青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「得た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~徒 徒~ 従~ 従っ~ 従って~ 従来~ ~得 得~ 得ず~ ~得た
得た~
~得ない 得ない~ ~得なかった 得られる~ ~得る 得る~ ~得意 得意~ 從~ 御免~

「得た~」 5315, 57ppm, 2009位

▼ 得た~ (820, 15.4%)

192 である 41 であった 32 では 3019 であるが 17 か, であります 16 であろう, です 10 だと 9 だから, だった 8 は全く 5 であるか, でも, は 4 であったが, でありましょう, はその, は彼, を喜ん

3 [14件] だが, であって, であるかも, であると, であろうか, でした, でしょう, はこの, はまったく, はむしろ, は一つ, は主として, は嬉しい, を喜こ

2 [41件] かその, かと推諒, かも知れない, か私, がこの, だつた, だという, だとも, でありました, でありますが, であるから, でございます, ですか, ですから, ですが, はこれ, はずっと, はそれ, はた, はつい, はひとえに, はまた, はやはり, は三年, は今度, は何, は何より, は偶然, は唯次, は実に, は当然, は此, は珍しい, は自然, は誠に, は誰, も, もこの, も事実, も偶然, を羨ましく

1 [245件] かそれ, かという説明, かと思う, かと想像, かと感歎, かはすっかり, かもしれない, か不思議, か先生, か其邊, か忘れた, か斯く, か白い, か益々, か織部正, があっ, が何より, が十二時間, が寛永十八年, が幸い, が椎茸畑, が決して, が火野葦平氏, が自分, が青雲, さ, だそう, だぞ, だったが, だよ, だらうか, だろう, だろうか, だろうが, であったかも, であっただろう, であったの, であったろう, であったろうか, でありそして, でありながら, であり主, であるという, である一体, である事, である個人, である手事, であれば, であろうと, でございましょう, でござる, でした其, でした此時, でしょうか, ですもの, ですよ, です尤も, です爾, でないこと, と前記諸氏, と南北相対, と同じ, と鬚, なんのと, にちがいありません, にも係わらず, に対し中尉, はあなた, はあらゆる, はいつ, はことし, はさき, はそういう, はそれ以後, はただ, はない, はなみ, はひろびろ, はまことに, はまさに, はみな汝, はもう, はもっ, はやっと, はようやく, はわずか, はイディオロギー, はエマソン, はショーペンハウエル, はチューリッヒ, はドイツ, はポール, は一, は一年後, は丁度, は中世, は二十五年, は二十六日, は二十才, は云う, は亦, は人間, は今, は今年, は他, は以上, は何故, は何百万年, は何等, は余りに, は偏に, は僅か, は僕, は先年故, は先生, は兎まれ角まれ倖, は全く絶えず, は初子, は前, は勿体ない, は十数年前, は午後一時半, は去年, は同志小林, は吾, は商人, は夜半, は大, は大きな, は大体, は大慶, は天, は如何, は始皇帝以後, は子分, は孔雀, は宇宙萬人, は官僚, は実際, は寧ろ, は尤も, は尽きせぬ, は尾籠, は左馬助, は平凡, は建仁二年十月二十一日, は当代, は彼ら, は怪しむ, は怪賊団, は意志, は戦陣, は所詮, は明らか, は明代, は昭和二十三年九月, は最初, は有, は望外, は李香, は果して, は格別, は此人, は残念, は毎日新聞, は江戸期, は池, は浜野氏, は深く, は清初, は潜, は無名, は田舎住居, は當然, は真に, は眼前, は矢張り, は破格, は祖母, は祖神, は私, は私一人, は第, は素人, は維新前後, は聖武天皇, は自家, は舌, は芸術的気分, は薄い, は西洋, は要するに, は観音堂, は誰か, は誰だい, は譯者, は豊臣氏, は近ごろ, は近世以来, は運命, は釈場, は鋼鉄, は長生き, は長田, は陸上交通, は非常, は頭脳明晰, は驚くべきである, は鮮, は鳳凰, は鴈治郎, もあるいは, もあるだろう, もあろう, もこれ, もすでに悠々, もそうした, もその, もそれ, も一つ, も主として, も同じ, も嬉し, も容色, も彼等, も東郷, も氏, も決して, も見様, も道理, をよろこんだ, を喜び, を喜ぶ, を喜んだ, を堂, を大変, を幸, を御覧, を愉快, を感謝, を縁故, を見, を賀する, を青年, を驚き悦び

▼ 得たもの~ (440, 8.3%)

31 では 18 である 8 だと, であるが 6 であった, と信じ, のよう 5 がない, であらう, であると, は何, らしい 4 だ, であろう

3 [13件] がある, だが, だろう, であって, であつ, であること, ですから, でない, でも, と考えられる, は, はただ, を

2 [24件] があった, があったであろう, があつ, があろう, だから, であります, であろうか, でその, でなければ, とすれ, となる, と云, と信ずる, と思う, と思ふ, と考え, にし, はかかる, はこれ, はその, は一つ, は少く, も乏しい, も少く

1 [237件] か, かと思いいぶかる, かと思う, かと私, かどう, かどうか, かもう一度, かも知れぬ, かわかりません, か作文, か急, か私, か自分, がありました, がお前, がこれ, がその, がつまり, がなかっ, が一番, が主, が他, が千尋, が即ち, が名画, が夫, が文学者, が普遍的通用, が次第に, が稀, が落ちつき, こそその, こそ偏局, だけで物語, だった, だつた, だという, であったから, であっただろう, であったという, でありましょう, でありましょうか, でありますが, であり南, であり虚実, であるいづれ吐火羅國, であるだから, であるという, であるまい, であるコーネル大学, である事, である時, であろうと, であろうとこう, であろうガマ岩, でございます, ですなわち, でないこと, でないと, でないという, でなかった, でなかったなれば, でもなかつた, で一種, で一般商店, で其の, で嘘, で大帝, で夫, で彼, で永き, で自分, で自活, というべきであります, というべきである, というべきであろう, というほか, といえ, といっ, といふべきである, とし, として, としてのちのち, としての想像, としても自分自身, として尊崇, として考へ, として親, として解釈, として認め, として賛意, としましてこれから, とする, とのこと, とのわずか, との感想, とはいわれない, とはし, とは云, とは思われぬ, とは認められない, とわたくし, と云うべきである, と云つて, と云わね, と仮定, と合点, と存じます, と存ぜられます, と察せられる, と得ない, と私, と称し, と考, と考えついた, と考える, と考へられる, と見なけれ, と見られない, と見られる, と言える, と認めなけれ, と認めね, と認め得べき, と誤解, と露伴先生, なん, には相, に相違, に違, に飛騨山脈, のうち, のみが昂然, のみこれ, のみであった, の中, の方, はあくまでも, はあと, はある, はあるまい, はいい, はおそらく, はかなた, はこの, はそう, はそういう, はそれ, はそれら, はたった, はちょうど, はない, はなかっ, はなかつた, ははげしい, はひとつ, はみな, はやはり, はわれわれ, はダ, はデパート, はヨーロッパ, は一人, は不治の病, は今日, は他, は何ん, は何程, は僅か, は充分, は先生, は全く, は古往今来ウィリアム一人, は同国人, は唯, は士籍, は女子, は実に, は彼, は悲惨, は愉快, は懶惰, は戦敗, は所謂子宮内膜炎, は教育, は数, は新た, は既に, は日本全国流言蜚語, は東洋, は格別, は次の間, は歌人, は無, は無い, は独り茶山, は瓦, は白い, は皆, は石膏型, は結局, は自分, は自身, は至宝, は茫々, は要するに, は貴, は貴い, まで飲ん, もある, もおよそ, もそう, もない, もなかっ, も直ぐ, ゆえまずは, よりも彼, らしく見える, をその, をつくつ, をとくり返し, を一朝, を何故一応, を各, を常に, を引去った, を手, を招かずし, を持っ, を改革, を無駄, を真, を若, を親, を言, 或ひ, 故われ

