青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「応じ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~志 志~ ~忘れ 忘れ~ ~忘れた 忘れた~ ~忘れる 忘れる~ 忙しい~ ~応じ
応じ~
応用~ 忠~ 忠実~ 快く~ 快活~ ~念 念~ 念仏~ ~忽ち 忽ち~

「応じ~」 1834, 20ppm, 5797位

▼ 応じ~ (1550, 84.5%)

8 それぞれの, 出て 7 自分の 6 いた, いる, 身を 4 いつでも, いるの, くれた, それを, 種々の, 筆を, 答えを, 起ったもの 3 さまざまの, それぞれに, 三人の, 人物の, 人間の, 少しずつ, 彼の, 来た, 自由に

2 [76件] いかなる生活様式, くれるもの, くれる者, これが, これを, その中, その人, その俗悪, その各自, その画面, みると, スタヴロオギンの, バラバラと, 一斉に, 三千代を, 三名の, 上京した, 両方を, 作られたもの, 例の, 先刻の, 先生は, 六人の, 兵を, 具体的に, 出発する, 勝つ筈, 勝手に, 反射的に, 取引し, 各所の, 品物を, 国の, 境遇経験を, 変動するであろう, 外へ, 多分に, 多少の, 大芸術, 寄進せし, 屯所の, 帆を, 常識の, 彼が, 彼は, 必要な, 手に, 数日に, 新たに, 方法は, 日本の, 未来を, 来たの, 株に, 構造の, 様々に, 橋の, 機械的に, 民衆の, 生活を, 番附面に, 研究し, 破壊した, 立上る, 答えた, 組織さるべき, 維新前後の, 自らその, 自由自在に, 蒙古, 行こうと, 適当に, 配分さるべき, 集まって, 顔を, 風を

