青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「忠~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~忘れ 忘れ~ ~忘れた 忘れた~ ~忘れる 忘れる~ 忙しい~ ~応じ 応じ~ 応用~
忠~
忠実~ 快く~ 快活~ ~念 念~ 念仏~ ~忽ち 忽ち~ 怒~ ~怒っ

「忠~」 2139, 23ppm, 5011位

▼ 忠~ (176, 8.2%)

5 はまた 4 の胸 3 の心, はすこし 2 と頼長, に敵対, の弟, の額, はいよいよ, はすぐ, は彼女, は言った, もそれ, も眉

1 [141件] かねて, から正式, がこの, がこれ, が倚, が勝っ, が彼, が朝夕, が病気, が許す, が頼長誅伐, が題額, じゃ, すらも今, であった, でもまた, という人, としては面白く, とのあいだ, との不和, との深刻, とは前, とは年ごろ, と信西, と同じ, と悪, と清治, には小面, には眼, にもかね, に奉仕, に知られ, に逐一, のこころ, の一存, の前, の剛直, の口, の口吻, の声, の奥方, の威勢, の子息, の座右, の弱った, の意見, の敵, の昵懇, の歌, の眼, の神経, の耳, の行列, の非常識, の頭, はあご, はいつも, はうなずいた, はこの, はさながら, はさびしく, はしい, はそのまま, はそれ, はたしかにそう, はほほえんだ, はま, はむかし, はもう, はわざと, は一枚, は世間, は二日酔い, は兼輔, は半, は危うく, は向き直っ, は唇, は唐突, は唸る, は天下, は子供, は小, は当代, は当座, は待ちかねた, は得意, は思い当たった, は思わずぞっと, は急, は悩まし, は憤る, は拳, は日頃, は暮れ, は桂, は気味, は決して, は法性寺, は烏帽子, は焦れ, は玉藻, は立ち寄っ, は笑まし, は罵る, は自分, は興, は苦笑い, は藤原氏, は表, は調子, は重ね, は関白, は頑として, は頼もしく, は高い, は魔性, もおととし, もおどろい, もおのずと, もその後, もまた, もゆうべ, もよく, も力, も危うく, も大息, も女, も彼女, も思った, も思わず, も暫く, も渋, も眼, も端近く, をあおい, をも亡ぼそう, を侮る, を常に, を押し倒し, を押し傾けよう

▼ 忠~ (171, 8.0%)

3 敵の

2 [11件] すでに死ん, 二十四の, 云ったが, 今川に, 何か, 兵を, 屈せず子供, 彼の, 後架へでも, 智勇ともに, 首を

1 [146件] あざ笑って, ありと, あわてて, いうまでも, いたく喜び, いぶかり, いよいよ持て余し, うれしきかも, おもむろに定軍山, きもを, きょうも, この様子, この言, これを, ご辺たち, すぐに, すでに老朽, そうそう下山, そう云い残す, そのとき馬, その通り, それから後, そんな偏屈, どうし, なおいつも, なお振り向い, ぱっと馬, ひたむきに, まこと, まさに命, また弓, まだ抽籤, みずから五千余騎を, みずから出陣しよう, もう何, もう先, もちろんない, やがて呉, やがて許都, わずか五百, 一令を, 一言も, 一貫し, 一軍を, 三十六歌仙の, 下の, 今日に, 今朝ここに, 他国の, 佐藤邸を, 信長の, 偽善である, 備後国福山の, 兄の, 公園から, 公安の, 公徳に, 勅を, 勇躍し, 勝ちに, 十七の, 右に, 右軍へ, 味方の, 唐の, 唾し, 図に, 城中へ, 夏侯尚の, 夏侯淵の, 女子供を, 子なき, 孝の, 定軍山と, 宛城の, 実にもと, 宦官を, 宦成に, 少将滋幹の, 山城正忠君の, 己が, 帰って, 年七十一で, 幾度と, 御手洗の, 心配気に, 必ずコップ, 忠寛の, 怒りに, 慨然と, 我郷の, 打って, 承平, 折を, 敵に, 文字通り勇躍兵を, 早く支度, 時の, 暮れぬ間, 木の, 楠木一族でも, 業を, 欣然として, 正に四十歳, 此時二十七歳であった, 残念そうに, 毎日あたりの, 民主日本から, 涙を, 玄徳の, 生きた心地, 用人として, 病に, 皆から, 眼を, 私に, 秋の, 笑い私, 笑って, 笑ひ, 答えて, 管絃の, 絶対的の, 老いの, 老いぼれて, 耳にも, 肩を, 自己に, 若い時, 蒲団を, 蒼ざめた唇を, 衣服鞍馬を, 起き上がろうと, 身の, 身仕度を, 逃げて, 遂に降, 鍋の, 鎧の, 開平より, 限りも, 陳式を, 離さなかった, 難なく取りかこまれ, 飯を, 馬と