▼ 得たこと~ (355, 6.7%)

11 になる 8 である 4 がある, に満足, はこの, を悦ぶ

3 [12件] があった, がない, であった, では, はその, はなかつた, はもちろん, は私, もある, を喜び, を喜ん, を思う

2 [21件] が自分, だ, だけで, だろう, になるであろう, には性格的, はそれ, はそれだけ, はない, は何, は彼, は昔, は正に, もあった, もない, を今, を喜ぶ, を痛快, を私, を誇っ, を誇る

1 [242件] あり, か, かと思う, からも多少, から彼, から推す, から軽い, があつ, があらう, があります, がうなずかれる, がかつて, がかれこれ, がです, がどれほど, がなかっ, がまざ, が反, が大, が如何, が将来, が書い, が沢山, が私, さえ成功, だけでも大きな, だけでも身, だけを考え, だけ言つて, だと, だろうか, であらう, であるいはないかも, であろう, であろうか, です, でも, で今日, で仏蘭西劇, で前, で喜んだ, で決して, で重大, といえ, とし, との間, と信じます, と処置, と思う, と無関係, と矛盾, と自分, と見える, にある, において成功, にし, にそれ相応, については作者, については千鶴子, になっ, にならない, になります, になるであらう, にはならない, にはなん, にも原因, にも満足, によってこの, によって一人, によって事件, によって名声, によって彼, によって得た, によつて, によつて一人, によつて名声, に人, に因る, に基因, に妙, に對, に就, に幾分, に彼ら, に悦び, のすべて, のため, のみを正確, の仕合せ, の偶然, の喜び, の基因, の変化, の方, はあ, はいう, はかつて, はきわめて, はここ, はせめて, はそこ, はともかく, はどんな, はほんとう, はぼくら, はまことに, はヂェズイタ派, は一つ, は一切, は一層, は一度, は人生, は人間, は何と, は何等, は作者, は全く, は分布学上, は利休, は効果, は勿論, は口語律, は吝嗇, は周知, は善し悪し, は善光寺, は外部, は大きい, は宝塚, は巧, は当然, は彼女, は得, は恐らく, は恩, は悪い, は我國經濟, は日蓮聖人, は早速, は明かだった, は明かだつた, は果して, は正しく, は正宗白鳥夫妻, は正義, は殆, は母, は決して, は法月家, は生涯, は疑い, は確か, は私はじめ, は結局自分, は自分, は観音, は身, は輸入超過, は辻馬車, は近来, は魚, またその, も, もなかつた, もなく, もほんとう, も不思議, も必ずしも, も本当, も沢山, や又, をいっ, をお知らせ, をきい, をくわしい, をこの, をさして, をすこし, をどれほど, をもっ, をもつけ, をよろこびます, をよろこん, を主張, を人々, を以て満足, を以て滿, を伝へ, を信じ, を信頼, を光栄, を否む, を吾, を喜ばず, を喜びました, を喜んだ, を報じた, を大きな, を奉, を學士院, を常に, を心窃, を忘れ, を忘れない, を思っ, を思ひ, を悔いる, を悦び, を悦ん, を悦んだ, を意味, を意識, を感じた, を感謝, を憶え, を成功, を期待, を機, を欣, を欣幸, を民族, を満足, を無上, を甚だ, を百万, を相手, を知っ, を知った, を確認, を示した, を祝した, を自分, を茲, を衷心, を誇り, を識, を賀し, を附, を限, を非常, 同業者, 或は寺社

▼ 得た~ (307, 5.8%)

16 すれば 14 云ふ 12 思って 8 思った 7 信じて 4 いって, 伝えられて, 言って, 言っても

3 [11件] あるが, いう, いうだけの, するも, 云う, 思う, 思つた, 思ふ, 考えて, 自信し, 見えて

2 [24件] いうだけ, いうに, いうべきである, いうよりも, いえば, いえる, いっても, いふ, する, すると, 云う事, 云ひ, 仮定し, 仰しゃっていた作品, 信じた, 信ずる, 同一の, 同様な, 思うと, 思うの, 書いて, 満足し, 称して, 言ふ

1 [153件] ある, いいます, いうだけで, いうだけにも, いうても, いうであろうが, いうなら私, いうので, いうものの, いうよりは, いえるの, いつて, いはれる, いひ難い, いふべきだらう, いふべきである, いふべしだね, いふ程度の, いわれます, き死と, したらそれ, したら四国九州, した処, して, しますれば, し又, すべきであらう, なすの, なりそれ, なると, みえて, みたもの, よろこんだ, よろこんで, 乾杯しよう, 云いたげに, 云うこと, 云うなれば, 云うの, 云うので, 云う御, 云う心, 云う悦び, 云う欣び, 云う点, 云えないだろうか, 云えば, 云っては, 云っても, 云つても, 云つて好い, 云は, 云ふこ, 云わぬばかりに, 云われる一八二四年, 互ひ, 人が, 人は, 仰しゃれば, 伝えられる, 何んで, 信じます, 信じる, 信じ彼ら, 信ずること, 信ずるそれ, 信ぜられた, 全く同様, 全く等しい, 前觸, 同じく, 同じ歡び, 同じ額, 同時に久しく, 同時に合点, 同様に, 否とに, 唱道する, 喜べば, 喜んで, 安心する, 弁慶の, 思いこむの, 思いました, 思います, 思い確定後五年間, 思い跪いて, 思うごと, 思うては, 思うならば, 思うなら大きな, 思うほど, 思うもの, 思うらしかった, 思う何れ, 思ったから, 思ったこと, 思ったとたん, 思ったの, 思ったのに, 思った時, 思った真相, 思った瞬間, 思った鼻, 思っては, 思っても, 思つたら, 思つた疑ひ, 思つて得意げに, 思つて私は, 思ふの, 思わぬうち, 思われるが, 思われるの, 悦ぶにも, 想像すべき, 感じられないの, 感ずるであらう, 感ずるでしょう, 爲すには, 申して, 申しましょうか, 申すの, 矜が, 私は, 称し, 称するの, 称するよう, 考えること, 考ふる, 考へしむる, 聞いて, 著者は, 見える, 見て, 見ること, 解して, 解せられて, 解釈し, 言い出したこと, 言い切る勇気, 言うこと, 言うの, 言えないまでも, 言つた感じで, 言つてゐる, 言つて居る, 言は, 言わぬばかりに, 評して, 認められたの, 謂いつべきです, 載す智者大師

▼ 得たよう~ (159, 3.0%)

16 な気 12 なもの 8 な得ないよう 6 である, な心持, に思う 5 であった, に思った, に思われる 4 な気持 3 にお 2 です, な心持ち, に, に思われた

1 [75件] だ, だから, だ得て, ですが, で得られない, で愛, で要領, な, なつもり, なものの, な不自然, な以前, な光, な印象, な喜び, な喜びよう, な変化, な微笑, な心もち, な感じ, な感傷, な旅愁, な気分, な淋しい, な破片, な緊迫感, な覚え, な観, な訳, な面持, な顔, な類同, にいう, にいっ, にうなずいた, にさえ感じた, にしかし, にすがすがしい, にすっかり仲よく, にすべて, にその, にめいめい, にも思い, にも思われる, に世論, に云った, に勇み立った, に勇気, に動き始め, に取れる, に喜んだ, に喝采, に大, に大いに, に存じます, に宗教そのもの, に室内, に弟たち, に思えた, に思われない, に時々まだ, に漁夫, に眼, に笑いました, に続け, に膝, に薄手, に蘇, に見え, に見えた, に見えはじめた, に見える, に青々, に頼もし, ね

