青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「愛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~意義 意義~ ~意見 意見~ ~意識 意識~ 愚~ 愚か~ 愚痴~ ~愛
愛~
~愛し 愛し~ ~愛する 愛する~ 愛嬌~ ~愛情 愛情~ 愛想~ ~感 感~

「愛~」 9705, 111ppm, 971位

▼ 愛~ (2210, 22.8%)

45 ために 19 うちに 15 深さ 13 主體 12 巣を, 言葉を 11 詩集 9 中に 8 力を, 心を, 歌 7 火に 6 力に, 杯, 泉の, 神は

5 [12件] ない結婚, やうな, 上に, 前に, 力が, 名に, 妖精, 強さ, 為に, 眼を, 表現を, 言葉が

4 [21件] ある結婚, しるしに, ためには, ための, 世界に, 光を, 力, 力で, 力の, 印として, 奴は, 巣の, 心が, 手は, 生活が, 生活に, 生活を, 表現の, 表現は, 言葉は, 詩集の

3 [37件] あるところ, ことを, しるしを, ためである, ないところ, なかでは, なかに, なければ, ほかに, よろこび, 一つの, 世界が, 世界を, 中から, 光に, 光の, 力は, 友社, 名によって, 告白を, 実際的効果, 対象と, 悲劇を, 感情が, 方へ, 本能を, 本質は, 本質を, 極印の, 深い人, 火, 真理である, 神, 神が, 神に, 純粋な, 言葉も

2 [150件] うちには, こ, こころを, ことの, ごとく, しるしでさえ, しるしとして, ため, ないこと, ないの, ない所, はげしさ, まねぎ, やうで, やりとりが, わが爲, 一念まし, 下に, 不思議な, 不足を, 中で, 中の, 二つの, 代償として, 休止符だ, 会堂である, 作用を, 例を, 信仰の, 信念が, 信念に, 信念を, 働きを, 光が, 共同においてのみ, 共同の, 共同は, 刑と, 力だ, 力である, 力によって, 動機から, 十字架, 印だ, 反対は, 告白に, 告白は, 味ひ, 問題である, 問題を, 域に, 外面的表現を, 夢に, 女神が, 姿に, 子供に, 実行は, 客観的存在を, 實現の, 対象が, 対象に, 対象は, 対象を, 對象である, 對象と, 小舟は, 心と, 心に, 快感の, 情熱は, 感情です, 感情を, 感激を, 懐に, 成就の, 成立は, 我に, 手が, 手を, 把握が, 抱擁を, 摂理の, 教, 斷ち, 方が, 方法も, 日の, 書, 最初の, 最高の, 本質と, 欠乏から, 歌を, 涅槃の, 涙に, 満足を, 火の, 火を, 炎を, 烈しさ, 焔で, 爲に, 特殊の, 現はれである, 理想の, 理想は, 生活と, 生活は, 発表は, 目を, 眼, 眼が, 眼を以て, 破綻が, 神たちの, 神樣だ, 秩序まで, 精神は, 純粋なる, 結婚で, 結晶が, 織手, 缺乏の, 美しさ, 翅で, 至妙境を, 血を, 行動を, 表情に, 表明である, 表現と, 表現として, 訪れを, 証拠と, 詩人, 詩人である, 詩集が, 詩集は, 詩集一巻, 話を, 誓いを, 誓ひ, 象徴では, 賚とを, 閃きを, 障害に, 鞭, 鞭を, 食卓に, 魔薬を

1 [1464件 抜粋] あかしとして, あったこと, あらはれ, あらわれる時, ありよう, あるべき状態, ある処, ある所, いかに深刻, いと小さく, うえに, うちの, うれしさ, お感じられ, かたみ, くちづけあざやか, こころは, ことである, ことは, こまやかさ深, こもった分析, こもった家, こもった絵, ごときも, ごとく甘き, ささやきを, した, しるしの, すべてを, それを, ためであった, ためでは, ためにも, たよりな, つるぎともして人生の, ときは, ないお話, ない世界, ない寝顔, ない男, ない証拠, なきがら, なぐさめこそは, なやみ, ねぎらいを, ひそかな, ひとつの, ひらめきの, ふところへ, ほかには, まことだけが, もだえを, もてる作品, ゆえであったろう, ような, よろこびや, わが上主, エクスタシイである, エゴイズムを, ジーグフリードも, ディレッタントである, リビドーが, 一つな, 一夜の, 一字に, 一念であれ, 一生を, 一言も, 一面に, 上にこそ, 不足, 不足は, 世界は, 世界的協同と共に, 中には, 主住む, 事を, 事業が, 二元論が, 二重唱の, 交はりは, 亭午の, 人である, 人とは, 人生は, 仕事でございません, 体験の, 何たるかは, 何ものなる, 余生に, 作用が, 作用のみにより, 使命であり, 例にも, 保証を, 信念のみ, 個性に, 催しの, 働き方, 優しい埒, 優位が, 兄弟禍の, 充つ所, 光でございます, 光りとは, 光りを, 光輝に, 共同それと共に, 共同を, 具現者の, 内面的強制に, 冷めたアンナ・カレーニナ, 冷却の, 分割と, 分量の, 別形である, 到達についても, 剣である, 力と, 力によ, 力愛の, 努力が, 動作は, 動機にも, 動機は, 勝利であった, 勝利狂気, 勸むる, 十字架が, 半面じゃ, 厚薄は, 及ぶまでの, 友として, 反応を, 受胎によりて, 古巣に, 叫びは, 合図を, 同じ光, 名残で, 向ふところ, 告げられた大将, 告白とも, 呪縛が, 命は, 哲学者, 唇よ, 問題その, 問題など, 問題は, 啓示は, 喜を以て, 営みとしての, 囚に, 園, 基礎の, 場面を, 墓場だ, 声苦悶の, 変化消滅といふ, 変形, 変形なりって, 夢第, 大きいこと, 大波は, 太陽の, 失われた男女, 奉仕を, 女王である, 女神の, 奴の, 如く對象, 如何に, 妻すら, 妻に, 姉に, 姿で, 姿のうへに, 媒介者である, 子であった, 子を, 字典の, 存在し得る, 安らかさこそ, 完成と, 宗教では, 宗教を, 実と, 実体を, 実行であった, 実行を, 実践という, 実践は, 宣言を, 容子を, 富源から, 対人的可能を, 対象でない, 尊さ, 對象を, 小枝, 小舟という, 少し弛んだ, 尺度を, 岸に, 巣だ, 巣な, 巣訪問, 帰結が, 平手で, 幸福は, 幻を, 幻想に, 庁, 延長と, 弱みから, 強いもの, 強い母, 強制は, 形とが, 彫刻家な, 御庫, 復活, 微風は, 徴として, 徹底せざる, 心によって, 心より, 心理の, 必然的結果では, 忍堪, 快楽は, 思いが, 思い屈辱感, 思を, 思想の, 性質や, 恒久性の, 息吹きに, 悩みが, 悩みも, 悲しみ, 悲しみ愛の, 情である, 情の, 情欲に, 情緒, 意識に, 感づきを, 感情だった, 感情の, 感激も, 態度では, 慟哭であった, 成就そのものも, 成立を, 戯れを, 所作は, 手ざわりと, 手に, 手紙で, 手紙を, 技巧の, 持ちあえる人たち, 挨拶であっ, 掟に, 接点が, 揺ぎを, 摂理によって, 支えが, 故に美しい, 故郷, 教義を, 数条の, 文句で, 断層が, 方を, 智識, 最も優秀高級, 最も篤から, 最終の, 有無や, 木剣が, 本体は, 本有感である, 本源たる, 本能では, 本能及び, 本質とは, 本質的性格を, 杯に, 根柢が, 極点, 楽園を, 権化, 機智を, 欠乏である, 次に親密, 欲求に, 歌より, 歓喜や, 正しさ, 歴史の, 殿堂に, 母心が, 水, 永遠を, 泉, 泉であった, 法則の, 洞察力の, 流れ, 流露が, 浪子に, 海より, 涙が, 涙憐憫の, 深いヒューメン, 深い証拠, 深化という, 清水が, 渇望の, 湧くところ, 源泉であった, 滔々として, 演説を, 激情に, 濃かに, 火から, 火にかけて, 炎が, 為すなき, 為とは, 焔に, 無い冷酷, 煌, 熱を, 熱情と, 燈火を, 爆発力は, 片はし, 物語が, 犠牲者達を, 独創性という, 獲得の, 現はる, 現状との, 理想を, 理論家だった, 甚だ強き, 生み出した天然, 生活といった, 生活両親を, 生涯を, 男神と, 町は, 疲の, 痛手にたいする, 発展を, 発現では, 発露であろう, 發表で, 皆無な, 目あてだけ, 目で, 目的に, 目醒め, 相手として, 相馬大膳亮が, 真の, 真実の, 眼で, 瞬間に, 破壊を, 破綻から, 破綻を, 確實な, 祈祷の, 祝福を, 神でしょう, 神や, 神アプロヂーテーに, 神キューピッドの, 神秘官能の, 神童に, 秘密が, 種族に, 空気に, 立場から, 競争者である, 笑まへる広場, 第一義を, 範囲の, 籠つた新しい, 籠る眸, 精神であった, 精神と, 糸, 純一性, 純朴を, 純潔の, 純粋さを, 素振り一つ出来ず, 絆, 絆に, 絆も, 経験は, 結晶でありまし, 絶対境と, 繋を, 缺乏と, 義, 翼の, 聖旨により, 聲を, 肯定は, 能力では, 膏油を, 自ら詞藻の, 自然詩人といふ, 至純さを, 花, 花を, 芸術と, 芽ばえが, 若々しさ, 荀子増註を, 葛を, 葛藤も, 薄いため, 虹だ, 行方, 行為と, 行爲である, 表情と, 表現では, 表現など, 表現には, 表章, 衰に, 裏切りが, 要求からは, 要求に, 要求を, 親, 觀念によ, 言葉と, 言葉によって, 言葉愛の, 証左の, 証明を, 詩に, 詩人だ, 誇りなんか, 誓いだとか, 誕生, 誠と, 説は, 調和の, 論議に, 讚美として, 象徴たる, 貧乏人では, 質の, 贈り物としても, 足ぶみを, 足りない事, 跡継は, 輝きである, 造れるかの, 遊戯だった, 遊戯を, 道すじにおいて, 道と, 道捨の, 配慮や, 野郎が, 量だ, 長い苦悶, 間においても, 関係は, 闘争は, 限界は, 障礙と, 雄大壮麗な, 雛型である, 雫を, 靜光を, 鞭であった, 頌歌を, 領土である, 顕示が, 顯れだ, 食卓, 香が, 駆引きに, 高さ, 高昇に, 鬼であった, 魔術に

▼ 愛~ (1345, 13.9%)

31 もって 28 持って 21 感じて 15 求めて 9 感じた 7 受けて, 表現する, 覚えた 6 こめて, 口に, 持つこと 5 あらは, 他の, 傾けて, 受ける, 失って, 抱いて 4 もつて, 一身に, 信じて, 善しと, 得て, 感ずること, 捧げて

3 [21件] お感じ, お持ち, もとめる肩, 信ずること, 働きかけること, 出発点として, 囁いて, 専らに, 少しも, 彼に, 心に, 感じる, 感ずる, 感ずるよう, 欺くこと, 求むる心, 求めたの, 注いで, 覚えて, 語って, 説く人

2 [85件] いだいて, お覚え, かくして, さへ, すべての, そそいで, 一番多く, 不自然に, 主と, 云々する, 享ける, 今の, 他へ, 以って, 体得し, 体得した, 信じない, 信じないの, 信じること, 信頼し, 内に, 受くる, 受けない, 受けること, 受けるもの, 受ける事, 哀願し, 増すの, 外に, 失うくらい, 完う, 実行する, 彼等の, 得る唯一, 御受けする, 忘れて, 思はせる眼付, 恐れて, 感じたこと, 感じた時, 感ずる時, 打ち消す者, 招く, 持ちながら, 持つて, 持つ事, 指す, 換し得る, 新たに, 有する者, 求むるが, 求むるは, 求めた, 求めたこと, 求めに, 求めようと, 求める事, 求めんとして, 燃しかつ, 犠牲に, 独占しよう, 現は, 百倍に, 目覚まして, 知らない圭一郎, 破壊する, 示した, 祈りはじめる, 神に, 自白した, 表は, 証するもの, 認めて, 誓った, 誘う, 語ること, 語ろうと, 説く, 讃へ, 贈らないの, 身に, 邪魔する, 陰ながら妻, 隔離し, 養うこと

