青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「得ない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

従~ 従っ~ 従って~ 従来~ ~得 得~ 得ず~ ~得た 得た~ ~得ない
得ない~
~得なかった 得られる~ ~得る 得る~ ~得意 得意~ 從~ 御免~ 御前~ ~御存じ

「得ない~」 5473, 59ppm, 1939位

▼ 得ない~ (999, 18.3%)

417 である 8661 です 32 であります 28 では 19 であった, であるが 13 だった, であるから 9 であろう 8 か, だが, だつた, であって 7 だから 6 だと, と同じ 5 は当然 4 が残念, ですから

3 [11件] かも知れない, さ, だという, だろう, であると, であろうか, でした, ですが, はどうして, は事実, は明らか

2 [32件] じゃ, だからね, だし, だね, だろうか, であったが, であり之, であり従って, である而, でしょうか, ですもの, と彼, はその, はなぜ, はなんと, は一つ, は云う, は周知, は女, は實, は少年時代, は当り前, は明かな, は残念, は甚だ, は當然, は自分, は自明, は遺憾, もこの, を悲しむ, を知っ

1 [141件] かしら困った, かと散々, かもしれない, か明るく, がその, がまことに, がむしろ, が一般, が不幸, が事実, が個別的因果, が凡人, が処, が却って, が失業, が当り前, が当然, が彼, が彼女, が心残り, が悲しい, が本当, が滝沢, が若狭小浜, が苦痛, が越後上杉衆, だけれども, だといふ, だよ, だろうかと, だろうかという, であったから, であったろう, であった今, でありけだし, でありこの, でありこれ, でありそして, でありそれ, でありなぜ, でありますが, であり技術, であるか, であるけれども, でございます, でしょう, ですか, ですね, ですよ, です口外, でも, とまた, と同様, は, はいつ, はいつも, はこの, はこれ, はそうした, はとうてい, はまことに当然, はやはり, はやむを得ない, は一部, は丁度, は不思議, は世道人心, は世間, は云わなく, は今, は何, は何ゆえ, は余, は個性, は全貌, は判り切った, は到底, は勿論, は半襟二掛, は却って, は厳格, は右, は同じ, は固, は大きな, は客観界, は必ずしも, は必然, は恐らく, は悲しい, は憶良, は我, は我々, は握り得ない, は明白, は是, は是非, は構いません, は正, は決して, は浄土往生, は浜ッ子, は無論当然, は申しわけ, は相手, は背後, は行為, は言, は言う, は誰, は驚く, もいつも, もつまり, もやむを得ない, も事実, も亦, も勝負, も勿論, も当然, も決して, も無理, も自然, も過半, をみ, をみずから憤慨, を口惜し, を実感, を寂しい, を思え, を怨み, を怨んだ, を甚だ, を耻かしく, を苦しんだ, を見, を見た, を見る, を認めた, を遣, を遺憾, サ

▼ 得ないこと~ (496, 9.1%)

21 である 19 では 1713 は明かである 11 になる 9 です 8 でも 7 がある, になった 6 だと 5 だった, であろう, でした, となる 4 であります, であるが, なの, は云う, は十分, は自然的, もない, を示し 3 が多い, だろう, であった, であらう, はない, は当然, は明らか, を知っ, を私

2 [30件] がわかった, がわかるであろう, が多かっ, が明らか, が自ら, が起った, だが, だし, だったの, だよ, でありそれ, でありまた, ですから, ですが, ですよ, ですわ, でせう, はあるまい, は三角形, は私, は自明, もあろう, を主張, を告白, を憤慨, を承認, を明, を知るであろう, を示した, を言っ

1 [239件] おびただしい, かのやう, かも知れない, から, から批評, があり, があろう, がお, がこの, がこれ, がしばしば, がだんだん, がわかる, が今や, が会得, が分っ, が分るであろう, が大体, が実感, が帰結, が常に, が当然, が推定, が歸結, が直ちに, が知られ, が確実, が結果, が認められた, が起っ, この上ない, じゃない, そうし, そして終り, そんなこと, だけであった, だけは夢, だけハッキリ, だったかも, だつた, だという, だとしても, だろうか, だろうと, であ, であって, であり, でありそして, でありましょう, であるかも, であるとしても, であるの, であるのみ, であろうそれ, でしょう, ですからね, でその, でそれほど, でもあった, で前, で残念, で父, で理想, で自然, としてどうか, として局, とならなけれ, となれ, とは思わなかった, とは思われない, とみえる, と前述, と思う, と思われる, と考え, と誰, などをかきました, などを長々, なのね, において美, についてね, については説かん, について嘗て, について私, になっ, になつ, になり, になりました, になるで, にはその, には相違, には違, にひけ, に不満, に思ひ, に憤慨, に気づき, に気づく, に氣, に立ちいたりました, に見, に類似, のおのずから, のよう, の一例, の必然的, の明, の結果, はあの, はいろんな, はおそらく, はこの, はすでに, はすべて價値, はその, はなかろう, はなに一つ, はまったく, はまつたく, はわかつ, は今, は今更, は何れ, は典山文慶, は分りき, は前者, は勿論, は又, は口惜しい, は只, は実に, は常識, は彼ら, は彼女, は心理學, は支那, は教養, は明, は明白, は明瞭, は残念, は法治国, は無論, は疑, は目的, は直ちに, は真実, は経験上, は絶対, は言, は返す, ばかりです, もあっ, もあらう, もありません, もある, もなかっ, もヨーロッパ, も世, も事実, も分かっ, も前, も悟るだろう, も明かである, も私, も自然, や惑溺, を, をあの, をあまりによく, をあり得る, をおぼろげ, をたいへん, をなした, をなす, をはっきり, をみずから, をむしろ当然, をもっと, をも充分, をも見, をやらせよう, をソヴェト, を云, を先, を冗, を吾, を固く, を報告, を学ん, を学んだ, を実証, を平然と, を彼ら, を心得れ, を必然, を忘れ, を思わせる, を悟った, を意味, を感じた, を感ずる, を成し遂げ, を指摘, を政府, を旧, を最も, を有態, を注意, を熟知, を独語, を理解, を知, を知つて, を知らしめ, を知るべきである, を確信, を示さん, を答え, を経験, を考えるなら, を自ら予定, を自覚, を茲, を見た, を見るべきだ, を見出すであろう, を観念, を証, を証する, を証明, を認めなけれ, を誡め, を證明, を警告, を過去, 及び此高揚, 夥しい, 従って

▼ 得ないもの~ (345, 6.3%)

64 である 17 がある 1310 であると 8 であること 7 では 6 があった, だと, だという, なの 3 だから, だった, だろうか, であるが

2 [20件] か, がありました, が神, だとか, であ, であった, であって, でありその, であるという, ですから, ですが, でも, になっ, はない, は一つ, は決して, らしい, を作り得る, を持っ, を見出すなら

1 [150件] かもしれない, かも知れぬ, があつ, があるらしい, がうろつく, がございます, がそこ, がどの, がない, が一人, が多数, が女子, が少なく, が所謂小乗, が歴史的, が確か, が育っ, が見えだしました, しか出来ない, そしてただ花瓶, その中間, だが, だそういう, だったの, だつた, だつたし, だろうから, だ父, で, であったこと, であったので, であったろう, であらう, でありそして, でありました, でありましたが, でありませう, であり無, であり生きなければ, であり社殿, であるかという, であるかの, であるから, であるそしてまた, であるといふ, であるならどこ, であるならば, であるなら私, であるにも, であるらしかった, である事, である以上, である故に, である真実, である筈, であろうか, であろうと, でございます, でしょうか, でない, でないこと, で哲学, で無, と, とある, とがある, としたら, としてもそれ, としてわれわれ, として侮蔑, として初めて, とすれ, となっ, となった, となる, とは云っ, とは思っ, と信じ, と信ぜられた, と初め, と志, と思われる, と私, ならば, なん, についてなん, につきあたった, にとってはいまいましく, になる, にはその, にはもういっそう, には同時に, にぶつかるらしい, に対しては納得, に就い, に表具, に見える, に食物, のみが残る, のみが殘, のよう, の一人, の性格, の言, の謂, はあるまい, はけっして, はこの, はさ, はさっさと, はその, はそれ, はたとい, は一定, は感情, は物理学的, は畢竟, は確か, は空理, は結び付き得ない, は総て静的表現, は通行, ばかりである, または自己, また忘れ, もある, やまた, を, をあげ, をもっ, をわし, を並べ, を云う, を今, を多数, を女, を強, を愛する, を持つ, を指す, を教区, を求め, を直接, を真似, を童謠, を見る, を覚え, を除け, 即ち本質上, 従って

▼ 得ない~ (295, 5.4%)

21 思う 12 すれば 6 私は 5 同様に 4 するならば, 主張する, 云って, 云ふ, 思ふ 3 云うの, 信ずるの, 告白する, 思います, 考えて, 考えられる

