと繰返した, 念おのずから此に, 念および大天井, 念愛慕の, 念からだけでは, 念からでせう, 念からでもあったの, 念からというよりは, 念からはなれて, 念がって駄目を, 念ここぞと熾, 念この二つの, 念さながらのよう, 念さまたげられて時, 念されてまだ, 念しか持って, 念しきりにして, 念したいのである, 念したるものは, 念しなくちゃあならん, 念し得たことは, 念すらも感ずるもの, 念せんが爲め, 念そういうものが, 念そうした夫の, 念そこへもつ, 念そのことばを, 念それしかない, 念だけ残る, 念だけしか持ってや, 念だけでもつなぎ止めようという, 念だけを持って, 念つきぢやありません, 念つたら骨が, 念つて喜びも為, 念であったに相違, 念であろうか, 念でと後を, 念でなくてはならぬ, 念でなければならぬ, 念とかいう二十年来着古るした, 念とともにまた彼ら, 念とどめがたく典獄, 念とにもかかわらず彼女, 念とやら申しますから, 念ないことじゃ, 念などから成って, 念などが心の, 念などによってであった, 念などによるので, 念ならん一同は, 念なるべし二郎には, 念にかけても葉子は, 念にこそは分ちしか, 念にとってかわって, 念にとて鮓と, 念によってのみ成立する, 念によつて彼, 念に対する義憤と, 念のう早かった, 念のみに起ったと, 念のみにはあらずその, 念はじと曰, 念はずただにしも妹, 念はなはだ薄きに, 念はば何か, 念はむうち靡き, 念はん方が可, 念ばらしだ娑婆か, 念ひあれどお, 念ひつみ来し, 念ひで死んで, 念ひで中毒する, 念ひで相對しました, 念ひまでして, 念ひもかねつあしひき, 念ひ到つたのである, 念ひ消えぬ苦しさ, 念ひ痩せつる腸を, 念ひ立てば臥す, 念給わず太子, 念ふからでこれ, 念ふけれど運, 念ふとき心すなは, 念ぶつなしたまわれ, 念へから身で, 念へど如何に, 念へども念ひもか, 念への峰が, 念へりしくし面影に, 念ほし事しあら, 念ますます切なる, 念むらむらと堪へ, 念めようとはしなかつた, 念めろよ, 念めん樣もない, 念もっとも高きもの, 念やでわれ等凡人は, 念やに支配されず, 念やら慚愧の, 念よりしかない裁判長, 念わねばならぬ, 念をとか申しまするで, 念をはづれた卑くつな, 念をや罪人尚, 念ト為サザルニ在ラズンバアラズ, 念タメ予ハ手洗イニ行ク振, 念ノタメニ慥メテ見ルノガ常識ニナッテイル, 念ハ容易ニ受ケ得ルト雖ドモ組織セル念慮ハ之ヲ作ルコト能ハザルナリ, 念モーロー先生の膝, 念入レテ活ケタノデモアロウカ, 念ヶ岳蝶ヶ岳鍋冠山などが攅簇, 念一つは主知, 念一ノ沢より他, 念一帯の脈, 念一朝一夕には消し, 念一途の酷烈, 念七日欲見青龍老師, 念七日水戸の大変物議如何, 念丈ガ岳二二九〇・六メートルの三角点, 念丈ガ岳西北面の御料林, 念下すつて, 念不吉な感じ, 念不安の念, 念久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 念乗越沢であるかも, 念乗越附近から出, 念る, 念は一層, 念五気之或, 念五百生一念無量劫とは申し, 念一層強く, 念のでこぼこ侍, 念仁波念遠入, 念囘は, 念今願本より異なる, 念以上のもの, 念以精誠所宜欽重, 念低いお辞儀と, 念を答える, 念佛一に犬切支丹, 念佛一つお題目一つ稱, 念佛一つ稱へるでも, 念佛三まいに, 念佛代りにブツブツ, 念佛僧高足駄, 念佛兩三返を, 念佛嫌ひでね, 念佛宗をば無間, 念佛氣のない, 念佛者でみんな阿彌陀佛, 念佛聖と申す, 念佛衆以外の村落, 念佛説教といふやう, 念佛踊りの先達, 念佛題目大聲, 念にいふ, 