1 [911件 抜粋] あたえて, あなたに, あらゆる人倫關係, あらわして, いだく人, いつも程, いひこの, うけついで, うけるね, うっとり霞ます, おつみ, おどおどと, お姉様, お捨て, お語り, お身, かける源氏, かちえた時, かち得たとき, かんずること, きりはなす力, ことごとく幽閉, このチョビ安, これからどうやっ, ささげつくし人, ささげねば, ささげる, ささやかれること, ささやくには, さまして, して, しまかむ, すくい出したいと, すてた恋人お宮, すること, そこまで, そそぎはじめた男, そそぐぞと, その人, その時, その眸, そんなにも, ただそれだけ, たよりに, つかみ得なかつた女, つくりだすよう, つなぎたかったら宝石店, つねにあら, とって, どうしよう, なんとなやましく, はっきり感じた, ば何人も, ふしぎに, ふんで, ほとんど一身, まじり気なく, また人間, まっすぐ育てられる, まに, みとめて, むさぼり, もっても, もつと, もてあそびそして, もてない, もて導く次, もて我, もとめて, もみ消そうとは, わがごとく見, わが見し, わたしたちにまで, 一人で, 一人占めする, 一層純粋, 一年も, 一方的, 一番多く持つ, 万物に, 不足に, 与えました, 与えましょう, 与えられたるもの, 与えるもの, 世に生かした, 主張し, 主観的の, 主體, 争いつつ, 二分し, 互の, 人に, 人の, 人生に, 今では, 仕向けるよりも, 以つてする, 以つて交つて行く, 以つて他人を, 以つて包容し得る, 以つて我子, 体得する, 何ものかに, 作って, 係蹄と, 促すもの, 保留し, 信じそれ, 信じたいの, 信じたる彼女, 信じながらも, 信じなさい, 信じるなら現在, 偸み得, 傍観し, 傷う, 傾けかけた, 僕の, 償つて余りある, 先生は, 全うせん, 六と, 内面的根據と, 再び奪, 冷笑する, 分けて, 分ち我, 利己的に, 到底得ぬ, 割かれるこの, 割くの力多, 力説する, 労働の, 包括し, 反復し, 叔母さんは, 取り戻したかったから, 取り戻す望み, 取り返すこと, 取引視せられる, 受けたの, 受けた不破伴作, 受けない子供, 受けながら, 受けるでしょう, 受ける価値, 受ける器, 受け入れないある, 受け入れなさい, 受け容れました, 叙し, 否定した, 含まない過去, 含んだ微笑, 含んで, 告げる心, 告白する, 味った, 味ひ得たる, 味わうと, 味覚する, 呼び起したかでは, 呼號する, 唯所謂強者に対する, 喚起す, 喪失し, 四方八方に, 垂る, 基調に, 増した, 壊そうと, 変えて, 夢みてるから, 失いつつ, 失うこと, 失った, 失ったため, 失った上, 失った女, 失つたが, 失ひつ, 失ふ人, 失わずに, 契ること, 奪われたと, 奪われ乳母, 妨げるよう, 妻に, 妻は, 宇宙全, 守り自分達, 守れる可能, 完くし, 完全に, 実現しよう, 実行せん, 害するもの, 宿らせる仕事, 寄せるとき, 實現する, 専有できなく, 小女王, 布く, 広くしろ, 弁解し, 引かんと, 引くるめ, 強いて拒みはじめた, 強めた, 強要された, 強要する, 強請する, 彼女に, 得ずには, 得たとて, 得に, 得むと, 得ようとして, 得るの, 得んと, 得幸福, 徳として, 心の, 忘れる者, 思い出しながら, 思えば, 思はずして, 思はずに, 思ふ, 恐れよ, 恵まれうる資格, 想うに, 惹けるもの, 愚かな, 愛します, 感じあなた, 感じさせられるもの, 感じたと, 感じたに, 感じた相手, 感じてを, 感じない人, 感じながらも, 感じはじめる, 感じます, 感じられなかつたなら別れるほか, 感じると, 感じるの, 感じる事, 感じる妻, 感じ出して, 感じ外界, 感じ彼等, 感じ直した, 感ずるが, 感ずるところ, 感ずる恐れ, 感ぜざるが, 感ぜずには, 感謝する, 憐む心だけは, 懇願し, 成就する, 我々に, 所長の, 打ちあけられましたので, 打ち明けるだろう, 払いのけて, 承くるに, 抑へ, 投げ掛ける, 抱かぬ者, 拒もうと, 拒絶され, 拷問し, 持たず且つ, 持たなかったらお前, 持たねば, 持ち, 持ったかも, 持ってるん, 持つ頃, 捜し出すという, 捧げたあなた, 捧げます, 捧げられた主家, 捧げるつもり, 捧げる事, 捨てて, 捨てること, 捨て得ないため, 描いたもの, 描きながら, 損し, 損じる, 教会活動の, 斷ち, 施す等, 更新し, 書けと, 書ける文字故人, 有して, 有つ, 有閑的な, 望むと, 本当に知らされた, 本統に, 枉げずば, 棄てぬ, 横合いから, 欲し, 欲しない, 歌い領事, 歌ひ, 殺いだり, 殺戮する, 求むる, 求めすぎるという, 求めず自分自身, 求めたケリル, 求めました, 求めようとは, 求められる場合, 求めること, 求めると, 求めるほど, 求めるよう, 求める女らしい, 求める彼自ら, 求める手段, 求め争うかを, 求め描いたの, 汲み出すこと, 注いだ人間, 注ぎかけた, 注ぎ得る人, 活かして, 消して, 深いもの, 深くさせる, 深く知ってる, 深めること, 清める愛, 湛えて, 濁さしめないこと, 煽り立てたの, 熱心に, 燃えたたせる姿, 燃す永遠, 燃やすを, 特に親子, 犠牲の, 犯しては, 献げようと, 獲得する, 現すよう, 現わし, 現実化する, 理解し, 理解できます, 生かすため, 生きて, 生きよその, 生徒たちに, 異性に対して, 疑う時, 疑ひ天道, 発揮し, 盗まれし者, 盗みし報酬, 相手に, 真実に, 知ったなどと, 知って, 知つた, 知つて居る, 知らない, 知らない者, 知りよく, 知り天上永遠, 知り涙, 知ること能はず, 知る前, 破壊された, 破壊しました, 確り掴んだ, 示したつもり, 示して, 示すもの, 祈りました, 祝福し, 神よ, 秋津が, 移したという, 移すこと, 突き拔, 竊み, 競うわ, 第一, 築こうと, 米麦に, 終わりの, 経験した, 結実させない, 繋ぎ正勝, 罪で, 考え馴れて, 考察する, 肌地の, 肯定したい, 脈搏の, 自分に, 自分は, 自覚したる, 與へ, 苦しむ方, 葬って, 蔵し, 行うべき愛, 衒って, 表す語, 表はせるなら, 表現し, 被りき, 裂いたと, 裏切りたくなくなつた, 要するが, 要求します, 見いだす心, 見ざるは, 見せたり, 見るも, 見出して, 見失うまいと, 覚えずには, 覚えないなら真理, 覚えながら, 覚える浮舟, 親ばかと, 解した人, 解する, 言ふこ, 言葉に, 許し私, 証しよう, 認めた, 認めたる上, 認めながら, 誓いあったという, 誓い伸子, 誓い合った, 誓ったの, 誓って, 誓ふ, 誘った, 語らう仲, 語りあった上野, 語りまた, 語り得るの, 語るところ, 語る人, 語ろうなら無事, 誦しわけて, 説いて, 説かないが, 説き正義, 説くキリスト教, 説こうと, 論じたるの, 論じた時, 警戒なさる, 護りぬきましょうと, 豐かに, 貫くこと, 買うため, 買う事, 購うこと, 贈って, 贏ち得, 起させる丈, 超えて, 蹴って, 迷は, 送らなければ, 送り出したところ, 造る勿, 道傍の, 遺すため, 開かんとて, 陰性に, 離るれ, 離れざるもの, 離れて, 頼みと, 題材と, 顯は, 養ひ, 養成する, 體驗する

▼ 愛~ (753, 7.8%)

14 認識との 6 死の, 知恵との, 美について 5 憎しみの, 美と 4 云うもの, 優雅と, 尊敬を, 平和の, 死 3 友情とを, 平和と, 憎と, 憎との, 死と, 無心の, 理解とを, 生涯, 男女の, 調和と

2 [63件] いえば, して, なるという, チェーホフとの, 云う者, 云ふも, 信頼とに, 信頼の, 光とを, 力とに, 力とを, 勇気と, 又憎しみ, 反対の, 同じ性質, 同じ程度, 同情と, 呼んで, 夫の, 姉妹の, 嫉妬との, 嫉妬とは, 家庭を, 平和との, 平和とを, 悲しみの, 情熱とを, 感謝と, 感謝の, 憎しみと, 憎の, 憎みとが, 憎みとに, 憎悪との, 憎悪の, 暴君の, 正義と, 正義という, 正義との, 正義の, 死との, 潔きとに, 熱情とが, 犠牲の, 献身とを, 理解と, 理解との, 理解を, 生命の, 生活苦と, 祈りと, 美しさ, 美との, 美とを, 自由と, 自由とを, 苦しみとは, 衝動と, 認識とは, 誠の, 誠を, 運命との, 隣人の

1 [535件 抜粋] あの小説, あらば, いい情け, いうか, いうが, いうより, いうよりは, いえるでしょう, いって, いっても, いつたやう, いひ恋, おなじく楽しい, かなしみと, このほのか, この女, この日本, この腕, これが, これを以て, したもの, しなやかな, そして泪, その両親, その後これに, その生活, その神祕, その結婚, その自主性, それから, それから僕達, だ, である, ともし火, ともに担い合う, どうしていえない, なつて, ならざる以上, ならねば, なると, なるも, のみなりける頃, ひさびさでよみがえった乳母の, ひとくちに, ほこりとを, まじわりの, まぜ愛, よき意味, よばれるべきもの, よび得るもの, よぶに, よぶも, カヤノに, カークへの, キスを, キリストの, キリスト教的な, ステキな, デリカテとを, モメントから, ユーモアの, 一つの, 一人息子への, 一種異様な, 一緒に, 一致し, 不幸と, 不幸とを, 不幸の, 並行する, 争ひ, 争論俺は, 事実完全な, 事業とが, 云い嫉妬, 云うお, 云うこと, 云うと, 云うよう, 云う事, 云う分子, 云う字, 云う感じ, 云えぬ, 云えば, 五人の, 人の, 人生の, 人間らしさ, 人間的な, 他人の, 体とに, 何かの, 俊亮に対する, 保護とによって, 保護との, 信が, 信とが, 信とを, 信仰とが, 信仰とは, 信仰とを, 信仰を, 信実, 信実が, 信実にかけて, 信実の, 信義心意気と, 信頼とを, 信頼を, 倫理との, 傳統への, 光に, 光りを, 光明, 光明とが, 光明とに, 光明とを, 共存者への, 共感とを, 其轍を, 別物なる, 創造と, 創造とは, 力, 力とが, 努力と, 努力の, 励し, 労働と, 労働とを, 労働者の, 勇気とを, 勇気は, 勇気を, 動機力は, 匂ひ, 化す, 厳粛さとを, 友情を, 反撥とを, 受けて, 同じき, 同じく虚偽, 同じだ, 同じに, 同じもの, 同一である, 同一に, 同情とともに, 同時にあの, 同時に将来, 同樣, 同胞の, 名, 名づくる, 名づける, 呼ばないだろうか, 呼ばるる楽しい, 呼ばれた, 呼ばれて, 呼び度, 呼ぶには, 呼ぶもの, 哀愁と, 善良さとを, 善行への, 喜びが, 喜劇作者の, 囘顧愛, 土とを, 地上の, 変えた方, 変って, 夢とが, 大きな瓜, 奉仕の, 女の, 女性とを, 威厳と, 婦人と, 嫉妬から, 嫉妬とが, 嫉妬とほど, 嫉妬を, 嫌悪とを, 子供の, 孤独, 学校での, 学芸への, 宇宙の, 安心と, 宗教とにおいては, 家庭とを, 寛容性とを, 尊信とを, 尊敬と, 尊敬とを, 尊敬による, 尊敬文化への, 尊重とを, 小鳥や, 峻厳な, 希望との, 師の, 平和, 幸いとで, 幸福とに, 幸福の, 幸福や, 幸福を, 幾らかの, 強き希望とは, 彼女自身の, 微笑の, 微笑を, 徳が, 徳とに, 心, 心痛とを, 心遣いの, 忍びとの, 忍耐を, 快活とを, 怒の, 怒りと, 思いやりとが, 思い込んで, 思って, 思慮とを, 性とに対する, 性欲とが, 性欲とを, 恋と, 恋を, 恋愛, 恐怖との, 恐怖に, 恨の, 恩謝とで, 恵みの, 悔いのみが, 悦びとを, 悦びの, 悲しみとの, 悲惨, 情けだけ, 情とに, 情とを, 情慾とは, 意志の, 愛とが, 感傷とに, 感激に, 感興とを, 感謝とが, 慈しみは, 慈しみ自身, 慈悲とに, 慈悲との, 慈悲他方からは, 慰藉とに, 憎しみとで, 憎しみとの, 憎しみ罪や, 憎みとの, 憎みとは, 憎みとを, 憎みに, 憎みの, 憎み明るい, 憎み神獣一如, 憎悪その, 憎悪と, 憐み, 憐憫との, 憧れによって, 懐しさ, 我等の, 抗議との, 抛擲とが, 抱いて, 放棄とを, 教養を, 敬とに, 敬とを, 敬愛は, 敬礼を, 敵愾心とによって, 新らた, 智との, 智とは, 智とを, 智慧とには, 會ふ, 望みともに, 望み聖旨に, 期待の, 本質的に, 柔和の, 栄華を, 根気を, 権利義務思想とを, 欲との, 歎き, 歓とを, 歓喜との, 歓喜とを, 正直, 正義では, 正義というもの, 正義とによってだけ, 正義とを, 正義感が, 此痛さそのものの, 武蔵との, 死のこの, 死之は, 母に, 母子間の, 母性という, 母性的愛情とは, 比較する, 民族的義務とに, 民衆創造の, 永久の, 永遠の, 汗, 汝等の, 沈默とを, 注意とで, 注意とは, 洞察と, 洞察とを以て, 浄化された, 涙と, 深い叡智, 温情とが, 漠然とした, 火の, 為る幾等残念, 無言の, 熱とに, 熱情との, 熱情とは, 熱情とを, 燃えるが, 燈火, 物質的にも, 牽引を, 犠牲とに, 犠牲との, 犠牲とは, 現れ憎み, 理性との, 理性とは, 理性に, 理想は, 理解とが, 理解とは, 生を, 生活とが, 由子の, 男に, 男の, 異性への, 痛みとを, 登志子に対して, 盲目に, 相互扶助によって, 相反する, 相対し得べき, 相当な, 相結び相, 相関的である, 真の, 真実と, 真実とが, 真実の, 真心と, 真理に, 睦びとゆったり, 矜りである, 知と, 知性の, 知能との, 知識とを, 知識の, 短刀を, 社会的良心との, 社会的責任において, 祈りを, 祖国への, 神を, 神秘から, 秩序によって, 称せり, 称讃に, 称賛との, 称賛とは, 空想とを, 立派に, 粘りづよさをもって, 純潔より, 純粋とは, 経済との, 結び合ひ, 結び合へ, 結合に, 絶望が, 練達との, 置き換えて, 美の, 美への, 美ほど, 美を, 美徳を, 義務と, 義氣, 義氣に, 聡明と, 聡明とで, 聯關し, 職業との, 肉交との, 育児とを, 臣情を, 自殺の, 自然の, 自由とをしか, 興味で, 興味を, 良識とに, 芸術とさえ, 芸術との, 芸術とを, 芸術を, 芸術家の, 芸術的な, 若さ, 若夫婦, 苦しみとを, 苦悩とは, 苦悩とを, 苦痛に, 荘とに対する, 荘との, 虚偽, 製作とを, 製作の, 親しみとを, 親切とに, 親切とを, 親味の, 解せられる, 言いとうてい, 言っても, 言ふ, 言わば婦人, 評価との, 詩とに, 詫び入る人, 誇とによって, 認識, 認識とを, 誠とは, 誠実と, 誠実とに, 諦觀を, 謂は, 謙遜を, 識見と, 識見との, 識見の, 豊富な, 貞とは, 貞に, 貞操を, 貞節の, 赦しと, 赦しとの, 赦しの, 趣味に, 軽蔑と, 運命と, 運命とに対する, 配慮とが, 重たい国母, 野心と, 鑑賞が, 間違えて, 関心によって, 闘うという, 面白さ, 願ひと, 願ひとを, 餓えとの, 驚嘆と, 高山の, 黄金の

▼ 愛~ (738, 7.6%)

5 奪ふ 4 死よりも, 私の, 言葉だ 3 かくの, その人, 少しも, 常に無常, 彼女の, 心の, 最高の, 神の

2 [40件] ありません, それによって, それを, ない, はからずも病氣, まことに愚痴, もっと繁く, 一つの, 与える本能, 世の, 互に互, 人を, 人間に, 今に, 他人の, 何も, 個性の, 僕を, 器への, 夫に対する, 奪う, 完たき, 彼女に, 愛の, 我を, 持って, 最も利己心, 根本において, 毒々しい愛, 永久に, 津田の, 激しく而, 無限の, 生命の, 直ちに不義, 相手の, 私に, 聖者の, 説く事, 魂と

