青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「御前~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~得ない 得ない~ ~得なかった 得られる~ ~得る 得る~ ~得意 得意~ 從~ 御免~
御前~
~御存じ 御存じ~ 御殿~ ~御用 御用~ ~御覧 御覧~ ~御飯 御飯~ ~御馳走

「御前~」 1775, 19ppm, 5983位

▼ 御前~ (295, 16.6%)

6 ような 4 事は, 方が, 方の 3 お旅所, やうな, 勝手に, 御母さん, 方へ, 縁に, 言ふ, 話を

2 [21件] あの, お目通り, この動き, しゅびが, ために, 世話は, 動作の, 学資は, 家へ, 御身寄り, 所へ, 方を, 生計位どう, 聲は, 身代りに, 近くに, 音楽の, 頭かい, 顔は, 首尾は, 首尾も

1 [211件] あたりへ, あのという, あのなる, いわゆる真, おおせに, おすがりいま, おっしゃるとおり, お世話を, お出し, お嫁, お屋敷, お後ろ姿, お怪我, お扱い, お目, お社, お袖, お身, お身持, か, かなしい事, しゅびを, せいに, その御, その美しい, ためだ, ためでは, たれよりも, つくして, は無遠慮, ほうから, まえで, まだ五分間, むくろ, ものを, やうに, ようなむきだし, ように, 一説として, 三体と, 世界だ, 世話には, 中金のみ, 予言の, 事かと, 事ばかり, 事を, 事をさ, 云うには, 云わぬ訳, 人々を, 人格に対して, 位地も, 來る, 俺を, 僻みだ, 兄だった, 出様一つで, 出樣一つで, 利益だ, 前で, 前を, 勤勉な, 友人なり, 収入は, 叔父さんには, 叔父だ, 合奏よりも, 同級生だ, 同級生だって, 名は, 名前は, 名誉だ, 向い側に, 塚は, 墓に, 墓を, 夢だろう, 大あむしられ, 大太刀, 大鳥居, 太刀を, 好きな, 好な, 娘だ, 嫁に, 子を, 学校じゃ, 学資に, 宅の, 宅は, 宮と, 家の, 家族に, 小さい時分, 山より, 座敷の, 庭の, 弱点だ, 御住居, 御力, 御口, 御名誉, 御声掛り, 御好物, 御屋敷, 御智略, 御機嫌, 御無理, 御父さん, 御父ッさん, 御簾は, 御苦心, 御蔭だ, 御見込み, 御許に, 御諚によって, 御贔負, 心じゃ, 心の, 心は, 心も, 心得方が, 思い通りに, 思ってるより, 思召を, 性格を, 性質を, 悲歎を, 感じだ, 憂目, 所行も, 手に, 持って, 捕われまでを, 推理が, 敵だ, 方に, 方にかい, 方にも, 旅所へ, 書く拝啓, 有難い思召, 未来は, 本当の, 杜なり, 機嫌を, 歸つたあとは, 毒殺された, 気に, 気の, 池なる, 渚を, 湯から, 潔白な, 為に, 父一の, 物語が, 狛犬は, 白木の, 白髪姿に, 眼は, 社から, 社と, 社殿は, 神即, 神経だ, 祭礼神田日本橋の, 終焉の, 給仕を, 考えて, 考えなんか, 脚が, 腕に, 腰かけの, 舵の, 良人, 蟇口でも, 行きたい所, 西には, 見た眼, 言いつけでございます, 言い分が, 言葉を, 言語が, 話, 話などは, 身の上あらまし聞て, 身体じゃ, 身内だ, 転身と, 近づくを, 返事は, 運命は, 遙かう, 部屋に, 金で, 釜が, 釜を, 長命寺へ, 随意だ, 面影を, 音に, 頭が, 頭にゃ, 顔が, 風車に, 飯に, 首尾が, 首尾の, 鳥居前を

▼ 御前~ (230, 13.0%)

