青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「復~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

御存じ~ 御殿~ ~御用 御用~ ~御覧 御覧~ ~御飯 御飯~ ~御馳走 御馳走~
復~
~復讐 復讐~ ~微か 微か~ ~微妙 微妙~ ~微笑 微笑~ ~徳 徳~

「復~」 2024, 22ppm, 5267位

▼ 復~ (707, 34.9%)

10 之れ 9 岸本は 8 彼は 7 復た 6 三吉は, 二人は, 岸本が, 私は 5 お雪, 一人の, 彼の, 病気が, 言ふ 4 お種, 一緒に, 何の, 例の 3 叔父さんが, 怪むに, 正太の, 窓の, 節子の, 自分の, 逢ふ

2 [44件] おとなしくな, お俊, お倉, お房, お栄, これを, 一指を, 三吉が, 世に, 二人とも, 人世に, 何んぞ, 何等の, 侯の, 保護貿易主義らしい, 兄は, 冷然として, 叔父の, 国の, 奈何か, 当年の, 彼れ, 彼女から, 彼女は, 我等の, 春が, 更に, 曾根は, 正太は, 江戸に, 畏る, 皆な, 直接に, 私達は, 節子は, 自ら今後の, 自ら出で, 自分に, 西南の, 解散を, 記者が, 輝子が, 進歩派なく, 霧の

