青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「尾張~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

就い~ 尺~ ~尻 尻~ 尻尾~ 尼~ ~尽し 尽し~ ~尾 尾~
尾張~
尾根~ 局~ ~居 居~ ~居た 居た~ ~居つた ~居ない 居ない~ ~居ました

「尾張~」 1013, 10ppm, 10934位

▼ 尾張~ (276, 27.2%)

12 国の 8 名古屋の 6 國の, 女は 5 中村で, 国は, 國に, 連の 4 中村から, 国に 3 名古屋に, 名古屋を

2 [15件] 七男坊, 中村へ, 丹波の, 停車場で, 名古屋城の, 国では, 国という, 国境に, 土に, 女が, 徳川家に, 方へ, 瀬戸に, 熱田の, 連等が

1 [180件] あいだに, あの地点, ほうへ, ものと, ものに, ような, アユチガタ後には, バカ小僧, 一ノ宮に, 七男坊とは, 三国の, 中原平野の, 中村, 中村だ, 中村でございます, 中村という, 中村の, 中村や, 中村附近にも, 丹羽の, 二大藩を, 二州を, 人, 人だ, 人足が, 何某, 例のみを, 信長は, 信長を, 信長殿かと, 信雄恩顧の, 出身では, 勢を, 各郡, 名古屋, 名古屋か, 名古屋とが, 名古屋へ, 名古屋までしか, 名古屋行だ, 名古屋行を, 国から, 国が, 国だ, 国で, 国へ, 国も, 国を, 国一円近年は, 国人として, 国力や, 国土を, 国守と, 国府宮の, 国愛知の, 国春日井郡庄内川の, 国熱田神領の, 国第, 國, 國から, 國より, 國愛知郡片, 土である, 地に, 城下で, 城下を, 境に, 士家に, 大兵を, 大商人, 大守, 大工たちが, 大根です, 大根は, 大領主, 太郎さん, 女の, 女を, 奴あ, 如き大, 宮へ, 宮地太郎という, 宮簀姫の, 家中にも, 家中の, 家中は, 家中を, 家中衆は, 小せがれ, 平野は, 平野も, 平野を, 庶子とが, 弱小な, 御曹司です, 御隠居, 御領分, 微勢, 徳川万太郎, 徳川侯が, 徳川侯とは, 徳川義直公の, 志野だ, 手に, 押えとして, 攻略を, 方の, 方面へ, 日間賀島でも, 春日井郡と, 春日井郡の, 木賊越後の, 本来の, 東春日井と, 東春日井郡にも, 東部南部の, 林金兵衛あるいは, 某という, 歌を, 殿様も, 殿様を, 殿樣といふ, 治黙, 津島祭に, 浪人とか, 海上で, 海東郷蜂須賀村の, 涙米, 清洲の, 清洲へ, 清洲へと, 瀬戸三十六窯と, 熱田に, 片田舎から, 生路という, 田舎者何ひとつ都人の, 直の, 相津という, 相津に, 知多半島などで, 窯以外の, 織田であった, 織田三河の, 織田上総介信長公, 織田信秀が, 織田信長なる, 織田家と, 織田氏らは, 織田駿河の, 者とか, 船乘岩吉久吉音吉同じく, 若殿に, 若殿徳川万太郎様だ, 茶碗を, 萱津三河の, 藩中でも, 藩士である, 街道および, 諸将, 農民の, 農民出の, 連, 連が, 連浜主は, 連等の, 逸見三家と, 野へ, 野間まで, 長嶋に, 長谷川水陰君より, 門徒を, 間に, 院内万歳の, 隠密の, 領内でも, 頼盛が, 風俗を, 首に, 鳴海の, 鳴海潟備前和気郡の

▼ 尾張~ (135, 13.3%)

