青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「得意~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

得ず~ ~得た 得た~ ~得ない 得ない~ ~得なかった 得られる~ ~得る 得る~ ~得意
得意~
從~ 御免~ 御前~ ~御存じ 御存じ~ 御殿~ ~御用 御用~ ~御覧 御覧~

「得意~」 3485, 38ppm, 3076位

▼ 得意~ (750, 21.5%)

18 色を 17 投げ錢 16 色が 13 絶頂に 8 微笑を, 鼻を 5 馬術で 4 もので, 信用を, 方で, 腕を 3 ときに, ものを, ようだ, ように, 体で, 啖呵を, 時に, 雄弁を

2 [37件] うちに, おしや, お引立て, お芝居, ために, ところであろう, ものだ, ものであった, ようである, ようにも, 人の, 人達にも, 境遇なりと, 境遇に, 微笑の, 微笑を以て, 情に, 情を, 感を, 手で, 技を, 日に, 時で, 時代は, 暴力だ, 様よ, 歌劇, 気味で, 物である, 笑みを, 絶頂であった, 舞を, 藝を, 面持で, 響きが, 順風耳で, 鼻唄を

1 [551件 抜粋] あまり叫ばず, あまり夢中に, ある所, いろを, おどけ芝居だ, お喋りを, ことなく, ことを, さかりであった, せせら笑いを, だんなな, ちくいちを, といっ, ときと, ところで, ところへ, ところも, ところらしく, なりわいの, ばか踊り, ひと手, ひと言由の, むっつり流, もぐりを, ものだろう, ものと, ものな, ものをね, やうで, やつが, ようじゃ, ようすだ, ようすである, ようで, ようであった, ようです, ようでも, ような, イギリス文学罵倒が, オシャベリで, オルガン曲の, ガスを, コカインの, スカンジナビヤ半島談あたりから, タンカも, ドイツ語を, ナポリの, ニッポン型ファシズムと, ピストルでも, フロイディズムです, ポーズな, メントル・テストに, ライスカレーの, レペルトアルは, ロココ風の, 一つだった, 一つ芸たちまち, 一中を, 一中始まり, 一刀流を, 一席で, 一応の, 一手, 一撃を, 七言絶句詩が, 三味線の, 下町調で, 世と, 世界が, 世界であった, 世界でなけれ, 世界とも, 中にも, 中央突破戦法であっ, 人である, 人とは, 人は, 人情話なれ, 人生論や, 仕業である, 令嬢だ, 伊太利民謡です, 伎倆を, 伝六が, 位置より, 位置を, 体, 余り踴躍した, 作であった, 作である, 作では, 作の, 侫弁を以て, 便宜を, 信用は, 俥で, 俳句を, 俵編みも, 光を, 再建論を, 冗談だつた, 冗談口や, 処である, 処を, 出し物であった, 出鱈目を, 分が, 剣術を, 剣道も, 劇評は, 力業に, 北京語は, 十四行詩で, 反動から, 取引先と, 口笛の, 口術いま吐い, 句に, 台所への, 同情を, 吟声を, 呼び物の, 哲學である, 問題には, 喜多流, 嗜好と, 器械体操の, 四書五経を, 団十郎物を, 地団駄です, 地歩を, 場合で, 場合と, 場合よりも, 場所だ, 境遇, 境遇には, 壇上だった, 壇場が, 壇場だ, 壇場だった, 壇場な, 壇場に, 変装まで, 夕霧伊左衛門を, 夢を, 大名の, 大外刈り, 大多数, 大眼玉, 大言と, 大風呂敷, 奇声を, 奇術を, 奇襲に, 奇蹟と, 奴という, 好みに, 姿, 定客, 実物研究上に, 宣伝語だった, 小ツル, 小包作りに, 小原田参四郎と, 小夜衣草紙を, 小歌という, 小鴨も, 山水が, 左道を以て, 席を, 席畫を, 平手打ちを, 平泳ぎを, 庖丁磨きを, 弁舌を, 弓矢の, 弓矢を, 弟を, 当身であった, 当身を, 影が, 得物と, 御愛顧, 御時期, 御様子, 御模様, 微笑が, 微笑だ, 微笑禁じる, 心が, 心境に, 心状と共に, 心理学でも, 忍術で, 忍術を, 快弁流るる如く, 念に, 念の, 念も, 念を, 怪筆を, 怪談ばなしが, 情が, 情の, 情は, 意味を, 意気や, 感情が, 態で, 態度だ, 戒刀を, 戟を, 戦法と, 戯談である, 所なるべけれ, 手が, 手だった, 手に, 手並を, 手伝いを, 手腕を, 手裏剣を, 手踊を, 才筆を, 投げなわが, 投げ銭が, 投げ銭です, 投げ銭一箇は, 投げ銭山吹色の, 投げ銭掌を, 投網の, 投網を, 投錢, 投錢が, 投錢でも, 投錢を, 押売を, 指を, 振舞ひ, 捕縄を, 揚心流当て身で, 擅場也, 放れ業を, 敬四郎が, 数は, 数も, 文句を, 文学的表象を, 料理談に, 新口村を, 方から, 方は, 方面の, 早繩, 早耳で, 早足で, 早足一も, 時, 時であった, 時と, 時代が, 時代で, 時代と, 時代に, 時代ばかり, 時代を, 時分に, 時期において, 時節でなけれ, 曲を, 最も集中, 最高潮, 朝鮮人に, 木登りで, 本は, 杖槍は, 杖槍を, 棒を, 業である, 楽器を, 構えだ, 構えに, 槍を, 槍先をもって, 様子で, 樣子だ, 横歩きで, 横読みを, 横顏を, 歌だった, 歌である, 歌を, 歌留多声を, 此の, 武芸を, 死の, 毒舌の, 水泳を, 水練で, 泣き迄, 泥画は, 注文を, 流行歌を, 浮き出し人形, 海老コロッケなどを, 涅覓論である, 演じもの, 演題にて, 炯眼を, 為めに, 煎田作, 煙術を, 熱弁で, 牛鍋屋の, 物を, 独唱が, 独唱を, 独断を, 猥談でも, 猿を, 猿楽は, 玉突さえも, 現在に, 理論を以て, 琴に, 産物なる, 畫で, 白い手, 眉を, 眼付で, 瞑想に, 瞬きを, 瞬間であった, 神秘捏造を, 禅の, 禅ぽい, 科目だ, 科目で, 税関吏ワイトマンと, 種にまでさえ, 種目では, 種類は, 空中足ぶみを, 立泳を, 章駄天です, 章魚の, 童話の, 笊棋の, 笑を, 笑聲を, 笑顔と, 第五列, 筆で, 筆法で, 筈です, 筍入りチャプスイだ, 算盤とか, 節おもしろく, 節で, 範囲が, 範囲は, 米友流の, 細工であった, 組打ちを, 絵を, 絵物語で, 絶頂, 絶頂ぢや, 絶頂で, 絶頂であったろう, 絶頂でした, 絶頂です, 絶頂の, 絶頂時代だった, 綺麗な, 編曲物だ, 繭紬の, 美音で, 美音を, 羽左梅幸, 耳と, 聽込みを, 肩すかし, 肩を, 胸を, 腕ずくでは, 腕っぷしを, 腰投で, 腹の, 腹話術では, 自分で, 自動交通信号機が, 自源流水月, 自由廃業で, 興趣水上に, 舞台に, 舞踊劇, 船町倉次郎は, 色あり, 色ざんげを, 色とが, 色やがて, 色見え申候, 芝居がかりで, 芝居を, 芝居絵の, 芸題を, 英語の, 茶を, 草香流や, 葡萄栽培は, 薄笑ひ, 藝當で, 處, 蛇がらみが, 術という, 表情である, 表情に, 西部劇にでも, 見栄を, 見聞を, 親子別居論の, 観察から, 言い方で, 言葉に, 言語学に, 詩でも, 詩や, 詩句の, 詩吟は, 詩吟を, 話の, 話ぶりでした, 話題に, 説教を, 読み物であった, 論理学とか, 論調で, 諸手突で, 講義を, 議論で, 議論口調に, 責め手な, 赤頭ふっ, 趣味好尚に, 踊をを, 身振りであっ, 躰, 辛辣な, 迷惑に, 逃支度冗談で, 速記に, 醇粋な, 鉄砲を, 錢が, 長広舌, 間に, 関東節も, 阪本でござい, 陶酔状態だ, 隠し芸を, 隠喩で, 隷書体で, 雄弁に, 霊筆に, 青海波を, 青錢, 面で, 面持だった, 鞠を, 音楽さえ, 音楽を, 音楽ベートーヴェンの, 順風耳千里眼を, 領分へ, 頭を, 題材とも, 題目で, 額に, 顔つきを, 顔で, 顔を, 顔色を, 風を, 饒舌を, 駄弁ナニワ節フラダンス熱演効なく, 駈足, 騎馬隊が, 體だつた, 高い音, 髭を, 髯さえも, 髯を, 魔の, 魔術を, 鼻, 鼻は, 鼻唄であります, 鼻歌である

