青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「徳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

復~ ~復讐 復讐~ ~微か 微か~ ~微妙 微妙~ ~微笑 微笑~ ~徳
徳~
徳利~ 徳川~ 徹底~ ~心 心~ ~心から 心から~ 心中~ ~心地 心地~

「徳~」 6357, 69ppm, 1649位

▼ 徳~ (1162, 18.3%)

11 彼の 9 驚いて 7 それを 6 うなずいた, 彼を, 心の, 急に 5 うなずいて, 馬を 4 ここに, さすがに, そういっ, 諸将

3 [15件] それと, なだめて, 孔明と, 孔明に, 小沛, 彼に, 恩を, 新野へ, 次の, 正直に, 眉を, 自分の, 色を, 関羽の, 静かに

2 [54件] ある日, あわてて, いう, いった, おどろいて, お源, ここで, これを, そこに, なんの, ひとまず, また弓, また訊いた, 主人の, 何か, 僕を, 厠へ, 声を, 天子の, 孔明の, 孔明を, 孤ならず, 家付きで, 少納言に, 左右の, 張飛の, 彼らを, 徐州の, 微笑し, 必死と, 思い出して, 愕い, 新野に, 既に器, 杯を, 漢室の, 独りで, 瞑目し, 私の, 竜之, 蜀へ, 衣服を, 襟を, 見て, 謹んで, 身を, 関羽と, 関羽張飛の, 阿る者, 頭を, 顔を, 馬の, 驚いた, 黙然と

1 [932件 抜粋] ああと, あいまいに, あくまで, あくまで責め, あっさり帰った, あのよう, あまりの, あやしんで, ありませんが, いかにも心, いくらか, いずれに, いつも聴くべき, いま家庭的には, いま手も, いよいよその, いるか, いんぎんに, うなずき, うなずきかつ, えらいもの, おとろえたの, お前の, お勝手口, お神籤, かえって大きな, かえって孔明, かえって罪, かかる場合, かさねがさねの, かつて孔明, かように, きびしく取り調べられた, くわっと眼, こ, こう宣言, ここから, こころも, この一瞬, この戦, この栄, この法正, この若い, これも, こんなこと, さえぎる力, さておいて, さらに嘆き悲しん, さらに幼少, さらに若い, しばし行く, しみじみと, じっと見, すぐ帰国, すぐ張飛, すぐ書簡, すぐ満, すぐ馮習, すこし不思議, すでに大軍, すでに成都, すれちがいながら, そうした境遇, そう思慮, そう考えた, そこを, そっと階, そのあと, そのまま南, その上, その人物, その冷淡, その報告, その夜, その席, その手, その男, その肩, その趣, その麾下, それだけが, それへ, たいへん驚いた, ただ, ただ笑っ, ただ黙っ, だまって, ついにこういっ, ついに嗚咽, ともかくも, とりあえずその, どうか, どうしたっ, どうであった, どう考えた, どんな立派, なお, なお容易, なお引きとめ, なお時々, なお茫漠, なんとかし, にぎやかな, はからぬ助け, はっとわれ, ひき止めた, ひとり想像し, ひとり自己の, ひと目見, びっくりし, ふかい呼吸, ふたたび中原, ふたたび新野, ふたりを, ふっくらと, ふと問うた, ふと眉, ほっとし, まさしく真, まずこの, まず民, またお玉, またその, また俄, また北岸, また孔明, また数万, また月下, また近臣, また進ん, まだ民, まったく昏迷, みずから迎え立ち, むげにも座を, むらがる敵, もう三十, もう瞼, もちろんその, もとより武力, もどかしそう, やがてこの, やがて征伐, やがて許昌, やはり奈良, やはり息, ややしばらく眸, やや急, よほどな, わが妹婿, わが宗族, わざと辱ら, ガラッ八, ニコと, 一世の, 一方の, 一時なんとなく, 一期半期の, 一言, 一読する, 一身を, 一隊を, 三十五六の, 上賓の, 不埓, 不敵な, 不死身の, 不肖の, 世上一般の, 中央の, 中庸という, 主劉恢, 予の, 二人に, 二人の, 二人以上の, 井戸から, 人々が, 人みな知る, 人中の, 人間の, 仁人である, 仁義に, 仇つ, 今その, 今徐州, 以前から, 仰天し, 伊籍に, 会心の, 伸び上がって, 何でも, 何よりも, 何思った, 使者から, 使者を, 依然として, 侮れませんぞ, 信造を, 倦まず動かずなお, 傲然と, 優しく言った, 元来西涼の, 先ず安心, 先に, 入城した, 八三郎を, 六十一, 冠を, 刎ね, 初めて口, 別の, 到底その, 劉封孟達の, 劉表の, 力士に, 勇んで, 十里亭から, 半信半疑の, 卒爾を, 即日兵馬を, 即日法三章を, 参戦を, 取る物, 叫ばずには, 台所の, 叱って, 右を, 各, 名残りを, 呆れる, 告げる者, 周王に, 周瑜との, 呼んで, 和助の, 唇を, 唯々として, 喙を, 嘆かわしい顔, 嘆じた, 嘆息まじり, 四十七であった, 四十五六の, 四民に, 国を, 地に, 城中の, 城外まで, 執着くお, 堂上の, 変を, 夜の, 大きい, 大きな斧, 大きな眼, 大坂城普請, 大漢, 大行軍, 天下の, 天乙に, 失望した, 奥へ, 女ながら, 好意を, 妬けたん, 嬉しさ, 孔明と共に, 孤ならずで, 安からぬ, 官の, 家の, 寛仁大度かならず, 将士に, 尋常の, 少々焦, 少し面白, 少年早く, 山峡の, 峡門から, 左将軍関羽右将軍張飛だけを, 布告を, 帰って, 平凡な, 平次に, 平次の, 店を, 廻気はげしき, 弟子の, 張飛関羽などの, 役人の, 待ちかねて, 待ってたという, 後の, 後ろも, 従う色, 微笑の, 徳その, 心も, 心を, 心配しだした, 必死の, 快く承諾, 怖れふるえた, 思いやって, 思わずほほ笑んだ, 思わず頬ずり, 思わず駒, 急いで, 恐懼し, 悉皆天下, 悲痛な, 想像した, 意外に, 愕然と, 愛嬌よく, 感泣の, 慇懃に, 成都に, 手に, 手紙を, 手足に, 抱き止めたまま, 拝諾し, 持て餘, 摺り寄っ, 敬礼を, 敵の, 断乎として, 新らしい, 施こし, 日に, 旧情を, 早城中, 早死を, 早馬を, 明らかに, 春夏秋冬に, 時おり二人, 曠野に, 曹操から, 最多重, 有能である, 服せざるを, 朝廷を, 朱雋の, 果報すぎる, 槌を, 横を, 次に恩爵授与, 次郎の, 歌の, 此の, 歩行し, 殷の, 毎日無為な, 気の毒そうに, 気付けの, 永劫に, 永徳で, 沈湎と, 沈痛に, 河北に, 活動である, 派手なし, 浅黒い引緊, 淋しいが, 深く嘆, 温良高潔の, 漢学の, 無事, 無言の, 煙に, 狩野の, 独り言に, 玉璽を, 王忠に, 生涯忘れまい, 画壇の, 異議なく, 異議も, 疑った, 痛心を, 白帝城に, 百姓を, 監獄の, 直ぐ賛成, 直ちに漢中, 直ちに諸, 直ちに駕, 眸を, 眼に, 砧の, 神に, 禽獣に, 秀吉に, 私には, 空とぼけて, 突如立っ, 立春の, 笑顔を, 答えて, 範を, 素直な, 終始つつしんで聞い, 縁先に, 繰り返し繰り返し孔明, 美しい鞍, 義を, 義理に, 老将, 老黄忠, 耳なき, 耳も, 聖靈に, 聞えぬ顔, 聞き耳たて, 聴者が, 肚の, 肩身が, 膝を, 臣下の, 自ら心を, 自信を, 自分に, 自然相国へ, 至徳と, 舌を, 芸術家には, 茫然と, 茶の間に, 荊州の, 荊州へ, 落涙した, 落胆し, 蔵太郎を, 蜀の, 血でも, 表の, 衰へ, 襄陽へ, 見えず馬岱, 見るに, 覚束な, 言葉を, 訊いた, 討たざるを, 詩声を, 説明しました, 賊将程遠, 躊躇する, 車に, 車を, 軍を, 軍師たる, 迎えられて, 近日孔明を, 迷った, 通った, 進むに, 道を, 道理を, 適任だ, 部下に, 鄒靖に, 酔後の, 金魚が, 長嘆し, 長坂橋, 関定の, 関羽を, 関羽張飛などの, 降伏し, 陸遜, 階下から, 隣り町, 雪ふみ分け, 非常な, 面を, 面目なげ, 鞍の, 順次に, 顔色を, 風なり, 飛んで, 養は, 馬上から, 馬超へ, 駒の, 騎を, 驚倒せん, 驚愕した, 高士鄭玄の, 魏にとって, 魏延の, 鸚鵡返しに, 黄忠魏延の, 黙々と騎上, 黙々呉侯, 黙然と灰色, 黙然と聞い

▼ 徳~ (992, 15.6%)

13 ために 10 前に 9 すがた 7 うしろに, 顔を 6 命を, 手を 5 ところへ, もとへ, 書簡を, 高い人 4 ある人間, ほうへ, 人物を, 身を, 軍は, 面を, 首を

3 [23件] あとを, ある人, お行方, ことばに, そばに, そばへ, 一行は, 側へ, 兵は, 前へ, 如きは, 客館へ, 帷幕に, 後ろを, 心を, 手に, 旗を, 眼には, 行方を, 軍を, 野郎が, 阿魔, 高い坊さん

2 [57件] ある行為, うしろから, これを, すすめに, もとに, やうな, ような, ように, 一つと, 一書を, 一行を, 主人が, 主人だ, 主人の, 主人は, 二人物あり, 使いに, 兄で, 前を, 口から, 名は, 君を, 命に, 境遇を, 妻子は, 妻子を, 姿は, 姿を, 家へ, 心に, 手から, 攻撃が, 政治家頻りに, 根本的な, 母であった, 深さ, 然らし, 生涯を, 盛んな, 立場に, 第一例, 第三子信道, 胸には, 胸中には, 華であった, 要を, 規定を, 進むを, 運命にも, 道に, 部下として, 野郎あいつは, 陣に, 面影が, 頃から, 高下に, 麾下に

