青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

富~ 富士~ 富岡~ ~寒 寒~ ~寒い 寒い~ 寒く~ 寛~ ~寝
寝~
~寝た 寝た~ ~寝る 寝る~ ~寝台 寝台~ ~寝室 寝室~ ~寝床 寝床~

「寝~」 10513, 98ppm, 1123位

▼ 寝~ (6445, 61.3%)

345 いた 263 いるの 169 いる 167 しまった 146 いて 119 いたの 114 いると 84 いたが 66 いるところ 64 しまいました 61 ゐた 60 いました 54 いる間 52 しまう 50 いるん 42 しまつ 39 いること 38 いるうち 37 いるよう 36 いたん 35 しまったの, ゐる 33 いるので 31 います 30 いる部屋 27 いても, ゐるの 26 しまって 25 いる人 24 いるという, しまうの 23 ゐて, ゐると 21 いるもの, いる時, しまったが 20 いるが 19 いたので, 居るの 18 いれば, 居た 17 いるから, いるし, いる男, いる者 16 いたという 15 いたお, いるお, 居る 14 いたもの, いるとき, しまひました 13 いるか, いるはず, いる方, ゐたが 12 いたと, いなければ, いる筈, おります, しまうと, しまふ, ゐたの 11 いたところ, いましたが, いるのに, いるよ, いる子供, 了った, 居ると 10 いた男, いながら, いますよ, いるだろう, おいで, 待って 9 いた時, いるらしい, いる中, いる蒲団, しまったん, しまってから, ゐること, 下さい, 居て, 起きて 8 いたはず, いた方, いるあいだ, いる女, いる私, 居たの, 居ります

7 [11件] いたこと, いたとき, いますと, いられない, いるでは, いるに, いる所, いる様子, いる竜, しまえば, ゐました

6 [19件] いたって, いたり, いちゃ, いては, いなかった, いるなんて, いる側, いる夫, いる妻, いる自分, おくれ, おしまいよ, しまうこと, しまふの, みたい, みたり, みると, ゐます, ゐる時

5 [30件] いたから, いた二人, いた人, いた私, いた筈, いた者, いらっしゃい, いらっしゃるん, いられなかった, いるじゃ, いるその, いるとは, いるな, いる事, いる傍, いる処, いる奴, いる枕もと, いろ, いろと, おりました, しまいましたが, しまったので, しまったよう, ゐなければ, ゐるうち, ゐるやう, ゐる間, 眼を, 起きると

4 [57件] いたよう, いた人間, いた女, いた自分, いた部屋, いないの, いなさい, いますか, いますが, いら, いらッ, いるかも, いるとの, いるわけ, いるベッド, いる上, いる人間, いる姿, いる娘, いる室, いる座敷, いる彼, いる最中, いる枕元, いる母, いる気, いる父, いる病人, おれ, ござる, しまいましたよ, しまいます, しまうから, しまえ, しまえと, しまったか, しまったから, しまったらしい, しまった様子, しまつて, ますよ, みたが, ゐても, ゐるので, ゐるよ, ゐる姿, ゐる筈, ゐる部屋, 了う, 了つた, 居ても, 居るん, 暮して, 朝に, 目が, 目を, 私は

3 [109件] いたし, いたそう, いただけ, いたな, いたのに, いたまえ, いたらしい, いたわけ, いた妻, いた病人, いた若い, いた郁太郎, いない, いましたから, いましたの, いましたので, いやがる, いらして, いらっしゃいました, いらっしゃる, いらつし, いられるの, いるかと, いるこの, いるすき, いるだけ, いるだろうか, いるだろうと, いるって, いるつもり, いるどころか, いるのよ, いるばかり, いるへや, いるほか, いるより, いるよりも, いるらしいの, いるらしかった, いる二人, いる体, いる六畳, いる坊や, いる夜具, いる女中, いる姉, いる始末, いる嫂, いる寝台, いる小, いる床, いる彼女, いる枕許, いる母親, いる犬, いる顔, えたん, おいでに, おかないと, おけよ, おしまいに, おって, おりましたが, おりますから, おりますが, おりますと, おりまする, おる, おるから, おると, おれば, くれよ, くれろと, しまおうかと, しまったこと, しまったころ, しまってからも, しまつた, また朝, ゐたから, ゐたので, ゐたよ, ゐたん, ゐるから, ゐるところ, ゐるほか, ゐるん, ゐる中, ゐる女, ゐる所, ゐる私, ゐれば, 了ふ, 夜が, 居たが, 居たん, 居ます, 居りますが, 居るから, 居るが, 居る人, 居る自分, 待て, 待てと, 待てという, 暮した, 暮らして, 生きて, 空を

2 [223件] いたい, いたいの, いたか, いたかと, いたかの, いたこの, いたその, いたに, いたよ, いたらしいが, いたらね, いたんで, いた一人, いた主人, いた事は, いた倩娘, いた大きな, いた娘, いた子供, いた小, いた幼童, いた彼, いた後, いた時代, いた机竜, いた様子, いた母, いた父, いた黒い, いないので, いますわ, いやはる, いらした, いらっしゃいと, いらっしゃいます, いらっしゃると, いらっしゃるの, いられると, いられるもの, いられるよう, いるお前, いるかしら, いるくせ, いるけれど, いるそう, いるぞ, いるとしか, いるには, いるはらから, いるひと, いるま, いるまわり, いるやつ, いるわ, いるんで, いるマキ, いる下, いる主婦, いる二階, いる余, いる俊夫君, いる叔父, いる場合, いる夢, いる太田, いる奥, いる女房, いる妹, いる家, いる年取った主人, いる形, いる御, いる必要, いる故, いる時分, いる暇, いる柚木, いる武士, いる父親, いる猫, いる真上, いる籐椅子, いる紋也, いる蚊帳, いる裾, いる身, いる連れ, いる隙, いる離れ, いる頭, いる龍子, いろって, えると, おいでと, おいでよ, おかなければ, おってくださいませ, おられる, おりますの, おろう, くらして, くれ, くれと, くれないの, くんな, さへも, しまうし, しまうという, しまうなんて, しまうよう, しまおう, しまおうと, しまったという, しまったとの, しまったとばかり, しまったのよ, しまったよ, しまったり, しまった後, しまった者, しまっては, しまひけり小, しまへ, しまわなければ, それから頸, たって, ないで, なくちゃ, なさい, ました, ますのよ, みたの, みて, やった, やっても, やりました, やろうか, らっしゃるの, ろ, ゐたやう, ゐたリヽー, ゐながら, ゐなさい, ゐられない, ゐられるの, ゐるかと, ゐるだらう, ゐるに, ゐるほどの, ゐるより, ゐる夫, ゐる奴, ゐる室, ゐる方, ゐる枕頭, ゐる猫, ゐる老人, んの, 中央へ, 了いました, 了つたのである, 了ひ, 仕舞った, 削るなり, 十時に, 十時迄, 午夜ふけぬれ, 夜に, 夢を, 寝ざめて, 寝ながら, 尻尾を, 居や, 居りました, 居りますと, 居るうち, 居るお, 居るかと, 居るところ, 居るよ, 居る時分, 居給え, 明日は, 暮します, 暮すこと, 暮せば, 暮らした, 暮らせと, 朝は, 朝早く, 朝眼が, 死んだ振り, 残夢月遠し, 毛布を, 涼しさ, 片手で, 物を, 直ぐに, 眼の, 睡りかねたこと, 翌る, 翌朝は, 翌朝早く, 翌朝起きる, 老婆は, 考えた上, 聞けば, 聞こうと, 蒲団から, 行こうと, 見せる, 見た, 見たが, 覚めて, 起る時間, 足を, 間も, 静かに, 顔を, 風の音を, 食べて, 飯食っ, 飽くなく

