青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「建物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

庸三~ 廃~ 廉~ ~廊下 廊下~ 廣~ 延~ 建~ 建て~ ~建物
建物~
~建築 建築~ 建設~ 廻~ ~廻し 廻し~ ~廻っ 廻っ~ ~廻った ~廻り

「建物~」 4264, 44ppm, 2626位

▼ 建物~ (1489, 34.9%)

77 中に 31 中で 27 前に 26 中へ 20 中の 17 中には, 方へ 12 なかで, 間を 11 なかに, 上に, 中から, 中を 10 前へ, 屋根の 8 壁に, 蔭から 7 中は, 内庭に, 蔭に 6 ほうへ, 二階の, 入口の, 内部へ, 前で, 間に

5 [14件] うちに, なかへ, 三階に, 下の, 中では, 内へ, 内部に, 内部を, 外へ, 屋根を, 正面の, 窓, 窓から, 間から

4 [13件] なかには, 一部が, 三階の, 上を, 内に, 前を, 周囲を, 方を, 横を, 窓の, 裏に, 裏を, 角へ

3 [37件] かげに, ために, なかを, ほうは, まわりを, ような, ように, 一つの, 一つを, 一部を, 上から, 下で, 下に, 下を, 中でも, 中央に, 二階に, 入口が, 入口を, 前まで, 壁の, 壁を, 外に, 外側に, 外壁に, 屋根に, 影が, 影に, 影を, 横の, 正面に, 窓に, 蔭で, 袖の, 角から, 角を, 頂に

2 [92件] あらゆる隅々, うしろに, うしろの, うちで, かげから, すくない町, すぐ前, そとで, そとへ, そばを, つき当り, てっぺんに, どこかに, なかの, はずれの, ほかに, ほとりにも, まわりには, まん中の, 一つで, 一室に, 一廓に, 一方の, 一番東の, 一番端の, 一部分を, 一隅に, 上へ, 上層に, 下には, 中だ, 中にも, 中央部に, 二階から, 他の, 何處にも, 全体が, 全體, 六階に, 内は, 内廊下, 内部の, 内部は, 内部も, 冠, 別の, 前には, 前の, 右の, 向うに, 周囲に, 周囲は, 地下室に, 外から, 外を, 大きさ, 大部分, 奥を, 屋上から, 屋根が, 庇合わい, 廊下に, 形が, 扉を, 方に, 方へと, 最上階に, 構造が, 横手に, 減失, 玄関の, 窓は, 素人下宿を, 翼の, 脇で, 蔭などから, 袖とか, 袖を, 裏へ, 裏側の, 裏側へ, 裏手の, 要所要所, 軒や, 輪廓が, 近くには, 遺物が, 間の, 陰に, 頂上に, 頭を, 骨を

1 [696件 抜粋] あいだに, あいだへ, あちらの, あったあたり, あっち側へ, あと, あのお, あらゆるところ, あらゆる部分, ありとあらゆる隙間, あるところ, あるの, あるよう, あるマーラヤ・ニキーツカヤ, ある地域, ある小山, ある本丸, ある物淋しい, ある街角, いくつかが, うしろには, うしろへ, うちかと, うちその, うちへ, おでこの, かがりが, かげが, かげでは, かどをまがっ, がらんとして, が動かなくなった, ぐるりを, ことから, ことだ, ことである, こととて, ことも, この大, こまごました, したには, すき間という, すたれるの, すみに, せいかも, せま苦しい食堂, そっち側の, その中, その門口, そばで, そばへ, そびえて, それぞれの, たかい雨樋, ついたまま, つづいただだッ, つまった出鼻, ところに, どこにも, どす黒い輪郭, どん底に, ない空地, なかから, なかは, なかへは, ならんだにぎやか, はずれに, はづれ, ひさしの, ひっそりし, ひとつで, ぷらんに違ひ, ほとりに, ほとんど全部, ほとんど凡て, ほんとうの, まえへ, まつたく反, まわりにも, まわりの, まんなかな, やうで, やうな, わきに, カジノ・ド・フォリーが, ガラス窓が, ゴシック風の, スープを, バルコンから, ホテルの, 一つから, 一つである, 一室, 一室である, 一室を, 一方に, 一番上が, 一番奧西向きの, 一番端れ, 一番高い, 一角が, 一角にも, 一軒も, 一部な, 一部は, 一部をば, 一隅から, 一隅監督者の, 一階きれいな, 一階は, 一面に, 三階へ, 上には, 上にも, 上層が, 上層ほのかに, 上方を, 下から, 下では, 下手に, 下敷に, 両側の, 並ぶ真夜中, 並んだところ, 並んだ丸之内, 並列を, 並立とで, 中じゃ, 中へは, 中よ, 中らしい, 中二階に, 中庭へ, 中庭らしい, 中社殿の, 主な, 主屋は, 予審廷へ, 二三に, 二階が, 二階と, 二階という, 二階八畳には, 五階に, 仕切りには, 会館へ, 位置からは, 低い日本, 何となく神秘的, 何処からとも, 使いみちを, 使用に対して, 価値に従って, 倒壊の, 倒影が, 側の, 側面が, 側面を, 傍で, 傍に, 入り口から, 入り口に, 入口には, 入口は, 全体の, 全貌を, 全面に, 兩翼が, 内から, 内でも, 内ばかりは, 内を, 内側の, 内外を, 内部から, 内部です, 内部では, 内部でも, 冷たさ, 出入口に, 出入口へ, 出口を, 出現する, 切れ目いっぱいに, 切阿, 別な, 別荘が, 前, 前では, 前をも, 前方に, 前面の, 前面は, 劇場の, 北側が, 半ばは, 南側に, 南向きの, 反対側つまり, 反対側へ, 取引だ, 古い割り, 古びた朱, 右に, 右半分を, 右翼に, 各方面, 同じ側, 名に, 名を, 名残あり, 向には, 向ふ, 向側には, 周囲の, 周囲をめぐって, 四ほうに, 四ほうを, 四方には, 四階に, 四階の, 土台の, 土間で, 地肌で, 埃っぽい, 基礎を, 場合と, 塀と, 塀の, 壁で, 壁には, 壁際に, 壮大さであり, 外だった, 外には, 外にも, 外へは, 外れに, 外側一面を, 外見からは, 外観に, 外部には, 多くは, 大きいせい, 大きく歴史, 大きな割合, 大きな白壁, 大さ, 大半は, 大捜索, 大部の, 天井に, 奥で, 奥に, 奥まった一室, 奥まった一隅, 奥深い一室, 姿を, 宏壮偉大なる, 室から, 家賃と, 寂しさ, 尖塔や, 屋上が, 屋上に, 屋根, 屋根から, 屋根も, 屋根屋根の, 屋根裏から, 屋棟から, 岸壁に, 巨大な, 差配人は, 差配役という, 平屋の, 平屋根, 広大な, 広間に, 床から, 床下に, 床下へ, 店で, 座敷の, 庭に, 廂まで, 廊下が, 廊下を, 廊下位の, 建造の, 形状大小なり, 彫刻の, 影から, 影は, 後に, 後ろの, 後ろは, 心臓に, 感じそのものも, 感じは, 戸は, 戸へ, 戸口から, 戸口は, 戸口へ, 所在地に, 扉に, 扉の, 打ち続いた美しい, 拱廊から, 持ち主などでは, 持主である, 持主に, 揃つた街でした, 揺ぐかと, 揺れ工合とを, 教場を, 散在です, 数でも, 数は, 数百の, 断片が, 方から, 方で, 方へでは, 方角から, 日蔭の, 明るみから, 暗やみの, 最古の, 最終の, 東南の, 板囲いから, 板壁にかけて, 柱を, 根太まで, 棟, 棟が, 棟さへ, 構造は, 構造を, 様子で, 様子であった, 様子などに, 様式は, 樋という, 模様では, 模様において, 樣式が, 横で, 横に, 横側から, 横手から, 横手を, 正面, 正面ほど, 正面二階の, 正面入り口から, 正面真白な, 死面に, 死骸である, 残骸の, 波頭を, 洋館である, 漆喰軒を, 無惨な, 煉瓦の, 片側一面が, 物干場は, 玄関, 玄関が, 玄関に, 玄関迄, 珍奇な, 由来を, 町の, 番号で, 白い壁, 白い輪廓, 目下の, 直ぐ傍, 直接的な, 真ん中に, 真下に, 真正面を, 真裏で, 石壁と, 破れ戸を, 破片の, 破風に, 礎壁の, 私の, 穴倉へ, 突き出たところ, 窓と, 窓へ, 窓も, 窓窓から, 窓窓にも, 竈へ, 立って, 立派な, 端が, 端に, 管理委員会から, 簷が, 粋を, 細い横, 続いて, 総体から, 線や, 群れが, 翼に, 翼は, 翼へ, 背中, 背後の, 背後を, 自己週期が, 舎監に, 色彩は, 英語の, 華麗が, 蔭へ, 薄くらがり, 行宮も, 表てと, 表側に, 表面を, 袂の, 袖が, 袖に, 袖の下です, 裏側に, 裏口へ, 裡は, 裾で, 裾に, 西洋料理屋だ, 見えるウェルズリー女子大学, 見える前, 角に, 角闇の, 話でもね, 請負人は, 警察署の, 谷間を, 貧民学校から, 賃料と, 赤い旗, 趣きにも, 跡か, 跡だけが, 跡多く, 躯幹を, 軒下には, 軒蛇腹の, 輪郭が, 辰三郎と, 迫りが, 迫るよう, 連った, 連続を, 遠景などは, 部分は, 酒場が, 重さ, 重なり合って, 重みを, 長い廊下, 長い行列, 門を, 門前へ, 門柱に, 間々から, 間で, 間へ, 間隔が, 附近も, 陰から, 陰で, 陰影へ, 隅まで, 階下は, 階段部や, 隙を, 雨戸が, 雨戸にあたって, 雪の, 響き, 頂上から, 頂上の, 飾りに, 高い軒, 高さ, 魅力の, 黄いろい壁, 黒い石, 黒い粗石, 黒さ

