青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「嶺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~峰 峰~ ~島 島~ 島田~ 崇拝~ ~崖 崖~ 崩れ~ 嵐~
嶺~
巌~ ~川 川~ 川上~ 州~ ~巡査 巡査~ ~巣 巣~ 工~

「嶺~」 1036, 10ppm, 10438位

▼ 嶺~ (245, 23.6%)

9 上に 4 下に, 木の, 裾野の 3 麓に

2 [22件] さ百合の, 前に, 南に, 図は, 奥の, 奥ふかく, 奧に, 字に, 山道へ, 後べの, 方へ, 松風, 歿後に, 裾曲の, 西に, 郡なるべし, 関所を, 險を, 雲, 頂きが今目さめた, 頂に, 頂を

1 [177件] あちらで, あの怪光, あらし禽の, いただきに, いただきよりぞ, いただき清に, いただき白う, いただき通る, おのづか, おもて, このも, さまは, したは, しづくの田居, そのため, たを, ところに, なかの, ふもとに, ほうを, みちの, やつを, をてもこの, ドツコイ此に, ノタリはまこと, 一つボラマ連山密林の, 一つ雷訃を, 一角とだけが, 三枚橋を, 上, 上か, 上にあたって, 上には, 上の, 上も, 上より, 上を, 中で, 中に, 中には, 中を, 中間きこり, 主軸の, 事は, 事蹟は, 亙り續, 佳処, 冬, 北は, 北端には, 半に, 南お, 南おも, 南を, 南半, 南大津の, 南端に, 南面と, 名を, 向こうから, 城市は, 夜路を, 夢想よ, 大き裾廻, 大気を, 奥に, 如きは, 姿であった, 姿を, 字が, 字では, 字も, 字義に関しては, 家だ, 家だらう, 容が, 密雲は, 小嶺, 山奥まで, 山巍然として, 山肌の, 山脈は, 山道でも, 岩本小菅引き攀ぢて, 峠路を, 峯なる, 嵐か, 嶮を, 嶺とは, 巖根踏み, 左右に, 張抜筒と, 彼方遠く, 後で, 心あてに, 恐るべき勢力たる, 意なり, 方より, 方を, 晩年の, 最低鞍部である, 最高峰に, 最高点二千三十四米の, 朝鮮人部落, 東側に, 東北端だ, 東南部などに, 東山水の, 東扶桑の, 松, 森を, 樣子を, 横臥するあり, 檜山のなだり, 歿年を, 氷や, 添書を, 湯本近に, 男峰落ちゆく, 画を, 白い甲州, 白楊柄を, 白雲, 白雲朝にけに, 的面背面に, 眺めゆたけく煮る, 石野氏なる, 称が, 称である, 空を, 空間は, 端に, 第一日, 第七日, 第三日, 第九日, 第二日, 第五日, 第八日, 第六日, 第十日, 第四日, 紅焔を, 紅葉, 紅葉を, 縦走を, 翠色深き, 聳え立つ果, 茅生の, 草原から, 草紅葉の, 裾野に, 西からでも, 西河内岳の, 路ここかしこに, 通路は, 道を, 酒店裏で, 重苦しさ, 野分おそ, 長大なる, 長大は, 長講一席の, 関所さえ, 険を, 雪が, 雪に, 雫の, 雲は, 雲も, 頂から, 頂きに, 頂線と, 高原が, 鳥道を, 麓の, 麓高原から

▼ 嶺~ (133, 12.8%)

