青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「庵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

度~ ~度々 度々~ 度目~ ~座 座~ ~座敷 座敷~ ~庭 庭~
庵~
庸三~ 廃~ 廉~ ~廊下 廊下~ 廣~ 延~ 建~ 建て~ ~建物

「庵~」 5212, 54ppm, 2151位

▼ 庵~ (912, 17.5%)

8 前に 6 前へ 5 中には, 中を, 匙に, 右に, 方へ, 耳に 4 ために, 中に, 中へ, 前の, 名は, 外に, 姿を, 娘お, 方で

3 [21件] ところに, なかは, ほうに, ほうへ, まはり, 中から, 主人は, 人気を, 向うを, 周囲は, 姿が, 家の, 席上で, 手に, 眼から, 胸倉を, 記, 許へ, 話は, 通知が, 面を

2 [56件] あとに, あるところ, ぐるりの, ことだ, ことは, なかに, なかにと, 上に, 丘の, 中の, 主と, 主人らしく, 事は, 人, 内には, 前, 前まで, 北の, 口から, 壁の, 外の, 外へ, 奥へ, 女杏庵の, 姿は, 屋敷を, 屋根の, 後を, 手から, 手を, 掃除を, 方から, 方は, 方を, 暴言は, 月あるじを, 柴の, 玄関を, 眼に, 竹の, 系統を, 背中の, 茶室で, 茶室の, 行方は, 行方知れず, 表の, 裏の, 見える船主, 角で, 話が, 長次が, 門を, 門人で, 附近から, 駕籠を

1 [657件 抜粋] あいだの, あこがれの, あと, あとから, あとは, ありさ, あるじが, あるじがり端書, あるじの, ある小柴垣, ある方, ある隠された心, いること, いわゆる有れ, うしろから, うち方来居と, うろたへ様は, おっか, お得意先, お歯, お茶に, ぐるりは, ことなど, ことを, こと爪先さぐりで, この雑草, ごとき, すがた, せがれで, せっかくの, たぐいが, つくった大, つぶやきです, ところ, とまを, とりなしぶり, なかで, なかのきゆう, なかを, ながめじゃよ, は杖槍, ほうから, ほうは, ほうを, ほかには, ほかは, ほんとの, まわりは, もてあました軍勢, やうな, よさ, わびの, ゐた藩, ニホヒガシタ, ハガキを, モリを, 一同の, 一命を, 一室に, 一室を, 一徳であり, 一方に, 一行は, 万葉輪講会に, 三八九舎も, 三字を, 上の山に, 上へ, 上堂に, 下僧, 下廻りを, 両国手, 中でも, 中は, 中へと, 丹下左膳の, 主が, 主じ, 主なる, 主人かな, 主人が, 主人で, 主人根西夫婦は, 主黒田直静, 予定, 事が, 事を, 事蹟には, 二女で, 二女である, 二女は, 亡くなつたこと, 交渉で, 人こそ, 人気に対する, 什器に, 今日此頃の, 介抱によって, 仕度も, 仕業だ, 代診か, 会下の, 会日なり, 伜綾之助と, 住人ノッペリした, 住居から, 何人なる, 倅綾之助と, 催しを, 光景が, 其中庵たる, 内は, 内を, 内弟子に, 冷ややかな, 凜, 処分に, 前で, 前な, 前住者, 力では, 力とでは, 勝負が, 勢いという, 北に, 匙加減に, 医術の, 十八文よりは, 厠の, 厨房いよ, 又従弟, 友ぢや, 友として, 口を, 古址と, 台詞に, 同伴として, 同族三十間堀の, 同族三十間堀柴田の, 同業者, 名である, 名に, 名も, 名を, 名残の, 名誉の, 周囲では, 周囲を, 呼吸の, 和尚に, 四方に, 四畳半で, 土左衛門の, 地主から, 址は, 執拗な, 場合も, 場所は, 墓に, 墓も, 声, 声に, 声は, 声名を, 売れの, 外で, 夜の, 夜食を, 大前誠二さんを, 大層お, 大袈裟な, 天ぷら蕎麦も, 奔走で, 奥を, 女として, 女房を, 女歌である, 奴も, 奴もう, 如きその, 如きもの, 如く目見, 妹が, 妹である, 妻で, 妻である, 始末を, 姿らしい, 姿勢も, 威力如何, 子が, 子だ, 子で, 子分たちが, 子分たちは, 子分に, 子分連中で, 子女は, 子茶溪, 宅と, 宗鑑の, 客, 客と, 家は, 家へ, 宿命的な, 寝ざめ, 寝て, 寝像, 小家にも, 小庭, 小窓, 尼でございます, 尾上小紋三と, 屋台ぼねだ, 屋敷の, 屋敷は, 屋敷まえ, 屋敷通りの, 展観に, 山頭火だ, 山頭火に, 左膳の, 差出口, 差図によって, 帰りが, 帳場に, 常なり梅, 広く深い精神生活, 床下で, 庭からは, 庭へは, 庵を, 庵主は, 庵字の, 廂ご, 延長, 引掻き廻し, 弟陽庵が, 当主と, 影響の, 待遇を, 後に, 後の, 後方なる, 後架は, 御飯は, 心の, 心中は, 心持は, 忰元仲を, 思惑に, 思想の, 悪事を, 悲曲続出する, 情熱自, 意気は, 愚劣を, 愛息が, 感触に, 慈姑頭で, 戸を, 戸口に, 所へ, 所在を, 手で, 手紙を, 手腕だ, 手腕によって, 手首を, 扱いぶりの, 承認なし, 技倆に, 持主や, 指した方向, 挨拶を, 提灯を, 揮毫が, 數までが, 文字入だ, 料理は, 料簡の, 方に, 方にも, 方丈の, 方法を, 日, 日樹明君も, 日頃の, 昂奮した, 昂奮も, 春山頭火の, 時々来り, 時代に, 景色は, 曰く, 更けては, 書いた, 書苑道生の, 有力な, 有様であり, 朝晩秋の, 末子小字八六後の, 末弟で, 来るの, 杯に, 東側には, 板額が, 枝折戸に, 柴垣の, 極力排斥, 横面を, 櫓では, 次は, 歌會で, 武士道心を, 武者修行熱は, 死んだ時富永, 死体が, 死体は, 死後も, 死後年月が, 死體は, 残塁に, 気分と, 気性で, 気性を, 気紛れは, 気象を, 氣もちを, 注文が, 流儀な, 流産だ, 淋しい夜ふけ, 淡々として, 清川邸に, 炉辺の, 為すが, 熱が, 父寛齋の, 特色でも, 猫撫声が, 現住, 生臭い臭気, 甥の, 用意を, 男が, 男瑞亮と, 画房の, 病が, 白つつじに, 目録やら, 相手の, 相棒に, 相棒戸塚の, 真似を, 眺の, 眼の, 眼を, 知らないこと, 知らない所, 知人の, 示した丸藥, 社中か, 秘密は, 空気を, 空氣を, 窓から, 窓近く下り立ち, 竹倚, 竹倚で, 竹縁に, 第三子円庵, 第二子, 第二石, 筈で, 築いた隠れ, 約束を, 紹介には, 経よむ, 絵図面を, 繩張りに, 繪圖面を, 罪は, 翼が, 老木の, 考へでは, 聡明さが, 股肱と, 胆吹入りは, 背中を, 脱線は, 脱線ぶりが, 脱線ぶりとは, 脱線を, 腰が, 舎利塔が, 苔むした庭, 若いもの, 若い尼, 若者勇吉という, 苦心も, 苫を, 茶の間は, 茶わん, 茶わんが, 茶わんの, 荷物に, 莫迦, 落着きも, 蒸籠を, 蕨駅の, 薬師如来像が, 行くところ, 行動に, 行手に, 袖を, 裏で, 裏へ, 裏面の, 裡に, 襟髪を, 西征日乘中癸亥十月十七日の, 見るところ, 見取図と, 見取図は, 見取圖は, 親切が, 親類筋に, 角座敷である, 言いつけ通り手出し, 言うこと, 言う通り, 言を, 言葉の, 記にも, 記念祝宴な, 訪問を, 註文が, 評は, 詩作に, 話とを, 諒解を, 諸号, 講演の, 賑かな, 足もとの, 足許が, 跡を, 跡宮の, 身が, 身の, 身の上こころもとなし, 身の上には, 身体へは, 身体をも, 軒端を, 輩起り, 退却を, 途中, 逢ったの, 連中と, 運座の, 道草の, 遺筆など, 邸から, 重しにでも, 重石ほどの, 金を, 針に, 長次, 門から, 門に, 門には, 門へ, 門下に, 門人四五輩, 開庵祝日でも, 隣地を, 雨は, 露むすび, 面ばかり, 面倒を, 頭から, 頭が, 頭に, 頭へ, 頼みを, 顏は, 顔を, 風のみ, 風上へも, 風物其他に, 養子に, 饗宴だけ, 饗宴らしい, 髪の毛を, 魂が, 魂消たのに, 鼾の

▼ 庵先生~ (745, 14.3%)

10 のため 9 のお, はこの 8 のところ 7 が, であります 6 の方 5 が急, です, の如き 4 がこの, がまた, のこと, の屋敷, はそれ, は自分 3 が何, その人, でありました, の声, の家, はいよいよ, はお, はその, ほどのもの, もこの

2 [50件] からお, がここ, がすっかり, がどうして, がハイキング, がハタ, が少しく, が御, が知っ, が米友, が舌, だと, でしたから, というの, ともあろう, と仙公, と米友, にお詫び, に向っ, に親炙, のハイキングコース, の一行, の世話, の人格, の力, の古屋敷, の姿, の寝, の挙動, の許, の評判, の身辺, の近況, の門, の隣, はいい, はここ, はこんな, はちょっと, はもう, は今, は何, は本来, は相, は親方, もその, もまた, も一時, をし, を訪れました