1 [703件 抜粋] あらゆる美, あるおじいさん, あるもの, ある乞食, ある天子, ある好意, ある惜しい, ある証拠, いかばかり汝, いたらぬため, いのちは, いるほう, いる新野, うしろ姿を, うすい者, うたがいは, うちである, おやじが, お蔭だ, かがやきの, がある, こころを, こと, ことが, ことに, ことばだけ, ことば主命の, ことらしい, このやう, ごときも, ごとき皇叔, ごとく心得一方, さえぎりなどは, さしず, そういう態度, そばから, たのみと, ためこの, ためで, ためまげて, ため予州, ない自分, なすまま, にぎやかな, ふせぎ得る曹操, ほうから, ほうで, ほうは, ほうを, ほかには, まえで, みまかった跡, むねを, やすんで, やつめ妙なのろけ, やつを, ゆたかな, ゆるしを, よろこびは, よろこび方, ドノ点が, 一つである, 一つであるなら, 一主人に, 一味に, 一命を, 一将と, 一念が, 一文が, 一書が, 一点に, 一萬五千圓で, 一行も, 一陣である, 一面が, 三人を, 三枚続きの, 上から, 下等社会は, 不始末, 不安も, 不幸に, 不足に, 両手へ, 両親の, 中にも, 中の, 中軍も, 乗って, 乞いを, 事だ, 事には, 二夫人に, 亡くなった後, 亡くなった跡, 人には, 人物も, 人間を, 仁愛を, 今日昼間の, 仰せを, 会釈を, 伴れ, 位置は, 体じゃの, 佗びたる住居を, 使いで, 使いとして, 使者は, 例, 例を, 依然として篤い, 便りでも, 信任も, 信望に, 側に, 側面を, 傍へ, 傾注した, 元素は, 兄岡西玄亭が, 兄岡西玄亭の, 先刻の, 先鋒が, 光は, 入城を, 公私を, 兵を, 内意と, 円満なる, 出陣の, 出陣ぶりは, 前で, 前につれて, 前には, 剛を, 割合に, 力に, 力は, 力量によって, 勢いが, 勢に, 勢力を, 勲功ある, 化身を, 厩に, 双方は, 口吻を, 名ある, 名が, 名と, 名にも, 名を以て, 名代として, 君には, 君の, 命令である, 哭く様子, 唇には, 唯一の, 問題から, 問題に, 喜悦も, 営に, 器量が, 四先生が, 地を, 基調であった, 墓も, 士で, 士は, 士も, 外に, 大作が, 大斧, 大本に, 大胆さに, 大音声, 夫人として, 夫人は, 夫人や, 奨意に, 奴の, 奴むきに, 好むところ, 如き何もの, 如く肥満し, 妻かねが, 妻たる, 姉で, 姉良が, 娘といふ, 子であろう, 字で, 存在は, 宅は, 安上りと, 宏大なる, 宏大無量を, 客舎へ, 室など, 家という, 家族たちか, 家族たちが, 家来の, 家督相続を, 容子を, 将来を, 尊いという, 導きなき, 小勢を, 小悪戯, 小沛勢, 少ない手勢, 屏風を, 峰を, 帷幕には, 幕下は, 幼弟季男が, 広大無辺さは, 廻し者であった, 弟か, 弟で, 後から, 後裔で, 後談を, 後陣へ, 従者も, 得物と, 御内方たる, 御生涯, 御製と, 復讐の, 徳を, 徳望とは, 心がまへ, 心労に, 心労は, 志を, 念のみの, 念仏であっ, 怒りを, 急使は, 性質の, 怨みは, 恩に, 悲嘆は, 悲痛な, 愚かが, 感傷とは, 態度は, 憂鬱も, 懇望が, 戦死于禁の, 所に, 扇面であった, 手ぎわを, 手によって, 手代, 手勢でござる, 手書を, 才力を, 掌に, 描いた空, 援助なく, 支配の, 放った矢, 文を, 新手が, 方が, 方へ, 旅舎は, 旗が, 日課は, 旧宅を, 普及が, 暗澹たる, 曙を, 書簡は, 望みに, 本なり, 本心は, 本心を, 本軍も, 来援に, 根底に, 根本たる, 根本は, 根本唯一の, 横顔を, 欠けて, 欠如か, 歎き, 歓びようと, 正室甘, 死ぬ日, 死は, 死体は, 死際が, 死骸は, 歿後も, 殺されたの, 殺されて, 母, 母でない, 母も, 母親思いの, 民, 気の, 気色を, 決意が, 決意は, 河船の, 泉である, 泥沓を, 浅い月日, 浮沈は, 消息を, 深淵が, 源たる, 激色に, 点から, 無力化した, 燃やせし愛, 父栄玄が, 父棠軒の, 父母祖先の, 特長は, 生れかわりじゃ, 生命は, 生死を, 生涯の, 由て, 申し口, 留守に, 疏, 疑いを, 発揮が, 発生は, 発達を, 白い割烹着, 白伏で, 盛んに, 目的は, 相として, 相の, 相は, 相手として, 相生相剋し, 看板と, 眼の, 知識が, 破れ家の, 礎なる, 神なれ, 神より, 種と, 積極性を, 立ち帰った, 第一, 第二女ちよ, 筆, 筆を, 筆蹟であった, 紐を, 結髪を, 絵にも, 総攻撃, 緒業は, 美と, 義弟だ, 義弟張飛という, 義弟張飛とは, 義弟関羽だ, 義弟関羽という, 義軍に, 考えは, 耳が, 耳に, 耳へ, 耳もとへ, 肩へ, 背に, 背中から, 胸に, 脩ま, 膝の, 臣か, 臣陳登であった, 自分が, 自力によって, 自重を, 舎弟関羽, 舞には, 芽あれ, 芽を, 英断を, 英明を, 葬いを, 薄きを, 薫りが, 血色という, 行かぬ事, 行動を, 行方が, 行方は, 衷情を, 袖を, 襟が, 要も, 要請である, 言い草が, 言うの, 言なき, 言ふ, 言葉を, 許容を, 証拠である, 詐術という, 話とは, 認めたもの, 語るところ, 誠なる, 説く所, 説である, 調子には, 諸例, 謙譲とが, 賊なりと, 足らざるに, 足らぬもの, 足りないこと, 足りないところ, 足りなかったの, 足下まで, 身辺に, 車は, 軍とが, 軍五百余騎は, 軍師と, 軍来る, 軍馬は, 輝きを, 返書だ, 返簡, 述懐だ, 追手に, 退路を, 途中を, 逡巡を, 運命は, 過りでございました, 道を, 道徳や, 遺傳, 遺託, 遺詔, 部下だ, 部下は, 部下らしく, 部屋へ, 里方岡西氏で, 野心は, 野郎め路地を, 量に, 金山も, 鋭鋒を, 長子精が, 間近まで, 陣を, 陣坐する, 陣屋へ, 陣門に, 陳弁を, 隊が, 隠した金, 雄将たち, 離京と, 霊にたいして, 面には, 面は, 面目を, 順調と, 領分でも, 頭を, 頼み, 顏と, 顔いろ, 顔色は, 養子, 養子と, 香炉に, 骨も, 高いそれ, 高い性質, 高い老人, 高い菩薩僧, 高徳を, 高所に, 麾下張飛が

▼ 徳~ (716, 11.3%)

13 もって 7 持って 6 慕うて, 慕って 4 たたえて, 見て, 見ると, 頌するに, 頌するや

3 [11件] して, 修めて, 守って, 得て, 慕ふ, 樹つること, 殺したの, 積んで, 算術の, 讃へ, 身に

2 [42件] おいては, た, たたえその, ほめたた, みなその, もつて, 信じて, 修めること, 傷けず, 傷る, 先に, 含んで, 吾に, 妾に, 娶るに, 守らずして, 守らぬもの, 守る世界, 尊ぶ心, 座上に, 後に, 後代に, 慕ひ, 扶けて, 招いて, 支えた, 明らかに, 有し新聞紙, 求め智, 目がけて, 知る, 磨きおとしを, 積み智, 累する, 累は, 荊州の, 行うべき吾, 誘って, 讃美し, 追窮し, 頌えて, 高くする

