青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「心中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

微笑~ ~徳 徳~ 徳利~ 徳川~ 徹底~ ~心 心~ ~心から 心から~
心中~
~心地 心地~ ~心得 心得~ ~心持 心持~ ~心持ち 心持ち~ ~心理 心理~

「心中~」 1635, 18ppm, 6469位

▼ 心中~ (250, 15.3%)

3 絶叫した, 舌を 2 あるから, ひそかに, 何が, 叫んだ, 疑惑が, 疾しくて, 考えて, 邪魔を

1 [228件] ありては, あるその, ある事, ある事柄, ある何もの, ある得意, あれば, いだいて, いつもの, うごめく醜悪, うめきながら, おこって, おさめて, おそれを, かくされて, きめて, くどきくどき, この怪士, しかと植え付け, して, そうたびたび経験, そう驕っ, その意, その過分, でかけたやう, でかけて, どういうこと, なされてる戦い, ならないかも, なんと云う, はいったとき, ひとたび哲眼, ふと思いついた, べつな, まだ燃え, むらむらと, やっぱり濁った, やどれる良心, りきみかえって, われの, われも, われを, コオドリし, トグロを, ハ思よ, ヤソ教の, ララを, 一つの, 一時に, 一片疑惑の, 一種の, 一種独立の, 一致し, 不平を, 不服を, 亡師小野塚鉄斎の, 仏の, 住す, 何か, 何とも抑えきれない, 何やら閃いたらしく, 何事か, 何物か, 入るとき, 共鳴し, 再現する, 凱歌を, 出して, 出掛けるよう, 出来上って, 刀を, 刃を, 勝を, 半兵衛の, 反映してる, 収蔵する, 叫び揚げ, 叫んだ弥生, 叫んで, 同じ血, 同情に, 呟くこと, 味わいいったん, 呼び起されるなんと, 呼び起すあの, 哭かされるの, 唯一つ不抜, 嘆きて, 在るね, 場所を, 大文章, 天下の, 威力を, 嬉し涙を, 孔明の, 存在し, 容易ならぬ, 寒気を, 将軍政治を, 就いて, 層一層の, 巣くって, 巧みに, 己れ見ろ, 往來する, 快哉を, 快楽の, 念じたる結果, 怒って, 怒り斬り捨てんと, 怒を, 怒声を, 思いながらも, 思い浮かべて, 思うところ, 思えらく, 思つた, 思案し, 恃んで, 恐怖が, 恐怖の, 悲しみながらも, 情の, 想起し, 感ずるから, 懐疑の, 懸念する, 我は, 我明かに, 或る, 戦かって, 戦争の, 手が, 抑圧し, 持って, 持つこと, 描かれて, 描きつつ, 描き出して, 昔年の, 未だ尾, 来たの, 染み込むやう, 棲む両極, 歯を, 歯噛みを, 残った, 残るのみ, 気がついた体, 気の毒な, 泪を, 浮かびきたれば, 浮かび出, 浮べて, 浮べること, 浮んで, 深くお, 深く喜悦, 渦巻いて, 渦巻き狂って, 湧き上がって, 湧き立つて, 湧き起こった, 湧き起って, 溶け入って, 潜んで, 潜在した, 無二, 無数の, 無量の, 無限絶対不可知的等の, 煮えたぎる怒り, 燃えて, 燃ゆる, 猪は, 現はれた, 理性, 理想の, 用意が, 画策を, 畫く, 疑いだしたある, 疑わなかったの, 知徳の, 祈りながら, 秀然, 積もって, 積もり重なった恨み, 立ち入って, 立入って, 築いたの, 経文を, 絶叫する, 考えた, 自分の, 自分らをまで, 至るまでの, 若し狂人, 苦しみが, 落ちきたった, 蟠って, 行くと, 行つてゐ, 覚悟を, 観音の, 言わんと, 誘つただけでも, 誘つて舟の, 誘ふもの, 謂らく内行の, 起こってるかを, 起こってる事柄, 起こってる悲しい, 起こるの, 起った, 起った思い, 起って, 足もとの, 軽蔑し, 近いだけ, 迷妄の, 長い生涯, 雀躍りした, 霊魂不滅の, 頼もしく思い, 食物の, 飯綱権現を, 鳥渡した