2 [22件] いう, いうならそれ, いわれるだろうか, おなじよう, しその, 云うこと, 云うならば, 云ったよう, 云わなければ, 僕は, 存じます, 思うから, 思える, 思慮いたす, 確信する, 私の, 考えられて, 考えるの, 言うこと, 言った, 言って, 誰が

1 [169件] あきらめも, あきらめるより, いうべきであろう, いった, いっても, いつたやう, いふこと, いふので, いふわけ, いふ如き理窟, いわれるよう, おそらく想像, されて, される, しここ, したならば, したらなんで, したら一切, するなら私たち, するの, で一代, どこまでも, なると, ひとに, みえて, みえる, アインシュタインに, 主張し, 主張した, 云うかも, 云うが, 云うなら併, 云うべきだ, 云うよう, 云う事情, 云う必要, 云う方, 云う時, 云う風, 云えましょうか, 云った, 云っても, 云つた, 云つてある, 云ふこ, 云われた, 云われて, 云われるであろう, 人々は, 仮定し, 仮定しよう, 仮定すれ, 信じて, 信じてを, 信ずる, 信ぜられた真理, 全く同様, 内心思つてゐたせゐ, 判断いたし, 判断した, 判斷いたし, 叱るよう, 同じくピカソ, 同じく均衡状態, 同じよう, 同時にそれら, 同時に他方, 同時に女性, 同時に文芸, 同時に決してまた, 同樣, 吾, 実はその, 帰しそう, 弱くな, 彼は, 彼らの, 思いこんで, 思いますがね, 思うが, 思うと, 思うの, 思うほど, 思うわ, 思う方, 思った, 思ったから, 思って, 思っても, 思つた事は, 思つても, 思はれた, 思はれるから, 思ひ乍ら, 思ふが, 思わねば, 思われる, 思われるから, 思われるが, 思われるほど, 思われるほど完全, 思われるよう, 思われる人々, 思われる何もの, 思われる程, 悟った, 悟った以上, 悟つた, 想うたの, 想像される, 想像する, 意識し, 感じつつ, 感服した, 批評の, 推断される, 断じたいの, 断ずること, 断定する, 断言し, 断言した, 断言出来る, 書いた, 氏は, 決めて, 甘く見, 白雲の, 皮肉な, 直に廃物, 真面目に, 知れば, 称して, 立派に, 立証されます, 等しいの, 答えられたそう, 結論する, 絶念し, 考えたから, 考えたの, 考えたので, 考えたん, 考えても, 考えなければ, 考えられたの, 考えられたよう, 考えられるそこ, 考えられるところ, 考えるごときは, 考える理由, 考える芸術的, 考へたでも, 自覚し, 裕佐は, 見えて, 見え揃って, 見て, 解釈を, 言い出す, 言うに, 言った自己矛盾, 言つた口調で, 訴え自分, 評せられる, 該天文台長の, 語った, 辯解すれ, 述べて, 限らないの

▼ 得ない~ (288, 5.3%)

42 あらう 7 いる 6 あらうか, いた, いるの 4 せう, ゐる 3 帰った, 彼は

2 [11件] あらうこと, あらうと, いるうち, いること, いるという, おのれの, しかも胆力以上, た, むしろその, 寒山拾得の, 薄暗いほどに

1 [185件] あらうほどの, あらう或, あらう死者, あらう燃える, あらう風景, いたが, いたという, いたよう, いた不平, いた人々, いた向こう, いた者, いた貴族趣味, いるお, いるこの, いるそれ, いるそれら, いると, いるとき, いる上流社会, いる事実, いる半蔵, いる姿, いる日曜休, いる状態, いる田舎, いる睦田巡査, いる社会, いる解放, いる言葉, いる陰, いる青年たち, いろいろに, おずおずと, おのれが, おれは, おろおろし, お前さんの, かえって人, かえって自分, きまり悪, ぐずぐずした, ここで, こんな田舎, さかんに, さながら純情無垢, しかも急い, しきりと, しまう事, しまった, しょんぼりと, せうか, そうして徐ろ, その場限り, その愛玩物, その枠内, その行く, それを, ただ心, ただ見つめ, てれた顔, とかく偶然化, ののしり騒ぐ人たち, ほつれ髪の, ぼんやり立ちつくし, まず地, またその, また無関心, また逢いうる, むしろ外国語, やがては, ゐたのに, ゐる事, ゐる事実, ドイツイタリア等に, ポカンと, ポッと, ヲケの, 一年の, 世を, 五里霧中に, 人の, 他の, 何か, 何処とも, 修業に, 入洛した, 其行末を, 出家した, 勝手に, 半は, 却って自分, 又年々歳々, 反嚼, 反対の, 只お金, 咳を, 唯しお, 困るの, 国許に, 声明した, 大局的に, 大旦那様, 大衆の, 女共に, 家を, 家庭の, 小我を, 居ります, 居るけれども, 居るの, 島野に, 已むこ, 帰っては, 帰署する, 平塚さんにおいては, 年若い, 年齢とともに, 床の, 庭に, 引き揚げること, 強烈な, 彼の, 彼らの, 彼女の, 彼等を, 後の, 思案に, 悲喜感激する, 慌しげ, 手術を, 指導者と, 日常身辺の, 時々立止つて, 時事を, 有らん限り, 来た彼, 来て, 模索し, 武力の, 死亡する, 永久の, 汝の, 泣いてばかり, 消耗戦略に, 深い歎息, 深い溜息, 漫然となぜそんな, 烈しい水, 無暗に, 物を, 物置きの方へ, 犬の, 狭い地内, 疲れ切って, 目賀野氏が, 研究を, 私に, 私を, 秘し隠しを, 空疎な, 終って, 終つてしまつたのである, 絶望し, 縄付を, 自分の, 良い張る, 苛, 苦しみ羽ばたきする, 藻掻い, 蟹と, 西宮の, 言葉を, 豈世, 貴女, 貴方と, 遁る, 過ぎて, 門を, 非合法活動の, 靴を, 頬が, 飲食物の, 魂だけで, 黙って

▼ 得ないという~ (264, 4.8%)

30 ことを 27 ことに 26 ことは 16 ことが 10 ような 9 ことである, のは 4 ことも, のが, ように 3 ことで, ことと, のである, 意味では 2 ことからは, ことこそが, ことだった, のだ, のも, 事に, 意味に, 点に, 理由は, 風に

1 [93件] ある種, ことから, ことだ, ことだけ, ことであろう, ことでした, ことです, ことな, ことなおまた, ことにさえ, ことにだけ, ことには, ことの, ことまた, こともしくは, こと少なくとも, こと或いは, こと物質は, こと絶対が, それの, ためな, ところ, のか, のだった, のらしい, わけである, スミス博士の, メグリアワセに, 一つの, 不安の, 主張は, 事を, 事実な, 事実も, 人物に, 人間でしか, 今日の, 保証を, 処に, 切端つまった, 制限を, 危険を, 因果な, 実際が, 実際の, 実際を, 弱点を, 当然の, 形で, 心の, 心配から, 性質を, 恐れから, 意味である, 意識とが, 憾みから, 所謂, 数学上の, 新しい国民的儀礼, 明かな, 時そこに, 時代の, 最も人間的, 極めて判り切った, 極めて卑俗, 概念を, 次第でした, 気が, 水準は, 法は, 点と, 点には, 片上伸の, 独立性を, 現実の, 直覚と, 真に悲しむべき, 真理に, 確信を, 程度であっ, 精神の, 結論に, 結論にまで, 考えでした, 考えは, 肚も, 言葉が, 言葉は, 諦らめ人工の, 連中ばかりが, 関係と, 関係を, 面持で

▼ 得ないよう~ (172, 3.1%)

9 に思われる 6 になっ 5 な気 4 である, なこと, に見える 3 な顔, に出来 2 だ, だが, な, なもの, な事, な有様, な条件, にし, に人間

1 [116件] であった, であっては, であるが, では, でも, なある他, なすこぶる, なその, なそんな, なただ, なところ, なもりあふれる存在, なら代々木荘, な一つ, な一種, な一種不可思議, な不運, な事情, な人, な人々, な人たち, な仕方, な何物, な党派性, な内気, な力, な哲学, な困難, な国, な土地, な場合, な場所, な多く, な夢, な大変, な天才的, な奇怪, な妙, な存在, な小さな, な巨木, な形, な形而上学的宇宙創造論, な心持, な心理, な思い切った英断, な感じ, な我国, な所謂, な挙動, な文字, な文学, な文章, な日, な暢気さ, な書籍, な様子, な欠陥, な次第, な無邪気, な状態, な状況, な狂気, な理論, な経済状態, な経験, な習慣, な自然科学, な芸術的向上心, な虚偽, な言葉, な諸, な貴重, な近頃, な返事, な返答, な迫力, な酸ぱいよう, な醜い, な階級, な頭, な魂, に, にいつ, にした, にする, にどこ, になった, になつ, になり, になるだろう, にサラリーマン, にチッチッ, に世の中, に仕向ける, に吾人, に女, に媒介, に少し, に心掛ける, に思える, に思われ, に思われた, に思われるで, に段々, に母, に混合, に用心, に竦ん, に組織, に絵画, に美, に見え, に見受けられる, に言われた, に長五郎

