青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「度目~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

底~ ~店 店~ 店先~ 店員~ 府~ ~度 度~ ~度々 度々~
度目~
~座 座~ ~座敷 座敷~ ~庭 庭~ 庵~ 庸三~ 廃~ 廉~

「度目~」 2196, 23ppm, 5081位

▼ 度目~ (1084, 49.4%)

12 時は 10 結婚を 7 手紙を 5 ときは, 妻が, 機は, 襲撃を 4 二年生の, 冬を, 報告を, 声が, 声は, 妻を, 春を, 時に, 時には, 時の

3 [18件] 使が, 冬に, 呼出が, 夏に, 夏は, 夏を, 外遊を, 大變, 夫人を, 奥様で, 女房に, 急使が, 手紙が, 手術を, 樹の, 琴の, 花は, 酌を

2 [85件] お産の, そして最後, ときには, ときの, は中, ステージの, 一年の, 三年の, 中風に, 主筆が, 今日は, 使いを, 使者が, 冬も, 出動に, 切支丹大, 卒倒を, 召集が, 声で, 夕立が, 夢の, 太刀を, 太刀二三歩飛退い, 夫だ, 夫の, 夫は, 夫を, 奉公を, 女房の, 妊娠を, 妙な, 妻の, 対面を, 小熊屋も, 帰郷だろう, 帰郷であった, 平次の, 強請を, 応召で, 旅は, 日曜である, 時であった, 書簡にも, 正月である, 正月を, 正直な, 母に, 気合を, 汽笛が, 洋行から, 湯を, 準備まで, 火事が, 災難に, 産を, 登壇を, 登山の, 経験で, 結婚だ, 結婚で, 結婚に, 罪が, 腕の, 自殺を, 花嫁と, 襲撃に, 記憶が, 訪問は, 訪問を, 詞の, 試合を, 車輪の, 辱か, 配偶で, 酒は, 酒も, 鎌は, 間違ひ, 電話が, 霜が, 霜である, 青葉が, 音楽会の, 飛躍の, 驚きに