1 [1987件 抜粋] あくる日早く, あげるからと, あの男, いいともさ, いくら呼ん, いざ出発, いたあいだ, いたあの, いたいとの, いたうすい, いたお次, いたかよ, いたくても, いたせい, いたっても, いたとして, いたならやつぱり, いたひとり, いたまま, いたらかまわずたたき起こしなさい, いたらしい久しぶり, いたらしく後頭部, いたら九州, いたら起こして, いたわ, いたドクトル, いたマレー人ども, いた一番, いた下屋, いた主人公, いた二階, いた伊東頼母, いた住持, いた僕, いた兵部, いた勇斎, いた千二少年, いた吉助, いた啓吉, いた塩小屋, いた大隅学士, いた奥, いた子ども, いた室, いた寺, いた小姓, いた少女, いた左次郎, いた庄七, いた形跡, いた成, いた新田先生, いた春江, いた末, いた本家, いた枕もと, いた母親, いた津田, いた源さん, いた父親, いた生徒, いた瘠せ犬, いた眼, いた竹童, いた綾子, いた胸, いた船客, いた蠅, いた諸口さん, いた躯, いた金兵衛, いた雪子, いた黄いろい, いてさえも, いな, いないと, いなかったもの, いなくちゃ, いなさるが, いなよ, いねえんで, いました幸作, いますからね, いますの, いませんでしたの, いやがるぜ, いようが, いようとて, いらしたよう, いらっしたところ, いらっしゃったらしかったが, いらっしゃるが, いらっしゃるところ, いらっしゃる小, いらるるもの, いられたらどんなに, いられないあいつ, いられないほど, いられない心地, いられます, いられる, いられるところ, いられるもったいない, いるあの, いるうえ, いるおれ, いるかさえ, いるくらいの, いるこっち, いるそして, いるたま, いるちょうど, いるとばかり, いるなどとは, いるのね, いるべきだ, いるぼろ服, いるむしろ, いるもん, いるらしい伝六郎, いるらしく戸, いるわよ, いるガラッ, いるドド, いるパーヴェル・イヴァーヌィチ, いるミネ, いる一同, いる三輪さん, いる下婢, いる主人, いる亭主, いる他人, いる伯母さん, いる侍, いる倩娘, いる兄さん, いる内, いる助, いる動坂三郎, いる半兵衛, いる友三郎, いる吉五郎, いる唖女, いる地, いる外, いる大勢, いる太郎, いる女たち, いる妻女, いる宇津木兵馬, いる客間, いる小さい, いる屋根, いる川手さん, いる帳台, いる幾つもの室, いる庫裡, いる弁才坊, いる怪人物, いる憎らしい, いる手術台, いる数枝, いる方角, いる明け方, いる朝子, いる来春大学, いる枕頭, いる様, いる次, いる此患者, いる毛, いる源女, いる煙草屋, いる牝牛, いる状態, いる男達, いる病人達, いる白山一華, いる礼子, いる穀物問屋, いる竹童, いる細君, いる美女, いる耳もと, いる花, いる茶座敷, いる藁, いる見知らない部屋, いる訳, いる赤ン坊, いる跡, いる達夫, いる野道, いる隅, いる隣室, いる静子, いる飢えたトルコ人, いる馬鹿, いる黄金色, いれ床しい, いろんな話, い裸, えた訳, おかねば, おくか, おくれお願い, おしまい, おった, おったふてえ奴, おなかに, おられずむっくり, おられます, おられるベッド, おりましたし, おりますか, おりますものの, おりまん中, おり眼, おるかい, おれと, おれ無理する, お仕舞い, お医師様, お産する, きました, くらした, くれたまえ, くれなければ, くれるなら話, ぐっすりと, こ, こようでは, ござりまする, さびしさうに帰つていつた, しまいたいの, しまいたかった, しまいひっそり, しまいましたの, しまいましたわね, しまいますし, しまいわたし一人師匠, しまい朝, しまい翌日, しまうた, しまうでないと, しまうもの, しまう万全, しまう家, しまう時, しまう紫苑, しまえといった, しまったあと, しまったそう, しまったな, しまったまま, しまったんで, しまった女王, しまった艇番夫婦, しまってるの, しまつた夜が, しまつてひつそりとして, しまひましたの, しまふので, しまふ万全, しまやが, じっと眼, すずむしの, そうしてまつげ, そして子, その半ば, そりゃもう, それっきりに, ただ空, ちょうだい, てお, てなんだか, なかなか眠れず, なさいってね, はおります, はるとばっかり, ふと松本, ぼんやりと, ましたが, ますんで, また菊, みたいと, みたい心持, みても, みようといふ, みるやら, みろつて, もらいたいですから, もらったみんな, やしねえ, やらうと, やりながら, やるど, やろうと, よいと, よめば, らっしゃいとでも, られまして, られんぞ, われ棺を, ゐたけれど, ゐたって, ゐたところ, ゐたはず, ゐたら敬坊, ゐた仲人, ゐた大津, ゐた妹, ゐた彦六, ゐた樹明兄, ゐた男, ゐた老婆, ゐた豹, ゐた間, ゐないので, ゐなさい寝て, ゐますと, ゐようかな, ゐられては, ゐられなくつて, ゐられるもん, ゐるお, ゐるさ, ゐるぢ, ゐるとも, ゐるのに, ゐるらしいん, ゐるんぢ, ゐる一人, ゐる五十くら, ゐる人, ゐる六郎, ゐる十畳間, ゐる姉, ゐる小僧, ゐる弟, ゐる志郎, ゐる昨日, ゐる末, ゐる様子, ゐる犬, ゐる程, ゐる覚めると, ゐる軍人, ゐる雇人等, ゐる馬, カーテンを, ネクタアの, ベッドが, 一夜を, 丁度飯, 下さい夜中, 不精鬚を, 両肱, 両足を, 了うたあとで, 了つたと, 了つた様だ, 了ひたく, 二ツ起きた, 二度ばかり, 亭主が, 今日明日生れむ子を, 仕舞いねえ, 仕舞ったん, 他に, 休んで, 何の, 何物をも, 働くがい, 入らっしゃる, 其の薄化粧, 動かなかった, 十一時頃起きち, 十時半起き, 句合の, 呉れないかね, 唯その, 四十年間やかましい, 図太く冷, 夜の, 夜更け, 夢でも, 大きくなれ, 大小数匹の, 女中たちは, 家族や, 小説を, 居たい気持, 居たばかり, 居たらば, 居たわけ, 居た寝台, 居た癖, 居た自分, 居ったです, 居って, 居なさる人, 居ましたの, 居ますよ, 居らるると, 居られなかったの, 居りましたが, 居りました馬方, 居ります泰子, 居り升, 居るし, 居るといふ, 居るに, 居るやうぢやあ, 居る二階, 居る内儀さん, 居る奴, 居る寂しき, 居る座敷, 居る時, 居る病人, 居る貞藏, 居る連中, 居る頭, 居れば, 帰つた, 幸子以下の, 彼の, 待ってるのよ, 待つ果報, 待てでは, 得なくては, 忘る, 想像の, 或る, 手を, 揺られて, 日を, 早く起きるだろう, 明日行きねえ, 昼間は, 暗いところ, 暮したと, 暮し夜, 暮すと, 暮らしたみじめ, 暮らすうち, 暮らそうと, 書くと, 書物を, 朝な夕な友の, 朝起きる, 来たかと, 来て, 来るが, 果てしなく眠ろう, 樹洩れ, 歌つてゐる, 死骸の, 泣く夜, 湯を, 片方の, 男よりも, 目さめた, 眠れる馬, 眼に, 私たちを, 糞し, 終った, 置くの, 翌日朝早くから, 翌朝隣の, 考えるの, 聞くは, 胸の, 興安へ, 薄い掛け夜具, 行くさ, 術者はまな, 西瓜の, 見たいの, 見つなぞと, 見ましたが, 見ると, 許り居た, 話すか, 読む時, 貰った, 起きたら大分平静, 起りゃ人, 踏返した, 送った, 遊ぶよう, 過したり, 酔いを, 長い夜, 雨の, 青空の, 風が, 駱駝が

▼ 寝~ (386, 3.7%)

42 のまま 20 の上 18 を着 9 の襟 8 の袖, を着た 7 のま 6 に着, の裾 5 の前, の衿 4 に着かえ, に着替え, の儘, の帯 3 に鴇色, のよう, の姿, を出し, を着せ

2 [25件] がはだけ, が汗, すがた, にし, になっ, になり, になる, に半, に更, に派手, に着換え, に著, のうえ, のなり, のまま畳, の両端, の袂, の袴, らしいもの, を付けた, を更, を脱い, を脱がせた, を著, 白いシーツ

1 [171件] か何, があっため, がおい, がちょっと, がはり, がびっしょり, が三枚, が後, が歩く, だったそう, だったので, だと, だのおしめ, である, でしょうのに, ですから, でもよい, で夜露, で居た, で突, で胡坐, で薄, で解いた, で通し, というもの, と云, と着, と着換え, なぞは庄屋, などが片端, などを都度, なるもの, にかじり付いた, にくるみ, にぐるぐる, にする, になつて布団, には紅い, にもまた, にも着, にやわらか, に太刀, に寛服, に扱帯, に白, に着かえる, に着代えた, に着換えた, に着換えよう, に着換えろ, に着替えた, に着替える, に紅い, に細い, に細紐, に締め, に重ねた, に重ねる, に露, のつめたい, のままフイ, のままベッド, のままランプ, のまま医局, のまま周章, のまま呼, のまま四肢, のまま夜具, のまま家扶, のまま廊下づたいに電話室, のまま戸外, のまま書斎, のまま格子戸, のまま蚊帳, のまま道場, のまま首, のまんま, の下, の両, の乱れ, の乾かし, の儘表, の処, の切れ口, の前側, の包, の単物, の帯ひろ裸, の広袖, の形, の懐裡, の方, の男, の白い, の着換え, の肌, の肩, の肱, の背中, の胸, の腕, の膝, の臀, の華やいだ, の衣紋, の衣袋, の装, の裳, の褄, の間, はない, はまだ, はもちろん, は半分, は必ず, は白, も掛け, も汗, も着, やら刺繍枕, や下, や何, や口腔, や枕, や繻子, をかなぐりすてる, をきた, をくつろげ, をしだいに, をそこ, をとおした, をぬい, をぬいだ, をひき裂い, をひっかけ, をひっかけた, をべとべと, をもっ, をも貸与, をグッショリ, を交換, を円め, を出させ, を剥ぎ取られた, を取っ, を平常着, を持ち出し, を持っ, を振っ, を替える, を湿, を用, を畳み, を着かえ, を着かえさせる, を着かえる, を着せた, を着せました, を着換え, を着替へよう, を着流した, を窓庇, を締め直しました, を纒つた, を胴なか, を胸, を脱ぎすて, を見る, を解かなかった, を透し, を隠し

▼ 寝~ (301, 2.9%)

12 ついた, 就いた 10 就く 7 ける 6 行った 5 ついたが, つく 4 ついたの, 就いたが, 就いてからも, 就きました, 就こうと, 行きました 3 けり, なって, 就いて, 就くの, 帰った, 行く

