青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帯び~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

帝国~ ~師 師~ ~師匠 師匠~ ~席 席~ ~帯 帯~ ~帯び
帯び~
~帰 帰~ 帰し~ ~帰っ 帰っ~ ~帰った 帰った~ ~帰つて ~帰り 帰り~

「帯び~」 1901, 19ppm, 6072位

▼ 帯び~ (1616, 85.0%)

146 いた 84 いる 47 来た 36 来る 30 きた 29 いるの 26 いて, ゐた 23 いること 17 くる, ゐる, 来て 15 いるよう 13 来たの, 来るの 9 いました, いるもの 7 いたが, いたの, くるの, ゐて, 居た 6 いる大小, きて, 居る, 帰って, 来ると 5 いたので, いなかった, いるから, いると, いるので, 光って, 来ました, 来ること

4 [11件] いたと, いたもの, いない, いるが, いるという, いる身, まいりました, ゐるもの, 居ると, 自分の, 見えた

3 [18件] いたから, いたこと, います, いるため, きたの, ゐたの, ゐるの, ゐるやう, 居ります, 居るの, 居るので, 居る者, 来たこと, 来たという, 来たので, 見える, 見えるの, 賑やかに

2 [61件] いたけれども, いたし, いたのに, いたよう, いた一腰, いないの, いるこの, いるだけ, いるところ, いるに, いるわけ, いる事, いる人, いる以上, いる刀, いる場合, いる様, いる眼, いる者, いれば, おりました, きたこと, きました, くると, くるもの, くるよう, われわれの, ゐたこと, ゐるが, ゐると, ゐる為, 一度は, 乳らしい, 人の, 人を, 光つてゐる, 円タクに, 凄艶, 天下に, 小床, 居たの, 居りますが, 居るもの, 彼の, 御岳へ, 来たもの, 来たよう, 来ます, 来るそう, 消えて, 物凄い相, 登山する, 私の, 聞えて, 聞こえて, 見るから, 足の, 車窓を, 輝き出した, 青みがちに, 響いて

