青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

愛~ ~愛し 愛し~ ~愛する 愛する~ 愛嬌~ ~愛情 愛情~ 愛想~ ~感
感~
~感じ 感じ~ ~感じた 感じた~ ~感じられた ~感じられる ~感じる 感じる~ ~感ずる 感ずる~

「感~」 6257, 71ppm, 1589位

▼ 感~ (1230, 19.7%)

24 深くする 23 もって 21 抱いて 12 持って 11 与えて, 深くした 10 与える 9 もつて, 与えた, 深うした 8 与へ 7 与へた, 深くし 6 与えること 5 与えるの, 与えるもの, 味は, 強める方, 持つて, 覚えて

4 [11件] あらは, 充す, 受けて, 味う, 導く, 得た, 深うする, 與へる, 覚えた, 誘ふもの, 起させる歴史

3 [20件] いだいて, もった, 与えるよう, 催して, 刺戟せず, 味わいながら, 得て, 意識し, 感じながら, 懐いて, 抱かざるを, 抱き候, 持つこと, 新たに, 満足させる, 覚えるの, 起させる, 起すかも, 超越し, 超越する

2 [68件] いだかされた, おしつめて, さへ, だして, とどめ得なかった, ともなって, なして, なすも, ひそかに, もたせて, もつこと, 与えずには, 与えたもの, 与えないこと, 与えるその, 与えるだけの, 与へて, 与へる, 人に, 他に, 催したの, 免れない, 刺戟する, 及し, 周囲の, 呼ぶの, 唆る, 大事に, 失って, 帯びて, 引いた, 強からし, 得る, 惹いたもの, 懐いたこと, 抱いた, 抱かせる, 抱かせるの, 抱きつつ, 持たずに, 持つやう, 本質した, 消しがたい, 深くさせる, 深めて, 深めること, 為せるを, 生じて, 産むの, 自分の, 與へ, 表示する, 覚えたの, 覚えたので, 覚えました, 覚えるので, 覚え何かしら自信, 読者に, 起こさしむ, 起こさせる, 起さしむる, 起させた, 起させない, 起させるの, 起して, 起す, 軽減した, 高調し

1 [793件 抜粋] あおり立てる, あたうその他, あたえた, あたえること, あたえるところ, あたへた, あまり感じない, あらたに, あらわして, いかに肉感的, いだいた, いだいた者, いだかせず再び, いだかせる, いだかせるの, いだく, うけたかも, うけとった作家, うける, うけるの, おいそれとは, おこさせる, おぼえた, おぼえたの, おぼえないわけ, おぼえるそう, おもち, かもしだそうと, かもし出すほどの, かんじさせる, ぎっしり詰め, ここでは, こっそりそう形容, この作品, ごまかすため, しきりに忠告, じつと, そ, そこから, そそるに, そそるもの, そなえた奇怪, その上, その人, それぞれに, たたえた顔, ためして, つけようと, つぶそう, つよくひびかせた, とおって, とって, とらへ, どういふ, どこかに, なさざるを, なしたり, なし荒みきった生涯, なすべきは, なすべくまだ, なすや, ぬきに, のべたの, のんで, はじめは, はっきり抱いた, ば度外視し, ば深く, ひき起されるであろう, ひくが, ひっくるかえした, ひとり壁に, ぴつたり言ひ, またどう, まだ持ちつ, まぬかれず山, まぬがれまいと, みなぎらせながら, もたれその, もたれた, もってるの, もっとも深く, もつたの, もつべきだという, もつもの, もつ人, もてるの, やわらげ実社会, よびさましながら, よび起した, わが身に, わたしの, レンズおよび, 一入深く, 一層深く, 上越す, 与うること, 与うる言語, 与えおよそ, 与えずして, 与えそう, 与えたかも, 与えたこと, 与えたと, 与えなかったのみ, 与えまた, 与えられた, 与えられる, 与えられるの, 与えるたち, 与えるだろうと, 与える人, 与える声, 与える官辺, 与える者, 与え一人, 与え得るあの, 与え悪い, 与ふ, 与へたこと, 与へようと, 与へるかといふ, 与へるかの, 与へること, 与へるやう, 与へる然し, 主観は, 主觀, 享けたことを, 享楽し, 享楽する, 今日に, 代弁し, 伝えるもの, 伴うの, 伴うもの, 伴った興味, 伴つた興味で, 伴は, 伴ふ, 伴わず嫉ましい感, 伴わなかった, 何等かの, 作した, 作り出して, 保証する, 催させる, 催させるが, 催さない訣, 催さない訳, 催しました, 催す, 催すため, 催ふした, 傷つけるに, 働かせて, 働かせながら, 優越感の, 免かれない, 免れず, 免れないが, 免れなかったの, 共にする, 具えた性格, 再現し, 出して, 出す力, 刺戟され, 刺戟した, 刺激し, 加へて, 助けた, 動かす繪畫的刺戟, 匂わせたよう, 十分に, 十分補は, 十数分間感じ, 受けた, 受けたの, 受けぬやう, 受けますが, 叙する種, 叫んで, 合一せしめ, 同じうせし, 同じくする, 同じゅう, 同じゅうせらるる読者, 同ふす, 吹き込み得なくては, 味い, 味って, 味つてゐる, 味ひ, 味ふらしい, 味わいました, 味わうよう, 味わう機会, 味わっちゃったらあんた, 呼びさ, 呼びさまさないでは, 呼び起こされるであろうと, 唇に, 喚び起こせるも, 喜ばすに, 喞って, 基礎として, 基調と, 声に, 売る事, 外れて, 失った, 失はない文章, 失わせて, 失わない, 如何に, 安んずるため, 完うしようと, 容易には, 宿の, 寓する, 導き入れるという, 少くさせ, 少将に, 少年の, 岩波文庫本では, 帯びた, 弱めるの, 強いるよう, 強うする, 強ひる, 強ひるで, 強めるだけ, 強調する, 彼から, 得たの, 得ました, 得られるので, 徹底的に, 必ず含む, 快いリズム, 快く共感, 思い出すまでも, 思うと, 思ふだけでも, 恥づかしく, 惜しみます, 想えば, 惹くだらうか, 惹く節, 惹起せん, 意味するなら, 感じさせる, 感じさせると, 感じたが, 感じたこと, 感じたの, 感じても, 感じないセンチメンタリズム, 感じなければ, 感じました, 感じるの, 憎悪した, 懐いたの, 懐いたものの, 懐かされる, 懐かしめたので, 懐かしめたること, 懐かせる, 懐かれて, 懐くこと, 懷い, 懷か, 懷く, 払い除けようと, 承認する, 抑え難い, 抱いたふう, 抱いたり, 抱いた験, 抱いてる時, 抱かしめた, 抱かしめたその, 抱かせたに, 抱かせたもの, 抱かせなに, 抱かせるに, 抱かせるので, 抱かせ一作家, 抱かせ申す程, 抱かれたであろう, 抱きあって, 抱きかけて, 抱きながら, 抱きます, 抱き広, 抱くくらい, 抱くとともに, 抱くの, 抱くやう, 抱く様, 押えること, 持たされて, 持たせられる, 持たせるの, 持たせる様, 持たないため, 持たぬ種類, 持たれた為, 持ちながら, 持ち始めて, 持ち居候もの, 持ち淋しい, 持ち生命, 持った, 持ったの, 持った演奏, 持つた聲, 持つであろう, 持て餘, 振りまわして, 捉へ, 排斥し, 排斥した, 揺するもの, 撃発される, 救ってだけは, 新しくした, 新しくする, 昂めた, 明らかに, 普通の, 更に, 書く方, 有するもの, 有する詩人, 有せしの, 有つて居る, 来す, 根拠としては, 植えつける余裕, 欠いて, 欠くの, 残すもの, 毎日の, 比較する, 民衆に, 求めて, 泥土に, 洩らすため, 流露せしめた, 消滅させ, 深うさせる, 深うせざる, 深かめた, 深くされ, 深くするなり, 深くせざる, 深く致申候, 深く覚え, 深めさせて, 深めた, 深めたといふ, 深めるの, 深めるらしく自分, 深める有力, 深め信心, 清三の, 湛えて, 湧きたたせて, 満足させ, 満足させない, 漂わすなど, 為すは, 煽つたので, 牽いた, 率直に, 現すに, 生ずべし, 生ずること, 生み出すという, 画面全体の, 皮膚の, 益々深める, 盛ること, 盛る必要, 盛る根本的, 目の, 直ぐさま, 眞實風に, 知つてゐる, 研究した, 確保する, 示すといふ, 禁じ得なかった, 禁じ得ぬもの, 禁ずること能, 私だけは, 私に, 私も, 私達に, 第一位, 絶えず味つて, 絶えず求め, 絶対条件と, 織り込み素樸, 翻弄され, 聞かれないの, 肉体においてだけ, 胸に, 腕に, 腰の, 自分に, 自分一人で, 致しました, 與ふる, 興させるもの, 苦笑に, 衆に, 表現する, 表現も, 襲う, 見て, 見出そうと, 覚うれど, 覚えしめるの, 覚えたこと, 覚えたまま, 覚えた事, 覚えた者, 覚えぬ, 覚えるが, 覚えること, 覚えるばかり, 覚えるよう, 覚えれば, 覚え岸, 覚え顔, 覺える, 覺ゆる, 觸發する, 記する, 訴えるから, 誇張する, 誇示し, 誘い出しまた, 誘うかの, 誘はれるもの, 誘ふ実生活, 讀者に, 負担と, 起こさしむる相違, 起こさすが, 起こさせて, 起こさせるの, 起こしたこと, 起こして, 起こすもの, 起こす能わざること, 起さしたの, 起さしむることがある, 起さしむるのも, 起さしめざるを, 起さしめる, 起さしめるので, 起させない所, 起させるでは, 起させる対象, 起させる為, 起させ易い, 起さないわけ, 起し, 起したと, 起した宮木裁判長, 起しとても, 起し何となく, 起すくらいの, 起すだろう, 起すといふ, 起すほどに, 起すまいと, 起す物, 超える勤皇行為, 超越せる, 身内に, 近々と思ひ出させた, 述べよ, 逆に, 通過した, 進級式の, 醸し出す特長, 除去する, 隠蔽せん, 露呈し, 音階式に, 顔中に, 飜す, 骨の, 高翔さす, 麻痺させられ