▼ 心中~ (213, 13.0%)

12 相談を 5 ことを 3 仕損 2 うき名, つもりで, 憂悶や, 深淵探りし, 片われ, 片相手, 男女の, 相手を, 秘を, 話を

1 [173件] あったという, あった時, あつた, ある物, いかなる地位, うれしさ, ごとき二人, しそこ, し損ねが, その痛苦, それは, たけ今の, なきがら, ひそかなる, もつ気紛れ, やましさ, やり損ねは, やり方は, やり直しを, ような, よろこびを, ウ察しねえ, 一つも, 一齣を, 不安を, 不安緊張は, 不快と, 不快は, 不満足, 事実である, 事実は, 事実皎として, 二人も, 仕度を, 仕損い, 仕損いま, 仕損ねが, 仕損ねどころか, 仕方に, 供養を, 俗塵を, 利け者伊藤治太夫が, 動揺と, 動揺は, 半分も, 名を, 名所です, 命は, 問題は, 善心と, 喜びは, 喜びを, 噂が, 場合においては, 場合は, 場所に, 場面が, 塵は, 墓ってね, 大變, 大迷惑, 失望は, 妄想が, 寂寥を, 帳簿にも, 平家物語を, 幻が, 幻滅を, 弱處病處, 強健な, 形と, 得意を, 御怒り, 御願は, 怒りは, 怒りを, 怨みを, 恐怖は, 悲痛と, 情景でも, 愁訴を, 感動は, 感情を, 戦いを, 手紙も, 投影である, 推定が, 推移について, 数へ, 敵と, 敵は, 敵を, 敵最も, 文章に, 文章より, 文章を, 方を, 方式については, 有樣, 極印打った, 構成物である, 欣びたとうる, 死にぞこないぐらい, 死に損, 死場所を, 気を, 沙汰なぞ唄ひ歩みし, 活火は, 流行に, 浮き名を, 浮名を, 深い苦悶, 渇は, 煩乱に, 煩忙と, 片割れから, 片割れじゃ, 片割れだ, 片割れであります, 片割れであるべき, 片割れでも, 片割れは, 片割れを, 片割れ者なんぞ, 片割者, 状態をも, 現場の, 生残り, 男に, 疑問も, 相手お, 相手が, 相手だった, 相手の, 真実を, 祕密を, 神さん, 私を, 私情に, 秘密だけは, 秘密と, 秘密を, 穢を, 約束が, 缺陷と, 缺點短, 美しい場面, 考えを, 臨検に, 芝居に, 苦しさ, 苦しまぎれに, 苦悩の, 苦痛は, 苦痛を, 苦痛を以て, 虫め, 行われたの, 覚悟が, 覚悟だった, 記事が, 話, 講義を, 賊に, 迷いの, 途を, 遊動円木も, 道行で, 遺恨を, 遺恨誰に, 鬱々は, 鬼を, 魔に

▼ 心中~ (188, 11.5%)

8 して 6 察して 3 しようと, するん, 企てたの, 思って, 読み取って

2 [13件] うち明けた, 仕損, 察したもの, 察すること, 忖る, 思いやって, 想ひ, 打ち明けて, 推察した, 読みとって, 遂げたの, 遂げたん, 遂げて

