青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「引いた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

弁護士~ ~式 式~ ~弓 弓~ ~引 引~ ~引い 引い~ ~引いた
引いた~
~引き 引き~ ~引く 引く~ 引返し~ 弘~ ~弟 弟~ ~弟子 弟子~

「引いた~」 1211, 13ppm, 8757位

▼ 引いた~ (156, 12.9%)

10 である 95 だろう 4 であるが 3 かな, だが, だと, です, では 2 か, かしらん, が因, だった, だという, でございます, でしょう, は, はその

1 [95件] お肚, かい, かって私, かとか何とか, かと思っ, かと肩, かは気がつかない, かもしれない, か馬鹿, がだいぶ, がなおらない, がもと, が五十円, が其一例, が判りました, が利息, が原因, が四つ折, が更に, が有, が浪花節, が自ずと, が進少年, が隔て, さ, じゃ, じゃあない, じゃない, だね, だよ, だらう, だらうと, だらうなどと, だろうから, であったが, であります, であろうパン, でございませう, でした, ですと, とは違っ, と二通り, と似, と同, ならば, にほかならぬ, に代っ, はいつ, はいろいろ, はお, はお前, はこの, はこれら士分, はそういう, はそれでも, はばらばら, はガラツ八, は一陽斎豊国, は亡くなる, は仮装行列, は全く, は単に, は好い, は妹, は小僧, は岩見澤牧畜生産販賣組合, は幸田ゆき子, は愁, は曾, は松輪崎, は氏政, は浜辺, は火葬場, は無かっ, は父, は猶, は縊れ, は茶紬, は衣裳全体, は韓非, は高柳利三郎, は鼻, へ書き込ん, ももっとも, もよく, も商売気, も有り, も見られる, を, を意気揚々, を用意, を聞い, を自分, ア不思議で, 鼈甲の

▼ 引いたよう~ (71, 5.9%)

2 なもの, な工合, に真っ直ぐ

1 [65件] だ, だし, だとか, だな, だなどと, でしたが, ですわ, でぞくぞく, な, なきらきら, なその, なの, なほそい, なカーヴ, な一抹, な冷たい, な切れ目, な区劃, な堅い荒い, な家中寂寞, な形, な心持, な斜向う, な気, な気味, な河, な白い薄い, な直線レール, な血, な長い, な面しとって, にし, にその, につい, になっ, にはっきり, にふくよか, にまっすぐ, にわれわれ男女, に二つ, に二人共, に他, に初々しい, に取れる, に土間, に垂れ, に堅い, に帰っ, に思いました, に思えた, に感じた, に斬り下げた, に月光, に消え失せ, に漠, に無造作, に痩せおとろえた, に白い, に細い, に落つる, に見える, に見る, に赤い, に退きました, に鮮明

▼ 引いたもの~ (61, 5.0%)

6 である 3 でしょう 2 がある, だという, では, で今, と見える

1 [42件] かその, かどう, が矢張り今日, が紅白粉, が階段裏, じゃ, だ, だけにその, だった, だったが, だつた, であった, であつ, であらう, であるか, であること, である以上, であろう, であろうし, でございます, です, でせう, でそれ, でないとも, で単に, で竿, と信じ切っ, と申しまする, なので, ならば, のため, のやう, はあまり, はある, は下腹部, は密輸入, は根絶やし, は清子, は資本主義, らしい, らしくよく, を見たら

▼ 引いた~ (51, 4.2%)

2 それは

1 [49件] あちらへ, ありとも, いかんとも, いま一人哲学者と, この心持ち, この歌, そのひょう, その五本, その間も, それが, それと, ちょうど幸い左右, やがて室, やっぱりカチッカチッ, よく見る, サテ酒肴を, 一髪の, 之も, 今度は, 今此, 他の, 付け目ヒラリと, 何うし, 何が, 兄なる, 再び, 勢いあまっ, 問い返した, 家の, 寝坊だ, 師匠一松斎は, 彼は, 心は, 怪音は, 恰もそこ, 懲りずまた, 我々は, 未だ畳, 次第に好奇心, 正成め新手の, 歩行く, 男は, 真に素早い, 窓から, 蛇努力し, 運転手は, 銃声と, 長襦袢の, 高松殿腹の

