青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「廻る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

建設~ 廻~ ~廻し 廻し~ ~廻っ 廻っ~ ~廻った ~廻り 廻り~ ~廻る
廻る~
廿~ 弁~ 弁当~ 弁解~ 弁証法~ 弁護士~ ~式 式~ ~弓 弓~

「廻る~」 2054, 21ppm, 5396位

▼ 廻る~ (334, 16.3%)

3 そこは, 其処は, 向うの, 土手まで

2 [27件] いうので, お組, こんな事, しようか, その柄, それが, 不意に, 両手を, 乞食の, 公園の, 其處は, 噛み付くかも, 多勢の, 女の, 小屋の, 我々町人風情よりも, 朝の, 木戸を, 河は, 狭い庭, 狹い, 眼の, 節穴だらけな, 義理にも, 臆病馬吉の, 見るひま, 通りを

1 [268件] あっちでも, あなた驚く, あの圖ぢ, あの間, ある, いいですがね, いうて, いって, いっても, いつでも, いろ, おい其の, お勝手で, お勝手寄りに, お化けと, お十夜, お得意, かの女, きまって酔っ, こ, ここにも, ここへ, この邊一帶, こんもりと, ごちや, さらに侍女たち, したら, しゃんしゃんと, しよう, じきに石炭殻, すぐ出発, すぐ縁鼻, すたすたと, すべての, すれば, そこで米友, そこに, そこには, その輪, その間じゅう白い, それを, たしかに事実, ですよ, とうとう底抜け, とても遅く, なるほど鑿, なれば, はてしも, はねつるべの, ばらばらと, ばらばらばらばら, ほの, ほめはじめて, まことにさん, まず最も鮮, またお, また三日, また祭壇, まったく先輩, まづ大抵, もと隱居家, やがてお家, わずかな, カアテンを, キャベツの, ゴトゴト鳴い, ゴム糊の, スタンレイ街道を, ソッと, 一人が, 一人の, 一室内の, 一寸空地, 一杯の, 一面の, 丁度御, 上根岸お, 下女の, 主人とも, 主人の, 乱暴な, 二つの, 二三挺の, 二三軒で, 云うけれど, 云うたでは, 云うと, 云うよう, 云う程度, 云ふ, 五徳も, 井戸が, 人通りは, 今度は, 仰しゃったが村, 何の, 便所に, 信心の, 先の, 八五郎は, 六郷左京の, 其処で, 其蔭に, 其處に, 其處には, 刈り込んだの, 別に入口, 勝手口に, 北から, 十五の, 十坪ばかりの, 半路以上ち, 博徒の, 原稿を, 反対側に, 吊り橋である, 同時に土地, 同時に馬, 四十匹ほどの, 土間に, 墓場である, 墨黒, 夜番に, 大きい空倉庫, 大きな声, 大きな岩, 大きな池, 大変だ, 大概五十匹から, 大町人, 太く大, 妻が, 宇都宮の, 宏大も, 小さなさっぱり, 小力が, 小屋らしい, 小手と, 小高い頭, 山の, 嵐山どす, 左の, 平八は, 平次は, 広い馬場, 庄作は, 廊下の, 式は, 弟子の, 彼家の, 必ず何, 思つて御覧, 思われる, 急に, 怪しげ乍ら住居にな, 恰度出掛け, 意外にも, 戸は, 打ち開けた岩, 拳を, 揚巻の, 政府の, 散々の, 数里の, 敵は, 料理場お勝手ここは, 日の, 早くも, 昂奮し, 明るい昼, 晝近く, 暴風を, 書いて, 書院の, 木戸が, 木戸口が, 木柵の, 杵太郎と, 松山へ, 枝折戸の, 柴折門が, 栄介は, 榛原から, 正面の, 此処は, 此方の, 殆ん, 母と, 母家の, 気の, 水口の, 油断を, 油斷を, 波が, 温室の, 滅茶, 漸く岡, 潮湯治場外に, 火の玉めどう, 燃え上るよう, 物置の, 犬小屋の, 田山白雲が, 畑の, 番頭の, 皆, 盗賊は, 盗賊も, 直助, 祖母は, 私の, 突然広い, 窓枠に, 立派な, 筵を, 粋な, 紅梅が, 紫にな, 縁の, 縮れ毛金壺眼の, 考へるよりも, 胸の, 腋の下へ, 自分でも, 自分の, 苔を, 茫と, 茶の間の, 荒れ屋敷, 裏庭な, 裏木戸に, 西側の, 見えた, 見せかけその, 見つかって, 見物の, 見苦しいちょい, 言った厄年十九, 言って, 許さぬから, 谷が, 貧弱な, 賑ひ, 足の, 路幅の, 路次です, 踊りと, 身支度を, 鉄さんは, 長引いて, 長方形の, 開く扉, 間もなく荒くれ男, 関の, 隣の, 離屋の, 雨つづき, 雨の, 雨戸は, 雪の, 飛びあがるよう, 饅頭屋の, 高い奥白根, 高塀, 鯱鉾ばっ, 鼻の, 鼻は, X線を

