青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「市長~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

巷~ 巻~ ~巻い 巻い~ ~市 市~ 市中~ 市場~ 市民~ 市街~
市長~
~布 布~ 布団~ 帆~ 希~ ~希望 希望~ 帝~ 帝国~ ~師

「市長~」 1000, 10ppm, 10752位

▼ 市長~ (207, 20.7%)

6 それを 3 三人の 2 それに, 切利支丹伴天連の, 太閤さんを, 心臓病だ, 自分の, 黙って

1 [186件] あくまで煤煙禁止運動, いつも相, おとなしく縄, かう言つて苦笑, この内部, この寒, これからの, これらの, これを, さらに島, しかし死なな, しつくり, すぐ赤蜻蛉, すぐ退場, すつかりあきらめたらしく, すべての, その少年, その杖, その狛犬, その言葉, それに対して, つとまらんぞ, とくに新しい, どうし, どうした, どこから, どこへ, なおつづけた, なおも言いたした, なおも黙っ, なかなか算盤, まったくこの, もっと重大, やがて私, やめられない, よく知っ, われわれと, アラスへ, ペンを, 一個の, 一段声を, 丁寧に, 三鞭酒の, 中谷助役を, 之をも, 乗りだしながら, 二人の, 二階から, 人材であろう, 人類の, 今さらの, 今後名古屋市に, 今日は, 何か, 何が, 何人が, 何者であろう, 例に, 兎の, 全国から, 初めて田螺, 労働者を, 午後七時十五分遂に, 厳粛な, 去年の, 反対した, 叫んだ, 司祭の, 吉ちやんを, 吉兵衛さんの, 吏員の, 呵々と, 喪主菊子嬢と, 大いに困っ, 大塩平八郎氏を, 大変悦びまし, 大悦び, 天狗先生に, 太閤さんに, 委員会を, 娘から, 嬉しそう, 安楽椅子にも, 安治川菊子さんの, 実に大阪市, 客を, 尋ねて, 小さくなっ, 少し遠く, 尚叫ん, 島村の, 巷を, 市街に, 帰って, 平泉二世と, 強度の, 当時同市の, 彼の, 後任者へ, 後宮の, 得意に, 心から感じた, 心の, 忽ちの, 悦んで, 感じたが, 感心し, 慌てて, 或る, 政治の, 教育家を, 教育者大会の, 教育課長の, 断然市吏員, 明瞭に, 星の, 昨夜深更その, 昨夜深更遂に, 昨日から, 時として我臥床, 更に青, 有名な, 本官に, 某地所売却問題, 横むい, 次の, 殴られたり, 民主運動の, 沈黙の, 泣きながら, 淀君に, 深く動坂三郎氏, 満面に, 溜息を, 演壇から, 演壇の, 演壇を, 演説の, 火星に, 熱心に, 父の, 疑わしそう, 病中さらに, 眼に, 眼を, 知りませんが, 短兵急に, 私設裁判所の, 空中から, 空中の, 空中工場の, 笑い疲れた, 算盤が, 素知らぬ顔, 考えたの, 聞かされること, 胸中大に, 腿を, 自らを, 自ら賞を, 自殺し, 薬罐頭を, 蜻蛉の, 蟹の, 行列の, 見たところ何処, 親切であれ, 言うた, 語尾を, 豆腐が, 財産家で, 貧民窟が, 貧民窟の, 賢いこと, 身を, 迎へて, 鞄とな, 頭痛が, 頻って, 顔色を, 首を, 馬車の, 髭の, 魂の, 魔術使いで, 鼻垂先生の

▼ 市長~ (188, 18.8%)

