青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「忍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

必~ ~必ず 必ず~ ~必ずしも 必ずしも~ 必死~ ~必然 必然~ ~必要 必要~
忍~
忍び~ ~忍ん 忍ん~ ~志 志~ ~忘れ 忘れ~ ~忘れた 忘れた~ ~忘れる

「忍~」 1427, 15ppm, 7306位

▼ 忍~ (351, 24.6%)

10 と小 9 と龍太郎 7 の鉄杖, や龍太郎 6 の禅杖 5 のす, も龍太郎 4 の手, は, は鉄杖, も小 3 の身, は禅杖

2 [18件] がひとり, が堪忍, だ, である, と巽, と木, のあ, のいう, のうしろ, のそば, の口, の首, はいま, はこの, はその, はそれ, もこの, や小

1 [244件] いつもすき, いで素ッ首, おなじく騎馬たち, かなにか, があばれこん, がいった, がお供, がかけつけ, がき, がこう, がさき, がそれ, がそッ, がなに, がふりかえっ, がむごい, がッ, が一気に, が伊那丸, が先, が力, が命, が大地, が天, が廂, が智慧, が気, が流るる, が異論, が石櫃, が突いた, が自由自在, が連れ立っ, が馬首, が高く, きびしくこう, きッ, じつは自分, すぐに, その人, ただいまこれ, だった, だな, であった, であり同時に, でもこの, と, というもの, とかいうやつ, としても生き, とともにこの, とともにただ, とみた, ともあれ石櫃, ともうします, ともうす, とやらの神縛, と伊那丸, と手, と申す, と目, と苦, と蔦, と道づれ, どうじに, どのおたがいに, どのまた, なの, にささやく, にたいしてとうぜん, にならっ, にはあの, にはそれ, にはどうも, には友, にも思いだされる, にわかれ, に別れ, に森, に矢, に跳びかかっ, のいった, のいのち, のいましめ, のおも, のからだ, のこの, のこんきで, のところ, のふたり, の側, の前, の形相, の心, の文字, の旅, の片足, の生命, の眉, の真, の眼, の第, の耳, の背, の胸もと, の脳天, の脾腹, の腕, の虚, の説, の責任, の跳躯, の身の上, の降魔, の霊, の面上, の頬, の顔, の駒, の骨, はあきれた, はあまり, はいっさん, はいぶかし, はおちつきはらっ, はおどろいた, はかげ, はかねて, はかわるがわる, はかッ, はきまじめ, はきょう, はこおどり, はこんど, はさき, はさっき空井戸, はしたり顔, はす, はすぐ, はすこし, はすばやく, はそう, はそば, はたおれ, はたとえ, はだんだん, はちょっと, はといえ, はどう, はどんな, はなに, ははじめて, ははるか, はひ, はほとんど, はまだかつて, はもう, はもと, はやや, はよし, はハッ, は一同, は伊那丸, は例, は八, は別れ, は吐息, は地, は夜叉, は奥, は岩, は心, は怒気, は思いやり, は数珠, は早く, は梅雪一党, は気早, は渾力, は片手, は男らしく, は疲れた, は真, は神馬小舎, は突, は立ちあがっ, は総身, は耳, は腰, は苦笑, は蚕婆, は見あげ, は身, は部下, は頭, へ狙撃, へ茶碗, ほどの力, もありのまま, もいさみたった, もうらみ, もおもわず, もかたす, もしや巧言, もすっかり, もそう, もそれ, もつづい, もはたと, もふしぎ, もぽん, もわれわれ三名, もグッ, も伊那丸, も少し, も居士, も思わず, も息, も恵林寺, も意外, も民部, も滝壺, も石櫃, も精根, も肩, も韋駄天, も髀肉, や民部, よわし, をたずね, をつつんだ, をねらっ, をのぞい, をはじめ, をはじめ龍太郎, をわたせ, を他人手, を思い, を愚弄, を捕りおさえ, を斬り, を殺そう, 小文治, 待て

▼ 忍~ (144, 10.1%)