1 [520件 抜粋] いかに博学, いかに神医, いかめしい咳払い, いささか得意, おそるおそる足, かと思っ, からであります, から一伍一什, から受け継いだ, から小, から当家様, から教訓, から耳, がいい, がいかなる, がいたずら者, がいちいち, がいよいよ, がお, がおもむろに, がお湯, がかねて, ががんりき, がき, がこうして, がこっち, がことごとく, がこのごろ, がしかつめらしく, がしゃしゃり出, がすでに, がそれ, がたずねます, がちょっと, がつれ, がどんな, がひょっとこ面, がふい, がもう少し, がやかましく, がよせ, がソクラテス, がドンキホーテ, がノコノコ, がバネ, がファッショイ共, がムッ, がムラムラ, がヤレ, が一僕, が一転, が一途, が不憫, が乗っ, が今, が今晩, が伊勢屋, が保証, が全く, が出現, が初, が初めて, が十八文十八文, が呼びかける, が呼び止めました, が呼ぶ, が嘲笑った, が囃す, が壁, が夢心地, が大, が大喝一声, が大声, が大工, が好き, が寝ぼけ, が居合わせなかった, が居眠り, が屋台, が引張り出した, が怖い, が思案, が憤慨, が投げた, が拝む, が控え, が握り締める, が日蓮上人, が東, が気がつきました, が特別, が生活, が立ち上った, が答えました, が縁側, が縦, が聞く, が膝, が至って, が芝居小屋, が苦心惨憺, が茅町, が被害者, が見, が見かけ, が見物, が言いました, が言下, が足, が躍り上りました, が通過, が酒, が酔眼, が関ヶ原, が頑として, が頬ぺた, が飛び上っ, が首, が馬, が馬上, が鰡八大尽, こうして首尾, こそはまさしく, こそは実に, この型, しきりに強がり, しきりに胴, じゃございません, その鈴木千七郎殿, たるべき身, だから, だからとて, だけがこの, だけが急, だって, だって責任, だという, だな, だよ, であったという, でありましたから, でありましたの, である, であるべきはず, でさえが友さん, でさえハイキング, でせっかく, でないこと, でなくって, でね, ではある, ではございません, ではない, ではなかっ, ではなく, でも居合わ, でも踏ん, で本業, で通っ, という, というところ, といえ, とおっつかっつ, とか盲法師, とが表, としてはそれ, としては平常, としては詰らない, としても米友, とだけで, とても必ずしも脱線, とても行, とは別, とは御, とは熟知, とは至極, とは違い, ともあるべき, と僧形, と全く, と受取られる, と同じ, と市松, と心得, と期せずし, と申される, と相対, と米友公, と聞け, と離れ, などの近寄るべき, などもそれ, なの, なら心配, なりとはいえ, なるもの, なん, にきまっ, にこの, にしろだ, にその, にとっては今, にとっては誂向き, にどんなに, には敵, にも一目, にも解せなかった, に会っ, に傾倒, に先, に奪われ, に対して特に, に対するとは打っ, に引添, に手, に持たせる, に敬意, に於, に期待, に相違, に縁, に薬礼, に見せ, に見届け, に見破られた, に言葉, に訊く, に診, に話, に語っ, に語る, に誡め, に説い, に調合, に逢つて, に限る, に面會, に頼まれた, の, のあと, のおかげ, のお供兼用心棒, のお節介, のお許し, のこれぞ, のさらわれた, のすぐ, のとも, のほか, のまじめ, のみは相, のよう, のウチ, のウトウト, のハイキング, の上, の不在, の両, の主義主張, の九死一生, の人徳, の代診, の余憤, の先, の処方箋, の出る, の勘, の危ない, の危急, の受けた, の合の手, の命, の大, の大御所, の大音, の宗五郎気取り, の宿元, の席, の庭, の後ろ, の従者, の得意, の御, の御見舞, の意気揚々, の手, の手錠, の持て, の捕物, の捕物小説, の揮毫, の旗風, の来り, の枕許, の横っ面, の武勇, の気象, の潮吹, の為す, の無精鬚だらけ, の百両, の皺, の目, の真骨頂, の筆, の絶体絶命, の羽織一枚, の習癖, の腕, の自己感激, の舞台, の芝居なんざあ, の著, の行動, の見立て, の話, の話半, の説, の謦咳, の跡, の踊りぶり, の身の上, の身代り, の身体, の身寄り, の返答, の酔い, の野上, の野郎, の閲覧, の隣席, の雲助, の露骨, の面, の面目, の頭, の駄々, は, はあの, はあわただしく, はいずれ, はお松, はこう, はこうして, はこれ, はこんなに, はそのまま, はそれでも, はそんな, はただ, はちっとも, はどう, はどうして, はどうも, はどこ, はぬからぬ, はぬきさし, はまた, はまだ, はやや, はよけい, はわざと, はダンジリ, はハタ, はフラリフラリ, はブルン, はプンプン, は一, は一足お先, は丁寧親切, は不日, は両国, は事実, は仙公, は何商売, は例, は健斎老, は全く, は八畳, は別, は友達気取り, は囃子方, は国芳, は堀江, は大, は太平楽, は子供たち, は宵, は宿屋, は小男, は己, は市, は帰っ, は幽霊, は店先, は座敷, は悠然, は慈姑頭, は戸惑い, は折れた, は抜からぬ, は故, は昌平橋, は有名, は柔術, は柳橋, は正式, は気取った, は気軽, は江戸ッ子, は泰然自若, は火, は玉屋, は福島, は立ち, は笑っ, は米友, は羽織, は老い, は能登守, は腹の中, は臥薪嘗胆, は薬草, は藥, は裸体, は起き, は躍り上っ, は軍医正, は軽井沢, は途中, は門前, は雲助, ばかりであります, へお話, への手土産, への義理, への薬礼, へ武者振り, までお, までが急, まで行っ, もいい, もいささか, もうちょっとの, もここ, もそれ, もやっぱり, もサジ, も与八, も人間, も危急, も少しく, も情, も決して, も直ぐ, も退, も面, よりもう少し, をお雪ちゃん, をこうして, をつかまえ, をとりなし, をとりまい, をまた, をもん, をテコ, を主賓, を困らせ, を困らせる, を座敷, を引き上げ, を引っぱっ, を待, を待合せ, を得, を手放したくない, を扱い, を敵, を文字通り, を木曾川, を枕許, を桝形, を程よい, を見, を見出しました, を見失い, を訪れ, を買いかぶっ, を頼っ, を頼む, を頼ん, を首肯, 久しくお, 多少名古屋, 少々おとなげ, 御在宅, 御推賞, 抜からずこんど, 見上げると, 起きて

▼ 庵~ (582, 11.2%)

5 それを 4 さすがに 3 昔の

2 [37件] いい気, こう言っ, ここで, このま, せか, そのま, その不思議, よいかな, ヒヤリと, 三十七歳で, 三輪の, 事の, 人の, 仰山に, 俺だ, 全く不思議, 取るもの, 向うから, 大きな屋敷, 家へ, 山門を, 感心した, 杯を, 柴田芸庵の, 気が, 町の, 眼を, 竹の, 膝の, 自分の, 舌打ちを, 護送の, 足を, 道庵だけの, 道庵として, 頭を, 額を

