青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「心~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~微妙 微妙~ ~微笑 微笑~ ~徳 徳~ 徳利~ 徳川~ 徹底~ ~心
心~
~心から 心から~ 心中~ ~心地 心地~ ~心得 心得~ ~心持 心持~ ~心持ち

「心~」 80067, 865ppm, 97位

▼ 心~ (17020, 21.3%)

273 もって 145 持って 104 こめて 89 奪われて 79 抱いて 54 起して 52 きめて 51 持つて 48 痛めて 47 動かした, 惹かれて 45 鬼に 44 動かされた 41 安ん 40 動かして 37 傾けて 36 もつて, 動かされて, 寄せて 35 察して, 慰めて 34 とめて, 打たれた, 打った 33 ひかれた, ひかれて, 砕いて 32 籠めて 31 知って 30 満足させる 29 静めて 28 くだいて 27 合せて 26 そ, 苦しめて 25 一つに, 決めて, 痛めた 24 動かしたの 23 労して, 占めて, 奪はれ 22 いだいて, きめた, 向けて 21 して, 私は 20 起したの, 配って 19 刺戟した, 悩まして 18 つかって, 定めて, 惹くもの

17 [11件] 一に, 出して, 心と, 惹いた, 感じた, 懐いて, 掠めた, 支配し, 残して, 用いて, 鎮めて

16 とられて, 惹かれた, 打つもの, 暗くした, 落着けて

15 いためて, ひいた, 入れて, 動かすこと, 失って, 留めて, 許して, 静かに

14 [12件] しずめて, そそるよう, つくして, 入れかえて, 刺戟する, 唆る, 打たれて, 捉えて, 暗くし, 籠めた, 誘った, 起した

13 あわせて, ひかれるの, 不安に, 支配する, 汲んで, 決めた, 自由に, 落ちつけて, 落ち着けて

12 [17件] ひかれる, 乱して, 励まして, 動かそうと, 協せ, 取り直して, 合わせて, 少しでも, 引かれて, 思うと, 惹いて, 惹くの, 打ったの, 盡し, 自分で, 見て, 連れて

11 そそった, そそられて, よせて, 刺激し, 支配した, 暗くする, 満足させ, 自分の

10 [16件] うつもの, 傷めて, 動かすもの, 奪って, 安らかに, 尽して, 惹かれたの, 打たれたの, 抑えて, 抑へ, 掠めて, 残しながら, 移して, 苦しめた, 見せて, 開いて

9 [15件] つかんで, つけて, とらえて, 乱されて, 動かすよう, 十分に, 占領し, 少しも, 心として, 惹く, 打たれました, 打つの, 満足させた, 置けば, 起こして

8 [25件] きめました, くばって, そそったの, そそって, そそられた, ひかれたの, ひくもの, 刺戟し, 動かすに, 動し, 可なり, 唆った, 引いた, 感じて, 慰めようと, 慰めるため, 抱きながら, 持ちて, 持った人, 沈めて, 聞いて, 誘惑する, 豊かに, 貫いて, 集めて

7 [48件] あらは, おこして, お察し, かけて, かすめた, かすめて, しめつけた, とり直して, ひいて, ゆるして, 傷つけて, 充たして, 刺激した, 労すること, 動かさずには, 動す, 取らるるなり, 取られて, 完全に, 定めた, 平静に, 引いたの, 引かれた, 悩ました, 惹かされて, 惹かれるの, 惹くに, 打ち明けて, 打つ, 押えて, 捉へ, 捨てて, 探って, 有頂天に, 満足する, 澄まして, 用ひ, 疑って, 空に, 苦しめるの, 襲った, 解して, 誘うよう, 誰に, 躍らせて, 配りながら, 非常に, 騷が

6 [53件] うごかした, うごかして, うたれた, うたれたの, そなえて, とらへ, ひかれるよう, ひきつけるよう, ひとつに, よく知っ, 休めて, 使って, 傷ける, 動かされたこと, 動かされたの, 動かされました, 動かされること, 動かしたこと, 勞し, 取直して, 和げて, 失わずに, 奪うよう, 奪はれた, 奪られ, 安める, 引いて, 引かれたの, 引かれる, 引きつけて, 強ひ, 思いやって, 惹いたの, 惹くこと, 愉快に, 慰めた, 戒めて, 抑えながら, 持つた者, 捉へる, 捕えて, 掠める, 決した, 浄めて, 深くした, 無に, 現わし, 用うる, 見抜いて, 躍らして, 躍らせた, 鎭めて, 養ふ

5 [95件] あらわして, いやが, うごかされて, おさえた, おさえて, おちつけて, お持ち, しっかりと, しみじみと, じっと抑え, そそるの, そそるもの, そそるやう, とり戻した, とり直すこと, なやました, なやまして, はげまして, ひかれながら, ひくよう, ひそめて, ゆたかに, 一杯に, 人間に, 他処, 信じて, 働かして, 充す, 内に, 出発点と, 刺戟され, 刺戟される, 動かす, 動かすには, 取り直した, 受けて, 向けようと, 唆られ, 圧して, 変えて, 外に, 妙に, 守って, 寄する, 寒から, 寒くした, 専らに, 尽くして, 引く, 強くし, 彼女の, 得て, 忘れて, 思うたの, 悩ますの, 惹くよう, 打たれながら, 持ちかけて, 持つ者, 捉えた, 捉へて, 捧げて, 根柢から, 正直に, 殘し, 注いで, 浸して, 測りかねて, 満たして, 満足せし, 滿足させる, 潜めて, 無上の, 無理に, 燃やして, 牽く, 痛めるよう, 盡くす, 示して, 置いて, 考えて, 考えると, 苛つかせる, 落付け, 落着けようと, 見出した, 誘う, 誘われた, 起しては, 起しました, 迷は, 除って, 領し, 養うもの, 駆って

4 [156件] いつまでも, うたれて, おそって, これに, すまして, そこに, そそるに, ときめかせて, ときめかせながら, とらわれて, どうかし, どうする, なだめて, なやましたこと, はかりかねて, ひいたの, ひかれました, ひかれるもの, ひきつけたの, ひきつけるもの, ひく, ひくの, ふるい起して, ほかに, みだして, めいらせて, もちて, もった人, もつもの, やって, 一ぱいに, 丈夫に, 不愉快に, 乱すもの, 乱すよう, 他人に, 以って, 併せて, 傷つけること, 傷めた, 傷めること, 傾けるよう, 入れ換えて, 入れ替えて, 利用し, 刺した, 刺して, 割って, 励し, 労した, 動かさなかった, 動かされずには, 動かされたよう, 動かしたもの, 動かした樣子, 動かすが, 動かすの, 動かせて, 動した, 合は, 和やかに, 和らげて, 喜ばした, 嘲つた, 囚え, 囚えた, 囚へ, 堅く住, 外へ, 奪うて, 奪はれる, 安めた, 宗教に, 寂しくさせた, 左右する, 底から, 引かれたらしい, 引きしめて, 引くもの, 強く刺戟, 彼は, 心の, 忖度する, 惱まして, 惹かれたもの, 惹かれながら, 惹くか, 意識し, 感ぜずには, 憂鬱に, 打たれたが, 打たれたこと, 打って, 抑えること, 抑制する, 持たない, 持った男, 持つ人, 挙げて, 捕えたの, 掻き擾, 攬る, 新たに, 曇らせた, 有って, 楽しませて, 浮き立たした, 温めて, 満足さす, 牽かれて, 牽くの, 狂は, 理解し, 生じて, 用ゐ, 疑った, 痛めながら, 発して, 発揮し, 直接に, 眼に, 砕く, 確かに, 種として, 籠めたる, 練って, 翻へ, 自分は, 苛立たせた, 苦めて, 落ちつけようと, 落ち付けて, 衝激した, 表は, 表現する, 見つめて, 覚えた, 訊いて, 誘って, 読んで, 貴方がたに, 起こしたの, 起さずに, 起させるもの, 起したこと, 起します, 起すの, 込めて, 酔は, 領した, 養うこと, 養うの, 養って, 養成する, 饒や, 魅するよう

3 [291件] あた, あつめて, いうの, いためた, いためは, いっぱいに, いましめて, いれて, うたれる, うたれるもの, うちこんで, うった, うつして, うつす, うばわれて, おさえつけて, おどらせて, かき立てるの, かたむけて, きいて, くだいた, くだくの, くみとって, こめたもの, こめた手紙, これほど, ごらん下さい, さいなんで, さへ, しずかに, しめつけて, しるべにて, すこしでも, そそいで, そそられたの, そそる, そなた, そのままに, ためすため, たらは, つかった, つかまれて, ときめかした, とらえた, とらへて, とろかすよう, どこに, どりに, なぐさめて, のびのびと, ひかれそして, ひかれなかった, ひかれること, ひきつけた, ほぐして, まぎらして, みたして, めちゃくちゃに, もちながら, もった, もつ人, よせる者, よそに, より多く, 一つの, 不快に, 与えて, 与えるの, 乱された, 乱す, 亂した, 了解し, 交えて, 人に, 他の, 伺って, 何か, 何の, 傷け, 傷けた, 傷けられ, 傷つけずに, 傷つけるもの, 傷ましめた, 働かせて, 入れ換, 入れ替へて, 凝らして, 出したり, 刺すの, 刺戟された, 労って, 動かさざるを, 動かさずに, 動かしたよう, 動かしたり, 動かした事, 動かしに, 動かしは, 包んで, 卑く, 取って, 取りなおして, 取り乱して, 同じうし, 和らげること, 哀れに, 喚起し, 喜ばせた, 圧した, 夢の, 失うの, 奪われたの, 奪われては, 女に, 安じ, 安んずること, 定めかねて, 実際に, 寄せたり, 寄せるよう, 射ること, 岸本に, 平和に, 引かれたこと, 引きしめた, 引きつけられて, 引くの, 引締めて, 強くした, 強めて, 得ること, 必要と, 忘れては, 思いやると, 思はせて, 思ふ, 恍惚と, 悩まされて, 悩ますもの, 悩ませて, 悲しませた, 惑は, 想像し, 惹かれたよう, 惹かれること, 惹かれるよう, 惹かれる人, 惹きつけた, 惹きつけて, 愉しませる, 感じる, 感ずる, 慰むること, 慰むるに, 慰めました, 慰める, 或る, 打たれる, 打ちこんで, 打ちます, 打ち込んで, 抑制し, 抱えて, 抱きて, 抱く者, 持し, 持たずには, 持った女, 持つた人, 持つよう, 挾んで, 捉えたと, 捉えたの, 捕えた, 捕へた, 捨てること, 据えて, 控へて, 推して, 推察する, 推量し, 掴んで, 攪乱し, 斗り, 明るくし, 暗くさせ, 暗くさせる, 束縛する, 柔らげる, 楽しませた, 欺いて, 此方へ, 決めました, 洗ひ, 活溌に, 流れて, 浄化する, 温かに, 満し, 満足させよう, 溶かして, 激励した, 焦して, 焼いて, 煩は, 煩わされて, 煽った, 煽って, 牽いた, 牽くに, 犠牲に, 理解しない, 用る, 痛めたの, 相手に, 知った, 知つた, 知つてゐる, 知らないの, 知る者, 研究する, 砕いた, 砕いたが, 破壊し, 磨いて, 示した, 神に, 禁じ得ない, 私の, 移したの, 移すと, 空しくし, 突く, 締めて, 脅かして, 腐らして, 自分から, 興奮させる, 苛めて, 苦しめたの, 苦しめます, 苦しめること, 落ちつかせた, 落ち着けようと, 落つけて, 藉さず, 虚しくし, 虚に, 表して, 表わして, 見る時, 覗いて, 覚えて, 触発する, 託して, 試して, 誘われて, 読むこと, 読もうと, 誰が, 貫いた, 起こさした, 起こした, 起さずには, 起させた, 起させて, 起させる, 起すこと, 足は, 躍らした, 躍らすばかり, 躍らせながら, 身に, 転ずること, 軽くし, 軽くする, 通は, 通わせて, 遠くから, 酌んで, 重くした, 金石の, 附けて, 離れないもの, 静に, 靜めて, 顧みて, 養うため, 高めて, 高めるところ

2 [989件 抜粋] あおったもの, あたふれば, あの人, あらわしたもの, いためること, いだきながら, いつも招い, いらいらさせる, うけて, うごかされたの, うごかしたの, うたれました, うったの, うつろに, おいて, おこすこと, おさえつけた, おさえようと, おどらして, おびやかした, お伝えする, お松の, かきみだした, かき乱す作用, かき立てて, かしく横町も, かたむけ, かりたてて, きめたが, きめた私, くだいたこと, くるは, こめた土産, こめた美しい, さして, さておいて, さむざむと, しずめ耳, しづめてよく, じっとこらえ, すえて, すっかり魅惑, そそったので, そそつて, そそられたと, そっくりそのままそれ, その人, その文句, それとなく唆, そんな風, たずねて, だんだんに, つかうこと, つき刺した, ときめかすやう, とめゐたるに, とらえたもの, とられる, どこか, どれだけ, なおして, なくさずに, なぐさめました, なごやかに, なやますこと, のこして, はずませて, はたらかせて, ひいたもの, ひかれたこと, ひかれたわけ, ひかれる点, ひきつけられて, ひき立てる様, ひくうち, ひたし始めた, ひらいて, ひるがえして, ふるいおこして, ほかの, みたした, むき出して, むなしうし, もつた人, やっと押えつけ, ゆすった, よく聞い, よろこばせたの, われに, 一パイ埋め, 一掃した, 一瞬の, 下に, 不断に, 主題と, 乱しは, 乱すの, 乱る, 人の, 今に, 他へ, 伝えたく思う, 傷つけた, 傷つけるよう, 傷ましむ, 傷ませた, 傷ませること, 傷めるの, 傾けながら, 僕の, 充たす遊び, 入れ代えて, 冷静に, 切ったり, 判然と, 制しながら, 刺激する, 助長し, 励まされます, 励まそうと, 労したらしい, 勃然と, 動かさなかつた, 動かされたと, 動かされたもの, 動かされながら, 動かされませんでした, 動かされるもの, 動かしたと, 動かしてる, 動かしました, 動かし始めたの, 動かす事, 動かせながら, 動された, 動揺させ, 包むこと, 包んだ一片, 占めた, 占めること, 占領した, 厳粛に, 去れ, 収攬する, 取り乱させるの, 叱って, 叱る, 同じゅうして輔祐, 向けた, 向ける, 向けると, 吾, 呼びさ, 和げよう, 和らげるため, 哀傷が, 唆つた, 唆られず, 喚起した, 喜んで, 喪ひ, 嗾る, 噛み裂く, 噛んで, 固めて, 圧しはじめた, 執拗に, 壓へ, 外らした, 外らせようとして, 大きくし, 大切に, 失うまいと, 失はないで, 失わず, 奪う, 奪う事, 奪ったの, 奪ふ, 奪われた, 女の, 委せて, 安心させ, 定めると, 容れて, 寄せかけて, 寄せた男, 寄せようと, 寄せるほどの, 寄せ手を, 察しては, 專らに, 導いて, 少しずつ, 尽くし霊, 帰する, 幅の, 幸福に, 広々と, 底の, 引かれます, 引かれるので, 引きつけた, 引き付けた, 引き付けられた, 引き寄せられて, 引き緊め, 引き締めて, 引くこと, 張りつめて, 強くしました, 強くとらえ, 強く囚, 征服し, 後に, 得たるよ, 得た池, 御承知, 忖り, 快活に, 思いやれば, 怡まし, 恋に, 恐怖と, 悟る, 悦ばしめるため, 悦ばせる, 悩ます, 悲しませるもの, 惑乱させた, 惱ました, 惱ませ, 惹かされずには, 惹かされるの, 惹かれずには, 惹かれたり, 惹かれました, 惹かれる, 惹かれるやう, 惹かれる山, 惹きそう, 惹きつけられた, 惹きて, 惹くため, 惹く所以, 愕か, 感じたの, 感じること, 感傷的に, 慥かに, 慰さむること夥し, 慰むるもの, 慰めたこと, 慰めやう, 慰安する, 懐いたこと, 懷いた, 我に, 打たれたもの, 打たれた由子, 打たれます, 打たれるもの, 打ち明け得たらどんなに, 打ち開いて, 打つたの, 打つ何, 打つ打ち方, 打明けて, 抉るよう, 抑へる, 抱いたもの, 抱いた姿, 抱くと, 抱くよう, 押えながら, 押し鎭め, 抽き出す, 持すべし, 持たなかった, 持ちながら, 持った, 持った少年, 持ってる, 持つた, 持つた男, 挑き立て, 挫く, 捉えずには, 捕えたもの, 捕えるもの, 捨て去って, 探つて, 探るよう, 掴んだ, 掻き乱さないよう, 掻き亂, 掻き立てては, 描いた作家, 揺すぶった, 撓め正すなんて, 擦りも, 擾され, 改めてみんな, 教えて, 早くも, 暖かに, 曳かれた, 有したり, 有た, 有つてゐる, 染めて, 柔らげようとの, 楽しませること, 標準に, 歌に, 殆ん, 殺して, 母から, 永遠の, 汲むこと, 汲分け, 決してこの, 決して二たび遍路, 決しまして, 決めたの, 決めると, 沈め行い, 洗って, 浮き立たせなければ, 淨めて, 深く深く動かした, 清くし, 温めは, 湧きた, 満たした, 満たすに, 満足さした, 満足せしめる, 滅茶, 潜ませて, 澄ますとき, 澄ませる, 無限の, 焦立, 照らす, 煩わして, 煽ったもの, 煽られて, 燃やされるです非常, 物に, 牽いたの, 牽くもの, 牽制し, 狂わすの, 狂わせるの, 率直に, 現すか, 生かして, 生ずれば, 用ゐじ, 男に, 留めさせず中頃, 異しく, 疑つた, 疲らせて, 痛ましめるもの, 痛めしが, 痛めたため, 痛めながらも, 痛める, 痛めるもの, 発すなれば, 白紙に, 目の, 眞直ぐに, 真実に, 知つてゐた, 知らずに, 知らぬもの, 知りての, 知り貌, 知るや, 知れり, 砕きながら, 碎いて, 確に, 禁じ得なかった, 移すとか, 移すよう, 空の, 空虚に, 突き刺すもの, 筆に, 籠絡する, 紛らして, 組み立て, 結ぶの, 緊張させ, 縛りつけて, 置く事, 育てて, 脅かす, 脅かすよう, 脆く惹きつける, 自然の, 至し, 色にも, 苛んで, 苦しめたり, 苦しめる, 苦しめる丈, 苦む, 荒ませて, 落ちつかせて, 落ち付け, 落つけ, 落着けると, 虐げて, 虚うし, 表に, 表現し, 裏切るもの, 襲う, 見すかして, 見てこそ, 見るに, 見出すこと, 見拔, 見通せない人, 覚って, 解いて, 解してる奴, 解剖し, 言出しかねる, 許さない人, 許しては, 訴へる, 試した, 話して, 誘い, 誘ふ, 誘る, 誘導つた, 誘発した, 語る友, 読んだ, 責めた, 走せ過ぎた, 起こしたるによる, 起こしやすき, 起こすの, 起さしめたの, 起させないやう, 起させるよう, 起したりと, 起すという, 起すよう, 躁が, 躍らしむ, 躍らせるの, 軽くした, 轉じ, 迷はさむ, 通じさして, 遊ばせて, 過ぎて, 遣って, 遣るため, 酌んでは, 配らなければ, 配りつつ, 配る余裕, 酔わして, 重く暗く腐らした, 釣ろうと, 鎖して, 鎮めよと, 鏡に, 長い間, 閉じて, 離れて, 静めるの, 靜に, 面に, 鞭打った, 頼みに, 顏に, 顫わせて, 食べて, 養う, 養成し, 養成せん, 駭か, 驚かして, 高い境地, 高めた, 魅かれ, 魅し, 魅し去らずには, 鼓舞し

1 [8745件 抜粋] あおられる, あせったため, あの空想, あらためて身, あわせてな, いかに貶し, いたくとらえた, いためたが, いだいてるらしかった, いったもの, いよいよおびえさせた, いら立たせるの, うごかされたらしい, うごかすよう, うたれるいくつ, うち沈ませたもの, うつちやる, うばわれ人, おくよう, おこす側, おしはかるの, おちつけようと, おびただしく悩まされた, お前は, お照らしくださっ, お語り, かきたてようと, かき乱すもの, かけ十三歳, かたむけた, かれの, きめたの, きめ冬, くすぐりつつ, くばりながら, くらすころ, ぐんぐん引き付け, こちらへ, こむる姿, こめた玉章, こめられし贈り物, ごまかさなければ, さげすむ情熱, さだめて, さらけ出せば, さんざん苛めぬいたらしい, しずめ落ちつかせた人, しづめるためにも, しめて帳場さん, じっと抑え付け, すこしは, すてないもの, せき立たせた, そしらぬもの, そそのかせて, そそられました, そそるため, そそる魅力, その冷血, それからそれ, たしかにし, たのんで, つかいつつ, つかみ得ない軽薄, つくした第, つつけば, つよく誘つて, ときめかしながら, とどめざりけん, とめれば, とらえようと, とらふる戀, とりみだしまして, どういふ風, どりする生活, なかば砕き去り, なすは, なでられる思ひが, なやませること, のぞかせて, はげましつつ, はつきり見る, はりつめて, ひかれその後大巻, ひかれないなどと, ひかれるので, ひかれ千曲川, ひきつかんで, ひき出した, ひく町, ひっぱりつづける, ひるがえす兄上, ふしぎに, ふるって戦陣, ほっとさして立った, まぎらせるつもりであつたが, ますますすさませ, まったく失っ, みせては, みだし己, むしろ劬はる, めちやくち, もたせ優越感, もち明晰, もった詩人, もつた友達, もてその, もやさなければ, やすやすと, やわらげた, ゆすぶるよう, ゆるしたと, ゆるすまいぞ, よく伝へる, よせ給うこと, よろこばせた, わけた方, わるい意味, ダルに, ピタリと, 一刻も, 一層荒し, 一直線に, 下げて, 与へ, 乱さじとして, 乱したくなかった, 乱すという, 二人とも, 人世に, 他家の, 以つて俺一人の, 企図し, 休め養います, 体し, 何故自分, 使つて居る, 促すもの, 信ずるゆえ, 傍観する, 傷つけたの, 傷つけられながらも, 傷ましむる媒, 傷めずや, 傷め尽くして, 傾けたこと, 傾けるかに, 働かされる, 充たす物, 入れかえました, 入れ替え邸内, 共にする, 写して, 冷めたく珠, 出さずには, 分けるひま, 刈り取つて, 制し得ざりき, 刺すけれども, 刻々と, 加え当人, 励まし気, 労しすぎる, 労するほど, 労わるため, 動かさないやう, 動かされずに, 動かされた声, 動かされるという, 動かしたで, 動かした様子, 動かし彼女, 動かすつもり, 動かすようす, 動かす話, 動揺させる, 包蔵し, 協え, 却つて苛立せ, 反らせたに, 取られ良兼, 取り戻されたといふ, 取り直し絹, 取直し母, 叱りながらも, 合わせ適当, 向けかえようと, 向けられんよ, 君自身の, 吸はれる, 告げること, 呼び起すよう, 和げ天女, 和らげる利き目, 唆らせる, 喜ばしむべきもの, 喜ばせるであらう, 嗾ろうといった, 嚇かす, 固めた, 圧倒し, 堅から, 壮んに, 変化し, 大きく持ちたかった, 天堂に, 失った点, 失わした, 奥へ, 奪うたから, 奪はう, 奪われたが, 奪われるでも, 奪われ貨幣, 如何に, 委ね一切, 孤絶する, 安むる, 安んずるに, 安逸に, 定め申し候, 宥められて, 寄せかける肌, 寄せますよ, 寄せる所以, 寄せ通した, 寛くし和楽の, 察し一日の出営, 審判く, 尊ま, 少なからずいらだたしめた, 尽しぬ, 己れ, 平にし, 廃に, 引かれたものの, 引きたてて, 引き捉, 引き裂かれながらも, 引っぱりこむという, 引留めること, 引附け, 張り徐に, 強く引く, 彌更に苛立たせた, 往來し, 得ぬと, 御寄せ, 忘れないで, 思いやった, 思えば, 思わないよう, 怪しくそそる, 恐怖に, 恨めしいもの, 悟られない様注意, 悦ばせました, 悩ましめ父母, 悩ます結果, 悲しませ親, 惑わしめん, 惱まし始めた, 惹かされるよう, 惹かれたこと, 惹かれた経験, 惹かれるなんて, 惹かれ一方, 惹きつけた場所, 惹きました, 惹くやう, 惹こうと, 愛撫し, 感じるの, 慄かせし, 慰むる若き, 慰められないで, 慰める程有効, 憂き歎, 憫むためにちゝ, 我ながら, 打あける, 打たれまた, 打ちあけたり, 打ち寛ぎ何時の間にか, 打ち砕いて, 打ったはず, 打つ或, 打砕きし者, 抉ぐつたのは私, 抑え切って, 投げ出し星, 抱かすよりは, 抱き天子, 押さえつけること, 押し鎮めながら, 拝察する, 持たない代り, 持ちながらも, 持ち得た, 持った偉人, 持ってたり, 持つとるの, 持ておられるが, 挑発された, 振り向けること, 捉える機会, 捕へ, 据え遠景近景, 掛けしは, 探しはじめる今日, 推し量りかねた, 掴みたいの, 掻き乱されたよう, 掻亂した, 揺すぶられる想い, 損じは, 撃ったもの, 撼が, 攫み物, 收攬する, 改め大, 放つ血気, 教わること, 断つ斧, 明くした, 明るみへ, 晴やかに, 暗くされます, 曇らせるもの, 更に苦しめ, 最も重苦しい, 有せぬ, 未練がましくさせないで, 染め行末, 棄てざるべからず, 極めさせて, 楽しませるくらいには, 樂しませる, 欺した, 止めれば, 武人に対して, 残し残し常陸, 毒すよう, 求め君, 汲む人, 決して奪い, 決し握り拳, 沈め度, 治め意, 注ぐすべ, 洗つた, 浄めようと, 浮世に, 淡泊に, 深く傷つけた, 深めるため, 温かいもの, 測り兼ねて, 湿ほし, 満ち足りたよう, 溶かすよう, 漂わせぬもの, 潤すの, 激しくゆすぶった, 灼いた, 無遠慮に, 焼かれるよう, 煩わされなくなりました, 煽りたてて, 燃え立たせた, 燃やす癖, 牽いたもの, 牽きつけるもの, 狂わすよう, 率ゐる, 甚だしく喜ばせた, 生ずるとき, 用いてる婦人, 用いる事, 用い衣裳, 用ゐなけれ, 留めたり, 疑いまして, 疼かせて, 痛ましめる惜し, 痛めさせて, 痛めないで, 痛める事, 癒そうと, 皆同一の, 目標に, 省り見ますれ, 眼で, 知らさないため, 知らない中, 知らんや, 知るか, 知れる花, 砕いた経験といつて, 砕き給, 破られ世の中, 碎くやう, 示ししかも, 禁ぜずには, 移したやう, 空しう, 突然白けさせられた, 端然と正し, 籠め学校の, 紛らすやう, 細めに, 絞り出されるよう, 続けること, 緩めては, 繋くる, 置かれる様, 習得する, 考うる, 聞きたいね, 脅かしたので, 腐らせた霧雨, 自ら辱じ, 興したが, 苛だた, 苦しめ, 苦しめまして, 荒くする, 落ちつけること, 落ち著ける, 落着けながら, 葉子から, 蕩かし定, 虚界に, 行く水, 表わすのに, 複雜な, 要する, 見せたいなと, 見とおすよう, 見出し得る場合, 見破る人, 覗かせれば, 観察した, 解こうとして, 解釈する, 計りかねて, 許しあった舊友, 許すこと, 証明させ, 試めそうとして, 誘い出す上, 誘ふて, 誘発せず, 語る事, 読みとって, 読む由, 識れ, 貫くある, 責苛む, 走ったの, 起こさせるもの, 起さうと, 起させたもの, 起さない, 起したしるし, 起しゴホン, 起すけれど, 起す者ども, 踊らせる演技, 躍らし全身これ待機, 躍らせ岩山登攀, 軽く憤らした, 返して, 迷わせたかったかも, 透して, 通わす奴, 遊ばせる積り, 遠方に, 酌むに, 配りなされ, 配る樣, 重くしよう, 釣りに, 鎮めるの, 閉されるの, 関するを, 陽子は, 集結せしめよう, 離れぬ問題, 静かならしめる, 静め給え, 鞭韃する, 顕わに, 飜へ, 養うは, 駁した, 驅つて見, 驚かせたと, 高めるか, 魅するやう

▼ 心~ (16604, 20.7%)

1248 中で 723 中に 390 うちで 336 底から 299 うちに 298 中では 293 底に 194 中には 162 中の 161 なかで 120 なかに 112 底の 111 うちでは 109 中を 101 中は 90 奥に 87 底で 84 底では 82 ままに, 上に 81 底には 71 底を 68 裡で 61 底まで 56 裡に 5452 内に 50 隅に 48 うちには, 奥底に 44 奥の 43 動きを 42 中が 40 臟を 39 内で 38 うちを, どこかに 36 ために 35 奥で, 持ち方, 臓を 34 うちの 29 中にも 28 どこかで, 中から 27 なかでは 26 中へ, 動揺を, 眼を 24 平静を 23 なかの, ように, 奥を 22 悦, 状態に 21 奥には, 持ちよう 20 なかには, 平和を 19 うちは, 動きは, 外に, 状態を 18 状態が, 秘密を 17 内では, 内には, 底からの, 臓は, 裡では 16 なかを, 奥底で, 底は, 片隅に, 臓に 15 儘に, 動きが, 奥底を, 準備が 14 そこから, 一隅に, 働きを, 底へ, 方が, 河, 自由を, 裡の 13 上の, 余裕が, 奥から, 寂しさ, 落ちつきを, 落着きを, 裏を 12 うちにも, 中まで, 前に, 奥底から, 底より, 持主である, 満足を, 笑みを, 美しさ, 苦しさ

11 [12件] たけを, 上で, 上には, 余裕を, 内の, 底にも, 強い男, 悩みを, 慰めに, 苦しみを, 隅には, 隅の

10 [13件] ような, 中にて, 動きと, 動きの, 奥では, 奥底では, 奧に, 安まる, 底が, 底深く, 深さ, 目に, 目を

9 [14件] ときめきを, 全部を, 内を, 動きに, 動揺は, 安定を, 平衡を, 弱さ, 強さ, 影が, 扉を, 状態で, 状態の, 隅で

8 [24件] すみで, そこに, 世界の, 中も, 傷を, 働きが, 優しさ, 奥底には, 影を, 惱み, 欲するところ, 欲する所, 片隅で, 用意が, 痛みを, 眼で, 眼に, 眼は, 秩序に, 糧と, 糧を, 表面に, 誇り, 迷ひ

7 [27件] あること, あるところ, ことを, すみに, どこかには, 上にも, 不思議な, 中でも, 何処かに, 前を, 力が, 力を, 声を, 奥が, 奥へ, 奥まで, 奥底まで, 持主で, 洋燈の, 準備を, 独立を, 眼が, 裡には, 迷いだ, 重荷を, 闇に, 餘裕を

6 [58件] ありさま, ありよう, うえに, うちから, うちが, うちも, すなお, すべてを, すみずみ, つながりが, どこかでは, はたらきが, ほうが, ままを, ゆとりが, よりどころ, 一隅には, 上へ, 事を, 何処かで, 作用を, 働きである, 内が, 内は, 切なさ, 動くの, 卑しさ, 声が, 奥底の, 尊さ, 張りを, 強い女, 惹かれること, 惹かれるの, 態度は, 態度を, 深いところ, 満足の, 激動を, 状態は, 病の, 痛みが, 程は, 空虚を, 経験の, 耳を, 臓が, 臓の, 裡を, 調子が, 貧しき者, 迷いから, 醜さ, 鏡に, 闇の, 隅から, 隅では, 鬼に

5 [61件] あるもの, どこかの, ないこと, なかは, ふさぎの, ふるさと, ほどは, やうに, やさしい人, やり場に, ゆとり, ゆとりも, ゆとりを, ランプが, 一角に, 一部に, 丈を, 余裕も, 傷も, 働きは, 儘を, 内部で, 前には, 励みが, 動き, 動揺が, 声は, 寛ぎを, 平安を, 広さ, 底までも, 弱い彼, 強いもの, 強い人, 恐ろしさ, 悩みは, 悲しさ, 或る, 故郷を, 消息を, 温かさ, 状態も, 独立と, 現れである, 痛手を, 眼の, 矛盾に, 礼を, 種, 空に, 窓が, 笑を, 臓, 至深, 色が, 苦痛を, 虜に, 誠を, 負担を, 迷いか, 隅々を

4 [135件] ある者, おもむくまま, すがた, そこの, ときめくの, どん底から, ないの, ない人, ない愛, なかから, なかが, なかにも, はかなさ, ほかに, まことを, ままで, もので, やさしさ, やり場が, ゆるみに, よろこびを, 一つの, 一端を, 下に, 不安を, 世界に, 世界を, 中, 中だけ, 中にまで, 乱れが, 乱れて, 乱れを, 人が, 人に, 人は, 代表作なる, 位置を, 低さ, 働きから, 働きの, 償ひした, 内側に, 内部に, 内部の, 内部を, 前へ, 動いて, 動き方を, 動揺に, 友である, 友と, 友を, 叫びを, 周囲に, 問題として, 垢を, 声の, 変化が, 変化は, 天に, 奧には, 奧底に, 好さそう, 姿を, 平靜を, 底までは, 弱い者, 張りが, 強いの, 影に, 影の, 微笑を, 恋を, 悶えを, 態度が, 態度に, 戦きを, 打たれるの, 持ち主である, 持主だ, 推移を, 方は, 昂奮を, 最後の, 波を, 活動が, 淋しさ, 深い人, 清き者, 為に, 片隅では, 状態から, 状態であった, 狂いを, 琴線に, 病を, 的と, 目で, 目には, 目は, 眼には, 礼が, 礼という, 礼の, 秘密の, 秘密は, 秩序である, 程を, 窓だ, 窓と, 窓を, 経験が, 緊張が, 置き方, 耳に, 臓だ, 臓も, 自由が, 花, 芽を, 苦しみは, 苦痛は, 落ち着きを, 落付きを, 行き方, 表に, 調子で, 負担に, 迷いを, 遣場, 重さ, 重荷が, 鏡は, 鬼から

3 [228件] あた, ありさ, ありたけ, あるの, おかげで, ことで, ことである, ことです, こもって, さもしさ, すべての, そこまで, ためには, どこかが, どこにも, どこを, どん底に, ほうを, まことの, まはり, まま, ままだ, やうな, やさしい娘, やさしい親切, やり場を, ゆえに, ゆるみから, よからぬ, よさ, 一方で, 一筋に, 上では, 下から, 不安と, 不安に, 不思議を, 中までも, 亂れ, 人, 休まる暇, 何処かには, 何処にも, 余裕は, 作用が, 作用は, 傷が, 傷に, 傷は, 優しい人, 入れ方, 全ての, 共鳴を, 内, 内から, 内と, 内にも, 内奥に, 力に, 力は, 動きから, 動きや, 動き方は, 動くこと, 動揺の, 動搖が, 厚きもの, 向かうところ, 向け方, 命を, 問題である, 問題に, 喜びが, 喜びを, 変化を, 大部分, 奧深く, 女よ, 姿が, 安静を, 宿の, 寂しい時, 寂寞を, 対象と, 対象に, 平和が, 平和は, 平均を, 平衡が, 平静が, 底にまで, 弱って, 強いこの, 強い性質, 強い支那人, 影は, 微妙な, 恐怖を, 悩みが, 悩みに, 悲しみを, 悲める, 悲哀を, 愉快と, 感動を, 慰めと, 憂さを, 懺悔, 成長の, 戸を, 所有者である, 所有者は, 扉が, 技術は, 持ちかた, 持ちやう, 持主だった, 持主でした, 持主では, 据え場, 支えが, 支柱を, 故郷, 方である, 方向が, 明るさ, 有様を, 楽しさ, 概念は, 構えが, 正しい人, 波は, 洋燈が, 活動を, 深く重たく折り, 渇きを, 温かみを, 満足が, 満足と, 準備は, 潔白を, 激しさ, 火の, 火を, 灯を, 熱の, 状態だった, 状態である, 状態において, 状態には, 現れで, 生活, 用意も, 用意を, 病, 病気は, 病気を, 痛みは, 痛手に, 皮膚を, 盛んな, 目が, 目の, 瞳に, 秘密に, 空しさ, 空虚は, 窓も, 糧に, 素直な, 経験を, 緊張した, 緊張を, 置きどころ, 置き所, 耳は, 能力を, 臟だ, 臟の, 臟へ, 臟まで, 自由と, 自由は, 色に, 色を, 芯を, 苦しみから, 苦しみに, 苦労を, 苦悶が, 苦悶を, 苦痛が, 荷を, 落着か, 落着きが, 落着は, 葛藤を, 表現を, 裏に, 裏には, 裡, 裡が, 裡は, 要求に, 角を, 調子を, 貧しきもの, 貧しさ, 赴くまま, 起るの, 趣く, 跡を, 軽くなる, 軽さ, 迷い, 迷いで, 迷いです, 遠景, 重荷に, 鏡の, 隅々まで, 隙間に, 面に, 頼りな, 願ひ, 養成に, 駒を, 驚きを

2 [682件 抜粋] あたたかさ, あだが, ありかを, あり方, あるが, あるやう, ある一方, ある私, ある部分, ある鼠, いきさつが, いきさつを, いたみに, いとま, いやしさ, いらだちの, うごきは, うごきを, うちだけ, うちにだけ, うつくしさ, うめきを, うら, うれしさ, おくに何, おちつき, おもしろさ, かぎりを, かげに, かはたれに, かわたれに, ことであっ, ことに, こりなこと, こりの, ごときも, さ, させる業, さまを, しるしだ, すべてである, すみの, ずっと奥, そこが, そこでは, そこには, そとへ, ためにも, ちりも, つながりを, つよい男, つらさ, ときめきが, ときめきと, ときめくよう, となりに, とほり, ない人間, ない親切, なか, なかれとて, なやみが, はずみを, はたらき, はたらきだ, はるかの, ひそかな, ひとつの, ふかければ, ふるひが, へだたりを, ほとりに, ほどが, ますらおが, まだ失せざる, ままじゃ, ままの, やうだ, やさしい女性, ゆがみは, ゆくまで, ゆたかさを, よしと, わかき夢, カラクリが, キレイさと, プライドを, ヴィンセントよ, 一切を, 一方では, 一方には, 一時の, 一本の, 一角を, 一部分に, 一隅で, 一隅の, 一面には, 下で, 不平を, 世界である, 中いっぱいに, 中さぞかし, 中じゃ, 中であれ, 中でし, 中での, 中などは, 中なにと, 中にもの, 中へと, 中何とも, 中心を, 中深く, 乏しさ, 乱れや, 事が, 交渉を, 交遊である, 人々に, 人で, 仏なりけり, 仕事だ, 代りに, 休まること, 何とは, 何方に, 何物か, 俄に, 修業と, 修練を, 修養を, 健全な, 健康とを, 傍に, 傷の, 傷手であった, 傷手を, 傾いて, 傾向を, 働きとは, 働き方, 全体が, 全力を, 全幅を, 内にて, 内容の, 内部へ, 内面に, 出ない性, 前で, 副わ, 力, 力も, 努力は, 励みだ, 励みも, 労れ, 勇み立ちて, 勇むの, 動いた時, 動かぬ我々, 動きかけた, 動きかたを, 動きで, 動きである, 動きとても, 動くまま, 動乱の, 動揺する, 動揺と, 動揺などには, 動搖などには, 動搖を, 動顛し, 厚い人, 厚き誠に誠に, 厳しさ, 友だちと, 友であった, 友に, 友の, 古里だ, 合うた友だちと, 吊洋燈, 吊洋燈二つ, 吐息を, 向う所に, 告白を, 呟きは, 味方として, 命ずるまま, 問題でも, 問題という, 善い人, 善を, 善良な, 圧しつぶされ, 在り方が, 地平線に, 垣を, 境地を, 変りかたが, 変るもの, 変る暇, 外の, 外へ, 多い公衆, 大きな動揺, 大切な, 奥からの, 奥にも, 奥ふかく, 奥底からの, 奥底にも, 奥底ふかく, 奧まで, 奧底を, 女が, 女を, 好いお仙, 好い位置, 好くない, 如くに, 如何を, 妨げに, 姿では, 姿に, 姿にて, 姿も, 学を, 安ま, 安らぎを, 宝珠の, 宿と, 寒くなる, 寥し, 寺院を, 少女らしい, 平和とを, 平和に, 幼さ, 広いの, 底など, 底までを, 底も, 弛みが, 弛みによって, 弱みに, 強いこと, 強い人間, 強い健, 影, 影と, 彼は, 径路を, 心から, 心に, 心まで, 思いは, 急いて, 恍惚と, 恐しさ, 悦びを, 悲み, 悲劇を, 惑乱を, 惹かれて, 愚なる, 愛情の, 感情の, 慰まないたち, 慰めで, 慰めには, 憂に, 憤怒を, 憧憬から, 戦いを, 所産である, 拠りどころ, 持ち主だった, 持主が, 持主でなけれ, 持主な, 持主の, 持方が, 据えどころ, 接触を, 支配を, 故郷が, 新しい不安, 新しい緊張, 方向へ, 日日此の世の, 明るくな, 明鏡に, 春の, 智慧の, 暁闇, 暗さ, 最も自由, 有樣, 木地, 根底には, 概念, 概念が, 構へ, 正体, 正直のみにて, 武装, 歩みの, 歴史に, 死に, 水の, 水は, 汚れを, 油濁る, 波が, 注意を, 洋燈は, 浄土と, 海に, 海の, 涙を, 涯に, 深い女, 深き底, 深みに, 深厚に, 清々しさ, 清さ, 渇いと, 渦が, 満足する, 準備, 準備の, 滿足と, 激動と, 激動の, 激昂を, 為めに, 烈しい其の, 烈しさ, 無聊を, 焦燥を, 片すみに, 片方で, 物語りを, 犠牲に, 狂いは, 独立は, 猶少く, 王者, 現れだ, 生活は, 用意である, 疲れを, 疼きこの, 病にも, 病ひ, 病気と, 病気の, 痛みに, 痛むの, 発展は, 目的物は, 直な, 真を, 真相の, 眼, 眼も, 眼を以て, 矛盾を, 砦, 硬さ, 秘密から, 秘密が, 秘密だ, 秩序は, 秩序を, 移って, 程も, 穢を, 空の, 窓の, 窓は, 糧の, 純潔と, 経過を, 結果と, 綺麗な, 縺れを, 置場に, 置洋燈を, 羽を, 者らよ, 者を, 聲の, 能く, 腐った男, 臓へ, 臓まで, 自分の, 自由, 至らぬ故に, 興奮を, 色でがな, 花に, 花は, 花を, 芽の, 苦しみという, 苦しみや, 苦みに, 苦悶は, 苦痛にて, 苦痛の, 苦闘を, 落ちつきが, 落つきを, 落付きが, 落着きと, 落着く, 落著なくなり, 薄弱が, 藝術であった, 虜と, 行くまま, 表現に, 表現の, 裏から, 裏が, 裏で, 裏ばかりを, 裝ひし, 裡も, 襞の, 襞は, 要求から, 角度から, 解しかねる躰, 計画は, 許されぬ曲者, 許しがたい, 誠という, 誠は, 誤ならん, 謎の, 變化を, 谷に, 豊かさは, 象を, 貞操を, 負擔, 貧しき人, 躍るを, 輕く, 迷いが, 迷いであった, 迷いでは, 迷いとか, 迷で, 迷乱を, 過程に, 過程を, 邪な, 重たくなる, 重荷, 野菊かな, 鍛錬の, 鏡が, 閃めき, 関, 闇から, 闇を, 陰影を, 隅々までを, 隅を, 隙に, 隙間が, 霊苗なり, 静けさと, 非常に, 革命が, 響きを, 領域が, 領域を, 頼みがたき, 願いは, 願いを, 風の, 養成は, 餘裕が, 首を, 騒々しさ, 騒いだの, 高さ, 高揚は, 鬼の, 黒闇を

1 [5395件 抜粋] あいだには, あたたかみ, あの強烈, あらいざらい, あらわれでは, ありげ, あるなし, ある深い, あろう筈, いい活動家, いかばかり深き, いたでから, いましめとなし, うえでは, うそと, うちだけでも, うちにはちゃあ, うつくしい人, うるみ切なき, おくに, おしゃれの, おどるよう, おもむくからには, お眼, かたまりなの, からくりが, きずなだけは, きれいな, くるひ, ことと, こま下駄も, こもった接吻, こりだが, こるは, ごとき自然的原始的, ささえと, さびしさを, さわがしい大将, しのばれぬかな, しん許り, すさみが, すべてであり, すみが, せきたった, そこでいつも, そのままの, そんな微妙, たけりは, たっぷりさを, ためでは, たよりに, ちりぢり, つっかえ棒, つよいの, ときめき, とけ合い方, どこかへ, どんな隅っこ, ない事, ない町, なかだけの, なかりせ, なって, ねがいでした, はこびを, はたらきという, はづんでゐるのが, ひがんだ女, ひとつな, ひろいマダム・ウツミ, ふるさとか, ほうだけが, ほほゑみ秘め, まじめな, まにまに私, ままプラットフォームの, まま選ぶ, みだれるほど, もう一歩奥, もって, もとに, もはやなくなった, やさしい神様, やりかた, ゆき渡った方, ゆとり精神の, ゆるんで, よかった, よるべ, よわさ, わずかな, アスピレーションと, カラクリでは, スキなど, ニュアンスが, マリアに, リズムが, 一上一下の, 一定の, 一片方は, 一種に, 一角が, 一隅が, 三助に対しても, 上丈では, 不屈さが, 不真面目さ, 世界だけ, 世界は, 中さすらい尽した, 中でのみ, 中にては, 中よりも, 中心とは, 主体である, 乱れから, 乱れ騒ぐ, 争闘と, 二者より, 交流の, 人々も, 人における, 人浅い, 今更に, 企みを, 休む場所, 低迷が, 何っ, 何處に, 余裕にも, 作用である, 価値を, 修羅場は, 健全なら, 傷いた, 傷む思い, 傾きへの, 働きであっ, 働きばかりが, 僻みも, 優しい婦人, 充たされて, 光りを, 全き, 全面を, 内でも, 内部にも, 冷い, 冷酷なる, 凱歌なりき, 刃に, 切なりし, 判らない人, 利目に, 創の, 力だ, 勃発する, 動かぬこと, 動きからか, 動きとに, 動きをば, 動き深刻な, 動く時, 動揺い, 動揺状態に, 勝れたるこそ, 化粧も, 半分は, 印象の, 原点と, 友で, 反射だ, 反映を, 取得が, 古疵を, 可も, 合間にも, 向きそう, 向背を, 周邊にて, 命次に, 咏嘆, 問題の, 善悪は, 喪失です, 国の, 圧迫を, 地獄を, 垢も, 基督に, 堪へしのぶ強, 境地として, 壁が, 声とも, 変る事, 変化という, 外側に, 大きさ, 大路暮れゆけ, 奇妙さを, 奥底までに, 奥深くはいり込ん, 奥深く染み込ん, 奧の, 女では, 好い家, 如くけがれ無し, 妻よ, 姿として, 娘で, 字の, 孤愁な, 安らかさと, 宙宇に, 実現である, 家郷を, 寄や, 富まされること, 対立もしくは, 小躍りを, 尤むらん, 山を, 差と, 常の, 平らかさを, 平衡の, 幻に, 広大なる, 底にまでも, 度を, 弛みから, 弟子の, 弱い強がり, 弱くなった, 弱点に, 強いだけ, 強い優しい妻, 強い小鳥ども, 強い方, 強い豹一, 強過ぎる, 形の, 影に対して, 律動が, 微妙さを, 心を, 必然という, 怖れ, 急かるる大原, 怪しげなる, 恒久の, 悩ましさ, 悪い人々, 悲しく浅ましく思った, 情が, 惰性は, 惹かれるまま, 惹かれる珍しい, 愛が, 感傷では, 感激の, 態度用意気分または, 慰めとして, 憂さも, 憤怒甚し, 我々にても, 戦慄とでも, 所有者で, 扉の, 打ち身の, 把持する, 抽象性の, 持ち主だったで, 持てる時代, 持主に, 持方の, 捕虜と, 接触から, 揺れを, 支へでも, 故で, 故郷に対する, 教育, 敵と, 斑点に, 方も, 日々には, 昂まりである, 明暗を, 景物を, 暇が, 暗かった, 暗黒と, 曇りを, 最も暗い, 月の, 有限性の, 本尊に, 枝も, 柱に, 根本には, 椅子の, 楽しみとは, 概念を, 様な, 横溢と, 檻に, 欲しきまま林谷, 歓びが, 正しい魚, 歩み出さない人々, 残りが, 殘つ, 毒の, 気高い本, 汗より, 決定にのみ, 河それを, 波そのものの, 波長が, 活作用に, 流れは, 浅墓, 海今は, 深いから, 深い動機, 深い観察者, 深く重たく折り重った, 深部において, 清いところ, 清らかな, 渇きまで, 温かみは, 湧き上るの, 満たされない空虚, 準備に, 滿される, 澄み渡るの, 激しい動乱, 濃淡を, 点頭きを, 無かった, 焦られて, 然ら, 煩悶をも, 燃え上るの, 爪は, 片隅にも, 特質は, 状態と, 狂いか, 狂ひし, 猶頼むべき, 現われなん, 甕に, 生む災害, 生活を, 用意即ち, 異なるに, 疲れも, 疼きが, 病です, 病気も, 痛みとかいう, 痛苦に, 発作が, 発現焦らされ, 發動でなけれ, 的であった, 目から, 目録でない, 相手に, 真実を, 眼でだけ, 矛盾は, 知れない曲者, 破れまた, 礼, 神霊なり, 秘密さ, 秤には, 程の, 穏やかでなかった, 空乏, 窄れる, 端から, 笑いでは, 答礼だった, 籠った口, 精爽なる, 糧は, 紐を, 純真な, 細かい人, 経過一時に, 結合点は, 絵の, 緊張に際しては, 縛が, 罪が, 罰せられたる多く, 美しい顔容, 義務, 老若, 職務は, 能力です, 腐りであろうと, 臓はね, 臟橡の, 自然を, 至りと, 色あいを, 芯が, 花花としいはば, 苛責を, 苦しみな, 苦楚の, 苦難も, 荒波はわ, 萬一も, 落ちつく場所, 落ち着く時, 落付く, 落著か, 蔭では, 虚といふ, 蟾蜍が, 行通いが, 表情が, 表皮を, 裏も, 裡かならず, 複雑な, 見える院, 視力をね, 角度で, 解る程, 言葉, 訪れを, 試験だった, 誇りとして, 誘惑が, 説明である, 調子と, 諸理論, 變り, 貞操までは, 負目を, 貪著, 赴くに, 起ったこと, 起るは, 足の, 距離の, 躍りきぬ嬉し, 転た苦き, 輝きである, 近い人, 迷いと, 迷から, 迷ひつて, 退屈を, 通じない運命, 速度を, 進んで, 遍歴の, 道, 遣り場を, 邪ま, 郷愁を, 釈けざること, 重荷な, 鍛練には, 鏡とか, 閑かな, 関係は, 限の, 限界を, 隅つこ, 隙であったろう, 雄々しさ, 雲も, 青い谿そこ, 静な, 靜かにな, 鞘を, 領土の, 顏に, 願いも, 顛倒に, 飛躍は, 飲食を, 養生を, 饒舌に, 騒ぎが, 驚いたり, 髄へ, 高まるの, 鬱さの, 鳴り渡る沈黙

▼ 心~ (10358, 12.9%)

144 なって 59 かかって 58 描いて 56 駆られて 54 浮んで 35 残って 33 して 32 何か 29 とめて 28 思って 27 浮かんで, 浮んだ 26 なった 25 なつて, 掛けて 24 叫んだ 23 誓った 22 感じて, 湧いて 21 かけて, 何の, 留めて 19 かかること, 富んで, 燃えて, 誓って, 迫って 18 きめて, 一つの, 感じた, 期して 17 あること, かられて, 思った 16 のこって, 決めて 15 なりました, 叫んで, 或る 14 余裕が, 持って, 浮ぶ 13 なるの, 思つた, 秘めて, 触れて, 銘じて 12 きいて, しみて, 呟いた, 期するところ, 湧いた

11 [11件] そそられて, なったの, なつた, なりながら, 刻まれて, 問うて, 帰って, 描いた, 決めた, 浮かんだ, 浮べて

10 あるの, あるもの, なる, 一種の, 生きて, 私は, 訴えて

9 いだいて, なること, もって, 似たもの, 変りは, 眼を, 蘇って, 誓つた, 適ふ

8 [23件] かかった, きめた, しみた, なるもの, ふれて, 伝わって, 動かされて, 向って, 張りが, 懸けて, 映った, 映って, 暗い影, 止めて, 残った, 沁みて, 浮ぶの, 浮んだの, 満ちて, 生じて, 痛みを, 響いた, 驅られ