8 家に, 椅子を 62 前に, 地位に, 家の, 家を, 方へ, 椅子に, 言葉に, 許に, 顔に, 顔を

1 [146件] いうにゃ, うちは, うちへ, おいぼれの, この処置, ところに, ところへ, ほか誰にも, ままで, やうな, やつが, やり口である, ように, 一声で, 一家は, 一行四名は, 中で, 久世氏は, 事の, 事を, 事務管掌として, 亡父が, 仕業だ, 住んだドガアル, 依頼に, 候補者が, 候補者に, 側に, 傍で, 催しに, 処へ, 出したプラン, 出所, 出所が, 出所は, 切支丹伴天連の, 前で, 前身たる, 前身を, 力で, 助力によって, 化けたの, 友で, 口から, 古狸め私を, 吉田さん初め羽振りの, 味方じゃ, 哲学に, 地位を, 声が, 声で, 声に, 天国は, 奥様どういう, 女を, 奴が, 妹の, 姉女とも, 委託により, 姪あり, 姪なり, 姪の, 威厳に, 娘の, 嫁に, 家は, 家へ, 家内でございます, 家庭にまで, 家族も, 就任演説は, 希望な, 常の, 常規, 弾劾案を, 役を, 役目を, 御裁可書, 憂慮が, 所在が, 手紙とが, 承認を, 招待状を, 拳は, 挨拶が, 掌面, 政治力の, 政策を, 方には, 方は, 時に, 時代に, 書斎の, 書斎を, 机の, 案か, 椅子が, 権利が, 毅然たる面, 気絶, 池上四郎氏は, 田尻稲次郎氏と, 留守宅で, 発案で, 監房の, 眼前へ, 着物の, 神沢又一郎氏が, 窓まで, 考えついたこと, 職に, 職にも, 肖像らしかった, 肩を, 肱掛椅子の, 胸へ, 表裏, 褒美を, 要職に, 親切も, 言うこと, 言う通り, 言葉は, 評判は, 話を, 説に, 説には, 談が, 谷博士が, 責任は, 貸家だ, 足元へも, 身体から, 辞職, 辞職から, 選挙軍縮会議の, 部屋で, 金庫の, 銀盃を, 鍵で, 霊とだけ, 面前に, 顔が, 顔は, 飾り帯を, 首筋を

▼ 市長~ (98, 9.8%)

2 モンフェルメイュに, 出て

1 [94件] あのとき, いかにし, いくら苦心, いなくなったも, えらいすまし, すでに市長, そう言う, そこから, そこに, ちゃんと現われ, どうして市長, どこかの, なかった, ふり向くの, まだ市長, やがて俺, やったという, やめるまで, カーヌ上陸の, ニコニコ笑っ, ハッと, ファンティーヌを, 中央公会堂の, 二千人近く集まった, 二重に, 云った, 今の, 僕に, 出来たんだい, 十数年も, 去ったあと, 呪い殺した, 困り果てて, 壇上から, 多少専制的, 大塩, 尋ねると, 居たこと, 居れば, 差支なく, 己が, 市営の, 市庁舎に, 市長室で, 床の, 彼らの, 彼女を, 後宮の, 急逝した, 怪獣を, 悲しそう, 或る, 探検先で, 断行した, 明日子供を, 普通だ, 欠けて, 殺される覚悟, 水晶の, 無いと, 煤煙問題を, 現われて, 生命を, 病舎に, 発狂する, 盛大な, 知らぬ間, 私に, 私の, 空中村を, 突き込んだこと, 立って, 第一, 素寒な, 累世の, 綱紀粛正を, 缺けて, 翌日目を, 考えて, 聞くと, 自ら気付かずし, 自分を, 自殺した, 荘太玄を, 行政官が, 要ると, 見た以上厭, 訪ねて, 詩人の, 貴方たちの, 辞職し, 間諜に, 頭を, 顔を

▼ 市長~ (77, 7.7%)

5 なって 2 なった, 告げた, 就任する, 戴きたるも, 選まれた

1 [62件] あひま, うやうやしく礼, きまると, したの, せられたか, たのんで, なったという, なったの, なったんだい, なった以上, なった彼, なつた, なつて, ならぬ前, なられたので, なりたて, なると, なるに, なるの, なるほど, なるもの, なる前, ばけて, ほかならない, 一任する, 不思議な, 二人の, 云いたまえ, 云う訳, 代って, 任ぜ, 任命される, 任命した, 会ったよう, 伴はれ, 又は部下, 向かい, 向けて, 坐る時代, 宛てた頗る, 尋ねた, 尋ね得なかったが, 就任した, 懇望され譲っ, 推された, 推挙されかかった, 推挙し, 渡さぬと, 相談し, 聞えたの, 肩入れした, 自治制の, 言った, 賛成した, 辞職勧告に, 選ばれたの, 選ばれて, 選挙された, 選挙し, 選挙せられるだろう, 面会し, 面会を

▼ 市長~ (52, 5.2%)

2 して, 勤めたこと, 尋ねて

1 [46件] いただくモントルイュ・スュール・メール, いぢめ, からかった, その大きな爪, はじめ七名の, めがけて, もうやめたくなった, やって, やめるわけ, グルグルグルと, 侮辱し, 出せ, 初め警視総監や, 務めたからなんて, 務めたこと, 失脚せしめ, 始め社交界音楽界の, 始め賭博場の, 嫌ふ, 官邸に, 市長室に, 引っ張って, 悲しく思わぬで, 抱きしめた, 排斥し, 激励した, 空席に, 置いて, 脅かしたの, 脅したって, 脅迫し, 自分の, 苛めましょう, 行政官を, 見つけて, 見つめた, 見つめたそして, 見よ, 見ると, 見慣れて, 訪は, 訪問し, 誰が, 追い出すさ, 逐い出して, 面食らわせて