1 [1298件 抜粋] あげなかったもの, あるいは以前そう, あるいは左, ある点, ある行為, いう, いくたび, いくぶん図々しく, いくらでも兵馬, いずれかの, いたるの, いつの, いつも小説, いるもの, いる時, いろいろの, うまく判断, おきながら, おもむく途中, お由, きたれる偉丈夫, きますし, きわまるところ, くると, くれ, くれた優し, くれどうしてもつと, くれないよう, くれなければ, くれますか, くれるよう, くれる御者, こしらえられたもの, ことさらに, この二者, この恥づ, この書, この無電室, これに, これらの, こんなにもいた, さえぎった, さまざまな, しきりにこれ, しまいしかも, しまつ, すぐさま持っ, すぐ立った, すなわちそれ, そう云った, そこへ, そのたび, その冷温, その剣, その各々, その場合, その存在性, その形式, その役目, その拳法, その板, その機会, その用法, その興味, その説, その難破船, それから酔っ払ってるらしく口ずさんだ, それぞれ全く, それぞれ物を, それぞれ適当な, それ相応の, たくさんに, ただ二, ちょっとかじる, つくった, できるだけ, とうにもっと上手, どういうふう, どこからか, どんなこと, どんなに異, なさるべきもの, なるべく自由, ぬかりなき, はじめて刀, ひとしく教育, ふえる, へとへとに, ほほえみかわす様子, まず側面, また中途, また何となく, まつ先に, みずから適当なる, みようと, むかつく気持, もう一度ちらっと木部, やりさえ, やり進んで, やろう, よく処する, より浅く, わざ, ゐた時, アラユル意識だの, イプセンが, オレが, クリエーションし, コロコロ, スキーが, ソネートカの, デッキまでは, バラバラバラッと, パン切符の, ブルジョア, マッチを, ムリを, 一つの, 一の, 一人が, 一列の, 一声高く, 一定数の, 一席どな, 一挺の, 一方に, 一番危険な, 一行と共に, 一隊の, 三カ年間に, 三四十人与左衛門の, 上洛する, 下さるお, 与えられたる万般, 世の中に, 世界進歩の, 両方の, 並べ方を, 中央へ, 主馬之, 九の, 予一個の, 事物は, 二ランス・ショット三ランス・ショットという, 二人は, 二列三列あるいは, 二者が, 云った, 五百万ボンドか, 交野の, 人々が, 人を, 人間は, 人類の, 今日にまで, 仏教の, 他の, 任じる使命, 伐り採ること, 伸縮自在だ, 体を, 何も, 何事かと, 何時でも, 作って, 作られたこと, 作品が, 使駆され, 価は, 倒れたり, 働いて, 僕の, 充分に, 先生の, 全国民, 八五郎はじめ高萩身内の, 兵力的掩護を, 兵士を, 写真機の, 出動した, 出掛けて, 出版, 出現する, 分けて, 分配す, 列車は, 別働狙撃隊, 前後左右に, 加減し, 勇気を, 動くか, 動作した, 北国から, 区別した, 十円か, 十数人の, 即吟白扇に, 却って夫, 参軍し, 及第し, 反動文化と, 叔父さん叔母さん兄さん姉さんに, 取りかえて, 取引する, 口数少く, 句読点の, 召使一同階下の, 司令部より, 各地から, 各隊, 同じ帽を, 同市に, 同志袴田の, 否と, 呉れないの, 呉れる相手, 品は, 唯何, 四十人の, 四方から, 四本の, 回転をや, 国家より, 土間の, 型の, 城の, 報告示威糾弾を, 境内から, 増殖を, 増減する, 変って, 変へて, 変るを, 変化せざる, 変遷する, 外国より, 多少引き上がっ, 大いに豊か, 大きな矢, 大作は, 天地宇宙を, 奉公の, 奏楽が, 奥羽の, 女給に, 始中, 子供たちが, 子女の, 存在の, 守られるが, 定まったある, 実践的な, 家を, 家賃を, 宿の, 富四郎を, 寺を, 専門文学者と, 導き入れて, 小走りに, 少なからぬ, 少年はか, 屋敷に, 山嶽大, 山茶花も, 工夫する, 差しだし内閣修史局, 差別が, 席に, 常に変化, 年内に, 幾分か, 序曲の, 庭先から, 廊下の, 引用する, 弱くも, 当該時に, 形式だけの, 影の, 彼人の, 彼方此方の, 往診する, 後に, 後列の, 復讐の, 微笑めないよう, 心内に, 必ずなに, 必要と, 忠義を, 忽ち大地, 思ひ思ひの, 急激に, 性格も, 悲しいロマンス, 情誼上の, 感想ぐらゐは語りませう, 成りまた, 或いは同時に, 戦も, 戸を, 所謂戦場往来の, 手を, 手段を, 扱うという, 批評の, 持って, 挨拶すべき, 捨てがたく, 提供され, 握り更え, 支出する, 政府が, 教義を, 数十人の, 整数的に, 文学の, 斬罪役を, 新たな, 方法に, 方程式は, 日本木綿を, 時としては, 時の, 晴れ着を, 暗唱し, 曰く我は, 曳舟する, 書きつくされなければ, 最も勝れたる, 有効な, 望みの, 期待される, 本を, 本藤, 村民達も, 来て, 来なかった, 来るもの, 来れる書生, 来着した, 東野南次自身の, 某々の, 極左尊攘派も, 横光氏の, 機宜の, 次の間の, 歓楽追求の, 武士は, 歴史社会的運動の, 残らず分配, 気持も, 水を, 決めて, 河内の, 法秩序を, 活躍させた, 流行の, 海上を, 渋面つくり, 溌剌と, 演劇として, 火災自ら滅す, 無意識的に, 煙硝の, 熊本に, 物は, 物理学的概念の, 特別に, 猛気, 猩々を, 玉江嬢とともに, 現れて, 現代の, 甚だ複雑困難, 生まれたもの, 生れた看護婦, 生活意欲を, 用いて, 田地を, 画を, 異にせざる, 病室から, 発生した, 発達する, 白虎太郎は, 目的の, 直ちに作り出し得る, 直ちに連合国, 相反する, 相異ならざる, 真槍で, 着物を, 砂地に, 碁盤を, 示しだすダイヤル, 私は, 私達の, 種々ちがった, 種物の, 穴から, 立ち上がりかけると, 立ち別当湛増, 立つ者一人, 立上つた, 笑ったり, 答うる, 答えて, 答へたり, 米の, 糸を, 紫色の, 組織を, 結綿の, 給金を, 緋鯉の, 縦横に, 美しい濃淡, 群から, 老人にも, 肆意的に, 能事畢る, 脳中の, 膨れて, 自らの, 自ら選択される, 自己の, 自我意識を, 興りました, 舟の, 色を, 花咲き, 苦しい中, 茶屋に, 落着き払った玄, 著者の, 蒸気船便に, 薬種屋から, 藩学の, 蠅が, 行きたくも, 行くこと, 行った, 行なわるべし, 衝立の, 裏から, 西国の, 見るからに, 角張りながら, 言った, 言ふ, 記憶し, 診て, 誇大に, 説得に, 論理を, 諸理論, 負担しなけれ, 賞翫する, 賦した, 走りまわらせる, 起こるもの, 起る無意識作用, 身近かに, 車は, 農民, 迸り流れるという, 通されたの, 連れ立って, 進み出ようと, 進歩を, 過敏な, 適当な, 適所に, 選んだり, 酌ぎ返しながら, 金を, 金甲神が, 鍵に, 長谷川が, 間に合わせられるから, 院長の, 陸尺やら, 隊長室に, 随時開く, 集まったという, 雑穀粉麺麭等の, 露西亜の, 静まるの, 音も, 順義妥当の, 頼まれる雑誌, 顔に, 飛んだと, 駈けて, 騒ぐ色, 高くあろう, 魏の, 黄檗で