▼ 建物~ (646, 15.2%)

34 ある 24 あった 21 あって 13 立って 9 あつた 8 見える 7 建って, 聳えて 6 並んで 5 あるの, 見えて 4 四棟ばかり, 目に 3 あつて, あらわれた, ありました, 櫛比し, 残って, 火を

2 [33件] あったの, ありまして, あります, ありますが, あるが, あるので, きた, ずっと並ん, そこに, たって, なければ, はじめて街, はっきりと, ぼんやりと, ぽつ, みえる, 丘の, 半面を, 多い, 大きいの, 小高い丘, 山の, 彼の, 急に, 沼に, 焼け落ちれば, 犇い, 現れた, 甚だ古い, 立ち並んで, 見えた, 見えました, 見え始めた

1 [415件] あたかも大地, あったから, あったが, あったこと, あったころ, あったでしょう, あったろう, あった建物, あった跡, あった飯場, あつて中, あまり瀟洒, ありこれ, ありそこ, ありそれ, ありましたの, ありましょう, ありますよ, あり其處, あり厩舎, あり東方, あり森, あり母家, あり永生, あるこれ, あるし, あるじゃ, あるそう, あるだけ, あるばかり, あるよう, あるらしくきみょうなかたちのやねが, ある犯罪, ある訳, ある間, あれば, いくつある, いくつと, いくむね, いくらでもある, いくらの, いったいどこ, いまは, いやだ, いろいろ遺っ, うつって, うつりはじめた, お互いに, かね, がらんと, がらんどうである, きつしり並ん, ぎっしり建て込ん, この目的, これまた, こわれて, こんなにひどく, こんなに合理的, こんなに激しく, ごく小さな, ごちや, ごつちや, さうで, さか, しっかりし, じっと浮ん, すぐ前, すぐ眼, すさまじく見え, すっかり火, すでに狭く, すべてそうである, せり出して, そうです, そここ, そのまま使用, その先, その奥, その田圃, その竣成, その頂, そびえて, そびえ水面, それである, それに, たくさんある, たくさん見え, ただ一つきり, たちならんで, たちました, たちまち破瓜期, たった, たっぷり一尺右, だんだん取り払われた, ちらと, ついさっき, つくれるかしらん, つッ, できたばかり, できた頃, できない昔, ところどころに, とっくの, とりかこんで, とりこわしに, とりはらわれる, とりまいて, どういふ, どんなふう, どんな具合, ないかと, ないで, ないの, ないので, なくなって, ならんで, なんだかさびし, のこって, のぞいて, のっそりと, ひっそりと, ひとつ立っ, ひどくこわれ, ぴしんと閉められ, ふいに, ふるくて, ほとんどなかっ, ほとんど四季, ほの, ぼつ, ぽつぽつ並ん, またひどい, まだできた, まだ取, まだ取払われず, まだ爺さん, まっ黒な, まるで幻, みな窓を, めちゃめちゃだ, もえ焼失地域, もたれ合って, ゆれ動き赤い, わりに広い, オモチャの, クレムリンの, コの, ヒヨイヒヨイと, ボンヤリと, メチャメチャに, ロケットだって, 一つある, 一つここの, 一つふえるであろう, 一つも, 一つ立っ, 一つ黝み, 一夜に, 一番古い, 一番難有い, 一瞬に, 三ツある, 三棟あり, 不思議な, 不思議に, 並び門, 中世紀風, 乾からびた, 二つあつ, 二つある, 二つに, 五つ六つ押しなら, 交錯した, 仄じ, 今でも, 今まで, 低くなっ, 低く見えた, 何一つない, 何処か, 使えなくなったので, 依然として残つ, 倒れたの, 倒壊し, 側面に, 先ず板張り, 全然無くなつ, 全身から, 全部抵当には, 出来たので, 出来た当座, 出来て, 出来ました, 出来むこうの, 出来ると, 出来る前, 出来上ったのに, 出来上って, 出現する, 刃物の, 切れて, 切妻を, 到る所, 劇場な, 労働者の, 動いて, 厳かに, 厳しくあるいは, 古いだけに, 古く少, 古びたの, 右に, 吹き飛ばされるかも, 周囲と, 周囲に, 四棟も, 図書館出張所に, 土壁の, 在るか, 堅牢である, 塀の, 増設せられた, 変に, 変化したであろう, 夕暮の, 多いので, 多いよう, 多かつ, 多く, 多くその, 多くなっ, 多くは, 夜の, 大きいだけに, 大きく壁, 大きな磁石, 大へん芥川さん, 大分焔に, 大変な, 存続する, 完成した, 寂寞として, 岩山の, 岬に, 市役所, 市街の, 幾つと, 幾棟も, 建ちならんで, 建ち上った時, 建つたため, 建てて, 建てられかつ, 建てられつつ, 建てられること, 建造中であった, 廻廊の, 彼を, 後ろに, 微かに, 思わぬところ, 悉く倉庫, 我国の, 戸山ヶ原の, 所々に, 排置よく, 描かれて, 改築され, 散見された, 新しいので, 明らかに, 明るい細雨, 映写される, 昭和鋼管, 晴れた星空, 最初に, 木造で, 村役場な, 東京一の, 東京駅前に, 林や, 果して建てられる, 柵を, 樹の, 樹木の間に, 橋の, 櫛の, 欲しいと, 歪んで, 殆どきい, 残されて, 残つてゐる, 母屋であるらしく思われた, 比較的落着き, 気に, 水辺に, 沢山ある, 浮き出して, 浮び上って, 浮んで, 海の, 海峡の, 海老茶や, 消えて, 混み合って, 灰色に, 烏有に, 焼けたのに, 熔岩流に, 現われて, 目じるしであった, 目障りで, 直接区の, 直角の, 真闇, 眠つてゐ, 眠つてゐる, 眼に, 石や, 破壊された, 神戸の, 私たちの, 私の, 科学的に, 空しく成る, 空屋の, 突き立って, 突立っ, 窓の, 立ちました, 立つて, 立つの, 立並んだ, 竣工した, 竣成し, 紗布に, 素晴らしい勢い, 紫外光線ガラスで, 紫色に, 終るまで, 続いて, 続けられた風流, 緑の, 美しい朱, 聳え立って, 聳え鯱, 芝生の, 芝生を, 落成した, 行く手に, 行幸道路を, 街路を, 裏山の, 見えそして, 見えその, 見えたの, 見えたり, 見えだすと, 見えます, 見えますね, 見えまっしゃろ, 見えるところ, 見えるどころか, 見えるよう, 見え其の, 見え墓地, 見え樹, 見られた, 見られます, 見られるの, 覺えず, 解らないもの, 警察だった, 豆粒の, 赤い煉瓦, 起工された, 軍事用に, 軒から, 軒を, 輪廓だけの, 連絡され, 運命の, 遙かの, 遺って, 重々しく麦畑, 重なり合って, 野獣の, 銀幕の, 長い一夏, 隙間も, 雨に, 雪の, 雲に, 霞んで, 霧の, 青々と, 青青と, 静かに, 非人小屋じゃ, 非常に, 頭を, 類焼を, 風呂場の, 高いので, 高くて, 高くなる, 魅惑的な, 鯨の, 黄昏の, 黒い怪物, 黒い絵, 黒くうずくまっ, 黒くおごそか, 黒く空, 黙々として

▼ 建物~ (419, 9.8%)

2 [20件] あまり立派, さすがに, その上, どこから, どれも, 全体が, 十二世紀の, 古いが, 大抵むかし, 崩れ電柱, 昔の, 柱が, 瀟洒に, 片端から, 皇室の, 細長い二棟, 表を, 非常に, 高さ, 黒く空洞

