青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「志~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

必死~ ~必然 必然~ ~必要 必要~ 忍~ 忍び~ ~忍ん 忍ん~ ~志
志~
~忘れ 忘れ~ ~忘れた 忘れた~ ~忘れる 忘れる~ 忙しい~ ~応じ 応じ~ 応用~

「志~」 3562, 38ppm, 3020位

▼ 志~ (915, 25.7%)

26 立てて 18 抱いて 11 継いで 10 無に 9 得て, 持って 6 見ると 5 もって, 受けて, 同じくする, 発して, 知らんや 4 得ないで, 抱く公卿たち, 捨てて, 立てた, 諒と

3 [14件] たてて, ついで, 共にする, 同じゅうする者, 展べ, 無駄に, 知って, 継ぐこと, 翻して, 諒として, 述ぶる, 遂げしむる, 遂げて, 遂げること

2 [42件] いだいて, きいて, もつて, 作る時, 出版する, 千載に, 同じう, 堅める, 変えて, 失ふ, 奉じて, 奮へば, 得ずに, 得たならば, 得た後, 得るに, 憐んで, 懐いて, 成さしめて, 成さしめむことを, 抱く, 挫い, 書いた人, 渝へ, 異にすれ, 發し, 立つるに, 立て, 立てさせるの, 立てたところ, 立ててから, 繼いで, 見抜いて, 詠おうと, 起さぬよう, 遂げしむる勢力, 遂げたの, 遂げるよう, 遂げんと, 遂げ人心, 遠大に, 高遠に

1 [655件 抜粋] あきらめて, あげたらしくぼくら, あはれみ, あわれみ挺身従軍, あわれむ男, いいあらわすもの, いかにも親切, いだき老いて, いだくという, いよいよ固めた, うけようと, うると, おいた, おうけ, お助け, お捨てなされない, お退け, かえず最後, きいた, きっとやりきっ, ことの, さかんなり, さしあげよう, さだめた上, そのまま久光, たてたの, たてた以上, たてまだ, たて給ひ, ついだの, ついであの, ついでやっぱり, ついで土人教化, ついほおえませた, つぎたかつた, つぎ道場, つくしたの, つぐものとおよろこびなされるであらう, つよめて, とげざる気分, とげたあかつき, とげるよう, とげる好, ともにし, なんです, のこした烈公, のぶべし, のべる玄徳, のべ一同, のべ盛ん, ひるがえして, ふるい郷国, ほのかながら, ほめ又, まれな, むけるもの, めでて, もつもの, もらうの, り, 一に, 一国の, 世に, 云ふ, 些少なり, 人倫の, 今果そう, 代へ, 代表し, 以って, 伸ばす能, 伸ばせない豪族, 伸べん, 何程でも, 作って, 作つた, 作らぬか, 作るには, 作るべしといふ, 作る意味, 保存する, 信じ京都市外上加茂, 信長に, 傷つけて, 入れるには, 入れ終世, 全うせず, 其儘寫した, 出して, 出費の, 励ましたいくらいに, 励め, 勵まして, 包んだ遺骸, 参照した, 反比例に, 取り受けて, 取るの, 受けましょう, 受継いで, 叡山に, 叩きに, 可哀そうに, 合せて, 合せ申す儀, 合わするにおいては, 合わせ決死, 同うする, 同じうし, 同じゅうする良友, 向けかけた頃, 向けて, 告げ大書, 呼びさまされたもの, 呼び醒した, 問うた時, 喜んで, 喪ひ, 嘉み, 図南の, 固うす, 地下に, 基礎として, 堅うし, 壮なりし, 壮なりとして, 変えさせること, 変えるでないと, 変じ商估, 変ぜしめる見込み, 変へん, 大いに買っ, 大きいところ, 天下に, 失っては, 契って, 奪うこと, 奪うべきや, 女郎に, 妨ぐるもの, 妨げたため, 妨げる口実, 妨げ候こと一期, 委して, 嬉しくは, 子として, 存する由相, 守り命, 定むる事, 定めた, 定めて, 実現する, 実行せん, 実行不可能な, 容れ我が, 寄せたもの, 寄せ今, 尋ねて, 尚ぶ, 尽されたの, 屈するが, 屈すること, 屈せずしてこそ, 屈せず逆境, 屈撓すべから, 引きて, 引て, 弱くし, 弱めた時, 当世に, 彼らの, 得ざるのみ, 得ずして, 得ず司法, 得せしめて, 得たと, 得たら, 得たら東京, 得たりと, 得たるもの, 得た曉, 得ない人間, 得ない轗軻不遇, 得なかった人, 得なかつた, 得ぬ鬱勃, 得られて, 得られなかったの, 得るとは, 得んから, 得んが, 得んと, 御家族, 御聞届け遊ばされ, 忘れたる日本画家, 忘れては, 忘れること, 怜れ, 思いその, 恵んだらしい, 悛めない, 悲しむであろう, 感じて, 感じ布施五十日, 感じ風神ナラダ, 憐む喜多村瑞見の, 憐れみ願い, 憐ミ且積年の, 憫れんで, 懐きひそか, 懷い, 懷き, 成さしむる, 成さんと, 成し其の, 成すであろうか, 成就させ, 成就致しくれられ, 打明けて, 払退けられた, 承けついだスタンレー, 抛たんと, 抛ち即時下向, 抛棄しよう, 抱いたから, 抱いたまま明治政府, 抱きながら, 抱きましてからは, 抱き国事, 抱き政府, 抱き空しく, 抱くなどは, 抱くもの, 抱く人, 抱く藩, 抱く青年, 抱ける者, 抽で, 持した, 持った人, 持った者, 持つに, 持つもの, 持つヨーロッパ人, 挫き, 挫く, 振ひ居申候, 捨てた位, 捨てないで, 捨てようとは, 採りたるに, 描き出したこと, 撰す, 擧げたり, 擲たない真率, 支払うが, 改めざるは, 改めて藝道熱心, 改め聖堂, 政界に, 文学に, 断つであろう, 断つも, 昔に, 曠うせざりき, 曲げず, 曲げず身, 書いた多く, 書いた明, 書いた時, 書かれたの, 書かれた栗田博士, 書きこれ, 書くこと, 書くに, 書く前, 有し慷慨, 有する人々, 朝廷に, 果さ, 果さず今, 果さず僅, 果さず翌, 果さなければ, 果さぬうち, 果された, 果したい, 果して, 果すに, 果たすこと, 果たす能わずあえて, 果たそうと, 止められも, 求めて, 汲み取り互に, 汲み取ること, 決しつつ, 沮むべき安, 治乱に, 法によ, 注いで, 注せる, 深うせしめ, 清み, 満足せし, 激励し, 濁りて, 無視し, 無視する, 生かして, 生じスペイン王, 生涯の, 申上ぐるに, 異にし, 當代に, 皇室に, 盡し, 相励み申すべく, 知らしめたらば, 知りては, 知り名手, 知るもの, 磨いて, 磨き疎, 示すもの, 移さざるを, 移さなかった, 移すと, 立つ, 立つと, 立つべし, 立つるには, 立てさる, 立てたいっぷう, 立てたという, 立てたとき, 立てたの, 立てたまた, 立てた事, 立てた人間, 立てた仕事, 立ててからは, 立てては, 立てながら, 立てまして, 立てようと, 立てること, 立てるほう, 立てる人々, 立てる所存, 立てる気, 立てんもの, 立て京都, 立て他日, 立て佐倉佐藤泰然, 立て始, 立て尠, 立て教えれば, 立て歌, 立て理想, 立て節, 立て自分, 立る有り, 継いだこと, 継いだ矢野五郎兵衛, 継がねば, 継がば, 継ぎたさ, 継ぎましたしるし, 継ぎ兄様, 継ぎ御, 継ぎ蔭, 継ぐ, 継ぐの, 継ぐ者, 継此業を, 編纂する, 緯と, 繼ぐために三千兩の, 罰し災, 翻すこと, 考えると, 聞いた人々, 致そうと, 興さしめたり, 著すべき人, 蝕まれて, 行い死, 行う, 行なう前, 行はんと, 行ふ, 行わんと, 表して, 見せた方, 見せようと, 見せる薫, 見せ一方, 見て, 観る, 言う, 言うに, 言うのみ, 言はんか, 言ふ, 試したうえ, 話さんと, 話したらあゝ, 話して, 語りあって, 語り合ったの, 語ること, 説いて, 読み又, 誰かは, 論ずるにつき, 讀ませたと, 讀むのに, 變へ, 負へる, 貫いた, 貫かんと, 貫かんとの, 貫き前, 貫く能わずして, 質問した, 贈って, 起こしたという, 起こして, 起こし種々, 起こすに, 起さしめた, 起さぬやう, 起したの, 起した時, 起し新, 起し武備兵糧, 起すに, 述べたるもの, 述べて, 述べ人, 送りましたらその, 通しなさいね, 通し候, 進めて, 遂ぐることを, 遂ぐるという, 遂ぐるはと, 遂ぐる境に, 遂ぐる楷梯もがなと, 遂ぐる能はず, 遂げさせては, 遂げさせるが, 遂げしむ, 遂げずして, 遂げずに, 遂げた事, 遂げなかった政恒, 遂げぬと, 遂げようと, 遂げよとの, 遂げよ旧来, 遂げられたが, 遂げると, 遂げる機会, 遂げんこと, 遂げんため, 遂げ功, 遂げ得ぬ, 遂げ得ぬこと, 達した, 達したの, 達した上, 達すべし暫く, 達すること, 達するもの, 達せず, 達せずし, 達せば, 遠きに, 酌み給わずば, 重んじ決して, 鉢の, 閣内の, 阻止し, 阻止しよう, 陳べること, 集めて, 集めるならば, 顕は, 顕わす, 顯し申し上げよう, 飜さずして, 食べて, 養は, 養わなければ, 鼓せる, 鼓吹した, 齎して, 齎す人

