青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「店先~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

広間~ 庄~ ~床 床~ 床の間~ 序~ ~底 底~ ~店 店~
店先~
店員~ 府~ ~度 度~ ~度々 度々~ 度目~ ~座 座~ ~座敷

「店先~」 1077, 11ppm, 9723位

▼ 店先~ (314, 29.2%)

14 腰を 13 立って 9 立つて 6 並んで 5 腰掛けて 4 すわって, 出て, 立つと 3 ぎはひぬ, 並べて, 坐って, 腰かけて, 足を, 飾って

2 [13件] ならべられて, ゐさ, 一人の, 出る, 掛ける暖簾, 立ちました, 立竦んだ, 縁台が, 置いて, 転が, 雨宿りを, 頬杖を, 飛込んで

1 [211件] あった羊皮, あつまって, あつまる会葬者, あらわれず, あらわれた, あるの, ある伏せた桶, ある商品, ある日用, ある石鹸, ある筈, ある陶器, ある電信柱, いた, いたと, いた二人, いた彼, いた汚い, いて, いませんでしたが, おびき出し暗がり, お越しのさ, かけて, かけられる, かざって, こんなに種々様々, さげる大, さらされて, しよんぼり坐つて, しよんぼり立つて, すわり直して, ずかずか入っ, ずらりと列ん, せり出して, そういうもの, その姿, そんな風, た, たちどまって, ちょこなんとかしこまっ, ついた店先, つけられました, つないだま, つないで, つり下げられたもの, ならば, ふと貧乏徳利, ふと足, ふらと, ぶらさげて, ほうり出されて, ぼろけた重くろしさうな, ぼんやり坐っ, ゆきさえ, カアテンが, ガラッ八, ガラツ八の, キャラメルが, チャンと, ドッカと, ドツカと, ブラ下が, ブラ下げ, ブラ下げた, 一つしか, 一本の, 三四人ひと集りし, 下って, 並べた古本, 並べられた書物, 並べられた緑, 並べられ土間, 並べ出した, 並べ立てた安物, 並べ軒下, 並んだ大小幾十, 並んだ番重, 並んだ端, 人だかりが, 人影の, 休ませて, 伴れ出し, 佇みながら, 佇んで, 停めると, 出して, 到るに, 卵形の, 古い刃物類, 吉原の, 吊るして, 坐つて町, 坐つて麗, 坐り込んで, 坐を, 大きい樽, 女の, 姿を, 媼と, 客引きの, 寄り衣裳, 寝ころんで, 小鳥の, 尻を, 居た小僧, 幾山も, 引つ張り, 張りならべられた, 張子の, 当たって, 彳んだ, 待たして, 待たせて, 打ち水の, 投げとばしころげるよう, 抛り出されて, 拡げた, 持つて, 据えて, 据ゑられた簟笥や, 掛ります, 放って, 散らばった商品, 旅の, 日よけの, 日本の, 時事新報が, 暫く佇ん, 机を, 李が, 来て, 楕円形の, 止つた馬車から, 残したまま, 毛氈なぞを, 浮かぶ, 涼んで, 烈日の, 現はれる, 現る, 現れる, 留って, 目を, 看板を, 眠って, 着いて, 着いてを, 私の, 突つ立つ, 立たされたので, 立たないの, 立ちどまった二人, 立ちどまって, 立ちゴオグ, 立ち寄った, 立ち止まったので, 立った, 立ったまま, 立った様, 立った私, 立つ, 立つの, 立つもの, 立つ段, 立てて, 立てば, 立て掛け上がったり, 立出で, 立寄りました, 立話を, 紙製の, 絞め殺されて, 置き誰, 美しいマリー, 美しく飾りたてられた, 群らがって, 聲を, 腰掛けた, 腰掛けるもの, 自分の, 葡萄の, 蜜柑の, 行って, 行つて圓い, 裸体画が, 見せなくなった, 見る女, 變な, 赤提灯廻燈籠多く, 踞みました, 較べては, 込合って, 迎へて, 近い水桶, 近づき棚, 通りかかったとき, 遊んで, 郵便脚夫が, 金屏風を, 釣鈎や, 錦絵が, 鏡に, 閃く友禅, 閃めく, 集って, 集つて来た, 顏を, 飛び込んだり, 馬車を, 駈け込んだ, 騎馬用の