2 [19件] いった, ついて, つきました, つくと, つくの, つく時, つこうと, やせと, やせ寝に, ゆくの, 就いたの, 就いた時, 就かむ, 就きましたが, 就く時, 就けば, 帰るだけ, 帰るの, 行く前

1 [164件] いきましたらあと, いくこと, いくべきとき, いく気, いこうなどと, いらっしゃいと, おやすみに, かえるだけ, くるなんて, けり魚, けるわ, ここへ, こし, しづむらしまして墓原, すでに馴れ, ついたその, ついたと, ついたばかり, ついたらしい, ついた僕, ついた全く, ついた博士, ついた夜, ついた態, ついた時分, ついた電気, ついてからは, つかれたらしい, つきましたが, つきエドワード, つき安心, つき翌朝二時ごろ, つき電燈, つくこと, つくので, つくべし, つくまで, つくまでは, つくや, つくよう, つく世話, つく前, なったの, なってから, なっても, なられるとき, なりお, なるはず, なる場所, ねた, はいったらしい音, ゆかせ彼, 一日を, 付く前四人, 侍する女御, 倦める面, 入ったと, 入りました, 入るの, 別れの, 吾は, 奉公する, 寝る気, 就いたので, 就いたはず, 就いたわけ, 就いた事, 就いた後, 就いた時間, 就いてから, 就かしめその, 就かむとするに, 就かむとする十時頃, 就かむとする時, 就かれるという, 就かんと, 就かんとして, 就きたれば, 就き翌朝, 就き翌朝目, 就き鼾, 就くと, 就くという, 就くに, 就くまで, 就くもの, 就く事, 就く前, 就こうかと, 就こうという, 就こうとして, 就こうとは, 就れんと, 帰ったが, 帰ったの, 帰って, 帰っても, 帰らうとは, 帰ります, 帰る, 帰るという, 帰るところ, 帰るばかりの, 帰る気, 帰る百姓, 帰ろうと, 廻るという, 引上げて, 往って, 慣れて, 掛ったから, 来し草, 来ず母, 来た, 来たところ, 来たやう, 来たよう, 来た風, 来て, 来るが, 来るすこし, 来るの, 来るまで, 来る丑之助, 来る室, 楫枕楫枕, 着きさ, 立とうと, 舳の, 苫を, 行かうとは, 行かせる, 行かぬ兵, 行きしかな, 行きながら, 行き到頭, 行き弟, 行くか, 行くかと, 行くが, 行くざま, 行くため, 行くと, 行くという, 行くとき, 行くの, 行くまでに, 行く太陽, 行く少し, 行く時, 行く気, 行こうと, 行ったが, 行ったの, 行った結城, 行って, 行っても, 行つた, 行つてゐた, 襲はれ, 身が, 這入った頃, 這入つて, 還る軍馬

▼ 寝ながら~ (251, 2.4%)

6 それを 4 そんなこと, 本を, 聞いて 3 日記を, 見て, 頭の

2 [11件] ながめて, 他人の, 左の, 手を, 枕頭の, 窓の, 考えた, 考えて, 自分の, 花札を, 話した

1 [202件] あちこちで, ある一事, いくらか反身, いろいろあった, おかしく思った, おっかさんが, お話の, かつ苦み, きょう買っ, けなしますと, こう考え, こちらを, この汚, こも, これまで, さむいと, しばしばドストイェフスキー, しみじみ考え, じっと台所, じっと眼, じろりッ, そう考え, そのよう, その寝間着, その幾つ, その方, その松林, その食う, それらの, たくさん本を, ただ苦痛, ちょっと身動き, では, どんなに苦しかっ, のぞいて, ふとその, ぼんやり, またウイスキイ, また眺め, みる夜空, みんなと, むくむく動い, やって, ゆき子の, ゆっくり言う, よく考えよう, よく見, れいの, ジッと, テアトロを, ドビュッシィの, メリイ・カルヴィンは, ラジオの, 一服吸う, 万事を, 上を, 不意に, 二人の, 二度も, 二頁を, 云う, 今日の, 仏造った, 仕事について, 伸子は, 体を, 俺は, 偶然目を, 其窓を, 刀で, 割いて, 勉強し, 占って, 口笛を, 古今集を, 叫んだ, 右の, 向き直って, 向を, 呟いた, 呼吸を, 囁いた, 堯を, 外が, 夢中で走る, 大変苦しみ出した, 大得意, 天井を, 女が, 妻の, 宿直員の, 富岡は, 将軍様の, 小便を, 小説本を, 少し考え, 巨額の, 巻莨を, 幌を, 平然として, 彼女の, 後詰の, 御覧なさる, 愉しげ, 懶そう, 扇を, 手の, 投げた扇, 抱き起こした老人, 拝聴する, 拝見する, 指図した, 掌の, 改めて女, 数へた事が, 敷布枕の, 新子の, 新聞を, 書物を, 木瓜を, 本の, 枕時計を, 栄子から, 桂木の, 桜島が, 楽しんで, 様子を, 横目で, 次の, 毎日見, 泣く程, 深々と, 満天の, 満足そうな, 滅入るよう, 炉の, 無智, 焼芋を, 煙草盆を, 父の, 物語りが, 病人が, 相談した, 看て, 眺め坪の, 睹る, 神中の, 私が, 私ひとりで, 種々な, 種々な物語り, 立てて, 端書を, 筆を, 縁側と, 美くしい, 考えたが, 考えたん, 考えよう, 考える, 聞くと, 聴いて, 腹の, 舞扇の, 茶を, 藁半紙の, 虫などを, 行かれるという, 行くの, 行燈の, 見たが, 見たり, 言うと, 言った, 言って, 訊いて, 話しつ, 話して, 誂えもの, 語りつづけた, 語り明し, 読むという, 読んだ, 講談を, 講談本艫の, 賊の, 賑やかに, 足で, 退院後の, 逢いたい見たい心, 遊ぶの, 過去二三時間の, 鉛筆で, 鐚の, 長屋を, 障子越しに, 頬杖を, 頭を, 顔だけ, 飲むん, 飲もうと, 黙って

▼ 寝ても~ (217, 2.1%)

33 醒めても 32 覚めても 21 起きても 20 さめても 4 いられないよう 3 寝ても 2 いい, いいと, いいという, いいよ, 寝られないという, 寤めても

1 [92件] あなたと, あんたは, い, いいかと, いいけど, いいけれど, いいぞ, いいの, いいわ, いられず眠い, いられず部屋, いられない, いられないからと, いられないので, いられなかった, いられまい, いられめ, おきても, おられないと, おられぬの, おられん, おれ覚めても, かまわないよ, しばしば眼, しようがない, ただ一目, なかなか寝付かれない, よい, よいこと, よいと, よろしゅう御座います, ゐられないので, スウスウと, 不安起き, 二時間位経つ, 仕様が, 何を, 傍を, 別に何, 口笛吹きぬ, 味が, 坐っても, 夜半に, 夢に, 夢ばかり, 好いだらう, 妙な, 宜う, 宜かろう, 寝たところ, 寝つかれません, 寝られない, 寝られないでも, 寝られなかった, 寝られませんから, 寝心, 寝足りないという, 寝足りないといふ, 寝足りないよう, 寝足りねえ, 居られねえだ, 居られやしません, 差支えないという, 平気だ, 御慶の, 心が, 暴れて, 朝は, 未明に, 枕を, 横にな, 歌って, 毎日毎日疲れきってる, 痛む起きても, 百円, 眠られないの, 眠られない夜, 眠られませんよ, 眠れない, 眠れなかった, 睡られず食事, 瞬時も, 立っても, 見えないし, 覚ても, 走れ, 起きる時刻, 醒ても, 野に, 雲の上に, 飽きたと, 鶴と

▼ 寝たり~ (210, 2.0%)

96 起きたり 20 して 10 起きたりの 4 すると 3 食事を 2 こっちの, しに, する, すること, するの, すれば, 坐ったり, 坐つたり, 自分の, 起きたりという

1 [57件] いろいろ変つた型, おきたり, おなじやう, お葬式, さめたり, した, したこと, したという, したの, しましても, するかという, するばかりの, するまじない, そして夕方, とぐろを, どのうち, なぞする, なんかすると, ぬすみ食い, ぶらぶらし, めしを, キャンプを, コロゲたり, ダンスし, 乞食の, 何か, 地上に, 夜は, 子守唄を, 小田原の, 小荷駄隊も, 川の, 座ったり, 悩ましい朝, 暴れまわったり, 書いたり, 村の, 歩いたり, 泊つ, 洞の, 煙に, 煮たきまでも, 生姜餅を, 突っ立っ, 立ったり, 萩の, 行当りば, 話したり, 谷崎精二の, 起きあがったり, 起きたりが, 起きたりと, 遊んだり, 電気アイロンを, 食ったり, 養母殺しの, 饒舌つ

▼ 寝姿~ (142, 1.4%)