1 [547件 抜粋] あまたに, あらわし給うお, あらわすこと, あれども, いよいよ恐れさせた, うしろに, おそれ惑わせて, おたのみなさい, おどろかした, お慕い申す, お示し, かえりみて, かくに, かさねましたが, かたどった飾り, かたりつたえる印, かれは, きびしい眼, けがす樣, このよう, この老女, この陣中, さがして, さがしに, さきに, さして, さへ, したつて, したの, すこし甘く, すてたらあなた, すり減らすだけが, そう詰問, そなえてるから, そんじないよう, たすけ共に, たずねて, たたえたと, たたえるため, たたえるもの, たたえ業, たたへた, たのみと, だんだんに, つまなければ, つむより, つれて, つんで, なぐさめて, なしたる記憶, なす, のがすな, のぞき江漢, のみ思ふやう, はじめ人々が, はじめ西涼の, ば君に, ひいて, ふり向いた, ほめた, ほろぼして, まん中に, みがいて, みがく樣, もてなした, もて地, やぶること, よび出して, よぶの, わが国へ, 一切の, 一目見, 一身に, 上座に, 不正直である, 与えるもの, 世に, 丘の, 中心と, 中心に, 主として教えざる, 争うもの, 二三に, 亡き者, 亡ぼした勢い, 今の, 仰いだ, 仰いで, 仰がざるもの, 仰ぎ今日, 伐ちに, 会得し, 伝え聞いて, 何よりも, 便殿へ, 促した, 促して, 保持する, 修するもの, 修むることが聖人の, 修むるを, 修めよと, 修めるの, 修め推して, 修め道に, 偉大な, 偲ばせるに, 備えたあの, 備えた大王, 備えた留守番, 備えた貴婦人顔, 備えた青嵐, 備え居るところ, 備え英語, 傳へ, 傳聞し, 傷け, 傷ける, 傷つける事, 先へ, 先手と, 先頭に, 具えた人, 具えること, 具え新, 具すと, 兼ね備えた遠い, 出迎えるため, 刺すぞ, 包んで, 厳罰に, 叱り懲らすこと, 右翼として, 味は, 味わうの, 呼びよせた, 呼び戻さうとして, 呼び返した, 呼べ, 呼んだ, 呼出しました, 咎める人, 喪失する, 嗣がざるごとくシヤルル二世, 嘲って, 囲む一団, 国に, 垂れること, 城の, 城門に, 堅確に, 報謝する, 増し国, 増長する, 多く説けり, 大切に, 天から, 天に, 天皇みずから人民に, 失い礼, 失ったならば, 失ひ明處, 失ひ邪惡, 奥に, 女房の, 好むこと色, 好むもの, 好む者, 妾になんて, 娘に, 娶ったの, 婿と, 子の, 孔顔に, 学び, 守りつづけて, 守り身, 守るべきもの, 守るより, 完全に, 完成し, 実行し, 宮門まで, 害するも, 尊ばれる方, 尊ぶ人, 尊んで, 小沛, 尚ぶ, 布いた上, 布いて, 布きさらに, 布き情, 布き門下, 平げる, 平原の, 弁へ, 引き入れるの, 引ッぱってこい, 当城, 彼の, 彼は, 得たい神, 得たかは, 得た人, 得ないならば, 得るの, 得るは, 忌み嫌うこと, 忘るる, 忘れたといふ, 忘れては, 忘れなかった, 忘れるなかれ, 忘れ得ない彼, 念じ深刻, 怒りを, 思いとまらせたが, 思い止まらすこと, 恨みたもう, 愛する心, 感じて, 感謝する, 感謝せん, 慕いこの, 慕いまいらせ陸続, 慕い四方, 慕い風, 慕うという, 慕う民衆, 慕う者, 慕へ, 憎むこと, 憎んで, 憶ふ, 懐い嬢, 成さんと, 成すに, 成すの, 我今, 扶け, 披露し, 抱きとめた, 抱き起しましたが, 抱くお方, 押え付けとうとう, 招じ, 招待したい, 持たず楽しみ, 持たせたり, 持ち得るという, 捕り逃がすなっ, 捨てるよう, 授かった身, 援助したら, 損じないよう, 損ふ, 攻めれば, 攻め両者, 敗り, 教うる, 教えたもの, 教えられて, 教へ, 教へたり, 数えた所, 敵と, 施こし, 施したり, 施したる記憶, 施した昔, 施して, 施すの意味, 日本第, 映すの, 晦うし奉っ, 景慕し, 有して, 有し多く, 有するもの, 有すれども, 有せず, 本と, 棄てるよう, 植えたもうこ, 植えのこして, 植えるなり, 植ゆる, 歎き, 殺させるため, 殺さないうち, 殺さなければ, 殺さんと, 殺したなどと, 殺したら天下, 殺し陶謙, 殺すこと, 殺すには, 殺すべしという, 殺す時間, 殺す気, 殺す計, 比較し, 永く世, 求めるなどの, 汚さぬよう, 涵養させた, 深くお, 深く慕っ, 減ずるが, 潤おした結果, 焼いて, 煩して, 父として, 現わ, 現わし, 現在所有し, 生かして, 生かしては, 生し孔子, 生む母, 生捕っ, 生捕らずん, 生捕りに, 生捕る, 用うる, 町役人の, 疎んじたなども, 発達せし, 百拝し, 盟主と, 相手に, 相踵, 真言を, 眼で, 着ざれど, 睨むお, 知って, 知らしめ心から, 知らずまた, 知りて, 知り得るの, 知るまでは, 知れば, 破ること, 磨かせられると, 磨けば, 示して, 示すまなざし, 示せば, 祀る所, 祐け, 祐けず, 称えた, 称えて, 称えるもの, 称える声, 称え小谷, 称え己, 称しは, 称せられ高祖, 称ふべく, 称へて, 稱せり, 積たる, 積ませるよう, 積み功, 積み善, 積むなり, 積むの, 積むほか, 積むより, 積む奇, 積め, 立つるが, 立て其の, 等閑に, 算盤で, 繼ぐ能は, 罠に, 考えること, 聞いて, 脩むる者は, 脩めざるべから, 脩め人の, 脩め家族の, 自己の, 自然に, 至徳だ, 芸道上に, 苦しませて, 蒙らしむる, 蜀から, 行う賤人君, 行つても, 行なうの, 行なえ, 行なって, 行ふ, 表さんとて, 表すべし, 表するの, 被せ貴族, 装って, 襲うであろう, 要求せられる, 見すべしと, 見せて, 見つめたまま, 見に, 見んが, 見下ろしながら, 見捨て給わぬか, 観察する, 言ふも, 討たせるの, 討たんという, 討つや, 討つ時, 討伐し, 記念せん, 話して, 誅し魏, 誇張し, 誉むる所の, 認めた, 認めるの, 誘い騙し討ちに, 誘うから, 誤ること一つ, 説いたもの, 説きあわせて, 説きつけあくまで, 説きましたが, 説きまた, 説き義兄弟たち, 説くこと, 請じ, 謝す雄, 護りぬこうと, 讃えること, 讃えるの, 讃し, 讃美しました, 讃美しよう, 負わされて, 貴びかつ, 賛美する, 賞めたたえたくなる, 賞揚する, 蹴るの, 車の, 軽ん, 迎え, 迎えた, 迎えて, 迎え入れた, 追いかけた, 追いかけて, 追いかけ必ず, 追いつめろ, 追撃させい, 追撃する, 送る所以, 逃がして, 逃がすな, 通し申さん, 連て, 連れながら, 逸したら野, 遊ばせて, 避けたれど, 酔わせ関羽, 重んじ身, 陣に, 除かなければ, 除く工夫, 隠し大工, 離れた徐州, 離れての, 難有, 頌えない者, 頌したる賦, 頌した長, 頌し土地, 頌する爲, 頌せざる無し, 頌せんこと, 頼って, 風として, 養うこと, 養うの, 養ふ, 養子に, 馬より, 高くし, 高めようと, 高め心, 高調する, 麾下に

▼ 徳~ (360, 5.7%)

8 ある 6 あって 3 なければ

2 [20件] あると, あるの, あれば, いう, それを, とうとう死にました, ない処, 世に, 保たれようや, 入って, 出て, 力である, 呼ばれる, 帰ると, 日本一の, 現れて, 現れるでは, 眉を, 義弟の, 見られるでは

1 [303件] あつて, あらわれて, ありますから, あり彫刻家, あるか, あるが, あるその, あるという, あるとは, あるならば, ある大いに, ある英雄首, あれほど, いうと, いかに骨法, いくら訊ね, いたします, いつかは, いて, いぶかると, いる, おのずから溢れ, お静, かくまでの, かねがね呉, ぐらついて, こう声, こう意中, ここに, ここへ, ここを, この一事, この世に, この人, この私, この風, これは, こんな独言, さけぶと, しみじみいう, すがた, すすんだの, そういっ, そこへ, そのままに, その一族, その上, その功, たずねた, たずねると, ただすと, ただちにその, ただ一人です, たつた一人, たらないから, だんだん高く, とどめるの, どうかしました, どんなに喜ぶ, どんな豪語, なく人, なく職, ねえから, ねえし, ふと見る, ふと驢, まずいう, まず汝, また娘, まだたえ, まだ生き, みちて, やさしく, やさしく慰めれ, やにわにはね起き, よく関羽, よろこびを, わが君, ドブ板の, 一敗地に, 一日も, 一時に, 一時敵を, 一朝に, 一生の, 一番だ, 上陸早々ご, 下物も, 不審顔を, 不足し, 丞相の, 二代に, 二女好を, 云った, 互を, 亡くなった, 亡くなった後, 亡くなってから, 人知れずそれ, 人間の, 今じゃ, 今の, 今日は, 今朝ドブ板の, 以前の, 任地へ, 住んで, 何でにわかに菜園, 何者にか, 健在です, 傍から, 備わって, 兄の, 先陣に, 入ること, 具は, 円蔵, 出かけて, 初めからの, 初めてこの, 初めてその, 劉封を, 劉辟, 労苦を, 半箭, 厚いの, 厚くて, 参ったと, 参れば, 口を, 叫ばれ質素, 名を, 呂範と, 問うと, 問題に, 嘘を, 城中へ, 外に, 多い, 多少顔なじみ, 大分前, 大音, 奮戦した, 妻子を, 姿を, 娘の, 婆やに, 媒人し, 嫌に, 孔明の, 孔明を, 完成し, 実るの, 実状を, 小波で, 左右に, 席を, 帰って, 常に似合わず, 座中を, 弓を, 引っ返して, 強力と, 当る, 彼に, 往き五百, 待って, 徐州で, 徐州の, 徐州を, 徐庶から, 微賤, 徳である, 徳と, 必要と, 思い知らせて, 思わず地声, 急いで, 怪しいと, 恩遇を, 悲痛なる, 慶応元年九月六日に, 懇, 戻って, 打ち笑って, 抽斎に, 攻めて, 放して, 放しても, 敬愛おかなかった, 敵を, 方へも, 旗挙げ, 日の, 日本に, 早くも, 景帝の, 書き集めたもの, 曹操と, 曹操の, 有能性である, 朝から, 木更津で, 本來自己, 本来自己における, 本門寺の, 来た, 来たこと, 来援を, 東京に, 権の, 欠けたこと, 欠けて, 死に, 死んだ良人, 殺される前, 母柏を, 氣が, 汝南から, 江戸紫かと, 江陵に, 沈思し, 沓を, 河北に, 油江口に, 泊った宿, 漢中王に, 火を, 無心の, 熱い茶, 特に汝, 理を, 生れた, 生れながら, 画くところ, 痛嘆する, 登城し, 百万の, 祖先は, 福竜に, 秀吉の, 答えるには, 箋葉に, 絶望の, 総大将, 義弟どもだ, 羽野氏かねを, 聖者の, 聞いて, 肥った膝, 育ち忘れられるところ, 背に, 腕のほどを, 自身城門外まで, 荊州に, 荊州を, 蔽われないよう, 薄いのに, 蛙切りの, 蜀に, 蜀へ, 蜀を, 行って, 衰へて, 袁紹を, 見えなかった, 言い出した, 言った通り, 言ふ, 討死に, 設けの, 語り伝えられて, 説かれる所, 諸将, 謙遜し, 賞めちぎっ, 足らないと, 足りないから, 足りないもの, 足りないん, 足りなくて, 身辺を, 車から, 輩ただちに, 追いついて, 追って, 退路を, 逃げたあと, 運の, 選ばれ永徳, 還すといった, 都を, 重ねて, 金を, 関を, 関羽に, 降伏せね, 鞍わきに, 領治し, 飛んで, 首わが, 駒を, 魏と

▼ 徳~ (303, 4.8%)

8 して 5 よりて, 向って 4 いった 3 なついて, 会うと

2 [14件] 云った, 仕えて, 会いに, 会って, 依って, 反するもの, 宇宙の, 守られずば, 帰して, 欠けて, 當る, 見せましたから, 追いついて, 饗した

