青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「徳川~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

復讐~ ~微か 微か~ ~微妙 微妙~ ~微笑 微笑~ ~徳 徳~ 徳利~
徳川~
徹底~ ~心 心~ ~心から 心から~ 心中~ ~心地 心地~ ~心得 心得~

「徳川~」 3555, 38ppm, 3030位

▼ 徳川時代~ (613, 17.2%)

17 になっ 11 の初期 7 に於ける, も中頃以後 5 に至っ, の, の学者, の末 4 から明治, から明治初年, になつて, になる, に入っ, の儒者, の文学, の江戸

3 [11件] にあっ, になつ, に京都, に完成, に於い, のもの, の女, の御, の武士, の法令, までつづい

2 [33件] となった, なの, に, にある, にはお, にはこの, には京都, にも幾度, にエタ, に入り, に出版, に於, に発達, のごとき, のみに就, の主従関係, の人々, の俳句界, の俳諧, の名高い, の大, の戯作者, の文学者, の江戸町民, の漢学者, の産物, の町人文学, の社会, の諸, の青年, の音楽, は田地, へかけ

1 [420件] から, からし, からずっと, からそこ, からのこと, からのふるい, からの名, からの女, からの農民, からの遺物, から今日, から勧善懲悪, から小説, から引つづいた, から明治時代, から段々, から氏, から神田明神下, か何, がまだ, が終つて, が造り出した, さながらに, ずっと女, だと, であったならば, でなければ, ではありません, では師匠, では總, では飛離れた, でも地べた以下, でも此, で徳川時代, というもの, といえ, といっ, といふ風, とがまざりあっ, とそんなに, とちがっ, となり, との区切り, とはそれぞれ, とは違っ, と変り, と比べ, などを突き抜け, ならびに明治時代, にあちこち, にあり, におい, においては一般, においては階級思想, においても事実駆使, においても前号所載香畝生君, においても相, においても行筋, において三春五万六千石, において唐船, において奈良坂, において容易, において立派, において素読, におき据え, におけるいわゆる, における侠客間, における偏理的儒教, における傑出, における本草学者達, における芝辻, における蕪村, における諸国, における驚異, にかりに, にては俳句, にできあがった, にでもまだ, になつて新, にはあ, にはいわゆる, にはこれ, にはそれ, にはなかっ, にはほとんど, にはまだ, には事実, には信仍, には八瀬童子, には各, には太平, には小田原附近, には島原, には幕府, には必ず, には悲田院, には本, には李朝, には武家, には死刑, には江戸, には海賊, には無宿者, には男, には百姓, には百姓町人ら, には盛ん, には相対死, には穢, には絞, には自ら生活, には鐵砲, には非常, にまだ, にまでもこれ, にもいくらか, にもっ, にももちろん, にもエタ以外, にも大体, にも実験的, にも斯, にも明治時代, にも落伍者, にも辻斬り, にやられた, にカイドウ, にカムチャツカ, にグリーンランド, に一切, に一時禁煙令, に三河甲斐, に伏見, に作られた, に俳諧, に入, に出来た, に到っ, に匹儔, に博徒, に厳原, に及ぶ, に各地, に名高かっ, に國學, に在, に多大, に多額, に大和, に大火, に宋以後, に実権, に将軍直参, に小野蘭山, に平民, に幾度, に御, に悲田院所属, に我が, に我国, に支那, に於きまし, に既に, に最も, に最高, に来朝, に歴史, に死刑, に比べ, に法令上エタ, に深尾家, に渡っ, に渡来, に王道神道, に発掘, に知名, に社会秩序, に科人, に至つて, に至り, に至る, に行, に行われ, に行われた, に見られなかった, に観賞用, に詐偽, に限った, のお家騒動, のがらくた, のごとく, のすえ, のすべて, のそれ, のとおり, のどんな, のやや, のよう, のエタ, のサムライ, のソバ, のマニン, の一角, の三味線音楽, の上水道工事, の中ごろ, の中世以後, の事蹟, の京都, の人, の人口統計, の伝馬町, の作家, の例, の俗文学, の俳人芭蕉, の公用文書, の兵法, の兵法者流, の出来事, の分限者, の刑事政策, の刑典, の刑罰, の初, の初め, の初期頃, の初頃, の医学, の医者, の十手, の十時, の古, の司法権, の各地, の名物, の嘉永年間頃, の固定, の国学者, の坊主, の堤防, の堤防築造方, の大名生活, の大衆文学者, の大阪, の天守, の太平, の始め, の婦人歴史家, の婦人達, の学者安積艮斎, の學者, の官僚名簿, の官制, の家並, の家族形態, の家族生活, の富籤, の封建, の封建制度, の封建政治, の封建的文化, の尊王論, の小型, の小説, の小説家, の小説類, の山猫芸者, の山陽道筋, の平民的虚無思想, の平民美術, の幾多, の庶民的感情, の形容詞, の御家人, の心, の思想, の思想家, の意匠, の或, の戯作, の所々, の所謂, の所謂好色文士, の所謂穢多, の拷問, の支那文化, の政治界, の政策, の数学, の文学作品, の文政三年, の文豪, の斯道, の方, の日本, の日本人, の普通人, の暗, の書物, の最も, の最後, の服装, の本, の林, の某, の欧人, の歌, の歌人, の歴史家, の民, の民族生活, の民間, の民間英雄, の江戸大坂, の法, の法制, の洒落者, の湿っぽい, の滝亭鯉丈, の演劇, の漢文, の版刻物, の牢, の特殊, の犯罪, の狂言作者, の男女, の番非人, の百姓, の百姓町人, の社会制度, の社会組織, の神田, の禁書, の科学, の穢多, の空気, の空氣, の箱, の組織, の臨済禅, の色町, の芸術, の著作, の装飾, の西夷, の記録文書, の諸国, の賤者, の軟派もの, の農民, の農民一揆, の辻斬強盗, の通人, の遺, の金貨, の長脇差, の間人, の関西, の関門, の階級制度, の面影, の頭, の風俗, の風潮, の風習, の餌差, の鷹匠, はとかく, はまだ, は三百年, は平民, は生命, は禁書, へと堕落, へ移った, まであった, までは薬, までも不浄役人, までも各地, までも地方, までも津軽, までも継続, まで來, もおそらく, もまだ, もやや, も中期以後末期, も中頃以前, も此頃, よりの一種, をつくる, をひっぱり出した, を以て我國, を書いた, を書く, を知る, を見渡した, を通じていま, を通じておこなわれ, を通じてそう, を通じてつねに, を通じて中央政府, を通じて我が, を通じて普通部落民, を通じて武術, を通じて甚だしい, を通じて禁裏, を通じて行われた, を通っ, を過ぎ, を野人, 及びそれ以前, 及び明治初年, 第一, 約三百年, 諸大名, 豈に, 迄繼續

▼ 徳川~ (477, 13.4%)

9 のため 6 の御 5 の手, の武士 4 の使者, の将士, の者, の諸 3 に随身, のほう, の禄, の菊池, の譜代

2 [32件] が何萬圓, にくだっ, に仕官, に弓, に怨み, のお, のこと, の世, の人々, の先鋒, の内部, の勢力地方, の名, の地位, の天下, の家中, の家臣, の役人, の新, の旧, の末路, の紋章, の者たち, の臣, の重臣, の陣中, の領土, は仇敵, は農民, を相続, を立てよう, 第一