▼ 得たので~ (114, 2.1%)

18 あつた 9 あらう 4 これを 3 今度は, 私は 2 あつて, あらうか, しかもそれ

1 [71件] あつたらう, いくぶん土地, うれしかった, うれしがった, きれいな, これに対して, これは, すこぶる満足, その以前, その子, その晩, その自白, その説, それからは, それで時々, たま引, ためらいなく, なくして, エロシンコ君を, ホッと, ルーデンドルフは, 一同は, 一町内から, 七八人の, 中世後半の, 久し振, 二三の, 二人の, 二葉亭自身の, 今も, 何の, 余は, 俥挽き, 先生の, 力を, 可なり満足, 坂本を, 夢其物の, 大に, 大喜び, 奉公早々に, 安心し, 実は脇本氏, 宮廷の, 家臣連の, 少しの, 当分滞在の, 彼は, 彼も, 後に, 御安心, 思い切った行動, 思想を, 手塚さんと, 敵は, 既に明治十三年, 更に春日邸, 最早高輪田, 氷垣も, 玄徳は, 王の, 璋の, 直ちに引返し, 神は, 私の, 稽古の, 自ら進み出た, 自分の, 自分も, 近時とても, 開けて

▼ 得たという~ (110, 2.1%)

19 ことは 4 ことを, 事は 3 ことが, ような 2 ことそして, ことである, ことの, 様な, 確信は, 顔で, 風に

1 [63件] あさましい快感, ことそうな, ことです, ことに, ことも, こと自身が, そういう特殊, その貴重, ところに, のか, のが, のだ, のである, のと, のは, のも, もの, ものかも, ものだ, わけだ, わけで, わけである, アインドール, 一説を, 事これは, 事も, 事を, 事実は, 件は, 偉材であった, 古釜, 噂が, 安堵です, 小さな事実, 心地も, 念と, 意味です, 意気揚々たる, 手腕の, 昔の, 晴やかな, 概が, 次第です, 満足が, 満足と, 満足の, 満足も, 点が, 点で, 確信に, 結果に, 考えは, 自信の, 自覚が, 詩の, 話が, 話を, 誇りは, 誇りを, 調子で, 談が, 顔を, 顔付に

▼ 得た~ (93, 1.7%)

5 ために 2 これだけ, 平岡の

1 [84件] あとに, かの小便, この人, この日, この落ち, これぞ戦争, これに, これは, しかし太陽, しかし新教国, その中, その余類, その夢想, その歳, それでも最初, それは, それも, ための, ちやうど, ふり仰ぐ, またさらにしばしば, ダウンは, 一躍した, 丁度その, 事体の, 二つの, 今では, 今度こそ, 今度は, 以下歐洲に, 住者は, 健康が, 其の脳, 再び病状悪化死, 友人を, 場所柄を, 大阪へ, 天の, 奨励金の, 如く急, 実験を, 小説の, 少年は, 岩波の, 当座の, 当時一漁民の, 彼が, 彼の, 後が, 従士は, 恙虫に, 惜むらく, 憾むらく, 或いはまたヰルブチ, 或る, 故で, 故に羅馬帝国, 最初の, 最後に, 有昇自らは, 次に生産費, 此等は, 武蔵の, 為に, 無論思いがけない, 片品川に, 特に彼, 独り矢島優のみは, 田舍で, 病苦には, 組織は, 経済上の, 脱走後三四日に, 艦の, 蜀旗を, 試しの, 路銀も, 身を以て, 輪郭を, 近づくこと, 逝去する, 遂には, 隠退した, 麻布偏奇館は

▼ 得たところ~ (71, 1.3%)

7 のもの 3 による 2 でどう

1 [59件] あるが, かあるいは, があった, がある, がとても, が生来, が衆生, が誤り, だけを記者, であつ, である, では天地, では孫堅, では彼, では彼等, でもあなた, でも今暁, で僞造, で唇, で彼女, と書き, と言っ, にある, にその, に就, に方針, の, のわれわれ, の二倍, の修行, の博士, の実感, の恩賞, の成功, の抒情, の知識, の短篇小説, の研究, の総て, の諸点, は, はただ, はチチコフ, は大体, は東側, は此, は残らず, は決して, は甚だ, は疲労, は非常, までで, を主, を以て自分, を割い, を披瀝, を書, を理想, を見た

▼ 得た~ (67, 1.3%)

8 しても 6 過ぎなかった 4 すぎない 3 したところ, 止った 2 すぎなかつた, ちがいない, 相違ない, 誇り高ぶり, 過ぎないが, 過ぎなかつた, 過ない, 違いない

1 [27件] した所, してからが, しろお, すぎないの, すぎなかった, せよ僕, ちが, 他ならない, 係らず何ら, 匹敵する, 就いては, 拘らず直接, 拘わらずやはり, 止まつた, 比較し, 近い, 過ぎないの, 過ぎない状態, 過ぎなかったが, 過ぎなかったの, 過ぎなかったアゾ, 過ぎなかった時, 過ぎなかつたの, 過ぎぬ, 過ぎ無, 違いなかった, 違ひない

▼ 得た~ (60, 1.1%)

3 です 2 があった, だけが何, のある, の前, は最も

1 [47件] がある, がどの, が五名, が他, こそは世に, こそまさしく, こそ真, だった, であった, である, であるが, であるという, でヴォルテール, で本石町塩河岸, といふ概念, にはこの, には深い, によってのみ知られる, に彫塑, に相違, のごとくであった, のやう, のよう, の君, の噂, の多い, の泰然, の活動力, の言葉, はその大きな, はどこ, はまた, はやはり, は他, は其字, は失礼, は実に, は換言, は此刹那, は殆ど, は求めない, は過去, もあり, もある, や多少, を羨む, 成り上がりが

▼ 得た~ (59, 1.1%)

8 どうか 4 どうかは, 否かは 2 それを, どうかといふ, どうかを, 否かを, 私は

1 [33件] いかなる真理, きっと不思議, これについて, そのとき, それは, どうかという, どうかも, なおその, ひどく知りたく感じた, またどんな, またはほとんど全く, または悪妻, または色々, もうわからなくなった, ワン, 不思議がった, 利休の, 否かに, 否やを, 如何ほどまでに, 得ないか, 得なかったか, 得なかつたかによ, 或は損失, 然し信玄, 田虫まで, 知らぬ, 知らぬが, 知れない, 自分は, 西行の, 遺憾ながら, 騒ぐの

▼ 得た~ (58, 1.1%)

3 になる 2 と信ずる, はない, を嘉する, を祝し

1 [47件] があった, がある, がまず, が土台, が多い, が決戦戦争, が科学的, すらも多く, だ, だけでも幸福, だと, だろう, であ, であったろう, でこの, では, で有頂天, と思う, などがあの, において成功, にもよる, のすべて, のない, の甚だ, の総て, はそれだけ, はまず, はもちろん, は云わなかった, は余輩, は別項, もありません, もある, もよろこぶべき, を下, を云わなかった, を何故, を喜ぶ, を心, を感謝, を書き集め, を知れる, を私, を記憶, を認め, を述べた, を頷かせる

▼ 得たから~ (54, 1.0%)

