青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「弁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~廻し 廻し~ ~廻っ 廻っ~ ~廻った ~廻り 廻り~ ~廻る 廻る~ 廿~
弁~
弁当~ 弁解~ 弁証法~ 弁護士~ ~式 式~ ~弓 弓~ ~引 引~

「弁~」 3142, 33ppm, 3599位

▼ 弁~ (772, 24.6%)

13 の面 109 に向っ, の姿 8 の方 7 の耳, の頭, はこう, もまた 6 の勘, はそれ 5 というもの, のため, の前, はまた

4 [15件] がその, でありました, であります, の名, の声, は, はいよいよ, はこの, はしきりに, はその, は一向, は今, は何, は再び, は少し

3 [17件] がそれ, が小首, でございます, でございますよ, と申す, と茂太郎, のお喋り, のこと, のよう, の傍, の安眠, の立っ, の言う, はお, は例, は容易, は茂太郎

2 [44件] があの, がかえって, がこう, が例, が先, が後ろ, が急, が感得, が縁, が背負っ, が自分, その人, でございますが, です, とお, とお雪ちゃん, にあて, にもよく, のあと, のおとなう, の寝顔, の御, の枕許, の胸, の言葉, の読経, の返事, の鋭敏, はお雪ちゃん, はここ, はせっかく, はそこで, はそれほど, はどう, はなお, はまだ, は一議, は坐った, は提灯, は杖, は盲目, は見えぬ, へ宛て, をよく

1 [464件] お蝶, お蝶三人, から, からその, からの横槍, から暴力, から言伝, から逃げろ, から逆, か茂太郎, がいいました, がいっこう, がいったん, がいない, がいよいよ, がいる, がうわ, がお, がおもむろに, がお嬢様, がこれ, がこんな, がさ, がしくしく, がたずねました, がたちどまっ, がちょこなんと, がのみこみました, がはじめて, がひとり合点, がまた, がハッ, が一息, が一月寺, が三味線, が下, が不安, が二足三足, が仏前, が仕手役, が伝っ, が何, が何事, が僅か, が先刻心得面, が全く, が六所明神, が再び, が冷然, が凝然, が勘, が即ち, が口, が名乗った, が尋ね, が帰らない, が帰る, が干渉, が広間, が徒ら, が悄々, が感心, が憎い, が手引, が投げ込まれた, が抜からず引きとっ, が抜からぬ, が招ぜられた, が提げ出した, が教える, が断定, が暗い, が最も, が杖, が来た, が気の毒, が泣きました, が澄ました, が熊, が物々しく, が琵琶, が留まれ, が白い, が立ちどまっ, が立て, が竹, が笈, が笠, が答えます, が答える, が米友, が素直, が考え込まざる, が聞きとめ, が聞き洩らす, が背のび, が腰, が草鞋, が行く, が見えぬ, が足, が通り過ぎ, が鈴慕, が附い, が静か, が響き, が順, が首, さあ, さあーん, だ, だけがまざまざ, だけはつけたり, だけはまだ, だの, であって, であり弁信, でございますから, でございますもし, でさえも妙, ですから, でないこと, ではない, というおしゃべり坊主, という口, という坊主, という奇怪, という存在, という小, といえ, といっ, とかいうよう, とかいった, とが真面目くさっ, としてさ, としての当座, としてはあえて, としてはいっこう, としては珍しく, としては目, とは一間, とは近江, とを見る, と三人づれ, と二個, と刃, と同じ, と向い合った, と呼ばれた, と根本的, と清澄, と申し, と申しまする, と論じ合った, と鐙小屋, なの, ならずとも, ならば, なるもの, なるものの, なればこそ, にあっ, にあるらしい, にお, にお茶, にこの, にささえられ, にとっては与える, にはこたえられまい, にはその, にはただ, には弱った, には散歩, には見えない, には見て取る, にまかせ, にも渡り, によって火, に問いかけます, に図星, に対してのみどんな, に対しては客分, に対しては竜, に対すると同一, に対する恨み, に引合わされ, に托し, に振舞いました, に相手, に突きつけた, に行, に見せる, に言わせない, に話しかけ, に譲らない, に退, に限っ, のいずれ, のいった, のいる, のいわゆる, のお, のひとり言, のみが寛宏, のみが彼女, のやつ, のやつれた, のスヤスヤ, の人, の仕事, の何者, の保証, の先, の呼びかけた, の呼びかける, の喋った, の噂, の坐っ, の奴, の存在, の小楯, の差し上げ, の巻, の平家琵琶, の心境, の志, の忠告, の念頭, の恐怖, の感覚, の態度, の憐れ, の持っ, の振向いた, の掌, の来た, の株, の案内者, の法衣, の注意, の注視, の減らず口, の為さん, の無事通過, の物怖じ, の生, の眠り, の眼, の着早々, の第六感, の答え, の答弁ぶり, の糺問, の纏う, の肩, の背中, の背後, の落ちつき, の行きついた, の見えざる, の見た, の言い分, の話しかける, の語る, の説明, の調子, の身, の身の丈, の身代り, の軽い, の述べた, の錯覚, の長物語, の頭上, の顔, の麻, の鼻っぱし, はあわて, はいっこう, はいつ, はいや, はおしいただい, はおとなしい, はおとなしく, はおります, はおりません, はかね, はこちら, はこんな, はさっさと, はそう, はそっけ, はそれ以上, はついに, はともかく, はとりあえず, はどうしても, はなにか, はひとり曠野, はふと, はふらふら, はまのあたり, はむろん, はもう, はもうピタリ, はもつれる, はもはや, はやがて, はやはり, はようよう, はアッ, はソクラテス流, はソロソロ, は一別来, は一息, は一挺, は一膝, は一間, は丁寧, は三味線, は三日, は事もなげ, は仰ぐ, は先刻心得面, は全く, は再びおもむろに, は出, は前, は力, は力なき声, は勘, は半ぺん坊主, は取合わない, は口走っ, は合掌, は喋りまくっ, は報福寺, は塵, は声, は天, は委細, は姿勢, は宮の台, は容, は平家琵琶, は平気, は弁信, は得意, は必死, は思わず, は怠らず, は恐怖, は息, は憂え面, は手, は更に, は松, は果して, は死んだ, は毎夜, は池, は沈みきっ, は泣き, は消えた, は湖岸, は湿っぽい, は漫々, は澄ましきっ, は火, は灰, は熊, は物, は琵琶, は異議, は白骨, は相, は穏, は米友, は網代, は緩慢, は聞き耳, は背中, は自ら手綱, は誰, は逃げ惑う, は透かさず, は鐙小屋, は長く, は長堤十里見通し, は階下, への手紙, へも一応, ほどのもの, もここ, もさも, もその, もどう, も否み兼ね, も昔, も江戸, も特に, も狼狽, も竜, も詮方, も閑却, よ, よりはもう少し, らしい人, らしい願い, をかわいそう, をし, をしっかり, をしりめ, をたしなめる, をどう, をながめました, をなだめ, をのみ左様, をまとも, をむりやり, をや, を一足先, を伏し拝んだ, を促し立てる, を出し, を如何, を導い, を導いた, を巣鴨, を引, を引起, を後ろ, を恨みました, を愛し, を憎み憤っ, を憐, を手放し, を手放した, を抑えました, を抱いた, を抱きしめ, を招ずる, を捉え, を案内, を極度, を残した, を浚い上げました, を生き, を知らなかった, を竹生島, を笈ぐるみ荷, を置き, を背負っ, を背負った, を舟, を見上げました, を起すべく, を軽く, を迎え, を送り出す, を除い, を驚かす, を驚かそう, 如きの