7 [25件] あった, あって, あつた, うかんで, かかりながら, かかるもの, これを, そう思った, なりて, なるので, 不思議な, 似て, 余裕の, 入って, 呟いて, 喰い込んで, 念じて, 思うところ, 感じながら, 抱いて, 描きながら, 浮んだこと, 甦って, 置いて, 起った

6 [27件] ある, うなずいて, かかるの, こびりついて, のしかかって, ゆとりが, わだかまって, 伝えた, 何かの, 傷を, 動揺を, 問ひかけ, 思うこと, 思うて, 持つて, 支配され, 於て, 映じて, 残るの, 浮かべて, 浮んだもの, 満足を, 甘えて, 覚えて, 誓ったの, 返って, 響いて

5 [40件] たぐり上げて, とどめて, まかせて, 一点の, 上って, 不安を, 今も, 任せて, 住んで, 何を, 刻みつけられて, 動いた, 変って, 妙な, 定めて, 寄せて, 少しの, 影を, 念じた, 思いながら, 思いました, 打たれて, 求めて, 浮かんだこと, 深い印象, 深く郎女, 湧くの, 溢れて, 知る限り, 繰返して, 聞いて, 自分の, 覓めて, 誘われて, 通じるもの, 銘し, 風の, 食い入って, 驚かれること, 骨に

4 [88件] あったの, いって, うかんだ, えがいて, かかる, かかるは, かわりは, きざして, しみ込んで, そむいて, それと, ちがいない, ないこと, ない事, なかった, なり居つて, なり還つて, なると, なれば, のこった, ひっかかって, ひびいて, まさる親心, よみがえって, 一つ, 不思議に, 之を, 何が, 光明を, 入り替つた, 動いて, 動き初めた叡, 反映し, 叫ぶの, 向つて, 呟きながら, 咎めて, 囁いて, 安ん, 宿って, 就て, 幾分の, 影響する, 彼を, 心を, 思うの, 悪魔が, 感動を, 描いては, 描き出した, 描く, 描くの, 来た, 根を, 止った, 沁み入って, 流れて, 浮かべた, 浮ばなん, 浮ぶまま, 潜んで, 火を, 焼きついて, 煽られて, 燃ゆる, 神を, 背いても, 触れた, 触れるもの, 觸れ, 訴えるもの, 訴へる, 責められて, 起って, 輝いて, 迫った, 迫るの, 通じて, 適ひ, 銘じおけ, 銘記し, 閃いたの, 非常な, 非常に, 響いたの, 響きます, 駆られた, 駆られたの

3 [177件] ある悪魔的, いつまでも, いろいろな, えがいた, おもつ, かかり候, かかると, かかるよう, かかる雲, かなひ, かられながら, こたえた, こたへて, こだわって, しては, しみこんで, しみるもの, しみる事, しめて, せまって, そう思っ, たづねた, つぶやいた, つぶやきながら, とまって, とめた, ないの, なったが, なっては, なりきって, なりましたからは, なりまする, なんの, のこされて, ひかされて, ふれた, ほだされて, まざまざと, よる, 乗って, 任せるから, 伝へて, 何んの, 余裕を, 僅かに, 入れて, 写った, 刻まれたの, 刻みつけて, 刻んで, 励みが, 印されて, 及ぼし自, 反して, 受け入れること, 叫ばずに, 叫びを, 叫んだの, 叶って, 叶は, 同情し, 吹き込んで, 咎めること, 喜びが, 喰い入って, 在るもの, 変な, 妙に, 嬉しかった, 嬉しく思う, 富みて, 富んだ女, 尋ねて, 對し, 少しも, 屈託が, 平和が, 弛みが, 彼の, 彼女を, 往来する, 忍びこんで, 念じながら, 思いを, 思う, 思ったから, 思ったこと, 思っても, 思はんこと, 思ふこと, 思案し, 急に, 恋が, 恐怖を, 恥じて, 愛が, 感謝し, 憤つて, 懸るまじけれど, 成って, 戦争の, 戻って, 打撃を, 拍車を, 持つ, 掛って, 描いたの, 描き出しながら, 於ては, 映つて, 映るもの, 春の, 暗いところ, 来て, 楽しむ料理, 止まる物, 此人を, 残して, 残ったの, 残ったもの, 残つてゐる, 残りました, 残るもの, 決するところ, 決めたの, 決定し, 沁みこんで, 沁みた, 沁み込んで, 沁んで, 油断が, 泌み込ん, 泣いて, 浮び上つて, 浮ぶこと, 浮べた, 浸みて, 湧き上って, 灯を, 燃えた眼, 生じた, 生れて, 用意し, 異様に, 疚しいところ, 痕を, 神も, 種々の, 穴が, 立ち帰らねば, 考へて, 考へると, 耳を, 聞いた, 胸を, 自然な, 興味を, 花の, 苦しめられて, 苦笑を, 蘇らせて, 蟠りが, 触れるの, 訴える, 誇りしが, 誓ひ, 起つた, 迫るもの, 適って, 適は, 遺った, 釣られて, 閃めいた, 隠して, 響くもの, 願って, 驚いて

2 [645件 抜粋] あったので, あったもの, あると, ある懐しい悲し, ある或, ある痛み, いくらか, いたむ事, いだくところ, いつもの, いろいろの, うけた, うけとって, うつりたるもの, うつる君, うなずいた, おおいかぶさって, おなりに, おぼえた, かうつぶやき, かかりて, かかるかずかずの, かかるから, かけないで, かけなかったが, かけながら, かなって, かられた, かんじられた, きざんで, きょうも, くらべて, くり返した, こたへ, こだわりが, さ, さう, さけびながら, さへ, さわやかな, した巴形, しまって, しみじみと, しみたの, しみ入るやう, じっと色々, すぎない, すべての, すべてを, そそられました, その時, そむくもの, それが, そんなこと, ためられて, ちかった, ちょっとの, つきささった, つけて, つつしみを, つながりが, つぶやくの, できて, とがめて, とどまって, とまらねば, とまる, とめず, とめること, とらわれて, どのよう, なくとも, なったこと, なったと, なった因縁, ならねば, ならべること, なりたいと, なるという, なるまでには, なれなかった, なろうこの, のこつて, はいった, はっきりと, ひそんで, ひっかかった, ひびいたの, ひらめいた, ひらり, ひろが, ぴたりと, ぴったりする, ぴったりと, ふつと, ふと嫌悪, ふれたの, ふれると, ふれるよう, また一種, みち, みちて, むかって, めでて, もえて, もとづくもの, やましいこと, ゆとりを, ゆるみが, わいたの, ゑりつけよう, アリ, コックリの, ピンピン触れる, 一定の, 一寸した, 一度浮び, 一本の, 一物をも, 一種云う, 一種異様の, 一縷の, 不可解な, 不安な, 不平が, 不悦, 与えた, 与えて, 乏しいの, 交, 交る, 今人の, 他の, 任せず, 任せぬこと, 任せぬもの, 任せねば, 伝って, 伝わるの, 伸びた空想, 何となし, 何事か, 何物かを, 作って, 促されて, 信じたの, 信じて, 傷ましさ, 僅かにでも, 働いて, 充ちて, 先刻の, 免れがたい, 入る事, 出来て, 刺戟され, 刻まれた, 勇みが, 勇みを, 勇気が, 包んで, 半面血に, 印して, 印象を, 反い, 反比例し, 受けたので, 古人の, 叫んだが, 叫んだ甲斐, 可なりの, 合わないの, 同情する, 同情を, 名工が, 向っても, 呟きつづけて, 呟きました, 味う, 呼びおこした, 呼び起した希望, 咎められて, 哀れを, 問えと, 問ひ, 喜んだ何, 喜んで, 喜悦を, 囁くの, 在って, 堅く誓, 堅く頷い, 変わりは, 変化の, 外ならない, 夜が, 失って, 奇妙に, 嫌悪を, 存する力, 存在し, 宮あり, 密と, 富める政治家, 富んだ方々, 寒々と, 対抗し, 少し余裕, 属して, 帰らねば, 平和な, 幾らでも, 広い世の中, 引きずられて, 強く印象, 彫りつけられたれば, 彼に対して, 徂徠してる, 待構へて, 従いて, 従うこと, 従えと, 従は, 復る, 復讐を, 微笑した, 忌しい, 忠実である, 念じたい, 怒つた, 思い出して, 思い定めて, 思い描くの, 思い込んで, 思うまま, 思うよりも, 思う所, 思つてゐる, 思ひも, 思ひ給, 思へば, 思案を, 怯れ, 恐ろしい激動, 恥入って, 悔いた, 悖るでは, 悩まなければ, 悲しかった, 悲しみを, 悶えが, 想ひ描い, 想像し, 意識され, 感じ, 感じたの, 感じた木犀, 感じる, 感じるの, 感じ身, 感ずるところ, 感ぜられた, 感心した, 感激した, 愧じる, 憂を, 憐愍の, 憤り, 懸った, 懸つて, 懸らぬでは, 懸ればこそ, 成ったか, 成功したなら, 戻った, 打たれる, 承知し, 投じて, 掛けまして, 掛りますから, 接して, 描いても, 描かれて, 描きはじめた, 描くこと, 新しい力, 新らた, 於いて, 既に幽か, 昔の, 映した, 映して, 映り私, 映る, 映るの, 最も強く, 服従する, 本当の, 来る, 根ざして, 桓武天皇の, 棲んで, 止まらねども, 止めず裾, 止めたこと, 止めなかった, 死の, 死を, 残された, 残つた, 残つてゐ, 残つてゐた, 残る, 残ること, 残酷な, 殘し, 殘つた, 殘る, 比ぶれ, 決しければ, 決したの, 決したもの, 決めた実に, 決めました, 沁むもの, 沈んで, 油が, 泌みる, 泛ぶ, 活ききっては, 浮かびました, 浮かぶ, 浮かぶの, 浮びました, 浮びます, 浮び来る, 浮ぶもの, 浮んだので, 浮んだは, 浮んだ或, 浮んだ第, 浮んでは, 浸む, 涙の, 深い感動, 深い感銘, 深い疑い, 深く, 深く刻みつけられ, 深く受け入れず, 渇きぬいて, 湧き上る情愛, 湯を, 満たされて, 満たない時, 満ちた目, 源助を, 潜在し, 激しい嫌悪, 激動を, 火が, 灯の, 無いこと, 無いで, 無限の, 然し怒り, 燃えた, 燃えながら, 燒きつい, 父を, 爽やかな, 獨り, 現れて, 生じた疑問, 甦えらす事, 男は, 留まった, 留めずに, 留らない, 畫き, 異常な, 疑いを, 病んで, 痛み歩むごと, 目の, 直接に, 相違ない, 眞の, 知を, 祈りながら, 祈るの, 神の, 空虚の, 立ちかえって, 立ち帰って, 立てるほどに, 笑いながら, 答えるよう, 納めて, 統一が, 絵かきとしての, 絶望の, 編笠を, 縋るより, 繰返した, 繰返しながら, 罪が, 置いた時, 考えて, 聞きながし, 肯いた, 背いて, 胸が, 腹が, 自動車に対する, 自問自答し, 自然に, 自由な, 與へ, 芽を, 苦い滓, 苦しみを, 苦しめられる, 苦労が, 萌んだ美しい, 落ちつきが, 落着きが, 蓄えて, 蔵せられて, 蘇つて来た, 襲はれ, 見えるもの, 見れば, 覚えの, 親しみたいため, 親しみを, 触れたの, 触れ得るならこの世, 觸れる, 言つ, 言ひ, 言ふ, 記して, 記憶し, 訴へ, 詩が, 話しかけた, 誇る偽, 誓いながら, 誓ったこと, 誓ひました, 誠なき, 謝し, 識覚する, 變り, 負けて, 賛成する, 起こった, 起こって, 起った想像, 起つて, 起るもの, 路の, 身を, 迫つて來る, 迫つて来る, 迫る, 迫る力, 這入つて, 通ずるの, 通ずるもの, 逼る, 遊びの, 過ぎなかった, 達した, 適いません, 適うもの, 適へる, 釈然たらざる, 重くのしかかっ, 重みの, 鍵盤の, 陰影の, 隙が, 雑多の, 青年の, 非ず, 鞭を, 鞭打つて, 響くかを, 響くの, 願ったこと, 顫へ, 飽き足らぬところ, 餘裕が, 馳られたらしく, 駆られ熱心, 駈られて, 高声, 鳴って

1 [5918件 抜粋] ああいう, あたたかく自然, あった映像, あふれた眼, あらず, ありがたく, あるかぎり, あるわけ, ある兄, ある彼, ある憤懣, ある特別, ある願い, いかなる慰安, いたわっては, いっぱいたまっ, いままで, うかぶとき, うけなかった, うちたてて, うつるまま, うらやましく思う, おおいかかって, おこるその, おとよを, おのずから催し, おりおりの, お思い, お見上げした, かかってた思い, かかりそれに, かかり妹, かかる一種, かかる憂, かくして, かけたま, かけられお, かけるべきだと, かすかな, かない後醍醐, かなったか, かなつて美しくいさぎよい, かなわぬこと, かられたから, きいた切ない, きつく刻まれ, きめた翌日, くっきりと, ぐさりと, こう理解, こたえ涙, この不用意, この氣分, これまでと, さう思ひ人, ささりこんだ, させること, さる負荷, しっかりと, しまひ, しみた物語, しみるのね, しみ入ったという, しみ通るよう, すぎないもの, すこし揉ませ, すむあの, せまる真実性, そうした欲望, そう呟いた, そっくり活き, その可憐, その過去, そむきまちがえば, それの, そんな予猶, たくらみて, たちかえって, たれも, ちげえ, つかえて, つくを, つぶやいたこと, つよく訴える, とくべつな, とどめました, とまるもの, とめに, とらわれた, どうして起り得る, どっと流れこん, どんな影響, ない所作, なぐさめ得ないから, なったとは, なっても, ならうとは, なられたもの, なりその, なりましたが, なり切って, なり虎, なるやう, なれるもの, のこされた後味, のこるところ, のろわしく恨めしく思っ, はじめて思いあたり, はっきり戻っ, ひ, ひそむ権力, ひとりきめ, ひやりとする, びり, ふさわしい様, ふと思い出された, ふれさ, ぶつつかつ, ほほえみながら, まかせず転戦, まこと, また別, まだ生々しかっ, まるで拍車, みる黒い, めづらしく, もさう思つて悔み, もとめず表口, やすむと, やましく恥じ, ゆるしたが, よびさまして, よみ返らせた, わき立った, ゑがくはなよび姿, ゴロン棒の, ヒケ目を, 一かたならぬ, 一層痛切, 一生いやし, 一道の, 上る物, 不断の, 与えた効果, 与える訳, 中将を, 乗りか, 云いきかせたの, 人生愛が, 介せざる如く, 任されもし, 任せぬ事, 企つるよりも, 伝へるので, 似たり, 住む光りもの, 何ものかを, 余りますよう, 依って, 便の, 信じました, 俺の, 備えて, 僅な, 充, 充ちた眼差し, 兆す片影, 入み, 入り樣, 共感を, 内在する, 冷たいもの, 出たこと, 分らぬほど, 別種な, 刻まれたもの, 刻みこまれは, 刻み込まれて, 劃しつ, 勇氣吹き込め, 動くおもい, 勢づけられる, 協うべき, 印す, 印銘させた, 又し, 及ぼす影響, 反応する, 反省を, 取りつかれたまま, 受けた衝動, 叛く, 叫びは, 叶うから, 叶つたらしい, 合う合わぬを, 合点の, 同感します, 向ひ, 吹込まないで, 呟く声, 味覚させず, 呼び起した気分, 咲いた花, 問えとは, 喜ばしかった, 喰入っ, 噛み自身, 因果な, 在らざるため, 堅い処, 堪えられない悲しみ, 変ずること, 外なるまい, 夢を, 大きな痛手, 大変に, 天地創造の, 奮い立つと, 如何にも粗雑, 媚びました, 嬉しいもの, 安み, 定めたこと, 家庭的な, 宿り易く, 密接な, 富むデブチャン, 富んだ感情的, 寒い陰, 射しこんで, 小翠, 少し驚かざる, 展けて, 巣くう何物, 希望あり, 帰れ, 平静と, 底力を, 弛みの, 強い一つ, 強い痛手, 強く描かれ, 当てて, 彼は, 後悔し, 従わず俺, 得るもの, 復った, 徹せざれば, 忌むも, 忘れずに, 応じて, 念じながらも, 念ず亂戰, 思いつ, 思い出されること, 思い浮かべては, 思い浮んだから, 思う処, 思った萩乃, 思ひうかべると, 思ひ合せて, 思ふに, 思へど, 怠りな, 怪しみながら, 恐怖の, 恥ずかしいこと, 恨んだこと, 悦びが, 悪意の, 悲しみかつ, 情の, 想うこと, 惹かれた眼, 意識される, 感じこの, 感じた疑問, 感じられた点, 感じ空想, 感ぜずには, 感情が, 慊し, 慥められる, 憂鬱な, 憤怒が, 懷中電燈でも, 懸はり, 戀ひしく思ひ出さない, 成ッて, 戦慄し, 打ちかたんため, 打算的な, 投じられたの, 抱いた源氏, 押し出されて, 持たない所, 持ったよう, 捉えられ立ち去るどころか, 掛かるか, 掛け給, 控えた甚兵衛, 描いた時, 描きつつ, 描くまい≫↓, 支配階級に対する, 数限りない, 新しく思想, 既に恋愛, 明るさ, 映じました, 映つた女, 映る姿, 智慧の, 暗愁, 書きしるす能はず, 月は, 望失な, 期待される, 来たその, 枷を, 染まぬそれ, 染みわたるもの, 柔軟性が, 棲まない中, 植えつける爲, 楽しく完全, 樹てられる, 欲せざる, 止まらない, 正直が, 残されたの, 残ったほど, 残りの, 残る情景, 殘つてゐた, 比べたなら素朴, 気も, 水茎の, 決しでも, 決めたので, 決定を, 沁みるの, 沁み出して, 沁む何もの, 油断なく, 波の, 注ぎ込まれる凡て, 流れこんで, 浮かびあがったの, 浮かぶ姿, 浮かんだので, 浮ばぬやう, 浮び目, 浮ぶ篠田, 浮むだのは, 浮んだ思ひつき, 浸みないよう, 消え残って, 淋しい印象, 深い根, 深く互, 深く刻印, 深く恥ぢ, 深く滲み入り, 添うた様, 済まして, 渦巻く考え, 湧いたよう, 湧き上, 湧くもの, 満ちたもの, 満ち罪, 溌剌と, 溶けぞ, 滿ちた, 潔しと, 激した, 烙きつけ, 無用の, 煌めくもの, 熱したる当時, 燃えるよう, 燃え上る焔, 爪を, 物ある, 独り思案し, 現われて, 生々と, 生き残りうる生命, 生ぜしめる, 甦らしそれ, 留って, 留めざりしに, 留めませんでしたが, 畫きしときは, 疑惑の, 病の, 痛快な, 皮肉も, 目醒め, 相成歸路, 真実が, 矛盾が, 祈って, 神が, 秘むべきもので, 移して, 空間を, 突然閃いた, 立ち帰りましたよう, 立帰つて遺, 篤く申し分, 納得いかない, 絡いついた, 絶望に, 縛るもの, 罪深い恐れ, 美しく映じた, 翹望され, 聊かの, 聴きまた, 育てて, 背て, 自慢に, 與へて, 芽し, 苦労多き, 萌えだした感情, 落ちこむまでに, 落着きを, 蔵めぬ, 蘇った恐ろしい, 虹猫の, 蟠ると, 襲われて, 見て取られた, 覚えること, 親しみやすい, 触つて, 触れること, 触れる時, 觸るる, 言つてゐる, 記された不可思議, 許せし人, 訴える性質, 詫びない日, 誓い何, 誓ったつもり, 誓つたのも, 誘われます, 誤りは, 謂いて, 象を, 責められる, 赫と, 起こるだろうに, 起し等しく, 起つた不可解, 起る反撥, 跡づけられた, 軍事留めざる, 輝く目ざしが, 近い敬虔, 返らせた, 迫る慰安, 送るの, 透る海, 通じた心, 通ずるであろう, 逮らず, 過ぎなかつた, 違ふ, 適うこと, 適するゴール的高慢さ, 適わないかと, 還る自然, 酬い得るもの, 重く閉された憂ひ, 金の, 銘じた獄窓, 鋭く叫んだ, 閃くとき, 関る, 限度なく, 隠してるの, 雲が, 音響の, 響くから, 順ひ, 願いが, 食い入るよう, 養い得て, 駆られたため, 駆られました, 驕りの, 高木の, 鮮かに

▼ 心~ (6350, 7.9%)

36 急に 33 少しも 20 彼の 18 妙に 16 なかった 14 屠児 12 それに, ない 11 自分の 10 そこに, 千々に, 石の 9 これを, それを, 安く気, 微塵も, 非常に 8 いつでも, いつまでも, 動いた, 永久に, 躍った

7 [13件] そのため, どこまでも, なかつた, 乱れて, 人の, 今も, 他の, 何か, 何と, 暗かつ, 此の, 私に, 私の

6 [16件] きまって, すべての, その人, その時, 一つの, 今は, 併し, 動いて, 十分に, 子供の, 思へど, 悲しみに, 持って, 沈んで, 火の, 誰も

5 [26件] あなたの, こだまの, それらの, そんなこと, だん, まるでやまと, 一日も, 其時から, 再重く, 動かなくなつ, 動揺した, 可なり, 君の, 夜の, 容易に, 寂しい, 感謝の, 新しきを, 暗かった, 気が, 疾くに, 瞬間明るく, 神の, 自身も, 起らなかった, 重かった

4 [47件] ありながら, ありません, いよ, ここに, この時, さすがに, すぐに, その方, それと, それは, た, ときめいた, とりとめも, どこに, どんなであろう, ないが, なきか, よくわかっ, よく分っ, わからない, 一種の, 人を, 人生の, 他に, 何を, 同じ, 君に, 墨を, 女の, 妙な, 彼に, 彼を, 後に, 怏々として, 惹かれながら, 昔の, 暗くなった, 暗くなつた, 水の, 沈んだ, 澄みきつて, 痛んだ, 自然に, 賢しくなり過ぎ, 過去の, 鏡の, 静かに

3 [82件] あつた, あるの, おだやかに, お互いに, かの女, この歌, この言葉, これで, これらの, ございません, さうし, すこしも, そういうもの, それが, ただ一つ, どうだ, どこか, ふしぎに, ほんとうに, またし, めい, 一つに, 一方に, 不思議な, 不覺, 中, 人に, 何の, 何も, 何よりも, 何時か, 全く彼, 全く消え, 別人の, 和んで, 外に, 外の, 失せて, 宇宙の, 完全に, 嵐の, 彼らの, 彼女の, 微妙な, 心に, 心の, 悪くない, 或る, 持つて, 日に, 早や, 暗くなっ, 暗くなる, 本質的に, 歓喜に, 殆ん, 段々と, 消えて, 湧いて, 焦りながら, 狂って, 生きて, 痛んで, 皆此暗い, 矢竹に, 私が, 私にも, 自己の, 自由に, 船尾に, 荒れに, 解って, 誰にでも, 誰にも, 誰の, 躍って, 軽くなった, 鉛の, 限りも, 静かで, 非常な, 饒は

2 [440件] あさましい駭, あせっても, あった, あっても, あてに, あなたに, あの反対, あまりに硬, ありがたし, ありませんか, ありわびぬ, ある, ある感情, あわただしかった, いかならむ, いつに, いつも, いつもただ, いつもの, いつも小さい, いつも空, いづら, いとしさ, いまは, いやが, いよいよ募っ, うれしさ, おちついて, おどる, かけ硯, かの合歓, きつと, きまった, きまりました, こ, ここから, このため, この人, これが, これに, これまで, こんな文字, さう, さびしい, さびしかった, さまざまに, さまざまの, さらさらない, しいんとなった, しかるに時間的, しーん, すっかり変っ, すっかり明るく, すでにその, そうであった, そこはかとなく動い, そこへ, そこを, そちらに, そのほう, そのよう, その一人, その世界, その両親, その中, その事, その反対, その形, その時以来別人, その死床, その男, それしきの, それでは, そんなもの, ただ貪慾, ために, とうから, どうしよう, どうする, どうです, どこかに, どこへ, どんなだろう, どんなで, どんなであったろう, どんなにか, ないか, ないの, ないん, なお深く, なかつたの, なけれど, なんだか落ちつかなかった, はつきりと, ばたばたと, ひどく動いた, ぴったりと, ふるえに, まことに神速, またも, またやがて, また品, まだ本当に定まらない, まだ自分, まったくそれ, まづしく, みたされは, もうその, もう一度この世, もう何, もって, もとすゑ, もとより一向たより, やがてこの, やはり白娘子, ゆるし難い, よくわかる, よく分る, よく解, わかき少年, わかって, わりなくも, ミジンも, ミヂンも, 一つ, 一つえ, 一つと, 一切の, 一切を, 一夜の, 一日ごとに, 一時に, 一杯に, 一歩毎に, 一瞬の, 一筋の, 一途に, 丁度表通に, 上の空野村は, 不安な, 不安に, 世を, 両足を, 二つ分けられぬ, 人々の, 人知れぬ, 人間を, 今一種奇妙な, 今可, 今日の, 今最後, 今猶, 仕方が, 何かしら, 何という, 何となき, 何となく暗く, 何に, 何処に, 何処にも, 何処へか, 何時に, 何時までも, 何等かの, 余計に, 侯も, 俄かに, 俄に, 信吾を, 修羅と, 催眠術にでもか, 僕が, 光りの, 光を, 全く肉, 其処に, 内に, 再び動揺, 凄じい憤怒, 処女に, 分って, 初夏の, 別の, 利害得失の, 前と, 努, 勇ましいロマンチック, 動かされた, 動かない, 動く, 十分お, 半分京都の, 単純なる, 単純に, 即時に, 又も, 叫んだ, 同じだろう, 呟いて, 和ぎぬ, 喜びで, 喜びに, 器に, 囁いた, 地に, 垣根にも, 墓場の, 変つた, 変わって, 大に, 天の, 失われて, 女を, 姦淫を, 宇治の, 安い煙草, 安定を, 定まって, 宮の, 家の, 寂しさ, 富峰とともに, 實に, 寸時も, 小説を, 少しずつ, 山に, 巖の, 川の, 希望と, 常に人, 常に天, 常に誰, 平和で, 平生に, 平静を, 幽冥の, 幾度か, 弱いもの, 強いて, 強いもの, 強い力, 強い屈辱, 強かった, 当惑の, 影も, 彼が, 彼女に, 彼等の, 後へ, 後悔の, 御華族, 微かに, 微妙である, 心細さ, 忽ち蕩ける, 怎う, 思うよう, 急く車夫, 怪しくも, 恍惚と, 恐れに, 恐ろしい, 恐ろしい憤怒, 恐ろしい苦悶, 恥しさ, 悪鬼の, 悪魔の, 悲しい, 悲しみで, 悲しみの, 悲痛な, 想像する, 惹かされた, 惹かれる, 愈, 愈々掻き, 愛に, 慥かに, 慰みけらし, 憎みの, 憐憫と, 憐憫の, 憤怒や, 戦いた, 戦いて, 打たれた, 拗ねて, 持たなかつた, 故郷に, 敵に対する, 新らしい, 日ごろから, 日毎に, 明かに, 明るくな, 昔日の, 春の, 晴々と, 晴れて, 晴れやかに, 暗い, 暗くならざる, 暗くも, 最後の, 朦朧と, 朱に, 果てしも, 枯れる, 案外に, 極度に, 楽しかった, 樂を, 次第に私, 次第次第に, 歌って, 止まず, 止めの, 歴史の, 死に直面, 死をも, 段々不安, 段々烈しく, 殺伐に, 母に, 母の, 毛頭ない, 水が, 氷の, 汝に, 決して遣るまい, 決って, 沈黙の, 波の, 波立った, 浄土に, 浅ましく仰ぎ見すれ, 涙を, 涯も, 深い, 清めるか, 清子を, 満ち足らうて, 満足し, 溢れて, 滿ち足らう, 潔白な, 澄んで, 激しい恥辱, 無論それ, 無造作に, 焦, 焦慮れ, 燃えて, 燃えるの, 物に, 物の, 独に, 猶ほ, 甚だ愚, 病的に, 目的を, 目醒め, 直ぐ飛ん, 相変らず, 相手に, 相手の, 眼前に, 石だ, 確かに, 確に, 神にも, 神秘だ, 私と, 私には, 穏か, 穏やかで, 空に, 空を, 空虚であった, 端なく, 筆も, 籠を, 絶えず彼, 緊張し, 緩和薬を, 罪人の, 美しい畫, 老婆の, 臆病なり, 自分が, 自分らの, 自己を, 自殺と, 自殺を, 自然の, 自然へと, 自然若い, 興奮した, 苦い韮, 苦しかった, 落ちついて, 落ちつかなかった, 落ち着かなかった, 葡萄の, 複雑な, 見て, 解けた, 解けて, 言ふ, 診察出来ない, 誰が, 起らなかつた, 蹂み, 躍つた, 躍りました, 躍る, 身に, 身の, 軽かった, 迷って, 迷路を, 途方も, 遠い遠い地, 重くなる, 重く沈み, 重し, 針目度の, 鉄の, 開けわが, 閑寂だ, 雨の, 雪の, 震えて, 静かな, 顫えた, 風の, 鬼か, 鬼です, 黄河とともに

1 [4432件 抜粋] ああする, あだ, あなたへと, あの湖, あまりにも, あらじと, ありえないから, あるつもり, ある不思議, いう, いかにも可, いくぶん淋しかっ, いそいで, いちばん緊張する, いっそう進まなくなります, いつか旅路を, いつとも, いつもあらぬ, いつも尼, いつも男, いつも遠い, いのちを, いま訪問者によって, いよいよ躁, いろいろな, うつろに, うれしいが, おごって, おぞましくも, おなじ畜生, おびえながらも, お係りさまはじめ, お父さんそつくりな, かえって力, かき乱されぬ, かすかな, かなしい孤独, かの露肆, きっとある, きわめてドイツ的, ぐっしょり濡れた, けっして恍惚, こうした諷刺, このこと, この事, この多量, この港, この黒島, これ即, ございませぬか, さっき霧の, さまざまであろう, ざわめいて, しぐれの, しばしばこの, しめ木に, しんみりと, すぐその, すぐ淡い, すっかりその, すっかり滅茶滅茶, すでにきまっ, すでに天地, すでに覚知性, すべて満州の, ぜんぜん起こらなかった, そうで, そこらの, そっぷにとんで居る, その一瞬, その出, その日, その物質, その群, その解らない, その額, それどころで, それ神なる, そんなにひどい, たえず追, ただいちず, ただひとり, ただ渾沌, たのしかった, だしぬけに, だんだん変っ, だんだん葉子, ちゃんと見抜け, ついに動かすべからざる, つねに古希臘, つよかった, とうに麻痺, とく彼山, ともすれば顫, どうか知らない, どうしても満足, どうやら寒く, どっちかと, どんどんほぐれ, どんな人, ないので, なお忘れられた, なかなか休まらない, なきもの, なく先方, なげつけた様, なにか, なまけた潤おい, にこにこ微笑ん, のしかかっては, はち切れそう, はや幻, ひかれ誘はれなくな, ひっかかるの, ひどく晴々, びくびくし, ふと何, ほとんど身, ほんもの, ますますおどおどする, ますます枯淡虚静, まず自己, またとないの, また先生, また新しい, また老人, まだそこ, まだ半ば東京, まだ暑, まったく動揺, まるでぎちぎちな, まるで開かなかった, みるみる猜疑心, むなしく痛んだ, もうかわりませんでした, もうそんな, もう乱れ, もう取り去れる, もう戦場, もう眼, もう静め, もとから, もはや彼, やがて勝子, やがて興娘, やさしくなっ, やはり憎く, やはり落着, ゆがんで, よい時には, よう分りました, よく働い, よく存じ, よそに, わかつて, わかれの, わたしにゃ, ゐても, ウツトリとして, コレットと, センティメンタルな, フィデルコの, モーその, ヲーズヲース一巻より, 一に, 一入激しく, 一層そそられた, 一度は, 一日中画の, 一生火の, 一種自己に対し, 一重裏を, 上下みな一つと, 不安でならない, 不断に, 世に亡き, 世諦の, 主我心を, 予て愛くるしい, 二人に関する, 云い切れません, 互に見ぬ, 人が, 人穴時代から, 人間最後の, 今しも, 今までの, 今全く, 今来るべき, 今迄, 他人の, 伊豆の, 伸び上がって, 何となく無常, 何ものも, 何処へ, 何時とは, 余りに沈ん, 例えば教会, 信じがたい, 倉地で, 偶然また, 傾いた, 僻みで, 充ち満ちて, 先に, 全く, 全く奪, 全く白々しく, 全然お, 八神殿の, 其の国, 内は, 再び嘗てのもう, 写真にて, 冷たくなっ, 凡て握り合った, 出ねど, 分らないが, 分離し, 初めて空虚, 別れて, 刻々に, 力でございます, 勇ましい者, 勇む風, 動かせそう, 動くべし, 募るばかり, 十分源氏に, 卑しむといふよりは, 単純であった, 却っていたいけ, 又それ, 友情なく, 叔父に, 古い荒れはてた, 叫びを, 同じもの, 同感される, 君に対して, 呟く, 咲き誇つた日向葵, 唯芸術家, 喜び勇んで, 四年以来いつでも, 固定し, 坂の下へ, 堪えがたいもの, 声を, 変りあるまい, 変化を, 多くその, 夢うつつに, 大いなる憂い, 大きな相違, 大抵分つ, 天だけが, 天皇の, 失われないばかりか, 奪回せる, 好奇心を, 如何ばかりかと, 姪に, 嬉しかった, 存在する, 安らいで, 安心し, 実に大切さうに包み, 実際に, 容顔の, 寂しく暗かった, 寒く貧くし, 寧ろ竝みの人, 小ゆるぎ, 少しなぎぬ, 少ないよう, 屠処, 山僧に, 工なる, 帝の, 常に上方, 常に晴々, 常に現在爲す事, 幌の, 平静であり, 幸福でありうる, 幻焔の, 広々と, 延び, 弛んで, 弱く傾い, 強いでしょう, 当時の, 彼女を, 往日の, 得意に, 心と, 必ず柔軟心, 快哉を, 忽ち滅入り, 思いも, 急いで, 怪しく昂奮, 恋慕に, 恐ろしいもの, 息づいて, 悔いと, 悲しいほど, 悲しみと, 悶々として, 想いの, 愈末造, 愛なし, 感激し, 慟哭せ, 慰められるの, 憎しみに, 懐疑に, 我子を, 戦々兢々たり, 手頼りなかった, 押し潰されるよう, 持たず, 持てないの, 探偵を, 擾き乱された, 放免の, 敗北に, 斉彬の, 旅行鞄の, 既に決してゐる, 日光と, 日蓮によりて, 明々白々で, 明るく堀川百首, 昔, 春子さんには, 時々秋子, 晏然として, 晴れ元, 暗々裡に, 暗くなり, 暫くふくらん, 更に乱れた, 書中に, 最も恐ろしい, 最早数, 有りても, 有頂天の, 未だ嘗て罪悪, 本当に石ころ, 東京爆撃の, 柄に, 案外それほど生真面目, 極めてもろい, 楽しく同時に, 横川の, 次第に何処, 次第に白け, 歓びで, 此二十四歳の, 武士の, 死よりも, 残りますが, 段々現在, 毎日滅入っ, 毫も昔, 水中へ, 汚れて, 決してそれ, 決して幽, 決して油断, 決ったん, 沈んでしまつて, 法相宗の, 泰平な, 浮, 消え入りながらも, 涸れて, 淫慾よりも, 深い憂愁, 混乱し, 清ん, 温い家庭, 湧かなかった, 満ちそれ, 満足しないだろう, 滅び去って, 潔白か, 激しい好奇, 瀕死者が, 烈しく動いた, 無上に, 無心に, 無益不用な, 焦った, 然し悲しい, 熱して, 燻る, 牽かれる, 狂つてゐた, 独楽の, 猶船脚, 王侯の, 理論によ, 甚だ素直, 田舍, 異国情調の, 疑懼と, 疾風の, 痛み眼, 白紙な, 的確に, 益, 益満の, 直様秋の, 真実じゃった, 眼を, 矢張り親切な, 知らず知らず残忍, 知らねど, 知れ難い, 社会国家に対して, 神祕で, 私達が, 種々なる, 空の, 窓下の, 等しく通じ合っ, 紅いこの, 素直でなかつた, 絶えず持ちつづけ, 絶間なく, 緑の, 罪なりや, 羞恥と, 聊も, 胸苦しい迄, 腐つとりますだ, 自らを, 自分にさえ, 自分自身の, 自然な, 自覚的である, 良人から, 芸者や, 若松に, 苦難に際し, 荒れはてて, 華厳宗によって, 落ち着かぬらしかった, 落居ない, 薄らぎ縁日, 蜂知らず, 表して, 見えないが, 親の, 解つてゐた, 言に, 計画に, 語って, 誰でも, 谷口金五郎の, 貧しくなった, 賑やかな, 起さぬ, 起りませんでした, 踊つて, 躍り眼, 軟かに, 輕躁動轉し護り, 迷信であります, 通じたか, 連絡を, 遂に全く平, 遠いかなた, 遠く巴里, 邸を, 醜惡, 重し我平和, 金無垢の, 錆びて, 鏡, 閑却せられ, 阿母系統, 隠して, 離れる事, 青い青い海, 静まって, 頁の, 頼朝には, 飛び去った, 飽くまでヒューマニスチック, 馬の, 騒ぎやは, 驚くばかりの, 高し岩手山, 鬼涙の, 黄金の

▼ 心~ (5925, 7.4%)

35 ある 34 動いて 24 湧いて 22 あって, 乱れて, 動いた 21 惹かれて 17 自分の, 起って 16 いっぱいに 15 あれば, 彼の 14 出て, 少しも, 強くて, 急に 13 あつて, あるの, そこに 12 あった, むらむらと, 一杯に, 私の 11 あるから, わかって, 澄んで 10 あると, こもって, ないの, 落着か 9 それを, なかった, 残って, 沈んで, 私を, 落着い 8 あつた, ない, ないと, なければ, 動いたの, 惹かれた, 湧いた, 落着いた, 起つた

7 [19件] あったの, あるならば, あればこそ, 一時に, 働いて, 先に, 強いの, 暗くなった, 暗くなる, 燃えて, 痛んだ, 私に, 落付い, 起った, 起つて, 起りました, 躍った, 軽くなった, 頭を

6 [17件] あるので, それに, ないから, 一度に, 分らないの, 動く, 変って, 失せないで, 安ま, 少しでも, 彼らの, 落ちついて, 落ち着いて, 躍るよう, 離れて, 静まって, 騒いで

5 [20件] お育ち, できて, ゆるんで, 一時ほうと, 傾いて, 募って, 向いて, 如何に, 彼女の, 心に, 心を, 惹かされて, 惹かれるの, 潜んで, 狂って, 臆し, 苦しくなっ, 起きて, 起る, 非常に

4 [50件] あるだけ, あるもの, あるよう, いる, おあり, きまると, すつと, その方, ついて, なかったなら, なかったら, なくては, ねじけて, ひかれて, よく分っ, よほど大きく, わくわくし, 不思議に, 二つに, 分るもの, 動揺し, 変った, 変わって, 失せずに, 妙に, 安まる, 安ん, 平静に, 弛んで, 強かった, 彼を, 慰まった, 手伝って, 混乱し, 湧く, 湧くの, 火の, 無いから, 留らなかつた, 痛むの, 盛んに, 空しくな, 自然に, 落ちつかなかった, 落付いた, 落付か, 落着きません, 起こって, 身に, 通じて

3 [131件] ありそう, ありました, ありません, あるとは, あるばかり, ある人, おちついて, おどる, おのづか, おわかり, きまった, ぐらついて, ここに, さわだつた, しずかに, して, しみじみと, すぐに, そこで, その時, だん, つよくて, とがめて, ときめいた, はずんで, ひかれる, ひらりと, ほんとうに, みだれて, みんなの, やさしくて, ムラムラと, 一つに, 亂れ, 二人の, 人間に, 今なお, 何か, 何の, 何よりも, 何物かに, 傷ついて, 傷んだ, 優しくて, 内に, 冴えて, 冷えて, 冷静に, 分って, 切々と, 判って, 勃然として, 動いたが, 動いたので, 動かされた, 動くよう, 咎めて, 変わったの, 外へ, 安らかに, 宙に, 少しは, 少しばかり, 弱って, 強いので, 強かつ, 強くって, 弾んだ, 彼らを, 必要である, 急く, 急くの, 急くので, 悲しかった, 愉快に, 我ながら, 手つだって, 手に, 抑へ, 揺れる, 明るくなる, 時鳥に, 暗かった, 暗くなっ, 暗くなります, 欠けて, 正しい位置, 歴々と, 決った, 沈む丈, 浮, 浮き浮きし, 深い, 深かった, 深かつ, 済まない, 滅入って, 無意識に, 生じた, 生れた, 痛んで, 真っ直, 空虚に, 胸に, 胸一杯に, 自分ながら, 自分に, 自分を, 芽を, 落ちつかない, 落着く, 許さなかった, 起こった, 起こるの, 起ると, 起るもの, 躍つて, 躍る, 転倒し, 軽くなる, 迷って, 通じるやう, 重かった, 重くなった, 重くなる, 鈍って, 鎮まって, 静まった, 靜まつ, 顛倒し, 顛倒した

2 [360件] あったらどう, あってこそ, あふれて, あらば, ありありと, あります, ありタカ, あり生活, あるくせ, あるにも, あるのみ, あるらしいと, あるわけ, いいとか, いっそう強く, いっぱいだった, いらいらし, いらいらする, うごいた, うつって, おこる, おさえても, おちつかないので, お分り, お判り, お惹かれ, お解り, お顔, かくされて, きまって, くじけること, くべきこと, このよう, この世の, この際, こみあげて, した, しめつけられた, しめつけられて, すこしも要求, すさんで, すすんで, すべての, すまないから, すまぬ, せく, そこから, そこまで, そのところ, そのま, そのままに, それから何, それらによって, そんなこと, そんなもの, たしかになる, だんだんに, つのって, つよい, とけて, どういうふう, どれだけ, どれほど, どんなに荒ん, ないこと, ないなら, ないので, ないわけ, なかつたの, なくして, なくて, なくなって, のびのびと, ひかれた, ひがんで, ひそかに, ひそんで, ひとつに, ひねくれて, ぴたりと, ふくらむ, まっすぐに, みたされて, むき出しに, むくむくと, めちゃめちゃに, やうやく, ゆつ, よかった, よくなく, わいた, わいて, わかった, わかつて, わからない, タスカローラの, ピタリ握手, ベースボールの, 一つも, 一ぱいに, 一変した, 一度は, 一時的の, 一杯だった, 一種の, 一種不思議な, 不安と, 不快な, 不意に, 二つある, 人間の, 今では, 今でも, 今の, 他へ, 他処, 何一つ波風, 何処に, 何処まで, 何故か自分, 何時か, 俄に, 俺の, 働くこと, 働らい, 写って, 出来て, 分かって, 分つたの, 分るでせう, 分るの, 分裂する, 切々として, 判らなかつた, 判らんか, 利慾を, 刺戟された, 助けて, 励んだけれども, 動かずには, 動かないでは, 動かないよう, 動くこと, 動くの, 動揺する, 募った, 十分に, 千々に, 卑怯にも, 受身に, 右に, 向いた, 向うに, 含まれて, 和らげられて, 咎められた, 咎める, 咎めるから, 唸りを, 囚えられ, 堅くなっ, 増して, 変つた, 変に, 変るの, 多分に, 夢の, 大事だ, 女の, 好いの, 好いので, 存在する, 完全な, 定まって, 宿る, 寂しくて, 寄って, 寒くなった, 寒くなる, 屆いた, 左に, 平か, 平衡を, 平静だ, 幸福である, 幸福に, 幽かに, 引かれて, 引き寄せられて, 引締る, 弛緩し, 弱いの, 弱かった, 強いか, 強くならざる, 強く働いた, 弾んで, 往った, 後へ, 後れるの, 微かに, 心から本意, 心の, 思うに, 急いて, 急かれた, 怪しく擾, 恍惚として, 恐怖に, 恥かしい, 悲しかつ, 惹かれたの, 惹かれるよう, 意識の, 慰められた, 憂鬱に, 憎かった, 或る, 打ち摧, 持てた, 控えて, 散乱し, 日一日と, 昂ま, 明るくなっ, 昔の, 晴々と, 晴れ晴れし, 暗くなつた, 曇った, 曇つた, 曲がって, 最も悪い, 朗らかに, 柔らいで, 極度に, 楽に, 歌って, 正しいから, 此の, 残つてゐる, 残るよう, 母の, 求めて, 波打つて, 波濤の, 派手で, 浮いて, 浮き立った, 浮き立って, 浮んだ, 淋しい, 淋しすぎる, 清浄に, 済まぬ, 温まつて, 湧きました, 湧き立って, 湧き起り去年, 溶けて, 潮の, 激した, 激し時として, 濁って, 無いといふ, 無いの, 無くなって, 無邪気である, 片輪, 猛烈に, 猫を, 現れて, 現われて, 生じて, 生れてから, 畑か, 留守に, 疑は, 疑はれる, 疑われて, 疲れて, 痛む, 痲痺し, 発達し, 目を, 直ぐ彼女, 真の, 眼に, 眼の, 確に, 私には, 競争者の, 紛れた, 緊張し, 練れて, 縮んで, 縹渺と, 美奈子に, 美奈子は, 耐へ, 胸の, 腹の, 腹立たしかつ, 自から, 自分で, 自己の, 良人の, 苦しむ, 荒んで, 萌すので, 落ち着かないの, 落ち着かなかった, 落ち着くよう, 落付く, 要求し, 見え透いて, 解けて, 解けると, 解りかねた, 触れ得るならそれ, 許されぬと, 読めて, 諸君に, 豊かに, 貴女に, 貴方がたに, 貴方がたの, 走つて, 起こりました, 起ったから, 起るの, 軽くなりました, 軽くなります, 通じあって, 通じずなき, 通じたの, 通ずるの, 邪魔を, 醇粋なれ, 重くなっ, 鏡の, 開けて, 震えて, 静かに, 静まったと, 靜まる, 非常な, 音を, 頭に, 頻りに苛, 顫えた, 飛んで, 首を, 騒いだ, 騒ぎだす, 騒ぐの, 高きに, 高ぶって, 鬱いで, 黒くなる

1 [3675件 抜粋] ああここ, あさいとかいふ, あたしの, あったし, あったので, あっては, あふれるよう, あまりに寂しく, あらぬ方, ありかつ, ありますの, あり稲岡, あるいはき, あること, あるという, あるなら天若日子, あるやう, ある希望, ある行って, いい, いきりたつた, いけなかったん, いたみます, いっぱいな, いつしか非凡, いつぱいにあふれてゐるやうなそんな便り, いつも二人, いまこの, いらいらした, うき出して, うすくなる, うたれた, うねった, おおようで, おこつたいつか釣竿かたい, おちこんで, おちつき, おどり出して, おののくこと, おれは, お前の, かうした義憤的, かくも, かり彦右衛門, かわりは, きまったろう, きれいに, くべき三つ, けさせ候よう, こけ笑, このなん, この着物, この郷愁, こもつて, これを, こんなに違うなら, ご尊父, させた火遊び, さびしくて, さらに新, しきりに動いた, しずまったころ, しっかりし, しまいには, しらじらと, じめじめと, すくなかった, すさみがち, すっかり消え去っ, すっとし, すでに毛深い, すべて止ん, すみませぬ, ずっと深く, そうさせた, そうなら, そなわって, その一つ, その几帳, その損, その真実, その逆, それなりに, そんなに自由, たくさんの, ただ黙々と, たんなる誤伝, だんだん明るく, ちぢかまるという, ついた, つかれ弱りはてたとき, つひに, てんでん, とがめるので, とけても, どういうよう, どうして鎌倉, どうもおさえ切れなくなった, どこかの, どのくらい, どんなにそこ, どんなふう, ないとか, ない有様, なくな, なく社会, なさけなかった, なやみに, にわかに変った, のこって, はいって, はちきれそう, はてしない, はれ, ひかれその, ひがんだの, ひとごととは, ひどく圧迫, ぴっかり眼を, ふとそれ, ふれあえば, ほご, ほんとに解り出した, ますますとろけた, またもや旋風, また沈ん, また遣, まだ真剣, まるで別, みだれましたら人, みんなむずかしく, むづむづ動い, めいって, もう一度自分, やがてば, やしな, やっと落着, ややすこしお, ゆくと, ゆるされませんよ, よい, よくわかった, よみが, わいたん, わからないの, わかりかかって, わかりませんでしたけれど, わかる心地, わきたつばかり, わたしの, オレは, ジク, トテモ正直です, パリ祭だ, ムキでない, 一つにさえ, 一体穢れ, 一層募る, 一方へ, 一瞬に, 三十歳の, 上の空に, 不思議だ, 世相の, 主であり, 乗りうつるかと, 乱される事, 乱れふっと, 乱れ申したわい, 二つであっ, 人知れぬ, 今に, 今や町全体, 他人に, 休まつたといふ, 休まるもの, 伸, 何かに, 何事も, 何等かの, 信じられないん, 偶然にも, 傷つくだけの, 傾いたの, 僅な, 僕には, 元に, 充ちたりて, 先か, 先生に, 全く書物, 八方へ, 其の人, 円味を, 冴えとても, 冷たく慴, 凶暴に, 出ないこと, 出来怯, 分つたか, 分りません, 切ないほど, 判ったよう, 判らぬ, 別々に, 刺戟される, 創作の, 勇まれた, 動いたそこ, 動いても, 動かず所謂敬, 動きそう, 動き出して, 動くやう, 動揺した, 十の, 単純で, 即ち阿, 去って, 取りみだれて, 口吟む薄情な, 可愛らしく素直, 同時に動きだす, 向くという, 向ふべき, 周囲の, 和みて, 和められた, 和らぐか, 咎めながら, 唆られる, 喜びを, 囚われたの, 地球に, 場内一パイに, 変ったの, 変るかも, 変わりさえ, 変調を, 多くお, 多忙である, 大きな力, 大層なぐさめられた, 失せぬ畢竟, 奇麗に, 好いよう, 妾の, 嫂の, 子供たちを, 宇治を, 安らかでありません, 安逸を, 定まらず胸, 実直な, 寂しい, 寒くなつた, 対世間的である, 少いだけに, 少しなおっ, 少し痛い, 尽せないので, 届きませんか, 左右さるる, 帰依してる, 常に裏づけられ, 平気で, 幾島を, 引かされて, 引きしまらずには, 引緊って, 弱くなっ, 張り切つて, 強いそう, 強いのよ, 強うご, 強くなれ, 強く無理, 強まって, 形の, 彼れ, 御息所に, 徹すれば, 必要な, 忙しかつ, 怒りと, 思はせるので, 思わせた, 急くそれでは, 怪しく曇っ, 恋愛の, 恥か, 息苦しい異性, 悪い方, 悲しみに, 情けない, 惠まれて, 惹かれた様子, 惹かれるやう, 愛すの, 感じられる, 慌てて, 慰みふだん, 慰められるの, 憎い, 憩まる, 戒体じゃ, 戻り口, 承知せず, 抜けきれなかった, 拡いこ, 挑発され, 据って, 描きたいの, 揺れた, 支配せられるだろう, 救はれ, 文学へ, 新しい気分, 日本人より, 旺盛にさえ, 明るくなった, 春を, 晴々し, 晴れ晴れした, 暗くなり, 暗澹たる, 曲つてゐる, 書かれ, 最近に, 有ること, 期せずして, 本当に私自身, 来て, 校長先生を, 極く, 楽しいの, 楽しまねば, 次第, 次第に父, 歓ぶ時, 此方へ, 歴史的実証と, 残る, 殘る, 気遣われた, 求めたもの, 決してない, 決まりましたので, 沈み手が, 沸き立ったり, 波立つばかり, 洗われ二人, 流れ出し筆, 浮いてるん, 浮わ, 浸されて, 淋しい一生, 深いこと, 深くなつ, 深く潜ん, 深過ぎる, 清い人, 渇くの, 済むよう, 測りかねたもの, 湧き伸子, 湧上った, 満たされるの, 溢れて, 漂ひ, 潜み入ること, 激しいから, 濁りすぎましたのう, 火取虫といった, 無くて, 無性に, 無邪気なら, 焦立って, 熱くならなかった, 燃え上るよう, 燻る, 物象の, 牽かれる, 狭いからの, 現われるとか, 甚だしく常人, 生じ重い, 生活に, 異議を, 疲れたり, 痛くな, 痛むなどと, 癇癪を, 白々しく見え, 目醒され, 直らないので, 真つ, 真情か, 着いた, 知れた, 石なら, 確じゃ, 私が, 移って, 積み重なり合って, 穩や, 突然起った, 竦んだ, 箇の, 籠められ, 純粋の, 終夜の, 絶えずおこっ, 緊張した, 置かれる小説, 翌日朝がけに, 考えて, 育たない, 脈々と肋骨, 自らを, 自分自身を, 致しますので, 苛立って, 苦しいが, 苦しみが, 荒ましくな, 華奢であった, 萎縮し, 落ちつかなかったが, 落ちつき気楽, 落ち付かないの, 落ち着かないところ, 落つき天狗さん, 落着きひとり感心し, 落込ん, 薄らいだよう, 虚栄心と, 蟠って, 行つてゐる, 衷心から, 要求する, 見える, 見徹, 解けたらしい彼, 解けぬ事, 解せなかった, 解らないん, 解るの, 許さないから, 許しませなん, 詩的にも, 誘われ易く, 読み返された, 變つた, 責めて, 走り待ち遠しく, 起させる卑しい, 起つたけれども, 起らないからね, 起りがちで, 起ること, 足りないため, 跳ね返って, 躍ります, 転倒した, 軽くなつた, 近寄って, 迷ひはじめます, 通うよう, 通じますか, 通じ合うよう, 連日湧いた, 進まない強いて, 遊蕩的に, 遠くなった, 還つて來, 醗酵し, 重かつ, 重く歩み, 重たくなる, 鈍つた, 鋭い嫌悪, 鎮みきっ, 閃めい, 間もなく溶け, 阿賀妻を, 随所に, 集まって, 離れれば, 露れた, 静に, 静実に, 響に, 頼りなく, 飲み込めて, 馴染んで, 驕つて, 高められて, 髪の毛の, 魔王の