1 [357件] お盛ん, から, からあまい, からでる, からの早馬, からは五名, からは疎略, からまわされた, から去勢, から失, から極秘, から特に, から直々, から豊臣家, から赦され, から足軽, がある, がいわゆる, がここ日, が一方, が七十万石, が今日, が倒れまし, が兵戈, が制定, が助力, が将軍, が新, が終局, が組織, が自己, が興隆, が葵, が起った, が進ん, だけで, だけの者, であ, である, であるが, でえらびだす, ではお, ではすぐれた, では信州, では家什整理, では寛政年代, では海, では由来, では許し, でも怖, でも油断, で出世, で極秘, で此年, で血眼, という背景, といろいろ, としてそれ, としても権威, として幕府, とのあいだ, とのつながり, との交渉, との縁故, との関係, ともよく, と七分三分, と僕, と土佐, と対陣, と彼, と慶喜公, と戦った, と札値, と薩摩, と親交, と黒田家, と黙契, などの内幕, などの武将, なる一国, に, にい, にいたく, における上田城, における位置, にたいし, につけ, にとってある, にとっては油断, にとっては無二, にとっては織田勢三万, にどうして, にはああ, にはおらん, には多く, には嫡々, には御, には策士, には縁, には縁故, にぶらさがっ, にもさむ, にようやく, に不調法, に人質, に仇, に代っ, に伝わった, に功労, に取っ, に召され, に召抱, に対してご, に対してのみ承認, に対しては前, に対しても何等, に対して不軌, に対して叛逆, に對, に属した, に帰す, に忠勤, に持つ, に数正, に楯, に祟る, に籍, に籠絡, に縁, に臨んだ, に落着き, に見いだされ, に踏襲, に送った, に関係, に附く, に降っ, の, のあらん, のうち, のかッ, のきびしい, のご, のさる, のふところ, のもの, のやつ, のやつばらめ, の一平侍, の一門, の一類, の一麾下, の三奉行, の不利, の不為, の与党, の世臣大久保氏, の中堅, の主, の今日, の代官支配, の代表者, の伊賀衆菊池, の伊賀衆隠密組, の使節, の使臣, の侍, の侍たち, の側臣, の全, の全力, の兵, の兵力, の兵法所, の内幕, の初, の別, の前, の前途, の勝, の勢力, の勢力圏内, の匂い, の味方, の城地, の増植, の士, の多年, の大, の大久保長安, の大軍, の奥平貞昌, の好, の存立, の安藤彦兵衛, の客分, の家中一般, の家扶, の家来, の家臣三名, の家風, の射手加賀爪伝内, の将軍所在地, の当主, の征夷大将軍, の御用史家, の御用畫家, の御鷹所, の忠臣, の急, の息, の悪い, の手中, の手代大久保長安, の手筋, の指物, の援軍, の斥候, の方略, の旗, の日本統治, の旧臣, の旨, の本多八蔵, の本多正信, の松平周防守康重, の棟梁家康, の森川権右衛門, の横暴無道, の歓待, の武士五人, の武威, の気どる, の永井伝八郎ッ, の治世, の浮沈, の特色, の瓦解, の産土神, の用船, の盛衰浮沈, の目付役, の目附, の目附役竹中采女正, の直参, の知った, の知るべ, の祀, の立派, の第, の米蔵, の粟, の細作, の経済貧困, の聖時代, の肩, の荒武者, の菓子, の菩提所, の蓬左文庫, の藏, の藩医, の蛆虫めら, の蜂屋七兵衛ッ, の蟠踞, の衆, の覇業完成, の親屏, の詭策, の誠意, の諜者, の謀叛人, の譜代侍, の譜代大名, の走狗, の近親, の運命, の過去, の邸, の酒井, の金, の門葉六十万石, の関所, の防禦, の陣地, の陣笠, の隠密組, の靈廟, の領, の領内, の領分, の領地, の領域, の食, はいま滅亡, はここ三年, はこの, は一敗地, は一統, は亡びる, は今, は佐久郡その他, は大久保石見, は祖先新田氏, は義, は逆境, へお, へついた, へまいれ, へも典膳, へも武田家, へゆけ, へ仕えた, へ出入, へ勝ち名のり, へ取りいる, へ売りこもう, へ屆, へ手づる, へ根強い, へ沙汰, へ答礼, へ臨む, へ進達, もまた, も北条家, も手, も滅亡, より嫁い, をしり目, をつぶそう, をのぞいたら, をはじめ大小諸侯, を仆, を何で, を倒し, を切りくずす, を去らるるなら, を去り, を呪いましょう, を呪う, を呪え, を快し, を怨ん, を排斥, を擁する, を有らん, を疑い憎む, を背負っ, を討ち, を逐電, を過らす, を離すまい, 切っての, 御一門, 御自慢

▼ 徳川~ (371, 10.4%)

11 ために 6 天下を 5 代も, 天下が, 禄を 4 世も, 世を, 初期に, 天下に, 天下は, 時代に, 末の 3 天下も, 家を, 末期に

2 [23件] お家の, 一族が, 両軍, 代に, 初期へ, 勢力が, 家に, 屋台骨が, 所領を, 手で, 扶持を, 政府が, 政府に, 文化は, 方へ, 末までは, 末世を, 泰平の, 流れに, 為に, 礎は, 社稷に, 聯合軍は

1 [256件] いずれに, おかげを, お上屋敷, お家を, ごとく積極的, ためにも, ほうが, ほうで, ものであろう, もの西の, ような, ブル的腐敗を, 一家であり, 一族に, 一門にも, 七八千などは, 三代, 三代将軍時分に, 三百年の, 三百年を通じて, 三百年穩和なる, 世と, 世に, 中世以後國學が, 中期から, 中期に, 中期以前から, 中期以後日本には, 中葉から, 中頃過, 事に, 二代将軍秀忠が, 二代将軍秀忠にも, 二軍を, 亡びた理由, 人に, 代が, 代は, 代を, 余力を, 侍だって, 側に, 傘下に, 儒臣林大学頭は, 全時代, 全軍, 八代将軍の, 兵十二三騎後を, 兵馳り寄っ, 初めには, 初め頃であれ, 初世, 初代に, 初年には, 初期で, 初期の, 初期徳川幕府以前にも, 制度, 前進を, 功労を, 勢力に対する, 古狸を, 同盟は, 名古屋では, 名古屋城では, 名折れだ, 四天王の, 四天王一人は, 圧制政治では, 城, 城を, 城下な, 基礎を, 士だ, 士大久保七郎右衛門同, 士族でございまし, 士朝日奈弥太郎が, 大奥という, 大屋台, 大政奉還は, 天下ぁ長州が, 天下だ, 天下では, 天下と, 天下の, 天下全く, 太平に, 奥平九八郎が, 如き人, 如水に, 始祖すなわち, 威を, 威令嚴か, 威力では, 威勢を, 子孫が, 存する, 学校は, 完全な, 宗家にとって, 宗家も, 宗族だ, 宗族も, 官学に, 家には, 家の子郎党なぞは, 家の子郎党の, 家は, 家中にては, 家中には, 家来に, 家督を, 家臣の, 封建制の, 封建制度の, 封建政治を, 封建時代, 封建的権力が, 川は, 幕府に, 幕臣で, 平定が, 平定と共に, 役人は, 御三家として, 御代は, 御代を, 御典医, 御手, 御林, 御為, 御用金, 心証を, 思念が, 恩顧を, 息子の, 意気胸に, 懐かしき趣味, 戦後政策の, 戦陣が, 手に, 手先に, 政が, 政府においては, 政府にて, 政府は, 政府を, 政権は, 政治に, 政治の, 敵に, 敵は, 文学や, 新幕府, 方から, 施政上に, 旗下が, 旗下に, 旗本から, 旗本が, 旗本じゃ, 旗本だ, 旗本であった, 旗本では, 旗本と, 旗本に, 旗本には, 旗本の, 旗本共の, 日本である, 旧い事業, 旧勢力, 昔からの, 時代が, 時代において, 最高政策です, 朋輩で, 末たしか, 末世に, 末年でも, 末年諸侯の, 末日本文学は, 末期まで, 末期歌川派の, 末頃江戸に, 本国岡崎が, 本国岡崎の, 本城地, 本陣近く, 根を, 槍組は, 標語は, 橋詰に, 正保二年大風の, 武力あれ, 武力が, 死傷又, 水野隊丹羽隊が, 江戸で, 治下に, 治下を, 治世に, 治世に対して, 流の, 流れ未だ, 海軍は, 深い流れ, 温和的な, 源権現様の, 爲に, 犬だけ, 痩武者どもが, 目附竹中に, 直參, 礎を, 祿を, 禁止に, 紋を, 綱紀は, 群雄が, 老中だ, 聯合軍が, 脇備本多平八郎榊原小平太直ちに, 腹を, 臭い米を, 興亡を, 親藩としての, 親藩なぞで, 親藩に, 諸将, 諸氏が, 譜代でも, 警戒心を, 軍から, 軍勢設楽の, 軍馬に, 農民に対する, 連中は, 連合軍に, 連合軍は, 連枝もっとも, 運が, 運命と, 過去も, 鎖国の, 間で, 関係の, 陣に, 陰険政治よく, 隆運を, 頃まで, 領地俗に, 頽勢を, 風潮を, 飯は, 麾下加藤忠景丹羽氏重の