1 [499件] ありありと, いかなる決斷, いねてあら, おヒマ, お仙は, お出来なさいました, お前と, お目, お福, お節が, お節は, お菊, お近い, お閑, かと思った, かぶつ, ぐったりと, ぐづり出す, この庭, この次に, この濠端, これから度々寄せ, これに, さも重, さんざん種々, しばらく二人は, すぐに, そこへ, そつと, そのす, その名作たる, その子供, その株, その港, その留学生, その髣髴, それから始まつた, そんな意地汚, と生れ, どつと, ぱつちりと目を, ぽつさり, もや疑問, われと, ウト, コトコトはじめる, ゴルキーの, サッサと, ザアと, ジャブジャブ洗った, ツルゲネエフを, ドウゾ御, ナポリの, ビヨンクウルから, ポカポカする, ポツポツと, ユックリ来給え, ララの, ルウブルで, 一つ二つ藝を, 一つ心配に, 一俵負っ, 一変動を, 一層寒い, 一所に, 一新し, 一方から, 一旦東京, 一発喰った, 一聯あり, 一聯を, 一變動を, 三吉の, 三吉叔父の, 三菱の, 上を, 上京した, 下婢は, 下手な, 世塵の, 主人の, 主婦が, 乳呑児の, 二人の, 二番目が, 二番目の, 二階の, 二階へ, 亞弗利加を, 亭主が, 亭主に, 人にからか, 人事を, 人心を, 今夜も, 今度も, 今後も, 仕事に, 他の, 代々木が, 仲町の, 伯母さんの, 体を, 何か, 何とか難癖, 何時来られる, 何時聞く, 何時聞ける, 何時逢われる, 使者を, 來たい, 來れる, 僕は, 元へ, 元来た, 先へ, 先生が, 先生に, 先生は, 入獄した, 其の復讐, 其不幸に, 冬が, 冷い, 出で, 初めた, 別れの, 利根川の, 前と, 前の, 勃々と, 動搖し, 勘次の, 区々の, 區, 午後から, 卯平の, 原との, 又花, 又辮髮, 叔父さんは, 口の, 古い手拭, 只だ俯きぬ, 叮嚀に, 台所の, 同じこと, 同じやう, 同じ事, 同じ役目, 同じ道, 同屯所, 名古屋行の, 周囲を, 噺を, 四辺を, 国民の, 国禁をも, 國ありといへる, 圓通の, 土佐へ, 土壁づたひにいそ, 地震の, 埃の, 堪え難い心, 夏蕎麥へ, 外に, 多からず, 多くの, 夜が, 夜通し考え続けた, 夢に, 大形の, 天熊大人を, 天秤を, 女が, 女を, 女眞を, 好い画, 始の, 始皇の, 姙娠し, 姪の, 威勢よく, 娘の, 娘は, 嫂が, 子の, 子供と, 子供の, 学校の, 実が, 実は電報, 実際に, 室の, 家の, 寝台に, 寝台の, 尊攘を, 尋常人間の, 小僧が, 小舟に, 少年が, 居据り, 岸本の, 崖の, 川の, 巴里の, 巻煙草を, 布施さんから, 帽子を, 平かに, 年を, 庖丁を, 庭へ, 廟の, 廣東方面に, 延び延びし, 廻り廻っ, 弟の, 強く降り出した, 形骸を, 彼を, 彼女を, 後に, 後の, 御互に, 御呼ばれでしょう, 御土産, 御城跡, 御輿は, 心の, 忸, 忽ち涙, 急に, 恐ろしくやっ, 意識を, 感覚の, 我に, 戰き, 戸って, 手を通して, 手曳が, 手紙と, 拍子し, 持藥の, 攘夷鎖国の, 改進党を, 改進黨を, 政党内閣を, 政黨内閣を, 故に, 故の, 故路, 断じて疑うべからず, 新しく岸本, 新聞を, 旅の, 旅立の, 旅館の, 日が, 日の, 明くし, 明日お目にかかります, 明朝是れ, 是の, 暗くなっ, 暗く閉じ, 暫らくし, 暫らく足を, 暫らく飲めない, 暫らく黙し, 書物の, 書籍を, 月夜の, 本町の, 来るだろう, 東京から, 東京で, 東海道線の, 枕に, 根気よく, 棒を, 横に, 櫟林に, 歌はずなりぬ, 歌ふこ, 正太が, 此の, 此の間の, 此世の, 此処に, 此山を, 此峠を, 此書を, 此校へ, 母に, 民助が, 気候は, 水車小屋の, 汗に, 江東に, 汽車で, 沈鬱な, 沈黙せし, 沒す可から, 沒理想を, 油臭い, 沼崎君は, 泉太が, 泊りに, 泣出した, 注意した, 洋傘に, 洗濯物を, 浄瑠璃本を, 浅間が, 浴槽へ, 浴衣を, 消滅すべから, 涙が, 深い溜息, 淵の, 済ふ, 滿城の, 濟ふ, 火勢が, 火吹竹で, 火鉢へ, 為すべき, 無言, 煙草を, 熱い涙, 燒き, 燭を, 父さんは, 父さんも, 父兄今日の, 父親に, 爺さんの, 牧野が, 物事が, 犬ば, 独語の, 獨語を, 甚だ意外, 甥の, 町の, 畠へ, 異しむ, 當年の, 畿内説を, 病院を, 白く光った, 皆くすくす, 皆そりかえっ, 盛んな, 目を, 直ぐ屋外へ, 直に, 直次は, 相川は, 省吾は, 眠から, 眠に, 破壊し, 碁盤を, 社へ, 神を, 禮に, 私が, 私に, 私の, 私も, 私を, 種々な, 積り顕れた, 積り顕われた, 積る, 突つ伏し, 竊に, 第二, 笹の, 筒袖に, 節ちゃんと, 糜爛した, 紙に, 素の, 細枝に, 経済を, 繰返し起っ, 羅馬に, 羅馬には, 義雄が, 義雄の, 老婆が, 老年らしい, 老爺さん, 考え沈んだ, 考へ, 耳を, 肩に, 胡桃の, 胸の, 腰を, 膝に, 膝下の, 自個, 自分を, 自己に, 舌を, 舟から, 船に, 芸者を, 苗場山に, 若い芸者, 草の, 萱野の, 葉書が, 蕎麥掻を, 蚊帳の, 血なく, 行つて來う, 袖口を, 被害者の, 覺むることなかりき, 解散せらる, 触発す, 言は, 言ふべき, 詛ふ, 話を, 読経が, 読経の, 誰か, 談判に, 論者の, 諸本, 豊世は, 賽銭を, 起出し, 越ゆる, 足立が, 身に, 軟かに, 辞退した, 辰さんが, 迎へに, 述懐を, 逆返し, 逢は, 逢はじとお, 逢はれる, 連の, 遊びに, 遥, 適当なる, 適當なる, 遽かに, 部屋に, 部屋の, 酒が, 醫者へ, 鉄道の, 鉱毒問題の, 鑛毒問題の, 長い冬籠, 関係を, 陶製の, 階下へ, 隠れ十二月に, 隠れ日の, 隠居が, 隣の, 隻語を, 離散する, 離縁した, 雪に, 雪の, 雲深く, 電車で, 霙が, 霜を, 靜まつた, 非常に, 響き渡る, 顏を, 風呂敷包が, 風引い, 食ひ始めました, 馬を, 馬車は, 馳出し, 骨牌が, 髓なき, 高瀬が, 高瀬の, 髪の, 鶏が