▼ 店先~ (143, 13.3%)

13 腰を 7 出て 4 来て 3 出ると, 行って, 顔を, 駈けて 2 來て, 夫こそ, 月が, 水を, 顏を, 飛んで, 飛出しました

1 [93件] あつまって, あのボロボロ, お頼ん申す, かつぎ込まれた, くると, すりつい, ずいと這入っ, ずかずかと, ずっとはいった, ずっとはいる, それこそ, つけさせ裏口, つないで, とびだして, ぬつと, のぞいた顔, はいって, ぽっさり, まいりサア打, まぶし相, やって, やってきました, よって, ガラガラと, ガラツ八を, ドサリと, 一臺の, 上り胡坐, 下ろした荷車, 中年の, 乗りつけると, 二挺の, 交魚の, 佇んで, 佐々木小次郎とかいう, 入ったの, 入つて來, 入ろうと, 出かけたん, 出る, 出迎える, 友達が, 器用に, 坐って, 寄り添うよう, 引きかえして, 引返し姿, 御用聞が, 怒鳴り込んだもの, 戻ると, 投げて, 投げ込まれたの, 抛り込んで, 掃きに, 早う立てい, 札を, 来ると, 椽台などを, 泥を, 淡色の, 私を, 立ち学校, 立ち猪, 立ち迎え, 立った, 立つじゃァねえか, 立つて, 立つと, 立寄って, 立止りました, 簾を, 腰掛けても, 荷車を, 行つて見える, 見に, 訪ねて, 買ひものに, 買物にでも, 走り出た, 軽く挨拶, 迎えに, 近づくに従って, 這ひ出た, 這入って, 這入つて, 運んで, 遣って, 陽に, 集つて出掛ける, 飾ったり, 飾って, 馬糞を, 駈付けるが

▼ 店先~ (136, 12.6%)

4 誰れ 3 言はれる 2 あんまり大きな, これも, それを, チラと, トン, 将棋を, 茶を, 遠慮も, 雨の

1 [111件] あのとき, いきなり一冊, いきまいて, いくらかの, いちばん愛嬌の, うつらうつらと, おおぜ, お前が, お武家樣, こちらの, しばらく旅, そういう行列, でんがく, とろろ汁を, どこかの, ふとおれ, ふとかいま見た, ふと口, ふと思いついた, ぶつかり愈々, ぼんやりと, ぼんやり考え, めっけて, ゆつくり, ウロウロし, ガタガタと, コトコト音, ゴトゴトやっ, サイダーに, ザク, シッポを, セルゲイの, ハタと, マグロを, 一人の, 一冊の, 不似合, 乏しい蟇口, 二三日の, 二代目伊之助が, 他人を, 何か, 修繕を, 六月上旬の, 其方が, 卵や, 名を, 君に, 呶鳴り立てる, 品選りする, 売られて, 売りつつ, 大声に, 夫婦間に, 女子供が, 子供たちの, 客の, 宿の, 小僧が, 小児の, 小説月評といった, 平次は, 店の, 引抜いて, 張番し, 彼女の, 徳利の, 感に, 手あたり次第に, 手に, 手代の, 撫子の, 擇びまして私の, 朝刊を, 梶棒を, 水を, 無遠慮に, 焼いて, 番を, 癇癪持らしい, 真黒な, 眼を, 私の, 私は, 立停つ, 立停り, 立止っ, 笑いましたよ, 算盤を, 耳を, 自分はか, 自分を, 花々しく製造, 花を, 若い男, 茫然として, 草鞋を, 落ち合う, 西洋菓子を, 見たとき, 見た他人, 見られた絵姿, 見られるであろうあの, 親類らしい, 談話は, 買い物を, 雑誌を, 青ン膨の, 餅を, 鰻を, 鼻汁を

▼ 店先~ (115, 10.7%)