▼ 感~ (1001, 16.0%)

126 ある 49 あった 30 深い 27 する 19 した 18 ないでも 15 して 14 あるが 12 あって 10 あるの 9 あつた 7 あります, 起る 6 あったが, ないで, 深いの 5 あったの, なかった, ふかい, 強い, 強いの 4 あると, ないと, 深かった, 深かつ, 湧く 3 ありました, するが, ないから, 戻って, 溢れて, 胸に, 靡きか

2 [44件] あつて, あふれて, ありそれ, あるか, あるかも, あるから, あるだろう, あるであろう, あるですな, あるので, あるのに, あるん, します, するの, それを, できて, ない, なくも, なければ, まことに深い, むらむらと, 出て, 女の, 強くて, 強すぎる, 彼の, 心の, 急に, 悪くって, 浮んで, 消えて, 深いよう, 湧いた, 無いでも, 私が, 私を, 胸を, 自分で, 襲って, 起って, 起るの, 込み上げて, 迫って, 頭を

1 [486件] あったし, あったであろう, あったとも, あったので, あったもの, あったらしい, あった黄塔君, あとから, あの女, あらわれて, あり, ありそこ, ありましたから, ありましたが, ありましてね, ありましょう, ありますから, ありますね, ありチョコレートなみ, あり今度, あり何等, あり其の, あり実際, あり従つて, あり皮膚, あり能動的, あり論旨, あり近代式, あるからね, あるけれども, あるこの, あるせい, あるその, あるそれ, あるだらう, あるだろうし, あるであらう, あるであらうと, あるでは, あるという, あるとしても, あるに, あるねと, あるのみ, あるは, あるべきであるが, あるもし, あるもの, あるよう, ある批評家, ある近代感覚, ある霜, あれば, あろう, いい, いいという, いかにつよく, いたく私, いたすの, いちじるしい, いちばん生き生き, いっぱいに, いつぱいだつた, いつも伸子, いつも自分, いなきを, いまは, いよいよ深い, うすかった, おこり十数分以上, おさえられた, かれに, きて, きわまって, げっそりと, こういう絵, こういう鋭い, こうしたほか, このよう, この上, この二三日昼, この作, この女, この時, この記念, こびりついて, こみあげるの, こみ上げて, こもって, これに, ございます, させるの, される, したこと, したろうこと, した同じ, した生活的, しっかりと, しないでも, しなくも, しのばれる, しました, じわじわと, すつかり, するから, するであろう, するので, するのに, するのみ, する事, する今後, する程灯火, せぬでも, そう考えさせる, そこまで, そのたった, その夜, その底, その絶対, たちまち彼女, だれもの, だんだんと, だんだん信じられなくなっ, ついて, つきまとふ気さ, つづく, つよいだけに, つよく感ぜられた, で, でたもの, でて, ともな, ともなって, とりもどされるに, どこからとも, どんなに深く大きく, どんなに麻痺, どんな社会的実体, ないこと, ないせい, ないとは, ないの, なかなかに, なきを, なくそれ, なくなって, なくなり弁当, なくなるから, なくなるならば, なくなるの, なくは, なく且つ, にじみ出て, のこされて, のこって, はっきりしない, ひしひしと, ひとしおです, ひとしお彼, ひどく大きかった, ふかいただ, ふたたび私, ふと映じた, まざまざと, また彼, まだ肉体, むくっと, むしろ上品, むら, めざめ女, もし将来, もたらされるよう, もたらした傍若無人, もっとも生き生きと, もつところ, もてるせゐで, やがて内部知覚, やがて彼, やって来る, やはりし, ゆるさないの, よくて, よく出, よみがえって, よみがえり親しい, わいて, わるいの, イモたちが, スーッと, ヒタヒタと, ファルスの, フィルムの, ベートーヴェンの, マヤコフスキーが, 一そう深まる, 一同の, 一定の, 一層固められる, 一層深く, 一生忘れられない, 一瞬に, 一般の, 万吉の, 三十分位つ, 不愍でも, 不満され, 不足し, 与えられるの, 交錯し, 今更ながら, 他人の, 伴いそして, 伴って, 伴わないよう, 伸子の, 何か, 何となく日頃, 何ともありがたくなつかしく, 何らかの役目, 作品に, 作者と, 俄に, 保存され, 信仰の, 健康すぎる, 傷ついただけ, 僅かに, 僅か半日, 働いたが, 働いて, 働きまさか, 働きます, 働くの, 僕に, 僕を, 先に, 先へ, 先刻帰った, 先立つの, 全く通じなかった, 全体を, 全曲に, 全身に, 全身的に, 其れである, 内容と共に, 凄まじい, 刹那彼の, 加わる, 勝入, 却って妙, 去るので, 又汝, 可成り違う, 含まれて, 咄嗟の, 喪失し, 土台に, 堅く自ら, 場に, 増して, 変に, 多いか, 多いかと, 多いよう, 多くダヽヽヽ, 多分である, 多過ぎる, 大きくて, 大きな批判, 大人ッぽい, 失って, 失墜し, 奥の, 女性の, 如何に私, 妻を, 始めから, 姶終附い, 存しない, 存外鋭敏, 宇治の, 宇治を, 定着しきれる, 少しでも, 少しも, 尖鋭で, 尠く, 嵩じて, 市木さんには, 市村の, 幼時から, 幽霊に, 幾分づゝか雅馴, 強いだけ, 強かつた, 強かつたの, 強くただ, 強くなる, 強く從つてそこ, 強く獨立, 彼に, 彼女の, 後に, 御座います, 心臓の, 必要である, 快よく, 恐かつ, 悪いから, 悪いと, 悪いもの, 悪い俄盲ッ, 悪うございまし, 悪く細竹, 悪るい, 惡いと, 惡く, 愈々深い, 愛が, 感じられて, 慎慮, 我々の, 戻つて, 承知しません, 抵抗し, 押し寄せて, 持てたの, 描かれて, 敗戦後すでに, 数秒ずつ, 文学の, 日々に, 日と共に, 日本へ, 日本人の, 時ならぬ, 有ったの, 有るの, 来た, 来たね, 来ない, 横た, 横溢し, 次第に和らい, 次第に激しく, 止まないのに, 此處に, 殊に深い, 殘る, 比較的多い, 求められるという, 沁, 洋々たる, 流れて, 涌起せず, 深いこと, 深いこの, 深いで, 深いに, 深いのみ, 深い惜しい作家, 深い所, 深からう, 深くなっ, 深く殊に, 深まります, 清三の, 湧いたの, 湧いて, 湧き起る, 湧くと, 湧くので, 湧上つてその, 漁師町に, 漂つてゐる, 漲ること, 激しく胸, 濃いので, 濃厚に, 無いで, 無かった, 熱く身, 燃えて, 爆発しかけ, 特別に, 犇き, 犇と, 猛烈に, 猛然と彼, 現実を, 生き生きと, 生じた, 生じ一層, 生まれ指, 生みだされて, 生れて, 生れる, 産ました絵, 男への, 町の, 画面全体に, 異つて, 異常に, 當つて姉の, 疲れた不満, 発達しすぎる, 百万の, 直線感に, 相当骨身, 相異, 真新しい刃, 眺める人, 矢張何うし, 確かめられたこと, 私には, 私の, 納まって, 納まるまい, 終始附い, 纏綿し, 美に, 聴衆の, 肉体的な, 背中の, 胸の, 胸一ぱいに, 脈動し, 自から, 自分に, 自分の, 自己補強の, 自覚され, 自身患者である, 至つて薄く, 至るところ, 致します, 致すこと, 良かった, 芸術的効果である, 芽生えて, 萌して, 葵の, 薄らいだ, 表はれ, 表象された, 襲ひか, 西方の, 見事に, 言ひ, 記憶として, 許容しない, 語幹中の, 誰にも, 起こりて, 起った, 起つて, 起らずには, 起らない, 起らないとも, 起らぬでも, 起りさうに, 起るに, 起るので, 身に, 軽くて, 迫れば, 迸つた, 連って, 遂に突然の, 遥に, 適用されるだらう, 鋭いと, 閉ざされた眼, 間もなく妙, 附き纏い相手, 附随し, 青白くよぎった, 非常に, 靡きかかって, 響いて, 頑として控え, 風の, 高まつ, 高まり殊に, 魂を

▼ 感~ (861, 13.8%)

52 打たれた 35 打たれて 18 堪えたよう 13 堪えない 12 打たれざるを 11 堪えて 10 たえたよう, 堪へて 9 堪へたやう 7 似たもの, 打たれました, 打たれるの 6 うたれた, たえて, 堪えないよう, 打たれる, 襲われた 5 うたれました, 堪えなかった, 打れた, 耐えて 4 うたれて, たえたという, 打たれたの, 打たれながら, 打れ, 打れる, 浸って, 襲われて 3 うたれたの, うたれるの, たえないよう, 入って, 堪えぬもの, 堪へない, 打たれたが, 耐えたよう, 襲はれ

2 [53件] あったと, うたれたが, うたれる, たえたか, たえない, たえないもの, たへて, とらわれて, とりつかれた幾箇月, なって, ぬくぬくと, ひたつた, 乗って, 似た気持, 依つて, 入ったよう, 出発し, 出発した, 加うる, 堪えざら, 堪えざるものの, 堪えた, 堪えたという, 堪えないで, 堪えないの, 堪えないもの, 堪えなくなって, 堪えぬの, 堪えぬよう, 堪えられません, 堪へざるもの, 堪へたといふ, 堪へなかつた, 堪へます, 変って, 富めるもの, 悩まされて, 憑かれて, 打たる, 打たれたかも, 打たれたこと, 打たれたです, 打たれたと, 打たれたり, 打たれたりき, 打たれましたよ, 撃たれたり, 欠けて, 燃ゆる, 絶えたよう, 襲はれた, 責められて, 陥りがち