▼ 復~ (258, 12.7%)

5 の家, は真佐子, は自分 4 の胸, はまた 3 の方, はそれ, は東京 2 のよう, の心, の意識, の育て, はこの, はしきりに, はそこ, はようやく, は急い, は関西

1 [206件] から実, がいつ, がいる, がおや, がこういう, がそれ, がだんだん, がふと, がぽつぽつ, がやる, が一ばん心, が何, が六年前地方, が売る, が専門, が小学校, が引, が意識, が気がつい, が湖畔, が真佐子, が研究室, が研究生, が覗く, が起き上れた, が関西, ぐらい嫌, こそこの, との噂, と睨み合った, にいじめられる, にいった, にはうまい, にはことさら, にはどんなに, にはまだ, にはもっと, には困難, には楽しく, には焦慮, にも感じられた, によって見出された, に何となく, に取っ, に小言, に届いた, に父, に真, に突然, に考えられた, に話した, に送らせ, に魅着, のいた, のこころ, のこれから, のその, のところ, のエゴイスチック, のボート, の人生一般, の代理, の体, の何もの, の保管, の内部, の変態的, の好む, の姿, の孤独, の心境, の心身, の拗ね, の望ん, の朦朧, の気勢, の気持, の求め, の真佐子, の眼, の研究, の研究費, の神経衰弱, の耳, の腕, の船, の観察, の認識, の身体, の醒め, の金魚, の頭, の養い, の養父, は, はあわてる, はいよいよ, はおよそ, はかっと, はこう, はこそこそ, はこれ, はさすが, はそっと, はその, はそれなり, はそれ以上, はたじろい, はたちまち, はなお, はなっ, はひやりと, はふと, はほとんど, はむしろ, はむっくり, はもう, はやがて, はやっと, はわざと, はベッド, はボート, は一応, は一種, は不思議, は不知, は両, は中途退学, は久し振り, は人間, は何, は全く, は全然, は内心, は円タク, は力, は半, は反対, は吐息, は呟き, は変態的, は多少, は始め, は崖, は崖上, は平, は幽, は必死, は性, は恥辱, は永い, は湖, は滞在, は生ける, は生れ, は生活, は男, は皿, は目的違い, は硝子鉢, は神経, は秀江, は秋口, は精, は紙包, は素早く, は美事, は考えた, は苦笑, は見るべからざる, は見本, は親達, は親魚, は言下, は試験室, は試験所, は誰, は谷窪, は身じろぎ, は身体中, は逆襲, は逢っ, は遠く, は金魚, は鏡, は際だった, は驚ろ, は黙っ, は鼎造, へ頻々, もさすが, よりも単純, をじっと, を丁寧, を勇気, を大地ごと無限, を指名, を新鮮, を末始終, を生み遺し, を置く, を育て, を芸術家, を見た, を調法, を軽々と

▼ 復~ (63, 3.1%)

3 て, て夢, 内は 2 の切符, をなくし, 成俊の

1 [48件] いつもの, が難儀, しかば余, しはじめる, しを維盛, しを見, その頃, たいのよ, たるを, て其様, て再び, て小さき, て惧ぢ愕, て真面目, て軒, て響動め, なぞに出遭う, になった, にはよく, には雪, にも別, にも博物館わき, に時々, に隠し, のかさえも, の早い, の時, の路用, の途中, の電車, は左, は短く, もっぱら解し, ラファエレに, 一方ならず, 乳は, 來りぬ, 再び基礎, 嘗て自分, 孫が, 度い, 愛想竭かしを, 所謂順養子と, 時津風に, 正しき国民軍隊, 毎日々, 討に, 香料の

▼ 復~ (47, 2.3%)

4 ことが 2 と云う, と心から, ような, 也, 復らぬ

1 [33件] こと無し, と, といふ, とお, ところを, とともにまた, と二人, と云, と呂昇, と聞く, には僅か, に違い, のであった, のであつ, のである, のです, ので里閭これ, の觀, までの間, まで始終, ものです, もひとすじ道, も復ら, やうな, よと言っ, 事が, 前夫婦は, 姿また, 姿又, 必要も, 方が, 病気じゃ, 落着を