1 [496件] あたらしく一つ, あたりに, あのとおりおでこ, あぶない足もと, あぶなく口, あやうくそれ, あらゆる辞, あわてて, いいかげんに, いい気持, いかにこの, いかにも良寛, いちだんと大口, いっそう真顔, いったん眠りこむ, いつぞや伊勢参り, いつだらう, いつもの, いつも閑々寂々, いま言う, いよ, いよいよいい, いよいよすまし込ん, いよいよ図, いよいよ固く, いよいよ有頂天, お仕着せや, お伴を, お手, お湯の, お祭り, お通夜と, お雪ちゃんを, かく低, かつて保, かねての, がらん洞で, きまりの, けうとけど, こういった, こうしてツマら, ここが, ここでも, こないだも, このごろ鰡八を, この丸薬, この丸藥, この二十人, この年六月二十八日, この時, この機会, この通り丸裸, これからまた, これだけの, これに, ころころと, こんなこと, こんなふう, こんな張札, ご難場, さう, しきりにおびえ, しきりにそれ, しきりに嬉し, しきりに文句, しきりに昂奮, しきりに言い, すぐに, すぐ処方, すぐ思い返した, すこし離れた, すっかり恐縮, すっかり負けない, すべての, すましたもの, せまい, そこだ, そこで, そこでどう, そこでやみくも, そこに, そこを, その, そのくわい頭, そのままそこ, そのまま馬, その上人参, その上人參, その人柄, その加賀様御用, その固く, その変, その手, その瞬間, その終焉, その網干, その門構え, その青年時代, それが, それで, そんな脂っこい, たずねた, たぶん田螺, ちょうどその, ちょっと買物, ちらと, ついに畑, つままれたよう, とうとうみずから蚊帳, とにかくお, とぼけたよう, ともかくも, どうだ, どこに, どこまで, なか, なんとなく手のうち, にぎやかである, ひどく周章て, ぴしっと彼, ほくほくし, ほとんど必死, ほとんど正気, ほとんど畢生, まことに雑草, まさに春らんまん, まずかけつけ, まず以, またいつも, またいよいよ, また一層, また米友, また素敵, また起き上っ, みすみす弄り, めでたく自宅, めで度, もうじき, もうその, もう出来, もう実現, もう放す, もちろん手狭, もとより口, やっぱり大, やっぱり屏風, やはり一介, やはり大口, やみくもに, ようやく小田橋, よくそんな, よほどその, よろよろつとした, ろくに挨拶, ガックリする, キチンと, グッと, サカズキを, サッと顔色, サツと, スラスラと, ズンズンと, タシカだ, ニヤニヤし, ピシリ, フラフラと, ヨメは, ワザと, 一たまり, 一休は, 一切無条件で, 一度小田城, 一時全く, 一杯グッと, 三村道益の, 上に, 上り口へ, 上野に, 下流文士が, 不昧公, 与八を, 二十日月, 二階で, 二階の, 五十三駅を, 井上筑後守正滝の, 今まで, 今も, 今夜は, 今晩は, 仔細らしく, 伊東伴作の, 住み捨てられどこ, 何でも, 何と, 何を, 何時に, 余り新しく, 余語氏である, 例の, 信階の, 偉い先生, 僕の, 元来僕, 全く青く, 八十歳で, 八枚肩の, 六十一歳に, 六月に, 六畳の, 其中庵臭を, 其四男に, 其氏を, 其通称後に, 再び表面, 再生の, 冷静に, 凱旋将軍の, 刀を, 別に恨み, 前年天保六年に, 動きが, 北条早雲の, 医官と, 十八文を, 南郷庵と, 危険に対して, 危險に, 即ち椿岳, 却, 去って, 又逃げた, 口も, 古事記や, 合羽を, 同寺内, 名に, 名は, 問題の, 善光寺へ, 嘗て江戸派, 国芳の, 土地の, 在るので, 埋れぬべきふし処, 墨痕あざやかに, 声を, 声高く, 夏涼しい, 多分田螺, 夜着の, 大あわて, 大丈夫だ, 大医, 大得意, 大気取り, 天保生れと, 好んで, 如何, 妻飯田氏に, 始め二橋散史と, 委細かまわず, 婉曲に, 安政元年に, 宵闇の, 家に, 家庭よりも, 容易に, 寂しい, 密告なんて, 寛之助の, 小さく声, 小杉さんが, 少うし, 少しも, 屍骸の, 山の, 山手山の, 岡本三右衛門一行の, 峠の, 嵯峨の, 帰る, 幕府医官の, 平気, 年を, 年甫て, 座敷へ, 庭の, 建つ, 当りを, 役所へ, 彼が, 往生院と, 後に, 徐かに手を, 得て, 得意に, 御典医, 御典醫, 必死に, 忌に, 志保に, 念を, 思うの, 思わずこんな, 思わず盃, 性来理財の, 恐る, 恐る恐るこう言う, 恐縮し, 息せききって, 悠々と, 患家へ, 惚れた女, 意地に, 意気込んで, 感心の, 慈善庵と, 懇, 成善の, 我を, 或新聞記者, 手に, 手のうちの, 手を, 手負を, 手錠の, 手錠を, 投げ文, 折々立ち止まっ, 抽斎の, 持合せの, 持病の, 指先で, 支度に, 故郷出雲崎から, 数負の, 斥す所が, 斯様に, 新しいので, 新薬師寺, 日ごろ好, 日当りの, 早く妻, 早蕨の, 早速半蔵, 明治二年の, 昔から, 春の, 晩くまで, 暫時声を, 月の, 月夜の, 有らん限り, 本立田氏, 松原つつき, 柴田氏である, 栖賢寺であった, 梁山泊同様であった, 榎許り, 歌の, 此の, 此處ながら, 毎年大晦日に, 毎日毎日屋根の, 気概ある, 気焔を, 泡を, 泰然自若として, 洗足の, 海に, 涼しい極楽, 潜在的な, 火打ちを, 無理にも, 熊本には, 父玄亭に, 片手で, 物珍しげ, 物資豊富だ, 物資豊富である, 狂言作者と, 狙って, 狼にも, 狼狽し, 玄亭の, 瓢箪を, 生涯虚言は, 生真面目で, 用心棒が, 町内に, 町医でこそ, 痛くも, 白い眼, 益田に, 盲が, 相変らず, 相手が, 相知らずし, 眞宗の, 知らないと, 神尾喬之, 神辺に, 私の, 空に, 空家でも, 突然, 窓から, 窮屈で, 立って, 笑いません, 笑って, 筆に, 筆屋幸兵衛に, 米友に, 米友にさえ, 素早く近寄った, 結んで, 群がる人, 翌日眼覚める, 耳を, 聞きとがめて, 聲を, 胸に, 自分ひとりが, 自身で, 致命傷を, 興ざめ顔, 若干の, 若気の, 苦しまぎれに, 苦も, 荒っぽく引, 荒れぬとも, 菅沼曲水の, 菊に, 萬福寺から, 蓋を, 蕎麦の, 蕎麦屋と, 蕗子の, 藪系統の, 蘭軒の, 衣裳持物の, 袋の, 西南に, 西洋の, 見すぼらしい衣, 見物席へ, 言葉を, 誤魔化して, 調子に, 論ずるまでも, 豊後国大野郡岡の, 貝殻を, 貧窮組と, 身の毛を, 転んでも, 道庵だけに, 道庵なりに, 道庵らしく, 道庵米友は, 遠くに, 遠慮の, 適役にて, 都の, 酔って, 酔眼を, 酔眼朦朧として, 酬恩庵を, 重て, 金十郎の, 鏡に, 長さ一センチ, 長じ, 長崎に, 長沼流の, 閑に, 閑静である, 関寺小町の, 阿部閣老に, 雪の, 面白半分, 頼まれて, 顔を, 飛びあがるほど, 養生所の, 首に, 首を, 馬の, 高社の山, 鮓を, 黙って, 鼠の, 鼠も, 鼻を

▼ 庵~ (439, 8.4%)

5 米友の, 言いました 4 米友を 3 あつた, あるが

2 [18件] ある, あるの, お妙, お雪ちゃんの, ここで, また大きな, 不思議な, 両手を, 帰って, 平次を, 愛玩した, 無いと, 自分で, 見えました, 違うん, 酒を, 長者町へ, 額を

1 [383件] ああこんな, あいた口, あった, あったらしいん, あったり, あって, ありました, あること, あるそこ, あると, ある古, あんまりは, いい気, いかに博学, いささかはずみました, いちいち利かせ, いちいち途中, いちばんよろしい, いよいようんざりした, いよいよ驚い, いるの, いわゆる形, うち喜ん, うめき出したよう, うろうろし, うんがの, お喋り坊主を, お手, お手前物, お数寄屋坊主, かくまった人間, かくまで, くすぐったい顔, けたたましく叫び, げんなりした, こういう敬神思想, こういっ, ここな, ここに, ここへ, こっそりふところ, この体, この山, この床, この書, この温泉場, この莫大, この際, これは, こんなこと, ございます, ございますって, さてはこいつ, しきりに口走っ, しきりに昂奮, しぶそう, しゃらけきって, しゃれて, すっかり感嘆, すっと立ち上っ, するよう, ずいぶんあの, そう鑑定, そこで足, そこに, その人だかり, その住居, その尾, それを, そんなこと, たしなめ面, たって, ためつすがめつ眺めて, ちがいます, ちょっとじめじめします, ついてるぞ, つまらないところ, どうしていつのまにここ, どうしてこうも, どっかりと, なっとう, なり出して, なんで又, ねこみ仙友, のこ, はじめて米友, ばかに, ひとたまり, ふと目, ほとんど国賓待遇, まごまごし, まじめの, まずやれやれ, またすっかり, またはしゃぎ出し, またも, またも足, またムキになっ, また何, また大いに, また嬉しく, また行詰りました, また頓挫, また額, また首, まだ地上, まだ注意, むやみに, もう一軒, ものした, やって来たぞ, やつぱりよろしい, やみくもに, よい, よい雑草, よけいな, よろしいな, わが衣, わざ, わざとらしくまた, ゐる, アンマを, オイソレとは, ガラにも, ギュウと, ソレほどの, ヒドクおとなしく, ヒドク喜ん, フト考えついた, ポロリポロリと, ムリな, 一たまり, 一つ, 一僕を, 一切残らず答え, 一刻も, 一方ならずテレ, 一方ならず力瘤, 一杯ひっかけ, 一緒だ, 七十の, 三つならんだ, 不審を, 不服を, 主として勧説, 乗り気に, 乗出した甲斐, 事迹の, 二つ三つ残っ, 二人の, 二十五歳天明四年生の, 二度目の, 云う, 京都へ, 人を, 今度は, 今日は, 今時分に, 今晩に, 仏頂寺を, 仔細らしく, 他から, 仰天し, 仲に, 伊東伴作を, 何の, 作った放縦自由, 保証する, 兄哥連を, 先き, 入るならば, 全く閉口, 全く青く, 公衆の, 再吟味, 冬咲く, 出しゃ張って, 出し抜いたと, 出て, 出向いて, 出来上って, 列座した, 初めて救い, 前代の, 力みました, 力みますと, 力み返り, 力み返ると, 助けの, 勇み立ちました, 勧めて, 単にお雪ちゃん, 危なく転げ出し, 即ち貧乏, 参った, 参ったからには, 双手を, 口を, 古今の, 句に, 同じやう, 周章狼狽為すべき, 呼び戻したから, 呼び留めました, 命の, 喋々として, 嘲笑いました, 声の, 声を, 変な, 変に, 外へ, 外面だけは, 多少ともに物, 夢中で駈け出した, 大きな声, 大将気取りで, 太閤記や, 始めて, 子ども同様に, 室内の, 家, 容を, 寝ながら, 寝床に, 将に, 小町塚の, 少しあわてました, 少したじろぎ, 左右良の, 巴里に, 師匠からの, 帰るぞ, 建ちつ, 建つやう, 引き受けた, 待ち望んで, 得意に, 復活する, 心得顔に, 必死に, 忠平と, 忽ち同意, 思い出したから, 思ひ余つた揚句, 思わず義憤, 急に, 悲鳴に, 感じないわけ, 感心した, 慰めはげます, 成敗し, 我が意, 戸惑いを, 戻って, 扇子を, 手ずから洗面, 手を, 承知で, 折わるく, 抱くよう, 指さした, 指を, 指図を, 振りむくところ, 捨ておきませぬ, 排斥し, 探偵実話を, 探偵小説浪六奴之助曙山美禅竹の, 提供した, 改まつ, 改めてお, 整ふ, 日頃傲慢無礼に, 映つた, 暗中飛躍を, 書いたの, 書かないに, 書生の, 最後に, 有らん限り, 来たぞ, 来たといふ, 来診した, 杯を, 松林の, 枇杷島橋の, 柄にも, 桔槹の, 此年に, 歸つて來ました, 死んで, 死んでから, 歿した, 気がつきました, 水瓶を, 江戸に, 津田生の, 活動といった, 潮吹だ, 無性に嬉しく, 煽てたの, 熱心に, 独身者で, 珍しく真, 珍重がって, 生活に, 甲陽軍鑑を, 痛い腰, 癪に, 看護を, 眠りに, 眼に, 示しの, 礼を, 秘法を, 空虚を, 突如と, 突然大きな, 突然肥後, 笑う, 第一, 筆幸の, 答へ, 築いて, 米友に, 素直に, 羽交の, 聞いたもの, 聞くは, 胞衣を, 腰を, 膝元に, 臆する, 自分の, 自腹を, 至極テイネイ, 蕗子に, 藪に, 衣を, 襲いだ, 見て, 見届けた通り, 覘き込む, 言いますと, 言うこと, 言うには, 訊問する, 訝しいと, 設けられた, 説明を, 買って, 足もとを, 躋寿館の, 辛抱し, 迎いの, 迎ひ, 述べて, 逃げ出そうと, 通りかかった以上, 進入し, 里春が, 重ねて, 重大な, 長川の, 門口へと, 間に, 附けのぼせが, 青くならざる, 青ざめた顔, 預かって, 頻りと, 頼みきったる郎党米友, 額の, 額へ, 風邪で, 飛んでも, 首を, 首実検の, 驚き怖, 驚嘆しました, 鰡八に, 黒門町まで