1 [247件] あずけた於通, あたれ, あらずや, あり, ありて, あること, あわせる顔, おかれては, お仕えなさい, かかりましょう, こう告げた, こう迫った, これを, しても, すがり奉って, すすめた, すっかり泥, そ, そういわれる, そっと目, そのままを, そのよう, その二人, そむくこと, それを, ちがいない, ついて, ついて行きましょう, つき技倆, なずみ加, なずみ士道堅固, なぞらえても, なだめられて, なっても, なつきひそか, なつき成都, なつき蜀軍, なつくこと, なつくよう, なると, なるもの, はかった, はじめて恋ごころ, まみえさすが, まみえるつもり, むかいその, むかひ今, もとづきて, やさしく諭され, ゆるしを, よらずた, よりてのみ, よる, グリグリを, 一ぱい喰わされた, 一碗の, 一礼を, 一策を, 一致すべき, 一言いわん, 上座を, 下男の, 与えた, 与えようとは, 与かります, 与へた書, 主の, 乘り替へた, 二つを, 二心は, 仕えましょうし, 仕えんと, 代り水徳, 会えるならなお, 会った, 会ってから, 会見し, 伴ふべき, 伴われて, 何の, 使いを, 供えた, 依りて, 依ることなるに, 促されて, 信頼の, 先んじられては, 入るの, 其の事, 凱旋の, 出世を, 出会って, 分けて, 利せられるお, 前後緩急を, 力を, 劣る自分, 勅使が, 勝ったところ, 化せられて, 化せられるもの十余万人, 化せられ鋒芒, 協力し, 協力を, 反対する, 取られたこと, 取り分けて, 口説かれる方, 叱られて, 向い, 向て, 否やは, 呈した言, 告げて, 告げること, 告げると, 固まって, 坐し神, 報いるの, 報ゆるが, 報ゐざる, 天子を, 奪われんこと, 好意を, 嫁し, 孫芸庵が, 寄せて, 富んで, 対策を, 対面し, 射られた左, 導いた淑女ベアトリーチェ, 属すもの, 帰し天命, 帰すこと, 帰りを, 帰依し, 引き渡されたが, 当ること, 従ったほど, 從つてかの, 從ひ, 心掛けると, 応ず, 思い知らせて, 惹かされて, 感じ呉, 感じ申候, 懐き静, 懷き, 成るでも, 手傳はせ, 打たれたこと, 拘泥し, 援けられ, 擽ぐられるやうな目, 教えたので, 敵意は, 日課を, 昭烈皇帝と, 暇を, 服して, 服してこそは, 服せしむる, 期待する, 杯を, 案内させ, 構はず押しのける, 横奪, 欠けたところ, 歓び事, 止められて, 正室は, 歸する, 歸る, 気づいて, 求めまた, 汚名を, 注意する, 浴し, 浴しまし, 浴する譯, 涙を, 深く同意, 爽か, 献げた, 献じた, 生せた三人, 由らざるはなし, 疑いを, 目通りを, 眩惑され, 眼くばせした, 示しながら, 稟し, 筆を, 答へ, 紹介わせた, 絡み付かれた時, 聽いた, 至るため, 若かず仰ぎ見るは, 補はれざれ, 見参し, 見参したい, 見送られて, 親ま, 親んで, 言わせると, 言を, 訊いて, 訴えた, 話した, 誘ふもの, 論及する, 謁した, 負けるもの, 迎えられて, 近し即ち, 迫って, 送った, 逢って, 逢つて訊い, 進ませ玉, 進まむとの, 進まんと, 進み救, 進むの念, 進める魂, 過ぎないから, 遠ざかること, 適ってるとき, 適ひかつ, 遺孤, 酒が, 酒食を, 酬いずに, 酬いた, 重用され, 長け温和, 限って, 随身し, 随身した, 隙間は, 頼まれて, 頼んだ, 髪でも

▼ 徳さん~ (280, 4.4%)

6 の死, の蔵, もお玉さん 5 かえ, の家 4 とお玉さん, は妹, は若い 3 が, の武, の蔵する, の謂

2 [51件] が唄う, が妹, が死んだ, が腰, であった, という人, とは人力車, と正面, と顔, には三人, には入院料, に仕事, に同情, に質した, に逢った, の一家, の兄妹, の友達, の唄, の喉, の声, の姿, の帰った, の持っ, の末路, の清元, の細君, の葬式, の蔵儲中, の言, の許, はいい, はおそらく, はとうとう, はもう, は一日, は丁寧, は勘定, は好い, は寂しく, は朝, は笑い, は近所, は黙っ, もこの, もつづい, も仕事, も近頃, をすすめ, をだんだん, を呼び

1 [126件] あの方, お師匠さん, お銚子, か, からお, からその, か誰, がいいました, がかえって, がしたたる, がな, がわざわざ, がスミさん, が一人心当り, が万事, が云った, が今, が其当主, が出かけられなけれ, が外, が多い, が好いた, が引受け, が戻る, が手紙, が承知, が新しい, が棒鼻, が申しました, が蔵, が行っ, が貸し, が酔っ, さあこれ, である, ですか, で当時十歳, という男, といっ, といふのかい, とは殆, とほとんど, とやらのこってり, と並ん, と其宗家, と列ん, と生活, と話し, なぞのやう, におぶさっ, にお礼, にまかれた, にも夏みかん, にも断らず, にハガキ, に借り, に入夫, に聞いた, に質す, の, のお年玉, のこと, の世, の了簡, の了見, の云, の作つた蘭軒略伝, の入夫, の奥さん, の姉良子刀自, の心, の所, の現代文化社, の繕写, の考えかた, の苦し, の蘭軒略伝, の補修, の記載, の語る, の輯録, の面倒, はあの, はいざ, はお世話好き, はお茶, はきっと, はこころよく, はそういう, はそれ, はそんな, は二十四, は今度, は其領券, は嘗て, は大変目, は好い加減, は小島成斎, は少時医, は居ない, は廿四五, は快く, は折々, は枕辺, は棠軒, は現に, は碁, は私, は私たち, は私達, は良い, ばかりで, ほんとにあまりおそく, も人, も刑事, も就職, も盗られ, や蔵太郎さん, より来信, をよこします, を相手, 少し待っ, 来て, 行くでしょうか, 起きた起きた着いたぞ, 頼むぜ

▼ 徳~ (215, 3.4%)

7 して 4 お雛, した 3 いうが, いって, する所

2 [12件] いえども, しその, したが, すること, するも, 不徳との, 云ふ, 俗の, 夫人を, 孔明の, 彼の, 関羽は

1 [167件] ある黙契, いいまた, いうか, いえば, いえるし, いっしょに, いわれるの, お会いなされた, お浪, お清, お玉の, お秋, お菊, お銀, きては, くらべても, このうち, ご努力, されて, され富裕, しこの, したこと, したため, したの, したるは, してるので, しながら, しなくては, しなければ, し之, し産後外出, し相, し董太師, し諸人, し豹一, す, すと, するいかばかり, するに, するフリ, する凡て, する理由, する考え, せずして, せらる, せられ大抵, その旗下, その部下, それから高遠, なったその, はね楽しむこと, むすびたいと, やせぎすで, わかれやがて, 一々名目, 一緒に, 三郎の, 下男の, 不徳とは, 云うこと, 云うもの, 云う法名, 交り, 仰せられるの, 仰っしゃったお方, 仰っしゃって, 仰っしゃる人, 位と, 信じたい, 別れて, 劉璋は, 力により, 受くる, 各, 合する, 同年輩位そして, 名づくべき, 呂布の, 呉の, 呉妹君との, 呼びかけて, 呼ぶ, 和睦せよ, 固有な, 変装さし, 天下の, 夫人の, 夫人また, 婚礼の, 嫁合せ, 孔明とは, 孔明は, 孔明を, 孫権との, 対面し, 対面中に, 山楽が, 張飛とは, 徐庶とが, 徐庶との, 思はば, 感謝せざる, 戦うあいだ, 戦端を, 手を, 手代の, 手腕による, 才, 才能とが, 技術とが, 改称した, 智慧とを, 書いて, 有能性との, 木戸の, 極るであろう, 水中に, 申します, 申しますこれ, 申すなり, 申すべきもの, 申すもの, 相知った, 知との, 知とを, 知恵とに, 知恵との, 知識を, 礼とに, 祖宗が, 祝言を, 称し又, 積年の, 精進に対して, 結んだが, 結託します, 縁の, 縁を, 罪との, 美との, 義弟たちの, 考えられたの, 考へられたの, 聞くと, 能と, 自信の, 自分との, 自分とは, 見なければ, 見做, 親切とを, 解して, 言いたいいや, 言ひました, 認められて, 誓う君臣, 語らい漢中, 講和する, 趙雲は, 金蔵だけ, 長男恒善長女純二男優善とが, 長防親征中, 関羽の, 闘って, 面白からぬ, 馬岱とは, 魂の

▼ 徳~ (191, 3.0%)

5 の顔 4 の前, の様子 3 はうなだれ, はボンヤリ, は星野家, は眼

2 [14件] にすすめた, に云った, に向っ, に渡した, に眼, に見せた, の手, の眼, の耳, はすっかり, は夢, は応接間, は急, は慌て

1 [138件] がネクタイ, がヒョッコリ応接間, が坐っ, とすれ違う, と万平, と膝, と認める, にお辞儀, にさし付けた, にストーブ, に一礼, に与えた, に会わせた, に凄い, に感謝, に椅子, に相違, に礼, に紹介, に近付い, に返し, に返した, のうしろ, のにつけ, のポケット, の両手, の名刺, の尻, の花束, の足音, の頭, の髭, の鼻, はあと, はいくつ, はいよいよ, はうしろ, はうなずい, はうるさ, はお, はお辞儀, はこの間, はしょげ返っ, はその, はそのまま, はそれ, はとある, はふり, はふり放し, はやっと, はわけ, はサック, はストーブ, はチラリ, はハッ, はビックリ, はフラフラ, はフロックコート, はブルブル, はホッ, はメソメソ, はワナワナきょろきょろ, はワナワナ顫, は三万, は上の空, は不平そう, は不承不承, は不満そう, は両手, は二枚, は力, は勿体ぶっ, は十円, は単身背広姿, は又, は受け取っ, は吃驚, は吉, は名刺, は吾, は呆然と, は喜び, は図星, は大, は妙, は小さく, は屋根, は屋根裏, は帽子, は幾度, は店, は恐ろしい, は憲作, は扉, は手, は時子, は智恵子, は智恵子母子, は気, は渋々, は溶ける, は無理やり, は狼狽, は盛ん, は神妙, は立ち止っ, は立ち止まっ, は絶望的, は縮こまった, は老人, は苦笑, は警察, は躊躇, は酔っ, は酔った, は面, は頭, は飛び上っ, は飲み, は高らか, は鷹揚, も帰ろう, も従い, も這入った, をもてなした, をゆり, を取り巻いた, を坐らせ, を奥, を引立てる, を押え止めた, を指した, を捕まえ, を深く, を突き飛ばした, を紹介, を訊問, を連れ

▼ 徳~ (187, 2.9%)