▼ 復~ (46, 2.3%)

5 すること 2 する, を意味

1 [37件] かその, が行, させて, したり, したツ, した點, しシャンドルフ, し得るであらうか, すべきであると, するか, するの, する望み, せしむと, せしめて, せんこと, せんと, として哲學, として神聖者, と實, によつて, によつて行, の見込み, はそのまま, ははじめ, は彼自身, も亦, よりはむしろ, り來, を, をなし得る, をも意味, を告げ知らせ, を命ぜられた, を成就, を求め, を行, を遂げる

▼ 復って~ (36, 1.8%)

3 来た 2 春を, 見ると

1 [29件] いた, いたけれども, いた自分, いなかった, かくの, くると, この通り, しまったという, しまって, わたしが, 了った, 家内に, 居る客, 徳利と, 悪い夢, 憚らず, 暫くし, 来た笹村, 来て, 来ようとも, 来る, 来るの, 来る時, 烈しい, 緞子の, 言った, 金色の, 鎌を, 靫負尉に

▼ 復った~ (25, 1.2%)

3 ような 2 時は

1 [20件] かと思う, が自分, その時隣, とか芳村, と同じ, と思った, ものの本来, よ, ようで, ように, 併し, 後の, 是からは, 時には, 時湖中の島や, 村井長庵何事, 様子です, 様子なれ, 此の, 頃には

▼ 復~ (19, 0.9%)

1 [19件] あはめ, 一年経ち, 俯向いた, 僧道を, 卑怯陣十郎は, 呼ぶの, 土塀から, 堰かれて, 女の, 妖怪に, 家を, 幸福の, 微妙に, 満員満載, 真昼の, 私を, 純八に, 膝を, 遭はめやも

▼ 復~ (18, 0.9%)

2 奥さんに

1 [16件] とき体が, 位置に, 内義等, 初九爻, 効を以て, 家が, 寄寓した, 小野泉蔵同, 御相談, 意味で, 望が, 歩を, 氣運漸く, 漢訳した, 羅刹に, 逢う瀬

▼ 復~ (15, 0.7%)

1 [15件] が出, したので, しつつ, して, すること, する時節, であるが, といふこと, の事, の困難, の工事, も綜合的, を求め, を試み, を遲

▼ 復~ (10, 0.5%)

1 下げられたのに, 会うこと, 其の例, 其の學説, 取れぬと, 思いがけ無くも, 新しい土地, 病めりと, 読みさした雑誌, 遂げら

▼ 復~ (10, 0.5%)

2 なかった, ぬまでも 1 うと, ず人生流転, ない, ないも, なかつた, ぬ所

▼ 復~ (10, 0.5%)

1 させて, しますよ, し同校卒業後宮城女學校, だけは免れる, だよ, と決して, に尽力, の時期, をお, を許す

▼ 復~ (9, 0.4%)

4 か事 2 か痛快 1 をか言はん, をか顧ん, 無忌憚

▼ 復生病院~ (9, 0.4%)

1 に連れ, のため, の如き, の都合, は度々, は申す, へと走る, を訪ね, を訪ねるべく

▼ 復~ (8, 0.4%)

1 地上へ, 変易する, 得難い哀しい省察, 此の, 此醇とが人と, 見る能, 醇との, 関係し

▼ 復~ (8, 0.4%)

1 かそれとも, が座, が朝枝, だったが, となっ, の手, の縮毛, を前

▼ 復~ (7, 0.3%)

2 して 1 すには, つた, つてから, つて來る, 戻りたい希望

▼ 復~ (7, 0.3%)

5 まを 1 せず, はた

▼ 復~ (7, 0.3%)

2 するを, せり 1 し書, するに, を得

▼ 復~ (7, 0.3%)

2 に接する, を作り 1 あり, を持ち, を託せ

▼ 復~ (7, 0.3%)

2 を許可 1 したる社二, の一刹那, の事, を命ぜし, を黙許せり

▼ 復もや~ (6, 0.3%)

1 ポンと, 云う, 元気を, 此処に, 無言の, 迷って

▼ 復ろう~ (6, 0.3%)