1 [771件 抜粋] あいず, あの冒険, あの祭, いまの, うたた寝から, えおほ, おかみさん, おとづれは, おどろきに, お声, お嫁さん, お正月に, お母さんを, お湯に, お盆を, お茶が, お菊さん, がかなり, が僕, が又, が来たけれ, くじ引きが, こと, ことであっ, ことばであった, ことばを, この宿, せいか, そして今度, たう, つぎの, ときからは, どうどうめぐりでまえよりももっとわずか, にはツタビョウキ, ねらひを, はあまり, はこの, ははっきり, は久安六年, は判然, は副島, は味噌汁, は引越した, は物凄い, は長, びっくりに, むごたらしさ, ものである, ものを, やりなおしを, わかい妻ベホック, をもらっ, を受けなけれ, アイビキだ, ウィネツカの, クリンの, コーヒー沸し, シンフォニー, デビスカップ戦に, ニュースでは, バットも, フロウナウ町行きと, モスクワ暮しは, ヤトナに, ロンドン行の, 一喝は, 七月は, 三学年を, 上京の, 上洛を, 下宿は, 不思議に, 不運を, 世帯, 中毒を, 中風でございます, 中風で御座います, 乗馬は, 乳を, 事で, 事であった, 二十哩も, 五十円を, 交際が, 亭主に, 亭主の, 人でも, 人の, 今夜の, 仏陀寺へ, 仮定の, 任命は, 休暇だ, 会合である, 会見が, 会見な, 会釈で, 伺候中芳一の, 低い狼狽, 作である, 作物を, 使いに, 使いの, 使い杜興, 使い者が, 使者を, 便りが, 停止を, 偽手紙, 催しを, 催促を, 傷は, 兄嫁として, 児を, 入獄な, 入賞を, 入院中に, 八月十五日が, 内儀です, 写経に, 冬だけに, 凱歌を, 凶報を, 出には, 出は, 出よりは, 出兵が, 出會いが, 出會いだった, 出立の, 出陣貝が, 刀は, 分と同じ, 分は, 切っさきは, 刑を, 剣が, 努力は, 勉強日であった, 勝利である, 勤めに, 勤めを, 北の方紫の, 十字剣で, 十手が, 印象は, 危険区域を, 収穫が, 取ッ組合, 叫びに, 合図で, 合戦が, 合戰が, 同じ場面, 同じ弁疏, 名は, 后と, 君の, 呻り, 呼び声に, 咯血以來といふ, 問を, 喀血に, 喀血を, 嘘が, 四十五日, 地震の, 報知を, 場合には, 墜落が, 声, 声も, 声を, 変化が, 夏が, 夕飯です, 外出は, 外国行慶応三年正月二十三日に, 多量の, 夜間大, 夢を, 大事な, 大地震, 大変を, 大暑が, 大花火, 天守閣こそ, 天長節だ, 太刀さきは, 太刀は, 夫人で, 夫人アンナ・マグダレーナの, 夫柴田と, 失敗の, 失敗を, 奇説を, 奇蹟, 奥さんに, 奥さんを, 奥様の, 奧さんに, 女を, 女中さんに, 女房な, 妻すなわち, 妻だつた, 妻にも, 妻アンナ・マグダレーナ・ウィルケンと, 妻帯を, 婚礼まで, 婿は, 婿を, 嫁の, 嫁を, 嫁入りしました, 宇宙旅行な, 定の, 家で, 家の, 家庭に, 宿を, 密会を, 審問を, 将として, 小太郎の, 少年の, 尾道帰りを, 山賣り, 巣鴨の, 工場訪問を, 帰朝に, 帰朝を, 帰郷である, 年を, 年末が, 幸福な, 弁当を, 弾は, 彦根行き車中宇野浩二の, 御上洛, 御昼, 復習である, 微光に, 急須の, 怪事件が, 恋の, 恋愛にも, 恐ろしい嫌疑, 恐ろしい疑い, 恥を, 息を, 愚かな, 愛弟の, 感冒にも, 感情が, 憲法保護の, 成功を, 戰場生活は, 扁額が, 手を, 手紙である, 手紙は, 手術の, 打撃は, 投げ太刀, 投身を, 押し潰されたやう, 拍手が, 招きに, 拳固を, 指揮官松平伊豆守は, 掃除が, 掛け声と共に, 揺れが, 攻撃に, 攻撃的攻撃に, 散歩で, 料理の, 新年を, 新田先生の, 方が, 旅へ, 日の, 日の出っちう, 日曜でした, 日曜日であった, 日本訪問を, 早舟が, 早馬が, 明りは, 明神様は, 春が, 春である, 春の, 春は, 時その, 時だった, 時です, 時なぞは, 時にも, 時彼は, 時竜子は, 暗号を, 暴行が, 書き直しは, 書状が, 會見で, 月と, 月末の, 月末計算を, 来攻, 機会は, 檢束で, 櫓は, 歌では, 正午サイレン, 正月です, 正直こんどこそ, 正直だろう, 正直っていう, 正直で, 正直という, 此の, 此の方は, 此路地の, 武者声を, 死でも, 死の, 殺しを, 殺人など, 母で, 母である, 毒死人で, 気合で, 水が, 決心の, 決闘だ, 沈黙を, 没落行だ, 波で, 注射, 注意だ, 洗礼名の, 流行性感冒から, 消息不明は, 清書妹背山三段目杉酒屋安達原, 満期に, 演奏が, 火を, 火事に, 火鉢よ, 災害を, 為替であった, 無心で, 煮物なんぞに, 熊野詣, 爆発, 爆発で, 猛撃をと, 球を, 産月を, 産重く, 用意を, 男も, 男鹿の, 異様な, 異變, 疑問を, 病気見舞として, 発作で, 発作を, 発向か, 登壇である, 登山だつた, 登山を, 發砲を, 百兩は, 盃を, 目つぶしを, 目見えで, 相場の, 看護婦は, 真っ向拝み打ちそれが, 眼が, 睨み合いへ, 短篇小説が, 短篇集を, 石は, 石も, 破産と, 硝子戸の, 祁山出兵を, 福井町行きに, 私の, 秋を, 秋山さんとの, 移転の, 税関です, 稽古日忍術に関する, 積荷を, 突きを, 突き三度目の, 筒口に, 答辯が, 紀元節の, 細君に, 組織変え, 結婚でした, 結婚です, 結婚と, 結婚とか, 結婚問題に, 結婚式は, 網扉の, 総攻撃, 線香を, 縁に, 繰返しを, 考えは, 考えを, 者死なず, 聲では, 胎兒を, 胸像を, 脱出は, 脳溢血に, 腕は, 舌打ちを, 舞台に, 航海だらう, 航行は, 良人である, 良人に, 芽を, 若き妻, 苦鳴, 茶の, 落第に, 落第の, 薬に, 薬を, 血書を, 衝動が, 袋を, 襲撃お, 襲撃が, 見物です, 視線を, 解剖は, 解除, 訂正を, 訊問, 討手として, 訪問だった, 訪問で, 証言, 話が, 誕生を, 誕生日を, 請いだった, 請求を, 議長選挙には, 變事に, 貝が, 貼り紙だ, 質問で, 質問を, 足で, 足蹴が, 踵を, 迎いに, 迎えが, 返事です, 追放な, 速達で, 速達の, 連絡船が, 部厚い, 酒が, 酒盛が, 鈴がから, 鉄砲を, 銅羅と, 鐘は, 鐵拳, 長州征伐を, 降参である, 雛を, 雪, 電話で, 電話は, 面会が, 靴先が, 音ない, 風呂へ, 風水害に, 飼犬を, 養子で, 駿介の, 鬨の声を