5 あるが, 関羽も 2 亦豈, 孔明も, 寄せつけねエ, 張飛も

1 [169件] あった多く, あやしみながら, ありやしないわ, あり器量, ある, いつかその, いつか土民の, いるはず, うなずきは, おそらく孝弟, おれの, かえって心がかり, かえって止める, かねてから, かわしきれなくなった, こころよく承知, さりげなく, すぐさとっ, すぐ悟った, すぐ鞭, すっかり興ざめ, すでに曹操, そこの, そのつもり, その日, その機微, その興味, その話, その陳情, それを, そんな気, ついにこの, とうとう我, ともに悲涙, どんなにか, ないのに, ない自分, ない訳, なくて, なくまた, なく不徳, なく聞かれる, なく身, なごりを, なんで犬馬, ひそかに, ひとり居眠っ, まあそれ, また, またいう, またこれ, またその, またそれ, また不平, また主君, また孔明, また州衙主催, また張飛, また徐州, また徹底, また用意, むしろ歓ん, もう返事, もとより同じ, もとより結構, やがては, ようやくうなずいた, ようやくわれ, ようやく死, よく走り, よんどころなしに, 万感を, 不思議そうに, 両手に, 云い返した, 亦漸く, 來ては, 備えた人, 先頃の, 共に, 共にただ, 共に起ち上がり, 内々は, 凡夫である, 初めてであった, 力も, 力尽きたか, 加わって, 取急いで, 同じ気もち, 同席し, 呉へ, 味噌汁に, 土地の, 多分に, 大丈夫を以て, 奧から, 妙に, 子龍, 安心し, 実は案じ, 容を, 寝るわけ, 少しむっとした, 張飛と, 征け, 微酔し, 心ならずも出兵, 心ぼ, 思ひがけ, 息を, 悟ったお方, 患を, 我に, 手勢五千たらず, 承知の, 技術的に, 捨たれ, 施さないうち, 旗を, 昼から, 智慧も, 最初は, 本心から, 機を, 此方から, 決してお, 決心した, 洛中に, 活く, 浅からず, 溜息を, 無言は, 無頼漢の, 熟考し, 直観し, 相模女の, 眼を, 私の, 積んで, 笑った, 罪を, 考えない気短, 考へずに, 胸を, 脩むべ, 自分の, 自身出向く, 舟に, 船もろとも, 色を, 裁きに, 西蜀に, 見た, 起きて, 趙雲も, 逃げた, 進退きわまっ, 遠方此方逍遥し, 都を, 長い奉公, 鞭を, 馬に, 馬の背に, 馬を, 驚いて, 驚かされた, 魏の, 黙々と歩い

▼ 徳右衞門~ (92, 1.4%)

2 に引, の女房

1 [88件] あの傷, いかに金持, か林三郎, がやられた, が下, が人, が十年前, が千兩箱, が又, が必死, が思惑, が斯, が時々, が江戸, が狙, が誰, だから, でないこと, でなく左母次郎, といふの, といふ男, とは全く, とは清水, と内儀, と往來, と母親, と見せかけ, と間違, と雖, に執拗, に浴衣, に逢つて, のこと, の不敵さ, の代り, の前身, の古い, の喉笛, の太, の從妹, の怒り, の手箱, の敵, の歸依, の氣焔, の番頭, の縁續, の聲, の背中, の部屋, はこの同じ, はその, は二度目, は五人張り, は千兩箱, は又, は大, は太鼓腹, は打ち明け, は指, は敵, は斯ん, は晩酌, は暫らく口, は栗材, は此界隈, は殺されず, は直ぐ, は薄々, は處刑, は蝦蟇, は行方不明, は評判, は遠縁, は餘, へ一存坊, も漸く, も留守, も番頭, も腐り, をつけ狙つて, を一番, を下敷き, を始め, を相手, を罪, を良く, 取つて五十五

▼ 徳ちゃん~ (70, 1.1%)

5 がいいました 2 のお家

1 [63件] いいこと, が, がいなかったら, がこう, がへび, がやってきました, が今日, が今日川, が大きな, が大騒ぎ, が立っ, が考え, が逃げ出しました, が銅製, が飛ん, そのメダル, そんなにおっかない, なんかにきい, にはたびたび, にやさしかっ, のうしろ, のよう, のよぶ, の耳もと, の見た, の顔, はあちら, はいいました, はいつも, はおじさん, はお母さん, はこれ, はその間, はつまらなく, はなかなか, ははっきり, はメダル, は勇ちゃん, は後生, は急い, は政ちゃん, は枯れた, は正ちゃん, は正二, は目, は確か総武鉄道, は答えた, は答えました, は芝居, は釣りざおとバケツ, は長, は青い, もあちら, もいっしょ, もいった, もみんな, もみんな自転車, も三ちゃん, も呼んだ, も善ちゃん, も家, や勇ちゃんたち, を泣かせた

▼ 徳二郎~ (63, 1.0%)

4 は僕

2 [13件] の小舟, の渡した, は, は上, は堤, は女, は微笑, は急, は手酌, は早く, は舟, も知らんらしい, を促した

1 [33件] がここ, がついで, が此處, が注, であった, であつ, という下男, という男, といふ下男, にしかられ, に叱られ, のあと, の後, はいつも, はさし向かい, はすでに, はただ, はちょっと, はてすり, はふだん, は一寸, は唄, は唯, は差向, は平常, は平時, は既に, は欄, は歌い, は言い, は言ひつ, も続い, も續

▼ 徳~ (50, 0.8%)

6 いった, 向って 2 使いを

1 [36件] いったが, かかって, こんなこと, すすめた, そういった, その言, ですって, もどして, 会った, 伝え協力, 使いすべきであったよ, 国譲りを, 嫁いだ, 嫁が, 嫁がすこと, 宛てて, 対して, 得意に, 戦書を, 手わたし, 推薦し, 水を, 求めた, 注意した, 激励の, 直言し, 着せようと, 紹介し, 著用為仕度奉, 計った, 訴えに, 訴えようと, 跳びかかった, 迫って, 送りとどけた, 降参の

▼ 徳~ (47, 0.7%)

4 に着いた

2 [11件] だけは寺社, でしたが, でその, で三千両, で三千兩, の住職, の再興, の山門, の檀家, は貧乏寺, も昔

1 [21件] から弥勒菩薩, で用, で用いられた, で盗まれた, で盜まれ, に乗込ん, に乘込, に墓地, に思はぬ, に思わぬ, に永眠, の三千両紛失事件, の三千兩紛失事件, の唐瓦, の沙弥檀, の間違ひだ, の須彌壇, へ三千両奉納, へ三千兩奉納, へ芳村伊四郎, や怪談

▼ 徳という~ (44, 0.7%)

3 ものは, 者です 2 のは, もの, ものが, ものも

1 [30件] お人, お方の, ことは, しかも血統, そぞろ神, のも, ものな, われに, 下女の, 人が, 人こそ, 人を, 人物には, 仕事の, 十八ばかりの, 大力者が, 女は, 女中以上五人に, 字と, 学士であった, 実在の, 小者根性から, 母が, 牝猴あり, 者が, 者だ, 者は, 野郎で, 野郎の, 風雲児の

▼ 徳には~ (34, 0.5%)

1 [34件] おそらく神明, お通, ご両所, そう恐れ, その徳, その血液, ちっとも判らなくなっ, なんの, もう会わない, よくなさりません, よく解し得なかった, 一種の, 会わず関羽, 冷淡に, 北門を, 子供が, 子供まで, 少し気の毒, 後日の, 徳を, 心配する, 忍びきれぬ, 曹操に, 月々の, 林の, 正室の, 決して孤立, 生覚え, 礼物を, 秀吉の, 自分から, 言うに, 迷って, 通じないもの

▼ 徳~ (30, 0.5%)

3 あらう

1 [27件] あつた, あり得るで, あり得るであろうに, こんなもの, こんな解り切った, すら左右, せう, でも, はない, キヤベツを, 丁子屋を, 今になんとか判るだろう, 他の, 大きいと, 大雅堂は, 天下を, 届けるには, 征服する, 我々を, 會場では, 由兵衞なぞは, 稼業冥利よなあ, 網へ, 縁飾りを, 見通しの, 諸藩, 買ふた

▼ 徳として~ (28, 0.4%)

2 人間精神を, 其腹心なる

1 [24件] その為す, なほこれを, ゐた, ゐるから, ゐるわけ, フッツリと, 予ての, 五両の, 仰いだ, 力説せられず, 力説せられた, 受け取ること, 完成する, 実はその, 年々礼儀を, 弟子の, 彼の, 氏直からは, 父親が, 神の, 考えて, 自分の, 讚美せられ, 賤しむ

▼ 徳兵衞~ (24, 0.4%)

1 [24件] で, です, とかいう, にも竹次, に打ちあけ, に案内, の出, の唇, の後ろ, の言葉, はさ, は一座, は夏羽織, は夢心地, は平次, は悲痛, は深々, は疊, は腹, は言, も竹次, も驚い, をどうして, 中邑忠平

▼ 徳から~ (22, 0.3%)

4 曹操へ 2 仔細を

1 [16件] あらましの, うけた遺託, お願い申す, 于禁へ, 先に, 区別し, 手には, 抽象し, 来た, 莫大な, 訊ねだした, 託された妻子, 賀使が, 遠いもの, 遠来の, 預けられて

▼ 徳~ (22, 0.3%)

2 の働

1 [20件] なり政治, に育, の一段, の急務, の書, の老眼, の薄き, の趣, は人文, は何, は耳, は輿論, を作らん, を奉じ, を強ゆる, を正しく, を正した, を補強, を誨, を難

▼ 徳である~ (21, 0.3%)

2 ことが, ためには, ということ, のみでなく

1 [13件] かそこ, から, かを思わず, が, ことや, ことを, というの, といった, といふの, と同時に, のでなく, のは, ゆえでは

▼ 徳とは~ (21, 0.3%)

1 [21件] ここで, そんなもの, ともに対人関係, なして, ひとりの, まさにかく, わけても昵懇, 三人の, 今日まで, 何者だっ, 兄弟も, 別に徳そのもの, 同じ劉姓, 己れ, 正面から, 水龍二つの, 異る, 直ちに西涼, 自己の, 若い頃, 適ったこと

▼ 徳を以て~ (21, 0.3%)

2 し兵甲

1 [19件] しても, すべての, 世に, 世を, 夏に, 奧羽の, 將人を以て, 導き彼ら, 導き恩, 帝たり, 律し縛めて, 忝く, 恭しく大, 民を, 求めて, 治め無為, 知らる一二八二年, 立てり, 衆に

▼ 徳~ (20, 0.3%)

1 [20件] から騙し奪った, がこの, が出, が宅, が戦, が長い, では, とは義兄弟, とは黄匪, と芙蓉娘, には邸内, にもどれほど, にも大いに, に従っ, のお, のご, のため, へお, へお目にかかっ, を太守

▼ 徳右衛門~ (19, 0.3%)

1 [19件] がいる, がまず, が事情, が供, が押し隔て, であり藤原鶏太, とて代々酒屋, には田, の家, の居間, の頑固, はむずかしい, は右, は戸, は若き, も少し, も痛手, も藤原鶏太, を押し退け

▼ 徳~ (19, 0.3%)

2 と称し

1 [17件] え, から退却, がお玉, が既に, です, と改め, と改称, などが居合せた, に与へた, に出, に及び, の二人, の南方永修附近, の親類書, の許, は甚だしく大人しく, は矢島優善

▼ 徳願寺~ (19, 0.3%)

2 の僧

1 [17件] からかなり, でおら, とは, にも立ち寄らず, に泊っ, に泊りあわせ, のお, の一僧, の一夜, の僧侶, の寺僧, へもらい, へも詣でる, へよく, へ行っ, へ詣る, へ預け

▼ 徳~ (18, 0.3%)