1 [617件 抜粋] あくまでも真理, あたかもともし, あちこちに, あなたに, あの日, あまりに惑っ, あらたに, あらわだ, ありあり意味, あるいは都, あると, ある程度まで, ある種, ある譯, あれよりも, いう内, いかなる愛, いかなる距離, いかにも純粋, いかに人倫, いささかたりとも, いささかな, いっそうこの, いっそう深まっ, いつの, いつも一切, いつも對手, いよいよ熱烈, おそれ, お前たちを, お燕ひとり, かかる共同, かかる条件, かつて少しも, かなり早く, かの天上, かれの, かわらず, けっして深い, こう相談, こちらよりも, この世に, この世の中, この優しき, この地上, この欠陥, この詩集, これこそ, これである, これほどの, ごたごただの, さう逆, さもあれ戰, じつに空しい, すこぶる茫漠, すなわちあれこれ, すべての, すべて向い, そう逆上, そこでは, そこへ, そなた, そのひと, その一つ, その主, その偽善, その傾向, その後一生パトラッシュが, その日, その時, その本来, その焔一たび外, その独自, その美, その門, それだけ不完全, それでも憧憬, それに, それほどまでに, それみずから宗教的である, それよりも, それ限りの, そんな古風, たしかにその, ただ利慾, ただ本来, ただ祈り, たちまち暗礁, ついに絶望, でたらめな, ともし火, どうしても念仏, どうであっただろう, どうでも, どちらが, どのよう, どんなに深い, ないと, なお足る, なかった, なかなか複雑, にごって, ぬなか, のろい火, ひいきだ, ほとんど思索, まことにこの, まさにわれわれ, また私, まだ死滅, まだ淺いもの, まだ盛ん, まだ絶対, みな運命に関する, むしろ後の, むしろ自己, もう過ぎ去っ, もっともわがまま, もっと実践的, もとより古, やっと忘れ, やっぱり被害者, よほど徹した, わが子に, わく姫君, わしの, われを, エロースであり, エロースな, キリストが, キリストの, クリストフの, ハチロウを, ビヤトリスと, 一切である, 一日に, 一時は, 一直線である, 一種の, 万人への, 万歳なる, 上に, 不断の, 不純な, 不義に, 与えること, 世界を, 世間に対して, 並はずれであろう, 丸まっちい顔, 主観が, 主観的で, 事實と, 事業である, 二三の, 二倍され, 人格性及び, 人生の, 人間においての, 人間に関する, 人間の, 今少し, 今影の, 仕事や, 他の, 他者に, 以前より, 何によって, 何時までも, 何時も寂しい, 余の, 作者の, 依然エロース, 俄に, 信仰より, 信実と, 俺の, 偏愛と, 偽善と, 傍目にも, 僅に, 僕には, 先づ自然的實在者即ち, 全然その, 公の, 其を, 具體的な, 再び甦らず, 冷泉院を, 初めて姉, 初め花やかなる, 割合酬いられ, 創造の, 力と, 力強くいっさい, 劣者に, 動機或は, 十分に, 半身に, 単なる心持ち, 単なる表象, 危い, 即ち神様, 去勢される, 又人, 又他方, 反覆である, 同情を, 名譽心, 否定的に, 吾愛の, 味うべ, 善人である, 喜怒哀楽ともに, 嘗て物, 嘗て義務, 嚴, 四月の, 堅きもの, 報酬関係であっ, 増すの, 変らずそう, 変りません, 変わらずに, 変わらなかった, 多かれ少かれ子供, 多くの, 多少の, 大きいけれども, 天地にかけ, 天地万有を, 夫を, 夫人の, 奇妙な, 女の, 妻なら, 妻に, 妻を, 娘らしく, 嫉まず, 嫉妬と, 嫉妬の, 子に, 孤立を, 守らなければ, 完全で, 完成され, 宗教心と, 実に純粋, 実在の, 実践であり, 實に, 尊きもの, 小さい息子, 小指の, 屡, 己が, 己れ, 希望と, 師恩を, 常にか, 常にたたかい, 常に深い, 常に誤らず, 常住の, 常識に, 平民達の, 平等であるべきだ, 広い意味, 弟に, 強い, 強く惹かれ, 彼にとっては, 彼には, 彼の, 彼等二人を, 從つて永遠性は, 徹頭徹尾自己, 心に, 心臓だの, 必しも, 必ずしも子供, 必ず交互的, 必ず感謝, 必ず汝等, 怖れ, 怖ろ, 怠りがちな, 急に, 急速な, 怨恨を, 恋や, 恋人が, 悟りである, 悲惨だ, 惜みなく奪う, 惠みの最大なる, 愛する者, 愛と, 愛は, 愛を, 愛人の, 慈悲と, 成就される, 成就する, 成立し, 戸棚の, 所詮人, 手近い, 持てぬわい, 捨てられません, 掠奪する, 支那満, 放射する, 救済の, 斯くの, 新婦を, 日に日に新鮮, 昔から, 時にその, 智の, 智的生活の, 曇り勝ち, 曩に, 曾て, 最も根源的, 最初の, 月日とともに, 本来が, 本来人間の, 本能である, 本能の, 本質に, 本質上永遠的なる, 来ると, 来るべき工藝, 根を, 案外薄弱, 極りの, 極悪げに, 楽な, 機会を, 欠けたるもの, 次第にさめ, 死だ, 死では, 死にたいする, 死ぬこと, 殆ど絶対的, 段々金入れ, 母という, 毒薬であった, 水の, 永続する, 永遠について, 永遠の, 求めまい, 決して浅い, 決して説明, 浄らかな, 浅薄な, 消えたよう, 深いもの, 深い筈, 深かった, 深まり親, 烈しい働き, 無より, 無益に, 無限しかも, 照子の, 燃ゆる, 狂喜に, 独立自, 理想まあ, 理智的にのみ, 理知的な, 甚だ大きい, 生ずるであろうと, 生命が, 生活から, 男と, 男の子の, 百人を, 百合の, 百度も, 益烈しき, 相互的にのみ, 相突合, 眞の, 真に活かされる, 真に芸術, 真剣だ, 真理である, 真理を, 真面目である, 瞬間ふきの, 知って, 知の, 知よりも, 知慧の, 確かに, 祈祷と, 祖国愛への, 神が, 神より, 私たちを, 私と, 私という, 私自身の, 科学の, 稀薄に, 空しいもの, 立ち上り乍ら, 精神の, 精神的な, 純な, 純潔な, 純粋であっ, 純粋な, 純粋の, 素朴であり, 結合し, 結婚と, 結婚とは, 統一であり, 絶対です, 絶対なる, 絶對的他者そのものの, 絶望で, 総ての, 置きぬその, 美しい子, 美しく心, 義理ある, 肉体から, 肉親から, 育って, 自らを, 自分だけにしか, 自分も, 自己の, 自己への, 自己満足だけで, 自己犠牲死なん, 自己省察によ, 自己陶醉の, 自愛に, 自然に, 自由なり, 自由を, 良人に, 良人の, 花の, 芸術家の, 芸術家的の, 落花の, 葉のみにと, 薄くても, 虚偽だ, 血であった, 行き着いたの, 見せないの, 覚えずなって, 親の, 觀想主義の, 触るるところ, 誓うこと, 誰か, 諸種の, 謙虚である, 讃むべき, 變らない, 貴方の, 贅沢である, 起し得ません, 超凡である, 迷である, 退く, 遊戯である, 過去そのものへの, 遺憾なく, 遺書に, 都会の, 都市にも, 酬いられなかった, 野蛮人の, 金髪碧眼の, 間違いです, 闘いを, 限度の, 限度も, 隣人の, 霊から, 非常に, 順調には, 顔を, 顔淵に対する, 飽くまでもエロース, 骨ぬきの

▼ 愛~ (592, 6.1%)

13 溺れて 9 よりて, 燃えて 8 飢えて 6 於いて, 満ちて, 燃ゆる 4 對する, 於て 3 包まれて, 変りは, 對し, 就いて, 就て, 恵まれて

2 [38件] おぼれて, しても, すがって, すがるが, そむかない心, ひかされて, まします神, 依って, 依つて, 充ちた眼, 動かされて, 吾, 因って, 執着し, 基く日常生活, 変って, 悦び人情, 惹かされて, 憧れる作品, 應じ, 戻さねば, 打ち勝つこと, 接して, 欠けて, 活きたい心, 渇え, 満ち亘つて, 溢れた微笑, 溢れて, 溺れ易い, 熟睡し, 生きること, 目が, 相当しない, 等差を, 酬ゆる, 關し, 飢える人情

1 [433件] あきあきして, あっては, あまえたくない気持, あまり敏感, あらざるが, あらざる何物, いたり, いつか弛みが, うえた子供, うえた少年, うえて, うしろ髪引かるる, うしろ髪曳かれ, うちこむ日本人, うち負けた, うっとりと, うつるにあたりては, うながされて, うなづき, うらぎりすること, おごって, おごる小さき, おすがり遊ばせ, おののく, おぼれず堅く, おぼれるの, おぼれ葉子, お前は, お酬いせね, かかわる貞操, かけられると, かなう道, かなわぬと, からまると, かわりは, くらべたらなん, さへ, しかずといふ, しろ母, しろ波瀾, すがらせる神様, すぎません, せよ或は, その時, そむいた行動, そむいて, ついて, つきて, つつまれて, つつまれながら, つながれ同じ, つまずいた者, である, とどまるもの, なくて, なり, はぐくまれりっぱ, はげまされ落ち, はしらしたこと, ひかされては, ひかされ子供, ひかされ急進化, ひかれ御門, ひたって, ほかならぬあの, ほほゑみ, ましまし天堂擧, ましますから, また子, まつわりついたこと, みがかれて, みたし霊魂, みちた心, みちて, みちびかるされど, むけむ, め, めざめて, よく馴染ん, よらざる産子, わが, わたしの, ヒタタケて, 一切を, 一度は, 一点の, 一門の, 不公平が, 不足し, 乗り移られて, 乱れれば, 二つは, 五体を, 仕えんが, 件ふ, 似たり, 似た感情, 似た憐憫, 似て, 住すれ, 何か, 依つて統一, 依て, 依る民衆, 価しない, 信じきって, 信念を, 信用が, 信頼し, 信頼したい, 値しないと, 値しないという, 値すると, 値するよう, 値する対象, 停まって, 傷められた甘, 充たされたる夫婦, 充ちたらしい声, 充ちた心, 充ちた手, 充ちた正しい, 充ちた者ら, 充ちた説明, 充ちては, 充ち輝いた笑顔, 充実した, 充満しよう, 先だつこと, 入る過程, 冷水を, 到達しよう, 到達する, 刺さる, 副ふべく, 力づけられて, 加うる, 励まされて, 励まされ助けられて, 動かされたり, 動かされないで, 勝った, 勝つあたわざるを, 勢いづけられて, 包まれたその, 包摂した, 匹敵する, 十分に, 厚薄は, 反する凡て, 反する心持ち, 叶ふ, 同情し, 命を, 咽び泣きました, 喩ふ, 囚われて, 基いた此真, 基づく事業, 基づく人, 基づく本務, 基調を, 堪えられないのよ, 報いぬはず, 報いようとまで, 変りの, 外ならぬ, 外部は, 夢中に, 大きいの, 失敗し, 失敗する, 失望した, 好意に, 如くもの, 娼婦の, 媚びる感覚, 守られ富, 安住し, 富んだいろんな, 導く意, 帰着する, 干渉する, 引かされて, 引かれて, 引き返した一種洗練, 強い父君, 強き君, 従うの, 御せられつ, 徹すること, 徹するため, 徹すれば, 心ひかされ, 心奪われ, 応える自己啓示, 恵まれた夫婦, 恵まれない運命, 悩む者, 悶えさせて, 惹かされるの, 惹かれた彼, 愛せら, 感じて, 感じやすく, 感じ多少, 感ぜりとお, 感泣せしめ, 感激し, 感激する, 感謝したい, 慄え, 慣れ切って, 慰められて, 慰撫される, 憎悪と, 憧れる, 成功する, 我を, 戯むるる余裕の, 所有されてる, 打たれたの, 打たれ目, 打負かされる, 抱かれて, 抱かれる喜び, 捉はれない, 捧げよう, 捲込まれてから, 接するすべて, 換えるほどに, 擴がり行くべき, 支えられて, 放任され, 救われたと, 於ける一切, 於ける情緒, 於ても, 易ふべき, 暖められた作者, 暗んで, 期待する, 本づい, 根差して, 根拠し, 楽しみ耽りて, 欺かれて, 止まったという, 歸依した, 死するは, 死する苦悩, 殉じたの, 比すべき河, 比すれば, 比べて, 比べられた光栄, 比べると, 没頭し, 洗われて, 浴すること, 浸って, 浸り込み半日, 深く打たれた, 深まって, 渇いて, 満され, 満たさるるだろう, 満ちそして, 満ちたまま何物, 満ちたもの, 満ちたれど, 満ちた半ば沈黙, 満ちた声, 満ちた奉仕, 満ちた歌曲, 満ちてる彼, 満ち充ちて, 満ち満ちて, 満ち真剣, 満喫し得, 満足する, 満足できない, 溶け合った美奈子, 溶け合つた美奈子と, 溺る, 溺るる, 溺れきって, 溺れそう, 溺れたため, 溺れた日, 溺れた殿樣, 溺れた相澤半之丞, 溺れならはせ悪しく, 溺れること, 溺れ八王子, 溺れ浸って, 焦れた女ごころ, 然ゆる, 熱中された, 熱狂に, 燃えるであろう, 燃える校友會員有志, 燃えんこと, 燃え上って, 燃え切らせること, 燃やされるところ, 燃ゆ, 燃立った, 狎れた彼女, 献じ, 甘えむしろ, 甘やかされた, 生きて, 生きやがて, 生きるという, 生きるの, 生きるもの, 生き得ること, 生き得るの, 生命は, 疑いの, 疲れて, 痛めつけられて, 発し真理, 白熱した, 百倍し, 盛り上って, 目ざむるなり, 目ざめしめること, 目ざめて, 目ざめぬから, 目ざめぬこと, 盲ひ, 盲ひた疑り, 直接結びつけられ, 相変るべき, 眠りたいと, 眩まされた僕, 眺むれ, 眼ざめたお蓮様には, 確信の, 祈りを, 祈る時, 祝福あれ, 祝福される, 移るの, 程度を, 種類が, 立たない分別, 立ち帰って, 立っての, 立脚する, 等しいよう, 答へる, 粗雑な, 経験の, 結びついて, 絶えないよう, 耽けるを, 聖められた, 背きつつ, 背くもの, 胸を, 自らおぼれ, 自ら悩ん, 自分は, 至まで, 與かる, 苦しむ心, 苦しむ時, 苦しめられて, 落ちたの, 虚偽は, 解決を, 訴へて, 誘ふ, 變じ, 變へて, 變る, 貫かれてるそれら, 責任を, 貴賤, 跪拝する, 蹉跌が, 輝いて, 近いもの, 近かった, 進まうと, 進む, 過るところ, 達し輝き, 適う場合, 適う道, 適するよう, 適当する, 邪悪しか, 酔いて, 酔いジルノルマン氏, 酔うて, 酬いずに, 酬いること, 酬いるならば, 酬う, 酬る, 醸し出された小さな, 重きを, 関したこと, 関係の, 陥って, 陥りがち, 陥りし対手, 陥る, 随つて奔らんと, 震えた手足, 非常な, 非階級的, 頼り過ぎるという, 飢えきって, 飢ゑたる放, 飢ゑたる放縦生活の, 飢ゑてゐるのかも知れない, 飢ゑてゐるものはないのだ, 飽き足りて, 餓えて, 餓ゑたのではない, 饑え, 馴れた妻, 駆られてるよう, 駆られる衝動, 高まつ, 高めようと, 高翔した, 魅せられし後