▼ 忠~ (166, 7.8%)

4 ために, 首を 3 一字を, 字は, 陣に 2 そんな大業, ふたりは, まことの, 姿を, 山荘の, 身を, 軍に, 野郎は, 鞭

1 [131件] うけた御, お年では, ことばを, この意気, なお至らざる, ふたりである, ふたりでは, ふたりに, ふたりを, ほうで, ほうを, まえに, もとに, ものを, 一元論は, 一千も, 一女は, 一行が, 一語に, 一軍には, 二手を, 人では, 人ばかり, 人柄に, 人格の, 代から, 代までは, 例を, 侍の, 兄の, 先手は, 先細く, 公達という, 内の, 剣技などは, 千人, 名も, 嘲笑を, 四将軍です, 士多く, 大なる, 大刀に, 大道を, 女長, 妻枳園の, 姉でも, 子で, 子僧源清, 字が, 字とかいう, 字に, 字の, 孫鶴岡耕雨さんの, 安否を, 家に, 家にも, 家の, 寝首を, 履歴が, 山荘が, 年に, 年齢には, 幼名は, 弓術は, 待つもの, 復命は, 心である, 志士とは, 忠の, 忿懣は, 成長を, 戦に, 手に, 折角の, 持って, 旧主にたいする, 時の, 末の, 本朝書籍目録これらは, 板下を, 根本とも, 歌が, 死が, 死んだ明, 歿年は, 水車の, 流なりと, 為事に, 父なる, 生母である, 画室を, 矢, 矢に, 突いて, 策で, 縄を, 者と, 者ども, 胸ひとつ, 臣たり, 茶に, 親王等の, 言は, 言を, 評が, 誠を, 説を, 論を, 軍が, 軍は, 軍勝ちに, 軍勢も, 輩の, 輩は, 輩や, 進むべき左, 進発を, 邸宅に, 部下と, 部下は, 長子, 長槍, 閉ざせる門, 陣する, 陣へ, 陣を, 面を, 顔が, 首でも, 麾下に, 鼻を

▼ 忠~ (132, 6.2%)

4 な犬 3 であらう 2 なので, な助手, な獵犬, な男, な讀者, にやつ

1 [113件] さうな老爺, すぎて, だつたこと, であ, であったが, であつ, であること, でこまやか, でないもの, でまだ, で丁寧, で利巧, で正直, で誰, で貧乏, で障子, と疲れ, な, ない, なそれ, なの, なもの, ならしめん, ならしめ智, ならん, なる, なるため, なるに, なるもの, なる一學生, なる一小説家, なる人, なる反映, なる四五人, なる大隈黨, なる子分, なる寫生, なる憲政, なる政友, なる敏感, なる服從, なる結果, なる記録, なる黨人たる, なれば, なガラツ八, な下女, な人, な人やつ, な使役, な傳記, な内弟子, な努力, な動物ども, な友人, な呉葉, な姿, な子分, な學校科目, な家庭, な家政婦, な常連, な弟子, な後ろ姿, な息子, な愛情, な憂國者, な歴史的哲學的分析, な氣分, な素氣, な臣下, な蟲, な返事, な顏, にさ, にし, にする, について行かう, にと申します, になり得よう, にやり遂げる, に上記二種, に事, に使, に傳, に傳統, に働い, に働く, に勉強, に勞働, に從, に描寫, に曰ふところ輕ん, に歩き, に演じよう, に當時, に眞, に考へ, に蒐集, に表現, に話し, に讀み, に讀む, に讀んだ, に閣下, のあまり, の政友, も忠實, らしいお, らしい顏, を心掛け, 過ぎるの, 過ぎるほど

▼ 忠~ (90, 4.2%)

4 して, もって

1 [82件] いたし労, いひ, いひ同じく, いふ, かく葬っ, さがし出させて, さぞいつくしん, しばりあげて, し掛けて, すすめ孝, そっと呼ん, たたえて, つくして, つくし情, とどめ自ら残余, とられりゃ作代, はじめ張胤ら十数人を, もくろむもの, よんで, 一刀の, 主として忠君, 亀山には, 使として, 先陣と, 全うし, 初めその, 前軍に, 副えて, 勸める, 危ぶむかの, 召されて, 名代として, 奥に, 始め蜀, 尽くさなければ, 尽くしたい存, 尽くして, 尽して, 尽しましょう, 尽し君心, 尽そうと, 引ッさげ, 徹底的に, 恋の, 憐まざる, 懐妊し, 抜駈けした, 押しのけて, 捕捉しよう, 援けに, 擒に, 放った後, 救い真っ先, 案内として, 殺して, 殺し六年, 無用の, 現したること, 生捕っ, 盡くす, 盡す, 盡すには, 真の, 立つる日, 竭すべき, 紀善として, 罵り辱めた, 致し命, 致し子, 行おうと, 表す, 見かけ鉄弓, 見ると, 論じて, 踏むか, 車騎将軍に, 軽ん, 輕ん, 退かせろ, 選んで, 部下と, 重んじ君臣