▼ 廻る~ (300, 14.6%)

21 である 20 です 1910 でした 9 であった 6 だった 4 だから, だが 3 さ, だつた, であります, では, を眺め, を見

2 [14件] が一番, が癖, が私, が菊之助, が面倒, だと, でございます, ですから, ですが, は地球, は愉快, をこの, を楽, を見る

1 [161件] か, かい, かそれら, かという, かと思う, かと思っ, かと思った, かどたばた, かね, かねえ, かもしれません, か不良少女, か家人, か額, がありました, がいったん, がいや, がいよいよ, がお, がさながら, がと, がむらむら, が下, が五百円位, が判った, が却, が四季, が大, が宛然, が当り前, が彦太郎, が怖, が性, が笑止千万, が自然, が見えた, が見えます, が見える, が見る見る, が近道, が鏡子, が非常, が面白く, が黒く明るく, じゃ, だけれど, だそう, だったが, だな, だなと, だらう, だ今私, であったらしい, であったらそこ, でありました, であるから, であるが, でございますよ, でござる, でも, と児戯, と印度洋, と同じ, などアンリー・ルソー, なら右旋回, には広い, に二十四時間, に二週間, に感心, に驚いた, ね, はいや, はお, はこれ, はごく当然, はなかなか, はよく, はよそう, は不思議, は両国, は中央, は交通便利, は兩國, は前代未聞, は卜部, は君, は変, は失礼, は嫌, は小生, は少し, は御上, は明神下, は此, は無駄, は狭い, は珍, は甚だ, は盆, は美しい, は見た, は變ぢ, は走馬灯, は面倒, は驚く, もあった, もあり, もある, もあれ, もこの, もぜひ, もよい, も中, も億劫, も大変, も帰らぬ, も恥ずかしい, も林檎, も興味, も面倒, も面白う, や人, や先後, よ, を, をここ, をやめ, を予知, を可, を天職, を嫉, を彼, を待たず, を待つ, を感じた, を押さえつけ, を最大, を村, を煩悩, を熊尾, を男, を目, を眺める, を知らない, を確か, を米友, を美しい, を聞い, を蛇, を見送つ, を謂う, を身動き, を追っかけ, を追ひ廻し, を面白く, んかと, んで, んです, 実際愉快, 廻らないの, 由其聞有り

▼ 廻ること~ (108, 5.3%)

7 にした 4 にし, になった 3 になる 2 がある, が出来ます, が出来る, です, にしよう, になっ, になつたの, によつて, を恐れだし

1 [72件] おびただしかった, があった, がございます, ができる, ができるだろう, がよく, が出来た, が多, が多かっ, が少なから, が許され得た, が面倒臭い, しか出来なかった, すら厭わない, だ, だけが人生, だけが人間, だった, だな, だらうな, で父, で色んな, などいらない, などできた, など不可能, なん, にしました, にする, になり, には大, にもなった, によってそこ, によってまるで, に反対, に極めた, に決め, のほか, の出来ない, の多い, の虚し, はおよそ, はできなかった, はできません, はなく, は何とも, は出, は危ない, は容易, は更に, は自由自在, は舞踊, は許されない, ばかり考える, もあった, もあつ, もありません, もある, もしなくなった, もねえ, も不可解, も出来る, も好き, も私, も話しあふ, も長く, や破廉恥, をやめ, をやめなかった, を楽, を見極めた, を許され, を許される

▼ 廻るよう~ (89, 4.3%)

5 なこと, な気, になっ, になった 4 にし 3 に, になる 2 な思い, な音, に出来

1 [53件] いわれました, すと, だった, だ今晩, であった, なこの, なしぐさ, なところ, なもの, な仕事, な声, な小利口, な幻妖, な弱虫, な必死, な技巧, な文学, な暗い, な椎, な物音, な目ざましい, な罪, な色彩, な超, な身共, な迅さ, な配置, にいたします, にしずか, にその, にたえず, にと御供, にながめ, になり, にキャキャ, にバラバラ, に丸い, に云った, に動い, に叫んだ, に塗膳, に廻った, に忙しい, に忙しく, に思われる, に耳, に腹の中, に舳, に行く, に見え, に見える, に道, に鳴っ

▼ 廻る~ (30, 1.5%)

3 似たもの 2 しても, つけて, 支配され, 病院服の, 連れて

1 [17件] すぎない, すぎないと, すぎなかつた, すぎませんでした, ちがいない, よく人, 任せて, 反し右, 基づいて, 従うて, 従つてほかの, 従つて私は, 相違ない, 違い無い, 限らあ, 随い, 随って