▼ 愛~ (553, 5.7%)

8 ある 7 あれば, なければ 4 あっても 3 あるか, あると, あるという, ない, 足りない

2 [31件] あった, あったの, あつた, あるの, ないから, ないの, なくては, ほんとうに, 丸切り嘘だ, 交されよう, 人の, 保たれようはず, 名誉心や, 單純なる, 宿って, 彼を, 彼女に, 彼女を, 心の, 持続である, 欠けて, 相互的に, 示されて, 移って, 絶大な, 自分の, 自分一人に, 薄くなった, 足りないから, 身に, 進化し

1 [450件] あったと, あって, あつたら, あつて, あつまるもの, あなたに, あなたへ, あなた自身の, あまりに烈し, あまりに狭く, あらわれて, ありますから, あり得るの, あり良心, あるうち, あるからこそ, あるでしょうか, あるといった, あるならそれ, あるばかり, あるん, ある段, あればこそ, あれ程, いかに人, いかに奪う, いかに愚か, いかに根據, いかに高く深い, いかばかり力, いきいきと, いつも彼, いまだに安らか, いまだ表象的, いるの, うすらぐとでも, うたわれて, うつろいその, おこる自然, おれに, おろそかな, かうして, かえって, かくの, かけて, こうしてひょっくり, このごろ衰えた, この上, この世の, この人間, この仔猫, この小さな動物, こもって, これっぽ, これらの, これを, さう熱心, させる業, さめる, さめれば, じぶん, すぐ胸, すでに弱っ, すなわち仏教, すべてを, そういう形, そこに, そなた, そのころ破綻, その一つ, その一冊, その人, その大いなる作用, その掠奪, その本性, その範囲, その衷, その飽く, それほど深い, それを, そんなところ, そんな事, たちどころに枯死, たとい諸々, たまらなく厭, だんだん下り, ちらちらと, ついに祈り, つたものでした, つて居た, とどろくの, とぼしくうるおい, どうして浮, どうだ, どこにでも, どれほどの, どろ, どんなに彼女, ないこと, ないせい, ないという, ないので, ないよう, ないより, ないん, ない愛, なかった, なかったら, なくても, なくてもかい, なくてもの, なくな, なくなりあるいは, なくなりますと, なく作る, なく愛, なく皆, なほ自然的實在者へと, はじまる前, ひろい部分, ふたりの, ふとうごい, ほしいです, ほんもの, まだ不安定, まだ湧い, まだ無い, まだ盈, まだ眠っ, まつたく信じられなくなつ, まともに, めばえたせゐでは, もえて, もし多く, もてた, もてたし, もどって, やうやく, やがて空, よりひろい, より多く, より緊, わたしの, インニッヒに, クリストフの, クリストフを, ゾシマの, 一国民の, 一字一句に, 一旦拒絶, 一杯で, 一生涯あたたか, 不当に, 不純であった, 不純であり, 与えること, 世には, 世の中に, 中宮には, 中心問題に, 主な, 主我的でない, 乃至人, 久しく彼, 二人の, 二人を, 互いにわからない, 互に完全, 互の, 人を, 今までより, 今度は, 他に, 他を, 他人の, 他者と, 他者本位の, 俊三に, 信ぜられなくとも, 俺の, 働き得よう, 充つ, 先き, 入り用だった, 其方には, 具体化されかけてる, 内攻し, 再びよみ返った, 再燃し, 凝集し, 凝集する, 出て, 利己心か, 刹那によ, 刻んだ美しい, 加はり注がれ, 加わるの, 動いて, 動揺する, 勝って, 十分でない, 十字架に, 単なる思想, 単に佃, 却って僕, 又永遠的實, 取り戻せるとも, 同じ日, 同情や, 含まれて, 善いもの, 單純に, 固くなった, 変な, 多く持たれる, 天香師の, 夫人自身の, 失せないの, 失われた時, 失われ相互, 奇怪に, 奪われるの, 如何なる要求, 如何に, 妻との, 妻諸共かまどに, 始まるとき, 始終ない, 姫に, 子といふ, 子を, 存し, 完うせられた, 完全に, 実朝, 実践的に, 家の, 容易に, 宿らない, 寂しきよろこび, 實際に, 少いの, 少しでも, 差別の, 己れ, 幻か, 幾個の, 幾多の, 強い, 強いん, 強くなれ, 強ければ, 強烈に, 得られれば, 御仏, 循還し, 微笑んで, 徹底しない, 心に, 心を, 必ずしも稀薄, 必要だ, 必要であったろう, 志す所, 志賀直哉氏に, 忠誠心を, 思い出されしばし, 急に, 急速に, 恋愛的に, 恐らく分かる, 恐るべきもの, 意外に, 愛する者, 愛でありうるの, 愛としての, 感じられるが, 成りたつたらそこ, 成立し, 成立した, 成立する, 成立つこと, 成立つたからと, 手を, 拒まれると, 持てないと, 持てる人, 支えを, 支配する, 政子さんの, 救えぬとは, 智的生活に, 最高潮に, 木村の, 来たという, 根底の, 極めて昂進, 横たわって, 横たわる人間的自由, 次第に次郎, 此の世への, 此処に, 此等の, 死と, 残って, 残るだけ, 残る丈, 殖える, 永く続く, 永久に, 汚されざらん, 活写され, 流れて, 流れ争い, 浅いもの, 消えて, 淡いの, 深いに, 深かった, 深くて, 深くなる, 深くなれ, 深くまた, 深く善くなる, 深く心, 深く湧いた, 深ければ, 減じたとは, 減ったの, 渦巻いて, 湧いて, 湧きのぼらずには, 湧きました, 湧き上, 湧き起るか, 満たされて, 満ち, 溢れて, 溢れ温か, 滅びては, 滲んで, 漲って, 潜んで, 濃やかでなく, 無かった, 燃え立って, 片務的, 現はれる, 現われて, 現われるの, 理解される, 生きる, 生じた, 生じたからとて, 生じるもの, 生ずるの, 生まれて, 生まれるの, 生れて, 生れやう, 生れること, 生を, 生んだの, 生命の, 生長し, 男に, 発作的な, 発散する, 発露した, 皆を, 益々その, 目ざめて, 直接に, 真に切実, 破らるるに, 破壊された, 確かに, 確立した, 示された, 祖国文化への, 神的な, 私から, 私は, 私を, 移ったかと, 第一義もしくは, 純粹, 素直に, 絶望状態に, 聖らか, 肉体的な, 自分に, 自我獨存の, 自然と, 自然に, 自由の, 自覚されね, 自身に, 花やいで, 苦しみだ, 苦しみである, 茶の間に, 著しく存在, 薄くなっ, 薄くなる, 薄らぐと, 藤井から, 蘇る, 蘇るであろう, 虚偽にも, 行うの, 行って, 表現される, 衰えても, 見いだすの, 見られよう, 見られるなら客観的, 見出されるの, 親戚に, 言葉以外に, 訪れると, 誤れる第一歩, 起こるの, 起りは, 起る, 起るか, 足らず考え, 足らぬと, 足りないからばかり, 足りないため, 足りないの, 足りなかったため, 足りません, 身近かな, 返ると, 通ったの, 運命に対する, 遍照し, 邪魔されてる, 酪駝の, 金までを, 開墾地の, 阿修羅が, 際大な, 音楽から, 頂点に, 風呂場で, 骨身に, 高潮した, 黙々たるそれら

▼ 愛~ (162, 1.7%)

7 恋も 5 憎みも 4 憎しみも 2 なく, 同情も, 持ち得ると, 熱情も, 薄くこれ

1 [136件] あの時, ある尊敬, いまだ寸分, おのずから説明, おぼえて, かんじて, けれども高い, しだいに募っ, すてて, その奧底, その憂い, それきりおじゃんに, どこかに, ない, ないが, ないこと, ないという, ないとは, ないの, ないので, ないもの, ない夫婦, ない彼女, ない才能, ない無, ない画, ない飢餓, なき他人行儀, なき男, なく一方, なく妥協, なく微笑, なく愛, なく憎もなく, なく正義, なく眠つて, なく砂, なく結婚, なく顧みられた, なく飾り, なければ, また一, また必然, また最も, また母性, また親, また運命, まったく分散, やの, わからず平気, ウス汚く, エルヘーベンされた, 一緒に, 世の, 主體, 亦文化的エロース, 亦決闘, 人の, 仁も, 他者との, 何も, 何もかも超越, 全うされなかった, 初めの, 十分に, 否その, 喪って, 均等で, 増し愛, 夢美しい, 失われたと, 嫌いも, 学校の, 実に神秘, 幸福も, 彼女の, 後者の, 必然に, 快楽も, 恋への, 息子に対する, 情も, 情熱も, 意志も, 愛です, 愛なら, 感じつつ, 感じて, 感じなければ, 感じられない人々, 感傷と, 憎も惱, 憎悪も, 打ち建てるべき土台, 拒み私, 持たなかった, 挟める余地, 新らしく, 智も, 望みも, 柳吉の, 根源においては, 欲も, 欲求も, 死も, 母の, 永續する, 決して幸福, 消えうせて, 涙も, 深かつ, 深まり相手, 無い歓び, 理解も, 生じて, 痴も, 盲目の, 知らない, 知り得て, 神も, 私の, 純潔だった, 結局獸慾だ, 茲にこそ, 認識する, 誠実も, 貞も, 起らなかった, 透らぬもの, 道徳も, 釈迦の, 金も, 長い紫, 難かりけれ, 非愛, 食い物である

▼ 愛という~ (134, 1.4%)

21 ものは 15 ものが 8 ものを 5 ような 4 言葉が 3 ことを, のは, ものに, ものの 2 ことは, ものより, んやろ, 問題について, 言葉の, 言葉を

1 [57件] いろどりで描かれて, ことだけで, ことと, ことについて, ことばの, ことばは, ことも, のである, のも, ものだ, もので, ものであろう, ものとの, ものとは, ものな, ものについて, ものに対する, ものも, 一念から, 不可思議な, 世界は, 事を, 事実には, 人情に, 単一神を, 原動力たる, 名から, 名において, 名を通じて, 問題を, 声が, 娼婦が, 字が, 字は, 字を, 宗教的な, 徳を, 心の, 情操で, 感情が, 感情の, 病を, 相対的な, 立場から, 粘り強い糸, 色に, 観念を, 言葉, 言葉で, 言葉にも, 言葉は, 言葉も, 言葉よろこび, 語が, 語で, 語を, 重大な

▼ 愛~ (98, 1.0%)

5 の好い 4 よく 3 のつもり, のない, のよかっ, を云, を尽し 2 なそれ, な上さん, をつかされる, をつかし

1 [66件] がい, がいい, がつきた, がつきまし, がよかっ, がよく, が尽き, が尽きる, が言, つ気, づかしを, なのろ, なるを, な二人, な兄さん, な年増, な極, な渋面, な物, な顔, にいう, になった, にらしく, に坐っ, に感ぜられた, に手毬, に照っ, に答えし, に聞えた, に違う, のいい, のいえない, のやう, の一つ, の尽きた, の己, の標本, は尽きない, よくお, よくこういう, よくふるまっ, よくもてなし, よく取, よく挨拶, よく答, よく茶, よく言, よく言つた, よく言つて, よく言葉, よく訊いた, よく迎, よく迎え, らしい辞, をいつた, をいふ, をする, をたつ, をつかされた, をぶちまけた, を云った, を尽かさず, を言, を言う, を言った, を言つた

▼ 愛~ (95, 1.0%)

3 あつた 2 あなたを, それを, もって, 彼女を, 満足する, 燃えながら, 私の

1 [78件] あたかも牝牛, あつて, あらう, あらんこと, いつくしみ下, いつくしみ給ひき, いつくしんだり, いふ, いらせられますあの, お前の, かなり私, くつが, これを, すべての, すらあった, すら何, たからぬ事, たびしもの, たまうに, どうにも仕方, なりたって, はやされむと, また彼, よろこんで, われを, ミチャを, 一貫し, 互を, 他を, 何うし, 助けようと, 励まし合える時, 動き出したとしても, 包むよう, 包もうと, 十分だ, 十年十五年の, 呂木の, 喜ばむ, 夢中に, 心が, 思い浮かべその, 思ふ, 息子の, 悦ばむ, 悦びて, 悦ぶ余, 悦んで, 悩んで, 愛されたい, 愛したいねがい, 愛したの, 愛して, 愛し合ってる二人, 愛し合つて, 愛すの, 愛するの, 慈しみ後, 慈しむたくましき, 慈しんだ, 戴いて, 満足させられた, 生きて, 生きようかと, 痴れて, 秀子を, 給い終始, 給ふ, 繋がり合いしこう, 翫ぶところと, 育てて, 育てられけり, 自分たちの, 認識し, 釣るよう, 間に合うわけ, 順一を, 養育されなかった

▼ 愛~ (78, 0.8%)

3 人道やの 2 人間の, 平和を, 憎しみや, 憎しみを

1 [67件] あわれや, まごころ, または普通, よろこびが, りんごや, 一笠一杖に, 亢奮を, 交り, 人生そのものについて, 人道や, 人道やに, 人道主義やを, 人間感応の, 仕事が, 信を, 信仰一致の, 凝視に, 動乱や, 同情が, 同情に, 向上心を, 善の, 女が, 子供の, 寺院という, 尊敬を, 希望や, 幸福の, 彼の, 徳を, 恋の, 悲しみも, 悲しみ怒りを, 悲哀や, 情緒やの, 愛の, 感傷やを, 憎が, 憎の, 憎悪を, 憐憫やの, 探求心や, 未来や, 正義は, 死や, 深い思想, 深い神秘的, 温情の, 理解が, 理解の, 理解を, 男子の, 眞實の, 祖国愛に, 祖国愛を, 神を, 結婚についての, 結婚に関する, 結婚や, 結婚を, 自己忘却や, 若い世代, 貞の, 赦しや, 趣味の, 釈迦の, 青春や

▼ 愛とは~ (77, 0.8%)

3 何か, 何だ 2 何ぞや, 何を, 別な, 昔大きかっ

1 [63件] いえない, このため, この生き方, そういうもの, その名, その室, その根本, ただ闘争, つまり遊戯, なんである, まるで趣, よき生活, 一層台所, 万人を, 与えること, 与える本能, 主客の, 二人格が, 他から, 他人の, 他人を, 何, 何かと言, 何かと言う, 何であった, 何であろう, 何の, 何故こう両立, 別の, 前にも, 創造であり, 十二月の, 単に老, 可能と, 同じで, 同一不二, 固より, 妻の, 常に全然相, 得んと, 愛と, 我を, 所詮こんな, 本当に美しく, 本質的に, 果して一致, 理解に, 異なって, 異なるもの, 知の, 神と, 神に, 空しからざれ, 等しく非我, 義務の, 肉体の, 肉慾の, 言えないこと, 許容に, 遊ぶこと, 道徳の, 闇斎学の, 願わくは合理的