17 である 3 であった 2 いよいよ私, です, 植物園へ, 此に

1 [26件] この手紙, その地, それを, だ, だと, であって, であつ, であらうけれど, である歟, である郷倉氏, であろうけれど, でございます, 一日も, 世に槍中村, 今度も, 使者を, 全文或いは, 勇気を, 正式に, 死ぬが, 殘る, 況して今, 漸く十五歳, 申上ぐるが, 立帰っ, 読過の

▼ 得た~ (50, 0.9%)

3 はそれ, はもう 2 でも今日, には私, はその

1 [38件] から息子, この感激, この男, すぐに, でも各地, なの, にそう, にどうも, にのみ, にはあ, にはその, にはたぶん, にはヱネルギー, には啻に, には忽ち, には既に幾許, には玩具, に君, に如何, に彼ら, に無心, に私, のうれし, のこと, の喜びよう, の媒介, の気分, の関係, はどんなに, は内乱, は彼, は急い, は神尾, は私, やっと安心, よりさらに, 初めて夢, 改めて御

▼ 得た~ (48, 0.9%)

3 はなかっ 2 は他

1 [43件] か予想, があるでしょう, がなかっ, が君主, が少なく, であったと, であった事ダ, である, でござるが, でなければ, では, と私, に一天地, に違い, のみがこの, の其の, の問題, の模範的, の美, はお, はこういう, はない, はなかつた, はもっとも, は不, は不信, は十人, は同時に更に, は彼カンブロンヌ, は支那, は敗北, は無かっ, は白玉, は自ら省察, は読書, は誰, は調理場, は責任解除, は足り得ざる, は農, も少ない, を得た, を誅しました

▼ 得たやう~ (47, 0.9%)

6 な気 3 な氣 2 に思, に思はれる, に思ふ

1 [32件] な, なさすが, なので, な容子, な得ないやう, な悲しい, な気持, な氣さ, な深い, な真似, な落ちつき, な顔, な類同, にいつた, におも, にかう, にしか語る, にその, にそれから, にランケ, に人, に勇み立つた, に室内, に思つて, に感じられた, に感ぜられる, に清新, に目前, に私, に考へた, に胸, に覺

▼ 得たとしても~ (41, 0.8%)

5 それは 4 それが

1 [32件] この意味, さて今, そこから, そのため, そのままで, その一巻, その全部, その所謂, ですね, なお温室, なほ且つ, 上陸作戦の, 五人組は, 作家としては, 偉大な, 先生は, 再発の, 坂口の, 外面性, 将来の, 左岸の, 彼は, 彼らは, 後に, 愛を, 犯人は, 現在の, 現実を, 私の, 電燈を, 非常に, 驚くべきもの

▼ 得た知識~ (38, 0.7%)

2 だから

1 [36件] かわかりません, がへん, が多く, すら暗い, だか, ですら, でなければ, で政治家, で第, として国風, とその, とを綜合, と伎倆, と感情, なんかじゃ無論, によって極めて, によって自己, によつて, に依る, に感心, に相当, のため, の概観, の範囲, はその, はマリーナ・イワーノヴナ, は啻に, もやはり, も少なく, も矢張り離れ離れ, をこの, をそのまま, をはいはい, をも多少, をわずか, を並べたてた

▼ 得たわけ~ (35, 0.7%)

12 である 5 だ, では 2 であるが

1 [11件] それからウードレー紳士, だが, であつ, でありまた, であり兵馬, です, ですから, ですし, で喜んで, なの, なん

▼ 得た~ (35, 0.7%)

2 がまだ, だ, であるから, の中, の力, を手

1 [23件] が本当, だつて, である, でなければ, ではない, では屋根, でゴーリキイ, で三度, で彼, で懐, で追善, によって生活, の殘額, は三円なにがし, は悪しく, を使, を元手, を払わされ, を握, を握り, を来春耕作, を積立て, を食料

▼ 得たといふ~ (33, 0.6%)

5 ことは 4 やうな 2 ことだ, のも

1 [20件] い, ことつまり, ことで, ことである, ことに, ことも, ただそれしき, のである, のとは, のは, ものは, やうに, 事実は, 傾向は, 樣な, 樣に, 消極的な, 点で, 立札が, 複雑な

▼ 得た~ (33, 0.6%)

5 のもの

1 [28件] があり, がある, があれ, がなけれ, がイブセン, である, であるのに, でどうせ, と同一, にし, にもせよ, による, によれ, に拠る, のいわゆる, の二樣, の土地, の根原, の疑問, の金銭, は, は今, は何物, は大体以上, よりも少い, を以て奉公, を文芸上, を約

▼ 得た結果~ (33, 0.6%)

2 である

1 [31件] から仮に, から見れ, がいったい, がどの, が深く, であ, であったの, であらう, であると, ではなく, として昔, として職業, となる, なの, になった, にほかならぬ, に外, のもの, は, はこれ, は水準, は要するに, を交換, を収め, を実地, を必ず, を採用, を査覈, を毎日十枚宛一ヵ月間, を越前, 久しく所謂土民

▼ 得たつもり~ (26, 0.5%)

3 であった 2 でいた, でゐた, でゐる

1 [17件] であります, である, であるし, でい, でいる, でしきり, ですよ, でそれ, では, で今, で東京, なの, なので, になっ, になつて鼻息, の弱点, の自然

▼ 得た~ (26, 0.5%)

3 でなければ 2 でなくては, なれば

1 [19件] でその, でそれ, でそれぞれ本人, でと思つた, でのこと, でやさしく, で余, で俺, で及落, で彼, で東京, で無く, で苦しい, に先方, に当の, に手形切手, に更に, のこと, はこれ

▼ 得たかの~ (25, 0.5%)

12 ように 3 やうに 2 ような 1 ようだ, 公保すらも, 如く大きく, 如く書いて, 如く言い触らしそれ, 老子化胡經などと, 観が, 説明には

▼ 得たかも~ (25, 0.5%)

4 知れない 3 しれない, 知れぬ 2 知れないが

1 [13件] しれないと, しれない男らしい, しれなかった, しれぬ, しれませんが, 分らないのに, 知らぬが, 知れなかった, 知れなかったと, 知れぬの, 知れません, 知れませんあなた, 知れんが

▼ 得たかと~ (24, 0.5%)

4 思うと 3 いえば

1 [17件] いいますと, いうと, いうに, 云う全, 云ふ, 信ずる, 問いまするに, 存じます, 思います, 思う, 思うほど, 思ふ, 思ふと, 思ふ内, 申しますと, 疑はる, 考へられる

▼ 得たとは~ (24, 0.5%)

2 云へ

1 [22件] いうものの, いえないの, いえぬ, いえ彼, いひ難い, いへ, いわれぬこと, ほんとうに, 云, 如何にも気持ち, 思えない, 思はれないほど, 思わない, 思われたくないの, 思われないほど, 想像する, 有名な, 考えられない, 言へ, 言わない, 随分熟し, 面白い

▼ 得た~ (23, 0.4%)

2 でなければ, にその, に彼

1 [17件] さえ腸加太児, でないと, においても何, にこの, には消息, にラガド, に二人, に初めて, に殘, のこと, の吉祥天女, の日録, の楽しい, は江戸表市ヶ谷, も石臼, 始めて或, 未だ一訪

▼ 得たものの~ (20, 0.4%)

2 額の

1 [18件] あまりに少ない, いくぶんを, ごとくよそおって, ごとく泣き上戸, ごとく胸, ごとく転じて, ついに久しく, どうしてもれた, 一断片を, 価値について, 勝利の, 命令によ, 如く, 如くである, 如く俄, 如く城中, 居るところ, 青扇の