▼ 心~ (2285, 2.9%)

32 体も 29 空に 23 手伝って 17 身も 15 身体も 11 魂も 10 なかった 9 ない 8 からだも, そぞろに, それに 7 心ならず 6 ある, おのづか, まじって, 何も, 出て, 動いて, 少しは, 消えて, 落着い 5 あって, あつた, しぬに, 知らないで, 肉体も, 落ちついて, 解けて, 軽く身

4 [11件] あった, しらず, そらに, ないで, 失せて, 姿も, 察して, 彼の, 消, 空の, 自然に

3 [32件] あったの, あらず, あるの, ここに, これで, すが, すくんで, なければ, なごやかに, 一緒に, 付かざりしが, 出づべし, 大方は, 奪われて, 強い, 心ならね, 打ち込んで, 持って, 晴々と, 浮, 留まらざりし結城, 知らず, 知らずに, 私の, 空も, 自分の, 起こった, 起った, 起って, 起らないので, 起らなかった, 體も

2 [138件] あったであろうか, あの貌, あやしき興奮, ありました, あり更に, あり言葉, あるので, いくらか, うつろに, うわの空に, かきむしられて, かるくなった, かろく身, ご存知なく, ささげて, さらになし, したがって強く, そこに, その人, だん, ともにはためき, とろける, とろけるよう, どうなります, ないの, ないやう, ないよう, ないらしい, なえて, なかつた, なくその, なくただ, なくなって, のび, のびやかに, へとへとに, やさしいむす, よわよわと, フラ, ブル, 乱れて, 交って, 今迄の, 似るでご, 何か, 何時しか健, 作られる物, 働いて, 僕が, 全部を, 加わって, 動いた, 動き溺れる者, 又曇つて, 又曇つて來, 同じやう, 同様に, 和らいだ, 困憊しきっ, 大抵知れてる, 夫人に, 妙に, 宙に, 定らない, 幾分か, 底から, 弱い人, 弱し何, 強く動いた, 形も, 心ならざる, 心後暗い, 必要と, 急がしかつ, 急に, 情熱も, 感情も, 慰められて, 手つだって, 打ちこんで, 春の, 暗い, 暢びて愉快に, 未だ仲, 柔らかく感じ, 極度に, 水の, 沈みからだ, 洗われて, 湧く, 溶けて, 漫に, 潜んで, 澄んで, 無かつ, 無くて, 無しに, 無意識の, 父に対する, 独楽の, 疲れて, 疲れ果てて, 目も, 相当に, 眼も, 知って, 確かに, 突きさ, 綿の, 美しい, 育って, 興味も, 草だらけである, 萎に, 落ちついた, 落ちつかなかった, 認められる, 起こって, 起こらなかった, 足も, 躍るよう, 身に, 軽くな, 軽くなっ, 軽く楽しい期待, 軽く樺の木, 輕く, 進まなかった, 青年の, 青春も, 青枯れ, 静かに, 静まって, 非常に, 領し, 頭も, 顛倒し, 驕って

1 [1598件 抜粋] あそこまで, あったか, あったので, あなたに, あの強い, あらくなっ, あらねど, あらゆる狂気, あり哲學者, あるから, あるという, あるまじいもの, あるわけ, あろう, いくぶん鎮まつた, いくらか唆, いずれは, いつか弛ん, いつのまにかちぢこま, いつの間にか赤ん坊, いまは, いろいろな, いわゆる土民, うちかけ, うちそ, うらぶれ果てて, おきないでしょうね, おだやかで, おどおどし, おのずと伸びやか, おのれの, おッ母さん, お告げすべきである, お母さまを, お顔, かく騒ぐまじき, かなり強く, かるくうれしさ, きびしくな, くつろぎまた, ぐったりし, ここまで, この山, この静か, これには, ごく平穏, さいうふ, ささげるため, さだかでない, さわいだり, しどろに, しみじみ分る, しを, じ広大, すぐれて, すさんで, すずろに, すっかり和らい, すっかり疲れ果て, すつかり慰められる, すべてが, すみ渡りけり, ずいぶんたま, そうである, そそられるよう, そぞろの, そつくり自分の, そのままに, その実, その春, その池, その祈願, その通り, それで, それにつれて, それ以上は, そんなとき, たいへんやさしく, ただならぬよう, たよりなく, だんだん正常, ちぢみ上って, つい鈍る, つかず握つて, つかれて, つき詰めて, つよければ, とかく乱された, とけず古, とまらず, ともに重なり合い, とろけそう, どうかし, どんなもの, ないと, ない事, ない有様, ない粋, なえ, なく, なくさりとて, なくて, なくなつた, なくフイ, なく世, なく何と, なく寝, なく想い, なく桑名, なく漁つて, なく私達, なく見向き, なく貧苦, なごみ時に, なしまた, なりはてて, ねじれたよう, のびのびとして, はずむという, ひかれなかった, ひらかれるであろう, ふと翳っ, ほとほとに, ほぼ傾い, ぼんやりし, ますますうろたえたらしく, またありのまま, またくつろぐ, まただんだんに, またますます, また何もの, また堕落, また常, また悲しかっ, また格別, また物質的, また賢く, まだどうなる, まだ知らない, まったく打たれ, まるくいたしましょ, みんなあの, みんな夫に, もうすさんだ, もう胸, やさしくない, やっとしずめる, やつれきつて, やはり邪業, やや定まった, ゆかぬ明け, ゆるして, ゆるみ不覚, ゆるんで, ようよう定まり, よくわかっ, よほど折れ, わいた, わかりまた, わが住む, わくわくし, タクラミも, ヘトヘトに, 一つという, 一ぺんに, 一度に, 一洗せられ, 一面には, 不仁慾は, 不平も, 不透明な, 世事から, 中途半把である, 之を, 乱れるの, 二つながら清め, 交つてゐた, 亦は, 亦益々, 今に, 今上の, 今迄よりも, 任せきって, 休まるであろうと, 休も, 何かしら, 何となくすまぬ, 何時間かの, 使って, 俄に, 假令一時的で, 健康に, 傾けず或, 僅かに, 僕には, 僻んで, 元氣, 全くの, 全く消え, 公判を, 共に悲しみ, 共に歓び, 内も, 冴えて, 冷える, 冷め果てた今日このごろ, 凍え切ったこの, 凡て截斷する, 出でず世, 出るだろうと, 出来て, 切におりおり沈む, 初めの, 別天王, 前方だけに, 加わり色んな, 勇むの, 動かされて, 動かないでは, 動く日数, 包むよう, 十字架を, 単なる憎み, 博く, 及ばずこれ, 反射鏡に, 只, 合わずまた, 同じ心, 同前で, 名誉慾も, 君と, 君も, 呆然として, 和まれて, 善良で, 器量も, 境も, 変ったのよ, 多分に, 多少落ち着い, 多親, 大地と, 失せない訳, 失せ真, 失って, 失われかけて, 奮発心も, 好奇心も, 娯します, 嬢次様の, 安からん, 安ま, 安まろ, 定まつて, 実に苦し, 容も, 寛く, 察せられて, 少し自分, 少女の, 屹として, 崩壊の, 師の, 年頃の, 度々の, 引き入れられて, 引き締まって, 弱い人間, 弱かつ, 弱くオ, 張りきって, 強いよう, 強く鋭いのに, 弾むの, 得なかった, 御身体, 心ならない, 忘れて, 忽ちその, 思いあわされた, 思はさる, 思わないで, 急くから, 恋路の, 恢復する, 悲しかった, 情操も, 想像出来なかつた, 愉快で充たされるだろう, 感じなかった, 感じるので, 慰まで, 慰めるという, 憂く閑窓, 成長し, 或は慾情, 手伝い教えられた居留地, 手伝ったもの, 手伝つて彼女の, 打ちますし, 打ち込める人, 打込んで, 抑えて, 投げ出したい落胆, 投げ込んで, 抱いて, 持たずまた, 持ち合わせて, 捧げきってこそ, 捧げられた新婚早々, 捧げ尽して, 捨て, 措かで, 放ちとうぞんずる, 整った頭, 新たに, 既に国学者, 明らかに, 昧くなる, 時時は, 晴々しくなっ, 晴れるであろうと, 暗い降つ, 暗黒に, 曇って, 更まっ, 有りましたが, 未知の, 柔らかい子供ら, 格別騒い, 植えつけられるであろうが, 楽しまん, 樹上の, 次第に明るい, 歌で, 正成の, 此の, 死ぬとき, 殘らず, 氣おくれ, 汚れてるじゃ, 汲んで, 決してお, 沈着か, 泣いて, 洗はれ, 活溌に, 浮きあげて, 浮き立つ思ひの, 浸して, 消えなむ, 消え体, 消え消えに, 消入らん, 涼しく, 涼風に, 深い寂寥, 深き元結, 深く起り, 清く覚え, 済むまい, 湧いたから, 湧きますが, 湧き出して, 満足の, 溢れるばかりに, 溶けるよう, 溶け込まして, 溺らせながら, 漸く大原, 濡れて, 炎に, 無く其畳, 無く某君, 無論に, 焼き尽くすもの, 父の, 片時なりと, 狂うばかり, 狂はむ, 献げ得る, 理解し, 生じない, 生ずるとともに, 由子の, 畢竟するに又, 疲れた, 疲れ人馬とも, 疲れ弱つた, 痛めなかつた, 痺れたかの, 瘠せ細る三日月, 益々やけ, 直ろうかと, 相當, 睡らるるまでに, 知らずおのれ, 知らず山人, 知らず行く月, 知らで和歌, 知らない方角, 知らねえでこいつ, 矯めなおせると, 砕けつつ, 硬直する, 私に, 私達には, 稍や, 空なる, 空足も, 窃に, 精神も, 細つて行つた, 結局は, 緊張し, 緩和され, 縷々と, 置かれ後髪, 美しいが, 美しい手古奈, 美を, 考えも, 肉體も, 胆汁質に, 腐らして, 自から, 自分以外の, 船の, 色も, 苦し, 荒んで, 萎えきった祖母, 萎ぬ, 落ちいぬよう, 落ちつかぬ内, 落ちつけば, 落ち着いて, 落付い, 落着か, 葉子には, 薄らいで, 虫酸が, 行く秋, 衰え出して, 覆る楽, 見えぬ, 見ぬきそう, 覚えたが, 親を, 解けずいにしへ思, 解けるだろうと, 解け子供, 言葉も, 訴えに, 読みたいと, 謙虚に, 貫き其の, 起きませんでしたが, 起こさず静か, 起こる, 起ころうという, 起したん, 起らずと, 起らないでしょう, 起らなかったかも, 起りました, 足利登子, 躍って, 躍る業, 転倒した, 軽い冬, 軽くそして, 軽く前山邸, 軽く歩, 軽く羽根, 軽く鼻歌, 轉倒し, 迷雲妄霧の, 通ずる女性, 運動循環する, 違ふところが, 酔う, 重くいやいやながら, 重たかった, 針の, 鎮ったらしい, 鏡台の, 闇と, 除かれました, 離れ離れに, 静かで, 静まったか, 順調に, 頭の, 顔淵に対してだけは, 顛動し, 飛んで, 高かった, 高潔の

▼ 心~ (1646, 2.1%)

23 あつた 14 思って 12 それを 11 もって, 私は 10 叫んだ, 自分の 9 あらう 8 あらうか 7 叫んで, 泣いて, 生きて, 見て 6 つぶやいた, 呟いた, 彼は, 思った 5 ハチ切れ, 吾子よりも, 考えて 4 あつて, 人を, 眺めて, 空を, 自分を, 見つめて

3 [34件] いっぱいだった, いて, いろいろの, こう思った, この手紙, ござります, ね, ひそかに, 一ぱいに, 一杯に, 今まで, 他の, 何か, 呟いて, 女を, 居させたいも, 岸本は, 待ち続けて, 感じて, 手を, 打ち消して, 泣いたよ, 直さうと, 眺めた, 祈って, 笑ひ, 考えた, 耳を, 胸を, 自分が, 自分たちの, 許して, 進んで, 頭を

2 [89件] あらうが, あらうでござる, いって, いっぱいで, いられるの, いるの, うなずいて, おりました, おります, お思い, お礼を, この世を, この少女, これは, さう言, して, しみじみと, その中, それと, つぶやいて, では, ながめた, ながめて, ならぬから, ほめて, もつて, よんで, わたしは, 一杯にな, 人生を, 今の, 他を, 凝と, 十分に, 受け取ること, 叫びながら, 叫んだが, 叱咤し, 咎めながらも, 囁いた, 女の, 家へ, 少年の, 帰って, 待ち續, 後悔し, 念じて, 念仏を, 思いました, 恐らく自分, 想った, 愛して, 推測る, 昨夜待ち明し, 書いて, 望んで, 決めて, 汽車の, 消えて, 物を, 眼を, 確かめてから, 祈つた, 祈りながら, 私が, 私の, 私を, 笑つてそれを, 米友を, 繰り返した, 繰返した, 考へて, 胸が, 藤野さんが, 虎としての, 見つめた, 覗き見る, 観て, 言つて見た, 赤くなつた, 身体には, 迎へる, 近寄ったが, 道に, 集って, 静かに, 頷いた, 飽迄も, 黙って

1 [1167件 抜粋] ああ彼女, あこがれる, あちこちと, あつたらう, あなたの, あの女, あやまった, あらは, あんたに, いいました, いかに自分, いたかも, いたの, いたわりあって, いっしょに, いっぱいであり, いつぱいだつた, いつも町, いました, いらせられますか, いられなくなって, いられるとも, いるから, いるところ, いる事, いろいろその, うごいて, うちに, うつむいたまま, うなづいた, うろうろした, おあり, おかしく思った, おとら, おぬいさん, おるが, お交際, お出掛け, お婆様, お家の, お母さんはと, お訊きする, かかれはじめて, かぞえた, きいた, きかない奴, きくこと, きめて, きりきりと, くじきながら, こうしてほうつき, こう叫んだ, こう言いました, このお, このむずかしい, この一月, この作者, この小さな町, この屋敷, この矛盾, この詩, こればかりは, こんなこと, こんな体格, ござりましょう, さう, さう云, さう感じた, さけんだ, さへ, しかも愉快, しずかに, しばらく離れ, じっとし, じっと見入った, すぐに, ずっといた, せめて其近所, そういうこと, そう叫び, そう見極め, そこに, そして, そのいかめし, その人, その少し, その映画館, その歳月, その色, その音, そむいて, それでわたし, それは, そんな想像, そんな風, ただ歩む, たつた一度, たまらないの, だんだんと, つねに主張, つぶやき, つぶやきました, できた無数, でも, とりあげて, どうか訳, どうして私, どんなに不安, なお一命, なお静か, なくして, なすところ, なぜしなかった, ならなかったお, ならなくなりました, なろうよう, ののしる, ひきつれられた方角, ひとつ北原先生に, ひどく悦んだ, びくびくし, ふと思, べつべつに, ほかの, ぼくを, また幾度, また降り, みれば, むしろ憂欝, もういくつ寢, もござりません両親, ものを, やったこと, やって来たの, よく考え, よみさらに, よろこび, わしの, わたくしどもの, わなわなした, ゐるらしく両手, カーテンを, キリキリまい, ゴーリキイは, バラックを, ボイラーを, 一ぱいだつた, 一ぱいな, 一ぱいになつて了つてゐる, 一パイで御座る, 一層心, 一日勇気を, 一杯の, 一生を, 一色の, 七むづかしい気分を, 三時過, 上から, 下から, 不思議に, 世の, 世間の, 久能は, 二人で, 云いました, 云うん, 云ったもの, 云つてた, 互に見つめ合ってる, 人の, 人物の, 人生第, 人間らしい正しさ, 今その, 今夜持っ, 今後何年かの, 今日死のう, 仏さまに, 仕事を, 以て, 仲よく話し, 会得する, 何くそ, 何もかも過去, 何心なく, 來る, 俺が, 個展を, 働きたいこと, 僕は, 兄事する, 全くそれ, 其後特高係が, 冷たい物凄い荒んだ, 出たに, 切なく呼んだ, 制しながら, 前に, 割り切って, 力めば, 動く者, 勝つの, 半信半疑で, 卑しみ, 厭いながら, 反応した, 取扱われる, 受けた, 受けませんと, 受けるもの, 受取った, 口の, 叫びました, 叫ぶと, 叫んだの, 叱って, 叱つて, 史実に対して, 同情し, 向える, 君と, 呟いたふう, 呟きながら, 呟くと, 呪って, 呼びかけて, 呼吸を, 喜びながら, 喜び後, 喫むものじゃないからね, 嘲笑は, 噛みしめる味, 囃して, 固めて, 国を, 土の, 塾の, 士族の, 外に, 夢中の, 大僧正は, 大漁した, 太夫黒と, 夫の, 契月が, 如何なる処, 妹に, 始終思っ, 嫂を, 安心した, 安穏に, 定めなければ, 家族の, 寝台に, 将軍を, 尋ねた, 少しく自分, 少し絵, 尻の, 居させたいもの, 居たもの, 居て, 居りやんす, 居ると, 居士が, 市川玲子から, 常に愛, 幸あれ, 庭面に, 弁信さんに, 弁疏した, 弟が, 強う制統, 彼に, 彼を, 彼女の, 彼女を, 後の, 得られるもの, 御主人, 御自分, 微笑みかけて, 心へ, 心配したい, 応えて, 怒つた, 思い出して, 思ううち, 思ったまま, 思ってるん, 思つ, 思つただけでも, 思ひ直して, 思ふまいと, 思われて, 恐怖も, 悔いて, 悔みながら, 悟るよう, 患者は, 悦んで, 情けなく思ひ, 惜しんだか, 愛した, 感じたあの, 感じとるの, 感じ得る人達, 感覚し, 慕って, 憐んで, 我々の, 手欄を, 打ち消すあと, 払っても, 押さえながら, 押しとおして, 拝を, 持てあまして, 挨拶なぞにも, 掌を, 掩う, 描き出して, 支持され, 改めて文子, 数えて, 斎宮を, 新らた, 既う, 日月星辰を, 日本刀の, 昔から, 時々余, 晋作は, 暫く御, 書いた乱れ書き, 書きたい, 書けたらなあ, 月や, 有難く頂戴, 期待し, 来たの, 東宮の, 根絶しうる, 楽しむ, 次ぎの, 次郎さんの, 歩いた, 歩を, 歴史を, 死を, 殆ど夢中, 残念な, 殺人の, 母の, 毎週月曜日と, 気が, 気を, 決した事, 決定される, 沈思する, 法華に, 泣いては, 泣く, 泣けるよう, 淋しさ, 深く感謝, 渡って, 満たされる, 滑稽の, 火中に, 無くちゃ, 無言に, 燃えて, 牛に, 物色し, 牽かれて, 犯すこと, 現れる, 甚兵衛は, 生きるの, 生活し, 用意し, 異様に, 病人の, 登子を, 目を, 相対し, 真実を, 眺めましたろう, 眺めやったであろう, 眺められるの, 眺め自分, 着物を, 矢野に, 研究し, 確信する, 礼を, 祈りそれから, 祈願いたしたなら, 神を, 私には, 穴の, 窓を, 立ちつくして, 立直りながら, 笑った, 笑つてゐる, 答えた, 箒を, 糞落付きに, 納得した, 素朴に, 絵かきに, 編んだもの, 縛り附けられて, 罵った, 罵りながら, 翌朝早く, 考えられませんか, 考えると, 考へた, 而し, 聞いたこと, 聞いて, 聞入った, 聽く, 胎内を, 腹を, 臨めると, 自嘲し, 自然や, 自覚し, 良人の, 苦しみを, 苦境を, 葬列の, 行けば, 行つてゐる, 行動する, 補って, 見すてて, 見たがる人, 見なくちゃあ, 見に, 見るよう, 見上げて, 見入った, 見直したと, 見送って, 観つめて, 観れば, 言うほど, 言ったでは, 言つた, 記憶の, 詑びる, 詩は, 話しかけた, 話しクリストフ, 詳しく論ずれ, 誓った, 誓ひ, 誠に案じる, 誦し出した, 説くこと, 読み味つて, 諸国から, 讚えたの, 象の, 責められて, 貴方様を, 赤い目, 身構を, 辯疏し, 迎え育てて, 迷いながら, 追つて, 送りました, 進一さんに, 過しました, 選びますよ, 部屋の, 采女を, 金を, 鋭くながめやっ, 門下に, 開墾を, 附き合, 附け加えた, 陶淵明の, 障子を, 離れがたい, 頁を, 頷きながら, 顔だけ, 顔を, 願って, 飛び立つ程, 餘り, 驚いた

▼ 心~ (1246, 1.6%)

30 心とが, 心との 19 心の 15 云うもの 11 心を 9 一緒に 8 なって, 体の, 心が 7 云ふも, 体とを, 心と 6 なつて, 体との, 同じよう, 心とを 5 いって, なりて, 体とが, 心とは, 肉体との, 肉体の, 身体との 4 なる, 一つに, 何の, 手と

3 [20件] この二つ, して, すれば, せよ, その心, それから, 云うの, 云ふ, 体とに, 体を, 反対に, 反対の, 姿で, 心, 心とで, 手とを, 肉体が, 興味とを, 言ふ, 身とを

2 [78件] いうが, いうものの, いっても, からだを, しなければ, する, すること, する工藝, そこで, その表現, それに, なり, なり或, ひとりあるき, われ思はね, 一しょに, 不安とを, 並び存, 二つに, 二つの, 五百里位は, 人を, 体とは, 体に, 共通する, 処女としての, 力を, 動作とで, 十六夜の, 反対な, 合体し, 合理主義と, 同じだ, 同情を, 君の, 境との, 姿とを, 嫌悪の, 子や, 少しも, 征服された, 心に, 心は, 怯えとを, 恐怖とが, 情に, 慾を, 憎悪の, 手とが, 期待とを, 極度の, 物との, 物は, 申しますもの, 目とを, 直接な, 相反し, 眼とは, 石を, 私の, 秋の, 繋がれて, 羨望心とを, 肉の, 肉体とは, 肉体とを, 自分の, 自負心とが, 自負心とを, 虚栄心との, 言っても, 言葉と, 誤解される, 謀計とが, 身と, 身を, 身体とは, 身体は

1 [796件 抜粋] あたたかみ, あべこべな, あべこべの, ある功利的, いいきれるだろうか, いう, いうに, いうべきである, いうよりは, いたしましては, いつたやう, いふべきもの, いふべき遠い, いやそれ, うらはらな, おいしい料理, おじいさんの, おなじ心持ち, おべっかと, おれは, お松が, お義理, お雪ちゃんが, かぎりない, からだに, がめする, がめらるるよう, けさ早く, この世を, この二点, この生, こよい, こんなにお, しある, しいて結びつかね, したこんな, したもの, したる事, した工芸, しっくり相合っ, しつ, しない, しんけ, し器, し日本, じかにつながってる, すます月, するところ, するに, するは, する人, する太き, せずして, せられたならば, そう違った, そして女, そして知性, そのため, そのどちら, その二つ, その奇跡, その律動, その手紙, その方向, その母, その民主化, それに或, それらの, それを, たましい, ちがわない, つながって, つながりを, つよい知識慾, であった, であって, とうとう自分, とけいの, ながいあいだ, なげやりな勇気, なす, なすもとより, なった, なったこと, なった鬼親, なってからは, なりきれますならば, なりたや, なりつ, なりましょう, なり再転, なり物, なり血, なるだらう, なる処, なれ, なれるとき, にくらしい両手, ふれ合うもの, ほしいまま, ぼんやりした, またそれら, まだ燃えのこる, みえますな, み頻りに, むるは, やさしい魂, やれやれと, よく躾, よめたので, よろこびとを, われの, われら地球人類の, カフェで, スリルを, ファッショや, ミュッセの, ヤスとは, ヴェルサイユの, 一の, 一方万一, 一種馴染の, 一緒の, 一致せざるべからざる, 一致せり, 上流婦人らしい, 不即不離の, 不可知的との, 不平の, 不正の, 不満足は, 世人の, 世界を, 並び存すること, 主に, 主題とすらが, 之を, 争った, 事件解決への, 事物に, 二人で, 云うこと, 云うものの, 云えば, 云えるだろう, 云っては, 云つてよい, 云ふか宗教的感情といふ, 五郎大夫の, 交渉を, 人とを, 人の, 人間の, 今, 今の, 他人の, 他愛の, 伴随し来る, 体から, 体とで, 体は, 何か, 何かに, 何かの, 何処かで, 信仰心とに, 修道院への, 個人意識とは, 個性によって, 倦怠との, 健康とを, 僕の, 入れられるか, 入れ替へて, 全く融け合った, 其の友等, 内へ, 冒険心から, 冒険心とは, 刀の, 別に五年後, 利害心が, 劇好きと, 力と, 功名心とが, 勇氣とは, 勇猛心と, 動物的な, 動物的感覚は, 化し給, 卑怯とは, 博愛の, 反対な調子づいた, 反感の, 取り組めるよう, 叡智の, 口惜しさ, 号し正徳元年六月六日, 同じく愛情, 同じであった, 同じであり, 同じもの, 同じ事, 同じ強, 同じ色, 同一である, 同情の, 同時に少年, 同様に, 同樣, 名づく, 名づけた, 名づけむ, 名づけるの, 名誉心との, 名誉心に, 向き合って, 向上心とが, 告げま, 哀れむ心, 哀愁とを, 固い信念, 基督教の, 壮心の, 多分の, 多少の, 大げさな, 大した変らない, 大変よろこん, 大正昭和の, 失望みた, 女の, 好奇心, 好奇心とから, 好意とに対して, 好意とを, 妻の, 姿とが, 姿勢の, 娘について, 宇宙の, 定むべ, 定めたが, 宮仕, 密接の, 實在に, 対象との, 対蹠的である, 屈辱と, 崇高なる, 己惚れの, 常清, 引っ掻きまわすよう, 強い意志, 強い腕, 形肚と, 彼に, 彼の, 彼女の, 彼女を, 後半生の, 御覽, 徳川時代の, 心とだけでも, 心とには, 心には, 心へという, 心臓が, 心魂と, 快適な, 怒りの, 思いがけぬ密接, 思うこと, 思ふなら提灯, 思ふ男, 思召すか假令どの, 怨恨とが, 恋心よりも, 恐怖の, 恥を, 悪い心, 情熱とに, 惡魔の, 想像と, 意志とが, 愛とから, 愛国心を, 愛情との, 愛着とを, 感覚とが, 慈悲心でなけれ, 慈母の, 慾心とが, 憎悪とが, 憧憬から, 成金とを, 戦うヤミ屋, 戦って, 戸外運動と, 手を, 把持力とを, 抑へ, 拾い得た功名, 描き出す幻, 敵愾心とを, 新らしい, 日清戦争の, 時流を, 智とを, 更に其間, 書くぞよ, 最近思いがけなく, 期待を, 本当に相, 来る夏, 柳生家の, 根氣とは, 楽観との, 欝, 歓びに, 正しいもの, 歩く力, 死によ, 母性愛との, 汚れたる手, 汚れない手, 油断とは, 油絵の, 油絵技法との, 泥酔した, 洒落つ氣, 活気と, 浅い慾望, 海の, 深い微細, 深い眼, 深けれども, 混淆化合し, 清き熱誠, 温かいお, 測り合せるやう, 満足と, 源信とは, 火の, 無意識の, 無感興, 焦, 熱心とで, 爭ひ, 物とを以て, 物に, 物物と, 狎れあはしむるやうな何物, 猟奇心とに, 玄義を, 王陽明は, 環境とを, 生命を, 生活とが, 生活のより, 生活難から, 申しますから, 申し候, 男子が, 異国の, 疑問とは, 病院生活の, 痛恨とを, 皆んなを, 目とをと, 相争う, 相伴って, 相半ば, 相殺された, 相照, 相通ずる, 眞理に, 真に争, 真理と, 真黒に, 眼とを, 睨み合ふために, 瞬時も, 矛盾を, 知らで白露, 確実な, 神を, 神仏の, 競争心は, 筆気分と, 精神との, 精神とは, 精進的態度の, 紙との, 細かなる, 結びつかない恋愛, 結びつく譯, 結びつこうと, 結び附き, 結合させ, 絶對に, 絶望的な, 緊張は, 置き換, 署名し, 美とは, 羞恥心を, 義務との, 考へ, 耳とを, 職業意識で, 肉が, 肉とにおいて, 肉とは, 肉体という, 肉体とに, 肉体以外に, 肺とは, 腕とが, 膠着する, 自から, 自らを, 自制心とを, 自大心を, 自暴と, 自然の, 自由な, 興味と, 興味とは, 般若三藏とは, 良心的な, 色彩効果の, 芸術心の, 若い娘, 苦悩とを, 落ちついたつかれた心, 虚栄心とから, 虚栄心とを, 行きたくない心, 行動の, 衰えはてた, 見えて, 見え暗がりにて, 見るべきです, 親切を, 親切心とで, 言いましょうか, 言うの外, 言うもの, 言ひ, 言ふも, 言われるかも, 言葉に, 言葉の, 詩人の, 語り合う親しい, 説明し, 調を, 調和し, 諦め果てた白々し, 讀者の, 財嚢とに, 赦しを, 足は, 身に, 身体それは, 身体の, 身肉の, 躯の, 軽蔑とを, 軽蔑に, 逆な, 通じるもの, 遊ばせる方, 道義心との, 違うて, 違った行動, 違って, 遠く行く, 野心を, 野望とに, 鑑賞を, 関係ある, 闘争心およそ, 陣痛の, 陰鬱な, 階級的特権と, 雅懐を, 離れぬ物, 電流の, 静かな, 面と, 頗る放縦, 頭とを, 顔が, 顔を, 驚きより, 體その, 魂とは, 魂に

▼ 心から~ (1117, 1.4%)

26 では 11 彼は 7 である, 出たもの, 私は 6 喜んで, 自分の 5 して, 出たこと, 家々の, 解いては 4 それを, だった, であった, でも, なの, 日の, 消えて, 生れる

3 [12件] だったの, です, 人間の, 出て, 出世の, 彼の, 心に, 心へ, 来て, 生まれたもの, 発して, 起って

2 [58件] いろいろの, うかうかと, お待ちし, この人, しみじみと, それに, そんな馬鹿げた, だ, であつ, でなく自分, なる浄, また一つ, ミイラなどを, 丈伸びを, 二人の, 云つても, 人の, 他の, 八時十分前に, 処女の, 出発した, 分別も, 判断を, 取り去る事, 好きな, 妙に, 帰ろうと, 彼が, 彼等を, 後悔し, 御自身, 悦んで, 愛憐の, 感謝し, 最後の, 来た事, 模倣し, 欲しいと, 流れ出て, 消えること, 湧て, 生じたもの, 生れたので, 生れたもの, 生れた芸術, 竹山に, 等々, 自分で, 覗くの, 貴女に, 起るの, 跡形も, 身を, 離れて, 離れなかった, 離れるの, 非常に, 頭を

1 [843件 抜粋] あたしが, あてに, あなたの, あの人, あの女, あの様, あふれた温か, あらゆる嘘, ありがたがって, あるいは少く, ある時, あれほどに, あんたの, いけないもの, いっしょに, いっても, いつか書い, うすらいで, うなづいて, うやまって, うれしい日夜, おかげさまと, おやまを, お互いに, お使, お思い, お時, かたがた袖を, かつは, かわいいと, きれいに, けろりと忘れた, こうした日, こちらへは, このままここ, この二人, この問題, この寺, この機会, この縁談, この老, この陰鬱, これは, これを, こんなに不明瞭, こんなふう, こんな御, こんな記事, さう思, さつと, さる人によって, したこと, してが, しまって, しみ出して, すみませんと, すること, する事, すれば, すゝめて, そういっ, そうすれ, そうつぶやい, そう思いました, そう思った, そう言った, そう述べ立てた, そしてキリスト, そのままに, その人, その建物, その忌わしい, その恭順, その日, その苦痛, その蝶々, その銃, それきり言づてをすることもやめて翌朝早く, それとも教えられ, そんなこと, そんな想像, ただ頸, たとい中津川, たのしそう, ためして, だったろう, だと, だ俺, ちとばかり, つい疑った, でありました, であると, であろう, であろうと, でございましょう, でございましょう誰, でございますとも, でその, でなく国民, で御座います, どうぞどうぞ貴女, どのくらい, ない人, なぜあの, なる一票, なる友, なる告白, なる喜び, なる希願, なる感謝, なる活動, なる笑い声, なる記念品, なんださうである, ぬけだしたとき, ふるい落されるもの, ほっとし, ほとばしり出たの, また廊下, また肉體, まだ相手, まるで遠く, むしろ葉藏, もう一度お目にかかりうる, ものも, やって来るの, よろこぶこと, わが子が, わざと拙者, わざと鄭重, わざわざ坂下, わたくし共に, ゑぐり出した, アイヌの, クリストフを, シックリとは, ジャマする, ジャーナリズム関係に, ダヴィデ実演の, ニコニコし, ハラハラせず, パーシウスが, フイと, ポアイエ家へは, ミイラを, モナ・リザと, 一つは, 一切の, 一刻も, 一掃され, 一時の, 一枚の, 一緒に, 三上を, 上げるの, 不意に, 両方ながら, 二つには, 二条の, 云っても, 五千余騎を, 人びとは, 人爵には, 人間待遇の, 今では, 今に坊, 以前の, 仮りにも, 伯父の, 佃の, 何かとさとす, 何となく丑松, 何度も, 余暇ある, 余計な, 來て, 依怙地に, 保が, 偶然にも, 兄事した, 光と, 全く消え去っ, 全然放逐, 其樣な, 其處は, 冷たくなっ, 出たが, 出たの, 出た事, 出た所業, 出た散策, 出た生命, 出た行為, 出た親切, 出でる天然, 出るの, 出るよう, 出る事, 出る産聲, 出発し, 出発するであろう, 出立せね, 利害の, 利巧ぶりを, 剪除せん, 勇気を, 動かれるよう, 勝ち気も, 区別された, 医師の, 半ばは, 去って, 去らなかつた, 友情が, 取行, 口の, 古い昔, 古蒼, 可愛いがっ, 可愛いぞ, 可憐相だ, 可笑しいという, 可笑しくて, 同情し, 吻っと, 呼び出して, 和盟の, 喜んだかという, 城壁も, 多く発した, 大きな重荷, 大声で, 大町米子さんを, 夫に対する, 夫人は, 奪はれた, 女と, 妹は, 妹娘を, 始まる, 姫君を, 嬉しいの, 嬉しい時間, 子供が, 孤独を, 宗教の, 宮が, 宮は, 宿へ, 富士は, 小さなコツプ, 小君にも, 小門の, 山を, 巌山利き, 差込ん, 常世を, 常陸夫人は, 幸福を, 引窓の, 弟の, 強迫観念が, 彼に, 彼女に, 待って, 後に, 後先見ず, 得た混濁, 御前に, 徳不徳を, 心から貴女, 心へと, 忍んで, 忘られ, 思い留まりました, 思わず瞳, 思わず私, 恥かしい, 恵みを, 悪いもの, 悲しみも, 惜しいと, 惜しみ悲しん, 愈々私, 愉快らし, 愛し且つ心から, 愛し合って, 愛憐を, 感づいたの, 感嘆した, 感泣し, 慰め励まし, 慷慨忠直の, 憎しみ合つた, 我々の, 或いは曾我堂, 戦って, 手を, 手紙の, 扶け, 投げすてたよう, 抹殺され, 拭い去られないで, 拾い上げられた孤児, 探検を, 掣肘され, 推服する, 掻口説かれ, 放下する, 教部省内の, 斯んな, 斯様に, 新鮮な, 春待つ, 昼間嘉十郎の, 時々起る, 時方を, 智恵子の, 暗黒を, 更に塗つた壁, 書かなかったの, 朗読劇を, 本当に感謝, 李, 来たので, 来た悪戯, 来る興味, 松の, 松江の, 柏木の, 柔弱な, 根を, 楽しいこと, 構えた理論, 様式における, 欠点を, 歓び迎え, 歓んで, 此の, 武田博士を, 死んだ伯爵夫人, 殆ん, 殺伐な, 殺伐の, 気が付かなかったの, 気に, 気置き, 水底には, 汝を, 決して形式的, 油炎が, 活気を, 流れ出す儘, 浅ましい迷い, 消えた, 消えなかつた, 消えなんと, 消え去るかも, 消え失せて, 消して, 消すこと, 涙が, 涙ぐましい気持, 深く愛着, 清ちやんの, 清ちやんへ, 湧いて, 湧き出る低い, 溢れでて, 滲み出たもの, 漸, 無作法に, 無為退屈な, 熱さ, 熱望する, 父の, 特に女, 独立した, 狼の, 琴を, 生きなければ, 生まれた, 生まれようとは, 生れたと, 生れた器, 生れた思想, 生存競争の, 申し上げて, 申し訳なく思っ, 町会の, 病める弟, 発したもの, 発した行為, 発するもの, 発足する, 皇運を, 眞から, 真に生命, 眼を, 石屋の, 砂すべり, 示威運動を, 神の, 神様が, 私どもと, 私には, 私有欲を, 秘密書類を, 競争心から, 笑うので, 笑って, 筋違に, 粗野な, 納得の, 終りの, 絵に, 絶えず言いあらわし, 総角の, 美しい可愛らしい珍しい不思議, 美しい笑顔, 翁に, 考える力, 聞いて, 肉体から, 自づと詞, 自分が, 自分を, 自然うとうとしい, 致して, 致すこと, 興行主の, 芝居浄瑠璃その他の, 芸術に対する, 荒木村重に, 落ちた一雫, 落ち付けようと, 蔭で, 薫香を, 虫の, 血の, 行くの, 袖子は, 製えた, 褒めて, 見たあの, 見たら一人, 見ても, 見ると, 見れば, 覚醒し, 親しんで, 観れば, 言ふ, 訊ねるので, 評判に, 話し出されるよう, 語らないという, 誠意の, 説明する, 誰が, 讃め合つ, 谷中派を, 負惜しみという, 賞めそやした, 赤らめて, 起こったこと, 起った想像説, 起った模擬戦, 足利の, 躍り出たもの, 身も, 輝く, 迎へる, 近くに, 追いかけて, 追腹は, 逃げて, 逃げ出したもの, 逃れ出たい, 遂にこれ, 遊べる性質, 遠ざかって, 重荷が, 長く先生, 院が, 雌蕊を, 離れた楽土, 離れなかったもの, 離れられぬ広, 離れ難い, 雨声の, 雲の, 霊魂の, 響く表現, 頼母は, 願って, 願わしいこと, 驚いた様, 驚いて, 黄村に

▼ 心には~ (1061, 1.3%)

12 何か 11 何の 6 一つの, 自分の 5 いって, 新しい不安 4 一種の, 妙に, 或る

3 [14件] いくつかの, いろいろな, この二つ, そう云う, それが, 不思議な, 今は, 何も, 充分の, 問題でも, 悲しくも, 現実に, 自然と, 非常に

2 [50件] いかでか, いろ, この時, さう, つきり, なかった, なほ, なれなかった, なれなかつた, なんの, また新しい, まつたく雨, 互に矛盾, 人世の, 今悲みと怨み, 他の, 何を, 何物も, 全く趣, 六月三十日と, 凡て新しい, 動かされる, 又あら, 口とは, 唯哀, 希望が, 徹底と, 忘れて, 思うが, 思ひも, 思ひ定めんよ, 急に, 悩みわずらう, 想像する, 成れなかった, 散歩を, 新子に対する, 昔の, 暗い不安, 樋口一葉も, 次の, 無用の, 無限の, 現實, 甲冑を, 種々の, 翼が, 自信が, 藤壺の, 血を

1 [862件 抜粋] あさ夕, あつた, あの, あの旧師, あの赤んぼう, あまりに強烈, あまりに淡き, あらず, あらぬかと, ある一種, ある勇気, ある推移, ある自信, あわないでしょう, いっては, いつか月江と, いつまでも, いつもずっしりと, いつも兄さん, いつも子, いつも真新しい, おいよさん, おのずから制限, お前様の, お思い, お浜, かえるまいと, かかるが, かくと, かけないの, かなりの, かれこれ三里余, きょうの, くずれて, こういう覚悟, こう云う, こどもの, このみじめ, この不幸, この事, この二三年前来, この人生, この土地, この旅行, この本, この男, この縁談, これなく, これほど, これまでに, こんな己惚, ごく親しい, さげすむ長崎屋三郎兵衛, さしもの, さなき, しきりに青春時代, しみじみと, しようがない, すぐに, すぐ目のあたり, すこしずつ, すでに何等, せめて今日, そういう若者, そうした床しい, そうたいした, そこを, そのかいま見え, そのと, その人たち, その声, その夜暫らく母親, その日常, その最も, その足, その雪, それさえ, それにも, それほど深く, それらが, そろそろと, そんな欲心, たえず不安, たえず波, たしかに神, ただ不愉快, ただ省作が, たやすく従っ, ちゃんと分っ, ちょうど藪かげ, つい恨めしく, つよい問い, とっさに, とてもなれなかった, とまらなかった, とんでもない, どうしてもその, どうしても染まっ, どう感じ, どこか, どこに, どのよう, どんな思い, ないし, ないと, なお一段六条院, なかなか起る, なぜ悪意, なにひとついう, ならない, なり得ざりしや, なるほど偉い, なれないの, なれませんでした, なろう筈, のこされたの, はっきりわかる, ひどく魅力, ぴんと響く, ふと灯, まざまざと, またまして, また一縷, また愛人, また東京, まだあの, まだほんた, まだ不思議, まだ又八, まだ悠々と, まだ書きつづけたい, まだ職業, まだ諦めかねた, まったくそういう, ままこういう, むかしサンタが, むかし賊寨にて, むろんこの, もうその, もう不安, もう中尉, もう嫉妬, もう直ぐ, もう薬, もし竜一, もっとまじめ, もっと恟々, もつと, やさしい同感, やはり美しく, ゆとりが, ようやく李, わが花嫁, アクロポリスや, イフヒムが, サスペンスと, ナポレオン一世時代の, フェータルな, フッと, レーニンにたいする, 一体ことの, 一口には, 一寸した, 一枚の, 一瞬の, 一瞬羞恥にも, 七兵衛に, 三つの, 三十年という, 三味や, 不動の, 不安とも, 不満が, 不退転の, 久太郎が, 乞食の, 二十年来この, 云い合せたよう, 云い知れぬ杳, 京都という, 人々の, 人待ち顔に, 人生を, 人知らぬ, 人間の, 今なお, 今の, 今も, 今新しい, 今日の, 今言わず語らず, 仏へ, 付き纏つてゐた, 任せぬを, 休息の, 但馬が, 何かが, 何が, 何ごと申す, 何となく崇高, 何とも云え, 何とも弁, 何とも思はぬ, 何れを, 何事かと, 何事も, 何時迄も, 何等の, 余裕と, 侍らずかし, 俺が, 偽りが, 偽りは, 億劫に, 元より, 充分殺意, 先ず第, 先刻の, 光明を, 入れないよう, 全くあり得ない, 全く自ら, 六月が, 共和主義的な, 其間に, 再び不安, 再び權威, 写らないの, 凱歌が, 切實に, 初陣の, 別だ, 到底捜, 刺されたとげ, 前の, 勃然として, 勝負の, 午前中感じる, 半ば形に, 単にそれ, 厖大な, 厳めしい, 又新らしい, 取りと, 可なり, 右の, 同情する, 周囲と, 和一郎に対して, 品の, 喜びと, 嗅煙草と, 堅い一人, 声なき, 変てこな, 変りありません, 変りは, 多分な, 多少の, 夢の, 大きい不安, 大きな孔, 大きな落陽, 大きな風穴, 大金庫, 天魔が, 奇妙な, 奇怪な, 女が, 女の, 女王の, 妄想散乱し, 妻だ, 婦人に, 婦人の, 字という, 孤独でない, 学校の, 宇宙の, 安らかな, 安住の, 安心と, 実に実に嬉しい, 実に深い, 宮の, 宮を, 家中の, 容易に, 尊き御事, 少しも, 少年らしからぬ, 己の, 己れ, 常に充足, 常に創造, 平常少しの, 平次の, 幾つ悪い, 当然の, 影もさ, 彼も, 彼等の, 後年の, 御留め, 心の, 必ず懐疑, 忠直卿の, 忽ち彼, 思いながらも, 思うても, 思えども, 思つて居る, 思へども, 恐ろしいある, 恐ろしい夢, 恥かしくその後は, 恭一や, 悩みと, 悪が, 悪徳をしか, 悲しそう, 悲しみが, 惑ひあり, 愛するエイリイ, 愛情の, 感じては, 慄然と, 憎悪と, 懐しき尊さ, 懐疑は, 懸けないよう, 成れないもの, 成長を, 我を, 戦争を, 戦慄を, 折りおりに, 拝むよう, 排斥する, 掛かったけれど, 揺ぎが, 數百年の, 斜に, 新しい勇気, 新しい決意, 既に藩, 日ごとに, 日頃, 昂奮を, 映らなかった, 映るなり, 暗いと, 暗い影, 暴風もなどか, 曰くインネン故事来歴が, 最も性欲, 有繋, 朝霧夕霧の, 期待を, 本物の, 果たして一人, 枯淡な, 様様の, 樂しい, 次第に疑問, 歎賞し, 正しさ, 此上も, 此不滿が, 歩廊の, 殆ど甘味が, 殆巧妙な, 残って, 母も, 母親の, 毒を, 気の毒で成らぬ, 気楽無事だけ, 決してなれなかつた, 決めて, 沁み入, 沢山の, 浅ましく情なく思へ, 浮ばない, 浮ぶの, 涙が, 涙を, 深い人間, 深い所, 深き悲しみ, 深くとめられた, 深山の, 温かいもの, 澱んだ水, 激しい動揺, 激しく徹, 火の, 灰色の, 烈しく動く, 焔で, 無くなってるよう, 無実の, 無論それ, 無頓着である, 無駄な, 焼きついて, 父親の, 物思いが, 物質的の, 猶アヌンチヤタ, 猶苦痛, 珍奇に, 現世は, 甘美と, 生活の, 田園生活が, 留まらなかったの, 異性の, 疑いを, 疑ふ働き, 疑惑の, 発達の, 直ぐお, 直覚的に, 相違なかつた, 瞬間温く, 知らず識ら, 知れないほど, 砧まき紅梅餅と, 祖先神仏の, 神の, 秋の, 立たれるまで, 米を, 結婚と, 絶えず斯, 絶え間の, 絶大微妙な, 続いて, 美しさ, 義憤的な, 習慣の, 聊か敵意, 能く, 腹も, 自ら疑惑が, 自分が, 自然さっきの, 自身の, 船長や, 色々と, 芭蕉に, 芳子が, 若い熱心, 藁屋から, 虎に, 行末と, 見なれたその, 観ず, 覺え, 言いあらわせない反抗心, 誇張せられ, 誓いましたものの, 論理に, 貰ふと, 起こりえなかったであろうから, 起こり得ない, 起らなかった, 踏まれた芝土, 躾けも, 軽い奮励, 迷信の, 通じなかったらしく黙って, 遅くて, 遠い一生, 遣瀬, 適うまいよ, 適わしいもの, 邪の, 重き傷痍, 重荷で, 野村が, 錆が, 長い気, 閃くよう, 関り, 阿弥陀ほとけ, 限度が, 院の, 随分さびしい, 青砥の, 非ざる, 音信不通に, 順助に, 餘り, 馬耳に, 驚くべき正し, 高い空, 魅力の, 魏の

▼ 心にも~ (975, 1.2%)

51 ないこと 13 ない事 9 ない嘘 6 なって 5 それを, ないお, 無い事 4 何か, 無いこと, 父を 3 ない人, ない日, ない自白, ない言葉, なれなかった, 不思議に, 似て, 美しいと

2 [48件] あらねど, この愛すべき, さすがに, その画, ない, ないこんな, ない世間話, ない乱暴, ない作り事, ない偽り, ない取, ない善行, ない意見, ない立聞, ない豪語, なくなぜ, なく人, なく貴女, なった, なつて, なる, なるもの, よく, アレ先生が, 不思議な, 主の, 似ず高木, 余裕が, 光りあらしめよ, 判った, 勝平に対する, 富んで, 少しの, 少女らしい, 彼らの, 愛して, 感じられて, 感じられるの, 手にも, 猶この, 珍らしい, 私は, 自分の, 言葉にも, 身にも, 鋭い刃物, 雨の, 非常に