▼ 徳川家康~ (210, 5.9%)

4 の農民政策

2 [12件] あるのみ, すらその, だ, である, との間, に比す, のやう, のエライところ, の南洋政策, の耳, の軍, の顔

1 [182件] からは特別, から家光, から小田原陣, から賜, がその, がゐる, が不世出, が五千, が信長, が入, が出, が嘗て, が征夷大将軍, が後年駿府, が感心, が戦国時代, が晩年, が會津, が江戸幕府, が治国, が用いた, が百練千磨, が西方, が酒井家, が鐘名, が長政, が関ヶ原, が頭, こそ恃, であった, でさえ, でも, というもの, という人, という古狸位, といふ名, とおなじ, とかいうの, とが或, としても晴れ, とともに甲山, とはこの, とは全幅的, とを加えしめれ, と一つ, と云, と云う, と井伊直弼, と共に敦賀表, と処世訓, と北条早雲, と同盟, と差向い, と攻守同盟, と書かずし, と秀吉, と越前, などを加えた, にいと, においてすらなおかつそう, におそわれ, にし, にしろ, には駿河, に反抗, に可, に向かい, に向っ, に対してはなおさら, に幸, に座, に従つて浜松, に悪, に感心, に戦い, に茶, に見え, に謂つて曰く, に通報, に進撃, の, のいる, のよう, の三河武士八千, の二役, の亡くなつた, の人間らしい, の今川義元, の侍女, の入国, の兵三万人, の前, の前後, の加勢, の助力, の動きだす, の勢威, の命, の城下, の外孫, の大軍, の存在, の寄進, の山例, の幼名竹千代, の後, の御朱印, の成功, の手勢, の手状, の擁護, の新しい, の旗下, の旧家保護主義, の最も, の本城, の様子, の母, の父, の界, の真実, の眼鑑, の第, の股肱, の話, の軍師, の道中, の道案内, の部下たち, の部将中, の陣営, の陣屋, の隠密組菊池, はことし三十四歳, はこれ, はその後, は三人, は五十, は今, は凶方, は博奕, は喰, は女色, は必然, は所謂歴史上, は是等, は最も, は果たして, は桃配山, は温厚, は無二, は狸オヤジ, は狸オヤヂ, は甲州武田, は秀吉, は自身, は赤城也, は金, へも使い, へ音信, ほどをかしき, もいきおい, もう一名, もその, もやはり, も何, も北畠信雄, も泊っ, も眼, や其他, をその, をはじめ, をも冷眼, を向う, を大敗, を恐れない, を恨まなけれ, を措い, を絶えず, を脅かした, を見, 手当り次第に

▼ 徳川幕府~ (180, 5.1%)

6 の時代 3 の薬園

2 [11件] がオランダ政府, のご, の命数, の大, の手, の政治, の方針, の調練場, の鎖国政策, より僧侶, を倒す

1 [149件] あって, あるを, および諸, からその, から江戸横浜間, がこうして, がグラ, が三百年間續, が亡びかかった, が今, が仏蘭西, が倒れ, が切支丹宗, が将軍, が幾度, が江戸, が浅草弾左衛門, が演劇興行, が維新, が総べ, この衝突, じゃ, だけで, ではこの, ではこれ, では寛政, では所謂八朔, でももうとても, で諸, というた, というもの, としては諸, において天保, につづく, にとって頭痛, になっ, による封建的支配, による鎖国政策, に人, に仕うる, に代る, に入る, に向っ, に向わん, に好意, に對, に弓引かれい, に恨み, のおこ, のこと, のやり, のアカデミア, の万歳, の下, の世, の中世以後, の中心, の人口調査, の人質政策, の全盛, の公, の凝視, の初め, の初め慶長年間, の初年, の初期, の初期以来保証, の創業者, の力, の勢威, の圧制, の圧迫, の士人, の定め, の寿命, の封建制度, の屋台骨, の式楽, の強い, の当路者, の影, の御船手, の忌諱, の思想, の悪政, の採った, の政治的金言, の方, の施政, の時世, の最, の最後, の末年, の末期, の末造, の本尊様, の江戸城下, の潰れた, の無, の直轄, の細作, の終り, の綱紀, の訂結, の賜物, の頃, の頽勢, の顛倒, の首脳部, は, はもっぱら, は一面, は亡び, は全国, は列祖, は十五代, は大名, は孝明天皇, は小, は既に, は特別, は金, は頻々, ばかりが開国論, への御, もこれ, もまた, もようやく, も二百年来, も亡びた, も力, も天下, も定命, よりはむしろ, より遣わされたる, をひ, を侮る, を倒さう, を倒さね, を倒そう, を倒壊, を向こう, を撃ち砕く, を擁護, を顛覆, ノ末徴サレテ昌平黌學問所奉行トナル, 倒れて, 始まって, 始まつて以來

▼ 徳川~ (167, 4.7%)