1 [379件] あたりに, あったが, あとかたも, あのとおり, あのとおり文字どおり, ありません, あるいは高く, あるおごそかさ, あるささやか, あるの, いかなる建築, いずれも, いたんで, いったい何者, いつか覗い, いつでも, うすっぺらな, おおぜ, おおむね土倉, おちついて, おとなしい明治味, かつて有名, かなり大きかっ, かなり崩れ, かなり遠く, がらがらがらと, がらがらと, きわめて原始的, ぐらぐらしました, こうしてあります, ここには, ことごとく藁, ことによく作られ, この土地以外, この鉱山, これといふ, これを, ごちゃごちゃに, さんらんとして, しまり, しんとして, すこぶる宏壮, すっかり取り払われた, すっかり取毀され, すっかり警官, すっかり閉じ合わさっ, すでにその, すべてなくなっ, すべて尖り, そういう事務所街, そういう構え, そこに, そのま, その以前清風亭, その後に, その青白い, それ自身が, たしかに異彩, たちまちに, だん, ちょうど両国, ちょっと見た, ついぞ一度, つぎつぎと, どうなる, どこにも, どちらを, どの窓, ない, ないので, なかなかうまく, なかなか面白い, なにかしら, なにを, なほ厳然と, なんだ, なんだい, なんでございます, なんです, ぬっと夜空, のこって, ひつそりとして, ひどい有様, ひどく傾き, ひどく古く, ひどく古くなつた, ひろい農地, べつに脆, ほとんど全部, ほとんど大, ほとんど礎, まだなく, まだほとんど百年, まだ新しく, まるで化物屋敷, まるで城, みな五階だ, みな取り払われ, みな窓を, みんな見えません, むかし銀座の, めくらだとか, もうなくなっ, もう厭, もっと悲惨, もと先生, もと病院, もと貴族学校, やっぱりあの, よく似, よろしい, オランダ人が, オルガンの, シーンと, ニコライの, バラックでは, ホールの, ミイラ色に, モスク, ロンドンの, 一つとして, 一八一四年に, 一列に, 一年前に, 一戸ならず, 一時小, 一聯隊の, 一軒も, 丁度坂に, 三方から, 上途の, 下宿屋などには, 不安に, 不要だ, 不規則に, 両者の, 中から, 中身が, 久しい以前, 事務室陳列室応接間に, 二十年とかの, 二階だけが, 二階だてに, 二階建で, 二階造りの, 云わば, 互に並行, 互に竝行, 享保十四年の, 今から, 今でも, 今に, 今にも裂けとび, 今は, 今も, 今猛火, 今金色の, 仕切られて, 低く黒く満足, 住宅の, 何かの, 何だか淋しい, 何です, 何となし, 何よりも, 何を, 何んです, 俄作りの, 倫敦市の, 傾斜した, 元より, 充分時代, 八畳ばかりの, 共同便所でした, 冷吉の, 凹字形に, 出来たが, 出来上るし, 別棟に, 利用する, 前山家, 前面より, 化物さえ, 半ばは, 半カ月ばかりの, 原士の, 取除けられて, 古いけれども, 古くて, 古く薄暗く, 同じ赤れんが, 君の, 四五階が, 四角く街角, 四角な, 回教徒遥拝所なり, 固より, 土台が, 土臺を, 地中深い, 堂々と, 塔と, 外国の, 多くは, 大きいらしい, 大きくて, 大きさ, 大丈夫だ, 大原孫三郎翁の, 大抵焼払う, 大抵記憶, 大爆発, 大破し, 大阪の, 大革命前, 天井から, 奮闘した, 学校らしく, 宏荘です, 実に絵, 実は長い, 家と, 家根さえ, 家相には, 少女たちの, 少年の, 尽く窓, 尽く陸軍, 屋根の, 山の, 山中に, 山門を, 島が, 崖の, 崖下の, 崩壊するだろう, 工場に, 市民の, 年の暮れには, 幾棟かに, 幾棟にも, 床の間などに, 床を, 床下の, 強酸工場と, 当時ニヴェルの, 彼には, 彼女の, 往来からは, 後ろに, 思ひの, 恐怖の, 恰かも, 戦災に, 揺れても, 救う可, 数十人の, 数年前に, 數寄を, 新しく日本, 新らしくない, 新屋敷博物館と, 新築した, 日本の, 日本建築ながら, 日本銀行名古屋支店で, 日露戦争の, 旧社長矢野翁心血, 旧館で, 明治の, 明治時代の, 昔は, 昨夜来の, 昭和十一年世界を, 時計塔の, 普通の, 最初の, 最早目, 最近二十年ぐらいは, 月光の, 有備館, 本陣表門の, 杉の, 某大国関係, 校長が, 概して木造, 正しい長方形, 正面から, 武蔵野の, 殆ど完成し, 毀たれ大木, 沈黙である, 波型の, 消灯し, 淳化させ, 潰れか, 火星へ, 焼けて, 焼けないであろうという, 煤色の, 燐に, 片っ端から, 牢固な, 物凄い勢, 特に目立っ, 特に茶の湯, 狭いところ, 狭い事務室, 生きて, 異様な, 病人を, 白いペンキ, 白昼ことごとく, 百尺に, 皆提灯その他いろいろな, 皆自分の, 皮肉にも, 盛装を, 直角を, 相当古い, 相當豪勢, 真夜中に, 石の, 神殿ばかり, 禁じられて, 私とは, 窓小さく, 競技が, 築地あたりの, 米国風, 粉片微塵だ, 粗雑だ, 紙製の, 終点である, 総体が, 總體が, 老人の, 自分でも, 自爆されてる, 航空母艦の, 荒れて, 荒廃に, 表は, 表役人, 西側の, 見えなかった, 見るから, 設けられて, 設計施工によ, 豪壮だ, 跡かた無くなっ, 跡形も, 路の, 辷る戸, 追い追い満員, 道路から, 遠慮なく往来, 遠方まで, 郊外の, 重い村, 鉄道労働者組合の, 長さ四百フィート, 長方形で, 陸軍省に, 雪の, 雲に, 震えた, 震災後その, 青く塗られ, 静かに, 静まり返って, 飴チョコの, 養生所へ, 高々と, 高い石がき, 黄色い, 黄色だ, 黒けむり, 黙然と落日