▼ 弁信さん~ (225, 7.2%)

6 というの 5 という人 4 はどう 3 じゃありません, と一緒, に逢いたい

2 [20件] がここ, がこの, じゃない, だから, だもの, です, ともあろう, どうした, に宛て, に聞い, に逢っ, のおっしゃる, のこと, のため, の取越し, はわたし, は弁信さん, は眼, への手紙, らしい取越し苦労

1 [161件] あのお喋り, おりますか, お大切, お目, か, かと爪立て, かねて, があぶない, がいい, がいう, がいない, がいや, がこちら, がこんな, がそう, がまだ, がもしや, がよく, がわたし, が二人, が今, が今晩ここ, が先, が心配, が来, が来た, が止める, が着のみ着のまま, が言う, が近い, が鷲, しっかりなさい, じゃねえ, すぐに, せっかくだ, そういうこと, そういう無茶, そうし, その人, そりゃお前, そりゃ仕方, それでは当分こちら, そんなに取越し, だけの世界, だって, だまっといでよ, て, ていう人, てそんなに, てなあ誰だい, ての, て言う, であの, でさえ, ですね, というもの, という人質, とおっしゃる, とお雪ちゃん, とき, ときた, として存分, とちょっと, とも約束, とやらの頭, とわたし, と大, と言い, どうしましょう, どうなる, ならば, ならもうちっと, ならわかり過ぎるほどに, なんぞは塙保己ちゃん, なんぼなん, にだけは逢える, にだまされた, について来る, にひとめ, にもわからなけりゃならない, にも困った, に届く, に相談, に給仕, に羽, に解い, に逢いたがっ, に違い, に限っ, に顔, のいう, のたより, のなさる, ののべつ, のよう, のズルイの, の傍, の力, の勘, の吩咐, の声, の姿, の方, の眠たい, の美しい, の耳, の身代り, の身体, の面影, は, はいったいどう, はさっし, はしょっちゅう, はそっち, はただ, はほんとう, はまだ, は一人, は人, は先生, は別物, は悪く, は時々ああ, は果報, は琵琶, は疲れ, は絶えず, は自分, は身体, へ届け, ほどよい, まあこっち, また山鳴り, みたよう, もうそういう, もしかしてあなた, もそれ, も弁信さん, も落ち, ゆっくり聞い, ようやくお, よくおいで, よりも茂ちゃん, らしくも, をおぶいましょう, をおぶっ, をよく, を助け, を呼ん, を忘れられない, を恨む, を斬りそこねた, を落さなけれ, を起しましょう, 何とお, 出ようよ, 教えて, 早く行きましょう, 淋しいね, 聞いて, 遅くなっ

▼ 弁~ (219, 7.0%)

11 ふるって 3 もって, 使って, 持って, 開いて

2 [14件] した, して, つかって, 使う, 使うこと, 使う人, 使った, 写生する, 呼び出して, 呼んで, 振って, 書いて, 消すため, 用うる

1 [168件] あけるよ, あやつって, あれだけ, かくすやり方, きいて, きいても, きくと, こころみた最後交渉, ごっちゃに, しやべ, そっとむしっ, そのまま出し, たたむが, つかうもの, つかう中年, つきまぜた言葉, つくって, つくつて, とり入れそれ, なおして, ぱっと下, ひっぱって, ふと見上げた, ふらふらと, ふるい, ふるいかけたとき, ふるいだした, ふるい掛引, ふるい智, ふるうか, ふるうこと, ふるうとも, ふるうなど, ふるった, ふるってこの, ふるってと, ふるって演舌, ふるって説きつづけた, まじえて, まぜこぜに, まぜて, また若く, まねられて, みんな開い, むしりつ, むしりて, もてあそぶタレント, やり舞台中大笑, チャンポンに, 一くさりやった, 一しょに, 一二少く, 一枚一枚むしる, 上手に, 下五に, 云い塞ぐよう, 交えつつ, 交えながら, 交ぜて, 交互に, 今一つ下等に, 余り知らない, 使いに, 使いはじめたでは, 使いました, 使うさかいに, 使うたらいい, 使うな, 使うので, 使う全身, 使う女, 使う弁天小僧, 使った小説, 使つて, 使つても, 使は, 使ひました, 使ふ, 使ふと, 使わして, 促すため, 兼ねて, 写生し, 出さないよう, 出したの, 出して, 利用した, 助けたいとも, 動かせば, 半開と, 否定する, 唇で, 唸らせる, 喋らせて, 嘲って, 四五疋の, 奮う, 尽くしたもの, 尽した, 居心地わるく, 巧みに, 并せ, 弄した, 弄するゆえん, 弄する必要, 得ずわずか, 心掛けようと, 忌むと, 恣に, 懸命に, 折々は, 押して, 振う, 振うもの, 振え, 振ひは, 振るって, 掌に, 掌ほどの, 揮いて, 揮つて, 揮つて教条を, 揮わんと, 操る社会的成功者, 攫んで, 書かせて, 書くむつかし, 有して, 東京人は, 殺すため, 求むるの, 法廷で, 混成したごとく, 特別な, 発するもの, 真似て, 眼に, 称して, 累ね, 続けて, 能くし得ない鈍根, 落して, 薫は, 表現し得ない, 表看板に, 要せず, 見るよう, 試みたって, 読むと, 象嵌した, 責めて, 費して, 費すが, 費すだけ, 費やさねば, 逞しくす, 達するには, 遠慮なく使用, 遺れば, 開いた, 開き多分, 開くため, 開けっぱなされたままの瓦斯注入口, 開けっぱなした, 隠そうと, 預かって, 食い大町, 食ひ