24 の角 8 の四辻 4 の方, の藤吉 3 の交叉点, の四つ角 2 から新橋, の, のライオン, の四ツ角, の辻, へ出, まで歩いた, まで電車

1 [73件] からのっ, からタクシー, から上野, から上野行, から帰っ, から日比谷, から有楽町, から歩き出した, から歸つて來, から白山, でタキシー, で別れ, で自分, で袂, で輝雄, で電車, と人出, なので, にいた, にいる, にて小山内君, に来る, のあたり, のある, のもう, のやまと新聞社, のカフェー, のカフエー, のレコード屋, のローマイヤア, の三越前, の交換地帯, の交番, の今, の停留所, の勧工場, の呉服店龜屋, の四角, の夜, の夜店, の夫婦, の新聞社, の日野屋, の時計店, の有名, の東側, の松屋, の横町, の福永書店, の空, の竹葉, の自, の街角, の裏, の襟円, の西側, の近く, へ出た, へ戻っ, へ抜け, へ来る, へ泊まり, へ近く, までのこ, まで来, まで来た, まで行った, を再び, を右, を過, を過ぎ, を過ぎる, 近くなっ

▼ 尾張~ (48, 4.7%)

3 のお, の娘 2 とほ, と誉, の主人, の親分, は関三, へくれる

1 [30件] から二町, が乗出す, が乘, でその, という壁紙屋, という家, という揚げ屋, という旅籠, という米屋, と云う, には死んだ, に落雷, に連れ, の主人喜左衛門, の人々, の厄介, の奥, の女中, の客, の専吉, の專吉, の楼主, の相続人, の紋, の者ども, の落雷, の親類, の親類一門, は近所, よりも身代

▼ 尾張~ (40, 3.9%)

2 の功, の態度, の成功, の武士

1 [32件] からの厳命, から分配, から御, から送られ, がそれほど, が木曾山保護, が率先, でそこ, で巣山, というもの, にも知られ, のある, の中, の代官所, の侍たち, の侍寺中甚吾左衛門, の勘定奉行, の勤王家, の厳重, の士分, の家中, の寺社奉行, の山奉行, の役人, の徒士目付, の政事, の材木方, の青柳又八郎, はと見る, への遠慮, みすみす我ら, を代表

▼ 尾張名古屋~ (38, 3.8%)

12 の城 4 の金 3 の城下 2 のお, は城

1 [15件] です, というところ, に乗込む, の, の分, の土, の城主, の天守, の御, の方, の方面, への往復, へまた, へ当分根, へ来

▼ 尾張~ (25, 2.5%)

1 [25件] あっては, あります逸見三家, ある, いたころ, その懸, た, ただに, みちみちたる, 住む父親, 住めば, 入つて, 入り岐阜, 出で, 到り信長, 劣らずまた, 在国し, 属して, 崛起した, 歩の, 直に向, 福永保が, 紀伊に, 行って, 起って, 隣り合せて

▼ 尾張~ (22, 2.2%)

1 [22件] かへ納めた, が扶持, とは面白く, と何等, などにも文台, には被害, に対し何等, のため, の城下, の家中仰天, の家臣, の家臣たち, の家臣志水幹, の御用駕籠, の悪, の武士, の相当, の重臣諌早勘兵衛, の附家老, の附庸山村氏, は京都, は安泰

▼ 尾張~ (20, 2.0%)

1 [20件] うごくかと, おはいり, この海, ひき移り, 内通し, 出るの, 出動する, 向けて, 帰りたい意志, 帰りましょうと, 帰るから, 弓を, 戻りますから, 戻る, 行く約束, 行った, 行って, 逃げ出そうと, 逃げ戻ったの, 預けて

▼ 尾張~ (17, 1.7%)

1 [17件] おアカ様, からはいくた, が反対, と下条民部, に持たせ, に随身, のふたり, の軍, の軍勢, の陣中, の陣地, の隊, はその, はまだ, は高氏, をたずね, 同じく因幡守治長

▼ 尾張~ (14, 1.4%)

1 [14件] かけぬけて, そしるも, 併せ呑まんず足場, 制圧する, 去るなという, 境する, 徳川家から, 振り出しに, 繞って, 苦しめと, 衝いて, 語る時, 越して, 過ぎて