▼ 得意~ (671, 19.3%)

289 なって 71 なつて 26 して 16 なった 7 なつた 6 なり 5 なりて, なりました, なる 4 なるの 3 なったり, なると

2 [18件] した画家, するの, する粟餅屋, それを, なったが, なった事, なっては, なつて案内, なること, なるよう, やっちょ, 一段落を, 代助, 対すると, 差して, 思った, 感じて, 振舞たがる

1 [195件] お民, かがやいて, かがやく, させて, させること, させるため, さへ, されたり, したかも, しちまえば, してさ, しました, しゃべって, しようと, し中津川, し度, する, するこの, すると, するよりも, する人, する人達, する今日, する声楽家, する奴, する年輩, する明国ばなし, する理由, する者, せびりつくの, その日, つかう短刀形, つけ失意, なったかと, なったこと, なったって, なったの, なったので, なったほど, なったもの, なったもん, なったらしく一心に, なったらしく今, なった朝寝, なった神尾, なった私, なった茂太郎, なっていう, なってや, なってるもの, なってるん, なっで, なつたの, なつたり, なつてる, なつて人, なつて八字髯, なつて吹聴, なつて報道, なつて帰つて, なつて帰宅, なつて翻訳, なつて説明, ならざるを, ならせる許, ならないでは, なられまして, なりあるいは, なりきげん, なりさも, なりたいため, なりたかだか二万法, なりながら, なりましたが, なりまた, なりスノー, なりセッセ, なり売り買い計算, なり女, なり帰った, なり意気揚々, なり此日, なり津川子, なり眼中人, なり自分, なり見物人, なるだけの, なるだろう, なるでも, なるという, なるならば, なるなり, なるに, なるねうち, なるは, なるばかり, なるほどに, なるもんぢ, なる事, なる心, なる意味, なる時, なる癖, なれなかつた, なれるという, なれるほど, なろうと, なッ, ひきかえて, ひびく自分, ふるまうの, ふるまって, ほかならなかった, まかせて, みちた面もち, もつて, やっちょー, やって, やつて, エジェリヤの, ダンスという, ヒロシをからか, プラットフォームの, ワクワクし, 不安の, 与太を, 之を, 乗じて, 人通りの, 使い回して, 使って, 使ひ回し, 出会つても, 取り得るは, 吐き散らすほどに, 向って, 商買口を, 喋々し, 多くは, 大名方も, 失意に, 如才なく, 小説を, 弁じ立てましたの, 弁ずる, 微笑し, 思う程, 思えたので, 思って, 思ふやう, 感じたこと, 感じたの, 感じながら, 成つて云つた, 成つて村落中へ, 手を, 手套を, 承知し, 挨拶に, 振り動かす洋杖, 探偵を, 描く, 数へ, 梅干を, 満たされて, 満ちて, 満足し, 滿ち, 男の, 盈ちて, 眺めた, 知って, 立ち回って, 笑ひこける, 胸を, 薩摩琵琶, 見せて, 詫びなければ, 話しながら, 語りつづけた, 談笑し, 謡い遊ばす敦盛, 輝いて, 輝く骸骨ソックリ, 近いほど, 述べたて, 迷惑を, 配り値, 陳謝し, 青を, 頭から, 飛んで, 駈けた, 驕らず絶望, 高価な