▼ 弁~ (202, 6.4%)

6 少将が, 尼の, 尼は 4 ように 3 尼が, 把手を, 花が

2 [11件] ごときは, 作用に, 君という, 少将の, 尼に, 尼へ, 必要が, 方が, 縁辺から, 菊の, 魅力が

1 [149件] ある人物, いなせな, ききはじめだったが, ごとく大, その警官, ちょっと小意気, は新しい, まじった言葉つき, まづい, むつかしさ, もある, もので, ものであった, ものも, やうな, アクの, アクセントは, アクセントを, スパナーが, リアリティを, 一人称小説を, 上に, 下新を, 中に, 中は, 事, 事である, 二人の, 会社の, 会話が, 作物が, 作用で, 使駆で, 侍柳河藩の, 傍まで, 全く正, 公達と, 内侍と, 出て, 利己心が, 動かしかた, 匂ひ阿, 卓袱料理を, 厚化粧が, 合の子の, 君の, 君は, 国自慢に, 基部に, 変化の, 奮ひ, 女が, 女の, 奴二三日し, 好い女, 子の, 官員様の, 小さな白い, 小さな花, 小花, 少将だけは, 少将と, 少将などにも, 少将なども, 少将に, 少将も, 尖端を, 尼から, 尼であった, 尼なども, 尼にも, 尼も, 尼を, 尼姿さえ, 尽くる, 川狩の, 座に, 張宗昌は, 形ち, 形で, 形と, 形に, 形の, 影が, 忍び泣きの, 志願者が, 忙が, 感情が, 懐かしさ, 所へ, 所持品で, 持ち前の, 操作法空転時の, 政談浪花節それから, 日本人ば, 有無を, 某は, 様に, 殻が, 殿である, 毛彫須ミセンの, 滑かな, 牛心台炭坑が, 特徴を, 生活は, 用意を, 男が, 男だつた, 男二人によって, 白い花, 真偽を, 真紅の, 着替えの, 石竹咲白花を, 稽古は, 紐が, 縮れた模様, 美しさ, 者が, 耳には, 色の, 花に, 花の, 花形を, 若い女中, 若い色男, 薔薇, 藍色の, 衣服が, 裏菊の, 言葉を, 計って, 訴えるの, 説が, 買って, 違いを, 里から, 重い口, 鉄道である, 長さ六寸, 長広舌が, 間へ, 靴で, 靴を, 音楽的美し, 頑固な, 香に, 香を, 高官五位六位の

▼ 弁信法師~ (152, 4.8%)

3 はこう, はこの 2 でありました, の頭, の饒舌, はまた, は琵琶, もまた

1 [134件] かしからずん, から真中, が, がいいます, がお喋り, がこう, がこの, がつい, がなお, がはたと, がやっと, が一人, が一息, が傍, が傍ら, が参りました, が念, が息, が我, が抜からぬ, が曾無一善, が最初, が有縁則住, が浴槽, が狂気, が琵琶, が積み上げた, が竹生島, が虫, が返事, だけがどう, だけが案内, であります, でもう, とは別に, と二人, と共に業火, と同じ, と大鷲, ならずとも, なる者, にとってはなん, に似, に嗅ぎつけられ, に導かれ, に於, に相違, に迫っ, に限った, のいう, のいる, のおとずれ, のこと, のせっかく, のため, のよう, の上, の口, の報告, の声, の如き, の容態, の専売, の山登り, の平家物語, の広長舌, の心, の怖, の手引, の知らせ, の耳, の胸, の言葉, の語調, の身, の辞儀, の面, はあれ, はいわん, はここ, はこれ, はしょぼしょぼ, はすでに, はそういう, はそれほど, はちょこなんと, はといえ, はまたたき, はまだ, はもう, はソロソロ, は一気に, は一面, は今, は以前, は何事, は嗚咽, は地上, は天, は小賢しく, は平家, は座, は引きつづき, は得意, は撥, は昨夕, は暗中, は最初, は杖, は法然頭, は炉辺, は爆発, は相, は真, は確か, は聴衆, は肌, は自他共, は観念, は身なり, は長浜, ふと或, もお, もお茶, もつい, もやって来る, も再三, も少しく, も広長舌, も竹生島, をひとり, をもてなそう, を伴っ, を発見

▼ 弁~ (112, 3.6%)

3 思った 2 うまかった, 姫君の, 屋根裏へ, 東京の

1 [101件] あまりの, あら神戸言葉や, いずれ死刑, いっそう慰め, いつか上に, いよいよ世捨て人, かねて, かねての, こう言う, ここと, この役, これに, これも, すべて純, そういう扱い, そこで, その一つ一つ, それからの, そんなこと, そんな女, ちょっと不思議, ついに城主, てれて, ときどき友達, どうでも, まして大, まるで美術工芸品, もう四十一, もっと形, やはり純, ノドが, ミヤ子との, ミヤ子の, 一文だって, 中の, 亭主の, 何人と, 先から, 先ず表情, 卵色に, 又その, 同情を, 声色に, 客室へ, 小作人などの, 常に安泰, 店の, 心を, 思いだした, 思って, 意気地も, 扇拍子を, 手振, 持ちあわせて, 攘夷に, 新夫人, 早く帰る, 昨夜の, 是れ, 暁方目を, 書きにくい, 東京より, 東京乃至, 梅鉢の, 気の毒に, 水の, 泣いた, 泣く泣く薫, 涙に, 熱を, 独自的に, 理由の, 理解せざる, 用いようとしても, 画家早雲では, 真ッ先, 真剣であった, 着いた, 笑ったが, 簡素単純な, 紋切型の, 老人であっ, 聞いて, 自分の, 自身の, 茨木あたりの, 薫であろう, 薫に, 見て, 見逃さなかった, 言う, 言うの, 言った, 話した, 誰が, 論理法に, 諸般の, 身から, 達者な, 開いて, 飛んで