25 池の 10 池に 7 池を 5 池へ, 緒を 2 ご城下, 城下の, 弁天と, 御藩中, 池が, 池で, 池では, 池水に, 蓮中庵で

1 [74件] お城下, ご城内, その水, 一字が, 一字に, 一字の, 一字を, 不死身, 人, 人竹内作左衛門の, 人間だ, 仁義を, 仲間じゃ, 加賀樣の, 叫ぶ声, 城下から, 城下へ, 城主で, 夜の, 大きな池, 天女詣, 字が, 字は, 弁天さまや, 弁天に, 弁天堂に, 引責まで, 御堂から, 心は, 惣太, 惣太風の, 手下を, 振舞いも, 教えは, 教へは, 昔は, 晩涼, 某酒亭, 森仮寝の, 池, 池あたりで, 池から, 池と, 池なる, 池には, 池は, 池へでも, 池水は, 池浚い, 池畔へ, 池近くへ, 池附近を, 活躍も, 海といふ, 男である, 異母妹で, 眼の, 総太, 者だ, 者で, 蓮の, 蓮も, 蓮よりも, 蓮をも, 蓮見から, 蓮見鮨の, 行田で, 行田の, 行田も, 術を, 話に, 道は, 里竜胆は, 開基日蓮上人の

▼ 忍~ (106, 7.4%)

4 の周囲, の水 3 の上, の畔 2 のほとり, のまわり, の勝景, の方, の面, は今日市中, 角筈十二社

1 [78件] から源, がひろがっ, が拡がり, が見渡される, くらいの大き, では往時, で催す, で新吉, と上野, にはハス, には手, にも龍, に何, に沈んだ, に沿い, に流れこむ, に流れ込み, に浮ん, に生じ, に臨んだ, に詩会, に附着, に面した, のいろは, のさらに, のそば, のロウ人形館, の三十幾囘, の下, の中之島, の主, の仙駕亭, の前, の北端, の彼方側, の後, の敗荷蕭々, の文字, の根津, の橋, の水明り, の水面, の氷月, の濁水, の片端, の端, の蓮, の蓮見, の蓮見茶屋, の裏, の詩会, の近く, の長, の間, の鰻, は見えませんでした, へ往つて一日書, へ往つて馳走, へ流れる, へ蓮, へ飛び込ん, まで入海, もまた, も亦, よりも少し, を一, を半分, を埋め, を小西湖, を左, を御覧, を散歩, を理想的, を真下, を見おろす, を見渡し, を観月橋, ノ水

▼ 忍~ (59, 4.1%)

18 て下さい 6 てくれ 53 てお, てください, て呉れ, て頂戴 2 てね

1 [16件] てあげ, ていた, ておく, てくださいまし, てくれた, てくん, てやつ, てやらない, てやる, て丁度, て上げる, て下さいまし, て下さるでしょう, て呉ん, て強いて, 或は

▼ 忍~ (48, 3.4%)

6 の君 4 の殿, の神 3 に對, に從

1 [28件] がよしや, が如何, が年, が思ひ, が手古奈, が温き, が生, が白袍赤馬自ら, が郡, といふ, との關係, と手古奈, なり只一人, に冷淡, に心移り, に思はれ, の戀妻, の方, の望み, の眞, の矢, はさすが, は武士, は領主, をふんづか, を以てする, を稱揚, 第一物部太都夫第二物部丹濃第三物部少歳第四

▼ 忍~ (44, 3.1%)

2 季節で, 気持ちに, 言葉を

1 [38件] ことを, しかも陰険執拗, のか, もんだ, やうな, よろこびを, リンチを, 事を, 児の, 厳しい雰囲気, 好奇心が, 実の, 専務の, 征服慾の, 復讐が, 快感にさえ, 思着が, 性情が, 意志との, 憎しみによ, 手に, 掠奪の, 文章と, 殺人だ, 殺伐な, 直助, 眼は, 秀次の, 笑い方を, 興味を, 行為を, 表情を, 質の, 迫害を, 金貸の, 響きが, 馬鹿気た, 鬼畜が

▼ 忍~ (44, 3.1%)

