青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寄席~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

寂しい~ 寂しく~ 寄~ ~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~ 寄り~ ~寄る 寄る~
寄席~
密~ ~富 富~ 富士~ 富岡~ ~寒 寒~ ~寒い 寒い~ 寒く~

「寄席~」 1028, 10ppm, 11117位

▼ 寄席~ (256, 24.9%)

5 高坐 4 帰りに, 高座で 3 ような, 前へ, 庭, 楽屋に, 高座から, 高座へ

2 [17件] ほうが, まえを, ビラが, ボビノで, 三味線ひきで, 前で, 広瀬も, 景色が, 木戸番の, 楽屋から, 没落で, 芸人が, 落語や, 角から, 話を, 高座では, 高座に

1 [191件] あるわけ, ある狭い, ある路次, いらっしゃいの, いろいろの, うえに, おかげである, おしゃべりを, お休み, お伴の, お客には, お客は, お客も, お師匠さん, お座料が, ことなど, ごとし, さびしさは, しじまは, ただ, ちらし, なかの, はじまる八時半ごろ, びらが, びらばかりが, ほうから, ほうで, もとあった, ビラに, ビラの, レヴュウに, 一派に, 一番太鼓が, 三分の一以上は, 下の, 下足の, 下足場には, 下足番だ, 下足番とは, 下足番は, 下足番を, 世界の, 中で, 主へ, 主人が, 主人である, 主人とな, 主任を, 事を, 二階で, 人気にも, 儲かる時分, 入口の, 入場料が, 入費は, 内部を, 写し絵などで, 切符くれ, 前に, 前の, 前まで, 前を, 前坐, 前座さんは, 千秋楽の, 口上役の, 名は, 名人たちが, 名所図会の, 味は, 呼聲も, 噺家の, 場合も, 声帯模写にも, 多かった, 夜らしい, 大空高く, 太夫の, 如く, 如し, 客あしも, 客の, 寂として, 小庭, 小芝居, 帰りで, 帰りワザ, 広告が, 広告でも, 座料が, 庭こそは, 庭では, 庭の, 庭への, 庭や, 庭路次二階席, 引き幕の, 引き札湯やの, 怪談の, 戻りには, 手前の, 手品で, 打ちだし終いも, 抜き方だ, 招き行燈も, 持主の, 掛けもちの, 掛持が, 救いが, 数が, 新柳亭が, 方に, 方へ, 明き株を, 春が, 昼興行の, 時間が, 木戸が, 木戸を, 木戸銭, 木戸銭は, 材料に, 桟敷, 楽屋, 楽屋が, 楽屋で, 楽屋などへ, 楽屋にも, 楽屋へ, 様子などは, 横に, 歴史の, 歸りで, 求肥の, 淫乱という, 深いところ, 片すみ万, 片隅に, 牛込亭は, 番組がわりでも, 番組と共に, 看板が, 看板などが, 看板に, 看板には, 看板の, 看板は, 真中に, 真打とは, 種類は, 竹枝が, 組織と, 経営者は, 繁栄は, 聴衆は, 舞台で, 舞台の, 色ものへ, 花月だった, 芸が, 芸で, 芸人である, 若い衆が, 落語を, 衣裳の, 裏木戸から, 見物人が, 記憶は, 話, 話さえ, 話ばかり, 読み物に, 読み物の, 読み物は, 軒下に, 軽業芸人な, 辻看板の, 近くへ, 都々逸, 金本に, 鈴本で, 隣の, 隣りに, 青柳亭が, 音曲が, 音曲師だ, 項を, 飯を, 高座でも, 高座には, 高座へばかり

▼ 寄席~ (157, 15.3%)

12 行って 6 出て 5 行くの 4 出かけて, 行くこと, 連れて 3 でかけて, 入って, 行った 2 伴れ, 出たの, 出演した, 行くと, 行く約束, 行つた

1 [101件] いくつかの, いったって, いったとき, うつして, おいでなさる, お出, お出で遊ばしませ, お父, きても, じゃ, その幕, ただ一度連れ, なぞ金さんと, はいったの, はいると, まわるのに, もぐり込めるもの, ゆかない日夜, ゆき春, ゆくこと, ゆくと, ゆくには, ゆくの, ゆく人, ゆく前, ゆく筈, 一緒に, 乗りだして, 來て, 入ったり, 入つ, 入つて, 入る事, 出かけたが, 出かけた留守中, 出かけるよう, 出かけるより, 出たり, 出ても, 出ること, 出る娘義太夫, 出る方, 出演し, 出演する, 出開帳は, 呼ばれた, 売れた, 帰って, 引っ張られて, 往こうと, 戻って, 手品を, 押しかけたり, 掛け持ちに, 接近しない, 揚げられた, 昼寝を, 材木を, 来た客, 来て, 来るに, 案内され, 演した, 現れ出したと, 由井氏と共に, 疲れを, 移されて, 続きもの, 色ものの, 若いお客, 行かないかと, 行かなければ, 行かれます, 行きます, 行くとか, 行くなら離縁, 行くまで, 行く供, 行く芝居, 行けと, 行けば, 行ったこと, 行ったり, 行った時, 行った翌朝, 行っても, 講釈を, 追遣り, 這入った, 這入り坐を, 通う頃, 通ったもの, 通って, 連れ出すこと, 連出したこと, 金語楼君大辻司郎君が, 集まって, 雇われて, 顔で, 駆けつけると, 駆け込んで