▼ 弁~ (102, 3.2%)

3 喋って 2 もって, 云った, 答えた, 話した, 語って

1 [89件] あたりかまわぬ, あらざるを, ある表情, いかにも日本左衛門, おまけに, こう言った, この若い, しかたばなしまで, しかもそれ, しゃべりだしたの, その妄, その方, それから, それが, なにか作戦上, ね, ぺらぺら話しかけられ, ほんとうは, まくしたてる路傍, まくし立てる所, まっすぐに, やって, やり出した, やる, やること, よくは, サックリと, タンカを, 一息に, 一気にまくし立てられる, 一貫してる, 丞相は, 亡くなった人, 以てな, 会話した, 何とか言っ, 内容を, 切にすすめる, 参議に, 啖呵を, 坊ちゃんという, 大いに学問, 大学生が, 実にシミジミ, 彼女は, 承けた霧, 断った, 新聞社へ, 早口に, 書かれて, 書こうと, 樽野は, 殊に今夜, 滔々数十分言葉巧に, 演じて, 演舌した, 率直に, 甘ったれて, 直と, 相手を, 知られた, 若い衆に, 言うと, 言った, 言ったが, 言ひ, 言ひだした, 訳も, 話しかけるさかいに, 話して, 話し出した, 話すの, 話す癖, 話を, 語つた, 語られたの, 説明する, 讒言など, 豆の, 豹一も, 述べた時, 長々と, 階下の, 静かに, 面を, 面白いこと, 頻に, 食事を, 饒舌り立てる

▼ 弁~ (85, 2.7%)

3 出たので 2 その方言性, 上手な, 出て, 来て

1 [74件] あるの, いけない京都, いつも一番, おもしろかった, かえってその, ここでは, さうさせたの, すっかり厚化粧, その一夜, その上, たんまり飲ん, ちゃんぽんに, ふわりと, まじって, やや自然, ギセイに, フランス人の, ミヤ子を, 一人前に, 不安心に, 与って, 主に, 二枚散, 五色に, 似合って, 使える組, 出た, 出る, 十枚以上あっ, 危うげ, 右平を, 吾輩に, 壕の, 大受け, 天平の, 姿を, 宣旨で, 巧過ぎる, 帳台の, 彼の, 御命令, 快くもつれ, 忽ち一度, 急に, 書けないという, 極端に, 浮いて, 満足に, 溜って, 犯人で, 現場を, 立つ, 立つた, 簇がって, 紋切型で, 紋切型に, 終るか, 結婚を, 自らその, 自然に, 自由自在に, 自身だけ, 見事であった, 講師の, 躊躇し, 近頃は, 酔っ払って, 重々しい神さびた, 長話を, 閉じられて, 開いたまま, 開いて, 雄弁と, 飛び出したり

▼ 弁~ (74, 2.4%)

3 なって, まかせて

1 [68件] ある気泡, お峯, かかったひととき, かけ溶け, こッくりし, ございました, して, しても, する気, つかえながら, できるの, なつて, ならないのでね, なり得ず鼻, なり胡桃隆起, なる, なるやら, なろうとしても, のぼって, ふさがれて, もどして, よると, よわされて, 一つの, 代わらせた, 依頼し, 兄は, 及ばず候, 呂布は, 国語の, 大事を, 富む呉用, 導かれる, 弾みつけられて, 弾みづけられて, 思わず笑う, 愛敬を, 戻り, 於て, 昇り今, 残されて, 洗う雨, 着く程, 穴の, 紀州弁が, 約束した, 美を, 翻訳する, 聞えなかった, 胡桃形の, 至りては, 英国仕込みの, 見出し主張, 見惚れては, 言わせても, 語って, 身体を, 近いかとも, 近い標準語, 逢いたいと, 酔うが, 酔って, 長じたる, 開いて, 障るよう, 集って, 馴致された, 鼻を

▼ 弁~ (55, 1.8%)

2 ぬこと, ねど

1 [51件] さうなものぢ, ざること, した話, ずと, ずに, ず化学上, ず扁旁, ず焦れ候, ず異同, ず金さ, た, たと, たらよから, たる余は, た万事, た嗜み, た応接, つ, ないため, ないで, ないところ, ない愚鈍, なければ, ぬ, ぬと, ぬに, ぬにも, ぬは, ぬやう, ぬわい, ぬ南方, ぬ小, ぬ彼等, ぬ思ひあ, ぬ思ひ上り, ぬ態度, ぬ田夫野人, ぬ親, ぬ言, ねば, ましては, まだその, 人を, 往こうという, 慎重に, 憂慮も, 申すべきや, 達意に, 酸を, 難くて, 難く候

▼ 弁~ (36, 1.1%)

2 よばれて, 凡そ隔り

1 [32件] いい紛れ, いえども, いへども, なったに, なった人体, なり, なり運, 云うもの, 云う者, 京都弁を, 凸面の, 出来ちゃったやぶれかぶれ, 剛腹とは, 区別の, 右平であった, 右平の, 弁との, 態度と, 明白な, 来て, 来ると, 東京弁, 東京弁を, 此村と, 疏通堰とを, 相まって勝豊, 知れましたが, 神戸弁の, 福仙の, 署名せられ, 蕊に, 薩摩弁で

▼ 弁~ (33, 1.1%)

3 の奴 2 という若者

1 [28件] が不思議, が止めた, が親分, しっかりし, すぐ身, だったそう, とに送られ, と彼, のよう, の看病, の親分, の親父, はいきなり, はうなずいた, はかぶせ, はその, はほおばっ, はまた, はもう, は口, は堀, は憎まれ口, も昼間, をたずねる, を合壁, を病院, 初めて気, 泊めて

▼ 弁~ (33, 1.1%)

1 [33件] がアゴ, がカブト, がキチン, がチョコン, が怪し, だけはツキアイ, である, というたしか, という頭, にくれ, にバケツ, の作, の悪口, の悪戯, の手, の生れ更, の話, はお, はお金, はアツカマシイ, はニヤリ, はニヤリニヤリ, は大, は悠々, は悠然たる, は悦に入っ, は札束, は毎週三日, は海, は知らぬ顔, を睨みつけた, を見る, を起そう