▼ 尾張中村~ (12, 1.2%)

1 [12件] にいた, にもそち, のあばら屋, の一百姓, の土, の故郷, の木下弥右衛門, の芋畑, の茅ら屋, の貧農, の賤, まで来

▼ 尾張から~ (11, 1.1%)

1 [11件] お世嗣, やって来た, 伊勢路へ, 使いが, 出すか, 出た織田信長殿, 出るか, 北は, 引ッ張り出そう, 来た人, 美濃路へ

▼ 尾張藩主~ (10, 1.0%)

2 が木曾路 1 が出府, が江戸出府後, であるという, に特別, の出府, の江戸出府, の通行, の遺骸

▼ 尾張~ (9, 0.9%)

2 織田信雄三河駿河遠江は 1 その縮図, 小なりと, 御三家の, 新将軍, 物産にも, 華奢と, 骨抜きに

▼ 尾張~ (8, 0.8%)

2 三河この 1 すると, 出て, 島津とが, 来るにつれて, 薩摩で, 越前との

▼ 尾張中将~ (8, 0.8%)

1 の七男, の七男徳川万太郎, の御, の御曹司, の手許, の放縦, の秘蔵, の若殿

▼ 尾張~ (8, 0.8%)

2 のお 1 だろうと, にも快く, のご, の七男, の先々代継友卿, へ取り入っ

▼ 尾張~ (7, 0.7%)

2 の塀 1 で何, の下屋敷, の不, の御, の抗議

▼ 尾張~ (6, 0.6%)

1 あった, 体の, 出来るもの, 取れた籾, 水攻めに, 聴いたと

▼ 尾張一国~ (6, 0.6%)

1 とは申します, のため, の半分以下, はおろか, もすべて一信長, をさ

▼ 尾張~ (6, 0.6%)

1 では犬山, に一人, の北, の名古屋, より筆, 片輪

▼ 尾張美濃~ (6, 0.6%)

1 から出, から馬籠峠, などの大軍, のやう, の境, の間

▼ 尾張方面~ (5, 0.5%)

1 の形勢, の知己, の軍司令部, へお, へ行く

▼ 尾張~ (5, 0.5%)

1 といふの, と物部氏, の先祖, の熱田社, も物部氏

▼ 尾張あたり~ (4, 0.4%)

1 で爺, の田舎, へ伝っ, までの聯珠界

▼ 尾張中納言宗春~ (4, 0.4%)

1 である, はじっと, はひどく, は此時スタスタ

▼ 尾張半国~ (4, 0.4%)

1 から興っ, のわが, の小, の領主

▼ 尾張守高家~ (4, 0.4%)

1 が上洛途上, のもの, の七千余騎, の手勢

▼ 尾張殿~ (4, 0.4%)

1 の城内, の立場, はまだ, も持てあまされ

▼ 尾張熱田~ (4, 0.4%)

1 に至り, の社, の社司粟田知周, の貝塚

▼ 尾張~ (4, 0.4%)

1 じゃない, は, はやはり, は先生

▼ 尾張~ (4, 0.4%)

1 がはや, の士気, の多人数, の胆

▼ 尾張~ (3, 0.3%)

1 出したん, 故郷である, 独得で

▼ 尾張との~ (3, 0.3%)

1 境に, 宿命だ, 間に

▼ 尾張まで~ (3, 0.3%)

1 お帰り, 薫しく聞え, 行くその

▼ 尾張~ (3, 0.3%)

1 それから, 仙台の, 伊勢方面の

▼ 尾張中将様~ (3, 0.3%)

2 の御 1 の三ツ葉葵

▼ 尾張~ (3, 0.3%)

1 に従って出陣, の御, は加藤清正

▼ 尾張~ (3, 0.3%)

1 からこの, から持ち出し, の書庫

▼ 尾張大納言~ (3, 0.3%)

1 が参府, の家来, を総督

▼ 尾張平野~ (3, 0.3%)