7 於いて 5 於て 4 出て 3 立ちて

2 [21件] お目通り, ござります, して, ひれ伏して, まかり出ると, 仕えて, 伺候し, 伺候する, 何か, 出で, 召されて, 呼び出して, 小腰をか, 少し聞きたい, 平伏しました, 惚れてるん, 技を, 捧げ口, 立つて, 輪を, 進み出て

1 [169件] あげましょうって, あった三本, あつて政治, ありながら, あるが, いて, いはれようと, いる人, おりました若殿原, おりまして, お仕え申そう, お取次ぎ申すであろう, お目見得に, お越しを, お集めなされ, お願いし, かしこまって, きそッ, さ, さしおいて, さらさらと, しろ気持, すゝみいで, そう見限られ, その行った, そろった, たのんで, つきまとって, つづく件, でて, とどけに, ならべもてゆく, のこって, はようなつい, ひかえて, まいって, まかり出でて, まかり出ながら, まかるはず, まだ來, まみえ事, ま來通り, みちびきたもう, みんなで, やるから, やるよ, やろう, やろうと, よび出し盃, わが子を, わびたり, 一念の, 一禮したる, 上げようと, 不届, 乱が, 今宵は, 仕へ, 付いて, 伝えて, 伝へて, 伺候した, 伺候しない, 伺候し奉る, 伺候すれ, 伺候せし, 侍し, 供へ, 侯じ, 其の文, 出したの, 出でた, 出ようと, 出る, 出る時, 出直した, 出頭し, 分らないでも, 勝名乗を, 参じて, 参って, 参りいたづら, 参ると, 召させられ, 召し出されたラレイ, 召し出しました, 同情した, 向け奉る, 呼び出された, 奉侍すること, 奉呈された, 奉納する, 安倍晴明と, 宛て, 寵愛を, 居たけれども, 差し上げられて, 差上げます, 帰るべしと, 平伏いたし, 平伏して, 座って, 引きずり廻されそれから, 引き立てけり, 往って, 御報告, 御持参, 御高恩, 復仇する, 惚た, 懸想する, 戻って, 打ち伏, 打頻り, 披露致しかねる, 捧げつ, 据えたの, 控えて, 教わらないだって, 朝詣, 来て, 歌を, 気の毒だ, 泣きて, 演じ候過般, 献げたる, 献げる, 申すの処, 畏り, 眼を, 祈を, 祝いつるかな, 祭らしめたま, 福兄さんの, 称するもの, 立ち, 立ちふさがった, 立って, 經王御前といふ, 罷り出た, 罷り出て, 罷り出で篤と, 罷り出る限り私, 罷出, 罷出れば, 群参す, 與へられた, 菊を, 見立てさせて, 試して, 話が, 話すが, 詳しい説明, 調じ, 跪き祈りし夫, 践めとは, 連れ戻った, 進み出たの, 進み寄りました, 進んで, 運ばれました, 遠りたれ, 遣ろう, 長いこと額, 限りなく, 集りれい, 頼みが, 飾って, 麗き

▼ 御前~ (167, 9.4%)