▼ 得ないから~ (152, 2.8%)

60 である 146 です 5 して 2 三千代と, 実は色々, 背を

1 [61件] かかること, この二つ, この作品, この辺, これを, そこで彼ら, そこに, その目的論, だろうと, であります, であると, であるという, であろう, では, どうしても心から彼ら, ひたすら威かしつける, もはや採掘, やめて, われ等は, 一刻も, 之を, 今の, 依然として社会人, 僕は, 元来存在し得ない, 分つたやう, 卒業し, 古寺の, 哲学史に, 夫は, 失敗を, 害悪を, 容易ならざる, 彼にと, 彼にとっては, 思いきって, 思想的には, 悲惨で, 教区の, 本人は, 構成が, 次の, 歴史的社会の, 毎日得られる, 片隅を, 物を, 現實, 用語の, 発見された, 米友は, 結局において, 結局単純に, 耕作が, 聞き返して, 自分で, 自然毎日朝から, 自然長い, 見付出した, 費用として, 起るので, 離縁し

▼ 得ない~ (107, 2.0%)

2 しかし私, それが, それにも, それは, ために, なんでも, まさに蘇川峡, 他方それは

1 [91件] あんなもの, いま読ん, おぢ, お達者, けだし仮定, けだし貨物, この字, この点, この資本主義社会, この道徳的範疇, ごとき本性, しかしかかる, しかしそれら, しかしもし, しかし先生, しかし六十八歳, しかもかかる, すでにずつと, そういう地形, そこは, そのころ, そのよう, その代り珠子, その原始的, その無窮, その特色, それだ, それと, それよりも, それを, ただ内儀さん, たった一つ, とにかく歌時計, どこか, なるだけ, もし果たしてしかり, やはり子音母音, ゆえに排斥, わが國固有, エンナカは, ヒューズの, ルソーの, 丁子は, 三人の, 人から, 今も, 今度は, 他方は, 会員を, 体の, 何でも, 何等かの, 併し, 兎に, 出生は, 制服という, 創作社全, 古代に, 同時に又, 国家は, 国民全体が, 国際的な, 如き本性, 実験という, 小学校の, 少くとも, 少なくとも今, 幸いに, 弟の, 彼の, 技術家の, 故に, 故にぐち, 故に弁証法的, 故に敬遠, 旅中侶伴と, 時々思ひ出す, 氏の, 汽船の, 現在なおかつ, 盲だ, 科学の, 簡単な, 結びの, 絹や, 評判に, 読書する, 誰も, 象徴詩は, 資本家は, 酒井彪三編輯明治十年八月出版の

▼ 得ない~ (82, 1.5%)

6 である 4 では, はない 3 だと 2 だ, でございましょう, です, でも, になる, は明らか, を感じる, を私

1 [49件] かもしれない, があり得るらし, がこの, がしば, がわかる, が明かである, が起きた, だが, だつたの, だ今日, であります, であるという, であろう, でした, でしょうか, でせう, として許され, となり, となる, とは云えぬ, と考へる, なん, になった, になつ, になりましょう, に困惑, は先ず, は向う, は彼, は彼等, は遺憾, ばかり並べ, も僕, をくどくど, をつくづく, をやり, を云, を云う, を察した, を彼女, を発見, を知っ, を続かし, を見た, を覚った, を言, を言い出し, を言った, を遺憾

▼ 得ないところ~ (81, 1.5%)

15 である 7 であろう 63 がある, であった, であらう 2 であるから, であろうと, のかの, のもの, の人体, の他

1 [32件] からくる, からも来る, から発生, がいわば, だった, だと, であっただろう, であるが, であると, でかうなる, でつまり, でエイ子, で御座いました, と思います, と思考, に人間性, に今度, に彼ら, に文学, に方針, に本当に, に立ち入った, のこと, の個性, の東洋的, の殺気, へまで私, まで具体的, まで迸った, をそのまま, を掴まえ, を氷解

▼ 得ないほど~ (64, 1.2%)

5 大きなもの 3 だった 2 卑怯に, 堅く刻みつけた, 小さな延長, 強力に

1 [48件] お松そのものの, その栄誉, その魔力, であった, である, で恐らく, なこと, なもの, 些細な, 仕事が, 低くなっ, 余裕の, 公正に, 内容に, 動揺し, 卑怯な, 単簡で, 参って, 変わった斑紋, 大きな客観的実在性, 大きな客觀的實, 尊さ, 弱いの, 恐ろしいこと, 愚かで, 死に瀕, 深い所, 満ち溢れて, 激しく瞬き, 無気力であったなら, 特異な, 現実の, 異質な, 白, 真面目である, 私の, 結いつけられて, 結ひつけられ, 苦しんで, 落付を, 葉子に対して, 衆口一致し, 貧しい人民, 貧乏に, 貧困な, 貧困に, 貧弱な, 賢い子供ら

▼ 得ないといふ~ (51, 0.9%)

9 ことを 6 ことが 5 ことは 2 ことからは, ことである, ことに, のが, のは, やうな, やうに

1 [17件] あのこと, ことなほまた, ことにも, ことや, 不可知論的な, 不文律が, 事で, 事実は, 先天的な, 原理である, 奇妙な, 奇怪な, 意味において, 憾みが, 教訓を, 道理は, 風で

▼ 得ない~ (49, 0.9%)

13 だ, である 4 であるから 2 であった, では, のもの

1 [13件] だから, だが, だった, だよ, だろう, であります, であるのに, です, で一般, で現実, という, はあるまい, はない

▼ 得ないので~ (45, 0.8%)

5 あつた 2 歳末年始の

1 [38件] あつて, あらう, あらうか, あるもの, そういうもの, そうした表面的, その儘訳, それは, た, どうも仕様, もう思い切っ, もがきに, ニュースの, 一定数の, 世界そのものと, 何か, 何かの, 実在が, 寧ろ式, 彼は, 後には, 従ってディアレクティック, 我慢し, 本多に, 無限定, 然も, 私は, 私達は, 結局それを, 藻掻き, 言語道断な, 誰でも, 謂わば, 車に, 通信員の, 過去を, 闇とは, 頭脳の

▼ 得ないわけ~ (45, 0.8%)

13 である 73 です, なの

1 [19件] があります, だから, だが, だし, であったろう, であつ, でありそして, であります又, でございます大乗, でさて, でしょう, でそうした, でそれ, で一事, で従って, で私ども, になっ, ね, はない

▼ 得ない場合~ (44, 0.8%)

4 がある 2 が多い, に於

1 [36件] が事実, が生じる, が生ずる, が絶対, だったとは, であります, でありまた, とがあり, と同様, なん, に, における点, にだけ許され, にはだれ, には世界地図, には内, には出られた, には吾, には彼ら, には惜しげ, には種々, に何らかの, に悲惨, のある, のこと, のほか, の他, の方, はこれ, は多い, は客, は帳場, もある, も少く, を想像, を見出す

▼ 得ない~ (29, 0.5%)

3 又吾

1 [26件] その下落, それに, それは, ひいてはこうした, ほとんど愛せざる, また帰宅, 一寸困っ, 下劣をも, 不愉快な, 信長の, 偏愛する, 其だけの, 冷評に, 判例を, 又あっ, 又そう, 妻が, 婦権獲得運動者でも, 幼少な, 後の, 投獄し得ない, 捕らえ得ないし, 方法なし, 永久に, 独楽を, 百官も

▼ 得ない~ (27, 0.5%)

10 しても 2 きまって, 相違ない, 違ひない

1 [11件] かかわらずルノアル翁晩年, しろこの, しろもはや, しろ傷痕, せよしかも, ちがいありません, ちがいない, 反して, 極まって, 違いない, 違いなかった

▼ 得ないやう~ (27, 0.5%)

3 なもの 2 になつ, に思はれる

1 [20件] なこと, なそして, な一つ, な事情, な何物, な問答, な安手, な形式, な心持, な恐し, な政治家, な歴史, な気持, な氣, な氣持, な重大性, にする, に思はれた, に用心, に自ら平等

▼ 得ない事情~ (27, 0.5%)

2 があっ, に置かれ

1 [23件] から心配, から詩, があります, が存在, が有った, が私, であった, でこの, です, で東海道, で離れ, とあれ, なの, にあった, にある, にしばられ, になった, に生き, に陥り, のため, の外, をひろ子, を縷々

▼ 得ない~ (26, 0.5%)