1 [133件] いかばかり口惜しく, おもらしなされます, かく精密, こころに, された, しかけたといふ, しそこなった日, しそこなって, した, したといふ, したなどといふ, したの, したわけ, したわけぢ, した兵隊, した記事, しなくちゃ, しなくて, しに, しました, しようか, しようなどと, すこしでも, する, するかと, すること, するという, するなぞとは, するの, する場合, する約束, せまって, せまられて, たくらんだの, だれにも, なさいました, なにほど, ねがったか, のぞき込むの, やりそこねるまでは, やり損ねたお, やり損ねたお陰, やり損ねたこと, やり直さうかい, よく知っ, 一日延ばす, 不可と, 仕よう, 仕掛けさせそれ, 仕掛けたと, 仕損じた者, 企てたこと, 企てた日, 企て貧乏長屋, 判断する, 十分に, 否認し, 吹き過ぎたよう, 喜怒哀楽に, 喜怒哀樂に, 実行する, 察しくれざるもの, 察しくれし者有, 察したの, 察しない, 察し彼ら, 察し涙, 察する, 形容すれ, 御推測, 忘るる, 思いみるに, 思いやりながら, 思いやると, 思いやる働き, 思うても, 思ひとど, 思ふと, 思立つ, 打ち明け, 打ち明けるには, 打明けなくとも, 探るよう, 推察しよう, 推測し, 明らかに, 晴らしたい気持, 暴露する, 止めろ俺, 毒蛇よりも, 決行した, 洞察し, 洩らして, 清算せよ, 済ましたあと, 相知り, 看破って, 知って, 知らない丹波, 知れども人, 確かめる様, 私らはわ, 窺うに, 糺して, 考えるという, 考え訝かしく, 裏切るべき優し, 見ぬかれまして, 見抜いた筈, 見込て, 覗きこむという, 計つたこと, 計る, 計るべく作戦, 話して, 誘はれました男, 語つて下だ, 読みとったり, 読みとられてること, 読みとり破裂, 読み取ったよう, 読むこと, 読む方法, 読んだらしい, 読破し, 諒解し, 追って逃げる, 遂げたには, 遂げた筈, 遂げる事, 遂げる訳, 隱しきれない, 顧みながら

▼ 心中~ (65, 4.0%)

2 どうだつたん

1 [63件] あの心中, いかばかりぞと, いきり立って, いったい何, いよいよ苦悶, おそらくはその, お前が, きっと満足, こ, すこぶる穏やか, そちらも, その梯子段, どうも呑み込めねえ, どうも本, どんなだ, どんなでしたでしょう, なお穏やか, まこと前夜の, みんな偉大な, よく分りまする, よく相, 不満であった, 不賛成だ, 今ほど, 仏教思想の, 何と無く, 倉持から, 全然理由, 午前の, 単に相談, 原田さまも, 嘘に, 噂ばかり, 困惑そのものの, 嫉妬と, 完全に, 実に気の毒, 察して, 察し入る, 常に青天白日, 常時も, 御免だ, 悲壮の, 愈々苦悶, 戦々兢々と, 早くも, 暗くなりました, 某も, 決して光風霽月, 決して平らか, 波打つもの, 測りかねた, 無念であった, 煮え湯を, 理解できない, 甚だ面白く, 真に惜しい, 神武以來で, 私能く, 穏やかであり, 綺麗な, 遺書にも, 階級戦の

▼ 心中する~ (58, 3.5%)

3 つもりで, のは 2 ことに, のが, のだ, ほどの深い, 以外に, 気に

1 [40件] かも知れない, か駈落ち, つもりだ, つもりな, という, というよう, という大変, ところだった, とは知らず, とまで云っ, なんて甘い, のかと, のかね, のであろう, のを, ほどの二人, ほどの必死, ほどの真剣さ, までである, もの, ような, ように, んだ, んです, 人間は, 前に, 心持に, 我々の, 時期は, 晩だ, 気持には, 氣に, 男, 積りだった, 約束を, 芝居を, 若い男, 親子が, 迄深く, 道行に

▼ 心中には~ (50, 3.1%)