▼ 得意~ (290, 8.3%)

14 のは 10 んだ 5 のだ, んです, 微笑が, 顔を 4 のである, ものを, 微笑を 3 の, ものは

2 [21件] のです, のも, ものだ, もんだ, ようで, 人間として, 傲岸な, 哄笑を, 愉快な, 態度で, 時に, 時の, 機運に, 気分を, 気持ちに, 気持も, 氣持で, 色を, 話でも, 調子で, 論題でも

1 [186件] お延, お節は, ことは, この相手, つもりで, といふ, ときには, ときにも, ところから, ところで, ところと, ところを, のであった, のでありまし, のでお, のでこういう, のでしょう, ので主人, ので其家, のね, のよ, はずだ, ものだろう, もので, ものであった, ものである, ものです, ものと, ものの, もの又は, もの故, もの数名を, やつは, ように, んだろう, オイッケンを, シンガポールの, フランス語に, マレー女計算を, ミンチン女史の, ランニングを, 一頭の, 世界は, 人々数人に, 人だった, 人で, 人であった, 人物評論などに, 代数幾何物理の, 代數幾何物理, 代表者として, 位だつた, 作柄である, 全巻の, 出しもの, 出品物であり, 勝治は, 友人さへ, 口調で, 句は, 句を, 品と, 嚇かしの, 境地に, 境遇に, 女と, 奴が, 学科も, 小舞, 小説の, 小野さんは, 幸福な, 幾分女性の, 弟の, 彼は, 彼らの, 律師が, 御微笑, 心もちは, 心持を, 感じが, 感じを, 感情で, 慣用手段である, 懷古の, 所であります, 手口な, 手品を, 手法など, 振舞を, 掌に, 數學の, 料理を, 方で, 方に, 施政の, 日は, 日も, 明るい気持ち, 映画的興味を, 時にも, 時は, 時代が, 時代だ, 時代でも, 時代に, 最も樂, 最後の, 月日を, 業だ, 槍が, 様々の, 様子で, 樣, 機械の, 民治体験として, 気が, 気もちが, 気もちに, 気もちを, 気持から, 気持が, 気持さえ, 気持ちで, 気持で, 気持に, 気持にさえ, 氣が, 氣持は, 測定だった, 満足の, 滑空, 点などにかけては, 点を, 現在の, 生活を, 男で, 男の, 画家に, 皮肉でも, 皮肉の, 相手を, 眼八と, 眼眸に, 福野流の, 竹法螺じゃ, 笑を, 笑顏を, 笑顔に, 笑顔を, 筆戰場裏に, 算術の, 細君, 縄張りの, 者が, 自信の, 自分が, 自分の, 舌の, 舞台を, 芸づくしが, 薄笑いで, 表情を, 襞の, 観察と, 詭弁で, 説を, 読方や, 調子も, 調子を, 象徴装飾風なる, 足を, 連作物で, 雄弁であった, 面持で, 音曲でさえ, 頃だつた, 顏を, 顔つきで, 顔つきを, 顔でした, 顔の, 顔は, 顔以上眼に, 顔色, 鼻を

▼ 得意~ (278, 8.0%)

37 するところ 32 して 8 する 7 する所 6 する処 5 するもの, なって 3 したもの, するだけ, するの, する人, する仕事 2 した, したの, した時代, するのみ, するよう, する業績, する處, せり, 満足との