5 越えて 4 踰し 2 プツリと, 下り湯沢, 指して, 知る人, 越えると, 逾ける, 過ぎて

1 [110件] いや珍ら, こえて, こえるに, しめて池, すぎ山, その輝, つたいながら, なし所謂那須, ぬいて, めぐり流れる水, ゆたかに, ゆるがす萬歳, われ知らず山おろし, コケ嶺, ソンインタンコケ妙積嶺を, タラムチェー上, トオと, ヒヨという, ヒヨといえりと, ミョンチョクチェー月岩嶺を, 下て, 下りけり, 中心としての, 乗り越えて, 仰ぎまわして, 伝わって, 写して, 初めて見た, 包ましめ, 北方乱雲の, 南に, 占得せん, 去って, 名づけたP1峰, 君いまは, 吹き乱されて, 吹く風, 問ふ, 境に, 天半に, 女性らしい, 峰や, 成し風雨, 打越し, 掠めて, 攀じたるは, 攀づれば壁を, 攀る, 无事に, 朝夕眺める, 東に, 横ぎり近江に, 渉る, 滑った夕日, 疾駆し, 発したる河, 発した嫩江, 発して, 登つて行く, 眞正面に, 眞紅に, 眺めさせる場所, 眺めて, 突破せり, 絞る点滴, 縦に, 縦走しよう, 縦走し得る, 苗場山と, 見ず, 見つめるの, 見また, 見過し真砂, 語るの, 貫いて, 超え鉄馬風, 越え, 越えかかりしに, 越えたもう, 越えたり, 越えれば, 越え大野, 越え子, 越え来る時, 越え湖, 越え落葉松, 越して, 越そうと, 越て, 越ゆ, 越ゆる, 踏つけ, 踰え, 軒端に, 追はれた, 逃げ出し上海, 通るとき, 通るはず, 逾ゆる, 過ぐる, 遠望した, 降って, 降り來, 隔てた会津, 隔てた長久保, 雅やかに, 雨過ぎしかば, 駆ければ, 高みさやけ, 麓に

▼ 嶺~ (106, 10.2%)

3 雪かも 2 棚引く, 登りて, 瞳を

1 [97件] あなたの, あります, ある筒井順慶, あれば, いたって, いや重き, うす雪, かかって, かかり土, かかる, こしくも, こりたく, さぐり入って, さらさらと, して, た, たちまち一朶, たち騰る雲, たなびく雲, ちかき法師嶺, つかまりよい, はじめて見たる, ひとすぢ, まつらへる至上至高, わかるる横雲, 一夜を, 上て, 上るとかいう, 下りて, 今まで, 休んで, 佇んで, 住へる, 充てられて, 向かって, 向つて, 家も, 尽きると, 屯し, 平行し, 座を, 建てる燈台, 待ち伏せを, 後來む人, 忽然とし, 接すと, 攀ぢ谷に, 於て, 旅寝し, 日が, 来り浴, 栗田の, 棚引いた白雲, 横た, 次で, 次韻, 歸る, 没日に, 流れる横雲, 消殘, 登って, 登り地, 登り詰めた時, 盡きる, 神立ちわたる, 立って, 立つゴリアス, 竹多く, 紅火点々と, 聳たつ, 至るまでの, 薄雪, 虹の, 行き逢いたもう, 赴く途中, 近いある, 送られた時, 遊んだ, 達するという, 長驅, 降りおける雪, 降りける雪, 降り来ったとしても, 降り置ける雪, 限られたかの, 隠れて, 雪の, 雪は, 雲が, 雲は, 雲騷ぐ見, 零り置ける, 靉く, 飜し, 高く位, 鳴るが, 黄金の

▼ 嶺太郎~ (68, 6.6%)

3 のこと 2 はこの, はちよ, はほつ

1 [59件] から, から本式, があ, がそば, がまだ, がやつ, が一番後, が好き, が引き, が彼女, が眼, が行く, が誰, が跫音, が颯爽, が駈けつけ, が驚い, であつ, です, との喧嘩, とロビー, と二人, と云つて, と口, と同じ, と彼女, と腕, にさう, に手紙, に批評, の傍ら, の場合, の姿, の後ろ, の案内, はあと, はあらまし, はさ, はしばらく, はそれ, はそんな, はちやん, はどんなに, はなほ夢中, はなんとなく, はひやりと, はふと, はもう, はやはり, は今にも, は例, は力, は彼女, は沖, は腕, は近頃, へは挨拶, よりもつと, を送り出した