▼ 忠~ (82, 3.8%)

2 の下屋敷, の前, の方, は, はそれ

1 [72件] から夜半, がうれし, がさっき, が引き受けた, が無理, が老臣近侍, が路上, じゃ, である, としては桔梗河原, と京極丹後守, と確執, にありのまま, に告げた, に推挙, に満座, のいらいら, のこの, のご, の信頼, の声, の姿, の家臣, の後ろ, の心, の愛宕, の憂, の晴々, の深慮, の熱, の花押, の誇り, の音物, の顔, の鯨幕, はこう, はさらに, はじっと, はその, はその後, はその間, はちょっと, はニッコリ, は三万二千石, は不審, は二人, は俄, は初めて, は即座, は同意, は宥める, は家臣, は家重代, は小気味よ, は忘れた, は快活, は深い, は舌うち, は褥, は見る, は近習, は重蔵, は面白から, は鞍壺, は食事, は馬上, もう一間, もさすが, も同, も家中, も小士, や千浪

▼ 忠~ (64, 3.0%)

2 備はる, 担ぎ出されて, 退いて

1 [58件] ある, いうと, いった, さっきから, さつきから, すなわち孝, そのまま孝行, その子, ために, なかったら, ひそかに, まだ左近少将, やったよう, わずか十騎, 一代の, 一戦ごとに, 三里の, 上がって, 人となりに, 住みし家, 何だ, 信貴山の, 先に, 出雲の, 刀を, 力強く踏みしめ, 十數年留學した, 和歌ばかり, 天慶六年に, 孝に, 寸の, 岡崎城に, 幼年の, 康保二年四月廿四日を以て, 待って, 抜けがけを, 抜け馳, 捕われた後, 時平の, 死にそれから, 歿した, 母の, 母親似であった, 玄徳に, 玉座へ, 笑うと, 笑ふと, 第一, 西坂本の, 親切に, 訪ねて, 貴妃, 贅沢な, 身を, 追い込まれて, 馬嵬で, 驕兵の, 黙礼した

▼ 忠~ (57, 2.7%)

4 孝とは 3 云ふ 2 いふべく, 云ふも, 孝との, 恕とを

1 [42件] いって, し忠, なり, なり国, なると, よび義, よぶここ, 一戦を, 一緒に, 不忠の, 云うもの, 交換せん, 出会った時, 劉岱とは, 勇は, 同じよう, 同腹にて, 同苦坊, 名乗って, 名乗らせた, 夏侯淵は, 契るよう, 孝だ, 孝とが, 孝を, 張嶷が, 恕と, 攻略手段を, 次々に, 申すもの, 皇后の, 称して, 稱する, 義とによって, 註して, 説いても, 趙雲たちを, 趙雲は, 鋒を, 魏延とは, 魏延の, 鳴くと

▼ 忠右衛門~ (53, 2.5%)

2 の家, の忰

1 [49件] がどんな, がはったと, が呼びこませた, が天国, が意識的, が手燭, が控え, が横死, だぞ, である, といっ, とおもい, とがくつろいだ, と不和, と左衛門, と無宿, と申す, なども, にはそれ, のため, の二百兩等等, の天国, の忰頼母め, の憤ろしい唸き, の手もと, の敵, の私宅, はついに, はやおら, は同時に, は手燭, は本, は穏和, は迷惑, は顔, ぴったり平伏し, へ世話, も声, も子, や兵九郎, や許嫁, を往来, を思わぬ, を江戸表, を討ち取り, を討ち取りまし, を訪い, 同じく忠太夫, 罷り通る町野左近将監

▼ 忠~ (48, 2.2%)

3 して 2 亭主そのものへの, 似て, 使者を, 克く, 向って, 命じて, 比ぶべく, 親に

1 [29件] あらず, あらずと, あらず豆州, あらわすこと, それを, だし抜かれよう, ちがいない, 他に対しては, 代えて, 似たる大, 先んじられて, 力を, 向い, 市十郎は, 恩を, 抽ん, 挑みかかったが, 正成の, 死し孝, 死するに, 死するは, 統一され, 訊いた, 誓って, 語った, 過ぎないので, 関羽を, 陶然として, 非ざるもの

▼ 忠さん~ (45, 2.1%)