1 [749件 抜粋] あった, あったこと, あつて, あてはまること, あまりの, あやしと, あらず恋人, あらでホヤ, あらぬ事, あらぬ恨み, あらぬ月, あらぬ脛, ある, あるかな, あると, あるの, いくぶんかの, いくらかの, いつもなら, いと忝, いろいろな, うごかされやすい, うつろな, うれしかった, おかしくて, おのずからなる勇み, お正月が, お蘭, かからなかった, かかる筈, かけないほどの, かけなかったその, かなうもの, かなりの, からだにも, きつい抗議, こういうふう, こつちの, この嫁入り, この憤り, この言葉, この話, これは, これらの, ごまかしの, さす, しだいに浮かびあがっ, しみじみと, しみ透るよう, しむばかりの, じっとし, すぐ分った, すでにそういう, すまない気, そうした怯え, そう思われる, その事, その奥さん, その波動, その祈願, その荒涼, そまぬ様子, それに, それは, そんな危険, そんな惡戲, そんな青い, た, たいへんイヤ, たれかかつて, ちょっと恐ろしい, ちらりと浮んだ, とどまらないため, とどめて, とまらなかつた所, とるなど, どうお, どうして同情, どきんとし, どんなに心配, ないうそ, ないこ, ないすね, ないつらい宣言, ないふしだら, ないやせ, ないポーズ, ない一役, ない一頃, ない不実, ない不義理, ない世辞, ない世辞追従, ない世間受, ない亭主殺し, ない人殺し, ない偉がり, ない先ほど, ない労力, ない勢い, ない反, ない反対, ない夜, ない大, ない大道芸人, ない妥協, ない媚び諂い, ない小説, ない御, ない快活, ない恩恵, ない悪, ない悪口, ない悲劇役者, ない愛想, ない態度, ない戲談, ない技巧, ない文句, ない文学上, ない旗印, ない日蔭者, ない時局的, ない智恵, ない業務, ない楯, ない機嫌氣褄, ない歎息, ない気安め, ない洒落, ない渡米, ない無心, ない猛りだった, ない生き方, ない申立, ない矯飾, ない笑顔, ない約束違い, ない義理, ない義盟, ない自分, ない芝居, ない處置, ない虚偽, ない表現, ない褒め, ない言, ない言行, ない誓い, ない説教, ない起請文, ない返事, ない道行, ない里住い, なかつた顔, なきこと, なき商買, なき大, なき情なき事, なき惡逆, なき殺人, なき疎遠, なくいつか, なくかすか, なくそれに, なくそれら, なくほめちぎって, なくやらせて, なくクリストフ, なくプルウスト, なく不平, なく今, なく僭上, なく刑部, なく卓上, なく叛賊, なく善行, なく地位, なく小言, なく庇い, なく御無沙汰, なく愚図, なく折れ, なく日本, なく母, なく無為, なく痛いッ, なく癇癖, なく笑いだしたくなる, なく耳, なく自身, なく苦しめ, なく見栄, なく車夫, なく顔, なぜ今, なにか恐ろしい, なにがなし立つ, なほ赤裸々な, なみなみならない, なりながら, なり又, なるの, なるので, なるん, なれず胸中, なれなかつた, なんとなく変, ねえ人生かし, ねえ愛想, ひどく同情, ひびきおおらか, ひろい海風, ふかく肝, ほん當には, ぽかんとした, まざまざと, また去年, まだいくらか若い, まだ自分, もしか今の, もちものと, ゆる私, ゆる魅力, よくお金, よくよく憎く, よく分る, よろこびが, わがままを, われ嬉しく, ジョボロ少佐の, ドキン, ハハアと, 一入可憐, 不安を, 不安心で, 不愉快であった, 不正とさえ, 世にた, 世の, 了解する, 予定され, 人の, 今の, 任せぬ身, 伝えて, 伯爵の, 伯父の, 似たよう, 似よ木曽, 住む意馬心猿, 体にも, 何かな, 何だか無気味, 何だか自分, 何ともいえず, 何にも, 何時しか忘れはてた, 何時もただよう, 俺が, 傍若無人な, 兄さんや, 兄弟は, 入りこみ平和, 全身に, 切ないもの, 初め啓介の, 別れを, 力の, 劣らぬは, 動揺の, 勿体ないと, 匂いを, 協う, 協ひ, 反つてほん, 反映し, 受けきれないほど, 口には, 同じく死, 同じ犯罪者, 哀いよう, 唯だ, 嚴然と, 四方の, 均衡を, 堪えられぬ淋し, 多少の, 多少余裕, 多年召使って, 大いに感じた, 大きな期待, 大きな波動, 大に, 大官と, 天にも, 天国が, 女の, 好い感じ, 如何にも果敢なく情けない, 娘は, 宜い, 実に充満, 密かに, 富み信心, 尚ほ, 届くやう, 屹度ある, 己ア方へ, 師匠や, 常の, 年々何号何号の, 年取った貧乏, 幾夜かさねしいつ, 弛びと安易, 弾機仕掛けが, 当惑する, 彼女は, 従えないもの, 心掛け奉公中暇, 心細くも, 忘れ難く深い, 怖くて, 思いて, 思いました, 思うこと, 思うは, 思ったが, 思って, 思ひ棄てがたき, 思わせられました位小食, 思われたの, 思われるもの, 恍惚たる, 恥かしく落ちつかない, 恥づかしく, 恥辱に, 悔ゆる, 悪魔が, 悲しき事, 悲愴な, 情けの, 情ない様, 愁を, 感じたの, 感じられた, 感じられたが, 慾が, 憐れんで, 成り間, 打ち克たなければ, 拘らずいよいよ, 持つて, 教育勅語の, 敵しがたい, 新子の, 方角を, 映ったと, 映って, 時々驚い, 時が, 有難い女房, 朝から, 染み込んで, 柔らかで, 次郎が, 歎き余っ, 止めざるよう, 止めず忘れるとも, 止めませんが, 止る何, 歯が, 歯痒い位鈍, 残らぬ, 殘つて自分とかの, 毎日が, 気がつかずさ, 気にかけて, 永遠に, 沁, 沁みた夜毎, 沁み渡った, 沁み込んで, 油断は, 波の, 浮ばないで, 浮ばないであろうと, 浸み入って, 涙の, 深くしみつい, 深くしみる, 深く刻まれ, 深く彫りこまれ, 深く感じた, 深く斯, 湿っぽさ, 満足が, 源吉に, 漠然とした, 漸くその, 漸く新生, 烈しい動揺, 無いお, 無いもの, 無い勧誘, 無い嘘, 無い妾奉公, 無い意地, 無い放埒振り, 無い英雄, 無い虚飾, 燃えて, 燒きつい, 父母や, 爽やかだ, 物凄く覚え, 物質にも, 猶その, 理深く, 甘んじて, 生き生きと, 生れて, 用意され, 留めず成りゆき, 留めて, 留めないの, 留めなかったが, 留らない様子, 異存が, 異様な, 疑いなく, 疑念を, 痛々しく感じた, 皮膚にも, 盲目に, 相当の, 知って, 礼なく, 神々しく感じた, 私たちは, 私に, 移入され, 程が, 糊口の, 素直に, 義理に, 義理の, 聞えない何もの, 肉にも, 背くわけ, 腑に, 自然と, 花や, 若やぎ華やぐ気持, 萌さない訳, 薄々了, 薄々覚え, 蝕んで, 表情が, 覚って, 親は, 触れて, 触れるの, 記憶し居れり, 訴える力, 赤児が, 起こった, 起こるから, 身体にも, 身體にも, 躯にも, 近頃覺, 迷ひ, 通じたの, 通じて, 通ずる真実性, 通ふ, 遠かった, 遠慮される, 適ひたれ, 還る事, 長閑な, 降り注いで, 陰氣に, 隙を, 雨が, 雨ぞ, 面白い画題, 面白い畫題, 頑強な, 顏あからめる, 養われて, 餘裕が, 馴れしたしんだ, 馴れて, 駆られたで, 駆られながら, 駈られながら, 黒い寒い寂寥, 黒い羽根

▼ 心では~ (403, 0.5%)

18 ない 12 なかった 7 ないか 4 思いながら 3 ありません, あるが, あるまいか, ないかと, なくして, 無けれど, 考えて

2 [23件] ありませんか, あるけれども, いって, いもむしだ, さう, そう思い, できないもの, どこの, なくて, 一緒に, 二人の, 人間は, 他の, 何時引取つて呉れるだらう, 可笑しく思つて, 吉野が, 彼の, 思って, 思っても, 清子の, 私の, 自分の, 行く事

1 [295件] ああは, あって, あなたの, あのお, あの三日間, あれほどの, あんまり空々しく, いけないの, いたが, いつとも, いつも弾い, いつも泣い, いつも現在, いられなかった, おうかた, おられなかったの, お喜代, お慕い申し, お松に, お礼を, お稲荷様, かなり迷信, こういう観察, ここで, この, この人々, この城, この奴等, この殿様, この餓鬼, これは, こんな復讎, ございませんか, さほど次, さらさらない, しきりにこういう, しきりに考へ, すっかりつかまっ, その二つ, その反, その奥さん, その嬉し, その實, その手紙, その船, その諍い, それが, それは, そわ, そんな話, だれか, つゆほども, できなかったこと, とがめながらも, とても処理, とても測り知り得られない, どうしても彼, どうする, どうともし, どうやら彼女, どうやら自分, どう思おう, どれ程, どんなこと, どんなに豊有, どんなに頑張っ, ないお, ないかとも, ないが, ないだろう, ないであろう, ないと, ないに, ないの, ないので, ない人間, ない強き個性, ない戸外, ない猫, ない自然, なかったろうか, なかつた, なくあたし全体, なくただ, なくなって, なくもっと, なく他人, なく何, なく冷静, なく博愛心, なく溢, なく真底, なく身心, なしお, なしに, なるたけ子どもら, にがにがしく思った, のうて, ひどく二成, びくびくし, まだいずれ, まだリヴジー先生, まるで別, めい, もし普通, やはり専制的, ゆるして, よくほろりと, よく承知, より多く, よろこんで, わからないもの, わからない人, わずか二人, わたくしたちと, わたしは, ゐられなかつた, ゐられまい, アスファルトの, セエラを, ドイツ人に, ハッキリと, ファンティーヌと, 一つに, 一種の, 一縷の, 不愉快で, 久し振で, 九年間の, 九幽, 事の, 二っち, 二人とも, 互に, 五百石の, 人の, 今では, 今も, 他に, 何と, 何に, 何も, 何時引取つ, 信じにくい, 健康な, 兄の, 光子ばかりを, 其の犯人, 其時まだ, 内々いろんな, 内へ, 冬中の, 出来る丈, 切に自分, 初恋の, 努めて, 十分に, 受けまいと, 可なり, 叱, 吹き出したくなつ, 吾等兩人が, 命婦を, 喜びや, 喜んで, 喪に, 国の, 夏子と, 大いに迷惑, 大に, 妖怪に, 妬きます, 妹が, 姦夫姦婦の, 姫君が, 実におりゃ, 家族の, 容易に, 寧ろ斯, 対手に, 将来を, 将軍家は, 對手に, 山田一家を, 希望し, 常時茅野雄の, 平常も, 幸福に, 彼が, 彼女の, 待って, 後悔しました, 御恩, 心では, 心配し, 快哉を, 怒つたが, 思うの, 思うものの, 思ってさえ, 思つてる, 思つて居た, 思ふもの, 恋人を, 恐らく重力, 恨めしくて, 悲しみも, 想像が, 愛して, 感謝と, 慥かに, 憤りに, 或いは此, 打ち消しながら, 捉えながらも, 数へ, 數へ, 日本内地だ, 明さんは, 昔話に, 昼間水中で, 時間の, 暮れて, 最後まで, 有りませんか, 本能的に, 栄蔵を, 正成は, 段々に, 民さんと, 水に, 決してない, 決して元, 油が, 泣いて, 泣いてたん, 涙の, 為て, 烈火の, 特別の, 犠牲が, 現実の, 理解出来ない, 生きた人間, 生きて, 男にとって, 當てに, 疑いおる, 白骨へ, 直義が, 相変らず, 省みながら, 真面目に, 眼中藩なし, 矢張あの, 矢張りあの, 知って, 祈って, 神に, 神様を, 私に対して, 私は, 称えて, 笑いながら, 笹部の, 算盤を, 終らせたくないという, 絶えず思い, 考えた, 考えられない, 考へて, 自分が, 自分を, 自然の, 自身の, 若し高下, 若旦那を, 見たいと, 親兄弟, 許さず口, 訴へながら, 誠に済まない, 貴方の, 辛抱しきれず, 過ぎ去った影, 重々しく思つた, 重い物, 釣月軒として, 雪岡は, 非常に, 飛びつく樣, 飛んで, 餘ほど, 驚きと, 魯粛の

▼ 心なく~ (397, 0.5%)

6 して 5 見て 4 手を, 覗いて 3 下を, 振り返ると, 積重ねたる反古紙, 見ると

2 [17件] ながめて, 伸子が, 向うの, 後ろの, 手に, 拾い上げて, 振り返りました, 新聞を, 机の, 歩いて, 歸つて見ます, 美登利と, 耳を, 花の, 行くと, 見かえると, 隣の

1 [332件] あくびを, あけて, あぜづたひに行く, あの殿, あるいは夢中, いたずらに, いたづら, いとよくまどろみたるべし, いひぬ, おことは, おたみ, お伺い, お勢, お受け, お宅, お馬, こう云っ, こう言った, この少年, これを, さうさう, さようと, しゃべって, しゃべりながら, じっと見た, そういう意味, そこに, そこを, そのスウツケイス, そのブローチ, その土間, その場, その家, その寺, その島, その序文, その木, その洋杖, その話, それで過ぎた, それは, そんな事, ただその, たちどまった耳, つッ, ていつしか, てはできない, てや柳, であったが, とり上げたら普仏戦争, どこから, ば人, ひたすらに, ひょいとその, ひょいと下, ひろって, ふりかえって, ほととぎすほととぎすとて, ぽかんと視, まったく村重, むしゃむしゃ食う, めくった, もこの, ものを, もデュマ, も小説, も病気, も苦痛, ややもすれば課役, んば, ッて, テーブルへ, ビルディングの, フト振り返る, ベルリンの, 一本道を, 一皿の, 一緒に, 一間許り戻りし, 下りて, 下駄ば, 不意に, 並木の, 中を, 中川家の, 之を, 二三行書きかけた, 二階の, 云いかけ驚いて, 云い出した話, 云い寿江子, 云うよう, 云ったダーリヤ, 云った事, 云ふと, 五六人かたまっ, 亦悪事, 人の, 他を, 会社の, 伯母さんの, 何等の, 來た, 例の, 侍の, 係官の, 兄様と, 光琳風の, 入つて, 入つて參, 全く自然, 公の, 其の言, 其の跡, 其処から, 其日とどいた, 其面を, 冥想を, 出したげで, 出ただけに, 割いたフランス, 卓上電話の, 受け取りてかれは, 受取って, 口笛などを, 古雑誌, 吐いて, 吐くと, 向こうを, 吹上を, 呼び入れて, 唇で, 喋りながら, 嘗て炭, 四辺を, 土手を, 土産物の, 地蔵堂を, 垣間見た人, 執次いで, 場内を, 外から, 大人の, 大切なる, 大檣, 夷苺を, 奥へ, 奪うよう, 女の, 女中について, 姉から, 娘の, 安否を, 室内の, 室内を, 家へ, 寄り込んだは, 寐衣に, 対して, 封を, 小梨平, 小腰をか, 帯ど, 帰ったお, 帰って, 座敷の, 引き出して, 彼尼院中なる, 従妹は, 御坊主, 心を, 思わず長座, 思われたが, 恍惚として, 扇を, 手で, 手にとって, 打ち過, 抜いて, 披き見れ, 抵抗の, 拔い, 持って, 持つて, 挙げると, 振りかえると, 振り反, 振り向けば, 振り返って, 振り返つて, 振向いて, 振向くと, 摘みし草, 教養の, 散りそめて, 文三が, 斯う, 斯う申します, 方丈の, 日記の, 普請場を, 書かれて, 望みに, 本堂に, 来かかりしが, 来かかるその, 来青閣, 枕を, 柱に, 梯子段の, 横目に, 欄干に, 歌っても, 歩道の, 歸つて來る, 水の, 永代橋へ, 汚さないやう, 江藤は, 決断力の, 流れて, 淮南の, 源八郎は, 潜戸を, 火鉢に, 物を, 玄関を, 現任大臣に, 男雛を, 目も, 眉でも, 真向いで, 眺めるうち, 眺めると, 眼が, 眼の, 眼を, 私が, 私に, 秋蘭が, 窓を, 立ち止まると, 立って, 立つて, 端を, 笑って, 筋書の, 答えて, 籠に, 罪なき, 考えて, 考へて, 聲を, 背戸の, 腕時計を, 自分が, 自分の, 致したの, 花は, 花ふきちらす, 花自ら開く, 芳子さんにね, 薬研の, 血氣に, 行くに, 行って, 行燈の, 表の, 表通の, 裏の, 裏庭の, 裏庭まで, 見, 見それ, 見たらば, 見たら入口, 見たん, 見ますと, 見まわして, 見やるごとき様, 見るとも, 見るに, 見上げた平次, 見廻わ, 見直して, 見返ると, 見返る途端, 見送ると, 覗き込み, 言うべきこと, 言った, 言った顔, 訊きかえした, 詠むだ, 話して, 誦した赤壁, 説明する, 読みおり候所, 論文の, 貧すれ, 貰ひ, 踏みとどまって, 身に, 身を, 辿って, 近づくと, 途を, 通りかかったの, 過ぎ行くプラットフォーム, 道を, 部屋へ, 里の, 金起も, 釜の, 開らき, 降りて, 降るが, 障子を, 雀色に, 雑談し, 雲の, 雲壁を, 響きわたるの, 頑是なし, 頬杖を, 頭を, 顔を, 顧る, 風また, 食事した, 駱駝の, 鼻に

▼ 心ある~ (362, 0.5%)

25 人は 23 者は 17 ものは 14 ものの 10 人々は 9 者の 6 ものを 5 ものには, 女たちは 4 人々の, 人が, 者が, 者には, 者を 3 人々に, 人なら, 人には, 人の, 者なら, 者に

2 [18件] ことを, すべての, の士, ものなら, ものに, 人から, 人に, 人を, 学僧の, 支那人の, 武士の, 者で, 者と, 者や, 読者が, 読者は, 読者を, 青年の

1 [174件] あまも, お方に, か冷たい, か巨人, がため, が如く, ごと人見けらず, さまにを, しんせつな, にあらず, にちがい, にやあらん, のでなく, は去る, は物, ひとびと, ひは, べけん, もの, ものから, ものからも, ものが, もので, もののごとく, もののみには, ものの如く, ものの誰, ものはは, もの陰に, も心, や, やうに, やうには, やに似た, をもて, を以て菩薩, を取る, を奈何, を武士, を西洋, を説き, アメリカの, イギリス人は, ラマ博士は, 上役は, 二三の, 人, 人々から, 人々が, 人々これを, 人々としては, 人いや, 人たちに, 人たちは, 人で, 人と, 人のみが, 人も, 人士の, 人士は, 人物だけ, 人達の, 人間には, 人間の, 人間よりも, 仏徒が, 仏教家たちの, 以上は, 作家が, 侍ゆえ少し, 俳優作者見物の, 僧侶は, 全国民, 公家から, 公家を, 兵士らの, 凡ての, 博士あるいは, 友人は, 同国人の, 同胞は, 商人は, 国民の, 堂上公卿は, 塾生たちの, 士が, 士は, 外国人が, 多くの, 大人が, 大人なんどの, 大人は, 大阪の, 天子は, 夫婦の, 女は, 女子が, 女連は, 奴でなけれ, 娘たちは, 娘で, 子がもの, 家臣は, 将の, 将士に, 将士には, 将士は, 少数の, 島武士, 市の, 幕将たちは, 後代の, 従つて頭の, 御処置, 心理学者乃至, 所為として, 批評家から, 政治家は, 教育者或は, 散文作家の, 方で, 方に, 方には, 旅人に, 日本の, 日本人に, 日本人は, 日本人を, 朝臣たちも, 村民の, 歐米人を, 武士どもが, 武士は, 武士ほど, 武門の, 民衆の, 海人は, 為政者も, 状態の, 男女によって, 男子は, 町人, 皇族の, 知識階級は, 科学者や, 精神に, 美容師によって, 老臣は, 老臣方は, 者から, 者つづけ給え, 者であったなら, 者どもは, 者へ, 者宜しく, 者誰ひとり, 職員を, 蜀の, 西洋人は, 親たちと, 観察が, 観衆に, 計らい, 読史家の, 識者達は, 讀者は, 身に, 重臣達は, 門人たちの, 門人たちは, 青年に, 青年は, 食通の, 鳥の

▼ 心~ (238, 0.3%)

12 の良い 4 だ, だから, である, のある, のい, のよい 3 が必要, だが, だな, の人, を持つ

2 [16件] お艶, がなく, が好き, が悪い, が惡い, が良い, くるが, た, でなければ, では駄目, の悪い, の男, の者, を有, 深くおわしまし, 置き被

1 [155件] ありしとのう, あるには, かな, から却って, から来, があつ, があなた, がいい, がいかん, がそれほど, がなきゃ, がなけれ, がよく, が二人, が悪くっ, が最も, が気に入った, が氣, が無, が無く, が自然, が至らぬ, が賞讃, が違, が野蛮, きょうず天下, くべきだ, くべきである, くべきところ, くべきなり, くべき所, くるこそ, くること, くるとき, くると共に, くるなり, くるもの, くる強盗, じゃあねえ, じゃと白い, すでに大時代, たもの, だけある, だけは殊勝, だその, だと, だところで, だね, だ口惜しかっ, ていた, で, であった, でいれ, でした, ですから, ですね, ではどうして, では勤まりませぬ, では書物, でやってる, で居, で日本, で暮し, で私, で舞台, で計らず, で詩人ダンテ, で買う, で身, で麥, というもの, といふものぢ, どうかその, などはその, なので, なら初め, にある, になりかけた, にはなりたくない, にもなるでのう, によってもっと, によるぞかし, に愛で, に感じ, に感心, に我, に接近, に立脚, に背いた, のいい, のお方, のない, のよ, のよから, の可, の善い, の女, の奴, の好い, の如何, の妻, の惡, の慥, の殊勝, の沸, の立派, の美しい, の若者, はあまり結構, はこの, はこれ, はどうして, は下品尾籠, は兎, は又, は実, は実に, は平常, は幸千鶴子, は幾度, は感心, は無い, は皆, は貴方, は違う, ばかりだってそんな, も人柄, も何, も持たず, も申分, やから, や所行, や行為, よろしく別して芸道丈夫, を, をお, をおこした, をよく, を以つて, を以てした, を刎, を徹底, を忘れず, を忘れなけれ, を持っ, を捨て, を新聞屋, を欠い, を獨, を缺, を自分, を鴎, 之命有, 善き御方, 宜敷

▼ 心~ (227, 0.3%)

5 すげに 4 すだてに 3 瑞々しい顔, 精神の

2 [16件] すさの, はらぎ, 主我の, 嗜虐性の, 感情に, 政治上の, 猜疑心が, 瑞々しい顏, 病的傾向や, 競争心は, 競爭心は, 自分の, 自己沈潛を, 色に, 身が, 身体を

1 [180件] あらむ心もとなし, からだを, すき人也, すけし人, すげなる姉, すさが, すさで, すさに, すさよ, すしと, すずしかる, すだてから, すだてで, すだての, すだては, すだて半分, すだて打, その映写, とんでもない, と当面, と涙, ない, なんかが, のどけからまし, はらぐ, ひとの, ほかの, また総帥袁紹, われや, イタズラを, センセーション又は, ドキュメントを, 不平心や, 今夜の, 他を, 他人の, 伝統的な, 体に, 体を, 体付きまで, 何か, 何だか忘れ, 何となし, 侵略思想を, 偽善を, 光の, 其事情が, 其他, 其他いろんな, 内情に, 冒険も, 冒険心を, 利害關係だけでも, 利己心や, 力という, 功名心も, 功名心を, 卑怯な, 博愛では, 叱る声, 同じ過程, 同情の, 名誉慾やは, 君侯の, 善戦が, 増賀の, 大なる, 天の, 太陽の, 好奇心から, 好感の, 如何なら, 嫉妬心に, 嫉妬心の, 嫉妬心や, 学生生活への, 官能の, 尊敬が, 小学校の, 嶺に, 常に, 常に深草, 平凡さと, 思い上がった道楽, 性格や, 性的本能が, 恐怖心が, 惑う心, 惻隠心から, 意地悪い, 愛などから, 愛國心は, 愛情を, 憎悪心や, 憧憬を, 所有権についての, 描写の, 教育熱に, 敵愾心から, 敵愾心や, 時には, 止まるべきとの, 民の, 気もちの, 気取りが, 気風が, 浅薄な, 浮気の, 清廉さなどが, 無垢清浄彼の, 物質的虚栄心から, 猜みなどの, 猜疑を, 畏怖やを, 百合に, 目に, 目を, 盲信を, 眼を, 石濤の, 神経の, 神経質な, 空想を, 競争心に, 競争心を, 競爭心に, 策謀や, 精神では, 精神と, 精神や, 綺麗ごと好きな, 縦い, 置炬燵, 羨望心を, 義務の, 習性の, 習慣が, 老を, 肉体の, 肉体よりも, 胃の腑に, 胸に, 自尊心を, 自己沈潛の, 自負心の, 自負心やを, 興味は, 良心に, 芸術を, 若い者, 苦しめる心, 虚栄心から, 虚栄心や, 血の, 行ひ, 術策などで, 衛生思想の, 計画で, 詮索で, 誘いかけに, 諂諛や, 貯蓄心を, 身を, 身体から, 身体に, 躯は, 連結桿に, 遊戯本能や, 遠い先, 郷愁の, 野心も, 雄々しく楽しげ, 靈の, 頭が, 顔いろ, 食物その他の, 驕り心を, 驕る心, 驚異や, 魂の

▼ 心~ (203, 0.3%)

105 りは 40 りが 16 りを 11 りの 5 りでも, りも 3 りと 2 りへ

1 [16件] てなぞ, てにした, てにする, にかなた, の人, は無い, り, りだけでも, りぢ, りで, りとも, りどころぢ, りなど, りに, りについては, り無く

▼ 心~ (199, 0.2%)

13 の鼓動 7 の上 6 をどきどき 5 の所有者 3 の中, の血, は口 2 が鼓動, と官能, のあたり, のある, のうえ, ははげしく, をしめつける, をついばみ, をやられた

1 [141件] かと落つる, からは螢光線, から一疋, から出, から切離され, がくさり, がしや, が何, が凍り, が同じ, が平, が弱い, が強, が強い, が惡, が痛む, が白い, が破れた, が破れる, が破れん, が硬い, が非常, が高鳴るらしく, だ, だとか, である十字街, でもまたは, とかが惡, との調和, ともいふべき, と同じく, と良い, と青ざめた, なり, にあてさせ, にしがみつく, には動物, によつて端的, に傷, に動悸, に匕首たて, に押しつけた, に移つた, に鶴嘴, のここ, のこと, のため, のつよい, のやう, のよろこび, の下, の下あたり, の人並み, の休息, の囁く, の如き, の愉快, の持ち主, の是認, の狂, の皷動, の眞, の破れる, の處, の觸, の邊, の鼓動さ, は, はごく, はその, はとくとく, はとにかく, はど, はどきどき, ははち切れ, はぴつたりと, は再び, は夜, は奇妙, は寒, は少し, は強く, は彼女, は思ひ出した, は悲しみ, は熱し, は疲れ, は直ぐ, は破れず, は紅玉入, は腐れ, は自分, は裂け, は躍る, は黄金, は鼓動, へかけ, へ手, へ衝い, も動い, も突然, も自分, や肝, や肺, や胃, よ, よドキドキ, を, をしめつけた, をしめつけられ, をときめかせ, をどきんと, をもつ, をわるく, をグツ, を一, を以つて是認, を冷す, を刺した, を取, を叩く, を壓迫, を射, を惡, を捨つる, を狙ふよ, を破ら, を破る, を破裂せり, を神, を脈搏, を臆病, を自分, を襲うた, を見出し, を責め苛ん, を踏む, を食, を食用, 即ち自然, 貫きて

▼ 心あたり~ (196, 0.2%)

19 がない 14 がある 8 はありません 7 はねえ, を探し 6 はない 5 のある 4 があります, がなかっ, もない 3 がありません, が無い, の場所, の者 2 があった, があるなら, がございますなら, の家, は, はある, もあります, もある, を捜し

1 [88件] ありたらば, あるかな, があつ, があり, がありまし, があるならいっ, がお, がございます, がついた, がなけりゃ, がねえと言った, だけの道, でもあっ, でもあります, でもある, でもございましょう, という, といふ, といふの, としてゐる, と云う, になる, にはございます, に魚, のところ, のよう, のエハガキ, の事, の兇状持ち, の四, の女性, の婦人, の就職, の御, の旅館, の有る, の木, の知人, の空地, の避難所, の鳥, はございます, はございませぬ, はございません, はございませんでしょう, はたくさん, はついた, はないでしょう, は以前, は全く, は無い, は無かっ, もありません, もなかつた, もなく, も見いだされなかった, をきい, をくま, をこれから, をさがし, をそれとなく, をたずね, を一々, を一つ一つ, を二, を二三, を尋ね合し, を廻っ, を廻つて, を得た, を探させ, を探させた, を探させよう, を探させる, を探しあるいた, を探し尽くし, を探し廻っ, を探し廻った, を探せ, を探ね, を方々, を申し上げ, を見た, を訊い, を訪ね, を詮索, を調べる, を隈

▼ 心ひそか~ (180, 0.2%)

96 に思った, に自分 4 に喜ん 3 にその, に待つ, に祈っ, に考えた 2 におそれ, に何, に呟, に喜んだ, に待っ, に惧, に想像, に慰める, に整頓, に許し

1 [123件] なおどろきを, な心配事, な恐怖, な感謝, な私, な誇り, にいずれ, にお, におどろく, におもえ, にこういう, にこの世, にこれ, にさう, にしたっ, にそこ, にたのしん, にちかってる, につぶやい, にほほえましい, にゆ, によろこん, にわれ, に世にも, に予期, に人びと, に仏印, に伊達, に信長, に健康法, に傷ん, に其の, に占, に危ぶん, に厄介払い, に可笑しく, に呪った, に喜悦, に嗟嘆, に夜, に大いに, に妻, に少し, に希った, に幸徳, に庶物, に張り合っ, に彼, に待ち, に待ちつ, に待ちわび, に待つた, に後悔, に得意, に御身, に復讐, に微笑, に心配, に念じ, に思っ, に思ふ, に思慕, に思案, に怨ん, に怪しから, に恐れ, に恐縮, に恥じた, に悦ばず, に悲しむ, に意地惡, に感謝, に愧, に我国, に或, に房一, に探っ, に描く, に支那, に日本, に映る, に昨日山, に望ん, に期する, に来るべき, に楽しみ, に歓んだ, に永く, に満足, に焦れ, に父, に父母, に物, に物色, に猿殿, に疑えり, に皆, に目と目, に睨ん, に研究, に祈りました, に祈れる, に祝福, に神, に秀吉, に秘策, に空想, に笑, に考え, に自分たち二人, に舌, に藩, に計, に計画, に誓っ, に赫子, に軽蔑, に重蔵, に陽, に願い, に願っ, に驚きたるなり, に驚く

▼ 心なき~ (173, 0.2%)

10 身にも 7 業である 3 お三どん, 人々は, 業と

2 [11件] からかく, か君, ものは, やうなれ, 器は, 忠告は, 業だ, 業は, 物質, 由を, 草も

1 [125件] あかしを, あま人さへもをの, お園, お引留め, が如く, ことの, といったの, なげやりの, にかかわらず, にしも, に同じ, に驚かれ, の極, は明かである, ほ, ものに, もの審美の, より生ずる, わざかつは, わざだ, わざでは, わざなりと, わざの, を示す, を示すなら, を言う, 七兵衛も, 世は, 主從, 人々では, 人々として, 人々に, 人々によ, 人々の, 人々までも, 人から, 人が, 人と, 人に, 人には, 人の, 人は, 人人心なく, 仕業である, 仕業に, 企を, 侍は, 児童たちをも, 台風の, 君には, 呟きであった, 問の, 噂ばなし竹村様の, 器什も, 壇上の, 大雨の, 女どもは, 奴である, 姉, 寺の, 寺僧や, 対人態度を, 専修の, 工人たちをも, 帽子の, 往来の, 御輿部屋の, 忠は, 念仏の, 惡戯とも, 戦いのみを, 教を, 文明開化の, 新聞記者は, 旅人かな, 日傭どもを, 旨を, 林の, 枯骨を, 業なり, 業また, 武士の, 毛もの, 江戸っ子は, 汽車の, 洋画家に, 洋畫家に, 海鯨にも, 消火夫か, 灯火が, 牡鹿郡の, 物の, 物品は, 物物なき, 田舎親爺にも, 町民どもは, 発掘や, 盗賊でさえも, 真似を, 群集の, 者が, 者の, 者は, 芸術家によりて, 若者がかりそめの, 蛮土の, 蜀中の, 観光客が, 詰侍の, 身, 身が, 身といふ, 身ながらも, 身も, 造化を, 里の, 里人も, 門附け, 陣立ては, 風に, 颱風の, 駕籠屋も, 駕籠舁の, 高津の, 黄金どく

▼ 心より~ (164, 0.2%)

4 して 3 ほかに

2 [13件] する畏敬, それを, なれど, ほかの, 先に, 出ず再び, 出でしなれば, 出でて, 喜んだ, 坊主に, 外に, 外の, 我上手なる

1 [131件] あらかじめ天狗, あゝ神, いたし候えば, いづるごとき聲天, いづるもの, うべな, おくに, お園, お禮, お願いいたす, かえるこの, かくは, これも, さまざまなる, さらに深い, さらば世間, するの, する訳, その師, たちまちこれ, つくる偽, であります, ひどい濁り, ほか何も, よい生活, より多く, わがため, 一つは, 万事に, 乞い希う, 二人の, 人の, 今日は, 他心に, 他體, 以外に, 信じ候ゆえ, 兄弟を, 光明と, 其人と, 出たるかたち, 出づる事, 出で, 出でしなり, 出でたるもの, 出でたる悪戯, 出るに, 切望し, 動かされた, 南半球の, 印象を, 君に, 君を, 呼び起こすところ, 堅く信ぜん, 外には, 嬉しく思, 宗旨を, 寸陰を, 強いかを, 影を, 彼を, 彼女の, 心その, 心へ, 心配する, 応答するなら, 快活です, 思いつきて, 思し召しを, 思へば, 恍惚として, 悦んだ, 愚民を, 慰められた, 我判斷を, 推して, 敬服せしめる, 早くも, 早く見たくなり, 更に不思議, 月より, 本當, 来る, 欲するところ, 歡喜に, 求めるに, 消ゆる, 淨火門外の, 淫る, 激務と, 物の, 物凄き, 生じ宗教, 生ずる言葉, 申し出でけるに, 畏れ妻, 痛くも, 痛嘆した, 痛矢串おの, 発するもの, 発する尊敬, 発する知恵, 百年の, 直ちに出, 真と, 知交を, 祝福しない, 神を, 自ら新しき, 自心, 自然的屈曲を, 自體, 萩原新三郎を, 血汐出で, 行うて, 觀念的存在の, 詠み出でたらん, 詩人わが, 贈れよと, 起こった所業, 起こり候儀, 起こる, 起りしこと, 重ねて, 重畳に, 降り晴, 非器, 頼まれた惚れ薬, 願う, 驚いたらしかつ

▼ 心を以て~ (154, 0.2%)

5 心と 4 仔細に, 氣を 3 これを, すれば

2 [11件] しても, パリの, 万事を, 之れ, 代助, 基礎と, 堂々たる議論, 心を, 忍ばざる可, 梅花に, 自分は

1 [113件] あれを, かこの, ここに, この大千世界, この新来, この計画, すべての, するとも, するも, その罪, では, ながめて, また神, よく人, わが宇宙, 一寸裏, 一生う, 万有の, 世に, 之を, 事を, 人に, 人間の, 仁を, 今し, 他人を, 仰ぎ見るべし祈祷, 作ったという, 作られたもの, 先生の, 光子の, 入場した, 再挙を, 出来るだけ, 判断者と, 前へ, 加えたなら十分, 却つて不思議なり, 古池の, 君に, 呼ばれて, 図書館の, 基督に, 太虚と, 如何にも素直, 守り伝え, 対するもの, 射たり, 彼の, 御願い致しまする, 怒りを, 思ひ, 情愛を以て, 慎重に, 成るもの, 我心に, 我邦の, 所謂古, 手段を, 日本アルプスという, 旨と, 明鏡と, 暗雲を, 書いて, 朝を, 柔和な, 極めて愛情, 此計画を, 毎日三時その, 汝が, 満され, 無字, 生をも, 田園を, 畜生の, 盡す, 直入しよう, 相願いまする, 眼から, 神を, 秀子の, 窃に, 窺いて, 自分の, 至ること, 若しくは憐愍, 蒙古, 蓬窓に, 蘇張の, 見て, 見ないもの, 見るに, 見れば, 見届けたの, 覗いて, 觀察する, 言ふ, 許しひたすら, 詩を, 読で, 読め, 読んだ, 護るもの, 財布を, 身を, 農を, 近づいて, 逆に, 遠く此所, 長者町の, 関心を, 飛び出して, 食物を

▼ 心づくし~ (151, 0.2%)

5 の贈り物 4 だ, なの 3 である, というもの, の品

2 [11件] がある, であった, でした, に対する有難, のため, の御馳走, の手料理, の数々, の秋, の酒, をし

1 [107件] あたって, うれしく思う, からその, がうれしい, がこめられ, がふい, が今更, が却って, が少し, が收め, が水の泡, が身, さ, だから, だけがお, だと, であったろう, であるが, でいただいた, でお, でござんす, ですっかり, でとりとめた, で冷酒, で贈られた, とはわかっ, と云う, と努力, にて病, になる, に出あひ, に堪能, に思ほし, に浩造さま方, のお, のおくり, のお菓子, のかず, のごちそう, のほど, のやう, のナ, の一瓶, の丸薬, の人, の冊子, の册子, の土産物, の妻, の形見, の我まま, の手料理白魚, の料理, の新しい, の春霞花, の晩さん, の果物, の柿, の浴衣, の海苔巻, の看病, の美し, の花束, の貧しい, の限り, の餞別, の鯉, の鯛, は, はいつ, はこの, はそれなり, は変らなかつた, は持っ, は欣, は瀬戸内海, は筒井, もいくぶん, もみな仇, も仇, も全く, も徒事, も有難う, も無駄, も身, をお前, をはッきり, をみせた, を仇, を君, を喰, を嘲笑, を忝, を思ふ, を悦ん, を捧げ, を日々味, を永くおも, を知る, を考えた, を考える, を見せ, を見せる, を重ね, 払えば, 暫くは, 有難うございました

▼ 心という~ (142, 0.2%)

39 ものは 22 ものが 10 のは, ものを 4 ような 3 ものの 2 ことも, ものに, ものに対して, 心を

1 [46件] ことが, ことに, ことは, たまらなく可憐, なり, のか, のが, のじゃ, のであります, のとは, もの, ものだろう, ものであります, ものである, ものと, ものについて, ものにも, ものも, やつか, やつは, やり方であった, わけで, モラルが, 人は, 人間性に, 僧は, 僧を, 内部の, 名の, 名を, 四十がらみの, 土蔵の, 字を, 宗教の, 実体性の, 所にのみ, 新羅, 映画を, 本能の, 概念が, 燈から, 真言である, 簡単な, 者一つ新に, 語は, 金沢の

▼ 心をも~ (140, 0.2%)

4 身をも 3 知れて 2 まかせて, 少なからず打つ, 彼女の, 推察し, 知らずに, 養って

1 [121件] うった, おびえしめたもの, お母さんは, お疑い, それらの, たがいに, ただならず, たむとぞ, ちょうど長旅, つひに, てり, とりとめなくさせるほど, とろかすだろうという, にくみます, のびやかに, ほころばし得るもの, もって, もっては, やわらげたであろう, よそに, イヤに, 一度は, 亦錯, 休めたいという, 何か, 俗世間から, 刺戟し, 動かさずには, 動かして, 動かしましたの, 危んだ, 即, 同様に, 含めて, 含め奉った全体的, 呼びさまされて, 和ぐるという, 和げずには, 唆らなかっ, 夫婦の, 失った, 失ったの, 安から, 安めくれ, 安めて, 安らかならしめなかつた, 寒くさせた, 幾分か, 底から, 廣く, 引いたらしい, 引き立てて, 引止めしか, 得たよう, 忘れる許, 思い返して, 思ひはからず打ちつけに, 恥じずには, 悲しくぞ, 惑す, 惹いたもの, 惹きつけたの, 感じなかつた, 感ぜられず御, 我が心, 打ち込んで, 打つ魅力, 打委せ, 投げ込まなければ, 抱いて, 抱かずに, 押し伏せて, 持たないやう, 持つて, 挫きつ, 捉えた, 捉へ, 捉へる, 捕うべきはず, 捕えて, 捲きこんで, 探索し, 損ふべき, 放ち忘れ仏家, 明るい方, 染めし衣, 柔かく包みます, 歌って, 毎日毎日洗いきよめ, 毒してたかも, 洗い尽されるよう, 涜す, 溶かして, 潤は, 焼きつくすだらうそして, 生じ居たる事, 瘠せしめたの, 目をも, 石と, 社会をも, 私は, 経験します, 聴くこと, 花に, 蕩かすと, 表白せしめる, 見抜いて, 覺らず, 角々しき生, 言葉をも, 許して, 誘惑る, 語りしに, 起さうと, 除いて, 静かに, 静まらせただ, 顏をも, 養うから, 養ひ, 魅了し

▼ 心~ (139, 0.2%)

2 大きな傷手, 浮んで, 浴びた, 消し難い, 火を, 焼きついて, 種痘する

1 [125件] あの方, いとなつかしき, いわれぬ不思議, お受け取られ, ぐいと深く, こう息, しみ通っ, だて, のしかかって, ひびいて, ひびかぬはず, ひびくの, ぴたりと, ま二つ, もたらす反応, もって, もどらせること, やがて降りかかる, よく浮び上る, 一人の, 一斉に, 乗ってるよう, 乗出して, 云い聞かせて, 云ひ聞かせ, 任して, 伝える得, 伝へて, 伝わって, 伝わるかすか, 何う, 何ん, 候へ, 働きかけたの, 入つて, 再び, 出た, 出血療法を, 分ります, 別の, 刻み直される始末, 刻み込もうと, 十分に, 十分理解させよう, 及す形は, 及ぼす効果, 向けて, 向って, 呼びかけるところ, 呼び起し復讐, 喰い入って, 困惑と, 変に, 変化しよう, 奔注する, 女が, 実にふしぎ, 対して, 導いて, 平和と, 底波を, 忍び入る, 恐怖が, 感謝の, 懐郷の, 懸命に, 成るほど, 戻って, 打ちこまないという, 打ちこむよう, 把握せられる, 押し付けやう, 接近し, 映るの, 最もよくうつる, 本当に触れた, 毒を, 沁み, 沁み沁みと, 油を, 泌み, 泣いて, 流れかかつて, 流れ込んで, 浮かんで, 浸み入って, 湧き起こった, 漂い出した, 漂い出るな, 焼けつくよう, 燃え立たせたらしい, 甦って, 異常な, 直に論理的, 眼に, 着込んだ風, 絶望的な, 老人の, 聞える藤夜叉, 自分の, 萌したもの, 行く道, 行こうと, 角度を, 触れて, 触れるもの, 言い訳する, 訊き返されるほど圓朝, 話されるの, 誘いこむ計略, 起こさせるもの, 起こさせるよう, 起こって, 起こるの, 返させて, 返そうと, 返って, 通じて, 通ずる交流, 逼って, 重苦しい気持ち, 錐を, 間違いを, 響いて, 食い入るよう

▼ 心とを~ (135, 0.2%)

10 もって 3 持つて 2 そなえて, ちぎられて, ひきつけた, もつて, 持って, 甚だ敬愛, 草庵に, 透して

1 [106件] いっしょに, うかがうよう, くらべて, これに, ごったまぜし, ごっちゃに, ささげた, そそられる, そそりたてて, ちゃんと備え, つなぎ情熱, とりまぜて, なでて, ひかれつくして, ひかれるよう, ひしと合せ, みなぎらせたもう, もち発言, 一つの, 与へること, 両個の, 二十三歳の, 代わりに, 仲介する, 休めるため, 住ましむ可, 併せ有して, 偸ま, 備えて, 傷つけは, 具し, 内蔵助に, 凝乎, 分つて, 別の, 利用し, 刺戟し, 刺戟する, 加えたりというも, 区別し, 區別し, 受けついだもの, 合せたもの, 同時にそそらない, 同時に兼ね備え, 同時に感じ, 同時に燃焼, 否定し, 呼び起こすゆえん, 呼び起した, 唆られ, 変化させず, 夫人は, 失って, 対手として, 尊重し, 征服せよ, 得たり, 必要と, 悪くなさない, 感じ得る能力, 慕わしく感じます, 投合つて暮し, 抜き情意, 抱いて, 持つた男, 持て余しながら, 救ひしなり, 日々に, 棄てるところ, 毀損する, 永久に, 求めざるべからず, 深く味ひたい, 清浄に, 清涼に, 渦巻かせて, 満足させ, 煽られた, 爽かに, 現わし, 生みださせたいちばん, 生み出すの, 生んだ, 発見した, 知り合って, 碎かなければ, 示した, 籠めて, 結合させた, 統一的に, 經驗した, 育てました, 表わすこと, 見つけたの, 覚えて, 触れ合わせるという, 詠んだ歌, 貫いて, 退けつつ, 鋭くひらい, 鍛えるが, 閉して, 開かれる, 離すわけ, 養うより

▼ 心~ (124, 0.2%)

5 と思う 32 から, からねえ, からよく, つたと, というの, といっ, といふ, とは何, と思っ, ね

1 [96件] かこれ, かさは, かなんだか, からあの, からこちら, からそれ, からという, からと思っ, から一行, から今日, から急げ, から時には, から浅田自身, から自分, かわざわざ, か解らない, が, がアバラケ, が今夜お前さん, しまあ, しよしんば, し下絵, し貴方, その意志, ての優しい, ての優しさうな, ての殊勝さ, ては目明き, ても優しく, てを以てこの, て悪, て惡, とある, といいます, というなら, という意, といわれ, とおっしゃる, とかよりももっと, とか権利, とか競争心, とした, としても猶, とて木石, とでも云う, とのこと, とはいえまい, とばかりも思へなかつた, とばかり恨み, と云う, と云っ, と云った, と他, と察した, と彼, と思い, と思います, と思い直さね, と思つて, と思はれたく, と思ふ, と斷, と皆, と知つて, と知る, と私, と見え, と言つて, な, なあ, などと云, ね一番, のという, のみだ, のみでした, のみにし, のみに天鬼, のみに投票, のみに空想, のみに過ぎず, のみのそれ, のみのみで, のみの入れ交った, のみも空しく, もの実に, よりで逃げ, よりとして男, よりに, よりを, よ君, よ心, わね, 僞善の, 心と, 戒, 花ちやんを

▼ 心との~ (119, 0.1%)

8 間に 2 ために, 働きを, 凡てを, 区別が, 區別が, 間には

1 [99件] あまりに痙攣, しみは, つながりは, なやましい沈默, ふしぎな, ふれ合いの, やりとりを, ゆえだ, ニュアンスを, 一致融合する, 上から, 下に, 中に, 中における, 争い, 争闘そういう, 二つの, 二字から, 二筋道, 二者ともに, 交渉から, 交渉が, 交通を, 他に, 入り乱れた表情, 全体の, 公正な, 分離に, 区別は, 区別も, 原造者, 反映なる, 反溌, 取引から, 取扱に, 吸ひ上げ, 奇怪な, 奧に, 安定を, 官覺は, 客観と, 宿命的な誓い, 密接な, 対峙, 対立の, 対立を, 差別を, 平伏については, 床しい思いやり, 感覚を, 抱合は, 抱合を, 抱擁を, 抵触しない, 持主である, 接触では, 接近を, 掴んだもの, 握手から, 撃ち合う音, 新らしき, 有様を, 望郷を, 混じたよう, 混線作用は, 渇え, 疲れを, 疲労は, 直接の, 相爭, 相違が, 移りゆく間, 結ぼれに, 結縁の, 緊密なる, 繊細さを, 繋がりだった, 美しい愛, 老人ども, 肖像である, 自尊心を, 自由無碍天放, 若い悔恨, 葛藤も, 衝突である, 触れ合いが, 觸れ, 距り, 長い争い, 間では, 間においては, 間にも, 間の, 関係という, 関係などでは, 關係の, 隔りを, 非常に, 鬪ひ

▼ 心とは~ (114, 0.1%)

4 すつかり 3 反対に 2 いつか自分自分の, 心の, 時として愛情, 申し候

1 [99件] あたかも水上, あまり関係, いうまい自分, いったいどこ, いったい何もの, いつか同じ, けっしてまどか, この恐るべきさだめ, この星, この間に, これらの, これ十方を, すっかり違った, それほど別々, それより, そんな脆い, ちがうもの, ちがったニュアンス, どうしてもぴたりと, どんなもの, なりに, なんの, ほんのわずか, ぼんやりし, まさしくこの, まだよほど私, まったくその, まったく別, まるであべこべ, ダメで, 一度壊され, 三乗十二分教である, 云へ, 人の, 今安らか, 何か, 何んぞ, 何物だらう, 何等関係, 俄かに, 個人の, 僕が, 僕の, 全く別, 全く背中合せ, 全然無関係, 全然矛盾, 全然離れ, 切っても, 別じゃ, 別な, 別物であっ, 勇気の, 千里も, 又異, 双方が, 同じでない, 同じ心, 同時に在る, 多少懸隔, 大きな相違, 女詩人としての, 妥協を, 小生を, 弱き心で, 思います, 思い得なかった, 思えなかった, 思って, 思わず其の, 思われないと, 思われないよう, 性質が, 怪しいもの, 日を, 暗黙の, 期せずし, 正反対の, 殆ん, 母から, 決して兩立, 淡絹, 真に讃仰, 知らず一念, 知りながらも, 知合で, 私は, 自分だけで, 自分の, 言えないけれど, 言えない軽佻至極, 資本主義国の, 通常深く美しき, 違う, 遠かった, 酷似し, 離れて, 雪に, 震えおののいた

▼ 心~ (111, 0.1%)

4 へと方法 3 へといふ, へをし 2 へが必要, へし, へであつ, へで娘共

1 [93件] して, し給, せよ, で初めて, というもの, と技術, に反する, に比較, の夕餉, の親分, はちゃんと, ひを, へからすれ, へが子供, へが教師, へが要る, へが見られる, へが解りつこない, へが違つて, へこそほん, へだ, へだけにはめつた, へであの, へであります, へで一生, へで呟き, へで実質的, へとか日本精神, へとがはたらい, へとし, へとしてはやつぱり見物, へとしてふいく, へとして日本, へとする, へとは甚だ, へとを得たい, へと定見, へと起て, へなどといつ, へなりし, へにある, へにおいて百人, へについてで, へについて話した, へには容易, へに当てつけた, へに於, へのあつ, へのない, への上, への人, への出來, への方, への狂, への相違, へはもつ, へはわれわれ, へは東京, へもしない, へも亦, へも無, へも自然, へも逞まし, へや努力, へや工夫, へをしない, へをする, へをとれ, へをなくし, へをもつ, へをわれわれ, へを以て, へを以てせね, へを以て臨め, へを作る, へを名人, へを忘れない, へを打ち砕きました, へを抱いた, へを持たね, へを捨てなかつた, へを改め, へを改めて, へを生じ, へを知らず, へを聞かせろ, へ萱, をし, をする, を以て蝉, を入れ, を固める, を覚えさせた

▼ 心静か~ (107, 0.1%)

4 に御 2 に, に大いなる, に往生, に落着, に養生

1 [93件] であるべき筈, なもの, なる時, なれば, な休養, な旅, な日, な演奏, におのれ, にお腹, にお雪ちゃん, にくゆらす, にこの, にした, にその, にねよう, にポカ, に一夜, に一枚, に一身, に上がり湯, に不動様, に休みたい, に住みなす, に余生, に倉地, に切腹, に司るべき, に四方山, に四辺, に坐, に家, に山奥, に平次, に座定, に形, に形勢, に待っ, に待つであろう, に後, に御覧, に微吟, に心耳, に手, に支度, に日, に日向ぼっこ, に暮らし, に書き認め, に月, に木, に枕元, に法華経, に注意深く, に洗面, に渋茶, に渡韓, に焼い, に物学び, に病, に目論見, に眺めあかさう, に着替え, に知識, に研究, に神道宗教, に私, に籠釣瓶, に縊れ, に考え, に聞き入る, に聴き, に聴ける, に腹, に臨機, に自刃, に自分, に自殺, に茶道, に落ちつけ, に衣紋, に見上げる, に見届け, に読書, に象棋, に跪き, に身支度, に遊ん, に遠く, に釣, に食事, に飲み下した, に高台寺

▼ 心ない~ (102, 0.1%)

3 ことを, 事を, 業と 2 ことだ, ことだった, ような, わざ, わざだ, 仕業だ, 業だ

1 [79件] おねだり, お百姓, がどう, ことだつた, ことでありましょう, ことでした, ことと, ことばかり, こと卑しい, って云っ, と惜しく, と見, ものだ, ものの, やりかた, わざとはぞんじましたなれど, わざながら, わざを, 一巡査の, 下男に, 世人の, 世間では, 事だ, 事は, 人からは, 人たちから, 人たちの, 人たちは, 人の, 仕業である, 仕業を, 出家の, 別離を, 創造者, 噂と, 坊さんでしょう, 声を, 大借, 失礼ばかり, 奴だ, 好奇心を, 客が, 感じを, 挨拶を, 料理よりは, 新聞記者や, 検断所の, 業かも, 業で, 業でなけれ, 業では, 業とは, 様子で, 樣子で, 次第で, 気の毒な, 無心なんか, 物でございます, 登山者の, 穿鑿沙汰に, 童たちに, 童部に, 粗雑な, 者も, 至りと, 荷が, 華族の, 視線に, 触れかたでも, 言葉が, 言葉に, 言葉を, 身も, 遊戯心から, 遊蕩児の, 邪魔が, 邪魔を, 鈍感な, 靴音が

▼ 心とが~ (88, 0.1%)

3 触れ合 2 おありです, それを, ぴたりと, 触れ合う想い, 逢う場所, 離れて

1 [73件] あやしく胸, ある, あるばかり, いつも食, いよいよ熱し, いわゆる, かくまで, しっくりと, そもそもの, たたかうすべて, ちぐはぐに, どうして合う, ない, ひとつに, むちゃくちゃに, ハタと, 一度満足, 一致しない, 人間の, 仄めいて, 停車場の, 入り乱れて, 共鳴の, 内向的な, 出あった時, 出遇うたとき, 出遇うとき, 切々と, 別々に, 勢いを, 卑怯に, 合致し, 同じに, 同じ分量, 始めて, 寄り合って, 平らに, 張りつめて, 彼には, 彼女を, 必ずいつも胸, 必要だ, 戦い情と, 手伝って, 期せずし, 果してうまく, 歔欷の, 混って, 湧いて, 無い, 無理も, 相次, 相触れ, 相触れる, 私の, 組打ちし, 結びついたため, 結びつくよう, 絡合ってる, 罪の, 聖餐の, 胸に, 融け合, 行く所, 衰へて, 親しくなっ, 触れあうおり, 触れると, 言語に, 蹌, 通じ合うよう, 離ればなれなら, 驚くばかりの

▼ 心まで~ (85, 0.1%)