▼ 廻るという~ (27, 1.3%)

4 ような 2 のは, 事に

1 [19件] あわてよう全く, ことで, ことに, のである, のも, もの, わけで, キッティを, 初歩的な, 噂を, 妙な, 工合で, 忠実なる, 有様で, 有様でした, 毒々しいまでに, 趣味は, 道理は, 革命な

▼ 廻るので~ (26, 1.3%)

3 あつた 2 番頭達も

1 [21件] あたし, あらうと, この辺, よし, 乗ってる人, 互いに竹, 何時まで, 名残りなく, 呼び声叫び声が, 地面は, 夕ご飯が, 寄手は, 干物台の, 張は, 息が, 既に三里以上, 木札の, 村の, 男も, 病室の, 銀地に

▼ 廻る~ (24, 1.2%)

72 じゃない

1 [15件] だからね, だがな, だそう, だってえ, だとか, だね, だろうが, だ昨日武家, でしょ, です, ですから, ですって, ですつて, ですと, ですね

▼ 廻るほど~ (23, 1.1%)

1 [23件] いそがしいの, いそがしくなった, なら八百, な忙, ピンピンする, 今回の, 呼び立てられて, 小さく見える, 忙が, 忙しい, 忙しい店, 忙しかつ, 忙しきは, 忙しくて, 忙しく殘, 愈々冴え, 愉快に, 笑った, 笑は, 繊細な, 苦しかった, 追いまわされた, 追い廻された

▼ 廻るもの~ (22, 1.1%)

3 ですか 2 なりという

1 [17件] かな, があった, じゃない, ぞ仕, だ肉体, ですから, と相場, と考えられる, と見え, なの, なん, にて其實, に違, のけはい, の不安, は廻る, もあった

▼ 廻るやう~ (22, 1.1%)

2 な気, にし

1 [18件] でした, ななかば快感, な不思議さ, な凄, な手つき, な残虐, な目附, な速い, な長い, にした, にその, にと御供, に勝手, に感じた, に行つて, に見える, に覚, に閃

▼ 廻るから~ (20, 1.0%)

1 [20件] おまえは, おめ, ここで, だろうと, 先ず年中, 売ること, 夫を, 如何し, 少し遅く, 日輪草って, 暫くし, 泥棒が, 皆が, 空井戸と, 終るまで, 自然に, 覚悟を, 間違いが, 間違の, 間違ひ

▼ 廻る~ (20, 1.0%)

2 いい, 宜いと申

1 [16件] この崖, そうも, ただうれし, ただたのし, ために, ナポレオンは, 一向なん, 好い, 如し, 従いて, 早いか, 果ては平身低頭, 肝腎な, 良い, 若くなれ, 速くうとうと

▼ 廻る~ (19, 0.9%)

3 がし

1 [16件] がかすか, がしだした, がする, がひどい, が地獄, が聞えた, が聞えなくなった, が聞こえ, が騒々しい, だの, でグヮングヮン, などが可, に, のみが物淋しく, のよう, を聞き

▼ 廻るうち~ (18, 0.9%)

2 いきなり悲鳴

1 [16件] ある日, に, にただ, にふと, に一人, に七ツ十ウ, に三ツ目入道, に何処, に地, に帆, に次第に, に自然, に話し声, に路銀, に関屋孫兵衛, に魔

▼ 廻るところ~ (16, 0.8%)

6 がある 21 だ, だけを見た, でした, でめちゃ, は院外, まるで人間, をそれでも, を引き受けた

▼ 廻る~ (16, 0.8%)

1 [16件] がある, が面倒臭い, だろうと, である, にした, になった, になつ, に変り, に成った, の面白い, はほんとう, は出来ません, もかけ廻る, も出来る, をさして, 夥し

▼ 廻る~ (16, 0.8%)

1 [16件] たった一言, です, なんか彼女, には只, に一々, に振返っ, の動揺, の彼, の愉快, は心ひろびろ, は懲, よりは遥かに, 一寸止った, 大法官, 実際行潦, 振り返ると

▼ 廻る~ (15, 0.7%)

2 なの, になる

1 [11件] がありあり, なこと, な奴, な工合, な気持, にあくまで, になっ, になつ, にもなつ, に感じ, を眺める

▼ 廻るには~ (14, 0.7%)

1 [14件] お前達の, すくなからぬ, 一年か, 二十四時間の, 及ばんじゃ, 及ばん直に, 堪えられなく成って, 樂い, 猟人の, 誂え向き, 誂へ, 鉢と, 鋭さ, 鳥子さんの

▼ 廻るにつれて~ (13, 0.6%)