3 ような, 喧嘩なりませぬ 2 人目が, 往来を, 板間に, 柱に, 硝子戸を, 縁台から, 縁台に, 鋪道の, 隈を

1 [91件] お喋りで, お客さんの, ごとくに, ガスの, ガラス張りの, ショーウィンドウの, ドブ板の, ブリキ板を, ベンチに, 三十貫も, 上がりが, 上がり框に, 上りが, 並木の, 二つの, 二畳ばかりの, 人目に, 仕事を, 値段札を, 光景が, 図, 土間の, 大福餅を, 大釘, 奥から, 履き物を, 山椒の, 庭の, 弥次馬を, 往来で, 往来に, 戸を, 打ち水に, 掃除を, 提灯の, 敷台まで, 方へ, 日よけの, 時計でも, 暑さ, 暖簾を, 果物や, 柳の, 框に, 框の, 框まで, 棒鱈の, 椅子に, 構造から, 様に, 様子は, 様子も, 樣だ, 涼み台で, 涼み台では, 溝板の, 滝夜叉姫の, 火鉢に, 灯に, 煤けた木札, 物蔭で, 畳に, 白ネギの, 看板にでも, 看板ばかり, 硝子に, 硝子箱には, 神棚の, 窓硝子の, 立話も, 組上燈籠三枚続きの, 絵姿は, 繁昌し, 置座に, 葛籠の, 薄明り, 蜜柑も, 街路に, 袢天著は, 諸道具, 軒を, 軒先に, 鉄格子から, 鉛筆を, 陳列台に, 障子が, 障子を, 雨明りの, 額の, 風景に, 駄菓子を

▼ 店先~ (81, 7.5%)

6 覗いて 4 掃除し 3 借りて, 出て 2 かりて, ウロウロし, 掃いて, 軒ごとに, 通るとき

1 [55件] あさって, あちこちし, あちこち歩い, お通り, かこんで, きれいに, くぐった, さりました, た, ちょこちょこ歩い, どんなに恋しく, のぞいた, のぞいたいろは屋文次, ウロ, ウロウロキョロキョロ, カッと, 一軒も, 二三間離れ, 人々と, 人が, 掃くの, 新しくし, 毀す, 毎日窺わせた, 漁り廻っ, 照した, 片づけて, 眺めたり, 眺めて, 眺める白衣, 美しく飾る, 肝心の, 脇目も, 見ると, 見廻しました, 覗いた時, 覗いた時せつ, 覗きこんだ, 覗きながら, 覗き込むと, 覗くと, 覗くの, 通った, 通りかかった一人, 通りかかった呉羽, 通りかかりながら, 通るたび, 通ると, 通る馬子, 通過ぎ二十軒茶屋の, 過ぎて, 開けて, 離れた, 離れてから, 飾って

▼ 店先には~ (53, 4.9%)

2 死骸を

1 [51件] いわゆる, お爺さんが, きょう獲れた, その頃武蔵屋, まじめくさった年輩, もう二三人若者, ガラスの, ガラス器に, ラジオの, 一ぱい日が, 一パイ人が, 二十人ばかり, 人の, 人も, 何ごとかと, 何処にも, 商品が, 夏と, 大きい青, 大きな尨犬, 娘に, 客足も, 小さな薄板, 小鰺, 帳場格子と, 幾台と, 必ずと, 新しいのれん, 時たま純, 海産物の, 湧いて, 熱海の, 狗ころ一匹往年の, 王さまが, 白い花, 百姓の, 眼鏡を, 瞽女の, 種々な, 竜神街道や, 良い代物, 若い男女学生, 茂った葡萄棚, 葡萄酒の, 行列に, 見覚えの, 足も, 道ゆく, 雛人形が, 高い勘定台, 鰊一尾まる

▼ 店先から~ (50, 4.6%)

5 出て 2 お師匠さん, お菊

1 [41件] そっとうかがえ, その人, のぞいた所, はたはたと, 一人の, 与えようと, 乗ったとき, 五六歩離れる, 何気なく振り返つ, 入って, 入つて子分共, 出刃庖丁を, 取おろして, 取ったもの, 商人の, 奥が, 射す光, 少し離れた, 左へ, 往來ばかり, 思いきって, 戻って, 担ぎ出された, 散って, 望みある, 次々に, 涼しげに, 発見した, 窺いた, 立ち退かないとも, 紫色の, 聲を, 街上へ, 街道の, 裏へ, 見えて, 見通しの, 覗いて, 詰問する, 釣り出して, 離れて