2 何か

1 [48件] いぶかしく思っ, お誂, かういふ不安, この勝軍, この時一つ, この棄て, そうした決意, それとは, ちょっと快哉, なにが, もはや深く, 一分間の, 一脈の, 不便と, 不平ながら, 二ツの, 今口から, 今日しも, 侮辱を, 全く種類, 勝利に対する, 取り止め無くチラ, 多分な, 学問は, 學問は, 少斎石見, 常に徳川公, 底なき, 悟性の, 惨たる, 拭いきれない一抹, 時世へ, 未だ嘗て芽, 歯を, 浮世の, 満足と, 満足の, 猶一点, 生きて, 畏怖と, 百の, 相違ない, 舌頭に, 薄れ行った人形, 談理を, 貞固, 貴き国法, 頓着なく

▼ 心中した~ (41, 2.5%)

2 ことが, んだ, んです

1 [35件] お園, かね, ことを, ってこと, つてつまらん, という, ということ, という記事, とかって, とさ, と思う, と謳われ, のが, のであった, ので今, のは, のも, のもちょうどこんなてえな不景気, ような, んだろう, んで, 人の, 商家の, 女たちに, 妓も, 娼婦の, 学生と, 方が, 日に, 気持ちは, 経緯を, 者が, 芝野さんの, 風に, 體で

▼ 心中~ (39, 2.4%)

2 考えて, 蔑視げて

1 [35件] あっさり, あの向, かう思, こう云う, こんなこと, そんなこと, そんなら, もしなけあなら, 一つは, 凄愴, 口絵の, 叫んだが, 叫んだの, 呟いたの, 呟きながら, 呶鳴っ, 呼ぶの, 嘆息する, 嘆息を, 地団太を, 思いまして, 思ひながらも, 急に, 殆ん, 比較させ続ける, 泣いた事, 活動し始めた, 祈って, 私は, 考えた, 解決が, 解決される, 計企, 評したの, 霊媒女と

▼ 心中でも~ (36, 2.2%)

3 あるまい 2 しようと, しようという, しようといふ, するつもり, なんでも

1 [23件] ありましたか, あるめ, お望み次第何ん, された日, されては, しそう, したくなります, したの, したら困るけ, したん, して, してやらうかと, しようかと, するやう, する人, する約束, ないもの, なんでもねえ, 仕かねないほどに, 仕損なったの, 死顔は, 皆一定, 見物する

▼ 心中ひそか~ (31, 1.9%)

2 に不平, に圧迫, に思え, に英雄化

1 [23件] にいくらアンドレア・デル・サルト, にこの, にそうした, にその, にだらし, にととのえ, に不審, に世間, に仲, に冗談, に嘆賞, に実は, に彼, に思いました, に思わない, に怪しげ, に恐れ, に慕いしたわれ, に憎ん, に死に, に満足, に相手, に驚い

▼ 心中~ (28, 1.7%)

3 ている, てしまった 2 ていた

1 [20件] そうで, そうに, そこなつた, たり切り合い, たり古い, たり婦人関係, ちやつたのよ, ています, てくれ, てくれない, てくれる, てしちまい, てしまわなけれ, てやら, てわれ, て一人, て二人, て生き返っ, て自分, 上陸する

▼ 心中~ (28, 1.7%)

1 [28件] があった, がない, が一組, が出来れ, が多い, が届きました, が来まし, じゃ, だ, ちょっと待て, でごぜ, などにはこの, には特に, に見られ, の二人, の幽霊, の後ろ髪, の最期, の死骸, の男, の身, はたいてい, も政治犯死刑囚, よとさげしまれ, らしいの, をひと組, を実見, を細工

▼ 心中~ (25, 1.5%)

3 あって

1 [22件] あった, あったそう, あったとよ, あったん, あった時, あった楼, あつた, あつたさう, あとで, あると, して, どのやう, はかりかねたから, わかって, わからぬ与九郎, 多い, 思われて, 持ちあがるの, 掻きまぜられた樣, 流行する, 見つかつ, 解らなかつた