3 必竟芸術家だ 2 どこだ, むやみに, もう三十, 何だ, 呑気だ, 屁を, 平生から, 戀女房私や

1 [148件] ああいう, あの人, あの時, あ奴, いずれでござる, いったい軽卒, うまれ給, おいでよ, おそれ多く, おやぢ, おられぬか, お気が, がっかりし, ここに, この事, この画, この間から, これからどうする, さぞや墨染, しょっちゅうし, そう思わない, そこに, そのこと, その女主, それが, そんな形姿, た, どうか, どうもしやしない, どう云, どう云う, どこから, どこで, ひょうきんな, まだ年, まだ若い, まだ迷つて, もう独身, もって, もとより時には奥御殿, よく間違, よせ, わしの, わたしの, カーライルじゃ, フフと, ベースボールばかり, ベースボール許遣る, ヴァルガーだ, 一つ代作し, 一人で, 一人島流しに, 一体これからさき, 一体是, 三杯食う, 主義が, 二郎かい, 人を, 今兄さん, 今日の, 今胡麻, 仕合せかも, 仕合せである, 他人の, 何にも, 何を, 侍では, 俺の, 兄の, 兄を, 兄弟じゃ, 先に, 先祖の, 処女の, 勿論喜多流, 呑気過ぎ, 唯神, 大和かい, 大層やさしい, 大臣の, 夫が, 女だ, 女に, 如何だ, 少々他言, 己と, 平生ここに, 年も, 幸いに, 幸福な, 形式張った, 役に立ちさえ, 御前で, 御名代, 必竟何を, 思ったより, 恋女房私や, 悪固い, 意外に, 意気地なく, 手前等ごとき, 旅順を, 既に多大, 日本人かと, 日本人だろう, 朝寝坊だ, 此事に, 此間から, 沢菴禅師の, 浮気を, 滅多な, 父母の, 物知りだ, 猶も語, 玄關へ, 琉球最初の, 甲府お勝手へ, 甲野の, 甲野を, 相応の, 眉を, 知らんかも, 知らんと, 短い春, 祝い酒を, 私に, 竿の, 笑うがね, 背いが, 若いから, 行かなくっても, 行かんでも, 行きたければ, 行っても, 誰だい, 誰だいと, 論理学で, 逃げるね, 銀の, 門司を, 青二才だ, 風変りだ, 食べ物を, 飽きも, 馬鹿だ, 鹿兒島縣川邊郡の, 黒紋付だろう, 鼠小僧か

▼ 御前~ (104, 5.9%)

8 出て 3 出た, 出るのに, 召されて 2 お召し, 出ても, 出まして, 出るやう, 召された, 差出して, 平伏致しました, 御出, 持って

1 [69件] うか, おめし, お出ましに, お呼びに, お目通り, お通しに, すすめる, ひきすえられました, よきなに, よろしく御, われらを, 並べた, 伺候した, 侍わ, 供えられます, 出さずに, 出させましたの, 出して, 出そうと, 出たの, 出たらこの間, 出たり, 出た時, 出ました, 出ましたとき, 出ましては, 出ますと, 出られても, 出られないん, 出られまして, 出られますと, 出ると, 出仕致候処奥方も, 出候由, 創作の, 参られたらどうぞ, 参り候, 参ろうと, 召され候間, 召しよせる, 召出されて, 吉長と, 奉り膳部, 奉呈せりとの, 女二の, 引き出された, 御披露, 悪しからずお断り, 披露に, 推参いたさせまする, 春泉の, 曳いては, 来ると, 申し何某殿, 祗候する, 移された, 筋が, 置きます, 罷り出ました節, 罷り出ようと, 罷るよう, 罷出候得者, 與へられた, 行った, 行ったり, 詰めて, 連れ参りまする, 進んで, 運んだ

▼ 御前~ (100, 5.6%)

5 の御 3 が御, のお 2 がお, がおいで, でご

1 [83件] え, おゆるし下さい, お引き, が, がよい, が床, が御前様, が死ん, が良い, こそ私, さぞさぞ御, じゃ, じゃねえ, そのこと, だ, だという, づきの, でありんすか, でさあ, ではお, でも, として心から, とは誰, と云いなさい, と御, と知っ, と称え, どうぞ私, どうもその, ならわし, にお, につい, には一風, には然, には追, には通じ, にもよろしく, にも其の, にゃわし, にゃ指一本, に不実, に対してこう, に御, に捨て, に気, に限り, のおい, のもの, のやう, の一日, の手籠, の数々御苦労, の方, の是, の梅干, の為め, の許, の身, は, はお, はおだてる, はさぞ, はどう, はまだ, はもう, はスグ, は何時, へ, へ生, もいや, ようこそ, より被, を夫, を御, を縛る, を苦め申候, を見懸け, 好き好んで, 御傍, 御入来, 御心底, 御誕生日, 貴郎様