▼ 寄席~ (79, 7.7%)

4 出て 3 行って 2 出で, 行く, 行くにも, 行った

1 [64件] あてて, あるので, あるべき時間, いても, かわった, この三派四派, これという, さそはれたもの, したろ, そのほか浅草, ちょいちょい這入っ, でては, とどまっては, なつて, なりましたが, やられて, ゆくの, 人形の, 人生最終の, 入った, 入ろうと, 出かけた, 出したり, 出た方, 出た頃看板, 出るなどの, 出る位, 出る怪談師, 出勤し, 大景物, 小勝, 就き請うて, 居座って, 属した, 庭なく, 往った, 於て, 早替りする, 来たもの, 来た講談, 来て, 異らね, 看板を, 美貌なる, 至つては, 至るを, 行かないか, 行かないと, 行きぬ, 行く楽, 行く相談, 行く積り, 行つ, 行つた事も, 赴き葉唄都, 這入った, 這入ったり, 這入らうとして, 通いつくしたと, 通い其耳, 通うこと, 通って, 通つてゐた, 高島屋

▼ 寄席~ (56, 5.4%)

2 聞いて, 頻りに煎餅

1 [52件] いうのう, いきなり蛇, おいおい売り出す, お前さんを, きいて, これが, すること, ひらいて, へんてこな, やる奇術師, 一ど, 一生を, 下足でも, 今日の, 働いて, 出た事, 出会ふ, 唱ふ, 囁いて, 声帯模写を, 夜毎寄席噺子が, 娘浄瑠璃が, 御入来, 或る, 手で, 折折踊る, 旧友, 時間を, 曲弾を, 有名の, 李彩ほどの, 欠伸する, 次郎長の, 涙を, 火鉢と, 独演会を, 真を, 知合に, 私に, 紙鳶を, 聞いたり, 聞いた何, 聴いたしか, 聴いたは, 致す者, 芝居見, 落語家が, 薄汚れた, 蝋燭の, 見るよう, 買て, 連夜勉強し

▼ 寄席~ (53, 5.2%)

2 ランプの, 疾くに, 遺憾ながら

1 [47件] あった, ありましたが, ありませんか, あんまり好き, いっぱいであった, いつまでも, こんなもの, たいてい聞き, つい小半町, つて言ふと, どうなる, どんな物, なかった, もう大, やはり漫談, よく細, 一体どうした, 一杯で, 三銭か, 三錢か, 何処へ, 依然として旧時, 元園町, 入口に, 八時がらみで, 劇場と, 午後二時開演夕かたまけ, 原則として, 各区内, 圓朝一人を, 大概知らぬ, 大正十四年以後頓に, 季感なき, 客席に, 小さな子, 尚イヤ, 常に講談, 旧い言葉, 昼場に, 桃太郎や, 殆ん, 発達する, 皆廣かつ, 睦派に, 繁昌した, 覗いたこと, 身動きも

▼ 寄席~ (43, 4.2%)

4 あって 3 あった 2 ある, はねて, 繁昌する

1 [30件] あったの, あった時代, あっても, あつた, ありました, ありましたが, ありましたっけ, あります, ありラジオ屋, あるでしょう, あるの, あるん, いや東京, じつに多く, すきで, だんだん這入らなくなっ, とかくに, はねたあと, はねたの, もつ一番文明, 一軒あった, 三ヶ所ほど, 五六十軒あった, 休みであった, 唯一の, 常に庇, 散ねて, 東一番丁に, 街裏に, 衰亡する

▼ 寄席~ (36, 3.5%)

2 出ると

1 [34件] あさって, たのしんだよう, はぶくこと, やめて, シッカリと, 三軒稼げ, 上がった, 仕切って, 休む様, 休んで, 出てから, 出るとき, 初めとして, 初高座, 大凡歩い, 少し見た, 引退する, 強請られると, 思い立ちました, 愛で落語, 打ち回って, 打ち歩くこの, 打った, 打って, 打つて, 掌握し, 普通の, 歩いて, 歴訪した, 聞いてるつもり, 見るよう, 見歩きたまさか, 語らう, 飛出し又もや

▼ 寄席芸人~ (24, 2.3%)