▼ 心中では~ (24, 1.5%)

1 [24件] かの柳生源三郎, この二山, ございません白妙さん, その希望, つまりませんね, ないん, なかった, なかろう, まず手もと, よくない, カラタール氏と, クリストフを, 一度甚右衛門, 人が, 冷笑し, 常にお世話, 怒り或は, 思うの, 悲しみも, 明日中には, 案外この, 歯咬み, 気乗薄であった, 豪傑を

▼ 心中~ (24, 1.5%)

2 お察し, その宿

1 [20件] ありゃ人, お悼, このころ, これぐらい, するだろうし, その日, なかなか不愍, ひとつの, 一切打ち明けなけれ, 伊東までは, 同情の, 多いそう, 察する意見, 思いやられよ, 推察が, 本日天気晴朗なれ, 殺すも, 洒落て, 要するに浅い, 辞せん

▼ 心中という~ (20, 1.2%)

3 のは 2 ような

1 [15件] かたちと, ことに, ことは, ところへ, のが, のも, のを, ものじゃ, やつだ, わけな, 一句を, 事に, 以上どこかの, 手段を, 方法を

▼ 心中~ (19, 1.2%)

2 のと

1 [17件] が凶事, が死ん, ぜ, てかえ, という確か, といっ, とは言い切っ, と大騒ぎ, と思っ, と見, な, などというそう, などと先日, なんて, のって, よ, ハツハツハツ

▼ 心中~ (16, 1.0%)

3 せめられるに

1 [13件] いうても, いうほどの, いわれても, なって, まちがわれ橋, 世間に, 信長記と, 吹聴させる, 相なった, 聞いて, 見えるが, 見せかけて, 觸れ込む

▼ 心中大いに~ (10, 0.6%)

2 面白くない 1 僕を, 喜んだが, 喜んで, 平和を, 感謝し, 憤った, 祝しながら, 面白くなく

▼ 心中甚だ~ (9, 0.6%)

1 それを, ひねくれて, 不安の, 困却し, 平か, 恥しいもの, 焦ること, 穏か, 穏やかでなかった

▼ 心中なんか~ (8, 0.5%)

1 しません, しやしないわ, するの, するもの, する気, する氣, 厭だ, 誰が

▼ 心中~ (8, 0.5%)

1 お市の方の, 厭世自殺が, 夜逃げを, 強盗や, 皿屋敷などの, 駆落, 駈落ちだけは, P型二四七号の

▼ 心中沙汰~ (7, 0.4%)

2 である 1 が多い, であった, になった, のみ世, は浅はか

▼ 心中しよう~ (6, 0.4%)

1 っていう, といふ, といふ人間, とした, とまで思う, と決めた

▼ 心中じゃ~ (6, 0.4%)

1 ありませんよ, ござんせんでしょう, ない, ないか, ない別々, ねえかも

▼ 心中もの~ (6, 0.4%)

1 が多かっ, だとか, だらうと, のよう, の何, を読ん

▼ 心中~ (6, 0.4%)

1 という, に細かい, の中, ばかりの薗八節けいこ, をやりました, を見

▼ 心中~ (5, 0.3%)

1 察しいたしまする, 察しくだされい, 察しします, 察し申します, 察し申し上げます

▼ 心中など~ (5, 0.3%)

2 する料簡 1 しは, せずに, のこらず此

▼ 心中にも~ (5, 0.3%)

1 ただならぬ焦躁, 女兵隊に対する, 女郎にも, 居るの, 感慨が

▼ 心中はなはだ~ (5, 0.3%)

3 穏か 1 おもしろくない, 気味わるく

▼ 心中事件~ (5, 0.3%)

1 があった, があつ, として終止符, の意味, は知っ

▼ 心中~ (5, 0.3%)

1 がその, たった今宮, に決着, は皆んなお前, を持ちかける

▼ 心中おだやか~ (4, 0.2%)