▼ 得たのみ~ (19, 0.4%)

2 である

1 [17件] だその, だった, であって, でこ, でこれ, でそれ, でなく自由平等, では, で遺憾, ならず反対, ならず大層, ならず歴史上, ならず死牛馬, ならず老年, ならず西海, ならず進んで, ならず遠く

▼ 得たその~ (17, 0.3%)

2 方向を

1 [15件] ために, とき友医の, 二重性格も, 以前の, 力なり, 土地では, 夜から, 大暖簾, 尊敬すべき, 幸に, 幾層倍の, 時には, 老将, 賜物である, 鏡だった

▼ 得た場合~ (17, 0.3%)

2 があったであろう, があろう

1 [13件] がほとんど, にこれ, にそれ, にはこの, にはこんな, には其の, には真に, にも僅か, の方, の讃辞, を云, を想像, を指す

▼ 得た~ (16, 0.3%)

11 あらう 2 あらうと 1 あらうが, あらうさ, あらうとは

▼ 得たばかり~ (16, 0.3%)

2 だった, であった, では 1 かくては, だ, である, でした, です, でそれぞれ, でなくあわせて, でなく今, でなく漠然, なんで

▼ 得た~ (16, 0.3%)

1 [16件] がこの, が慕わしく, の卓見, の手, の晩年期, の版図, の結果, はすぐ, はその, は同様, は地方, は定め, は容易い, は思わず, は正に, も顔回

▼ 得た結論~ (16, 0.3%)

1 [16件] が宣長翁, である, ではなかっ, ということ, に過ぎない, の綜合, はそれ, はどうしても, は今日, は何, は全く, は実, は次, は殆ど, も概して, を君

▼ 得たとき~ (15, 0.3%)

1 [15件] が実は, その読者, に, にいかに, にはすこぶる, には私, には蒼ざめた微笑, にもらす, に私, のわづかな, の快, の踊り, は子供みたい, は読者, も母

▼ 得た唯一~ (15, 0.3%)

2 のこと, のもの, の異例 1 の力, の報酬, の宗教的, の必然的, の方法, の武器, の策, の言葉, の記憶

▼ 得たはず~ (14, 0.3%)

6 である 1 だ, だった, だったが, であったが, であるという, なのに, の進歩, はなかっ

▼ 得た~ (14, 0.3%)

2 の心

1 [12件] の幸, の感じ, の考, の霊魂, はこれ, はせい, はその, は心から, は改めて, は東京, は部下, を愛し

▼ 得たかを~ (13, 0.2%)

2 信じ難く, 考査する 1 いぶからざるを, やや詳細, 不思議に, 君に, 尋ねるか, 怪しんだ, 知りたさ, 知ればい, 重ねて

▼ 得たのに~ (13, 0.2%)

2 過ぎないの

1 [11件] お調子づい, そののち天狗, もうほくほくでした, 反し今日, 四回めには, 心を, 比して, 汝は, 相違ない, 眼の, 馬に

▼ 得た~ (13, 0.2%)

1 [13件] からばれん, ではこの, では語部, で決して, のそれ, のもの, のファシズム, の一定, の学問, の鳥銃槍刀, は一般, は成, を繰り返せ

▼ 得た時代~ (13, 0.2%)

1 [13件] があろう, だった, であった, であり歪められるところ, であるから, ならば, には宗教, の幸福, の本質, は既に, は美, もあった, も遠い

▼ 得た経験~ (13, 0.2%)

1 [13件] が亀, とはどんな, にてらし, の効果, の収集, はその後限り, は新奇, は暗い, は私, もある, をいたずら, を話した, を資本

▼ 得たこの~ (12, 0.2%)

1 [12件] 事件の, 余命を, 前の, 周さんの, 国は, 家この, 悪い癖, 旅人は, 経験と, 腕を, 自由が, 金魚の

▼ 得た~ (12, 0.2%)

2 健康を, 又得る 1 こういうの, この中, そういっ, みんなの, ジャーナリズムに, 今後決して, 師匠の, 隠者的な

▼ 得たため~ (12, 0.2%)

2 に多少 1 かえって理想, か間もなく, であるか, であるから, であると, と形勢, に中心体, に始め, に幾度, に悪魔

▼ 得た~ (12, 0.2%)

2 である, であろう, と解せられる 1 だと, であるが, であるに, でけだし, でそれ, ではあるまい

▼ 得た喜び~ (12, 0.2%)

1 [12件] がある, が叫ばるるごとき, が彼, が野村, にもまさっ, に敷居, の半分, の如く, の歌曲, を思う, を深く, を述べる

▼ 得た心地~ (12, 0.2%)

4 がした 3 である 1 がし, して, であった, であつ, もした

▼ 得ただけ~ (11, 0.2%)

3 であった 1 それだけその, であって, である, で人生かく, で山道, で新聞記者, で決して, 生活力と

▼ 得た人間~ (11, 0.2%)

2 だとは 1 がある, が妻子, が機械, というの, と民族, に抗すべく, に貶し, の対決, はこの世

▼ 得た~ (11, 0.2%)

3 な気 2 な心持 1 なもの, な者, にも言, に出, の描写, は全く

▼ 得たかは~ (10, 0.2%)

1 いささか理解, これらの, ただ彼女, まだ疑問, わからない, 他の, 我ながら, 疑わしい, 知る由, 設想に

▼ 得た~ (10, 0.2%)

41 じゃないです, だがなあ, だそう, だろ, でした, です

▼ 得た以上~ (10, 0.2%)

1 にはほとんど, にまで印象, の多量, の穀物, はそれ, はレッシング, は以, は光明后, は盛りかえし, 放したらそれっきり

▼ 得た~ (9, 0.2%)

1 がし, がした, がしました, がします, がする, がな, になっ, のする, のユルミ

▼ 得たとか~ (8, 0.2%)

1 あったの, その学位, ミコだ, 備中少, 南軍の, 奈良故, 聖武天皇の, 若し又

▼ 得た人々~ (8, 0.2%)

1 が他, が少く, である, です最も, のため, は今, は結婚, を私

▼ 得た~ (8, 0.2%)

1 であった, であったから, であつ, である, ですよ, で此處, ならその, は勇ん

▼ 得た~ (8, 0.2%)

2 である 1 だったが, だよ, でどうか, では, で同時に, になるだらう

▼ 得た限り~ (8, 0.2%)

1 での全能, では, では英蘭, で必ず, の仏教, の共同, の確実さ, の範囲

▼ 得た~ (7, 0.1%)

1 ほくに, 延が, 得意を, 茶人または, 蝶は, 角さんは, 銀様にも

▼ 得たすべて~ (7, 0.1%)

1 のこと, の情愛, の物, の言葉, は記者, を, を私自身

▼ 得ただけの~ (7, 0.1%)

2 ことを 1 ことであり, ものじゃ, ものな, 価値より, 水を

▼ 得たとも~ (7, 0.1%)

1 いえよう, いえる, いえると, 云えよう, 聞いたので, 言いあるいは, 言える

▼ 得たよりも~ (7, 0.1%)

1 あるいは壮年時代, もっと強烈, ややより, より多く, 三十年も, 前からの, 迷惑の

▼ 得た~ (7, 0.1%)

2 そして幾夜 1 であった, に来れ, のこと, の極, を記念

▼ 得た材料~ (7, 0.1%)

1 がこの, である, によって話す, に由つてこれ, に過ぎなかった, の一つ, を綜合

▼ 得た~ (7, 0.1%)