2 である

1 [24件] が多い, が少なく, が悪い, だ, だと, ですから, でも公的場面, との区別, とみえ, とを区別, と人, と生れ, にどうして, のひとり, の中, の心, の悪い, の畫, の随一, は倫理的, は勿論, は彼, は意気地, や疑義

▼ 得ないとしても~ (22, 0.4%)

2 これを

1 [20件] いろいろな, このこと, この過剰量, その人, その役割, その隔り, 不思議は, 二度の, 何うし, 同様の, 大いに反省, 尚そこ, 彼等が, 所謂観客の, 生れた子供, 私は, 稽古場で, 醜いもの, 長篇については, 音次郎を

▼ 得ない~ (22, 0.4%)

1 [22件] があれ, が多い, が幾人, が潜ん, が無数, だ, だから, であります, である, です, にする, にとっては単に, にとつて, の中, の作品, の苦痛, はもと, は伝統, は彼, は真に, ばかり揃ってる, を世に

▼ 得ない~ (21, 0.4%)

2 にある, のもの, の六〇フラン

1 [15件] からくる, から由来, がある, である, でした, ですが, では道化物, にあっ, の五九・九五フラン, の六〇・〇五フラン, の労働者, の土地, の無益, まで実現, もある

▼ 得ない人間~ (20, 0.4%)

3 である 2 が行列

1 [15件] がいる, が多数, だつた, であつ, でその, ではなく, の憐, の活動, の無力, の疲れ, の真情, は公衆, は片, も離れ得ない, を解し得なけれ

▼ 得ない~ (20, 0.4%)

1 [20件] があります, がついに, が来た, となっ, にのみそれ, にのみ始め, にのみ従って, にはお前, には知らず知らず, には結婚数, に同一, に大人, に思想, のある, の如く, の歩み, はそこ, は互いに, ばかり, 従ってその

▼ 得ない~ (20, 0.4%)

2 自分自らが, 複雑な

1 [16件] それ程この, であった, になっ, に常識, に愛, に盛りあふれた, に空漠, に衰え, の多様, の木像的思索家, の疲勞, 僅少である, 嬉しいもの, 心の, 自身の, 身に

▼ 得ないため~ (19, 0.3%)

1 [19件] あんな風, かもしれない, せっかくの, その努力, であるらしい, にいかなる, にここ, にその, にどんなに, に世間, に我国財界, に日々, に明, に死ん, に液状, に田舎人, に起る, または婚資, 刻々に

▼ 得ないとは~ (19, 0.3%)

2 限らない

1 [17件] いえないの, いえ以前, いえ軍中, どうして主張, わたしは, 云えない, 云えますまい, 何たること, 保証し, 信じて, 如何に不思議, 或は云, 断言出来ない, 私は, 言い切れません, 言えない, 言われない

▼ 得ない~ (19, 0.3%)

2 だ, である, の近代的

1 [13件] がある, だろう, であるが, では定住労働者, にこの, に文化, のファシズム, のブルジョア政治家, の区別, の常識的, の最小, の而, をばドシドシ省略

▼ 得ない理由~ (19, 0.3%)

3 がある 2 はない, は根本的

1 [12件] であろうと, なしに, はそれ, はそれら, はもはや, は依然として, は先, もうなずける, もここ, も他, を有っ, を私

▼ 得ないうち~ (18, 0.3%)

2 に又

1 [16件] にうけ, にその, にそれ, に不, に両人, に倒れた, に四月, に宗庵, に無条件降伏, に警固, に随筆, はかれ, はけっして, はそれ, は他, は忘れる

▼ 得ないけれども~ (16, 0.3%)

1 [16件] しかしこれ, しかしその, しかし眼, そう云っ, それかと, ともかくも, 互いに意, 出来ること, 努力を, 又他面, 否定を, 多くの, 彼は, 文学について, 社会の, 静かに

▼ 得ないはず~ (15, 0.3%)

6 である 3 です 2 だ, はない 1 だった, のこと

▼ 得ないかも~ (14, 0.3%)

4 知れない 2 しれない, 知れないと, 知れないの 1 しれないが, しれぬ, 知れないけれども, 知れぬ

▼ 得ない~ (14, 0.3%)

52 です 1 だって教え, だと, だらうと, だろうと, ですか, ですからね, ですよ

▼ 得ない~ (13, 0.2%)

1 [13件] うまい比較物, しかもかく, して, それ丈の, だという, つまるところ人情, どうかといふ, または女, れ等, 今が, 又は高い, 又何故, 或る

▼ 得ないほどの~ (13, 0.2%)

1 [13件] ある隠れた, ものに, 不審で, 傷痕を, 冷静さで, 困難とは, 年数を, 武者ぶりである, 泥だらけの, 理想を以て, 真実を, 貧困, 資本額が

▼ 得ない事実~ (13, 0.2%)

1 [13件] から推す, から私, がある, であつ, である, であるから, です, ではあるまい, ではない, なの, の前, は決定, を言

▼ 得ない性質~ (13, 0.2%)

7 のもの 2 を持つ 1 が生じ, のこと, を持っ, を活かすべきでありましょう

▼ 得ない~ (13, 0.2%)

2 がある, である 1 であろうと, では, に穀物生産, はあるであろう, は夙に, もある, をつい, を原理上, を省略

▼ 得ない状態~ (13, 0.2%)

4 にある 1 である, となった, なん, におかれ, になった, に在る, に立ち至っ, に陥っ, を続け

▼ 得ない~ (12, 0.2%)

1 [12件] である, ではない, と相対, の利己心, の矛盾, の耳, はこ, はすぐ, はたち, は明方, は淋しい, は私自身

▼ 得ない~ (11, 0.2%)

2 だ, である 1 があった, で, であろう, ですか, ですから, なの, には行かない

▼ 得ないばかり~ (10, 0.2%)

1 でなくただ, でなくまた, でなくまたさういふ風, でなくむしろ, でなくわれわれ自身, でなく人間, でなく元来進歩, でなく専門, でなく彼, でなく日本

▼ 得ないまま~ (10, 0.2%)

1 そうした不可思議, で門, にその, にジャーナリズム, に名号, に噂, に極めて, を同年十一月, 立ち上りますと, 絶えざる封建性

▼ 得ないかの~ (9, 0.2%)

4 ように 1 ごとく, ような, 極端な, 理由を, 観が

▼ 得ないその~ (9, 0.2%)

1 ために, 事の, 人が, 低さ, 叛逆者を, 暗い中, 知でなけれ, 自分を, 譲歩の

▼ 得ないそれ~ (9, 0.2%)

1 が近世, はそれ, はとり, は俳句, は判断的一般者, は畑姉弟, は経験的, は要するに, を十分自分

▼ 得ない結果~ (9, 0.2%)

1 でありそして, である, であると, となつ, に陥るであろう, のよう, は若い, ばかりで, を招い

▼ 得ない自分~ (9, 0.2%)

1 にとっては確固たる, の心, の束縛, の薄志, を其儘受容, を心憎く, を感じ, を省みる, を見出し

▼ 得ないでも~ (8, 0.1%)

2 なかった 1 あなたの, いい, じ, ない, ないが, 彼は

▼ 得ないにも~ (8, 0.1%)

1 せよやや, 困り切る, 拘らずそれら, 拘らず二つ, 拘らず即ち, 拘らず却って正に, 拘らず或, 拘わらず記録

▼ 得ない気持~ (8, 0.1%)

1 だった, であった, と, といふ, にさせられた, に囚われ, に迫られました, を起させ

▼ 得ない現象~ (8, 0.1%)

2 ではある 1 であつ, である, であるが, と見, なの, もある

▼ 得ない立場~ (8, 0.1%)

1 だった, である, にあり, におかれ, におかれる, になつ, に置かれた, に陥った

▼ 得ない限り~ (8, 0.1%)

1 はそれ等, はなるべく, は彼, もし更に税金, よい境遇, 一一〇〇〇磅, 使わない方, 最も合理的

▼ 得ないかという~ (7, 0.1%)

1 ことに, 外的な, 点について, 点の, 点を, 理由を, 空気と

▼ 得ない世界~ (7, 0.1%)

2 への最大 1 がある, においてカムチヤツカ土人, の気象状態, を建立, を読者

▼ 得ない人々~ (7, 0.1%)

1 がある, となる, に代っ, のいかに, の不可避的, はそれぞれ, をいっしょ

▼ 得ない問題~ (7, 0.1%)

2 である 1 ではなく, でもない, でもなく, としてしか現われ, を含ん

▼ 得ない彼女~ (7, 0.1%)

1 が自殺, です, の前, の唇, の態度, の気持, はただ

▼ 得ない有様~ (7, 0.1%)

2 である 1 であったらしい, である限り, です, となった, なの

▼ 得ないじゃ~ (6, 0.1%)

4 ないか 1 ありませんか, ないですか

▼ 得ないだけ~ (6, 0.1%)