2 の卑屈さ

1 [22件] かといったよう, が嫌, が演じ, じみて, だの茶屋奉公, という奇天烈, となった, とのカタストロフ, とも見える, なんて商売, に似合わず, に劣らぬ, のわかい, の一人, の一団, の一行, の世界, の小説, の物真似, の猫八, は落語漫才, を集めた

▼ 寄席~ (22, 2.1%)

2 あつた

1 [20件] あまりにも, い, お客が, しばしば行き, とんと御無沙汰, どこも, ひと廻り巡演, また巴里, やめて, 休みだ, 向う両国, 嘗つて君に, 激しい不振, 焼け芝居, 私の, 競馬も, 芝居も, 見世物も, 退屈した, 遅いわね

▼ 寄席~ (18, 1.8%)

2 諸雑貨洋品店

1 [16件] あまり安い, あらゆる興行もの, お座敷では, お座敷の, 噺家のが, 季節によっては, 座敷へと, 旅人宿は, 活動写真館などの, 珈琲店へ, 芝居へ, 芝居や, 芝居を, 貸し席で, 遊山や, 飲食店の

▼ 寄席では~ (17, 1.7%)

1 [17件] あまりださなかった, あるが, ない見世もの, なく劇場, ほとんど聞いた, 主に, 人気が, 喜劇にまで, 圓朝の, 娘義太夫の, 客を, 席亭である, 怪我を, 未だ浪曲師, 楽隊が, 次郎時代の, 殆ど聞いた

▼ 寄席~ (14, 1.4%)

3 芝居と 2 いえば 1 二軒掛け持ちが, 云へば, 吉原の, 掛合って, 浮世絵と, 艶笑と, 芝居とは, 見えて, 違うの

▼ 寄席へも~ (13, 1.3%)

1 [13件] お出なさいません, ひよつとして, またつとめられる, 一向に行きたがらない, 入った, 入って, 出られること, 恐しい, 私は, 行きそびれたよう, 行けなかったそう, 行った, 進出し

▼ 寄席から~ (12, 1.2%)

5 帰って 1 うかがわれるので, お銭の, しきりに客, 寄席へ, 消え去せて, 迎えが, 逃げて

▼ 寄席へでも~ (11, 1.1%)

2 行くのほか 1 ゆくがい, 上って, 出られたら定めし, 芝居へでも, 行かうか, 行ける体, 行ったよう, 行って, 行つて見

▼ 寄席でも~ (9, 0.9%)

1 この人, だん, とりあえず菓子折, 一向入り, 争って, 十五日間小圓太, 聴きに, 襖障子を, 覗くべ

▼ 寄席へは~ (9, 0.9%)

1 いっさい出ない, いつて, でかけて, なんとでも, 南麟より, 旅廻りの, 明治三十年代一世を, 行かぬが, 連れられて

▼ 寄席にも~ (8, 0.8%)

1 いい音曲師, 三晩ばかり, 出て, 度々行った, 庭らしい, 比較しよう, 現れそこばく, 芝居にも

▼ 寄席には~ (5, 0.5%)

1 いって, いるとか, こういう建築, 横浜生え抜きの, 漫談を

▼ 寄席などに~ (4, 0.4%)

1 出かけて, 行くの, 行くもの, 行った帰り

▼ 寄席にでも~ (4, 0.4%)

1 出るより, 行かうかね, 行きましょうと, 行くよう

▼ 寄席まで~ (4, 0.4%)

1 くっついて, ワザと, 独り言ち, 駆け出して

▼ 寄席復興~ (4, 0.4%)

1 といはれ, とやらで, などといふこと, の原因

▼ 寄席~ (3, 0.3%)

1 劇場の, 芝居の, 酒か

▼ 寄席なぞ~ (3, 0.3%)

1 でも, でよく, へ行き

▼ 寄席ファン~ (3, 0.3%)

1 があるだろう, でも見出すなら, をし

▼ 寄席入り~ (3, 0.3%)

1 に浮, に浮身, をし

▼ 寄席~ (3, 0.3%)

1 と心得たらしく, ひを, を以て任じ

▼ 寄席~ (2, 0.2%)

1 からわるい, ネ

▼ 寄席だけの~ (2, 0.2%)

1 やうである, ようである

▼ 寄席など~ (2, 0.2%)

1 御立寄りの, 聞きに

▼ 寄席などで~ (2, 0.2%)

1 彼の, 歌ふ

▼ 寄席などへ~ (2, 0.2%)

1 参ると, 遊びに

▼ 寄席について~ (2, 0.2%)

1 しばしば問い合わせ, 語るべき何もの

▼ 寄席ばかり~ (2, 0.2%)

1 従って収入, 打って

▼ 寄席への~ (2, 0.2%)