▼ 庵~ (354, 6.8%)

29 結んで 11 むすんで 6 して 5 出て 4 並べん, 作って, 訪ねて 3 見ると

2 [18件] めぐつて, 並べんと, 借りて, 引張り込もうと, 慰める術, 手に, 構えて, 移して, 突き飛ばして, 結び遁世, 結ぶべき心, 解消し, 訪うて, 訪ねた, 訪ねた主人, 訪ふ, 辞した, 送って

1 [252件] あづけます, あてつけの, あとに, いい加減, いたくよろこばせました, いま思い出した, いやがらせうるさ, おとずれて, おとづれしにいつもながら四方山の, お拵え, お雪ちゃんの, かく心, この多数, そこへ, それと, たずねたり, たずねて, たった一人, たつた一人, つ, つかまえて, つまみ握飯, ならべむ冬, ねらふと, はじめこの, はじめ妻の, ふり返っ, まはつ, むすびみずから薪, むすび別号, むすび雨, むすび風月, むすぶ, めぐらす垣根隈, めぐり小春日和, もつこと, やきもち坂, わが物顔に, わざ, わざわざここ, 一つこ, 一室に, 一晩たり, 上方に, 並へん, 並べむ冬, 並べん冬, 乗せると, 乘せる, 五六町隔てたる, 人しも, 今日という, 伝へる残念, 作つて老残の, 作るとき, 作る維持費, 使えば, 促した, 促して, 保護し, 信じて, 信じ今, 修理し, 借りうけて, 借り昔, 借り私, 偉い先生, 入れて, 全く有頂天, 写さう, 写して, 冷やかすやう, 出た, 出たっきり, 出づ, 出でしは, 出ようと, 出るとき, 初めて演, 初めて親しく, 制するよう, 刺すつもり, 刺す積り, 前に, 北国街道に, 去らむ時, 取って, 取巻く人, 取逃がした以上, 取逃して, 叩いて, 同病だらう, 名古屋城下から, 呼びかけますと, 呼び止めた, 呼び起しました, 呼ぶ, 呼んだ, 呼んだ覚え, 呼んだ覺, 喜んで, 喰つたあ, 土まで, 圧倒する, 子に, 子供たちは, 守つてすぎこし, 庵らしく, 庵室に, 建つ, 建てた, 建てたいの, 建てて, 建てるの, 建てる気, 引きあげること, 引き上げ倫敦, 引き払いは, 引き払いますよ, 引き払って, 引き立てて, 引張って, 引張りに, 引留めましたけれど, 待ちくたぶれて, 待ち受けて, 待って, 待つたが, 待つては, 待合わせる, 恩人だ, 想像される, 愛するもと, 憶ふ, 手錠町内預けまでに, 手頼りに, 押し転がし取って, 押立て, 招請する, 挟撃した, 振り飛ばした裸松, 捨て, 捨てて, 探したらその, 揉みくちゃに, 描いて, 日野外山に, 早く, 昼頃出, 期待し, 極めつけて, 構えた男, 機会として, 江戸から, 深草亭と, 演じる基礎, 演壇から, 焚き同志, 無念そうに, 焼く話, 産むくらいの, 田辺へ, 畠に, 白龍山に, 知ったもの, 知って, 知つて見舞はれた, 知らなかつたとは, 石田小西の, 突き飛ばしたり, 立たねば, 立ちさる, 立ち出でたこと, 立ち出でてから, 立つの, 米友が, 約して, 結びあるいは, 結びさえ, 結びて, 結びなされては, 結び晩年, 結び来り臥す老, 結び浮世, 結び蛇, 結び説経, 結ぶといふ, 結ぶの, 結ぶ碩学, 結べり, 結んだ, 結んだこと, 結んだ一人, 結んだ人, 継いでからも, 繞る, 胆吹山へ, 脅しに, 自滅させる, 舎てた, 芭蕉の, 苦しめるが, 虐待し, 裸松は, 襲った晩, 襲って, 見ず驚, 見たが, 見つけて, 見る, 見上げて, 見失うこと, 見損, 訊ねました, 訪いて, 訪ねあるいた西行法師, 訪ねた時, 訪ねた足, 訪ねる庵主不在, 訪れた一人, 訪れなど, 訪れぬ, 訪れようと, 訪問し, 認めて, 誘い出した遠藤老人, 誰か, 護って, 護つて居た, 買いかぶりました, 起し, 載せて, 辭した, 迎えるため, 追いかけましたけれど, 退治すべき, 退治する, 送りに, 造りまして, 造り鏃, 連れ込んだの, 遇すること, 開いて, 開け放つて, 隔つること, 離れて, 離れない明日, 預かるよう, 養つて子と, 駕籠の, 騒がすでの, 黄金舎と

▼ 庵~ (281, 5.4%)

5 住んで 4 言わせると 3 きて, 向って, 於て

2 [12件] お籠り, して, なって, のこのこ出かける, ふさは, やつて, 住むこと, 何の, 命じました, 帰れば, 戻つて, 至る

1 [239件] あけくれ起居, いたる, いた時, いて, いらっしゃること, いわれて, おるそう, お前さんが, お忍び御幸の, かつぎこませりゃあいいんだよ, きかされて, この場, この自信, こもって, ごぶさたし, さえ一度, しなへ, しろ自分, そそのかされた事柄, その餘生, たわごとを, ぢつ, ついこの間, ついた, つづいて, つながる意味, とまるよ, とりか, はいった, ひそむを, ひそんで, ひとりは, ひとりを, ふくろうが, ふさわしい茶, ほうり込みゃあ, ぼんやりし, まこと仏の, めでて, やって来ました, スローガンが, 一層の, 一月や, 一杯飲ませられた, 一肌ぬい, 三月五月棲み馴れ, 不参申し, 与えること, 与へた, 与へた後, 二物を, 人は, 仮寓し, 似たところ, 似通ったところ, 住み右筆, 住むの, 住むも, 住む人, 住む戴院長, 住んだ, 入った賊, 入りわたし, 入る前, 其中庵の, 内緒の, 冬籠せし, 到着し, 剃髪し, 原田内助という, 参ったの, 反対し, 反撥を, 口ほどの, 同居し, 向き直って, 向っちゃあ, 向っては, 営まれた, 在り, 坐禅を, 壓すを, 変りは, 多しと, 多年の, 好意を, 嫁した, 子規を, 安住し, 安定せしめ, 客と, 容態を, 宿りて, 宿り坐禅, 宿を, 寝かされて, 寝て, 寝泊りし, 小文さん, 就いて, 就き塩谷宕陰, 就き掻い摘んだ説明, 居たの, 居らせて, 居る事, 居る時, 居合わした同心主席, 屡々改宗, 左様な, 帰った, 帰って, 帰つて来た, 帰らせて, 帰らなければ, 帰りさっぱり, 帰ること, 引きあげるまえに, 引きとり読書, 引越先を, 当てはまる人柄, 徃く, 心服し, 忍び入ります永, 応対を, 念を, 感づかれて, 感心し, 懐かないの, 戻って, 托して, 投じた, 抱えられながら, 押し入り一千両, 押し入ろうと, 拝登した, 授けたの, 授けたもの, 放つたらかしいおいた樹明君, 教育された, 数千人押し寄せ, 於ける山頭火, 於ける芭蕉忌法要, 於ては, 明より, 書を, 會合し, 朝倉先生を, 来た時分, 来て, 梵唄雨声と, 棲むでゐた名高い, 歓娯する, 武勇の, 歸つた, 歸つて働い, 残されたお, 残したまいたれば, 残して, 比べりゃあ, 泊って, 泊めて, 清流を, 潜り込む工夫, 焚けるしばしば, 獅噛みつく, 田中子爵を, 病みたもう, 病んで, 病躯を, 目ざめて, 着いた, 着いた頃, 着いて, 着き候頃, 知合いの, 碑が, 示す, 移したくらい, 立ちかえり本尊仏, 立ち寄りましたが, 立寄つた, 笑われたので, 箝め玉ばかり, 籠り戸, 紛れの, 絶えず題目, 緋縅を, 罪も, 聞かねえたって, 臥して, 自信が, 至り坐り, 至り日暮, 至り見るに, 芝居を, 草枕する, 行いすまし, 行くと, 行くべしと, 行って, 行ひすませし, 被見, 見えるであろう今日, 見せると, 見つけられちまった, 解ききれないその, 言ひ及ぼした, 訊かれて, 託したの, 訪うたとき, 誰待つ, 赴いた, 赴いて, 赴く, 起き臥しすること, 足踏み延ばし, 身を, 車を, 辿りついた夜目, 近き頃樣, 逗留し, 逢って, 逢つて見ました, 遇い奉る, 違えは, 重しを, 野分かな, 障子から, 隠居し, 隠遁する, 集って, 雪は, 預って, 頭から, 頼まない, 飛びかかって, 養子長川が, 馴れて, 鶯を

▼ 庵~ (126, 2.4%)

2 かまきりも, それは, なければ, 田の, 米友も

1 [116件] あとの, あまり気, いくらか, いよいよいい, いよいよ附け上っ, いれば, うれしがっ, うんざりした, お妙, お松も, お雪ちゃんの, かたぶきぬ刈り田, こいつなかなか, こいつは, こうして踏み倒され, この世に, この季節, この物凄い, この苦境, さうだ, さぶしく, すぐ近く, すつかり, そこの, それぞれに, それ商売と, たいてい心胆, たびたびの, ちょっと小便, ちょっと考えさせられました, なかなか旨い, なくただ, はたと思い当った, はだしだらう, ひょいとそちら, まいって, またいい, またなん, また劫火, また御, また痩意地, また苦手, また驚きました, まづくし, まんざら悪く, もう後ろ, や, よほど窮し, デモ倉の, 一休禅師には, 乗り気に, 亦た, 人に, 人気の, 仔細らしく考え込ん, 仰山だ, 何が, 倒れては, 候はず, 冷評しきれない, 十八文で, 去年に, 口を, 可愛ゆく, 名古屋城頭の, 呆れ返りました, 喋りくたびれて, 墓までも, 夏いたりけり, 多年この, 多年苦心した, 大分と, 安らかに, 実はこのごろ, 家並の, 小町を, 少々しょげ, 少しは, 少しばかり, 少し改まっ, 少し真顔, 帰つたあとで, 平和で, 引きさ, 張合いが, 復員服も, 感心を, 持つべきもの, 控えの, 改築された, 旅人の, 日頃から, 早や, 時ならぬ, 最近に, 有志家連との, 本業の, 案外早く, 江戸へ, 江戸市中の, 混乱迷倒し, 無論その, 繰返した, 考えどころ, 花盛りの, 見ゆ, 追, 金を, 降参する, 頭が, 風流の, 駈けつけ三杯, 駕籠屋も, 驚き入って, 鷹揚に, 鼻っ