▼ 度目~ (576, 26.2%)

7 来た時, 行った時 4 出て 3 お君, 出すと, 来て, 眼が, 行ったとき, 行ったの

2 [37件] こう言った, ここへ, そこを, なって, なると, ホテルへ, 二階へ, 会った時, 兄が, 八五郎が, 其処へ, 力を, 又ある, 声を, 家を, 彼が, 彼は, 手を, 日本へ, 最後の, 灸が, 発光路へ, 目が, 目を, 眼を, 私を, 聴きに, 腰を, 自分の, 致命的な, 芒の, 落ちた穴, 見た時, 見るの, 送る時, 逢った時, 電話を

1 [466件] あすこへ, あずけて, あたりを, あったとき, あなた忘れた, あの塚, あの美しい, いって, いよいよ人間, いらっしゃるとき, うちの, おこしに, お前を, お會, お目, お祖父様, お節が, お里の, かけた技, がっかりし, ぐるりと, こう叫んだ, ここの, こそこそと, この引っぱられた, この男, これで, これ等三つの, こんちは, こんな責任, さう呼ばれた時, さけんだ時, しかもこれ, したこと, して, しろ暑い, じだんだを, じや, すぎなかった, ずッ, そうした時, そう強い, そこから, そこで, そこの, その女, その洗礼名, その緊縛, その返事, それを, たいがい穴へ, たまりかねたやう, たまりかねたよう, ついたとき, ついで, つけた少年, どうあっ, なったと, なつて, なりすなわち, なるぜ, なれば, はいった時, はじめて, はじめて答, ひとりで, ひどく揺れた, びっくりさせられた, びっくりした, またお, またおこす, またつり, またはじめて, また丁度, また吉岡, また同じ, また問いつめる, また寝室, また引返し, また満員, また耳, また角封筒, めが, やって来た時, やっと, やっとお, やっと師匠, やつと, やること, やる時, ようやく一つ, ようやく成功, よく比べ, よく眼, よんだドイツ哲学, わが太刀, わたくしが, アルベールが, ア痛ッと, キッピイは, ギロリと, クライスラーが, サツカラへ, サツマへ, ドアを, ハッキリと, ビールの, ベンチに, ボタンを, マリユスが, モウ一度家を, ヤットコサと, ヨーロッパの, ランチが, 一度ぐらいの, 一本出た, 上って, 上方へ, 上洛した, 下って, 下阪, 不通にでも, 中房川の, 丸太格子から, 主人を, 二人を, 云うと, 亜米利加に, 人を, 人間の, 人食わるれ, 仏出でず, 仰ぐと, 企てられ, 伊東が, 会うた時, 会うて, 会ったとき, 会ったの, 会ったばかりの, 会つた, 会つたばかりの, 会つた時は, 位置が, 使いに, 使ひ, 來た, 來て, 例の, 促すと共に, 俺が, 倫敦に, 傾斜した, 僕が, 元服し, 元服する, 先生の, 入った, 入ったコーヒー, 入つて行つた時, 入れし茶, 入国し, 其処で, 再び電燈, 出かけて, 出会ったの, 出会つた, 出会つたのが, 出掛けた頃, 出産の, 切られた増田太平, 切られた鮎川丈次郎, 切り込んだ主, 刎ね, 刑務所入りし, 初めて酒, 加奈子が, 勝田さんに, 十両貰った, 友人の, 叔母が, 古田が, 召集が, 召集され, 吉野へ, 同じ事件, 同じ格子, 同行した, 向柳原, 否定し, 周副官に, 呶鳴った, 呼ばれた時, 呼び出されて, 呼ぶと, 呼んだ時, 呼んで, 呼鈴を, 命を, 唄の, 啄木に, 問うと, 四度の, 四階の, 国頭名護の, 