▼ 愛~ (76, 0.8%)

3 の屍體 2 の死

1 [71件] いかにし, かの敵將, があつ, さもあれ, たり得まし, たるヘープァイストス, であるといふ, とともにめぐりつ, との顏, に倶, に向, に呼び叫ぶ, の, の仇, の傍, の前, の國民外交, の墓前, の姿, の御身, の房, の枕頭, の死滅乞, の病床, の紅, の群, の訴, の詩, の譽ただ, の贖, の陣, の頭かき, の顏, は, は斃, は肯緊, もさら, よ天, よ心せよ, よ悲哀切, よ我, よ汝, よ汝城壘, よ汝曰, をかき抱き, をことごとく, をしかと, をば右手, を去り, を呪詛, を哭すべし, を喪つた悲痛, を夥, を失, を失つて, を如何, を崇めしむ, を抱き, を抱き取り, を撫で, を更に, を蔽, を麾く, ヲ海軍ニ從事セシメ且ツ巡洋艦, 及び諸, 崇め尊ぶ時來, 抱きとらす, 抱くを, 振り落す, 見るたびクロニオーン, 送らんこと

▼ 愛から~ (56, 0.6%)

2 であること, 出たもの, 出発し, 生まれる

1 [48件] すでに長い, その自治権, それを, だ, だよ, でございます, では, でも, のがれて, もっと高まっ, わたしが, 云うても, 何が, 出たこと, 出た嘘, 切離して, 堺屋の, 大きな愛, 夫の, 女性は, 始まって, 始まるといふ, 寂寥から, 引出して, 引離される, 慾へ, 推して, 来るん, 来る幻, 気を, 流れ出て, 湧いて, 獣に, 生じた方法, 生れた友千鳥浴衣, 生れた行為, 生れ愛, 発奮し, 私は, 脱した慈悲心, 見れば, 見離されないよう, 評価され, 迸る声以外, 逃げ出したい気持, 遠く離れ, 隣人友人の, 養われた経験

▼ 愛とを~ (53, 0.5%)

2 思ふ時私達

1 [51件] できる限り協定, まず承認, もって, ゆるがせに, 与へ, 人倫の, 以つてする, 伝えようとして, 保って, 基として, 大きくする, 失って, 失っては, 奪ひ去つた, 寄せて, 強め育てる所, 彫みつけた作品, 彼女に, 得ること, 得るに, 御恵み下さい, 忘れる, 思つた時急に, 感じて, 感ずる事, 我に, 持たぬ他人, 持った日本, 授け給, 握り殺されて, 有すること, 有せり, 標榜し, 求めようと, 汚したくないので, 注ぎかけずには, 注ぎ入れて, 混同し, 混雑させ, 滿喫し, 用意し, 発明しよう, 真の, 瞑想し, 知りぬ, 穫て, 聖徒達に, 見せ合うだろう, 證する, 身一つに, 追求し

▼ 愛~ (51, 0.5%)

16 して 4 した 2 する

1 [29件] された, されたが, されたの, されたもの, された樣, されて, されるに, しこれ, しその, したが, したこと, したと, したの, したん, した事, し始めたの, し感心, し谷崎氏, す, すると, するは, する事年, する所, する杜詩, する物語, する自分, せられて, せる葡萄牙尼僧マリアンナ・アルコフオラド, の

▼ 愛~ (47, 0.5%)

5 の霊 3 の死骸, の顔, は趙 2 のこと, の手, はその

1 [27件] が羅巾, と呼ばれ, に激励, の三人, の側, の勧める, の声, の姿, の影, の才色, の教旨, の詩, の頬, はしかた, はにっと, はもう, はも一度万戸, は人, は大いに, は枕頭, は楊参政, は立っ, は身, もその, より竹屋殿, を下, を遺し

▼ 愛との~ (46, 0.5%)

2 うちに, シムボルの

1 [42件] しるしである, ために, 両語, 二つの, 伴える浄, 区別さえも, 區別を, 取分け神の, 同一性乃至, 唯一つの, 問題を, 姿は, 完き, 対決を, 尊きに, 形見である, 怒濤, 急湍たる, 恐るべき争闘, 戦いにかの, 折合いの, 根源に, 沐浴の, 深い感動, 滿ち充つる, 無邪気と, 相矛盾, 祕術, 結合が, 經驗に際して, 葛藤の, 表現に, 解決を, 証しであった, 証しという, 證かしを, 豊饒な, 賛歌が, 輝かしい二カ月, 輝かしい象徴, 間に, 高潔な

▼ 愛によって~ (44, 0.5%)

2 外界から, 生きて

1 [40件] あたためられ自分, さとく雄々しく建設, さらに一段ときびしく, つまずいた優しい, でなければ何物, カナリヤを, 一層の, 三世にわたっての, 人と, 今復活, 仲よく睦, 何が, 信仰し, 信仰した, 修道院は, 充分根本的, 全世界, 共産党の, 創造された, 創造なさった, 勁し, 土台付けられ, 孤児と, 導かれる, 摂取し, 救われ幽霊船, 生き又, 生まれた子, 生れ出た, 生成消滅の, 直結し, 結び付いた神聖, 結合した, 衆生を, 賢しと, 赦されるの, 進んで, 酬いられて, 高まりたいと, 高まること

▼ 愛~ (39, 0.4%)

2 と思っ, のと, よ

1 [33件] からである, からです, か自分, が後の, つたのよ, というの, というん, とかいうもの, とかいう人並み, とかそんな, とかなん, とか家庭, とか恋, とか愛, とか正義, とか社会正義, とか言っ, とさえいえる, とすれ, とも神, と下宿, と心, と思います, と思う, と思つた位, と感, と自分, のが, のという, のを, 俺達には, 愛だ, 等と

▼ 愛では~ (38, 0.4%)

13 ない 4 なくて 2 ありません, ないか, 無い

1 [15件] ありますまいか, ないかと, ないが, ないでしょうか, ないという, ないの, ないまた, ない何, ない単なる, なかった, なくそしてまた, なくって, なく他, 無いの, 精いつ

▼ 愛には~ (37, 0.4%)

1 [37件] あらで姉妹, かなわない, この三千余騎, そう嫉, それが, また特別, よく永遠, サミイも, 不思議な, 人間としての, 他の, 何か, 全く論理, 別だ, 喜んで, 変りなかっ, 大いに敬意, 子供らしい, 少しも, 差異は, 引かされて, 当然大きな, 愛の, 憎しみ光には, 曇りと固, 望みを, 本能と, 深い思想, 物足りないところ, 生命が, 益々金入れ, 目の, 眼が, 若かないの, 苦痛であった, 西洋の, 食傷し

▼ 愛とか~ (35, 0.4%)

3 恋とか, 恋とかいう 2 人道とか

1 [27件] いて, よき生活, 云うこと, 云う境界, 云う言葉, 人情には, 人道とかいう, 人道とかに, 何とか云う, 信仰とかいう, 光りとか, 友情の, 善とか, 夫婦の, 巴と, 幸福とか, 恋という, 恋は, 感謝とかいう, 慈悲とか, 日本的性格といふ, 智とか, 理解とか, 知識とか, 社会とか, 肉親の, 趣味とかを

▼ 愛とが~ (32, 0.3%)

2 私の

1 [30件] いかに人類天性, お互い同志を, ここに, この問, どう結び付く, ない場合, ひとつに, またもや二人, よびさまされて, 一つに, 両立する, 何よりすぐれた, 何故両立, 区別せられ, 同一物, 向けられるの, 彼の, 必要と, 快い調和, 或程度, 横溢し, 殆ん, 残されて, 波打って, 混淆し, 現われて, 籠って, 籠つてゐる, 蘇るという, 衰えはじめたの

▼ 愛である~ (30, 0.3%)

5 ことを 4 事も

1 [21件] か, かも知れなかった, かも知れなかつた, から苦しむ, か否, が少し, が故に, こと, こととは, こと愛の, といふ, といふ眞理, ところの, とし, と云, と云う, と信じ, と信じたかった, と考え, ようにも, 仏教の

▼ 愛によ~ (28, 0.3%)

2 つて成立つ, つて言動する

1 [24件] つて, つてしめやかな, つてだから, つての, つてはじめて, つてみたされ, つて主, つて人の, つて他人を, つて健やかな, つて償ひたい, つて創造せらるる, つて包容せ, つて取り返した, つて女が, つて子供と, つて宇宙の, つて憎, つて淨化された, つて潤ひ, つて生き, つて生じ, つて結びつき, つて結合されたる

▼ 愛ちゃん~ (27, 0.3%)

1 [27件] があんなに, がいる, がお前, がさらわれ, がそば, が宙釣り, が屋上, ですか, なんてふざけ, に頼んだ, のお, のところ, の兄, の命, の学校, の従兄, の肉親, は, はたしかに, はどう, はどこ, や, をさらった, を宙釣り, を御存じ, を抱え込ん, 頼むシャツ

▼ 愛より~ (26, 0.3%)

1 [26件] いづる光, して, 与えぬ人, 以外に, 伸子は, 來り, 出づ, 出づるこれとをいへり, 出るによりて, 出るを, 大きなもの, 從つて神への, 必然に, 憂を, 採らる, 朋友の, 歴史性の, 深いもの, 深い事情, 畏を, 発する働きかけたい心, 發する, 親の, 語るもの, 起こる軽い腹立たし, 静愛に

▼ 愛~ (26, 0.3%)

2 を與, を許し

1 [22件] が堕落書生, その脚銀光, であった, と傳, に衣食, に頒, の婿, の後, の心尽し, の為, よ, よ更に, をかしずく, をプリアモス, を受けつ, を呼べり, を死なせた, を身, 安かれ他, 心安かれ, 放つまじ, 許さず贖

▼ 愛~ (26, 0.3%)

3 を覚え 2 を持つ, を覺

1 [19件] が沸, せらる斯, とをもつ, と未知, と隠者たち, なく, の価格, の情, は決して, また郷土, をもつ, を以て此, を感じ, を感ずる, を感ぜず, を持たせる, を生じた, を透し, 深く情熱

▼ 愛といふ~ (24, 0.2%)

5 ものは 2 愛ことごとく, 言葉の

1 [15件] ことに, ことは, ことばが, のも, もので, ものであるなら, ものに, ものの, ものを, 三つの, 名で, 形を, 楽しい思想, 範囲に, 言葉で

▼ 愛~ (24, 0.2%)

3 して 2 した, せらるる豈

1 [17件] したから, したカジカ蛙, した奇人, し続けて, するうち, するから, すると, するといふ, するに, する上, する事洪璧, する人, する金魚, せらるるに, せらるるもの, の情, 措く能わざ

▼ 愛なく~ (23, 0.2%)

6 して 2 ば器, ば有

1 [13件] お休み, て伸子, ば人, ば我, ば鳴, ば鳴る, ゆるんで, 作られること, 殺して, 沈み出したの, 消えて, 遊んで, 飛んで

▼ 愛~ (22, 0.2%)

4 の至情

1 [18件] である, などは之, に就い, の二精神, の心, の志, の志士, の情, の情深き, の方, の概念, の熱情, の純, の結晶, の至情自ら, の趣, の路, 心強く國權擁護

▼ 愛なき~ (21, 0.2%)

1 [21件] が故に, ことが, ことなかりき, ことは, ものである, ものを, を恥じる, 世界に, 云々幼き, 人には, 契りは, 孝は, 恐れ, 所に, 批評を, 男女の, 立場に, 結婚が, 結婚も, 身には, 霊ひ

▼ 愛について~ (20, 0.2%)

1 [20件] いろいろ喋っ, どう考え, また平和, もって, わたしは, 僕が, 君を, 彼は, 恋愛について, 歌ふこ, 熱情的な, 理屈を, 甚だ敏感, 疑わずには, 知るべきこと, 考えて, 自ら考え, 言って, 語ったこと, 階級的統一の

▼ 愛そのもの~ (19, 0.2%)

1 [19件] じや, だと, だとは, であり全, である主我, なり, にあった, にそむかずし, についてさえ彼, の動かぬ, の否定, の概念, の流露, は優しい, は美むべきもの, をとりちがえ, を一歩, を直接, を芸術

▼ 愛において~ (19, 0.2%)

2 主體

1 [17件] すでに利己心, 不実である, 乏しいの, 二人は, 勇敢であった, 又それ, 完全な, 完全に, 成立つこと, 成立つと, 成立つ故, 永遠性を, 直結する, 純粹, 絶対の, 自由であり, 見られるであらう

▼ 愛を以て~ (19, 0.2%)

2 貴女の, 顧みられる日

1 [15件] せずして, せんと, 下級生に, 勝つの, 包まれて, 抱かれて, 殺す無数, 活動しつ, 米麦を, 経綸すべし, 考えれば, 臨めと, 自ら任じ, 裏づけて, 顧みる者

▼ 愛だの~ (18, 0.2%)

2 恋だの, 理解だ

1 [14件] 信実だ, 女性だ, 好意だ, 妻だ, 平和だの, 心の, 恋だ, 惚れたの, 求婚だの, 真実だの, 美しい精神, 考えて, 自然の, 芸術だの

▼ 愛國心~ (18, 0.2%)

3 に訴

1 [15件] なども有る, に符合, の勃興, の命ずる, はその, もあり, も畢竟するに, も薄く, を思ひ出さざる, を有する, を育む, を起さしめ, ノ外ニ此等功名的動機, ノ頽廢モ, ヲ

▼ 愛~ (18, 0.2%)

2 を操縦

1 [16件] だったが, に積ん, のカメラ, の中, の前, の席, の無電装置, の視野, はあと数時間, はさっき, は怪塔王, は雨, をとばせ, をやっと, を怪塔ロケット, を眺め

▼ 愛ある~ (17, 0.2%)

8 ところに 2 静謐と 1 が故に, ことは, ところにのみ, ところの, ものをも, も此, 人の

▼ 愛さん~ (17, 0.2%)

1 [17件] が一ヵ月, だまって, ちょっとお待ち, ちょっとここ, で慎しん, という娘, なん, なんかはその, にもおい, の塾, の居た, はこれから, は扨, もうでき, も働い, も貞ちゃん, をつれ

▼ 愛~ (16, 0.2%)

1 [16件] だったと, だったの, であったから, であるという, と或, の戦死, の生前, の血, の遺骨, はまだ, は裏, を, をうしろ, を凝視, を説き諭す, を連れ

▼ 愛であり~ (15, 0.2%)

1 [15件] また神, エロースは, 人間界の, 其は, 唯一の, 幸である, 愛の, 愛は, 犠牲を, 理想の, 生活も, 男の, 神は, 神聖であり, 誠ある

▼ 愛でも~ (15, 0.2%)

2 ない拷問

1 [13件] ありません破壊, ない, ない救い, なくあばた蟹, なくそして, なくただ, なく不思議, なく沈思, 乃至お, 何でも, 堀の, 恋でも, 無抵抗主義でも

▼ 愛よりも~ (15, 0.2%)