▼ 庵~ (119, 2.3%)

6 いって 3 いえば, お六, 米友 2 別れて, 号し, 申して, 称した, 称して, 米友の, 米友は

1 [90件] いい祭酒林述斎, いうだけに, いった, いったが, いつて, いへば, おたずね, お角, お銀様, した額, ちんちくりんの, つれ立って, となりあう益田氏, なす, なるべきもの, なるわけ, ほぼ近い, みずからを, よばれた者, カチン, 万笈堂主人とで, 与八とは, 与八は, 云う, 云うか, 云う医者, 云った, 云ふ, 云ふも, 仕事場の, 伝九郎は, 余と, 共通の, 号し頼春水, 同じ場所, 名づけ嵐雪, 名乗らせて, 名乗るこの, 名告つた, 呼ばれた者, 呼ばれて, 呼ぶこと, 呼ぶ家, 呼んで, 大差ない, 姉弟の, 対座し, 左源太と, 庵に, 往来し, 往来も, 手を, 折助とは, 抽斎とが, 握手を, 改め又, 昔話の, 書いた家, 楊庵とを, 漁村自己とが, 煎餅屋と, 申しまして, 申します, 申しまする麹町, 申します料理屋, 申す町医, 申人も, 男名が, 目差しで, 看板の, 知り合いに, 私と, 私とは, 称したもの, 米友が, 米友と, 米友とが, 米友との, 米友とは, 米友を, 義弟十兵衛十兵衛の, 聞いただけでも, 行動を, 話が, 認めた名札, 軽く言つた, 辣薤とが, 長庵, 顔が, 鰡八の

▼ 庵~ (79, 1.5%)

2 帰って, 往って, 戻って, 普茶料理を, 行く, 行って

1 [67件] いい機嫌, おいで, このごろ泊った, はいって, めしを, もどりかけたが, やつて, 人を, 伝兵衛, 入ったり, 入って, 内蔵助を, 出かける, 出かける樹明兄, 出て, 十年住み慣れた, 参って, 参と, 参りましたの, 向き直った, 呼んで, 大股に, 始めて, 安置し, 寄る様, 尋ねて, 帰ったかも, 帰られてから, 帰ろうぞ, 引き込んだ, 引き返した, 忍び寄られて, 忍んで, 戻つてぐつすりと, 押しよせて, 来たとき, 来なされ, 来るよう, 歸つて來た, 残しわたしたち四人, 波が, 眼を, 移った時, 移って, 突然に, 立ち寄っては, 立寄った不破, 米苞が, 終日掃除掃い, 胡瓜が, 芸談に, 茶の, 行きそう, 行き久々, 行くこと, 行く途中, 行つた屋根の, 見せたの, 走らせたの, 踏込んで, 辿りついた, 這入って, 通りかかって, 連れて, 集った, 食事に, 駆けつけると

▼ 庵という~ (63, 1.2%)

5 のが 4 のは 2 ような出しゃばり, 剽軽な, 医者は, 蕎麦屋が

1 [46件] お同朋, お茶屋から, そば屋も, のに, ものが, ものだ, ような, 一角の, 丘が, 二人が, 二人の, 人の, 体裁で, 俺の, 偉い先生, 先生は, 別棟の, 医者が, 医者を, 古寺に, 坊士頭でした, 奇人が, 字も, 家である, 寺の, 庵室が, 庵室に, 心持が, 料亭に, 料亭の, 料亭まで, 料理屋へ, 村の, 汁粉屋な, 町内の, 町医の, 破れ唐館で, 神田明神の, 篆字の, 者が, 肥え太った医師, 茶の, 茶室が, 茶室を, 親爺の, 隠士から

▼ 庵~ (53, 1.0%)

2 これが

1 [51件] あらうかと, お雛妓かの子, げすなにぶんよろしく, それを, はじめて会った, ばり, また三日, よろしいテナこと, 一と, 三人で, 与八を, 久々普茶料理を, 五長太という, 余生を, 働らいた, 先生の, 先生めんくらっ, 口論の, 吹いて, 和泉橋通に, 売り込んで, 大学生の, 安心し, 寝て, 寝る此の間, 島抜け法印を, 彼は, 御馳走に, 快談, 念仏三昧の, 我を, 手毬を, 捕吏に, 日向ぼつこを, 時々開く, 正宗から, 母即ち, 水藩高橋一派の, 法然の, 無残な, 申しました, 私の, 竹中半兵衛と, 置き手紙を, 考えつづけに, 考へつ, 自炊の, 表の, 解説された, 造りも, 静かに

▼ 庵さん~ (39, 0.7%)

2 のところ, もそんな

1 [35件] お在宿, お察し, がいちおう, が八王子, が埼玉, が敵, が来ました, が逆, とやれ, と顔, に供養, に持つ, に訊い, に診, に話し, に變, に釣られたい, に頼ん, のよう, の亡くなった, の御, の方, の話, は亡くなつた, は作陶家, は大した, は始終, は申しました, へ行っ, まで迎え, もうよく娘, やわたしたち, や親方, を通して脇坂様, を頼ん

▼ 庵~ (35, 0.7%)

2 てくれた

1 [33件] てお, ておだやか, てから半周年, てから樹明君, てくれる, てすぐ, てすこし, てその, てそれから, てほつ, てめづらしく, ても米, てやす, て一杯, て不運, て五時, て会飲, て住み侍りける, て例, て冬村君, て冷飯, て就床, て御馳走, て拭い, て残り, て熟睡, て胡瓜苗, て読書, て酒, て閑談暫時, て間もなく, て龍眼肉, 入庵

▼ 庵~ (34, 0.7%)

3 の中 2 の屁, の玄関, の隣

1 [25件] から出ない, から引出し, か空家, がうんと, でした, です, にまでさまよい至りました, に住ん, に入れ, に囚われた, に留め置いた, に飛込みました, のお, の一方, の一部, の尼さん, の庫裡, の方, の運座, の雨戸, へ引返しました, へ引返します, へ集め, へ黒旋風, も再建

▼ 庵には~ (29, 0.6%)

1 [29件] いつた, おられぬ, この緩慢, たつた一つ電燈, どうしても解せぬ, ふさは, ふさわしい生花, べつ棟の, もう人, わかって, 修復の, 其中庵らしい, 奇妙だ, 寝具の, 居なかったと, 布団無し喰べ, 庵の, 庵らしい, 春秋は, 書捨ての, 次の, 灯が, 田舎に, 節季も, 籠りたれ, 誰も, 過去に, 電燈も, 鼠さへ

▼ 庵~ (26, 0.5%)

5 と下物

1 [21件] がなく, とサイダー, と新, と汽車弁当, と汽車辨当, と煙草, と米, と肉, と豆腐, と魚, なかるべからずと, はあるし, はやめ, もあり, もうまい, も罐詰, も豆腐, を少し, を持つ, を貰, を買う

▼ 庵から~ (25, 0.5%)

2 一町も, 先へ

1 [21件] いえば, いつもの, いわれて, たちいでました, もどって, 使者が, 夫婦の, 娘の, 島抜け法印を, 帰ると, 庭伝いに, 教えられた予備知識, 村幸へ, 消えて, 淡路屋と, 立ち去った後, 絞り出そうと, 見ますれば, 誘い出したばかりに, 跛行を, 頼まれた薬

▼ 庵した~ (23, 0.4%)

9 のは

1 [14件] から, が五時, けれど彼, けれど濡れた, さつ, のが, のだ, のである, のでがつかりし, まことに遠い, 一時を, 巡査が, 折からの, 途中で

▼ 庵~ (23, 0.4%)

3 の首縊り 2 を落した

1 [18件] がブラ下, が一つ, が半, が手桶, が落ち, が落ちる, だつて, なんてもの, の五六貫, の十貫目, の首吊り, ほどの石, もそれ, をブラ, を乘, を井戸, を見る, 見たいだが

▼ 庵~ (20, 0.4%)

1 [20件] からってこれ, から神妙, か東庵, か道庵, がこの, が何, が咬みつく, ずいぶん頼まれ, とは思われません, と名乗った, と名乗り, と思つて, と言っ, ね, のと, よこの, よ十八文, 奮発する, 胆吹山の, 腕くらべなら持っ

▼ 庵~ (19, 0.4%)

1 [19件] しようなど, するに, するには, するまで, するよう, する外, ぞ落ちつけ, だ何, のしづけ, のよろこび, の地, の場所, の宿題, の月見, の跡, は空, を共に, 廬軒舍屋處臺巣堂洞龕館莊室齋閣樓などが, 第一日

▼ 庵といふ~ (18, 0.3%)

3 のは

1 [15件] うれしいな, その時代, ところで, 人が, 人で, 別業に, 名は, 坊主顏でした, 家へ, 小さな庵, 庵室です, 彫刻家の, 昔馴染が, 隱居坊さんの, 鳥料理の

▼ 庵する~ (16, 0.3%)

3 と御飯

1 [13件] から仕度, ことが, ことに, そこらを, といふ樹明君, とは信じ, と待ち, と樹明兄, と珍客, と直ぐ, と飲みつ, 日である, 筈な

▼ 庵主従~ (16, 0.3%)

1 [16件] がこうして, が東, が目指す, に於, の不意, の旅程, はこの, はその, は永らく, も浅間, も騒ぎ出し, をあと, をし, をその, を案内, を送り込んだ

▼ 庵~ (15, 0.3%)

5 土産として 3 土産は 2 土産の 1 土産ありがたう, 妙と, 得意先の, 節句の, 茶漬を

▼ 庵平太郎~ (15, 0.3%)

2 を殺した

1 [13件] が嫌, が殺された, が立ち, が邪魔, といふ人, と二人, にも會つて, の情婦, の葬, の部屋, はさ, は三十前後, を始め

▼ 庵自身~ (13, 0.2%)

2 の方

1 [11件] がそれ, がまかり出, が果して, すらが全く, すら気付かぬ, にいわせる, にとって見れ, に直接何等, は相当, もさき, もその

▼ 庵とは~ (11, 0.2%)

3 道庵が 2 いへまあ 1 おやじの, 共に安政五年, 古くから, 小野寺十内の, 誰で, 誰方です

▼ 庵にも~ (10, 0.2%)