3 のお, の処 2 が引受けた, の家

1 [35件] いい天気, かいどう, かえ, かよく, から出される, から是非一度, から無理, が, が云っ, が始末, が説明, すまないけど, それから千歳村墓地敷地買収問題, それだけあれ, であった, なんぞは若く, にお, にだけは両親, によい, に頼ん, のよう, の大きな, の工夫, の御, はこの, は眼, は苦い, は警察, まあ聞き, まあ聴い, も笑い, も葬られ, も見えまし, 待って, 御夫婦

▼ 忠~ (37, 1.7%)

5 孝も

1 [32件] いまは, きょう御, この一戦, この言, これを, ついて, どうやら臭い, なく徳義, またいう, また馬, 一方の, 中納言に, 亦, 亦自分, 今は, 刈谷音吉毒殺犯人としての, 劉岱と, 和歌を, 声を, 孝, 早逝, 来て, 槍を, 私邸の, 管絃の, 美男であった, 荼毒の, 言ったな, 躍りあわせて, 階を, 魏延も, 黙って

▼ 忠左衞門~ (27, 1.3%)

2 の末

1 [25件] が握つた, が豊か, といふの, と下男, と妾, に惡戲, に見付けられ, の娘, の寢息, の寵愛, の恩, の聲, の長廣舌, はさ, はそれ, はまだ, はよく, は二階, は商, は大袈裟, は平次, は昔氣質, も娘, を塀側, を離屋

▼ 忠なる~ (26, 1.2%)

3 ものと

1 [23件] かな自由, か己, がため, ことと, ことを, のが, はよし, ものが, ものは, ゆえん君は, ベルナルドなる, 声の, 天使とについて, 宰相でない, 所以では, 所以の, 批評家である, 斯くの, 者いま汝に, 者が, 者は, 聲の, 道である

▼ 忠~ (26, 1.2%)

4 して

1 [22件] うるわしき臣道, がよく, が思いあたる, されたもの, したこと, しに, すでに容, と身, などは得手, に出た, のやむべから, の士, の精神, の良臣, の道, は声涙とも, まで彼, をすすめ, を叫び, を容, を容れ, を進める

▼ 忠五郎~ (25, 1.2%)

2 の部屋

1 [23件] が同じ, が居なく, が生き, であった, と申す, と私, に絞られ, に葛西, に負ける, の口, の命, は兩國, は名前, は重態, は養子, ばかりで, までも殺さう, も亡き, も其處, も惡, を助け, を助ける, を殺さう

▼ 忠兵衞~ (25, 1.2%)

1 [25件] が指圖, が昨夜, が時々, です, では, といふ百姓, と母親, なんぞの傳説, に手代, に血脂, のお, のやう, の口, の夢, の家, の封印切り, の本心, の餘儀, は, はあわて, は言, もよく, も名, を別室, を殺した

▼ 忠~ (20, 0.9%)

3 の道場 2 の一味, の穴倉

1 [13件] が石, その他一黨の, の召捕, の殘黨, の遺した, は本郷弓町, を擧げる, を訴人, 一味の, 以上の, 召捕の, 召捕りみたい, 召捕り見たいな

▼ 忠~ (20, 0.9%)

1 [20件] が密, に五子, に嫁, に帰し, に至つて, の上白下黒, の五千, の夫人なべ姫, の妹, の孤軍奮闘, の第, の経済思想, の血, の謀, は共に, は岡崎市, を先鋒, を忠武, 怒って, 若くは

▼ 忠~ (19, 0.9%)

4 に嫁

1 [15件] が婚礼, に殉死, の世子, の五男, の側室貝姫, の六男, の厄介, の夫人, の廟号, の法事, の法要, の跡, の長女, は世, は承知

▼ 忠~ (16, 0.7%)

2 だけは教室

1 [14件] と云っ, と連立っ, にし, にそういう, のあの, の半面, の喉, の後, の母, の流儀, の耳, の足, の部隊, の顔

▼ 忠~ (15, 0.7%)

2 趙雲は, 金蔵の, 障子の 1 あまたな, かなる, かな戀人, スッポンが, スツポンが, 大納言宣房などを, 張著を, 義や, 郭勝などという

▼ 忠~ (15, 0.7%)

1 [15件] が何, と家来九人, と居城桑名城, に定, に櫂, の備え, の先手, の墓, の墓前, の大きな, の子, は大坂役, は生き, も強力無双, 及び小笠原秀政忠脩親子戦死

▼ 忠という~ (14, 0.7%)

2 のは

1 [12件] こと孝という, のが, ものが, ものについて, ものを, 工学士だつた, 幼童と, 微官, 男が, 者の, 観念に, 観念を

▼ 忠~ (14, 0.7%)

2 の密書

1 [12件] から, が越後, が鎌倉表, に足利家, の密使, の書, の書状, の法弟, は宮, も両, を幕府, を越後

▼ 忠~ (14, 0.7%)