塗りに, 声も, 売った時, 売った源氏, 変ったらしく, 多勢の, 大奥様, 大阪を, 太之, 失踪した, 奥さんが, 女が, 女性と, 嫁いだフランス人, 嫁づいた, 孔明は, 安くそれ, 家の, 家へ, 寝つこうと, 寝に, 寝台に, 寮へ, 尋ねて, 小さな猪, 少し大きな, 少女は, 尼提の, 届いたとき, 山中湖畔に, 川から, 巡見した, 市庁坂を, 市廳坂を, 帰って, 帰つて来た, 帰国した, 帰省した, 平次が, 広子の, 床へ, 引き出して, 引っ掛かったとき, 引受けた仕事, 引越したところ, 引返して, 弟の, 彼女と, 彼女に, 往くと, 後藤の, 得三が, 御傭いなすった, 御門内に, 徳川二代将軍秀忠に, 怪漢の, 悲しい溜息, 愈々書き取つ, 我々の, 戴いた足, 戻つて來, 扉の, 手あらく, 手から, 手に, 手は, 手代に, 打ち下した鏝, 投げようと, 抛げ, 抽き出した, 招んだ, 掛合った老, 掛合つた老, 探し出せると, 掴まれた襟元, 摺つたマッチの, 撃った時, 改めてスキー, 敲いた音, 新井宿四丁目で, 新富座へ, 日本を, 旦那が, 暦を, 更に追, 書いたものの, 望みを, 未だ手馴れぬ, 来たこと, 来たとき, 来た冷, 来た嫁さん, 来るその, 来るの, 来る御, 東京を, 根氣の, 棒なし, 樹明兄を, 樺太を, 橋の, 止まった時, 殺さうと, 母の, 気がついた時, 気合の, 水を, 水道橋で, 江戸から, 江戸へ, 沓掛へ, 法王は, 注いで, 津田の, 派遣した, 流行性感冒に, 浩が, 清水に, 濠洲へ, 瀬川の, 火を, 火鉢を, 煮た時, 熊は, 父親の, 版に, 物を, 特にオネダリ, 猫が, 現はれ, 生えたの, 生活し, 田原屋から, 男が, 病院に, 療養所へ, 発掘した, 白い小さい手, 白隠, 目の, 目覚めて, 直させた時, 真田も, 着替えた江戸紫, 着替へた江戸紫, 確めに, 礼を, 祕書の, 私の, 私は, 移って, 穴蔵へ, 突っかけ, 立たなくな, 立ち止った, 竹村が, 笑ったの, 第二, 箱根へ, 米友の, 結んだ縁, 結婚いたしました, 結婚した, 繰り返したマリユス・ポンメルシー, 繰り返し問うも, 繰り返す声, 罹った時, 美作が, 美妙を, 聖堂裏へ, 聞えた時, 聞く時, 聴いた途端, 腕へ, 自家の, 自白し, 致死量を, 若宮祭りを, 苦心し, 茹でた鼻, 荷物を, 落ちて, 著物, 蝶に, 行く, 行くえ, 行くよと, 行ったら最早, 行つた時は, 行つた時突然, 行つて喉の, 行燈を, 街頭へ, 衛を, 袢纒と, 見せた時, 見たとき, 見たもの, 見て, 見ましたの, 見ると, 見る大, 見る白井鉄造, 見る陰暦十五夜, 親しんだ女性, 言いかけたの, 言っても, 言葉を, 訊いた子供, 訪ねたとき, 訪問した, 読み返して, 負けました, 買つてもらつた, 賣りに, 起き上った時, 起き直った時, 越した家, 越して, 踝から, 蹴上げたとき, 蹴倒された時, 躍り蒐, 迎いに, 送つて, 這入れたという, 通って, 通る時, 逢ったしかも, 逢ったの, 逢つた, 逢つたのは, 逢つた時教誨師は, 逢つてからは, 遇ったの, 遇つたのも, 遊びて, 遣る五円, 関白にな, 降りる時, 階上へ, 電灯が, 霧の, 靡いて, 顔を, 飛び上がって, 飛び込んだ時, 飛び込んで, 飛込んだん, 食いあげるなるほど, 食堂に, 食物を, 館へ, 駒を, 駕籠脇へ, 驚いて, 髷を, 鰥と, 鳴る時, 黒い影