▼ 弁~ (32, 1.0%)

2 悪くない

1 [30件] あったから, ある, あるしの, あれば, かなしくきく, すっかり田舎訛り剥き出し, ない獣類, またこの, 上手に, 下手な, 並べて拝みたい, 了解できた, 似たり, 使う, 受けるし, 女専の, 好きだった, 漢学の, 玄, 玄蕃允の, 立つし, 聞いたこと, 聞く人, 能し, 葉子の, 覚えて, 訥々では, 負けない気持, 達者で, 闘志が

▼ 弁~ (31, 1.0%)

2 が仕事

1 [29件] がまったく, が二十四, が住みこん, が卑し, が答える, だけだった, との話, と別れる, と稲吉, なんぞがオレ, に後口, に現場, の兄弟子, の問わず語り, の大飯, の早, はいい, はいつも, はヤジ馬, は二階, は呟き, は慌てずあせらず, は相, は話, は道具一式, は馬, も稲吉, をおびきだし, を呼び

▼ 弁~ (31, 1.0%)

1 [31件] から自分, だんだん狎れ居っ, であるから, ではなく, などとは比較, などの子, に強迫, に申し渡す, の前, の奴, の容貌, の強迫, の所為, の手蹟, の持っ, の死骸, の父, の見, の遙, は, はあばた, はこう, は一人前, は世間知らず, は寝床, は拳, は未熟, は父, を愍然, を抱い, を睨めつけ

▼ 弁太郎~ (30, 1.0%)

2 は眼

1 [28件] が何で, が膏薬売, という男, なの, の寝台, の父親, はその, はひどく, はよく, は一人, は一寸, は仰, は咽, は夢想, は屡々, は思わず, は既に, は次第に, は江戸, は眉, は緊張, は考え, は考える, は起き上ろう, は追想, は附き纏い, も時々, も茫然

▼ 弁へて~ (29, 0.9%)

4 ゐて 2 ゐるの, 外国より

1 [21件] ゐた, ゐない, ゐないらしく何かと, ゐない筈, ゐながら, ゐなくちや, ゐなければ, ゐますぞ, ゐる, ゐるが, ゐるつもり, ゐるであらう, ゐるほどの, ゐるもの, ゐる人達, ゐる私, 居た人, 居る為, 礼儀正しい, 見なさいマア私, 貰ひたい

▼ 弁~ (20, 0.6%)

4 の眼前 2 に二喝, の口中, の鼻先, は小坊主, は徳利, は飛鳥, は食膳 1 と云, と言った

▼ 弁~ (20, 0.6%)

2 の前

1 [18件] にも大いに, に近づかん, の好, の顔, はこの, はその, はたちまち, はなおも, は仔細, は仰ぎ, は席, は得々, は渠, は語り, より麗しき, をえらばず, を凝視め, を睨

▼ 弁~ (20, 0.6%)

1 [20件] か, が何, が小使勤務, が深い, である, でございます, とこの, に心, の腰, はすぐ, はバケツ, は口, は坐った, は気, は炭バケツ, は笑えない, もその, を取囲んだ, を小使室, を間諜

▼ 弁信さんお前~ (18, 0.6%)

1 [18件] がその, がわざわざ, が今晩ここ, が逃げよう, そこであに, と一緒, にこれ, の前, の平家, の身体, はものしり, は大変, は眼, また高, むずかしいこと, もかなり, 寝過ごしちゃ, 怖くは

▼ 弁~ (18, 0.6%)

6 の徒

1 [12件] あるもの, ある封建社会, ある彼等, があろう, その衒学的, とをもっ, に身ぶるい, のあらん, の徒たる, は既に, を回復, を封建社会

▼ 弁~ (17, 0.5%)

2 の家

1 [15件] が殺した, だあくまでも, では, という老人, といふ弁護士殿, の口, の眼, の鉄砲, はそう, はヒョロヒョロ, は年, は引き受けた, もしゃがみ込み, を突きのけ, を突きまくり

▼ 弁~ (17, 0.5%)

5 助, 助と 1 丞だ, 儀当, 内侍を, 助に, 助は, 助を, 助挑戦

▼ 弁~ (17, 0.5%)

1 [17件] があんなに, が却つて違つた印象, が巧み, が爽やか, だよ, で, と容疑者, の上, の悪達者, の才能, の程, まことに爽, も度々, も正気, も爽, も立ち, をあれ

▼ 弁信さんあなた~ (16, 0.5%)

3 の言う

1 [13件] が待っ, にはあの, のおっしゃる, はこの, はこれから, はどこ, はわたし, は人並み, は法恩寺様, ほど深く, もあんまり, も賛成, を待っ

▼ 弁~ (16, 0.5%)

2 という男

1 [14件] が右手, が声, で行, とかいう男, と杉次郎, などの連中, なの, はお, は弁太, もお, や杉次郎, を睨んだ, を背後, を自分

▼ 弁~ (14, 0.4%)

1 [14件] には浪人, の夫婦, の店, の折, はここ, は奥, は女房, は山国, は甥, は耳, は脚絆, もお, も彦太, も江戸人

▼ 弁証性~ (12, 0.4%)

1 [12件] が解ける, が解決, だったの, ではない, の区別, の弁証法的, は単に, は哲学, を, を持つ, を有, を有った

▼ 弁という~ (11, 0.4%)

2 ものは 1 ものが, ものを, ような, アダ名だけ, 女に, 女房を, 奴を, 得意の, 身辺小説的伝統には

▼ 弁信さんわたし~ (11, 0.4%)

1 [11件] が急, が死ぬ, じゃありません, には全く, はここ, はこのごろ, はもう, は先生, は旅, もその, も女

▼ 弁~ (10, 0.3%)

1 があり得るであろう, とか超克, なしに, にしか過ぎなく思はれる, の稲妻, の過, は後, や解義, をしない, を後

▼ 弁には~ (9, 0.3%)

1 いのぼること, なかなか担がれ, ならないの, また一種, 今更ながら, 他の, 変りは, 弁の, 相違ない

▼ 弁~ (8, 0.3%)

1 から先ず, がそち, がそれ, が大阪, しまた, とのみ思う, と数え, ね

▼ 弁信さんお前さん~ (8, 0.3%)

1 という人, には分るまい, のその, の言う, はあの, はなん, はまあ, も了見違い

▼ 弁次郎幸村~ (8, 0.3%)