7 の時代 4 が江戸, の代, の天下 3 の世, の覇業

2 [11件] と運命, に向っ, の兇徳, の天下二六〇余年, の失敗, の封建制度, の方, の末, の治世, の美文学, は微々たる

1 [120件] ありこれ, からの使, が二百年, が亡び, が天下, が栄え, が自分, が覇, が鎖国, が關ヶ原, が駿, たるもの, だ少し, です, としてそれこれ, となっ, との長湫一戦後, とは和親, と存亡, と改称, と関係, にとっ, にとっては重要, になっ, に仕え, に代, に代わる, に処し, に到り, に呈した, に対して他意, に対して御, に対して持ったであろう, に対する情, に対する最後, に帰, に帰し, に当たる, に於, に歸順, に糺問, に至っ, に至り, に與, に見る, のやり方, の一族, の上半期, の中頃, の初, の初代, の初期, の前, の名, の基礎, の威信, の威嚴, の威権, の字, の対農民政策, の封建制, の幕政, の干渉, の廟, の手, の抑圧, の支うべから, の政府, の政権, の政權掌握, の政治, の政策, の旗本八万騎, の時, の末期, の東移, の根蔕, の権力維持, の武士, の武威, の爲, の直属, の社稷, の統一事業, の興亡, の衰亡, の覇業江戸, の譜第大名, の農民政策, の農民政策問題, の運命, の鎖国政策, の非常, はそれ, は三河武士, は大きい, は天下, は天皇, は封建, は封建制度, は少なくとも, は文学, は秀吉, は第, は覇業, は諸, ばかりが農民, への歸順, より金子一萬兩借用, をし, をつぶす, を亡ぼす, を仆, を以て終り, を謳歌, を顛覆, ノ時復, 之末造, 旧属, 無きを

▼ 徳川~ (78, 2.2%)

3 の者 2 に味方

1 [73件] か二つ, があの, がこれ, では勝軍, でもない, でも名だたる, と対立, と旗幟, と朝廷方, には現状以外, に不満, に加勢, に察知, に弟, に気どられる, に疎外, に読み抜かれ, のそんな, のたたかい, のひとり, のもの, の一武者, の与党, の二, の侍, の内部, の勝ち, の味方, の大将, の大留城, の宣伝, の家族, の将士, の強弁, の御用歴史家, の戦争名分, の手, の捨て, の援将, の敗戦, の斥候, の旌旗, の本営, の本営小牧, の森川権右衛門, の武士, の武将, の死傷, の犠牲, の空気, の立場, の策, の細作, の計略, の諸, の譜代, の贔屓, の連中, の部将, の部隊, の陣地, ははじめ, は淀, は真田, は逆賊, は通れない, へそれとなく, へ事, へ御, へ気脈, より聊か, を激昂, を覚醒

▼ 徳川~ (68, 1.9%)

4 に於, のもの 3 に至っ 2 の匂い, の末

1 [53件] から招待, から明治, から美人, だけで, だけれど, だとか, ではこれ, では吉原, で止った, で著しく, となっ, にあっ, における平田, におよん, になっ, になつて硬貨, にはなる, に入っ, に於ける, に江戸, に著しく, の中頃, の何人, の初め, の半, の名, の吹上試合, の国学者, の娘, の数, の文化, の文化文政以後, の文化観念, の文学, の文献, の物, の璽光様, の社会機構, の絵草紙類, の線, の美女, の美術, の義理人情, の講釋師, の識者, の變遷, の錦絵的, は既に, は日本, までの日本, もまだ, を眺め, を越した

▼ 徳川~ (63, 1.8%)

2 がここ

1 [61件] から大久保, がある, が凱歌, が十六隊, が大, ではない, としてはなお, との初めて, との勝敗, と信雄勢, と武田方, と気づい, と相, にうしろ, にわあ, に対して正々堂々, に当っ, に発見, に通じ, に駈けちらされた, に駈け散らされ, のうしろ, の一半, の中, の亀井, の先手, の右翼, の援軍, の最, の水野, の真中, の約, の者, の追, の追撃, の追撃急, はすでに, はそこ, はたしかに, は一気に, は余り苦心, は内部, は冬, は矢田川, は足なみ, ひき寄せて, へたいし, もそこ, も同様, も左右, も槍隊, も直隆一人, も織田兵, も鶴翼, や伊那丸, をいたる, をさんざん, を粉砕, を見かけ次第, を追い, を追わなかった

▼ 徳川どの~ (59, 1.7%)

3 のお

1 [56件] かの, から祝い, がとぼけ頭巾, が信長公, が死ん, が馬, こそ正しい, であろうと, でも, というでしょう, という大敵, とがどうして, とどこ, と二つ, にはこの, には依然, には良い, には駿河, にもご, にもそれ, にもはや, に対しては秀吉, のおんため, のこの, のその, の内部, の大勝, の御, の御内, の深い, の直, の罪, の肚, はあの, はまさに, は下, は仁君, は何と, は信州, は出馬, は御, は秋葉坊, へよする, へ伝え, へ大いに, へ密か, へ後生, へ申し入れた, へ眼, までが手, までその, もこの, や北畠信雄卿, をあの, を措い, 御自身

▼ 徳川殿~ (53, 1.5%)

2 のお, へも御

1 [49件] からしきりに, が直, が西上, じゃ, と, という曠, ともあろう, と和平, と都, などへこれ程, にきく, にそそのかされ, にとっては大事, にもいっそう, にもそれ, にも夙に, にも必ず, にも急, に嘱, に従い, に従う三河衆, に沓, に献ず, に頼まれ, の中, の云い, の内意, の勢, の勧め, の威勢, の弓箭, の御, の御感, の手, の援軍, の身内, の軍, はといふ質問, はと問う, は恐るべきで, へ披露, もよく, をもてなす, をわづら, を上様, を亡, を滅ぼす, を討つ, を語らい

▼ 徳川万太郎~ (45, 1.3%)

3 でした, です 2 と相良金吾, に目明し, の側付き

1 [33件] かな, がとう, が名古屋城, が秘持, こう六人, その人, だ彼, でありました, でそれ, でなくて, という者, とおっしゃる, と知っ, と釘勘, にちがい, に相良金吾, の姿, の家来, の影, の憎むべき, はあと, はあらまし, はそこ, はその, はまだ, は失意, は女駕, は好奇, は熱海, ふッ, を, を暗殺, 思わずハッと

▼ 徳川末期~ (41, 1.2%)

2 の文芸, の風俗

1 [37件] から明治, であるという, と明治期, における一大奇蹟, になっ, になつて海外, にシーボルトその他, に入っ, に到っ, に生れ, に神道, に至る, に良寛和尚, の, のドン底, の人々, の作, の侠客, の名人, の市井, の戯作者, の時代, の時分, の武家権力, の民心, の江戸, の江戸風, の泰平, の浪人, の浪人生活, の狂詩, の町人, の落書, の非常, は何故, は芸術, まで下っ

▼ 徳川~ (39, 1.1%)

2 代って

1 [37件] いるという, おべっかを, この二条城, しても, そむいた人々, なっても, ならうが, なり明治, なろうが, ふくしゅうしよう, まだ脈, 代ろうという, 受けが, 叛骨を, 同情する, 四五百織田は, 変り徳川, 奉行され, 寄せて, 寄せる同情, 帰した後, 帰順した, 弓ひい, 当てハメ, 従って, 恩顧が, 捧げるため, 敵したるもの, 智恵を, 組する, 縁ある, 至りて, 親しんで, 贔屓する, 近いもの, 附き更に, 馳行する

▼ 徳川政府~ (36, 1.0%)

2 の保護, の威信, の方針, を見る

1 [28件] からも全国, から亜米利加, がこの, がその, が参覲交代, という, にて新, によく, に対しては陸軍, に通じ, の使命, の初, の始終, の威光, の攘夷, の政権, の時代, の末年, の裁判, の訊, の門閥圧制, の頑固, の顛覆, は伏見, は早く, は行政外交, は貿易取調掛, も忠義