1 [13件] あやしげ, さまざまの, キイキイと, ポータブルの, 乗客は, 前後を, 地球上の, 娘の, 彦太郎は, 暴露し合い出し, 次第に打ち解けた, 漸次狂的, 痛くなった

▼ 廻るかも~ (11, 0.5%)

2 知れないと 1 知れないから, 知れないこと, 知れないとも, 知れないのよ, 知れないわ, 知れぬ, 知れねえと, 知れんが, 知れんと

▼ 廻るつもり~ (11, 0.5%)

1 [11件] だから, だつたん, であった, である, でうち, でこの, でございますが, でした, でしたが, でイタリア語, で坂道

▼ 廻るのに~ (11, 0.5%)

2 平次は 1 お供し, きつちり三百六十五日, じゃまに, 傚うたのである, 北極星だけが, 地球は, 大した物, 平次も, 忙が

▼ 廻る~ (11, 0.5%)

1 [11件] にこれ, にまだほんとに, にも煙, に一つ, に一疋, に他方, に又, に地球, に惜しまれ, に粉ひき男, を彼

▼ 廻る~ (10, 0.5%)

1 さ, だなあ, だらう, だろう, でこの, ならその, のほう, の前, は半分駄目, もない

▼ 廻る~ (10, 0.5%)

2 忙しい 1 あって, こき使, こき使われるから, の多忙, の男, 忙しなく動きつづけた, 急がしい用意, 面白がり始めました

▼ 廻る~ (10, 0.5%)

2 は地方 1 あり, がある, がない, である, の一人, の記憶, はない, も希

▼ 廻る~ (8, 0.4%)

2 でなければ裏木戸 1 何事を, 地団太を, 嫁は, 左へ, 知れたもの, 知れません

▼ 廻るより~ (8, 0.4%)

2 ほかの 1 この世に, 少し近い, 早し, 暫く現, 此処で, 策は

▼ 廻るわけ~ (8, 0.4%)

1 ですね, でも, にいかなかった, にはゆきません, にも行かなくなった, に行く, はない, もならず

▼ 廻る人間~ (8, 0.4%)

2 と散らばされた, もなく 1 が恐ろしく, の姿, の子, も打っ

▼ 廻る必要~ (8, 0.4%)

2 はない 1 がある, なき由, はなし, もない, もなく, も認めなかった

▼ 廻るその~ (7, 0.3%)

1 光景は, 凄まじき声, 勢力に, 尖を, 裸形の, 足音が, 雀が

▼ 廻るだけ~ (7, 0.3%)

2 でどっち 1 である, でいつ, ですか, でたとえば, で別に

▼ 廻るといふ~ (7, 0.3%)

1 あわてやう, ことは, のが, 彼に, 忙しさ, 行體, 返事で

▼ 廻るばかり~ (7, 0.3%)

2 である 1 であるから, でしかも, でとっさ, で何, なの

▼ 廻る~ (7, 0.3%)

1 から中, があっ, があるなら, で丁度, を, を廻っ, を見れ

▼ 廻る~ (7, 0.3%)

1 がいい, がよい, がよく, がよっぽど, が安心, が有った, で

▼ 廻る~ (6, 0.3%)

2 即ち地球 1 お宜しく, そもいかなる, わざとに, 賢明でない

▼ 廻る~ (6, 0.3%)

1 が逃げ, さ, であったが, であつ, でした, は何ん

▼ 廻る~ (6, 0.3%)

1 だろう, で出かけた, になつ, になれず, にはなれない, 重き虚空鞭

▼ 廻る~ (5, 0.2%)

2 組の 1 それが, 竹を, 茂與が

▼ 廻る~ (5, 0.2%)

3 祖母さんは 1 うである, へある

▼ 廻るなんて~ (5, 0.2%)

1 おお厭, のは, 痛快な, 真名古とも, 訳に

▼ 廻るに従って~ (5, 0.2%)

1 お経, 利尻山の, 勝手に, 底濁りの, 斜面は

▼ 廻る予定~ (5, 0.2%)

1 である, でしたが, です, で現に, なので

▼ 廻る~ (5, 0.2%)

1 の輪, の運, は迷信的, もあらう, らしいから

▼ 廻る~ (5, 0.2%)

3 はありません 1 はなかっ, よりもあの

▼ 廻る曲者~ (5, 0.2%)

31 だ今頃, は次第に

▼ 廻る様子~ (5, 0.2%)

1 が二郎, その動く, だ何, の活発, や私

▼ 廻る~ (5, 0.2%)

1 でありません少々, では, には行かない, には行かなかった, にも往きません

▼ 廻る足音~ (5, 0.2%)

1 が入り, ばかりで, や何, や爺, や話し声

▼ 廻る~ (4, 0.2%)

1 いやもう, とにかく宜しく, 一年に, 乳母は

▼ 廻るため~ (4, 0.2%)