1 とをつなぐ, の稲田, は絶好

▼ 尾張~ (3, 0.3%)

1 にもあり, の方言, を殆ど素通り

▼ 尾張領分~ (3, 0.3%)

3 の村

▼ 尾張では~ (2, 0.2%)

1 そこが, みな歴々な

▼ 尾張という~ (2, 0.2%)

1 ところは, ものを

▼ 尾張には~ (2, 0.2%)

1 信長三河には, 桶皮胴とは

▼ 尾張~ (2, 0.2%)

1 なく織田, 参加した

▼ 尾張より~ (2, 0.2%)

1 東武に, 美濃近江路の

▼ 尾張三河~ (2, 0.2%)

1 の如き, へ入る

▼ 尾張三河駿河~ (2, 0.2%)

2 を通つて

▼ 尾張中納言宗勝~ (2, 0.2%)

1 の奥, の奧

▼ 尾張仙台等~ (2, 0.2%)

2 の雄藩

▼ 尾張八郡~ (2, 0.2%)

1 の将来, をお伝え

▼ 尾張地方~ (2, 0.2%)

1 からみる, の大

▼ 尾張奥町~ (2, 0.2%)

2

▼ 尾張守頼盛~ (2, 0.2%)

1 のやしき, の母公

▼ 尾張屋敷~ (2, 0.2%)

1 から出, の自分

▼ 尾張新川~ (2, 0.2%)

1 の茶わん屋捨次郎, はわし

▼ 尾張様御用~ (2, 0.2%)

1 の持田家, の船大工

▼ 尾張清洲~ (2, 0.2%)

1 の一被官, の織田家中

▼ 尾張~ (2, 0.2%)

1 が暗示, の宮

▼ 尾張町一丁目~ (2, 0.2%)

1 だったかに, の角

▼ 尾張赤津~ (2, 0.2%)

1 の作助氏, の加藤作

▼ 尾張~ (2, 0.2%)

1 との岐, へと逆戻り

▼ 尾張~ (2, 0.2%)

1 ではただいま, への間道

▼ 尾張黒田~ (2, 0.2%)

1 から東山道, へ打って出る

▼1* [160件]