▼ 度目には~ (109, 5.0%)

2 そう云った, 十本許り, 已を, 座敷の, 斬られたの, 知らない男, 蝦の

1 [95件] あつしと, あなたを, お延, お礼かたがた母親について, お請けしなけれ, こっちから, この色, こんな年増ア, すぐ前, そのまま寝込ん, その反対, その地, その方, ついに倒れる, つとめてゆっくりした, ねじ伏せられた, のどへ, ひょうッと, ひらりと, ほんの少し, またもや切り捨てよう, また甚太夫, もう両親, もう絶望, やっぱり犬, シルヴァン・コーンへ, ミトローニク氏も, 二時過ぎだ, 亡き骸と, 以前より, 余り気の毒, 使ひさしの, 六が, 初の, 判然断りました, 別の, 前より, 力一ぱい無茶苦茶に, 勝つ, 十手に, 半々に, 半を, 友人の, 口に, 台から, 右の, 右側のを, 向うには, 大穴が, 学校の, 実弾を, 容易に, 少しは, 少し退屈, 帯の, 帯を, 引きさかれるよう, 当人の, 役に, 御本人, 御自分, 怖れ, 怖気が, 思ひ切つて, 怪訝に, 懐中時計を, 戦場で, 抵抗するだろう, 擦違って, 明らかに, 村右衞門に, 横棧が, 此の, 母親が, 気軽く訊ねた, 注意を, 清水良雄君と, 牛を, 玄人は, 甚助と, 私を, 肩幅の, 腰を, 自分の, 自家で, 警視庁から, 變な, 身を, 逃亡した, 雨ふりしきる, 雷神坂を, 顔を, 馬から, 鶏冠谷の, 鹿と

▼ 度目~ (85, 3.9%)