1 [18件] から, からといっ, か知れません, ぐらいに考え, ということ, としみじみ, と思う, と思えやす, と思っ, と答える, などと蔭, ね, むざとは討たれん, もの, よおのずから, 五十錢でも, 是れ, 私は

▼ 徳との~ (18, 0.3%)

1 [18件] あいだは, とぼしい自分たち, 交わりは, 右の, 君臣の, 好誼を, 対面の, 対面を, 抗争を, 支配する, 燎原の, 父である, 理念を, 聯合を, 話を, 距離は, 鍵を, 間に

▼ 徳とを~ (18, 0.3%)

1 [18件] たえず顯, たたえて, ほとんど同じ, もって, 与えて, 保ちたいの, 兼ね備, 持ち得るの, 明白に, 比較し, 求めて, 発見致します, 積んで, 自分の, 見るマニヤ, 説き次に, 連れて, 銷したがる

▼ 徳~ (18, 0.3%)

2 関羽は

1 [16件] あれを, そのほか, ちょいと, な, 今日のは, 例の, 孔明と, 孔明の, 孔明は, 孔明劉, 実に賛美, 小皿を, 山楽は, 張飛の, 関羽で, 関羽に

▼ 徳藏稻荷~ (18, 0.3%)

2 の前, の門前, へ行つて

1 [12件] から盜ん, で盜まれ, に參詣, の仁三郎殺し, の堂守殺し, の建物, の拜殿, の木連格子, の氏子總代, の鈴, の隣, へ驅

▼ 徳~ (17, 0.3%)

3 の建中二年 2 の時

1 [12件] が都, に仕へ, の世, の初年, の大, の建中三四年, の玄孫, の貞元, の貞元三年, の貞元中, の貞元二十年十二月, 時に甫め

▼ 徳~ (15, 0.2%)

2 の一行

1 [13件] が牡丹, のため, の三将, の姿, の軍, はいずれ, はさっそく, はひとまず, はやがて, も協力, を召捕, を見下ろした, を誘い

▼ 徳あり~ (13, 0.2%)

1 [13件] これを, という, としてこれ, ともこは, と云, と思い出し, と雖, やと問うた, 加ふる, 愛ある, 江南に, 臣の, 酒にも

▼ 徳~ (12, 0.2%)

1 [12件] のかも, のだ, のである, のです, もので, ものである, んでその, 人だった, 心状を以て, 性分さ, 性質に, 覆面会長が

▼ 徳にも~ (12, 0.2%)

1 [12件] かつては, ならずと, 串談半分に, 分って, 劣るもの, 弟子の, 恋より, 損にも, 経済的な, 見参が, 辛く当った, 重視された

▼ 徳寺前~ (12, 0.2%)

3 の藤屋 1 から跟, で袂, で逢つて, の米屋, は上野, へ飛びました, までは一, まで來, を上野

▼ 徳~ (12, 0.2%)

1 [12件] という寺, と云, と崇源院, と称した, に劣らない, に比べ, のあたり, の二本銀杏, の前, の北隣, は中仙道, を関ヶ原

▼ 徳によって~ (11, 0.2%)

1 [11件] たとえ火, たとへ, なお地上, わしどもも, 一生の, 幸福であり, 心服させ, 救おうとは, 新秩序, 海に, 養われて

▼ 徳上皇~ (11, 0.2%)

1 [11件] が八年間, といふやう, などは凡下乞食, なども歯がゆい, なの, の御陵, の怨念, の流され給うた, は戦い, を祭った, を祭つたお宮

▼ 徳孔明~ (11, 0.2%)

1 [11件] そのほか, と一戦, などいずれ, のところ, の叫び, の輩, の運命, の首, の鼠輩, はその, は轡

▼ 徳川内府~ (11, 0.2%)

2 を向う 1 が赴かるる, などに追従, などはな, ならでは, のお, の上杉攻め, の命, の如き, の政策

▼ 徳~ (11, 0.2%)

1 [11件] が漢書藝文志擧例, などといふ人, などの特殊, などは史通, には諸子通考, の, の二人, はこれ, は云つて, は以上, は漢書藝文志擧例

▼ 徳ある~ (10, 0.2%)

2 に譲る, 人に 1 上帝と, 哉われらの, 婦人として, 者が, 者と, 者を

▼ 徳ちやん~ (10, 0.2%)

1 が棚, と称, の上, の姉さん, の言葉, はそこ, は思はず, は急, は感情的, は神妙

▼ 徳~ (10, 0.2%)

2 であったその 1 がある, だ, であったおかげ, であったか, で父, とみえ, と云, を親

▼ 徳~ (10, 0.2%)

1 などいふ, に会す, に屯す, に駐, の兵器庫, の回復, の城, の宋清, の裨将葛進, を回復

▼ 徳~ (10, 0.2%)

1 だ予て, という者, という車夫, に向う, の主宰, の車, は, は妻恋坂下, 大悦, 聊か徳川

▼ 徳では~ (9, 0.1%)

2 ないか, ないが 1 ありますまいか, ない, ないよ, なくて, 無い職人

▼ 徳とが~ (9, 0.1%)

1 いつのまにか春宵, なくては, 二人とも, 区別される, 完全に, 得られる, 手を, 省みられるに, 高調し

▼ 徳不徳~ (9, 0.1%)

2 により, を好悪 1 で明樽買, で私, と何等, にある, の名

▼ 徳~ (9, 0.1%)

4 の店 1 じゃえれ, の, の店頭, の用, の荷方

▼ 徳~ (9, 0.1%)

2 茂四郎は 1 に往, に書, に託し, 某の, 氏の, 茂四郎より, 茂四郎西湖之

▼ 徳~ (8, 0.1%)

1 ある, 動作も, 宮崎敬介に, 山楽かが, 技に, 紅徳が, 考えて, 誰かが

▼ 徳といふ~ (8, 0.1%)

2 のは 1 ものは, ものも, 人が, 名臣, 篇には, 語が

▼ 徳どの~ (8, 0.1%)

1 がこれ, とあれ, と互いに, なら四日, には非, をお, を私, を自分ら

▼ 徳~ (8, 0.1%)

2 の甥 1 からお, といえ, などという大, に至つて雍, の面影, は字

▼ 徳~ (8, 0.1%)

1 が流, にすっかり, になびいた, に式, に靡い, の絢爛, を窺い知る, 斯くまでに

▼ 徳です~ (7, 0.1%)

2 が, よ 1 が臥龍, よ相当, 大変神経に

▼ 徳冨蘆花~ (7, 0.1%)

2 の小説 1 が, という文学者, という男, に, の

▼ 徳さま~ (6, 0.1%)

1 が百姓, こそ漢, に仕え, は大, は帝室, を親

▼ 徳たち~ (6, 0.1%)

1 の義軍, の落ち, は危うい, は地, へ董卓, を

▼ 徳とも~ (6, 0.1%)

1 ある者, いえば, なるべきのみ, 為ざりける, 知って, 親交が

▼ 徳なる~ (6, 0.1%)

1 ぞ吊橋, ものあり, ものは, 一個の, 者は, 謙遜の

▼ 徳天皇~ (6, 0.1%)

1 と云, の宣命, の御, の時, の逆鱗, の遣唐使

▼ 徳~ (6, 0.1%)

1 に胚胎, の発育, はいよ, を果さん, を誘導, を養成

▼ 徳~ (6, 0.1%)

1 だ, として私, に極端, に逢い, もあり, もある

▼ 徳~ (6, 0.1%)

1 と猛戦, と蜀軍, の当るべからざる, の疲労困憊, の財務経理, は討たれ討たれ

▼ 徳~ (6, 0.1%)

1 と呼ばれる, にい, に渡り, へ行っ, へ行つて, へ陶業

▼ 徳馬岱~ (6, 0.1%)

1 ともちりぢ, などの約, なども韓遂, など火花, の勢, はすぐ

▼ 徳であり~ (5, 0.1%)

1 また半端, 一個の, 山楽は, 広大なる, 漢朝の

▼ 徳としては~ (5, 0.1%)

1 まだ不足, 光武帝の, 助けたくて, 成都の, 認められない

▼ 徳において~ (5, 0.1%)

1 ことに, その真実, 匹敵する, 恵与の, 著しく貧しいよう

▼ 徳に対して~ (5, 0.1%)

1 一抹の, 仰々しく倫理的評価, 戟を, 抵抗は, 起る尊敬

▼ 徳よりも~ (5, 0.1%)

2 悖徳に 1 それこそ, ただ幾分, 先んじて

▼ 徳久利~ (5, 0.1%)

1 が洗っ, でどうして, で舂き, で舂く, のよう

▼ 徳宗皇帝~ (5, 0.1%)

2 の貞元二十年 1 が奉天, のとき, の先代

▼ 徳新書~ (5, 0.1%)

1 とある, と題, などとは, の初め, をたった

▼ 徳あっ~ (4, 0.1%)

1 て今一鼠, て四十八徳, て孟子, て秀吉

▼ 徳じゃ~ (4, 0.1%)

2 ないか 1 ねえか, アない

▼ 徳その~ (4, 0.1%)

1 ほか当代の, 信その, 才が, 者を

▼ 徳たる~ (4, 0.1%)

1 仁に, 仁は, 其れ, 平静を

▼ 徳でも~ (4, 0.1%)

1 あろうが, ない, 長保でも, 閉じ籠って

▼ 徳と共に~ (4, 0.1%)

1 この後, 山東の, 扈従の, 新野へ

▼ 徳はに~ (4, 0.1%)

2 ことして 1 こと笑い, やり笑った

▼ 徳以下~ (4, 0.1%)

1 の三傑, の全, の大軍, の者

▼ 徳住寺~ (4, 0.1%)

1 から少し, のかえ, の方角, へ行くなら

▼ 徳公徳~ (4, 0.1%)

2 の区別 1 に欠, もまた

▼ 徳~ (4, 0.1%)

1 ならずとも, ならずの, ならず必ず, ならず隣りに

▼ 徳宗時代~ (4, 0.1%)

1 にかけての古文書, に撰述, に良原, の大

▼ 徳これ~ (3, 0.0%)

1 へ出よ, を捕えた, を済

▼ 徳さお前さん何時~ (3, 0.0%)

2 か左樣言 1 かさう言

▼ 徳ちゃんたち~ (3, 0.0%)

1 が原っぱ, が自転車, が遊ん

▼ 徳ちや~ (3, 0.0%)

1 ん僕, ん大, ん早く

▼ 徳でございます~ (3, 0.0%)

2 から 1 だから余り楽

▼ 徳とか~ (3, 0.0%)

1 いろいろな, 宗達とか, 曹操とか

▼ 徳なき~ (3, 0.0%)

2 は徳 1 がゆゑ

▼ 徳なく~ (3, 0.0%)

1 ただ魏, 威なく, 才とぼしく

▼ 徳なり~ (3, 0.0%)