1 が父, が秀吉, だけだった, に啓発, の言, はその, はもう, も一隊

▼ 弁信殿~ (7, 0.2%)

1 かよく, だけをつれ, とかぶせた, とその, は女王様, も米友公, を尋ね

▼ 弁~ (7, 0.2%)

1 が佩剣, というもの, の巧言, の眼, は左右, は部下, を真

▼ 弁~ (7, 0.2%)

3 と二人 1 が鹿爪, の甘き, も洲崎, も私

▼ 弁~ (7, 0.2%)

2 の弁当 1 からおいしい, にゃ叶わない, のあなご, の膳, を奢っ

▼ 弁~ (7, 0.2%)

1 でこの, で何事, の心, の許, は悲しい, は苦しまぎれ, を思いわび

▼ 弁する~ (6, 0.2%)

1 ことすらも, ために, の必要を, 上に, 必要も, 所なれ

▼ 弁にも~ (6, 0.2%)

1 もっともっと含み, 分って, 及ぶまいすなわち, 朱同は, 草臥たれ, 鶴を

▼ 弁兼輔~ (6, 0.2%)

1 であった, であること, と少将, の使い, の案内, はほっと

▼ 弁次郎~ (6, 0.2%)

1 がいわゆる, が十七歳, の使者振り, の容子, の方, の諸氏

▼ 弁~ (6, 0.2%)

1 がいま電燈, であった, のヅクノキ科, は弁, をその, を満開

▼ 弁証論~ (6, 0.2%)

2 の孫 1 によって得られる, に他方, に説かれ, は修辞学

▼ 弁~ (6, 0.2%)

1 と玉子, の秘密書類, の証人, はボク, は三週間, への復讐心

▼ 弁~ (6, 0.2%)

21 すること, のため, の道, を親切

▼ 弁~ (5, 0.2%)

2 のだ, のである 1 のであった

▼ 弁へも~ (5, 0.2%)

1 なく一つ, なく思はず飛ん, なく立上, なく自分, なく門

▼ 弁~ (5, 0.2%)

1 ことが, ことは, だけのこと, と煙管, 顔を

▼ 弁三爺さん~ (5, 0.2%)

1 という香具師, はそう, は不安, は思った, は憂鬱

▼ 弁天堂~ (5, 0.2%)

1 があった, のある, の善昌, の場, の裏手

▼ 弁殿~ (5, 0.2%)

1 からお願い, という, と言いあわせ, の志士的, もその

▼ 弁~ (5, 0.2%)

2 すること 1 されて, せなければ, のため

▼ 弁蔵爺~ (5, 0.2%)

1 やが, やだけには幕僚たち, やの挙動, やの行動, やは将軍

▼ 弁とは~ (4, 0.1%)

1 うって, しょッち, ケッタイな, 比較に

▼ 弁まる~ (4, 0.1%)

2 だしの 1 だしだ, 出しで

▼ 弁~ (4, 0.1%)

1 まことによし, 中将も, 加速度計など, 右平の

▼ 弁内さん~ (4, 0.1%)

1 いますか, はそれ, はコボシ, をお

▼ 弁~ (4, 0.1%)

1 などは皆一族, の中, の局, はまた

▼ 弁~ (4, 0.1%)

2 して 1 し難い, する所

▼ 弁~ (3, 0.1%)

1 ぬ真, 本当の, 訛りの

▼ 弁から~ (3, 0.1%)

1 六条院へ, 得た袋, 濃い紫

▼ 弁~ (3, 0.1%)

1 て往きゃ, やはり兵営内, 難かった

▼ 弁~ (3, 0.1%)

1 たりし, たり笑っ, ちゃいけない

▼ 弁では~ (3, 0.1%)

1 ない, ないまでも, ないよう

▼ 弁でも~ (3, 0.1%)

1 きっと受ける, なくなんら, 土豪劣紳でも

▼ 弁とか~ (3, 0.1%)

1 参議とかの, 王命婦とかだけは, 秘密に

▼ 弁との~ (3, 0.1%)

2 二軒だけ 1 間から

▼ 弁へる~ (3, 0.1%)

1 ことが, といふ, 心も

▼ 弁ほど~ (3, 0.1%)

2 文章に 1 書きにくい

▼ 弁よりも~ (3, 0.1%)

1 さらにさらに独逸語, 下品で, 協に

▼ 弁~ (3, 0.1%)

1 宰相清忠を, 本ハ聚テ筒, 殿

▼ 弁丸出し~ (3, 0.1%)

1 でユーモラス, の奥さん, の巨漢

▼ 弁俊基~ (3, 0.1%)

1 でお, の妻, の顔

▼ 弁信お前~ (3, 0.1%)

1 なんぞが出よう, は口, も珍しい

▼ 弁信さんこれ~ (3, 0.1%)

1 が歌, でもまだ, でわたし

▼ 弁信さん何~ (3, 0.1%)

1 が悲しい, と言っ, をおっしゃる

▼ 弁~ (3, 0.1%)

1 学士に, 心其の, 心其形盤ノ

▼ 弁~ (3, 0.1%)

1 となり, と題する, の筆

▼ 弁政務使~ (3, 0.1%)

1 が象牙, をやっ, 大参事

▼ 弁~ (3, 0.1%)

1 で幼, にいた, のひきつけ

▼ 弁~ (3, 0.1%)

1 し一, すべきもの, するため

▼ 弁能力~ (3, 0.1%)

1 なるもの, に富める, の士

▼ 弁証し~ (3, 0.1%)

1 て巻, て痛快, 六道の

▼ 弁証論者~ (3, 0.1%)

1 である, であるから, へであり

▼ 弁~ (3, 0.1%)

21 篇其他

▼ 弁あり~ (2, 0.1%)

1 て一年三百六十日饒舌, ともやわか

▼ 弁いずれ~ (2, 0.1%)

1 も彼ら, 劣らぬカン

▼ 弁かで~ (2, 0.1%)

1 済むべきわけ, 済むべき訳

▼ 弁~ (2, 0.1%)

2 道の

▼ 弁さえ~ (2, 0.1%)

1 傍観し, 立てば

▼ 弁した~ (2, 0.1%)

1 とて何, ものが

▼ 弁だけ~ (2, 0.1%)

1 では, 明るく地虫

▼ 弁だの~ (2, 0.1%)