2 の身, の部屋, の顔, もまた

1 [36件] いざ早う, おこと, がいなく, がうなずい, が側, が心, が生まれた, になり, にはすなわち, にも聞えた, に教訓, の, のこと, の声, の心配, の性質, の手匣, の打, の母, の眼, はかなり, はこの, はただ, はとくに, はまた, は例, は全く, は十七, は手近, も仕方, も自然太刀, も見, よおし, 太息, 御は, 聞けよ

▼ 忍~ (30, 2.1%)

3 の如き 2 のふち, の水門尻, 不忍

1 [21件] あげだしさては, というの, という料理屋, という角, なぞは可哀想, にて朝飯くら, に家, の売卜, の川尻, の方, の日, の晩以来, の晴れ, の枯れ, の柵内, の流れ, の落, の袋地, へ, へ抛り込み, をたどっ

▼ 忍池畔~ (15, 1.1%)

1 [15件] でのめぐり合い, にいた, に一楼, に一間, に住んだ, に出逢い, に奇遇, に居, に居った, に江戸博覧会, の一酒樓, の夜, の春草亭, の池, へと差掛っ

▼ 忍~ (14, 1.0%)

4 して 1 しそれ, である自己犧牲, で少し, と諦らめ, に叩き上げられた, に耐, のオヂュシュウス, の世, の反面, を餘儀

▼ 忍~ (13, 0.9%)

2 言つた

1 [11件] 与えた名, 大の字にかへ, 岡と, 岡の, 彼に, 懸つて, 檐に, 母から, 港の, 異常に, 跡を

▼ 忍~ (13, 0.9%)

2 過ぎる, 静まり返つた 1 して, なり犯罪数, 剋って, 思った, 池畔の, 育ちし者, 話して, 踏み躙った悔い, 近い気持

▼ 忍~ (13, 0.9%)

4 の大 2 の日子人 1 というところ, など, の, の大きな, の大中, の大室, の邑

▼ 忍歯王~ (13, 0.9%)

2 とおっしゃる

1 [11件] がおいで, が翌朝, には意富祁王, のお, のお子さま, のご, の子, の御, はまだ, をだしぬけ, を誘つて近江

▼ 忍~ (12, 0.8%)

1 [12件] で上っ, で下り, で入っ, で来, としてやはり, になっ, に私, に窺, に障子, のやう, のよう, の飛石づたいで

▼ 忍~ (11, 0.8%)

1 [11件] その体, その言葉, ひどく面食つて, シュミーズの, プン, 彼を, 忍ぶでなく忍耐, 忿怒に, 最勝, 癇癪の, 癇癪を

▼ 忍熊王~ (11, 0.8%)

1 [11件] が武内宿禰, とおっしゃる, とはともに, と伊佐比宿禰, の二兄弟, の反, の軍勢, はその, は猪, やスクナ, をだまし

▼ 忍踊り~ (11, 0.8%)

7 を一踊り 1 がございます, の声, の歌詞, を見

▼ 忍ヶ岡~ (10, 0.7%)

2 と太郎稲荷 1 でこの, に撞き出す, に響い, の山, の森蔭, の池, の花, を二人連れ

▼ 忍~ (10, 0.7%)

7 の王 1 の二人, の二皇子, の王二柱

▼ 忍込ん~ (10, 0.7%)

1 であの, でこの, でたった, で主人, で小判, で彼女, で手文庫, で日本, で窃盗, で見る

▼ 忍~ (9, 0.6%)

4 の小 1 に五代, に飛ん, の質屋渡世, までお出で, まで行つて

▼ 忍~ (8, 0.6%)

1 いうからには, 云う観念, 同じ年輩, 名乘, 大とが, 恩とは, 焦躁の, 睨めっこ

▼ 忍~ (8, 0.6%)

3 ずして 1 ざりければ, ず, ずまた, た, 渡す橋

▼ 忍~ (8, 0.6%)

1 つかって, 体現した, 吊したよう, 守って, 平気で, 持し, 要すること, 見あげながら

▼ 忍剣どの~ (8, 0.6%)

1 では, という者, には北国路, のお, へ知らせん, もお, もかならず, も加わる

▼ 忍剣龍太郎~ (7, 0.5%)

2 の三人, 小文治 1 のふたり, の耳, の驍勇

▼ 忍~ (7, 0.5%)