1 [145件] いうても, いうほどの, いうより, いえば, いたしますところ, えがいて, さまざまな, される馴れの, しいわゆる, しこの, したところ, したゆゑ, したり, したる, したろうこと, したロシヤ, した人, した先代三遊亭遊三, した処, した有吉祐太郎, しないので, しながら, しまた, し世間, し彼等, し熊, し観客, し赤い, し近日此国立劇場, すと, すべき人物, するがんばり方, すること, するこの, するつかい, するつもり, するならば, するほど, するらしく世間, するらしく喜んで, するオペラシンガー, するコルネエユ, するブランコ, する世渡り上手, する主題, する久保田君, する五代目松本幸四郎, する人情話, する他国文化, する代々木流, する件, する信州岡谷付近, する勝家, する口数, する可児才蔵, する商売, する外征, する大業物, する太刀, する将棋, する小, する常套手段, する店, する彼, する彼ら, する心, する性格, する恋愛問題, する投縄, する日本人, する時遷, する極, する槍, する歌, する武器, する水攻め, する水術, する無定形セレニウム, する爆弾, する男女愛欲図, する町, する異常心理, する磁力術, する私設電話術, する細緻, する艶麗, する衣裳, する裏長屋, する貸, する辣腕家, する遺伝, する酒場, する野性, する露西亜貴族, する風, する馬, せしめたの, せられる仏蘭西詩, せり然るに, せる, せるもの, せる武者合戦, なしたる清長栄, なし盲人, なすが, なすと, なす風, なせしこと, なった, ならざるを, なりそういう, なりて, なりまた, なりピアノ, なり彼, なり彼女ら, なり繁栄, なる, なれば, 不満との, 云われ唐草権太, 侮蔑とを, 偽善に, 喜は, 喜びとをちやんと私は, 喜悦とで, 失意とに, 失意との, 嬉しさ, 安心, 希望とが, 幾分の, 思う事, 恐怖とを, 感じられて, 満足と, 満足とが, 満足の, 滿足とが, 絶望との, 羞恥が, 興味を, 見えて, 計り知れない, 軽侮の

▼ 得意そう~ (194, 5.6%)

139 な顔 7 に笑っ 6 だった, に言った 4 に微笑, に言う 3 であった, でした, ににやにや, にニヤリ, に説明 2 な色, に云った, に笑った, に語っ

1 [122件] だ, でいささか, で又, なようす, な口調, な声, な背後姿, な言いさとすよう, な調子, な面もち, な面持, にあたり, にいい, にいいました, にいった, にうっとり, にうなずい, にうなずいた, にかかえ, にこう, にこんな, にその, にそれ, になっ, ににたにた, にのろけ, にぱちぱち, にふかし, にまた, にまゆ, にまるで, にやつ, によく, にわざとそこいらをうろついたものでした, にエーアシップ, にオール, にニヤニヤ, にパンス・ネエ, にプカアリ, に一座, に三太, に二人, に云う, に云っ, に人込み, に佐平次, に体, に促しました, に光らせた, に入っ, に公表, に剣, に動く, に半ば言訳がま, に反り身, に反身, に叫びました, に喉, に報道, に声, に寄っ, に小首, に尾, に山田, に左右, に広い, に引上げ, に張松, に待っ, に恋人, に抱い, に持ち帰っ, に指, に改めて, に文, に是了是了, に書い, に校内, に母, に汗, に演じ, に白湯, に白鷹先生, に皆, に相槌, に祝盃, に私, に私たち, に笑つて, に答えた, に籠行灯, に罵っ, に肩, に胴, に胸, に脂肪, に腕組み, に自分, に自慢, に良平, に色々, に英語, に蛇, に見えなかった, に見送っ, に言い放った, に言っ, に計算, に話し, に話した, に語り出した, に語る, に読ん, に輝いた, に返事, に長い, に電灯, に頭, に顔中, に香具師, に驢馬, に鼻穴

▼ 得意~ (145, 4.2%)

22 あつた 2 あつたの, などはなかつた, はあった, はない, 一晩出掛ける, 自分の

1 [111件] あつた処, あつた處, あつて, いつも紫玉, いよいよダアビイ, うれしかった, おやり, お辞儀を, この男, こればかりは, これを, さえあった, さらに皮肉, しじゅういろんな, そうよ, そのこと, そのまますべっ, その一門, その提灯, そりや, それが, それだけに大物, そんなこと, たとえばシェークスピアもの, たまらなかった, にやにや笑い, ね好き, はありません, はありませんでした, はいっそう, はなかっ, ひどく感動, ふりま, またうまく, もう大丈夫, もない, もなかっ, チラッと, ニュウスを, ビゲロウ氏に, フレッドさんを, ヤンヤ, レミヤの, 一ぱいに, 三木の, 仏蘭西は, 伝六が, 何でも, 佛蘭西は, 兄と, 先生は, 先頃も, 先頭に, 其の頃, 冠って, 勿体ぶつ, 北斎に, 又七郎, 呈出したら, 大カメラ, 大概の, 天晴れの, 天賜の, 太夫が, 岩魚は, 巡検し, 幸福で, 庭園を, 廊下や, 御雇, 復命した, 心安い奥さん, 息を, 所謂怖い, 挨拶し, 掏摸にも, 揶揄する, 故郷に, 文學の, 新吉に, 日本でも, 書いて, 月給を, 有つた, 有頂天だ, 未知の, 椅子の, 楽屋の, 橋の, 気の, 水彩風のも, 烏や, 生徒にも, 町の, 相手に, 神経痛という, 第二楽章, 精, 胸の, 船内を, 茶屋見学の, 読方書方が, 贅沢な, 近所の, 迷惑する, 道庵先生が, 酒席で, 金釘流の, 鏡を, 随って, 電気以前の

▼ 得意~ (87, 2.5%)