13 を見 3 に眼, のよう, の上, を眺め, を見おろし

2 [12件] があった, が見える, さえ想像, であった, をしばらく, をながめ, を前, を崩さず, を見た, を見る, を見守った, を見詰め

1 [90件] かと思う, がつい, がまた, がピアニシモ, が乱れなかった, が何となく, が向, が小, が影, が明るく, が神々しく, が闇, だけがぼうっと, だけだった, であり見る目憚ら, である, ではない, でもある, でもない, で只, というもの, とは逆, と一緒, と鼾声, にさ, に向けられた, に向っ, に呼びかけた, に哀れ, に引返した, に描く, に水, に添う, に白露, に集ります, のかたち, のみ, のやう, の周囲, の哀れ, の夢まくら, の方, の艶, はお, はわずか, は如何にも, は座蒲団, は見えない, は酔払っ, へおどりかかっ, への角度, へ団扇, へ掛けた, までがそれ, も余りみつ, も実に, も見, をいとも, をなお, をぼんやり, をみる, をやや, をよんだ, をわれと, を一通り, を人々, を写生, を半, を少年, を廻想, を思い, を押し隠し, を横, を照らし, を直し, を真面目, を衣うち, を見せ, を見つめ, を見まもった, を見まわした, を見やった, を見られた, を見出した, を見守りました, を見廻した, を見物, を透かし, を鏡, を顧み

▼ 寝椅子~ (138, 1.3%)

19 の上 4 に横, に腰 3 にもたれ 2 がある, に尻餅, に横たわっ, に腰かけ, の傍, の布, を呪う, を持ち出し

1 [92件] あり, からとび上っ, からむっくり, からズルズル, から下りた, から半分身体, から立ちあがった, から立ち上り, から立っ, から起き上った, から身体, から飛びおりた, があつ, があり, がいつ, が一個漂着, が室, が置い, だった, ですっかり, で安臥, で日記, とがあった, とが置い, とその他二三脚, とに打ちかけられた, にころがっ, にころがった, にころがり, にころがる, にさっき, にねそべっ, にねる, には白い, には陳独秀, によっかかり, にゴロン, に一人, に並ん, に人, に休ん, に似た, に体, に倒れた, に倚りか, に凭, に凭つて, に凭れ, に出, に埋まっ, に寝ころんだ, に寝そべっ, に寝る, に布団, に帰り, に恍惚, に栄介, に着流し, に身, に長, に長々, に長く, に青み, のまわり, の中, の側, の形, の方, の末, の裾, はころがる, はゆれまする, は先刻, へ腰かけた, へ行っ, へ額, もそこ, もつて, やをその, をお座敷, をだし, をはじめ種種, をひろげ, を並べ, を奉る, を持出し, を指さし, を考え, を買っ, を買つて貰, ヲ運ン, 青いビロード

▼ 寝~ (116, 1.1%)

35 の床 15 の里 4 かな, が悪い 2 が悪く, の悪い, の耳

1 [52件] からも登れる, からも駒ヶ岳, から駒ヶ岳, がいい, がよく, がわるい, がわるおます, がわるく, が好いだ, が悪, が悪くっ, が鈴, では, で昼, で行きあいました, と見る, にあるいは, にまた, にも忘れ, にも苦むところなれば, に時雨, に着い, に落葉, に跫音, に送ろう, のつれづれ, のまま, のよい, のよく, のわるい, の一人, の千鳥, の好い, の家々, の床岩, の床探勝, の思い, の感じなく, の枕, の端, の老, の耳元, の蕎麦屋, の蕎麦屋あたり, はさびしい, まで行く, も好, を思ひやり, を照す, を立っ, を舞う, を通り

▼ 寝~ (114, 1.1%)

12 やらずに 5 しないで 4 やらず思案 2 しなん, せずに, せず夜, せで, せぬ, やらず待って, やらぬ春

1 [79件] うと, されずと, したらうし, して, しないじゃ, しなかった考えても, しなければ, しねえや, しませうと, するし, せず噂, せず居間, せず振付け, せず明し, せず独り首, せず考えたに, せず静か, せで夜, たりないしね, できまい, やらず, やらずいた, やらずいやったか, やらずかわいい, やらずこの, やらずさめも, やらずそんな, やらずついに, やらずにおい, やらずにやにや, やらずひそか, やらずまだ, やらずもし, やらずヒソヒソ, やらず一同, やらず不安, やらず二人, やらず兄, やらず冬次郎, やらず名人, やらず室内, やらず寝床, やらず山門, やらず平次, やらず床几, やらず弁財天, やらず待ち, やらず待ちわびて, やらず探すには, やらず控えて, やらず明く, やらず明方, やらず晩餐, やらず煩悶, やらず片, やらず目, やらず翌日, やらず自分, やらず自己, やらず諸, やらず起きて, やらず身じろぎも, やらず遂に, やらず食事, やらず駈けずりまわって, やらでおこりふぐのごとくかんかんになっていた伝六, やらでもてあましはてはいっそ, やらない様子, やらぬうち, やらぬ女房, やらぬ様子, やらぬ看病, やられず深更, やれぬふう, やれぬ緊張, よろし, 寝つかれぬ, 昼寝も, 気が

▼ 寝~ (104, 1.0%)

4 別れという 3 夢に, 寒さ, 枕に, 習慣を

2 [11件] 別れ, 別れの, 夢の, 寝台が, 寝床の, 床に, 折きんは, 歌を, 番の, 番を, 覚むれ

1 [66件] あじきなさ, かけひき, つれづれさ, ところを, なかで, ひびき侍れば, ま, もしや心, ものと, わかれ, ドクタアの, 人も, 今朝の, 冷たい床, 別れこりゃ, 夜の, 夜を, 夢も, 大きいベツト, 大きなベツト, 大きな寝台, 好きな, 字も, 宿直番が, 寝台の, 寝台を, 小さい蚊帳, 幸を, 床の, 床は, 床や寒, 意味に, 態を, 憶ひ, 所在な, 携帯天幕を, 旅の, 時間に, 朝けの, 朝は, 朝ぼらけ, 来しと, 浴衣を, 燈火を, 狭いベッド, 番が, 番たらしめ, 番に, 眇めに, 看とりで引, 祠の, 窮屈さと, 組も, 綿蚊帳を, 肘を, 臥床寂しく, 蚊帳の, 足らぬ眼, 足りない, 足りない素戔嗚, 身体に, 鐘が, 鐘の, 閨が, 閨淋しい, 駈引

▼ 寝~ (100, 1.0%)

48 えりを 6 えりばかり 4 へりを 2 えりし, えりと, えりも, おを

1 [34件] えった, えり, えりうった, えりうつと, えりした, えりだに, えりながら, えりに, えりひとつ打てない, えりまで, えりものは, えり打って, えり打つ拍子, えり海上, えり者を, おに, おの上へ, しみついて, つづきすぎた, なんともいえない, へらせつ, へりながら, へれば, まだ足りなかった, 一度飯を, 不足の, 何うれしかろ, 足りないから, 足りないため, 足りないの, 足りないよう, 足りない処, 足りなかったと, 足りなかったので

▼ 寝呆け~ (68, 0.6%)

10 たよう 7 ている 4 てゐる 3 たの 2 たやう, た事, ていた, てるん

1 [36件] た, たお, たか, たこと, た一個, た奴, た小娘, た山, た眼, た言葉, た頭, た顔, ちゃいけない, てあたし, てい, ていたん, ていやがる, ていられます, てさホホホ, てその, ては駄目, てると, てゐ, て一, て何, て呼び, て居る, て私, て見誤った, て言っ, て跳ね, なさんな, やがっ, るの, る癖, 返って

▼ 寝~ (62, 0.6%)

25 して 3 するよう 2 さ寝, した, する夜

1 [28件] させるには, したがる傾き, したね, したらしい, したろうだから, した上, した堤, しては, しながら, するさ, するの, するので, する夜ごと, する様, すれば, とらせましたが, はじめて, びれて, 促した, 先だ, 先立たに, 出て, 寝る, 忘れて, 拒む権利, 貪り又は, 辿ったもの, 難じ

▼ 寝部屋~ (59, 0.6%)

2 の中

1 [57件] からお, からそんな, からママ, から断末魔, だったの, であった, で其処, で背後, で脇本門, というの, とおっしゃいます, とか風呂場, ともして, ともする, にはお, にまで話しこみ, に一つ, に大, に忍び込む, に来, に涼しい, に行っ, に陣取りました, の前, の外, の天井, の寝台, の枕もと, の毛布, の窓, は冷えます, は藻, ばっかりに伏せっ, へ, へな, へはいり込む, へは来られなかった, へ一番, へ入り込んだなら, へ参られませ, へ帰りとう存じます, へ引きずり込まれた, へ忍び込ん, へ持ち込み, へ行こう, へ行っ, へ見える, へ這入った, へ連れ込んだ, まで別, まで行ける, よ日, らしい, をかね, をた, をわたし, を出

▼ 寝てから~ (56, 0.5%)

2 考えた

1 [54件] いろいろその, おせんは, こう聞く, こつそり, こん, ずいぶんたった, その夢, その珠, であった, です, でなければ, また猛然と, また起き上っ, やっとこの, ゆっくり申, よくよく考え, ブックに, 一週間に, 三十ぺんずつ, 三日に, 五分くらい, 何か, 何を, 何時間も, 前途の, 又起き上っ, 多時, 大分の, 奔馬性の, 妻と, 容易に, 常吉が, 後悔し, 暗闇の, 暫く解き物, 栄二は, 死体を, 毎晩ひとりし, 泣いて, 淋しくて, 磯貝が, 私は, 考えたと, 考えました, 考えること, 膚を, 自分で, 行ったらどう, 話しかけるので, 話したこと, 話すからさ, 譫言を, 魅され, 鶴吉は