▼ 志~ (391, 11.0%)

4 有難いが 3 あっても, よう判る, よく判っ, 忝ないが, 有難い

2 [19件] あつた, ありがたいが, こ, この少女, そのま, それを, 七略を, 備わって, 十分に, 千里に, 声を, 彼女の, 感謝します, 決して忘れません, 燕雀の, 班固, 確かに, 苦笑した, 難有い

1 [334件] あいにく出掛けよう, あらかじめ座敷, ありが, ありがたいと, あるが, あるけれども, あるつもり, いかに移るべきや, いつか深い, いつた, いまだ一日, いまだ伸びない, うけた, うれしい, うれしく存じますでしょう, うれしく思われ, おそらくこういう, おろか六磅にも, お上に, お気の毒, かたじけなけれど, ぐつとつまつた, ぐつとウィスキイを, ぐつと胸を, こういう小萩, こういう時, ことさら妹, ことによれ, この囈言, この国, この海, この百瀬しのぶ, この真喜, この詩, この話, この闘志満々, これを, さ, さつきから, した, しばらく南方, しばらく眼, しらばくれて, すかさず捉えた, すぐには, すこし子供, すこし照れ, そういうこと, そう考える, そう言う, そう言つて, そこでござる, その大半, その手紙, その本棚, その身, それで, それでだいたい, それでもハッ, それでも機会, それらの, そんなこと, そんなもの, そんな所, た, たかがそれ程の, たずねれば, たつた今, ちようど夕食にか, ちよつと, つい遠慮, どんなもの, なかった, なにより, なるべく不, なるべく話題, なるほど多津, はじめ軽く, はるか支那の, ひたすら中, ひとりでに苦笑, ひとり後に, ひやかし半分, ほんとに唖然, まあ志, まことに高い, ますます堅かっ, ますます藤壺, また事, まだその, まだなにかすべき, まだ一つ, まだ床, まだ必ずしも地, まだ鏡台, もうぐず, もうこの, もうその, もうそんな, もう人ッ気, もう別, もう薄暗く, もう酒, もっと高尚, やがて家族, よいが, よう判っ, よくお父さん, よくわかります, よく分った, よく考へ, わかって, わし達の, わたくしの, わるくする, われながら, われ知らず声を, ターヘルアナトミアを, 一つ一つの, 一同の, 一方で, 一時間後に, 一藩中の, 七略に, 万古に, 万感交, 両人を, 主に, 久しぶりで, 二階の, 五代の, 交通不便の, 人並以上に, 今すぐ, 今の, 今日でも, 何ともお礼, 何度も, 余計な, 元來, 元弘建武の, 元来オランダ流, 全世界, 全然葬られ, 全體, 八方へ, 兼済に, 出來, 出勤までの, 判るまい, 別にそれ, 別段だ, 前に, 劉向劉, 劣ると, 勿論漢書以上, 北宋の, 十分という, 千万忝のうは, 又特別, 双葉の, 受けたいの, 受ける, 史部を, 各別途, 同時に兄, 唯卓, 善し然, 報いられるの, 変えぬ, 変らないぞ, 変りはてた祖国, 外出の, 多く香味, 大きくなく, 大きく伸び, 大乘, 大体地図で, 大體書名, 天下に, 天下にも, 天下の, 天下万民に, 天下万民の, 天寶以後の, 天晴な, 奪うべからずいわんや, 好くわかっ, 妙な, 妹美佐が, 嬉しいが, 学問よりも, 學校を, 完全に, 実に難, 実はこの, 実際そうとでも, 實は, 小でない, 小萩の, 小萩を, 山蹈みの麓で, 帰るみちみち, 床には, 弟の, 弟深志の, 往々乾隆殿板, 待合という, 後漢以後, 心あ, 必ず思, 必ず酬いられね, 忘れないなんて, 忝いがしばらく, 思わず声, 思わず拳, 性格に, 感謝けれど, 憐むべきで, 持って, 支那全, 教育に, 断じて廃棄, 早くあった, 早くからあった, 早速実地検分, 明史に, 明治二十一年十一月に, 昔から, 春秋に, 晉代に, 更めて, 最も完全, 有っても, 有難いがね, 有難いけれど, 有難いし, 有難くお, 木の葉に, 本当に好い, 机の, 材料を, 松の, 松本発の, 果して劉向, 枯野の, 根気強い, 極めて大き, 機敏にも, 欠くも, 止む時, 正太を, 正成公と, 此に, 歯ぎしりを, 死んでも, 死灰に, 殊勝で, 母の, 母を, 永久に, 決して反故, 決して忘れん, 注釋, 涙の, 深く感謝, 満足に, 漢までの, 漢志の, 火と, 無に, 燃えて, 燃えるが, 玄宗時代の, 玄宗皇帝の, 玉の, 王政の, 現代の, 現在の, 甘かった, 男子より, 百瀬秀人の, 皮肉とも, 相手に, 真剣でも, 真顔で, 眼を, 空に, 突嗟に, 終に伸ばされず, 結構だ, 結構である, 義の, 肖ざるもの, 腕組みを, 自分が, 自分でも, 自分の, 自分宛の, 蘭学の, 行きつまり, 行ふも, 見ちがえるほど, 親切だった, 親孝行の, 言つた, 計らずも, 詳博で, 誠に感心, 貫きますから, 起ちあ, 足音を, 軽輩が, 返す言葉, 通すもん, 遂げられなかったよう, 運命の, 達せられないわけ, 遠大だ, 遠大だった, 部屋には, 鋭く呼びかけた, 長久保宇治を, 院へ, 隠に, 難有, 頂戴する, 飯を, 體裁は, 魏略に, 魯連を, 黄巾賊の, 黄虞稷の, 黙つて