▼ 応じては~ (27, 1.5%)

1 [27件] いかぬ自分達, いたが, いたけれども, いない, いられないと, くださらないの, ずいぶん臆面, どこから, みたものの, カメラマンの, 二刀を, 他郡, 任意の, 例の, 切り離されること, 技量が, 持つに, 政治新聞の, 政策として, 本質としての, 本部から, 理性が, 空間の, 端唄都々逸の, 運命の, 鉄条網を, 馬蹄鍛冶屋の

▼ 応じての~ (16, 0.9%)

2 必然的な

1 [14件] ことだった, アドレスを, 割当てを, 各人の, 品位といふ, 器具を, 差違ある, 広さ, 忠言で, 歩合を, 消極面を, 町名や, 私の, 話が

▼ 応じながら~ (14, 0.8%)

1 [14件] ゆるゆる歩きだした, 一方では, 乱されぬ静穏, 加山は, 友に, 口の, 夫人は, 女友だちなぞと, 彼の, 扉の, 熱心に, 用意した, 百パーセントに, 素子は

▼ 応じても~ (10, 0.5%)

2 傑作は 1 よいがとの, よいと, よろしい, 大抵粗, 決して簡単, 無慙の, 自分の, 苦しゅうない

▼ 応じたり~ (5, 0.3%)

1 あるいは奮って, これまで, して, しを以て, 其知己の

▼ 応じまた~ (5, 0.3%)

1 も京都, 世の, 作家自身の, 秘密を, 自然の

▼ 応じ~ (4, 0.2%)

2 にのぞん, に臨ん

▼ 応じその~ (3, 0.2%)

1 基礎の, 要求を, 選択は

▼ 応じそう~ (2, 0.1%)

1 にしなかった, に近く

▼ 応じそれ~ (2, 0.1%)

1 に励まされ, を正当

▼ 応じつつ~ (2, 0.1%)

1 こちらも, 下から

▼ 応じ~ (2, 0.1%)

1 ならないの, 来た

▼ 応じ事情~ (2, 0.1%)

1 に従い階級的, に応じ

▼ 応じ~ (2, 0.1%)

1 によってお, に従った

▼ 応じ~ (2, 0.1%)

1 に従, に適え

▼ 応じ場所~ (2, 0.1%)

1 に臨み, に適め

▼ 応じ~ (2, 0.1%)

1 の方, の軍

▼ 応じ~ (2, 0.1%)

1 に従って凡て, に従つて

▼ 応じ~ (2, 0.1%)

1 に即し, の変り

▼ 応じ適当~ (2, 0.1%)

1 に速やか, の調進

▼ 応じ難く~ (2, 0.1%)

1 一両日中に, 候間右様承知有之度此段及通知候也

▼1* [174件]