▼ 嶺~ (60, 5.8%)

1 [60件] いただき白く, いよよ清麗けし群山, おどおどし, ここで, こごし裾廻, このかの, すでに茜, その後畫道に, はれわたり見ゆ丘, まさにこの, また雪, やつれ果てた顏, 一切霧で, 一日か, 七面も, 下雲, 丹沢山塊の, 五六年前に, 他日飛行機上から, 備を, 千秋亭観月の, 半腹以上, 即ち大, 墨色へ, 大小にも, 大黒山, 妻戀ふ, 山本北山の, 峯では, 崩折れる, 己吐きしか, 平生から, 怒髪天を, 恭しくも, 恰も四郎岳, 我軍の, 数十条の, 望まれたが, 木曾川と, 楼の, 此日は, 深く烟霧, 深しと, 清水禅叢に, 源語や, 炎焔霄を, 照り輝いて, 病苦を, 石野氏名は, 若葉の, 見れど, 謙信の, 雲の, 雲居棚引く, 雲鎭む, 青い山々, 靜岡縣と, 非常に, 面八つあれ, 飽くまで蒼い

▼ 嶺~ (51, 4.9%)

2 雲の, 青く見え

1 [47件] あって, ありもう, ある, くつきり影を, ゆらゆらと, 七十九歳で, 下を, 二重三重と, 今日では, 代表者の, 全くおびえきった, 切れ一行, 南北に, 同僚渡辺鶴洲は, 天際を, 奥大日大日小, 孤島の, 安政三年八十歳若く, 屏風の, 幾析と, 序列正しく, 悠久に, 最早や, 東南に, 横一文字に, 次第に高まり, 歩く邪魔, 沢の, 波濤の, 満身から, 現れる意, 眼前に, 立ち連なつて, 立つて, 笠ヶ岳である, 紫紺の, 続き其上, 聳えて, 落ち合うところ, 見え隠れし, 遙かに, 開けて, 頂きから, 颯と暗, 高く鋭いの, 黒くそびえ, 黒く横たわ

▼ 嶺松寺~ (40, 3.9%)

3 という寺, にあつ, の廃せられた 2 にあった, に葬られた, の廃絶

1 [25件] から染井共同墓地, が廃寺, が廃絶, という寺号, と池田氏, にある, には戴曼公, に立っ, に納め, に納めた, に葬られざる, に葬られたなら, に葬る, の事, の墓石, の墓碣, の墓表等, の墓誌銘, の廃, の廃寺, の池田氏, の表石, は常泉寺, は廃寺, を載せ

▼ 嶺~ (13, 1.3%)

2 に使

1 [11件] および蜀西山林中, からの帰途, からの歸途, に來, に生ず, の交州, の人, の如き, の茘枝, の詩人レオバルヂ, の陸路

▼ 嶺~ (12, 1.2%)

2 に達する 1 から一里五町, から約, で時, にて散らし奉った, に得, に散らし奉った, に至り, の松, を去る, 高く坐

▼ 嶺から~ (10, 1.0%)

1 あの天狗棚山, 以南は, 南東の, 少し下っ, 嶺へと, 平野へ, 振向かれた過去, 東に, 苗場山を, 西を

▼ 嶺~ (10, 1.0%)

2 登るので 1 のぼって, ドライブした, 投宿の, 来たか, 湯に, 登ったよう, 飛行する, 飛行の

▼ 嶺には~ (9, 0.9%)

1 いつもながら, づかしさうに, まだ雪, もと農事試験所, 不死の, 古壘壁, 吹き募る風, 早や, 東から

▼ 嶺~ (9, 0.9%)

2 のにこ草 1 にい, にたなびく, に月立, に言, のた, は, は聳え立ちける

▼ 嶺~ (8, 0.8%)

1 あるの, 一脈の, 同じ高, 呼ぶ方, 呼んで, 申しまして, 見當, 阿蘇山との

▼ 嶺南人~ (8, 0.8%)