1 だけにその, には跨い, に出掛け, に昔

▼ 廻るとか~ (4, 0.2%)

1 大言壮語致しおる, 種々様々, 講習会を, 講習會を

▼ 廻るとき~ (4, 0.2%)

1 だ, に身体, のほう, のカチカチ

▼ 廻るとは~ (4, 0.2%)

2 聞きましたが 1 余り奇妙, 全く余計

▼ 廻るはず~ (4, 0.2%)

2 がない 1 だが, はない

▼ 廻る~ (4, 0.2%)

1 でも唯, に右, に夜, に黄いろい

▼ 廻る~ (4, 0.2%)

1 だ, は只一人, を俺, を宥め

▼ 廻る~ (4, 0.2%)

1 なの, の人類最後, の方, も多かっ

▼ 廻る気配~ (4, 0.2%)

2 がした, や女

▼ 廻る~ (4, 0.2%)

2 であった 1 と見え, の様

▼ 廻る習慣~ (4, 0.2%)

1 があつ, だが, をもっ, を身

▼ 廻る辻斬~ (4, 0.2%)

1 の無法, の無法慘虐, の狂暴さ, を捉

▼ 廻る野郎~ (4, 0.2%)

1 だ, だよ, はない, は無い

▼ 廻る~ (4, 0.2%)

2 でした 1 になっ, を余所

▼ 廻る~ (4, 0.2%)

1 して, の無い, の現れ, をし

▼ 廻るかと~ (3, 0.1%)

1 思いや, 思うと, 思う間もなく

▼ 廻るけれども~ (3, 0.1%)

1 ついにその, 七ツの, 結局それでも

▼ 廻るこの~ (3, 0.1%)

1 時ヒッポマネス馬身より, 樽を, 船を

▼ 廻るごと~ (3, 0.1%)

1 にご, に帯, に新た

▼ 廻るさえ~ (3, 0.1%)

2 あるに 1 あるのに

▼ 廻るそう~ (3, 0.1%)

1 だ, だな, ですね

▼ 廻るたびごと~ (3, 0.1%)

1 に出, に芳秋蘭, に血潮

▼ 廻るだけでも~ (3, 0.1%)

1 二日も, 大変な, 容易でなかった

▼ 廻るって~ (3, 0.1%)

1 いって, ことに, のも

▼ 廻る~ (3, 0.1%)

2 廻るわ 1 この家屋敷

▼ 廻る~ (3, 0.1%)

1 われから, 見つ, 見て

▼ 廻る人々~ (3, 0.1%)

1 さえ出, の多く, の足音

▼ 廻る光景~ (3, 0.1%)

1 がモノ, に接し, はむつまじい

▼ 廻る場所~ (3, 0.1%)

1 がどの, がなくなる, についての明確

▼ 廻る~ (3, 0.1%)

1 がきこえた, が先刻一度門前, だの百万遍

▼ 廻る~ (3, 0.1%)

1 猫の, 虫の, 鮒の

▼ 廻る~ (3, 0.1%)

1 にこういう, に新た, に真中

▼ 廻る有様~ (3, 0.1%)

1 がはつきり, はちょっと, を眺め

▼ 廻る水車~ (3, 0.1%)

1 かな, と小春日, の音

▼ 廻る物音~ (3, 0.1%)

2 を聞いた 1 や女中

▼ 廻る~ (3, 0.1%)

1 に連れ, の愉快, を

▼ 廻る~ (3, 0.1%)

1 だ, の毒酒, はない

▼ 廻る~ (3, 0.1%)

1 なので, にて月, は六億

▼ 廻るあたり~ (2, 0.1%)

1 からである, にやあらん

▼ 廻るうねり~ (2, 0.1%)

2 も君

▼ 廻るお松~ (2, 0.1%)

1 の姿, の身

▼ 廻るきつ~ (2, 0.1%)

2 と子宮外妊娠

▼ 廻るついで~ (2, 0.1%)

1 にかうした, にそれ

▼ 廻るなどは~ (2, 0.1%)

1 今まで, 重々不

▼ 廻るなり~ (2, 0.1%)

1 春のみや, 用事を

▼ 廻るにつれ~ (2, 0.1%)

1 ジャランジャランいう, ペンが

▼ 廻るにも~ (2, 0.1%)

1 土地に, 彼等の

▼ 廻るはずみ~ (2, 0.1%)

1 に井戸端, に自分

▼ 廻るほどに~ (2, 0.1%)

1 婆までが, 流石の

▼ 廻るほどの~ (2, 0.1%)

1 人, 速度で

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 え, えから

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 みな彼の, 必竟風を

▼ 廻るものはじめ~ (2, 0.1%)

2 なく終り

▼ 廻るやら~ (2, 0.1%)