2 糠味噌壺一つ無い, 赤い花 1 了簡が, 人は, 座にも, 珍風景なき, 相当の, 自分から

▼ 庵では~ (8, 0.2%)

1 ありますが, ありませんでした, ある, ないはず, 望東尼様の, 死なないで, 約束通りかの, 酒を

▼ 庵としては~ (8, 0.2%)

1 かくうろたえる, このはなし, せめて旅行中, まことに角, もう犬, 全く初めての, 甚だ罪, 確かに

▼ 庵~ (8, 0.2%)

1 がお, が一度, にご, に命じ, の推量, の眼, はしがない, はしゃあしゃあ

▼ 庵~ (8, 0.2%)

21 が行方, などへ一同, などへ一同宜奉願上候, など折ふし, へ願っ, までも御

▼ 庵として~ (7, 0.1%)

1 今日迄, 合点なり, 完成し, 活かすべく着手, 無理の, 米友は, 職に

▼ 庵~ (7, 0.1%)

1 妲妃の, 生活や, 草に, 蔵園三四郎に, 遠州, 金地院の, 鼓の

▼ 庵看板~ (7, 0.1%)

2 がかけ, の並ん 1 の中, の端, をならべ

▼ 庵~ (7, 0.1%)

1 が脈, でござるげ, のお蔭, の話しでした, はさ, も多く, 慈師の

▼ 庵いつ~ (6, 0.1%)

5 しよに 1 ぱいのひかり寝る

▼ 庵でも~ (6, 0.1%)

1 かまはずに, コンクリート建築の, 匙一本で, 抱え主の, 茶屋四郎次郎でも, 頻りと

▼ 庵にて~ (6, 0.1%)

1 ご安養, 句会, 執筆例の, 自殺いたし, 花に, 解くれ

▼ 庵~ (6, 0.1%)

1 に暮らし, に皮肉, の出任せ, の模擬戦, の説, を発揮

▼ 庵~ (6, 0.1%)

1 があった, と号, の僧侶, の号, は, は思切

▼ 庵すぐ~ (5, 0.1%)

1 帰つて, 帰宅, 床に, 炬燵を, 酒屋へ

▼ 庵その~ (5, 0.1%)

21 温情かたじけなし, 祭文語りを, 貰い物を

▼ 庵とも~ (5, 0.1%)

1 あるべきもの, あるべき理窟屋, あるべき者, あるべき身, 話が

▼ 庵より~ (5, 0.1%)

1 お給金, され歌, 上手な, 低し宇多, 少し背

▼ 庵らしい~ (5, 0.1%)

2 お正月が 1 人は, 庵であります, 草葺の

▼ 庵主人~ (5, 0.1%)

1 が評し, であった, なり, のいはく, の譯

▼ 庵京伝~ (5, 0.1%)

1 が黄表紙御法度, の書案, は旧臘, も思った, 正に私

▼ 庵先生自身~ (5, 0.1%)

1 がどう, が雲助君, の頭, はそれほど, はエライ奴

▼ 庵~ (5, 0.1%)

1 なればこそ, に不浄, に眼, に籠り, の男

▼ 庵~ (5, 0.1%)

1 だけはきま, だつた, などを考へた, やらが額, をそのまま

▼ 庵大御所~ (5, 0.1%)

1 の姿, の指, の旗本, の本陣, の陣羽織

▼ 庵~ (5, 0.1%)

1 が, が癆症, が行方, の御, もさ

▼ 庵禅師~ (5, 0.1%)

1 にその, に茶, はこの, はその, は笑い

▼ 庵~ (5, 0.1%)

1 が落ちつい, だけ大いに, のこと, の不, はなぜ

▼ 庵老人~ (5, 0.1%)

1 でさえダンス熱, ですら, などもキリシタン, は祭り, を呼び迎え

▼ 庵~ (5, 0.1%)

1 があつ, が少い, である, について考へる, はこ

▼ 庵しばらく~ (4, 0.1%)

1 寝て, 話したお茶, 話したので, 話す樹明君

▼ 庵それから~ (4, 0.1%)

1 おもしろおかしく飲ん, 多紀楽真院門人森養竹である, 敬君最後に, 私は

▼ 庵である~ (4, 0.1%)

1 とはいえ, と仰せられた, なつかしく話す, 財閥に

▼ 庵~ (4, 0.1%)

1 が, のでありました, のである, んていう

▼ 庵なる~ (4, 0.1%)

2 ものが 1 圓朝の, 筧の

▼ 庵に対して~ (4, 0.1%)

1 この辺, 幽かながらも, 申しわけが, 随分失礼

▼ 庵ひとり~ (4, 0.1%)

1 ではなかっ, で引きとらせ, をうっかり, を探す

▼ 庵へは~ (4, 0.1%)

1 四丁, 四丁友人も, 帰らずに, 是非御

▼ 庵よりは~ (4, 0.1%)

1 グット若い, 三文安の, 大きい寺, 少なくも三文

▼ 庵らしく~ (4, 0.1%)

1 なつて, もない, 問い米友は, 装飾するなら

▼ 庵並み~ (4, 0.1%)

1 にシミッタレ, に神, に軽い, に返り

▼ 庵久しぶり~ (4, 0.1%)

1 だつた, である, な会飲, に

▼ 庵~ (4, 0.1%)

1 が京都, のそれ, の邸, の雨声会

▼ 庵~ (4, 0.1%)

1 にも珍風景, の御飯, の空気, はいつも

▼ 庵樹明君~ (4, 0.1%)

1 がやつ, は来, もやつ, も暮羊君

▼ 庵次郎蔵~ (4, 0.1%)

1 であった, の間借部屋, は大きく高く, は約

▼ 庵老師~ (4, 0.1%)

1 から禅, が最初, であ, を慰める

▼ 庵風景~ (4, 0.1%)

1 でありそしてまた, の豪華版, はその, はまことに

▼ 庵~ (4, 0.1%)

1 と輪飾, を持つ, を焼き, を貰

▼ 庵そのもの~ (3, 0.1%)

1 と私, の生地, を一

▼ 庵だって~ (3, 0.1%)

1 これほど, 考えらあな, 考えるが

▼ 庵とか~ (3, 0.1%)

1 云いそう, 云った, 亭とか

▼ 庵としても~ (3, 0.1%)

1 こいつが, 一再では, 歯切れの

▼ 庵どの~ (3, 0.1%)

1 でご, にはナこれ, 千萩どのは

▼ 庵ながら~ (3, 0.1%)

2 構は 1 山ほととぎす聞く

▼ 庵なら~ (3, 0.1%)

2 べむ冬 1 ば道庵

▼ 庵なんぞは~ (3, 0.1%)

1 その手っ取り早い, それと, 大したもん

▼ 庵にかへ~ (3, 0.1%)

1 つてぐつすり寝た, つてわたしの, つて私の

▼ 庵にとって~ (3, 0.1%)

1 お六, 一方ならぬ, 非常に

▼ 庵にとっては~ (3, 0.1%)

1 全く助け船, 真剣でした, 重い

▼ 庵まで~ (3, 0.1%)

1 お屋敷, 尋ねて, 運んだ

▼ 庵までが~ (3, 0.1%)

1 そのおかげ, ついその, 悦に入って

▼ 庵よく~ (3, 0.1%)

1 写つてゐる, 参った苦しゅう, 參つた苦し

▼ 庵~ (3, 0.1%)

1 という, の柴, を叩いた

▼ 庵をも~ (3, 0.1%)

1 一見コロリと, 其父寛斎をも, 頼みせっせと

▼ 庵中閑打~ (3, 0.1%)

21 坐は

▼ 庵~ (3, 0.1%)

1 の如く, の如く飲ん, の揮毫料

▼ 庵信方~ (3, 0.1%)

1 がゐた, が歿, の師

▼ 庵先夜~ (3, 0.1%)

1 の脱線ぶり, の連中, の酔中散歩

▼ 庵先生これ~ (3, 0.1%)

1 なり, を耳, を訪れまし

▼ 庵同道~ (3, 0.1%)

2 して 1 で布佐女さん

▼ 庵~ (3, 0.1%)

1 であること, によつて, は私

▼ 庵和尚~ (3, 0.1%)

1 の杖, はヂツ, は千代田城

▼ 庵太閤記~ (3, 0.1%)

1 にその, にもその, の筆者小瀬甫庵

▼ 庵~ (3, 0.1%)

1 質が, 質の, 質は

▼ 庵居し~ (3, 0.1%)

1 ている, ておった, てからもう

▼ 庵居しなけれ~ (3, 0.1%)

3 ばならない

▼ 庵~ (3, 0.1%)

1 の, の秘蔵, は他

▼ 庵渋茶~ (3, 0.1%)

3 をすゝ

▼ 庵筆記~ (3, 0.1%)

1 が引用, に次, を見る

▼ 庵行風~ (3, 0.1%)

21 の選びたる

▼ 庵~ (3, 0.1%)

1 出かけ普茶料理, 出向くよう, 行くその

▼ 庵間もなく~ (3, 0.1%)

1 樹明君も, 樹明君来訪三人で, 酒と

▼ 庵風情~ (3, 0.1%)

1 に, に大阪, を相手

▼ 庵~ (3, 0.1%)

1 が食べたい, を炊い, を食べたい

▼ 庵あと~ (2, 0.0%)

1 でもたずね, をよく

▼ 庵いや~ (2, 0.0%)

1 さ不, よろこんだの

▼ 庵うち~ (2, 0.0%)

1 がいちばん, ほど楽

▼ 庵この~ (2, 0.0%)

1 かたいつ, 声が

▼ 庵これ~ (2, 0.0%)

1 でも医者, はこれ

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 つそく水, つそく銀貨

▼ 庵しきりに~ (2, 0.0%)

1 話しこんで, 駕籠屋に

▼ 庵それ~ (2, 0.0%)

1 かと言っ, を聞く

▼ 庵だけの~ (2, 0.0%)

1 器量しか, 能ある

▼ 庵だつた~ (2, 0.0%)

1 かわすれた, か孤蓬庵

▼ 庵だの~ (2, 0.0%)

1 みな仏教の, 加賀鳶の

▼ 庵でない~ (2, 0.0%)

1 から忽ちに, と見く

▼ 庵でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばできない, ば落ちつけない

▼ 庵とが~ (2, 0.0%)

1 榛軒に, 飛行機の

▼ 庵とても~ (2, 0.0%)