1 その私, 剛いもの, 呂布と

▼ 徳によ~ (3, 0.0%)

1 つて御, つて政治を, つて目出たい

▼ 徳による~ (3, 0.0%)

1 ことな, ものなる, 事である

▼ 徳に対する~ (3, 0.0%)

2 新たなる 1 誼み

▼ 徳へも~ (3, 0.0%)

1 おもむろに交術, 告げて, 徐州の

▼ 徳まで~ (3, 0.0%)

2 廻って 1 台所の

▼ 徳より~ (3, 0.0%)

1 いづ, いづと, 徳に

▼ 徳をば~ (3, 0.0%)

1 一切取らず, 大力と, 大力とこう

▼ 徳三年~ (3, 0.0%)

1 とあっ, のころ, は元弘

▼ 徳二年~ (3, 0.0%)

1 だが, の三月, は兼好法師四十八歳

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 があつ, と安心, り給う処女マリヤ

▼ 徳勝門外~ (3, 0.0%)

2 の馬市 1 に七人組

▼ 徳右衛門方~ (3, 0.0%)

1 におもむき, に乗り込み, に縁組

▼ 徳右衛門町~ (3, 0.0%)

1 から五間堀, と菊川町, の河岸

▼ 徳右衞門さん~ (3, 0.0%)

1 がそれ, とは仲, にお

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 から町人学者, の歴史, の総裁

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 なるかな, なれば, 先生に

▼ 徳天皇崩御~ (3, 0.0%)

3 の後

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 の嫁いだ, を北条氏直, を氏直

▼ 徳~ (3, 0.0%)

2 は令明 1 を令明

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 に於ける, の叔父, の朝廷

▼ 徳張飛~ (3, 0.0%)

1 という人間, という豪傑, は何

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 の命令, や宗教, を棄てる

▼ 徳応寺~ (3, 0.0%)

1 に打, の門, の養子

▼ 徳殺し~ (3, 0.0%)

2 の下手人 1 を白状

▼ 徳殿~ (3, 0.0%)

1 が音頭, に出御, の址

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 だという, に泊, は之

▼ 徳法寺~ (3, 0.0%)

1 という寺, の善周, をたずね

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 を世に, を後世, を成さる

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 から旅費, その他, のもの等

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 その世, に詔, の邸

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 は三条公, は三條公, を慕

▼ 徳~ (3, 0.0%)

3 と云

▼ 徳~ (3, 0.0%)

1 で政府, に關, は昔

▼ 徳関羽張飛~ (3, 0.0%)

1 の三人, の三騎, の義兄弟

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 傅お, 源に

▼ 徳からの~ (2, 0.0%)

1 直臣, 礼辞を

▼ 徳こそ~ (2, 0.0%)

1 次代の, 義の

▼ 徳ごとき~ (2, 0.0%)

1 に任, に従い

▼ 徳さん自身~ (2, 0.0%)

2 は棟梁株

▼ 徳すでに~ (2, 0.0%)

1 内治, 数日前より

▼ 徳すらも~ (2, 0.0%)

2 説得せられうる

▼ 徳だけの~ (2, 0.0%)

1 事を, 懐疑では

▼ 徳だけは~ (2, 0.0%)

1 残って, 病の

▼ 徳って~ (2, 0.0%)

1 女が, 贔屓に

▼ 徳であった~ (2, 0.0%)

1 が是非, この節度

▼ 徳であろう~ (2, 0.0%)

1 かと語り聞かせる, と慎

▼ 徳でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば山楽

▼ 徳とでも~ (2, 0.0%)

1 いおうか, 言うか

▼ 徳とに~ (2, 0.0%)

1 うくフェルトロ, 送られて

▼ 徳とやらは~ (2, 0.0%)

1 そんなにも, 年も

▼ 徳どん~ (2, 0.0%)

2 は外

▼ 徳などに~ (2, 0.0%)

1 仕えたの, 仕えたもの

▼ 徳などの~ (2, 0.0%)

1 六七名は, 動向の

▼ 徳なら~ (2, 0.0%)

1 なにも, 関羽の

▼ 徳なりと~ (2, 0.0%)

1 教うれ, 言うに

▼ 徳について~ (2, 0.0%)

1 いては, 乏しいよう

▼ 徳に対し~ (2, 0.0%)

1 尊敬を, 特に昇殿

▼ 徳に対しては~ (2, 0.0%)

1 ひと頃熱愛を, 絶対に

▼ 徳に関する~ (2, 0.0%)

1 不満である, 言説は

▼ 徳のみは~ (2, 0.0%)

1 もたなかった, 深く我が

▼ 徳へは~ (2, 0.0%)

1 よろしく伝え, 特に

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 に欺かれ, を引

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 に日, に月

▼ 徳上皇配流~ (2, 0.0%)

1 の故, の舊蹟

▼ 徳両家~ (2, 0.0%)

1 の同盟, の宿将

▼ 徳~ (2, 0.0%)

2 にも貴族的品格

▼ 徳丸本~ (2, 0.0%)

1 の獅子舞, の獅子頭

▼ 徳主従~ (2, 0.0%)

1 とその, は歓ん

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 く後主, く遺孤劉禅

▼ 徳今夕~ (2, 0.0%)

1 より中村某, より関

▼ 徳以上~ (2, 0.0%)

1 に目, のもの

▼ 徳以来~ (2, 0.0%)

1 の中原進出, の功臣

▼ 徳兵衞氏~ (2, 0.0%)

1 とは別項, を訪

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 もあった, を自分

▼ 徳分未曾有~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 徳勝寺殿さま~ (2, 0.0%)

1 があれ, もほんとう

▼ 徳勝寺殿天英宗清~ (2, 0.0%)

2 大居士

▼ 徳勝門~ (2, 0.0%)

1 の城壁, を出

▼ 徳十郎氏~ (2, 0.0%)

1 なりあるいは, に宛て

▼ 徳右衞門樣~ (2, 0.0%)

1 から預, とは無二

▼ 徳同情者~ (2, 0.0%)

1 のうち, の裏切り

▼ 徳呂布~ (2, 0.0%)

1 などという敵, に対してはどこ

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 が今晩迎, を成就

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 の内, の如き

▼ 徳天子~ (2, 0.0%)

1 に奏し, の命

▼ 徳夫人~ (2, 0.0%)

1 のす, はいよいよ

▼ 徳~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 にし, に養い

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 だ, を斉

▼ 徳寺改築~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 徳川方~ (2, 0.0%)

1 では丹羽勘助氏次等, の陣容

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 の理官, へ行った

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 ではその, という芝居小屋

▼ 徳~ (2, 0.0%)

2 は昔

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 すなわち勇, って贔屓

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 の人形, も病身

▼ 徳村撰十~ (2, 0.0%)

1 という人物, の変り果てた

▼ 徳次兄い~ (2, 0.0%)

1 に頼まれ, はもう

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 だと, のよう

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 が子, は通称玄亭

▼ 徳瑛字~ (2, 0.0%)

1 は君瑤, を魯直

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 から出版, から単行本

▼ 徳祐帝~ (2, 0.0%)

1 の兄景炎帝, を降し

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 でも恵比須大黒, など称

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 を率い, ノ事ハ理會スベカラザルノ事トセリ

▼ 徳米氏~ (2, 0.0%)

1 の示教, は勿論

▼ 徳純氏~ (2, 0.0%)

2 との間

▼ 徳自身~ (2, 0.0%)

1 すぐその後, も遠から

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 に御, 忠政こういう

▼ 徳菴どの~ (2, 0.0%)

1 などをお, は柴田どの

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 である, は或は

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 が例, という男

▼ 徳連合軍~ (2, 0.0%)

1 におわれた, の襲う

▼ 徳~ (2, 0.0%)

1 だと, は護軍

▼ 徳阿弥父子~ (2, 0.0%)

1 が三河, は遊行派

▼ 徳院廟~ (2, 0.0%)

1 が建造, の方

▼ 徳音寺~ (2, 0.0%)

1 に行き, の道

▼ 徳馬鹿~ (2, 0.0%)

1 が色情狂, なども時代

▼ 徳高く~ (2, 0.0%)

1 して, 見えたお

▼1* [451件]