▼ 志~ (317, 8.9%)

9 中に 5 ほどは, 深い人たち 4 あるもの, ある人 3 ある所, 人が, 分け方, 國の, 外に

2 [15件] ある方, ある者, 倭人伝に, 前に, 在る所, 存するところ, 存する所, 方を, 物を, 研究を, 者が, 者の, 行はれ, 記する, 記事は

1 [245件] あった安彦氏, あった豪傑, あつた, ありなし, ある, あると, あるところ, あるほどの, あるよう, ある僧たち, ある輩, うえにおいて, うちにも, お方である, お竹, お経, お金を, この句, ごとき者さ, ごとく, ために, つきたの, とどまるところ, ないもの, ほうに, ほかありとあらゆる, まことの, もとに, ものが, ものども, やりとりを, ゆるみを, よいところ, クニツミタマに, ポオ助教授と, 一分だけは, 一變, 一類を, 上に, 上乗なる, 二字が, 云ふ, 云ふところに, 人々にとっては, 人きりやらん, 人でなかつた, 仏の, 代りに, 以後を, 作り方に, 作者が, 候えば, 優しいの, 六略より, 六藝略に, 出來榮は, 出版家でも, 出獄後の, 分類によ, 分類の, 分類は, 判る世の中, 割で, 創作な, 勇怯もとより, 區分法は, 卑き, 卑きがためなり, 卷數は, 厚きを, 厚薄は, 句は, 名前で, 周旋する, 噂を, 四部に, 四部の, 団体または, 図の, 土左舟は, 基礎と, 堅固さよ, 堅固なる, 壮偉, 外として, 大缺點, 大著に, 大蛇を, 女王は, 好い娘, 如き, 如きもの, 如き綿密, 如くその, 妙と, 嬉しければ, 嬉しさ, 學問である, 學問には, 寂しさ, 小さい私, 小さな, 小濱, 小身の, 屈すべきや, 巧妙な, 平等には, 平等は, 幾分なりと, 序と, 序に, 序跋を, 形を, 從つたと, 御回向, 御弟子, 徹る日, 心は, 志賀氏は, 悲壮な, 意見なども, 成し遂げられないこと, 成らず其の, 所謂, 承継者である, 挂漏を, 數に, 數術である, 文章を, 方が, 方で, 方は, 方法を, 時に, 時代の, 時著録すべき, 書が, 最も強き, 最初の, 月給で, 有り難さ, 有形無心の, 有無は, 未だ移らざる, 末にも, 末通りける, 東夷傳の, 概して真面目, 模倣で, 正しい人, 此を, 殊勝な, 比等には, 注と, 深いもの, 深い出世間者, 深い弔い, 深い者, 深い院, 深きを, 深さ, 為自分の, 烈しいもの, 無に, 牡丹餅を, 物真似テケレッツの, 獄死についての, 発起に, 百分の一も, 着任以来工場は, 研究が, 研究は, 神農二十篇の, 程を, 程世にも, 程士官の, 第一, 篤かった, 粗略, 粽だ, 編纂阿部神社の, 纂述を, 缺點を, 美しさ, 義人や, 老子の, 者ばかり, 舟か, 舟は, 茶づけ, 草鞋を, 薄き故, 藝文略を, 藝文略・校讐略, 血のみ, 行程設馬に, 行詰り, 裴松之の, 要素を, 計らい, 計らいで, 記事まで, 記事を, 評出る, 評判は, 評論であります, 詩である, 詩は, 詩を, 詩賦略に, 説に, 論から, 警官隊が, 負けさ, 趣意は, 趣旨の, 身に, 身辺は, 輩だった, 輩は, 退歩, 通りに, 逞しい人格, 遂げざる事, 違うの, 邪魔に, 郎女, 郎女次に, 酬いられぬ間, 重立ちたる人々, 金が, 金を, 釜掘り, 開会の, 間に, 阿蘇一族を, 頃より, 顏師古, 顔を, 類が, 類には, 類は, 高くし, 高尚なりしも, 鳥目を

▼ 志~ (187, 5.2%)

4 免じて, 見えて 3 あらざりき, よれば, 燃えて, 載つて 2 ある, よりて, 何の, 合ふ, 応じて, 感ぜずには, 據る, 當る

1 [151件] あらず, あらず益, ある下り松, ある源流, ある藝文略・校讐略, いふ万年松, うごかされ大事, お医者さま, くらべれば, こつそり自分, この並木, たちならび給, つ, つき論じ鄭樵, どうして背かれよう, ない, ないこと, ないの, なります, なるぞ, なると, なる時, むすばれて, もう背かね, よりけりで, よる, 之を, 乏しからざる, 乾符六年越州山陰家に, 云つてゐる, 云ふ, 五十五篇と, 代つて, 任せて, 依つて, 依る外, 値切り倒したが, 免じ見のがして, 出づるもので, 分つ, 列挙され, 到って, 反して, 取り所の, 合し, 同じかりしならん, 同じ宋, 名のみ, 向い, 向って, 唐の, 地理家と, 基けば, 堪へかねて, 増入, 墨家の, 変りは, 変わりなく, 大きな意義, 大同し, 大體記, 委嘱し, 室の, 對し, 尭囲棊を, 就いて, 就て, 張陵の, 從へば, 御感心, 徴する, 悖るが, 愛でて, 感じこれ, 感じついに, 感じて, 感じ入りは, 感心し, 感服した, 感激し, 感激した, 懐仙楼蔵と, 所好あり, 所謂狗奴国に, 據りけん, 據りたる, 據れ, 敬服した, 新たに, 於て, 明かに, 書いて, 本草を, 梁に, 梁以來の, 次ぐもの, 次ぐ第, 武蔵の, 殘つてゐる, 濁りや, 燃えた者, 燃えてる私達, 狗奴国と, 狗奴國の, 班固, 眞似た, 着く, 移つて行つた樣子が, 笑いかけながら, 第二, 粤地の, 考へ其の, 聞きて, 背くこと, 至つて始め, 至つて最も, 至つて目録の, 至つて目録は, 至つて目録學は, 至ると, 著録されない, 著録した, 表現あれ, 襄邑より, 見えない唐代, 見える實例, 見える尚書, 親殺しの, 言を, 話を, 謂は, 赴くの, 載せず著者, 載せた各, 載せて, 載せられて, 載って, 載つた, 轆轤首の, 述べられて, 違うなどと, 違ひ, 適應しなけれ, 遺る二劉, 酬いたらいい, 酬いよと, 酬うべき, 酷似し, 題目だけは, 食ましめず, 高下深浅は