▼ 御前~ (94, 5.3%)

3 温順し過る 2 こしらえたの, そう云っ, 何か, 出て, 御機嫌むづかし, 鼠小僧だ

1 [79件] ああおっしゃる, あずかる, あの時計, あります, あんなこと, あんなにお, あ奴, いえば, いた時分, いなくなると, いやな, おれを, お出でが, お出ましに, お前見識り, くうと, このお, こんな皺苦茶, さがしたうまい, しなければ, そう頬杖, その気, そんなに行きたいなら行っ, どうしても承知, どこの, なくなった, ふつくりと, ものを, よく世話, わが身ばかり, 三万両との, 不器用な, 不意の, 云うには, 京都へ, 何でも, 俺から, 傍に, 僕を, 兄の, 六波羅へ, 勧めたん, 四谷の, 困らなくっても, 地球儀の, 外交官の, 届けたであろうところ, 左様な, 帰って, 形式張る, 御急病, 御笑談, 急に, 愛護に, 戯れ遊ばす御, 手を, 承知し, 日本を, 来ないので, 柳浪勘平が, 欝陶しいだろう, 欲しければ, 歌は, 母かさんの, 犠牲に, 現われて, 眼に, 紛れも, 編んで, 繰り返すから, 自ら進ん, 自分で, 行くん, 誕生日には, 賑か, 近くに, 餓死する, 首を, 馬鹿なら

▼ 御前~ (90, 5.1%)

2 さがって, 下りましたが, 信用し, 叱かるでは, 呼んだの, 立って, 辞して, 退出した

1 [74件] おいやがらせ, おさがりに, おそれぬ暴言, おたのみ申します, おんぶし, お迎い, ここへ, ごらんなさい, さがり再び, さがり妻子, そのうしろ楯, たよりに, つくろわんと, つけて, とりつくろって, どっちへ, ひきさがった, めとって, 一に, 下つて行, 下り小梅, 下ると, 伴れ, 何と心得る, 出そう, 北に, 去りあへ, 叱るでは, 味方に, 嫌って, 害める, 少し退り, 怕いの, 思ってたけれ共, 恨んで, 悪む必要, 憚って, 拜き, 拜く, 捉えて, 措いて, 描いたまだ, 殺せし者, 渡したくないん, 火の, 甲野に, 疑ぐる, 知らない方, 祖先の, 祖先神と, 突き刺したあの, 突き刺すあたり, 立ち去り鞍壺, 織物業の, 罷り出でました, 育てたもの, 見つけて, 見る, 貰いに, 退いて, 退かれそれから, 退き候みぎ, 退った, 退った長, 退って, 退て, 退るや, 退ろうと, 退出しなく, 通つて参る, 遠ざけて, 間三間ばかりを, 闇から, 預けて

▼ 御前~ (68, 3.8%)

2 ござります, 琵琶を

1 [64件] あの福助, いろいろ築城上, うらないを, お話し中だ, じだらくな, そういうこと, そのうしろ, たつた一人, ひと当て試し乗り, みすぼらしく見た, やはり太陽崇拝, やらせて, よ, オルガンを, 万一相手, 内親王様がたに, 出会して, 勇ましい真剣勝負, 勝手に, 勝鬘経という, 名を, 喜んで, 國書を, 壺を, 外では, 夜を, 失敗する, 常磐津の, 弾いて, 思いきった乱暴, 捕物御前試合の, 描けと, 教養された, 敲き毀す, 最後の, 楽しく暮らせる, 正式の, 深窓の, 済ませたの, 演奏を, 狂人の, 琵琶の, 申上げる, 短時間で, 細工事ご覧に, 総裁能久親王から, 練って, 芝居を, 藤堂高虎と, 術比べさせ, 製作を, 見せい言, 言って, 訴訟人と, 評定し, 評議し, 試合した, 試合の, 話し込んでから, 諜し, 踏歌が, 達磨を, 顔の, 鷹匠頭が