1 [14件] とその, ならびなき大将, なる亡魂ども, な二千, な人々, な士, な戦死, な死, に対し深厚, の光輝, の臣, を知れ, を顕揚, を龍神

▼ 忠~ (14, 0.7%)

2 の話

1 [12件] がかみころし, が一々, が猛獣, だぜ, と猛獣, なるナハト, に超, のごとし, の死, の銅像, を, を混同

▼ 忠なら~ (13, 0.6%)

10 んと 1 しむることのあたわざるをお通, んが, んとして

▼ 忠~ (12, 0.6%)

2 を遂げた 1 いたした, した菊池武時, せし黒奴, なくんば, もあずかっ, をあわれん, をいたむ, をとげ, を憐れみ, を權助

▼ 忠~ (12, 0.6%)

1 [12件] が召された, と三十一歳, の次男宗琢, の歿後, は己, は帰山氏, は本, は福山, は蚤, は養父宗伯, も共に, を養つて子

▼ 忠~ (11, 0.5%)

1 [11件] からの又聞き, から聞いた, がこの, が口走った, が手洗場, で面差, という気, とツル, の橋渡し, の話, は只今

▼ 忠右衞門~ (10, 0.5%)

1 がきりやう好み, が死ぬ, と言つた芭蕉, のところ, の内儀, の子, の氣兼, の遺言状, はお, もそれ

▼ 忠~ (10, 0.5%)

1 と歩, に送っ, の二人仁木, の家, の忠告, の斡旋, の紹介, の追善, は子規氏, や内山書店

▼ 忠~ (10, 0.5%)

2 にも時代錯誤, の後, も昔, を書いた, を眺め

▼ 忠~ (9, 0.4%)

1 と龍王山麓, に分ち給, の両人, の好意, はこの, は其処, は少年, は涙, を以て死骸等

▼ 忠~ (9, 0.4%)

1 が大きな, が行, の手の者, の返辞, は, はひよつくり, は沼津, は道, を相手

▼ 忠~ (8, 0.4%)

1 とは四尺, などはああ, にそう, の棲居, はぷいと, は一太, は腕白者, も軈て

▼ 忠円僧正~ (8, 0.4%)

4 を介し 1 が預けられ, とおそく, の身, は流罪

▼ 忠~ (8, 0.4%)

1 とか愛国, となった, にも重き, の御, の念, の意味, の血, の誠

▼ 忠~ (8, 0.4%)

4 の人, の情

▼ 忠~ (8, 0.4%)

1 が或, にし, の室, の重臣犬塚純則, はこの, はそれ, は切腹, は過ち

▼ 忠通卿~ (8, 0.4%)

2 の屋形 1 が桂, が詞, である, の尊崇なおざり, の饗宴, はいつも

▼ 忠~ (7, 0.3%)

1 からは, などを追撃, のふたり, の二人, も半信半疑, を大将, を生ませ

▼ 忠魏延~ (7, 0.3%)

2 などの諸 1 などの策, のこと, の二軍, の二陣, は勇躍

▼ 忠である~ (6, 0.3%)

1 か, かそれとも, ことは, と共に天下, のであります, 男子を

▼ 忠~ (6, 0.3%)

1 にはやはり, には捕虜, のおや, の御, の胸いっぱい, はもう

▼ 忠~ (6, 0.3%)

1 が以後, と肚, の前, の手引き, は別所家, や城兵

▼ 忠犬ナハト~ (6, 0.3%)

2 の銅像 1 がどんな, のため, は一つ, や強盗

▼ 忠~ (6, 0.3%)

1 があった, であつ, との間, の邸, は蘭方, は蘭方医

▼ 忠~ (6, 0.3%)

1 が軍兵, といったよう, といろいろ, の末孫, は有名, 悦んで

▼ 忠であり~ (5, 0.2%)

2 これ又 1 信である, 孝であり, 親には

▼ 忠厳顔~ (5, 0.2%)

1 の二将, はこの, は二人, は心, を天蕩山

▼ 忠右どの~ (5, 0.2%)

1 からのお, だが, のお, の容態, やお

▼ 忠~ (5, 0.2%)

1 遠が, 遠と, 遠どの, 遠は, 遠も

▼ 忠~ (5, 0.2%)

1 が一等天分, だけは其仲間, になつて, はそうした, や地下

▼ 忠~ (5, 0.2%)

1 の峠, へ着いた, までが一時間位, までしか行つた事, まで行く

▼ 忠~ (5, 0.2%)

1 とか古文書, にはまま, に依る, までご, を書かせ

▼ 忠とか~ (4, 0.2%)

1 孝とか, 孝とかいう, 孝とかいふ, 精神家との

▼ 忠などに~ (4, 0.2%)

1 ここ一年調練させ, 何事か, 守られながら, 消息を

▼ 忠なども~ (4, 0.2%)