応じあっさり見放して, 応じある重大な, 応じうるかを見きわめたい, 応じからだを運べ, 応じこの受験準備の, 応じこれを潤飾, 応じしかもそれらに, 応じすべて士族となす事, 応じそちたちを起たせた, 応じそれぞれの緊密, 応じたちまち雲霞の, 応じついによく安倍氏を, 応じてからの観世銀之丞という, 応じてさう云, 応じてと云つたつ, 応じてととのへ, 応じてとは三好さんきっと, 応じてのみ彼らの, 応じでもすると, 応じなお個人性を, 応じなどしたらその, 応じ御心如何, 応じしたが, 応じひそかに沈黙, 応じまさに出るべき時, 応じめざましく伸びて, 応じやすいほど熱情的, 応じやっぱり見事に, 応じゆくゆくはパンパン, 応じグット艶ッぽく露, 応じマネージャーに交渉, 応じは台湾, 応じ一つも誤り答, 応じ一分の隙もなく, 応じ一致しなければ, 応じ三人の誘ふ, 応じ三十六歌仙の歌, 応じ上京仕り是, 応じは地の利, 応じ丙丁戊みな一緒になつ, 応じ中央へ出, 応じ二人きりで話したい, 応じ二度目の密会, 応じ二階の空間, 応じまたこの, 応じ今日以上の熱, 応じて其の, 応じ何れも立派, 応じ何時にてもこれ, 応じや否, 応じ健康男子銃を, 応じ其の営に, 応じ再び新たに, 応じに臨ん, 応じ出動演奏の準備態勢, 応じ出版せしめし, 応じ出頭したる庄司利喜太郎, 応じの手引き, 応じ刺違へて殺されない, 応じ前後相照らして, 応じ割合の高い, 応じ千万金を惜気, 応じ千変万化の必要, 応じ去る二月遙, 応じ取り次ぎの小, 応じ同日夕刻より船, 応じ吾人はこれ等, 応じ吾輩の眼玉, 応じ和泉摂津にも之, 応じ和親開港公武合体の政策, 応じ国家の権力, 応じ国民決死の相貌, 応じ国防のため全力, 応じたちまち裂け, 応じに随, 応じ増減しつつ, 応じ隊長の, 応じ大きな産業へと, 応じを開き, 応じ天保銭一個を示し, 応じと一応, 応じを傷つく, 応じ好みに準じ, 応じ如何に進歩発展, 応じ実に実に陰鬱な, 応じに唄, 応じの陰, 応じ寮雨位辞するもの, 応じ対動して, 応じいで大仙寺, 応じ尽忠報国をまっ, 応じ屈強な串崎男八十人, 応じ巡回文庫により, 応じ広大の口銭, 応じ得物得物をひっさげ, 応じ必要に従ってその, 応じ恩賞望み次第とあり, 応じ情勢につれ, 応じ成学即身実業, 応じは無い, 応じに応じ, 応じ手燭を振り照らし, 応じ挙国一致千載一遇の壮挙, 応じ政治の活動, 応じ敢えて追わず構えて, 応じは夫人, 応じ時々の心, 応じ時に臨みて, 応じ最も敏速適切なる, 応じ有名な交声曲, 応じ本丸山里丸二の丸三の丸などのほか, 応じ本人にとっては何, 応じ東山の馬骨, 応じ東西から京都, 応じに適した, 応じに臨み執る, 応じ民情に応じ, 応じ民間から入っ, 応じ永く構え, 応じ江州阪本に出陣, 応じ江戸演劇と相, 応じ混沌と閃光, 応じ満腔徳川氏の威信, 応じ無理と知り, 応じ無論当然のこと, 応じ玄文社新演藝観劇合評会, 応じ現に当面し, 応じ田地を分配, 応じ甲冑を著し, 応じ町役場前の広場, 応じ直ぐに小包郵便, 応じ真っ向に乗っ, 応じ真紀子は気遅れ, 応じ祖先の祭祀, 応じとたたかう, 応じ種々の問題, 応じ立ちどころにこの文, 応じ竹槍を持った, 応じいつぱいの力, 応じ経略止むなく我邦, 応じ練習に応じ, 応じ羽柴筑前どのの味方, 応じ老年の人これ, 応じ臣下の礼, 応じ自ら認めて, 応じ自分に適当, 応じ興行場の再開, 応じ興行法にも自ら適切, 応じと船, 応じ船中持ち渡し, 応じ若干数かもしれず, 応じ英語の通弁人, 応じ落着くべきに, 応じをつい, 応じ虚実をつくし, 応じ装置家の工夫, 応じ規律ある生活, 応じ誕生日のたびごと, 応じ謹写し納む, 応じ賭試合を行ない打ち勝っ, 応じ越後口補充の義勇兵, 応じの朝鮮語, 応じを命じ, 応じ連日のもてなし, 応じ適時適切にその, 応じ長屋の誰, 応じ閉扉の館, 応じ開館日時数を規定, 応じ陣装束で参内, 応じ隊伍を編み, 応じ難ければ思ひつ, 応じ難しといひ, 応じ食堂に入れ, 応じ騒がしい濤声の