1 である, です, でなく全体, で命令通り, で無意識的, 憎しみと

▼ 得ないとして~ (6, 0.1%)

1 井谷にだけは, 否定する, 夫の, 横に, 薬師寺東院堂の, 試験の

▼ 得ない一つ~ (6, 0.1%)

1 のこと, の主要, の人間性, の幻想, の真実価値, の運搬法

▼ 得ない~ (6, 0.1%)

1 が一人, だね, であった, であつ, のもと, はほとんど

▼ 得ない~ (6, 0.1%)

3 なもの 1 である, な昔風, な飄箪

▼ 得ない次第~ (6, 0.1%)

4 である 1 であった, でしょう

▼ 得ないある~ (5, 0.1%)

1 ままの, ものが, 土地を, 若干の, 規範主義が

▼ 得ないかと~ (5, 0.1%)

1 云うこと, 云えば, 思って, 思われて, 言ったこと

▼ 得ないかを~ (5, 0.1%)

1 主要問題と, 決する前, 簡単に, 考えられたい, 詰るであろう

▼ 得ないのみ~ (5, 0.1%)

1 でなく遂に, ならずそれ, ならずまた, ならず戦時下, ならず若し

▼ 得ないまでに~ (5, 0.1%)

1 なった, 段違いの, 混乱した, 町村落農田山林までを, 眞に

▼ 得ないまでも~ (5, 0.1%)

1 これを, ともかく夜明け, 一庄屋としての, 是が, 面白いもの

▼ 得ない一種~ (5, 0.1%)

1 の不思議, の封建化的イデオロギー, の弊害, の暗示的効果, の歌

▼ 得ない仕事~ (5, 0.1%)

1 があっ, が事, が果せる, であつ, なの

▼ 得ない~ (5, 0.1%)

1 でしたの, ではない, の中, の秘密, は私

▼ 得ない所以~ (5, 0.1%)

3 である 1 が之, を示した

▼ 得ない時期~ (5, 0.1%)

1 がある, があるだろう, であるが, となった, を指示

▼ 得ない~ (5, 0.1%)

4 がした 1 がし

▼ 得ない種類~ (5, 0.1%)

3 のもの 1 の人間, の博物館

▼ 得ない道理~ (5, 0.1%)

1 が有, である, です, は断じて, は解め

▼ 得ないくらい~ (4, 0.1%)

1 だ, ですから, なら将来, 彼女の

▼ 得ないけれど~ (4, 0.1%)

1 これほど, マタ・アリに, 孤独でありたい, 愛を

▼ 得ないとの~ (4, 0.1%)

1 ことだった, こと資産も, 仮定の, 話で

▼ 得ないのに~ (4, 0.1%)

1 この将軍, これも, 彼らは, 比例し

▼ 得ないほどに~ (4, 0.1%)

1 お前達の, それは, 冠絶した, 煮つまったもの

▼ 得ない出来事~ (4, 0.1%)

1 が人生, が将来実現, だ, だと

▼ 得ない~ (4, 0.1%)

1 との間, においては資本, の負担, はその

▼ 得ない多く~ (4, 0.1%)

1 の女, の歓喜, の点, の而

▼ 得ない~ (4, 0.1%)

1 が一存, であったが, の上, は彼

▼ 得ない従って~ (4, 0.1%)

1 又そう云った, 又そう言った, 又変化, 延長は

▼ 得ない~ (4, 0.1%)

2 るもの 1 る客観的, る瞬間

▼ 得ない~ (4, 0.1%)

1 にそこ, に生産者, に自我, を以つて

▼ 得ない様子~ (4, 0.1%)

1 で, である, で一生懸命, で三指

▼ 得ない用事~ (4, 0.1%)

1 か出, ででも外, で厭, の外

▼ 得ない矛盾~ (4, 0.1%)

2 が矛盾 1 におかれ, を露出

▼ 得ない程度~ (4, 0.1%)

1 にひどく, に合体, に於, の非

▼ 得ない~ (4, 0.1%)

1 がある, である, に就, の目標

▼ 得ない~ (4, 0.1%)

2 事情の 1 事情という, 将の

▼ 得ない返事~ (4, 0.1%)

1 であった, ばかりで, をし, をします

▼ 得ない部分~ (4, 0.1%)

2 を私達 1 とがあり, とをやはり

▼ 得ない~ (4, 0.1%)

1 にかれ, はそれ, は健吉くん, は要するに

▼ 得ない限りそれ~ (4, 0.1%)

2 はただ 1 はより, は明

▼ 得ないせい~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, では, もあろう

▼ 得ないだけに~ (3, 0.1%)

1 それだけ実は, なおさらそれ, なおさら苦しんだ

▼ 得ないだけの~ (3, 0.1%)

2 ことである 1 事は

▼ 得ないとき~ (3, 0.1%)

1 には作品, には最も, はしばらく

▼ 得ないとともに~ (3, 0.1%)

1 また彼ら独特, 少し理智的, 抽象的な

▼ 得ないとも~ (3, 0.1%)

1 見られる, 限らぬと, 限らぬという

▼ 得ないと共に~ (3, 0.1%)

1 一体之, 一個の, 抽象的な

▼ 得ないなぜ~ (3, 0.1%)

1 そういう信念, なら技術そのもの, なら群集

▼ 得ないものの~ (3, 0.1%)

1 いかに多い, ごとくいとも, ごとくである

▼ 得ないゆえ~ (3, 0.1%)

1 ぜひも, に想像力, に我々

▼ 得ない不思議~ (3, 0.1%)

1 な力, に交錯, を映した

▼ 得ない世の中~ (3, 0.1%)

1 に訴, の急変, の軽薄さ

▼ 得ない事柄~ (3, 0.1%)

1 だった, であつ, であり太子様

▼ 得ない以上~ (3, 0.1%)

1 その作品, はたといどんなに, は吾

▼ 得ない~ (3, 0.1%)

1 いだ, だから, にめんどう

▼ 得ない~ (3, 0.1%)

1 うしても, かの価値, か事情

▼ 得ない何故~ (3, 0.1%)

2 なら吾 1 ならどれ

▼ 得ない~ (3, 0.1%)

1 から征服者, の歌風, の自分

▼ 得ない原因~ (3, 0.1%)

1 である, というの, になる

▼ 得ない同情~ (3, 0.1%)

2 を貴方がた 1 が含まれた

▼ 得ない困難~ (3, 0.1%)

1 がある, である, の岩

▼ 得ない境地~ (3, 0.1%)

1 である, なの, に立っ

▼ 得ない~ (3, 0.1%)

1 が危機, はいう, は至極

▼ 得ない子供~ (3, 0.1%)

1 のよう, の不幸, の噂

▼ 得ない心持~ (3, 0.1%)

1 がする, だと, になる

▼ 得ない心理~ (3, 0.1%)

21 には真実

▼ 得ない思い出~ (3, 0.1%)

2 の一つ 1 にまぶた

▼ 得ない悩み~ (3, 0.1%)

1 がある, なん, にいつも

▼ 得ない成行~ (3, 0.1%)

1 であったとも, でした, では

▼ 得ない時代~ (3, 0.1%)

1 となった, に来, の本質

▼ 得ない本質~ (3, 0.1%)

1 であるからこそ, のもの, も同じ

▼ 得ない深い~ (3, 0.1%)

1 歓楽は, 真理が, 謎として

▼ 得ない~ (3, 0.1%)

1 とさ, なるもの, の外

▼ 得ない犠牲~ (3, 0.1%)

1 だと, によって購われた, に相違

▼ 得ない理屈~ (3, 0.1%)

21 ではない

▼ 得ない生活~ (3, 0.1%)

2 である 1 の連続

▼ 得ない~ (3, 0.1%)

1 だ, だった, であった

▼ 得ない苦しい~ (3, 0.1%)

3 百姓生活の

▼ 得ない証拠~ (3, 0.1%)

1 である, と考え得る, を見る

▼ 得ない運命~ (3, 0.1%)

1 と云うべきでしょう, にある, の決定

▼ 得ない~ (3, 0.1%)

3 をし

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 ことばだ, 十夜頭巾

▼ 得ないかが~ (2, 0.0%)

1 これで, 問題では

▼ 得ないかに~ (2, 0.0%)

1 あります, 存し

▼ 得ないからこそ~ (2, 0.0%)

1 その関心, 起きるの

▼ 得ないからでも~ (2, 0.0%)

1 あらうが, ありました

▼ 得ないきらい~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 得ないけだし~ (2, 0.0%)

1 その分量, 仮定に

▼ 得ないこの~ (2, 0.0%)

1 派の, 間諜この

▼ 得ないしかし~ (2, 0.0%)

1 一〇〇名の, 私は

▼ 得ないそう~ (2, 0.0%)

1 すれば, である

▼ 得ないただ~ (2, 0.0%)