2 憐み, 憐憫かも

1 [11件] さらに強い, そして国際協定, なお楽しき, 享楽を, 信, 尊いもの, 強いには, 強いもの, 感覚な, 更に尊く, 無邪気という

▼ 愛をも~ (15, 0.2%)

2 受けないであろう

1 [13件] あのよう, 人間的な, 全く一, 凌ぐで, 受けないで, 完うし, 感じて, 拒む, 持ち合えるもの, 捨てなければ, 知りぬと, 聡明をも, 自己矛盾に

▼ 愛しむ~ (14, 0.1%)

2 もの, 心が 1 かのよう, というもの, の一段に, 地方の, 心あり, 心と, 愛しみかたが, 母性が, 気持に, 考も

▼ 愛それ~ (14, 0.1%)

1 [14件] がぬけ, が区別, はほんとう, は何れ, は何処, は司教, は慈悲, は星, は智慧, は月, は理論的, は自分, は表面, をもう

▼ 愛にも~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] せよ凡て, ひとしく心, 友情にも, 堪へ得る人, 尊敬にも, 惹かされる, 絶対に, 育まれて, 賤しい, 逢わせた, 階級性が, 食にも

▼ 愛に対する~ (14, 0.1%)

1 [14件] みえだけ, 不真実, 愛の, 感謝を, 期待までも, 本能の, 本能的な, 理想及び, 節操全から, 義務の, 背反であったであろう, 自信が, 道徳の, 餓え

▼ 愛~ (14, 0.1%)

1 [14件] で対し, と見違える, の一つ, の方, の鋩子, の鯉口, を, をいただく, をお, をはさん, を一腰, を抜きさげ, を横たえ, を素迅

▼ 愛~ (14, 0.1%)

2 であったムク犬, の 1 にパトロクロス, のアンチロコス, の手, よ, を倒しし, を冥土, を失ひ, を思ひ泣く, を救はん事, 殺したるヘクトール

▼ 愛國切手~ (14, 0.1%)

2 のこと, の御計 1 が産聲, となつ, と呼びたい, と英一, のポスター, の方法, の誕生, の達成, は初め, は英一君

▼ 愛~ (14, 0.1%)

2 せる女優

1 [12件] あそばされた, が度々, した, する人, とに比例, なされたお, によって召される, の中, の差, をうけた, を得, を裏切っ

▼ 愛~ (13, 0.1%)

2 わが胸, 君に 1 おんみの詩人の, そなた, である, ぼくは, 君は, 我は, 未来は, 欽慕よ, 聖なる思ひ

▼ 愛國者~ (13, 0.1%)

1 [13件] からも勤王家, たる故, だから, だの何, であ, であつ, であるが, ならざること, なりき, のため, の典型, の口, の軌轍

▼ 愛~ (13, 0.1%)

2 のやう

1 [11件] と云わず, と人, と少年, の如し, の愛, の手, の支配, の智慧, の模像, の正し, の遠大

▼ 愛~ (13, 0.1%)

2 をつかし

1 [11件] しいに, つかさずやって, でなくその, もつきる, もなけれ, よい漣, よい笑, よく子供, よく笑い話, を云います, を云った

▼ 愛讀者~ (13, 0.1%)

2 であつ

1 [11件] であり且研究者, で司法省, で宮さん, とは君, なる醉月, には先生, に感銘, の一人, の中, の多く, は木々さん

▼ 愛~ (12, 0.1%)

2 憎か 1 しからずんば, そういう点, 人情かの, 女の, 憎しみを, 捨かを, 某の, 死を, 若しくは人類, 運命か

▼ 愛とに~ (12, 0.1%)

2 強く打たれた 1 あふれてる健全, かかわらずどんな, もえれば, 依属, 富む婦人, 深い痛手, 溺れた寂しき, 確保された, 立脚されるべき, 苦しんで

▼ 愛なる~ (12, 0.1%)

2 ものが, ものは 1 に對, もの, ものの, ものも, イエズス・キリスト, 神の, 者は, 酒に

▼ 愛嬌笑~ (12, 0.1%)

11 ひを 1 ひの

▼ 愛縄堂~ (12, 0.1%)

2 の中 1 から立ち上がった, であの, で余生, とはどういう, に祠, の捕縄供養, の方, の縁, を出, を拝借

▼ 愛しない~ (11, 0.1%)

2 とかそんな, のは 1 ときでさえ, のなら, 場合にのみ, 時には, 理由を, 真の, 者に対しても

▼ 愛~ (11, 0.1%)

4 して 1 したもの, し得たる神社, し都会, に堪へる, のあまり, のもと, 措かざるに

▼ 愛~ (10, 0.1%)

3 のだ, のです 1 のだろう, ので苦しく, はずだ, ンて

▼ 愛~ (10, 0.1%)

1 だと, と, と思える, なる, に出, に棄てられ, に棄てられた, に次い, の今, の封筒書き

▼ 愛~ (10, 0.1%)

2 の情 1 に自制, の失意, は毒薬, を, をさ, を以て牢獄, を感じ, を感じる

▼ 愛~ (10, 0.1%)

1 からである, が熱く, で撫で, に襲われた, に馴染まれた, は彼, を急き立てる, を持っ, を牽いた, を覚え

▼ 愛です~ (9, 0.1%)

1 から大抵, が親, とも, わ, わたしは, 女に, 秀子も, 絶大の, 誰が

▼ 愛による~ (9, 0.1%)

2 武力が 1 のであった, もの, もので, 二人の, 互いの, 信頼と, 新しい生活

▼ 愛~ (9, 0.1%)

4 に充ちた 1 たまへと, て之, により, 汝等を, 自ら決する

▼ 愛~ (9, 0.1%)

1 がどん底, だ, だ花ちやん, により毎日何, により自動車, の中, の尊, をよく, を養

▼ 愛だけは~ (8, 0.1%)

1 かけない根こぎ, そうでなく, もって, 断ち切れません, 最後までも, 残って, 残つてゐる, 残るの

▼ 愛でなけれ~ (8, 0.1%)

4 ばならない 2 ばならぬ 1 ばいっ, ば頼む

▼ 愛とかいう~ (8, 0.1%)

1 ことを, ものの, ものも, ものを, ような, 問題についても, 空疎な, 言葉の

▼ 愛などは~ (8, 0.1%)

2 今まで, 何も 1 あるもの, そのとき, 猶さら, 真実な

▼ 愛のみ~ (8, 0.1%)

2 である, では 1 ぢめな, 引き入る, 真の, 真実の

▼ 愛への~ (8, 0.1%)

1 憧れと, 憧憬は, 潔癖よりも, 発展過程を, 確信の, 自己の, 自惚れを, 責任としての

▼ 愛國歌~ (8, 0.1%)

1 がつぎつぎ, といふ上, といふ字面, について一言, について答, の一つ, を抽出, を讀み

▼ 愛聖館~ (8, 0.1%)

4 の掲示板 2 の並んだ 1 にもかれ, にも彼等自身

▼ 愛~ (7, 0.1%)

21 な激情, 人形を, 奴かな, 奴じゃと, 奴だ

▼ 愛~ (7, 0.1%)

3 でやまぬ 2 うして 1 へあれ, へ変らなけれ

▼ 愛しみ~ (7, 0.1%)

1 さえいま, さ寝, にくるまれ, の及んだ, はあった, も洗, を受け

▼ 愛づる~ (7, 0.1%)

1 に相似, の心, は常, は東洋詩人, は無, を言, 小さく陋

▼ 愛として~ (7, 0.1%)

1 夫婦生活の, 安死術が, 特に體驗, 生の, 甦へり自, 素子の, 結婚に

▼ 愛なり~ (7, 0.1%)

1 この位, この合一, われらの, 何の, 樂しみに, 社会が, 神と

▼ 愛~ (7, 0.1%)

1 がことば, で孵す, とやり場, どんな力, の化身そのもの, の杯, の火

▼ 愛~ (7, 0.1%)

1 があった, が食いたい, でありました, としてその, の初産, の名前, を探すべく

▼ 愛~ (7, 0.1%)

1 である, であるかが, ならざる事, な合言葉, の母親, を団扇, 可い

▼ 愛~ (7, 0.1%)

1 で美貌, という, というところ, に之, を何とか, を持っ, を討たれ

▼ 愛この~ (6, 0.1%)

2 愛は 1 上なる, 下に, 謙遜の, 願ひある

▼ 愛これ~ (6, 0.1%)

2 だけが唯一 1 に滿, に燃やされ, より出, を容

▼ 愛さえ~ (6, 0.1%)

1 あれは, 互に持ち得ない, 庭に, 正当には, 深ければ, 良人に対して

▼ 愛じゃ~ (6, 0.1%)

2 ないの 1 ありません兄さん, ないよ, なくって, もうここ

▼ 愛その~ (6, 0.1%)

1 ような, 外には, 対象を, 熱さ微温さ, 物が, 義務に

▼ 愛などという~ (6, 0.1%)

4 ものは 1 しゃらくさいもの, ものに

▼ 愛~ (6, 0.1%)

1 なりとも, 可能へ, 導いて, 從つて眞の, 眞の, 迷ひ

▼ 愛ほど~ (6, 0.1%)

2 尊いもの 1 その表現, 一方的, 大きな迷妄, 自然な

▼ 愛~ (6, 0.1%)

1 に強いる, の危急, は皆それ, への愛, をたかぶらせる, を弱く

▼ 愛他的~ (6, 0.1%)

2 な献身的 1 な心情, な気持, になつ, のもの

▼ 愛兄弟~ (6, 0.1%)

5 と思は 1 の愛

▼ 愛即ち~ (6, 0.1%)

1 外物の, 孝弟が, 本能的の, 理性的の, 程度を, 隣国愛は

▼ 愛妹菊路~ (6, 0.1%)

1 でした, とそうして, に与えた, の思い人京弥, の方, の望み通り造作

▼ 愛~ (6, 0.1%)

1 が一生一度, のこと, の世話, の母, の顏, を失われた

▼ 愛~ (6, 0.1%)

1 が起った, するところ, の情, の残る, もなく, も幸福

▼ 愛~ (6, 0.1%)

1 をし, を促し, を動かし, を動かせ, を招き, を造れり

▼ 愛校心~ (6, 0.1%)

1 というもの, という名, とか自由主義思想, とファッショ, なきもの, を嘲り

▼ 愛~ (6, 0.1%)

1 です, でわたくし, にし, ののっ, の頭, への愛

▼ 愛~ (6, 0.1%)

1 ということ, とは情, とは慈愛, と利行, の二つ, を以て人

▼ 愛~ (6, 0.1%)

1 したの, したり, して, し続くる訳, し臨終, の百種

▼ 愛こそ~ (5, 0.1%)

1 次郎の, 淤泥の, 生命の, 真理の, 願わしいもの

▼ 愛ずる~ (5, 0.1%)

1 ことは, だけで, にも増し, めでたき人々, も理

▼ 愛であっ~ (5, 0.1%)

1 て他, て他人, て唯一絶対, て外形, て強いて

▼ 愛とで~ (5, 0.1%)

1 どこまでも, 一杯です, 恐らく私, 見られるべき, 遂

▼ 愛とともに~ (5, 0.1%)

1 うちまもりつ, 彼にとって, 愛せられる汝, 深い生活, 鈍って

▼ 愛なし~ (5, 0.1%)

2 には片時 1 では, には生き, 色は

▼ 愛などと~ (5, 0.1%)

1 云う約束, 云えば, 云へば, 言い出すの, 言うと

▼ 愛なんて~ (5, 0.1%)

2 ものは 1 そんなもの, ほんとに愛, 言葉は

▼ 愛に対して~ (5, 0.1%)

1 どれ程までに, 不純の, 分担された, 妙に, 愧じ

▼ 愛ねえさん~ (5, 0.1%)

1 うれしいわねえ, がお, が岡さん, そらあすこ, はよく

▼ 愛以外~ (5, 0.1%)

1 にない, に何もの, に生, の他, の明瞭

▼ 愛~ (5, 0.1%)

2 じゃない 1 でございますあなた, という娼婦, なら何故すぐ

▼ 愛~ (5, 0.1%)

1 と云う, と変り, ばかりに感歎, よりも遥, より美人

▼ 愛~ (5, 0.1%)

1 あらん, すべしこれ俗人, より憂, より畏, を離れたる

▼ 愛~ (5, 0.1%)

2 の愛 1 といふもの, の威光母, への愛

▼ 愛玉只~ (5, 0.1%)

1 がある, と書い, の店, は黄色味, を売っ

▼ 愛讀書~ (5, 0.1%)

1 であつ, と云, について述べ, の一, の名

▼ 愛こそは~ (4, 0.0%)

1 人間の, 具体的である, 楽園の, 永遠を

▼ 愛すべき~ (4, 0.0%)

1 シンプリシチーと, 人間叡智とを, 吾が国, 素朴さ最も

▼ 愛する~ (4, 0.0%)

1 ものが, を見, アメリカに, 者を

▼ 愛それら~ (4, 0.0%)

2 は確 1 が私, に古い

▼ 愛だけ~ (4, 0.0%)

2 では 1 だ, だった

▼ 愛だけを~ (4, 0.0%)

1 のこすん, 唯一の, 独占しよう, 頼みに

▼ 愛だった~ (4, 0.0%)

1 から, のか, のである, のです

▼ 愛~ (4, 0.0%)

1 と見えぬ, 喜んで, 或は睡, 新しき薄手

▼ 愛としての~ (4, 0.0%)

1 価値を, 創造は, 効用を, 啓示に

▼ 愛などを~ (4, 0.0%)

1 いまいましく唾棄, 考えさせられる何物, 考へさせられる何物, 説かぬ男

▼ 愛なら~ (4, 0.0%)

1 ば此神, まだ許せる, 何故すぐき, 良人にたいする

▼ 愛においては~ (4, 0.0%)

1 弱い者, 愛される何物, 根源的に, 無茶に

▼ 愛についての~ (4, 0.0%)

1 検討の, 理窟には, 考えかたを, 考察では

▼ 愛にて~ (4, 0.0%)

1 あふれしむるごとく, 悦びこれ, 私を, 足ること

▼ 愛にまで~ (4, 0.0%)

1 ふかまる恋, 拡大されね, 直接に, 高めたいという

▼ 愛によってのみ~ (4, 0.0%)

1 なされる, 民衆は, 理想の, 非凡であった

▼ 愛兒汝~ (4, 0.0%)

1 に優る, に戰爭, の命, 逝く我

▼ 愛夫婦~ (4, 0.0%)

2 の愛 1 などの若い, の噂

▼ 愛~ (4, 0.0%)

1 であったと, のお, の心, への執念

▼ 愛~ (4, 0.0%)

1 にのこし, のえ, の菊路, へ言いました

▼ 愛山脈~ (4, 0.0%)

1 が旭, が遠く, に分け入らん, の山峡

▼ 愛度気~ (4, 0.0%)

1 ない処, ない白い面, なく待, なく返答

▼ 愛~ (4, 0.0%)

1 し剩, ぞや, との, の情

▼ 愛相笑~ (4, 0.0%)

4 ひを

▼ 愛~ (4, 0.0%)

1 がかえって, の訓辞, はその, を始め

▼ 愛自分~ (4, 0.0%)