1 [734件 抜粋] あだ, あらぬとき, いくよう, いず強いて, いたかと, いたかを, いたこれ, いたに, いたらしい, いたり, いたわ, いた二剣, いた太刀, いた小刀, いた日清戦争, いた時, いた村正, いた自, いた顔, いても, いないが, いないし, いないという, いないとしか, いないもの, いない者, いない風呂, いなかったという, いながら, いぬの, いました弟, いませんでした, いよいよ駝鳥, いようはず, いるあいだ, いるか, いるかの, いるからと, いるこの世, いるし, いるそう, いるそこで, いるといった, いるとでも, いるにも, いるね, いるばかり, いるものの, いるよ, いるらしく傍若無人, いるブラッド, いる上, いる不遇, いる博士, いる古, いる声, いる岩, いる旅, いる時, いる気配, いる濃い口髯, いる男, いる真, いる石帯, いる般若丸, いる複雑, いる野太刀, いる野差刀, いる青年等, いる鼻, うごいた, うわべだけ, おいでに, おらぬ, おられるある, おりましたよう, おりますが, おりますため, おりまする, おりません, おり綾子, おり街路, おる, おると, かがやき渡りますけれど, かなたの, きかれた, きたので, きたばかり, きた目, きましたが, きらきらと, き彼, くるし, くるとかと, くるにつれて, くる相模灘, くる頃, こうして火星人, ここに, この中道, この名古屋, この茶屋, こればかりは, こんな詩句, さんご, しかも他, しかも刻一刻, じっとこちら, じっと見据えられた, すぐ下, すでに宵, そこに, その下, その両, その光, その明るい, その理想, その着想, その辺, その金, それで, た, たどって, たるんだ下, であること, ですな, どこか, どことなく情味, どこの, どんより物, なにか秘密, にわかに使い, はっきり見えます, ひとむら, ひと仕事, またそちら, まるで桜, みえた, みえるけれど, むしろ彼女, やがて頗る満足, やや忘れえぬ濁つた, ゆく, ゆらゆらする, わたしの, われらを, ゐたので, ゐたらしいと, ゐても, ゐない, ゐは, ゐました, ゐるからと, ゐること, ゐるとは, ゐるので, ゐるらしい, ゐる宗教的, ゐる昨夜, ゐる歌, ゐる許, ウッスリと, カンカンと, ガラッ八, クリストフは, シンガポールから, ストーブが, タカリに, チベットに, フランスと, 一つづつうごめくを見申し, 一喝した, 一座を, 一種病的な, 万人の, 三軍の, 上京し, 下から, 下界を, 世にも美しい, 両側より, 中津川に, 乳の, 二ヶ月ばかり, 云つて雀斑だらけの, 京へ, 人待石, 人馬いくつと, 仄白く, 今着いた, 他行しつれ, 何か, 何だかこう夕方, 余念なく, 使いに, 僕の, 僕を, 入って, 全く真剣, 八官町まで, 其で, 再び外, 冬子は, 冷, 几に, 出た, 出るし, 出る前, 出向いて, 出向く者, 出張した, 出掛けるとか, 前とは, 前線へ, 動ける中, 匂って, 十畳ぐらいの, 半ば無意識に, 南方へ, 単身都へ, 厳秘の, 参ったので, 参ったわけ, 反問した, 叔父の, 口元に, 叫ぶの, 各地を, 合掌し, 名古屋へ, 呵りきと, 咲き残りたるは, 唯口許, 噎せかえるほど, 四辺を, 土の, 城中から, 堀君の, 場所へ, 塵毛の, 夕映えの, 外出した, 大いに勢力, 大声で, 天井の, 天地の, 太陽に, 夫人の, 好悪の, 如何にも光, 如何にも甦, 婦女子の, 嫋々と, 学者が, 家に, 射し込んで, 小さい権威, 尖つて, 居そう, 居ましたから, 居ました故に, 居らっしゃる事, 居らぬもの, 居るお, 居るかの, 居るから, 居るだろうよ, 居るとは, 居るん, 居る多分, 居る歌, 居る爾, 居れば, 屡々純化, 山崎宝寺城に, 山影さん木曽を, 屹立する, 崔諒は, 巡廻, 席上に, 帰ること, 帰国を, 平次も, 幾世紀かの, 幾重にも畳, 廟堂に, 建って, 張りつめるやう山一杯, 弾力の, 彼に, 彼女の, 御出まし, 徳川殿にも, 怖, 急派され, 悲しさうに, 悲しそう, 悲壮な, 感ぜられる, 感ぜられるの, 慷慨悲歌する, 我々に, 戻って, 所々方々と, 抉れ込んで, 押すと, 捲土重来した, 斯う, 新道の, 旅行せし, 日毎に, 早くカルカッタ, 早速彼, 明るくなつ, 明治の, 映じた, 春はさこそと, 是非共出京する, 昼夜行いすまし, 時々私, 晴れやかに, 曹操の, 月を, 朝日に, 木曽に, 札幌に, 村人に, 来たかの, 来たから, 来たが, 来たら決して, 来たわけ, 来た一口, 来た事, 来た以上, 来た史的唯物論, 来た手, 来た枝, 来ないはず, 来なければ, 来ます鶏, 来ようとも, 来るだろう, 来るであろう, 来るに, 来るまでに, 来るもの, 来る事, 来る人間, 来る為, 来る虞, 来れるや, 来世的なら, 果し無き蒼空, 某方面, 柔く, 柱や, 植田良平は, 楠木家へ, 欧洲の, 正面に, 武蔵安房上総下総常陸下野諸国の, 殊に黒ずんだ, 民会に, 沈み揚威, 泌み込む, 洋杖を, 洋行し, 洽ね, 流れ落ちて, 浮びあがる, 海外に, 湧き上って, 満庭ため, 溢れ出るよう, 潜んで, 激しく発散, 濡色に, 烈しい業物, 無言の, 照って, 爛々と, 爽快な, 物凄いと, 物凄いばかりに, 物思に, 物音に, 珍しく弱音, 現れた, 現代に, 瓜実, 生きて, 生長し, 甦え, 男装した, 異様に, 発せられたが, 発展するだろう, 白く煙つて, 百人の, 相手も, 相手を, 眉の, 眉毛の, 眼の, 眼元には, 眼球が, 瞳孔が, 矢代の, 空は, 空中を, 立つ尊い, 立てり, 笑いかけたの, 笑って, 答える, 精力的である, 絵の, 続々我国, 緋羅紗を, 緑とともに, 繊細に, 美しく頬, 考えますから, 聞えました, 聳えて, 至って小国, 航海する, 芝居の, 若々しい活気, 草の, 草鞋がけであった, 薄暗い空, 薩州邸まで, 行く, 行くであろう, 行く自分, 行ったらどんなに, 行った大小, 表面は, 西へと, 西粤に, 要求された, 見えた娘, 見えよう, 見える位, 見ちがえるほど, 見るに, 見送るの, 言った, 言つたのは, 誘惑らしく咲く, 語を, 誰でも, 論壇の, 諸国を, 謎の, 貴地に, 赤くなっ, 赤く水, 身ごなしや, 軒の, 輝いて, 輝く美し, 辛辣な, 辺土の, 透通って, 透通つて, 連つてゐる, 遠い九州, 遠く近く重畳, 遠江国浜松に, 郊外に, 重々しい雰囲気, 鉄を, 鋭く次郎, 錦繍の, 雪中法恩寺橋上の, 震えて, 震動し, 霞の, 静かな, 静に, 韓国に, 響いた, 響きくること, 頬も, 額から, 顫へて, 風も, 飛行島に, 飲めなくなった, 駄夫の, 駐在し, 高い麦, 高かった, 高野山へ, 黒, 黒ずんで