つて位なき, 徳あたりが出ず入らず, 徳あっしゃあこれから, 徳あなどり難しと, 徳あの徳と, 徳あまねかりし頃, 徳あまりありて, 徳あらばその, 徳あらゆる勇壮あらゆる, 徳ありとてその, 徳あゝ思へ, 徳いたしましょうと申され, 徳うすく功も, 徳うまくかわして, 徳がつつまず物語る, 徳ぐらいのものでしょう, 徳ここに黄匪, 徳こそは侮れない敵, 徳こと河北にあり, 徳こと福竜のやつ, 徳この辺は, 徳へあら, 徳さらに魏王直属の, 徳さんとこで会っ, 徳さんわたしは思い切っ, 徳さん五千両見付かったの, 徳さん今井の叔父さん, 徳さん君は草履, 徳さん娘のお, 徳さん徳さん今井の叔父さん, 徳さん所著の歴世略伝, 徳さん本橋さんそのほか, 徳さん気の毒なこと, 徳さん洋服が違っ, 徳さん眞實に餘, 徳さん私は思切つて, 徳さん腹が減った, 徳しかありますまい, 徳しょと急いだら, 徳しょう寺殿天英宗清大, 徳すなわち勇と, 徳ずくじゃない, 徳ずくゆえ倦きが来ませんから, 徳なは, 徳そのものを考える, 徳それらは皆罪悪, 徳ならば美人局, 徳たけて人, 徳たけたるありさまにて, 徳たち三名はにわかに, 徳たのむぞとお, 徳だけぢや, 徳だけがどうしてひとり漢中, 徳だけで動いて, 徳だけにはそうお, 徳だろうし私, 徳ゅう奴で, 徳ちゃんと三人で, 徳ちゃんカチカチカチだよ, 徳ちゃんペスが帰っ, 徳ちゃん夫婦があつまり, 徳や借り, 徳てえのは, 徳であって後者, 徳でさえ妻の, 徳でない両乳, 徳でなく寛容は, 徳でねえか, 徳といったわけだ, 徳とかを述べたが, 徳としても欣然友交国, 徳とだけ襟を, 徳とてここに, 徳とばかり思いこんで, 徳とまでは仔細ない, 徳とやらをもって人を, 徳どうか助けて, 徳どの縄目をゆるめ給え, 徳どんそこからお, 徳どん其處からお, 徳なうして, 徳なしには行かない, 徳などが留守を, 徳などと争って, 徳などという人には, 徳などと共に国外遠く, 徳などを指圖し, 徳なにとてわが大国, 徳なんぞは無いもの, 徳なんども各地, 徳においても識見においても, 徳にすら劣ろうとは, 徳についての説明を, 徳についてはどんな言葉, 徳につき従う数万, 徳にとって贔屓の, 徳にとっては大切な, 徳にとってもあなた方にとっても, 徳になずいて, 徳にまで自慢し, 徳により流民などの, 徳によるにあらでた, 徳に対しての興味関心の, 徳に従って自分も, 徳に関して文士は, 徳のてがみを, 徳のなよよかなるいはれ, 徳のみが謙遜な, 徳はかろく笑い流し, 徳はきゃっと悲鳴, 徳はたしてこれを, 徳はなはだ高く, 徳はや棺桶を, 徳はやしなふて, 徳ばかりこの巨, 徳ばかりが歸つて來て, 徳ひとりに功, 徳へと駆る原動, 徳への憧れが, 徳ほとんど一片の, 徳まことに器より, 徳また北上せん, 徳までが磯には, 徳までの着変やら, 徳までも平気で, 徳みこしに三重, 徳みずから大軍を指揮, 徳みずから蜀の大軍, 徳みたいなもの, 徳め途で待ち受け, 徳もう帰ろう, 徳やんさっきおっ, 徳よりは同じ不快, 徳わずかな将士, 徳われらの意, 徳われ敢て強, 徳をも連れて, 徳ガ周郎ニ困メラレシトコロニアラズヤ, 徳ガ詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, 徳トシテ彼女ヲ失ッテハ不便, 徳ニシテ股肱のたすくる, 徳ニナッテ路銀モ遣ワズニ諸所, 徳ハ宏大ニシテ天ヲ極, 徳以テ民ヲ化スヲ, 徳一がれにいや, 徳一方は軍師孔明, 徳と相対, 徳三年太歳丙辰正月廿五日の銘, 徳三年書写古謡集, 徳三郷はシヨンボリ, 徳不動明王の姿, 徳不才ではあります, 徳に知られ, 徳両方の実状, 徳並二儀澤流四海以王慕化故遣, 徳乏しければ必ら, 徳の小柄, 徳二年三月二十八日の日附, 徳二年三月十七日に四季部, 徳二年八月伊勢八幡住吉三社の神馬, 徳二年文明五年慶長五年の諸, 徳人さんが私, 徳人ガダマッテハイヌマイ五百ヤソコラハ出スダロウト教エテヤッタラキモヲツブシタ顔ヲシテ, 徳でございました, 徳仁ナレバ則チ生ズ市食ノ菌ニ, 徳今広陵にひそむ, 徳今日より岡, 徳他人のいかなる, 徳代参遣す, 徳以下三人は, 徳以下何の怖, 徳以下列のあいだ, 徳以下張飛や関羽たち, 徳以下樊城へ入った, 徳以下積年のうらみ, 徳以下荊州軍をことごとく, 徳以下飢えつかれた姿, 徳以来蜀軍の戦争目標, 徳低からざる紳士, 徳低き者に, 徳のとりえ, 徳侯水戸様お目代, 徳修まらず学講ぜず, 徳倹魏博の節度使楊厚, 徳元年左近衛の大将, 徳元年秋八月従亡諸臣, 徳先ず紊れ, 徳児携へ角力見物, 徳児携手城浦より釣舟遊行, 徳きを, 徳八郎等普賢嶽にのぼりぬ, 徳共に高き長谷寶秀師, 徳兵衞さんというの, 徳兵衞ボロボロと泣い, 徳兵衞樣の, 徳兵衞竹次文七利八その他關係者を洗ひざら, 徳冀州へ奔, 徳冨山路等の一流文士, 徳冨氏の, 徳冨蘆花君の噂なぞ, 徳切られ損と, 徳勝寺でんさま, 徳勢力はひそか, 徳十一女長十六良十四, 徳十万の軍, 徳十五三郎四つ女長二十良十八, 徳十五年には二男犬萬, 徳十四三郎三つ女長十九良十七, 徳十郎という人, 徳という人, 徳叉迦竜王を現, 徳に乏しから, 徳右衛門これ丈見られます, 徳右衛門草履取一人槍持一人があと, 徳右衞門八五郎は平次, 徳右衞門夫婦としつくり行かない, 徳右衞門確かに殺されかけた, 徳右衞門腰が低く, 徳右衞門豆を撒い, 徳同族の者, 徳同盟を成功, 徳も知らなかった, 徳品行の一点, 徳商店の長吉, 徳啓蒙所夜会に出す, 徳善道というもの, 徳嘯吹上髭思い思いの, 徳嘯吹上髯の面, 徳四年出家し八十, 徳四海ニ溢レ威八紘ニ展ブ億兆昇平ヲ謳歌セザルナシ, 徳にあらず, 徳園八景といっ, 徳が昔, 徳大いに驚き手兵, 徳天國の平和, 徳天地に等し, 徳天皇崩御後までも彼, 徳のこと, 徳奉賛会の本, 徳妻子にもはなれ, 徳を海外, 徳威最高威武隆盛なる大, 徳嫡男恒善長女純次男優善の五人, 徳孫権などの噂, 徳安が手から買い受け, 徳安さんその点, 徳安並に門人等, 徳安十七平三郎五つ孫祐三つ女国二十二安十四琴十一柏軒の妾春四十一, 徳安十九平三郎七つ孫祐五つ女国二十四安十六柏軒の妾春四十三, 徳安十五平三郎三つ孫祐一つ女国二十安十二琴九つ柏軒の妾春三十九, 徳安改磐安の一家, 徳安攻撃部隊につく, 徳安様御著, 徳安爆撃同乗記に心, 徳安爆撃行陸の荒鷲, 徳安磐にも此遺伝, 徳安郎へ, 徳安長は桂山元簡, 徳宗三代を通じて法運, 徳宗憲宗時代の重臣, 徳という者, 徳しと, 徳寺様より西町, 徳寺門前だ, 徳小字は阿, 徳の追剥, 徳尾島氏出の嫡子恒善, 徳山楽などの豪宕絢爛, 徳などもおのおの, 徳川中紀の頃, 徳川内府大政を返上, 徳川内府様の軍, 徳川方軍艦脱走の変報, 徳川柳營においていつ, 徳州刺史張訥之の馬, 徳左右に関羽, 徳左衞門という者, 徳市吉野省一横田宗次郎杓子甚助有村忠恕等總計廿五六名, 徳帝李式開の五人, 徳常に民を, 徳年間には宮中, 徳は江刺, 徳の正殿, 徳張飛それがし, 徳張飛関羽の三人, 徳を導い, 徳彼等の時代, 徳文達江戸, 徳必ずしも徳では, 徳をより, 徳思い思いに別れ, 徳の功, 徳惟時尊道則帝師であつ, 徳と離し, 徳慶侯廖権の子, 徳我が力能く, 徳才三絶の賢婦人, 徳撰さんのどなた, 徳教上面白くない, 徳教何のため, 徳教書編纂の事, 徳教究竟の目的, 徳教論の再発, 徳数学前川へ入門, 徳文人畫の大雅, 徳文学の影響, 徳斉法師といった, 徳斎ふたりとも僧門, 徳既に衰へ, 徳の三吉, 徳といい, 徳昌善士である, 徳曹操などという人物, 徳最も大いなれ, 徳最早歸らう, 徳本庄喜助重正伊藤太左衛門方高右田因幡統安野田喜兵衛重綱, 徳村田某へ数学稽古, 徳松栄などの歿後, 徳松沢幸田印東などという面々, 徳枢呉郡の休穆, 徳栄山と号し, 徳栄軒信玄の首, 徳といい, 徳にいそしん, 徳業天下の仰望, 徳が二本, 徳様ふたりの熱望, 徳次大仁次小仁次大義, 徳歳さんのこと, 徳かよ, 徳などのこと, 徳民字は世馨, 徳気勢がたかまっ, 徳水金銀瑠璃玻璃をちりばめたる, 徳という駅, 徳法院誓威大姉瑞泉寺所蔵の畫像, 徳洪妄は更字, 徳洪妄云ふ更, 徳を称念, 徳というよう, 徳渾成で恩, 徳源院譲誉礼仕政義居士, 徳であった, 徳潤沛県の敬文, 徳が見当らない, 徳無形の感化力, 徳無才の貧書生, 徳無量の快楽, 徳犬萬萬吉の三人, 徳玄寺いけないさ, 徳とっくりぶち, 徳ごときチョロ, 徳瑛成田竜玄嘗有約, 徳もつ足, 徳的根幹であろう, 徳その御, 徳盛んなれば, 徳直属の義軍, 徳だとでも, 徳社版がもう, 徳祐陸羽蒲元などいう, 徳という, 徳私権公徳公権内に脩まり, 徳私権相関し徳, 徳稲弁の下新, 徳稲荷の縁日, 徳稲荷様は御, 徳稼げるだけ稼がせない, 徳立たざれば君君, 徳翁了寿居士御夫婦, 徳者堕落者悪人罪人等は皆精神, 徳聞いてくれ, 徳脇備えとして趙雲, 徳自身多大の危惧, 徳に於, 徳舜瞥に及び, 徳にいろどられ, 徳の主, 徳の説, 徳芻言ふ昔, 徳董起成何などの諸, 徳薄く多年世情に, 徳藏寺に元弘戰死碑, 徳藏斯の如く, 徳藏様が, 徳虫魚に及ぶ, 徳蛇矛を按じ, 徳の百○参号, 徳う, 徳衰え沢竭きて, 徳裕先生について再び, 徳裕号を蘭林, 徳覆載摧此彊敵克靖方難無, 徳見たいなポーズ, 徳や乗組員, 徳討伐のこと, 徳記念碑は五千年, 徳訪問よい湯, 徳の妙, 徳だろう, 徳の表彰碑, 徳の如き, 徳國の, 徳しがたし, 徳貴様も己, 徳趙雲以下随行の兵五百人, 徳の万歳館, 徳の宗, 徳輩其他の十数氏, 徳輿の晩渡揚子江, 徳近ごろ天子に奏請, 徳追撃の道案内, 徳といふの, 徳通號は芳春, 徳逢年は二十五, 徳進んだのである, 徳道人だったか, 徳道人事石川五右衛門であった, 徳范周士送別于西津是日宿戰平風雨終夕今自, 徳醜悪と低劣, 徳野郎あれはあの, 徳開智鄙吝の, 徳関羽のよろこび, 徳輩臺從數百人設儀仗鳴, 徳院わきへかけ, 徳院本殿内に安置, 徳院殿の治世, 徳院殿さまの御霊屋, 徳院殿様すなわち前, 徳院秀忠公からご, 徳院稲荷にも吾等, 徳院稲荷神社へ参拝, 徳院造営時代はかよう, 徳の警戒線, 徳隠れなく或る, 徳雲寺と四軒, 徳青山を望ン, 徳韓浩が討たれた, 徳韓遂馬岱万余の大軍, 徳音寺村に出, 徳頌讃の文辞, 徳におんな, 徳願寺様から借り, 徳という古い, 徳馬岱韓遂など陣容, 徳高きものと, 徳高きがゆえに書, 徳高く聰明敏達の, 徳麾下の簡雍, 徳黄疆等が玄菟郡, 徳龍寺まで燒