1 だけそれ, に思想, の老い, は淋しい

▼ 愛~ (4, 0.0%)

2 して 1 する, の來國俊

▼ 愛~ (4, 0.0%)

1 の坑, の大悲, の魔, 米山気象雄春白安天峰頂雪暁青摩世峡間風探

▼ 愛酒家~ (4, 0.0%)

1 だっただけに, でもある, の市民, の言葉

▼ 愛~ (4, 0.0%)

2 して 1 されて, したもの

▼ 愛あり~ (3, 0.0%)

1 て存, 汝これを, 魂より

▼ 愛おしむ~ (3, 0.0%)

1 のだ, ような, 気もちが

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 しみに, しみの, やありけん

▼ 愛けう~ (3, 0.0%)

3 のある

▼ 愛さんお前~ (3, 0.0%)

1 こんな本, はそこ, も聞い

▼ 愛しか~ (3, 0.0%)

1 もって, 持たないという, 私には

▼ 愛しする~ (3, 0.0%)

1 心に, 情熱の, 方どんなに

▼ 愛せり~ (3, 0.0%)

1 というの, は蛇足, や否や

▼ 愛そんな~ (3, 0.0%)

2 子供だましの 1 夢は

▼ 愛だけが~ (3, 0.0%)

1 せめての, つまり自分, 今の

▼ 愛での~ (3, 0.0%)

1 さかりに, まどひ, 盛りに

▼ 愛というか~ (3, 0.0%)

1 その深い, それとも生物愛, 同胞愛というか

▼ 愛といった~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ 愛とかいふ~ (3, 0.0%)

1 いは, ものか, 立場から

▼ 愛とも~ (3, 0.0%)

1 つかぬ涙ぐましい, 僕は, 憎しみとも

▼ 愛なく情なく~ (3, 0.0%)

1 血なく, 見るとして, 見るもの荒凉寂寞

▼ 愛など~ (3, 0.0%)

1 いうこと, はさめて, もてよう

▼ 愛なれ~ (3, 0.0%)

21 ばなり

▼ 愛なんか~ (3, 0.0%)

1 なかった, 欲しくは, 蹴飛ばしても

▼ 愛における~ (3, 0.0%)

2 女の 1 統一と

▼ 愛にかけて~ (3, 0.0%)

2 学校時代の 1 少しは

▼ 愛に対しての~ (3, 0.0%)

1 批評は, 苦みを, 誤解から

▼ 愛のみの~ (3, 0.0%)

1 動機より, 受くべき, 永遠を

▼ 愛ばかり~ (3, 0.0%)

1 であった, であつ, でなく私

▼ 愛また~ (3, 0.0%)

1 いよ, 大いなるによる, 從つて深し

▼ 愛もて~ (3, 0.0%)

2 繋ぎ留め 1 勝てる李夫人

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 して, の四輪車, 致して

▼ 愛以上~ (3, 0.0%)

1 に出でなかつた, のもの, 深いもの

▼ 愛兒達~ (3, 0.0%)

1 にし, の遺志, の靈

▼ 愛刀帰雁~ (3, 0.0%)

1 を唯一, を引っつかんだ, を落とし

▼ 愛刀物~ (3, 0.0%)

3 干竿

▼ 愛國家~ (3, 0.0%)

1 で新しい, の中, を見ますれ

▼ 愛國的~ (3, 0.0%)

1 なりと, な歌, な氣持ち

▼ 愛國的精神~ (3, 0.0%)

2 の發露 1 によつて隆

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 というもの, をし, を慰めよう

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 では物, にもこの, 又見

▼ 愛己主義~ (3, 0.0%)

1 という言葉, の意味, はそれ

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 奉存候, 御儀, 無き折

▼ 愛我慢~ (3, 0.0%)

2 のこころ 1 の心

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 の宝剣, の情熱, もない

▼ 愛猟家~ (3, 0.0%)

1 たる近藤進, で書斎, の奇禍

▼ 愛猫家~ (3, 0.0%)

2 や愛妻家 1 として聞え

▼ 愛病院~ (3, 0.0%)

2 である 1 と云

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 きて, は一切, を悦ぶ

▼ 愛相笑い~ (3, 0.0%)

2 をし 1 して

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 して, はおち, をうけ

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 であり, に直接, 被愛者

▼ 愛自然~ (3, 0.0%)

2 の愛 1 への愛

▼ 愛~ (3, 0.0%)

1 に啓示, の高き, を通じて

▼ 愛著し~ (3, 0.0%)

1 そうして俳句, ておられ, ておられる

▼ 愛著した~ (3, 0.0%)

2 のである 1 信濃の

▼ 愛~ (3, 0.0%)

2 を待つ 1 から来る

▼ 愛鶴軒~ (3, 0.0%)

1 という雅号, と言っ, は歿

▼ 愛いや~ (2, 0.0%)

1 つじゃ, つとで

▼ 愛おお~ (2, 0.0%)

2 さうし

▼ 愛かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れないよ

▼ 愛からか~ (2, 0.0%)

1 意地からか, 腹いせからか

▼ 愛ことごとく~ (2, 0.0%)

2 神に

▼ 愛これら~ (2, 0.0%)

2 が皆

▼ 愛さるべき~ (2, 0.0%)

1 人である, 資格を

▼ 愛さんあなた~ (2, 0.0%)

1 お二階, お知り申し

▼ 愛しあっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 愛しし~ (2, 0.0%)

1 ていられないなら, ている

▼ 愛しみかた~ (2, 0.0%)

1 がわたし, も格別

▼ 愛すら~ (2, 0.0%)

1 成り立つまい, 拒もうと

▼ 愛ずれ~ (2, 0.0%)

1 ば愈, ば湯

▼ 愛そういう~ (2, 0.0%)

1 ものが, ような

▼ 愛たく~ (2, 0.0%)

1 一族の, 世に双人なかりき

▼ 愛だけで~ (2, 0.0%)

1 この人, 妾の

▼ 愛だって~ (2, 0.0%)

1 おんなじじゃ, 全くそう思う

▼ 愛だろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 愛づる心~ (2, 0.0%)

2 の俄

▼ 愛づる癖~ (2, 0.0%)

1 あり, は恐らく

▼ 愛づる祖先~ (2, 0.0%)

1 の故郷, の郷

▼ 愛づる鷲~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 愛であった~ (2, 0.0%)

1 と, のである

▼ 愛であろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 愛といふか~ (2, 0.0%)

1 さう, また広く

▼ 愛とについて~ (2, 0.0%)

1 つねに考え, 語る

▼ 愛については~ (2, 0.0%)

1 何の, 誰も

▼ 愛にのみ~ (2, 0.0%)

2 己れ

▼ 愛によりて~ (2, 0.0%)

1 われらの, 起る処

▼ 愛のち~ (2, 0.0%)

2 からは大きい

▼ 愛のね~ (2, 0.0%)

1 うちは, うちを

▼ 愛のみが~ (2, 0.0%)

1 それを, 愛の

▼ 愛ばかりが~ (2, 0.0%)

1 はっきりと, 残る筈

▼ 愛ばかりは~ (2, 0.0%)

1 これは, 無限である

▼ 愛まで~ (2, 0.0%)

1 人として, 打殺さなけりゃならないわけ

▼ 愛までも~ (2, 0.0%)

1 この恋愛, 暴露し

▼ 愛まれ~ (2, 0.0%)

1 たまふ, 何でもかでも言成

▼ 愛ゆえ~ (2, 0.0%)

1 に今, に疑い深く

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 如くに, 樹の

▼ 愛わが~ (2, 0.0%)

1 痴恋, 衷に

▼ 愛をさえ~ (2, 0.0%)

1 失って, 犠牲に

▼ 愛をすら~ (2, 0.0%)

1 感じ出して, 縛らるるを

▼ 愛スベシ一年ニ三次花~ (2, 0.0%)

1 ヲ作シ, ヲ作ス

▼ 愛スルイトシノ妻~ (2, 0.0%)

1 ヨ, ヨ僕ハオ

▼ 愛スル友~ (2, 0.0%)

2

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 割キテ尽ク売却シタレバ今, 得ヨウトスルノヲ

▼ 愛一人~ (2, 0.0%)

2 の而

▼ 愛乏しく~ (2, 0.0%)

1 不満足に, 神経質で

▼ 愛~ (2, 0.0%)

2

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 の現象, の生活

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 があたふた, とちか

▼ 愛健やか~ (2, 0.0%)

2 な恵

▼ 愛兒我~ (2, 0.0%)

1 などかたゆまむこ, は見ず

▼ 愛兒日出雄少年~ (2, 0.0%)

1 の名, を伴

▼ 愛刀家~ (2, 0.0%)

1 といわれ, の垂涎

▼ 愛刀志津三郎~ (2, 0.0%)

2 の目釘

▼ 愛刀武蔵太郎安国~ (2, 0.0%)

1 が寂, の鞘

▼ 愛分別~ (2, 0.0%)

1 との二, と外

▼ 愛利し~ (2, 0.0%)

1 交, 人も

▼ 愛~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ 愛剣物~ (2, 0.0%)

2 干竿

▼ 愛及び~ (2, 0.0%)

1 共同の, 生くる

▼ 愛善良~ (2, 0.0%)

2 で正直

▼ 愛四郎~ (2, 0.0%)

1 というパン, は白状

▼ 愛國盡忠~ (2, 0.0%)

1 の赤心, の輩

▼ 愛國行進曲~ (2, 0.0%)

1 だ, の續

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 の百姓, の精神

▼ 愛天国~ (2, 0.0%)

1 の愛, の鍵

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 のセカチ, も見ぬ

▼ 愛奴語~ (2, 0.0%)

1 あるひ, か何

▼ 愛~ (2, 0.0%)

2 に対するほどの感情

▼ 愛孤独~ (2, 0.0%)

2 の愛

▼ 愛寛大~ (2, 0.0%)

2 な而

▼ 愛嵐峡山水就其~ (2, 0.0%)

2 最清絶処縛屋

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 が微笑, の本能

▼ 愛幸福~ (2, 0.0%)

2 な安らか

▼ 愛弟四郎~ (2, 0.0%)

1 の屍体, を殺害

▼ 愛忍従~ (2, 0.0%)

2 の愛

▼ 愛憐憫~ (2, 0.0%)

2 の愛

▼ 愛新鮮~ (2, 0.0%)

2 なみ

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 の晩生, を背負

▼ 愛校者~ (2, 0.0%)

1 と見, と見られた

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 を生じた, を生ずる

▼ 愛正しい~ (2, 0.0%)

2 愛虐たげられ

▼ 愛正義~ (2, 0.0%)

1 という文字, への愛

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 という名づけ, を弾いた

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣と

▼ 愛~ (2, 0.0%)

2 大な

▼ 愛溶け~ (2, 0.0%)

1 て善意, て瞼

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 の喜び, の悦び

▼ 愛用品~ (2, 0.0%)

1 と一致, を見ず知らず

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 の関, 越えを

▼ 愛真実~ (2, 0.0%)

2 の愛

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 して, なくしかも

▼ 愛知らぬ~ (2, 0.0%)

2 夫婦多し

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 に立つ, の柳陰呼渡図一幀

▼ 愛~ (2, 0.0%)

2 にへん

▼ 愛禽家~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 愛素朴~ (2, 0.0%)

2 な野生

▼ 愛絶対的~ (2, 0.0%)

2 な自由

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 されて, を目的

▼ 愛臣三文字紋弥~ (2, 0.0%)

1 でした, はあまり

▼ 愛艇メバル号~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, へ案内

▼ 愛菱湖~ (2, 0.0%)

1 といふ名, の水面

▼ 愛~ (2, 0.0%)

2 たげられ呵責まれ

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 なる文字, に口授

▼ 愛袁登~ (2, 0.0%)

1 古袁, 賣袁

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 したウヰリアム・モリス, せるおるずおるす

▼ 愛詩家~ (2, 0.0%)

1 および自己, 及び自己

▼ 愛誠意~ (2, 0.0%)

2 にだ

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 国民や, 靈を

▼ 愛身命~ (2, 0.0%)

2 但惜無上道

▼ 愛銭堂老人~ (2, 0.0%)

1 という者, も一ペン

▼ 愛陶家~ (2, 0.0%)

1 たる以上, をし

▼ 愛食家風~ (2, 0.0%)

2 の調子

▼ 愛~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ 愛~ (2, 0.0%)

2 及び敬

▼ 愛魚家~ (2, 0.0%)

1 が少から, は当時

▼1* [609件]