1 [85件] あるの, いかにも生気, いそがれ, いつまでも, うつろに, この陰鬱, これに, ごまかす気, しょんぼりし, すきとおって, すっかり, せいせいします, てらす月, なやませ給うよう, ねむりは, はいって, はっきりと, ほぐれて, 一々その, 一変する, 一車ずつ, 傷つけるには, 冷たくなっ, 冷め切つて, 刺すの, 動かされは, 和らげる彼等, 囚へる, 囚わ, 土民に, 堅くなっ, 塩けがしみこん, 変ったよう, 変りつつ, 安定させ, 弛めます, 心の, 悪人だ, 愚痴に, 所有する, 掩いかぶせる, 暗で, 曲ったん, 柔く, 楽しませなかったに, 欧化し, 欺し, 氷らせるよう, 浮, 満足させる, 溶けいったさまで, 澄んだ水, 狂いみだれ, 獣心では, 真黒に, 知って, 石の, 精進し, 紅くなった知らない, 自分の, 自由でない, 荒まないよう, 落ちぶれると, 落ちぶれ果てたかと, 落魄れては, 行くべきもの, 裸體に, 見る目, 見透され操られ打ちのめされて, 許して, 起こしながら, 起して, 軽うなった, 軽くな, 透って, 達しないと, 達しなかった, 遠くに, 都会の, 酔いうかれて, 雨は, 顛倒した, 飢ゑて狼の, 馬超に, 鬼に

▼ 心なし~ (84, 0.1%)

2 かこ, かその, かなんだか, かわたくし, か明るく, か瑠璃子達

1 [72件] かいつ, かこの, かさっと, かすこし, かそう, かブルブル, かワッ, か七千余人, か何, か光った, か力, か勝田さん, か地, か地面, か寂しく, か小村雪岱氏, か少し, か左手, か愁然, か暮れ, か母, か浜川, か物の怪, か生絹, か緊張, か薄, か行手, か逞しい, か顔, これまた, そこに, だ, だな, という言葉, といえる, とな恨み, と思ひし, と提言, と見て取っ, と見ゆる, と道誉, ないし天地, にこれ, にたいして彼ら, にちょいちょい, にで, にも数人, にシカケ, に一番目の, に人, に借用, に勤まる, に歩く, に聞い, に表, に見, に見聞, に誤った, のいかなる, のお太鼓, のお太鼓結び, のよう, の悪魔, の業, の生活, の男, や, やこの, やつれ, をとがめず, を御, 既に心

▼ 心~ (83, 0.1%)

11 のだ, のです 6 のであろう 4 さを 3 のか, のである, んだ 2 のだらう, のだろう, ので, のであった, のでしょう, のよ

1 [30件] からし, ぐさむる術も, ぐさめかねつさらしなや, ぐさめかねつというようなあわれな, ぐさもらなく, ことも, ごまむ, さから, しかいささか, しか微笑ん, しか潤ん, しか見る, の, のかと, のじゃ, のであらう, のに, のね, のねあなた, の村雨, の横笛, ほしづまらず, むありける, よ, んでございます, 位隙だらけに, 奴殊に, 崇拝者である, 平信徒たち, 灯台守の

▼ 心~ (83, 0.1%)

9 と大八 3 の白髪, はそう, 大八ら 2 が, がその, と谷大八, の大声, の言葉

1 [55件] がしきりに, がそこ, がそっと, がなんとか, がまいった, がニヤニヤ, が使者, が息, が敷居際, が暗く, が江戸屋敷, が申した, が緊張, が蔵, が躍起, が鞘ごと, こうして源三郎, さしひかえねば, すぐしたく, です, と大, と申す, なので, なるもの, のあいだ, のおやじ, の一団, の一行, の下知, の報告, の声, の手, の手の内, の汗ばんだ, の茶筅髪, の顔, はくちびる, はさて, はとうとう, はなおも, は一徹もの, は眉, は静か, は馬, へ向いた, へ対馬守, ぽうっと浮かん, も大, も大八, も柄, をはじめ一同, をはじめ谷大八, を先頭, を無視, 大八

▼ 心~ (81, 0.1%)

8 と覚一 32 は女

1 [68件] がそれ, が呼びとめ, が心, が降り, だの, であったかと, と, といいまする, というの, といえ, とお告げ, とさりげ, とはいわなかった, とやらがつき添う, とを彼, と申され, などの安否, なら頼って, にはふと, にはやはり, には心, にもそれ, にも覚一, に似, のいる, のことば端, のことば遣い, のそば, の姉, の姿, の弁明, の母子, の清楚, の眼, の若い, の返事, の顔, はあらたまっ, はいわれない, はかたく, はついに, はとうに, はひしと, はびッくり, はやがて, は何事, は口, は唇, は後で, は心ならずも, は旅, は立っ, は筆, は聞きとれた, は肌, は花籠, は血, までがあの, もここ, も今, も元成, も子, も覚一, も足, や仲時, や覚一, を坐らせ, を見る

▼ 心あり~ (77, 0.1%)

21 げに 5 そうに 2 げな, げの, て, て共に, て風, 気に

1 [39件] けむ民子, げなり, そうな, そこここに, その名, てかく, てこの, てなり, てのこと, ての業, てひく, て万, て仏道, て八重山吹, て念々, て恨め, て池, て眺めたら, て秋, て竊, て萬, て見れ, て言い, て貴重, とおぼえ, とみなされます, ながら, なるほどこの, やはらかき, や心, 利己の, 我が宇宙, 氣の, 汝と, 眞もし, 知者あり, 美は, 薄らあかりに, 覚醒する

▼ 心懸け~ (76, 0.1%)

6 ている 3 て居ります, て居る, もしなけれ 2 が必要, ておく, てゐた, てゐる, て居, のいい, の問題

1 [47件] からであった, がよかっ, が出ない, そしてその, つつとうとう, ていた, ていない, ています, ておい, ております, てきた, てもらいたい, て勉強, て取っ, て呉れる, て教え, て物, て貯えた, て銭, て集めた, で世, で備え, で暮らし, で防疫, のほど, のよく, の好い, の悪い, の良い, はあっぱれ, はこんな, はもつ, は地震國, は望ましく, は決して, も, もなく, を以て人, を仰ぐ, アそりや, 専一に, 御熟練, 次第で, 玉ひ, 装置の, 誠に殊勝, 長旅を

▼ 心易く~ (76, 0.1%)

6 して 3 なった 2 なったの, なって, なつて

1 [61件] いうが, いたしますから, お呼び候ても, したもの, した事, した御, しちゃ, それなり声を, ちょい, ていい, といふ程, なさるの, なったので, なったは, なった女中, なった時, なった溝際, なつたの, なつたスパイ, なつた時, なつた様子, なつた樣子, なつて其周旋, なりました, なりババリア, はなき, は礼手紙, は禮手紙, もない, も何とも, 一切の, 交際し, 交際って, 出來, 受け得る申訳, 呼んで, 四方山の, 大声で, 存じ候あ, 対話など, 御意を, 心丈夫に, 心得て, 思つ, 思つた位でした, 成りました, 振舞おう振舞おうと, 用事を, 登れる全, 私の, 致してを, 言うが, 話が, 読めるよう, 車上で, 附き合った爺, 頭が, 願います就いて, 願えて, 願って, 願ひたい

▼ 心ばかりの~ (75, 0.1%)

2 品を, 手向を, 祭を, 粗酒を, 金を

1 [65件] お初穂を, お別れ, お祝いを, ことを, しるしが, 七夕の, 三三九度じゃ, 三文を, 仏事を, 供養に, 供養を, 功徳の, 午餐を, 告別式が, 品お, 品受け, 回向と, 土産に, 土産物でも, 埋葬を, 寄附に, 小さな石塔, 弔意である, 弔意を, 御名残惜しみ, 御礼でございます, 御礼も, 御祝, 恋を, 慰藉と, 手みやげを, 抵当という, 本日の, 歓迎つ, 歓迎を, 歓迎門として, 濡れ手拭ひ, 甘いもの, 癖に, 礼を, 祈願が, 祝いの, 祝な, 祝ひ, 祝を, 祝意を, 祝物常に, 積石を, 精進も, 絵を, 薬礼なり, 見舞の, 訣別を, 謝罪を, 賽銭を, 贐として, 身じまいを, 送り物を, 送別の, 進出を, 酒食を, 餞別お, 香を, 香典を, 馳走を

▼ 心さえ~ (74, 0.1%)

7 あれば 2 起って

1 [65件] あてて, おありだったなら, しかと最初, しかと肚, しっかりし, それなり健全, つかめば, てたやすく, とりなおせば, ない, なかった, なかったなら, なくなるほど, なくなればさ, なければ, もって, もつならば, ボサツなら, 休まったこと, 倦み疲れて, 入れ変えたら案外, 到って, 取りのぞいて, 囚える, 堅くもっ, 堅ければ, 変らなければ, 変らねば, 変形させ, 天上では, 失わなければ, 定まれば, 尼に, 急かねば, 感じたもの, 慥なら, 持たせぬよう, 持っては, 掴んだ, 改めれば, 昏んで, 暗くなる, 有たぬ, 楽しんで, 次第に覚え, 正しくなれ, 決するなれば, 浅からぬ, 淡い夢, 澄明に, 用うれ, 真っ直, 真直だったら, 確りし, 細くなる, 緩んで, 自分で, 自由に, 萌して, 薫に, 誠なら, 起して, 起りかけて, 除いて, 除き去れば

▼ 心一つ~ (74, 0.1%)

43 には定めかねる 2 で, で何, で又, に収め

1 [59件] から沢山, から起る, が欲しい, さ, だが, だわい, であるぞよ, であると, でご, でございますのに, です, ですけれど, ですと, ですよ, でどんな, で大きく, で定まる, で殺そう, で毛利家, で決して, で苦しん, で行届い, で計らっ, で話, とは知られませぬ, なの, なり, なれば, に, にある, にいか, にその, にて出ださん, にて我, にて決する, に思い出し, に思い定めたる, に憤っ, に数, に残念, に漕座占む, に父, に疊, に納めかねる, に聞い, に自分, の存在, の置き, は楽しく, は汚, は高く, よく考へ, よりこそ愁, をのせ, を取り直し, を御, を抱い, を教養, 善きも

▼ 心がかり~ (73, 0.1%)

3 なので, に思召, のこと 2 があっ, があり, ですから, となっ, なの, なり, になっ, になった, のまま

1 [46件] があります, がある, がお, がさし迫っ, じゃ早く, だ, だから, だが, だった, だったの, だよ, であります, であり唯一, であるらしいその, でご, でござるなら侍女, でしたが, でちらちら, でないこと, でならん, でなりません, ではありません, で生き, なこと, なとき, なは, な妹弟たち, にし, になりました, になり出した, になる, に堪えぬ, に思います, に思いまする, の事, の時間, はそれ, はまだ, は娘, は数, は春日重蔵, もあっ, もない, もなかっ, よりは不愉快, らしく母

▼ 心居士~ (73, 0.1%)

3 のお, の手もと 2 ではない, にそだてられ, の命, の声, の弟子, の心, の手紙, の童弟子

1 [51件] うつしの, からこんど, からよく, から教えられた, がいる, がこつぜん, がなにゆえ, が彫りのこし, が知る, が藜, が見たら, じゃ, その人, だ, であった, である, であるよう, という道人, といえ, と云, と愛弟子, と異号, にあっ, におしえられ, のおしえ, のす, のすまい, のそば, のまえ, の亀卜, の右腕, の壁, の流れ, の神機妙算, の秘命, の荘園, の話しぶり, の遠, の門下, はさい, はそれ以上, はなに, はふかく, はやがて, は白髯, は竹童, は露芝, は飄然, も竹童, らしい枯淡, 之一弟子

▼ 心でも~ (70, 0.1%)

4 ない 3 あるので 2 あつた, 今の

1 [59件] あったろうか, あっては, ありそう, ありまする, ありません, ある, あるかと, あるまいが, あれば, あろうが, あろうや, こて, この世界, ございません, さうだつ, さしはさみ敵, しまいには, そうだった, そうは, そう思った, そこに, それに, ちょっと推し量り切れない, とろけざるを, どうもあれ, ないであろう, ないらしい, なく山荘, なく心配, なく自由, なく裏, なければ, ふっと気がつい, また何, もたれて, やっぱりこの, よかった, ウソの, 一ツ合はせ, 体でも, 入れると, 出来ては, 嘘を, 大胆だ, 引いて, 後々までも, 感じました, 感じ頭, 打つ何, 有りゃア為, 本気に, 溶かして, 火を, 生きること, 皆なおし, 真から, 胸が, 起したら一体どう, 願って

▼ 心からの~ (67, 0.1%)

2 叫びに, 求めな, 笑顔を, 贈物であった

1 [59件] おどろきの, お友達, お願いを, ことでなく, ねぎらいと, やさしい別れ, 仕事でなく, 仕事と, 信心では, 信頼に, 動きである, 友と, 友達に, 叫びが, 叫びであった, 同情であった, 呼称である, 嘆きの, 國民外交を, 大笑いを, 希望だ, 弟子では, 御親切, 怒である, 怒気分的, 悦びを, 感じかも, 感謝である, 感謝の, 感謝を, 憎悪を, 憐憫の, 憧憬の, 手向けと, 手相見であった, 推理だけ, 政事方面の, 敬意を, 歓びを, 歓待には, 歩きを, 温情を, 溜息も, 礼でも, 笑いが, 要求は, 親善融和は, 親愛と, 言辭が, 返事であった, 遊戯に, 頌歌を, 願いじゃ, 願いである, 願いの, 願ひであつ, 願ひである, 願望を, 驚異で

▼ 心~ (67, 0.1%)

2 に於, に違, の波, はい, はその, を認める

1 [55件] があつ, が乘, が出, が出ました, が存在, が引裂く, が果して, が石原博士, たる實在, であつ, であると, では早く, とも云, と云, と話, と認める, と語り, に, にいろいろ, にまさぐりし, に取憑かれ, に歸, に間違, に限る, の, のうへを血まみれ, のやう, の上, の力, の存在, の屍體, の環境, の科學的考察, の見せる, ははげしく, ははじめて, はほとんど, は傳, は光, は孤獨, は強く, は普通, は次, は殘, は諦め, は述べる, をただ, を呼び出し, を彼, を慰める, を海, を發達長成, を認めぬ, を靈媒, 若くは

▼ 心よく~ (61, 0.1%)

3 迎えて 2 も無い, 飲んで

1 [54件] こちらの, して, その猪口, その赤子, ないから, ないこと, なつて來, なめらかに, なりましたから, は思わなかった, は買うまい, は迎, わが忠言, テイブルの, 与へて, 会いましょう, 働ける着物, 出られただけ, 取りて, 受け引き給はず, 呉れて, 喫は, 夢みて, 島村家の, 康や, 引き受けて, 引受けた, 御承引, 思いませんでした, 思はない江戸, 思ふまま, 思わない相手, 思わなかったこと, 感じた, 懷中を, 手を, 承知し, 折り合って, 挨拶を, 整って, 晴れた夕方, 此葉の, 死ぬべしと, 泊めて, 流る, 熟睡した, 燃えさうに, 燃えそう, 用意の, 私達の, 笑ってるので, 翌月号に, 腹の, 防いで

▼ 心ばかり~ (60, 0.1%)

5 でも 4 だが, では 3 だった

1 [44件] あせって, お鳥居, そう静か, そちらに, だ, だけれど, だ是, で, である, であるこの, でお, でこの, でございますが, です, です此, でなく他, でなく半, でなく城内七百, でなく年ごろ, でなく肉体的, でなく貴女, で生憎, な別宴, な品々, な酒宴, ビイドロの, 世にあはれ, 何う, 余りに急き立つ, 多く極楽, 寄附する, 小さな燈, 強くつて, 強くてな, 急がしそう, 手づくりの, 新年を, 淋しく提げた, 矯め直して, 蠢くに, 見つめて, 起こるよう, 面窶が, 飛

▼ 心易い~ (60, 0.1%)

5 調子で 2 もので, 者が, 言葉を

1 [49件] お客さん皆に, から山三郎, か知りません, が私, ところは, と思い, と見える, と言, のが, のだらう, のです, ものが, ものだ, ものでなく, ものと, ものを, ような, デ・ラ・リーブにだけは, 中でも, 人が, 人である, 人達では, 人達を, 人間で, 仲だった, 仲であった, 先生方の, 光を, 処に, 友達に, 同士の, 女の, 家で, 家でし, 少壮な, 感じを, 方が, 様子で, 様子である, 様式好もしい, 気に, 気持から, 気持に, 相撲取が, 者に, 言葉で, 連中だけが, 間の, 間柄だった

▼ 心である~ (58, 0.1%)

2 か, ことが, と恨めしく

1 [52件] かのよう, かも知れぬ, からこそという点, からこの, からその, からです, から俗界, から其心, から小さい, から自分, かわからない, か一, か余処, がゆえに, が一体, が其, が団体, が好奇心, が小, が素朴, ことを, こと主人公の, こんな心, というの, というよう, というブルジョア的, といっ, といふこと, とお, とすれ, とともに最高, と云つて, と云われました, と反省, と同時に, と思う, と思ふ, と思われる, と思召, と浮舟, と言, と言わなく, のか, ので何, のに, やも知れない, やも知れなかった, ような, 五官の, 末々まで, 渾然として, 限りそれは

▼ 心~ (58, 0.1%)

9 の節奏 2 のもの, の状態

1 [45件] から言う, から起る, すこし狼狽, と外界, において自己分裂, になく, には一, には急激, にも在る, に伝達, に動き, に在り, に思う, に恐るべき, に現像, に相, に秋津大助, に突き出し, に聴, に訪れる, に認め, に開け, のある, のリズム, の世界, の出来事, の哄笑, の変化, の思想, の情緒, の愛欲苦悶, の或, の戸, の新生, の歓喜, の現象, の生活, の自覚, の苦悶, の音樂, ははげしく, より幽霊, を清掃, を清算, 乃至身邊

▼ 心あて~ (56, 0.1%)

10 に見し 6 にし 5 に折ら 3 にした 2 にそれ, に頼む, の方角

1 [26件] とし, とは, にこれ, に事務長, に家路, に尽くす, に待ちぬい, に忍びやか, に恋しい, に抱いた, に掴ん, に昵, に染色, に歩, に歩く, に沙漠, に濱, に登, に細道, の俳友, の方向, の昆布, の雪, は, は伯耆, まで逃げのびましょう

▼ 心~ (55, 0.1%)

6 そくなっ 3 そさが, そさに 2 そき思ひなり, そくなった, そくなりました, そくも, そく思う, そさいかばかり, そさは, そさを, そそうに

1 [25件] そいか, そいこえ, そかった, そかろう, そきものなり, そくうす暗い, そくかなしく, そくさえ, そくなつた, そく吐息を, そく思し召され, そく思っ, そく思った, そく打あ, そげである, そげにて, そさでした, そさです, そさや, そさよ, そし, そそうだった, そそうでは, そそうな, ぞく

▼ 心づけ~ (52, 0.1%)

3 てくれる 2 がし, を帳場, を頂戴, 過分に

1 [41件] がなけれ, が入用, さえない, ていました, ています, てくれた, てくれました, ては届け, ても言う, てやっ, て下, て下さる, て呉れる, て旦那, て本, て行こう, て見た, などもご, に切, に手, のしかた, のやれる, の多少, の御, はやれず, は大変, をおいた, をし, をする, をやらない, を下, を与え, を合せ, を置いた, を置く, を頂きまし, を頂きます, 出ず入らずに, 忝のう, 有難う存じます, 辱うござった

▼ 心張棒~ (52, 0.1%)

2 が逆, は外した

1 [48件] か何, があった, がかっ, が厳重, が嚴重, が外れ, が掛っ, が支っ, が落ちた, でもかつい, で塞い, で滅多打ち, という万事万端無理, などは意味, などは見えない, になっ, には当分用事, には長い, の外, はすぐ, はない, は今朝戸袋, は戸袋, までしつかり, まで掛け, まで當, をかう, をかけとい, をかっ, をかった, をかつて, をし, を二本, を取外し, を外, を外す, を平, を平気, を忘れる, を掛けなかつた, を構, を構えた, を構おう, を突, を立てかけたら, を米友, を繩, を隱

▼ 心やすく~ (51, 0.1%)

5 して, なって 2 ならうと, も親し

1 [37件] あれいとしき, いたすよう, うち笑み, おあたり, お憩い, でき申候, なったお茶子, なってから, なってからは, なつたこと, なりえんりょなく, なりし深澤さん, なりそいつ, なりその, なり申し候, なるにつれて, なろうとの, のせる法, クビに, 云うない, 働かせて, 呼んでも, 国民に, 夜光の, 引受けた, 彼が, 御よび, 思し召されい, 思し召せと, 思す, 思われたから, 打ち立たれますが, 書いて, 臨終も, 言って, 賽し, 遊ばしませ

▼ 心~ (47, 0.1%)

3 我身ながら 2 あるいは別に, その辺, それとも誰, 兎角に, 強過ぎる

1 [34件] あさましい口惜しい愁らい人, あっははは, あらためて呼ばれた, して, それは, でたらめか, ならず起こらんその, ぬとや, はき, はらめや, はる, はれるを, またはその他, または宗教的政治的不満, ろくも, 二つならべ, 但し斯, 体か, 信長が, 兩樣に, 夫婦間の, 昔の, 本人以外に, 櫛を, 浅ましい口惜しい愁らい人, 淺ましい, 知って, 知らねど, 確と, 私にも, 興味が, 荻江の, 葦簀に, 閉されそう

▼ 心だけは~ (46, 0.1%)

2 可なり

1 [44件] あさ, あるの, いつでも, いつまでも, こどもの, すむの, たしかにそこ, どうか失い, どうしても分別, まだ衰え, まるで異, グングンと, 不思議と, 仏の, 僧と, 入れかへ, 別だった, 受けて, 回復し, 変わらずに, 外へ, 失はずに, 失われずに, 安らかに, 宜しくない, 将士は, 少しも, 屹度幸福に, 常に浮動, 幾年た, 悲しかった, 持ちたくないと, 既に満足, 残つてゐる, 残るよ, 毛頭なかつた, 毛頭持合せ, 淨らかに, 自由だ, 貴方の, 起ったらしい, 雄々しくても, 非常な, 駄々を

▼ 心にな~ (46, 0.1%)

4 つてゐた 2 つたから, つて初めつ, 掛けそ

1 [36件] つたのである, つたのも, つて, つてこの, つてさ, つてじ, つてた, つてま, つても, つてもう, つてテーブルから, つてフヤケた, つて一人を, つて一體その, つて何の, つて來た, つて呉れた, つて外にも, つて夜遲くまで, つて大和の, つて家へ, つて居た, つて居ります, つて帰つて行く, つて息子を, つて時には, つて本は, つて歩いた, つて母の, つて泣い, つて老, つて考へ, つて聽い, つて見たら, つて面白く, つて飽かず

▼ 心遣ひ~ (46, 0.1%)

3 が思はれる 2 がしみじみ, を見せ

1 [39件] があからさま, がうれし, がどんなに, が嬉し, が私, が蔵, が行き届い, などは唯, には事, にもかかはらず, に由つて, に疲れた, に胸, のおかげ, のお礼, のこと, のやう, の方, の細かい, はいかばかり, はせず, はその, はなみなみ, はゐ, をこまごま, をさせる, をし, をしなけれ, をもつ, を僕, を十分感じ, を救ける, を書く, を注い, を無駄, を負, 嬉しいぞや, 当分は, 私の

▼ 心あっ~ (45, 0.1%)

3 てした, ての事 2 てする, てもなく

1 [35件] てああ, ていった, ており, てかなく, てかなんぞとはお, てかのよう, てこそ脳, てこれ, てそむいた, てでなけれ, てなにか, てのこと, ての申込み, ての言, ての設け, て一封, て人, て何, て便り, て動い, て吹く, て存するごとく, て宝蔵院流, て寺, て施し, て映った, て焚きつける, て物, て空呆け, て美濃, て聞く, て自分, て重ねがさね, て雛僧, て鳴く

▼ 心といふ~ (44, 0.1%)

12 ものは 4 のは, ものが, ものを 2 ものからも, ものも, やうな, 心の

1 [12件] ことについて, ことを, のが, もの, ものだ, ものである, ものと, ものなく, ものに, やつを, 奴は, 實體性の

▼ 心なら~ (44, 0.1%)

2 ばいかにもいかにも

1 [42件] あの女, ここに, こっちは, これしきの, それでよし, それは, ねど, ばいかに, ばすみやか, ば一方, ば不肖, ば主, ば今, ば初め, ば手心, ば無理, ば私, ば途中, ば魂, ほんに苦勞, まず安心, むと余考也赤荻先生にも, むや, む今日も, もう口出し, んが, んと, んには, フンダンに, モちっとも, 一大事と, 中断される, 今度は, 只た, 己が, 彼方へ, 御器量, 江戸表に, 直々に, 自分が, 行く末侍にも, 顔合せの

▼ 心~ (44, 0.1%)

2 に伏在, に神

1 [40件] がアリアリ, でます, というもの, において宗教, にこの, にはまだ, には生死, にも家格, にヱネチア, に創造, に印, に去来, に安静, に慰藉, に描き出す, に於い, に横溢, に無, に無数, に留むることを, に認める, に起こったなら, の何と, の卑猥陋醜, の実情, の暖気, の牙兵, の状態, の経過, の解剖, の説明, は自分, は酒好き酒飲み, も平和, を写, を反省, を娯, を私, を窺え, を肘度

▼ 心平さん~ (42, 0.1%)

4 と同じく 2 は富士山

1 [36件] が, が上海, が地, が最も, が著した, と言う, と読者, なの, にとってはこの, にとっては中華民国, にとっては蛙, にとって名誉, にはその, に一応, に起させ, のこれ, のよう, の富士山, の心眼, の意識的, の敏感, の覇気, の言葉, の詩, の詩作, の豊潤, の近著, はしばしば, はすっきり, は先ず, は凝視, は富士山そのもの, は徹夜, は掘り出し, は機会, は甞

▼ 心~ (42, 0.1%)

2 に至り, は卑劣, を喚起, を示さ, を脱

1 [32件] がさう, が一切不明瞭, が焦躁, が電波, である, でいそがしく, とおも, と共にあからんだ, なの, に導く, に於, に至つて, に落ちる, に陷, のほど, の悲しき, は偽り, は正面, をこれ, をのみ繹, を以てなす, を免れる, を描さんこと, を朧ろ, を現した, を看破, を自ら, を観れ, を説明, を読者, を讀者, 及び動作

▼ 心がら~ (41, 0.1%)

53 だとて, とはいふ 2 とて俳三昧, とはいい, とは言い, の淺

1 [22件] からおんば日傘, から押し入れ, から斯様, が良く, ぞこの, ぞと情なく, ぞ我, だから, だとか, である自分, でお, でご, でございますが, でございますね, でそんな, で自業自得, とはいえ, とは申せ, なり他人, のすがすがしい, の浅ましい, を察し

▼ 心として~ (41, 0.1%)

1 [41件] いかに月江様, しまつ, そうあろう, そうは, その周辺, やるにも, ゐない奇人変人狂人, ゐる, ゐる筈, ブセハラスの, 世を, 中に, 全身の, 内輪の, 十分肯ける, 十年一日の, 居るに, 建てられて, 悠々と, 意識し, 慰問金を, 支那を, 映らなかったろうか, 永続する, 永續する, 求めて, 汎ゆる, 汝らは, 法界に, 犯した罪, 生きて, 白羽二重に, 矢代の, 知られて, 神事を, 考えて, 肯定され, 芸を, 見るとき, 親しくその, 許して

▼ 心よりも~ (41, 0.1%)

3 内に 2 おまへたち, 先に, 尚はやく

1 [32件] お代の, お松を, このかよわい, さらに醜く, その理不尽, なお強く, なほ慌だしく, はるかに, まんいち自分, 一層不安心, 人無き, 今は, 体で, 余程強かっ, 冒険心に, 劣った形, 大地に, 強く嫉妬, 形の, 形を, 彼女の, 愛する者, 日頃の, 猶強き一種, 真に理解, 空に, 肉体の, 自ら求めよう, 見物する, 身に, 鋭き頭, 高価である

▼ 心にて~ (40, 0.0%)

2 その御, よもあ, 柴舟と, 白菊と

1 [32件] かく答えさせたい, そうろ, まします, わが身に, 予の, 事を, 休みゐる松源, 依りて, 修行すべきなり, 候なり, 可し, 嘲る者, 契る誓, 奧に, 孫の, 家の, 屏風を, 後へ, 本文の, 此なら, 矢はり低き, 羽目に, 胎内に, 行く人, 観ぜられたであろうか, 記憶の, 謝するのみ, 連れ立ちて, 進軍する, 降りし駅, 頭へ, 首尾よく

▼ 心~ (40, 0.0%)

4 さを 2 げに握手, さである

1 [32件] ああ萬物, あはれ我が, い, かるべく思わるるところ, げなる, げに口ずさん, げに笑った, げに首, さが, さそうに, さとを, それおのづか, のろわれて, はくば, はさから, むかしの, 先生の, 勇ましく育ち, 只一言, 君は, 夕さりくれ, 夢よ, 心よ, 恋て, 憤激する, 我が心, 我心よー, 汝は, 泊って, 自己を, 起きよ, 進みて

▼ 心~ (40, 0.0%)

3 ない, なく思はれます, なさ 2 なくなって, なさそう

1 [27件] ないので, ないよう, ない事, ない仕儀, ない色, ない調子, なかった, なかつた, なき海鼠, なくためらい, なくて, なくなった, なく思った, なく思はれた, なく水, なく煙草, なく父, なく疑ふ, なく見える, なげに, なそう, なや, に刺し通し, のう, のう存ぜられます, は全く, をぐうッ

▼ 心にかけて~ (39, 0.0%)

2 可愛がり

1 [37件] お尋ねくださいます, かえ, どうもありがとう, ゐたあの, ゐた老女繪島, ゐよう, 下すって, 伯父である, 僕の, 剣を, 大切に, 大徳寺の, 孤舟といふ, 居たが, 居ないよう, 居られるの, 居りましたが, 居ります, 御自分, 忍ぶらんゆゑ, 忝け, 思い慕うた, 持って, 捜して, 朝晩の, 来られた渦巻, 歓迎くださる, 此の, 江戸より, 積んで, 粗末に, 習って, 聞きさぐって, 苦労の, 訪ねようと, 貰って, 贈って

▼ 心とも~ (38, 0.0%)

3 がな 2 いふべきもの, なくその, 一つは

1 [29件] いうべきもの, せずや, つかぬえたい, つかぬ一種, なくこなたを, なくこれ, なくその後, なく今小兼, なく思はれて, なく手, なく歎息, なく筆, なく西, なって, なりしが, なる天狗, まじめな, 云ふべき, 分らぬ心, 思わなかった, 恐さ, 恐怖とも, 無く眺めける, 知らぬ母親, 知らねば, 解釈の, 言うべき人たち, 言ふ, 通じるの

▼ 心によって~ (38, 0.0%)

1 [38件] いたずらに, うなずくこと, このよう, この家, この教育, その紺絣, では, なされるの, はじめて物, わが国へ, 人生の, 仏菩薩の, 何か, 作られて, 初めてできる, 彼を, 成立する, 所有される, 支えられて, 支配される, 料理裁縫育児の, 決すると, 特に許され, 白雲の, 直接行為し生き, 簡単に, 考案され, 自分一人で, 自然の, 自然を, 蝕まれて, 認識せられる, 語られた愛情, 読むこと, 進出し, 間隙なく, 鞭打ちつづけた厳しく, 高まる以外

▼ 心のみ~ (38, 0.0%)

3 なり, 急がれて 2 だれ, だれが

1 [28件] あって, いそがは, おこりて, だつたが, だれ忍艸小紋, だれ飛鳥風, で, であった, である, では, でも, で全, ならずからだ, ならず季子, なりけり, はやりて, 光りいで, 弱うなり, 強い言, 急がれしゆゑなり, 日ごとに, 深かった, 満ち, 滿ち, 父上の, 真個に, 認めて, 頻りに急

▼ 心がま~ (37, 0.0%)

32 へである, へを

1 [30件] とまつ, へが望ましく, へが私, へさ, へし, へで余生, へで出られぬ, へで独坐閑読, へで生き, へで生活, へで車, へとして, へとしてはできるだけ, へと経験, へな, へなり, へなんで, へにし, へになつて, へにならないで, へにも劣らない, へに少し, へのいみじさや, へは所詮, へは持つ, へをせしやらせぬ, へをなくし, へを怠らないでゐ, へを持ちつ, へ死

▼ 心こそ~ (37, 0.0%)

1 [37件] あれ迷惑, いぢ, すでに疑心, すなわち仏, ほんとうの, まさしく一大事, まだお, もしやもしやと, わりなく悲しけれ, カメレオンにも, リリシズムの, 人の, 何にも, 信仰の, 僕の, 入る山みち, 凡ての, 同情に, 妖女の, 尊けれ昔, 彼に, 愛である, 明治の, 最もよく全体, 最もよく自己, 測りがたい, 無明の, 生死を, 着かざりけれ外科室, 知られねと, 神の, 自然主義の, 菩薩の, 衆智へ, 詩人の, 起るが, 頼もしけれ

▼ 心~ (37, 0.0%)

2 へあれ, へなき

1 [33件] ういふ, ういふ心, うにガラツ八を, な手, ぶしも, へおこる, へこそ寂しけれ, へし, へそして, へそら, へなくなれ, へも手伝, へ似られける, へ変り, へ容れる, へ急かね, へ悲しき, へ捉, へ新, へ既に, へ有, へ浮ん, へ確固, へ苦しく, へ衰, へ解し, へ變, へ起さぬ, へ起す, へ身さ, へ野獣, もこそ, 秘密を

▼ 心~ (37, 0.0%)

2 がよく, が惡, の人, の宜, の尊い

1 [27件] が善く, が宜しゅう, が悪い, が悪う, が良い, じゃあ盲目, といい, として, と申す, に存じます, に言訳, に顔赧らめ, のございません, のない, のよい, の人々, の悪かっ, の者, の良い, の良く, はやはり, も天晴, 一ツで, 御依頼, 次第また, 老来いよいよ御, 自分の

▼ 心~ (37, 0.0%)

7 さを 3 さで 2 さからの, さが, さだ, さの, さは

1 [17件] いや霊易, かつた, かるべく候云々, かるべしとも, かる航行, さ, さから, さと, さに, さ其処まで, すそう, そうに, でちょッ, というよう, のさし, をよく, カッタガ

▼ 心着い~ (37, 0.0%)

3 て恍惚 2 て, て居ない, て悚然

1 [28件] ていぶかし, てどれ, てはたと, てはッ, てハッ, て一膝下, て仏舎利, て何, て何故か, て其方, て叫ん, て唄, て夕露, て屋根, て屹, て思わず, て急い, て探っ, て此処, て気の毒そう, て流, て礼, て続けざま, て耳, て背後, て試みる, て青萱, て鮨

▼ 心~ (37, 0.0%)

3 であった 2 からだった, であつ, でした

1 [28件] からはこれ, から何物, があるだろう, だと, でいたんだ, でございますから, です, でその, でなければ, でもあつ, でゐる, でガラクタ本, で居ました, で手袋, で横, なの, なり, にする, になった, に気, に気負っ, の大学, の許, の話, はあった, はあつ, は持つ, もある

▼ 心~ (36, 0.0%)

6 の庫裡 4 の故郷 2 の一間, の屯所, へまた, へ参り, へ奥方様

1 [16件] で受けつけられる, といふ寺, に, に御陵衛士隊屯所, に置かれた, のあの, の名, の座敷, の文書中, へたどりつい, へ届け, へ引上げよう, まで落ち, をめざし, を訪うた, 心得ました

▼ 心だけ~ (35, 0.0%)

8 では 3 である 2 なの

1 [22件] あって, あなたに, だ, だからね, だが, だったの, であって, でありその, であり自分, であんな, でお, でしょう, ですと, ですの, ではじめた仕事, でほか, とびあるくこと, わかる, 在る人間, 失っちゃ, 奪はれ, 持ち去りたい自分

▼ 心それ~ (34, 0.0%)

1 [34件] がどうも, が大切, が欲しい, が無惨, が私, が芸術, が詩人, が非常, が風, こそ, だけで器, と同じ, について, に愛, に死, に負けた, の欠けてる, はいくら, はいずれ, はお, はこういう, はまことに, はやがて, はやはり, はわかっ, は一見, は単純, は大切, は女, は御存じ, は私たち日本, を彼以上, を繋ぎ合わせた, 安んぜざる有る耶

▼ 心やすい~ (33, 0.0%)

1 [33件] あいだがらだった, から手紙, ことを, では, ので直接, 人であっ, 人です, 人には, 人の, 医者が, 医者を, 友達も, 名医何某, 哀願が, 堀川さんの, 場所だった, 客人とも, 家だ, 小い, 所が, 方の, 様子で, 歌の, 気分は, 番人より, 者だ, 者ばかり, 荒物屋へ, 調子で, 警視庁の, 間柄と, 食物から, 黒川隆三の

▼ 心~ (33, 0.0%)

2 を有すれ, を汲ん, を譬え歌った

1 [27件] から消し, が打たれない, と稱, と隔絶, にはまことに, には泣かざる, にひそむ, にもその, に一点, に一種異様, に往来, に徹し, に沁む, に泉, に鑿入, の仕事, の深, の間, はさながら, をひらい, を復, を打明けた, を披瀝, を拡充, を開き, を開拓, を開発

▼ 心おきなく~ (32, 0.0%)

3 話を 2 お話の

1 [27件] おた, おとどまり下さる, ご逗留, しんみりと, ゆっくりと, オナラを, 交際し, 何か, 何日までも, 勝手放題な, 征地に, 御城門, 微笑できる, 恋を, 成仏なさる, 杯を, 楽しく話せる, 活動が, 煙草盆などを, 目の, 看病し, 給仕を, 討死が, 読経させ, 身一つに, 遊びに, 馳走に

▼ 心とに~ (31, 0.0%)

2 動かされて

1 [29件] あふれた眼つき, しみこんで, ゆきゆきした, 亡ぼされて, 作家としての, 促されて, 信用を, 出会うと, 分けて, 分ち, 可成り, 富んで, 戦きながら, 支えられて, 最後に, 本づく, 栄えたるが, 永き命, 目を, 美しく生き, 胸を, 苦あり, 訴え信徒, 誘われて, 謙譲な, 身体を, 醒めて, 餘裕が, 駈られて

▼ 心くばり~ (30, 0.0%)

3 をし

1 [27件] いろいろと, いろいろの, から使者, があっ, がある, がいります, がなかっ, がはたらい, が多い, が添えられ, というもの, においても一緒, に対して示されたよろこび, の交流, の多, の欠けた, は何, は数正, は母親たち, は随分, もこまやか, も柳吉, よりも際限, をうれしく, をもおこたらぬ, を東京市内, 感覚の

▼ 心まかせ~ (30, 0.0%)

3 に, の養生 2 でご, にした, の大

1 [18件] でがす, で一所, で二人, という場合, とそれ, にし, にする, になる, に使う, に好み, に成った, に書いた, に親許, に討っ, に逸物, に鳥, の世, の投書雑誌向き

▼ 心道人~ (30, 0.0%)

2 の庵室, の言葉

1 [26件] が何百兩, が若い, が逃がした, だつて, でした, といふの, とは全く, にその, のこと, のところ, の事, の弟子, の惡口, の教, の第, はさ, はどうして, はもう, はもう一度, は三つ股, は四十前後, は柔, は眉, は看, は飛んだ, を活き

▼ 心その~ (29, 0.0%)

2 心を, 本当の, 爲に

1 [23件] ことから, ことに, ときの, むけたあと, ような, 二つの, 儘であろう, 危険, 君の, 地平線の, 姿その, 存在が, 尊王敵愾の, 幼い時, 心さへ, 怖ろ, 淋しさ, 物を, 眼の, 能力を, 自国同胞の, 鈴の, 魂その

▼ 心です~ (29, 0.0%)

3 か, ね 2 が, な, よ, わ

1 [15件] から, からその, からね, からねえ, から兄さん, から女心, から駕籠, が利己主義, こと, ねえ, ね私, 今ま, 基督が, 無論其等, 貴方は

▼ 心~ (29, 0.0%)

5 に待っ 4 にし, に待つ 2 に待たれる, に待ち暮らした, に後 1 この日暮, せしその, に古家, に待ち受けられた, に待つた, に待ていた, に御, に楽しん, はよく, も終に

▼ 心なる~ (28, 0.0%)

5 ものは 2 か, ことの, らん, を甘

1 [15件] が故に, ことを, に何, に何もかも, に聞く, もの, ものあるいは, ものに, も又, よし, らむ, を何とて, を知らずし, 事を, 宮は

▼ 心までも~ (28, 0.0%)

4 唯彫りつけられた 2 潔いとやら

1 [22件] うつくしいと, こんなに焼く, しみ入, すべて此の, その意, ゆがんで, 並みの, 制裁する, 加えられたの, 唯彫りつけられる, 女らしくなっ, 幸福に, 座頭に, 彼女の, 慰めて, 無視し, 疑う余地, 肉体と共に, 軽くさせる, 霊に, 食う事, 鬼に

▼ 心~ (28, 0.0%)

8 よりの療法 3 の上, より生ずる

1 [14件] から或, には只, にまで確乎, に見える, の一方, の性質作用, の結果, は深く, よりの治療, より治, を切っ, を噛まれつ, を噛ん, を突き通される

▼ 心そのもの~ (27, 0.0%)

2 より発散

1 [25件] が, がすでに, がやはり, が平調, が影, が怖, であった, であるよう, で対, で観, に巣くっ, に成りきろう, のうち, のやう, のよう, の修業, の放下着, の裡, はもう, は何, よりもその, よりも画法, をも制し得る, を心そのもの, を無視

▼ 心ひかれ~ (27, 0.0%)

6 ていた

1 [21件] その理由, その芸術的完成, その藝術的完成, てあたふた, てそう, てそういう, てその, てそれ, てどう, て今, て天使, て家, て極彩色, て此歌, て行く, て輝かしい, て通行人, て醉歩蹣跚, また脅かされた, エミイは, 乍ら二人の

▼ 心支度~ (27, 0.0%)

5 をし 2 ともなく, をする

1 [18件] おこたるな, が出来た, が自然, して, である筈, とで孫兵衛, のある, の容子, もし, もすでに, をさせる, をしなけれ, をととのえた, をはじめた, を人々, を始め, を始めね, を待っ

▼ 心~ (27, 0.0%)

2 かに想, かに祈っ

1 [23件] かに, かに同情, かに喜ぶ, かに安から, かに思っ, かに思つて, かに惜しんだ, かに愛し, かに感服, かに我, かに敬服せり, かに期待, かに決する, かに石川氏, かに郷党, かに高等下女, にこれ, にその, に死処, の身体, は何, は書い, は涙ぐましくなつた

▼ 心ざし~ (26, 0.0%)

1 [26件] おのべ, さきざきかきつくして筆もつひ, その翌, てその, てゆき, て其男, て橋, て立, て行った, でお, で国境, と云, にはまことに, のおもむき, はあります, はいじらしい, は有べけれ, よくみ, をいただきます, を持たれる, 大原山の, 大地よりも, 少しの, 朝ごとに, 深きは, 生憎纒はる心地

▼ 心などは~ (26, 0.0%)

2 とうに眼底, 微塵も

1 [22件] あり得よう筈, いだいて, すべて神の, ないが, ないだろうが, ないの, なかった, なかつたもの, まずそれ, まるっきり無い, もうこのごろ, 一文の, 一瞬間の, 不思議に, 人間には, 動かされずに, 塵ほども, 知らずに, 表へ, 跡方も, 踏みにじつてしま, 顧みなかった

▼ 心とか~ (25, 0.0%)

2 宗教的感激とか, 犯罪的本能とか

1 [21件] いろいろの, さう, そういうもの, 中心とか, 云うの, 云ったな, 云ふ, 人道的な, 宮殿とか, 懷疑者の, 戦友の, 敵愾心とかいう, 民族精神とか, 火心とか, 競争心とかいう, 競爭心とかいふ, 精神とかいう, 自由主義思想とかいう, 言ひます, 金鑛とか, 非器分

▼ 心ばかりは~ (25, 0.0%)

3 急れ

1 [22件] いやが, しました, なぐさめの, はやれども, 万年屋指し, 人間なみでは, 今朝の, 何かと斯道, 先に, 平田さんの, 形無し, 急げども, 急っても, 急つて, 枯れ果てた, 汲みたれど, 決して人, 洵に, 矢の, 老耄たくない, 通ふと, 静和なる

▼ 心乱れ~ (25, 0.0%)

3 ていた 2 がし

1 [20件] て, てくる, てほとんど, てやや, て云い知れぬ, て口ごもり, て少し, て彼, て微笑み, て我, て手, て次第に, ながら縁側, ながら階段, のため, は彼女, を振るい落とした, を示さない, を隠す, 遂には

▼ 心~ (25, 0.0%)

2 に都会, に院長

1 [21件] にうれし, にこの, に之, に他日, に倅進, に冷笑, に喜ん, に念じ, に忸怩, に悦ばぬ, に感慨, に推測, に期する, に楽, に物足りなく, に苦笑, に誇, に謳歌, に赤痢, に足下, に農商務大臣

▼ 心において~ (24, 0.0%)

2 避けようとして

1 [22件] あらかじめかくあるべし, いない間, その心, なされた深き, なし遂げられた, なるべく長く, また工程, 一度も, 今の, 何の, 初めて正しき, 初めて素直, 創りつつも, 古寺古, 可能である, 復活した, 正しき自己認識, 滅ぶ者, 簡単明瞭な, 経験される, 自由を, 解して

▼ 心~ (24, 0.0%)

3 かに泰西

1 [21件] かであれ, かならず, かにうろ覺, かにこ, かにその, かに取上げた, かに吹き進む, かに問, かに奏したなら, かに平次, かに手, かに拜, かに明神下, かに氣, かに煙草, かに生活, かに讀ん, かに雜煮, かに食事, に四邊, に枕

▼ 心~ (23, 0.0%)

32 いたき, 読まれたる

1 [16件] あくまで血, その身, たのもしきあだな, つきそめし, とまる山の端, のこる与謝, 不埒者め, 仇に, 僅かに, 可愛い男, 君, 恥づべかりける, 我を, 浪華津の, 父母の, 迷われたも

▼ 心であり~ (23, 0.0%)

2 ふるさとの, また私, 浮気心は

1 [17件] この絶対的, その寂し, て憂苦患難, ながらあまりに, ながら何, また人生, また山河大地, また心安から, 一緒に, 孤独に, 手続は, 折に, 散文的な, 物を, 種々の, 節子の, 計画であった

▼ 心ならず~ (23, 0.0%)

1 [23件] ご不沙汰, そのままに, とは言, にし, にでもとにかく, にでも黙り込む, に執る, に居るで有ろう, の心痛, は何時, またぞろ頭, 世に従, 印度人に, 徳川家に, 情を, 憂慮し, 押入の, 敵に, 新主, 様子を, 目を, 足に, 驚き悲しみ弟妹等の

▼ 心ほど~ (23, 0.0%)

4 不思議な

1 [19件] いやな, しまった純, 今以, 傷ましいもの, 冷めたくも, 嘘僞な, 大切な, 始末に, 強いもの, 当てに, 怪しきは, 悩ましいもの, 暗き所, 気の毒な, 浅猿, 真実を, 苛いものは, 頼りない, 餘處目から

▼ 心ぼそい~ (23, 0.0%)

2 ことを

1 [21件] お奉行, からぼく, ことです, ことなど, ことに, しだいでも, という感じ, な, ね, のは, ものが, ネ, 感じで, 旅を, 時間の, 気が, 気も, 灯が, 結果と, 身の上でしょう, 顔を

▼ 心をば~ (23, 0.0%)

2 云ふ, 動さじの

1 [19件] なぐさめぬ, またかなた, まづ樂, ヂドいかに, 各々の, 呼び起すとて, 如何なる, 尠から, 常に勵, 御主人樣, 抑へつつ, 持ちたるにや, 更に哀れ, 極度に, 歎かざらまし, 生ぜずして, 讚めて, 賺しても, 銀の

▼ 心~ (23, 0.0%)

2 がし, を當

1 [19件] か何ん, がありませんでした, がかかっ, で, なしで, にも及ぶまい, はどう, はなかっ, は戸袋, まである, もおろし, をかい, をかつて, をし, をした, をする, を噛ませる, を固く, を外させ

▼ 心~ (23, 0.0%)

3 がある 2 がない, に山, リハ無

1 [14件] と謂う, にもしなかつた, に我家, に行ける, に進み行く, はどの, はないでしょう, はなけれ, も無い, を射た, を射抜いた, ニも, リガアッタカラ小石川ヘ, リノ者ハ注意セラルルヨウ此段為念警告ス

▼ 心~ (23, 0.0%)

4 りの 3 りは, りも, りを 1 だつたの, の銹, りあり, りが, りして, りだつたし, りだつた樣, りである, りなので, りなんか

▼ 心祝い~ (23, 0.0%)

2 の酒

1 [21件] がある, じゃ, だったそう, です, でもあった, にこの, にてめえたち, に一ぱい, に潔め, に読み, に買った, に飲ます, のある, のお, のつもり, の儀, の引き出物, の御事, の酒盛り, の集い, を兼ね

▼ 心~ (23, 0.0%)

2 なく待遇つて, なく語り始めた, はない

1 [17件] ない山寺, なき塒, なく, なく小, なく御, なく此, なく泣かれよ, なく滅多, なく物, なく申し聞けられたい, なく細君, なく腹, なく遠慮なきが, なく飲める, なしお, のない, 無い山寺

▼ 心あら~ (22, 0.0%)

42 ば今年

1 [16件] で月見, は, ばか, ばわたし, ば今一度, ば今夜来鳴き響, ば任, ば同感, ば天若日子, ば感, ば来, ば此, ば汝, ば走り, ば通りがかり, ば鈴川源十郎

▼ 心しずか~ (22, 0.0%)

1 [22件] な死, にいや, にお, にこの, にこの世, にさい, にただ一人, によみがえらし, に吹きすまし, に味わっ, に夫人, に奏で, に明く, に星, に次, に河, に湯, に用意, に眼, に称名, に薔薇, に選ぼう

▼ 心とで~ (22, 0.0%)

4 書いた

1 [18件] あつた, いつに, いつも細君, お松は, かたく未来, その天性, ぶるぶる震え, わたしは, 一杯に, 入って, 好く災, 木を, 死ぬ気, 火鉢により, 肩を, 胸が, 語りあうかの, 長い旅

▼ 心までが~ (22, 0.0%)

1 [22件] おのずと潤い, おのづと潤ひ, すっかり変っ, まだすっかり肉, 中途半端で, 僻んで, 変って, 大きくなった, 孤獨な, 感じられる, 爛れて, 畜生道に, 稀らしく, 総立ちに, 美しかった, 腐爛し, 荒びるので, 蒼く染り, 遂には, 遠かって, 遠かつて, 鮮らかに

▼ 心~ (22, 0.0%)

3 かは知らね 2 なり

1 [17件] から出た, だつた, ですでは, ですね, で且, で勤勉, なところ, なれども, な後人, な態度, な教示, な注意, にし, に云っ, を極めて, を無, を知らし

▼ 心惹かれ~ (22, 0.0%)

1 [22件] これを, そうしたもの, て, ていった, てそれ以来彼和田武夫氏, てまた, ても結局, てゆく, てゐた, て一つ一つ, て余計, て労働運動, て彼女, て戯れ, て描く, て殺す, て潜り戸, て眼, ながらも死骸, 同時にまた, 彼女の, 種々策を

▼ 心次第~ (22, 0.0%)

2

1 [20件] お兄様, たるべし, だが, だろう, であって, であるかも, です, ですからね, ですと, でどうにも, でサッサ, で何, で御行状, で物, で自分, とはいう, と申す, と致す, にてすなわち, にて極楽

▼ 心なり~ (21, 0.0%)

3 行なりが 2 けれ

1 [16件] かの六条, けん見し忍び寐, すでに和する, ひとすぢ, また志, やおのれくせ, われは, 事あれ, 又草木, 心正しから, 桜花蓮花の, 現代の, 軽い嫉妬, 野菜畑に, 音なき, 鬼は

▼ 心ひとつ~ (21, 0.0%)

3 になげく

1 [18件] じゃ, じゃはた, であの, である, でいかに, です, では自分, でまちがえ, で一家一門, で山, で忍耐, ときまった, と真実, に, にじ, に咲く, に追いすがっ, は若

▼ 心~ (21, 0.0%)

1 [21件] とや, と本来, にのみふさ, には少し, に加担, に就い, のため, の一端, の淙々, の蕭条, は, は無人島, をとり戻し, を全く, を思いやっ, を歌った, を秀吉自身, を美しく, を行動, を託そう, を述べられる

▼ 心生活~ (21, 0.0%)

2 の全体

1 [19件] との関係, と関係, については, によってもそれ, に溌溂, の事実, の変遷, の外, の推移, の歓び, の結晶, の緊張, の表現, の関係, は隋唐文化圏内, を以てその, を内省, を示し, を表現

▼ 心着く~ (21, 0.0%)