2 とし, とする 1 かと案じ煩うごとく, とした

▼ 復同じ~ (6, 0.3%)

2 字を 1 品を, 声が, 音が, 順序が

▼ 復~ (5, 0.2%)

1 なつたらしい, 代つて作つた書, 代つて小野氏, 代る書, 殺されました

▼ 復りたい~ (5, 0.2%)

1 つて, と考えた, わけで, わねえどうせ, ンです

▼ 復~ (5, 0.2%)

5 を離れなけれ

▼ 復た呼ぶ~ (4, 0.2%)

2 声が 1 ので三吉, ので下女

▼ 復た疑ふ~ (4, 0.2%)

4 可からず

▼ 復つた~ (4, 0.2%)

1 ことで, ためだ, やうな, やうな思ひ

▼ 復~ (4, 0.2%)

1 わたくしの, 安藤に, 見がた, 騎って

▼ 復~ (4, 0.2%)

2 向に, 向にな

▼ 復~ (4, 0.2%)

1 の咏, の芳草萋時花壓谷, の鞦韆咏, は弱力

▼ 復散ら~ (4, 0.2%)

4 かつて行

▼ 復~ (4, 0.2%)

3 の如し 1 の如き

▼ 復~ (4, 0.2%)

3 國皆倭種 1 國皆倭種又

▼ 復~ (4, 0.2%)

2 が來 1 が来, が来た

▼ 復~ (4, 0.2%)

1 との奥, との方向, を主眼, を仁

▼ 復秋分~ (4, 0.2%)

4 の日

▼ 復~ (4, 0.2%)

1 しました, をさ, をし, を願いたい

▼ 復~ (4, 0.2%)

1 で, な, にし, を通しての単純

▼ 復~ (3, 0.1%)

1 どっちに, へらじと, へらず

▼ 復これ~ (3, 0.1%)

1 を忘, を用いず, を録す

▼ 復つて~ (3, 0.1%)

1 ゐる, 厚い扉, 来た

▼ 復つて行~ (3, 0.1%)

3 つた

▼ 復へり~ (3, 0.1%)

1 に一晝夜, に料理店, 街の

▼ 復~ (3, 0.1%)

1 と言っ, ばまた, ば眼前

▼ 復~ (3, 0.1%)

1 牧百峰に, 買うわけ, 賜い不動穀六千二百石

▼ 復一さん~ (3, 0.1%)

1 が帰っ, はどうしても, を高等

▼ 復~ (3, 0.1%)

1 を獄, ヲ採掘ス山腹東南ニ洞口八十許ヲ, 丞跡の

▼ 復以前~ (3, 0.1%)

1 のやう, の様, の樣

▼ 復其の~ (3, 0.1%)

1 勇無き, 病を, 穢い夜具

▼ 復再び~ (3, 0.1%)

1 借用を, 大道を, 繰り返して

▼ 復~ (3, 0.1%)

1 と其の, を何, を作らせた

▼ 復~ (3, 0.1%)

2 其東南船行一年可至 1 其後覇者之業相

▼ 復従姉妹~ (3, 0.1%)

1 ですの, なん, の姪あたり

▼ 復~ (3, 0.1%)

1 はざる, はず殆ん, はなく

▼ 復~ (3, 0.1%)

1 に召抱えられる, に悲, 衣を

▼ 復東京~ (3, 0.1%)

2 のため 1 へ戻

▼ 復校願~ (3, 0.1%)

1 を出しましょう, を出します, を出す

▼ 復~ (3, 0.1%)

3 の現象

▼ 復~ (3, 0.1%)

2 の前 1 はこれから

▼ 復~ (3, 0.1%)

1 すれば, つた, はなかつた

▼ 復~ (3, 0.1%)

1 に仏像, の僧侶, もしない

▼ 復えっ~ (2, 0.1%)

1 て四六型五号, て落葉一つ

▼ 復えり~ (2, 0.1%)

1 が十時間, に一昼夜

▼ 復える~ (2, 0.1%)

1 に連れ, も歩む

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 殺しました, 牧氏に

▼ 復する~ (2, 0.1%)

1 とともにわれ, や否

▼ 復せり~ (2, 0.1%)

1 拍手は, 満場相

▼ 復た出~ (2, 0.1%)