1 の理窟, 自然も

▼ 得ないだが~ (2, 0.0%)

1 ともかくも, 物が

▼ 得ないだけが~ (2, 0.0%)

1 相違で, 相違であっ

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 やで, やない

▼ 得ないつまり~ (2, 0.0%)

1 は今, 説明出来ない

▼ 得ないとでも~ (2, 0.0%)

1 思ってるの, 言おうか

▼ 得ないとまで~ (2, 0.0%)

1 嘆じ, 私らは

▼ 得ないなどと~ (2, 0.0%)

1 おつ, お譏り申し上げ

▼ 得ないなんて~ (2, 0.0%)

1 いふ理由, 今だ

▼ 得ないには~ (2, 0.0%)

1 困りました, 警察の

▼ 得ないのみか~ (2, 0.0%)

1 共に今日, 却ってその

▼ 得ないばかりか~ (2, 0.0%)

1 ますます強固, 却って姉

▼ 得ないふう~ (2, 0.0%)

1 が見える, で帰っ

▼ 得ないまして~ (2, 0.0%)

1 彼の, 絶対に

▼ 得ないまでの~ (2, 0.0%)

1 ことです, ものである

▼ 得ないんで~ (2, 0.0%)

1 どうかこちら, サ

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 に出, に君

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 安心が, 満足が

▼ 得ない不幸~ (2, 0.0%)

1 な懐疑者, のまま

▼ 得ない不断~ (2, 0.0%)

2 のせつな

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 では世界, に反し

▼ 得ない二つ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の結果

▼ 得ない二人~ (2, 0.0%)

2 の児童

▼ 得ない人物~ (2, 0.0%)

1 だと, と思われ

▼ 得ない仕儀~ (2, 0.0%)

1 でもあつ, に立ち至りまし

▼ 得ない仮定~ (2, 0.0%)

1 だが, の一つ

▼ 得ない何物~ (2, 0.0%)

1 かがある, も在り得ない

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 得ない作家~ (2, 0.0%)

1 は私, もあり

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 ではない, として憎悪

▼ 得ない俗人たち~ (2, 0.0%)

2 はあらゆる

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 です, の臆病

▼ 得ない光景~ (2, 0.0%)

1 が展開, なので

▼ 得ない初めて~ (2, 0.0%)

1 の人, の女

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 な世界, の新しい

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を備え

▼ 得ない印象~ (2, 0.0%)

1 だつた, を与える

▼ 得ない可能性~ (2, 0.0%)

1 とは誤り, の文学

▼ 得ない名言~ (2, 0.0%)

1 だったから, だつた

▼ 得ない哲学~ (2, 0.0%)

1 のこと, は遂に

▼ 得ない国民~ (2, 0.0%)

1 となる, は怠惰

▼ 得ない境遇~ (2, 0.0%)

1 にある, にい

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 転換の, 馬鹿野郎だ

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 さ, はニヒル

▼ 得ない婦人~ (2, 0.0%)

1 にでも適当, の不幸

▼ 得ない実際~ (2, 0.0%)

1 となった, 上の

▼ 得ない宿命人~ (2, 0.0%)

1 であったの, であつ

▼ 得ない差支~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 得ない幸福~ (2, 0.0%)

1 だった, なる天下

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 で出された, なの

▼ 得ない彼ら~ (2, 0.0%)

1 にむしろ, の運命

▼ 得ない必然~ (2, 0.0%)

1 なもの, をはらん

▼ 得ない必要~ (2, 0.0%)

1 のない, もあった

▼ 得ない恥辱~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 得ない悪魔~ (2, 0.0%)

2 を罰し

▼ 得ない悲劇的~ (2, 0.0%)

2 な性格

▼ 得ない情勢~ (2, 0.0%)

1 であった, におされ

▼ 得ない情愛~ (2, 0.0%)

2 の求め

▼ 得ない意味~ (2, 0.0%)

1 の微笑, を持った

▼ 得ない愛情~ (2, 0.0%)

2 を感じた

▼ 得ない感情~ (2, 0.0%)

1 が圧しつぶされ, のまま

▼ 得ない換言~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ 得ない改善~ (2, 0.0%)

1 である, との間

▼ 得ない文学~ (2, 0.0%)

1 でなければ, の仕事

▼ 得ない朝鮮固有~ (2, 0.0%)

2 の美

▼ 得ない条件~ (2, 0.0%)

1 と前提, の下

▼ 得ない根本的~ (2, 0.0%)

1 な命運, な理由

▼ 得ない民衆~ (2, 0.0%)

1 がそのまま, の間

▼ 得ない気分~ (2, 0.0%)

1 に成つて, の上

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 がされた, がする

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 に手, に自分

▼ 得ない無頼漢~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

2 も多い

▼ 得ない特殊~ (2, 0.0%)

1 な親しみ, の言葉

▼ 得ない現在~ (2, 0.0%)

1 の境涯, の状態

▼ 得ない現実~ (2, 0.0%)

1 がのみこめた, が在る

▼ 得ない理論~ (2, 0.0%)

1 は少く, は理論

▼ 得ない環境~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 得ない異常~ (2, 0.0%)

1 な世界, な仕事

▼ 得ない~ (2, 0.0%)

1 に一文, に訳

▼ 得ない相手~ (2, 0.0%)

1 でもあり, の心持

▼ 得ない真実~ (2, 0.0%)

1 のもの, の価値

▼ 得ない真理~ (2, 0.0%)

1 とさまざま, なの

▼ 得ない社会~ (2, 0.0%)

1 の現実, の趨勢

▼ 得ない空想~ (2, 0.0%)

1 ではない, のうち

▼ 得ない範囲~ (2, 0.0%)

1 にまでも遠く深く, に横たわる

▼ 得ない精神~ (2, 0.0%)

1 の放蕩, を太陽

▼ 得ない約束~ (2, 0.0%)

1 にある, の人間

▼ 得ない美し~ (2, 0.0%)

1 さな, さや

▼ 得ない美しい~ (2, 0.0%)

1 極彩圖, 顔を

▼ 得ない自分用~ (2, 0.0%)

1 でじつは, で実は

▼ 得ない自己~ (2, 0.0%)

1 の代り, の無力

▼ 得ない自然~ (2, 0.0%)

1 だ, の順序

▼ 得ない自身~ (2, 0.0%)

1 の制約, を急

▼ 得ない苦痛~ (2, 0.0%)

1 ではありませんでした, に依っ

▼ 得ない衝動~ (2, 0.0%)

1 とを持っ, をうける

▼ 得ない表現~ (2, 0.0%)

1 が矢張り無限, とが如何

▼ 得ない谷崎君~ (2, 0.0%)

2 の態度

▼ 得ない貨物~ (2, 0.0%)

1 であるから, であると

▼ 得ない迄も~ (2, 0.0%)

1 そう云う, 聽者の

▼ 得ない間朝鮮~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 得ない関係~ (2, 0.0%)

1 であると, になれ

▼ 得ない限り文芸~ (2, 0.0%)

1 には文芸, は文芸

▼ 得ない限度~ (2, 0.0%)

1 がある, に於

▼ 得ない高い~ (2, 0.0%)

1 所に, 美が

▼1* [671件]