▼ 御前~ (47, 2.6%)

2 心持が, 忘れたの

1 [43件] あきれはて, あった, あのよう, あの絵, あの繪, おなじく傍, この手, さぞ御, そのつもり, どこか, なくお, もう一遍, よっぽど馬鹿, われらが, 一人じゃ, 一家族の, 今年で, 八汐も, 初役は, 前から, 同じこと, 回向を, 好い悪党, 嫌うはず, 実扶的里亜, 山の, 川へ, 御前だ, 御寝よ, 持ってるなら喪服, 放して, 敷いて, 新世帯, 普通の, 最早一句, 死ぬが, 気を, 決して無情, 渡辺渡も, 無風流だ, 知ってるだろう, 約束を, 行って

▼ 御前さん~ (35, 2.0%)

2 が, 働く了簡, 働く気, 好いかね

1 [27件] いくら持っ, があやまんなさる, が三四, が外国, が帰っ, が月々, これから山越, そんな駈け, と云っ, に復する, のじき近所, の分, の呉れる, の店, の方, の気, はそう, は何処, まだ眼, も下駄, も随分, をやり得る, を使わなくなった, を復習, を省いた, を見縊る, 御金

▼ 御前~ (30, 1.7%)

2 申すお方

1 [28件] いう, いっしょに, いはれたといふ, お面, ここの, 一所に, 云い二年, 云うさては, 云うの, 云う方, 云ふ, 云われて, 俺とだけの, 同じ江戸, 同意見, 呼ばせたほどの, 呼ばれて, 大岳を, 申すべし, 直が, 直と, 称えて, 考へたらしい, 聞かされ何事, 葵ノ, 言ふ, 言へ, 還元する

▼ 御前試合~ (30, 1.7%)

2 へ出た

1 [28件] が首尾, では相手, で勝名のり, という, などとはまだ, などはまさに, などは忘れ, にて宮本八五郎, に出, に出た, に出よ, に出る, に勝ち度さ, に活躍, に荒木又右衛門, に首尾, のお, のしだい, の一くさり, の中, の勝名のり, の毛利玄達, の立合, へ出, へ出る, も忽ち, をやる, を催す

▼ 御前会議~ (25, 1.4%)

2 の席上

1 [23件] がおわりました, がひらかれた, がまるでもう, が終わる, が開かれた, であの, ではスペイン人身代金問題, では伯爵, でノリス, と為り, にて誓い, に出頭, のテーブル, のルポルタージュ, は例外, は召集, は歴史的, また熱烈, をし, をひらい, を支配, を牛耳っ, を開いた

▼ 御前には~ (16, 0.9%)

1 [16件] ご縁故, すでに大勢, 一日は, 上等過ぎる, 再婚以後の, 哀願者として, 善智識だ, 大変気の毒だって, 家中の, 差出しません, 己の, 持てないじゃ, 気の毒な, 沈の, 神, 縁の

▼ 御前から~ (14, 0.8%)

2 見れば

1 [12件] おとりなし, お退がりで, きいた言葉, ただちに絞首台, 下がって, 二時間半の, 出て, 劒岳に, 卑怯と, 閉め出されて, 離れて, 頼まれたり

▼ 御前~ (10, 0.6%)

1 からおれ, からじ, つてさ, つて家族の, という, ね, のってほど, のと, のの, ものくだらない

▼ 御前さま~ (8, 0.5%)

1 が大, じゃ, とか御飯, にお, に刃, の部屋, はお, は未だ

▼ 御前だって~ (8, 0.5%)

1 お怪我, そうぶらぶらし, たった一人, 健全な, 分るだろうさかり, 家族の, 後へ, 満更道楽

▼ 御前より~ (8, 0.5%)

2 別嬪だ 1 あとだ, おれの, 学問も, 御説明, 旨いって, 追放された

▼ 御前演奏~ (8, 0.5%)