▼ 志~ (147, 4.1%)

5 あつた, あれば 3 あるならば, あるの 2 あって, ある, 信頼し

1 [125件] あったから, あったからに, あったと, あったよう, あったら訪ねて, あった美女, あっても, あつたらしい, あつて, あらば, ありとしても, あり國史經籍志, あり才, あること, あるため, あると, あるとは, あるならその, あるなら命, ある場合, あればこそ, いつも燃え, うかがわれるの, おごって, おぢ, かなえられたわけ, くじけること, ございましたならまた, ございましたら妹, ございまして, ござらば, それである, そんなに狭い, そんなエピソード, とげられず精力, とつぜんその, どうもけしつぶ, ないでも, ないなら, ないの, なくば, なければ, なによりも, はっきりし, まず座蒲団, まだ食卓, もしすこしで, サラリーマンの, 一に, 一番古い, 一致する, 一般史の, 上上天と, 不彌, 世俗の, 久しぶりに, 之に, 今や意外, 今何を, 今日の, 仕事を, 低いと, 何よりだ, 余って, 出來, 出來榮, 出版に, 厚かった, 厚かつ, 取れる魏略, 古くから, 古來, 可成り, 在家の, 堅固じゃから, 堅固ぢや, 堅固でなく, 好いでしょう, 如何にも感心, 嬉しくて, 実現される, 家へ, 小規模に, 小説に, 帰らんと, 強固であった, 必要である, 挫けは, 授けて, 方に, 早速条件, 最も古い, 最も深く, 有るから, 有る訳, 有ればこそ, 本亦, 東京に, 案外よい, 決して区々日本, 深くまた, 湧き起こったの, 満たされない時, 無に, 現われる, 私に, 篤い, 篤く愚直, 粉砕された, 通らずわし, 通らないでは, 通れば, 連署し, 遂げられず御馳走, 遂げられたやう, 遂げられないと, 達しられるもの, 達せられぬわけ, 達度との, 那辺に, 酬いられた気, 長久保小萩という, 開元までの, 面白い貸し, 高くて

▼ 志~ (98, 2.8%)

6 ちがって 2 あれば, なって, なつて, 云つた, 其手段の, 力の, 違って

1 [78件] あらば, いい自分, いって, いつたやう, した, その実際, その覇業, たがいさしも, たがい遂に, ちがい一冊, ちがう点, ちがった思い, ちがった父, なし言, なる, バイオリンの, 一体に, 並んで, 云うこと, 云うて, 云ふ, 云ふこ, 云ふも, 全然反対, 功と, 卷數まで, 同じこと, 同じである, 同じもの, 同じ方法, 同じ體裁, 同時代, 同樣, 同程度, 唐人の, 坑とが, 変りなき, 変わって, 大差は, 妹の, 尽力の, 差い, 思いましたから, 思って, 意気ある, 文獻通考とに, 新唐書藝文志, 時政の, 書いたのに, 比較し, 気魄との, 為す, 申します, 申しますもの, 結ばれて, 結合すれ, 舊唐志との, 舊唐書の, 舊唐書經籍志との, 良沢の, 藤間の, 見て, 言う, 違いて, 違い候, 違い徐々に, 違い怨嗟, 違うこと, 違うため, 違うという, 違うにつれて, 違うよう, 違ったと, 違った趣き, 違つてし, 違つて却つて自己の, 違ふ, 齟齬し

▼ 志~ (76, 2.1%)

14 生の 10 生は 63 生に 2 生君の, 生君は, 馬の

1 [37件] がやって来た, の持っ, の顔, は準備, 太君が, 太君だけ, 太君と, 太君の, 生が, 生だろう, 生とが, 生とを, 生に関する, 生のも, 生も巧い, 生や, 生らの, 生三語楼小勝が, 生今, 生以外に, 生可, 生君が, 生君と, 生君駆け付け, 生文楽の, 生文楽を, 生文楽両君と, 生柳枝つばめ馬生小勝今, 生芸術, 馬から, 馬が, 馬この, 馬と, 馬に, 馬も, 馬以上に, 馬咽喉を

▼ 志~ (70, 2.0%)

9 の祖先 4 と云 3 の西村氏 2 と號, の屋號, の菓子店, の親戚, の遺物, の遺物中

1 [42件] が少く, が文政, が既に, が金澤氏, でなかつたが, と倶, と同じく, と金澤氏, のなりゆき, の一族長島氏, の七代, の丸燒, の先祖, の出入, の十一代目, の名前人, の墓地, の家説, の後, の後繼者, の扶持, の末裔, の歴史, の火災, の相, の祖先數代, の紋, の自立, の菓子商たる, の遺業, の遺物寫本西山, の鑑札, の阿弥号, は數世續, は數代菓子商, は既に, は水戸家, は自ら支, は衰, へ嫁, へ持っ, を繼承

▼ 志~ (65, 1.8%)

1 [65件] あつた, あり七録, おわそうが, お前の, お変えあらず, ここに, この九郎, この相手, この點, これを, こんなおり, ございます故, じつと, すべて空しい, せめてこの, その役, その意, たいへん結構, つらぬく時節, とげようという, どうやら自分, ないくせ, ないで, ないよう, ない三才図会, なくなるもの, なし, にやりとした, また大きい, また愛国, われながら, 上の, 不遂, 之を, 共に達する, 分別も, 判るし, 回でない, 土佐国中で, 多く隋志, 大體現存, 尤, 崇文總目も, 庭木に, 後には, 得ず孔明, 志に, 感心な, 挫け気, 攻撃される, 斷代史的に, 果たしいったん, 正しいし, 殆ど同じ, 水の泡さ形なし, 無と, 皆空事, 空に, 薄らごう, 見せられないの, 見て, 谷崎君にばかり, 達せずに, 達せず晴れて, 関東経営の

▼ 志~ (57, 1.6%)