6 の緒 1 の効果

▼ 忍穗耳~ (6, 0.4%)

5 の命 1 の命答

▼ 忍~ (6, 0.4%)

1 がつい, なぞいう, なぞ云ふ, の釘, をつけた, を打ちたる

▼ 忍~ (6, 0.4%)

6 の王

▼ 忍入り~ (5, 0.4%)

1 しに, しや, しよ, たる悪者, の技術

▼ 忍~ (5, 0.4%)

1 のうち, の喜び, の様子, の魂, をも彼

▼ 忍込んだ~ (5, 0.4%)

1 その日, のか, のであった, のは, 処は

▼ 忍~ (4, 0.3%)

1 やさしい感情, 之を, 其情夫に, 御面会

▼ 忍ぶる~ (4, 0.3%)

2 ことの 1 ことぞ, 頃の

▼ 忍弁天~ (4, 0.3%)

3 の池 1 の社務所

▼ 忍~ (4, 0.3%)

4 土手の

▼ 忍極まる~ (4, 0.3%)

1 ひとつで, ベルサイユ条約の, 悪徳が, 笑い声

▼ 忍穂耳命~ (4, 0.3%)

1 です, に向かっ, は大神, をお召

▼ 忍老獪~ (4, 0.3%)

4 にし

▼ 忍~ (3, 0.2%)

1 に於い, はどっち, をまざまざ

▼ 忍さん~ (3, 0.2%)

1 にそう, は決して, もいた

▼ 忍~ (3, 0.2%)

1 他日大, 勤る, 怒べからず心

▼ 忍なる~ (3, 0.2%)

1 好奇を, 形相を, 搾取との

▼ 忍にも~ (3, 0.2%)

1 なります, 氣が, 縁談が

▼ 忍ばるべき~ (3, 0.2%)

3 太郎といふ

▼ 忍~ (3, 0.2%)

1 しがたい, よくする, 糸瓜も

▼ 忍~ (3, 0.2%)

1 デ伊勢ニ, デ来, デ逃ゲテ故国

▼ 忍~ (3, 0.2%)

1 別と, 別の, 別皇子

▼ 忍入る~ (3, 0.2%)

1 にはお, ような, 事件を

▼ 忍~ (3, 0.2%)

2 なりしか 1 の人

▼ 忍剣さま~ (3, 0.2%)

1 さだめしお, までつい, も

▼ 忍剣木~ (3, 0.2%)

3 隠龍太郎

▼ 忍~ (3, 0.2%)

1 とも名づける, とも名づけるじゃ, 即浄土

▼ 忍~ (3, 0.2%)

1 がひそか, といつ, もサビエル

▼ 忍~ (3, 0.2%)

2 の命 1 の命天

▼ 忍~ (3, 0.2%)

1 が其処, は一言, までが見事

▼ 忍~ (3, 0.2%)

2 を連ねた 1 へ傾きかかり

▼ 忍~ (3, 0.2%)

21 をし

▼ 忍~ (3, 0.2%)

1 では夜あかし, で用意, という山峡

▼ 忍えて~ (2, 0.1%)

1 庭の, 窓から

▼ 忍した~ (2, 0.1%)

1 で有りましょう, 皮肉な

▼ 忍では~ (2, 0.1%)

1 あるが, なく積極的

▼ 忍といふ~ (2, 0.1%)

1 これは, それその

▼ 忍との~ (2, 0.1%)

1 殉教を, 間で

▼ 忍また~ (2, 0.1%)

1 その一つ, 鮑ツ貝に

▼ 忍まで~ (2, 0.1%)

1 参れと, 行くほう

▼ 忍~ (2, 0.1%)

2 の恋人

▼ 忍入った~ (2, 0.1%)

1 ものと, 時に

▼ 忍剣たち~ (2, 0.1%)

1 のまえ, の両方

▼ 忍剣民部蔦~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 忍剣禅杖~ (2, 0.1%)

1 に風, をかかえ

▼ 忍坂部皇子~ (2, 0.1%)

1 とに献, とは御

▼ 忍姿~ (2, 0.1%)

1 で却, を落人

▼ 忍寄っ~ (2, 0.1%)