2 それから, 今夜, 坂本町の, 正月十八日

1 [77件] あつしは, いやだ, うまく行った, お前と, お前の, お松, お醫者, かれの, この三月, この黒川渡, しつこく道江, そりが, たしか池袋, ただの, とう, どんな術, ほとんど意味, また変っ, まだ好い, もうけっしてよこさない, もうよこさない, パリの, フィクションの, ラップ夫人と, ロシアまで, 一つかみほどの, 一反九畝九歩ほどの, 三人で, 三時から, 九十九文しか, 二人で, 二度目の, 二月七日開場の, 五室, 今から, 休み時間三度目は, 何う, 六時十五分だった, 兵衛が, 前ほど, 十日ぐらい, 十時に, 半年も, 友禅の, 国府津に, 大分空港の, 大変でした, 大變, 太宰さんが, 女中さん一人の, 奴隷に, 妾とも後添へとも, 孫を, 川崎の, 情無い, 想い出すさえ, 我が居らざりし, 明くる, 昨夜の, 時刻が, 東京駅であった, 櫻の, 殿御が, 気を, 物音が, 生け擒, 田沼意次の, 田舎から, 百八十両, 目よりも, 確かに, 神経衰弱で, 縁側に, 自信を, 茨城県布川の, 追分の, 閉まる音

▼ 度目~ (42, 1.9%)

2 ぜ, と思ふ

1 [38件] いくら撒い, からそりゃ, から十, から大丈夫, から山城屋, から気心, か分りません, か顔, がここ, がそもそも, がな, がなかなか, が正面, が渡船, が道江, けれどおまえ, けれどお前, けれどこれ, けれどもやはりああ, こんどは, ぜご, そうで御座います, という意識, といつ, といふ, と姉, と思う, と言っ, なんていう, ね, ねえ, の, よ, よ慄, ハッハッハ, 一度は, 今夜を, 此の前に

▼ 度目~ (41, 1.9%)

2 つぶること, 廻したの, 当に

1 [35件] お聞き, かける, さまさなければ, さました, さまして, さましてから, さましまた, さますか, しばたたいたが, ひらいて, やられかけた時, 丹念に, 伴れ, 吼えた機関車, 引擦って, 御披露, 打ち下そうと, 横へ, 繰返して, 見はって, 見張りました, 覚した, 覚したり, 覚まされるだけ, 覚ましたが, 覚まして, 覚ますその, 覚ますと, 覺した, 負す, 購入に, 通すと, 配る夕景, 開いて, 開けて

▼ 度目かの~ (19, 0.9%)

1 [19件] まかしが, 会見を, 兇器の, 入獄を, 勧めで, 土曜日やっぱり, 夜盗の, 大變, 妻に, 官吏侮辱罪で, 日本文学の, 画期作とも, 疲れが, 破戒を, 経験だ, 耳を, 訪問に, 踊りを, 驚愕が

▼ 度目~ (19, 0.9%)

2 定の

1 [17件] この中, しずまると, やって来たぞ, 一月十三日な, 一番ひどかっ, 南組三度目が, 大変な, 天満組である, 愈々の, 日本橋の, 最後に, 最後の, 比較的楽, 洋食と, 聴こえると, 覚めた後, 醒めて

▼ 度目~ (18, 0.8%)

4 のだ 2 のです, んだ, んです 1 のであった, のである, のでさすが, のではっきり, のでハツ, のよわたし, んでし, んでねえ

▼ 度目~ (17, 0.8%)

4 四度目に 2 三度目に, 三度目の, 四度目の 1 だったので, だつたので, 三度目だ, 三度目だった, 三度目であった, 五度目に, 繰返し読ん

▼ 度目~ (15, 0.7%)

4 あつた

1 [11件] いつも一心橋, おまけに, ござります, ござりまする, そう驚き, はある, は大, 先妻の, 前の, 彼は, 鈎にか

▼ 度目かに~ (14, 0.6%)