▼ 帯びながら~ (23, 1.2%)

2 瀕死の, 瑠璃子の

1 [19件] あるいはゆがめられた, その子供, どこか, なほこの, なほ火の, フランスに, 低い調子, 半ばまだ, 実によく保存, 川へ, 常に一貫, 悠長に, 武者修行の, 注がれて, 滔々と, 而も, 逃げるが, 遠く西, 静かに

▼ 帯びては~ (18, 0.9%)

2 いない, いるが, 居るが

1 [12件] いたが, いないが, いなかった, いません, いるけれど, いるとしても, しなかった, ゐない, ゐなかつた, ゐる, 居なかった, 来るが

▼ 帯びその~ (13, 0.7%)

1 [13件] 交渉に, 代りに, 口からは, 右に, 寄書欄から, 密, 態度には, 渦紋の, 激烈さも, 眼が, 紙面には, 色彩は, 蒼黒い

▼ 帯びたり~ (4, 0.2%)

2 して 1 し事, 懐紙を

▼ 帯びそして~ (3, 0.2%)

1 他に対して, 後退的な, 顔立ち全体に

▼ 帯びても~ (3, 0.2%)

1 いいわけ, いる, ゐれば

▼ 帯びながらも~ (3, 0.2%)

1 ある意味, 浮動し, 生命は

▼ 帯び地上~ (3, 0.2%)

2 に散り布いた 1 における唯一

▼ 帯びいかにも~ (2, 0.1%)

2 夏の

▼ 帯びこれ~ (2, 0.1%)

1 もその, を独国

▼ 帯びそこ~ (2, 0.1%)

1 に哲学, に父親

▼ 帯びつつ~ (2, 0.1%)

1 クルリクルリと, 亡びて

▼ 帯びての~ (2, 0.1%)

1 帰り途, 道中だ

▼ 帯びまた~ (2, 0.1%)

1 国際戦争の, 最も変化

▼ 帯び呼吸~ (2, 0.1%)

2 はとき

▼ 帯び~ (2, 0.1%)

1 は乾い, は耳

▼ 帯び従って~ (2, 0.1%)

1 就中事物の, 髪の

▼ 帯び時雨~ (2, 0.1%)

1 をふくん, をふくんだ

▼ 帯び最後~ (2, 0.1%)

1 にさっき自分, の一句

▼ 帯び狂人~ (2, 0.1%)

2 か何

▼ 帯び~ (2, 0.1%)

2 には馬

▼ 帯び芸術本来~ (2, 0.1%)

2 の全

▼ 帯び薄い~ (2, 0.1%)

2 唇は

▼ 帯び賞味~ (2, 0.1%)

2 せらるべき性情

▼ 帯び~ (2, 0.1%)

1 に苦悶, の腫脹

▼ 帯び~ (2, 0.1%)

1 が波うつ, は黒

▼1* [179件]