▼ 建物~ (347, 8.1%)

5 中心に 4 背景に 3 出た, 建てて, 指さした, 照らして, 見た, 見ても, 見ると

2 [20件] ながめて, もって, グルッと, 出て, 出ると, 圧倒し, 売って, 少し離れる, 建てること, 持って, 指して, 次々に, 目標に, 眺めて, 眼に, 美しいと, 見て, 見ながら, 見上げながら, 造るため

1 [277件] ありがたく思っ, いくたび, おぶってる恰好, かこむ根岸, ここに, こしらえた, ごぞんじでしょう, さがし当てて, さした, さして, さしながら, しろ, じっと見つめ, すぐ眼, そのまま今, そのまま使っ, そのまま頂戴, その儘, ただ遠く, たて, たてた, つくるのに, つつみはじめるころ, つないで, とりかこむ低い, とりまいて, とりまきその, とり卷く自然, ながめた, ながめました, ながめられて, のこして, のせたまま, はなれろ, ひとなめ, ひとまわりした, ふりかえり明るい, ほのかな, またいで, またたく間に, まっ白に, まもること, みしを, もしやお前, もち土地, よこから, わたくし買った, グルリと, タンポに, チラチラと, パリーに, 一々見た, 一つつくり上げる, 一つ借り, 一目に, 一眸の, 一瞥し, 上手に, 下頭小屋, 世にも美しい, 並べて, 並べ特に, 二つに, 二階の, 人物の, 代わりに, 仰いで, 作つた時土臺に, 作られた, 作り組立て, 使って, 保護する, 信じて, 修理したら, 借り入れて, 入った, 全部自分で, 其儘に, 其儘載せるです, 具えつけたん, 再び検分, 写した写真集, 写生する, 凌いで, 出たり, 出はずれると, 出るとき, 前に, 包む丘, 包んで, 十棟ばかり, 占領し, 去るとき, 叔父に, 取りまいて, 取り毀って, 取捲いて, 周囲から, 四つの, 囲った石塀, 囲繞し, 圍む深い, 圧しつけるやう, 堅固に, 塗り立てたペンキ, 増築し, 壊しそこ, 壊滅する, 壮平, 売りたがって, 失つて庭は, 完全に, 完成する, 密閉し, 寫した鉛筆畫, 尋ねて, 對象としては, 山の上から, 巡りながら, 巡り廓, 左に, 平次は, 広小路の, 建てた場合, 建てるという, 建てる爲め, 建て始めて, 建築する, 建設し, 廻った上, 廻るよう, 引き倒しすべて, 引き倒しそれ, 引き倒すの, 後に, 心ばかりの, 忘れて, 思いうかべて, 思い起こした, 恐れるの, 惜しむこたあ, 戦病兵収容の, 手離さない, 打ち揺すった, 打ち揺すつた, 扱った時, 抜けて, 押し潰す位, 押し立て, 拵える訳, 指さして, 指した, 指しました, 指しますと, 指差した, 振りかえって, 振り仰いだ, 探して, 探索した, 接続し, 掴みあげようと, 描いたの, 揺するかと, 擁する中野, 支えて, 支へて, 改造し, 新しく建てる, 新築する, 明るく浮上ら, 最初に, 望み何心, 望み得た事, 望んで, 本当に人民, 東の, 松林の, 案内し, 横切って, 毀損した, 濡らして, 炎上させ, 焼きはらって, 焼き払ったとき, 照らした, 燒盡する, 爆破する, 物珍しそう, 狭い階段, 甃の, 用いて, 用いられ三室位, 番頭と, 発見し, 白く塗っ, 眩しそう, 眺めた, 眺めながら, 眺めましたが, 眺めやる, 破壊しない, 破壞燒, 示す, 移されたの, 穢なく, 空き家に, 空林庵と, 突き跳ねそう, 立った儘, 立派に, 築こうと, 考へて, 聳えさせた, 背に, 背負つた少し, 舐めつくした, 蒸し焙りこげつかせて, 蒼穹の, 血ばしった眼, 覆すよう, 見おろしました, 見せました, 見たこと, 見たとき, 見たり, 見つけた, 見つけて, 見ま, 見ました, 見ますと, 見まわした, 見まわして, 見る思い, 見一つ一つ, 見上ぐる勿, 見上げその, 見上げた, 見上げて, 見上げ乍ら先生, 見出す, 見据えて, 観察した, 観察する, 訪ねて, 設けて, 調べて, 譲り受けて, 譲る話, 護り巡査部長, 買い取った, 買うという, 買っても, 越えて, 足がかりとして, 軋ませて, 軍に, 迎えて, 返され修士, 通り過ぎようとして, 造って, 造つて宴歌を, 造るの, 造れば, 造営する, 遠ざかるにつれて, 遠望する, 選定した, 銀行に, 鍵の, 降りて, 除いて, 陰気に, 陽炎の, 隱見せしめ, 飛び出した, 飾ること, 黙殺し