▼ 徳川~ (32, 0.9%)

3 倒して 2 相手に

1 [27件] こんなに弱く, そんなに弱い, たすけること, つぶすという, はじめとして, 一藩として, 倒さずには, 倒した後, 倒すは, 倒せるかも, 倒そうと, 去らしめて, 向うに, 圧迫する, 売って, 売るの, 打ち亡ぼし我等, 擁護する, 支持する, 正面の, 海道より, 潰すなんぞと, 立てて, 終わりて, 迎えるべきでしょう, 離れたから, 離れて

▼ 徳川夢声~ (31, 0.9%)

1 [31件] が, がひょっこり, であり高山徳右衛門, でかもめ, でやった, といふメムバー, と共に旅行, と生駒雷遊, と藤原釜足, と酒間, に似, に逢, の二友, の代り, の先蹤, の堅き, の声, の御両, の漫談, の紹介状, の芸, の解説がい, も仏, も招き, も高山徳右衛門, も高篤三, を中心, を代り, を楽屋, を語る, 来りとても

▼ 徳川慶喜~ (26, 0.7%)

2 はすでに

1 [24件] およびその, が上野寛永寺, が大政, が将軍職, が平和, が江戸城, が置き, ですら, に上書, に対する処断, の政権奉還, の政権放棄, の政權奉還, の旨, は, はただただ, は傾きかけた, は土佐, は大政, は惰弱, は戦わずし, は自分, をし, を征討

▼ 徳川三百年~ (25, 0.7%)

3 の太平 2 の鎖国

1 [20件] でもちょっと, という, と云え, の余命幾何, の夢, の天下云々, の封建社会, の御, の悲しい, の愉しいなつかしい, の愚, の政府, の時世, の最も, の治世中, の社稷, の積威, の苦心, の間, の風流

▼ 徳川初期~ (25, 0.7%)

1 [25件] と茶道, に, にかけて肖像畫, には既に, には百石, に於, のころ, のバテレン, の三河武士, の先祖, の小唄, の小唄類, の日光建築, の日本, の時代, の有数, の歴史, の活字, の清, の耶蘇教禁止令, の草子, の袋中和尚, の間, の雄偉, までの多く

▼ 徳川~ (22, 0.6%)

2 天下を

1 [20件] 亡びたとて, 亡びた暁, 亡びりゃ八万騎, 亡ぼされて, 仆れたなら, 今その, 信長や, 倒れたらその, 倒れて, 威勢を, 憎いからと, 敗走した, 明治に, 来る, 甲府攻めを, 統治上の, 豊臣から, 負くるも, 起っては, 開国である

▼ 徳川将軍~ (22, 0.6%)

1 [22件] から貰った, が鷹狩, が鷹野, には縁故, に教授, に昵懇, に謁, に謁見, に降嫁, の, の上洛, の世, の処分, の師範, の時代, の進退, は千秋万歳日本, は名君, は逃げ, よりもさらに, を不義, を相手

▼ 徳川~ (22, 0.6%)

4 の天下, の御 2 の代

1 [12件] が参覲交替, ご入府時代, だって南蛮船, に見出され, のあの, のお, のお歴々, の天領, の直轄, へそれ, へ抱えられた, も瓦解

▼ 徳川~ (19, 0.5%)

1 [19件] いい味噌, お三代, さかりの, その末年, そろそろ末世, まだお, 下火だ, 中期に, 今は, 何する, 十五代も, 幕末に, 或いは日本, 既に四代, 昔はじぶんと, 来り面白く, 盛りの, 諦めて, 長沢

▼ 徳川~ (16, 0.5%)

2 同一線上

1 [14件] いったん大政, ただ日本一島, むしろ長州はじめ勤王党, 一体の, 三分の一ほど, 不幸に, 全く下り, 存在し得ない, 既にきのう, 正に其の, 自国へ, 衰えるとも, 鎧袖の, 非常に

▼ 徳川~ (14, 0.4%)

2 なれば, 薩摩との 1 いい新田家, いい楠正成, これは, 合せれば, 決戦する, 浪士との, 申すの, 相承け, 織田とは, 薩摩とを

▼ 徳川~ (14, 0.4%)

2 の大

1 [12件] が大挙, と会同, にかこまれた, に迫った, の上, の完勝, の総数, はこれ, は上田城, は姉川, は憤怒, へ内通

▼ 徳川~ (11, 0.3%)

1 [11件] ついたなら, わたせと, 一味に, 一味を, 入る頃, 加担した, 尽す志, 弓を, 恨みを, 火ぶたを, 當つた

▼ 徳川さま~ (10, 0.3%)

3 のご 2 の御, の手 1 の持物, は実に, へさしだせ

▼ 徳川家斉~ (9, 0.3%)

1 が五十四, である, であろう, に辟, の上覧角力, の命, の末, の美挙, の聘

▼ 徳川~ (9, 0.3%)

1 一家待遇に, 一門の, 一門を, 宗家に, 宗家を, 連枝たる, 連枝の, 連枝中の, 開府以前の

▼ 徳川から~ (8, 0.2%)

1 つぶされるや, 奪われないため, 明治まで, 権力を, 特別の, 真田に, 許された元和三年, 貰う筋合

▼ 徳川~ (8, 0.2%)

1 などこ, にはもう, には二度無料, は, は山の手生活, は數日前, は説明者, よ許せ

▼ 徳川太平~ (8, 0.2%)

3 の世, の代 1 の世階級観念, の時代

▼ 徳川時代文学~ (8, 0.2%)

2 の殿将, の糟粕 1 の殻, の殼, の真相, の開山

▼ 徳川北畠~ (7, 0.2%)

3 の聯合軍 2 の両 1 の旌旗, 両軍

▼ 徳川夢声君~ (7, 0.2%)

1 が青春懐古, といふ難物, なども正しく, の, のごとき, は, は一高

▼ 徳川~ (7, 0.2%)

3 の諸侯 1 の与国, の武士, の武士衆, の譜代大名

▼ 徳川万太郎様~ (6, 0.2%)

1 が押し込められ, だと, にお, の御, の頼み, も御

▼ 徳川中期~ (6, 0.2%)

1 から明治年代, と考えられる, には, のこと, の草雙紙, より末期

▼ 徳川中期以後~ (6, 0.2%)

1 だという, である, にはつまり, の不自然, の江戸文化, は絵画

▼ 徳川宗家~ (6, 0.2%)

1 からの附家老, というもの, にとっては御三家, にとっては由々しき, に盾突い, を継い

▼ 徳川家光~ (6, 0.2%)

2 は近臣十二名 1 が亡くなつ, が半井瑞策, の治世, を討っ

▼ 徳川家慶~ (6, 0.2%)

2 に謁 1 が薨去, の句, の築かしめた, の薨去

▼ 徳川家茂~ (6, 0.2%)

1 が上洛, に報ぜ, に扈随, に謁, に随, は柏軒

▼ 徳川将軍家~ (6, 0.2%)

1 が御, となった, のお, の勢い, の巻狩り, より四国

▼ 徳川氏時代~ (6, 0.2%)

1 に平民者流, に於ける, に流れたる, の如く, の戯作家, の道徳

▼ 徳川~ (6, 0.2%)