2 からお, が訪ね, と二人, に死んだ, の紙入, の顔

1 [45件] があれぎり, がいいかげん, が尋ね, が手引, が新, が来まし, が来れ, だけに名医, という男, といっしょ, と一緒, と二人ぎり, と申す, などおもう, にいま, にそんな, に斬り付けますれ, に旧悪, のいう, のこうした, の云った, の傍, の前, の懇意, の来る, の登場, の知っ, はお, はやがて, は一向に, は久々, は伴蔵, は其の, は戸棚, は見つけ, ばかり此, もあと, もまた, も中, も伴藏, も医者, を, をし, を連れ, 喋るだけ

▼ 志ある~ (52, 1.5%)

5 ものは, 者の, 者は 2 方々が, 者に

1 [33件] お銀様, ことなし, とない, に似, に因, の輩, ものあに, ものが, ものを, もの既に, も愛國, を以, を看取せり, 人々でさえ, 人々によって, 人々の, 人々を, 人々ハ助けられ, 人としての, 人と共に, 人なり, 人は, 人を, 壮者を, 方に, 日本青年のみ, 武士の, 研究者を, 者が, 者として, 者を, 身と, 青年武士である

▼ 志道軒~ (41, 1.2%)

1 [41件] から一万円, が他日再会, が隠さね, こそは勘当, と常友, と幸平, と自ら白状, なら一天俄, にはこんな, には全て, には目, に向っ, に渡した, のハラワタ, の云いつけ, の出店, の孫弟子なにがし, の小屋前, の持参, の昔, の木陰, の講釈, はこう, はこの, はその, はひ, は三名, は二十, は何, は命, は己, は幸平, は待望, は油, は父, は隆々, も常友, も正司, も頓挫, や常友, をし

▼ 志呂足~ (33, 0.9%)

3 の信者 2 の一味, の企み, は山の神

1 [24件] が上座, が思い, のうつ, のツラ, のヘナヘナ, の云う, の化けの皮, の奴め, の娘, の情婦, の愛人, の敵手, の方, の施術, の次女宇礼, の正体, の長女比良, はほか, はタナグ山神, は東太母子, は食わせ, を信仰, を生き神様, を訪ねた

▼ 志には~ (32, 0.9%)

1 [32件] あるから, いつも逆境, かくて, せつなく不憫, 一致し, 二十略といふ, 何と申すべき, 全く著録, 劉向が, 十二月朔日の, 各部目の, 各部門, 天文類に, 家族の, 感謝する, 手に, 據らざりけん, 文化十年の, 文史類を, 明かに, 棚おろしと, 深く感じ, 漏れて, 疑は, 節略し, 詩式が, 譜牒類が, 譜系が, 賛成致候え, 賛成致候へども, 載せられて, 道家と

▼ 志~ (29, 0.8%)

3 ござります

1 [26件] あつた, あらうが, あらうと, お雛様の, こうして不時, ここへ, これは, ござりました, せう, もさうであります, わざわざ持っ, パンスケを, 下すった, 不明な, 十分である, 外に, 女の, 寄進され, 愛して, 慣例以上の, 日本政府の, 最も大切, 班固, 石へ, 社の, 見回って

▼ 志では~ (20, 0.6%)

3 なかった 2 ない

1 [15件] かく子目, これが, ないとして, ないの, 之を, 五行に, 古來傳來, 史記は, 含ませて, 皆部類と, 經解, 經部に, 色々分類, 起居注類の, 雜文は

▼ 志~ (19, 0.5%)

11 夫廼舎歌集 2 夫廼舎歌集抄 1 夫廼舍歌集には, 夫廼舎, 夫廼舎で, 夫廼舎歌集の, 夫廼舎集, 王薨田原天皇之

▼ 志緒乃~ (19, 0.5%)

2 のかたはら, の人柄

1 [15件] が文学少女, といふお, といふちやう, に脚絆手甲, に言葉, の冷めたい, の家, の美貌, の背中, の顔, はそこ, はたしかに, はゐなかつた, は文学少女, を文学

▼ 志~ (18, 0.5%)

7 の臣 2 の家 1 かならず, がある, が門, の臣歌, はひとり, はむっと, は今ごろ, は重ね, を難なく

▼ 志~ (17, 0.5%)

3 から 2

1 [12件] からな, からね与八さん, から水菓子, から頂きます, しっかりやり給え, そうだ, ということ, といっ, とか新, と云っ, と取られない, と答える

▼ 志~ (16, 0.4%)

3 の中

1 [13件] あり, からとった, がひろく, が剪燈, だとか, などと云, にもあれ, にも無い, の水莽草, の物語, の白雲石, の著者, 巻三

▼ 志都歌~ (16, 0.4%)

5 の返歌 3 の歌 1 があつ, である, です, としての効果, としての立ち場, には自ら志都歌, の, 之返歌

▼ 志屋文書~ (15, 0.4%)

3 を見る 2 に徴 1 と名づける, に, に二種, に併せ, に據つて, に文化以後, に載する, の過去帳, はこれ, より獲た

▼ 志~ (14, 0.4%)

1 [14件] すでに陋, な蕗の薹, 佛祖統記などに, 可し, 可憐也, 史通などにも, 地図に, 地図の, 学問を, 平家伝説なども, 悲壮である, 慾望が, 王充論衡などの, 隋志の

▼ 志~ (14, 0.4%)

2 と結婚

1 [12件] が嫌い, が橋渡し, とこの, の手, の方, はいう, はお前, は下, は丸ぽちゃ, は二十二, は天, をうしろ

▼ 志にも~ (13, 0.4%)

2 載つて

1 [11件] その書名, その記載, なる似合わしいこと, 中經簿, 戻ると, 新唐書, 書籍集散の, 校正の, 無いの, 玄応音義の, 舊唐書の

▼ 志という~ (12, 0.3%)

3 ものは 1 ことについて, ことを, ものが, もので, ものも, わけで, 書物に, 浜に, 規定の

▼ 志との~ (12, 0.3%)

4 間に 1 子目の, 比較, 異同, 異同を, 相違の, 符合は, 近接せる, 間には

▼ 志~ (12, 0.3%)

1 [12件] から東京, から貰った, が放任主義, が日本, が近い, が逃亡, と親しく, の家, の生命, は俺, は浙江財閥, を逮捕

▼ 志~ (12, 0.3%)

4 牟の 3 牟が 2 牟, 牟という 1 岐兵部少

▼ 志だけは~ (10, 0.3%)

1 くれぐれも忝, わしが, 五朝の, 兄の, 判るであろう, 水神さまに, 相変らず, 立派に, 通史の, 遂げたいという

▼ 志丈さん~ (10, 0.3%)

1 あゝ往, がだました, ちょいと, ちょっと御免, を連れ, 入っしゃいまし, 誠にお待ち, 誠に久しく, 誠に思い掛けねえ, 誠に暫く

▼ 志あり~ (9, 0.3%)

1 その労苦, てあつめた, てあつめたまいぬる, て多くこれ, と云, 同胞を, 我が, 本草に, 海を

▼ 志である~ (9, 0.3%)

2 ためよく 1 がこの, が書籍, けれども正史, といふ事, として途中長浜, と哀れ, と姫君

▼ 志とを~ (7, 0.2%)

1 この場合, もつて, もてすべしとお, 兼ね備えて, 打ちこんだり, 持って, 聴かんと

▼ 志~ (7, 0.2%)