あっさりして, 愛あなたのため, 愛あらたに燃ゆ, 愛あらわれ菊池寛の, 愛いかばかり深かるべき, 愛いすることの, 愛おしさ羞を, 愛おしく同胞とは, 愛おのずからもっとも深く浪子, 愛お前ありゃあ不可, 愛かかるものを, 愛かく己にも, 愛かしこに高く, 愛かつて汝を, 愛からしか湧かないもの, 愛からと云う答え, 愛からといったような, 愛からに他ありません, 愛からのみ出て, 愛からまでも見離されて, 愛からも憎しみからも, 愛がと言って, 愛きようをそえ, 愛くしもう, 愛ぐしき令嬢の, 愛けらくさ寝, 愛けれども愛は, 愛こそが却って自然科学的意識, 愛ことに悪人の, 愛この世のありとあらゆる, 愛こや, 愛ごくてなう, 愛さえもそれは, 愛さるべく作られて来た, 愛さるべく作られたような, 愛さんあなた御苦労でも毎日, 愛さんあれを古藤さん, 愛さんパパは病気, 愛さん貞ちゃんもう一度そう呼ばし, 愛さん貞ちゃん古藤さんがお, 愛さん貞ちゃん岡さんがいらし, 愛さん貴方はもう, 愛しあい信頼しあう人達, 愛しかも明らかに, 愛しかりけり若葉た, 愛しかる山河は, 愛しきやし君に, 愛ししたのであろう, 愛しぶものなら, 愛しまれてならない, 愛しまれた肌目では, 愛しみ下されたように, 愛しみ死してもわすれませぬ, 愛しもなさらない塩梅, 愛しようとする, 愛じゃとかいう世間の, 愛すまへにすでに, 愛すらも自由には, 愛と見えぬ, 愛ずべきものである, 愛ずべく一同車を, 愛ずらかな恰好, 愛ずるメネラオス彼と我が, 愛ずる女なりただ, 愛ずる心ありて, 愛ずる意ではない, 愛ずる癖ある叟, 愛ずる者にはピン, 愛ずる風流気はなかろう, 愛そうな顔つき, 愛そうした一切の, 愛そうしてそれが, 愛そこにこそ唯一, 愛そして幸福な, 愛それ等の動き, 愛汝の, 愛ものです, 愛たき宝石に, 愛ただ感ありしのみ, 愛たるや彼ら, 愛たる所の学, 愛だけに生きて, 愛だに無かりし, 愛ちゃんとぼくと, 愛ちゃん学校の方, 愛ちゃん貞ちゃんと呼ぶ, 愛って人間の, 愛づとや人の咎めん, 愛づべきこと慥なり, 愛づべきものであるからしてなるべくじ, 愛づべきを知り黒髪, 愛づべき花の二, 愛づべき魂ではない, 愛づるこころに準らへてしら梅, 愛づること蓋し善き, 愛づるすべを知るなれ, 愛づるついでに我も発句, 愛づると云ふに, 愛づるばかりにゆく車かな, 愛づるまま写経に時, 愛づるものそを取り出し, 愛づるようるは, 愛づるアカイアの, 愛づるチューヂュースの武勇, 愛づるトロイア軍勢の, 愛づるメネラオス亂軍中にトロイア, 愛づるメネラオス神の寵兒, 愛づる世の中にそも, 愛づる友よいざ, 愛づる君ならず, 愛づる小鳥うたふに, 愛づる山吹の花, 愛づる曉の光, 愛づる汝より常に, 愛づる端嚴のテチス, 愛づる艶麗のアプロヂィテー答, 愛づる英豪は百千人, 愛づる貴公子のわが, 愛づ柳絮もわれ, 愛であったならば死, 愛であるならば自分, 愛であればある, 愛でございますあなたの, 愛でさえ追っつかぬよう, 愛でしかなかった, 愛でなくてはならない, 愛でに愛でつくして, 愛といへるだらうか, 愛とかに陥って, 愛とかの対象とは, 愛とから出たの, 愛とかを振り回わ, 愛とさえ言えば, 愛としてのみ成立つの, 愛としては神への, 愛とだけがなお残ってる, 愛とてもなきもの, 愛とでもいうもの, 愛となつて絡み合つてゐる, 愛とにおいても實在, 愛とにより啓示に, 愛とに対する普遍な, 愛とのみ答えしならん, 愛とばかり解釈するなら, 愛とへゆく道, 愛とを以て遇せらるる, 愛と共に歌を, 愛どうしても我々に, 愛なぞにも疎いの, 愛なぞは微塵も, 愛などから同時に引きずられ, 愛などがあるわけ, 愛などといふ言葉と, 愛などに自分の, 愛などの意義に, 愛ならずともこれ, 愛ならびに正義の, 愛なりといふ中心思想を, 愛なんぞが少しばかり, 愛なんぞは何処かの, 愛においても自分を, 愛にかけてはクリストフと, 愛にぞ行くべ, 愛にたいして私は, 愛についてのみ語るといふ, 愛についても例外的な, 愛にても愛そのものは, 愛にとって実に意外, 愛になずいて, 愛によっての獲得と, 愛によりてのみこれを, 愛に対してはまだ人類, 愛に従って行動する, 愛に関しては多く論ぜられてる, 愛に関する法章であった, 愛えさま, 愛ねえさんお客様よ, 愛のみに止まり或は, 愛のみによつて言動する, 愛はかやうに, 愛はしかつた, 愛はなをその, 愛へはもう一歩, 愛まことの愛, 愛または信仰より, 愛まだ年の, 愛までは届かぬ方, 愛みし所を以て, 愛みな必須より起る, 愛みの下に育てられ, 愛の情, 愛む可き家族, 愛む者の許, 愛もとより浅き, 愛ゆゑに死なれた, 愛よき意味の, 愛よりかあるいは貧しい寂しい, 愛よりは自信が, 愛よろこびで人, 愛をしかもっては, 愛をすらももちはじめたの, 愛をとつて柄と, 愛をば割かんと, 愛をばかり見つめたの, 愛んで忠告する, 愛ガマタ余ノ生涯, 愛ガ彼ノ女, 愛キリシトの愛, 愛シカタガ全然違ウダケナノデアル, 愛シタリスル一面ガラニモナク生花ガ好キデ, 愛シテハイナイヨウニ見エル, 愛ジェニュインな金剛石, 愛スベク頗ル仙物ニ類ス因テ紫陽花ヲ以テ, 愛スベシタダソノ早成, 愛スルドレゴヨコレガ第二, 愛スル人ニテ本邦ノ古, 愛ス可キハ無シト雖ドモ, 愛セシメバ以テ家ヲ保ツニ足ル, 愛百千分ノ一ニ足ラザル長子, 愛ハ惜シミナク奪ウ, 愛ベアトリーチェの目, 愛一切の愛, 愛一切猛悪ことごとく具われる, 愛一般にからまる, 愛から上, 愛世界平和への愛, 愛両者の聡明, 愛主義の青幇, 愛主義者になった, 愛而忘其醜, 愛交遊只愛銭と歌い出した, 愛人吉村の心, 愛人民解放のため, 愛人生への愛, 愛人間自分への信任, 愛こ, 愛仕事への愛, 愛他心とに恵まれ, 愛他心人情を捨て, 愛他的人道主義には悉く, 愛他的傾向になり初めました, 愛他的利己主義者と呼ん, 愛他的衝動の萌芽, 愛仙閤という旅館, 愛の機関雑誌, 愛か迸る, 愛作小走りに退場, 愛使が扉, 愛使命の自覚, 愛侠勇熱烈な徳操, 愛して, 愛信頼によって他, 愛であった例, 愛僧院は天堂, 愛を減ぜざる, 愛兒なに故悲むや, 愛兒もろともに, 愛兒らしか守れ, 愛兒トロイア亡ぼして, 愛兒パトロクロスの傍, 愛兒ヘクトールこれを眺め, 愛兒ヘクトール彼の軍勢水陣, 愛兒ヘーパイストス精妙に, 愛兒メネラオス汝目を張り, 愛兒光榮のアキルリュウス, 愛兒剛勇の男子, 愛兒宿して, 愛兒屠れる敵, 愛兒惱む時忍べなんぢ, 愛兒渦卷き流るクサントス, 愛兒眺むる傍にアンドロマケー近, 愛兒而して, 愛兒英一の念願達成, 愛兒讀本の著者, 愛兒贖へり, 愛兒青銅鎧ふヘクト, 愛兒飛箭飛槍の間, 愛党心も出来る, 愛だ, 愛其地之佳麗雄勝, 愛其如天鵞絨毎倦書, 愛刀心もそそられた, 愛刀来の了戒, 愛刀阪東二郎幸村の鍛, 愛刎頸の友, 愛別離の悲しみ, 愛刹那に対する悠久, 愛剣家杉山其日庵氏の秘蔵, 愛剣武蔵太郎安国をしきりに, 愛創造を司る, 愛劍家の劍, 愛半兵衛は身, 愛友情などといふ愛, 愛古家であ, 愛同感互の運命, 愛同胞の愛, 愛の正しい, 愛吸収力が彼, 愛の戒, 愛哀埃など, 愛であった, 愛を駕籠, 愛四季を通じて五月, 愛四郎その他の者, 愛四郎氏は本県, 愛四郎氏宛に残し, 愛国家なり詩人, 愛国民の真情, 愛國云々とは云, 愛國公黨自由黨等を組織, 愛國切手一枚は世, 愛國切手誕生の祕話, 愛國努力更新等の見地, 愛國博愛の誠心, 愛國吟があつ, 愛國奉公の志, 愛國婦人會設立者奧村五百子をそのものたち, 愛國忠君の赤誠, 愛國思想ほど激烈, 愛國百人一首上代の部, 愛國的態度は彼, 愛國社を興し, 愛國精神の根源, 愛國者先生利權漁りに憂身, 愛國者國自慢者などがコスモポリタン人, 愛國者等がその, 愛國者達が他, 愛國詩人土井晩翠氏は二高時代以來四十年, 愛國説などにも關係, 愛國論者もある, 愛何花, 愛執拗な真実, 愛士篇に出, 愛夏氣は樂, 愛より見れ, 愛外部より我等, 愛天真の如き, 愛や子供, 愛女クララの身の上, 愛女マリイの君, 愛女今返し更に, 愛女救ふべく巨多, 愛女月姫が行方不明, 愛女琴女がその, 愛奴セカチとそれら, 愛奴達は余り家, 愛妃十幾人のうち, 愛妓八重と差し向かえる, 愛妓花吉を待つ, 愛妹ドロセヤと共に見る, 愛妹ペヌロオプ夫人はかつて, 愛妹幾人となく, 愛妹武子さんの将来, 愛姉さんや輝姉さん, 愛娼家揃いだとも, 愛婦どもの上, 愛嬌笑ひでもし, 愛孃美彌子は人知れず, 愛は君節, 愛宗教的な愛, 愛実力のある, 愛家中の衆望, 愛家庭の愛, 愛家庭愛における女, 愛家来大目附百石岩田十大夫女百合として願済, 愛寵愛撫措くところ, 愛寵比なき李夫人, 愛しなかつたの, 愛山家は, 愛巣心といふべき, 愛己主義者は自己保存, 愛己的本能が若し, 愛已に盡きたる, 愛帰依で先人, 愛平金森義入狩野又九郎, 愛あれマリア恩惠滿, 愛店心も非常, 愛の帝釈山, 愛弟レオとペルーヂヤ, 愛弟愛妹幾人となく, 愛弟清君のこと, 愛して, 愛が新た, 愛に愛, 愛彼等の沒我, 愛從つて最も大, 愛從姉ベット即ち嫉妬, 愛徳大寺實則岩倉具視徳川慶勝松平慶永島津義久山内容堂西郷隆盛大久保利通後藤象二郎福岡孝悌これらの人々, 愛必ず減ず, 愛忍従これが基督, 愛思想の深, 愛恋スル所アリコレハ西洋流ニ申セバ有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 愛恋愛慾の小説中, 愛恋愛貞操信義羞恥義理人情誠意良心なぞの一切合財, 愛恋自由とやお, 愛悲しさ残念さの, 愛悲しみ理解レムブラントは生き, 愛想像の女神イオイナ光, 愛の菩薩, 愛感受性の敏, 愛感性を一人一人, 愛喜怒, 愛憎み悲しみ等他の, 愛する若者, 愛我が心臓, 愛我慾と献身, 愛我等に滿つる, 愛我那邇妹命汝為然者吾一日立千五百産屋是以一日必千人死一日必千五百人生也, 愛或は痴情等の, 愛を試み, 愛手前その病気, 愛抑圧された欲望, 愛されて, 愛な顏, 愛措くところを, 愛すること, 愛掬するよさ, 愛摂津守資順備後守資言であらう, 愛撫ぜめに, 愛故に飽くまで伯父, 愛教育社会文化の諸, 愛新たな生命, 愛日抄を書かう, 愛日精廬と稱, 愛日精廬藏書志四十卷を作つて, 愛により, 愛晩亭を見物, 愛智川の近く, 愛智川行は至って, 愛智純の表象, 愛暖花陰停小車, 愛曲亭才学故前聯及之, 愛曲集と画集, 愛厚くトロイ攻めら, 愛月秋眠遅かう, 愛服するという, 愛期待と空想, 愛本当の夫婦生活, 愛村心ともいふべき, 愛村愛町愛市愛国心等が薄い, 愛であると, 愛松叟柳狸伴霽月不迷, 愛松極堂らの諸君, 愛松極堂霽月らの諸君, 愛松野間叟柳伴狸伴大島梅屋らの小学教員団体, 愛松隠士漸将仙, 愛桂四段などはよく, 愛棋家が三, 愛して, 愛極楽家庭というもの, 愛楽友となり, 愛であった, 愛に, 愛を一本校内, 愛正しければ善行, 愛正義自由平等を精神, 愛歪める道を, 愛るを, 愛母牛が仔牛, 愛母親に抱かれ, 愛はこの, 愛民憂世の念, 愛民衆の建設, 愛気づかい心配などを, 愛永遠的愛は神, 愛求しその妨害, 愛求者である美, 愛汝等の願, 愛は伊沢氏, 愛流行の結果, 愛浄らかなひろい, 愛浮世の望み, 愛の呼吸, 愛を温め, 愛深い麗わしい微笑み, 愛深い深い生命と, 愛深からねば, 愛深き敬虔なる, 愛深く最も合理的, 愛清らかな肉體, 愛する主, 愛かりし匹婦, 愛無きに止らずし, 愛無くして, 愛無力なもの, 愛無辺の心, 愛ゆるばかり, 愛燃えて外, 愛物どもの上, 愛猫フク子もまた, 愛猫リリーに何かと, 愛猫号という三毛, 愛猫喪失の慰藉料, 愛甘い愛, 愛甚だしきを醒まさん, 愛生じ魂は, 愛生ずこれ覺醒の, 愛生活に対するあふれる, 愛の曹安民, 愛町愛市愛国心等が薄い, 愛略三百年仙臺に定住, 愛痛苦憤怒など先生, 愛があるらしい, 愛癸村字刀根の気比神社, 愛発山の峠, 愛的お前がその当の, 愛的愛慾がかの, 愛的精神状態に入った, 愛皆無限なり, 愛盗まれし者の, 愛相ぶりにその, 愛相一つ云はぬ, 愛芭蕉長丈許翠陰濃, 愛の雋鋭, 愛が持てる, 愛研究が深く, 愛硯家はあの, 愛碁家らしいので, 愛神キユピツトに立小便, 愛神様の力, 愛禽類に属さぬ, 愛の今, 愛稱ガラツ八は廣い江戸中, 愛ではない, 愛童山角定吉十六歳今打ち落した氏輝, 愛と懇情, 愛一の, 愛については私, 愛ふらく, 愛に息, 愛精神の愛, 愛純真の愛, 愛素笑いの様, 愛の印度, 愛経済学問芸術等の世界的協同, 愛結婚生活親子の関係, 愛ひしに, 愛給わればいそいそ, 愛絶対的他力の宗教, 愛となり, 愛縛すべての執着, 愛美しい思想, 愛翠書房が涙香, 愛翫癖があった, 愛と云う, 愛聖なる思ひを, 愛聴用にも重要, 愛の快, 愛肉親の情, 愛腹心の味方, 愛臣介のこと, 愛臣石田清左衞門樣は煙たく, 愛臣郭嘉の病態, 愛臣関羽に手勢, 愛自然心は更に, 愛自身の満足, 愛若しくは憧憬の, 愛茶家であつ, 愛する所, 愛薄らぎ離別せられ, 愛を換, 愛といふ共, 愛親王にプロシァ, 愛に出し, 愛詠家だつた, 愛を口ずさみ, 愛認識が加えられ, 愛誠實を無益, 愛読書だしたし, 愛讀書二三册に刻みたばこ, 愛讀致され候, 愛貞節の如き, 愛貧困闘ひ, 愛貧窮の祝福, 愛賞すべく或は嗜好, 愛賞する余裕を, 愛賞せられて居た, 愛を持っ, 愛趣園と稱, 愛足らざるとき即ち, 愛身社相馬の北辰社, 愛農民が人生, 愛漕ぎつけます, 愛より何ぞ, 愛進館で京山小円, 愛と法, 愛道場掬水園の板, 愛郷土的な市民, 愛の憲法, 愛重みたまへる, 愛金色の書, 愛鈍ければこの, 愛と歌い出した, 愛銭堂老人又の名素人探偵の南市太郎老人, 愛銭心を挑発, 愛鎮まった魂の, 愛間好学不敢入城都, 愛の心持, 愛に乗る, 愛青春夢のなか, 愛青赤アキいろいろの, 愛老馬疲, 愛愛なき, 愛音楽詩の力, 愛食する者の, 愛飽くなき慾, 愛養中二疋は死んだ, 愛餐酒盃の間, 愛黄葉半庭菊一畦