3 をした 2 をいたしました 1 の時, をし, をやつ

▼ 御前において~ (7, 0.4%)

2 盃を 1 再評議, 封切りの, 床から, 水野越前守殿自らこの, 閣議を

▼ 御前にて~ (6, 0.3%)

1 候, 初冠, 吟味の, 安楽庵策伝といふ, 歌は, 自らみがきととのへ

▼ 御前~ (6, 0.3%)

1 へ執成し, へ罷, へ親父, まことに散々, よしなにお, を取

▼ 御前揮毫~ (6, 0.3%)

2 の栄 1 の節, はいずれ, をせよ, を致した

▼ 御前~ (6, 0.3%)

1 が何だか, はここ, はのらくら, は遊者, もそうのらくら, も尻

▼ 御前では~ (5, 0.3%)

1 あらゆる機会, あるまいか, だれも, ほんた, 二度と神仏

▼ 御前でも~ (5, 0.3%)

1 いい間抜け, いろいろ物を, 再来しない, 心を, 自分じゃ

▼ 御前一人~ (5, 0.3%)

1 が依, でやる気, のよう, はまた, をまっ

▼ 御前~ (4, 0.2%)

2 黒の 1 シキへ, 健康診断を

▼ 御前この~ (4, 0.2%)

1 女は, 政どんは, 殿様, 者は

▼ 御前これ~ (4, 0.2%)

2 はやつぱりお公家さま 1 におります, は光悦

▼ 御前たち~ (4, 0.2%)

1 と異なっ, に對, は在家, を疎んじる

▼ 御前てい~ (4, 0.2%)

1 は, よろしくなく, をしくじっ, をよろしく

▼ 御前という~ (4, 0.2%)

1 お方は, ことも, のは, 人は

▼ 御前とは~ (4, 0.2%)

1 知らずお, 知る人, 違うん, 長沢松平の

▼ 御前などは~ (4, 0.2%)

1 これからでございます, まだ戦争, 普通立女形の, 此類である

▼ 御前仕合~ (4, 0.2%)

2 で見事 1 と申す, の講談

▼ 御前近く~ (4, 0.2%)

2 へ御召 1 にいる, を騒がさん

▼ 御前あの~ (3, 0.2%)

1 伊兵衛めが, 屏風を, 私の

▼ 御前~ (3, 0.2%)

1 ひとりで, 危の, 焼き捨てに

▼ 御前といふ~ (3, 0.2%)

1 のは, 名で, 妹が

▼ 御前との~ (3, 0.2%)

1 一情話が, 仲の, 間に

▼ 御前にも~ (3, 0.2%)

1 出るとぞ, 話した通り, 讐だ

▼ 御前~ (3, 0.2%)

1 の権現様, の頂上, へ往復

▼ 御前製作~ (3, 0.2%)

1 ということ, は見事, をし

▼ 御前こと丘田~ (2, 0.1%)

2 お照

▼ 御前さま方~ (2, 0.1%)

2 の御相手

▼ 御前さん汽車賃~ (2, 0.1%)

2 を持っ

▼ 御前さん達~ (2, 0.1%)

1 は少し, も飯

▼ 御前それ~ (2, 0.1%)

2 はほんとう

▼ 御前そんな~ (2, 0.1%)

1 事を, 経験を

▼ 御前そんなに~ (2, 0.1%)

1 お貞さん, その子

▼ 御前です~ (2, 0.1%)

1 か, からな

▼ 御前とも~ (2, 0.1%)

1 仲が, 申したお方

▼ 御前どうか~ (2, 0.1%)

1 おしかい, したの

▼ 御前~ (2, 0.1%)

1 ので甚だ, んざよく

▼ 御前なんか~ (2, 0.1%)

1 一日中机に, 鉄砲を

▼ 御前なんぞは~ (2, 0.1%)

1 まだ勘平さん, 実に仕合せ者

▼ 御前へは~ (2, 0.1%)