▼ 寝ては~ (55, 0.5%)

3 いなかった 2 いられない, いられないの, 夢さめ, 起き起きては

1 [44件] いけないという, いけません, いたんです, いないの, いないよう, いなかったそう, いませんよ, いられず豆, いられないので, いられないよう, いられなかった, いられなくなって, いられまい早く, いるよう, くれまいかとの, しまふけれど, ならないと, また起き, わるい, ゐないで, ゐられない, ゐられないの, ゐられなかつた今日, 又空き腹, 又立つ, 夜の, 夢起き, 大変だ, 宿の, 居なかった, 居られない, 居られないで, 居られない位, 居られぬ, 居れなかった, 牀を, 生慾, 病む身, 病床閑語, 自分と, 覚め覚めては, 起きる, 頭の, 鼠が

▼ 寝てばかり~ (55, 0.5%)

8 いた 6 いて 3 いるよう 2 いたの, いる, いると, いるの, ゐて

1 [28件] いたが, いたよう, いてさ, いないで, いやがって, いやがる, いらしたじゃ, いられたもの, いるから, いるせい, いるとは, いるね, いるもん, いる状態, いる男, いれるもの, おいで, おりましたの, おりましたよ, おりますが, それでも食べる, ゐては, ゐました, ゐるのね, ゐるん, 居るので, 居折々, 御座る様子

▼ 寝ざめ~ (52, 0.5%)

12 が悪い 4 の悪い 3 の悪 2 がよく, が悪かっ, の床, の草, の重たい

1 [23件] がいい, が好く, が良く, にわが, に故人, に耳, に親しん, の具合, の喊声, の心, の目尻, の窓, の袖, の頭, の驚愕, は悪い, をああ, を天変地異, を思い起し, を驚かせた, 寝ざめ, 悪いしなあ, 悪うて

▼ 寝場所~ (42, 0.4%)

3 をさがし 2 になる, のこと, を教え

1 [33件] がどんな, ぐらい見つかる, だ, だったが, であつ, でさあ, とさだめ, と暖房, なんか見つかりっこない, にこと, になっ, に行き, の一つ, の狭苦し, はきまっ, はちょうど, はない, はもと, へかえっ, まで自分, もない, をえらぶ, をきめ, をさがした, をさがす, をぬけだし, をもとめ, を作つ, を掘る, を見つけたら, を見つけよう, を見つける, を譲っ

▼ 寝~ (38, 0.4%)

7 つてゐる 6 つてし 4 つてゐた 2 つて了つた, 端を

1 [17件] つたといふ, つたなら, つたので, つてお, つておし, つてしまつた, つてしまつたこ, つてる, つてゐました, つてを, つて居た, つて答へを, ッテシマウ, 初この, 寝て, 端だ, 端でございます

▼ 寝~ (36, 0.3%)

5 の悪い 3 が悪い

1 [28件] が堂々, が御堂, が恰も, が悪く, が物, せっかく被せ, たるや, つたら妾, でありました, であるかの, でした, にでも見, になっ, にまで現し, に現, のよい, のガラスぶた, の悪, の痛い, の者, もあまり, もある, を刻みかけ, を思出, を憂慮, を正し, を見る, を調べ

▼ 寝つき~ (30, 0.3%)

4 の悪い 3 が悪い, が悪かっ, が悪く 2 がわるい, が早く, のい, のいい, のわるい, の悪 1 がそれ, がよく, が悪, でもしたら, になれなかった

▼ 寝んで~ (30, 0.3%)

2 あしたは, おいでに, らつ

1 [24件] いなされや, いらしった, いらっしゃい, いらッ, いる平和, おしまいに, おられたが, おられるの, ちやうだい, ゐたから, ゐたの, ゐる与里, ゐる六畳, ゐる多, 下さい, 下され, 入らつし, 居なさるの, 居ります, 居んなさるですよ, 彼女の, 明日地の利を, 次の, 頂戴と

▼ 寝衣姿~ (29, 0.3%)

3 のまま, の女 2 のま

1 [21件] でふさ, で出, で奥庭, で寒, で火鉢, で脛, で蒲団, で降り, なる豊子, なれば, に女, のしどけなく, のまま自分, のまま裸足, の伯母, の狂気, の紳士, の葉子, は慥, を屹, を彼

▼ 寝巻き~ (26, 0.2%)

3 を着た 2 のまま, の上, の肩

1 [17件] がない, と黒い, にほそ, に小帯, に着, に着せ, に着替える, のま, のまま扉, のまま蒲団, のよう, もあといくら, も何, や赤い, をつけ, をまとった, を着

▼ 寝~ (26, 0.2%)

4 をし 3 の顔, を共に 2 の世話

1 [14件] にこんな, にも自由, に横浜, のまま, のよう, の悪, の悪い, の時, の目, の眼, の表, の隙, や入浴, をする

▼ 寝どこ~ (24, 0.2%)

2 にはいっ

1 [22件] がくぼん, がすこし, ができ, がやっと, が変わった, が欲しかっ, さえ与えられず働き, にねる, にはいりこんだ, にもだれ, に入る, の中, の内, へいっ, へかけつけ, へはいった, へ横たえよう, へ行った, をやらない, を工合, を抜け出し, を歩いた

▼ 寝~ (23, 0.2%)

1 [23件] あさあけ, ついに馬, もしくは狭, 今は, 何の, 味噌汁で, 夢の, 女王としての, 宮廷内の, 山野に, 昼は, 時としては, 朝は, 未だ曾, 第二夜, 翌朝早々に, 芙蓉の, 谷に, 貧窮の, 軍中の, 野原で, 野鼠の, 露に

▼ 寝支度~ (23, 0.2%)

6 をし 3 をした

1 [14件] であるしかし, というわけ, にか, にかかった, にかかりました, にかかり始める, にとりかかった, に取かかった, に取りかかっ, に取りかかる, に取りかかろう, に髪, も出来た, をする

▼ 寝~ (20, 0.2%)

3 の鳴き声 2 のおどろき起つ, の寝, の騒い

1 [11件] がおどろい, が二, が時々, が立つ, でも捕え, とはどんな, のさわぐ, の羽搏きが, をおどろかす, を取る, を捕っ

▼ 寝~ (19, 0.2%)

1 [19件] ったあたり, ったとき, ったよう, った伏見, った家中, った廓, った時刻, った玄関, った真夜中, った静, った頃, ってから廊下, ってから法王, ってしまっ, ってる中, ってる街路, ってタキシ, らしてから, るを

▼ 寝ちゃ~ (15, 0.1%)

2 ったらしいの, アいねえんだ

1 [11件] いけません, いられなかったかも, からだに, そりゃまずい, ならないこら, ア何うです, ア風を, 居られませんよ, 手前の, 毒だ, 風邪を

▼ 寝てからも~ (15, 0.1%)

1 [15件] さぶ, しかし私, しばらくその, そのくやし泣き, それが, ふとんの, へんな, よく寝つかれ, 同一ことを, 女主と, 彼女が, 枕元に, 細君に, 読むと, 誰も

▼ 寝~ (15, 0.1%)

8 の中 1 からおりた, にとじ込められる, のそば, の下あたり, の底板, の縁, の隣

▼ 寝ながらに~ (14, 0.1%)

10 して 1 かぎる, 外面に, 考えた, 部屋の

▼ 寝~ (14, 0.1%)

3 をし

1 [11件] が出来, であり同時に, で死ん, にどことなく, には慣れ, はされない, はどう, も違う, をしたら, をしなけれ, をする

▼ 寝~ (14, 0.1%)

1 [14件] から降り, には, にはカテリーナ, によりかかり, に倒れた, に寝, に眠り, に腰かけ, のうへで足, のうへにあぐら, のよう, の上, の前, へ飛びあがり

▼ 寝~ (13, 0.1%)

2 した

1 [11件] されてるよう, されるの, したん, すまいの, するも, っしゃい, っしゃるせいだっぺい, へすれ, へ出来ません, らして, 寝てこそ

▼ 寝てを~ (13, 0.1%)

2 りました, れば 1 つても, られたが, ります, り朝立, り菊, るし, るだで, るの, る所

▼ 寝~ (13, 0.1%)

1 [13件] いいこころもち, いたしませんで心配, しまい, するが, せねど, だかつて, ちちと啼くなる, 君も, 肱枕が, 致しませんお, 負け惜しみでは, 足りたから, 足りないが

▼ 寝まき~ (13, 0.1%)

5 のまま 1 ではなく, のシャツ, の半, の肩, の裾, や長襦袢, をき, をきた

▼ 寝がけ~ (12, 0.1%)

1 [12件] に, にお, にはその間, にウトウト, に一人ごと, に喰べた, に女中, に松葉杖, に枕元, に睡眠剤, に行く, に読み初めた

▼ 寝って~ (12, 0.1%)

1 [12件] いやア, いらっしゃいましこの, いらっしゃいますね, おいで, おしまいなさいました, です, ですわね, 何にも, 在らっしゃったの, 居ります所, 居りみす, 言うもの

▼ 寝仕度~ (12, 0.1%)

2 にかかろう, をした 1 がはじまった, だから, にかかり, もおかしい, もせず, をさせ, をし, をはじめ

▼ 寝~ (12, 0.1%)

3 の下 1 から起きい, にあり, に入, に入る, に縛り付け, に這入つた, のなか, の悪, を想い浮べず

▼ 寝ごこち~ (11, 0.1%)