1 [455件] あった信長対上杉, あらず, あらずして, ありて, ある波紋, いたっては, いっぱい包まれ, うける感じ, うたれたけれど, うたれたらしくギョロリ, うたれたろう, うたれないでは, うたれながら, うたれるもの, うたれわれ我, うたれ勝ち, うたれ項, おき同時に, おそわれた, おそわれて, おそわれる, おちいる, おち入り劇作家, おち入ること, からまる疑惑, かられ, かられて, かられ二度と, かりたてられて, かわった, さいなまれ行末, しっぽり全身, して, しばられて, すっかり圧倒, すっかり移り, たいしべつ, たえかねたか, たえたもの, たえた面持, たえた顔, たえないくらい, たえない面持, たえなかった将軍家, たえぬらしく仰山, たえぬ程, たえません, たえる楊博士, たえ岩壁, たえ思わず, たへ, たへたやう, たへた八五郎, たへた聲, つつまれて, つらぬかれて, でっちた, とどいて, とどまること, とらはれましたが, とらへ, とらわれた, とらわれましたが, どれぐらい, なやまされ続けて, ならされた或, なる, ぬれて, ひかれるもの, ひたったこと, ひたつて, ひたらうと, ひたらざるを, ひたらせたに, ひたりきって, ひたりながら, ひたります, ひたるよう, ひたる何分何秒, ひたる時間, ぴんと来る, ふいと, ふさわしいよう, ふるえ或, みたされた, みちた不思議, みちた姿, みちみちた, もだえるの, やられて, やるせなきわれ自ら, ゆだねる事, よくつきあたる, よりそって, より多く, わずらわされずに, ウットリと, ハンモンした, ブス, 乏しい時, 乏しい機械的, 乏しく死, 代えること, 任えぬ, 似て, 何か, 余って, 依つて人間, 充たされた, 充ちた音律, 先きだたれた, 入ったらしい顔色, 入つた一呼吸, 入つて, 入りその, 入りながら, 入りました, 入る語感, 共鳴する, 凱歌を, 出発する, 到る心, 加重し, 助けられて, 励まされて, 包まれて, 包まれるもの, 参るの, 及ぶと, 反抗し, 取り憑かれて, 名けたものである, 向って, 吹かれたなどと, 唸るばかり, 囚われた山門下, 囚われる, 固執する, 圧倒され, 圧迫され, 基くが, 基くもの, 基調し, 堪えかねたよう, 堪えかね泣きべそ, 堪えざる次第, 堪えず巍々, 堪えず我生, 堪えたと, 堪えたは, 堪えた一前座, 堪えた万葉風, 堪えた時, 堪えた様子, 堪えた観客, 堪えた顔色, 堪えた風, 堪えてか, 堪えないであろう, 堪えないとは, 堪えないふう, 堪えない余り, 堪えない多く, 堪えない様, 堪えなかったです, 堪えなかったね, 堪えなかったので, 堪えなかった自分, 堪えなかつた, 堪えながって, 堪えぬげに, 堪えぬといった, 堪えぬやう, 堪えぬ様子, 堪えぬ趣, 堪えぬ顔, 堪えまして, 堪えまた, 堪えられなくて, 堪えられぬ程, 堪えられませんでした, 堪えるふう, 堪えるほど, 堪えん, 堪えんほど, 堪え得ずして, 堪へざりしは, 堪へざるは, 堪へずや, 堪へずわれ, 堪へず思ふ所, 堪へた, 堪へたさま, 堪へたさまで, 堪へたらしく, 堪へた姿, 堪へた観客, 堪へた顏, 堪へないの, 堪へないもの, 堪へない余り, 堪へぬ, 堪へぬが, 堪へぬと, 堪へぬといふ, 堪へぬので, 堪へました, 堪へられなかつたまで, 堪へん気持, 堪へ兼ねて, 変形し, 多少ひるん, 大粒の, 委せる, 安住し, 富んで, 富んでるところ, 対抗する, 対照し, 導いて, 就いて, 就いての, 就いては, 就て, 属するのに, 強いこと, 強く壓, 当つて, 従うかね, 従来の, 徹して, 徹しない, 徹底する, 心を, 必然する, 思わず拍手, 恵まれ徹頭徹尾, 悩した, 悩んで, 悶々と, 想いを, 感じたこと, 愬へる, 戻って, 打たるるもの, 打たれしこと, 打たれずには, 打たれその, 打たれたい, 打たれたお, 打たれたかの, 打たれたそう, 打たれただろう, 打たれたであろうかと, 打たれたといった, 打たれたものの, 打たれたよう, 打たれたらしい, 打たれたらしく深く, 打たれたる学生, 打たれた事, 打たれた時, 打たれた樣, 打たれつつ, 打たれないもの, 打たれない訳, 打たれに, 打たれぬは, 打たれぬ者, 打たれは, 打たれるであろう, 打たれるので, 打たれるのみ, 打たれるばかり, 打たれるもの, 打たれる事, 打たれる次第, 打たれ互に, 打たれ候もの, 打たれ将来自分たち, 打たれ将来自分達, 打たれ翌日同所, 打ちひしがれて, 打ち勝たなければ, 打れざる, 打れやしけん, 把はれ, 抵抗しよう, 抵触しない, 振り廻されたが, 振り顧, 捉えられた, 捉へ, 捉われ, 捉われた, 接近し, 撲たれざるを, 撲たれたであらうか, 撲れたので, 支配され, 於いて, 於いては, 於て, 暫らく揺られ, 本質し, 来ないが, 欠くる, 欠陥の, 止るであらうか, 殉死しよう, 殖える, 比較し, 気が, 気附く, 氷りつめた座, 沁みも, 沈んで, 沸り始めた, 沸騰した, 浮かされて, 浸った, 浸つて, 浸りつつ, 浸る点, 游泳する, 湧き立つ若い, 満たされてる最中, 満ちた御, 満ちては, 満身を, 溢れた作風, 溢れて, 溺れること, 滅入して, 滿たされます, 滿ちた, 漂う愉悦, 激しくむちうたれ, 燃え立ってる時, 甘えたの, 甘えて, 異常な, 発するとさえ, 目ざまされ, 目マイが, 直接訴える, 私は, 私を, 突落される, 立ち還ります, 立って, 箔を, 結びつきさうに, 置いて, 耐えたから, 耐えた顔, 耐えないの, 耐えない声, 耐えながら, 耐えながらも, 耐えぬよう, 耽溺する, 胸が, 胸を, 自らに, 自らを, 自分で, 自分の, 至り得ないところ, 色どられ, 苦しむ, 苦しむだけ, 苦しむって, 苦しめられる, 苦しめられ非常, 落つこ, 薄いこと, 衝き入られ, 衝れたるなり, 衝動は, 裏づけられて, 襲はれる, 襲われたが, 襲われたとき, 襲われたの, 襲われたもの, 襲われつつも, 襲われるの, 襲われるので, 襲われ初め, 襲われ暗澹, 触るるもの, 触れるところ, 触れる筈, 触覚しない, 訴えて, 訴えること, 訴えるそういう, 訴え同志的, 誘はれたり, 誘はれるのみ, 誘はれるばかり, 誘われる時, 読者万人は, 護られ乍ら, 讃之, 負けたよう, 負けたり, 責められました, 責め訶まれ, 起因した, 身も, 身動きも, 身悶えし, 較べれば, 近いもの, 迫ったよう, 迫った顔, 迫られた, 迫られた面々, 迫られて, 追はれつ, 追われ七ツ, 追われ放浪, 通じるところ, 通じるリリシズム, 過ぎないその, 過ぎないでは, 過ぎないと, 過ぎまいと, 達し万吉郎, 遠いもの, 遠慮なく自己, 適切しない, 適切せずし, 酔いしれて, 酔う一方, 酔った二人, 酬ゆべきであったろう, 重なると, 長大息を, 陶酔しいしい, 陶酔する, 陶醉し, 陽炎を, 面を, 預かつ, 顧慮すべく, 食事も, 餓えて, 餘つた, 馴染まれたそれ等, 駆られた気ぜわし, 駆られた際, 駆られて

▼ 感~ (392, 6.3%)

7 ために 5 ような, 上に, 中に 4 やうな, 多い描線 3 中で, 外に, 底で, 強い男, 惡い, 意義が, 方は

2 [22件] ある主観, うちに, ごときもの, よさ, 上にな, 中には, 中へ, 基礎を, 夢なり, 如實的な, 底に, 強い, 強い人物, 強い彼, 強さ, 悪いもの, 方が, 深いもの, 満足を, 源頭が, 起らざるを, 鋭敏な