1 出ないつもり, 身が

▼ 御前みた~ (2, 0.1%)

1 ように, 様な

▼ 御前~ (2, 0.1%)

1 巫女の, 御前の

▼ 御前をも~ (2, 0.1%)

1 かえりみず一同, 憚らず

▼ 御前~ (2, 0.1%)

1 か八かや, に逢うだろう

▼ 御前今日~ (2, 0.1%)

1 は大変立派, は日曜

▼ 御前如何~ (2, 0.1%)

1 ですそう, にたけり

▼ 御前~ (2, 0.1%)

1 出立と, 菓子を

▼ 御前~ (2, 0.1%)

1 よろしくお願い, よろしゅうお詫び

▼ 御前會議~ (2, 0.1%)

1 で, と爲

▼ 御前本当に~ (2, 0.1%)

1 出る気, 直と

▼ 御前様それ~ (2, 0.1%)

1 はお, は波止場乞食

▼ 御前相伴衆~ (2, 0.1%)

2 の箸

▼ 御前~ (2, 0.1%)

1 の下流一町, の地先あたり

▼ 御前~ (2, 0.1%)

1 の料簡, 近頃鶉

▼ 御前~ (2, 0.1%)

1 かと頼母, この狐

▼ 御前細工~ (2, 0.1%)

1 というもの, に不首尾

▼ 御前見た~ (2, 0.1%)

1 ような, 様な

▼ 御前評議~ (2, 0.1%)

1 の席, をなせり

▼ 御前~ (2, 0.1%)

1 からそんな, が一番好きだい

▼ 御前講演~ (2, 0.1%)

1 の栄, の添削

▼ 御前近う~ (2, 0.1%)

1 参ると, 宿直し

▼ 御前~ (2, 0.1%)

2 が出来る

▼1* [209件]