▼ 建物~ (240, 5.6%)

5 住んで 4 なって 3 沿うて, 沿って 2 はさまれて, 反響し, 反響した, 挟まれて, 日を, 火の, 目を, 近づいて, 遮られて

1 [207件] ああいった, あったが, あって, いたわけ, いた男, いて, いる皆, かこまれた広場, かこまれて, がん張られ, きらめき忙, この頃, さえぎられて, しては, しのびこんで, すぎない, そうて, そって, そつて, その詰所, そんな生活, たった六つ, ちかづきしばらく, ちがいない, ついて, つき当った, つながって, つめこまれて, とりかこまれて, とり囲まれ水, どんなに重み, なった, なりましても, ぬけだしました, ぬられて, はいりその, ひそませ歩兵, ふさわしいその, ふさわしい人間, ふみこみそこ, ぶっつけどこ, ぶつかってから, ぶつかつ, まだ灯, まとまれば, もえうつりドラムカン, もぐりこんで, やった, よっかかって, イタチだけ, エレベーターが, カランコロンと, カンカン寅, ヤソ紀元の, ラヂーア廠舎といふ, 一瞥を, 事欠く現状, 二階は, 付属する, 付纏っ, 仮に解剖室, 似て, 似合ひな梁だ, 似寄ったもの, 住む者, 住んでるある, 住んでるすべて, 住んでるだれ, 住んでる名, 住んでる金持, 何か, 何本もの, 使われて, 倒れかかつた儘, 借家してる, 働くエレベエタア, 僕は, 光と, 入って, 入りさらに, 入りました, 入り村童等, 入ると, 入るのに, 入口だけ, 出入りする, 分れて, 切り取られた残り, 則った珍妙, 副つて右折, 千何人も, 半かくれ, 反射し, 取りかこまれた内庭, 取りまかれた中庭, 取り囲まれて, 古風な, 向かって, 向って, 吸いこまれた, 吸いこまれる, 吸いこまれると, 吸ひこまれ, 命中したらしい, 囲まれた谷底, 囲繞せられたる, 圍まれて, 塞がれて, 変って, 変つてゐる, 大きな黒い, 大胆, 太陽の, 奧深く, 密接し, 寝て, 寝起きする, 寝起きを, 就ては, 属する空気, 張りまわされたプラカート, 張りわたされて, 当たつ, 当って, 当然の, 戸惑いして, 所屬し, 投ぜられるであろう, 投下される, 挟まれた一つ, 挟まれた細い, 接し通り, 接近し, 改築した, 改造しない, 放火した, 教會風の, 斯んな, 新しく火, 旅装を, 日の, 昔を, 暮す時間, 木霊し, 来た, 案内された, 案内した, 棲んで, 沿った古びた石じき, 泣いたり, 泣たり, 浴場が, 淡い濛靄, 添ったところ, 添つて右に, 滲んで, 漂って, 照って, 爆弾を, 片ッぱし, 生命を, 目が, 相応し, 相応しい藤棚, 移された, 移って, 移りました, 立入ること, 立派な, 箒を, 落ちると, 著いた, 行って, 衝り, 見えた, 見惚れて, 試みて, 警手として, 貧富の, 貼りついた姿勢, 赤い火, 赤と, 走つた, 足を, 較べると, 輝いて, 辿りついたとき, 迎え移して, 近づいたところ, 近づいた時, 近づかうか, 近づき一つ, 近づくと, 通されその, 連なる長い, 連れて, 過ぎないといふ, 達するには, 遺贈した, 長じた, 閉じこめられねば, 閉じこもって, 限るよう, 隠して, 青天白日旗が, 面して, 驚くほど

▼ 建物~ (148, 3.5%)