2 きに, に届ける, の一軒, へ配っ

1 [79件] から注文, から預, が一軒, が代理店, が出来る, が日々, きとの, きなども, きも, きを, であった足尾, であるところ, でもあつ, でも評判, で持てる, で永年, で碁, となる, と一, と見え, なの, にお, にし, にちょうどまあ, にもちょうどつごうがいい, に不都合, に出かけ, に回つて, に届けなけれ, に御, に掛取り, に盆暮, に酒, のこの, のアスベスト会社, の二, の別嬪さん, の大阪, の女, の帳面, の所思, の様子, の理髪店, の秘密, の註文品, は残り少な, は皆, へあがっ, へお礼旁, へも洋酒販売, へ上っ, へ出廻った, へ届け, へ持運ぶべく, へ掛け, へ新聞, へ昼頃, へ註文, まで行つてかなり遲, もある, もこのごろ, や日本一, をとられたくない, をまわり切れぬ, を一度, を一循巡, を丸めこもう, を回る, を堅く, を売り, を奪い合った, を廻つて, を廻り, を廻る, を持った, を百貨店, を開拓, を駈け, 多き清二郎

▼ 得意~ (85, 2.4%)

2 奪われて, 感じたこと, 感じて, 持つよう

1 [77件] あやしみだした, うまく言, すぐって, すて, つけんと, つながなければ, どっさり世話, なお煽った, ひそかに, ふやして, まわったの, もつこと, わざわざ百貨店, 一軒くわえた, 一軒でも, 一軒失う, 予算に, 作ること, 分けて, 割かれしは, 吸収し, 増さねば, 夢み油断, 大学で, 失いは, 失います, 失い中村屋, 失う, 失うとしても, 失うのみ, 失った損害, 失わずに, 失策っ, 奪い合うため, 奪うため, 守り遠方, 廻って, 廻わっ, 彼に, 得たばかり, 得ること, 感じざるを, 感じたかつたに, 感じたの, 感じたらしい, 感じたり, 感じないでは, 感じながら, 感じました, 感じる, 感じるの, 感ずるの, 感ぜざるを, 持し, 持って, 持つて, 捨てるに, 散逸せしめず, 有して, 棒に, 極める人, 永久に, 満足させる, 満面に, 爪弾きして, 百貨店に, 表す, 見出す程度, 覚えさせるの, 覚えた, 覚えたところ, 覺えた, 誰かに, 譲りうけるもの, 逃さないため, 造るのに, 遠去らない

▼ 得意らしく~ (55, 1.6%)

3 誇らしげに, 説明した 2 云つた, 哄笑した, 新蔵の, 説明する

1 [41件] あたりを, こういった, こんなこと, その風格, ぼんに, また笑った, もなく, わたしの, スイスイと, ニヤリと, 何杯と, 先師に, 冠つてゐた, 又ささやいた, 又訊いた, 反り身に, 口尻を, 告白した, 報告した, 宣伝した, 小鼻を, 彼女の, 手首に, 拾ひ上げました, 時々霞んだ, 母や, 牢屋の, 種明かしを, 笑つた, 聞き手の, 自分から, 自分の, 表紙も, 言つた, 説明し, 身振り手振りで, 雌牛の, 頤を, 顔を, 首を, 髭を

▼ 得意~ (48, 1.4%)

2 包隠す, 思うべしであった, 思うべしである

1 [42件] あまり寝, あまり離れぬ, いかばかりなりし, この場限り, この安価洋風装飾, さぞかし手間, たちまちにがい, だんだん色, つかない, どこへやら, なくなん, もうその, もちろんの, 一通りでありませんでした, 不親切に, 二百軒に, 二箇月の, 其頂点に, 勿論最初, 取られて, 失いたくないと, 少しくらい, 平永町に, 彼が, 思うべきである, 推して知るべしだ, 時みじかく, 正に手古奈, 決して煙管そのもの, 滋養物として, 知るべしであつ, 簿記よりも, 素晴らしいもの, 花柳界, 英領インドです, 草香流の, 諸手突きです, 責めて, 賞の, 輪形の, 限無く, 離れて

▼ 得意~ (47, 1.3%)

5 うでした 2 うで, うに, で一杯

1 [36件] うでは, からそれ, がうかがわれた, がおかしく, がつつみきれず, が動い, が籠っ, さえ彼, だった, である, でした, でにやりと, で帰っ, と, と云, と勝手, と満足, と言ったらありませんでした, に上氣, に任せ, に頭, の内, の色, はあるだらう, はつまり, はどれ, は一日々, まであ, までございます, や兄, を失わせませんでした, を思い出す, を想う, を感じた, を抱い, を示した

▼ 得意~ (33, 0.9%)

2 つてゐる

1 [31件] ああいう, あっただけに, あつて, あふれて, あるかと, あるかね, あるから, あるさかいに, あるの, いよいよ増加, かく身勝手, それだけで, つたものである, つたり, つた日本の, つてるらしかつ, つて居た, なかった, ふえるばかり, 出来たと, 多い由, 多くまた, 大分ある, 宝石の, 得られる, 癪に, 自分で, 身を, 道庵先生を, 鼻の, 鼻頭に

▼ 得意~ (31, 0.9%)

2 とし

1 [29件] たりし, たるメルキオル, たる理由, たる面持, たる顔色, とここ, として, としてる, として刺繍, として帰宅, として蝙蝠, として言つて, とすこし, とその, となった, とテノール, と光らかせ, と吹聴, と味, と大道, と家, と控え, と書き並べ, と構え, と歩く, と肩, と輝い, と額, に

▼ 得意~ (30, 0.9%)

3 と云 2 と見え

1 [25件] から, からな, からね, からオルゴール, から何, がこの, が毎時, けれどそれ, しその, しキンチャコフ, ぞ, つたと, つたのだらう, つたのである, つたわたしは, つた氣持を, つた葛籠抜け, でいつ, といふ, とされ, と申す, と聞い, ね, 勢いに, 断然引きうけよう

▼ 得意がっ~ (26, 0.7%)