1 同クスルモノアレバ年齢, 待チツツアル牡鹿唯一, 得ズ, 忘父母ヘ, 著スベキ人ハ牧野富太郎氏一人アルノミ, 行フ能ハザリキ, 遂ゲレバ則チ足ル故

▼ 志~ (7, 0.2%)

1 がなかっ, が幾人, でないと, は今日, を, を得た, を除け

▼ 志~ (7, 0.2%)

7 の書

▼ 志~ (7, 0.2%)

1 だつた, の変死, の方, の町, は其儘, もその, を一行中闕

▼ 志から~ (6, 0.2%)

1 あまりに役に立たぬ, かつて私たち, である, 引用し, 暗示に, 美作の

▼ 志として~ (6, 0.2%)

1 お見せする, それを, です, 一歩でも, 供物に, 先鞭を

▼ 志~ (6, 0.2%)

1 のだ, んだ, んです, 寄稿家の, 醫師などに, 養蚕家に

▼ 志~ (6, 0.2%)

1 が最後, というの, のもの, の仆, の動白, 走り出づ

▼ 志屋五郎兵衞~ (6, 0.2%)

1 が此, たること, と共に世水戸家, の名, の名義, は病

▼ 志~ (6, 0.2%)

1 という, の詩, は儒, は吟じ, は歌っ, も飲

▼ 志~ (6, 0.2%)

1 と人格, の裡, ようやくその, を中央, を変ぜず, 未だ成らず

▼ 志袁登~ (6, 0.2%)

3 賣を 1 賣, 賣その, 賣の

▼ 志だけ~ (5, 0.1%)

1 でほんとに, でまことに, で願意, 兄さんに, 受けると

▼ 志であった~ (5, 0.1%)

1 が六条院, ことが, という, のであろう, のです

▼ 志でも~ (5, 0.1%)

1 あったし, ありませぬが, 經籍志でも, 読んで, 静岡附近には

▼ 志ばかり~ (5, 0.1%)

1 だ, でおじゃるわ, で御座いますから, で誠に少し, 徒に

▼ 志ばかりの~ (5, 0.1%)

1 助力を, 巴里土産も, 御礼の, 損だった, 物だ

▼ 志までは~ (5, 0.1%)

1 ありますが, 七略といつても, 兎に, 文史類を, 明かに

▼ 志以後~ (5, 0.1%)

1 には分類, のもの, の書籍, は段々, は皆編年

▼ 志屋五郎作~ (5, 0.1%)

1 が八十歳, が金澤方, と云つて, と石塚重兵衛, は神田

▼ 志~ (5, 0.1%)

3 の大 1 にお, の宮の

▼ 志我津~ (5, 0.1%)

3 の子ら 1 にいた, 即ち今

▼ 志斐嫗~ (5, 0.1%)

2 の負け色 1 というの, とのかけあひ, との御

▼ 志~ (5, 0.1%)

1 に石城, に見え, に遂佐, の町医玄益, 第十二巻神農廟

▼ 志道軒ムラクモ~ (5, 0.1%)

1 が女房子供, であろう, というその道, と号, の少年時代

▼ 志~ (5, 0.1%)

4 斯訶備比古 1 斯訶備比古遅

▼ 志~ (5, 0.1%)

2 の日記 1 がその, は書い, は東洋

▼ 志これ~ (4, 0.1%)

2 が心霊 1 ある侍ども申合せ候ところ, は皆

▼ 志さえ~ (4, 0.1%)

2 あれば 1 しっかり立て, 立てれば

▼ 志だけを~ (4, 0.1%)

1 うけて, お汲み下されまし, お認め, 納めて

▼ 志です~ (4, 0.1%)

2 から 1 からまあ, と言っ

▼ 志とか~ (4, 0.1%)

1 其時代の, 或は舊唐書, 新唐書, 經籍志とか

▼ 志とは~ (4, 0.1%)

1 ついに相手, 云へ, 申しますもの, 異って

▼ 志なら~ (4, 0.1%)

1 ばわが, ば不肖光秀, また其の, んや

▼ 志によって~ (4, 0.1%)

1 その赴く, 判断され, 破壊された, 計画的に

▼ 志より~ (4, 0.1%)

1 さ, 隋書經籍志までの, 離る, 體裁の

▼ 志~ (4, 0.1%)

1 のおわした, の名義, の本, は牛

▼ 志~ (4, 0.1%)

2 の鳥羽 1 の波切, の越賀

▼ 志~ (4, 0.1%)

2 賣の 1 賣, 賣に

▼ 志考證~ (4, 0.1%)

1 と同, の方, を書き, 若しくは隋書經籍志考證

▼ 志~ (4, 0.1%)

1 にはいつ, に一任, の純白, はま

▼ 志~ (4, 0.1%)

1 と關係, は單, は學者たち, を集めた

▼ 志あらん~ (3, 0.1%)

2 者は 1

▼ 志あれ~ (3, 0.1%)

1 どもなき, ばこそといっ, ば道

▼ 志じゃ~ (3, 0.1%)

1 げなで, これを, どうだろう

▼ 志といふ~ (3, 0.1%)

1 ものを, 仮名書きの, 明の

▼ 志などに~ (3, 0.1%)

1 よると, 一つの, 近く説明し

▼ 志にて~ (3, 0.1%)

1 校改したる, 滞京罷, 滞京罷り在り

▼ 志によ~ (3, 0.1%)

2 つてゐる 1 つて書いた

▼ 志に対して~ (3, 0.1%)

1 なんの, 自分は, 面目無い

▼ 志ばかりに~ (3, 0.1%)

2 気を 1 納めて

▼ 志よりも~ (3, 0.1%)

1 多いこと, 詳しい位, 静かに

▼ 志をも~ (3, 0.1%)

1 継いで, 見出さないわけ, 遂げたの

▼ 志を以て~ (3, 0.1%)

1 その介添, 一国に, 余が

▼ 志~ (3, 0.1%)

1 という僧, や高, を頼ん

▼ 志保田~ (3, 0.1%)

1 が変, の嬢様, の家

▼ 志半ば~ (3, 0.1%)

2 にし 1 に坑

▼ 志即ち~ (3, 0.1%)

1 今日遺つ, 別録, 劉向劉

▼ 志呂足一味~ (3, 0.1%)

2 が邸内 1 の中

▼ 志図篇~ (3, 0.1%)

1 と定めた, の書, を続

▼ 志夫美~ (3, 0.1%)

3 の宿禰

▼ 志~ (3, 0.1%)

2 坐候 1 坐候処官事繁多

▼ 志~ (3, 0.1%)

1 唐書藝文志と, 唐書藝文志舊唐書經籍志に, 舊唐書藝文志に

▼ 志~ (3, 0.1%)

3 の命

▼ 志深く~ (3, 0.1%)

1 御上の, 思ひけるが, 烈公様にも

▼ 志~ (3, 0.1%)

1 が出, という僧, は

▼ 志~ (3, 0.1%)

1 との姉弟, などは全く, に亡ぼされた

▼ 志耳命~ (3, 0.1%)