2 はない 1 の出処, は折々, は枚, は鎌倉幕府, を訊こう

▼ 得たかという~ (6, 0.1%)

1 ことこそ, ことは, ことを, 実験を, 点である, 物語を

▼ 得たそう~ (6, 0.1%)

41 じゃ, でして

▼ 得たばかりの~ (6, 0.1%)

1 この新, なまなましい経験, 新鮮な, 時だった, 時な, 落ちつきを

▼ 得た一つ~ (6, 0.1%)

1 の土地, の大いなる, の新, の暗示, の機構, はその

▼ 得た作家~ (6, 0.1%)

1 が歴史, であったの, であるに, といふべきで, は会うた順, をわたし

▼ 得た原因~ (6, 0.1%)

2 の一つ, は種々 1 である, の半

▼ 得た所以~ (6, 0.1%)

1 である, であろう, の一理由, は何, は全く, は実に

▼ 得た最初~ (6, 0.1%)

1 のもの, の休息, の共鳴者, の印象, の収穫, の金

▼ 得た様子~ (6, 0.1%)

1 だが, で, でくすくす, で御礼, で私, なので

▼ 得た~ (6, 0.1%)

2 の貢物 1 をつない, を売, を売った, を失う

▼ 得たある~ (5, 0.1%)

1 ねんし, のん, ひは, 一点のみは, 宗教的心境は

▼ 得ただけでも~ (5, 0.1%)

1 この度, 今度の, 彼は, 彼女は, 村重は

▼ 得た~ (5, 0.1%)

2 でまた 1 けのこと, であつ, である

▼ 得た~ (5, 0.1%)

1 がない, であって, では, はない, は稀

▼ 得た~ (5, 0.1%)

1 が決して, しは, は今, をほとんど, を私

▼ 得た処置~ (5, 0.1%)

1 だった, であった, ということ, と云, のため

▼ 得た~ (5, 0.1%)

1 であっても, に光り, は伝統, は藤村氏, を更に

▼ 得た印象~ (5, 0.1%)

1 からかも知れない, としてこの, について小説, によってそれ, のうち

▼ 得た報告~ (5, 0.1%)

3 によれ 1 から見る, はこれ

▼ 得た幸福~ (5, 0.1%)

2 は長 1 な人, の幾分, を感謝

▼ 得た思い~ (5, 0.1%)

1 がし, がどちら, で一時預け, で椅子, のよう

▼ 得た~ (5, 0.1%)

2 でなかつた 1 がよい, が勝ちます, が自分

▼ 得た~ (5, 0.1%)

1 にはフランス, には撤回, には汝, には食料品, はむかし

▼ 得た最も~ (5, 0.1%)

1 りっぱな, 大きな面, 經濟的な, 輝かしい光栄, 重大な

▼ 得た疾病~ (5, 0.1%)

3 である 1 だと, であると

▼ 得た~ (5, 0.1%)

3 一の 1 一印象を, 二の

▼ 得た~ (5, 0.1%)

3 である 1 だ, であるといふ

▼ 得たいろいろ~ (4, 0.1%)

1 な印象, な経験, の経験, の話材

▼ 得たかに~ (4, 0.1%)

1 就ては, 考え及ぶこと, 見えたが, 驚異の

▼ 得たけれど~ (4, 0.1%)

1 これからは, その身, 土岐氏の, 得れば

▼ 得たけれども~ (4, 0.1%)

1 この処女航海, それが, バルザックは, フリードリヒ大王当時は

▼ 得たこれ~ (4, 0.1%)

1 が最初, だから, を機縁, を此方

▼ 得たためし~ (4, 0.1%)

1 はありますまい, はありません, はなかっ, は過去

▼ 得たとして~ (4, 0.1%)

1 ですな, みても, 他を, 先生は

▼ 得たとて~ (4, 0.1%)

1 どうなろう, 何に, 然のみ, 街亭の

▼ 得たとばかり~ (4, 0.1%)

2 考えて 1 思って, 膝を

▼ 得たほど~ (4, 0.1%)

1 この地方, であった, であるから, 嬉しく思います

▼ 得た~ (4, 0.1%)

1 いしよりの, えり, はじ, はじと

▼ 得た~ (4, 0.1%)

1 同じだ, 同様, 同様で, 同樣

▼ 得た一切~ (4, 0.1%)

1 の栄誉, の権利, の疫病, の資料

▼ 得た~ (4, 0.1%)

1 だけでも妾, では梵本, になっ, の秀子

▼ 得た~ (4, 0.1%)

1 かを雑記帳, の挨拶, よりうれしい, よりも大きな

▼ 得た作品~ (4, 0.1%)

1 でありそれぞれ, でした, として劃期的, は絶無

▼ 得た収入~ (4, 0.1%)

1 が二千円近く, で力相応, に対してはアメリカ政府, の全部

▼ 得た収穫~ (4, 0.1%)

1 の豊かさ, は或, を我が, を眺めた

▼ 得た心持~ (4, 0.1%)

1 がする, であるが, でそこ, を書き記す

▼ 得た感想~ (4, 0.1%)

2 である 1 で全体, を表わす

▼ 得た成果~ (4, 0.1%)

1 に対して深甚, の歓び, は自然全体, を巧み

▼ 得た我が~ (4, 0.1%)

2 畏友朱雲の 1 兵法の, 霊妙なる

▼ 得た時彼~ (4, 0.1%)

2 は年頃 1 は眦, は自分

▼ 得た~ (4, 0.1%)

1 で異色, においてやはり, に於, もあり

▼ 得た秘密~ (4, 0.1%)

1 の全て, は何, は案外, を知らせ

▼ 得た~ (4, 0.1%)

1 である, の楽, 実際問題, 進んで

▼ 得た自信~ (4, 0.1%)

1 がカイザー, で豊か, なんてなん, に固められた

▼ 得た自分~ (4, 0.1%)

1 に絶えず, の推理, の知識, はその

▼ 得た言葉~ (4, 0.1%)

1 が常に最も, であると, と変り, に違

▼ 得た返事~ (4, 0.1%)

2 をしなかった 1 は一つ, をしました

▼ 得た~ (4, 0.1%)

1 には皆, にもその, に皮肉骨髄, のこと

▼ 得たあらゆる~ (3, 0.1%)

1 文学の, 窒素と, 隣接観念の

▼ 得たうえ~ (3, 0.1%)

1 ではじめて, で蜀, なん

▼ 得たお金~ (3, 0.1%)

1 でごちそう, で僕, なん

▼ 得たかぎり~ (3, 0.1%)

1 ではポリスメン, では家畜, の法則

▼ 得たからに~ (3, 0.1%)

1 ほかならない, よったの, 違ひない

▼ 得たここち~ (3, 0.1%)

1 がした, だった, です

▼ 得たところが~ (3, 0.1%)

1 これは, 別に大した, 我のみの

▼ 得たとの~ (3, 0.1%)

1 こと, 大涎, 考えから

▼ 得たなどという~ (3, 0.1%)

1 ことが, のも, 例は

▼ 得たには~ (3, 0.1%)

1 両性問題は, 感服した, 持ち得たが

▼ 得たにも~ (3, 0.1%)

1 かかわらず敢然, せよわが, 拘らず飽く迄

▼ 得た~ (3, 0.1%)

1 實に, 束の間尤も形の, 高見順氏が

▼ 得たばかりに~ (3, 0.1%)

1 これに, 或いは日本, 江戸入りを

▼ 得たひとつ~ (3, 0.1%)

1 のこと, の結果, の調査

▼ 得たりや~ (3, 0.1%)

2 と笠 1 など畳みかけ

▼ 得た人生~ (3, 0.1%)