2 とお, と自分, 身は

1 [15件] とああ, といつの間にか, とこれ, とやがて, と同じ, と地震, と最う, と柳, と標示, と無, と絹糸, と雲, に容易い, ほどまだ, 時褄を

▼ 心~ (21, 0.0%)

1 [21件] から新婚旅行, から草鞋, が多少, さえした, とを味, と恐怖, にしたい, になさる, に対し奉り, の術, は事実, は事實, ひで彼の, ひとして, ひとみえる, ひと自分の, ひなので, ひまでに, をせぬ, を嬉しく, 却つて恥入りまし

▼ 心嬉しく~ (20, 0.0%)

1 [20件] お秋, ずか, て少しぼーっと, なって, イソ, 主人は, 仕上げの, 存じますが, 定めて, 思った, 思ったもの, 思って, 思ッた, 急いで, 新草, 明室の, 林を, 浴衣がけで, 看病疲れに, 鼻高々と

▼ 心着いた~ (20, 0.0%)

3 のは, ように 2 のが, のであります 1 かあ, か一寸々, か急, が先刻, が手, のであった, 時は, 時咄嗟に, 浅井は, 風である

▼ 心と共に~ (19, 0.0%)

2 平岡の

1 [17件] こういう変則, 一層募っ, 向上し, 常に弱者, 年齡も, 暗かった, 最早や, 殘る, 生れて, 確実なる, 落ち付いた, 解けはてて, 變化した, 躍らせようと, 輕く, 遊ぶという, 遊ぶといふ

▼ 心に対して~ (19, 0.0%)

1 [19件] ああ云う, ある安心, それほどの, どうしても道庵先生, はるかに, みだりな, 不真面目, 云い知れぬ魅惑, 僕が, 如何に弱い, 少なからず, 彼の, 心から敬意, 悪かった, 感心する, 正当な, 積極的で, 総身の毛, 辛辣な

▼ 心~ (19, 0.0%)

5 しの 3 しで, しを 2 しだつた, して 1 しが, しに, しのかず, をする

▼ 心附け~ (19, 0.0%)

1 [19件] かもの, がある, が少なかっ, て呉れました, で済む, としてはあまりに, などの附け, などは一切, の必要, の金, は辞退, ば憔, も与えず, や酒代, をもらい貯め, を遣らない, 不足に, 十分でなかつた, 潜水夫に

▼ 心からは~ (18, 0.0%)

2 恐怖が

1 [16件] すべての, そんな約束, とかく非難, どんな悲しみ, なにひとつ現在に, なれたの, 一切の, 二人とも, 今までの, 如何に, 暗黒が, 消されなかった, 涙が, 相續, 軽侮の, 門外漢である

▼ 心だけが~ (18, 0.0%)

1 [18件] あの大学生, あふれて, いやに, こう哀しく, 動いた, 口を, 届きさ, 張りつめて, 強かった, 残つてゐた, 残つてゐました, 眞に, 知って, 素直に, 群を, 走る, 逸って, 錐の

▼ 心とから~ (18, 0.0%)

2 だの, 彼は

1 [14件] きたの, こんな無駄, その乞食, その広間, だとに, だとの, だとを, だは, でその, 何物にも, 強い方, 斯う, 私は, 迸り出た声

▼ 心など~ (18, 0.0%)

1 [18件] あった時, あった様, ありませぬ, あるはず, あるもの, はござりませぬ幸い, 云つて胡麻化し, 云ひ, 何故大胆, 変るもの, 御邊一人, 微塵も, 持つな, 故右大臣さま, 計るよう, 起しては, 起らぬ, 露ほども

▼ 心にくい~ (18, 0.0%)

1 [18件] がその, ことを, ばかりの態度, ばかりの用意周到, ばかり知りつくし, ほどの新鮮, ほどの落ちつき, ほどの近代味, ほど我等, までにしっかり, までに写し出され, までよく, まで巧み, まで落, 作品である, 手ぎわでは, 装飾を, 限りである

▼ 心にまで~ (18, 0.0%)

2 入って

1 [16件] 一つの, 乗りうつっ, 伝播し, 傳播し, 出ても, 分け入らなければ, 吾吾は, 広がり連なる主観, 或る, 映って, 深く格之進, 突きと, 立入って, 觸れ, 重重しくつた, 陰を

▼ 心安らか~ (18, 0.0%)

2 な空虚

1 [16件] であるらしかった, であろう, というの, な態度, に, にし, にその, にねむり, に何事, に元旦, に収穫, に墓場, に往生, に旅行, に言い放った, に身

▼ 心着き~ (18, 0.0%)

2 はなさいません

1 [16件] けむお, けむ銀, けむ長火鉢, て, てや両手, てや必ず, て一身, て履物, て栗, て窺, て驚, などを話し, になりました, またさらに, 煙草入の, 耳傾け

▼ 心にと~ (17, 0.0%)

4 つては, まつて, 言ふ 1 つて唯の, つて親しい, まつた記事, むる者なし, 言うよりは

▼ 心にとっては~ (17, 0.0%)

3 すべてが 2 最も大きな

1 [12件] あまりに強い, きわめて貴重, そのいずれ, たえがたい苦痛, 何等の, 同情される, 宗教は, 尋ねるの, 日本の, 昔父の, 詩も, 非常に

▼ 心よい~ (17, 0.0%)

2 まだ和まず

1 [15件] いびきを, かといえ, もので, リズムを, 位です, 右門流でした, 場合には, 微笑が, 涙が, 百姓に, 眠りに, 芸術的法悦を, 軋音, 返事を, 響きを

▼ 心~ (17, 0.0%)

3 の友

1 [14件] がある, がわかる, して, ともいえる, のあいだ, の主従, の人, の人々, の仲, の知己, の誼, はすこしも, もある, を持つ

▼ 心~ (17, 0.0%)

2 えるは

1 [15件] えるっていう, える様子, じて, のよう, はしき, はしく, はねば, ひたるに, ひたる軍人, ひ得ぬこそ, ふに, ふは, ふばかり, ふやう, へるには

▼ 心~ (17, 0.0%)

1 [17件] かなる, かにその, かに之, かに再会, かに平家, かに感服, かに沈丁花, かに覚悟, かに驚きぬ, にお, にさう感じ, にその, に嗤, に嘲笑, に農商務大臣, に駭きし, に驕りし

▼ 心~ (17, 0.0%)

5 えの 3 えに 2 えが, えは, えを 1 えてから, えで, に因る

▼ 心~ (17, 0.0%)

2 かなん

1 [15件] かでありし, かでぴッ, かなかッ, があり, が行き, てまた, て自慢, のある, までした, もさせ, をやりました, を下, を下さいまし, を出さない, を多い

▼ 心附いた~ (17, 0.0%)

2 のである, 時は

1 [13件] かお, から日本, ことが, ときどの, と見え, のか, ので止む, ので走つた, のは, は今日, 限が, 限の, 限は

▼ 心ぐる~ (16, 0.0%)

2 しいの, しくて, しくよし, しさ 1 しい, しい気持, しきうち, しく, しくおもって, しく四方, しく思われて, しく芳さま

▼ 心であった~ (16, 0.0%)

2 がこれ

1 [14件] か, かも知れなかった, からかえって, から未来, と兆二郎, と同時に, と思う, と見られぬ, のだ, のだろう, のであろう, のにこの, わけで, 世間で

▼ 心また~ (16, 0.0%)

2 新しく泣かん

1 [14件] おのずから勇猛, これが, たの, 労を, 同じ, 奇なりと, 富士山を, 愛され信頼, 新しく泣か, 明さんの, 最も与り, 解きうべし, 身の, 遠きく

▼ 心密か~ (16, 0.0%)

2 に考え

1 [14件] なる記憶, にそれ, にわが子, に信じ, に大望, に待ち設け, に得意, に思, に愛し, に期し, に欣, に油断, に私, に自分

▼ 心~ (16, 0.0%)

2 の石粒

1 [14件] があっ, が如何, が形成, となるべき, にはなる, には多, に触れる, に食い, の表面, はしかし, を掴ん, を無限, を考え, を見る

▼ 心~ (16, 0.0%)

1 [16件] から始め, とはどんな, にはどんな, の二字, の名前, の残欠本, はなにゆえ, は般若心経, も読まれた, や観音経, をよめ, を供養, を唱え, を習, を説き終われり, を読ました

▼ 心もて~ (15, 0.0%)

1 [15件] おん身を, 世に處, 争奪を, 作りて, 受けさせ給う侮辱, 彼を, 御身の, 愛すといふか, 愛国心など, 我を, 打ち見やりつ, 日かげに, 草の, 見ませ, 静かに

▼ 心~ (15, 0.0%)

1 [15件] 体セサル吏僚カ国法ヲ, 信ジテコノ手紙ヲ書キマス, 冷カニシテ天, 合セオイチ御料ヲムカエ取, 安ンジタリ, 平ニシテ, 強メケル, 挫折セシムベシト云フコトナリ, 明カシタカ, 標スル也ト, 満足サセタヾケデソレキリ同性ト関係シタコトハナカッタ, 生ジ, 生ジテ即時ニ堕落, 起ス, 鑑ラレヨ

▼ 心~ (15, 0.0%)

2 と犧牲

1 [13件] で疲れ, で私, と八丁堀, と流汗, と疲憊, にて急, に堪へない, に打ち負かされ, は一, も一通り, よ汝, をなし, を後に

▼ 心惹かれる~ (15, 0.0%)

1 [15件] からである, ことで, ところを, のだろう, のであります, のは, ものが, 一つの, 悲しげ, 懐しい作家, 所以である, 柔かい詩人, 淋しいこと, 者が, 風情といった

▼ 心~ (15, 0.0%)

1 [15件] だった, というあんまり, というの, の一派, の奥伝, の家元, の小太刀, の拳法, の柔術, の近藤三助, の近藤家, の逆手, は拳, を存分, 遠当て

▼ 心淋しく~ (15, 0.0%)

2 なった

1 [13件] おわそう, てならない, また制作, また腹立たしく, もはかない, も露都, 三味線ひく, 傾けるキァンチ, 存じて, 思って, 思ふの, 感じたの, 感じる次第

▼ 心窃か~ (15, 0.0%)

1 [15件] にお, に以為らく, に冷やか, に喜ん, に喜んだ, に嘆, に在来, に学生, に恥じね, に悦ぶ, に活動, に無事, に自ら可, に苦しん, に誇った

▼ 心おぼえ~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, がいくらか, が彼, で何, として書いた, に大きい, に書きとめ, のある, のため, のよう, の啼聲, の橋, の為, を説明

▼ 心しづか~ (14, 0.0%)

1 [14件] なるかな, に, にあらな, にし, になり, にやすらひ, に三たび, に世, に味, に喜び, に死ぬ, に活字創造, に流るれ, に蘭画

▼ 心にのみ~ (14, 0.0%)

1 [14件] したがって貴様, その土地, なつて, ゆかしくも, 受けられる自然, 可能な, 向けたもの, 味わるべき, 存在する, 感興を, 棲むあの, 百済観音が, 関係する, 面接し

▼ 心ひかれる~ (14, 0.0%)

2 のである

1 [12件] ことだ, ことで, にちがい, のだ, ものが, テーマである, 姿だった, 思いを, 様子ながら, 理由は, 芸術家の, 身寄りも

▼ 心淋しい~ (14, 0.0%)

2 気も

1 [12件] から往く, か知れ, ものです, ものは, やうな, ような, 女の, 婚礼を, 慰安を, 日でした, 晩です, 水田松原などを

▼ 心着け~ (14, 0.0%)

2 ばうつくしき, ば旧, ば正面神棚 1 て, ては彼, ては貫一, で机, ば人気勢, ば土饅頭, ば天窓, ば樹蔭

▼ 心こめ~ (13, 0.0%)

2 て握りしめた, て書いた 1 てうたいました, てお待ち, てきく, てひしと, て縫つた時, て繰り返し, て見守った, て贈り物, 切に祈願

▼ 心じゃ~ (13, 0.0%)

2 ない, ないか 1 ないと, ア末が, ア駄目だ, 何と, 其の念, 手を, 極めて, 礼を, 腹も

▼ 心だった~ (13, 0.0%)

2 のでしょう, のです 1 からある, から自分, が不幸, が直し切れない, に相違, のだ, のである, のでした, ようでございます

▼ 心一杯~ (13, 0.0%)

2 に感じた

1 [11件] で手足, で瞶め, で高知市, になつ, にワク, に勉強, に拡がっ, に拡がった, に泣いた, に漲り渡った, のもの

▼ 心~ (13, 0.0%)

3 仏非 1 仏じゃ, 仏である, 仏という, 仏を, 慧, 淫心だ, 理知行合一致良知説を, 菩提, 身では, 身身即心と

▼ 心~ (13, 0.0%)

1 [13件] から生れる, がある程度, が役立った, ではない, でもたいへん, などこれ, になっ, になり, のもと, の相違, はそのまま, はそんな, を一挙

▼ 心深く~ (13, 0.0%)

1 [13件] して, ながめたの, に秘められ, も印せしなるべし, 僧正遍昭が, 其間に, 外から, 愧じ, 決するところ, 沁み入, 沁み入って, 自由の, 諸事わけても

▼ 心~ (13, 0.0%)

1 [13件] の月, の足, の顔, はあっ, はいきなり, はさっき, はその, は人心地, は子供, は彼女, は空, は雪, は額

▼ 心附い~ (13, 0.0%)

2 ていた

1 [11件] て, てい, ていまい, ている, てみれ, てゐた, て十六, て己, て故意, て蟇, て起ち

▼ 心靈研究會~ (13, 0.0%)

1 [13件] から手, が聞きつけ, でやる, に興味, のスペクタル, の主事, の重大, へも傳はつ, へ引張だされた, へ通, へ通つて, や招靈會, や靈媒

▼ 心~ (13, 0.0%)

1 [13件] なる可, に, にその, に一人親, に上り湯, に修行, に多, に師, に御, に月日, に末期, に目算, に養生

▼ 心~ (12, 0.0%)

2 支配し 1 さだめあれ, つかいしニ, ほいなる, みだしなさるよう, 世辞ありません, 察しねがいたく, 察し被, 御用第, 指図に, 身の

▼ 心これ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が實, が爲, こそ人間, なり, にのみむかへる, によりて, によりて疚しから, に向かい, は決して, よりほか, を怪, を意

▼ 心さびしく~ (12, 0.0%)

2 なった 1 この元, この元宵, させて, てなりませんでした, なって, なる, もあり, 吹いて, 感じましたが, 感じられるよう

▼ 心でない~ (12, 0.0%)

2 ことを, 敵に 1 か, にし, ものは, ような, 事も, 方が, 覚禅房は, 青年の

▼ 心でなけれ~ (12, 0.0%)

9 ばならない 1 ばならん, ばなるまい, ば生じ

▼ 心ばかりが~ (12, 0.0%)

3 先に 1 あせりに, さきに, 先き立っ, 強くて, 彼に, 彼らの, 本当にポプラ, 澄みきって, 限りなく生きる

▼ 心やさしい~ (12, 0.0%)

2 娘さんに 1 ので支持, 中宮の, 人という, 保胤には, 修治さんか, 奉仕を, 婢女の, 心が, 息子さん, 返事を

▼ 心~ (12, 0.0%)

3 を聴き 2 を止めた 1 が聞える, されわれ, のよう, の完全, を停めた, を止め, を聴いた

▼ 心~ (12, 0.0%)

2 のからだ 1 がおどり出します, だけ, のやぐらにからみつき, のよう, の注文, はとる, はジュズ, は一ぺん, は壇, は天魔太郎

▼ 心尼母子~ (12, 0.0%)

2 の姿 1 が他, でさえも豊川, とはおなじ, と供, の前, の四人, の素姓, もまいります, も不知哉丸, を客殿

▼ 心~ (12, 0.0%)

2 に感じ 1 がゆるさぬ, といい, には出来る, に接する, に発する, は, はそれ, は示し, をもっ, を無言

▼ 心~ (12, 0.0%)

2 の鍛錬 1 が西洋, だの, にもかなった, に甲乙, の甲乙, はなき, へと精神的, をふくん, を観ずる, を説ける

▼ 心~ (12, 0.0%)

2 を煽るらし 1 が心身, が渠, が烈し, が無い, である, に憑かれ, の凄, の苦し, までが自分, を刹那主義的

▼ 心~ (12, 0.0%)

2 に浮び, の前 1 にその, に上り, に上り來, は先, を一洗, を淨め畢, を眩惑, を遊ばせ

▼ 心細い~ (12, 0.0%)

1 [12件] お二人きり, ことで, ことでない, ことは, ために, でしょうね, でしょうねえさん此処, ような, 事だろう, 宮様です, 御境遇, 御様子

▼ 心躍り~ (12, 0.0%)

5 を一月 2 を感じた 1 が先立った, が包みきれぬ, もしなく, を感じ, を禁ずる

▼ 心長閑~ (12, 0.0%)

1 [12件] な谷村さん, にこの, にし, に四方, に大兵, に晴れ渡, に林, に浮い, に浮び, に虚空, に読ん, に談

▼ 心~ (11, 0.0%)

3 ひの 1 ってかなし, ってか能登守, ってか葛木, つて史通までも, つて行つた事だ, つて見送つた, つて雛僧に, 貴女み

▼ 心きいた~ (11, 0.0%)

2 者は 1 ところが, 一人が, 夫妻が, 女なら, 者が, 者ばかり, 若者でした, 誰かが, 関守に

▼ 心ききたる~ (11, 0.0%)

2 者は 1 ことを, 一名の, 兵数名を, 同行者が, 奴と, 家臣を, 少年を, 者なれ, 若者を

▼ 心ざま~ (11, 0.0%)

1 [11件] が真直, す, でいらっしゃいました, にて齢, には優れたる, のやさし, の卑, の真直, もやさし, も女々しゅう, を難

▼ 心だけを~ (11, 0.0%)

1 [11件] その後知りあひ, ソーッと, 取るもの, 問題と, 多少持っ, 悩まして, 慰めるため, 教えるよう, 標準に, 見つめて, 言うの

▼ 心だに~ (11, 0.0%)

3 誠の 2 まこと, 優しくあら 1 あれば, 今暫し, 僻まずもがなみほ, 我を

▼ 心であろう~ (11, 0.0%)

2 かと思う 1 かとも思われた, かと求めた, ぞ, と思った, と苦しく, と薫, と見まもっ, 並み並みの, 先輩を

▼ 心なんか~ (11, 0.0%)

1 [11件] すっかり分っ, わからず朗らか, わかりたか, 全然ない, 分からない, 分らないでしょうかしら, 判るもの, 寄せられたって, 持って, 起しも, 起し得なかったの

▼ 心なんて~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるかしら, いうもの, いくら学問, いふもの, そったら冷, めったに分かる, ものは, 実は弱い, 現はせやしない, 皿よりも, 言葉の

▼ 心のみが~ (11, 0.0%)

4 先に 1 すべての, 切なる, 天地と共に, 実は復活, 強くなっ, 愛を, 本当に美しい

▼ 心ひかれた~ (11, 0.0%)

2 のであった, 相手と 1 からアンナ・リヴォーヴナ, ことが, に違い, のだった, のは, ようでした, 作品集です

▼ 心働計~ (11, 0.0%)

2 なるもの 1 が働い, こそは僕, によって曲線, の側, の用意, の説明, の音以外, を使っ, を働かせた

▼ 心全身~ (11, 0.0%)

1 [11件] でぶつかっ, で私, で精進, にしみいる, にしみこんだ, にみなぎり, のよろこび, の声, をぶちまけた, を以て書きあげた, を句作

▼ 心~ (11, 0.0%)

1 [11件] には七転八倒, に形作る, に感慨自ら, に憧憬, に絶えず, の声, の慈悲, の深き, の神秘, の解剖, を揺り

▼ 心嬉しい~ (11, 0.0%)

2 事はござりませぬ 1 から, から持っ, から書い, ことで, てッ, のだ, ので稽古, ばかりでござる, やア

▼ 心安立~ (11, 0.0%)

1 [11件] からで, から歌, が過ぎ, と御機嫌とり, にもう, に碌々挨拶, のなか, の友達, の戯談, の滝田樗陰氏, をせず

▼ 心~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありませんか, が, がある, とし, として蘆庵, なの, なん, のない, もなけれ, を感じる, 放と説いた事

▼ 心~ (11, 0.0%)

1 [11件] に似, に対せしめ, に映じ, に映ずる, に映る, に被告人, の光, は玲瓏, は突如, へまず, を早く

▼ 心附かず~ (11, 0.0%)

2 に其抑揚 1 にゐた, にゐる, に居る, に数歩向う, 喉の, 実に申訳, 私欲と, 背中を, 臆病らしい

▼ 心だけで~ (10, 0.0%)

1 あちこち見まわし, あんな恰好, いるとき, 仲善く, 十分に, 満足し, 濯ごうと, 眼を, 見て, 鞘が

▼ 心だの~ (10, 0.0%)

2 意地の 1 あた, そんなもの, 惡氣の, 憎悪だ, 残忍性だの, 色々に, 非難だの, 魂だの

▼ 心とでも~ (10, 0.0%)

2 いうべきもの, 云は 1 いうよう, いうん, いふところ, なんとでも, 云うよう, 呼ぶより

▼ 心などを~ (10, 0.0%)

1 すてる方, まっかに, 強ひ, 持って, 挿して, 自然と, 起こす余裕, 起さば, 起したの, 農民の

▼ 心なれ~ (10, 0.0%)

2 どさし, ばなり 1 ども, ども今, ど馴れぬ, ばこそ拙者, ば嬉しい, ば我

▼ 心にさえ~ (10, 0.0%)

1 あの絶世, そんなにこの, なった, よき準備, 何かの, 強く迫っ, 特別な, 独立し, 異常な, 異常の

▼ 心にとって~ (10, 0.0%)

2 苦痛な 1 なつかしいもの, 今良人の, 基準である, 最も大, 極限の, 痛いこと, 能登路の, 誠に心

▼ 心によ~ (10, 0.0%)

1 つてそれが, つてのみ, つて一途に, つて初めて, つて烙印された, つて煽られた, つて緊張し, つて考案され, つて語られた, ゆうが

▼ 心による~ (10, 0.0%)

5 外は 1 ものだ, ものであった, ものである, 利己主義の, 思い思いに

▼ 心~ (10, 0.0%)

1 へと見え, へな, へなり, へに, への程申, へも善い, へを縺れ, へを見とめる, へを謌, へ大丈夫ニ

▼ 心への~ (10, 0.0%)

1 おくりもの, 今が, 印象表現として, 奉答であり, 後句, 用とも, 見方の, 訴えの, 転向を, 酬いであった

▼ 心~ (10, 0.0%)

1 に再現, に印せり, に反覆再現, に落ち, に血書, に起り, の別世界, の琴線, をすつかり覆, 苦しく三合

▼ 心全体~ (10, 0.0%)

1 うちのめされたよう, がお, がその, が妖怪, が流露, で含味, の保ち, はガス状態, を直覚的, を食い荒らし

▼ 心利いた~ (10, 0.0%)

2 奴じゃ, 者を 1 三郎兵衛の, 二三の, 仲間を, 太鼓持年増芸者なぞは, 若い者, 黒川屋の

▼ 心寂しく~ (10, 0.0%)

2 なって 1 その後ろ影, てならない, なった, なつて來, 存じて, 思った, 懷かしく他人の, 飽足らなかった

▼ 心~ (10, 0.0%)

2 に書い 1 が游心帖, が芥川, と書い, には前期, に殘つて, は意外, は綴ぢ, をとりあつめ

▼ 心愉しい~ (10, 0.0%)

2 ものが, 人の 1 のであらう, みやびやかなことだと思った, ものである, ものでした, ものを, 事情が

▼ 心掛次第~ (10, 0.0%)

1 だ家, でその, で人相, で出来ない, で十分家事, で善く, で女, で如何なる, で引取つて世話, で貴

▼ 心暫らく~ (10, 0.0%)

10 も安らか

▼ 心楽しく~ (10, 0.0%)

1 これを, さいご, してること, てすでに, 侍るかし, 平和と, 欲望の, 武蔵野を, 空想した, 見て

▼ 心~ (10, 0.0%)

1 で, で滋養本位, にて表向き下宿屋, にて途中, に今日, の程, へ, への伊太利亞ベルモット, られたるとは, を受ける

▼ 心~ (10, 0.0%)

1 が大きい, の大きい, の直接, はやや, は甚だ, も大きく, も甚だ, を有し, を決定, を算定

▼ 心用意~ (10, 0.0%)

2 もせず, をし 1 があり, がう, の細か, もどうやら, を怠らない, を裏書き

▼ 心~ (10, 0.0%)

2 かなん 1 かでやさらに, かで再び, かで彼, かねえ, があった, が無い, さへ, なり下

▼ 心祝ひ~ (10, 0.0%)

1 がある, だからな, どころか笹野, などと理窟, に呼んだ, に此, に酒, のお, のつもり, の酒盛

▼ 心~ (10, 0.0%)

2 して 1 した若き, しもせず, し候哉, し団扇, し悔改めの, するかも, するの, れた樣子

▼ 心~ (10, 0.0%)

6 りの 1 のう, のう存じおる, りでございますから, りに

▼ 心附き~ (10, 0.0%)

1 あなたの, これからお, それを, ながらそれ, になりました, になろう, は何, は御座いません, ハヽア先達て庚申塚で, 倉皇箸を

▼ 心あれ~ (9, 0.0%)

3 ば臣心 1 こそ波立て, ども園芸, ばこの, や人, や花, や馬

▼ 心うれしく~ (9, 0.0%)

1 七年越しの, 存ずるが, 感じる, 甚だ光栄, 眺め, 立ち振る舞った, 聞いて, 見たもの, 躍るなり

▼ 心ぐみ~ (9, 0.0%)

1 がお, である, でいる, でこれ, でやる, で観賞, で驀, にご, も峯子

▼ 心~ (9, 0.0%)

1 ぞ, たまへ, たりと見, づめて部屋に, づめむ自らの, ながら人里, ながら尋問, ながら気, 玉え

▼ 心した~ (9, 0.0%)

1 かのよう, ことは, という, のは, まひてよと, 三代の, 新秩序, 有様は, 有樣

▼ 心~ (9, 0.0%)

41 いつと, やござんせぬ, やどんなに, やない, や聞かつ

▼ 心でなく~ (9, 0.0%)

1 ちゃならん, てはならない, ても言々句々縦横無尽, て虚栄心, 急ぎ私共, 真面目に, 絵の, 色情で, 著者自身と

▼ 心などに~ (9, 0.0%)

1 あると, して, しみじみと, すぎなかった, たえず頭, 出遇, 囚はれ, 支配せられ, 統一し

▼ 心のどか~ (9, 0.0%)

1 で好調, とみた, なもの, な休み日, な春, におわしませ, にこの, に口, に物語

▼ 心ばかりを~ (9, 0.0%)

1 先ほど, 悩ますに, 惱ますに, 持ち溜めて, 挙げたり, 誰よりも, 起すの, 通わせ焦れ死ぬほどに, 集めて

▼ 心へも~ (9, 0.0%)

1 いつとも, くいついて, しっかりくいこん, やがてそれとなく忍び寄る, 伝わって, 傾きやすい, 噛み込まして, 清澄な光り, 話しかけて

▼ 心ゆかし~ (9, 0.0%)

1 でこっち, でご, と帰路, にし, にする, にその, に廓, に持っ, やら

▼ 心をさえ~ (9, 0.0%)

1 寄せて, 彼に, 情けなくも, 見抜き申すぞ, 起さしめたの, 起させるらしい, 起して, 起しました, 起すところ

▼ 心~ (9, 0.0%)

2 体気ハ感ジテ遂ニ通ズ即 1 一徹ハ, 動揺ガ長, 変化ヲ, 外ニ此等功名的動機軍事的手腕ヲ, 奥深クシマイ込ン, 憂悶ナルニ関セズ, 頽廢モ無

▼ 心中立~ (9, 0.0%)

1 かの, かも知れません, だ, にも裏, に私, は聞かぬ, やと一言, をし, を物珍

▼ 心~ (9, 0.0%)

2 のあった 1 が個々, だと, と利害, の篤い, はかなり, を契っ, を結び

▼ 心使い~ (9, 0.0%)

1 がなけれ, がまだまだ, が無かっ, です, によって愛, に煩わされる, は更に, を持つ, を欠いた

▼ 心僧都~ (9, 0.0%)

4 の巨大性, の根本信念 1 の創建

▼ 心動き~ (9, 0.0%)

1 しは, ちょうど店, て自ら, どうやら秘訣, ながら一所, に堪へずし, をる, 拾いあげて, 易き自

▼ 心~ (9, 0.0%)

5 はれて 1 はれた, はれたれば, はれながら, はれ思ひ亂

▼ 心~ (9, 0.0%)

2 に住ん 1 に詣でた, の和尚, の無縁, の聞きたし, は桑原氏, へ出向く, へ駈込ん

▼ 心~ (9, 0.0%)

3 ひて 1 せらるる体, のみせられ, ひおの, ひぬ, ひの, へるなりけり

▼ 心斉橋~ (9, 0.0%)

2 をブラ, を歩く 1 で十二円半, の不, の幡半, へ出, へ出る

▼ 心易立て~ (9, 0.0%)

1 から襤褸, です, でも行かなかった, にそんな, に入, に小間使, に注文, や, をも敢

▼ 心是仏~ (9, 0.0%)

1 である, でないと, と説く, なり, について彼, の宗教, は外道, は発心, を見ない

▼ 心~ (9, 0.0%)

2 の太刀 1 の大刀, の疑惑, の疑義, の秘法, はこれ, まつたなら六時過ぎ, 受得の

▼ 心深い~ (9, 0.0%)

1 ことのう, だけそれ, ところまで, 修道者は, 婦人であっ, 御寵愛, 思いやり隠れた, 感じの, 見ものであった

▼ 心~ (9, 0.0%)

1 かりし父, き犬, き童, き馴染頭, くあれ, くして, くなっ, く人, く女々しい振舞い

▼ 心甚だ~ (9, 0.0%)

2 平か 1 乏しく奇, 壮なり, 安からず, 定まらずふと, 忙しく學, 忙は, 愉ま

▼ 心~ (9, 0.0%)

2 の素地, の草 1 に不満, に入る, もとすでに, を鋤き下げ, を開拓

▼ 心~ (9, 0.0%)

1 が丁と, などと明らか, なの, につけた, になりました, に識, のため, の奴, 後ざま

▼ 心~ (9, 0.0%)

5 りを 3 りの 1 りは

▼ 心~ (9, 0.0%)

3 ひて 2 ひながらも 1 はする, ひぬ, ふもの, へる議員等否

▼ 心~ (9, 0.0%)

1 だの一刀流, に呆れぬ, に女, に己, に彼, に怪む貫一, に懼, に望み, に頷きぬ

▼ 心あがり~ (8, 0.0%)

2 に, のわが 1 に天, のした, のやがて, の面

▼ 心いっぱい~ (8, 0.0%)

1 でしずか, で踊った, にその, にひろがる, にもっ, に描き, の思い, 占められて

▼ 心すら~ (8, 0.0%)

1 なくは, 影も, 恐らく知りかね, 猶能, 痺れて, 自発し, 起つた, 起らずただ

▼ 心せく~ (8, 0.0%)

3 様子で, 樣子で 1 ままに, まま側に

▼ 心せわしく~ (8, 0.0%)

1 てその, より集まった, 候中ニ又, 少年武士を, 往復し, 手紙を, 押し詰った暮, 語り始めました

▼ 心でございます~ (8, 0.0%)

1 か, から手前, から神通川, から私, があやにく, が健康, が藤吉郎, というの

▼ 心でした~ (8, 0.0%)

1 か, ことか, に相違, のだ, ので, のである, ものを, 事を

▼ 心なかりし~ (8, 0.0%)

1 が大正七年, が斯く, と暫し, なり, もの, ものなりき, を悔い, を知る

▼ 心などが~ (8, 0.0%)

1 いわれるが, しみじみ起こります, 伴つて, 彼らの, 恋愛の, 有りますもの, 永く続き, 流露した

▼ 心ならね~ (8, 0.0%)

2 どお 1 ど, ど又, ど神佛, ば, ばしばしば, ば長途

▼ 心における~ (8, 0.0%)

2 嫉妬の 1 どのやう, 圧力はと, 変遷を, 存在, 温度は, 非常な

▼ 心にくき~ (8, 0.0%)

1 に陵王の, もの, ものである, や, 庵ありけり, 当局の, 獨り, 踊り手が

▼ 心に対する~ (8, 0.0%)

1 一種の, 不満と, 先方の, 感嘆の, 感謝を, 言訳でも, 言訳の, 足下の

▼ 心のこり~ (8, 0.0%)

3 はない 2 もない 1 というの, は何, 父子共に

▼ 心ばり棒~ (8, 0.0%)

1 で閉じこめられ, はかかっ, をかけ, をかけず, をかけなかった, を下し, を外し, を外す

▼ 心ゆたか~ (8, 0.0%)

1 であったよう, である, であるし, なれば, に気長, に独酌, に眺められた, に道

▼ 心よし~ (8, 0.0%)

1 で多少, と頷き, の友だち, の奥様, の王様, の純良, の老いぼれ, 狂ふと

▼ 心~ (8, 0.0%)

1 から発しる, との別, に連接, のなに, の海面, はもとより, は本来無限性, もほぐれ出し

▼ 心~ (8, 0.0%)

1 かなる, かにし, のこと, の方, の顔, は詩壇, 無厭夢, 詩集

▼ 心悲しい~ (8, 0.0%)

2 感情を 1 が冴えた, という, と言い, 様な, 樣な, 鳶に

▼ 心惹かるる~ (8, 0.0%)

1 という, のだった, ものが, ものであろう, 人物に, 人物を, 誠が, 趣きを

▼ 心易げ~ (8, 0.0%)

1 ないひ, な語韻, にそこ, に呼, に島台, に御, に此, に物

▼ 心長く~ (8, 0.0%)

1 も漕ぎ寄せん, も這, 待つ外, 待つ迦葉, 御覽, 時の, 時節を, 絞つて

▼ 心靈研究~ (8, 0.0%)

2 が盛ん 1 がかなり, が又, には靈媒, に凝り出し, に深入り, はどの

▼ 心~ (7, 0.0%)

2 ている 1 てい, ていた, ていました, ています, て急ぎ

▼ 心かも~ (7, 0.0%)

2 しれない, 知れません 1 しれないよ, 知れないて, 知れませんね

▼ 心しか~ (7, 0.0%)

2 ない 1 ないと, 持ち合せないの, 持つまいと, 有り得なくな, 有り得なくなって

▼ 心それら~ (7, 0.0%)

1 がこの, に一点不安, に対してのみ救済, に留まらず, の心, は彼, は悉く

▼ 心~ (7, 0.0%)

1 あしみし, がする, しばしやすめ, し飛び起きたる, にはかり, ゅうもんは恐し, よく冷たい

▼ 心ながらも~ (7, 0.0%)

1 ずたずた断腸, 宛ら磯礁, 恋を, 恨めしく思召, 疑わしくて, 縄床に, 總大

▼ 心にや~ (7, 0.0%)

2 定めけん飢 1 あらず妻, さよう, さりとてまさかに, それよりも, わけてこの

▼ 心のほど~ (7, 0.0%)

2 御察 1 ありがたくいただきます, ややよい, よく分りました, われらずれには, 確と

▼ 心へと~ (7, 0.0%)

2 語るよう 1 かようもの, 向うて, 眼で, 道を, 響いて

▼ 心まち~ (7, 0.0%)

3 にし 1 にまっ, に待ちました, に待っ, をみたし

▼ 心やさしく~ (7, 0.0%)

1 て, ふるまいは, みだりに猛き, ネスト, 内気なはにかみやで, 友に, 女性的な

▼ 心よから~ (7, 0.0%)

2 ず思って 1 ず命令, ず普墺戦争中, ぬ事, ぬ大奥雀, ぬ海神

▼ 心らしい~ (7, 0.0%)

1 大きな目, 心に, 悠々と, 感情が, 様子を, 眼色を, 顔を

▼ 心~ (7, 0.0%)

1 て, て御, まかせず彼是, 変り無, 奢リ, 逆カフコトモ有ランナレド, 駆ラレテ暗闇

▼ 心一ぱい~ (7, 0.0%)

2 面白い事 1 で見, になり, に微笑ん, に我が, に我がまま

▼ 心一ツ~ (7, 0.0%)

1 だよ, で親女房, で進退去就, で黄金機会, による, に在る, の煩

▼ 心~ (7, 0.0%)

1 の詩人, は堪えかね, は返さん, は通はず, ひとたび童の, まで感じた, 疲れ倦ん

▼ 心以外~ (7, 0.0%)

1 にこれ, にそんな, に久しく, に親切, の或, の物, の総て

▼ 心~ (7, 0.0%)

1 と愛想, にてじ, にわたくし, の深い, の物, も無, よりと嬉しく

▼ 心全力~ (7, 0.0%)

2 を傾け 1 で打て, を傾注, を挙げ, を注ぐ, を盡

▼ 心利きたる~ (7, 0.0%)

1 ものに, 人なれ, 医師が, 奴, 奴にて, 幇間に, 殿原は

▼ 心~ (7, 0.0%)

2 をした 1 あそばして, のした者, はらぬ内, を, を貫一

▼ 心~ (7, 0.0%)

2 をとざし 1 の永久春, も並べ, ゆく日, を流す, 高き所

▼ 心~ (7, 0.0%)

1 かるべく候, だてと, だてな, だての, に, に戸田, の日

▼ 心寂し~ (7, 0.0%)

2 さに 1 がつて, さと, さを, そうに, 銀糸の

▼ 心寂しい~ (7, 0.0%)

1 ことが, のでただ, ほど寂, をり, 折に, 樣だ, 生活を

▼ 心寂しかっ~ (7, 0.0%)

7

▼ 心常に~ (7, 0.0%)

2 兵法の 1 安からず, 憂いありと, 明らかに, 熾んな, 落付か

▼ 心引かれ~ (7, 0.0%)

2 てゐる 1 て居る, て覚えず, て釜屋, 乍ら密林の, 給ふべし

▼ 心忙しく~ (7, 0.0%)

1 なつて, ひろげて, 日を, 聞く迄は, 讀みもて行くに, 進ましむ, 過ごして

▼ 心悲しく~ (7, 0.0%)

2 なつた 1 なるよう, 感じた, 糧米も, 覺ゆ, 遊びに

▼ 心愉し~ (7, 0.0%)

1 げに低唱, さが, さの, そうに, ましめる, みに, んで

▼ 心打たれ~ (7, 0.0%)

1 いちどにはっきり眼, てしめやか, てただ, てはいた, てゐる, て驚き, ながら読みつづけ

▼ 心斎谷大八~ (7, 0.0%)

2 の二人 1 とともに源三郎, などが迎い, の三人, も自分達, をはじめ

▼ 心~ (7, 0.0%)

1 あるのみ, の影写, の跋, は世秘府, や其中, を写さ, を影写

▼ 心易立~ (7, 0.0%)

2 なん 1 から浸, にお, に全く, に無遠慮, に話し合う

▼ 心有る~ (7, 0.0%)

1 ことである, は去る, ものゆえ, 也, 人が, 侍と, 者は

▼ 心楽しい~ (7, 0.0%)

1 ことだろう, ときよく, 事でありました, 季節である, 幸福, 日, 朝だ

▼ 心~ (7, 0.0%)

2 に振り向きたる 1 に命ぜし, に恥ぢな, の子, の血, を動かさず

▼ 心淋しかっ~ (7, 0.0%)

42 たの 1 たが

▼ 心~ (7, 0.0%)

1 にかなでる, に不思議, に触れ, の神秘, をうつ, を奏で, を揺すぶられ

▼ 心~ (7, 0.0%)

2 おとなしく女 1 おとなしく, にひかされ, の好い, の殊勝, も至極

▼ 心~ (7, 0.0%)

1 から真実, との不吉, に氾濫, に生活, の鎬, を温め, を離

▼ 心~ (7, 0.0%)

1 から弱り, から澄み, づと強く, ラ閑ナリ, 平, 芳, 體を

▼ 心転倒~ (7, 0.0%)

5 して 2 した

▼ 心~ (7, 0.0%)

3 して 1 しながら, し最初, し舊物, せるこれ

▼ 心~ (7, 0.0%)

2 仏不 1 仏, 仏に, 仏の, 仏即, 鬼心

▼ 心あたたまる~ (6, 0.0%)

1 ものだ, もので, ものであった, 境地を, 心持は, 朗報である

▼ 心からも~ (6, 0.0%)

1 また会所勤め, 体からも, 堕落する, 焦, 肉体の, 離れないこと

▼ 心がわり~ (6, 0.0%)

2 して 1 か, すると, をした, をする

▼ 心こめた~ (6, 0.0%)

1 お餞別, やさしい言葉, やや儀式ばった数行, キスに, 品だ, 而も

▼ 心ざす~ (6, 0.0%)

2 は何物 1 よりも遥か, 仏さまが, 仏さまへ, 所あらざりし

▼ 心じたく~ (6, 0.0%)

2 をし 1 がそこ, をいたした, をする, を始め

▼ 心たしか~ (6, 0.0%)

2 に覚えある 1 にせでや, に侠気, に忍びたまえ, に持ち

▼ 心ついた~ (6, 0.0%)

2 ばかりの頃 1 ころから, ときは, のは, 四つ五つ時分から

▼ 心つけ~ (6, 0.0%)

1 てい, て下す, て心配, て貰っ, て首尾よう, ば余

▼ 心つよく~ (6, 0.0%)

1 お待ち遊ばす, て, なれり, 其数多し, 悲しむ心, 憤ること

▼ 心とかいう~ (6, 0.0%)

1 ことは, ものに対して, ものを, ような, 方面の, 者だ

▼ 心ながら~ (6, 0.0%)

1 だいぶ気, 不思議に, 我心の, 手の, 歯朶の, 許すべきこと

▼ 心ならぬ~ (6, 0.0%)

1 事に, 日を, 未練も, 権門へも, 浮世では, 犠牲真実の

▼ 心においては~ (6, 0.0%)

3 相手は 1 それが, 決して悦服甘心, 門人たちの

▼ 心にか~ (6, 0.0%)

1 あらむ, かつてゐる, かつて仕方, くるなれ, へらうと, へりみて

▼ 心にだけ~ (6, 0.0%)

2 浮んで 1 抱いて, 止って, 立って, 置いて

▼ 心について~ (6, 0.0%)

1 である日本人, 沼の, 考えっづけ, 考えて, 考えはじめたの, 離れない

▼ 心にでも~ (6, 0.0%)

1 それは, つまりどんな, なったの, 係はるかと, 湧き立って, 直ちに愛

▼ 心はと~ (6, 0.0%)

2 こしへに 1 つくの昔, 父親も, 聞いたら地, 重ねて

▼ 心までを~ (6, 0.0%)

1 お悩まし, がたと, きずつけその, 萎縮する, 變化させる, 餌じきに

▼ 心やら~ (6, 0.0%)

2 その他色々 1 で滿, 厚顔無, 可愛みやらで, 流行継続の

▼ 心よき~ (6, 0.0%)

1 はにくし, ままに, 前後不覚の, 日影山々の, 沈黙老子の, 誘惑

▼ 心よりは~ (6, 0.0%)

1 人恋しく思う, 単純であり得た, 少し年, 笑を, 筋肉や, 長持も

▼ 心わが~ (6, 0.0%)

1 心, 猛き, 眠それ斧の, 言激すべし, 詞を, 霊及び

▼ 心をや~ (6, 0.0%)

2 はらげ 1 はらぐ, はらげ湯, 知る, 聞き得たりけむ

▼ 心乱れた~ (6, 0.0%)

1 この王, その瞑想, ように, 最後の, 様子は, 痛ましい炎

▼ 心全霊~ (6, 0.0%)

1 のあらゆる, は火, をあげ, をかたむけ, を人間自ら, を打ち込まね

▼ 心動い~ (6, 0.0%)

1 てその, て兎, て早速, て箸, て而, まだ止まぬ

▼ 心即ち~ (6, 0.0%)

1 働く意志, 我ある, 散亂心, 木の根に, 神で, 芸術的精神と

▼ 心尼さま~ (6, 0.0%)

1 からお, がお越し, が東宮, のたっての, もおいでられ, も御

▼ 心~ (6, 0.0%)

1 ある人, のとどまる, の勇怯, の周旋, の高尚, は肖ざる

▼ 心~ (6, 0.0%)

1 がある, の機微, をやすんじ奉る, を平生, を私有, を育

▼ 心懸けた~ (6, 0.0%)

1 ことも, のです, ものであろう, 品を, 無理無体に, 目標の

▼ 心懸ける~ (6, 0.0%)

1 という, に如くまい, のが, 事です, 人で, 作家でなく

▼ 心懸り~ (6, 0.0%)

2 になっ 1 が他, になる, に待っ, もお

▼ 心~ (6, 0.0%)

2 は来ぬ 1 に在り, はうれしき, れを, れ忘れめ

▼ 心~ (6, 0.0%)

2 して 1 される, する, すること, するとき

▼ 心~ (6, 0.0%)

1 しく思はせられたから, しく晴れわたる, しく若し, しく身輕, しと, しめり

▼ 心次第に~ (6, 0.0%)

2 加はる如き 1 お任せせよ, 御座候, 萌して, 誘われて

▼ 心~ (6, 0.0%)

1 しからず, 助さんといふ, 助に, 助の, 助は, 當と

▼ 心~ (6, 0.0%)

1 が無う, だ, です, で御座いましたので, のあらざる如く, のない

▼ 心淋し~ (6, 0.0%)

2 さを 1 かッ, さが, さに, さの

▼ 心~ (6, 0.0%)

1 かりしを, クシテ一類之, ク夫婦シテ流転年久シク賤シキ業シテ歩クウチ一年中国ノ, 悋惜象馬七珍国城妻子奴婢僕従頭目身肉手足不, 極の, 解歌

▼ 心~ (6, 0.0%)

1 に大, に対して投げた, に頭, の奇幻, を代表, 何ぞ常に静謐

▼ 心痛む~ (6, 0.0%)

1 お雪, かな, という御, のは, を覚える, 思いに

▼ 心~ (6, 0.0%)

1 が全, が摘み去られる, が発生, をつい, を育て, 程の小さな

▼ 心落ち~ (6, 0.0%)

2 ゐず 1 ゐて, ゐぬ, 居て, 居る暇

▼ 心豊か~ (6, 0.0%)

1 な気持ち, な男, に幸福, に思う, に新しい, に馬

▼ 心躍る~ (6, 0.0%)

1 のは, のみにて未だ, ものあり, 不安をも, 様な, 燕小屋へ

▼ 心附かぬ~ (6, 0.0%)

1 は驚き入つた, 容子で, 様子まず, 筈は, 間に, 風を

▼ 心~ (5, 0.0%)

31 ながらも頭, ッぱいもてなすのであった

▼ 心いかに~ (5, 0.0%)

2 愚なりと 1 おどるよ, か引き, 畏敬の

▼ 心いき~ (5, 0.0%)

1 である, というもの, の小歌, はよく, を歌つた

▼ 心いたく~ (5, 0.0%)

1 いさめば, おとろへ, なやみて, 傷むと, 悲しみこの

▼ 心おき~ (5, 0.0%)

2 のない 1 がなく, なし読む, のう

▼ 心おくれ~ (5, 0.0%)

2 てしばし 1 て大事, て打ち, のした

▼ 心かと~ (5, 0.0%)

1 察したから, 少年の, 当時の, 思うが, 思うと

▼ 心ここ~ (5, 0.0%)

3 にあらざれ 1 にあらず, にあらずで

▼ 心すなわち~ (5, 0.0%)

1 その思いやり, その思い遣り, 利己心の, 慈悲という, 霊魂に

▼ 心そういう~ (5, 0.0%)

2 ものが 1 心は, 心持ちあるいは, 性急な

▼ 心そこ~ (5, 0.0%)

1 から閉口, とし, にあらずし, にも我等, に朝鮮

▼ 心そして~ (5, 0.0%)

1 伸びる日本, 兩者融合の, 父母と, 私の, 買つて来

▼ 心そのまま~ (5, 0.0%)

1 だ何, である, に木立, の動き, の姿

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 がはば松浦, ぐへて親も, のみにし, のみ置候, ふとくやさしき人

▼ 心ただ~ (5, 0.0%)

2 知れふかき 1 ひとすぢ, 哀しみ第, 道心では

▼ 心だけに~ (5, 0.0%)

1 しろイベット, 倚り縋っ, 張りつめて, 急変し, 駆られて

▼ 心であっ~ (5, 0.0%)

1 てしかも, ても客観的, て中江藤樹, て圧する, て房帷

▼ 心でしょう~ (5, 0.0%)

31 こんな方, ね

▼ 心ときめき~ (5, 0.0%)

1 して, するもの, ながら優しく, はされる, 申し候

▼ 心としては~ (5, 0.0%)

1 そうでしょう, ほんとに勝った, 主張する, 今暫く, 秋安の

▼ 心とを以て~ (5, 0.0%)

1 すれば, もう一度直視, 敬意を, 異邦の, 美しくまとまりました

▼ 心にぞ~ (5, 0.0%)

1 しむ, はじめて満ち, 沁む, 物し, 留む

▼ 心については~ (5, 0.0%)

1 なれない感動, 一度も, 深い理解, 私は, 言う

▼ 心により~ (5, 0.0%)

1 てかはら, 各様である, 毎日何の, 直き, 自動車に

▼ 心のみを~ (5, 0.0%)

1 たくましうして, たくましうするよう, 倦まざら, 択りたる, 頼みに

▼ 心らしく~ (5, 0.0%)

1 その希望, 子供たち以外は, 小さい声, 眞面目に, 美枝子の

▼ 心をと~ (5, 0.0%)

1 むるなれ彼等の, むるをみていひけるは火の, むるをみてこれを食み, むる人に, めしなら

▼ 心をもって~ (5, 0.0%)

2 期待し 1 侮辱に, 充満せる, 準備し

▼ 心~ (5, 0.0%)

21 れその, れたる人, れて

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 に突附, に至る, の, は笑い, をさし

▼ 心奪われ~ (5, 0.0%)

2 てい 1 つつ足早, て此方, て隣

▼ 心~ (5, 0.0%)

2 を観ずる 1 に暴露, を認めたる, を軽んずる

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 がある, だ, で専ら, の爲め, の胸中

▼ 心少し~ (5, 0.0%)

1 しかない, は御, も動かず, も外, 奇異の

▼ 心忙しい~ (5, 0.0%)

1 ことが, 気もちから, 程度に, 筈の, 風騒だった

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 きたる折, しい時, なれば, れの, 立ち本郷

▼ 心~ (5, 0.0%)

4 みに 1 みには

▼ 心惹く~ (5, 0.0%)

2 天若みこの 1 かをりの, ものが, エキゾチシズムと

▼ 心愉しく~ (5, 0.0%)

1 して, なって, なる理由, 書こうという, 漫歩し

▼ 心或は~ (5, 0.0%)

1 当時青野季吉によって, 春着の, 氣を, 現代の, 稚兒

▼ 心持前~ (5, 0.0%)

1 へ乗り出した, へ伸した, へ出した, へ出た, へ突出

▼ 心栄え~ (5, 0.0%)

1 と侠気, にあった, に宿っ, に遅れる, を御存じ

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 が日本, とを不断, の境, の威徳, はああ

▼ 心楽し~ (5, 0.0%)

2 さが 1 げで, げに稍身, まず

▼ 心正しき~ (5, 0.0%)

1 ものと, ものの, 少女の, 母に, 者です

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 あるいは心労症, だ, です, というもの, の治療

▼ 心~ (5, 0.0%)

4 は益々 1 が生じ

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 であるという, でなければ, で細長い, の娯楽, の波動

▼ 心着かず~ (5, 0.0%)

1 にいる, に過ぎた, 余念も, 可恐し, 大事の

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 かでないだろう, かでなく, かではなかつた, かならず見ゆるなり, ならず

▼ 心穏やか~ (5, 0.0%)

1 でないに, でないの, でなかった, でなく, に跪拝

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 のあたり, の下, の壇上, を握, を擽っ

▼ 心立て~ (5, 0.0%)

1 がやさしく, の優しい, は悪, も素直, を持ち

▼ 心籠め~ (5, 0.0%)

2 た供物 1 て問う, て話し, て読み

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 に冷たく, の馬武, をしぼる, をだんだん, を澄まし

▼ 心解け~ (5, 0.0%)

1 て唯二人熱海, て居た, て離縁, 初めては, 空に

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 に就, のはじめ, の卷, の卷第七, を難

▼ 心~ (5, 0.0%)

1 あるが, かす證かし, の一致, を惡, を最

▼ 心~ (5, 0.0%)

3 ひに 1 れるごとく默, を地

▼ 心迷い~ (5, 0.0%)

2 むかしの 1 がされ, てとつ, のした

▼ 心靈實驗~ (5, 0.0%)

1 がある, にはよく, に立合, の物理化學的説明, は確立

▼ 心驕り~ (5, 0.0%)

1 てシエーナ, て公家, て湯水, に睦まじ, の極み

▼ 心驕れる~ (5, 0.0%)