3 無仏性 2 は仏性 1 だ, なり, には仏性

▼ 嶺美佐子~ (8, 0.8%)

1 が, が私, といっ, と大分シンネコ, と私, の妹, の方, はしかし

▼ 嶺~ (7, 0.7%)

1 が刻一刻, が大連, で知己, とほぼ, に余, に始まっ, の舷側

▼ 嶺はを~ (6, 0.6%)

4 しみて 2 みなも

▼ 嶺~ (6, 0.6%)

1 亦酒, 代表者と, 眼中に, 藍關も, 遮られる, 黒木は

▼ 嶺~ (6, 0.6%)

2 穂蓼の 1 丘や, 平坦な, 麓に, 麓の

▼ 嶺~ (5, 0.5%)

1 つ, 振放みれば, 振放見れば, 棚引き渡る秋, 見れば

▼ 嶺より~ (5, 0.5%)

2 嶺へ 1 北へ, 帰りきたる, 降りくるもの

▼ 嶺~ (5, 0.5%)

1 でつい, は嶺, をふさい, を切り塞ぎ, を西

▼ 嶺~ (4, 0.4%)

1 待ちかまえて, 月の, 灯を, 焼く

▼ 嶺との~ (4, 0.4%)

2 歿後に, 間に

▼ 嶺まで~ (4, 0.4%)

2 湯治旅と 1 来ると, 追撃した

▼ 嶺和尚~ (4, 0.4%)

1 に導かれた, の偈, の偈辞, の喝

▼ 嶺~ (4, 0.4%)

21 から, が

▼ 嶺という~ (3, 0.3%)

1 山が, 老僧, 肩の

▼ 嶺南地方~ (3, 0.3%)

1 にのび, の文化, は政治犯罪者

▼ 嶺~ (3, 0.3%)

1 そして若水居, のよろし, を探しあてる

▼ 嶺~ (3, 0.3%)

2 の牧場 1 の山中

▼ 嶺~ (3, 0.3%)

1 と落合った, のいまだに, も談合

▼ 嶺さえ~ (2, 0.2%)

1 越せばと, 靄に

▼ 嶺~ (2, 0.2%)

1 とのこと, な

▼ 嶺だけが~ (2, 0.2%)

1 隠れて, 霧の

▼ 嶺といふ~ (2, 0.2%)

1 のは, 繪師の

▼ 嶺とは~ (2, 0.2%)

1 字は, 申せ気候春

▼ 嶺とを~ (2, 0.2%)

1 明に, 西と

▼ 嶺にも~ (2, 0.2%)

1 山鬼の, 登って

▼ 嶺へは~ (2, 0.2%)

1 背を, 降りるの

▼ 嶺をめぐって~ (2, 0.2%)

1 南方の, 裏山の

▼ 嶺上開花~ (2, 0.2%)

1 とか四喜臨門, の機會

▼ 嶺~ (2, 0.2%)

1 で最も, の一

▼ 嶺以北~ (2, 0.2%)

2 に退却

▼ 嶺~ (2, 0.2%)

1 と, に燃

▼ 嶺山脈~ (2, 0.2%)

1 の伊勤呼里山, の谿間谿間

▼ 嶺松寺中~ (2, 0.2%)

1 の石, の碑碣

▼ 嶺~ (2, 0.2%)

1 である, のみは刈田神

▼ 嶺~ (2, 0.2%)

1 の没後, は情ない

▼ 嶺茶店~ (2, 0.2%)

1 で昼飯, をのぞきこみ

▼ 嶺~ (2, 0.2%)

1 だ, という名前

▼ 嶺豚舎~ (2, 0.2%)

2 に運ぶ

▼ 嶺越え~ (2, 0.2%)

1 つつぞ思ふ, て天の川

▼ 嶺通り~ (2, 0.2%)

1 の腰, の通路

▼ 嶺~ (2, 0.2%)