1 それぞれ命を, 同様で, 同様に, 稱徳帝の

▼ 忠~ (4, 0.2%)

1 が聞いた, が觀古雜帖, の保護者, 多く他

▼ 忠~ (4, 0.2%)

1 と曰, に於, に相, を出動

▼ 忠~ (4, 0.2%)

1 と敬礼, の妻, の熱情, の預

▼ 忠~ (4, 0.2%)

1 が慶長五年大阪, の下, の嫁, をつれ

▼ 忠から~ (3, 0.1%)

1 生じたもの, 耳に, 聴いて

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 あつて, はない, 貫く事

▼ 忠では~ (3, 0.1%)

1 あるまいか, ないか, むしろ道楽商売

▼ 忠といふ~ (3, 0.1%)

1 人が, 旅館について, 男が

▼ 忠とは~ (3, 0.1%)

1 上に, 汎く, 門地や

▼ 忠など~ (3, 0.1%)

1 である, 急進的な, 重なる

▼ 忠ならず~ (3, 0.1%)

1 下は, 子として, 忠なら

▼ 忠よりも~ (3, 0.1%)

2 もっと悪質 1 孝が

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 が病歿, の母, は非常

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 がその, だと, のある

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 から家老本多意気揚, に復命, の留守居

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 侯から, 侯が, 侯は

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 と云, と認めた, は西洋

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 と偕, の伝, も家学

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 の娘, の家来屋代某, 大洪

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 の姿, の豊頬, へ押しつけおおせた

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 と名乗れい, なり, の亀鑑

▼ 忠趙雲~ (3, 0.1%)

1 などという名だたる, などの精猛, の五将

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 は彼, へ衝ッ, を蹴ちらし

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 と立花忠茂, の八千, の占拠

▼ 忠~ (3, 0.1%)

1 に, に依る, を見る

▼ 忠ここ~ (2, 0.1%)

1 にあり, に攻め寄せ

▼ 忠どの~ (2, 0.1%)

1 へ得心, 起てっ

▼ 忠なあ~ (2, 0.1%)

1 こに, こは

▼ 忠なき~ (2, 0.1%)

1 輩が, 輩も

▼ 忠ならざる~ (2, 0.1%)

1 ことを, より安

▼ 忠ならん~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 忠なれ~ (2, 0.1%)

1 されどイエプテ, ばこそ万一

▼ 忠には~ (2, 0.1%)

1 なお数人, 盲目

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 がきらら坂, の徒

▼ 忠一一等兵~ (2, 0.1%)

1 はがばと, は目

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 の時阿部正次, は延宝八年

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 を忠興, を経

▼ 忠中納言~ (2, 0.1%)

1 が存生中, の子

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 ヲ取, 怒って

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 の指圖, は三輪

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 人民が, 善く朋友

▼ 忠右衛門忠真~ (2, 0.1%)

1 は本, は親類じゅう

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 が家, は十年三月廿九日

▼ 忠~ (2, 0.1%)

2 をすて

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 の臣, をなす

▼ 忠太夫~ (2, 0.1%)

1 の二名士, 同じく左内

▼ 忠~ (2, 0.1%)

2 は敦卿

▼ 忠實さ~ (2, 0.1%)

1 が嬉しく, に疑ひ

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 にある, の墓

▼ 忠張嶷~ (2, 0.1%)

1 など続々, の順

▼ 忠張翼~ (2, 0.1%)

1 などが早, にもすぐ

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 に至る, は播州

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 の一番手三百三十余人, の事

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 に接し, の邸

▼ 忠洞院~ (2, 0.1%)

1 の公賢, ノ実

▼ 忠犬マル~ (2, 0.1%)

1 は一生けんめい, も電気鳩

▼ 忠犬説話~ (2, 0.1%)

1 に就, の本源地

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 からしぼり出る, この誠心

▼ 忠臣節~ (2, 0.1%)

2 のため

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 というもの, に計られ

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 さと, さを

▼ 忠衛さん~ (2, 0.1%)

1 が近く富山県, が近刊

▼ 忠衛氏~ (2, 0.1%)

1 が本年一月, の

▼ 忠~ (2, 0.1%)

2 には孝

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 の素志, を把

▼ 忠~ (2, 0.1%)

1 が乗り込ん, の家

▼1* [326件]