1 ノスタルジアに, 郷愁

▼ 寄席らしい~ (2, 0.2%)

1 ものが, 感じが

▼ 寄席一つ~ (2, 0.2%)

1 聞かうでも, 覗いたこと

▼ 寄席仕込み~ (2, 0.2%)

1 の芸人, の都々逸

▼ 寄席囃子~ (2, 0.2%)

2 を聴き

▼ 寄席帰り~ (2, 0.2%)

1 の書生さん, の母

▼ 寄席廻り~ (2, 0.2%)

1 と名古屋松竹座出演, をはじめた

▼ 寄席文化向上会~ (2, 0.2%)

1 で鯉丈, と親身

▼ 寄席文化講座~ (2, 0.2%)

1 に於, をやった

▼ 寄席気分~ (2, 0.2%)

1 とはさすが, をちょっと

▼ 寄席珈琲店~ (2, 0.2%)

1 の歌, や居酒屋

▼ 寄席芝居~ (2, 0.2%)

1 がある, の背景

▼ 寄席芸術~ (2, 0.2%)

1 に関する講演, の一様式

▼ 寄席藝人~ (2, 0.2%)

1 だの茶屋奉公, の身

▼ 寄席通い~ (2, 0.2%)

1 が止められない, をした

▼ 寄席音曲~ (2, 0.2%)

1 のよき, 第一

▼1* [109件]

寄席あたりではとつく, 寄席かしこの寄席, 寄席がよひを, 寄席ぐらいへ出て, 寄席ごっことして五分宛, 寄席じゃなかったけれど, 寄席その他の興行物, 寄席だったがそこ, 寄席だやれ芝居だ, 寄席てえものは, 寄席であったが亭主, 寄席である新京極の, 寄席での収入を, 寄席という寄席に, 寄席といふ寄席を, 寄席とかへ始終行つて, 寄席ときたら実に呑気, 寄席としてはむしろ上品, 寄席とはまったく事, 寄席どころでは, 寄席なぞのビラが, 寄席などが雑然と並び, 寄席などの下劣な, 寄席ならどうせ木戸銭, 寄席なんかに出入りする, 寄席なんかへ連れて, 寄席においてのみ観られる興行物, 寄席にかはつた, 寄席にても折々顔, 寄席になんか出て, 寄席ばいりを, 寄席へと響いて, 寄席へなど顔を, 寄席へばかり行って, 寄席へまで看板を, 寄席ほどにむら, 寄席また吉原など, 寄席みたような, 寄席みんなが二席, 寄席もしくは講演を, 寄席やと花月の, 寄席よと浮かるる人々, 寄席よりも縁日が, 寄席ドーッと感嘆, 寄席ファン時代はアベック, 寄席フアンの若人たち, 寄席フアン百態として趣, 寄席けはこの, 寄席不況時代も大阪, 寄席中継をきく, 寄席亭冷酒屋舞踏亭曖昧屋一口屋隊商亭よ僕, 寄席仕込の落語, 寄席以外ではどこ, 寄席修業のこれ, 寄席修業者だったが, 寄席で語学校, 寄席公会場の下足番, 寄席内川亭にいる, 寄席出演失敗以後のこと, 寄席商売と云, 寄席営業には出られません, 寄席噺子が洩れ聞こえ, 寄席よりも広い, 寄席と云, 寄席堀江亭の名前, 寄席不況なりし, 寄席女の子以外は決して, 寄席好き文学好きの少年, 寄席に通じつくした, 寄席宮志多亭からきょう留守中, 寄席寄席フアン百態として趣, 寄席常盤亭の高座, 寄席待合三味線の音, 寄席文化の普及, 寄席文化史の幾百頁, 寄席文化史上大看板, 寄席文学の孤塁, 寄席景情を偲べ, 寄席木馬館のメリー・ゴーラウンド, 寄席末広亭で催された, 寄席東京の食べ物, 寄席毎晩の浄瑠璃外題, 寄席活動写真館玉の井稲荷の如き, 寄席渋谷の前, 寄席演芸其の他, 寄席をそそった, 寄席玉の井でこの, 寄席な事, 寄席稼ぎなどしなかった, 寄席稼業は止められません, 寄席笑楽亭を買い取り, 寄席興行その他娯楽を目的, 寄席興行ものの状態視察, 寄席興行主になつ, 寄席芝居物見遊山の行楽, 寄席芝居相撲すべてその時々, 寄席をとりいれ, 寄席若竹亭の庭, 寄席藝人都樂なる者, 寄席の伴, 寄席話術の流れ, 寄席酒場喫茶店などの軒, 寄席鎌倉や江の島, 寄席開業幾春秋の秘話綺談, 寄席随筆の中, 寄席音楽堂市場と云つた風, 寄席風景のいくつ, 寄席風物詩に一異彩, 寄席風物詩中の登場人物