1 [297件] あったの, あった大, あまりその, あまり薬師三尊を, あらはるべから, あらわれであったろう, ありすぎる, あるお湯, あるところ, あるの, あるサカタ, ある傑作, ある刷毛描き, ある広闊, ある文学, ある春雨, ある栄子夫人, ある美, ある近所, い, いいほう, いい人間, いい新聞記者, うすいの, うすい内容, うちの, うらがえされたもの, かもし出す沈痛, かわりに, きりつと, ことなどは, ことについて, ことの, ことは, するどさ, するもの, する恰好, せいも, そこなわれる感じ, ためと, ためには, ためへんな, つよい表現力, つよい高山君, つよく現われた, とおって, ときに, ないもの, ない容易, ない所, ない生活, ない秋, なかで, なかへ, ひとつの, ひとつを, ほかには, ほしい時, まじった探究心, ままに, ものであった, やうに, よいスケッチ, わき上る, わるいところ, オブラート, オブラートで, カムフラージュ自分の, センチメントを, テンマツの, ニヒリズムから, ハルトマンが, メタフィジックを, 一つである, 一つとして, 一として, 一等深, 一致から, 一致が, 上位に, 上位を, 下位に, 不足, 世界では, 世界に, 中を, 乏しい新聞記者, 二大, 交錯は, 伴うもの, 伴は, 作用言葉を, 保証の, 働く余地, 働く平次, 充実に, 内に, 内側に, 凝集を, 凡てでは, 処理の, 処置に, 出し方, 出方が, 分量に, 切なさ, 利いたこの, 刺戟が, 前提である, 半分と, 半分宛を, 原因を, 厳しさ, 反射だ, 反感から, 反省にも, 圧迫には, 基点である, 境地には, 変形である強がり, 多い国土, 夜店通りを, 如きもの, 姿に, 存するの, 宜い, 対象と, 少ない特殊, 尤なる, 峯を, 強いひと, 強い商売熱心, 強い坪内先生, 強い夫, 強い父, 強い純, 強い譯者, 強い軍人, 強い頑固, 強味であった, 強大なる, 強弱による, 影響は, 彼に, 彼方に, 快を, 悦びを, 悪いうっかり者, 悪いゆえ, 悪い労働者, 悪い旅按摩, 悪い理, 悪い男, 悪い癖, 悪い盲目, 悪い言葉, 悪い野郎, 悪さ, 情と, 情の, 情主, 情勝ちたるとを, 情操である, 情操は, 惡さ, 感じられない女優はめッ, 感傷主義に, 我に, 我を, 我口より, 我胸に, 所在は, 採り入れは, 描出です, 摘出に, 支配を, 故に, 故にプロゼック, 故に自分自身, 敏い官兵衛, 新鮮さから, 方からも, 方はと, 方へ, 最も本質的, 最も激しい, 最中には, 末端には, 本性を, 本質が, 本質する, 本質は, 核が, 核心を, 根據が, 極めて固定, 極めて強い, 様な, 横車を, 欠けた心理, 欠けて, 欠如を, 欠除を, 浮べるま, 消滅を, 深いこと, 深い云い, 深い歌調, 深さ, 満足と, 満足とでも, 満足には, 溢れたせりふ, 漲る人, 無いでも, 無いの, 無い奴, 燃えぬこと, 物理的根拠が, 現われである, 琴線を, 生む不足感, 生れて, 産物だ, 由来などを, 痛切であった, 発動は, 発生によって, 発露を, 直ちに歌, 眞劍勝負なる, 真っ只中, 神秘な, 神秘を, 稀薄さを, 種々相, 窮極に, 精神が, 精神と, 約束の, 素質が, 絵図とも, 緊張が, 線で, 線外に, 美しさ, 美に, 胸中に, 自己満足の, 自覚という, 良いの, 良さ, 色に, 芸術であり, 薄い母, 衝動に, 表現である, 表現でさえ, 表現と, 表示です, 表示は, 衰退を, 複合系を, 要素と, 見本である, 解釈が, 記念であり, 記憶, 訴えるイデヤ, 詩的精神を, 誇示愛国心の, 説明や, 豊かさを, 豊かな, 負担であった, 起こるの, 起らない物, 起らなかつた古代, 足りないもの, 迸るまま, 鈍い女, 鈍い小野田, 鈍い庸三, 鈍い男, 鈍い私, 鋭いわり, 鋭かりし, 鋭くなった, 間あ, 間に, 関係も, 閲歴を, 餘韻を, 高唱と, 高潮によって, 高翔した, 高調である

▼ 感~ (360, 5.8%)

9 すると 8 によつて 6 を持つ 5 によつて知覺, のうち 4 の知覺 3 から引き離す, した, の判斷, の多, の對象, をもたらす, をもつ, を介し

2 [23件] がある, がなく, が痛切, が鈍麻, したの, するもの, である, になつ, に影響, の上, の中, の能力, の記憶, の速度, ばかりが活き, をとり戻し, を喚び起す, を失ふ, を授け, を有, を生ぜしめる, を通して受けた, を鋭敏

1 [253件] からかまたは, からきた, からすぐ, からはずつと遠い, からはる, からまた, から出, から心, から成立つ, から或, から汲まれた, から汲み取つた, から汲んだ, から生ずる, から解放, から記憶, から起る, から離れ得ない, が, がいく, がかく, がこれ, がしびれ, がただ, がない, がよみ, が倫理, が全然, が存する, が常に, が感覺そのもの, が新, が殘, が烈しく, が私, が素肌, が腰掛, が身體, が鋭敏, が限り, この三つ, しある, しこれら, しさ, しそして, したが, したし, したそして, して, しなど, しようと, し得なかつたし, し思惟, し理解, すまいと, するある, すること, するす, するとき, するの, する場合, する或, せざるを, せしめるところ, せしめるやう, せられかくして, だけが存在, だと, だとも, であるのに, でない激情, で張りきつて, といふもの, とこの, とその, とでは大, とを兼ね, とを著しく, と主, と同じく, と同一視, と思想, と恐怖, と感激, と氣稟, と痛切, と知識, と稱, と腐肉, と角度, なくしびれ, な位, な女, な氣持, な無表情, な顏, についても考へられね, についても論じなけれ, について學ぶ, にどこ, には敏く, にぴんと, にもはやあまり, によつて地震, によつて把捉, によつて捉, によつて量つたの, に來, に偏重, に對, に尤も, に屬, に快感, に或は, に投げ出した, に抵觸, に染込んだ, に横, に現, に瞬間的, に私, に突き刺され, に襲, に醉, に鈍く, に關, のあらゆる, のうま, のすべて, のなか, のなくなる, のみならず, のみにてはかよう, のシンフオニー, のプリズム, の世界, の交徹, の何處, の先入, の全, の内容, の各々, の同時的竝び, の喚び超す, の喚起, の外的器官, の多く, の好き嫌, の媒介, の尋常, の強い, の悲しみ, の扇, の把捉, の新鮮さ, の旺盛, の有無, の渦, の特に, の理解, の空間的, の空間的時間的綜合, の空間的時間的關係, の結合, の經驗, の繼起, の興味, の良, の表象, の觸冠, の負債, の連累, の鈍, の鋭い, の鋭敏さ, の間, の面白, の領分, は, はあまり, はある, はくも, はするどい, はその, はただ, は保守, は其の, は別, は反省, は春の色, は時として, は理想, は目, は確か, は精神, は老熟, は自然的, は蠍, は足, は身體, も何, も思索, も最早, も無, も皆無, も自分, も表情, やが神的本質, やを知らず, や精神, をこれ, をさ, をさそひ, をさそひ初めた, をしかもたらさない, をしか精神, をその, をちらし, をのみ, をまとめる, をもう一度, を以て, を伴, を使用, を制御, を味, を失, を失つて, を失はなかつた, を小説機構, を幾多, を引く, を忘れ, を思ひ出します, を恰, を惹起, を投げいだせ, を持つた, を有した, を生き生き, を私, を覺, を起した, を通して感じる, を遠ざけ, を鈍く, を麻痺, 乃至感性, 及び反省, 及び想像力, 及び感情, 或は意志, 諸内容

▼ 感~ (298, 4.8%)

10 あるが 4 ない, 禁物である 3 何だろう, 少しも 2 あっても, それ故, なかった, 依然として故, 消えない, 深い, 見事に

1 [260件] あったかも, あったが, あらざりし乎, ありながらも, あるいはその, あるに, あるまい, いいよう, いついかなる, いつでも, いつまで, いと劇, いやが, いよいよ冴え, いよいよ強く, うるさい植民地, おののいた, おめでとうが, お前の, かつて暗澹, ことの, この地方, この少女, これで, これを, こんに, ごく微か, さうし, さて措い, さのみ, しだいに膨張, しだいに高まっ, すぐ, すぐに, すぐ消え, すこしも, すこしも受けない, そうした文化, そこには, そぞろに, そのものとしては, その後の, その狭い, その色彩, それだけ, それに, それほど新鮮, それゆえに, それ以上に, それ自ら主観主義文学の, たいして割引き, たしかにある, たしかに知り愛し, たしかに突風, たちまち背後, ぢや, つよく緊張, どうして生じる, どこから, なおさら大きかっ, なおさら彼, なかつた, なくなるん, なく悪びれても, なんと荘厳, はなはだしく違った, ふと妾, ますます色, まずああ, また別, まだながく, むしろ今夜, もちろん言うまでもなく, もつこと, よしたま, よしたまえ, われわれの, サン・セバスティアンの, スポーツに, ホン, モヂリアニ一流の, 一つも, 一ヶ月店頭で, 一個ドライサアの, 一応静か, 一方では, 一般勤労者である, 一體どこから, 不用意に, 世の中の, 中, 云うまでも, 人に, 仏印に, 伸子の, 何かを, 何と, 何という, 何とよい, 何と急, 何時の間にか野火, 何等か, 何等音律, 併し, 僅かに, 僕が, 僕の, 充分だ, 充分には, 充分画面, 全く不思議, 初瀬も, 別れて, 到底癒, 刻々不気味さ, 副の, 動物性に, 十分味わった, 十分大臣に, 単純な, 却って創作, 各人に, 同じく源信章, 同時に劣等感, 同氏の, 唯美主義と, 塩が, 多分いだいた, 夢に, 失せきって, 失せて, 失はないの, 如何なる理由, 始めて, 存しない, 存せぬ, 家の, 容易に, 寧新古今風の, 審美感に, 少くない, 少しばかり, 少年の, 常に非, 常識を, 弱者の, 強烈な, 彼の, 彼を, 従であっ, 微塵も, 心から追っ, 必ずしも明白感, 必ずしも虚無的, 快感や, 忽ち, 急に, 恐らく次にまた, 悉く皆象徴, 意外に, 愛の, 成功し, 成立する, 或る, 戲曲に, 抱かせない処, 抱かなかったの, 持ち得ず男, 持てまいほど, 捨てがたい, 日光浴の, 日日新聞の, 日本の, 日本伝統の, 春の風には, 是れ, 曽つて時雄が, 曾て, 最初いかにもよく, 木村荘八画伯も, 本質上での, 果して唯文壇, 桜にとって, 殆どなかつた, 殊に深い, 残って, 民族の, 決してかれ, 決して恥, 活きたる美人, 浅いで, 消え失せて, 消え月, 深まる一方, 満足しなかった, 無いつもり, 無いの, 特殊な, 猶武陵桃源, 理窟を, 生じない, 生じなかった, 疑いようが, 益々ひどく, 真に異常, 眠って, 知性高き, 知識人にすら, 禁じえぬ欣びにくすぐられました, 私の, 私自身にとっても, 立場の, 簡単に, 素子にも, 絶対的な, 絶頂に, 続いた, 縮められて, 罪悪感に, 羅針盤の, 美麗な, 群衆の, 耳を, 自分の, 自分自身という, 自覺的, 良人の, 芸術の, 葉隠, 薄らぎ彼女, 虚僞の, 表面は, 衰え向上心, 要するに故人, 観念的な, 言い表わすこと, 言はずもがな, 言ふまで, 認められるが, 誤らなかった, 誤謬である, 諸将, 起こらなかったが, 起こるまい, 起らず, 起り得ないに, 輪廓を, 迦陵頻伽の, 遺作を, 酷しいが, 金魚に, 陶酔的な, 陽光が, 隣人を, 震災後の, 非常に, 風雨の, 飽和点よ, 馬も, 鮮明で