11 ている 6 ていた 2 て居ました 1 ていない, ています, ておる, てこの, てのろけ, て居た, て自覚

▼ 得意であった~ (26, 0.7%)

1 [26件] かと記憶, かもしれない, からおもしろく, がいつも, がお, がそんな, がひもじい, がよく, が借金, が実務, が後に, が或, が気, が生産, しまた, それと, という愚, と見え, と言われる, のである, ような, ファインプレーを, 先生は, 彼女は, 日を, 自分の

▼ 得意として~ (25, 0.7%)

3 ゐた, ゐる

1 [19件] いたるが, おったこと, それを, ゐたから, ゐたの, ゐた先代木村重正, ゐるから, ゐる哀れ, 何時もこの, 古い取引, 存在し, 実際は, 居た, 居るけれ共, 居るの, 発展した, 縦横無尽に, 関西落語の, 駅売の

▼ 得意~ (24, 0.7%)

3 をし

1 [21件] して, で, でいう, でいる, でお, でその, で出入り, で吹聴, で家, で宿, に人, に伝えました, に命じ, に引っ返し, に書き立つる, に見えた, に説き出せ, に鼻蠢, の人, の瞬間, をうち

▼ 得意だった~ (22, 0.6%)

3 のである

1 [19件] から, からであろう, がなんと, がダンス, が漱石, けれどアリシア区, ことよ, この男, しお話, しゆうべ, し日, とみえ, と見え, のだ, のです, ので人物画, ので御座いましょう, ほどです, イタリーでも

▼ 得意らしい~ (22, 0.6%)

2 微笑を, 調子で

1 [18件] が何, ことを, のを, 事を, 文章が, 様子を, 眼を, 笑いを, 笑みを, 色も, 色を, 薄髯顔, 譚と, 顏で, 顔つきが, 顔つきだ, 顔つきを, 高笑ひ

▼ 得意でも~ (21, 0.6%)

3 あった 2 あつた

1 [16件] あったが, あったろうが, ありました, ありまたいぢ, あり不満, あり楽しみ, あるし, あるらしく, あろうが, ない, ないだろうが, よく理解, ホドホドに, 友田の, 当時を, 持って

▼ 得意~ (21, 0.6%)

2 亦想, 日に日に増え

1 [17件] あったが, あるが, あれば, ないので, ふえお, ほんの当日限り, また日頃親切, やけつぱちもないといふやうなお面, 宜い, 普通より, 有らず失望, 殖えた, 殖えるだろう清藏丹誠, 無論含まれ, 附いて, 随分あつ, 非なり失意

▼ 得意さうに~ (18, 0.5%)

2 その調理法, わつと, 話して

1 [12件] からからと, そんなこと, にや, みせたエミル・ダンリ中尉, やに, 呟いた, 大きく喚いた, 書いて, 書きつけた, 眺めた, 笑って, 輝きだして

▼ 得意~ (17, 0.5%)

3 へ誂 2 は持

1 [12件] から帰っ, が一軒, などは持っ, の娘, の殖えた, の蔵普請, の藏普請, は北海道, らしい所, をうしなう, を失う, を持っ

▼ 得意がる~ (16, 0.5%)

2 のは

1 [14件] がこれ, ことで, と同様, にし, にも及ばない, のとは, はずも, やうな, ような, 以上に, 余裕さえ, 奴が, 気味が, 男は

▼ 得意なる~ (16, 0.5%)

2 背亀坐, 背亀坐である

1 [12件] ものに, ものは, 内閣乗取, 内閣乘取策を, 内閣取, 内閣取乗策, 地位を, 彼は, 破壊的政策を, 突きの, 趣味において, 軍隊組織を

▼ 得意~ (16, 0.5%)

3 の方

1 [13件] だ, だから, であって, でありひいき, で惜しい, なん, になった, にはどこ, の中, の道案内, への奉仕, をお断り, を作る

▼ 得意さうな~ (13, 0.4%)

2 顔を

1 [11件] あの花, お土産ばなし, のが, 微笑を, 様子で, 笑声を, 聲に, 返事を, 顏つきで, 顏付を, 風だつた

▼ 得意~ (12, 0.3%)

3 な顏 1 な口, な色, にかう, にぶら下げた, に僕, に吹聽, に嘲, に言, に試驗

▼ 得意~ (11, 0.3%)

10 の得意 1 の得意さ

▼ 得意さま~ (10, 0.3%)

1 から他, だとは, です, といつも, に都合, のあれ, の身の上話, は立派, へと移っ, を花柳界

▼ 得意である~ (10, 0.3%)

1 かにさ, か彼ら, が頭, ことは, だけに山姥, という, ので一つ, のは, 安治川舟三は, 某病院長

▼ 得意~ (10, 0.3%)

3 思うべしである 1 お屋敷, 失意や, 察すべしだ, 想うべしであったが, 想うべしである, 知るべき也, 知合いの

▼ 得意でない~ (9, 0.3%)

1 から, ことことに, ことに, し手間, ように, 伝さんは, 図画の, 私が, 算数を

▼ 得意まわり~ (9, 0.3%)

1 がすむ, にだす, に一人前, に出る, に頭脳, までをする, をし, をしはじめる, をする

▼ 得意廻り~ (8, 0.2%)

1 が遅れ, で遲, に出, に出る, に歩き, は親父, をさす, をする

▼ 得意です~ (7, 0.2%)

1 からねかう, から八十点以上, から南京豆, から決して, から脱獄, よ, わね

▼ 得意にも~ (7, 0.2%)