御前ああいう美姫, 御前あすこへ行く, 御前あるいはお上と, 御前あれから逢った, 御前あんなものを, 御前いいかげんにあそばせよ, 御前いかがでございましたな, 御前いささかの進退, 御前いつ束髪に, 御前くらいの身体で, 御前こうやって, 御前ここへ墨, 御前こそ卑怯だ, 御前この間もそんな, 御前こんな所に, 御前うお怒り遊, 御前さえそれで, 御前さっきのもの, 御前さまおまえにお, 御前さんがたの意見, 御前さんレコに参っちまっ, 御前さん以上には浮ばれない, 御前さん夕食を食う, 御前さん大丈夫かい, 御前さん幾年になんなさる, 御前さん御苦労だつたね, 御前さん支度はいい, 御前さん汽車へ乗る, 御前さん私の名前, 御前さん野にする, 御前さん飯は食わなくっ, 御前さん馬車へ乗る, 御前ざます, 御前しっ黙っていない, 御前しばらくお待ちを, 御前じゃない, 御前すら撫子に, 御前せっかくであったが, 御前そうして荷を, 御前そのまんなかに, 御前だけが古来有名, 御前だけを拝むよう, 御前だつて満更, 御前ちかく召されて, 御前やない, 御前いただ, 御前であってもと, 御前であったところから, 御前であったならなんら問題, 御前であろうとも事, 御前での管絃の, 御前とかいう女性の, 御前どうするつもり, 御前どうしてそのよう, 御前どこへ行く, 御前などもちと, 御前などが御聞き, 御前などでは他の, 御前などと敬い奉りますから, 御前などに心配し, 御前などの歌会の, 御前なども領主の, 御前などを詫びに, 御前なりしに, 御前なり忍ぶべからざるを, 御前なるもの実際, 御前なればこそ怪我人, 御前なんぞには分るまいが, 御前にかけて誓う, 御前にさえそのくらい, 御前にだってそうだろう, 御前にての物語に, 御前にまで出られる立派, 御前にや好い相手, 御前に対して変るもの, 御前に迄もそのよう, 御前ひどく立腹したる, 御前へと運ぶ, 御前へという大町の, 御前への返書として, 御前へも出られたの, 御前ほんとにわたしは, 御前また二た, 御前まで賛成し, 御前みんごと抜けられたではござりませぬか, 御前もう何で御座いますよ, 御前よっぽど物覚がわるい, 御前よろしゅうお取りなし, 御前らしい鷹揚さでした, 御前わざわざ薬王寺前へ, 御前をとほつて, 御前ニ参我父存命ナラバ二度本意ヲ遂ゲ, 御前メレジスという人, 御前一つ手紙をかい, 御前一人ほか子をもっ, 御前一郎に近頃, 御前三十三歳四番にはおわ, 御前三千世界のいずれ, 御前三条岩倉以下卿相列座の中, 御前世界で一番, 御前中宮朱雀院へまわる, 御前二人は此程, 御前二十五円かかったん, 御前二郎に和歌山, 御前云々是は一, 御前の思はく, 御前今夜どうじゃ, 御前今年幾歳になる, 御前今朝のこと, 御前の心, 御前以外にも色々, 御前伊勢の手, 御前伯父も本心, 御前の年頃, 御前うなること, 御前何ぞ和尚さんに, 御前何卒讐討つて下だ, 御前何處へかお, 御前信仰の心, 御前信夫さんねえあの, 御前より, 御前が留守, 御前兄さんを好い, 御前先刻満洲, 御前其の花吉と, 御前加那志と言, 御前勝負親の死目, 御前十六歳三番には中納言, 御前千円は少し, 御前叡山の麓, 御前只今新聞がまゐりましたから, 御前名宛には御膳料, 御前である, 御前大丈夫でございますこの, 御前大岳陣場景信などが皆, 御前奥様に御, 御前姫様はようよう, 御前子供ができた, 御前宗近へ行く, 御前山吹御前ああいう, 御前岡本さんへ行っ, 御前へかけ, 御前島田の事, 御前川上わしゃ川下で, 御前が借りる, 御前で更に, 御前平に不思議な, 御前彫刻などには大抵刀, 御前後詰は峠, 御前急いで通り, 御前愚庵の板前, 御前手疵を, 御前はまだ, 御前故人の句, 御前しの, 御前服部式部どの誕生日, 御前本当は誰の, 御前に幾通, 御前楠木正成新田義貞源義經那須與一等で綺麗, 御前様お姫様を以て自ら, 御前様これがあの, 御前様以上の御前様, 御前様光悦屋敷とやらのこと, 御前様唯今の御, 御前様奥様は花, 御前様専用のもの, 御前様御事を思死, 御前様明日のお, 御前様蜜柑をとの御意, 御前橘イワハゼウイキョウ深山鍬形三葉黄蓮など山, 御前橘岩鏡に高根日蔭縵, 御前橘岩鏡苔桃などが下草, 御前橘石楠姫石楠イワハゼ珍車岩高蘭立山竜胆蔓苔桃麒麟草猩々袴鷺菅などがあり, 御前殿様は, 御前沢谷落合凡そ一里許りに, 御前甲野のところ, 御前登った事が, 御前白ヒゲ百花園と昔, 御前相撲がうち終わっ, 御前着物を着, 御前競射をする, 御前籠舁入るるは, 御前絶えまもなく, 御前羨ましい恋よ, 御前聞いて来た, 御前聴いてたんだろう, 御前をひかえ, 御前自ら何ということ, 御前自分の着物, 御前至って御機嫌であった, 御前行くが好い, 御前行ってねそう, 御前裁きという, 御前裁判を受けた, 御前見たいに暮し, 御前訳ア御わせ, 御前試合剣道とちがっ, 御前試合流の遊び事, 御前話したかい, 御前調べにひき出される, 御前の下手, 御前を挙げる, 御前迎えと呼ん, 御前近きより幸福, 御前近頃岡本の所, 御前通りの法華寺門前, 御前遊んでたら, 御前長命寺の辺, 御前で働く