帯びあたり前の要求, 帯びある所では, 帯び久良の, 帯びかつその道理, 帯びかなしい眼を, 帯びかなり固くて, 帯びがちだった, 帯びぐったりと疲れ, 帯びこうして江戸に, 帯びこの諸元素相, 帯びしかも同時に凛然, 帯びそしてただ芸術的技法のみが, 帯びそのうえ雲霧を, 帯びただ眉毛だけが, 帯びつつましさが, 帯びつつもすがすがしい菫青色, 帯びつるつるした皮膚, 帯びてさ文学士を, 帯びてぞ予が, 帯びてという説も, 帯びときどき細雨来たる, 帯びどこかとび出した, 帯びなぜ彼が, 帯びなんとなく屍を, 帯びはつらつたること, 帯びふてぶてしい頬に, 帯びまたは概念を, 帯びまゆに顔, 帯びみんなが今, 帯びむしろ修験者と, 帯びやがて高山より, 帯びややして, 帯びパリー風の華美, 帯びフランスに赴いた, 帯び一目見るさ, 帯び一種の弾力, 帯び一種発剌たるあし, 帯び一藩の大事, 帯び上機嫌だ, 帯びへ下, 帯び下枝を殺さん, 帯び不思議な美し, 帯び乍ら頭の上, 帯び乞食か侍, 帯び二人なり三人, 帯び伊豆の七島, 帯び何となく社会嘲笑の, 帯びには装っ, 帯び全身の肉附, 帯びれに, 帯び其性もや, 帯び凡そ千年間というもの人々, 帯びを杖, 帯び切れ緒の草鞋, 帯び切口は無花果, 帯び前記の諸氏, 帯び艦長に, 帯び劇芸術は国民錬成, 帯びを見はらし, 帯び南風冷を送る, 帯び厚ぼったい唇が, 帯びそれを, 帯び又は浅緑の, 帯び口元から頬, 帯び喜劇をやれ, 帯び埴輪人形全体が生き, 帯び夕日はマニラ海, 帯び夢幻の憂愁, 帯び大刀は舟, 帯び大形で彫刻, 帯び大陸軍と老練近衛軍, 帯び天下総がかりの規模, 帯び天九郎勝長の槍, 帯び天井などは貫木, 帯びの同僚, 帯びの声, 帯び妙念は怪しき, 帯びの蒼白い, 帯び実に殺風景を, 帯び将来大いに発展, 帯び桜を, 帯び小姓は長刀, 帯び山山の姿, 帯びの広い, 帯びをあげる, 帯び彼方の空, 帯び後世水戸派の予言者藤田東湖, 帯び思想的には革命主義, 帯び恰も夜中の, 帯び悲哀惨憺たる記事, 帯び意欲的能力の共存, 帯びを操った, 帯びを握った, 帯び指導的な役目, 帯びれる事, 帯びかに反, 帯び明るい感じが, 帯び明秀の容, 帯び昔日の如く, 帯びから秋, 帯び朝夕霧にぬれ, 帯びたったこと, 帯び東洋人に似たる, 帯び林間の瓦壁, 帯びへ時々, 帯びしく綻びかかった花, 帯びは上手, 帯び極めて張りの, 帯び様々の色, 帯び機勢を生じ, 帯び欄干から下, 帯び武士階級に対して己, 帯び多く頬骨, 帯び水紅の羅, 帯び水面には対岸, 帯び氷雪飢餒の間, 帯び決して他の, 帯び消耗品の如く, 帯び湯けむりのよう, 帯び焔煙の四方, 帯び燐硫黄酸化チタニウムの含有量, 帯びと同じ, 帯び物蔭は暗かっ, 帯び狂犬のよう, 帯び現代そのもののよう, 帯びしく芸者屋, 帯び生々した様子, 帯び男子がすべて丁髷, 帯び病人は急, 帯び白き絹に, 帯びは厚かっ, 帯びも細く, 帯びの性欲, 帯び穏波碧を送る, 帯びに高く, 帯び空気が水, 帯び窃かに北京, 帯びの掛け布, 帯び立番をし, 帯び端然と膝, 帯び紅ばんで来た, 帯びの組掛緒, 帯び紫褐点のある, 帯び結婚は無条件, 帯び羈客の身, 帯び芸人の, 帯び肉淡紅の白イチジク, 帯びのあたり, 帯び胸元も高く, 帯び組む粒揃い, 帯び自らの血, 帯び船中に来, 帯びのくさりかかった, 帯び草鞋をはい, 帯び蟀谷の皮膚, 帯び血染のごとし, 帯び血腥い事件の, 帯びになった, 帯び記憶し得ないほどの, 帯び諷刺ものの場合, 帯び豪奢度なく而, 帯び賛美歌の震え, 帯び赤褐色の大豆大, 帯びには堅固, 帯び車駕の数, 帯び鉄砲を担っ, 帯び錦袍に包まれた, 帯び雄大な気宇, 帯び震盪を待つ, 帯び青みを帯び, 帯び革足袋を穿いた, 帯びがふっくら, 帯び頬みたいに赤み, 帯びには樫, 帯びに彩色, 帯び風呂敷片手に立出, 帯びにまたがっ, 帯び魚体は脂ぎっ, 帯び麪包を啣