2 見えなければ 1 しなかつたせゐか, なったり, ならないで, 判りあの, 思はれるので

▼ 得意さき~ (6, 0.2%)

1 からお, でおだてられる, のお鍋どん, はみんな, も多く, をまわりおえる

▼ 得意でした~ (6, 0.2%)

1 からそれ, がすぐ, がやはり, が肝腎, つけ, ね

▼ 得意~ (6, 0.2%)

1 たること, など招い, なるアメリカ, になっ, は待ちあぐみ, を待受け

▼ 得意時代~ (6, 0.2%)

1 から一門, が今や, であったが, であったに, に縁故, の姿

▼ 得意さうだつ~ (5, 0.1%)

41 たぢ

▼ 得意でいた~ (5, 0.1%)

1 かは容易, が次郎, っけが, ところがいいかげん, 人も

▼ 得意でいる~ (5, 0.1%)

1 から驚く, のだ, んだ, 人の, 者は

▼ 得意なれ~ (5, 0.1%)

3 ども側より 1 ばイヤご, ば近き

▼ 得意にさえ~ (5, 0.1%)

1 なった, なったの, なりながら, 思って, 思われて

▼ 得意らし~ (5, 0.1%)

1 かつた, げに微笑, さ, さが, さは

▼ 得意~ (5, 0.1%)

1 からは, が多, に当る, の幕府大奥, は石油五合一升

▼ 得意から~ (4, 0.1%)

1 えらい恩恵, 叱られましたが, 招かれて, 菓子の

▼ 得意だつた~ (4, 0.1%)

1 か, ことを, ので今度徳三郎, よ

▼ 得意であり~ (4, 0.1%)

1 それを, 可能な, 売り手である, 満足で

▼ 得意という~ (4, 0.1%)

2 ものは 1 ことは, ことを

▼ 得意に対し~ (4, 0.1%)

1 これはと, 勉強し得る, 恩恵を, 満腔の

▼ 得意~ (4, 0.1%)

1 がない, と話, に屆けた後, も御

▼ 得意滿面~ (4, 0.1%)

1 このたび, であ, の三輪, の態

▼ 得意~ (4, 0.1%)

1 でゐる, に唱, の人, の物語り

▼ 得意さうに微笑~ (3, 0.1%)

2 した 1 しながら

▼ 得意じゃ~ (3, 0.1%)

1 から怒らせ, ないか, ないん

▼ 得意であっ~ (3, 0.1%)

1 て, てもそれ, て児供同士

▼ 得意でなく~ (3, 0.1%)

1 はなかつた, もない, もなかっ

▼ 得意といふ~ (3, 0.1%)

1 ことは, のは, わけでも

▼ 得意とも~ (3, 0.1%)

1 に森村氏, 慨嘆とも, 義務とも

▼ 得意にて~ (3, 0.1%)

1 妙な, 故に徐に, 試問答案は

▼ 得意を以て~ (3, 0.1%)

2 東京見物に 1 満ちて

▼ 得意先まわり~ (3, 0.1%)

1 にも経験, もしない, をさせられ

▼ 得意~ (3, 0.1%)

1 ふべし, ふべしである, ふべし暇さ

▼ 得意満々~ (3, 0.1%)

1 たる千鳥足, の体, の色

▼ 得意~ (3, 0.1%)

2 である 1 なキキイ

▼ 得意~ (3, 0.1%)

1 となし, なる者, なれば

▼ 得意~ (3, 0.1%)

1 であり彼女, のよう, を演ら

▼ 得意~ (2, 0.1%)

1 さっぱり分らない, 私には

▼ 得意がった~ (2, 0.1%)

1 余も, 男が

▼ 得意がらせ~ (2, 0.1%)

1 そうし, ている

▼ 得意がり~ (2, 0.1%)

1 あるいは落胆, 自己眩惑に

▼ 得意さうにそれ~ (2, 0.1%)

1 を片足前, を運び上げ

▼ 得意さうに云~ (2, 0.1%)

1 つた, ふと

▼ 得意さうに答~ (2, 0.1%)

2 へた

▼ 得意さうに胸~ (2, 0.1%)

1 を反らせました, を張り出し

▼ 得意そのもの~ (2, 0.1%)

1 だ, の気概

▼ 得意だろう~ (2, 0.1%)

1 から所番地, が僕

▼ 得意~ (2, 0.1%)

1 やから, やない

▼ 得意であったろう~ (2, 0.1%)

1 しまた, 乎

▼ 得意でありました~ (2, 0.1%)

1 がなにしろ, ところがあに

▼ 得意でし~ (2, 0.1%)

1 てその, てねその

▼ 得意でなかった~ (2, 0.1%)

1 のである, のも

▼ 得意でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならなかった

▼ 得意でゐた~ (2, 0.1%)

1 ものだ, 青木は

▼ 得意でゐる~ (2, 0.1%)

1 からである, のだ

▼ 得意とが~ (2, 0.1%)

1 なけりゃあ, 妙に

▼ 得意とな~ (2, 0.1%)

1 つた事實も, つて朝夕の

▼ 得意とは~ (2, 0.1%)

1 しないまでも, 限って

▼ 得意とを~ (2, 0.1%)

1 交る, 満面に

▼ 得意なりし~ (2, 0.1%)

2 時を

▼ 得意な代り~ (2, 0.1%)

2 此人の

▼ 得意な満ち足りた~ (2, 0.1%)

1 と云, と云った

▼ 得意には~ (2, 0.1%)

1 なれなかった, 思いながら

▼ 得意に対して~ (2, 0.1%)