1 だ, だから, の関東八カ国, へさ, を通っ, を通る

▼ 徳川さん~ (5, 0.1%)

1 がトロッコ, が結婚式, の邸, は佐賀, は紺

▼ 徳川~ (5, 0.1%)

1 の御, の本邸, の短, は其の, を何とか

▼ 徳川実記~ (5, 0.1%)

1 に左近将監忠邦, に拠れ, に至つて, は初め, は十月十三日

▼ 徳川~ (5, 0.1%)

1 の兵法, の兵法家, の兵法談議, の形骸, の本領

▼ 徳川にとっては~ (4, 0.1%)

2 獅子身中の 1 旗本でも, 無二の

▼ 徳川万千代~ (4, 0.1%)

1 であった, である, はみんな, を餓鬼大将

▼ 徳川三百年間~ (4, 0.1%)

1 に僅か, に發生, はその後, を失意

▼ 徳川光圀~ (4, 0.1%)

2 は数奇 1 の好学, の如き

▼ 徳川幕府以前~ (4, 0.1%)

1 からの事, にもあった, に於い, の戦国時代

▼ 徳川慶喜公~ (4, 0.1%)

1 の晩年, の薨去, は宝台院, を始めその他一時朝敵

▼ 徳川氏三百年~ (4, 0.1%)

1 の城下町, の治世, の泰平治下, を流る

▼ 徳川治世~ (4, 0.1%)

1 となり, のきびしい, のはじめ, の貴族

▼ 徳川秀忠~ (4, 0.1%)

1 について真田昌幸, の葬儀, の近, の養女

▼ 徳川織田~ (4, 0.1%)

1 の中軍, の聯合軍, の起つあり, の連合軍三万八千

▼ 徳川譜代~ (4, 0.1%)

1 と同様, の士族, の臣, をもっ

▼ 徳川でも~ (3, 0.1%)

1 よいほん, 織田でも, 譜代大名は

▼ 徳川への~ (3, 0.1%)

1 おべっかか, 奉公納めだ, 恐れと

▼ 徳川世子~ (3, 0.1%)

3 の継嗣問題

▼ 徳川以前~ (3, 0.1%)

1 には所有格, には数学, に長

▼ 徳川~ (3, 0.1%)

1 が南葵文庫, が有名, へ払い下げ

▼ 徳川十五代将軍~ (3, 0.1%)

2 が大政奉還 1 と肩

▼ 徳川吉宗~ (3, 0.1%)

1 が将軍家, のこんな, の時

▼ 徳川夢声さん~ (3, 0.1%)

1 には話した, に会ったらわすれず, の名

▼ 徳川夢声氏~ (3, 0.1%)

1 が今度われわれ, が随筆, と対談

▼ 徳川家康公~ (3, 0.1%)

1 が富士登山, とは異父同母, は理窟

▼ 徳川家達公~ (3, 0.1%)

1 がいた, が夫人, と一緒

▼ 徳川幕下~ (3, 0.1%)

1 の四万七千石, の士, の旗本

▼ 徳川慶喜征討令~ (3, 0.1%)

1 が下る, を掲げた, を発し

▼ 徳川支配地~ (3, 0.1%)

3 はもちろん

▼ 徳川時代以前~ (3, 0.1%)

1 から行われた, にはむしろ, の交通

▼ 徳川時代初期~ (3, 0.1%)

1 に入る, の, の学者林羅山

▼ 徳川直参~ (3, 0.1%)

1 という所, の人々, の若い

▼ 徳川直属~ (3, 0.1%)

2 の代官 1 の旗本

▼ 徳川親藩~ (3, 0.1%)

1 の越前家, の重臣, 第一

▼ 徳川頼倫侯~ (3, 0.1%)

1 が住まるる, に話せし, は屡

▼ 徳川頼宣~ (3, 0.1%)

1 がある, が出, の時

▼ 徳川あり~ (2, 0.1%)

2 とは云

▼ 徳川~ (2, 0.1%)

1 三代ごろの, 三代の

▼ 徳川~ (2, 0.1%)

1 前田かと, 豊臣か

▼ 徳川がた~ (2, 0.1%)

1 の作戦, の使者

▼ 徳川~ (2, 0.1%)

1 神祖の, 西国方の

▼ 徳川~ (2, 0.1%)

1 乙の, 落着く

▼ 徳川では~ (2, 0.1%)

1 いかん徳川, ない

▼ 徳川という~ (2, 0.1%)

1 ものに, ものは

▼ 徳川とは~ (2, 0.1%)

1 あまり縁, 君臣という

▼ 徳川などの~ (2, 0.1%)

1 手で, 領地を

▼ 徳川にとって~ (2, 0.1%)

1 容易ならぬ, 獅子身中の

▼ 徳川には~ (2, 0.1%)

1 人物が, 外様であった

▼ 徳川~ (2, 0.1%)

1 将軍の, 軍の

▼ 徳川中期以前~ (2, 0.1%)

1 の幽霊, はつまり

▼ 徳川中期頃~ (2, 0.1%)

1 の町娘, の町娘二人

▼ 徳川中興~ (2, 0.1%)

1 の主, の名将軍吉宗公

▼ 徳川二代将軍秀忠~ (2, 0.1%)

1 が政宗, に嫁い

▼ 徳川~ (2, 0.1%)

1 の輿論, へこの

▼ 徳川光圀卿~ (2, 0.1%)

1 が常に, の惜しまれた

▼ 徳川八代~ (2, 0.1%)

1 の将軍吉宗, の時

▼ 徳川八代将軍吉宗~ (2, 0.1%)

1 に仕え, の頃

▼ 徳川公爵~ (2, 0.1%)

1 が国際連盟, や加藤友三郎大将

▼ 徳川前田蒲生上杉各人~ (2, 0.1%)

2 各説

▼ 徳川台徳院~ (2, 0.1%)

1 は中仙道, を関ヶ原

▼ 徳川喜久子姫~ (2, 0.1%)

1 の御, の御入

▼ 徳川四天王~ (2, 0.1%)

1 のひとり本多忠勝, をはじめ二十三家

▼ 徳川夢声老~ (2, 0.1%)

1 の設計, も幽霊

▼ 徳川家定~ (2, 0.1%)

1 に将軍宣下, は八月二日

▼ 徳川家康以来~ (2, 0.1%)

1 およそ二百七十年間, の名

▼ 徳川家瓦解~ (2, 0.1%)

1 の後, の時

▼ 徳川家直参~ (2, 0.1%)

1 のもの, の旗本

▼ 徳川封建期~ (2, 0.1%)

1 が明治, に確立

▼ 徳川幕府以外~ (2, 0.1%)

2 の幕府

▼ 徳川幕府打倒~ (2, 0.1%)

2 の運動

▼ 徳川幕府時代~ (2, 0.1%)

1 には, には東海道十三驛

▼ 徳川御三家~ (2, 0.1%)

1 の一つ, の随一

▼ 徳川思想~ (2, 0.1%)

1 がみちみち, は今日

▼ 徳川慶勝~ (2, 0.1%)

1 では, や松平春嶽

▼ 徳川政府顛覆~ (2, 0.1%)

1 に与り, の卵

▼ 徳川政策~ (2, 0.1%)

2 を謳歌

▼ 徳川教氏~ (2, 0.1%)

1 の住地, や大関平馬

▼ 徳川文化~ (2, 0.1%)