あらん善きを, 忠ありて勧めし, 忠いずこに, 忠いま対山の頂, 忠ええと職, 忠および芳流閣の, 忠かならずつらぬき徹します, 忠こっちへ来い, 忠これに来る, 忠や碌さ, 忠さげだけんなった, 忠さん今日はお, 忠さん例の一件, 忠さん先生もあゝ, 忠さん君も知, 忠さん妾ゃア思うん, 忠さん日張先生といふひと, 忠さん海軍の機関兵, 忠さん立ち話ぐらい奉公人同志何, 忠じゃねえけれど, 忠すなわち家康の, 忠その他の弟子たち, 忠ただ簡単に, 忠たち列座の公卿, 忠つたと, 忠だけはそうでない, 忠だけをすすめて, 忠だちて働け, 忠でも貞でも, 忠といえり忠, 忠といったような, 忠としては佐藤春夫の, 忠とともに割腹し, 忠との刃合せの, 忠と共に加わって, 忠どんかい, 忠どん人に戦争, 忠なく信も, 忠などと同じく二十年, 忠などと共に搦手の, 忠などの重臣も, 忠などへ何事か, 忠などを同視する, 忠なりしにも, 忠なりし事いかばかり, 忠に対しては餘所ながら, 忠はにこと笑っ, 忠ひとりはほか, 忠向って, 忠への褒美には, 忠へは賞状を, 忠ほかの兵ら, 忠ほどの剛の者が, 忠またこれを, 忠までが取られて, 忠まろの顔, 忠めがけて馬, 忠よもんという人, 忠より洒落れて, 忠よりは時代自身固定を, 忠ら一部の意見, 忠をさえ避けるよう, 忠ナル者ト謂フベク假令少數タリトモ此, 忠ボーイさん御在館, 忠一派の化導, 忠一等に声援, 忠に済まない, 忠七方は柳淀, 忠の御殿, 忠三名の胸, 忠三士の首, 忠上野介藤原厚載武蔵守高向利春, 忠中小屋の二加番, 忠主家の肉, 忠とある, 忠のおいし, 忠五世の祖忠上, 忠五郎さんとの間, 忠五郎ハモトヨリ弟子故縁者ニナッタ, 忠五郎蕃寛の次男蕃徳, 忠創を, 忠人間万事不如意一身長在轗軻中, 忠介川俣踏絵村雲笑子幸田節三酒月守の六人, 忠介東京貴石倶楽部の松沢平吉, 忠介珊瑚王の伜, 忠し後, 忠以下五十余名が戦死, 忠以後八十人の大臣, 忠以浪人結城唯助として入塾, 忠佐どのにご, 忠作藩外海禀化寧境恭修貢職新嗣邊業, 忠使帰るに, 忠侃一辺の男, 忠信孝悌だの, 忠傅士仁の徒, 忠僧都の起臥, 忠先代重行松太郎小金井太郎の諸家, 忠先生の弟子たち, 忠八みたいな宮島新三郎, 忠を伏せ, 忠兵衞さんと私, 忠兵衞はんが竹竿, 忠兵衞上手には憎々しい, 忠兵衞五十二三分別者で評判, 忠兵衞吉田久太夫毛利吉右衞門生松原, 忠兵衞命にかけても, 忠兵衞月代の光澤, 忠内田五観なども同様, 忠円僧正遊雅法印そのほか, 忠円円観遊雅知教などほか, 忠円知教遊雅円観など, 忠でて江浙, 忠である, 忠到り援わんとして, 忠前田利家岩室重休等は信長, 忠副将に馮習, 忠劉岱のごとき, 忠を見, 忠勢山上より一度, 忠勢魏延の勢, 忠十八歳家を毀つ, 忠して, 忠真摯なる, 忠厚勤倹を以て本, 忠公, 忠右小林直八玉井彦三などの旗本精兵, 忠右衛門どのに詫びね, 忠右衛門一族に示せよ, 忠右衛門二番手に蒲生四郎兵衛, 忠右衛門宛の雲浜書翰, 忠右衛門法は天下, 忠右衛門猪苗代を蒲生四郎兵衛, 忠右衛門蒲生四郎兵衛町野左近等何躊躇すべきしおらしい, 忠右衞門さんは胸, 忠右衞門天草玄札などという勇士, 忠右衞門旦那の書いた, 忠同じく親俊, 忠喊呼をあげ, 忠の差図, 忠坊日親でこれ, 忠坊顔を泥だらけ, 忠大いに怒り, 忠大伴の若菜姫, 忠夫妻の教育, 忠奥平監物貞勝等と共に兵三千, 忠奥平貞能などを始め, 忠の意気, 忠婆さんといふ人, 忠に予め, 忠婢某が出, 忠このふたつ, 忠孝信などいふ, 忠孝正直倹約忍耐それから足る, 忠孝義のひとつ, 忠孝義侠心友情おもな, 忠を以て御, 忠宗さま御代から二十余年, 忠宗越智吉舟小牛清光徳若忠政, 忠当時の, 