1 て来ます, て来る

▼ 復た出で~ (2, 0.1%)

2 て内閣

▼ 復た回っ~ (2, 0.1%)

2 て来た

▼ 復た寝~ (2, 0.1%)

1 たり起き, て了

▼ 復た訪ね~ (2, 0.1%)

1 て来た, て来る

▼ 復た阿~ (2, 0.1%)

1 爺さんの, 爺の

▼ 復ってから~ (2, 0.1%)

1 これは, どうという

▼ 復つたの~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 本命を, 買って

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 かつて自説, 曹操は

▼ 復りし~ (2, 0.1%)

1 ことを, 時は

▼ 復りつ~ (2, 0.1%)

1 して, せし揚句

▼ 復ります~ (2, 0.1%)

1 からさ, よ

▼ 復りませな~ (2, 0.1%)

2 んだ

▼ 復一君~ (2, 0.1%)

1 のこと, の研究費

▼ 復一物~ (2, 0.1%)

1 なし, を留めず

▼ 復不快~ (2, 0.1%)

2 な調子

▼ 復今更~ (2, 0.1%)

1 にハラハラ, に牙

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 に意義, を襲

▼ 復~ (2, 0.1%)

2 て聞する

▼ 復~ (2, 0.1%)

2 の限り目

▼ 復奏する~ (2, 0.1%)

2 事をも

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 を嗣ぐ, を立出

▼ 復専本~ (2, 0.1%)

1 を存ぜざる, 之能伝于後矣

▼ 復幽か~ (2, 0.1%)

2 なの

▼ 復引き返し~ (2, 0.1%)

1 て來, て来た

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 に事, に落ち

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 に臣, を憐

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 せない, せぬこと

▼ 復擦つた~ (2, 0.1%)

2 が復滅

▼ 復政治上~ (2, 0.1%)

2 に於

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 が其官歴, の家

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 から冬, が移つて雨

▼ 復案内~ (2, 0.1%)

1 を乞, を請

▼ 復此手紙~ (2, 0.1%)

1 を読みました, を讀みました

▼ 復汽車~ (2, 0.1%)

1 に乗つた, に乘

▼ 復~ (2, 0.1%)

2 えた

▼ 復漸く~ (2, 0.1%)

1 にし, 世に

▼ 復玄関~ (2, 0.1%)

2 に行き

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 であったの, と譯

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 ある生命, 病院

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 を容, を容れない

▼ 復疑ふ~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 復發達~ (2, 0.1%)

1 する, する能

▼ 復笑っ~ (2, 0.1%)

1 て, て青年

▼ 復習う~ (2, 0.1%)

2 音が

▼ 復~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 復~ (2, 0.1%)

2 て居た

▼ 復論ぜん~ (2, 0.1%)

2

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 に, の

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 西峨寓任有亭翌, 顧せ

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 使大夫伊聲者掖耶約, 使大夫伊聲耆

▼ 復~ (2, 0.1%)

2 ラズ

▼ 復~ (2, 0.1%)

1 の二子, の二男子

▼1* [413件]