1 の原理, の行路, の須臾

▼ 得た体験~ (3, 0.1%)

1 によって自覚, のもと, を書き

▼ 得た利益~ (3, 0.1%)

1 は一つ, は白川, を積み立て

▼ 得た~ (3, 0.1%)

1 が最も, と詩, を推敲

▼ 得た名声~ (3, 0.1%)

1 さえも得た, や利得, を利用

▼ 得た地位~ (3, 0.1%)

1 と彼ら, に安, は必ず

▼ 得た報酬~ (3, 0.1%)

1 がすくなくも, で宿屋, を一夕

▼ 得た~ (3, 0.1%)

1 のこと, の幸福, は初めて

▼ 得た実感~ (3, 0.1%)

1 の学問, も其取扱, を披露

▼ 得た幻想~ (3, 0.1%)

2 が作品 1 のきわめて

▼ 得た彼女~ (3, 0.1%)

1 にも見当, の体, はちょっと

▼ 得た~ (3, 0.1%)

1 でしみじみ, というはほか, を抱い

▼ 得た悦び~ (3, 0.1%)

1 にもまた, は一層, をひそか

▼ 得た情報~ (3, 0.1%)

1 と云え, の全部, はすぐ

▼ 得た感じ~ (3, 0.1%)

1 だけをもっ, である, はお

▼ 得た捕虜~ (3, 0.1%)

1 の中, は全く, を食う

▼ 得た教訓~ (3, 0.1%)

1 だけはいつ, でこの, は忘れません

▼ 得た文章~ (3, 0.1%)

21 は稀

▼ 得た~ (3, 0.1%)

1 知識としては, 知識に, 華族の

▼ 得た新しい~ (3, 0.1%)

1 収穫です, 恋人の, 材料によって

▼ 得た智慧~ (3, 0.1%)

2 です 1 がこの

▼ 得た最後~ (3, 0.1%)

1 の報知, の女, の道

▼ 得た気風~ (3, 0.1%)

1 だ, でもない, とはいったい

▼ 得た~ (3, 0.1%)

1 に一躍, に彼, に猿丸太夫

▼ 得た独楽~ (3, 0.1%)

1 と隠語, によって幾行, を袖

▼ 得た獲物~ (3, 0.1%)

1 の分け前, や女, を極度

▼ 得た生命~ (3, 0.1%)

1 のすべて, をあらん, を感謝

▼ 得た私たち~ (3, 0.1%)

1 の歓び, はあまりに, はいよいよ

▼ 得た程度~ (3, 0.1%)

1 で文句, にその, の積量

▼ 得た~ (3, 0.1%)

1 であった, と思っ, に更に

▼ 得た範囲~ (3, 0.1%)

1 では工藝, による, の米国女性観

▼ 得た~ (3, 0.1%)

2 のもの 1 の判斷

▼ 得た~ (3, 0.1%)

2 である 1 なの

▼ 得た証拠~ (3, 0.1%)

1 とも申されましょう, になる, は諸

▼ 得た貨幣~ (3, 0.1%)

2 をもっ 1 で人々

▼ 得た~ (3, 0.1%)

1 のよろこびである, の果報, を悔いた

▼ 得た静か~ (3, 0.1%)

1 な伊勢, な場所, な柔

▼ 得たあかつき~ (2, 0.0%)

1 にこの, には荊州

▼ 得たかといふ~ (2, 0.0%)

1 ことである, 反省を

▼ 得たからこそ~ (2, 0.0%)

1 あの巨大, 彼等は

▼ 得たからと~ (2, 0.0%)

1 云つて少し, 云わねば

▼ 得たきもの~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 得たこどもたち~ (2, 0.0%)

1 は意識, は老年

▼ 得たころ~ (2, 0.0%)

2 から諸侯

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 に勇敢, に居たく

▼ 得たしかし~ (2, 0.0%)

1 この像, 革命には

▼ 得たしと~ (2, 0.0%)

1 云へば, 思ふなれば

▼ 得たせい~ (2, 0.0%)

1 なの, もある

▼ 得たそして~ (2, 0.0%)

1 前者は, 満足した

▼ 得たそれ~ (2, 0.0%)

1 と実相体得, 自體有機的

▼ 得た~ (2, 0.0%)

2 ず泣き出せば

▼ 得たでも~ (2, 0.0%)

1 あらう, ない其

▼ 得たと共に~ (2, 0.0%)

1 その社会, 単に登山

▼ 得たなど~ (2, 0.0%)

1 なおわれら, 冥加に

▼ 得たのち~ (2, 0.0%)

1 に残り荷, の人

▼ 得たほどの~ (2, 0.0%)

1 人物だったら, 大きな效果

▼ 得たまひ~ (2, 0.0%)

1 けむこれ, たれどこ

▼ 得たもうこ~ (2, 0.0%)

1 とはできなかった, と無く

▼ 得たもの生命~ (2, 0.0%)

2 をはる

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 かみひめも, 否やは

▼ 得たパン~ (2, 0.0%)

1 がその, をその

▼ 得たヒント~ (2, 0.0%)

1 で行く, によってある

▼ 得た一個~ (2, 0.0%)

1 の人間, の飯碗

▼ 得た一羽~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 得た一語~ (2, 0.0%)

2 のいのち

▼ 得た不幸~ (2, 0.0%)

1 なる学者, に比べる

▼ 得た世界~ (2, 0.0%)

1 を待ちたい, を真理

▼ 得た事実~ (2, 0.0%)

1 だけを田口, をわれわれ

▼ 得た事柄~ (2, 0.0%)

1 は如何にも, は母

▼ 得た二つ~ (2, 0.0%)

1 の理由, の聖譚曲

▼ 得た人たち~ (2, 0.0%)

1 は幸福, も数人

▼ 得た人物~ (2, 0.0%)

1 が前記頭山, であったろうこと

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 です, なので

▼ 得た偉大~ (2, 0.0%)

1 な人格, な効果

▼ 得た全部~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 得た凡て~ (2, 0.0%)

1 のこと, の力

▼ 得た刹那~ (2, 0.0%)

1 にあっ, に詩人

▼ 得た勝利~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を多く

▼ 得た博士~ (2, 0.0%)

1 だ, を何条

▼ 得た名称~ (2, 0.0%)

1 だと, の解釈

▼ 得た喜太郎~ (2, 0.0%)

2 は村田銃

▼ 得た場所~ (2, 0.0%)

1 とでもいう, は大通り

▼ 得た境界~ (2, 0.0%)

1 から私, は生理上彼

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 どうして私, には彼

▼ 得た外見~ (2, 0.0%)

2 もここ

▼ 得た多く~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事柄

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 亢奮に, 宛すなわち

▼ 得た大王~ (2, 0.0%)

1 は更に, も昨年暮以来墺軍

▼ 得た天命~ (2, 0.0%)

1 に根柢, の中

▼ 得た夫人~ (2, 0.0%)

1 であるの, として敬意

▼ 得た失望~ (2, 0.0%)

1 の感, をとり返さなけれ

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 がわずか, やらの記憶

▼ 得た女性~ (2, 0.0%)

2 の美し

▼ 得た如く~ (2, 0.0%)

1 に他日, に思はれた

▼ 得た如來~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 得た如来~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 だと, の事

▼ 得た存在~ (2, 0.0%)

2 の凡庸性

▼ 得た学問~ (2, 0.0%)

1 からでも説明, を鼻

▼ 得た安堵~ (2, 0.0%)

2 と己

▼ 得た安心~ (2, 0.0%)