1 [11件] から畳, がいい, がよく, が悪く, など絵, のよ, の快い, は, はたいへん, はどう, は実に

▼ 寝てや~ (11, 0.1%)

3 がる 2 がるから, がるの 1 がら姉様己が, がるは, しないか, しなかった

▼ 寝ころ~ (10, 0.1%)

5 がつて 3 がつた 1 がし, がつた佐太郎

▼ 寝~ (10, 0.1%)

3 まりを 1 おいやしても, きめた, なりますが, 云ったらお, 云れ, 書きしより, 洒落こんで

▼ 寝まき姿~ (10, 0.1%)

1 が恥, であるけれども, ではなかっ, で斎藤一, で直立, で飛ん, なの, にて寝室, のしどけない, のまま

▼ 寝~ (10, 0.1%)

2 をし 1 がとう, がよく, が一番, のため, の害, の顔, をしない, をする

▼ 寝~ (10, 0.1%)

3 をかぶった 1 つけて, との人間, との臭い, とを著けた案山子たち, にし, をかぶっ, を被った

▼ 寝~ (9, 0.1%)

5 寝子 1 ねしよう, ねです, よおころり, 寝ン

▼ 寝呆け眼~ (9, 0.1%)

1 であたり, でぼんやり, で朝, で現れ, で薄, のエヴァンス, をあげ, をこすり, をし

▼ 寝~ (9, 0.1%)

1 でやさしく, で密談, の中, へはいらず, へ侍らせ, へ入りました, へ入る, へ呼んだ, ノ隣ニ設ケル

▼ 寝惚眼~ (9, 0.1%)

2 をこすり, を擦り 1 だか, に映, に映った, をこすりこすり, をし

▼ 寝小屋~ (8, 0.1%)

1 だった, のほう, の外, もない, もよく, らしい, を建てる, を貸した

▼ 寝~ (8, 0.1%)

2 がいい 1 にも疑い, のさて, の好い, も好から, よく夢み, わるく諦め

▼ 寝~ (8, 0.1%)

1 がある, にあおのけ, にころがっ, にひっこんだ, に入りこみ, に突ッ, の端, へ入った

▼ 寝~ (8, 0.1%)

1 で居る, におろし, のまま, の上, の懐, の扮装, の衣紋緩やか, をきた

▼ 寝ごみ~ (7, 0.1%)

1 の不意, を押えた, を衝かれ, を襲う, を襲わせ, を襲われ, を襲撃

▼ 寝てからの~ (7, 0.1%)

1 ことである, ことに, 夢の, 床の, 暇を, 枕の, 苦しみまで

▼ 寝ながらも~ (7, 0.1%)

2 思った 1 この仕組み, そのこと, それを, 下に, 竹影払階塵不動と

▼ 寝~ (7, 0.1%)

2 え, えって, え寝 1 やが

▼ 寝~ (7, 0.1%)

2 ない 1 ないの, ない夜, なくったっ, なくては, れるやう

▼ 寝~ (7, 0.1%)

2 えぬに 1 えぬ吾, ず, ずに, せた, せなかった

▼ 寝~ (7, 0.1%)

2 ころがって 1 ころがらして, ちまいな, ちまえ, ちまおうと, 転がって

▼ 寝反り~ (7, 0.1%)

1 がそれ, などは出来ぬ, にびつくり, を打っ, を打つ, を理由, を繰り返し

▼ 寝~ (7, 0.1%)

1 で踞ってる, の広袖, の襟, も赤子, を今時分, を着せ掛けられる, 広き芭蕉

▼ 寝~ (7, 0.1%)

1 に閉じ籠っ, の内, の房, の盃, へ入る, へ戻れ, をともに

▼ 寝~ (7, 0.1%)

1 がほな, たの, た鳥, ている, てはいかん, て度々, るな

▼ 寝~ (7, 0.1%)

4 して 1 した, したの, するだけに

▼ 寝おき~ (6, 0.1%)

1 から母, した今, して, の時, の町, の顔

▼ 寝そう~ (6, 0.1%)

2 にもしない 1 ですから, になったら擽, にもなかっ, もない

▼ 寝てしも~ (6, 0.1%)

2 うた, うたが 1 うたで, た

▼ 寝~ (6, 0.1%)

2 はい 1 なむ, はつた, はれ明日, むひとりかかにかくにわれは仏に

▼ 寝ながらの~ (6, 0.1%)

2 空想は 1 ながめもの, 宿直と, 散歩だ, 葉子の

▼ 寝~ (6, 0.1%)

1 という, と申せ, ない清浄, ば一人, よ, るよう

▼ 寝ものがたり~ (6, 0.1%)

2 かな 1 にかの, にし, に聞い, に話し

▼ 寝入り~ (6, 0.1%)

2 して 1 させて, させなければ, しなさい, になった

▼ 寝~ (6, 0.1%)

1 がない, とし, などの動揺, より起き来し, を捜す, を設ける

▼ 寝台車~ (6, 0.1%)

1 と俥四台, なの, に乗せ, に送っ, の方, へ連れ込む

▼ 寝呆け声~ (6, 0.1%)

2 を出し 1 で口汚, で言った, を先生, を出した

▼ 寝呆け顔~ (6, 0.1%)

2 の正, をし 1 で応対, の女中

▼ 寝惚声~ (6, 0.1%)

2 の挨拶 1 して, で, の生, をした

▼ 寝白粉~ (6, 0.1%)

2 をつけ 1 というやつ, の処班ら, の香, を塗っ

▼ 寝観音~ (6, 0.1%)

1 が安置, でした, に眼, の後ろ, の背中, を開い

▼ 寝~ (6, 0.1%)

2 っている 1 がつて, った, りを, ると

▼ 寝ごと~ (5, 0.0%)

1 が切なく, となっ, をいいました, をいう, を聞いた

▼ 寝ざま~ (5, 0.0%)

1 と戸閉, なの, にうらら春日, を変えた, を見

▼ 寝ちゃあ~ (5, 0.0%)

1 いかん軒下, いけねえ, いないよ, いめえ, だめよ

▼ 寝てさえ~ (5, 0.0%)

1 いれば, 伝染の, 何かに, 何となく味気, 狭苦しい上

▼ 寝~ (5, 0.0%)

1 いたお母さん, かまわねえん, その兵隊, 休んだらいかんべな, 悲み

▼ 寝~ (5, 0.0%)

2 はったか 1 はったところ, アしない, 法師蝉

▼ 寝やう~ (5, 0.0%)

1 である, として厠, としなかつた, とする, と思へ

▼ 寝~ (5, 0.0%)

1 から軍, のある, のうち, へ入った, を出

▼ 寝~ (5, 0.0%)

2 の上 1 から身, のうえ, へ戻っ

▼ 寝転ろ~ (5, 0.0%)

1 んでただ, んで天井, んで新聞, んで見る, んで鏡

▼ 寝~ (5, 0.0%)

1 の御飯, をみつかった, を捕, を襲う, を襲っ

▼ 寝通し~ (5, 0.0%)

1 でいる, でしたから, なん, の人, をした

▼ 寝釈迦~ (5, 0.0%)

1 お助けじいさん, かな, だか, になっ, に似た

▼ 寝~ (5, 0.0%)

1 った家, った時, って夜, りたる後, るの

▼ 寝かた~ (4, 0.0%)

2 をし 1 であった, をした

▼ 寝てでも~ (4, 0.0%)

1 いたらしくふだん, いたろうか, しまおうよ, 仕舞は

▼ 寝まれ~ (4, 0.0%)

1 たが, ている, てはどう, ましたか

▼ 寝~ (4, 0.0%)

1 をとっ, を言っ, を障たげ, を願いまする

▼ 寝~ (4, 0.0%)

1 この戸, そう吟じ, の寝, 迄は何

▼ 寝やすい~ (4, 0.0%)

1 だらうね, ように, わ, 心持ちが

▼ 寝~ (4, 0.0%)

2 が悪い 1 が不, の悪い

▼ 寝勝手~ (4, 0.0%)

3 のよい 1 が悪い

▼ 寝呆け姿~ (4, 0.0%)

1 が三つ, が目, にお目にかからなけれ, を何

▼ 寝~ (4, 0.0%)

4 しかつた

▼ 寝覚がち~ (4, 0.0%)

2 の私 1 だつた, の夜

▼ 寝~ (4, 0.0%)

1 が悪い, が悪かろ, が悪く, は

▼ 寝食い~ (4, 0.0%)

2 ができる 1 の日, をし

▼ 寝いす~ (3, 0.0%)

2 の上 1 により

▼ 寝から~ (3, 0.0%)

1 出て, 目が, 覚めると

▼ 寝ざめて~ (3, 0.0%)

2 見れば 1 聴けば

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 がたが, がたへ, がたを

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 しける, しけるわび, べりながら

▼ 寝たま~ (3, 0.0%)

1 に起き, へと私, も離した

▼ 寝たりなんか~ (3, 0.0%)

1 しちゃ, しませんよ, するの

▼ 寝たりなんぞ~ (3, 0.0%)

2 しや 1 したん

▼ 寝つつも~ (3, 0.0%)

1 寝られず体, 眠らずに, 金剛神の

▼ 寝てのみ~ (3, 0.0%)

1 あれば, 暮らすこの, 見過して

▼ 寝てばかし~ (3, 0.0%)

1 いてさ, いるん, 居たこと

▼ 寝てばかりも~ (3, 0.0%)