▼ 感~ (137, 2.2%)

3 なって 2 いっても, 云つても, 判断し

1 [128件] あるから, いい花落ち, いうよりも, いつたらよい, おやじが, お組, からみあって, くらべて, さらに変わった, そこから, そして偉大, そして絵巻, その同僚, その現象, それからこれら, それを, ちがう性質, また現実, また生活関心, めくるめく憤怒, もう一つ, もう二度と再び幽霊, やわかこの, デモクラシイとで, 一応は, 並び至らむことを, 云った方, 云ふも, 互の, 人間の, 人間らしい矜持, 似通って, 何の, 何んな, 個々の, 倦怠が, 優越の, 兄としての, 内容において, 切実な, 刑事に, 利己心に, 勇気に, 合は, 合調する, 同じだ, 同じやう, 同族感が, 同様な, 同様常に実際, 名づけたはうが, 呼ばれるもの, 呼んでも, 圧迫感とを, 変った, 大威力, 天質の, 女が, 好色が, 孤独感とを, 家庭人としての, 小さい力, 少年ぽい, 屈辱を, 幸福感とを, 心服を, 怖ろ, 悲哀の, 情慾とは, 感情とが, 感謝と, 感謝を, 憎悪と, 懐しみと, 戦つて改めて, 抱き合せ, 支那的な, 文学との, 文学とへ, 文芸近況を, 新しく恋, 時間的観念とは, 更にその間, 書かれるに, 権威とが, 民族解放の, 江戸の, 海の, 激怒の, 無関心, 焦躁に, 現実の, 現実性を, 理想とに, 甚だよく似, 申しましょうか, 異った, 疼痛を, 発見感とを, 相通じ, 眞理の, 秀吉の, 科学感が, 紫夫人との, 絶望の, 緊張とで, 羞恥心とが, 翻弄の, 自分の, 自分への, 自明感とによって, 自由人自由社会対誤れる, 自責の, 芸術的野望とは, 蘇生と, 袂を, 裏表の, 規律的な, 触感が, 責任の, 軽蔑を, 近代的先入見, 違って, 遽, 闘いつづけて, 闘ひつづけ, 高貴なる, 魅惑で

▼ 感~ (110, 1.8%)

4 あつた 3 て目 2 それを, 一杯に, 急に, 感じたの, 竦みあがり空しく

1 [93件] あつかわれて, あつたらう, あつて, あらう, あらせられるぞ, いえば, いかにし, いっぱいだった, いつぱい, いつぱいになつてくる, かすかに, こういうこと, こうと, この命令一下, これは, それも, ぞくぞくし, ぞっとする, たまひ, つらした, ておの, てその, て共, て婦, また智的, まるでロビンソン・クルーソー, みたされて, もう覚っ, もって, やっつけたが, やつた, わかりそう, ゐる, フラフラしました, ホツと, 一ぱいに, 世が, 互に一層温められた, 互を, 人びとの, 仕事も, 何か, 何とか徹底, 僕と, 処女を, 前者は, 唇を, 四畳半の, 声でも, 大らかでも, 宇治の, 定めて, 当って, 彼に, 彼は, 待ちかまえて, 怪しみあった, 惡者が, 憂鬱に, 扱ったもの, 承知した, 揺り動かし忘我, 撫で乍ら, 日本の, 書けの, 木曾の, 柔軟可動の, 次に何, 正成は, 気が, 物質の, 理性の, 瑣末な, 生きつづけたの, 疾走し, 目合し, 直感させる, 眺め入, 知って, 私は, 絵がまと, 緊ち切れ, 胸が, 膨れ上, 自分は, 苦しめわたし, 行軍の, 見られて, 見ると, 警察医も, 震えはじめて, 青白く緊張, 静岡の

▼ 感~ (104, 1.7%)

5 ある 4 あった 3 あるが 2 あつた, ある程度までは, した, するですがな, 何時しか消え, 持って

1 [80件] あったので, あったろう, あって, あつて, あるの, あるらしく死にもの狂い, ある容子, ここでは, この小さな洋盃二, この点, すべて人の, そこに, その身体, それを, ちりっ葉, つきつめて, つよく感じる, ともな, ともに少年, ない, ないこの, ないで, ないのに, ないやう, なかつたけれど, なくまた, なく作者, なく強情, なく恋, なく行過ぎうべき, ふとわいた, ほぐれたやう, もつて, 一度に, 三時間のちには, 不快感も, 与えられ当然, 人一倍強く, 何も, 何もかも家庭, 僕にと, 全く拭, 同時にこれ, 味う, 大きいから, 尠く, 強い人, 必要が, 愈切, 愛しく白秋, 感じて, 憎悪も, 手つだって, 批判も, 抱かなかった, 持つて, 次第, 決してその, 決して論議, 海綿の, 消された, 深いの, 深く五十周年, 深まり意義, 無かった, 無きを, 無く亦, 生じ意義, 生じ蹴鞠, 知性の, 石膏と, 胸の, 自ずと滲み出, 誘はれました, 變つて來る, 起し得ない程度, 起らないの, 起らなかったと, 起らなくなって, 馬鹿には

▼ 感から~ (87, 1.4%)

2 いへば, だと, であったが, では

1 [79件] いえば, いって, およそ浮世, お花, きて, この人々, さっと顔色, そのまま立っ, その意味, である, であること, でも, ぬけて, はげみが, ものを, ゆがめられて, ツイ生ききれない, ヤケ糞に, 他の, 先生の, 出発し, 出發, 出立する, 切り離した静か, 切り離して, 別な, 却つてよろめいた, 反射的に, 夫の, 夫妻で, 好きに, 客観的な, 導き出した, 峠を, 常に蕭条, 彼等の, 意気阻喪し, 成立ったこと, 成立つたこと, 或る, 時々逆上的, 書記長を, 来て, 来る一種, 来る一種特有, 来る悪意, 欲情される, 残留も, 気まぐれな, 涙を, 燃え立った恨み, 生ずる, 生まれざるかぎり, 生れた素材, 由紀子は, 發した, 神経質に, 私は, 結果として, 結果逆に, 脱出できなかった, 自分の, 自害した, 自殺を, 血眼に, 行方不明と, 言っても, 身を, 身内が, 軽いおごり, 逃れたいという, 逃れたいの, 逃れ得て, 逆に, 遁走の, 過労も, 遠くし, 遠のいて, 開放する

▼ 感違い~ (78, 1.2%)

16 をし 14 して 5 したの 3 した 2 してるの, だ, だよ, をした

1 [32件] かも知れない, が初め, さえしたらしく見えた, されては, されるの, したか, したとでも, したもの, したらしく微か, したり, した母親, しては, してるん, しないよう, し意外, する, するなよ, するの, だと, である, であるに, でした, ではあるまい, に陥る, の事, の侮辱, の感違い, もある, をさせた, をしたろう, をしない, を致した

▼ 感付い~ (55, 0.9%)

10 ていた 8 ている 3 ているらしい 2 てゐた, て居た

1 [30件] たり馬道あたり, てあべこべ, てい, ていた事, ていられる, ているだろう, ておられるであろう, ておるじゃろう, てしまいました, てしまう, てしまった, てそれから, てはいた, てはいないらしい, てゐる, て姿, て居り, て居る, て平次, て引っくり返した, て御座る, て忽ち, て来, て横槍, て船中, て萩野, て裏, て追っかけ, て風, て騒ぎ立て

▼ 感~ (53, 0.8%)

3 倫理感の 2 その剛軟

1 [48件] あって, そうしたもの, それにも, で世界, デモクラシイやを, 世界観の, 人間的情味を, 倫埋, 倫理感は, 倫理感やを, 共感なし, 労働者に対する, 半ば本能的な, 又倫常, 反省の, 哀感に, 失意また, 宗教感が, 宗教感に, 宗教感を, 小印象, 強迫観念を, 性格の, 恐怖感が, 愛情が, 感傷性や, 無目的感, 焦燥感は, 焦燥感も, 生活感やを, 疑問が, 真理愛や, 空想癖さへもが, 精神主義的理想を, 素朴的模写性や, 絵の, 絶望感の, 義務感などから, 耳に, 虚無感などを, 軽蔑憎悪の, 追憶の, 道徳感を, 道徳観であっ, 陶酔感やを, 願望が, 骨に, 高翔感やを

▼ 感という~ (44, 0.7%)

5 ものが, ものを 4 ものは 3 ものも 2 ことを, のは, ものの

1 [21件] ことだ, ときその, もので, ものと, ものなら, ものに, ものにでも, もの分る, ような, 一般感情みたいな, 作用に, 単に薄弱, 尼虜賊に, 文字が, 文字の, 様な, 短文が, 表現が, 言葉は, 言葉を, 面からの

▼ 感なき~ (40, 0.6%)

9 を得ない 4 あたわず, にしも, に非 2 能は, 能わぬの

1 [15件] ことを, こと能はずと, にあらざりし, にあらず, にあらね, をえなかった, を得ざりき, を得ず, を得なかったろう, を得ません, を得むや, を得る, 心の, 能はず乃ち爲に, 自由律俳諧の

▼ 感~ (39, 0.6%)

2 が私, はどうも, を指

1 [33件] からだけでもあつ, が忘れられなかつた, が脊筋, が足, し, したと, する枝, では, といつも, に, には一種名状, によつて魚, に歸, に異, に芳烈さ, に顫, のロオブ, の加はつ, の匂, は深刻, も身, をうける, をと, をもてあまし, をよろこび, を以て銀, を受, を寫す, を想, を持つ, を殘, を筆, を起し

▼ 感付いた~ (36, 0.6%)

2 な, のさ, ので小指, んじゃ, んでしょう

1 [26件] かし, か些, か破れかぶれ, が却, が此時障子, ことに, って構う, ときどんな, に相違, に違い, のじゃ, のだ, のでした, のでしょう, のでとうとう, ので二人, のよ, ものか, ものさ, んだ, んだい, 唯一の, 奴が, 小一郎は, 時に, 者がねえ