得ないざとさによつて十分時代に, 得ないあくどさで, 得ないあなたにわたし, 得ないあらゆる思想や, 得ないあれは嘘, 得ないあわただしさなどの, 得ないいかなることが, 得ないいつも自己意識によって, 得ないいや社会に, 得ないいわば微苦笑の, 得ないおかしさを, 得ないかぎりは, 得ないかぎりそれは一つ, 得ないかぎり探偵小説とオカルティズム, 得ないかでその価値, 得ないかといふ点について, 得ないかとも思われた, 得ないかは少し大げさ, 得ないからと云って, 得ないきびしい鞭打を, 得ないきれいな女, 得ないくせに極めて, 得ないくらいに実に退屈至極, 得ないくらいの古くさい台本, 得ないけだしもし我国において, 得ないここへ, 得ないここちがする, 得ないことそこに確信, 得ないことそれらは伸子, 得ないことリアリズムにしろ, 得ないこと一言で云え, 得ないこと不善の行, 得ないこと右に説くごとくである, 得ないこと変名で木賃宿, 得ないこと理解し得ないこと, 得ないこの世だ, 得ないさびしさが, 得ないさまざまの優れた, 得ないしかも若干の, 得ないじゃあないか, 得ないじゃァありませんか, 得ないすなわち前生に, 得ないすばらしいギャグでは, 得ないすべての他, 得ないすべて少年は縹緻, 得ないそういう評を, 得ないそうした哲学は, 得ないそこで歌舞伎へ, 得ないそして彼等の, 得ないそのままの姿, 得ないたちであつ, 得ないため万事オーケーイ式でないため, 得ないちょっと給仕人が, 得ないぢやあないか, 得ないていの麗人, 得ないというのみである, 得ないといったような, 得ないといふだけで, 得ないとおり趣味の対象, 得ないとか断言し得る, 得ないとかいう論議より, 得ないとかく彼らは, 得ないとき苦痛が起る, 得ないとさえ考える, 得ないとしましたら日本は, 得ないとても必らず, 得ないとを問はず人間能力の, 得ないどこに居, 得ないながらもそうして話し込ん, 得ないなどの意に, 得ないのねそこが, 得ないはなしだ, 得ないばかりであらう, 得ないふしぶしが, 得ないほどな大事を, 得ないほどより良く従って, 得ないまた作り得ないなぜ, 得ないまでは心の, 得ないままいつまでもいつ, 得ないまま一縮みに, 得ないまま五里霧中に彷徨, 得ないまま今日に来, 得ないまま何がなし, 得ないまま切れ切れに挨拶, 得ないまま唇を二三度, 得ないまま対象の感性的, 得ないまま未曾有の世界史的変化, 得ないまま瞳を大きく, 得ないまま萎縮の一路, 得ないなりを, 得ないみじめな事, 得ないめぐり合わせに立たされた, 得ないもう一転すれ, 得ないもどかしさに, 得ないもの一つはいまだ, 得ないもの人間の思慮, 得ないもの仮象である, 得ないもの純一に気分, 得ないもんだから, 得ないゆゑまた愛情, 得ないよう注意すること, 得ないわが痩せた肉体, 得ないアメリカの普通人, 得ないエロなどというもの, 得ないギリギリの物, 得ないクレーンの上, 得ないゴーリキイの育った, 得ないスピリットを掴もう, 得ないダイナマイトはうづたかく, 得ないて言葉, 得ないデュルケム自身は之, 得ないドイツ人の天性, 得ないナロードニキの憤怒, 得ないプロレタリアートは彼, 得ないプロレタリア文学の存在, 得ないヘッポコ役者の表現法, 得ないムリをし, 得ないメフィストにしか過ぎない, 得ないラキジュリーであろう, 得ないルールがありまし, 得ないロジックなの, 得ないの出来事, 得ない一人の女, 得ない一個の文壇四方山話, 得ない一個特別な職能, 得ない一切の糧秣, 得ない一半の責め, 得ない一印象を書き洩し, 得ない一原因として家屋税, 得ない一役人を持, 得ない一戦するまで, 得ない一致が双方, 得ない一面を持っ, 得ない丈曖昧であれば, 得ない上っ調子のもの, 得ない上述の原因, 得ない不具品ではない, 得ない不可思議その者, 得ない不可知論的概念ではあり得ない, 得ない不吉な宿命, 得ない不埒な事態, 得ない不安をにれ噛ん, 得ないに生れ, 得ない世界人類に別個, 得ない両者は直接, 得ないに死んだ, 得ない中国日本の今日, 得ない中心を欠いた, 得ない主命に従いまた, 得ない乗客が一人, 得ない予感を持ち, 得ない事實である, 得ない事態に備, 得ない事業の支持, 得ない事誰一人趣味を解する, 得ない二結果である, 得ない交通の不完全, 得ない享楽品の欠乏, 得ない人たちのほう, 得ない人口によって救貧院, 得ない人民の経済生活, 得ない人生の行旅, 得ない仇敵のよう, 得ないの世の中, 得ない今日の現実, 得ないの貨物, 得ない以上前述のこと, 得ない仲間の重り, 得ない会話を繰返し, 得ない住居を証拠, 得ないであった, 得ない何となれば, 得ない何事も在り得ない, 得ない余儀ない病気の, 得ない作用であったというしか, 得ない作者として自然真知子, 得ない価格を有っ, 得ない侮蔑虐待の世界, 得ない俗人どもである, 得ない俳優の領域, 得ない個人的作に過ぎない, 得ない個別的原因がこの, 得ない個別的結果を惹き起こさね, 得ない倍加率である, 得ない偏見に煩, 得ないからの理論的, 得ない傑作の孤独性, 得ない僧侶及び僻陬, 得ない優柔不断をてい, 得ない允子である, 得ないにいそい, 得ない先代楠本正敏男が改進系, 得ない全体的経験としてあらわれ, 得ない公衆が健忘症, 得ない共通の動機, 得ないに最も, 得ない内外の事情, 得ない内弟子囃方狂言師素人弟子の中心, 得ない内心の怒り, 得ない内証の金, 得ない冒涜を感じず, 得ない処読者は深く, 得ない利益をも収め得る, 得ない制度を囘避, 得ない制約の下, 得ない刹那がいっそう, 得ない刻々に取り巻かれ, 得ない刻下にあっ, 得ない前提である, 得ない創作の妄執, 得ない動機がある, 得ない勢いであったろう, 得ない医者に口論, 得ない半蔵は顔色, 得ない卑力な徒, 得ない卑屈な反抗, 得ない卑猥な冗談, 得ない卓一なの, 得ない単なる或るもの, 得ない危機に際して思想, 得ない危険に瀕, 得ない即ち単なる自己広告, 得ない厳達であり命令どおり遂行, 得ない取引である, 得ない受け答えをした, 得ない古臭を帯び, 得ないである, 得ない笑さに, 得ない台詞ですが, 得ない同士が屍, 得ない同時に恐ろしいもの, 得ない名所がいくら, 得ない向きもある, 得ないの事, 得ない吝ん坊なの, 得ない否定はそれ自身積極的, 得ない吾人は希望氏, 得ないだと, 得ない哀別のこころ, 得ない唯一の人, 得ない商人即ち現在, 得ない商品すなわち不連続, 得ない問答をし, 得ないを多く, 得ない喜悦が眼, 得ないであった, 得ない回想の中, 得ない因縁なの, 得ないになる, 得ない国主が過去永禄以来, 得ない国情の下, 得ない國民で少し, 得ない土地に施肥, 得ない地主の例, 得ない地位に自分, 得ない地勢にある, 得ない地名が沢山, 得ない坊主であります, 得ないとなる, 得ない堤防の御, 得ない場合以外はただ, 得ない場合労働者が工場, 得ない場合彼等の間, 得ない場面を選ぶ, 得ないであらう, 得ない外国がひしひし, 得ない數の, 得ない多量の必要品, 得ない夜意志のやう, 得ない大きさなら, 得ない大きな溝が, 得ないの使命, 得ない天才として描いた, 得ない夫人が夜, 得ない奇蹟のよう, 得ない奥山殊に利根川右岸, 得ない女らしい小さい意地が, 得ない女性の存在, 得ない女性美は私たち, 得ない女房殿であるに, 得ない奴隷だ, 得ない奴隷どもをほんとう, 得ない奴隷女といふ無, 得ない如何なることが, 得ない妨害要因を取除かれた, 得ない始めて此の, 得ない始末でございましょう, 得ない姿もある, 得ないであったならば, 得ない婚姻制の基礎, 得ない子供らは無論, 得ない孤独とを感じた, 得ない学問である, 得ない学生と云う, 得ない学説の一つ, 得ない宇宙と人間性, 得ない宇宙創造論者に対して次, 得ないサラリイマンの, 得ない完全に死んだ, 得ない定めであつ, 得ない宝玉の水, 得ない実在たる神, 得ない実情なの, 得ない実状に在る, 得ない客観的事情もあり, 得ない客観的真理に就い, 得ない害悪なの, 得ない家庭の事情, 得ない家庭内の紛擾, 得ない容子である, 得ない宿命にある, 得ない寧ろ信じようと, 得ない対立に苦, 得ない将来の大事, 得ない尊敬の念, 得ない又印度人, 得ない峡谷の間, 得ない工合になっ, 得ない工業がある, 得ない帰結であったの, 得ない常人が最も, 得ない年齢の垣, 得ない峭と, 得ない座員の眼, 得ない座談会で面白, 得ない弟子たちは先輩弟子, 得ないさ苦痛にも, 