1 しばしば間, 感謝の

▼ 得意~ (2, 0.1%)

1 参りましてな, 届ける九谷焼き

▼ 得意への~ (2, 0.1%)

1 品物配達昼飯を, 御不便

▼ 得意まで~ (2, 0.1%)

1 つけて, 行くん

▼ 得意らしき~ (2, 0.1%)

1 微笑を, 風の

▼ 得意らしくいう~ (2, 0.1%)

2 のでした

▼ 得意らしくしゃべっ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 得意らしく笑う~ (2, 0.1%)

1 のであった, のです

▼ 得意らしく話し~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ 得意絶頂~ (2, 0.1%)

1 にある, のとき

▼1* [160件]

得意ありさ, 得意いろごと詮議は, 得意まかしなされては, 得意からもちょっとした小, 得意がってるのだ, 得意がらず余裕を, 得意がらせたがその, 得意がらないで實質的, 得意がられている, 得意がるでもなく, 得意ぐらいはしくじっても, 得意これからという, 得意さうに一同を見廻した, 得意さうに以前の話, 得意さうに俺の家, 得意さうに利休の一言, 得意さうに十五世紀以來のテューダー・ハウス, 得意さうに吹聴するの, 得意さうに大手をふつ, 得意さうに小鼻を蠢め, 得意さうに廣い肩, 得意さうに彈みます, 得意さうに手に下げた, 得意さうに抱へてゐた, 得意さうに煙をすう, 得意さうに父の民蔵, 得意さうに独り言を云, 得意さうに珍らしく大声, 得意さうに白を取つた, 得意さうに皆をみ, 得意さうに眼をつぶつて, 得意さうに笑ひながら, 得意さうに笑つてゐるの, 得意さうに笑つて云つた, 得意さうに羽を反らし, 得意さうに自分の胸, 得意さうに艪をあやつり, 得意さうに虎のやう, 得意さうに言つて私のため, 得意さうに説明をする, 得意さうに顔中に微笑, 得意さうに香煎のなか, 得意さんを大切, 得意さ人の目, 得意さ加減とどまるところ, 得意さ晴れがまし, 得意ざきへ物買, 得意やない, 得意それらの生活, 得意たいへんなお道楽, 得意たらんとする, 得意だけでもお届け, 得意だったらしく家へ, 得意づきの医院, 得意であったらしくわたしが, 得意でありまして技術, 得意でありましょうになぜ, 得意であり得なくなるとその, 得意であり得るかを疑つた, 得意でいるだろうネ, 得意でかう云ふ, 得意でございますから家中一般, 得意でござればこれ, 得意でござろうな, 得意でしたろうかそう, 得意です云わずとも貴女, 得意でたまらず文壇の, 得意でなかつたけれども大きな, 得意でふざけきっている, 得意でやり出している, 得意で受けることか, 得意で威張っている, 得意で帰って来る, 得意で来るお客毎に, 得意で来れば短く, 得意で澄まし返って説明, 得意で目ざした番町の, 得意で見せると虚子, 得意で話しよったものじゃが, 得意というは周囲及び, 得意といふまででは, 得意とか安心とか, 得意と共に悲哀を, 得意なありさまに, 得意ないろで, 得意なかばむねんがる, 得意ならんと, 得意ならざる大人の, 得意ならしめたばかりでなく, 得意なり慢心なりの, 得意なりしならんには, 得意なるべき顔面が, 得意な上ずった感情の, 得意な嘶きを耳, 得意にしか過ぎない場合, 得意になどなれなかつたのに, 得意にもなつてゐた, 得意に対しては親疎遠近の, 得意のみにては飽き足らずや, 得意ばかりで経済, 得意ふしぎな陣法, 得意ぶりを御覧, 得意へまで配達する, 得意へも顏を, 得意はりも, 得意また坊やの, 得意みたいな気持, 得意よりの預り物と, 得意よりも何層倍人間として, 得意らしくうつむきて勘定, 得意らしくうなずいてから, 得意らしくかう云つてウ井スキイの, 得意らしく喋るのでした, 得意らしく弁じ立てるのです, 得意らしく振舞っていた, 得意らしく済ました顔は, 得意らしく言っては次郎, 得意らしく話すのです, 得意らしく語ったことが, 得意をさえ感じないでは, 得意をも楽しませた, 得意カランカランと打, 得意て一体, 得意デスシアヒルサンハアカダラケノクサイ洋服ヲキテ大ヨロコビナノデ, 得意詩文ヲ, 得意不得意なもの, 得意中海神突然オクゼ, 得意はた何処, 得意先だつたお店, 得意先一軒ものこさず, 得意先勘定借方が現われる, 得意先勘定受取手形銀行勘定棚卸商品が加わり, 得意先四軒にあて, 得意全体に物品, 得意出世の門, 得意回りのついで, 得意坊主がなめりゃ, 得意場廻りをし, 得意奇縁鴛鴦夢野臾曝言淌牌黒幕等なるべし, 得意するに, 得意廻わりをなし, 得意想うべくわざと後, 得意想うべしだね, 得意想うべしだったね, 得意想うべしで嬉し紛れ, 得意と共に帰っ, 得意旦那のお子さま, 得意の人間, 得意曳く者も, 得意柄名人の使う, 得意気楽満足安心して, 得意然失意泰然, 得意禁じ難き點, 得意一と, 得意者たるがごとく, 得意の最中, 得意はどう, 得意跋扈時代であつ, 得意が明らか, 得意馬上ゆたかに四囲