1 てコツ, て密

▼ 忍~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 忍得る~ (2, 0.1%)

1 の故, を学びたるなり

▼ 忍~ (2, 0.1%)

1 の墓, は松の木

▼ 忍~ (2, 0.1%)

1 が雑誌, で県氏

▼ 忍~ (2, 0.1%)

1 のさびた, のほとり

▼ 忍~ (2, 0.1%)

1 に泣いた, の声

▼ 忍艸これ~ (2, 0.1%)

2 は正太

▼ 忍~ (2, 0.1%)

1 がほか, の重役某

▼ 忍~ (2, 0.1%)

2 ふの

▼ 忍~ (2, 0.1%)

2 の店

▼ 忍~ (2, 0.1%)

1 が太守, はわし

▼ 忍隅命~ (2, 0.1%)

1 とある, を大隅命

▼ 忍鹿比~ (2, 0.1%)

2 賣の

▼ 忍齒別~ (2, 0.1%)

2 の王

▼1* [211件]

から忍川の, 忍事に, 忍きわまる方法を, 忍ときねえ, 忍しきれずに大事, 忍してやるのや, 忍し兼ねて官符, 忍と思ひ, 忍て昌作, 忍そうな所, 忍そんなものが, 忍たずぬるはこれ, 忍だけはもう誰, 忍やな, 忍っていや日光さま, 忍であるにしろ, 忍でも釣るしたらなァ, 忍とか密偵網の, 忍とから救はれた, 忍ともいう表情, 忍なき兼が, 忍なさいね, 忍ならずと常陸, 忍ゆ, 忍ばるべしや忍ばれん, 忍びあがったかれいまその酒宴, 忍びいつてゐる模様である, 忍びかいでむ君が名, 忍びかにひややかに清らなる水, 忍びかねけん力を極めて, 忍びがはやるっていうからねべらぼうめべっぴんのくせ, 忍びこまうとして木戸にさ, 忍びこまれでもすれゃこれァ大事, 忍びこみやがつたみんなビラをよこせ, 忍びこむつもりらしく一かたまりに, 忍びこむなんてことは出来なかったろうねえ, 忍びこめばいゝのにと往昔猿飛佐助, 忍びこんだうどん掛けがあたら, 忍びこんだかれが洞白の仮面箱, 忍びこんだのもたしかに博士だったの, 忍びこんぢや御手許金と云, 忍びこんできたのかわからないが姿は見えぬ, 忍びこんできたんだものカンタンに見当, 忍びこんでくるものやら日ましに死ぬ, 忍びざらしめこれによりて学校に応答, 忍びざらんやうに彷徨へる巷, 忍びざるがごとし先帝の葬式, 忍びざるとかいふが如きに際して, 忍びざるものございまするに依つて, 忍びずきんにすっぽり面をかくして, 忍びずしてかくのごとく道徳上の職分, 忍びずというやつであろうかと思われること, 忍びずとて猶お, 忍びておはするに会昌六年に武宗崩, 忍びでこつそり市街へ飛び出した, 忍びなからしめた, 忍びぬくらゐの過度のおあいそ笑, 忍びのあまりになってくだすったお手紙だから, 忍びのいでたちはしていないし忍びの呼吸, 忍びよったる盛遠は月, 忍びよってゆく者がある, 忍びゐたらんやうに得も謂れ, 忍ぶれば, 忍べりと聞ける, 忍かに立出で, 忍よりはもつと, 忍どこひしき, 忍ガ岡の天海寺, 忍ガ岡学寮の青道心, 忍ガ岡目ざしました, 忍バザル時ハ大謀モ乱ル, 忍バセテイッタン寝室ヲ出, 忍バセテ来タセデスヲ二錠颯子ニモ佐々木ニモ見ラレヌヨウニ, 忍ビアレ某御トモ, 忍ビテイヒワタル人アリキなどとお歌, 