得ない弱体の王族, 得ない弱点となっ, 得ない強いものを, 得ない強固な民主的精神, 得ない強度の力役, 得ない当の主人である, 得ない当面の仕儀, 得ない形勢になつ, 得ない形式はいくら, 得ない影響を他方, 得ないが又, 得ない役割をも甘んじ, 得ない後者の貧弱さ, 得ない從つて其の王, 得ない微妙な甘, 得ない心理学は形而上学的物体論, 得ない必殺の業, 得ない必然性がはじめて, 得ない必然的な偏局, 得ない思想である, 得ない思慕によってつながる, 得ない性分である, 得ない性格です, 得ない性癖であること, 得ない恐るべき場所に, 得ない恐れがある, 得ない恐ろしい想像だつた, 得ないだ, 得ない恨みがあり, 得ない息子のもの, 得ないであった, 得ない悪霊のよう, 得ない悪鬼羅刹の形相, 得ない悲しさ, 得ない悲しみを悟っ, 得ない悲痛は唇, 得ない意外な言葉, 得ない意氣地のない, 得ない意見を吐いた, 得ない愚劣な大人, 得ないする者, 得ない愛憎の白刃, 得ない感じだ, 得ない感傷の泡沫, 得ない感懐がうたわれ, 得ない感謝をもっ, 得ない感銘の活, 得ない憂色が眉, 得ない憐れな動物, 得ない憤怒がいぶる, 得ない戦場泥棒の根性, 得ない戦局を見せつけられ, 得ない戦慄を感じ, 得ない手續である例へば, 得ない批判を受けた, 得ない批評はむしろ, 得ないさを, 得ない持ち味がある, 得ない探求がある, 得ない支出形態をとっ, 得ない支那人式喧嘩を見, 得ない放れ業は数々これ, 得ないに遭遇, 得ない敵国の民衆, 得ない文化を正しい, 得ない文句である, 得ない文学本来の宿命, 得ない文書から得られた, 得ない文章が素敵, 得ない文芸の一ジャンル, 得ないらしい土地, 得ない新しい内外の, 得ない新聞は本来, 得ない方向に進もう, 得ない方法を取調べ, 得ない施肥囲墻灌漑等の如き, 得ない日々であった, 得ない日本の事情, 得ない日本的宿命がある, 得ない明治四十一年の五月, 得ない明確さで再び, 得ない時性格ではなかっ, 得ない時未知のもの, 得ない時群集がその, 得ない景色であります, 得ないの中, 得ない暗黒であった, 得ないをもって慴伏, 得ない書き方であるの, 得ない最低価格を生産費, 得ない最大の原因, 得ない最大詩人も曰, 得ない望みをとげよう, 得ない木村ばかりが葉子, 得ない木村重吉では, 得ない未来が我々, 得ない未熟からだ, 得ないもあっ, 得ない本当の心持, 得ない本気さをも彼, 得ない本能によってさまされ警められてる, 得ない校長はまことに, 得ない植物ではなく, 得ない極みにおいて何物, 得ない極地のもの, 得ない極度の親密さ, 得ない楽天家として若い, 得ない概念であるの, 得ない権力がのしかかっ, 得ない機運に向い, 得ない欠点で駒三郎, 得ない欲望すらが少し, 得ない歓びです, 得ない正貨のみからなっ, 得ない武将たちが数正, 得ない歴史の遺産, 得ない歴史的宿命を有っ, 得ないを感じる, 得ない死人の体, 得ない殺人だと, 得ない比率でありその, 得ない毛利軍だと, 得ない民族は必ず, 得ない水面の形, 得ない永久的害悪によって果して, 得ない汚名と取り換え, 得ない決戦兵器が出, 得ない津田はこの, 得ないになっ, 得ない讐綿, 得ない混乱の後, 得ない清十郎の立場, 得ない神経者, 得ない無意味な関数関係, 得ない無気力マルキストにもなれなけれ, 得ない無稽のこと, 得ない無限の空間, 得ない然し最も荘厳, 得ない焼け土の空地, 得ないの用事, 得ない物体の動揺, 得ない物淋しさ情な, 得ない物質即ち摩擦, 得ない特徴が物, 得ない特種の感情, 得ない状勢になっ, 得ない状況であります, 得ない狭小な人間, 得ないを哀れ, 得ない率直に述べよう, 得ない玉作だ, 得ない現代の思想運動, 得ない理性が経験界, 得ない理解を示し, 得ないの情熱, 得ない生意気さ加減を今更, 得ない生活条件からそういう, 得ない産業不振が生ずるであろう, 得ないの外, 得ない田畑の物, 得ない男女がある, 得ない男性より昂然, 得ない異常性が富ん, 得ない異様な殺傷, 得ない當然の結果, 得ない疑問を持ち合った, 得ない疑義が潜ん, 得ないひに, 得ない病気であるが, 得ない発展的意慾そのものの実行的, 得ない白々しいひび割れが, 得ない盲点があった, 得ない盲目の眼, 得ない直接態であるという, 得ない真に文学的な, 得ない真実価値を印せられ, 得ないに触れ, 得ない知性は知性, 得ない研究は何等, 得ない示唆だった, 得ない社会的な理由, 得ない社会科学は社会科学, 得ない私たちは艫, 得ない秋海棠が変らぬ, 得ない科学界の大, 得ない科学的公式を拒み得, 得ない種子だけが裸, 得ない窕子の眼, 得ない窮状にある, 得ない笑いもし得ない, 得ない二の, 得ないと考えた, 得ない精神力の薄弱さ, 得ない精神科学応用の犯罪, 得ない紀元前の威圧, 得ない紙幣が強制的, 得ない紛糾をまき起す, 得ない素晴らしい良能の, 得ない細君は全く, 得ない経綸の雄志, 得ない結果それが存在, 得ない結果行つたもの, 得ない結縁がある, 得ない絶対の真実, 得ない絶対境からの出発, 得ない絶望悲痛のどん底, 得ないの中, 得ない美挙を同一, 得ない義人の宿命, 得ない義平太に代っ, 得ない義金募集なの, 得ない羽目に陥っ, 得ないの真情, 得ない習性に負けた, 得ない者さへ見受けられる, 得ない職業を継続, 得ない肉体に就い, 得ない肉感である, 得ないのもの, 得ない腐敗せざるを, 得ない臆病者と石橋, 得ない自分自身を見出し, 得ない自己矛盾という現象, 得ない自由な時間と金, 得ない自責を, 得ない舞台をも作者, 得ない艱苦をもこらえ, 得ない色々の事業, 得ない芝居なので, 得ない芸術を持つ, 得ない芸術界の浅薄児, 得ない芸術的表現と価値, 得ない若し僕が, 得ない若者しかし好人物, 得ない苦労をし, 得ない英雄アキリュウスが聯合軍, 得ない草莽の悍勇, 得ない荒仕事である, 得ない華麗の色あせたきれっ, 得ない蒲生泰軒先生と, 得ない蕪村の感情, 得ないであったの, 得ない藝當である, 得ないである, 得ない虚偽が混, 得ない虚勢をはっ, 得ない虚栄心から構えた, 得ない行動の自由, 得ない行為に違い, 得ない衷心を吐露, 得ない処が, 得ない要求から昔, 得ない規則になっ, 得ない覚悟をきめた, 得ないにはモッ, 得ない観点がなぜ, 得ない言葉だった, 得ない計算になる, 得ない記憶がその, 得ないりでなく科學的研究, 得ない詐欺を行った, 得ない詩人歌人の沢山, 得ないだ, 得ない話術を用いた, 得ない語り草とし, 得ない読者の性質, 得ない調子を持った, 得ない警察当局はソモソモ, 得ないなの, 得ない議論によって承服, 得ない譲吉に取っ, 得ない讃美の感じ, 得ない豊富さであった, 得ない貧しい魂は, 得ない貧乏のため, 得ない貧乏藩が沢山, 得ない貧困者を国家, 得ない責任者であるから, 得ない資本の額, 得ない資質的な芸人, 得ないならば, 得ない質的研究をし, 得ないさえ感じた, 得ない趨勢であるけれども, 得ない車善六的感覚と今, 得ない軋轢と相剋, 得ない軍功をきっと, 得ない軟弱な人間, 得ない軽薄なる卑賤, 得ないはその, 得ない輸出を生じ, 得ない轗軻不遇の人々許, 得ない辛抱であった, 得ない農業やその他, 得ない透察し得るだけ, 得ない連中は問題, 得ない過渡期の変態的現象, 得ない道元の真理そのもの, 得ない道路と広大, 得ない遣り場なき武魂, 得ない部分的な改良, 得ない都會を捨てた, 得ないだった, 得ない要事であります, 得ないの遺賢, 得ない野獣の咳声, 得ない鈍根な私, 得ない鑑賞は共に, 得ない槍の, 得ないがある, 得ない門外漢に似, 得ない關係も記され, 得ない防空とは敵, 得ない限りそこになんら, 得ない限りアクチュアリティーの世界, 得ない限り将来ますます行動力, 得ない限り彼れの, 得ない限り彼らはその, 得ない限り愛と雖, 得ない限り概念分析という手段, 得ない限り減価されずして, 得ない限り減少せしめられなければ, 得ない限り過去の事實, 得ない限定と方向, 得ない雑誌記者は原稿, 得ない難役へ今川義元, 得ない雰囲気を醸し出し, 得ない静謐であり何物, 得ない非力な人間, 得ない非我は茲, 得ない面もちです, 得ない面白いもので, 得ない音色だった, 得ないをし, 得ないでありそれ, 得ない饒舌でもない, 得ない骨子だけは省く, 得ないさの, 得ない高度な精神, 得ないの高, 得ない魅力をおぼえた, 得ない鳴き音でありました, 得ないの穂, 得ない麻痺した貞操心