▼ 引いた~ (35, 2.9%)

6 云って 3 見えて

1 [26件] あっても, いいますと, いうだけの, いうと, いつて, みえ寒気, 云う頃熾, 云つて寝, 云われるドイツ流, 同時に去っ, 同時に村上, 思った刹那, 思つて私は, 耳にも, 見える, 見え怪物, 見え腰, 見ると, 見るや, 言って, 言つてどうしても, 言つて一週間ばかりも, 言つて休む, 言つて外へも, 言は, 言われる麻縄

▼ 引いたやう~ (30, 2.5%)

1 [30件] だ, であつ, です, な切れ目, な大きな, な掠めた声, な有, な白毛, な空, な訳, な黄色い, にしか開かれ, にその, にながく, にやさし, にキモノ, に一頓, に取り残された, に右, に嚏, に思ひました, に斬り下げた, に樹, に眞直ぐ, に薄く, に血, に見える, に退きました, に道, に飛び

▼ 引いたので~ (25, 2.1%)

2 一人で, 当分は

1 [21件] あらう, あらうと, せう, そこには, とたんに火星人, どこかに, スッカリ自信が, チリチリチリンという, 今度は, 今日まで, 寮の, 岩が, 弓は, 彼は, 最適切, 柴折戸は, 横ざまに, 自然に, 蒲団は, 電車は, 項羽が

▼ 引いた~ (25, 2.1%)

52 だね, だよ

1 [16件] かいや, じゃない, だから, だが, だって医者, だと, だな, だろう, だろうね, だろうよ, でございましょう, でございましょうがねえ, です, ですか, ですってね, ですつて

▼ 引いた~ (23, 1.9%)

2 には石, のこと

1 [19件] ごとり, その時, だけ湧い, と全く, と半歳, にそれ, にはそこ, にはたして, には雨, には風邪薬, のよう, の声, はもう, は大変, は女, もう袖, よりは百幾字, 半七, 徐に身

▼ 引いたこと~ (20, 1.7%)

3 にし 2 がある, のない, もあった

1 [11件] がない, でありしかも, でありました, であろう, などはその, にする, には氣, にもなっ, は事実, もありません, を示す

▼ 引いたから~ (10, 0.8%)

2 馬は 1 ここに, たまらぬ, だった, ドヽトンと, 丸木は, 人力車が, 堪ったもの, 起つたの

▼ 引いた~ (9, 0.7%)

3 神籤を 2 女中が 1 かくが, 熊さん同様の, 祖母様の, 角の

▼ 引いたという~ (9, 0.7%)

1 ことだ, ことに, その老人, のだった, のは, はっきりした, 喜劇を, 閲歴をも, 餅屋の

▼ 引いたあと~ (8, 0.7%)

1 で今日, で腕組み, なもん, のよう, の水溜, の氷, の瀉, の青ざめた

▼ 引いた~ (8, 0.7%)

2 解らないと 1 して, そもそもまたこの, はしらないが, 引かないかを, 明日は, 見定めよう

▼ 引いた~ (8, 0.7%)

2 などには何, もありません 1 があつ, がある, はない, を覚え

▼ 引いた~ (8, 0.7%)

1 がいい, がよ, がよう, がよかろ, が単刀直入, が姐さん, が結句, は貴い

▼ 引いたその~ (7, 0.6%)

2 線の 1 ときに, 人間ならぬ, 書物を, 逆茂木の, 顔には

▼ 引いた~ (7, 0.6%)

1 がある, がいちばん最後, ですが, で幕府, のはなし, の面影, はこの

▼ 引いた~ (7, 0.6%)

1 が大変, すぐ飯櫃, だんだん又何処, にお, のよう, は寂しい, まで馴染み

▼ 引いたかと~ (6, 0.5%)

3 思うと 1 思うこれ, 思うて, 思ふと

▼ 引いたところ~ (6, 0.5%)

1 がある, ではたった, で大概, はニシアス, までは上出来, もあっ

▼ 引いた~ (6, 0.5%)

2 な気 1 で急, には出来, にも見え, に光っ

▼ 引いた~ (6, 0.5%)

1 がある, でご, の視力, は坐っ, もあり, も来る

▼ 引いた~ (5, 0.4%)