▼ 感~ (30, 0.5%)

17 ひして 8 ひを 1 ひから出て, ひしたの, ひした加藤, ひしぬけ, ひの

▼ 感~ (29, 0.5%)

5 なもの 2 のもの

1 [22件] でどこ, で何月何日何時何分, となり, なこと, なるすべて, なるもの, なるエピカル, な実在, な少年, な性能, な文学, な涙, な真実, な紅味, な興奮, な貴族主義, な錯視, にあたえる, に動いた, に情感, に解る, に響い

▼ 感投詞~ (25, 0.4%)

2 か副詞, を放つた

1 [21件] が二つ, だ, だけを出来る, で私, のよう, の調子, は, も彼女, を, をた, をとは思ひ, をむしろ, を俺, を叫び, を奉呈, を心, を投げ, を投げる, を挟む, を用いた, を繰り返し

▼ 感ある~ (24, 0.4%)

2 現在の

1 [22件] かと推察, かの番頭, が風流, ことと, ことは, によってこれ, に相違, に非, のみである, は何ぞ, は多少, は徳川三百年太平, ひは, も誰, 七千噸巡洋艦二十五隻を以て, 初期の, 大坂城, 所以です, 所以を, 新感覚派, 秋田記者の, 芸術品は

▼ 感覺的~ (23, 0.4%)

8 なもの

1 [15件] なあらゆる, なるもの, な一句, な並びに, な實感, な心理, な櫻, な經驗, な違和, にも性的魅惑, に向, に學習者, に附い, のもの, 現實

▼ 感きわまっ~ (22, 0.4%)

2 て, ている, て子供, て泣く

1 [14件] てあたり, てあれ, ていった, ておもわず, てしまった, て両手, て俄, て叫ぶ, て叫んだ, て嘆声, て声, て抱擁, て泣き出した, て足

▼ 感~ (20, 0.3%)

2 つて啜り泣いた, まつて

1 [16件] ったとき, った面持, って, ってとめどなく, って後, って泣かん, って泣き出し, って熱い, つたやうに, つた声を, つた涙声で, つた面持で, つてハラハラ, つて歔欷せし, つて泣き落した, つて泣く

▼ 感によって~ (19, 0.3%)

2 アプリオリに

1 [17件] さ程, その優越, では, カントが, 中国の, 動いた自分, 呼び起されたところ, 家の, 尨大な, 尽きるの, 必ずしも決定, 本格的に, 汚されて, 生まれると, 確然と, 辛くも合理化, 鴉片窟へ

▼ 感とを~ (17, 0.3%)

1 [17件] あたえるよう, ひそひそささやきあっ, もって, 一身に, 与えつつ, 共に味わい, 分たずして, 味は, 学んだ, 彼に, 恐らく大阪, 抱いて, 持って, 皆んなが, 知らむと欲, 破壞徹底, 織り交ぜたドラマ

▼ 感~ (16, 0.3%)

2 に支配

1 [14件] がいまさら, が右往左往, が容易, が常に, が益, したか, すら失っ, などは勿論, に気づかず, も何時しか, をあの, を其儘筆, を抱いた, を誘起

▼ 感付かれ~ (14, 0.2%)

2 てしまった

1 [12件] あしねえ, ちゃあ玉, ちやなら, ていた, てしまい, てしまう, ては万事, てまた, でもする, はしまい, りや為なかろ, 手が

▼ 感あり~ (13, 0.2%)

1 [13件] この小, て佳, て吟じ, て圓朝子, て後来余, て恰も, もっと三, 其は, 外套を, 料理人一同に, 虚心タンカイミジンも, 遂に姉妹, 題材の

▼ 感である~ (13, 0.2%)

1 [13件] か, からである, がそんな, けれども表面, こと, と, のに非我, よりは實感, 古徳先聖の, 故に全く, 故に博愛, 殊に, 肉の

▼ 感では~ (13, 0.2%)

3 ない 1 あったが, あるが, なかった, なかつたらうか, なかなか納得, なくして, なく本能的, なく瞬間, まず二三年, 無かった

▼ 感~ (13, 0.2%)

2 のである

1 [11件] お方な, のだ, ので, んです, 今の, 少女の, 彼の, 涙を, 謙信と, 顔いろ, 顔は

▼ 感にも~ (13, 0.2%)

1 [13件] かかわらず実に, たえず責められ, でたらめと, なるので, ほとんど誘はれる, まさるもの, よく当てはまる, よろうが, 似た心, 似た懐し, 殖える, 浸りたいの, 親しみうる

▼ 感付く~ (13, 0.2%)

2 ことが

1 [11件] ことである, とさすが, とすぐ, とすれ, と役人達, のだ, ものは, やうな, ように, 所か, 文明諸国じゃ

▼ 感~ (13, 0.2%)

1 [13件] ありしは, するという, である, という, とする, によりて奇怪, によりて知る, に帰したる, に相違, のなんたる, より生ずる, を説き, 致しました訳

▼ 感きわまった~ (12, 0.2%)

3 ような 2 かのよう 1 のであろう, ものか, もののごとく, ように, 時に, 涙が, 興奮した

▼ 感さえ~ (12, 0.2%)

2 ある, する 1 あった, あって, あるかも, ないの, なくも, 三木に対しては, 受けるの, 起させるの

▼ 感ちがい~ (12, 0.2%)

4 をし 1 したらしいの, するかも, するだろう, で実は, ね, の亜流者, をした, をする

▼ 感とが~ (11, 0.2%)

1 [11件] ある, おもしろくとんちんかん, はいって, 一つの, 同時にかれ, 彼の, 彼を, 恰度水底の, 残って, 表現せられ, 重苦しく私

▼ 感には~ (11, 0.2%)

1 [11件] ひたりやすい, もう少しどうかする, 乏しいが, 九つ年上の, 僅か二, 打たれずに, 最適である, 殆ん, 苦悩を, 触れる衣ずれ足音, 随分いかがわしい

▼ 感~ (11, 0.2%)

2 して 1 あること, があつ, した, すること, するに, する女, せること, せる或は, の心

▼ 感~ (10, 0.2%)

3 へある 1 う言, へも伴, へ伴つて, へ抱きたくなります, へ涌く, へ覚, へ誘はれた

▼ 感付かれた~ (10, 0.2%)

2 と思 1 かな, が軍部, な, ものか, ものなら仕, んじ, 以上は, 筈だ

▼ 感~ (10, 0.2%)

3 して 2 するところ 1 した, し彼, せしめ長く, でもよろしい, を得

▼ 感とは~ (9, 0.1%)

1 いったいどんな, どんなもの, なんとした, 彼女の, 必ずしも其詩, 改めてまた, 異なり, 自然に, 違つてゐる

▼ 感をも~ (9, 0.1%)

1 与へる, 乗せて, 伴わないの, 催させるわけ, 唆らず, 抱いて, 示すこと, 覚えた, 起さざる多数

▼ 感~ (9, 0.1%)

1 がある, が強, にふけつ, の詩, は深, をさながら, をひそか, を伴つてなほ, を抱かしめ

▼ 感する~ (8, 0.1%)

2 ことが, ことに 1 ことを, ばかりで, ような, 心の

▼ 感~ (8, 0.1%)

1 が, そうだ, という, というの, と一概に, と僕, ね, のが

▼ 感ちがいし~ (8, 0.1%)

2 ている 1 ていた, ていや, てさかん, てやにわに, て捻じこん, て酒

▼ 感とか~ (8, 0.1%)

1 不眠の, 何等かの, 寂寥とか, 強調感とかいふ, 敗北感とか, 義務とか, 義務を, 霊気とかを

▼ 感を以て~ (8, 0.1%)

1 かず枝, 仙臺辯を, 報いられるに, 書いたもの, 東亜を, 東亞を, 考へては, 論ずべくんば

▼ 感それ~ (7, 0.1%)

1 から遠い, が私, が胸, に類する, はそのまま, は類, を如何

▼ 感として~ (7, 0.1%)

1 あるが, 感じとられて, 私の, 聴いて, 自分の, 自覚され, 迫った

▼ 感とで~ (7, 0.1%)

1 おれの, ぐつたりして今度は, へとへとに, 体を, 彼女を, 気が, 苦しんだの

▼ 感ばかり~ (7, 0.1%)

2 であった 1 でなく実際, でなく芸術上, では, で誇らか, 味って

▼ 感付かない~ (7, 0.1%)

1 かし, で仮, はずは, ように, わけには, 筈は, 訳が

▼ 感~ (7, 0.1%)

1 して, には三四度, に犯されたる, に罹られました, の様子, の気味, を豫防

▼ 感心して~ (7, 0.1%)

1 いやがるんで, しまつ, をります, 居ります, 居りますそれほど, 聞いて, 聞くん

▼ 感神院~ (7, 0.1%)

3 に属し 1 が延暦寺末, すなわち今, の所属, の犬神人

▼ 感覺そのもの~ (7, 0.1%)

1 から區別, が檢證, とは區別, によつて, の自然的, の豐富さ, 若くは

▼ 感附い~ (7, 0.1%)

3 ていよいよ 1 てい, ていやがる, てくれ, て居るだろう

▼ 感附いた~ (7, 0.1%)

1 のは, ものさ, 妹は, 樣子で, 父は, 私は, 自分は

▼ 感でも~ (6, 0.1%)

1 あった, あったが, あつた, ないよりは, ない号泣, なければ

▼ 感といふ~ (6, 0.1%)

2 ものが 1 ことに, ものを, やうな, 語の

▼ 感との~ (6, 0.1%)

1 うちで, 交錯である, 涯しない, 無視こうした, 組打ちの, 間に

▼ 感なく~ (6, 0.1%)

3 んば 1 あとに, もない, 私人的にしか

▼ 感によ~ (6, 0.1%)

1 つて反撥の, つて各々紙上に, つて塗り代へ, つて實感の, つて本格的に, つて生き

▼ 感付かぬ~ (6, 0.1%)

1 その侍, とは扨, はずが, わけに, 主水, 岩向こうの

▼ 感付かれる~ (6, 0.1%)