1 の全盛期, を考える

▼ 徳川文明~ (2, 0.1%)

1 の灯かげ一, の爛熟

▼ 徳川斉昭~ (2, 0.1%)

1 で嘉永六年六月, の言

▼ 徳川新之助~ (2, 0.1%)

1 といっ, をし

▼ 徳川旗下~ (2, 0.1%)

1 にいたら, の意気

▼ 徳川旗本~ (2, 0.1%)

1 にはあの, の柱石

▼ 徳川~ (2, 0.1%)

1 幕府に対する, 幕府の

▼ 徳川時代三百年~ (2, 0.1%)

1 の太平, を通じて一貫

▼ 徳川時代寛文年間~ (2, 0.1%)

2 に沼田

▼ 徳川最後~ (2, 0.1%)

1 の力, の将軍慶喜

▼ 徳川期封建制~ (2, 0.1%)

1 によって著しく, ほど特色

▼ 徳川末期文学~ (2, 0.1%)

2 には溌溂

▼ 徳川末期趣味~ (2, 0.1%)

2 を髣髴

▼ 徳川本位~ (2, 0.1%)

1 である, な策

▼ 徳川武士~ (2, 0.1%)

1 というもの, の道徳

▼ 徳川氏初年~ (2, 0.1%)

1 に定めた, までは金森氏ここ

▼ 徳川治下~ (2, 0.1%)

1 に土下座, の世間

▼ 徳川累世~ (2, 0.1%)

2 の恩義

▼ 徳川覇府~ (2, 0.1%)

1 の余威, の建設

▼ 徳川陣屋~ (2, 0.1%)

2 で家康

▼ 徳川霊廟~ (2, 0.1%)

1 とを結びつける, の境内

▼1* [384件]