▼ 市長さん~ (37, 3.7%)

1 [37件] お怪我, から大きな, がある, がいる, がお, がここ, がまた, が刺, が来た, が立派, が赤ん坊, この羽根, て誰, と友人関係, どうかなすった, などが思ひ思ひ, などという者, なんて誰, に一度, に会っ, のとこ, のやう, の代替, の家, の居る, の言う, はきっと, はすぐ, はどこ, は何, は市長さん, は親切, もない, を排斥, 出来ましたよ, 結構なお, 遅れまして

▼ 市長~ (32, 3.2%)

2 なつた, なりて

1 [28件] いうと, いえば, いわれた奥田義人氏, して, その霊, なって, なるまでに, グルに, ロオザとは, 三人で, 中谷助役との, 二人の, 動坂氏とに, 大岡市会議長, 大岡市會議長, 官飾を, 市会議長とが, 市民の, 市長の, 為つた, 為つたのは, 爲つた, 爲つたのは, 牧師が, 言いますと, 警視総監と, 関助役は, 顔を

▼ 市長~ (28, 2.8%)

3 まったく驚い, 議員も

1 [22件] この人たち, まったく困っ, よう手を, よく合点, エチガライも, 一本参っ, 大に, 大の, 天狗先生の, 少からず動かされた, 数日前賛成の, 無論こんな, 皆違った, 目上の, 私宅に, 菊子さんも, 西九条の, 説明し, 跛も, 金持ちも, 驚いたが, 驚いて

▼ 市長~ (18, 1.8%)

2 にいる, の壁

1 [14件] から出, で市会議員連, で茶, にいた, には早, に一人物思い, に入っ, に帰っ, に据えつけられた, に於, に案内, に訪問, の入口, へプンプン

▼ 市長として~ (16, 1.6%)

2 一事の, 最も安心, 未だ世間 1 ですか, なすべき事業, 余りに無為, 就任する, 席を, 数ヶ月の, 最後の, 置て, 考へなければ, 餘り

▼ 市長排斥~ (9, 0.9%)

2 の相談会 1 であった, に反対, のご, の声, の張本人, の段取り, はもう

▼ 市長殿~ (9, 0.9%)

1 からと言っ, である, という言葉, となった, とはどんな, なお, の名, まだ一つ, を侮辱

▼ 市長夫人~ (8, 0.8%)

1 がボックス, だった, でございますか, とその, はさっき, は手, は沈黙, は黙っ

▼ 市長との~ (7, 0.7%)

1 ほかだれも, 争いなどを, 仲にも, 対立に, 間に, 間には, 面会を

▼ 市長どの~ (6, 0.6%)

1 お言葉, それは, という言葉, どうか, に反対, 私は

▼ 市長殿私~ (6, 0.6%)

2 はあなた 1 の免職, はお, は他, は後任

▼ 市長から~ (5, 0.5%)

1 お見舞, わざわざ御, 五シリングの, 授けられた名誉, 鍵を

▼ 市長~ (5, 0.5%)

1 助役ばかり, 委員たちに, 市会議員やを, 知事迄が, 警視総監や

▼ 市長~ (4, 0.4%)

1 そうだ, と云う, と思っ, 貴様達に

▼ 市長~ (4, 0.4%)

1 あつた, 今では, 太い牛, 歌人でも

▼ 市長である~ (4, 0.4%)

1 が市民, ことより, ことを, 以上市長として

▼ 市長なら~ (4, 0.4%)

1 ばもちろん, 保証人としての, 東海道の, 電車の

▼ 市長には~ (4, 0.4%)

1 それが, わたくしは, 御不沙汰, 見えなかった

▼ 市長~ (4, 0.4%)

1 であった, でございますか, は最後, も子供

▼ 市長閣下~ (4, 0.4%)

1 にお目にかかった, に対する感謝, の健康, は堂々

▼ 市長~ (3, 0.3%)

1 なんかに, 中谷助役に, 何かに

▼ 市長マドレーヌ氏~ (3, 0.3%)

1 はそのいかなる, を御存じ, を逮捕

▼ 市長永田秀次郎氏~ (3, 0.3%)

1 の辞表提出云々, は後藤新平氏, も今

▼ 市長からの~ (2, 0.2%)

1 花束です, 賞品を

▼ 市長さんあなた~ (2, 0.2%)

1 に辞職, のお

▼ 市長さん何~ (2, 0.2%)

1 てまあ, なりとこの

▼ 市長たり~ (2, 0.2%)

2 し時代

▼ 市長だった~ (2, 0.2%)

1 が父, 人が

▼ 市長だの~ (2, 0.2%)

2 将軍だ

▼ 市長であった~ (2, 0.2%)

1 尾崎行雄氏が, 有名な

▼ 市長とか~ (2, 0.2%)