1 上靴に, 判らないけれども

▼ 廻るよりは~ (2, 0.1%)

1 樂だらう, 罪が

▼ 廻る一匹~ (2, 0.1%)

1 の小, の蜥蜴

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

2 で一枚

▼ 廻る下手人~ (2, 0.1%)

2 が小三郎

▼ 廻る不思議~ (2, 0.1%)

1 な怪盗, な怪盜

▼ 廻る仕掛~ (2, 0.1%)

1 にせり, になっ

▼ 廻る兇賊~ (2, 0.1%)

2 がありました

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 とある路次, に湯殿

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 で白地, をお

▼ 廻る女人~ (2, 0.1%)

1 にとってはなかなか, にとつて

▼ 廻る姿~ (2, 0.1%)

1 に見え, を咄嗟

▼ 廻る子供~ (2, 0.1%)

1 だったが, を見

▼ 廻る小さい~ (2, 0.1%)

1 のは, 海産物屋の

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 が四国屋, もない

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 はだんだん, を仰せつ

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 であつ, は

▼ 廻る彼女~ (2, 0.1%)

1 の姿, を追って

▼ 廻る忠実~ (2, 0.1%)

2 なる鑑賞家

▼ 廻る恐ろしい~ (2, 0.1%)

1 山だ, 強盗時には

▼ 廻る断末魔~ (2, 0.1%)

2 の光景

▼ 廻る方法~ (2, 0.1%)

2 はなく

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 の楽し, の間

▼ 廻る時代~ (2, 0.1%)

1 の歯車, も遠く

▼ 廻る時分~ (2, 0.1%)

1 になる, にはお

▼ 廻る木馬~ (2, 0.1%)

1 の外, の真中

▼ 廻る東京市民~ (2, 0.1%)

2 の公生涯

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 だよ, をつけ

▼ 廻る気色~ (2, 0.1%)

2 は一向

▼ 廻る海底~ (2, 0.1%)

1 の姿, よりは海底戰鬪艇

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

2 覚は

▼ 廻る火の番~ (2, 0.1%)

1 さえある, の拍子木

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

2 の運動

▼ 廻る独楽~ (2, 0.1%)

2 の面

▼ 廻る用事~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 廻る画学生~ (2, 0.1%)

2 の多い

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 がある, までを奪われた

▼ 廻る相手~ (2, 0.1%)

1 の体, の男

▼ 廻る真ん中~ (2, 0.1%)

2 でこの

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 は又, をそれ

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 一主題を, 一番の

▼ 廻る罰当り~ (2, 0.1%)

2 だけがその

▼ 廻る群衆~ (2, 0.1%)

1 の一滴, を眺め

▼ 廻る老人~ (2, 0.1%)

1 の前, は伏見神社

▼ 廻る自分~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼ 廻る自然~ (2, 0.1%)

2 や流れる

▼ 廻る蓄音機~ (2, 0.1%)

1 がありました, を設計

▼ 廻る~ (2, 0.1%)

1 となった, の轉變

▼ 廻る道筋~ (2, 0.1%)

1 は大抵, を制御

▼ 廻る銅鑼~ (2, 0.1%)

2 の響

▼ 廻る電車~ (2, 0.1%)

1 に乗りたかつた, の出来

▼ 廻る黒雲五人男~ (2, 0.1%)

1 の素姓, の素性

▼1* [386件]