1 がいま, がお腹ちがい, ともう

▼ 志貴子~ (3, 0.1%)

1 がやってきた, どんな生活, の図々し

▼ 志~ (3, 0.1%)

1 する深い, は大, を抱懐

▼ 志部平原~ (3, 0.1%)

1 が石狩川, も見, を有す

▼ 志あっ~ (2, 0.1%)

1 てのこと, て故郷

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 そこらで, 正太夫

▼ 志からの~ (2, 0.1%)

1 御微行, 返事が

▼ 志しだい~ (2, 0.1%)

1 でいたします, にはらえ

▼ 志すなわち~ (2, 0.1%)

2 フロラが

▼ 志せる~ (2, 0.1%)

1 と疑ひしなり, ものの

▼ 志その~ (2, 0.1%)

1 上に, 後姿も

▼ 志それから~ (2, 0.1%)

1 揚雄の, 隋書經籍志舊唐書經籍志新

▼ 志だけで~ (2, 0.1%)

1 たくさんです, 充分だ

▼ 志だけでも~ (2, 0.1%)

1 うれしいの, 尽くさせて

▼ 志だった~ (2, 0.1%)

1 だけにこちら, と思います

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 ていうひと, ていうフランス語

▼ 志であり~ (2, 0.1%)

1 殊に米国, 真面目である

▼ 志であろう~ (2, 0.1%)

1 がただ, さ

▼ 志とも~ (2, 0.1%)

1 勿論合, 戴き喜びて

▼ 志などと~ (2, 0.1%)

1 云うもの, 云ふも

▼ 志なども~ (2, 0.1%)

1 夢に, 広い意味

▼ 志なり~ (2, 0.1%)

1 という言葉, 藝文志なりに

▼ 志につき~ (2, 0.1%)

2 論ぜること

▼ 志ばかりと~ (2, 0.1%)

1 いって, 申して

▼ 志まことに~ (2, 0.1%)

1 ありがたく存じます, 忝ない

▼ 志また~ (2, 0.1%)

1 ここにおいて, 牝牛は

▼ 志をば~ (2, 0.1%)

1 せむとす, 既に述べ

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 見ユ, 非ス

▼ 志ヶ原~ (2, 0.1%)

1 の刑場, へ曳かれた

▼ 志万さん~ (2, 0.1%)

1 だけじゃねえ僕, のこと

▼ 志~ (2, 0.1%)

2 に貞潔

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 といえ, とした

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 正始元年, 正始四年

▼ 志以下~ (2, 0.1%)

1 となる, の四種

▼ 志以來~ (2, 0.1%)

1 の學問, の目録學

▼ 志以前~ (2, 0.1%)

1 に其發展, に於

▼ 志倭人伝~ (2, 0.1%)

2 の邪馬台国

▼ 志六片~ (2, 0.1%)

1 とあっ, まで

▼ 志厚き~ (2, 0.1%)

1 かなかれ, 師曰ひける

▼ 志厚く~ (2, 0.1%)

1 予と, 古今の

▼ 志呂古~ (2, 0.1%)

1 の郎女, の郎女二柱

▼ 志國玉~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 なるが, なるもの

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 つ日高日子番, を貫く

▼ 志実に~ (2, 0.1%)

1 ここに, 此の

▼ 志小寺~ (2, 0.1%)

2 の城中

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 に戦, の守り

▼ 志愛袁登~ (2, 0.1%)

1 古袁, 賣袁

▼ 志戸平~ (2, 0.1%)

2 のちかく

▼ 志擧例~ (2, 0.1%)

1 を作り, を書いた

▼ 志斐姥~ (2, 0.1%)

2 の本式

▼ 志日金拆~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 志有る~ (2, 0.1%)

1 士は, 者は

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 死同, 移

▼ 志毘登~ (2, 0.1%)

1 と訓むべ, なるを

▼ 志決して~ (2, 0.1%)

2 政界に

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 にする, 有私己財者乃公用諸物

▼ 志王丸~ (2, 0.1%)

1 と名, の歌言葉

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 の浦, の皇神

▼ 志理都紀斗~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣に

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 がある, を見る

▼ 志看護婦~ (2, 0.1%)

1 として働い, やいろいろ

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 の讀書, は

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 の論, は意味

▼ 志篤き~ (2, 0.1%)

2 人の

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 の類, をあげ

▼ 志納金~ (2, 0.1%)

1 はあえて, をお寺

▼ 志舊唐書經籍志~ (2, 0.1%)

1 に依る, 新唐書藝文志

▼ 志若しくは~ (2, 0.1%)

1 經籍志の, 隋書の

▼ 志藝山津見~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 志補遺~ (2, 0.1%)

1 に, には懐仙閣蔵

▼ 志貴子さん~ (2, 0.1%)

1 お亡くなり, が死んだ

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 の旅店, へ三里半

▼ 志~ (2, 0.1%)

1 が仏頂面, が後

▼1* [340件]