1 かも知れぬ, と思っ, と成りません, ように, 心配が, 懸念が

▼ 感~ (6, 0.1%)

1 が單純, が浅い, して, するだろう, する素質, で万葉

▼ 感からも~ (5, 0.1%)

2 此の 1 丈八は, 夢の, 来て

▼ 感けて~ (5, 0.1%)

5 鳴くの

▼ 感そのもの~ (5, 0.1%)

1 からし, である, ではない, を描かん, を更に

▼ 感だけ~ (5, 0.1%)

1 だ, である, でどの, では, で富岡

▼ 感だけが~ (5, 0.1%)

1 あった, あって, のこって, 彼を, 残った

▼ 感とに~ (5, 0.1%)

1 さいなまれて, 催されて, 打たれ今日, 於て, 沈湎し

▼ 感なし~ (5, 0.1%)

4 に何時 1 に素直

▼ 感などは~ (5, 0.1%)

1 まったく浮かん, もはやどこ, 少しも, 悪用せらるる, 結局何う

▼ 感なる~ (5, 0.1%)

2 ものは 1 ことを, は詩, ものが

▼ 感やを~ (5, 0.1%)

1 その, 決して感じさせる, 訴えるべく目的, 超越した, 高調し

▼ 感付き~ (5, 0.1%)

1 ながらわざと, めされたかな, やしなかった, やア, 若少

▼ 感深い~ (5, 0.1%)

2 ものが 1 ぐらいの意, ようである, 歌である

▼ 感見する~ (5, 0.1%)

2 ことあり 1 ことあたわざる, ことあれ, を神秘

▼ 感覺派~ (5, 0.1%)

1 が出, に宇野浩二流, に接觸, の全盛時代, の文章

▼ 感ありし~ (4, 0.1%)

1 に会員田部隆次氏, のみ他, ものの, 様子にて

▼ 感これ~ (4, 0.1%)

1 ありこれ, こそ近代人, を久, 又滑稽そのもの

▼ 感~ (4, 0.1%)

2 ている 1 て, 水の

▼ 感すら~ (4, 0.1%)

1 しないでは, 実在しない, 覚えた, 覚えたよう

▼ 感だけは~ (4, 0.1%)

1 人一倍強く, 味ふ, 強まりました, 持って

▼ 感ちがいした~ (4, 0.1%)

2 のだ 1 のだろう, 喜助は

▼ 感であり~ (4, 0.1%)

1 あらゆる客観芸術, 實感である, 親威, 非我とは

▼ 感とともに~ (4, 0.1%)

1 吻と, 感じとらなければ, 肩先へ, 面倒に

▼ 感とも~ (4, 0.1%)

1 いうべきもの, いふべきもの, 交響できる, 名づけ得べき幻覚

▼ 感にまで~ (4, 0.1%)

1 到達する, 引あげ, 歴々と, 高める努力

▼ 感~ (4, 0.1%)

1 いつも立ち戻る, 誘ひ込んだ, 飛翔すべく, 高翔しよう

▼ 感をさえ~ (4, 0.1%)

1 乗越えて, 覚えた, 覚え塾生たち, 隣人たちに

▼ 感~ (4, 0.1%)

1 いとったな, かにゃならんところだ, てはいまい, れた筈

▼ 感付かれない~ (4, 0.1%)

3 ように 1 うちに

▼ 感~ (4, 0.1%)

1 でしずか, の均衡, を持っ, ヲ現

▼ 感思し~ (4, 0.1%)

2 命令する, 料簡し

▼ 感性的~ (4, 0.1%)

1 なる世界, なる活動, なる直観, な感性

▼ 感無き~ (4, 0.1%)

2 に非 1 能は, 能はず枕を

▼ 感~ (4, 0.1%)

1 が警部, によって認めた, のもの, を拭

▼ 感覺器官~ (4, 0.1%)

2 を介し 1 によつて媒介, に現前

▼ 感あった~ (3, 0.0%)

1 ためであった, 処です, 大王を

▼ 感からの~ (3, 0.0%)

1 他人の, 客観性が, 闘志を

▼ 感~ (3, 0.0%)

1 はま, はまつ, 他を

▼ 感きわまり~ (3, 0.0%)

1 嗚咽を, 感涙に, 身を

▼ 感ずる~ (3, 0.0%)

1 であらう, の時, をいふ

▼ 感だけを~ (3, 0.0%)

1 描き出します, 買ひ, 長く存

▼ 感だった~ (3, 0.0%)

1 がそんな, のか, のだ

▼ 感~ (3, 0.0%)

2 がひ 1 がひした

▼ 感づけ~ (3, 0.0%)

3 て来た

▼ 感といった~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ 感とでも~ (3, 0.0%)

1 いったよう, いった私, いつて

▼ 感なから~ (3, 0.0%)

2 ずや 1 ざりき

▼ 感など~ (3, 0.0%)

1 はつひ忘れ, 曲も, 無いよう

▼ 感などを~ (3, 0.0%)

1 人に, 以前か, 凝つと

▼ 感にさえ~ (3, 0.0%)

1 なって, 打たれる, 打たれること

▼ 感ばかりを~ (3, 0.0%)

1 のこした経験, 仔細に, 追ってその

▼ 感への~ (3, 0.0%)

1 屈伏を, 擽ば, 陶酔が

▼ 感より~ (3, 0.0%)

1 入り來, 情欲の, 生ずること

▼ 感よりは~ (3, 0.0%)

1 むしろ最初, むしろ驚き, 選挙対策で

▼ 感よりも~ (3, 0.0%)

2 寧ろ嫌悪 1 さらに不愉快

▼ 感付かれたら~ (3, 0.0%)

1 どうする, カタナシに, 事だ

▼ 感~ (3, 0.0%)

1 して, する力, する知恵

▼ 感即ち~ (3, 0.0%)

1 その, やがて内部感覚, 友情では

▼ 感~ (3, 0.0%)

2 の涙 1 が暖か

▼ 感~ (3, 0.0%)

1 して, で手ずから, をくり返し

▼ 感~ (3, 0.0%)

1 の大声, 何ぞ極まらん, 激昂し

▼ 感深く~ (3, 0.0%)

1 さればとて, よみました, 且つうれしい

▼ 感自分~ (3, 0.0%)

1 がよく, が時に, 吸いつけられる心

▼ 感覺内容~ (3, 0.0%)

1 が現, が與, の同時存在

▼ 感あら~ (2, 0.0%)

2 しむ

▼ 感あらしめ~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 感あらしめる~ (2, 0.0%)

1 が女殺し, のは

▼ 感あれ~ (2, 0.0%)

1 ど兎, をなんと

▼ 感からは~ (2, 0.0%)

1 救はれた, 逃れ得ぬに

▼ 感がを~ (2, 0.0%)

2 りからの

▼ 感しか~ (2, 0.0%)

1 与えて, 残されて

▼ 感しない~ (2, 0.0%)

1 でただ, 限りそれに

▼ 感すなわち~ (2, 0.0%)

1 小さなわが家, 現在の

▼ 感すべて~ (2, 0.0%)

1 に深かっ, を永遠

▼ 感ずった~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 感そう~ (2, 0.0%)

1 いえば, 云った感情

▼ 感づける~ (2, 0.0%)

1 くらいのそれ, わけだった

▼ 感~ (2, 0.0%)

1 共婚供住, 奴を

▼ 感であった~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, と云

▼ 感です~ (2, 0.0%)

1 が実は, わねえ

▼ 感とかいふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, やうな

▼ 感と共に~ (2, 0.0%)

1 少しでも, 帰って

▼ 感どころか~ (2, 0.0%)

1 全く粉微塵, 第六感も

▼ 感なかりし~ (2, 0.0%)

2 のみならず

▼ 感などが~ (2, 0.0%)

1 主因と, 甦って

▼ 感なら~ (2, 0.0%)

1 むとは, 各室ごとには

▼ 感において~ (2, 0.0%)

1 こうし, 友人として

▼ 感について~ (2, 0.0%)

1 感動しない, 言われる象徴

▼ 感まで~ (2, 0.0%)

1 伴って, 失われたこと

▼ 感までが~ (2, 0.0%)

2 現れて

▼ 感みたい~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 感めいた~ (2, 0.0%)

1 ものが, 傍若無人さが

▼ 感やら~ (2, 0.0%)

1 で静子, で靜子

▼ 感らしい~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものを

▼ 感をすら~ (2, 0.0%)

1 与へるもの, 左右の

▼ 感をば~ (2, 0.0%)

1 十二分にと, 増して

▼ 感を通じて~ (2, 0.0%)

1 世の, 自己の

▼ 感~ (2, 0.0%)

1 取ラレルヨウニスル, 痛サヲ感ジ

▼ 感ジガ~ (2, 0.0%)

1 似テルノヨ, 続イテイタ

▼ 感ジテ遂ニ通ズ~ (2, 0.0%)

2 即チ心

▼ 感ジルトアノ方~ (2, 0.0%)

1 ノ衝動ガ起ル, ノ衝動ガ起ルノデアル

▼ 感~ (2, 0.0%)

1 モタラスノデ実, 伴ッタガ今

▼ 感主義~ (2, 0.0%)

1 と云っ, と名

▼ 感付かせない~ (2, 0.0%)

1 まま凱歌を, ように

▼ 感付かなかった~ (2, 0.0%)

1 が茅野雄, のは

▼ 感又は~ (2, 0.0%)

2 内部知覚という

▼ 感及び~ (2, 0.0%)

1 實感の, 芸術的音楽感の

▼ 感取できる~ (2, 0.0%)

1 しこちら, ように

▼ 感~ (2, 0.0%)

1 をもらし, を放った

▼ 感季語~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, の通用

▼ 感性的存在~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ 感斜め~ (2, 0.0%)

1 ならずすぐ, ならず即時彼

▼ 感有り~ (2, 0.0%)

2

▼ 感~ (2, 0.0%)

1 して, 極まりて

▼ 感~ (2, 0.0%)

1 る, るる佳

▼ 感無し~ (2, 0.0%)

1 と此歌, にはゐられなく

▼ 感無情~ (2, 0.0%)

1 な人物, な創造主

▼ 感納性~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 感覺力~ (2, 0.0%)