1 でない, でなかつた, では, ならぬもの

▼ 心中しかねない~ (4, 0.2%)

2 と見たらしい 1 ほど思っ, ほど自然

▼ 心中である~ (4, 0.2%)

1 から平, ことは, と申し立てた, 以上表向きには

▼ 心中崩れ~ (4, 0.2%)

1 で死んだ, のお, の男女, の詮索

▼ 心中~ (3, 0.2%)

1 え, ムリ心中したくなる, 餓死な

▼ 心中から~ (3, 0.2%)

1 十日ほど, 湧きでるま, 身投げの

▼ 心中だて~ (3, 0.2%)

1 に忠義, をしなさる, を憎もう

▼ 心中だろう~ (3, 0.2%)

1 ってみんな, よ, 相手が

▼ 心中って~ (3, 0.2%)

2 どんなもの 1 ものも

▼ 心中であった~ (3, 0.2%)

1 にし, にしろ, 事が

▼ 心中といふ~ (3, 0.2%)

1 ものを, やうな, 考へは

▼ 心中~ (3, 0.2%)

1 かりせば, のです, んです

▼ 心中なぞ~ (3, 0.2%)

1 するもん, は当分延期, をする

▼ 心中などを~ (3, 0.2%)

1 するより, 企てたの, 書く若造

▼ 心中にて~ (3, 0.2%)

2 曲庇者なり 1 描きあらわせる妄想

▼ 心中まで~ (3, 0.2%)

1 いづれの, しかけたの, する位

▼ 心中ムリ心中~ (3, 0.2%)

1 などと云う, も辞せ, を考える

▼ 心中不平~ (3, 0.2%)

1 であった, なから, に堪へない

▼ 心中未遂~ (3, 0.2%)

1 で日本橋, に到る, を諷われ

▼ 心中深く~ (3, 0.2%)

1 他日を, 潜伏する, 立腹し

▼ 心中秘か~ (3, 0.2%)

2 に少し 1 に微笑

▼ 心中~ (3, 0.2%)

1 に, に悦ばし, に自慢

▼ 心中窃か~ (3, 0.2%)

1 に喜んだ, に窺, に驚い

▼ 心中見た見た~ (3, 0.2%)

3 並木の

▼ 心中非常~ (3, 0.2%)

1 に満足, に激高, に痛快

▼ 心中面白く~ (3, 0.2%)

1 てならない, ない二人, なかったけれども

▼ 心中~ (2, 0.1%)

1 つこに, つこは

▼ 心中ごつ~ (2, 0.1%)

2 こを

▼ 心中させ~ (2, 0.1%)

1 ては玉無し, て気の毒

▼ 心中され~ (2, 0.1%)

1 ちゃア玉, てしまった

▼ 心中したくなる~ (2, 0.1%)

1 のが, 時期でも

▼ 心中したら~ (2, 0.1%)

1 とか, 本望だ

▼ 心中しない~ (2, 0.1%)

1 けれども生活難, で青大将

▼ 心中しよ~ (2, 0.1%)

1 か五千石, にも相手

▼ 心中すでに~ (2, 0.1%)

1 姦淫したるなり, 平でない

▼ 心中~ (2, 0.1%)

1 いえあ俺ん, なこと

▼ 心中でない~ (2, 0.1%)

1 ことは, とすれ

▼ 心中とは~ (2, 0.1%)

1 全然無関係, 書いて

▼ 心中なお~ (2, 0.1%)

1 夫人堂など, 容易には

▼ 心中のうは~ (2, 0.1%)

2 さより

▼ 心中~ (2, 0.1%)

1 どしりと, 暗い所

▼ 心中一件~ (2, 0.1%)

1 と今度, のとき

▼ 心中一方~ (2, 0.1%)

2 ならず感謝

▼ 心中~ (2, 0.1%)