1 土佐ことばだ, 長州弁だの

▼ 弁ちやん~ (2, 0.1%)

1 とは泳ぎ, を煽て

▼ 弁って~ (2, 0.1%)

1 いた叔母, いる男女

▼ 弁であった~ (2, 0.1%)

1 のは, 忠平は

▼ 弁でありました~ (2, 0.1%)

2 ので少年

▼ 弁とが~ (2, 0.1%)

1 喧嘩の, 源氏の

▼ 弁など~ (2, 0.1%)

1 どうでも, 数多の

▼ 弁などを~ (2, 0.1%)

1 ひけらかしては, 使って

▼ 弁ばかり~ (2, 0.1%)

1 旗本は, 気に

▼ 弁まえ~ (2, 0.1%)

1 ています, て居る

▼ 弁より~ (2, 0.1%)

1 成る花, 電車で

▼ 弁らしい~ (2, 0.1%)

1 感覚が, 点も

▼ 弁丹吾~ (2, 0.1%)

1 で一杯, のおでん

▼ 弁~ (2, 0.1%)

1 と云う, の職

▼ 弁信さんあれ~ (2, 0.1%)

1 はいや, は鈴慕

▼ 弁信さんおいら~ (2, 0.1%)

1 はその, は京都

▼ 弁信さんイヤ~ (2, 0.1%)

2 に明るい

▼ 弁信さん今~ (2, 0.1%)

1 になっ, までお前

▼ 弁信さん火事~ (2, 0.1%)

1 というもの, は本宅

▼ 弁信そのもの~ (2, 0.1%)

1 が小兵, の形

▼ 弁信の~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は条理整然

▼ 弁信君~ (2, 0.1%)

1 はどう, を起し

▼ 弁信米友~ (2, 0.1%)

1 でございと, の行先

▼ 弁信自身~ (2, 0.1%)

1 が提灯, は拭う

▼ 弁内侍~ (2, 0.1%)

1 と正行公, を救った

▼ 弁十郎~ (2, 0.1%)

1 として演じた, を演つた時

▼ 弁吉右門次左近~ (2, 0.1%)

1 などという三人, を連れ

▼ 弁~ (2, 0.1%)

1 ク並ビ重, 智なる

▼ 弁妄書~ (2, 0.1%)

1 に於, を公

▼ 弁~ (2, 0.1%)

1 の壁灯, の壁燈

▼ 弁~ (2, 0.1%)

1 三位までに, 経など

▼ 弁~ (2, 0.1%)

1 というやつ, の眉間

▼ 弁~ (2, 0.1%)

1 らしく言, 的に

▼ 弁~ (2, 0.1%)

1 でありたいという, に飲食

▼ 弁~ (2, 0.1%)

2 するとき

▼ 弁装置~ (2, 0.1%)

2 へ続く

▼ 弁~ (2, 0.1%)

2

▼ 弁証した~ (2, 0.1%)

1 ものである, 通りである

▼ 弁証する~ (2, 0.1%)

1 ことが, 為めに

▼ 弁証家~ (2, 0.1%)

2 であると

▼ 弁証的~ (2, 0.1%)

1 な形而上学, な考え方

▼ 弁足らず筆~ (2, 0.1%)

2 伴わずいわゆる

▼ 弁~ (2, 0.1%)

1 といま, をうんと

▼ 弁龍和尚~ (2, 0.1%)

1 ときいた, の名

▼1* [292件]