1 よく眠るし, 候, 候のみにて, 大したこと, 庸三の

▼ 引いた~ (5, 0.4%)

1 では此, のもの, の嘉永癸丑, の菅茶山, をぞうさ

▼ 引いた~ (5, 0.4%)

2 の児 1 が一人, が通りかかる, の眼玉

▼ 引いたそれ~ (4, 0.3%)

4 引いた

▼ 引いたとき~ (4, 0.3%)

1 だった, に昂じさせぬ, の心, は即刻

▼ 引いたのに~ (4, 0.3%)

2 疲れが 1 心着い, 過ぎないの

▼ 引いたほう~ (4, 0.3%)

3 が利口 1 がお

▼ 引いたまま~ (4, 0.3%)

1 じっとし, で慇懃, で挨拶, 写そう

▼ 引いた~ (4, 0.3%)

1 の前, は山陽歿後, も多分, を見れ

▼ 引いた文章~ (4, 0.3%)

2 の示す 1 にもある, にも書い

▼ 引いた~ (4, 0.3%)

1 が戦場, が諸家, に相違, は引いた

▼ 引いた~ (4, 0.3%)

2 の顔 1 は忽ち, は決して

▼ 引いた菅茶山~ (4, 0.3%)

1 の十二月十一日, の柬牘, の此年文政七年旺秋後, の蘭軒

▼ 引いた~ (4, 0.3%)

1 にくぼんだ, に硬, や坊ちや, 見合せ

▼ 引いた~ (4, 0.3%)

1 がこっとりこっとり歩い, がガタガタ, が異常, などとは血統

▼ 引いただけ~ (3, 0.2%)

2 あつて 1 だそう

▼ 引いたって~ (3, 0.2%)

1 ものさ, 感情を, 線には

▼ 引いたといふ~ (3, 0.2%)

1 ことに, この二, 因縁も

▼ 引いたとか~ (3, 0.2%)

1 いくら注意, で二人共寢込ん, で早

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 相違ねえ, 違いない, 違ひあるまい

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 永住の, 瞎の, 黄金の

▼ 引いたばかりの~ (3, 0.2%)

1 この人, スキイにさえ, 空虚の

▼ 引いたほど~ (3, 0.2%)

1 だった, 四邊には, 鐚の

▼ 引いたんぢ~ (3, 0.2%)

2 やない 1 やあんめ

▼ 引いた一種~ (3, 0.2%)

1 のすれた, の布, の糸

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 にカーテン, に腹具合, 今入つて

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 がその, は旗田氏, は窓

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 が一匹, が要点, どうもお

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 にいかにも, に波響, に見え

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 で急, にも見え, に輪

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 などはふざけ, の下, の切れ

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

2 のよう 1 を超え

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 にいつ, の畑, を直ぐ

▼ 引いた途端~ (3, 0.2%)

1 に杖, に物, に素早く

▼ 引いた~ (3, 0.2%)

1 の穴, の高い, や乱暴

▼ 引いたかの~ (2, 0.2%)

1 いずれに, ようでした

▼ 引いたすると~ (2, 0.2%)

2 おっか

▼ 引いたそう~ (2, 0.2%)

1 じゃない, です

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 何だか考える, 何だか考へる

▼ 引いたなり~ (2, 0.2%)

1 薄い片, 西か

▼ 引いたのみ~ (2, 0.2%)

1 であった, でなく頭

▼ 引いたはず~ (2, 0.2%)

1 がガタガタ, であった

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 ようで, 同然である

▼ 引いたものの~ (2, 0.2%)

1 またお互い, 外猶

▼ 引いたわけ~ (2, 0.2%)

1 であった, になつ

▼ 引いたカーテン~ (2, 0.2%)

1 の裏, を払い

▼ 引いた一本~ (2, 0.2%)

1 の線, の線どおり

▼ 引いた二つ~ (2, 0.2%)

1 の死骸, の直線

▼ 引いた二通~ (2, 0.2%)

1 の茂吉, の葉書

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 のもの, の心持

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 すぐ近所, で陰氣

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 とがまじつて縦横, と船

▼ 引いた南部家下屋敷~ (2, 0.2%)

2 の横手

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 が次, においても

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 は咏嘆, を立て

▼ 引いた婆さん~ (2, 0.2%)