忠宝さまのお, 忠実は月番老中大久保加賀守忠真と, 忠家これか, 忠家之に相副, 忠家以下の岡山衆, 忠家以下出迎えに来, 忠家次本多酒井大久保牧野石川榊原などの諸, 忠家等の手, 忠實ナル下僕デアル, 忠實ナル勞働ニヨルトヲ考査セズシテ等シク守錢奴ト詈リ侵略者ト誣ユルハ昏迷者ノ狂言ナリ, 忠實無比な子分, 忠實譯にあらず, 忠がこれ, 忠寺中の兄田中悌庵, 忠寿司で一パイ, 忠州山州黒猿善く酒, 忠左京まで町奉行所, 忠左衞門小河長五郎金出口には野村右京, 忠年老いたりといえ, 忠の母, 忠幹四男が保命, 忠度墓あり, 忠度敦盛など一門, 忠度資盛などの諸, 忠度都落ちの一節, 忠張嶷呉懿呉班などがまず, 忠と菅伝氏, 忠に仕え, 忠徹曰く可なりと, 忠と, 忠に頭, 忠於宦成病加於小愈, 忠を感じ, 忠愛卿の教旨, 忠愛天真の如き, 忠をことごとく, 忠懐来に在り, 忠成め飛んだ食, 忠成君寵を得, 忠の功, 忠房その他の公達, 忠房それを取っ, 忠房はじめ並居る諸, 忠房主従の影, 忠房公は二人, 忠房島原城主として四万石, 忠房様なり兄上, 忠挙忠相親愛親本, 忠摯篤実なる循吏, 忠操信士と書い, 忠救援におもむかしめた, 忠であったが, 忠日記による, 忠日記天正十八年二月二十二日の条, 忠是併重御父子禮之, 忠こいん, 忠景丹羽氏重のふたり, 忠曰くこれけだし夫婦相念, 忠書院成るに, 忠有信好称賢, 忠朋友との交わり, 忠朝臣が精製, 忠松尾季綱橋本正安などいずれ, 忠の性格, 忠校尉梯携等奉詔書印綬, 忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 忠楊貴妃誅に伏す, 忠に帰一, 忠権中納言実世, 忠武田勢を追い, 忠死空しからず新九郎, 忠れ光則, 忠殿足下まず一押し, 忠氏これなり, 忠氏作と書き入れ, 忠氏画家吉積長春氏加わりて, 忠海辺へ下宿, 忠の痕, 忠涙義血に生涯, 忠清道徳川郡伽洞にある, 忠清道牙山湾の行担島, 忠潘璋というふう, 忠澄以来この北町奉行所, 忠烈侯に封じ, 忠烈勇智実に関羽, 忠烈武勇風雅廉潔の諸, 忠烈沮君之墓, 忠烈王は早く, 忠無二の長州出兵論, 忠は潜み, 忠燿手附の与力, 忠燿青毛の馬, 忠父子之由, 忠犬グレルトの話, 忠犬パトラッシュの頸, 忠犬物語がほうぼう, 忠犬美談で甲新聞, 忠献臆すらく, 忠琢三十歳の時, 忠琢十六歳の時, 忠琢右に付金三百疋づつ頂戴, 忠琢四十四歳の時, 忠琢成器が猶, 忠琢成器長兄章斎義方の名, 忠琢病死之旨, 忠の軍監, 忠が率いる, 忠純老元帥の, 忠である天朝, 忠の外護, 忠義憤の人々, 忠義烈な張巡, 忠の歌, 忠老人の話, 忠があります, 忠をしぼっ, 忠胆いつに変らぬ, 忠胆義肝匹儔稀, 忠胆鉄心の良, 忠脩親子戦死す, 忠に心, 忠至公の誠心, 忠至参殿の上, 忠至履歴といふもの, 忠へ乗, 忠なる臣民フリードリヒ・メルゲル, 忠苦節をつづけ, 忠茂五千の兵, 忠茂佐賀侯弟鍋島元茂等, 忠茂俄に眠, 忠茂熟睡を妨ぐる, 忠藤原定遠と, 忠が義経, 忠西大番頭, 忠親分の讐, 忠親氏の, 忠親王の曾孫, 忠を支持, 忠貴張, 忠賢奇秘録および致身録等, 忠賢清末に勢力, 忠質室専寿院から, 忠輔宗平忠頼叔父良持の子, 忠輝公を御, 忠輝卿は七日, 忠輝始終を見届け, 忠輝海に漁, 忠輝等の連合軍, 忠通公の息月輪殿, 忠通君も私, 忠通称は同じく, 忠通自身がその, 忠通頼長兄弟の意趣, 忠過ぎる憾みさへ, 忠という人, 忠郷柳川侯世子立花忠茂佐賀侯弟鍋島元茂等, 忠郷花井卓蔵の各, 忠長善などはよく, 忠閔察を得ず, 忠関索などにも一人一人, 忠閲岩井重遠編の, 忠隆君が貴国, 忠の口達, 忠雑役の水夫, 忠である, 忠馬超などの五虎, 忠驕兵の計