2 劇しくしめつけられる

1 [12件] その半ば, ふと眼, ぶつぶつ云い出した, またみんな, 又俺, 呼んだとき, 娘は, 栗鼠が, 目が, 目を, 答へが, 送風パイプの

▼ 度目です~ (11, 0.5%)

51 がねフフ, が二度, が去年, ものね, よ親分さん, わ

▼ 度目~ (11, 0.5%)

2 三度目は 1 なっては, なり三度目, なると, なれば, 云うこと, 半兵衛重治の, 同じ場所, 思ったの, 見に

▼ 度目~ (11, 0.5%)

2 やはり同じ 1 それから, わるいこと, チラリと, 三度目も, 二度目も, 同じ声, 片道切符を, 肯いた, 負けて

▼ 度目からは~ (9, 0.4%)

1 うるさ, もう行かなかつた, 刃物で, 切手のみを, 却ツて, 唯と, 最初ほど, 来なくなつ, 物を

▼ 度目であった~ (6, 0.3%)

1 か, がすこしも, がその, が段々, にし, ように

▼ 度目である~ (6, 0.3%)

1 がしかし, そうして歩い, ために, というよう, のだ, ように

▼ 度目だって~ (5, 0.2%)

1 いいの, いいん, ことや, 云ってたじゃ, 可愛そう

▼ 度目にも~ (5, 0.2%)

1 どつて, 呼ばれなかつた男, 川の, 聞き流し, 骨に

▼ 度目三度目~ (5, 0.2%)

1 といううち, と半兵衛重治, と見, には怖気, の勝負

▼ 度目から~ (4, 0.2%)

1 今以, 今日で, 本式だ, 自分で

▼ 度目じゃ~ (4, 0.2%)

1 ないか, なかろうよ, よ, 忝い

▼ 度目という~ (4, 0.2%)

1 うちに, のは, 意味だ, 田川君が

▼ 度目~ (4, 0.2%)

1 から変, で滞り, にやっと, までは櫛一杯

▼ 度目ぐらい~ (3, 0.1%)

2 です 1 だやめとこうと

▼ 度目でも~ (3, 0.1%)

1 あるせい, さらだ, 子供が

▼ 度目だった~ (2, 0.1%)

1 が他, のである

▼ 度目でございます~ (2, 0.1%)

1 よ, わねえ

▼ 度目どころ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 度目イギリス海岸~ (2, 0.1%)

2 へ行きました

▼ 度目五度目十度目~ (2, 0.1%)

2 の準備

▼ 度目十度目~ (2, 0.1%)

2 の準備

▼ 度目四度目五度目十度目~ (2, 0.1%)

2 の準備

▼1* [52件]

度目いつぞやは汽車賃, 度目いや三度目くらゐだ, 度目かには燕青を, 度目からもうその, 度目かをまた初め, 度目くらゐだよ, 度目くらいに訪ねた或, 度目ぐらいのとき私が, 度目こそは妾の, 度目のみ美味い, 度目じゃといわれて, 度目孟獲, 度目だけに私も, 度目だろうね, 度目やなかつた, 度目ぢゃと思うて, 度目つまり生れかわりだという, 度目であろうか, 度目といったのも, 度目といふ不吉な, 度目とかという古強者が, 度目とかの途中である, 度目ながらボー・ジェストやはり, 度目にがつかりして, 度目にて妙義山に, 度目にね新さん一所に, 度目にゃア忘アすれた, 度目のてがみには, 度目までもから手では, 度目もしくは三度目の, 度目二度目の, 度目ここへ, 度目より二度もっと, 度目よりはやや長く, 度目を通して誤りの, 度目七日に行った, 度目三度目さのみ美味い, 度目將校に, 度目今度は錢形, 度目付衆が出, 度目兼最後に働いた, 度目四度目になれ, 度目を世話, 度目ぎした, 度目新富座七月興行の二番目, 度目正徳二年には三度目, 度目深更二時頃警官の手, 度目疲れを知らない, 度目の蓋, 度目見知らない男, 度目覚めて泣い, 度目零しをした