1 などがそこ, の超然

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 に連れ, を又

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

2 に対する要害

▼ 引いた残り~ (2, 0.2%)

1 で時々, の二円あまり

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 には肥つた鯉, の上

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 が白く, を光らし

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 い泉水, い海

▼ 引いた用水堀~ (2, 0.2%)

2

▼ 引いた異種族~ (2, 0.2%)

2 である

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

2 の水

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 で五彩, を敷い

▼ 引いた縁側近く~ (2, 0.2%)

2 へお

▼ 引いた美しい~ (2, 0.2%)

1 婦人や, 衣裳を

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 にいわく, を聞きました

▼ 引いた赤い~ (2, 0.2%)

1 紐の, 線を

▼ 引いた赤ん坊~ (2, 0.2%)

2 を毒害

▼ 引いた針金~ (2, 0.2%)

1 のゆるみ, を支

▼ 引いた鎌倉時代~ (2, 0.2%)

2

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

1 取でしかも, 取図面

▼ 引いた青年~ (2, 0.2%)

1 があちら, は白

▼ 引いた麻繩~ (2, 0.2%)

1 でザラ, の始末位

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

2 であること

▼ 引いた~ (2, 0.2%)

2 だと

▼1* [400件]

引いたああいう幽か, 引いたあたりの土塀, 引いたあとヘドロを掻く, 引いたある雜誌には, 引いたあんばいですから, 引いたお年なの, 引いたお母さんとお, 引いたかたちであったが, 引いたかといふ鹽梅に, 引いたかやと案じられコバエテ, 引いたからといって, 引いたくらゐの, 引いたけれどもスピノーザ氏の, 引いた名君でござる, 引いたごろた石の川原, 引いたうだ, 引いたさきに落ちた, 引いたすぐあとの, 引いたせせらぎに一枚石, 引いたそれぞれの人たち, 引いたたしかにその音, 引いたため夜十時頃帰宅した慎作, 引いただけに名人肌の, 引いただけのものだ, 引いたつていつかうさしつかへ, 引いたつもりになつたの, 引いたでもだれだ, 引いたとかいうんで, 引いたところそれがことごとく, 引いたとでも思わなければ, 引いたなと思う瞬間, 引いたなべの中, 引いたなんてか今度の, 引いたについて其方に, 引いたには違いないけれ, 引いたのねスカーレットには, 引いたはずみに出た, 引いたばかしの大根を, 引いたばかりだから, 引いたふうです, 引いたほどの美人で, 引いたますッと, 引いたまま夜の銀座通, 引いたまま大勢の兵隊, 引いたまま宙を弾丸, 引いたまま引き窓越しに青空, 引いたまま横断歩道に出よう, 引いたまま横路に飛び込んだ, 引いたまま白痴のよう, 引いたまま行つて, 引いたまま路ばたの, 引いたまま道行ぶりで踊り出しました, 引いたみすぼらしい辻待馭者は, 引いたもう一人の, 引いたもの六二・〇九銭支払えば, 引いたもんだ紺, 引いたつばらさ, 引いたやつが置き忘れ, 引いたより力が, 引いたりかんさんへの金, 