1 に下りた, へ引返し

▼1* [125件]

あり天を, 嶺あれ見よと, 嶺からもこちらの, 嶺くだりつくして野, 嶺さして空に, 嶺さても苦し, 嶺さんの奥さん, 嶺その左に, 嶺つづきで隣藩との, 嶺つまりこの三浦半島, 嶺であったのであります, 嶺であると思っ, 嶺ですね, 嶺では金が, 嶺でも雨, 嶺とに擁せられたる此二十里, 嶺ともなりそばだつ岩, 嶺ながら概ね平ら, 嶺などが今の, 嶺などは其二三の, 嶺にかが鳴く鷲, 嶺につき当つた辺, 嶺によぢのぼり, 嶺に関して新に, 嶺のうへに自分も, 嶺へと練って, 嶺ほど山名が, 嶺までは四里八町夜道には, 嶺までも行き吉林, 嶺みちでもおよそ, 嶺みどりの江の島, 嶺ゆいづ湧き出でし, 嶺ゆゆふだつ雨, 嶺よりはるる夕立, 嶺よりも少し低い, 嶺ニテ見ルモ, 嶺合戦, 嶺ヨリ笠ヶ岳迄, 嶺以テ界トス, 嶺万重と書い, 嶺上白雲滋し, 嶺の鉄道線路, 嶺両所共に上野国, 嶺中央は木曾山脈, 嶺畫は, 嶺以東十数里の野いっせい, 嶺伏見淀その他の味方, 嶺ひに, 嶺先生に示す, 嶺山を, 嶺八幡の陣, 嶺函嶺などは其二, 嶺刺し相摸, 嶺北嶺の高き, 嶺にさ, 嶺南アルプスの群山, 嶺南ニ流レテ新州, 嶺南大学に学ん, 嶺は, 嶺名物の焼け石, 嶺その人, 嶺君同行何とかいふ, 嶺吹き払ふ, 嶺は, 嶺外節度使が中央政府, 嶺なれば, 嶺多ければ利嶺, 嶺大岳は私, 嶺大岳西坂本ひがし坂本要路要路目に入る, 嶺太郎がさつさと電話口, 嶺太郎さんを誘つてごらん, 嶺太郎一人は海水着, 嶺太郎君と会つた, 嶺如領腹背之界也, 嶺を以て, 嶺宮下奈良屋に舎つた日, 嶺家何在雪擁藍關馬不前, 嶺に葬る, 嶺をいくつ, 嶺岡山脈の大半, 嶺岡牧場の白牛酪, 嶺の名, 嶺方面の全線, 嶺春泰は刺絡, 嶺春泰殿桐山正哲殿鳥山松園殿中川淳庵殿そういう人達, 嶺春泰鳥山松園など皆医師, 嶺に飲む, 嶺望湖堂に小, 嶺を伐ら, 嶺に行く, 嶺村大字豊邦字笠井島の某, 嶺松寺及池田氏墓誌銘は江戸黄蘗禅刹記巻, 嶺松寺池田氏の諸, 嶺構造の山, 嶺も与四郎, 嶺殺人事件と関係, 嶺流霞過雁行, 嶺の間, 嶺なども合わせ, 嶺のごとし, 嶺湯崗子等に農場試験地, 嶺猶且つ遠く糢糊, 嶺白く晴れたれば, 嶺白馬嶽焼嶽鎗が嶽, 嶺並んで, 嶺碓氷嶺函嶺などは其二, 嶺神等は国史, 嶺の雲, 嶺二の, 嶺東西北, 嶺美佐子君から聞いた, 嶺ゆ, 嶺峰は, 嶺越しの青, 嶺農事試験所の羊群, 嶺過ぎて横川, 嶺附近の地域, 嶺隧道のなか, 嶺隧道殺人事件に関係, 嶺雄君に委嘱, 嶺と号し, 嶺雪旦の画等, 嶺に近き, 嶺駆る見れば, 嶺黒く繁み立つ