5 見えた 3 あれば, 人も, 人間も 2 低く少ない田舎, 何も, 何もかもが, 勿論小さい, 庭も, 残って, 灯影も, 見えなかった, 見涯, 農家の

1 [114件] あった, あったの, あります, ある, あること, あるし, あんがいぞ, あんなに大, いつしか取り払われ, およそ赤煉瓦, この勢威, すべてが, そうして巨大, そつくり将軍の, その所有者, その正面図, たいへん美しい, だいたい整備, だんだんに, でききらびやか, どの建物, なかなか宏壮, なくて, ひどく煤け, ふだんより, また古かっ, まわりの, みな土地を, みな火や, みんなかぎが, みんな将軍の, もう焼け落ちよう, やはり厳め, やはり間に合せ, よき一人, 三階までは, 並木の, 二三軒まじり, 二階以上は, 人の, 人馬も, 今は, 今年は, 住民の, 何となく荒れ果て, 何に, 何處と, 傷病者の, 別に不思議, 古いし, 古くこっち, 古くさく雅致, 古式その, 各々の, 和泉屋などと, 土台の, 大きく延坪, 大変だ, 大方出来, 大観門から, 奇妙なお, 妙に, 始め起工した, 将軍の, 小さく低くせせこましくそれ, 小さく見え, 小体に, 嵐の, 幾度か, 建築中である, 張合いの, 彫像も, 押しつぶされたよう, 改まつたこと, 改造し, 整然として, 整然子供らも, 新たに, 昔に, 普通の, 樹木も, 橋の, 沢山の, 火の, 焼けて, 煤けて, 物置きらしい, 現在は, 生々と, 白堊や, 百坪近い, 目下中止の, 石垣を, 種々な, 立木も, 粗末だった, 聖堂も, 腐朽しきっ, 街路も, 衣服も, 要るし地所, 見え草屋根, 見つからなかった, 見られました, 見るべきもの, 設備も, 近年手入れを, 途中の, 造りを, 遠くなく, 鎧扉も, 陰欝だった, 随分古い, 隠して

▼ 建物~ (126, 3.0%)

6 あつた 2 そのうえ年代, 人目を, 今日なら, 周囲の, 広い店, 床が, 満洲普通

1 [106件] あのお, いかにも天才, いくらかそこなわれ, いわば建物, うしろには, かこまれた内庭, これは, さして大きく, さんざんに, すっかり損ん, せう, その一部, その中, その半分, その棟瓦, でも, どちらを, また尼寺, アパートの, コンミニストの, スレートぶき, レストランの, 一切の, 一年程の, 一押しで, 下の, 中の, 中中美事で, 中央に, 中央の, 中断され, 二つの, 二家族住める, 二抱えほどの, 二抱へほどの, 今の, 今は, 会席には, 何となく古代, 例の, 俳句会の, 働いて, 全体を, 其處から, 出来て, 劃られ, 取, 四方から, 土地の, 城で, 塔も, 塞がって, 外が, 外国風の, 外見は, 大きな広間, 大きな教室, 奉公人の, 室内装飾が, 家具なども, 小さっぱり, 小さな庭, 小さな箱, 屋根の, 屋根を, 左手は, 床は, 廻廊の, 役人としては, 戸締りは, 折井山城の, 拝金宗の, 日の, 旧ロシヤ時代, 明智が, 昔の, 木口から, 木口も, 木造な, 木造の, 木馬と, 柱にも, 案内を, 渓の, 点けて, 独立し, 玄關や, 町外れの, 畳等も, 立って, 竹刀を, 綺麗に, 而も, 聖十字架と, 蔦の, 薩州の, 行われ死体, 裏に, 銅の, 間に合わせて, 間取りも, 間口も, 限られて, 隣近所の, 静けさを, 順吉の

▼ 建物~ (113, 2.7%)

11 建物との 6 建物の 3 板塀の 2 いっては, それを, 同じよう, 建物とを, 建物に, 無線電信の

1 [81件] あの内, ある少数, いいあなた, いいこんな, いい対照, いい暖房, いい設備, いうよりも, いささかの, いっしょに, いふよりは, いわれたが, ごちゃごちゃ立てこんだ, して, その周囲, その地域, ちよつと, でこぼこの, なったの, なりました, なり建物, なり活動, ほとんど垂直, またそこ, エル, グレーヴの, 一つの, 一棟の, 不調和と, 並んで, 中央の, 主殿とを, 事件の, 云つては, 云ひ, 亜鉛板で, 人家の, 何の, 内容とが, 古風なあげ, 台の, 同じやう, 同様ひどく, 土耳古, 坊主とは, 壺銅罐小, 崖の, 庭園との, 廊とが, 廻廊を, 往来を, 思われて, 擦, 日本橋とだけが, 旧いロシア, 景色はい, 棺桶を, 植物さわる, 次第にはなれ, 烟突の, 煙突とを, 牧場が, 瓦礫だけの, 異った, 石垣は, 石塀の, 称すこと, 聞いて, 裏二階の, 見えて, 見做, 調和し, 賊の, 道路と, 違い船, 部屋とを, 間違えるよう, 間違へる, 雲とを, 鞦韆や, 骨の

▼ 建物~ (72, 1.7%)

4 衣服や 2 ごてごてした, その周囲一帯, 室内の

1 [62件] あらゆる地形, おおよその, さかいな, さつきの, そこに, その他の, それを, また森影, チュレリイ公園の, 交通機関の, 人家が, 人間などの, 倉庫らしい, 備付品が, 原料の, 古い船, 器物の, 土木工事を, 塔や, 墳塋や, 墳塋を, 墻壁を, 壁や, 大西洋の, 学生その他の, 寺寺も, 庭など, 庭は, 彫像の, 採鉱冶金の, 新規に, 方形の, 村落で, 森が, 機械は, 機械を, 沢山の, 物件の, 珍しい衣類, 町や, 白い赤いペンキ塗り, 石垣が, 石炭の, 空地の, 立木と, 舞台の, 街路や, 設備を, 調度は, 近所の, 近郊の, 造作及び, 部屋は, 銅像の, 防空壕や, 附近の, 陰影も, 陸軍燃料廠の, 雑然と, 電車自動車の, 食物の, 鳩

▼ 建物から~ (55, 1.3%)

3 出て, 外へ

1 [49件] いえば, かなり遠く, すくなくとも三百フィート, すべての, ずっと端近, つれだすとき, なり立って, ひときわ高く, またばらばら, もれて, 一つの, 一人の, 一夜の, 丁度三間距離を, 二メートルばかり, 二十フィート離れ, 云っては, 京橋に, 伸子たちの, 元氣, 其感銘は, 出た, 出られないよう, 別のに, 同じよう, 外へは, 夜の, 建物へと, 建物を, 成って, 扉を, 最も大きな, 杉戸口を, 流れるワルツ, 火が, 生れるの, 白の, 糧倉柵門馬小屋に, 綺麗な, 若い駅員, 草木から, 華やかな, 見える遠近, 調べよう, 追い出して, 逃れ出た, 響くと, 騎兵と, 黄色い砂ほこり

▼ 建物には~ (39, 0.9%)

2 多数の

1 [37件] あること, あるまじきひょろひょろ, いつもとくべつに, おのおのまた, ずい分金が, それぞれ歴と, たしかにヌケ穴, だれも, どうしても当然ある, どこへ, はいり口, ふしぎに, ウイン博覧会から, エレベーターが, 二層の, 似合わぬ鉄門, 単に古い, 厩も, 四階の, 広々と, 必ず悪霊, 忘れ得ぬ数々, 控室なし, 歯科医も, 殆ん, 測量用品大きな, 灯が, 珍しく窓掛, 皆冷凍機, 相違なく, 窓が, 窓という, 窓も, 窓らしい, 蔭が, 重い瓦, 陽が