ってかこの, 志あった者に, 志あの南条という, 志あらば亡父, 志あらぬ方へと, 志ありがたく頂戴いたし, 志ありしかども縁, 志いたずらに高く, 志いつ迄も忘れ, 志いま帝にさし, 志うけつぎて, 志からは詩文評と, 志ぐらいで纏った規則正しい, 志ぐらゐを目録としての標準, 志めやも, 志こそは健康の, 志この上村と, 志へ失はない, 志さまと書き出した, 志さらに百尺竿頭一歩を, 志さんでいらつ, 志誠に夫, 志しなんですよ, 志しみじみ嬉しくわれ, 志その後六朝までの目録, 志それから四部, 志はたの, 志だけの金を, 志だってお雛様に, 志だらう剣道四段の, 志ちよつと話したい, 志や, 志ぢゃげなでこれからさっそく講ずる, 志ってやつです, 志名張に, 志であって私, 志でありました関係から, 志でございますよ, 志でございますなら今日明日だけを, 志でしたので, 志でないといっ, 志でなく志だけは, 志での祈祷も, 志とかに對照致しまし, 志とかの仙道部の, 志とがあった場合, 志としても七瀬を, 志とちがつて, 志とても全く據り, 志とにより成れる記憶, 志どうぞ納めて, 志どおりにいたせ, 志どちらもまだ, 志どのに申しあげ, 志どんねえ, 志なかるべからんやである, 志なく到底曹操, 志などから面白そう, 志などという姓が, 志などにも明かに, 志などの體裁を, 志などは人の, 志などを見ても, 志など迄がこれを, 志なにとぞ伊那丸さまへ, 志なりに載つて, 志なるものを, 志なればと云った, 志なんぞにありゃしないか, 志においてもまたふるまっ, 志にかへれり, 志について考えて, 志によりわがため, 志によるに貞任の, 志に対し足下を, 志に対しましてはもう何, 志のほど近頃神妙, 志はちよつと面, 志はわざとぶつきらぼうに言い放つた, 志頭を, 志まあもうちつ, 志まで計らぬ虫干し, 志までの間には, 志までを幾らかの, 志むなしく流亡の, 志ゆえそのまま記す, 志よわく立てたる心, 志こ屋から, 志アルコト分明ナリヒソカニ軍艦ヲ製造シ大砲, 志アル者此隊ニ入ル, 志ナドニハ虎侯虎伯虎將軍ナドミナ豪イ人ノ代名詞デス, 志ハざきにて乱板し五月二日, 志・方物志を新た, 志一つなり, 志一上人鎌倉より上つて, 志一時に得, 志に次, 志七生忘れられず官軍, 志万さん御免よね, 志丈さん貴方はお, 志丈今は亡き, 志丈新三郎の両人, 志丈自身のを, 志三片であったの, 志上同中同下, 志にはたびたび, 志録者, 志世界に在り, 志並びに崇文總目より, 志主水氏の, 志印迄に, 志乎痴鈍己等之身爾如斯有重荷負事者可, 志乙女という女神, 志九片を払った, 志とある, 志也余亦与, 志云明帝景初三年六月倭女王遣大夫難斗米等, 志五気五声にあらわれ, 志憫むべ, 志今やこの正直一図, 志今や漸く伸びて, 志代これには調度掛, 志以外として附録, 志以後唐代の書籍, 志以後現存する目録, 志保田さんと御, 志御世話, 志倭人傳の土俗學的考察, 志の立場, 志兄さんお仕事, 志先王之亡以爲戒, 志兔太郎氏が灸, 志共にこ, 志力腕力が秀で, 志加浦上野という部落, 志努波羅能意登比比売能古袁佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 志十五に晁端揆居京師, 志十太夫お見上げ申した, 志千里にあり, 志一ツには, 志又は神祇志料其他の, 志及ばざるに非, 志及び新唐書, 志泥とは, 志の海人, 志合って組, 志呂覽等によれ, 志呂足ワガ長女の名, 志呂足下座に比良, 志呂足比良の弟, 志呂足須曾麻呂比良の三名, 志和尚の作, 志かりしかど, 志嘉実氏が貧しい, 志四部に分けました, 志國邇岐志天つ日高日子番, 志在曽而馬関を龍, 志坊ーや, 志城津の浜, 志堂經解とか皇清經解, 志之家流, 志多く愧ず, 志多礼で録, 志多良踊の唄, 志奇特の心得, 志始めて堅し, 志ヲ給ハランコトヲ願ハバ, 志婦人会の組織, 志嬉しからぬに, 志子愕然たる表情, 志孝氏から同地, 志孝石部惟三小泉源中島為次郎野口二郎大森禅戒の諸氏, 志も幸福, 志孫權傳黄龍二年に權, 志寸時なりと大, 志少く仏の, 志少なきを語る, 志尤も七部の, 志屋九代の五郎作, 志屋五郎兵衞二本傳次の二人, 志屋五郎兵衞清常藏西山遺事一部, 志屋十一代の壽, 志屋十二代の五郎兵衞清常, 志屋十二代清常であつ, 志屋十餘代の繼承次第, 志屋名前人五郎作が五郎右衞門, 志屋始祖西村氏は參河, 志屋文書中の, 志屋最後の名前人五郎作, 志屋祖先の許, 志屋號拜領高三百石, 志屋西村金沢屋増田の系譜, 志山林に在り, 志州波切村に霊汗地蔵, 志州磯部伊雑神宮の地, 志のたぐい, 志巻七十六に見え, 志府縣志等に疊見, 志延而西洋船を取り入, 志廿五巻という本, 志廿巻献之幕府大有恩賜云, 志弱くたてたる心, 志漢書等は, 志は極端, 志忝ないなんぼ敵同士, 志性金剛石ほど堅い, 志怪気分を含ん, 志怯弱にし, 志にその, 志をあらわした, 志の持主, 志成つたと思つて, 志成らずして私, 志或いは代作が, 志或は契丹國志などに, 志戸坂の銀山, 志所謂万年松之説, 志ひが, 志採録す, 志では辞退, 志斎集を執っ, 志斐いは奏せ, 志斐のが強, 志斐老女が藤氏, 志斐連条には, 志料其他の本, 志料神祇志を書く, 志方様も嬉し, 志日本金にし, 志早く決す蒼皇, 志明らかなれば, 志明史の藝文志, 志是非御取, 志の中經, 志晉書北史等に出でたる, 志智之助等が専ら, 志之事, 志有りて, 志有難うございます, 志有難く旨く喰いました, 志未だ遂げざるをば, 志文中酌源堂の, 志本文には益州, 志梁阮孝緒の七録, 志業一無成, 志業未成真可恨, 志次第では大きな, 志此時伸べしと, 志殊に孝心深き, 志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 志毘臣というもの, 志毘賣に娶ひ, 志を弱める, 志氣雄邁器識超卓常に眼, 志水滸傳などを又, 志永久忘れは, 志の河島, 志注劉義慶世説注李善文選注王逸楚辭注高誘呂氏春秋注, 志減じたら其の男, 志にて崩れさせ, 志満腔歓喜の涙, 志潜心長沙氏之書, 志無事に生き, 志を救う, 志特に其の東北, 志王粛伝の註, 志生きて帰らぬ, 志申すばかりなく, 志留弟の名, 志留粉だの雑煮, 志略下の記事, 志略二十二の如き, 志異なりというべし, 志の著者梁玉繩, 志的偏向のうち, 志の, 志相郡岩鍋の地, 志看護婦一大隊を市会議事堂, 志看護婦人会の必要, 志たり, 志磋跌而して, 志の, 志神岡の山, 志の白い, 志はどうして, 志私私なんざ今頂いた御, 志秦以狄道代周以覇統繼帝王變之極也, 志立鐵次郎氏の奥さん, 志節一貫竹のごとく, 志築村の太田六助, 志篤からざるを, 志米須というところ, 志に属する, 志経済的志認識的若しくは理論的志, 志可奉, 志編成の急務, 志の確か, 志羅川夜船に素見山の手, 志義士虎賁文武效功白刃交前亦所, 志義山毘沙門縁起来迎寺所蔵十界図の条, 志舊唐書の經籍志, 志でござんす, 志若くは魏略, 志のかげ, 志薄く行い弱く, 志薄しといえ, 志藤原宗貞という者, 志を以て友, 志西遊記等の珍書, 志認識的若しくは理論的志, 志をば尚, 志貴子ぼんやりした顔, 志貴子みたいなしよう, 志賭けたら二十対一で, 志起り種々謀計, 志を総, 志趣者為心中祈願成就円満乃至法界平等利益所, 志なく思う, 志通じかね候ヘバ何を, 志遂げぬと思ひき, 志道聞多との会話, 志道軒一人のよう, 志道軒常友がうなずく, 志道軒常友正司幸平ならびに久吉, 志道軒正司幸平常友のところ, 志達し得て目出度し, 志遠くいたる時, 志郡八太村の辺, 志郡新家村か, 志部小学校の校長, 志は成つた, 志閑禅師を教化, 志附近から子酉川, 志といっ, 志で陸軍大将, 志顛兵に依, 志して, 志馬広瀬伝吉大島宗太という助役, 志馬韓の條, 志高き者は