引いたんで安心した, 引いたアビシニアの狗頭猴, 引いたカシュミル国の譚, 引いたガスターの書, 引いたコラン・ド・プランチーの, 引いたコンウェイの言, 引いたチョビ安がいつのまにか上がっ, 引いたドイツの人, 引いたニール河の彼方, 引いたハクストハウセンの書二六〇頁, 引いたフィリップ氏の言葉通り, 引いたベズイン族の少女, 引いたベーリング・グールド其他の民俗學者, 引いたペルシアの, 引いたポールの書, 引いたマアセルはちょこちょこ, 引いたマレー群島で海中, 引いた軽騎兵, 引いた一つの例, 引いた一事でもわかる, 引いた一伝にほぼ同じく, 引いた一例だと, 引いた一流の太刀筋, 引いた一端は罠, 引いた一筋の紅, 引いた一節があつ, 引いた一線目醒むるやうな心持になつて, 引いた七代目の書牘, 引いた七律を作つて其行, 引いた七首の外, 引いた三つ繰りで雜穀屋, 引いた三十女の黒水晶, 引いた三度の相図, 引いた三池流があっ, 引いた三白眼も絵, 引いた上下の部屋, 引いた上今入って, 引いた上何百兩とかの手切れ, 引いた上半身の特徴, 引いた上宮記という今日, 引いた下敷を入れ, 引いた不正な施工, 引いた不連続線は中国, 引いた中根の記, 引いた丼鉢を作りました, 引いた二十年間の出生超過, 引いた二本マストの汽船, 引いた五月二十六日の書牘, 引いた井戸があります, 引いた人たちはいろいろ, 引いた人物に違い, 引いた人達にも持っ, 引いた人間じゃ, 引いた今日でも二人, 引いたの譚なみ, 引いた代りにレーリー, 引いた伊勢安斎の所見, 引いた作品を論評, 引いた作家的立場に原因, 引いた作者は, 引いた信実の歌, 引いたも中気, 引いた個性がそこ, 引いた儘路ばたの, 引いた元旦の式, 引いた光君は障子, 引いた八歳の童兒, 引いた円理が発達, 引いたの鬮, 引いた出来事であったには, 引いた前後の事情, 引いた向覚書, 引いた北海道ではない, 引いた十一月二十九日の書, 引いた十月十八日復の小野泉蔵, 引いた単語が現れ, 引いた博労がぞくぞく, 引いた印度のマリー同然所謂ヌシ, 引いた即ち白河と, 引いたを横切つ, 引いた反古新聞の不思議, 引いたの兩端, 引いた各種の文化論的社会論, 引いた各行の頭, 引いた吸気の痰, 引いた呉一郎と瓜二つ, 引いた呼び声が広間, 引いたの文句, 引いた四十七つまり, 引いた四十四だけが音, 引いた団扇をとりあげ, 引いたの方角, 引いた土佐の, 引いた地方的な味, 引いた垂仁記のは古い, 引いたの石垣, 引いた堅い砂の, 引いた場所から注意, 引いた外套の脇, 引いた多感で情熱, 引いた大きい紙を, 引いた大庭に床几, 引いた天井裏見るよう, 引いた天保元年は泰平, 引いた太祇の句, 引いた夫婦連れや白い, 引いた奉納の手拭, 引いただと, 引いただという, 引いた姿で通る, 引いた姿勢となり, 引いた姿態で羽衣, 引いたであること, 引いた婦人の口元, 引いた子供が懸命, 引いた字引も一緒, 引いた安島に与, 引いた家筋でお前, 引いた対角線の出口, 引いた小さな鉦の, 引いた小一郎を追って, 引いた少女らであった, 引いた尾根は即ち, 引いた屋号のよう, 引いたの娘, 引いた山清水に, 引いた山襞の間, 引いた山陽の未亡人里恵, 引いた岡本花亭の書牘, 引いた岬一帯の輪郭, 引いた市松模様の着物, 引いたの上, 引いたのよう, 引いた幅八十フィート長さ二百フィート, 引いたの陰, 引いた幸三郎が弱々しく, 引いた幾本から線, 引いた序文の言葉, 引いたに見え, 引いた建物で戸締り, 引いたを放て, 引いた強い幾条かの, 引いた強靭の長, 引いた当時の廓中, 引いたで対談, 引いた彼ら仲間に伝うる, 引いた後休日などがある, 引いた後横に櫛目, 引いたに代る, 引いた角度な, 引いた恋愛物には男, 引いた悲鳴が一声, 引いたの隙間, 引いた手紙のなか, 引いた掛の, 引いた折助はさ, 引いた抜刀を片手, 引いた拍子にど, 引いたに黒髪, 引いたへ脂, 引いた掛図を持出し, 引いた描衣の線, 