忍ビテ一ニ只忘却ニ封ジツツアルトキ兵卒其者ガ憤恨ニ爆發スルノ日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會, 忍ビ得ベキ者ニ非ラズ, 忍ベ伶魁将ニ出デントス, 忍ヶ岡ト向ヶ岡トハ東西相対ス, 忍ヶ岡原中の場, 忍ヶ岡新坂道の場, 忍ヶ岡袴腰の場, 忍ヶ岡道行の場, 忍一党はどんな, 忍一藩だけのもの, 忍三重を聴く, 忍が多い, 忍人信長としては大, 忍人命押勝など, 忍に召し抱えられ, 忍信命を生んだ, 忍つて或, 忍入って大金, 忍入らうとする, 忍入り家尻を切っ, 忍入道が母, 忍で今, 忍出来ません彼れ, 忍なる其忍, 忍剣いのちのあらん, 忍剣これにあり, 忍剣そちのうしろ, 忍剣そやつを投げころし, 忍剣なんであるな, 忍剣めつぎの世, 忍剣らは栄光, 忍剣一抱えもある, 忍剣例の禅杖, 忍剣健在なりや, 忍剣左には龍太郎, 忍剣巽小文治, 忍剣忍剣ともあれ石櫃, 忍剣横には伊那丸, 忍剣船はあった, 忍剣近よる者, 忍剣鉄杖をまっ, 忍剣鞍馬の竹童みな一ツところ, 忍剣馬を馬, 忍剣龍太郎伊那丸の主従三人, 忍を具し, 忍なぞいう, 忍横町に, 忍原横丁地蔵横丁お仮屋横丁, 忍原横町の親戚, 忍から颯, 忍生きて, 忍坂王とでうたった, 忍坂長谷畝火耳無と御名, 忍の成田氏長, 忍城樹間に隠顕, 忍力の, 忍大師のところ, 忍すること, 忍寄つてのぞくと, 忍寄るが如き, 忍山垂根が女, 忍の東, 忍岡大塚の四城, 忍川島奇北邸に赴き, 忍川神田川それから古川, 忍庄内等の子弟, 忍弁天サマ裏ニテお参リノ途中, 忍弁天境内の岡田亭, 忍強い神様でも, 忍強く立向, 忍從そのもののやう, 忍心害理の言, 忍恋互思恋などという安から, 忍或は圧の, 忍と号し, 忍日命と天津久米命, 忍更にヴォルガ通いの, 忍いぢ, 忍池ニ発生シタ灌園がやつり, 忍池ノモノモ年ニヨリテ隆替シ殆ンド其形ヲ認メザル年スラアル, 忍池上野町竹町向柳原両国橋と円周, 忍池付近は一種, 忍池十詠の中霽雪, 忍池清宜亭, 忍池漁等の別号, 忍池田甫となる, 忍池畔広小路湯島天神そうしたあたり, 忍海部丹波の竹野, 忍に企てられ, 忍澂和上の如きありたれ, 忍熊二兄弟の一方, 忍熊王五瀬命天ノワカヒコ等いずれも屍体, 忍熊王兄弟両面スクナは同, 忍熊皇子はそんな, 忍寐矣明曉其女の, 忍同, 忍男の子を持つた, 忍男其人に毛, 忍男手古奈の婚儀, 忍穂井忍坂など, 忍穂耳命同様日の御子, 忍穂耳尊の妃栲幡千々姫命, 忍穂耳尊天降りの地, 忍穗井の水, 忍笑福亭に会す, 忍一の, 忍を締めた, 忍羽蟻菖蒲湯そういった時令, 忍耐えても駄目, 忍ラ憂, 忍自身はここ数年, 忍自重四年の間, 忍もまま, 忍艸小紋のなへたる衣, 忍苳酒は味淋, 忍藩三万石だけが領邑, 忍藻おれは何, 忍藻和女の物思い, 忍行きの命令, 忍許呂別押別命押勝忍の海, 忍諦すべて極度に達した, 忍して, 忍谷基地の地上指揮所, 忍越前守能之は沼田七人衆, 忍が入り込ん, 忍込み大小や衣類, 忍込むのは, 忍の山中, 忍酷烈なタタキ, 忍酷薄な認定, 忍酷薄洵女の生血, 忍阿部豊後守樣十萬石の御, 忍靴屋の小僧時代経験, 忍だったから, 忍駕籠につき添うた, 忍をつづけ