廻るひだ地上に, 廻るあいだから豆, 廻るあたかも大水が, 廻るあの持って, 廻るあはれさよ, 廻るいやたいへんなさわぎ, 廻るいわれは一つ, 廻るうちストンと縁側, 廻るうち岩山の洞窟, 廻るうち折から行進, 廻るうち蛇に邂逅, 廻るうろうろ舟影絵舟まで, 廻るおそろしい物音に, 廻るかということを, 廻るかといふことを, 廻るかなしさふる, 廻るかについて大に, 廻るかによつてその, 廻るかわりにさしずめ, 廻るがねお医者, 廻るくらゐの, 廻るくらいいそがしいのに, 廻るくらいのお考え, 廻るぐらい先生の, 廻るぐらいのやり方を, 廻るけれど朝鮮人は, 廻ることこれを譬へば, 廻ること以外何の生き甲斐, 廻るころ東向きの雪, 廻るさかい待ってて, 廻るしかありません, 廻るじゃまになっ, 廻るすると二人の, 廻るそれから衆馬狂奔し, 廻るたび私はまるで, 廻るだけのものです, 廻るというは実に忠義, 廻るといった黒色猟兵だった, 廻るとかいう御話しでした, 廻るとき蜻蛉返りをし, 廻るとだけ言い置いて, 廻るとて出行きたるに, 廻るとともにいまいましさ, 廻るとも云うよう, 廻るとわづかながら, 廻る左へ, 廻るなかへ猛然, 廻るなぞということ, 廻るなど考えただけでも, 廻るなどとその声, 廻るなどということは, 廻るなんちゅうことは富岡, 廻るに従い鎖が, 廻るのみであった, 廻るのみの浮世である, 廻るばかりのみじめな, 廻るひとりの井戸, 廻るほとぼりの冷めやらぬ, 廻るままに山, 廻るものぢやが, 廻るもんだな, 廻る否や, 廻るやも知れんと, 廻るふニ, 廻るくろを, 廻るわれわれ一党の素性, 廻るんぢやない, 廻るアラビヤの先端, 廻るカットグラスの面, 廻るシャフトの下, 廻るスカートの鋭い, 廻るスクリューとは水面下, 廻るトム公を易々, 廻るドタドタいうこもった音, 廻るドラムの上, 廻る大多忙, 廻るバアの前, 廻るピストルをぶっ, 廻るフエンシングの練習, 廻るホソの小, 廻るボールを聯想, 廻るモオニング・ランも午前, 廻るリア王に譬えた, 廻るルーレットを的, 廻るで, 廻る一手あるのみ, 廻る一法師武者直義だった, 廻る万力や前, 廻るに火, 廻る不用の油紙, 廻る中僧などと十二三, 廻る九官鳥を眺め, 廻ると書きます, 廻る二人の旅人, 廻る井上半十郎, 廻る人びとの中, 廻る人達の中, 廻る仕様がない, 廻る代りに細君, 廻る以外当時に於, 廻る仲買が声, 廻るなら首, 廻る余裕はなくなった, 廻る作法も出, 廻るの, 廻るで踊り出し, 廻る傍自分ではかの, 廻るを廻した, 廻るの道, 廻る元気を持つ, 廻る兇賊木枯傳次恐しい躰力, 廻るとても照らし, 廻る先々での一片二片, 廻る先生の揃, 廻る公共的の談話家, 廻る六部の氣, 廻るを追いかけまわした, 廻る其人員に屬, 廻る円囲を頭, 廻る処庭先は惣五郎, 廻る処落花紅なりし, 廻るにはいい, 廻る動作にばかり気, 廻る十三の姿, 廻る合間にピュウ, 廻る同僚の姿, 廻る品々も同じ, 廻る商人に化け, 廻る商売人がある, 廻る商店街の人達, 廻るである, 廻る四千五百磅の株券, 廻る四角四面の町, 廻る因果の小車, 廻る囲中また徒士, 廻る圖此道程イギリス, 廻る地所を貸し, 廻る地方がだんだん, 廻るの無, 廻る夕刊と郵便物, 廻る酒を, 廻る大がかりのネオン装置, 廻る大きな台の, 廻る大前掛で押えた, 廻る大勢の友人, 廻る大晦日の夜, 廻る太陽と前後左右, 廻るの身, 廻る奔馬で吾, 廻る女房連や町, 廻る如くに十回二十回, 廻る始末だった, 廻るでね, 廻る官兵を追っかけ, 廻るがあるだ, 廻るや岡, 廻る宿直の影, 廻る小さな細蟻, 廻る小人輩の讒訴, 廻る小娘らしい靴音, 廻る小屋馬車の車輪, 廻る少女の姿, 廻る岩の上へ腰, 廻る岩上先生はかう, 廻る巌洞の間, 廻る工場があつ, 廻る巨大な幻影, 廻るの運動, 廻る帽子に銀貨, 廻る平地全体の構造配置, 廻る年寄の天狗, 廻る幸内の襟髪, 廻る幸福な飼犬, 廻る幽霊船の甲板, 廻る広場大銀杏, 廻る庄太郎に身, 廻る床屋が往来, 廻る度ごとに間断, 廻る度びにどこ, 廻る度数や右, 廻る座敷であるから, 廻るを見, 廻るの客, 廻る廊下の角, 