1 損, 損つた

▼ 心中仕損ね~ (2, 0.1%)

1 のお, の二人

▼ 心中何事~ (2, 0.1%)

1 か閃いた, を企図

▼ 心中可笑しく~ (2, 0.1%)

2 もあった

▼ 心中~ (2, 0.1%)

1 すべきである, するに

▼ 心中察し~ (2, 0.1%)

1 くだされたい, 給え

▼ 心中少しく~ (2, 0.1%)

1 残念に, 閉口し

▼ 心中得意~ (2, 0.1%)

1 になっ, になった

▼ 心中~ (2, 0.1%)

1 察し申します, 恥しく存じ

▼ 心中惑乱~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 心中既に~ (2, 0.1%)

1 大方の, 理会致し

▼ 心中是非本願~ (2, 0.1%)

2 の趣意

▼ 心中暗涙~ (2, 0.1%)

2 を流し

▼ 心中決する~ (2, 0.1%)

1 ところあり, ところが

▼ 心中無念~ (2, 0.1%)

1 であった, でたまらない

▼ 心中相手~ (2, 0.1%)

1 のお, を探す

▼ 心中~ (2, 0.1%)

1 かにその, かに開港貿易

▼1* [234件]

心中いかにも苦笑が, 心中いささかギョッと, 心中いたしますよりほか, 心中いっせいに感心し, 心中おかしくてたまらない, 心中おさっしもうす武士は, 心中かう云ふ, 心中かたく決意した, 心中がわりに蒸され, 心中ぐらいして, 心中こそ察せられるなあ, 心中この人なら, 心中これがため, 心中こんなことを, 心中ごころの一念, 心中こそあるべし, 心中させる気だつた, 心中しかけたことが, 心中しそこなったんだ, 心中したくなっちゃうわ, 心中したる時の, 心中したろうと思い込ん, 心中しちまつたの, 心中しちゃう気に, 心中しちゃったら生きてられやしないでしょ, 心中しなかったら世間の, 心中しましょうよしましょう, 心中し損ね日本橋の, 心中し損ねた女, 心中やあるまい, 心中じりじりとあせっ, 心中すくなからずおどろいた, 心中すこしの油断, 心中すこぶる安からざる, 心中せずに女房, 心中せんとする, 心中そのつらさ, 心中それそこに流れついた, 心中それほどの苦悩, 心中たのもしがって, 心中だけは仕兼ねない身, 心中だったのだ, 心中だつたさうな男, 心中だのやらかしたの, 心中やない, 心中つかえるものを, 心中つてどんなもの, 心中でしょうか, 心中ですよ, 心中といへるいと長々, 心中とか幽霊が, 心中とかいうもので, 心中としては一に, 心中ともかくもお蔦, 心中どころじゃねえ, 心中なされば御, 心中なされるような, 心中などと云うよう, 心中などというむずかしいところ, 心中などといふものは, 心中などに捏ね上げ其, 心中なら早速あなた, 心中なんかが出来るもん, 心中なんぞを為た, 心中なんていうの, 心中なんらの思う, 心中にさえ眼覚め, 心中にだって潜んで, 心中にのみ良心ある, 心中のしぞこないだ, 心中のというような浮いた, 心中ばかり流行って, 心中ひとりごとをくりかえし, 心中ひとり怏々と悶え, 心中ひどく怒りを, 心中ふんしかしちよ, 心中ほろりとなっ, 心中までを演った, 心中みたいに死ん, 心中むっといたしました, 心中もうイケマセン, 心中もうこのあたり, 心中やと笑へば, 心中やみがたく, 心中をまでも事もなげに, 心中をも見抜いた陣十郎, 