あたしは失笑, 復あたりを見廻した, 復あなたと私, 復えさねば, 復えった彼の, 復えるべき父上には, 復この次にね, 復こんなことが, 復では我, 復になっ, 復しないで困る, 復せずそのままに, 復せぬ理由が, 復せるを感じ, 復せんとすれ, 復そこで稼ぐ, 復たいでありく, 復たかうなんだ, 復たぎりつと腰, 復たこぼるらし小夜, 復たしてもその, 復たすういと, 復たどよめいたが一句, 復たもとの職員室, 復たやって来る, 復たやって来て見る, 復たやって来たことは, 復た下って来る, 復た伸びず故に一時逆流, 復た傾いた時慌て, 復た入って来, 復た参りますね, 復た嘲るように, 復た奮わずこの膝一たび, 復た寄るとは言わなかった, 復た帰って来た, 復た引くりかへつた, 復た引返して来た, 復た微笑み乍ら写生に, 復た怒られる処だった, 復た思いかえして妾, 復た戦うの意, 復た振返つて見る, 復た掛って来た, 復た晴れて行く, 復た書きつけるとかそんな, 復た来て新聞社, 復た来たようで, 復た来ますよ, 復た来らず雨は, 復た汗じみるからである, 復た沈んでしまった, 復た没す可から, 復た活きて, 復た測つてそれ, 復た獲よさも, 復た生きる事は, 復た甲走つて鳴いた, 復た疑ふべからざるを, 復た眠るらむ, 復た眺めている, 復た祷の詞, 復た稼ぐんだ, 復た綻びて却, 復た緩めて手持無沙汰, 復た考え直したように, 復た聞いて居る, 復た聞えて来た, 復た興ることに, 復た落ちている, 復た行くを見, 復た見ば我, 復た言って見, 復た話そうじゃ有りません, 復た起きて蚊帳, 復た起きたら背負子だけが, 復た起って来た, 復た起つことの, 復た這出して蚊帳, 復た通って来る, 復た逢う約束を, 復た酔う矣, 復た長ずるが如く, 復た開けて, 復た降りきたる, 復た鳴いた時は, 復た黙あって此度, 復つたあと自分の部屋, 復つたシャクが再び, 復つた事がありました, 復つてみたいわ, 復つて來たので, 復つて貰つてそれから話, 復とに代つて一切, 復との群衆が, 復ならしめて而, 復にかけてひろが, 復びお出ましの時, 復び以て燕王棣, 復び劇しく打つた手, 復び勇健爽快なる精神, 復び數學をやり出す, 復び朱となり, 復び涙の眼, 復び深山に放つ, 復び渓中に帰らず, 復び畠の傍, 復び碁を打ちたく, 復び童兒の時, 復び綱を走り, 復び艇へ戻, 復び華嚴の瀧, 復び言へば後, 復び車上の人, 復び門を敲け, 復ぶり返した形である, 復へる傾を, 復もとの水楼, 復やむを得ざる遺憾事と, 復よたよた下りて, 復らんとする, 復りきらないころ, 復りたがつて, 復りたくなつたな, 復りたれどなほ, 復りつ後をも見ずし, 復りぬとて又, 復りはこはい疾, 復り掛かる例なき, 復り来れとある, 復り進んで外, 復るべきぢやらう, 復るらしく己は, 復る混み合つた人々の, 復る無くして畢らん, 復れないやうな, 復れるやうに, 復スルノダガイツマデタッテモ物ガ二重ニ見エルノデアル, 復タ一盃とは事, 復タ何ゾ忙ヲ之レ, 復タ何ゾ汝ヲ怨ミ汝, 復て一生懸命, 復ヒョウと答, 復ヒヨウと答, 復ピョンと飛び越す, 復フランスはアラビヤ, 復一お前は鼎造, 復一ページに返り, 復一人のこれ, 復一字を吐く, 復一度心から頭, 復一所懸命に勞働, 復一時の狂呼, 復一理あること, 復一自身に取っ, 復一親子三人をともかく, 復一転折して, 復七日餘は張り, 復上りとなっ, 復移, 復不詳である, 復両氏の技芸, 復中隴右の米作, 復主観を縦, 復二三度反覆された, 復二十四歳醇二十二歳の時, 復二名増えた, 復二百余りは倒れ, 復ふてアンドレイ, 復五百の東京, 復人影が現れた, 復仰ぎ視ること能わず, 復を許されたい, 復任させることなどで, 復伊達家へ帰った, 復何為にか君顔, 復何顏有乎是智士識己之度量, 復た, 復程, 復の尻押し, 復八歳の醇, 復公私略を参照, 復内官を遣し, 復松緑刑部話, 復凌雲閣に上っ, 復凝然として待つた, 復でて, 復分家を載せない, 復刑事に化, 復に答, 復朝廷, 復は食事, 復行, 復前言を繰り返した, 復努力して, 復勗むるに遠大, 復化灰遺恨禍源猶未, 復に渡ら, 