▼ 建物~ (39, 0.9%)

2 つれて, 火を, 焼場です

1 [33件] こっそりと, つづく砂利道, のがれたが, はいって, やられたよう, 入った, 入った連中, 動力線が, 導かれ廊下, 帰りたまえ, 弾丸の, 忍びよって, 戻って, 来た, 案内した, 目を, 移さねば, 移つたけれども, 移りそんな, 空中に, 行くと, 行くの, 行こう, 行った, 行つた, 行つて見る, 貼りついて, 迷ひ込ん, 連れこんだ, 連れて, 連れ込んで, 飛び火した, 馳せつけた

▼ 建物~ (26, 0.6%)

2 なあ

1 [24件] かよく, からそれほど, からよもや大して, から普通, が, がしかし, がすこし, が半分, が大きな, が建っ, が階下, し広い, つたのです, つたホールも, とかその, とさ, と云, と思つて, と聞いたら, なああの, なと思った, のが, のにさえぎられ, のに今津田

▼ 建物全体~ (25, 0.6%)

2 の電燈

1 [23件] がくずれ落ち, がそのまま, がカレー, が一個, が一日じゅう, が古風, が山, が焼け, が電燈以前, が震動, が青空, と同じ, と街, にちっとも, に与え, の中, の広, の洋式, の生乾き, をゆり動かし, をイルミネーション, を一度, を一部屋ごと

▼ 建物では~ (23, 0.5%)

3 ない

1 [20件] あったが, ありません, ありませんが, あるが, あるまいか, いかめしい今後, ないかも, ないが, ないので, ない茶室, なかった, なく昼, なく範, わからぬ, 堺筋の, 夜も, 大きな汽船, 智的であり, 満艦飾の, 無かった

▼ 建物である~ (21, 0.5%)

1 [21件] か, かも知れぬ, から別に, がそれ, がつい, がつひ, がローマ, が信玄, が墓地, が大同江, が晝間, が普請, が百五十円, が鼠, こ, だけになんと, と先生, のに, やうに, 街路の, 開拓使本庁舎は

▼ 建物との~ (15, 0.4%)

4 間に 3 間を 2 間の 1 あいだに, あいだも, まわりに, 猛火に, 配置を, 隙間に

▼ 建物にも~ (14, 0.3%)

1 [14件] そのへん, やっぱり顔, ガラスが, 人が, 似合わず壁, 往来にも, 必ず存在, 必ず温泉, 損害が, 最大の, 神様が, 移ったの, 言葉にも, 長い間足踏み

▼ 建物疎開~ (14, 0.3%)

2 ですと, のこと, のため交通公社, の勤労奉仕, の話, はあれ 1 に行っ, に行つて遭難

▼ 建物です~ (10, 0.2%)

1 から, からその, からなか, から実際, から曲がり曲がった, から火勢, が一番上, が内部, が窓, ね

▼ 建物~ (10, 0.2%)

2 のです 1 ために, のか, のである, のであろう, ので他, ので壁, ので日射し, んだろう

▼ 建物という~ (9, 0.2%)

2 のは, 建物は 1 ものは, 名誉は, 建物が, 建物も, 意味を

▼ 建物について~ (9, 0.2%)

1 うねり入口, ぐるぐる廻っ, なおも廻っ, 一切の, 入口の, 左右に, 廻廊を, 曲った, 裏へ

▼ 建物~ (9, 0.2%)

1 がシーン, で新式印刷機, にひびきわたった, の三つ, の厳しい, の小店十一軒, の玻璃, の部屋, をあれ

▼ 建物でも~ (8, 0.2%)

1 ありましたもの, ありサービス, これは, なかった, またスポーツ, また特に, 三千人は, 撮って

▼ 建物会社~ (7, 0.2%)

1 というところ, と大きい, に赴き, の事務所, の若い, より通知, をやめ

▼ 建物じゅう~ (6, 0.1%)

1 にはびこる, にまだ, に満ち, の人たち, の住居, をすっかり

▼ 建物だけ~ (6, 0.1%)

1 でなく小林君たち, では, で他, で原料, なの, 出来て

▼ 建物であった~ (6, 0.1%)

1 から廊座敷, がよく, が一時牛肉屋, が当時, が死骸, が玄関

▼ 建物として~ (6, 0.1%)

2 孤立し 1 すでに相当以下, バラックが, 此塔許り, 相當新

▼ 建物とは~ (6, 0.1%)

2 違いカヤ方 1 反対の, 反対側の, 渡り廊下で, 長い地下道

▼ 建物などが~ (6, 0.1%)

1 あった, あり桜並木, 取りこわされ町全体, 見えて, 重なり合って, 黒く太く異様

▼ 建物なども~ (6, 0.1%)

1 あらはれ出した, 判別され, 古ければ, 残って, 見え人, 見たが

▼ 建物ばかり~ (6, 0.1%)

1 である, です, でなく町, で持主, 四方に, 大きく建て

▼ 建物らしい~ (6, 0.1%)

1 が古びた, のが, ものが, ものは, 停車場に, 物は

▼ 建物及び~ (6, 0.1%)

2 機械における, 機械を 1 在庫品も, 機械よりも

▼ 建物からは~ (5, 0.1%)

1 なれ, ようやく物, 人声が, 機を, 灯火一筋洩れ

▼ 建物ぜんたい~ (5, 0.1%)

2 を包ん 1 があぶなっかしく, が火, に火

▼ 建物としては~ (5, 0.1%)

1 ある程度の, どちらが, 小さいが, 洵に, 甚だ粗末

▼ 建物など~ (5, 0.1%)

1 あちこち見, これも, だった, であるもの, どう考へ

▼ 建物なり~ (5, 0.1%)

1 その周囲, または墓, 従つてその, 施設なりが, 装飾では

▼ 建物にて~ (5, 0.1%)

1 一見牛乳屋とは, 室の, 小石川臺の, 白壁いかめしき, 誠に安

▼ 建物そのもの~ (4, 0.1%)

1 がいかに, が出来た, の棟, も円形

▼ 建物だった~ (4, 0.1%)

2 のが 1 のです, 当時の

▼ 建物だの~ (4, 0.1%)

1 厚い塗壁, 広告塔だ, 震災の, 食物だの

▼ 建物であっ~ (4, 0.1%)

1 てその, て二間, て人, て監獄

▼ 建物まで~ (4, 0.1%)