1 いられない, おられまい, ゐられないので

▼ 寝という~ (3, 0.0%)

1 のよ, 生活な, 都合に

▼ 寝にくい~ (3, 0.0%)

1 たちで, で御, とみえ

▼ 寝についても~ (3, 0.0%)

1 いうこと, 早寝には, 眠られず昼間

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 入った, 入ったが, 入って

▼ 寝まり~ (3, 0.0%)

2 けり 1 たる乙女等五七人

▼ 寝まろん~ (3, 0.0%)

3 でいる

▼ 寝もし~ (3, 0.0%)

2 なむ 1 たい子みたいな

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 いいからさ, ふわっ, 朝早く

▼ 寝よう~ (3, 0.0%)

2 にも寝られない 1 で炭

▼ 寝乱れ~ (3, 0.0%)

1 の兵庫髷, の赤い, を思い合わせない

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 つただ, つたま, つてるだ

▼ 寝呆け稲荷~ (3, 0.0%)

1 という祠, の方, の裏

▼ 寝呆け面~ (3, 0.0%)

1 でこちら, でれい, で引戸

▼ 寝母親~ (3, 0.0%)

3 が階下

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 という, のよう, 同じく白鳥山

▼ 寝着姿~ (3, 0.0%)

1 が見え, と変る, の肌

▼ 寝~ (3, 0.0%)

21 へよ

▼ 寝臭い~ (3, 0.0%)

1 ものが, 暗闇を, 蚊帳の

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 などを笑われ, にまぎらし, を云わない

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 が多い, にし, になっ

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 こう寝附こう, の悪い, の早い

▼ 寝~ (3, 0.0%)

1 が遅く, となる, のよう

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 寝って, 神さんは

▼ 寝かに~ (2, 0.0%)

1 ば, ば誰

▼ 寝がての~ (2, 0.0%)

1 歌は, 腕あげ

▼ 寝ぐさい闇~ (2, 0.0%)

1 が暖まる, に甘い

▼ 寝ごとみたい~ (2, 0.0%)

2

▼ 寝さえ~ (2, 0.0%)

1 して, すれば

▼ 寝ざめ雪~ (2, 0.0%)

2 ふるさびし

▼ 寝たりと~ (2, 0.0%)

2 覚し

▼ 寝だめ~ (2, 0.0%)

1 には重宝, をし

▼ 寝ちや~ (2, 0.0%)

1 つたよ, をられないだ

▼ 寝つつ~ (2, 0.0%)

1 さまざま猟奇的な, 読む本

▼ 寝てか~ (2, 0.0%)

1 覚めてか, 起きてか

▼ 寝てからは~ (2, 0.0%)

1 口を, 絶えず美くし

▼ 寝てな~ (2, 0.0%)

1 はったんか, はる

▼ 寝てなど~ (2, 0.0%)

1 いなかった, いられるもの

▼ 寝てなんか~ (2, 0.0%)

2 いられませんよ

▼ 寝てなんぞ~ (2, 0.0%)

1 いられやしないのよ, いられるもの

▼ 寝ての~ (2, 0.0%)

1 朝の, 翌日と

▼ 寝てばっかり~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃるの, いるの

▼ 寝てまで~ (2, 0.0%)

1 とったため, 不平を

▼ 寝てもよ~ (2, 0.0%)

2 ただ眠る

▼ 寝でも~ (2, 0.0%)

1 して, 致したごとく思い詰めましたが

▼ 寝とつ~ (2, 0.0%)

1 た京二郎, てくれます

▼ 寝どころ~ (2, 0.0%)

1 へかえっ, を造った

▼ 寝ながらでも~ (2, 0.0%)

1 考えられるとして, 鼠の

▼ 寝なよ~ (2, 0.0%)

1 二階へ, 身体も

▼ 寝には~ (2, 0.0%)

1 いる時, 楽だ

▼ 寝にも~ (2, 0.0%)

1 いかず居間, 忘れ難き

▼ 寝ぬくもり~ (2, 0.0%)

1 の冷めない, の籠

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 なだから, やな

▼ 寝べやの~ (2, 0.0%)

1 窓から, 窓下に

▼ 寝ぼう~ (2, 0.0%)

1 な女房, をした

▼ 寝まず~ (2, 0.0%)

1 にゐた, に既に

▼ 寝まる~ (2, 0.0%)

1 ぞ, 草の

▼ 寝むと~ (2, 0.0%)

2 知りせば

▼ 寝む時~ (2, 0.0%)

1 に夫, はガーゼ

▼ 寝む此~ (2, 0.0%)

2 の戸

▼ 寝もの~ (2, 0.0%)

2 語りに

▼ 寝やうぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 寝らく~ (2, 0.0%)

1 はたま, は伊豆

▼ 寝タフリヲシテイタノカソノ点ハ~ (2, 0.0%)

2 疑ワ

▼ 寝ッ転~ (2, 0.0%)

2 がッ

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 ちまつたん, て仰

▼ 寝乱れ顔~ (2, 0.0%)

1 を直し, を見られる

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 があります, へ帰る

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 に各々二合づつ, の接吻

▼ 寝化粧~ (2, 0.0%)

1 だったけれど, をする

▼ 寝呼吸~ (2, 0.0%)

1 が聞えだした, は静か

▼ 寝好き~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 寝~ (2, 0.0%)

2 に寝

▼ 寝工合~ (2, 0.0%)

1 が悪く, よくベッド

▼ 寝~ (2, 0.0%)

2 くない

▼ 寝恍顔~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 寝惚ケテ木村ト情交~ (2, 0.0%)

1 ヲ行ッテイルト夢見, ヲ行ッテイルト夢見タノデアルカ

▼ 寝惚先生~ (2, 0.0%)

1 うまいところ, と号

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 は乱暴, を見る

▼ 寝権現~ (2, 0.0%)

1 とは書き来りしならん, と書

▼ 寝疲れ~ (2, 0.0%)

1 などで鴉, のした

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 でよれよれ, の寄った

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 を枕, を見る

▼ 寝胼胝~ (2, 0.0%)

1 が出来る, のあ

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 を拭きとり, を浮かせ

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 っていた, をなす

▼ 寝茣蓙代り~ (2, 0.0%)

1 にした, にその

▼ 寝衣す~ (2, 0.0%)

2 がたで

▼ 寝衣一つ~ (2, 0.0%)

1 で或いは, になつて

▼ 寝衣一着~ (2, 0.0%)

2 に簡易化

▼ 寝衣包~ (2, 0.0%)

1 と塩, を背なか

▼ 寝衣帯~ (2, 0.0%)

1 の姿, を解かん

▼ 寝衣浴衣~ (2, 0.0%)

1 と扱き, に扱帯

▼ 寝覚勝~ (2, 0.0%)

1 だから, な夜

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 ギルト困, ギルホド寝

▼ 寝~ (2, 0.0%)

1 をのぞい, を見

▼1* [339件]