1 好んで, 脱線の

▼ 庵とでも~ (2, 0.0%)

1 したいと, 名乗るかな

▼ 庵との~ (2, 0.0%)

1 直話を, 真ん中位の

▼ 庵とを~ (2, 0.0%)

1 写した私, 振替えて

▼ 庵など~ (2, 0.0%)

1 俊秀の, 江戸時代第

▼ 庵などという~ (2, 0.0%)

1 人が, 人でも

▼ 庵などは~ (2, 0.0%)

1 よほどぜいたく, 貧乏人の

▼ 庵において~ (2, 0.0%)

1 では, 静かに

▼ 庵にでも~ (2, 0.0%)

1 いるよう, 籠りたい気

▼ 庵にと~ (2, 0.0%)

1 つては, まつて

▼ 庵はと~ (2, 0.0%)

1 つくに, 見れば

▼ 庵へも~ (2, 0.0%)

1 どつて雑魚寝, 帰って

▼ 庵ほつ~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 庵ほど~ (2, 0.0%)

1 よいところ, 御馳走の

▼ 庵まじめ~ (2, 0.0%)

1 な酔, に俳談

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 まこと仏の, 其中庵よ

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 が書風, も入っ

▼ 庵らしくする~ (2, 0.0%)

1 実の, 花ざかり

▼ 庵らしくするあるじ~ (2, 0.0%)

1 として, となつて

▼ 庵テル坊~ (2, 0.0%)

1 も, も来

▼ 庵一流~ (2, 0.0%)

1 のヨタ, の論法

▼ 庵三人~ (2, 0.0%)

1 が枕, でつ

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 に人気, の空気

▼ 庵中嚢中無一物~ (2, 0.0%)

1 なので, 寒いこと

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 か胸, の風情

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 とも覺しき一個, と問答

▼ 庵先生あたり~ (2, 0.0%)

1 が飛び出し, こそ怖い

▼ 庵先生の~ (2, 0.0%)

1 は世間, は酒

▼ 庵~ (2, 0.0%)

2 庵の

▼ 庵全体~ (2, 0.0%)

1 の雨戸, を共鳴箱

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 が好まれる, が序文

▼ 庵其月~ (2, 0.0%)

1 というの, の家

▼ 庵博士~ (2, 0.0%)

1 は文科, を産んだ

▼ 庵名物~ (2, 0.0%)

1 の一休禅師伝来, の雑草風景

▼ 庵唯一~ (2, 0.0%)

2 の小さい低い

▼ 庵四季雄~ (2, 0.0%)

1 という老人, の門人

▼ 庵宝素~ (2, 0.0%)

1 が京都, の子

▼ 庵屋敷~ (2, 0.0%)

1 へはいっ, を落ちのびた

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 の一種, の形容

▼ 庵扱い~ (2, 0.0%)

1 には慣れ, に馴れ

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 の伏勢, の施療患者

▼ 庵春雄~ (2, 0.0%)

1 と号, はわたくし

▼ 庵昨夜~ (2, 0.0%)

1 の会合, の残り

▼ 庵是仏~ (2, 0.0%)

1 がある, が谷中三河屋

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 がよい, はよかつ

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 はその道, をいろ

▼ 庵松尾桃青~ (2, 0.0%)

1 が四方, は

▼ 庵根一~ (2, 0.0%)

1 が歿, の子

▼ 庵~ (2, 0.0%)

2 元質

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 など汲ん, を汲ん

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 のやう, や鰊漬

▼ 庵焼酎~ (2, 0.0%)

1 を奢, を舐め

▼ 庵百穂評~ (2, 0.0%)

2 も誠に

▼ 庵等種々~ (2, 0.0%)

1 の名, の異名

▼ 庵米友~ (2, 0.0%)

1 の二人, は米友

▼ 庵蘿月~ (2, 0.0%)

2 は今戸

▼ 庵蘿月宗匠~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 およそ今日, か来たらしい

▼ 庵野菜~ (2, 0.0%)

1 をいろ, をたくさん

▼ 庵長次~ (2, 0.0%)

1 の近く, は割烹

▼ 庵雑記~ (2, 0.0%)

1 と表題, もひと

▼ 庵雛麿~ (2, 0.0%)

1 の門人, は竜池

▼ 庵~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 庵養仙木斎~ (2, 0.0%)

2 の居ない

▼ 庵~ (2, 0.0%)

1 と焼酎, と米

▼1* [560件]