21 人に, 悧溌な, 愛人達を

▼ 心驚く~ (5, 0.0%)

5 事ばかり

▼ 心いつ~ (4, 0.0%)

1 ぱいであつた事に, ぱいになつたこれ以上は, ぱいになつて蚊帳も, まで妾

▼ 心いれ~ (4, 0.0%)

2 て乳 1 かへて旅, を頂いた

▼ 心からかも~ (4, 0.0%)

1 しれないと, しれぬ, 知れないが, 知れぬが

▼ 心からでも~ (4, 0.0%)

1 あったが, あったろう, それ以上の, 是非今度

▼ 心こそは~ (4, 0.0%)

1 やがて見物, 仁に, 真に人生, 魂を

▼ 心この~ (4, 0.0%)

1 印象に, 時ふい, 時裂けつ, 身を

▼ 心さびしい~ (4, 0.0%)

2 ので近所 1 ように, 彼女は

▼ 心さびしき~ (4, 0.0%)

1 ことと, 夕かな, 寝屋の, 薄明の

▼ 心しきりに~ (4, 0.0%)

1 勵めども, 山を, 燃え立ちさ, 起る

▼ 心じょうぶ~ (4, 0.0%)

1 だ, だか, です, なこと

▼ 心すべき~ (4, 0.0%)

1 ことだ, はきみ, は今, 事にこそ

▼ 心~ (4, 0.0%)

4 わしい

▼ 心だって~ (4, 0.0%)

1 お決まりに, これと, 屹度生まれた, 男の

▼ 心づける~ (4, 0.0%)

3 を何 1 何かの

▼ 心とて~ (4, 0.0%)

3 仕方の 1 その根部

▼ 心とても~ (4, 0.0%)

1 冷熱を, 同じこと, 権田の, 準備が

▼ 心なけれ~ (4, 0.0%)

1 ば一生, ば人, ば何, ば苦しく

▼ 心ならざる~ (4, 0.0%)

2 より東京 1 を知る, 事を

▼ 心なりと~ (4, 0.0%)

1 あるは, せば, 答うる, 見て

▼ 心においてのみ~ (4, 0.0%)

2 可能である 1 完くされる, 成就する

▼ 心にすら~ (4, 0.0%)

1 なって, 一期を, 宿りそれ, 深い

▼ 心にては~ (4, 0.0%)

1 しかお, 何と無く, 僧と, 國王の

▼ 心にもな~ (4, 0.0%)

2 つて見ろつ 1 つて見たら, つて高らかに

▼ 心のほどを~ (4, 0.0%)

1 おうちあけしたい, みなありがたく, 口元に, 見せられて

▼ 心のみは~ (4, 0.0%)

1 この静か, たしかに政治, 弓張月の, 憧れながら

▼ 心ばかりに~ (4, 0.0%)

1 なつて, 兄から, 白仙羹を, 酒一壺持参いたした

▼ 心ひろく~ (4, 0.0%)

1 お待ちあそばす, もたれよ再び, 三千ポンドも, 体ゆたかに

▼ 心へは~ (4, 0.0%)

1 不安が, 呆れ返るほど, 次から, 響いたの

▼ 心みだれ~ (4, 0.0%)

1 て, て一夜, て部屋じゅう, て麻

▼ 心よりの~ (4, 0.0%)

1 感謝と, 抗議以外に, 望みとのみ, 言葉か

▼ 心よわく~ (4, 0.0%)

2 も平和 1 ぞ落ち, なるだろう

▼ 心わるき~ (4, 0.0%)

1 に元, に元来, ま, まま下宿屋あるき

▼ 心われ~ (4, 0.0%)

1 にもやどり, に告ぐ, に告ぐる, よく識

▼ 心をまで~ (4, 0.0%)

1 なんとなく悲しい, 呼びさ, 痛ましめる, 締木に

▼ 心~ (4, 0.0%)

2 なかで 1 中で, 中は

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 とな, とゆったり, と彼, 乃至天地

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 る, るるところ, るる今朝, る吾が

▼ 心乱され~ (4, 0.0%)

1 それを, ていた, て立上, もはや脳裏

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 という, なり, に対して敗, に至っ

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 に通ぜず, の金, の魂, を教えよう

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 山僧萬籟空, 秋月, 秋月など, 香山放

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 かしたい, かを為さず, を思ひけん, を求め

▼ 心~ (4, 0.0%)

4 を後に

▼ 心使~ (4, 0.0%)

2 ひを 1 ひして, ひであるらしいよ

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 が基督教徒, ると, れる市民, れる者

▼ 心僧都以後~ (4, 0.0%)

4 の物

▼ 心先生~ (4, 0.0%)

1 からお, からここ, からこの, には鞍馬

▼ 心勇み~ (4, 0.0%)

1 て凌辱, て玉江橋, て疾く, でしきりに

▼ 心多き~ (4, 0.0%)

1 ものと, 人々の, 物は, 男の

▼ 心奢り~ (4, 0.0%)

2 て妻 1 して, 大藩領主の

▼ 心安だて~ (4, 0.0%)

1 にお, に旦那さま, に頤杖, をし

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 って後, に入った, りて, マラズ定

▼ 心寄せ~ (4, 0.0%)

2 つつ冬 1 て見られてる, とはかたじけない

▼ 心居士さま~ (4, 0.0%)

3 のお 1 とおっし

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 に押し, に終止符, のなか, ゆうしんぢよう

▼ 心弱る~ (4, 0.0%)

2 とすべなみ, なり

▼ 心悪く~ (4, 0.0%)

1 なりたれば, は感じない, 思いましたが, 思い一夕鼠

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 すアカイア, ましむ, ましむるぞ, ます爭論

▼ 心惹かれた~ (4, 0.0%)

2 が僕 1 からでした, ものである

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 いて, くで, けるなり, へゐる

▼ 心憶え~ (4, 0.0%)

1 にしまっ, のため, のまま, はありません

▼ 心~ (4, 0.0%)

2 の一致, 忽ち萎縮

▼ 心打たれた~ (4, 0.0%)

2 のは 1 のだった, のでしょう

▼ 心探し~ (4, 0.0%)

2 にし 1 に探し, の気持

▼ 心措き~ (4, 0.0%)

1 なくお, なく始末, なく怨敵, なく飲んだ

▼ 心既に~ (4, 0.0%)

1 吾が心, 平滑に, 深く彼女, 足りて

▼ 心易き~ (4, 0.0%)

1 も知らず, を自ら, 医者道益という, 医者道益といふ

▼ 心替り~ (4, 0.0%)

3 がし 1 と思い取っ

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 がねあの, とおっしゃる, の悪き, も幽く

▼ 心~ (4, 0.0%)

3 かぬ 1 かず

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 に新しい, に湧出, の死靜, の波動

▼ 心清き~ (4, 0.0%)

1 ものの, も見, 形, 男の

▼ 心~ (4, 0.0%)

2 最も深き 1 にある, に心

▼ 心澄み~ (4, 0.0%)

1 つつ, て抜き放つ, 気冴えた, 魂も

▼ 心無し~ (4, 0.0%)

1 に破壊, のやう, の傲慢, を使う

▼ 心痛い~ (4, 0.0%)

2 です 1 と申しました, ものを

▼ 心~ (4, 0.0%)

3 かに時機 1 に老

▼ 心禅門~ (4, 0.0%)

2 といふ人 1 といふ文字, と記し

▼ 心秘か~ (4, 0.0%)

1 なのぞみ, に, にこの, に期する

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 なり, なれども, 致し申し候, 計也

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 がご, がまぜこぜ, は実に, も病的

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 の中心, の全文, の高, や光明眞言

▼ 心臟音~ (4, 0.0%)

2 を聞い 1 が男, の停止

▼ 心苦く~ (4, 0.0%)

1 て, ゐら, 思つてゐられるだらう, 思ふのでネ

▼ 心萎え~ (4, 0.0%)

1 たりとはいえ, てあれ, て月照, 身体は

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 しさらに, して, の詩, 出来た時

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 の本性, は一, を因, を生ずる

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 のかく聞做さる, は常に, りけむ, りせらる

▼ 心躍りだ~ (4, 0.0%)

3 とも謂 1 とも謂え

▼ 心配し~ (4, 0.0%)

1 づくめ, はしません, ゐたり, 居るならむ

▼ 心重く~ (4, 0.0%)

1 しょんぼりと, なりたれば, 己が, 改札の

▼ 心~ (4, 0.0%)

2 けき 1 かにし, にし

▼ 心附く~ (4, 0.0%)

1 と丁度末造, と芝居, のであった, ような

▼ 心院僧都~ (4, 0.0%)

4 が毎日

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 になんら, に映じきたる, の精神性現象, の膜質

▼ 心~ (4, 0.0%)

1 して, にそういう, にまで用いられだし, またおから

▼ 心~ (4, 0.0%)

2 にしみ徹る 1 に忠誠, より出でたる

▼ 心あたたかく~ (3, 0.0%)

1 あくまでマジメ, ヨコシマな, 目の

▼ 心あふれ~ (3, 0.0%)

21 ていかに

▼ 心ありて~ (3, 0.0%)

2 にはあらず 1 後に

▼ 心いた~ (3, 0.0%)

1 しも, しもうらさびし, まむとしき

▼ 心いたし~ (3, 0.0%)

1 ておく, て一世一代, て弓矢

▼ 心いと~ (3, 0.0%)

2 をかし 1 正しき人

▼ 心うたれ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていないで, 死を

▼ 心うれしい~ (3, 0.0%)

1 ことだった, 同情を, 気の

▼ 心おきない~ (3, 0.0%)

1 人と, 客同志の, 討死を

▼ 心おびえ~ (3, 0.0%)

1 ながら家, ながら悲し, 候て

▼ 心かぎり~ (3, 0.0%)

3 の辛苦

▼ 心かく~ (3, 0.0%)

1 のごとき, の如し, 惡しくなりし

▼ 心かすか~ (3, 0.0%)

2 にうめきいづ 1 に躍り

▼ 心かの~ (3, 0.0%)

1 ように, 様に, 陋巷の

▼ 心かへ~ (3, 0.0%)

3 知れた事

▼ 心からだけ~ (3, 0.0%)

1 されて, では, 選ばれた道

▼ 心からばかり~ (3, 0.0%)

3 では

▼ 心こまやか~ (3, 0.0%)

1 で棄てがたい, な注意, に着せる

▼ 心ごころ~ (3, 0.0%)

1 で次第無限, に, に感じられはじめた

▼ 心さえも~ (3, 0.0%)

1 かき立てて, 概念的な, 示して

▼ 心すべて~ (3, 0.0%)

1 そういう曖昧, のもの, 傾きゐたれば

▼ 心せわし~ (3, 0.0%)

1 げであった, さでも, さを

▼ 心たのしい~ (3, 0.0%)

1 ところが, ものである, 晩であった

▼ 心たのしく~ (3, 0.0%)

1 その音, サービスする, 歩きながら

▼ 心たる~ (3, 0.0%)

1 ことを, や熾烈, や猛烈

▼ 心だけでも~ (3, 0.0%)

1 そこへ, ない誉れ, よくなさい

▼ 心だけの~ (3, 0.0%)

1 ことが, もので, 御法事

▼ 心ちの~ (3, 0.0%)

1 いいもの, いい樹蔭, する色

▼ 心つく~ (3, 0.0%)

1 と世間, につれてどうやら, 前から

▼ 心つねに~ (3, 0.0%)

1 つめたく沈みゐ, 平, 真理を

▼ 心であれ~ (3, 0.0%)

1 ばよい, ば今度, ば自然

▼ 心でし~ (3, 0.0%)

1 きりと, ていた, ている

▼ 心でしか~ (3, 0.0%)

2 なかった 1 物は

▼ 心でだけ~ (3, 0.0%)

1 うけとった自分, 思って, 愉しいと

▼ 心ででも~ (3, 0.0%)

1 なおして, 将来の, 打ちけして

▼ 心といった~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ 心ときめく~ (3, 0.0%)

1 のとき, 名前アーダ, 醗酵の

▼ 心とては~ (3, 0.0%)

2 なけれど 1 なくかへ

▼ 心とともに~ (3, 0.0%)

1 人類学に, 人類学や, 肉体の

▼ 心なから~ (3, 0.0%)

2 んや 1

▼ 心ながらに~ (3, 0.0%)

1 その幽霊, 小夜ふけ, 父が

▼ 心なぞ~ (3, 0.0%)

2 いうもの 1 いずれも

▼ 心なぞは~ (3, 0.0%)

2 微塵も 1 少しも

▼ 心などの~ (3, 0.0%)

1 たやすく傷つけられる, 枯淡の, 解らぬ爺

▼ 心なども~ (3, 0.0%)

1 あった, 暗闇に, 有るの

▼ 心ならひ~ (3, 0.0%)

21 にいひ

▼ 心においても~ (3, 0.0%)

1 そうである, また人, 朝子とは

▼ 心にかけ~ (3, 0.0%)

1 たまわずいよいよ, 世話に, 大鵬の

▼ 心にかけては~ (3, 0.0%)

1 いけません, おりましたよう, 同門の

▼ 心にかへ~ (3, 0.0%)

1 つて海辺の, つて足取りも, れるを

▼ 心にくく~ (3, 0.0%)

1 もある, も独り, 思いつろう

▼ 心にたいして~ (3, 0.0%)

1 弥左衛門は, 復活の, 揮う専制政治

▼ 心につき~ (3, 0.0%)

1 まとつて, 纏うて, 纏って

▼ 心にまでも~ (3, 0.0%)

1 喰い入って, 舞ひ込ん, 黴を

▼ 心のう~ (3, 0.0%)

1 づきはうら, づく程, 今自分

▼ 心のずつと~ (3, 0.0%)

2 奥の 1 奥では

▼ 心のみで~ (3, 0.0%)

2 生きて 1 文学者が

▼ 心のみに~ (3, 0.0%)

1 心を, 忠なる, 過ぎないところ

▼ 心はさ~ (3, 0.0%)

1 こそ闇, ほどになけれ, もあら

▼ 心はた~ (3, 0.0%)

2 や卑しき 1 も悲し

▼ 心はも~ (3, 0.0%)

3 ぬけの

▼ 心ひかるる~ (3, 0.0%)

1 こと哀れにも, ものを, 光景だった

▼ 心ひま~ (3, 0.0%)

1 あれば, なく, なく句

▼ 心まかせな~ (3, 0.0%)

1 のです, んだ, 処決を

▼ 心までは~ (3, 0.0%)

1 散歩の, 決してけがされ, 眠らず

▼ 心まま~ (3, 0.0%)

1 なる歌, なる行衛, に出し入れ

▼ 心みたい~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ 心もと~ (3, 0.0%)

1 のうご, 無いから, 無い状態

▼ 心やさし~ (3, 0.0%)

1 ういふ, さに, ゅういうなればとて医師し

▼ 心やすう~ (3, 0.0%)

1 ござります, もしなかった, 拝まして

▼ 心やましい~ (3, 0.0%)

1 ところが, のである, わけである

▼ 心やみ~ (3, 0.0%)

1 がたく私, に成り, 難き未練

▼ 心われあらめ~ (3, 0.0%)

3 やも

▼ 心をの~ (3, 0.0%)

1 のい, みぞうらみつる人の, みぞなやます

▼ 心を通して~ (3, 0.0%)

1 であるが, 描く以上, 自分自身をしか

▼ 心ウキウキ~ (3, 0.0%)

1 して, というヤツ, とする

▼ 心一般~ (3, 0.0%)

1 そういう一般的, であって, の問題

▼ 心~ (3, 0.0%)

2 をお 1 けの道徳

▼ 心上人~ (3, 0.0%)

1 が居た, が現われ, は衆生

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 めでたし不, 擲杯, 異という

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 に一, は西大寺, をいう

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 を然, 清明, 霊在

▼ 心人類~ (3, 0.0%)

1 に約束, の発展, の発達史的

▼ 心仏手~ (3, 0.0%)

2 というやつ 1 なん

▼ 心仕度~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 の女, の者, 山翠色

▼ 心以上~ (3, 0.0%)

1 に僕, のもの, の精神

▼ 心休め~ (3, 0.0%)

1 にいっそ, に若し, よ

▼ 心何となく~ (3, 0.0%)

1 安からざる如く, 落ちつかぬを, 躍る

▼ 心何事~ (3, 0.0%)

1 ぞ転た, にまれ正面, にも喩

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 く立去らんと, しくかんじた, しく独り

▼ 心催眠その他~ (3, 0.0%)

3 諸幻術

▼ 心優しき~ (3, 0.0%)

1 母としての, 生来の, 軽蔑

▼ 心全く~ (3, 0.0%)

1 失せて, 解脱し, 足りて

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 かな廢人, なるは, なる既に

▼ 心切に~ (3, 0.0%)

1 云つてや, 大きな舟, 求むる心

▼ 心勇ん~ (3, 0.0%)

1 で, でその, で誰

▼ 心動かされ~ (3, 0.0%)

1 ていた, て言った, 旅費には

▼ 心半分~ (3, 0.0%)

1 で朋輩達, とは言い, らしくたずねた

▼ 心又は~ (3, 0.0%)

1 疑に, 記憶から, 集団心

▼ 心及び~ (3, 0.0%)

1 不断の, 張内礪杵道作等卅余人を, 良曉等の

▼ 心~ (3, 0.0%)

2 お墓 1 えまあ

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 の後也, を擲つ, を華

▼ 心咎め~ (3, 0.0%)

1 が突然, てや, のする

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 をさらけ出し, を切り開い, を破っ

▼ 心因性~ (3, 0.0%)

1 という心, と手記, の精神障碍

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 に平, 盃で, 阿闍梨の

▼ 心大いに~ (3, 0.0%)

1 おどろくもの, 動く亟ぎ, 悦ばず云々

▼ 心好い~ (3, 0.0%)

1 感じを, 濁の, 響を

▼ 心如何~ (3, 0.0%)

1 ならん, にや三田, もっとも恐るべき

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 の心, 知らずたい, 知らずという

▼ 心子知らず~ (3, 0.0%)

1 できよろ, と申し, と言うべき

▼ 心字形~ (3, 0.0%)

3 の池

▼ 心安んぞ~ (3, 0.0%)

3 忘る

▼ 心寂しくっ~ (3, 0.0%)

1 て, ていけ, てならなかった

▼ 心寒く~ (3, 0.0%)

1 その隙間, なった, も群

▼ 心少しく~ (3, 0.0%)

1 ためら, 解けたる体, 解けたる體

▼ 心居士先生~ (3, 0.0%)

1 がこの, の兄弟弟子, の弟子

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 から前山, とも呼ばれ, の登り

▼ 心平らか~ (3, 0.0%)

1 でないもの, でない様子, に聞くごとし

▼ 心広く~ (3, 0.0%)

1 おやさしく, して, 体胖かに

▼ 心往く~ (3, 0.0%)

1 ばかりなる, 許り, 迄哀悼

▼ 心~ (3, 0.0%)

2 になり 1

▼ 心得がたき~ (3, 0.0%)

1 ことを, は汝, 名なり

▼ 心必ず~ (3, 0.0%)

1 之を, 仇を, 荒れて

▼ 心忙し~ (3, 0.0%)

2 そうに 1 さが

▼ 心思兼神~ (3, 0.0%)

1 が悪い, と云, の現れる

▼ 心急ぎ~ (3, 0.0%)

1 てか口惜し, て挨拶, て早く

▼ 心急く~ (3, 0.0%)

1 から其の, まま手水口の, 様子が

▼ 心恋しき~ (3, 0.0%)

2 加古の 1 可古

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 かしい事, かしい花, かしかった

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 は全く, をわれ, を重んずる

▼ 心慈悲心相愛心~ (3, 0.0%)

2 があれ 1 相助心

▼ 心我が~ (3, 0.0%)

1 姿我が, 思はなくに, 誠もて

▼ 心打たれる~ (3, 0.0%)

3 ものが

▼ 心持っ~ (3, 0.0%)

1 てある, て可笑しい, て奴

▼ 心持ったら~ (3, 0.0%)

2 なかった 1 そらア

▼ 心斎谷大八等~ (3, 0.0%)

1 すこしもあわてません, の先生方, はいったい

▼ 心斎門~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ 心明智流~ (3, 0.0%)

1 でご, の桃井春蔵, を元

▼ 心是認~ (3, 0.0%)

1 の原則, の思想, の論

▼ 心是道~ (3, 0.0%)

1 と趙州和尚, なり, 常済大師曰く

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 の鍛錬, の閃き, を以て四海万姓

▼ 心~ (3, 0.0%)

3 き夕

▼ 心有り~ (3, 0.0%)

1 たけを, て善, とおも

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 まざりき, まず一方, みに

▼ 心楽しき~ (3, 0.0%)

1 ふたり, ものである, 日が

▼ 心止め~ (3, 0.0%)

2 難し 1 てぐずついた

▼ 心正しから~ (3, 0.0%)

2 ざれば 1 ず私

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 と子, の心, の苦心

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 つく稻, という二人, の如し

▼ 心永く~ (3, 0.0%)

1 仏那に, 痍き, 研究を

▼ 心法師~ (3, 0.0%)

1 が末森, の大願, はそれから

▼ 心流小太刀~ (3, 0.0%)

1 でござる, の名手, の奥義

▼ 心浮き浮き~ (3, 0.0%)

2 てえところ 1 して

▼ 心涼しく~ (3, 0.0%)

1 候は, 刑を, 感じます

▼ 心~ (3, 0.0%)

2 げに 1 かりしより

▼ 心漸く~ (3, 0.0%)

1 楽し草, 消磨し, 疎なり

▼ 心~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 心激し~ (3, 0.0%)

2 ただじれ 1 われは

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 といっ, と号す, は一体

▼ 心~ (3, 0.0%)

2 ひ一つ 1 ゐて

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 という人, れば, 象にのみ

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 の, よ, 許したもの

▼ 心相愛心~ (3, 0.0%)

2 があれ 1 相助心

▼ 心着かざる~ (3, 0.0%)

1 もののごとく, ものの如く, 状に

▼ 心確か~ (3, 0.0%)

1 な蘆, にお, になる

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 なる人, になり, になれ

▼ 心素直~ (3, 0.0%)

2 にも忍辱 1 な女

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 には触れざりし, の震え, はほそし

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 にても心, に成りすまし, 亦底筒男

▼ 心臟麻痺~ (3, 0.0%)

1 でも起し, なんか起され, をおこし

▼ 心自分~ (3, 0.0%)

1 の力, の身, をとおし

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 かりけれど, がりて, るし

▼ 心落着~ (3, 0.0%)

1 かず, かぬ, くべしと

▼ 心蔑し~ (3, 0.0%)

3 いもの

▼ 心~ (3, 0.0%)

2 なりしを 1 なるが

▼ 心行き~ (3, 0.0%)

1 が乏しい, をちょっと, を活かし

▼ 心行寺~ (3, 0.0%)

1 と確, に鶴屋南北, の假門

▼ 心要は~ (3, 0.0%)

1 あるまい, 此一点だ, 無いん

▼ 心足ら~ (3, 0.0%)

1 はず, ふと, ふとその

▼ 心足らぬ~ (3, 0.0%)

2 ものと 1 もの

▼ 心足り~ (3, 0.0%)

21 て默

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 の妨げ, は何, 安き人なれ

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 の作用, の機微, はば

▼ 心進まぬ~ (3, 0.0%)

1 ことを, を伯母, 制作に

▼ 心遺り~ (3, 0.0%)

1 のない, のよう, はない

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 なる鴻, に拘わらざる, 似鴎

▼ 心附かなかつた~ (3, 0.0%)

2 と云 1 けれども始終

▼ 心附けた~ (3, 0.0%)

1 がこの, がその, 時紙入から

▼ 心雕龍~ (3, 0.0%)

1 から歴史, などが中心, より始まる

▼ 心頼り~ (3, 0.0%)

1 でした, と思う, にし

▼ 心~ (3, 0.0%)

1 があった, でもあった, を絶えず

▼ 心~ (3, 0.0%)

2 の奥底 1 と魂

▼ 心あつ~ (2, 0.0%)

1 た古人, てこわした

▼ 心あらん~ (2, 0.0%)

1 や, 者は

▼ 心ありし~ (2, 0.0%)

1 が故に, にはあらざりける

▼ 心あるなら~ (2, 0.0%)

1 その手, その美しき

▼ 心あわ~ (2, 0.0%)

2

▼ 心いかばかり~ (2, 0.0%)

1 か尚, 挫けしや

▼ 心いそぎ~ (2, 0.0%)

1 て庭口, の現れ

▼ 心いため~ (2, 0.0%)

1 て, ば

▼ 心いとも~ (2, 0.0%)

2 淋しければ

▼ 心いや~ (2, 0.0%)

1 だと, 更に泊る

▼ 心いよいよ~ (2, 0.0%)

1 乱れて, 勃々たる

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 げに思ひたる, ゑたる暁の

▼ 心うき~ (2, 0.0%)

1 ことにも, わざを

▼ 心うく~ (2, 0.0%)

1 こそお, や思い

▼ 心うごかし~ (2, 0.0%)

1 がたきゆえ, がたきゆゑのみならず

▼ 心うた~ (2, 0.0%)

1 はぬ, ひぬ

▼ 心うとく~ (2, 0.0%)

2 跡のみか

▼ 心うれしき~ (2, 0.0%)

1 ま, もの

▼ 心おきなき~ (2, 0.0%)

2 故郷の

▼ 心おきなく話し掛ける~ (2, 0.0%)

2 声が

▼ 心おく~ (2, 0.0%)

1 とも, 而し

▼ 心おだやか~ (2, 0.0%)

1 でなかった, にし

▼ 心おの~ (2, 0.0%)

1 づから礼, づから軽やか

▼ 心おも~ (2, 0.0%)

1 ひでて, へば

▼ 心おもしろから~ (2, 0.0%)

1 ずようやく, ず漸く

▼ 心かたくな~ (2, 0.0%)

1 にし, になり

▼ 心かなし~ (2, 0.0%)

1 も, ゑ

▼ 心かよ~ (2, 0.0%)

2 はずは

▼ 心がけ~ (2, 0.0%)

1 だもの, ふ迄の

▼ 心がに~ (2, 0.0%)

2 はかに

▼ 心がよ~ (2, 0.0%)

1 うく分った, かつたらしい

▼ 心きびし~ (2, 0.0%)

2

▼ 心くじけ~ (2, 0.0%)

1 て言った, 嫌気が

▼ 心くだけ~ (2, 0.0%)

1 て, て死

▼ 心くつろぐ~ (2, 0.0%)

1 二將軍, 折も

▼ 心くばりで~ (2, 0.0%)

1 はなかろう, 万一が

▼ 心くるへり~ (2, 0.0%)

2 崖の

▼ 心ぐらい~ (2, 0.0%)

1 ならあの, 現実の

▼ 心~ (2, 0.0%)

2 だもの

▼ 心けれども~ (2, 0.0%)

1 いやしくも棟梁, 苟し

▼ 心こめし~ (2, 0.0%)

1 感謝, 色を

▼ 心こめゆく~ (2, 0.0%)

2 夜の

▼ 心さて~ (2, 0.0%)

1 も雲水, 来年は

▼ 心さび~ (2, 0.0%)

1 しむ, しも

▼ 心さびし~ (2, 0.0%)

1 さも, や飛騨

▼ 心さびしかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 心さま~ (2, 0.0%)

1 の悪, 思えば

▼ 心ざした~ (2, 0.0%)

1 者が, 者共が

▼ 心しかも~ (2, 0.0%)

1 湯氣の, 落ちついた心

▼ 心しだい~ (2, 0.0%)

1 だな, でいつ

▼ 心しら~ (2, 0.0%)

1 ひの, への

▼ 心じゃけ~ (2, 0.0%)

2 受けて

▼ 心すご~ (2, 0.0%)

1 の夜, の夜すがら

▼ 心すでに~ (2, 0.0%)

1 久しく世事, 姦淫したる

▼ 心せぬ~ (2, 0.0%)

1 とよい, 体で

▼ 心せね~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ばならん

▼ 心せわしい~ (2, 0.0%)

1 ことでござる, ような

▼ 心ぜわ~ (2, 0.0%)

1 しくと, しく散るか

▼ 心そう~ (2, 0.0%)

1 して, なくては

▼ 心そぞろ~ (2, 0.0%)

1 にうき立ち, に伊那丸

▼ 心そんな~ (2, 0.0%)

1 ものが, 点です

▼ 心ぞへをも~ (2, 0.0%)

1 為し慰め, 爲し

▼ 心たしかに~ (2, 0.0%)

2 その声

▼ 心たちまち~ (2, 0.0%)

1 動き種々, 生じて

▼ 心だけしか~ (2, 0.0%)

1 ありません, もたず自分自身

▼ 心だったら~ (2, 0.0%)

1 いいかも, そう取り扱う

▼ 心だろう~ (2, 0.0%)

1 と思います, と葉子

▼ 心って~ (2, 0.0%)

1 それほど潔白, 奴だ

▼ 心つい~ (2, 0.0%)

1 てからでも数えきれぬ, て以来

▼ 心つき~ (2, 0.0%)

1 ながら心せ, 無れど

▼ 心であります~ (2, 0.0%)

1 そして又人, と云っ

▼ 心でなかろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 心での~ (2, 0.0%)

1 冷笑が, 商業感を

▼ 心というか~ (2, 0.0%)

1 そうしたもの, 猛烈であっ

▼ 心というは~ (2, 0.0%)

1 ほかでも, 観無量寿経

▼ 心ときめいた~ (2, 0.0%)

1 としてもはしたない, のである

▼ 心とぞ~ (2, 0.0%)

1 みえたり, 見る

▼ 心とどろく~ (2, 0.0%)

2 ひと時隔き

▼ 心とほど~ (2, 0.0%)

2 混同され

▼ 心とや~ (2, 0.0%)

2 抱きしめて

▼ 心とやら~ (2, 0.0%)

1 でございますが, 無理やりにも

▼ 心とを通じて~ (2, 0.0%)

1 しみじみと, そこに

▼ 心どころか~ (2, 0.0%)

1 いっさい夢中と, 神経にも

▼ 心なかっ~ (2, 0.0%)

1 たから, たな

▼ 心ながく~ (2, 0.0%)

1 とあっ, 時を

▼ 心なぐ~ (2, 0.0%)

1 さに, さの

▼ 心なぐさむ~ (2, 0.0%)

1 ことだ, というよう

▼ 心などと~ (2, 0.0%)

1 訳して, 譬喩品の

▼ 心なりし~ (2, 0.0%)

2 を先きの日故郷

▼ 心なんかは~ (2, 0.0%)

1 一つの, 持って

▼ 心にかけての~ (2, 0.0%)

1 意である, 訪問でございます

▼ 心にかな~ (2, 0.0%)

1 ひさうな, ひぬ

▼ 心にくし~ (2, 0.0%)

1 ただやすら, 向うも

▼ 心にけ~ (2, 0.0%)

1 だもの, ぢめなし

▼ 心にだけは~ (2, 0.0%)

1 さうでないこと, 羞恥を

▼ 心にね~ (2, 0.0%)

1 あっしも, 私は

▼ 心にばかり~ (2, 0.0%)

1 泣て, 聴える

▼ 心にもは~ (2, 0.0%)

2 ひらなかつたらしい

▼ 心によっても~ (2, 0.0%)

1 ちがう, 自由選択によっても

▼ 心に対しても~ (2, 0.0%)

1 よくあるべき, 変に

▼ 心に従い~ (2, 0.0%)

1 それ以外の, 兼ねます

▼ 心に迄~ (2, 0.0%)

1 厚い鎧戸, 触れたい

▼ 心に関しては~ (2, 0.0%)

1 僕は, 街で

▼ 心に関する~ (2, 0.0%)

1 ところは, 知識の

▼ 心ねを~ (2, 0.0%)

1 考へると, 買った

▼ 心のせゐ~ (2, 0.0%)

1 か, か何ん

▼ 心のどけく~ (2, 0.0%)

1 たちかさねませ, 何祈る

▼ 心のみかは~ (2, 0.0%)

2 手も

▼ 心のや~ (2, 0.0%)

1 すけさ, はらぎ

▼ 心はか~ (2, 0.0%)

1 の諸, へつて

▼ 心はなみ~ (2, 0.0%)

2 だを

▼ 心はは~ (2, 0.0%)

1 なれ, なれば

▼ 心はよ~ (2, 0.0%)

1 うくわかっとる, うく分ります

▼ 心ひか~ (2, 0.0%)

1 るるある, るるみつ

▼ 心ひかされ~ (2, 0.0%)

1 てかといふ, 油断せし

▼ 心ひそめ~ (2, 0.0%)

2 て我が

▼ 心ひと~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 心ひろ~ (2, 0.0%)

1 さよ, へるごとし

▼ 心ふと~ (2, 0.0%)

1 愕かんと, 浮気出し

▼ 心ぼそげ~ (2, 0.0%)

1 にたく, にゆく

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 づ躍り, どひぬ

▼ 心まずしき~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 心または~ (2, 0.0%)

1 處, 處に

▼ 心まど~ (2, 0.0%)

1 はで, ひが

▼ 心むずかしく~ (2, 0.0%)

2 言えば

▼ 心むなしき~ (2, 0.0%)

2 夕ながめ

▼ 心もう~ (2, 0.0%)

1 はの空, 御承知

▼ 心もし~ (2, 0.0%)

1 つかりして, 安からず

▼ 心もだえ~ (2, 0.0%)

1 てよめる, 息せまり

▼ 心もっ~ (2, 0.0%)

1 て嬉し, て翌朝

▼ 心もてぞ~ (2, 0.0%)

2 ありとある

▼ 心やす~ (2, 0.0%)

1 さと, さを

▼ 心やすめ~ (2, 0.0%)

1 にはなる, む折は

▼ 心やすら~ (2, 0.0%)

1 かに, かに滿足しつ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 もおも, 来れり

▼ 心ゆえ~ (2, 0.0%)

1 に一字一字, に苦しん

▼ 心ゆる~ (2, 0.0%)

1 さば, に

▼ 心ゆるめ~ (2, 0.0%)

1 てなる, ば曇るべし

▼ 心ゆゑぞ~ (2, 0.0%)

2 大きなる

▼ 心よう~ (2, 0.0%)

1 思うちょらん, 思わん者

▼ 心よかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 心よと~ (2, 0.0%)

1 云う, 怨ぜ

▼ 心よりとは~ (2, 0.0%)

1 いえしらずしらずこの, 無くただ

▼ 心よりに~ (2, 0.0%)

2 ほひいでたる山ざくら花

▼ 心よわ~ (2, 0.0%)

2 げなれ

▼ 心よわき~ (2, 0.0%)

1 老の, 者なる

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 ゆうりゆう, 手を

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 あびて, ずらすこと

▼ 心わるく~ (2, 0.0%)

1 感じるという, 諦めて

▼ 心をか~ (2, 0.0%)

1 しかるべし, しかるべし誹は

▼ 心をこそ~ (2, 0.0%)

1 あれほど, 信子の

▼ 心をぞ~ (2, 0.0%)

1 わりなきもの, 知らぬ

▼ 心をは~ (2, 0.0%)

1 づませてゐる, ッきりと

▼ 心をばかり~ (2, 0.0%)

1 持って, 気遣って

▼ 心をまでも~ (2, 0.0%)

1 掻き擾, 掻き擾そう

▼ 心をよ~ (2, 0.0%)

1 ぎつた, すれども

▼ 心をわ~ (2, 0.0%)

1 ずらは, づかの

▼ 心をを~ (2, 0.0%)

1 さめて, どらせる

▼ 心ナラズモ世~ (2, 0.0%)

2 ヲ厭ヒ

▼ 心一つ居處~ (2, 0.0%)

2 をたしかに

▼ 心一度~ (2, 0.0%)

1 この隠れたる, 起さずして

▼ 心~ (2, 0.0%)

2 折れて

▼ 心不安~ (2, 0.0%)

1 なる折, また不安

▼ 心乱し~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 心乱れる~ (2, 0.0%)

1 はずの, ようすで

▼ 心二つ~ (2, 0.0%)

1 に相, を一体

▼ 心二つながら~ (2, 0.0%)

1 の貧困, 燃えて

▼ 心云々~ (2, 0.0%)

1 が余り強調, とは果して

▼ 心付け~ (2, 0.0%)

1 て下す, て見る

▼ 心何と~ (2, 0.0%)

1 なう動き, 申して

▼ 心何ぶり~ (2, 0.0%)

2 などと詠ずる

▼ 心修道院~ (2, 0.0%)

1 の童貞さま, は幼稚園

▼ 心優いも~ (2, 0.0%)

2 ので起居

▼ 心優しく~ (2, 0.0%)

1 いまわの, 夫を

▼ 心光寺~ (2, 0.0%)

1 の境内, の本堂

▼ 心光院~ (2, 0.0%)

1 にまつる, に今

▼ 心全部~ (2, 0.0%)

1 が揺れ, を奪われ

▼ 心其の~ (2, 0.0%)

1 ままじゃ, 形盤の

▼ 心切り~ (2, 0.0%)

1 で蝋燭, を持ち直し

▼ 心利い~ (2, 0.0%)

1 てすばやい, て不審

▼ 心功名心~ (2, 0.0%)

1 にあくがれ, を刺戟

▼ 心動かされる~ (2, 0.0%)

1 ことは, ようにと

▼ 心動く~ (2, 0.0%)

1 に況して, やうである

▼ 心千々~ (2, 0.0%)

1 に, に何ぞ遥か

▼ 心厚い~ (2, 0.0%)

1 この善人たち, ものだった

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 不具に, 動きおそく

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 の朋友, はせて

▼ 心向け~ (2, 0.0%)

1 さしてやった, は変

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 もし知ら, 知るらめ

▼ 心呆け~ (2, 0.0%)

1 した旅, てどこ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 でも腹, の内君

▼ 心善し~ (2, 0.0%)

1 だつて, にはなれませぬ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 とでも名, の目的

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 がしい, がしく

▼ 心固く~ (2, 0.0%)

1 なって, 結びて

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 を, を滅せざれ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 ごもり, に似

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 に満, の間

▼ 心太く~ (2, 0.0%)

1 なって, 惑いて

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 かつた, さを

▼ 心好き吾夫腕~ (2, 0.0%)

1 は源太親方, は源太親方さ

▼ 心委せ~ (2, 0.0%)

1 とし, に致しまする

▼ 心嬉し~ (2, 0.0%)

1 さばかりが, そうであった

▼ 心嬉しかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たこと

▼ 心完全~ (2, 0.0%)

2 よりも完全

▼ 心定まる~ (2, 0.0%)

1 その気, 上は

▼ 心宮内~ (2, 0.0%)

1 の妖婆, の秘殿

▼ 心宿~ (2, 0.0%)

1 という名, に似

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 かな精進, も元叡空

▼ 心寂しき~ (2, 0.0%)

1 けふ, 色に

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 に決する, に疑

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 うお, かにこの世

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 ならざる部下, なる爲

▼ 心小さき~ (2, 0.0%)

1 人々の, 友

▼ 心尼さま母子~ (2, 0.0%)

1 も羅刹谷, をどこぞ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 にし, ニ壅塞丕閉シテ理内ニ暗

▼ 心平ら~ (2, 0.0%)

1 です本当に, に気なごや

▼ 心平和~ (2, 0.0%)

1 なれ, な状態

▼ 心平穏~ (2, 0.0%)

2 ならねど

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 とかいふので白い, は小杉さん

▼ 心庵是仏~ (2, 0.0%)

1 がある, が谷中三河屋

▼ 心引かれた~ (2, 0.0%)

1 ことの, のであります

▼ 心弛み~ (2, 0.0%)

1 て常, 力落ち

▼ 心弱い~ (2, 0.0%)

1 心めめしい, 魂は

▼ 心弱り~ (2, 0.0%)

1 候へば, 給へる

▼ 心当の~ (2, 0.0%)

1 薬草を, 邸の

▼ 心形刀流~ (2, 0.0%)

1 の達人, を伝えた

▼ 心後暗い~ (2, 0.0%)

2 ので喫驚

▼ 心得がたく~ (2, 0.0%)

1 お思い, 候へども

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 わづら, 解なされ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 に通ずる, 即ち神

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 がれる, きまでに

▼ 心~ (2, 0.0%)

2 げに

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 を勞, を苦し

▼ 心思ひ~ (2, 0.0%)

1 て, て虚言

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 しまず, しまぬぞと

▼ 心急いた~ (2, 0.0%)

1 余り人違いの, 状に

▼ 心急がれ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 れか, れて

▼ 心怯え~ (2, 0.0%)

1 てかつ, てゆく

▼ 心~ (2, 0.0%)

2 れり

▼ 心恥かしく~ (2, 0.0%)

1 ひたすらに, 思はれた

▼ 心悠々~ (2, 0.0%)

1 として常に, と其胸中

▼ 心悪しく~ (2, 0.0%)

1 て持ちたまわん, 思いましたか

▼ 心悲し~ (2, 0.0%)

1 も, も独

▼ 心悲しかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たある

▼ 心悶え~ (2, 0.0%)

1 て眼さ, の種

▼ 心慧思霊~ (2, 0.0%)

2 の非常

▼ 心慰め~ (2, 0.0%)

1 だった, ば慰む

▼ 心懸けね~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 心懸りだった~ (2, 0.0%)

1 のである, のでぐっと

▼ 心懸りな~ (2, 0.0%)

1 ので御座います, 儀が

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 しいだろう, といふ言葉

▼ 心或いは~ (2, 0.0%)

1 意識であっ, 意識と

▼ 心戦く~ (2, 0.0%)

1 ことは, も理りであった

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 で良三, は円朝

▼ 心打つ~ (2, 0.0%)

1 もので, 厳粛さが

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 とも校合, と云

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 へて, へよ殘忍

▼ 心持ち~ (2, 0.0%)

1 さ, さへ

▼ 心持てる~ (2, 0.0%)

1 者誰も, 靈エレボスより

▼ 心挫け~ (2, 0.0%)

1 てひたすら, 武士の

▼ 心掛かり~ (2, 0.0%)

1 と拙者, になった

▼ 心掛一つ~ (2, 0.0%)

1 できまる, で疵

▼ 心掛次~ (2, 0.0%)

2 第行為次第

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 と思い奉られるでござる, と思ひ奉られるでござる

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 へもあまり, へ聞き知りて

▼ 心敏慧~ (2, 0.0%)

1 なる此党情, なる此黨情

▼ 心斎大八門~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 心斎殿~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 心斎谷大八脇本門~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 心易う~ (2, 0.0%)

1 して, 一人で

▼ 心易くっ~ (2, 0.0%)

1 て, ていつの間にか

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 みたる上, みて

▼ 心暫く~ (2, 0.0%)

2 も安らか

▼ 心更に~ (2, 0.0%)

1 彼等の, 起らずとも

▼ 心最も~ (2, 0.0%)

1 切なり, 空虚な

▼ 心有っ~ (2, 0.0%)

1 てのこと, ての事

▼ 心期待~ (2, 0.0%)

1 が加, は事実

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 を欠い, を立てる

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 がある, を築き出します

▼ 心案じ~ (2, 0.0%)

1 ていた, をかけ

▼ 心楽しまぬ~ (2, 0.0%)

1 ことが, 顔で

▼ 心正しく~ (2, 0.0%)

2 行儀能し

▼ 心正しけれ~ (2, 0.0%)

1 ば子, ば相

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 の涙, の百首

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 が重い, にとらわれ

▼ 心比べ~ (2, 0.0%)

1 といと, と刻刻

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 の潛, は水

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 に混交, の中

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 から無限, がある

▼ 心法寺原~ (2, 0.0%)

1 にいちめん, へ空乗物

▼ 心~ (2, 0.0%)

2 に神

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 と建長寺派, のお寺

▼ 心流当て身~ (2, 0.0%)

1 で先ず, の拳

▼ 心流当身~ (2, 0.0%)

1 のものすさまじ, の術

▼ 心浅き~ (2, 0.0%)

1 にて男一疋なに, ものに

▼ 心浮かれ~ (2, 0.0%)

1 て後, 常には

▼ 心浮き~ (2, 0.0%)

1 て其, 幻の

▼ 心消え~ (2, 0.0%)

1 なんばかり, 気も

▼ 心淋しけれ~ (2, 0.0%)

2 ば賑やか

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 き目, く

▼ 心深き~ (2, 0.0%)

1 とき, 世人は

▼ 心清明~ (2, 0.0%)

1 ければ, なれば

▼ 心温か~ (2, 0.0%)

1 でした, なもの

▼ 心滿~ (2, 0.0%)

2 てる時

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 かに喜ん, かに驚かれぬ

▼ 心澄みゐる~ (2, 0.0%)

1 昼さなか兵あらはれ, 晝さなか兵あらはれ

▼ 心激しく~ (2, 0.0%)

1 みひらけば, 怒れども

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 まさに滅せ, を挑げき

▼ 心烈しき~ (2, 0.0%)

2 飢餓に

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 だ, という病気

▼ 心熱的態度~ (2, 0.0%)

1 によつて事實, は刹那主義

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 ゆるよう, ゆる下根

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 かにし, かになり

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 のあはれ, の形

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 るるなり, れて

▼ 心牽かれる~ (2, 0.0%)

1 やうな, 句には

▼ 心状態~ (2, 0.0%)

1 が違う, の違う

▼ 心狭く~ (2, 0.0%)

1 して, もこの

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 を止, を燃やす

▼ 心男々しき~ (2, 0.0%)

1 御方にて, 母様とても

▼ 心當りくら~ (2, 0.0%)

2 ゐは

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 はしき, も殆ど底

▼ 心疲れ~ (2, 0.0%)

1 て何物, のし

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 あらたまりて, 集めて

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 いた心, ひし

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 の知識欲, の野心

▼ 心着いたらしく~ (2, 0.0%)

1 菜を, 調子を

▼ 心着きし~ (2, 0.0%)

1 は稀, 静緒は

▼ 心着けた~ (2, 0.0%)

1 のに雨戸, 深切な

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 ひに, 解して

▼ 心知られん~ (2, 0.0%)

2 人に

▼ 心知りなるささやき~ (2, 0.0%)

2

▼ 心知れ~ (2, 0.0%)

1 ば秋, らん人に

▼ 心移り~ (2, 0.0%)

1 がしない, て忘れ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 を踰, 身を

▼ 心積ニ~ (2, 0.0%)

1 て上, て先キ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 しで, しを

▼ 心細道岩坂~ (2, 0.0%)

2 辿り辿りついたは

▼ 心組んだ~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 心絶え~ (2, 0.0%)

1 てなし, て説得

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 に触れた, を打つ

▼ 心~ (2, 0.0%)

2 筆耕の

▼ 心置かれぬ~ (2, 0.0%)

2 友だちに

▼ 心美しき~ (2, 0.0%)

1 こそ, 人達の

▼ 心~ (2, 0.0%)

2 かしさ

▼ 心羞かしく~ (2, 0.0%)

1 どうやら魂魄, 何やら魂魄

▼ 心腐っ~ (2, 0.0%)

1 てはおりませぬ, ても死ん

▼ 心臟痲痺~ (2, 0.0%)

1 か兎, を起し

▼ 心臟鼓動~ (2, 0.0%)

1 し呼吸喘, の力盡

▼ 心自ら~ (2, 0.0%)

1 の釣り姿, 知らず例へば

▼ 心自らこれ~ (2, 0.0%)

1 をよろこぶ, を恃

▼ 心自身~ (2, 0.0%)

1 の中, の結論

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 ちかからし, になり

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 つなるべし, られの

▼ 心苦い~ (2, 0.0%)

1 のです, 事は

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 付かず, 付かず見じと

▼ 心落し~ (2, 0.0%)

1 なく, なく元弘二年

▼ 心落居~ (2, 0.0%)

1 しに, て

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 なる情, に恭礼

▼ 心見た~ (2, 0.0%)

1 か聞いた, ものを

▼ 心親知らず~ (2, 0.0%)

1 で丁字風呂, とでも云うべきだろう

▼ 心言葉~ (2, 0.0%)

1 にはつくし, を換え

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 か蹶然, 身作の

▼ 心許されぬ~ (2, 0.0%)

1 とお, はともかく

▼ 心許した~ (2, 0.0%)

1 友達と, 静安

▼ 心試し~ (2, 0.0%)

1 に拜, に拝し参らせん

▼ 心誉僧正~ (2, 0.0%)

1 につい, に祈られ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 に応ずる, を聞き

▼ 心誠これ~ (2, 0.0%)

2 を善め

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 に告ぐべき, に見せ

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 かな友達, かにいよ

▼ 心貧しき~ (2, 0.0%)

1 人にと, 者の

▼ 心起り~ (2, 0.0%)

1 たり山, て食堂

▼ 心~ (2, 0.0%)

2 の描いた

▼ 心~ (2, 0.0%)

2 として囘旋

▼ 心軽く~ (2, 0.0%)

1 使って, 範囲を

▼ 心軽やか~ (2, 0.0%)

1 であった, にたのしく

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 所有する, 洗はれた

▼ 心迄が~ (2, 0.0%)

1 その男, 分らなくな

▼ 心迷った~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, ような

▼ 心進まざる~ (2, 0.0%)

1 を暁, 向も

▼ 心醉者~ (2, 0.0%)

1 であ, なる御用聞

▼ 心重し~ (2, 0.0%)

1 吾が心乱, 心重し

▼ 心附かない~ (2, 0.0%)

1 うちに, 不思議なさびれた

▼ 心附きました~ (2, 0.0%)

1 事が, 龍麿の

▼ 心院眞作~ (2, 0.0%)

2 の山越し圖

▼ 心院真作~ (2, 0.0%)

2 の山越し図

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 かず, つな

▼ 心靈の~ (2, 0.0%)

2 にほ

▼ 心靈的~ (2, 0.0%)

1 のもの, の幸福

▼ 心靈研究者~ (2, 0.0%)

1 が急, はさ

▼ 心靈科學~ (2, 0.0%)

2 を確立

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 に情なく, に情冷

▼ 心頻りに~ (2, 0.0%)

1 安からず, 焦燥つつ

▼ 心騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 と自分, のせらるる

▼ 心驕る~ (2, 0.0%)

1 ことなく, 様で

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 である, にまで蟲食

▼ 心高き~ (2, 0.0%)

1 に居, 御方に

▼ 心~ (2, 0.0%)

1 を打たるるであらう, を打たるるであろう

▼1* [2141件]