復匡衡はそこ, 復には休復, 復去年のよう, 復投機, 復取られて終, 復口中の粗, 復合戦沙汰になりませぬ, 復合運會所乘惟聖賢能見其微孔子序五篇於書之終, 復同一ならざるを, 復した, 復吸い込まれるように, 復すと, 復呶鳴つた, 復問いて曰く, 復国境の駅, 復國境の驛, 復土地へ歸つて來, 復土手を走つた, 復土藏へ隱, 復地状の之, 復するため, 復塚間露地居捨於一切, 復がします, 復来而, 復多く學び又は, 復が來, 復に湧き, 復大阪の市街, 復奈何ともする, 復奉公に参ります, 復奏して言さく, 復奏した儘御陵の, 復奏したなら甘んじて彼, 復為るもの, 復奪わるべきを慮り, 復如是と云, 復始まるところを, 復は士剛, 復然在, 復に入る, 復家来であったから, 復容易に稿, 復宿直の順番, 復密奏して, 復小渠の東南, 復居合の名人, 復など綴直し, 復岩波氏の文庫, 復岸本は寝台, 復左其弟三木三郎醇が並ん, 復を帥, 復帰せしめなければならない, 復で働く, 復庫裡に廻り, 復庶人と為しし, 復とやらで, 復弥兵衛等は来っ, 復張るといふの, 復当時の余波, 復当時杜少陵, 復させこれ, 復は歩き出した, 復往いて姉, 復徐ろに上り, 復然即令家僮朝掃, 復怒つて彼, 復思ひ出したやうに, 復の如くなる, 復我垣の外, 復戦うこと成り, 復打算である, 復扱きましたが夫, 復拒絶されるの, 復揺り上げて, 復鴿出舟, 復ふべからざる, 復られて, 復散らかって行っ, 復新手の寒氣, 復新聞に取, 復日本へ往く, 復春日左衛門尉をし, 復時期に粟田口, 復暴風浪を卷く, 復に至つて復, 復に此, 復更に之無かるべき, 復更始する, 復書弁妄と題する, 復書辯妄と題する, 復を起した, 復有るまじと思ひ, 復に向っ, 復未だ發達の, 復来むまでの祝福, 復来るぜ, 復枕元に運ばせたれ, 復を傳, 復柏軒の日記, 復校運動を開始, 復を新, 復のこと, 復になつて, 復されねば, 復阿難, 復止み或は去らん, 復此壱岐びとの内界, 復此處に歸つて來, 復此行事を繰り返す, 復死んだ様な, 復毎七日令解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 復氷種々の化学上, 復沈んだ儘ごし, 復法門の趣, 復を潜, 復注射をし, 復がこみあげ, 復によって建物, 復渡水看花, 復滑りに行く, 復為す能わざるの勢, 復無いのである, 復燃えんとする, 復かな初夏, 復に下し, 復現したのであるまい, 復生産しようと, 復生皆獲大, 復ゐざりしもの, 復用いられざるを憤る, 復疑い久能が手紙, 復疑ふべからざることと, 復疑獄に坐した, 復痕迹を留めず, 復登ることを, 復登山したの, 復白い曝木綿を, 復直ぐに地面, 復異なつた色彩, 復真黒闇になる, 復とある, 復に至つて, 復神識気質の日, 復禁りょうの時期, 復福山に帰らずし, 復の教, 復秘することを, 復立って争わん, 復立つというよう, 復立籠める魂, 復の音, 復二醇第, 復に代る, 復なる能, 復総評のため, 復締りをした, 復編年では無, 復繁り出して私達, 復署長を苛立たせた, 復習えている, 復習っていました, 復まって, 復だ, 復聞かされてゐる, 復聞する勿れ, 復肴饌のこと, 復是不, 復自ら移動する能, 復舊シ失ワレタ記憶ガ戻ッテ, 復舊費二千四百餘萬圓を入れる, 復舊造營中だつた社殿, 復苦しまぎれに山百合, 復荒川の下流, 復に宛てた, 復藥舖へ行つて來, 復を率い, 復すれば, 復ではない, 復西側の陣竹, 復見たことが, 復見ること少, 復する所, 復許シテ之ヲ興ス, 復を作らなかつた, 復誅罰せむ, 復語器を使っ, 復談笑なく, 復豪雨あり, 復貪食して, 復起きざる時躬も, 復起と覚醒とほど, 復足下の為, 復戻り大路, 復が始まる, 復辨ずべからざる, 復近づいてかく, 復逢はめや, 復進貢せざら, 復遂に克つ能わず, 復還るに至る, 復邸前停客車, 復若干篇を, 復重郎といふ日本最初, 復錬るを須, 復長ぜんやと, 復集るさまは, 復雜然として卯平, 復な車代, 復が強く, 復もなく, 復を下げ, 復頼むといへ, 復いだ, 復鬼神の事, 復の飼う