1 大阪市長とかいう, 町長という

▼ 市長などを~ (2, 0.2%)

1 務めた社会的地位, 選挙する

▼ 市長に対して~ (2, 0.2%)

1 まず, 警官を

▼ 市長一家~ (2, 0.2%)

1 の人々, の使節

▼ 市長一派~ (2, 0.2%)

1 に対し吾輩, は毫も

▼ 市長~ (2, 0.2%)

1 に町会議員, に町會議員

▼ 市長官舎~ (2, 0.2%)

1 の応接室, を辞した

▼ 市長~ (2, 0.2%)

1 に一通, の葉書

▼ 市長尾崎行雄氏~ (2, 0.2%)

2 は久しぶり

▼ 市長更迭~ (2, 0.2%)

1 に際してこんな, の表裏

▼ 市長殿あなた~ (2, 0.2%)

1 です, は先日私

▼ 市長男爵高屋清人氏~ (2, 0.2%)

1 が立っ, では

▼ 市長選挙~ (2, 0.2%)

1 が行われ, で吉田候補

▼1* [115件]

市長あのマドレーヌその, 市長がりおとづれしにマリアは, 市長このところ大, 市長これはごく, 市長さまが百五十かい, 市長さまはじめみんながなまけ, 市長さん今日は上程, 市長さん夜が明ける, 市長さん狼狽したりと, 市長さん社会組織も発明, 市長さん私は煤煙反対運動, 市長さん私どもの馬, 市長その人の, 市長それでは我々の, 市長たちが一日, 市長たるの職務, 市長だけが多分羅紗, 市長だけに終って, 市長だったらしくもない, 市長でありまた大臣, 市長でございますね, 市長です元はと, 市長でなければてつきり警察部長, 市長でも訴えたらよかろ, 市長というのは, 市長というは土地の, 市長といふ名誉の, 市長とかいうような, 市長とが反目し, 市長としての緊急な, 市長としては市の, 市長とまではいわれなかった, 市長とも言うべき最高執政, 市長どのこの事件は, 市長のだ, 市長なぞというものは, 市長などから興味ある, 市長なども愛児を, 市長なんぞを務めたの, 市長なんて生意気な, 市長にも責任が, 市長によってもくろまれた, 市長はじめ公共の識者たち, 市長はと見ると, 市長はんを排斥, 市長色気あるとかない, 市長ほか土地の人々, 市長ほど人を, 市長隠れて, 市長をもそこで, 市長ウィルソン氏の演説大要, 市長サンはよろこばれよ, 市長ダノ銀座ダノトイウ名詞ガ出テクルガコレハ決シテ何処カノ帝都ニアッタ実話ナドヲもでる, 市長ベルグなどがいる, 市長並夫人ひどく下手, 市長中村是公氏もそれから, 市長事務管掌としての感想, 市長の日露政治ブローカー後藤新平, 市長以下の別席, 市長以下責任者が退陣, 市長には担ぎ上げられた, 市長佐藤平太郎氏は神戸署, 市長候補だと, 市長とうまく, 市長の順, 市長及び当事者が, 市長反対派のすべて, 市長吉田敬太郎氏は磯吉親分, 市長大会といったよう, 市長夫人娘の恋愛的情景, 市長夫人郵便局長以下の面々, 市長夫妻が古風, 市長夫婦以下郵便局長なんかの姿, 市長奥田ニ願シ私ヲ無実, 市長学者芸術家社会改良家教師評論家新聞雑誌記者飛行家運転手車掌官公吏事務員等があっ, 市長へ出かける, 市長官邸の客室, 市長宛葉書の写し, 市長実際大阪の, 市長として恥ずかしく, 市長尊大ぶって, 市長就任式の行列, 市長は空席, 市長恒保存之, 市長成田山の僧正, 市長時代に設計, 市長検事局それから警視総監, 市長様娘はかわいうございました, 市長様旅はおもしろう, 市長殿事件は険悪, 市長殿事実は事実, 市長殿六週間前あの女, 市長殿有罪な行為, 市長殿職務をりっぱ, 市長が違う, 市長池上がしたごとく, 市長池上氏は大事さうに胡麻白頭, 市長県会議員市内の有力, 市長は小使, 市長管掌はその, 市長の友人, 市長には社会的地位, 市長自らが煙煤防止, 市長自らヘリコプターに乗っ, 市長自ら納棺をする, 市長自殺の号外, 市長に殴り飛ばされ, 市長警視総監新聞記者刑事や巡査, 市長賀川豊彦君の大, 市長賛成演説をする, 市長金庫の立会開扉, 市長鈴木十郎氏を頼っ, 市長頭取の, 市長高屋清人氏自殺す, 市長高屋男爵であろうか