1 やって来た, 出来上りました, 御伴, 来て

▼ 建物よりも~ (4, 0.1%)

1 よほど大きい, 各種の, 近代建築と, 高くなりました

▼ 建物全部~ (4, 0.1%)

1 がくずれ落ち, の所有主, を占領, を称える

▼ 建物~ (4, 0.1%)

2 にある 1 こそそこ, にては張壁

▼ 建物正面~ (4, 0.1%)

1 が門, と直角, のドア, の延長

▼ 建物~ (3, 0.1%)

2 何かの 1 もっと古い

▼ 建物からも~ (3, 0.1%)

1 あらい呼吸, 灯火は, 職工たちが

▼ 建物さえ~ (3, 0.1%)

1 はっきり見える, 十月位でなけれ, 浮んだ

▼ 建物じゃ~ (3, 0.1%)

1 けんど, ないか, 他藩

▼ 建物だけを~ (3, 0.1%)

1 よそへ, 先生は, 廻って

▼ 建物とが~ (3, 0.1%)

1 この上, その横, 西洋から

▼ 建物とを~ (3, 0.1%)

1 つつんで, つなぐ甃, 繋いだ直線

▼ 建物のよ~ (3, 0.1%)

2 こを 1 こからレーニン廟

▼ 建物へと~ (3, 0.1%)

1 まわり歩きました, 入って, 出かけた

▼ 建物一つ~ (3, 0.1%)

1 ほどのでっかい, みたって, も

▼ 建物~ (3, 0.1%)

1 にすなわち, に投ぜられた, の使用

▼ 建物こそ~ (2, 0.0%)

1 わが帝都, 武器庫らしい

▼ 建物それ~ (2, 0.0%)

1 の立派さ, も統一

▼ 建物だけが~ (2, 0.0%)

1 でき上, 外郭だけ

▼ 建物であり~ (2, 0.0%)

1 なかば人間である, ながら住職同士

▼ 建物でした~ (2, 0.0%)

1 が家具, けれど四囲

▼ 建物でない~ (2, 0.0%)

2 上に

▼ 建物といふ~ (2, 0.0%)

1 ものに, 奴は

▼ 建物などの~ (2, 0.0%)

1 中で, 陰から

▼ 建物などは~ (2, 0.0%)

1 どうで, 爆撃直後の

▼ 建物などを~ (2, 0.0%)

2 眺めて

▼ 建物ばかりが~ (2, 0.0%)

1 埃り, 押し合い重なり合っ

▼ 建物よりは~ (2, 0.0%)

1 新らしい, 遥に

▼ 建物一尺~ (2, 0.0%)

2 の馬

▼ 建物大きい~ (2, 0.0%)

2 桜その

▼ 建物機械~ (2, 0.0%)

1 のよう, 及び車輛

▼ 建物次に~ (2, 0.0%)

1 まわりの, サン

▼ 建物細長い~ (2, 0.0%)

2 建物一尺の

▼ 建物自体~ (2, 0.0%)

1 に起った, も次々

▼ 建物~ (2, 0.0%)

2

▼ 建物越し~ (2, 0.0%)

1 に一つ, に下落合

▼1* [132件]

建物あるものは, 建物いかめしけれど内, 建物いくつかに木綿布, 建物いと小さく低, 建物かしらと思われるよう, 建物かにまが, 建物かは知らないが, 建物からだけでは, 建物くらいは一遍に, 建物こわれかけた籬白楊樹の, 建物ごとごっそり削られた, 建物そしてミシンは, 建物その處, 建物その他の造作, 建物たる宗介天狗の, 建物だけに限らない, 建物だけはさすが道場, 建物だつたが震災, 建物だらうが暗い, 建物だろうほんとにどこ, 建物でしょうか, 建物とからできて, 建物としても残して, 建物とてみな取り毀され, 建物とても準備の, 建物とに少しの, 建物ながらおそろしいほどの, 建物なぞどこに, 建物なぞは古い小さな, 建物なぞを眺めては, 建物などでからたちの, 建物などと比較したら, 建物などよりももっと気, 建物ならさっさと壊す, 建物なら覚えがあった, 建物なりしかば表通岩谷天狗の, 建物なるものが, 建物なんかみんなこれで, 建物なんかがあのよう, 建物なんて一つも, 建物についても自分の, 建物になつてその他作業場あり, 建物によってわかると, 建物によることで, 建物に対してもあなた方は, 建物に対する一定の, 建物のみとおし, 建物のみが残った, 建物のみは暗闇である, 建物はずうっと, 建物はずつと遠くに, 建物ばかしだが, 建物ばかりに萱や, 建物ばかりを見なれた眼, 建物ひとつに奥, 建物への電気供給は, 建物へもさいわいと, 建物までがことごとく取り崩し, 建物までの花園は, 建物までは七, 建物ゆ, 建物みたいであったちょっとした, 建物めがけて驀進, 建物もがーん, 建物より回教式の, 建物よりに椿の, 建物よりのところに, 建物らしく何十本もの, 建物をば夢の, 建物をめぐって荏苒六ヶ年, 建物アたしかにお, 建物トタンぶきの, 建物ハリウッドの女優さん, 建物につき, 建物一杯天上の虹, 建物中全部で十三軒, 建物二棟からから成り立っ, 建物什器またはこれ, 建物伝いに来, 建物余計な役, 建物倒れそう故, 建物體を, 建物全焼宮城さえ今, 建物六百何十坪は一坪一円, 建物冷ややかな長い, 建物凡てが重々しく, 建物前面近代式の大, 建物勅使の間, 建物反対側はお, 建物同じ大黒屋の, 建物同様納屋式で非, 建物器具等に投ぜられ, 建物四棟と借地二百六十坪, 建物に塗, 建物外部から見た, 建物天使のよう, 建物安定を保っ, 建物完備した組織, 建物実に無限の, 建物家主かの負担, 建物工場が建っ, 建物に, 建物幾棟かあ, 建物広告塔アンテナ其等の錯綜, 建物れの, 建物彼女の夫, 建物や横, 建物払底の折柄, 建物担保の流れ, 建物文物風景人物に接し, 建物も現, 建物永久に壊れる, 建物添いに上, 建物の入った, 建物疎開地域になっ, 建物疎開跡の空地, 建物程の容積に, 建物管理委員会が禁じた, 建物精神規律の末, 建物縁側などを透し, 建物自身にも工匠, 建物舗装しつくされた街路, 建物船舶街路の起伏, 建物見とくなはれ, 建物見れば見る, 建物設備はすばらしい, 建物譲渡に関する書類, 建物譲渡証書は如何, 建物鋪装しつくされた街路, 建物附属の幼稚園, 建物陰欝な空気, 建物餘計な役