▼ 店先~ (44, 4.1%)

2 につと, に佇んだ, は入れ

1 [38件] で折々, には何時も, には格子, には熟した, には町, には絶えず, には飾窓, にぶら, にツバキ, にミシン, に並べた, に備え付け, に先刻, に出掛ける, に呼びこん, に在る, に坐, に小鳥, に廻つて, に種々, に胡瓜, に腰, に自分, に近い, に飼, に飼われ, のよう, の日向, の腰掛, の陽向, へ吉原, へ屏風, へ立った, へ腰, まで小, を右, を掃い, 多くの

▼ 店先~ (15, 1.4%)

2 いっぱいの

1 [13件] お祭り, からっぽに, ごたごたし, ひっそりと, ひつそりし, 亭主が, 大笊, 市を, 揚板に, 益々空っぽ, 私が, 野次馬の, 非常に

▼ 店先きで~ (13, 1.2%)

1 [13件] お馴染, さ, はフラスコ, ふつと, もぞもぞし, アッシの, 人が, 奉公人どもが, 巨頭の, 彼女に, 私は, 私を, 自転車の

▼ 店先では~ (12, 1.1%)

2 三つの, 見知らぬ若者 1 あまり端ぢ, ちょうど小僧, とんとんと, 奥の, 礼帽の, 禮帽の, 編笠の, 若衆が

▼ 店先まで~ (11, 1.0%)

2 来た 1 そっと歩い, スーと, 出て, 出掛けた叔父, 積んで, 走り出ると, 送って, 送り出した, 逐ひかけ

▼ 店先にも~ (8, 0.7%)

2 格段の 1 その品物, ちゃんとアインシュタイン, クレエヴンや, 折々鎧, 旧式の, 見事な

▼ 店先~ (7, 0.6%)

1 または民家, 妓楼の, 宝石商の, 居酒屋の, 焼け跡の, 行人から, 街路に

▼ 店先~ (6, 0.6%)

1 あった, 一層うす暗く, 写る, 多かった, 眼に, 騒々しかった

▼ 店先~ (6, 0.6%)

2 その親爺 1 その前, であった, 其の前, 近い光景

▼ 店先などに~ (5, 0.5%)

1 丸い笊, 人が, 立って, 見る人たち, 転がされて

▼ 店先~ (3, 0.3%)

1 あるいは電柱, なんかへ, 知ら

▼ 店先でも~ (3, 0.3%)

1 どこででも, まじめに, 沢山水瓜を

▼ 店先からは~ (2, 0.2%)

1 斜めの, 見えぬやう

▼ 店先じゃ~ (2, 0.2%)

1 誰の, 騒々しいこと

▼ 店先~ (2, 0.2%)

1 が夜, つた事に

▼ 店先にて~ (2, 0.2%)

1 人の, 大勢の

▼ 店先にでも~ (2, 0.2%)

1 立つたやう, 近よります

▼ 店先へそー~ (2, 0.2%)

2 っと置い

▼ 店先~ (2, 0.2%)

1 夜の, 雨に

▼ 店先喧嘩~ (2, 0.2%)

1 が始まった, が始まつた

▼ 店先~ (2, 0.2%)

1 から一目, は往来

▼1* [34件]

店先あたりで誰か, 店先いっぱいに古着, 店先うまそうな, 店先からも声が, 店先きのごとくわたし, 店先きの方に傾い, 店先だの家の, 店先であるかのやう, 店先でしたから伝六, 店先でなくなつた, 店先でなくお目にかかつてお話を, 店先での娘の, 店先とは主客の, 店先とを横に, 店先どうぞ奥へ, 店先などへは唐芋や, 店先などを通って, 店先において帰って, 店先における船の, 店先にては忙わ, 店先にとまつたらしい, 店先へなど現れず依然として, 店先へのッそりと, 店先へはかれいや, 店先へも顔を, 店先までにおって, 店先までも占領し, 店先やに挨拶を, 店先よりはじめてその, 店先二間あまりに硝子戸, 店先大谷徳治が湯帰り, 店先往来のいたる, 店先或は街上に, 店先若旦那が坐つ