尾張稲弁へ, 尾張その他諸国のハツ崎, 尾張算盤を, 尾張だけが腑抜けに, 尾張ですか, 尾張とかそれからこの, 尾張としてこれは, 尾張とはゆく末合戦, 尾張どのの本軍, 尾張などから生地を, 尾張にかけての海岸に, 尾張のさかい木曾川の, 尾張のや國造の, 尾張または大阪に, 尾張やがて風向きの, 尾張をも踏みつぶして, 尾張一円を御, 尾張三分の二の主たる, 尾張三州で百七万石, 尾張三河伊勢伊賀近江山城をつらぬく, 尾張三河伊勢等十二ヶ国の領主, 尾張三河遠江そこの狩宿, 尾張三河遠江駿河伊豆甲斐信濃の九ヵ国, 尾張小萩とも, 尾張中将斉朝の市谷門外, 尾張中将綱誠の七男, 尾張中納言はよ, 尾張中納言様ただ今はご, 尾張中納言継友に仕へ, 尾張中納言義通と共に登城, 尾張二郡の小城, 尾張だったから, 尾張人足なぞは毎日, 尾張付近は陶器, 尾張伊勢から北, 尾張伊勢伊賀に散在, 尾張伊勢境の長嶋門徒, 尾張伊勢近江若狭飛騨伊賀越後に領地, 尾張伊豆一帯が震う, 尾張伊賀伊勢越前の諸国, 尾張佐野槌芸人では五代目菊五郎, 尾張の邸宅, 尾張に仕えた, 尾張侯酒井日向守酒井大学頭, 尾張の雀, 尾張入道という奴, 尾張入道同左馬助大道寺駿河守遠山豊前守, 尾張州の, 尾張をひねり殺し, 尾張は一, 尾張子息, 尾張名古屋三カ所に限った, 尾張名古屋下堀川へ鰹群, 尾張名古屋城の細部, 尾張名古屋城下第一, 尾張名古屋広小路の寄席, 尾張四郡の領主, 尾張国寺本に住ん, 尾張国府宮の神事, 尾張国愛知郡阿伊智, 尾張国愛知郡作良郷現在熱田の東南方, 尾張国春日井郡の覚明行者, 尾張国清洲在の郷士, 尾張国犬山の城主石川貞清, 尾張には天照, 尾張城下の郊外, 尾張大根のよう, 尾張大納言家の城下, 尾張大納言徳川慶勝では, 尾張大納言殿御見舞申す, 尾張大道寺駿河等の逆心, 尾張守その他の猛撃, 尾張守信長と刻, 尾張守平頼盛の家人弥兵衛宗清, 尾張守憲秀という者, 尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 尾張守高経が新田党, 尾張守鬼小島弥太郎などが迎え, 尾張家御用達の大, 尾張家附成瀬隼人正正虎, 尾張寄りのそこ, 尾張小富士という山, 尾張小牧の全, 尾張小牧郵便局倉知伊右衛門さんの有, 尾張屋ハ鼻ガアイタ故気, 尾張屋喜多川が常に, 尾張屋新吉と似, 尾張屋白木大丸といったよう, 尾張屋等の競争, 尾張御器所の人, 尾張徳川家に伝わった, 尾張春日井郡の丹羽勘助, 尾張春日井郡平井の城主, 尾張本国と知多半島, 尾張東照宮の神主, 尾張柳生の祖, 尾張樣御下屋敷にも變, 尾張樣御呉服所日本橋二丁目の茶屋新四郎, 尾張権守高知を追討, 尾張橋下を過ぎ, 尾張權守高知等が嘉暦年間, 尾張殿肥後殿仙台殿一ッ橋殿脇坂殿大頭ばかりが並ん, 尾張氏並に物部氏, 尾張水戸の三家, 尾張水戸越前に蟄居, 尾張江州を初め, 尾張津島の祇園祭り, 尾張津島祭りも一部分, 尾張浪人と称し, 尾張浪人吉岡勝兵衛とのみ申され, 尾張海東郡甚目寺観音院境内にオサルサマ, 尾張海東郷の野武士, 尾張源敬公に仕え, 尾張濱主は本邦管絃舞樂, 尾張瀬戸だと, 尾張瀬戸町にある, 尾張の湯呑, 尾張熱田神宮寶物之内, 尾張生れの者, 尾張町のかどを左, 尾張町ヴイヱナカッフヱーといふ米人, 尾張町二丁目の横町, 尾張町四丁目の角, 尾張町寄りの処, 尾張町春祥堂にて大西氏, 尾張町時計台上の優雅, 尾張町東洋新聞三の面軟派, 尾張町清新軒に飲む, 尾張町義昌堂につか, 尾張町街上にて岡村柿紅子, 尾張町角にはビヤホール, 尾張町辺を徘徊, 尾張町辺りに夜ふけ, 尾張町邊の夜見世, 尾張知多へ落ち, 尾張紡績会社破壊の図, 尾張の径路, 尾張織田家の財力, 尾張美濃伊勢丹後若狭因幡越前加賀能登の九ヵ国, 尾張美濃近江の四カ国, 尾張美濃近江北陸道分てありけり, 尾張美濃近江遠江三河相模駿河甲斐伊豆豊後の諸国, 尾張美濃飛騨近江越前加賀讃岐の諸国, 尾張義通で, 尾張者今では織田家, 尾張薬種の荷, 尾張藩一箇の働き, 尾張藩眼前の難儀, 尾張親衛松田一族を, 尾張がある, 尾張訛りの聞きつけない, 尾張贔屓もあるらしい, 尾張越前より東, 尾張越前薩摩の諸, 尾張近江播磨などに夫, 尾張の歌, 尾張の停止所, 尾張領知多の郡, 尾張領葉栗郡の黒田, 尾張領通行のみぎりはあの一行