念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 念するありさま, 念先ず点火し, 念入る事の, 念入御えらみ, 念全力を以て打, 念八日雪山しるす, 念其の他の, 念写すべき文字を, 念出版だと, 念の上演, 念勃々然として, 念勝とう勝とうの心, 念一念の, 念厚き日本人は, 念厚く亡父の, 念その中, 念古里の種子, 念右道筋見分仕申候, 念からです, 念号寄稿の事, 念同情のあふれ, 念君臣相聞のこの, 念すなわち風雨, 念哀傷の感, 念唐土には胎教, 念善性了海等である中, 念図書館の設置, 念として寺地, 念坊蝶ヶ岳の峰伝い, 念が祀られ, 念堂林園といふ公園, 念堪へがたし自粛, 念塔設立の顛末, 念念即, 念大会の席上, 念失せて詩, 念へ, 念の讀書雜志, 念孫引之が次, 念定慧の五, 念定生の願, 念寺前伊賀藩柳生対馬守のお, 念寺前柳生の門, 念寺徳雲寺と四軒, 念少しもなく, 念のよう, 念起り去秋長崎表, 念みがたく, 念の, 念廉恥心仁義人道なる思想, 念強クシテ時トシテハ殆ド名誉, 念彼観音力刀尋段々壊, 念彼観音力釈然得解脱と牢, 念従者ラジック・シャアナルモノハ殿下御看護ニ際シ感染本日午後一時三十分死去水葬, 念御身一本春日殿と手合せ, 念必得往生と思う, 念思慕の情, 念思索の妨, 念に迫り, 念はこれ, 念愁怖の思ひ, 念愈々高まれる大和, 念感恩の情, 念を絶つ, 念慾欲がこの, 念慾火を煽り, 念懸くれども未だ, 念懸けつつ雨, 念と字, 念打ちなどはよい, 念へがたく, 念押さんかてあんた, 念押ししたものでした, 念押しますと, 念押せるこれも, 念掛けて齷齪, 念数多の時代, 念文化大学の教授ケルミッシュ, 念見を, 念旺盛でただ, 念暮念そのことば, 念暮念曹操を亡ぼす, 念曹操を亡ぼす, 念有るまじく候事, 念を貫かん, 念止むことなく, 念死念仏にあり, 念比ニ申候ニ付而逗留仕居候, 念毛頭起こらず, 念水江之浦島児, 念油然として湧き出, 念法師の白状, 念法念僧するありさま, 念流一刀流などの猛者, 念流二十四代のうち, 念流八世又七郎, 念流奥山念流なぞと諸国, 念流左太夫を討ち取った, 念流虎の巻四十二の咒文, 念流鞍馬念流奥山念流なぞと諸国, 念海大膳太夫持宗が天海, 念ゆるとともに, 念淡く終に主人, 念キ一商業家カ帝國ニ貢獻スル一手段トシテ唯一, 念湧いて, 念満たされ得ない創作の, 念漸く専らにし, 念の現象, 念無う渡さうずる, 念無事に帰った, 念熟慮して, 念に起り, 念物会の方々, 念物調査委員として明日, 念物質本位の家業, 念甚深にし, 念く, 念生ずること無し, 念にさわる, 念的存在者であること, 念益々縦横す, 念益す深く今, 念に望, 念真珠は海, 念碑的なラブレエ, 念が遺つた, 念祖菖軒又は六菖, 念祭あけの三日, 念禁ぜざるものあり, 念禁ぜず予は, 念種關に出でしめ, 念等種々の原因, 念篤いウンガルン兵等である, 念篤かったもの, 念篤くまた皇子さま, 念して, 念かの声, 念経夜座も日常, 念絶えて唯, 念を溢れ, 念から禁ずる能わず, 念自若たる木像, 念至極の相手, 念薄きところから, 念の真白い, 念蝶ガ岳が雪, 念して, 念言葉に現, 念謀反之輩, 念證阿向阿, 念ニ我ガ子弟ニ異, 念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 念赤石等中部地方の山岳十七座, 念起らば汝等これ, 念起りて徳川時代, 念起りたれば聊か, 念の歌, 念も細る, 念轉盛んにし, 念述ぶとせば, 念溢し, 念逞しく尚も海中, 念道喜作新道の岐, 念入礼帖, 念を縦走, 念頂上へ登っ, 念した覚え, 念鬱患を解散