あたりはもつ, 庵あはれよき松, 庵ありけり立入つて見れ, 庵ある間は, 庵いい気もちそうに, 庵いかにジタバタし, 庵いつか頭の霜枯れ, 庵いつものやう, 庵うれしかつた, 庵うれしい酒盛が, 庵おいしい漬物を, 庵おちついた私を, 庵おとなしく飲んで, 庵おれアこんな情け, 庵お玉が池, 庵お立ちの声, 庵道庵なら, 庵かきつづりぬ, 庵かくて一わたり, 庵かしわでうんと, 庵かなはずして, 庵がのこのこと現場, 庵くるり向き直って, 庵ぐらいがちょうどいい, 庵ここまで来, 庵こそ夏は, 庵こちらからも道庵, 庵こんなことも, 庵さいはひ, 庵さえこう書い, 庵さきのほとり隅田, 庵さしつさ, 庵さまはよく, 庵ざつくばらんに話す私, 庵したいそしてわが, 庵したら六時を, 庵したらしいすまなかつた残念な, 庵した歩けば二日, 庵しないかも知れない, 庵しんに, 庵じゃないか, 庵すっかり悦に入って, 庵すまなかつた梯子酒の, 庵すみませんでした, 庵するだらうとは思ふ, 庵ずれの施療患者, 庵せずにはゐられない, 庵せりけり薄, 庵そうでも, 庵そこはかとなく話すコーヒー, 庵そして解散, 庵その他で催される, 庵それからまた同道し, 庵それ自身は思った, 庵づねてきたのは私を, 庵ただ一つ見えうぐひすぞ, 庵たまらないねついふらふら, 庵たらいうところへ, 庵たるところかも, 庵だけが遠くから, 庵だけに軽井沢の, 庵だったが考え, 庵だつたらどんなにうれしい, 庵ちかくの西洋洗濯店, 庵ちよんびり, 庵ちりでほどよく, 庵やない, 庵つきのよい, 庵つくづくとその, 庵つくりなまりて居る, 庵てえので御, 庵でありある人, 庵であろうが星移り, 庵でございまして私一人, 庵でござる旅では, 庵でして大川尻, 庵でしかなかった, 庵でなくてはならない, 庵での懐旧談とは, 庵でももすこし何かしら, 庵といった頃で, 庵といふは一度も, 庵とかいう茶屋が, 庵とかいふ蕎麦屋の, 庵とかいふので白い衣, 庵としての御馳走は, 庵とぞ号しける, 庵とて医師なり, 庵とりとめもない, 庵なつかしや一ヶ月ぶり, 庵などが比較に, 庵などでも芸術とは, 庵などの位地に, 庵などを案内する, 庵なにを云う, 庵なら任せてもよろしい, 庵なり解くれ, 庵なりに見当を, 庵なんぞもまことにお, 庵においても遮二無二その, 庵にこそあの, 庵にずつと滞在し, 庵にだけには逢って, 庵について禅門に, 庵にとっての恐怖は, 庵にはよすぎるやう, 庵によって風雲を, 庵にわかに元気付く, 庵に対し今日も, 庵に対する待遇が, 庵のみのどけくし, 庵ばかに忙しく, 庵ひさしぶりに飲んだ, 庵ひとたび出づれば大抵は茶, 庵ふとんの, 庵ふとん綿ちし, 庵へかなんの用で, 庵へかよふ道の, 庵へと出向いたが, 庵へのぼつて, 庵ほかに追廻し, 庵ほがらかな顔を, 庵ほとんど一年ぶりだ, 庵ほどになれば, 庵ほどの者に, 庵ほろ酔機嫌でニコ, 庵ほんたうに, 庵ほんに久しぶり七十五日ぶりだ, 庵ぼうばくとしてゐる, 庵づ一杯ほろ, 庵まさに出来んと, 庵またお土産沢山, 庵またの名双松庵, 庵まだ洗足の, 庵みづからこれを, 庵むろん酒も, 庵めがけ近寄ると見れ, 庵めづらしい三人, 庵めでたしめでたしであつ, 庵め愚考いたしまするでご, 庵もろともに楽屋, 庵やきもきして, 庵やつぱり庵がよろしい, 庵やと観て, 庵ゑみ車, 庵ゆずりの霊魂不滅説, 庵よい酒を, 庵よりも先に, 庵らしくなるのを, 庵らしくひらいてはちり, 庵らしく閉まつてゐた, 庵りし山の, 庵をどつさり大切り, 庵をば特に, 庵アイスキヤンデーをかぢ, 庵シテの出る, 庵シドロモドロでその, 庵ソックリの筆蹟, 庵て古寺, 庵トナトとある, 庵トナト白状いたさせ申すべく候, 庵十罪ヲ, 庵ハムと餅, 庵ハヤが餌, 庵ブラジルコーヒーを味, 庵ヤコブの井, 庵に觚庵, 庵一人を目, 庵一個の私事, 庵一升樽さげて, 庵一家のもの, 庵一杯やらうと, 庵一見旧知の, 庵一週年ちかし, 庵万事許して, 庵万屋山吹藪がある, 庵三亥次子が雲潭祥胤, 庵三人同道して, 庵三人揃へば酒, 庵三好泰令雨宮良通島村周庵前田安貞高井元養等, 庵三度目の名月, 庵三月三日の吟行, 庵上堂の大会, 庵上機嫌だ塩昆布茶, 庵不在を好機, 庵世話役手伝勝本理庵熊谷弁庵が列座, 庵両手で横っ腹, 庵中無事事々妙好である, 庵中無聊を慰め, 庵中物資豊富である, 庵中独坐に堪へかね, 庵中独坐自責に堪へない, 庵中独臥閑々寂々水のやう, 庵中独酌待つて, 庵中閑寂盆のたのし, 庵丸櫓へ矢文, 庵主人内田魯庵があり, 庵主人大橋氏逝きて, 庵主人画帖一折携へ来られ, 庵主催前代未聞の関ヶ原, 庵主従いつか知らず海道方面, 庵乃至俳句の, 庵久しく病に, 庵乗込みに対して相当, 庵了心信士と申し, 庵予感の如く樹明君, 庵事件では青木弥太郎, 庵二九亭寿海老人と号, 庵二人は酔う, 庵二度目の春, 庵五洲可全ら, 庵五間あまり行き過ぎた, 庵井田玄丹橋本玄録らがおり, 庵京伝洒落本をかき, 庵は帰れぬ, 庵今夜もよく, 庵今川某児島某杉本望雲岡田徳夫河添原泉中耕斎玉置季吉があり, 庵今年五十七でご, 庵今度は造酒, 庵今晩は女性, 庵以上にさ, 庵以来幾月もた, 庵以来日未だ浅い, 庵休養身心の衰弱いかん, 庵のほう, 庵何だか形勢おだやかでない, 庵何と好い秋日和, 庵何者ぞと睥睨, 庵來臥老杉傍, 庵例年の如く, 庵侯招宴一条の如き, 庵俳句研究九月号を貸し, 庵は外, 庵先日来の酔態狂態, 庵先生あなたのお, 庵先生そのものがふざけきっ, 庵先生ズッと気象, 庵先生一流の処方箋, 庵先生下情に通じ, 庵先生下谷の長者町, 庵先生健在なりやと, 庵先生先生こんなところ, 庵先生木曾街道の印象, 庵先生洒落どころでは, 庵先生道庵先生で通っ, 庵先生長者町といえ, 庵先生雲助に共鳴, 庵光悦寺金閣寺酔つぱらうて, 庵公以後二三代の頃, 庵公以来の阿波二十五万六千石, 庵其中一人のうれし, 庵其中庵はどこ, 庵其中庵其中庵はどこ, 庵円庵梅多喜国千忠平であつ, 庵凄い声で, 庵前後不覚で寝, 庵前田安貞高井元養等, 庵加藤氏は云う, 庵勧められて私, 庵北條時宗の墓, 庵十二時近かつ, 庵十八文の如き, 庵十八番の啖呵, 庵十徳の袖, 庵十日ぶりに街, 庵午睡これから湯田, 庵半日愉快に飲ん, 庵原松の狂歌, 庵凌寒齋と, 庵及恬同陪先生, 庵及蘭軒が来り, 庵をとがらし, 庵可候と称し, 庵賦, 庵は履信, 庵向島の雲月, 庵君斎藤豊吉君がいた, 庵周二君も来, 庵和尚賀茂眞淵服部南郭の墓, 庵品花宝鑑意外縁殺子報, 庵喜多村安正手伝は谷辺道玄, 庵四人でおもしろく, 庵四方山話をする, 庵四方山話一時間あまりついで神保夫妻来庵, 庵国森君へ電話, 庵としての土地, 庵坊主にクッ, 庵へ参っ, 庵報告書ともいうべき, 庵を投げた, 庵夕方まで話し, 庵夕餉の支度, 庵の夜, 庵外しておいた, 庵大山さんを寝床, 庵大村君を伴つて, 庵大根と密柑, 庵天保年間に燒, 庵太閤記等には見えず, 庵太鼓判を押し, 庵夫妻も天野夫妻, 庵御医師, 庵妙庵ハヤが餌, 庵妙見の死体, 庵婦人といつ, 庵子供を連れ, 庵子麹町平安堂製細筆を贈らる, 庵の右, 庵学校宿直を庵宿直, 庵を辞し, 庵宗達伯元と出水中山津守宅訪, 庵宿直にふり, 庵宿酔の様子, 庵寄合御医師, 庵ぎれに書きたる木堂の, 庵小まめやさかいな, 庵小会の清興, 庵小野蘭山は共に, 庵居したいものだ, 庵居士や利かん, 庵屋根破損し雨漏り甚, 庵を越え, 庵川口霜翁の後, 庵工事だつて, 庵差し出された刀の, 庵の論語数条, 庵帰るか, 庵帰庵して, 庵平太郎さんが殺されました, 庵平太郎武士の端くれ, 庵に鮒, 庵広瀬さんに椿岳, 庵庄司瓦全伊藤御春, 庵床の間に柳灣, 庵彼女は餅, 庵彼氏も泊る, 庵征伐の戦略, 庵きの, 庵待ちあぐんでゐる, 庵こう言った, 庵持参の, 庵御苦労さまでした, 庵飲快, 庵思つた割にをかしく, 庵恋愛談を聞かされる, 庵悪党だけに中, 庵悪戯にもほどがある, 庵惟諧と云, 庵愚痴と泣言, 庵感服致しました, 庵成庵円庵梅多喜国千忠平であつ, 庵のあと, 庵手前より先々, 庵投げ出された五十銭銀貨二枚を, 庵よく御飯, 庵招待されて, 庵取也, 庵改寿作の死んだ, 庵散歩しようといふ, 庵敬君は下関, 庵敬君宿泊ぐつすり睡れたが, 庵敬治君不来, 庵数日寝たきりの私, 庵整理明後日入庵, 庵文字通りの清談, 庵文藝春秋と婦人公論, 庵方庵の順序, 庵を巻く, 庵へ行かう, 庵旧跡と称する, 庵早々佃煮に, 庵明けてからの第, 庵明日から出張, 庵星城子鏡子井上杉山さんの四人, 庵らしくのんびり, 庵春風微笑風景を展開, 庵時代の寧ろ, 庵晋宝信卿通称は圭二, 庵暫らく話した, 庵暮羊君ビールを持つ, 庵有司の毀つ, 庵朱先生の語録, 庵の青葉, 庵杉亨二と云う, 庵来ると見, 庵来れりという内報, 庵来訪者の, 庵某夜雪庵誰およそ今日, 庵柴田修徳高井元養, 庵桑田恒三である, 庵梅多喜国千忠平であつ, 庵様はじめ奉り市野津軽, 庵様卿雲市野服部小山諸君へ御, 庵様折ふし見え候半と推察, 庵様服部小山市川あたり日日聚話可有, 庵様服部氏市川先生凡私を存候人々, 庵横町へはいっ, 庵樹明君待ちあぐねて, 庵次男は養玄, 庵歌会に出席, 庵正徹ともいう, 庵の如く, 庵此處まで來, 庵残暑の句, 庵氏手紙にて尾上菊五郎余, 庵気に入るよう支度致し, 庵気持よく飲ん, 庵の端, 庵法印が居合わされ, 庵法眼と先生, 庵泥酔して, 庵流畑奧實に授けた, 庵海保漁村らを此, 庵涼しい風が, 庵清川安策雨宮良通三好泰令等であつ, 庵満月のうつくし, 庵滄浪閣と名づけ, 庵名中, 庵漫談もまた, 庵漬けの黄色い, 庵漬梅干等を買, 庵澄君井君高君藤君そして辻君, 庵澄姫様の時, 庵孔笛幸山君山千秋庵白雲房あたりの, 庵無駄話一くさりでさよなら, 庵熊谷弁庵が列座, 庵熟柿をもい, 庵父子はこの, 庵牛肉の鋤焼, 庵の幽, 庵牽制運動のため, 庵独得の酒宴, 庵独特の手料理, 庵玄米茶をのん, 庵玉虫二郎右衛門矢代越中守などの諸, 庵珍品かたじけなしと, 庵現住の大, 庵現在の時, 庵理髪どころぢやない, 庵生前の話, 庵生活は営まれなけれ, 庵田村元雄に就い, 庵留守にし, 庵略傳に下, 庵病気全快は何より, 庵発行の精進料理, 庵白米を持つ, 庵白雲房あたりの名, 庵直ぐ臥床, 庵真言坊主としては豁達明朗, 庵眠雲宗匠になっ, 庵をさまし, 庵着手の手紙, 庵短歌會の席上, 庵祝日でもある, 庵禪師の言葉, 庵稀有の饗宴, 庵程なく敬坊幻の, 庵種子を貰, 庵空前の, 庵空箱釘密柑を持つ, 庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 庵章魚を持つ, 庵にかぶせ, 庵筆記十巻詩に関する, 庵米屋の桑名屋, 庵粥飯僧の眼, 庵練兵場の月, 庵の筆, 庵老いずれも半蔵, 庵老分の謠曲熊野, 庵聖めらる, 庵聴松院不二庵等, 庵を持たない, 庵胆吹山へと道, 庵へ腕, 庵脱線談を聞く, 庵腋の下に汗, 庵を撫で, 庵膺懲のため, 庵自分の寝床, 庵自宅からわざ, 庵を去れ, 庵をいろ, 庵若くは恒介, 庵をのん, 庵茶わんの見どころ, 庵茶會の會記, 庵蓼数株を手折つた, 庵蕎麦掻きを御馳走, 庵藁灰をこし, 庵藤本さんと同伴, 庵藤沢に居り, 庵藤田東湖に語り, 庵蘭軒の三人, 庵やらが額, 庵行乞相はよかつ, 庵空しうして, 庵には御用, 庵裡無一物米も醤油, 庵裡自在米でもある, 庵西上ということ, 庵西蔵の線香, 庵見えにけり, 庵見たいになる, 庵見ると机上, 庵そこな, 庵解消の記, 庵言葉も掛けず, 庵と共に, 庵訪問者として紹介, 庵詩文草と共に刻, 庵詩稿持参水を汲ん, 庵話題は例, 庵誘はれて椹野川, 庵諸家も当時近隣, 庵謫天の三人, 庵豆腐と野菜, 庵のお, 庵赤泊町の東光寺, 庵足袋商の海老屋, 庵蹄斎雅邦寛畝玉章熊沢蕃山の手紙, 庵は充分, 庵迄のし九, 庵返事は何と, 庵返辞は, 庵退治のため, 庵途中敬君の実家, 庵通夜する人, 庵造作の打合せ, 庵遂に流産しかし, 庵道庵が即ち, 庵因呈一絶, 庵遺稿鶴梁文鈔を貸, 庵から一人, 庵酒余の痴呆状態, 庵酒魚豆腐など持参, 庵酒魚鮨すべて持参だから, 庵野蕗君を待つ, 庵長期断食をしたい, 庵はただ, 庵閑坐だ, 庵閑談半日のよろこび, 庵閑談暫時ほいなくその, 庵もまく, 庵陰欝たへ, 庵集一に出で, 庵非常時風景いやむしろ, 庵頓首と書い, 庵風采は来た, 庵飛んでもない, 庵飲むうちに, 庵飲んで出かけ, 庵養玄を生んだ, 庵香奠返しとして砂糖, 庵香煎をすゝ, 庵駿州江尻在大平村松平靱負様御領分, 庵鮒野菜など頂戴, 庵鶏肉と芹, 庵座して