廻る廻り燈籠のよう, 廻る弱者の峯吉, 廻る強盗の群, 廻る彫刻が見事, 廻る彼アいう悪い, 廻るに立っ, 廻る後ろから六つ七つ, 廻る快いぞ, 廻る心算かの, 廻る忍びの名人, 廻る忙しい思ひを, 廻る思いでただ, 廻る怪塔の主, 廻る惡人でもよく, 廻る愛情の鮮, 廻る戦闘ぶりに変り, 廻るだつて, 廻る手土産として樹明兄, 廻る手脚にはお話, 廻る打越は二つ, 廻る拍手に何, 廻るの感触, 廻る捕手の者, 廻る捕手たちが横, 廻る遠し笠岡, 廻る数十尺の鏡, 廻る数条の鉄管, 廻る敵陣の中, 廻る料理台の新鮮, 廻る旅券を貰う, 廻る旅路の幾千里, 廻る早業はたしかに, 廻る星野のこと, 廻る時件の武士, 廻る時日が長い, 廻る時節なので, 廻る暴風雨が木, 廻る最下級の役者, 廻る有様屏風の絵, 廻る並びに其他, 廻る木綿屋の註文取り, 廻る径と, 廻るを飛び超える, 廻るの鹿, 廻る橙色の点滅燈, 廻る機械の響き, 廻る歌劇団金ぴかの指輪だらけ, 廻るの様, 廻る此処でも五, 廻る歯車とが出来上れ, 廻る気力もない, 廻る気勢がした, 廻るも起らぬ, 廻る水底の魚, 廻るには石, 廻る津田の頭, 廻る流行踊りを覚えた, 廻る浪士どもの運動費調達, 廻る海草のよう, 廻る海賊か何ん, 廻る清水恒吉でした, 廻る源三郎を相手, 廻る準備のため, 廻るが物好き, 廻るかも知れない, 廻る烏天狗の影, 廻る燿子はこんな, 廻るの態度, 廻る犯罪者の身, 廻る狡猾さと坐り込む, 廻る士を, 廻るの方, 廻る玉垣の内側, 廻る王子これを哀しみ, 廻る現象である, 廻る理髪師の背広, 廻る男女を見る, 廻るのど, 廻る番人をし, 廻る番兵の姿, 廻る番頭の口元, 廻る白い犬の, 廻る白刃の影, 廻る百姓やばかばかしい, 廻る目まぐるしい時世の, 廻る県道まで一気に, 廻る知盛の顎, 廻る破獄囚のこと, 廻るの神明様, 廻る拝みと, 廻る程仕事をし, 廻る程豊富な水量, 廻る積りです, 廻る空気の海, 廻る立派な着物, 廻るを吹く, 廻る競馬馬には馬, 廻る等々種々の例, 廻る算段ばかりし, 廻る範囲を狭められた, 廻る約束だ, 廻るが今夜, 廻る紙細工の愉快, 廻るの旅芸人, 廻る組屋敷の者, 廻る結果となる, 廻る結果下手な人, 廻る結論に絞め上げられる, 廻る者今迄の俺, 廻る者呪詛いの声, 廻る職人の徒弟, 廻るは早鐘, 廻る自動車台の女七分の客, 廻る自動車臺の女七分の客, 廻る船員器物が辷っ, 廻る芝居は土地, 廻る芸人だ, 廻る若い娘を, 廻る若し時計が, 廻る苦しみのなか, 廻る茨組です, 廻る蔓草の上, 廻る藤作を蹴り退け, 廻るに腹, 廻る蛆虫の蠢, 廻る蠅男の首, 廻る血行にときめき, 廻る行列法を借りた, 廻る装置がある, 廻る裸形のダンサー, 廻るや袂, 廻る親玉号は穂, 廻る親船はその, 廻るのところ, 廻る計画をたて, 廻るです, 廻るなどがそれ, 廻る諸侯を糾合, 廻る風流の, 廻る趣きである, 廻る足音何かのぶつかる, 廻る距離を窄め, 廻る跫音も聞こえた, 廻る路地もありません, 廻るには今, 廻るの音, 廻る車輪のごとき, 廻る軽々しい動作を, 廻るだった, 廻るさを, 廻る迷路の細道, 廻る途中時々彼, 廻る途端に向う, 廻るさが, 廻る速度でまた, 廻る連中はすでに, 廻る遊び全国どこにもある, 廻るの外, 廻る運動ではない, 廻る遍路のよう, 廻る道一方は真直畑, 廻る選手や飛び交う, 廻る野性的な日本種, 廻る野馬によく, 廻るなんぞある, 廻る金切聲が, 廻る鉦打聖なるもの, 廻る鍛冶の半, 廻るの手, 廻る長い草の, 廻る門附の人形操, 廻る間いはゆる, 廻る間俺は凝, 廻る間平次は指先, 廻る陶器師はろ, 廻るが無い, 廻る電動音ベルトの鳴るひびき, 廻るの影, 廻る面倒も若者たち, 廻る頼春の体, 廻るの広い, 廻る願人坊主をそれ, 廻る香しき家を, 廻るにまかせ, 廻る馬方を甚内, 廻る馬鹿な人間ども, 廻る駿河台に水車, 廻る騒ぎで, 廻る高瀬の靴音, 廻る高田さんの奥さん, 廻るがシャク, 廻るを二時間, 廻るや尻尾, 廻る鰭爪の音, 廻るの早, 廻るのきれい, 廻る鹿がともすれば, 廻る黒い影の, 廻る黒旋風という曲者, 廻るの音, 廻る鼬小僧といふの, 廻る龍平の熱い