心中オヤジ殺しなどに至らない, 心中ギクリとした, 心中タジタジになり, 心中もわかり, 心中ハタマニハ寝室モ彼女ガ勤メテクレルコトヲ望ンデ已マナイノデアルガ, 心中ムリ心中オヤジ殺しなどに至らない, 心中一パイになっ, 心中一点の曇り, 心中一點の雲霞, 心中滿に, 心中不安に堪へない, 心中不安げに見えた, 心中不愉快に堪えられなかった, 心中不自由をきわめ, 心中存ジ寄, 心中二百日千日を欲し, 心中互におもしろく無く, 心中の疑い, 心中出来るもので, 心中に男女, 心中勇躍して, 心中動揺して, 心中動気致筆まわらずいづれ面上, 心中即ちわれらの, 心中て此方, 心中去来した郷里, 心中反省もなけれ, 心中取るにも足らぬ, 心中右門も喜ん, 心中呟いて自分, 心中唯一点忠君の念, 心中喘ぎ苛立って捜し求め, 心中喜びながらまず, 心中地精を意識, 心中報復の念, 心中など深川木場あたり, 心中多少不満であった, 心中の部, 心中大きな歓びを, 心中大きに恐れを, 心中大して嬉しくも, 心中失敗後コリもせず, 心中奥深きところに, 心中奥深くに潜ん, 心中は右, 心中存するところ一切余さず書き綴る, 心中には落第, 心中実話の類, 心中実際にその, 心中とはどうしても, 心中りながら, 心中尊敬の念, 心中少し狼狽し, 心中少なからずおどろかずには, 心中屍体に対しては土地, 心中川目付は墨田, 心中川目付土左衛門舟三題ばなしのよう, 心中常に気に, 心中幕府の政策, 心中平安喜楽其地之事者, 心中は何事, 心中心持というもの, 心中快くない, 心中快哉を叫ん, 心中怒りが盛り, 心中思うツボと, 心中思おうとする, 心中思案しながら, 心中急速にし, 心中怪しく思いながら, 心中恥づかしかつた, 心中悶々たるもの, 心中情死の文字, 心中情緒も改造, 心中に耐え, 心中感心したが, 心中感服したこと, 心中の土左衛門, 心中しく思われるだろう, 心中戦国春秋の常, 心中文学で厶, 心中暗澹疎開客は終戦, 心中更に層一層の苦悶, 心中最も暗き底, 心中未遂のもあれ, 心中を深め, 心中概ね暗澹たる, 心中がみし, 心中がこの世, 心中毫も疚しき所, 心中決して剽軽な, 心中沒理想これなり, 心中波立っている, 心中深き処に, 心中激しく狼狽せざる, 心中無限の不平, 心中焦躁に狂い, 心中想ひ, 心中物語をはじめた, 心中狂言の作者猪, 心中しやりて, 心中玉砕をお, 心中どどう, 心中男ぢやない, 心中るるところ, 心中になつちやつたん, 心中目的で失踪, 心中破産者がこれ, 心中祈りに似た, 心中祈願成就円満乃至法界平等利益所, 心中かならぬ, 心中穏やかならぬもの, 心中に輕侮, 心中筑摩家に対し釈然, 心中策謀のない, 心中絶えず愚かな, 心中考えていた, 心中自分にいい, 心中をまい, 心中苦しそうだった, 心中苦笑をもつ, 心中薄氷を踏む, 心中までに彼, 心中覚えある事なれ, 心中覚悟の臍, 心中試験に落第, 心中話しに遡っ, 心中認めたくはない, 心中讃嘆し度, 心中躍りあがらんばかりに喜び, 心中辛いのでございます, 心中迷惑を感じた, 心中に懼, 心中采女塚はそんな, 心中雀躍しながら, 心中面白からぬの, 心中頷くところが, 心中頻りに苦悶し, 心中顛倒する歓喜, 心中餘裕有りしを, 心中馬甚斎が先日京都, 心中馬鹿にし, 心中騷ぎなどで, 心中騷ぎで一ぺんに知れたら, 心中驚いていた, 心中驚愕の声, 心中驚異に感じ, 心中鬱屈し顔色憔悴