引いた支那で上子日, 引いた散文詩を作つた, 引いた数珠縄の梯子, 引いた別府の, 引いた新式の台所, 引いた旁線の部分, 引いた日神スリアの事参照, 引いた昂奮し切ったもの, 引いたの詩数首, 引いた春信は暫し, 引いた昼三の太夫, 引いた時おれは既に, 引いた時今まで真暗, 引いた時分にその, 引いた時妙な囈語, 引いた時後方から草, 引いた時折悪しく最前, 引いた時砂の上, 引いたが亘っ, 引いた最後の一人, 引いた望遠鏡を貸し, 引いた朝ちゃんという子, 引いた承爵, 引いた李陵は突然, 引いた東席順に, 引いたに分れた, 引いた枝珊瑚珠の卷一, 引いた枳園乙亥の書中, 引いたを跨い, 引いたとが野中, 引いた桓武平氏の族, 引いたの水, 引いた梯子は母家, 引いたがうやうやしく, 引いたは面体, 引いた様子で私, 引いたみに, 引いたは軽い, 引いた歎異鈔の文, 引いた正成は数里, 引いた武塔神の神話, 引いたの座, 引いた残額に相当, 引いたの土, 引いた比例数と括弧内, 引いた民間に伝承, 引いた気味なので, 引いたの流れ, 引いた水利はこの, 引いた水車溝の中, 引いたの様, 引いた江戸生えぬきの遊人, 引いた泉水の流れ, 引いたなん, 引いた津田左右吉氏の意見, 引いた流星達は窓, 引いた浅井坂田の里, 引いたがまた, 引いた浪化の, 引いた海上に小さい黒い, 引いた海図を陛下, 引いたがざわざわざわざわ, 引いた湯の出もとのある, 引いたが自然, 引いた灌漑用の堀, 引いた特異な事物, 引いたがいたろう, 引いたの子, 引いた玄蕃の太刀, 引いた王子の勢力, 引いたの絃, 引いた用例は皆旅人以後, 引いた田令の職田営種, 引いた田舍の地主, 引いた町娘なぞで, 引いた畳紙の中, 引いた白い縄を, 引いた白ペンキ塗りの枠, 引いた直政という方, 引いた直線はその, 引いた眉眼尻でしばしば, 引いたッ蒼な, 引いた簡に, 引いたばった顔が, 引いた祐信の三つ物絵, 引いた窓硝子の外, 引いた立派な浴場, 引いたがある, 引いた細引は物々しく, 引いたの者, 引いた経文で見る, 引いた結果牛丸少年と春木君, 引いたのよう, 引いた絵図面の中, 引いた繪圖面の中, 引いたある者, 引いた罪人のうめき, 引いたの中, 引いたは指揮者, 引いた義父の提灯, 引いたくる日, 引いた翫具にもじき, 引いた老婆があわて, 引いた老学庵筆記が引用, 引いた考え方が真直, 引いたを病むだ, 引いたに男の子, 引いた胡麻粒ぐらいの人, 引いた膠剤の上, 引いた自分にまた, 引いた自然の虐殺, 引いた至親の同姓婚, 引いた興味が伴え, 引いた舗石の上, 引いたやかな女, 引いた花冠は普通, 引いた花魁が私刑, 引いた若い母親が, 引いた苦しげな, 引いた苦しみに話, 引いた英国の, 引いた茶山の叙, 引いたの上, 引いたつぽい, 引いた萌黄の蚊帳, 引いた蒼白な顔, 引いた藤吉と勘次, 引いたの詩二首, 引いたの止つて, 引いたの肢, 引いた血液が交っ, 引いたが長く, 引いた裾根が蘆, 引いた西洋型の船, 引いた親類でもある, 引いた言葉にたよっ, 引いた記述を見る, 引いたでも, 引いた詩句を除い, 引いた詩子は, 引いた誇張の無い, 引いた譬喩の盲亀百年, 引いた豊かな髪, 引いた貴女達で其の, 引いた賃銀を支給, 引いた赤牛の尻, 引いた起りで後, 引いたは富士山, 引いたが参る, 引いた軽い呼気が, 引いた辞句によって日本, 引いた途段に磯, 引いた途端魂は飛ん, 引いた通り仏書に人, 引いた連中もはあ, 引いた運河が殆ど多那川, 引いた遠くから威勢, 引いた遣水があっ, 引いた郁太郎様はお祖父さん, 引いた部分だけを抽, 引いた部多かと思う, 引いた部屋の中, 引いたの事, 引いた銀子の白い, 引いたの音, 引いた隅田川伝説の一つ, 引いた雑兵物語の, 引いた雨戸の隙間, 引いたを喉, 引いたに崖, 引いた馬士が途中, 引いた高調子の唄, 引いたが見えた, 引いた鬱金色の扱帶, 引いた麻紐を卷い, 引いた麻縄の始末, 引いた黄金の筋, 引いた鼻風邪の話