あえなく後鳥羽上皇すらも, 心あかし心きよし, 心あかるく岩を, 心あくがれてだんだん, 心あくまで和やかに, 心あしく候, 心あせったり世の中, 心あせらねばならぬ思ひ, 心あせるものの長く, 心あたたかな親切, 心あたり四五カ所を云い聞かせる, 心あつかひも聊か, 心あなたが善良, 心あのひとさえ, 心あはれ悲しくも, 心あふるるおっさんが, 心あまって書ききれぬ, 心あやしきを君はと, 心あやしく動かされぬ, 心あらざりしがこ, 心あらざる者は, 心あらざるべからずと考え, 心あらざれば弱, 心あらしの和ぎたら, 心あらしめ小に, 心あらず深き事情, 心あらたまらず改まりし姿かたち気にと, 心あらためて土を, 心あらむ人に見せ, 心ありがたくてレコオド, 心ありしかどもその, 心ありしなるべしと詞, 心ありますなぜ西洋, 心ありません私の, 心あるいは逆に, 心あるいはまた師の, 心あるべからずというも片, 心あるべしや, 心ある如く桜の, 心ある如くして直ちに, 心あれ狂ひ, 心あわただしくてしみじみ, 心あわてている, 心あゝ強し船, 心いいわ打っちゃっ, 心いい加減な慈悲, 心いかにも出来がたし, 心いくまで自分, 心いささか周章てたと, 心いさましく軽井沢峠に, 心いさみてそれ, 心いそいそ寄ると, 心いそげど登る, 心いそしみて, 心いたましき行道に, 心いたみ候ひし, 心いたらぬ女子を, 心いちめんに張りつめ, 心いっぱい胸のはりさける, 心いっぱい豪壮せよ美術, 心いつも冷たくなっ, 心いつわらずして, 心いづこをか, 心いできてなく, 心いとせめて変りはてぬと, 心いまだ落ちゐぬに, 心いゆる時あれや, 心いよよはだ, 心いらだたしく風吹きし日は, 心いらぬとばかりもぎだうに, 心いられは調, 心いら立ちて堪えがたけれ, 心いりみだれ御許に, 心いる方なりませ, 心いわいのしるし, 心うい事であろう, 心うかぬものが, 心うかれに, 心うかれるかと思え, 心うごいたが家老杉倉右近, 心うごかされたる者かならず, 心うごかす人多, 心うごき目を, 心うごき始めたばかりの人, 心うしとて委しく, 心うすければ君, 心うちでもその, 心うつくしい天子として, 心うれしかった, 心うれしく快く夜食の, 心うれひに堪へずし, 心えがたくおもふもの, 心おおらかな時, 心おかれず七月以前に, 心おきたまはで, 心おきなくまじわった老人である, 心おきなく戦いたいものだ, 心おきなく戦えるなどと申す, 心おきなく楽しみ人づきあいも, 心おきなく死になさいよと安心, 心おきなく笑って, 心おきなく行って来る, 心おきなく行ったがいい, 心おきなく話しかけるのでベッキイ, 心おきなく語ろうではありません, 心おきなく読むことは, 心おきなく飲んでくれい, 心おくれたか逃げ出した, 心おくれたるなりとか, 心おこさせ玉はず世の, 心おこさせたまわず世の, 心おこして建て, 心おこせ世の, 心おこりけん事, 心おごれるに, 心おごりしたため, 心おさなく立ち出で, 心おそれる眼わななく, 心おちついて死にたい, 心おちつきたるさまに, 心おちゐでなどかく, 心おとりもしぬべき, 心おどおどと弱味, 心おどらせて待った, 心おどりにはなやいだ, 心おのずから英雄を, 心おのづと鎭まらむ, 心おののいて一人, 心おのれに媚びる, 心おはじきをする, 心おびえるほどである, 心おぼろにおぼつかなく, 心おもえらく奇を, 心およそそうした一見, 心おろかなりけれ, 心お前様に熟, 心かえって喜ぶの類, 心かおはします, 心かたじけなさに, 心かたむけてある, 心かたるなやまほととぎす, 心かな何の, 心かなしきものの, 心かは知りませんが, 心かまえたくらいだった, 心からいずるとも, 心からからかつたりからか, 心からであらう, 心からに過ぎなかった, 心からにもせよそっと, 心からのみ起こった一切, 心かろく去る, 心がいがなかっ, 心がからだから, 心がさつぱり解らなかつた, 心がちぢに乱れ, 心がはひつて, 心がら人徳によってきのう, 心がら天罰で手前達, 心がら鬼のごとき, 心きかんと言, 心ききたる者二名を京, 心きざさむ人, 心きまりし由うれしく, 心きめ汝を, 心きよき心は, 心きよしあかき心きよき, 心話せる, 心くずし, 心くだくる荒磯, 心くだいて綴り重ねし, 心くばりしてくれます, 心くばりであるとしたなら, 心くもらぬ三熊野の, 心くらいは持ちそう, 心くらべの形, 心くんでは, 心ぐき鐡砲百合か我, 心ぐく放つ炎, 心ぐくただに思ふは, 心ぐし目ぐし, 心ぐらさのままではと思い拭き清められます日, 心ぐらゐはひと通り読めるつもり, 心げさう, 心ほりぬ, 心ことごとく明らかなり, 心この世の苦悩, 心こめたる贈り物の, 心こもるこの室, 心これらの事, 心こわさ知りた, 心こんな卑しい煩わしい友, 心ごと打ちこんで, 心さいその影, 心さして出でたる竿, 心さす方の, 心させ俄に, 心さだまりたり, 心さながらのもの, 心さびしいもの恐ろしい覺え, 心さびしきままにおのずからへつらい寄る人, 心さびしく憂き事多かる, 心さびしさであった, 心さまねし, 心さやらず後の, 心さらにあしく生, 心さりとては我, 心されてその, 心さわがしく性急だ, 心さわぎをおぼえました, 心さわぎますけれどどうぞ, 心さわぐ三成を, 心さわやかに身こ, 心ざしありて思ふ, 心ざしおぼしめしやらせたまえせめて追善, 心ざしなるものは, 心ざせばおのずから, 心ざま世にすぐれ, 心ざま俄に高く, 心ざま兇惡無慙なること, 心ざま善ならぬ人, 心ざま言葉つきも優しき, 心しいしい待ちあぐんでいる, 心しかし祖母の, 心しくしく墾畑の, 心したしく幽けかり, 心しばらくも忘れた, 心しまった女子なりとも, 心しまるやうなる, 心しみじみとした, 心しめつる花の, 心しらひではなから, 心しりに, 心たくが, 心じたくだが, 心じゃからいらぬと, 心じゃと申して, 心じゃろがお, 心すがすがしい気が, 心すがすがしくなって, 心すきすきしくて, 心すぐれたりと覚, 心すぐれたる人正しい, 心すこしも慰まざりき, 心すごく思いけるおり, 心すごく淋しき体, 心すさまじい日々が, 心すずしい貴殿までが, 心すずしげに静か, 心すべもすべ, 心すまない小助六, 心すまぬ苦しみで, 心すらもなかった, 心する家の, 心気随にて, 心ず仕遂げて御覧, 心せいというの, 心せかせていと, 心せき出帆の, 心せき感ずることも, 心せつなく如何に, 心せわしいさびしさの, 心せわしき年の暮れとは, 心せんことを, 心そつくりのわたし, 心それからまた生来の, 心そろはざれ, 心ぞいたき, 心ぞうがのど, 心ぞやはらかき, 心たいらか行乞相, 心たかうして, 心たかく身の, 心たけく機はしり, 心ただ焦燥して, 心たちへの贈り物, 心たっぷりなききかた, 心たのしげに, 心たのしいあたたかな春, 心たのしい明るい社会を, 心たのしまない旅に, 心たのめて三保, 心ために変ずる, 心たゆたふと共に, 心たゆたいしが一封, 心たらわず, 心たりと心急, 心だけかそれとも同情, 心だけにでも信じられたならば, 心だけも知らせずに, 心だしなみでいずれ, 心だつて随分, 心だつたか解りません, 心だての好い, 心だらけのお茶, 心ちありと思うべし, 心ちいさき野の, 心ちすひねもす心, 心ちなやむ船君いた, 心ぢゃならないとふだん, 心からは何, 心つかいもあらん, 心つけらる, 心つたえて, 心つつましやかな, 心つまらないせせこましい日常行状にも, 心つまらぬことと, 心つまり人生を, 心つめたく泣き出したり, 心づくし何と御礼, 心づくし徒やおろそか, 心づくし身にしみ, 心づけとでこの頃, 心づけやいろいろ薬代その他, 心づけられて別れまし, 心づもりしていらっしゃるよりも多いめ, 心づよくおっしゃってもどうしてどうかしてもう一度御たずねしたい, 心てえものが, 心ては用心しなけれ, 心でありたいと心掛け, 心でありまする故隠, 心であるあらねばならない, 心であるならば二人, 心であんなすったか並ん, 心でかやうに, 心でかう叫んで, 心でこそ彼は, 心でございましょう最前の, 心でござるか, 心でさえ尼に, 心でしたならこんな軽はずみ男, 心でしたらきつけの水, 心でだけのくつろぎの, 心でないだらうか, 心でないならばいかに, 心でなかったかもしれません, 心でなかったならば私, 心でなくかえるように, 心でなくってもよく, 心でばかり長い事, 心といはばいふべし, 心といふか矜恃といふか, 心とかいふやうな, 心とかいふは皆此感じの, 心とかが曲者です, 心とかの句を, 心とかはその声, 心とかよりも何か, 心とがめて我, 心ときめかして帰っ, 心ときめかせて読みふける, 心とくかな, 心としても現われ得るであろう, 心とだけでも会わせて, 心ととのふ世, 心とどむべくもあらね, 心とどめて花, 心とどめし春の, 心とどめたもうもの, 心とどろき僕たる, 心となど云えない, 心とになつて自分の, 心とには共通な, 心とによって屈曲せられた, 心とに対して感激し, 心とに対しては猛悪な, 心とまらば棲み, 心とまることは, 心とむべき里だにも, 心とめて見し, 心とめけるほどのはかな, 心とめずにはいられない, 心とられたとき同, 心とりのぼせ声も, 心とり落しよきひと, 心どうであろう, 心どおり島の東端, 心どもなし, 心なお怪しみに, 心なからむ乎道徳上の, 心ながきは阿弥陀釈迦牟尼, 心ながらにも想像された, 心ながらの歌といらへ, 心なくそとの景色, 心なく小さいうちから, 心なく悪しき事あり, 心なく眩がつて, 心なぐさまなくに父, 心なぐさまぬ自分を, 心なぐさみしかを聞えあ, 心なぐさめにからうた, 心なぐさめかねつ更科や, 心なげに笑った, 心なごみてなみ, 心なごみきや, 心なごやかないわばパストラアル, 心なごやかなとき私はさ, 心なぜお前は, 心なぞと云うもの, 心なぞの山積が, 心なぞを知りよう, 心なつかしくおもふだらう, 心などこそ恋愛の, 心などで読まれるべきもの, 心などというものは, 心などといふもので, 心などとはいわない筈, 心などには天平の, 心なにかさびしきに, 心なほ飽かずまた, 心なほ父母をば恋, 心なやます身を, 心なやませし御事と, 心なやむひととき, 心ならずわかれている, 心ならず居りましたが何分, 心ならず帰るのです, 心ならでは感ぜぬ, 心ならむかと疑ふ, 心なら居て貰っ, 心なら持っている, 心なら曲げて今夜, 心なら有つことが, 心なら生きることも, 心なら逢ってお, 心なりは起るまいと, 心なりへ相手方から, 心なりを燬け, 心なるべきはわれ, 心なるべし扨も, 心なんかって事は, 心なんかを思いやって, 心なんぞ爪の, 心なんぞに用は, 心なんぞは頼みに, 心にかけても誓うかね, 心にかよふと思ひ, 心にぎやかでかけて, 心にくびり込ん, 心にくらい影が, 心にしかわからなかったの, 心にしも似たるかな, 心にだけも盲目に, 心にだに留めざりし人, 心にてこそあれ, 心にてやあるべし, 心になんかしやしない, 心にのしか, 心にのみも任せたま, 心にはかーんと, 心にもにたるは, 心にやにはに通じて, 心によっての知, 心によってまで一種の, 心によつたもので, 心によるかも知れない, 心によるしかない立場, 心にわかに料りかねたる胸, 心にをさむるものこれ, 心に対してさえ人は, 心に対しては心からお礼, 心に対しましても私は, 心に従って凡てが, 心に関して身を, 心ぬきに実行, 心ぢけに, 心ねたく思う女, 心ねと眞向きな, 心ねに同情し, 心ねのいとおしきに, 心のうへにちらした花びら, 心のうへをただよ, 心のきはまりて吾, 心のけだもの, 心のけな気で, 心のけんが外, 心のこりでのう, 心のこれば, 心のこれつぱかしも分らねえ, 心のしをらし, 心のすがたいかに, 心のせゐだらうか, 心のちからにあらず, 心のという句, 心のどつかでしきり, 心のどけき春の, 心のにぢみでた, 心のねうちが, 心のびやかな朝鮮, 心のほどのお優し, 心のみか歳月を, 心のみにて今日も, 心のめりはりに, 心のよびごえかエイリイよ, 心のわさわさするよう, 心はうづうづしたがこの, 心はかり兼ねて猶予, 心はかり知れないなど, 心はかろし旅ゆくとけふ, 心はくだけど, 心はげしき苦痛に, 心はしるやしらずや, 心はじめて惑いぬ, 心はずかしく憂鬱なら, 心はずつと靜まつ, 心はずみの混, 心はつひに, 心はつなみのよう, 心はとは云へ, 心はともすれば, 心はなどか賢きより, 心はにひ藁, 心はのん気な, 心はのしかかつては, 心はや世の, 心はやりとあまりに, 心はりつめて否, 心はるかな虚し, 心はれぬ様に, 心はればれしく斯様, 心はればれ存じ居る, 心はわかつたでせう, 心はをどる苦しき, 心ばかりじゃなかった, 心ばかりで叫んだ, 心ばかりなとっさの, 心ばかりになつて小走りに, 心ばっかりに司配され, 心ばっかりは山上憶良様で, 心ひかされた唯一の, 心ひかれてる楽譜から, 心ひかれないでもなかっ, 心ひがみ易きもの, 心ひきしまり高きに, 心ひき見たまひし, 心ひさしく荒みたり, 心ひたぶるに直, 心ひとしほあはれ, 心ひとしく伏すところ, 心ひとすじで対, 心ひとすじ馬車馬のよう, 心ひめられた素子の, 心ひるますことを, 心ひれ伏さむ, 心ひろがる傍に, 心ひろびろとして遠い, 心ふかさが, 心ふかき者なれ, 心ふかく人の, 心ふさがる思いが, 心ふたげば, 心ふらふらと成る, 心ふるさとの, 心ふるへて, 心へがたく候, 心へだてぬ中なれ, 心へという順序である, 心ぺえでおっかなくって, 心すぐその, 心ほか持ち合わせないこと, 心ほそしむつましきか, 心ほどに冷酷で, 心ぼくに杖, 心ぼそいだろうが, 心ぼそいですねえ, 心ぼそげな眸を, 心まかせさりとは羨ましき, 心まかせじゃわいのう, 心まかせのこんだからね, 心まがいの自慰, 心まことに樂しからず, 心まことになんとも面目しだいもござりませぬ, 心ましければなり, 心ましてや他人の, 心まつさまなり, 心までがと一圖に, 心までさう感じさせ, 心までどぶ鼠, 心までの坑夫じゃ, 心まとまらず濱に, 心まどわすこと色慾に, 心まるだしに, 心ぢんも, 心みずから責むるところなくば神に向い, 心みだれざりふもとの, 心みだれず動搖せず, 心みだれた彼は, 心みだれるような, 心みだれ生きてある, 心みち足りかたじけな, 心みな錆びて, 心みな閉ぢて冬蛇, 心みな非力の怒, 心みんと言い出した, 心むかし支那に夫婦, 心むしろ一種の, 心むすぼほれて解, 心むずつけども同伴の男, 心むせつつ涕, 心むなしい無表情の, 心むらむらと燃え立った, 心めいたものと, 心めでたく今日も, 心めめしい心, 心め自分の来る, 心もいでくる, 心もけしからぬこと, 心もしくは悪戯より, 心もちあげて, 心もっぱらなれども, 心もつに, 心もつべき去し日亀屋の, 心もてあましてふらふら, 心もてなが心, 心もなだれて, 心もねぢくれ, 心ものびのびとしておもしろくばかり物が, 心もの音もなし, 心もめちやくち, 心もめつきりと, 心やうやく動き, 心やさしければ生徒, 心やすからず, 心やすかれ引汐に, 心やすき番僧の, 心やすく嬉しき後ろだてと, 心やすく思しめせ, 心やすければ其畠, 心やすし愁ひ, 心やすまじとすらん, 心やすやす安川を, 心やすらかでいられなかった, 心やすらかに思し召されまするよう, 心やすらげに見, 心やすんじ恐れを, 心やった云うて自分, 心やで引っぱって, 心やといひたさ, 心やどるか, 心やのんやほ, 心やはらげ給ふと, 心やもしれぬ, 心やや寤めたまひき, 心やらいもあっ, 心やらが彼女の, 心やらを伴って, 心やを損わ, 心ゆえきょうよりのち, 心ゆかしく思い初御, 心ゆがみて程よく, 心ゆきを遠慮なく, 心ゆくもかへる, 心ゆすぶる雨, 心ゆったりとする, 心ゆめ持たず候ひき, 心ゆらぎて, 心ゆらぐを, 心ゆるいなきもの, 心ゆるしたまひてや, 心ゆるせという, 心ゆるせぬ時世を, 心ゆるむことは, 心ゆるんで骨, 心ゆゑ忘られぬ, 心よい重おもしい睡が, 心よう納得して, 心よこしまな時, 心よし子又慾無し児, 心よせるな, 心よな鰯をよ, 心よなどと言っても, 心よりか形だけを, 心よりもというのである, 心よろこびて彼, 心よろしも, 心よわいことを, 心テッド隊長以下の, 心を静め, 心わかつたわ, 心わが子のため, 心わすれてあこがれぬ, 心わびしと思う, 心わもと云ふ, 心をかどはかして, 心をかへししも, 心をからにして, 心をけづるに, 心をこそは見つれ, 心をしか喜ばせない, 心をずつと余計知つて, 心をだに附けなば, 心をだにか相思はずあら, 心をちゃあんと, 心をでも暗くせず, 心をどぶに, 心をなやめぬもの, 心をのみ叱り懲らしぬ, 心をへうべう, 心を以てのみこれに, 心を通じて漏らされた啓示, 心ん中から思っ, 心アル故数珠, 心イツパイでそして, 心イリオンの, 心ウォルフ将軍のよう, 心ガケヲシテタラ忠蔵ハヤミヤミト殺シハシマイモノ, 心ガケ陸路海路ヲ蜘蛛, 心ガユルンダカラ吉原ヘバカリハイッテ居タガトウトウ地廻リノ悪輩共, 心ガ湧キ気狂イニナルノガ恐クナッタ, 心ガ附カズバ大ナル, 心コソ少シ法華経, 心シテ諸準備, 心て, 心ヅイテ早クモ何カヲ察シタノカ, 心トロイア勢の應援, 心ナシカイツモヨリ念入リニ流シテクレルヨウナ気ガシタ, 心ナド抱キハシマセンガ近頃特ニ思考シテ, 心ニイイロナ事ヲ思ワセマス, 心ニハ少し心, 心ニハ女よりハ, 心ニヒルなもの, 心ニモナクレスリーニ優シイ言葉ヲカケテヤリ囲イノ外カラ菓子ヲ投ゲテヤッタコトガアッタ, 心ニ備ヘ夜討, 心ニ喜悦ヲ禁ジ得ナイデアロウ, 心ニ従フ故ヲ以テ, 心ニ得タリト為シ独ダ一ニ書ヲ是レ信ジテ, 心ニ徴シテ書ニ参シ必シモ書ノ所説, 心ニ思ハヌ事ヲモ枉ゲテ行ハネバナラヌナドト, 心ニ情オ在シマス人ナリ, 心ニ果シテイツマデ抗シ得タデアロウカ, 心ニ秘メテイタ念願ヲ始メテ果タス, 心ニ考ヘ心ニ徴シテ書ニ参シ必シモ書, 心ニ考ヘザレバ則点一ニ帰スルナク貿貿乎トシテ霧中ニ在リ遂ニ植学, 心ニ謂ヘラク古物ヲ愛玩スルハ本邦及ビ支那, 心ノウチ仕済シタリト打チヨロコビ, 心ノスタルジイとかふるさと, 心ノミナルベシ汝等対社会ハ蚤蚊対人間ニ等シク汝等ノ為メニ受クル害ハ小ナリト雖モ害ハ害ナリ, 心ハ渺トシテ際リ無ク, 心ハ諸事ヲ為スモノノ決シテ欠クベカラザル者ニシテ繁密錯雑ナル我植学ニ, 心ヒステリックな神経的行動, 心ピアノの霊, 心ブラして, 心ブラ地帯であるに, 心ヘーゲルの言葉, 心ボツボツたる魂, 心ヤソ教海の水, 心ヲマズ安泰ニ固メ置キテ後, 心っぱい, 心一々其軌を, 心一たびその姑, 心一つぢやない, 心一つ居処をたしかに, 心一つ私はもう, 心一ぱいにこんどはどんなところでどんな目に遭う, 心一代はず, 心一刀流を編み出し, 心一刀流国では名うて, 心一向内界主觀の臆測, 心一如凡聖不二の宗教, 心一念の翳, 心一方ならず騒ぐと, 心一杯ウォーイと繰返す, 心一歩でも不用意, 心一片老逾堅, 心一致して, 心一艇の闇, 心一路の道, 心一途になりぬさり, 心丈けが残って, 心上つた淫奔女いで, 心上りしたこと, 心上人伝に記され, 心下鞭満甚, 心不二の見方, 心不二物心一如の心境, 心不具な理性, 心不生心は, 心不退転為欲満足六波羅密勤行布施心無悋惜, 心与えられたものを, 心世に珍らしく澄みわたりゐ, 心世間不行慾等事, 心寺に, 心両道を合せ, 心中国の女学生, 心中立一つやな, 心乃至集団心が, 心カリシヲ以テ, 心乏しくいつと, 心乙女の心, 心乱されることも, 心乱れし髪の, 心乱れずにこやかに, 心乱れてるマリユスは, 心乱れぬような, 心乱れ動きてその, 心乱れ気力を失い, 心亂すもわかう, 心了せないものを, 心了セザルコトヲ僧ト為テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, 心了セザルコトヲ私は若い, 心了セバ総テ僧ニ輸セン, 心了居士元祿七年甲戌十一月二十三日, 心了居士といへり, 心事実にかく, 心二法をつぐ, 心も汝, 心些事で知られる, 心亡びて, 心り好んで, 心交わりきれぬ孤友だった, 心多く平らか, 心享楽好きの本能, 心人心を探る, 心人間の心, 心人魚がほんとう, 心仇心の一興, 心今日も昨日, 心今更の如く解かれ, 心他事に役せ, 心他紙との勝敗, 心他門にかわり, 心ながらその, 心代りに入れる, 心以外何にも持ち合せない, 心以外何ものもない, 心仲間の性, 心伊達だの肌合い, 心うござんせう, 心休まらで睡るとも無く, 心休めぬ不料簡不孝の, 心休息を与えられる, 心伝シオリコレヲ理智理性ノ発達不充分ナル女子, 心伝道たらずと, 心伸び上りかねて, 心伺ふ先に, 心伺へば其通り, 心は持つ, 心佐閉消失多列夜, 心体そのものは未来永劫, 心体従本以来不生不滅, 心体理の基本, 心何とかして, 心何ひとつ卒業して, 心何ものもなく, 心何所之, 心何故それを, 心何時となく, 心余れども, 心作用即ち命令其他, 心例えば鍬を, 心係りはどうして, 心促し起たん時, 心かに高まり, 心な心, 心かなる, 心信事は別, 心信士と申し, 心修道会の壕舎, 心俳句友の情, 心のため, 心個々特立して, 心候儀国家之妨甚以不可, 心倦みつかれて草稾, 心健かならざるもの, 心ラザル処, 心はれり, 心傲慢心の三者, 心れ腸, 心傷むかな, 心傷めて炎々, 心傷める小娘の, 心傾き過ぎている, 心傾けながら又, 心儀礼的な受容, 心優しい衣絵さんは, 心の気持, 心にや貯, 心充分でやった仕事, 心先づ衰へにけん, 心光地に凭, 心光明またまたなに, 心児知らずというやつ, 心児童の眼, 心入れかえた気イに, 心入れぬを咎め, 心全体身体全体でぶつ, 心全面で眺め, 心公平無私の志, 心公明なる社会, 心公正な魂, 心兵士達の向う見ず, 心を更に, 心其もので現代, 心其中にあり, 心其形盤ノ如シ, 心其物の強き證左, 心其真率にし, 心具足の名号, 心兼ねてむ人, 心兼広告欲も手伝っ, 心内平穏ならざるもの, 心内思考一番すれば, 心内整理が第, 心内的なるもの, 心内的実験が確立, 心内部の赤裸々, 心円道為右衛門二人が計, 心再び覺めし時, 心冴えぬは紋, 心冷えてしまう, 心冷たい気持で, 心凍えてついに, 心之亦, 心で来, 心を構え, 心分裂の思い, 心分量で十匹以上鮭, 心切ぶりだ, 心刑事のよう, 心初めて落ち着いた, 心もなし, 心利いたる見所が, 心利己心傲慢心の三者, 心刻骨其術を事実ニ試, 心前どのにお, 心なる女, 心剣一如の真理, 心剣夕雲流といっ, 心つて語及ばず, 心剰りて詞足らず, 心努力せよ, 心励まし歯が, 心勇壮な理想主義, 心勇気のあふれた, 心動いたらしい母が, 心動かさずおなじ気分, 心動かさないで大事, 心動かさるる諸賢に, 心動かされたとみえ, 心動かすに違い, 心動かんばかりなる, 心動き何か一つ自分, 心動き初めたるの状, 心動き拾ひあげて, 心動ける彼は, 心動ぜず面変りも, 心動亢盛の発作, 心動顛し膝頭, 心勝負にこもる, 心勞一家の活計等, 心化粧はいはずあれ, 心に成りし, 心匠巧みにし, 心となる, 心十七歳の明, 心閉ぢたる, 心卑しい愚者だけの, 心う同志安らか, 心危ぶみて自身, 心即物物即心只一個の現実, 心却って迷惑どうして, 心厚き中田光子は, 心厭アなもの, 心及営利心を利用, 心の為, 心友だちの恥ずかし, 心友情おもな, 心反射して, 心反抗をムダ, 心反抗心のごとき, 心に因り, 心取らるれば山, 心取られてわが, 心受け身に政治, 心受楽無窮極, 心専に, 心只一個の現実, 心加減な, 心台炭坑がある, 心合いの友, 心じきゆえに, 心同未別時, 心同類感を絶, 心名誉心自信自己貫徹優越心などがいわれる, 心へる靈, 心れ, 心周章つる佐保姫が, 心のまま, 心かな微笑, 心和いだ様を, 心和かな時の所産, 心和ぎたる時又諫べし, 心和げよ又, 心和まぬ空気にもか, 心和み神休む, 心和やかにし, 心和らぎ寄らば兩家, 心和順にて義理明らか, 心がし, 心の心, 心品紅紫八重咲品白八重咲品等種々な変わり品, 心唯ひとたびなりきと, 心ひたげなり, 心善い飽食の, 心善く修養すれ, 心喜ばむ, 心喜び口開き, 心喜び樂めり, 心喜び顫える懐しき, 心喜んで附近, 心が經つて, 心喪三年と云つて外, 心嘆かむにもよしなし, 心噪げば手元, 心嚢炎か肺炎, 心四修など申す, 心国事に忙しく, 心圓道爲右衞門二人が計ら, 心於天, 心地元に復し, 心坊や猫間犬丸というの, 心坦懷己れを, 心に律し, 心域的にも日の丸, 心一する, 心堅い和尚様だ, 心堅く膽大けれ, 心堅固に非, 心堪へず念ほ, 心のきた, 心塞がれ迷想頻, 心塵身劬ひとしくともに, 心壮心二つながら燃え, 心変ずるも道, 心変つたからは生存ら, 心変はりを, 心変りいたし候, 心変わればいまさら, 心変化好き意外好み新しい, 心大いなる者顏をも, 心大きく治世済民を, 心大人になりぬ, 心天下と異なる, 心天然の素材, 心天皇の心, 心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 心失せし人の, 心契一つにすべて, 心に感慨自ら, 心奪われたと申しまする, 心奪われてる者や, 心奮戰苦鬪果すべく, 心の心, 心女らしさ母らし, 心女娘語曰賤妾之意, 心女学校の校長先生以下たくさん, 心がいう, 心奸敷物言こと祥なし, 心好い嬉しいもので, 心好き住家と見え候, 心好くないもの, 心好げに緑, 心好意を以て寄っ, 心如水は悪鬼, 心妄想あるきながら, 心のこと, 心姦佞し悪, 心娑婆帰来の談, 心娘さんの心もち, 心媚びるまなこで, 心嫉妬心の多い, 心く, 心する以上, 心存在と意識, 心の講釋, 心學講話藤澤老先生經書, 心安めを云い聴かせ, 心安んぜば便, 心安住せず正法, 心安立馴染振余り, 心定まった上自分自身方向を, 心定まらない子供の, 心定らず姑, 心が出来た, 心宜しとし, 心の確か, 心実に日月より, 心実現の方法, 心実証精神は話, 心宮中に横威, 心害理の言, 心容れる能き, 心容易く服すべく, 心寂しく恋しく暮して, 心寂しゅうござってな, 心寂心の間, 心寂静を感じる, 心寂靜なる比丘, 心する日, 心寄りにし, 心寒い淋しさばかり, 心寛ぎて何事, 心寛くも手段の上手, 心寺男の源右衛門, 心対立の浮説, 心の立居, 心小學校通ひに, 心少年を愛する, 心未だ足らず, 心めされぬ者, 心尼たちの影, 心尼正成の妻, 心尼院の中, 心も水の泡, 心居士小太郎山の龍太郎, 心居士父とうやまう, 心居士相伝の浮体, 心居士竹童をひっかかえ, 心屈し体倦むの, 心にすみ居, 心山峽たどる, 心山腹の, 心左夫之苦, 心巧みをし, 心差して逃げ道, 心差一つで益々, 心已む間なく, 心帖大正十年秋湯河原ニテに連絡, 心帖時代を思はせる, 心常にかく燥る, 心平さん自身も言う, 心平さん自身特異な詩人, 心平君の第, 心のわり, 心幻想涌きて限り, 心幼いそして素直, 心幼きイエズスを, 心幼兒の腦, 心広い賢い敏感な, 心床しに市郎, 心の流れ, 心座前衛座等の手, 心し去んぬる, 心引かるる風情にて, 心引かれぬ女は, 心引かれる思ひで朝, 心引きいかなる兄, 心引立ず浮藻足, 心に, 心弱きを今さら, 心張棒へそッと手, 心張棒天秤棒から長押, 心にし, 心強い心臟, 心強がらせたりしよう, 心強行の結果, 心を散漫, 心形一刀流甲源一刀流柳剛流東軍流卜伝の遺風, 心を妾, 心を奪, 心往いて鬼神, 心往かず田舍より, 心往かぬ感じが, 心待たれる和歌子の, 心待って居る, 心待てゐるのだ, 心後世の道徳家, 心後図を抱い, 心も想, 心従ってそれら, 心従って神を, 心も言われず, 心得意の心境, 心得難きことなり, 心御存じと思ふた, 心微かなる結果, 心微塵もなけれ, 心心外無別法, 心心頭を滅却, 心必ずしも平か, 心ましい夜, 心忍耐心は善悪邪正, 心志怯弱にし, 心る, 心忙しかったが, 心忙しきものは, 心忙しないでしょうと, 心忙わしくくらして, 心忙わしそうに帰っ, 心快いぞ快い, 心快く僕の, 心快活恬淡にし, 心念々にうごき, 心念念に滅すれ, 心忽ちにして, 心怒りて目閃, 心怒れどもヘーレー, 心怖じけて差, 心思いが犇, 心思い知れや大野惣兵衞, 心思うこと深し, 心思兼でなければ, 心思出に近づけ, 心思案にくれぬ, 心急いて納戸, 心急いだ人が, 心急かれて世, 心急き給ふ, 心急きたる手元狂い, 心急きます故, 心急き急きなおよく, 心急き立ちて端艇, 心急ぎましたのでツイうっかり, 心急ぎ帰宅いたしま, 心急ぐばかりである, 心怪しき十蔵なり, 心怪しゅう躍りぬ, 心恃みなのは能登守, 心は虚, 心といふ言葉, 心恐怖に碎かれぬ, 心なくかつ, 心恥しと思おし, 心恥ずかしゅうござりまするが子の, 心恥ずかしいことに, 心恥ずかしく大臣には, 心恩愛につかはる, 心まったく一つ, 心恵心の間, 心悉くこの大, 心悦楽し信心踊, 心悩まされた悲心の, 心悩ましくおぼえて, 心悩ませしに, 心悪からず, 心悪き子, 心悲しきに追, 心悲しみによりていたく, 心悲哀欠乏薄命汚れたるただ, 心情なくして, 心情景ともにかのう, 心惑う折から, 心惑える折居, 心惑った揚句白紙に, 心惜しと思ひし, 心惜しき思せら, 心惜しく思います, 心惡鬼のやう, 心惱むも休らひそ, 心しさ, 心れて, 心惹かされていた, 心惹かされてるのは, 心惹かれた見てはならない, 心惹かれてるさまが, 心惹かれないという自由, 心惹かれぬものは, 心惹かれ惹かれた迄はつつまし, 心を蔵, 心愉しかったが, 心愉快になる, 心意識の異, 心き, 心にし, 心愚痴にし, 心なきを, 心愛しいで吾, 心愛らしい悲しみは, 心愛村心ともいふべき, 心感情と自分, 心慈悲心そして伸びる, 心慈母の情, 心慊焉たらざりしもの, 心態度の快, 心るなり, 心慌てつつ夫, 心慕う心は, 心慣らいから秘密, 心である, 心慰まばや, 心慰まったがそれにしても, 心慰まつてゐた, 心慰まぬ晩年に, 心慰みの一つ, 心慰む方も, 心慰むよすがになる, 心慰むるの趣, 心慰めかねつ更科や, 心慰めん為にて, 心慶むのは乞食, 心憂ひにえ, 心憤怒と化し, 心らず, 心であつ, 心懷語の著者, 心懸くべし人を, 心懸くるも狭い, 心懸けある士は, 心懸けだが全的, 心懸けであるから音楽, 心懸けなきゃ滅多に, 心懸けましたがメス, 心懸けらしくかつ上, 心懸け候わでは相, 心懸け居りしぞ, 心懸じゃよ, 心懸なんだ, 心懸なければならない, 心懸もござりますがこれ, 心懸りだよ何だ, 心懸りで様子を, 心懸りであったがこれ, 心懸りなり一度家に, 心懸るは最要, 心戀しき加古の島見ゆ, 心成らずも日, 心成功主義的または英雄主義的, 心我と咎むれ, 心我執にほかならない, 心時軽し, 心戦力もつて, 心戮力するに, 心戮力国民道徳の為め, 心に剛健, 心といっ, 心所等は身肉五根, 心に去る, 心手期せずして, 心打たるる光景だった, 心扱いをする, 心折るよしも, 心抜かりであったように, 心抱いてました, 心抱きて冬, 心抱蔵と出かけ, 心拍子に五七町, 心拠るところなき, 心括っとくこと出来る, 心ひあへ, 心持ち前へ首, 心持つねんな, 心持番の小さい, 心けるので, 心挫けざりしや否や, 心振起の策, 心掏摸のよう, 心掛かりであるコゼットの, 心掛くればでき, 心掛たくと存候, 心掛ぢや道, 心掛てえものは, 心掛てんでがす, 心掛なければならん, 心掛ひとつだが, 心掛候人ハ銃を捨, 心掛專ら槍劍術の世話, 心掛感心なこと, 心掛手柄者の若者, 心掛殊勝に見えし, 心掛申候えども, 心掛立派な心掛, 心秘心それは, 心探究心を誘い出し, 心描きたい情景だけは, 心揺り遊び常, 心放ちて遊び, 心放蕩に流れ, 心政治問題に投ぜられた, 心形が, 心故郷にのみ引かれぬ, 心敏き母であるなら, 心敏く世を, 心敏しと譽め, 心意散, 心散じてその, 心散るものを, 心敬愛の情, 心敵対心の火炎, 心れたる同族, 心より先, 心文牌に目, 心斉ブラから又, 心斉橋通りをブラ, 心斎その他があわてふためい, 心斎その他四五の面々, 心斎どのイヤ皆, 心斎はじめ供の者一同, 心斎めの白髪首, 心斎今日にも明日, 心斎先生高大之進, 心斎四に高大之進, 心斎柿いろ羽織, 心斎殿大八殿もご, 心斎老人谷大八とともに源三郎側近, 心斎胆をつぶし, 心斎脇本門之丞, 心斎谷大八等伊賀から婿入り道中, 心斎谷大八門之丞, 心斎障子を背, 心斎雪のよう, 心りの, 心斗満の水, 心断崖の上, 心らしい生活, 心新聞一枚に堅き, 心方三十巻を撰び, 心方校刊の事, 心方等に就い, 心日光廟も弓矢八幡, 心日本服など頗る, 心早き大将軍にて, 心早く無我の, 心旺盛なるツル子, 心昂り思樂し, 心明るきごとし, 心明るく次の, 心明るく楽しい時は, 心明るみ恋しさ慕, 心明智が増せ, 心易からず渡りわずらうばかり, 心易かれ今より, 心易しと念じたる, 心易だてを彼, 心易イカラ通リガカリニ寄ッタラアナタハ大変ダ上レトイウ故上, 心易イニ出シテ取出立テ秀世又ハ細川主税正義, 心易イ者ヘ高利ヲカシタガヨカッタ, 心易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, 心の人, 心映えではお, 心春潮にあり, 心春陽の青草, 心昧劣にし, 心是仏しきたり究尽しきたった, 心是認思想の権輿, 心に滅しおわら, 心時には自分の, 心時めきこの世の, 心時代の弱所, 心みて, 心晴らしに何気なく, 心晴れるすべてが, 心晴間なければ, 心暑いといふ心, 心さに, 心暗きを覚える, 心暗くなり柿沼, 心暗みて驚き, 心曇り小児めき, 心曲らぬ心何故, 心曲りて郷里, 心曲り端大ならずして, 心曲等描寫ニシテ其顛末を具備セリタヾ頼家變死, 心書きで書い, 心ち信, 心最後意識滅下人天不生, 心會體得のなんの, 心有気に母親, 心服せばか, 心服せしめずには置かなかった, 心服裝實用的工藝品にけばけばしい, 心朗らかな様子, 心望みしは, 心の小, 心朝焼昇る日, 心聾, 心未だ聾せず, 心本尊鈔に, 心本望遂げた上, 心を狙っ, 心果して奈何, 心染まぬながらとうとう, 心染みつつ, 心染めてき, 心しく麝香, 心柔和にし, 心柱礎内の秘密, 心にまかすべし, 心の葉, 心の美しい, 心根っこわるくかかった, 心格式自ら卑しゅうすべからず, 心極刀の秘密, 心の大, 心楽しませて欲しい, 心楽しみに日雇, 心構えによって奴ら, 心樂しきうまし世に, 心樂しき半日かな, 心樂む姿見る, 心樂めばそれで, 心した不安, 心欝勃として直ちに, 心次第お前の親切, 心次第恥を知る, 心欲想を発し, 心欺いてました, 心欺く道究め, 心に裏, 心止み難し, 心正大忠烈武勇風雅廉潔の諸, 心此人の心, 心此処に在らず, 心此處に堪, 心此要而爲功不並就, 心の記録, 心歴史の時期, 心せる者, 心死せば生, 心残しがございます, 心残れる我家の, 心殘忍なれば, 心殺生を好む, 心殿にはいっ, 心母愛に根拠, 心民族を向上, 心気持が分らなかった, 心気病みですから, 心氣散亂の惡癖, 心氣朦朧鈍頭痛耳鳴りそして後頭部半面, 心汲んでをりますれ, 心決めて見上, 心沈むという風, 心沈める老人から, 心沙汰が情, 心は殆名状, 心法兵法武術の錬磨, 心法寺という寺, 心波情海を渡らん, 心泣きつつも笑み, 心泥土に蹂躙, 心洞察すべし, 心活溌始て日本人, 心流二代目近藤三助は武州多摩郡加住村, 心流奥義の生んだ, 心流小出しにせい, 心流息の根止めの拳当て, 心流水月当身の構え, 心流道場試衛館の若, 心浄うして体閑かなり, 心浅からぬ花, 心浮き立ちながらこの, 心浮き立つやうに, 心浮気な男, 心浮気筆をも択, 心涙する愛情愛らしい, 心涸れしなびたれど之, 心淋しく悲しくなって, 心時随茶讌後, 心深く清き若き人々の, 心深ければ, 心きにて, 心添いはうれしい, 心添えてもくれましたれ, 心しく, 心清くも頼もしく, 心清げに笑いかける, 心清妙香を聞く, 心清淨し, 心済まねば謂ひも, 心のした者, 心も亦, 心温いものである, 心測して愕, 心湧くといへ, 心満たさるる事なき一つの, 心満ちてわれら, 心満ちたらひて一向に, 心満ち足っていた, 心満足の対象物, 心満足主義に帰った, 心源信の間, 心溶け思うことも, 心滅するを死, 心滅すれば性, 心滅智の羅漢, 心滑稽などを教育的, 心として捕捉, 心潰滅の害, 心澄ませたが人, 心まず無, 心濡れるものを, 心の如くなり, 心為めに動き, 心が体じゅう, 心無き証拠の, 心無縁の信女達, 心焦せるも双, 心焦慮すと, 心焦立つ人は, 心に惹き起される, 心煩きこの日, 心熱的に働かせる, 心熾盛になつて, 心燃え上り皿を, 心くよしも, 心でか, 心に動き, 心爲形役乃獸乃禽という二本, 心爽ぎ興も亦, 心爾染而おもほ, 心よった心, 心片寄れば業, 心片雲の思, 心片面の野, 心牛鉄面の牛鉄心, 心牛馬にまで及んだ, 心物兩理に分ち, 心もよく, 心特になつて, 心牽かるる心覚な, 心牽かれている, 心牽かれたことは, 心牽さるる気色, 心犯罪性残虐性破壊性耽溺性などいう, 心状之を掌, 心状弱線上に座せる, 心狂いて一腔, 心狂うていた, 心狂ったかと見えます, 心の狡, 心走の, 心狗行の曲者め, 心き妾, 心猛くそのうえ, 心に輓近, 心そのかみの, 心猿動もすれ, 心猿跳るを, 心の如く, 心玄牝未重空門, 心王者の心, 心王蔵識なり, 心の体本明, 心現実の憂愁, 心理大通悟覚普門開放万, 心生き方の問題, 心生ずれば性滅, 心甲斐絹を着るごとし, 心を恨む, 心である, 心むべき, 心留まりてふりかえり見れ, 心留むべきぞ, 心留むべくもあらねば, 心留むるにあらでは少女の姿, 心留めざる如く手は, 心留めたまふも, 心異なればあまりに, 心當りやチョットした, 心疑わし官兵衛の, 心疑懼す, 心ましき, 心疲れた路を, 心が作つて, 心病み都の, 心病みぬるけふ, 心病むと見, 心病める醜婦の, 心痛いたし候, 心痛き事である, 心痛く悲哀に, 心痛まぬを採る, 心痛みましたし明子, 心痛めましたからでしょう, 心痛められし御身が, 心痛めるだけ余計, 心痛事があった, 心癒え易し, 心白帆の一つ二つ, 心白髪の長く, 心的野心を抱い, 心の中, 心盡くしの料理, 心なり梧桐, 心直ぐなる者, 心直しもよ五つき六, 心直接の響, 心相助心が, 心相当な罰, 心相愛樂故來相就, 心相手だと, 心相當の罰, 心相羸劣にし, 心の知識欲, 心真に見んこと, 心真実を愛する, 心真正なこと, 心に見えぬ, 心着いたら心弱い婦, 心着かしめんは, 心着かず入れて妾, 心着かないで, 心着かなかった鞠子の, 心着かぬことを, 心着きたまいけむ, 心着きまして私, 心着きましたその瞬間, 心着きませんで不調法, 心着けられてフト身, 心って苦笑, 心のごと, 心矢竹に逸る, 心知らず亂れて, 心知らぬ人は, 心知りてな, 心知りきや, 心知るものは, 心知れざりけん少さき胸, 心知れる人といへりける, 心短き春の, 心となりたれ, 心石腸のもの, 心砕かれた心という, 心砕く人ありや, 心破れんとす, 心硬くして, 心碎かれた心といふ, 心磐石心ではない, 心の同人, 心社会的動物に固有, 心祈らうとする, 心禁めがたく, 心禅童女の法諡, 心秀吉の大きな, 心の透徹, 心秋月種道は味方, 心に老, 心秘密な匂い, 心にか, 心や皆大河, 心程度の冒険, 心稍落ゐぬ, 心種道はこの, 心積もりに相当しんにゅう, 心積もりせしかくれ, 心積ニ候所此頃御国より相, 心は滅盡, 心穢増長す心穢盡, 心穢盡を去る, 心空腹じ, 心空身虚刹那に足, 心空飽新得, 心窩部より胸骨背面, 心笑ひものにされな, 心笹原をはしり, 心等々が, 心篤いものを, 心籠むることを得つ, 心籠め中の四頭, 心精神のこの, 心系急に肺, 心は誰, 心納戸で爪, 心純良にし, 心索かるると見えました, 心細かりけ, 心終に決する能わねば, 心絃挽歌寥々として起る, 心組む心を, 心組んでいた, 心組んだる其の処, 心経一巻諷誦する, 心経術と称, 心経読誦そのま, 心経講話をパパ, 心統一に由り, 心総て不忍, 心締りで実は, 心緩やかにまことに, 心の相, 心縷骨の一篇, 心繊細な絹糸, 心置かず隔ての, 心置かぬ状に, 心置かるる風情で, 心置くらんほどぞ, 心置ける人の, 心の燦, 心美くしい心, 心美しさの, 心美しい姉達や, 心羞ずる事甚だしく新婦, 心老いせぬものにぞ, 心者也とは先生方, 心へがてなく, 心耻かしく其道に志す, 心を吐い, 心胸もとより清から, 心胸中に, 心胸裏に喜べり, 心胸豁如洞朗昨日の我, 心く承知, 心能げに喜色眉宇, 心が動い, 心に沁む, 心脾肺腎の五臓, 心腎科で鑑定, 心腎肺の五臓, 心に収め, 心腸為に寸断, 心腸胃等の作用これ, 心を見, 心を穿ち, 心膽悸怪影走石, 心臓嚢を切り開く, 心臟内に得たる, 心臟型の孔, 心臟異常を來, 心臟病がある, 心臟症状の昂進, 心臟肺肝ノ重, 心臟部のあたり, 心臟鼓動中樞があり, 心自らジッとしておられず, 心自ら地獄をつくり, 心自ら寒からざる, 心自ら悸きしが熊笹, 心自ら浮き浮きして, 心自ら記憶せず, 心自信力を高める, 心自信自己貫徹優越心などがいわれる, 心自分自身をも否定, 心自分達の誠心, 心自利の心, 心自制というよう, 心自性をつかひ, 心自慢怨恨食欲こうしたもの, 心自由の獲得, 心自省人間の生き, 心至らねば人, 心至り難し但, 心致さねばなるまい, 心の客, 心興味心から同じ, 心を越え, 心に安んぜざる, 心舞蝶にあり, 心良からん奴, 心良く寛大に, 心芦原録水島南平岡部天籟かういふ人々, 心を闢, 心苦う思ひつつも, 心苦き御目, 心苦く遅ひゐたり, 心苦しいことどもが, 心苦しくお思われ, 心苦しめたも虫, 心英雄崇拝心なぞいずれ, 心茫々回顧すれば, 心にあらざれ, 心荒々しく武器を, 心荒だちながらこの, 心荒びて荒れたる, 心荒ぶことあら, 心荒らされて, 心に泣ける, 心萌し天晴れの知識, 心萎びてしまう, 心落すな人々, 心落ちいつつはじめて, 心落ちついて読書, 心落ちつき食慾が進む, 心落ち居むは何時の日, 心落ち居候ひぬ, 心落つくと共に, 心落付き候これらも樂, 心落着きて素直, 心落葉の頃, 心落附かすに若く, 心をまねた, 心葉がらみに, 心蓋し持つべし, 心蓮殿地蔵堂の地, 心蔑しいものの言い, 心といったよう, 心蔭流だの, 心蕩かす失神で, 心と成し, 心だの金稜辺, 心虚しうして書く, 心虚しく幹の, 心蝕めて, 心衆生の人間界, 心表出のため, 心へた, 心見よと云う, 心規律と正義, 心覗けば, 心覚き程は, 心覚して何, 心覚めて寝返り, 心覺束なきを, 心吹けば, 心くるにつれて, 心解けたる助三, 心解けたる睡だに寝られずなん, 心解しかねたれど問わるる, 心換えれば, 心計一日肩を凝らし, 心記憶愛と云う, 心許さずやっと吉次山中, 心許さぬ隠士は, 心許したること, 心許すな蜑小舟, 心た, 心誇らず苛酷なる, 心誉興福寺の扶公等, 心認識をなおざり, 心語りつたへんと, 心なるもの, 心誠意孔子のいわゆる, 心読むに耐えない, 心読書其についで, 心調和謙虚創造に対する限り, 心欲に, 心謀叛疑無し, 心識的のみで, 心譽一鐵信士である, 心の方, 心谷前は音羽山, 心憤を, 心貝忠篤氏の硬骨振り, 心貧しくしてかの, 心貫流の丸目文之進, 心貴殿に分, 心賢き上に, 心の先, 心走らすことなし, 心走りに走り出した, 心起させず強ひ, 心越杉浦琴川幸田親益宿谷空々新楽閑叟, 心足っていた, 心足らいに暫時, 心足らざるがゆえに, 心足らなくなるものか, 心足らひに, 心足る者等を, 心なき金, 心跡何所似, 心跳つて喜びに震撼, 心跳らずに, 心跼りつつ物言, 心踊らずに居られよう, 心踊りを感じ, 心躁ぐ様にてゆうべ, 心躍って官兵衛どの, 心躍らざらん, 心躍らざるを得ん, 心躍らせてゐたおき, 心躍りけるがこの, 心躍りであつた, 心身器分非器分, 心身忠孝信などいふ, 心にかへり, 心転々し没索, 心軽いからだ, 心軽げで自然, 心軽しや更衣, 心輕げなる少女子さ, 心た爽快, 心辛いものが, 心辛う我に, 心辛き思千万無量の, 心に漂っ, 心き返す言葉, 心迫來將攻之時出鹽盈珠而令溺, 心迷い壺皇子を犠牲, 心迷い顔見合せて, 心迷ってよろめき初めた, 心退けて安から, 心退屈対象を見る, 心通うらん文見ぬ, 心通ぜず孝子は, 心通薈諸哲心肝于一堂鎔大地精英于一籠藐茲丈室与天穹窿羹牆如, 心逝くばかり泣いた, 心造化の極致, 心連戒居士と法諡, 心まざらんやう, 心進まづして留り居りし, 心進まねどさて, 心進むによりて, 心進めど身, 心進歩を求める, 心遂にまこと, 心遊びと浮気, 心遊ぶはいづこ, 心道徳心宗教心英雄崇拝心なぞいずれ, 心道徳心芸術心野心権勢欲成功欲等のあこがれ, 心はもはや, 心ひであると, 心遠く漕ぎ行く跡, 心遣ありげの, 心遣なせそ, 心遣ひあるがゆ, 心遣ひいたさせたり休息, 心遣ひかけまつら, 心遣ひから伊曾の, 心遣ひからだつたか只一寸口元, 心遣ひからではなかつたであらう, 心遣ひから出たのです, 心遣ひがみせてほしい, 心遣ひして其身, 心遣ひなくお求めなされ, 心遣ひ下さいました事につきましては, 心ひといふもの, 心遺さず勇ましく出立, 心遺ひを無, 心遺産問題その他多くの項目, 心なる者, 心邪悪人を燃尽, 心酔いながら初めて, 心酔っていた, 心酔ひつつ読みし, 心酷きかな, 心醉ざまに, 心醜悪な皮膚病, 心釈けてははや, 心重きはわれ, 心野心権勢欲成功欲等のあこがれ, 心鈍く氣長き, 心を紙, 心鋭い神経に, 心の中, 心をこころざし, 心まるべ, 心鎮まりたるやうなり, 心鏡明らかなれば, 心さ種播く, 心長き事かなと, 心長けては濁り江, 心開けず手頭滅離たとえば, 心開知の道, 心を筆, 心阿弥陀仏調声を行い, 心陀羅尼を五万遍, 心陀羅尼經や曼珠室利菩薩呪藏一字呪王經, 心附いたらば助け, 心附いたらしく其の手紙, 心附いた事もこれ, 心附かざりけむ世に, 心附かずして他日みずからこれ, 心附かず迂濶り, 心附かなかったお前の, 心附かぬでは無い, 心附かねばこそ身, 心附かんでも無い, 心附きぬれど奈何, 心附きませんでした大きに左様, 心附き周章て口を, 心附き坐り直して叮寧, 心附き驚きながら半さん, 心附けくれられて誠に, 心附けなければいけない, 心附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ着, 心附候趣虚実ニ不拘, 心附至極の儀, 心限りの歓待, 心院伊東が牛耳, 心院内門番の娘, 心院妙月大姉としてある, 心陶然として麗姫, 心を踏み経た, 心雄々しきは夫, 心雅びかなる古巣にのがれ, 心するが, 心雕龍二書を愛好, 心雖懶逢春興自繁, 心離叛仕他, 心悠々たる, 心電計デ心電図, 心震ふばかりなり, 心霊魂の生地, 心なす寶石, 心して, 心靈たちへの世話, 心靈又は靈媒, 心靈現象の所作, 心靈研究會側の主, 心靈研究者たちはその, 心青柳町の, 心静城居即, 心静居の界, 心靜かにと誡め, 心靜かに時を送る, 心靜かに書を讀まし, 心靜めて, 心を覚え, 心なる少女, 心に焦立つ, 心で御座いましたもの, 心頼もしくさまでに, 心には現われね, 心顕れがたき事, 心願いにし, 心願書を幕府, 心顛動して, 心ひそめし日, 心風雅な淑, 心るべくも, 心食み啖ふ, 心食物のため, 心飽き足れり, 心とし, 心に打, 心馬悪道に馳せ, 心駭目すべき天変地妖, 心駭魄の事実, 心しく眼, 心騒いでそのまま, 心騒がしき人も, 心騒がしく山の, 心騒がすひぐらしの, 心騒ぐな, 心騒げる大和の, 心騒敷眼恐敷, 心がしく, 心騷ぎて隊亂れ, 心騷ぐまゝ祈祷せず十字, 心驍勇で衆人, 心驕って恐らくは, 心驕ってたに違い, 心驚きながら父, 心に騎, 心高い良心香りゆかしき, 心高原にあり, 心高尚ならん, 心高慢わがまま邪推というよう, 心鬱した不安の, 心に怯さる, 心かれる作品, 心鮮やかに読まれぬ, 心としては最も, 心鹿に似, 心黄河の水, 心の先, 心默想により, 心休み肺鞴, 心鼓響を絶つ, 心齋橋南本町の東北, 心齋橋松屋という旅籠, 心齋橋筋堺筋道頓堀千日前各種のデパート