あら俯伏し, 寝いきを立てはじめました, 寝おしろい朝の鏡, 寝京子は, 寝がてに雁多く, 寝きょうは門前, 寝ぎたない兵の鼾, 寝ぎたなく寝まろん, 寝ぎは手のつめたき, 寝ぎわにきいた三ツは捨て鐘, 寝ぐあいが苦しかった, 寝ぐあいのいい場所をさがしました, 寝ぐあいを直して, 寝ぐさい息吹きが濁し, 寝ぐらへ帰る, 寝けさはまだ, 寝これからこんな晩, 寝ごころのいい, 寝ざうの悪い, 寝ざうといつたらございませぬそれに幾らねんね, 寝ざめがちなる蛙の合唱, 寝ざめがちな女にこの, 寝ざめがちな慰めに恋愛, 寝ざめがてなる水音ぞ, 寝ざめがわるいが大義親を滅す, 寝ざめがわるかろうじゃァない, 寝ざめして思ふは, 寝ざめにふかす煙草のけむり, 寝ざめにもふと考えた, 寝ざめにも此事を語り合い, 寝ざめのくろ髪を, 寝ざめのささやきに和して, 寝ざめのよい事件ではない, 寝ざめのよい得意では, 寝ざめのよかった朝とてない, 寝ざめのよくない心地がする, 寝ざめのわるい一場の, 寝ざめのわるい心持だ, 寝ざめの目をさ, 寝ざめの顔を洗っ, 寝ざめの麗音をなつかしみ, 寝ざめや寝ぎわにきいた, 寝ざめを味はふこ, 寝ざめ勝に二十三日, 寝ざめ郷愁をおびた, 寝ざめ顔を一つ, 寝ています, 寝すごしでもした, 寝すらし, 寝そして犬と, 寝その中で, 寝ぞう悪いン, 寝たりなどすると, 寝だいだなの, 寝だれの言う, 寝ちやつたのよ, 寝ちょる, 寝っきりに寝, 寝づらかった, 寝てからといふので, 寝てからにしましょう, 寝てから迄起きて, 寝てこそ言に, 寝てなぞ居られるもの, 寝てなんてゐると, 寝てねえなら, 寝てば苅薦の, 寝てばっかしいるの, 寝てべえ, 寝てよあたいお腹の, 寝ではないの, 寝とかなんだら, 寝ときなはれ, 寝どまりすること, 寝なぞとお, 寝なと私が, 寝なむまた明日, 寝なんてして, 寝にくかろう, 寝についてそうして無事, 寝ねばいつまでも, 寝ねんぶつ, 寝ばかりにお忙しい, 寝ぶりだろうか, 寝べやにちがいありません, 寝また一日を, 寝まつしや, 寝まろびたまま髪の毛をぎゅっと, 寝みなさりませ, 寝みの殿のお, 寝むがよいと宥って男, 寝むたげである, 寝むとき鞄からそれ, 寝むと衾かつぎて, 寝むのだったが, 寝むやうなこと, 寝むようにして上げねえか, 寝むらずに, 寝むんですか, 寝む事もある, 寝む家さえない, 寝む様な有様, 寝む私であつ, 寝む花の吹雪, 寝めわしの戻り, 寝もと吾は, 寝もとか子ろ, 寝やうぐつすり睡れるだらう, 寝ゆっくりと鴉片, 寝よくいらっしゃるでしょう, 寝より言動飲食等に, 寝らく愛けらくさ寝, 寝らめやも古おも, 寝わらを充分, 寝をぞねぬあなかま風, 寝んでからは厚い夜具, 寝んでばかりおいでに, 寝ウキになる, 寝や炬燵, 寝コロンデ予ガ外出, 寝ションベンじいさんだの材木, 寝ションベンジジイは半平, 寝振リヲシテイルノカ, 寝タト思ウト直キニ覚メル, 寝タフリヲシナガラ颯子ノガウンノ端カラ覗イテイル支那履ノ小, 寝タフリヲスル積リダッタガツイ本当ニ寝テシマッタ, 寝タベッドニハ寝ヨウトシナイ, 寝タ足ヲ少, 寝ツカレズ各種ノ睡眠剤ヲ用イテイル, 寝ツキガ悪イ, 寝ツキノヨカッタ予モコノトコロ痛苦ノタメニ寝ツカレズ, 寝テイタガ去年日本間ヲ板敷ニシテベッドヲ二台据エタ, 寝テイタガ知ラシテ来タカラ飛ンデ八五郎ガ所, 寝テイラレルヨリ寝台ニ寝テイテクレル方ガ望マシイ気ガシタ, 寝テイル別ニ苦シンデハイナイラシイカラ心配ニ及バヌ, 寝テイルコトヽ思ッタラ予ガ身動キヲシタ途端ニ上半身ヲ跳, 寝テイルノデハナイタシカニ寝タフリヲシテイルノニ違イナイト思ワレテ来タ, 寝テイルノヲ叩キ起シテ乗ッテ来タノデス, 寝テイル姿ヲ描イタ, 寝テイル恰好マデガ浮カンデ来, 寝テクレ給エ僕ハ颯チャント此方デ寝, 寝テタンダヨ内證デソット, 寝テツント鼻ヲ天井ニ, 寝テラシッタワ口ヲアングリ開ケテ涎ヲ垂ラシテ, 寝テヽクレヽバ何カアッタッテ安心ジャナイカネエ颯チャンハコッチデ寝テオクレヨ, 寝テ居タガ少シモ苦労ヲカケマイトイウ書附, 寝テ居ロト云ウカラ行ッタガソノ時ハ諏訪部ニモ元手ガ三両シカ無カッタ, 寝テ頸ノ牽引ダケヲスルコトニスル, 寝テ首ヲ上方ニ, 寝ナイデ待ッテルデショウヨ, 寝ナガラウチヘ帰ッタソレカラ毎日毎日浄ルリヲ聞イテ浅草辺カラ下谷辺ヲ歩イテ, 寝ニ就カントスルニ猶早, 寝ボケマナコでゲートル, 寝マショウヨオ爺チャン早クソッチヘ行ッテ頂戴, 寝マヌキャンの動かない, 寝ミノトコロヲオ起シ申シ上ゲタリシマシテ勿体ナクテ罰ガ当リマス, 寝ヨウトシナイソファニ寝コロン, 寝ラレナイカラコレニ腰掛ケテ本デモ読ムワ, 寝ラレナイト云ウコトハメッタニナイノニ昨夜ハ夜中ニ眼ガ覚メ耐エ難イノデ佐々木, 寝ラレナイノデルミナールノ注射ヲシテ貰オウトシタガ寝過, 寝ルノハイヤナレド花が咲く, 寝ル前一トツカミノ石炭ヲ投ゲ込ンデオケバソレデ大体ヌクマルノダガ, 寝ル夢ヲ見, 寝ル時ニ義歯ヲ外シテカラ鏡, 寝ル時ハナゼ入レ歯ヲオ外シニナラナイノ, 寝ル時ハ外シテル方ガ楽ナンダガ外スト餘リ老醜ヲ極, 寝ル直前ニ入浴シ浴後直チニ寝室ニ, 寝ル習慣デ寝, 寝ワラの中, 寝一筋陽の光, 寝一鉢の花, 寝愧衾, 寝串戯じゃない, 寝乍ら一服喫いますと, 寝乱髪を彼, 寝五郎造氏とばかり懇ろ, 寝を始めた, 寝れる日, 寝の世, 寝付かっしゃってからこの, 寝代り番こに留守居, 寝きたらしい母, 寝傍ニハ一冊ノ参考書モナケレバ, 寝れたる身体, 寝入院について家族会議, 寝具合がわるく, 寝具合いがよかっ, 寝の片隅, 寝十方花庵を訪ねる, 寝午睡ヲ合ワセレバ日ニ九時間カ十時間ハ, 寝を着, 寝同じ月を, 寝たよう, 寝呆けまなこをこすり, 寝呆け下の男の子, 寝呆先生気取りで, 寝呆助でしょう, 寝呆声でこんな, 寝呆気て叫んだ, 寝呆豆腐とご, 寝呆顔は, 寝にはい, 寝に乾いた, 寝からとび出した, 寝と題し, 寝園紋章時計花花盛装天使これらの長篇制作, 寝へ耳, 寝地蔵といっ, 寝をリスリン, 寝の間透き間, 寝場所位は余っ, 寝をまねきよせる, 寝ばかり歩く, 寝夜具のうち, 寝夜明けを待っ, 寝太郎餅といふ名物, 寝られたとでも, 寝げに, 寝姿それは白い, 寝子守りうたでも聞きてえ, 寝に妃, 寝の中, 寝宿にけら, 寝宿りして, 寝小屋寺だ峰入り, 寝巻きすがた, 寝で拭い, 寝布団の旧式, 寝と兼子, 寝れて, 寝惚ケテイテ痛イナト思イナガライツカ, 寝惚ケテタンデ蟋蟀ガ鳴クンダト思ッテタンダ, 寝惚先生こと太田蜀山人のところ, 寝惚目なりお, 寝惚面で承る, 寝惜むようなお新はまだよく, 寝或は地蔵堂観音堂などに, 寝打ちの払い, 寝きでも, 寝捏粉の発酵, 寝敏いことも, 寝日夜奔命に疲れ, 寝日本国中世界中乞食して, 寝早朝におき, 寝昼寝も摂っ, 寝に至りし, 寝イ部屋, 寝曇つて歩く善哉, 寝は朝, 寝堪恋, 寝椅子垂幕酒を載せた, 寝椅子等暗い四隅, 寝椅子長椅子安楽椅子大卓子等, 寝権現千駄木村ねずとは, 寝武士かな, 寝を催した, 寝に枕, 寝なく夜具, 寝汚く睡りこんで, 寝決して湯に, 寝った, 寝に移っ, 寝流れなどの話, 寝無えで案じ, 寝牛みたいな凡児ども, 寝がたりとは申伝, 寝起き犬, 寝と入れ交え, 寝番四組にわかれ, 寝病室には啓坊, 寝白粧をした, 寝シニカヽル, 寝するに, 寝空腹になれ, 寝編笠ごしに, 寝羽織といった, 寝耄けた昔に, 寝である池, 寝けて居ます, 寝には匕首, 寝っぽい眼, 寝臭くなって, 寝に慣れる, 寝苦き枕を, 寝苦くって時々, 寝を平気, 寝蒼白な額, 寝に安んぜず, 寝を敷い, 寝行儀のよく, 寝衣はずるりと捲れ, 寝衣ひとつで震え, 寝衣ゆかたに細紐, 寝衣一枚で窓側, 寝衣同様の衣服, 寝衣姿媚きて, 寝衣姿跣足のまま, 寝衣扱き等が倉前, 寝衣股引古足袋, 寝衣裳もその, 寝衣風のズボン, 寝を掛け, 寝裸足で歩き, 寝覚山臨川寺の境内, 寝覚後になし, 寝覚恵那の諸, 寝詣での記, 寝に, 寝起が悪いん, 寝起し煮炊, 寝起しようといふ, 寝起し自ら土人達を監督, 寝起キノ顔ヲ見, 寝起姿を見る, 寝足リナイノカ話シカケラレルノガウルサイノデ寝タ, 寝転つて昼寝をし, 寝転つて書物を読みはじめる, 寝転むだ儘白い障子, 寝転むだ儘うつとりとその, 寝転むだ儘退屈を紛らす, 寝転むでしまふことのみを欲して, 寝転むでゐた状態を安座, 寝辛い夜では, 寝込ミニ蹈ン込ンデ眼, 寝早起村, 寝釈迦さんの軸, 寝釈迦山その他で左, 寝をやぶっ, 寝は見, 寝かりし貫一, 寝静つた後に於, 寝静つた時唯一人舷に倚つて水, 寝静つてゐた, 寝という頃合い, 寝をかかれ, 寝はさっき, 寝風呂にはいつ, 寝高い書見台で, 寝のまま