1 は偶然, を有する

▼ 感覺思想~ (2, 0.0%)

1 の二種, の二者

▼ 感覺論~ (2, 0.0%)

1 に反, はあらゆる

▼ 感覺論者~ (2, 0.0%)

1 であるといふ, でなく絶對的

▼ 感覺風~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 感~ (2, 0.0%)

2 のご

▼ 感~ (2, 0.0%)

2

▼ 感違ひで~ (2, 0.0%)

1 もし, もした

▼1* [350件]

あつたと, 感あはれならざらん, 感あらしむるに至りし, 感あらせられて扇, 感あらたなるもの, 感ありでこの作家, 感あるべきも始め神, 感あるらしき様子にて, 感金剛石, 感いかで仙千代を, 感いと深く父上母上, 感たりし, 感える時は, 感蝶さん的趣味に, 感知らないが, 感かすことの, 感かせないように, 感からと解して, 感からのみああした, 感がかへつて人に, 感がのこりなく盛りあげられたの, 感きわまるものが, 感きわまれば到る, 感さ, 感くに小進して, 感ぐられるからあなたは通路, 感こそ抒情詩の, 感ことに長篇の, 感させることの, 感されて造, 感したらそれは, 感ずっちまうことあ, 感ずつてこんなこと, 感ずりましたが言われ, 感ずりましましたか, 感ずる痛には相違, 感せしめるものが, 感せられるやうに, 感そして共通の, 感それでもないよう, 感それらの楽し, 感たつぷりの, 感だけで充分やっ, 感だけでも僕には, 感だけのもので, 感やから, 感であればおのずから, 感でしたが北沢, 感でぞッと, 感というかそんなもの, 感といふかあるひ, 感とかによるいちじるしい飛躍, 感とさえ言えなくも, 感としては前後の, 感としても彼には, 感とによって心内的実験が, 感どういって, 感どころより稍, 感ないし触感的な, 感なぞに攻められ時々, 感などから抵抗する, 感などという問題では, 感などといふものは, 感などにとらはれて, 感などの尾が, 感ならざること能は, 感なり人道的感覚なりは, 感なりが安心し, 感なるべきものなり, 感なるべく見ゆるやう, 感なんかない筈, 感においてはこの, 感にこそより大きな, 感についての記憶は, 感にて何か, 感にでも燃えて, 感になつて知性が, 感にのみ近代人を, 感によりて夢を, 感による選択を, 感にわづらは, 感に対しあまりに見苦しい, 感に対して主として感じた, 感に対しては常にこれ, 感に関する楽音の, 感のみであるならば, 感のみがひたひたと, 感のみによって宇宙に, 感はとこしへに, 感はなはだ大に, 感ははうずめられなければ, 感ばかりが疼くよう, 感ばかりになって, 感ぱっちりみのいった, 感ふかいものである, 感へまでに基因する, 感または自尊心いわば, 感むしろ窒息感を, 感めい深いよう, 感やは幾年も, 感よろしからず, 感らしく崇福寺の, 感をもって追求され, 感をや為したまえる, 感を通してどこか, 感ジガシソコヲ中心ニ体ガ一方ヘ傾クノデアル, 感ジガ殊ニ似テルワ, 感ジテ見セル, 感ジテイタガソレハ木村ガ彼女ヨリハ彼女ノ母ニ親愛, 感ジテイルナラ今少シ違ッタ表情, 感ジモ何処マデガ麻痺デ何処マデガ痛ミト云ッテイヽカ区別ガツカナイ, 感ジラレタノニ洋服ダト取ッテ付ケタヨウデ, 感ジルデアロウガムシロ気味悪ク感ジル方ガ強イデアロウ, 感ジル人ガアツタラオソラクソノ人ガカタカナヲ見, 感ズルこと平常より, 感ズルコトアリ今朝ヨリ暫時ノ旅行, 感ズルトコロアリテ永年ニ亘ル秘密ノ一部, 感ズルホドノコトハナク人ニ気付カレルコトモナイノデ今日マデソノママニシテイルガアノ日カラズット今モソノ状態ガツヅイテイル, 感ズル事無クシテ死セリト云フ, 感ズル所無シ, 感ヅイテイラッシャルノデハナイデショウカト乙ニ絡ンデ云ウ, 感ト云ウノニ似テイルガ, 感ハナイガ何トモ不思議ニ重ミガカヽリ, 感フレッシュな食物, 感依然トシテヨクナラナイ, 感一時に胸, 感合理感との, 感不健全な鼓動, 感不安動揺の上, 感不安哀愁落膽等は避け, 感不覚と帰, 感も起さないらしい, 感且つ人物完成という, 感乾燥に苦しむ, 感事々無礙念々微笑の境地, 感云わば富貴, 感人生への哲学, 感人羹とも伝え, 感人間存在の不思議, 感今や朝日川を, 感付いたらすぐに, 感付いたらしいので六蔵, 感付いたらしく立上っ, 感付いたろうがこの, 感付かずにいる, 感付かせていない, 感付かないだろう知っている, 感付かぬでもなかっ, 感付かねえのかなあ, 感付かれたらしいからいっそ, 感付かれまいために, 感付きましたかえ, 感付き天探女, 感付き気の毒だなあと, 感付き過ぎる程感, 感付けないのです, 感以上の大阪, 感以外にある, 感したり, 感余って誰, 感するの, 感させて, 感信致別而家内, 感倫理感及び芸術的音楽感, 感傷めいたひらめきは一つ, 感に言わせれ, 感優越感を徹底的, 感候也, 感親感, 感内密感内親感, 感冐インフルエンザと申す, 感冐行はれ年, 感刑事仲間で, 感初めて到った呉青秀, 感別力である, 感の, 感させたほど, 感取するが重要, 感取せられるので才, 感取できて私, 感合した笑いを, 感同時に氣温濕度の, 感周密さなどを益々, 感和亭鬼武が最初, 感喜踊躍して, 感坐ろに湧き, 感多くつまり低能, 感多分で勝負師, 感多少かい先生, 感おおむね事実, 感嫉妬軽蔑敵愾心等々から生れた遣切れぬ, 感し応報, 感孤独感は深まる, 感宗教的世界観と結びつく, 感録等小説野乗の, 感宝元年五月九日越中国府の諸, 感宝元年五月十二日越中国守の館, 感宝元年閏五月六日以来旱となっ, 感寂寥であ, 感寶元年となし, 感に住ん, 感康の, 感崇高な気品, 感得せられるもので, 感感慨で, 感心ゆくまで胸いっぱい, 感応力だった, 感思命令等をなす, 感性的直感をも含む, 感怨恨燃え立つよう, 感させて, 感悟り得て招かれなく, 感悦ななめならぬ面もち, 感悲痛な顔, 感意識はあつ, 感感傷涙を希, 感せしむること甚深, 感慨探げであつ, 感憎悪と悲しみ, 感憤するほどの不覚, 感憤せざるを得ないだろう, 感憤せしむるに, 感憤せしめた歌で, 感應作用は反, 感應範圍を逸し, 感應篇や日常生活, 感應院門前のいろは茶屋, 感る人道的感情, 感或いは一般の, 感抑えがたいもの, 感投詞さへもが困難, 感投詞風にニーラ, 感敗北感寂寥であ, 感易増煙花猶記昔遊曾, 感更になし, 感でぐつすり, 感之候也, 感がしきりに, 感来って吟声, 感染ってるのかも, 感染らなければいい, 感染る感染らない, 感の軽重, 感極りて言葉, 感深そう, 感機關雜誌に就, 感次第でやすがね, 感深読書窓下当年燭, 感殊にその第, 感するもの, 感深き印象を, 感湧き出でて心, 感潜って考える, 感濃厚な怪人物, 感などというもの, 感無くんば, 感無意識に震える, 感無窮英艦露兵西又東大陸風雲日将急, 感焦燥感は不用意, 感之本, 感狐憑き予言のごとき, 感独立性にも限界, 感甚切なり, 感疑ったか, 感疑りながらこちら, 感病気感を持っ, 感癈頽した生きもの, 感せしむる節, 感発するところ必ず, 感し不知, 感百感にも殖える, 感的哲学の基礎, 感的空間では仰向き, 感的陶酔をあたえるべき, 感的飛躍でやつ, 感知識慾芸術への愛好心, 感の靈活, 感神知偶合俗説再生妄想癲狂その他諸精神病, 感神院祇園社と謂う, 感禅師法照禅師少康禅師, 感秋詩述思旧之情, 感もわっ, 感の上, 感緊張感つ, 感の意識, 感に迫つて, 感が厚く, 感自嘲諦らめとそして, 感自意識の過重, 感自責の念, 感をそ, 感興起の理, 感を悪, 感若くは其哲學上所見, 感蝕して行くらしい, 感は可能, 感西に書かせる, 感覆られたるを, 感がある, 感覺すなは, 感覺上に於, 感覺主義的觀念論の立場, 感覺以上の情操, 感覺以上精神内部に屬, 感覺兼思想的の別, 感覺出來なくなつた, 感覺刺戟に對, 感覺印象及び感動, 感覺史なり性慾史, 感覺圖を, 感覺状態におちこん, 感覺界に投射, 感覺的世界を離れ, 感覺的方便によつて精神的感動, 感覺的物質的の實在, 感覺的要素から構成, 感覺的鬱憂性に屬, 感覺素材とこれ, 感覺要素の寄り集, 感覺記憶及び悟性, 感覺論的唯物論的傾向も今や, 感覺鈍麻に過ぎぬ, 感覺鋭敏なる詩人歌客等, 感触覚感等のもの, 感觸こいつはまた, 感觸結想に於, 感話会の時, 感話位のねうち, 感しわが, 感かな文學, 感責任感がどんな, 感起したることに, 感迄が甦って, 感迫力はある, 感通していたらしい, 感通告示ありて, 感違えをし, 感違えして居る, 感違ひなんだ, 感重量感触覚感等のもの, 感附かせただけで, 感附かなかったかも知れない, 感附かれて木更津沖, 感附かれたことだ, 感附かれないように, 感附かれぬやうひそかに, 感附きゃア為ねえ, 感電器をもっ, 感震區域は長, 感面白いでしょう