いともさわやかに, 弁所なれ, 弁からの話を, 弁からも右平からも, 弁こいつは気, 弁この二つは, 弁こぼれている, 弁された白馬非, 弁さんとやらは仕合せ, 弁しくて才学, 弁したくてまいりました, 弁しようとした, 弁じゃ長藩, 弁ずつほぐれる花, 弁ずつを削いで, 弁ば何事, 弁せざるが如し, 弁せず日光を, 弁せねばならぬ, 弁せんとする, 弁そっくりでこの, 弁それから私の, 弁たる人を, 弁だけがこの夫婦, 弁がつかなくなる, 弁ちさへつかない, 弁ちゃらの縄屋, 弁ち得ざれば面, 弁であって隅, 弁でありそれが, 弁であるお使い, 弁でござったようだ, 弁でござるが拙者, 弁ですから耳, 弁でなくて大和, 弁でなくなるのが, 弁でなければならない, 弁というかハマ言葉と, 弁とに隠されて, 弁とも云ふべき, 弁とをまぜて, 弁どこへゆく, 弁どの久しゅう逢わな, 弁なく気なき, 弁なごしくつつむ, 弁なさい何日までも, 弁などが御前から, 弁などだけを招いて, 弁などでぐずぐずいう, 弁などと申し上げたほど, 弁などという成年者も, 弁なども御心配, 弁なりし先々代で, 弁なるものの, 弁については古往今来諸家によって, 弁にて理解し, 弁になつてし, 弁に対しては深い同情, 弁のみであるが, 弁へがたく候, 弁へた人によつて, 弁へてはゐたの, 弁へてをれば, 弁まえぬか, 弁まえませぬ百姓でございます, 弁まことに結構である, 弁まじりの独特, 弁まじりで秋に, 弁またそのほか, 弁みな違って, 弁やとかいう街の, 弁がない, 弁りはじめると自然, 弁りやがって彼奴, 弁を以てしても, 弁を通じて進み活栓, 弁ジ且ツ絃妓ヲ蓄フ, 弁ジ其名実ヲ覈シ集メテ以テ, 弁ズルガ如キ皆其言フ所, 弁ズルコトハ外ニ明ナリト雖ドモ心常ニ壅塞丕閉シテ理内ニ, 弁セウ母は二位大納言師長, 弁ゼズ将倦ムヲ曰ハズ, 弁ニシテ厚シ内黄ニシテ外赤シ故ニ紅黄草ト云紅黄草二種アル, 弁竢ツ, 弁一寸位の小さい, 弁一弁がふわり, 弁三事務所のその, 弁三爺の心, 弁三郎山川八弥杉浦慎一郎と共に私, 弁三郎氏錦織左馬太郎氏杉浦真一郎氏山川八弥氏の四人, 弁三郎錦織左馬太郎籾山駿三郎等でいずれ, 弁上司小剣氏の書く, 弁につまびらか, 弁丹吾亭や道頓堀, 弁久留米弁か訛り, 弁事件と似た, 弁事処といふの, 弁二弁花片の端, 弁二郎とある, 弁于沖漢氏の邸園, 弁を順次, 弁人狸別狸変ずれば, 弁に分らなくなるだらう, 弁仏説阿弥陀経碑春秋外伝国語跋荘子注疏跋儀礼跋八分書孝経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 弁付きの新式, 弁以外の指紋, 弁に勝つ, 弁使うてるねんが, 弁侍従なども大臣, 弁侍従宰相権中将蔵人兵衛佐などは初め, 弁信あいつがこの, 弁信さあんしっかり, 弁信さんあたいが悪かっ, 弁信さんあたりの言う, 弁信さんあなた一人だけでなく, 弁信さんいつまでもここ, 弁信さんいやに澄ましこんでる, 弁信さんお前あたいにかまわず, 弁信さんお前ここをどこ, 弁信さんお前さっきから目, 弁信さんお前何を見, 弁信さんお前誰かに斬られた, 弁信さんさっきお前がしきりに, 弁信さんそこへお, 弁信さんほんとうにわたし, 弁信さん一刻も早く, 弁信さん世間の学者たち, 弁信さん久しぶりにお, 弁信さん今時分こんなところ, 弁信さん今晩は寝かしません, 弁信さん出鱈目を言っ, 弁信さん大丈夫かエ, 弁信さん大変が出来ました, 弁信さん奥にいる, 弁信さん山科の光悦屋敷, 弁信さん弁信さんて言う, 弁信さん弁信さんさっきお前がしきりに, 弁信さん御無沙汰どころじゃなかろう, 弁信さん急に人, 弁信さん昔の弁信さん, 弁信さん星がキレイ, 弁信さん横になっ, 弁信さん母屋が焼け, 弁信さん理窟は抜き, 弁信さん琵琶を持っ, 弁信さん私のうち, 弁信さん草鞋をお, 弁信さん誰もお前さん, 弁信さん雨が降り, 弁信はさのみ失望, 弁信一人ぐらいがつこう, 弁信二にも弁信, 弁信様の言われる, 弁信法師あたりにもぶつからない, 弁信法師ひとりでお雪ちゃん自身, 弁信法師もどきに食後, 弁信法師一流のいい, 弁信法師後ろなるは, 弁信茂太郎の徒, 弁信風情が取付, 弁倉児など呼ばる, 弁候上は仮令, 弁の義務, 弁債方法に苦, 弁入道真観といった人, 弁八史の叙目, 弁八座八省の公卿百官, 弁公家か, 弁公引き窓をあけ, 弁公景気よく言っ, 弁公署を捨て, 弁公親子はある, 弁内ドッコイショと降り, 弁内一時ちょッと過ぎた, 弁内馬の鼻息, 弁出して尽く, 弁のふたり, 弁したもの, 弁単葉といへ, 弁参議などの車, 弁反転挺の扱いかた, 弁吉海保半平井上八郎塚田幸平これらの儕輩, 弁吉茂呂宗次郎同平吉, 弁呉俊陞氏の第, 弁喜以下十人ばかりの猛者, 弁地方はいまや, 弁外弁八座八省の公卿百官, 弁大伴家持の作った, 弁太さんなどは京助, 弁太子を立たせ, 弁太殿か妹, 弁太郎のは不幸, 弁学問ある法師, 弁宇野浩二氏の書く, 弁宏辞議論滔々として竭, 弁官内蔵頭を経, 弁官口が出納官, 弁じゃなかろう, 弁家ピアニスト批評家すべて自分の製作物, 弁将末に殺され, 弁ナク辣甚ダシキ者ハ蒜ナリ小蒜ナリ根茎倶ニ大, 弁は花, 弁川端康成氏の書く, 弁が列座, 弁式部大輔その他の人々, 弁当用共にお, 弁必ずしも文化的でなく, 弁快弁の人, 弁急き込めばやや, 弁計に, 弁才能く敵将, 弁持久須利荷高の面々, 弁持十二が居る, 弁挑みか, 弁政夫婦がこぎつけ, 弁政治家たちにジャアナリスト, 弁の書, 弁新しく発見された, 弁方面に張飛, 弁旅人は初めて, 弁日野俊基はみずから, 弁暁法印もこの, 弁を容, 弁を握った, 弁様同様どうしても御門, 弁樋口氏等もさ, 弁という陶工, 弁次郎様の御, 弁武田麟太郎氏の書く, 弁汲安などと威張り出す, 弁治めが尻餅, 弁深しと雖, 弁清忠がいう, 弁源相職よりも仰せ, 弁源相職朝臣仰せの旨, 弁ばみぬ, 弁物本草ト訳ス二ヲフィシヲロジカルボタニート云フ生理本草ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 弁独特のアクセント, 弁狭さく症といふ病気, 弁申して素通り, 弁男弁いずれ劣らぬ, 弁疎して見, 弁皇子を生んだ, 弁や紅長, 弁す万物戸, 弁縦横の若い, 弁者多士済々たる進歩党, 弁者得意の時, 弁自然に備わる, 弁花冠と云, 弁花片の端, 弁華夷の説, 弁蓮花文もあり, 弁蔵用事があったら呼ぶ, 弁藤原在衡, 弁藤原俊基であり縁先, 弁藤沢桓夫氏の書く, 弁行隆朝臣をお, 弁せずに, 弁という本, 弁解けだの空, 弁の致方, 弁証され定義上に, 弁証されたる科学の, 弁証したる仏法の, 弁証主義的誤りであること, 弁証作業や情熱, 弁証家ヘーゲルにとつて, 弁証派のマキシムス, 弁証的思弁的傾向に心づき, 弁証的性格は特殊的, 弁証的把握によって自身, 弁証的本質はこの, 弁証的結合を正しく, 弁証論的根本傾向との区別, 弁証関係を云い表わす, 弁説者弁護士演説家のごとき, 弁謹土としてのあなた, 弁資明や鷲尾中納言, 弁とかいう人, 弁であると, 弁辞的口実を口, 弁造以下脱走士の為め, 弁道工夫するにも, 弁長サ四寸許弁ノ本, 弁長房朝臣の奉書, 弁閉鎖不全というそう, 弁阿三十六の時吉水, 弁は日本, 弁無かりけり, 弁食って三階, 弁を嗅ぎ