徳川あたりから戦争名分, 徳川あっての旗本, 徳川からの監視に, 徳川からは根幹を, 徳川であると云, 徳川でなくて加藤, 徳川といふ時代は, 徳川として堀田と, 徳川としてはほかに, 徳川とも豊臣とも, 徳川どの上洛の儀, 徳川なぞの武門, 徳川など隙さえ, 徳川などは天下の, 徳川にては姉川合戦と, 徳川によって滅ぼされた小西摂津守, 徳川に対して反逆者でも, 徳川はん江戸で政治, 徳川たけの, 徳川びいきだし, 徳川までは周知の, 徳川一味の諸, 徳川一家は四分五裂, 徳川一族の者, 徳川一門を滅亡, 徳川一類の身, 徳川七十万石の新, 徳川万太郎おのれ逃がしては, 徳川万太郎そのものの体, 徳川万太郎一部始終を聞き終っ, 徳川万太郎宛にとどいた, 徳川万太郎様たちはどちら, 徳川三〇〇年の幕府, 徳川三代将軍の頃, 徳川三位中将名古屋藩知事を仰せ付けられる, 徳川三千の軍兵, 徳川三家の居城, 徳川三氏を経, 徳川三百年一貫して, 徳川三百年中東海道に鳴りひびいた, 徳川三百年全国に三百余侯, 徳川三百年太平の結果, 徳川三百年来はじめて行われた, 徳川三百年豊麗な腰, 徳川三百年間随一の大, 徳川世々の霊廟, 徳川世襲の伝統, 徳川世襲伝来の精神, 徳川両氏の外教禁遏, 徳川中世の武道, 徳川中世以後はまことに, 徳川中古の回復諸侯, 徳川中心の永遠, 徳川中興以後松平楽翁だの水野越前, 徳川中葉から経済力, 徳川中葉以後町人階級が勃興, 徳川九代家重の寛延元年七月廿七日, 徳川亀之助以下譜代の旗本, 徳川二代秀忠の室, 徳川二氏に依っ, 徳川二百年の間, 徳川五代綱吉という人, 徳川代々の廟所, 徳川以前足利の末辺, 徳川以後の事, 徳川以後明治維新以後の近世, 徳川以来否記紀時代以来, 徳川以降の御前試合剣道, 徳川何代将軍かのお, 徳川侯爵だよ, 徳川信康がいま, 徳川倒壊のため, 徳川全権の室, 徳川全盛の昔, 徳川八世のうち, 徳川八代将軍の継嗣問題, 徳川八代将軍吉宗公の御, 徳川八代將軍更に代, 徳川八代泰平の御, 徳川公松平伯を初め, 徳川を打つ, 徳川兵団だとか, 徳川世の, 徳川初代の頃, 徳川初期のは強い, 徳川勢之に乗じ, 徳川勢右岸に迫らん, 徳川勢稍後退した, 徳川されて, 徳川北条などという名だたる, 徳川北条北国に柴田, 徳川北条柴田のともがら, 徳川十一代の将軍家斉, 徳川十一代将軍家斉公の享和二年三月十一日, 徳川十三代の一期, 徳川十五代の基, 徳川十代将軍は誰, 徳川十六代亀之助様のお供, 徳川十四代の当, 徳川古参の重臣, 徳川を窮むる, 徳川吉宗公以降幕府より毎々, 徳川吉宗時代の植林, 徳川名代を誇る, 徳川君以外に活躍, 徳川君正岡の会, 徳川君等と一緒, 徳川喜久子姫さまがお, 徳川喜和子などとは全然, 徳川四代将軍の頃, 徳川の滅亡, 徳川堀尾浅野伊達井伊等大軍で攻めた, 徳川夢声ひとりその道で気, 徳川夢声みたいに, 徳川夢声両君と雑誌, 徳川夢声先生という珍優, 徳川夢声妻死去去月三十一日もう葬式, 徳川夢声来楽ナヤマシ会同人忘年会で富士見町, 徳川夢声等が単独講和, 徳川夢声胃病で休み, 徳川夢聲を葵館, 徳川夢聲君が木村對升田, 徳川猷公放, 徳川大名の置き物, 徳川大御所もちょうど, 徳川大納言の口上, 徳川天一坊の行列, 徳川天一坊殿御旅館と墨色鮮, 徳川天保の改革, 徳川天明期にあゝ, 徳川宗室を見渡した, 徳川宗家そのものがあぶない, 徳川宗家擁護のため, 徳川宗族の墓地, 徳川宗春のよう, 徳川宗春様であられる, 徳川宗武井手曙覧平賀元義これなり, 徳川家お抱えの軍学家, 徳川家一家の御, 徳川家一統の世, 徳川家一般の者, 徳川家中心でふたたび, 徳川家付の作者, 徳川家代々の方針, 徳川家以前の旧家, 徳川家以外の溜り場, 徳川家光治世の時, 徳川家八万騎をはじめ, 徳川家初め他の藩, 徳川家加賀爪伝内どのが的, 徳川家司宰のもと, 徳川家始めその他の朝敵, 徳川家客分の待遇, 徳川家康いつになく, 徳川家康うかつに踏み入っ, 徳川家康ことし四十一になる, 徳川家康さまのおん内, 徳川家康どのへ従うだろう, 徳川家康二宮尊徳渡辺崋山近藤勇近松門左衛門などの名, 徳川家康以下の将軍, 徳川家康入府の際, 徳川家康公以来の名, 徳川家康将軍宣下と共に徳川幕下, 徳川家康帰化英人アダムスをし, 徳川家康江戸入府の際, 徳川家康織田信雄は東海道, 徳川家控えどころの帳, 徳川家方の射手加賀爪伝内, 徳川家時代から味, 徳川家時分とは余程, 徳川家本国の中核, 徳川家榊原家小笠原家またこの, 徳川家治の在職十九年, 徳川家祖法の鎖国, 徳川家累代の霊, 徳川家綱に謁見, 徳川家茂公に将軍宣下, 徳川家達野口小蘋, 徳川家重宝の初, 徳川家重臣の一人, 徳川家長久の基, 徳川家随一の剛将, 徳川家齊の命, 徳川宿老のご, 徳川対真田の関係, 徳川封建政府を維持, 徳川封建期的の社会支配, 徳川専横の世, 徳川将軍上覧角力の際, 徳川将軍家御用であった天下一品, 徳川将軍家斉公全盛のとき, 徳川将軍家歴代の宝廟, 徳川将軍家茂公の上洛, 徳川将軍時代には今, 徳川将軍綱吉の世, 徳川將軍家に對, 徳川のショファー, 徳川幕下直参の士, 徳川幕府三百年の鎖国政策, 徳川幕府下に於ける, 徳川幕府中頃までの神道者, 徳川幕府二百六十年の恩誼, 徳川幕府二百年の太平, 徳川幕府二百数十年封建の諸, 徳川幕府以来明治維新を経, 徳川幕府創業の名, 徳川幕府創業者の孫, 徳川幕府取締り上の便宜, 徳川幕府当局から江戸横浜間, 徳川幕府成立以後に於ける, 徳川幕府時代二百七十年を通じて百姓一揆, 徳川幕府時代所謂傳通院殿のお, 徳川幕府直参の武士, 徳川幕府直轄の天領, 徳川幕府開設の當初, 徳川幕末政府が苦心惨憺, 徳川廟前の石燈籠, 徳川廣忠は子, 徳川の封建政策, 徳川式兵制は撤廃, 徳川弘氏もはい, 徳川征夷大将軍も一, 徳川征討の密勅, 徳川後代の文章, 徳川後期の小説, 徳川従三位とある, 徳川御家人の一人, 徳川御霊屋の塀, 徳川正卿, 徳川慶勝松平慶永島津義久山内容堂西郷隆盛大久保利通後藤象二郎福岡孝悌これらの人々, 徳川慶喜公さへも後, 徳川慶喜公政権奉還の意義, 徳川慶喜征討の御, 徳川慶喜討伐の師, 徳川支配の下, 徳川政府二百五十余年の泰平, 徳川政府勘定所の例, 徳川政府封建の時代, 徳川政府最後の将軍慶喜公, 徳川政権を無条件, 徳川政治はそんな, 徳川文化一切の発祥地, 徳川文化愛慕の霊, 徳川文学が明治文学, 徳川文芸の上, 徳川将軍の, 徳川新之助時代の野性, 徳川新之助様だってえ, 徳川既に衰運に, 徳川時代あたりに昔, 徳川時代のに比べ, 徳川時代三百年間に日本, 徳川時代三百藩の一, 徳川時代下町のきかぬ, 徳川時代二百六十余年の太平, 徳川時代以後文字を知らない, 徳川時代以来の五人組, 徳川時代位の年號年數, 徳川時代元禄から享保頃, 徳川時代天下泰平烽火を見ず, 徳川時代天和頃にできた, 徳川時代太平の結果, 徳川時代女は三界, 徳川時代寛文四年郡名整理のさい, 徳川時代平民の理想, 徳川時代御用史家のこしらえ事, 徳川時代文化がその, 徳川時代正徳の頃, 徳川時代武士と町人百姓, 徳川時代水戸黄門が一粒, 徳川時代浄瑠璃読本にまでなった, 徳川時代的な郭制度, 徳川時代越後や出羽方面, 徳川時分でも変り, 徳川智者も勇者, 徳川朝倉の間, 徳川期三百年の封建性, 徳川期以來二百餘年昌造時代ももちろん, 徳川期以後で古く, 徳川期封建制下の家族制度, 徳川期後期の小説家, 徳川期最初の大儒, 徳川期的東洋封建文化と西欧, 徳川期美術は奈良あたり, 徳川期隅田川筋の物資集散, 徳川末世の晁錯, 徳川末季の江戸生活, 徳川末年の行楽, 徳川末期あたりに生まれ, 徳川末期以後次第に国民化, 徳川末期以後茶道の墮落, 徳川末期以降の思想史, 徳川末期志士の歌, 徳川末期町人階級はそれ, 徳川末期的の世情, 徳川林政史研究室の所三男君, 徳川様瓦解の時分, 徳川権力確立以後の日本人, 徳川權現樣三河御譜代, 徳川殿ニコノ由ヲ告ゲ申サルルニモ及バズ, 徳川殿上洛せらるるにつき, 徳川殿今度勅命により召寄せ, 徳川殿以下浜松の家臣, 徳川殿謡初にかの兎, 徳川氏今川氏北条氏等の庇護, 徳川氏以前にあり, 徳川氏以後の思想, 徳川氏以後世運の漸く, 徳川氏入国以前からの古木, 徳川氏初代の平民, 徳川氏初期からを指す, 徳川氏初期數代を築き, 徳川氏天下を平, 徳川氏封建末路の人民, 徳川氏彼自身が恒, 徳川氏政を江戸, 徳川氏政権をとる, 徳川氏文学中に粋, 徳川氏末世の平民, 徳川氏瓦解に際し旗下, 徳川氏系統の貴婦人, 徳川氏累代の貴婦人, 徳川氏自身がいつの間にか, 徳川氏譜第恩顧の者, 徳川民部大輔は山高石見守, 徳川治世三百年間は大体, 徳川治政より始まる, 徳川流活花の作法, 徳川牽制の, 徳川玄同の名, 徳川内閣の, 徳川瓦解の後, 徳川産業だの豊臣製薬, 徳川田辺両氏がゐる, 徳川由緒のその, 徳川的儒教と化し, 徳川直属時代の誇り, 徳川直屬の代官, 徳川直轄の扱い, 徳川矛盾に及ぶ, 徳川社会の驕奢, 徳川禁教時代からひそか, 徳川秀忠夫人となっ, 徳川累代の霊廟, 徳川綱吉がその, 徳川綱重に仕え, 徳川織田何するもの, 徳川織田斎藤などにし, 徳川織田武田などの侵略, 徳川美術館とならん, 徳川義直公の聘, 徳川義親侯の指導下, 徳川大御所の, 徳川聯合は俄然, 徳川聯合軍との公式, 徳川茂徳当時玄同と改名, 徳川茂承の愛妾, 徳川蔵人元康へ遣っ, 徳川に代っ, 徳川衰えたりといえ, 徳川討つべしを熱叫, 徳川討てと叫びましたろう, 徳川討伐の壮図, 徳川譜代恩顧の者, 徳川豊臣の二つ, 徳川賢吉家来伊東貫斎が奥医師, 徳川贔屓じゃ徳川家, 徳川贔負の人, 徳川軽くなるの, 徳川退くならば彼等, 徳川連合軍の乱入, 徳川遺臣たちの共和国宣言, 徳川の椎, 徳川郡伽洞にある, 徳川鍋島前田三井岩崎など当時, 徳川鎖国主義以前の, 徳川門葉のおごり, 徳川の側, 徳川随一の剛の者, 徳川非常の軍用金, 徳川に如何, 徳川領鳴海から先, 徳川顛覆の場合, 徳川麾下の一般