2 と新しく

▼ 得た実例~ (2, 0.0%)

1 としては全く, の一例

▼ 得た実際~ (2, 0.0%)

1 の利益, の印象

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 でも十分, にはみな葬式

▼ 得た家業~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 得た将軍~ (2, 0.0%)

1 である, のよう

▼ 得た少数~ (2, 0.0%)

1 のもの, の資料

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 の知識, の祖神

▼ 得た山名方~ (2, 0.0%)

2 は九月朔日

▼ 得た市民~ (2, 0.0%)

2 が白身

▼ 得た常識~ (2, 0.0%)

1 である, とは認め

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 である, です

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 であつ, です

▼ 得た彼ら~ (2, 0.0%)

1 の眼, はその

▼ 得た後さ~ (2, 0.0%)

1 へ腸加太児, へ腸加太兒

▼ 得た得意~ (2, 0.0%)

1 は思うべきである, を逃さない

▼ 得た心臓~ (2, 0.0%)

2 の鼓動

▼ 得た思想~ (2, 0.0%)

1 である以上, の地盤

▼ 得た恋人~ (2, 0.0%)

1 と別れる, よりも珍しく

▼ 得た恐怖~ (2, 0.0%)

1 その恐怖感, と喜び

▼ 得た悪銭~ (2, 0.0%)

1 の感じ, を懐

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 る幸福, る日

▼ 得た所感~ (2, 0.0%)

1 の一斑, を秩序

▼ 得た批評~ (2, 0.0%)

1 のこよなき, をし

▼ 得た断案~ (2, 0.0%)

1 である, を率直

▼ 得た新た~ (2, 0.0%)

1 な価値, な感激

▼ 得た方法~ (2, 0.0%)

1 とを彼, を説明

▼ 得た日本人~ (2, 0.0%)

1 の友人, は彼

▼ 得た映画~ (2, 0.0%)

1 がさらに, といふもの

▼ 得た暗示~ (2, 0.0%)

1 によつて, をだ

▼ 得た暴力~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 得た最大~ (2, 0.0%)

1 の感銘, の抗弁

▼ 得た果実~ (2, 0.0%)

1 であり人, をみな

▼ 得た極めて~ (2, 0.0%)

1 乏しい知識, 平面的な

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 にからり, に自省自戒

▼ 得た次第~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 なの, を見出した

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 の才筆, の教養

▼ 得た民族~ (2, 0.0%)

1 はその, は機会

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 がし, で反

▼ 得た水戸~ (2, 0.0%)

1 の人, の佐幕党

▼ 得た~ (2, 0.0%)

2 の面

▼ 得た洞察~ (2, 0.0%)

2 の成果

▼ 得た満足~ (2, 0.0%)

2 が其処

▼ 得た源氏~ (2, 0.0%)

1 の文字, は生霊

▼ 得た滿足~ (2, 0.0%)

1 に紫, らしい表情

▼ 得た現在~ (2, 0.0%)

1 では, の地点

▼ 得た甲州~ (2, 0.0%)

2 の大軍

▼ 得た真理~ (2, 0.0%)

1 にもとづい, を逐次

▼ 得た矢先~ (2, 0.0%)

1 であつ, で松平春嶽ら

▼ 得た知識それ~ (2, 0.0%)

2 は無論

▼ 得た研究~ (2, 0.0%)

1 の結果, の自由

▼ 得た積り~ (2, 0.0%)

1 である, です若し

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 はこう, はそんな

▼ 得た自然~ (2, 0.0%)

1 の勢力, の法則

▼ 得た自由~ (2, 0.0%)

2 の空気

▼ 得た藤原氏~ (2, 0.0%)

2 の権勢

▼ 得た記憶~ (2, 0.0%)

1 が新しかっ, を二

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 がない, がなかっ

▼ 得た誇り~ (2, 0.0%)

1 があった, とを胸一パイ

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 であります, で民國成立後宦官

▼ 得た象徴~ (2, 0.0%)

1 である, の絶対境

▼ 得た資本~ (2, 0.0%)

1 ともなく, はそのある

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 人間であった, 科学的の

▼ 得た金銭~ (2, 0.0%)

1 で需め, を残らず

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 には実に, には敗者

▼ 得た領土~ (2, 0.0%)

1 というの, を失う

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 に直ぐ, を玄徳

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 は余り, も沢山

▼ 得た~ (2, 0.0%)

1 さまでは, 温度を

▼1* [791件]

得たあなたはまことに, 得たありがたい分別です, 得たあれの幼馴染, 得たいろんな体験や, 得たうちの百円, 得たうれしさ悪人, 得たお礼心にそんな, 得たお祝いをしよう, 得たお節は前, 得たお雪ちゃん竜之助, 得たかが判らないの, 得たかなしい自矜, 得たかについて僕の, 得たからとか種々の, 得たからにはもはや実現, 得たきりであつ, 得たきりぱつたり行先, 得たくらい玉蜀黍を, 得たくらいの低い声, 得たこう云ういろいろ, 得たことさへ不思議, 得たこと何度だか, 得たこと労働階級の要求, 得たこと多大なるもの, 得たこれらの財貨, 得たこれ程の楽しい, 得たさの余りに, 得たさまざまの興味, 得たしだいである, 得たしるしぞ, 得たすぐ後に, 得たせりふの調子, 得たそのかみの暴露雑誌, 得たその同じ成功を, 得たそれあちらとおきよ, 得たそれ等の事実, 得たぞとほっと溜息, 得たたった一つの, 得ただけから考えても, 得ただけでまたつかまった, 得ただけにも満足しよう, 得ただちょうの胸, 得たちかごろの信念, 得たというは神, 得たとかいう意味の, 得たときこれは黙視, 得たときそれがはじめて, 得たときエミイはこの, 得たとき之に關, 得たとき姉は茶, 得たとき左の拙詠, 得たとき己の力, 得たとき彼は泣き出した, 得たとき私たちはただ, 得たとき粂吉は心もち急ぎ足, 得たとき総ては解決, 得たとき蝋燭の灯, 得たところ補充しました, 得たとても殆どその效力, 得たとでも思ったの, 得たとのみ思った, 得たとばかりにニコニコし, 得たどっちつかずの, 得たなどといふのも, 得たなんていうと, 得たによってまっとうするとは, 得たはじめての女, 得たばっかりのところへ, 得たほとんど最後の, 得たほどに喜びました, 得たほんとうにありがたい貴い, 得たまえるみ仏たちよ, 得たまたいわく胡人虎を, 得たまでである, 得たまどかな気分, 得ためずらしい物だ, 得たもう一つの, 得たものたちが帰っ, 得たもの坊主たちは本堂, 得たもの彼等が彼女, 得たやり方で無理, 得たゆえんであろう, 得たよりこころ強う, 得たらん心地して, 得たる報をば與, 得たろうが其弊, 得たわずかな安楽, 得たわたしの経験, 得たをさえ恥じて, 得たイギリスからこの, 得たイワノウィッチの右, 得たインジェニュイティーであろうと, 得たウィンクレル氏がある, 得たエジプトの万有崇拝教, 得たオルガンチノ一派の伴天連, 得たカンタータのうち, 得たガラツ八ですが, 得たギリギリの策, 得たグローチゥスは直ちに, 得たシナの工芸品, 得たジャアナリズムが頻りに, 得たスティーヴンスンが肺患, 得たゼイタク物ですよ, 得たゼーロンは野花, 得たツモリで愚談, 得たナポレオンも表面, 得たパリーの偉大, 得たファシズムであり, 得たフィルムを普通, 得たフエニキアは今, 得たプライドに満ち, 得たマドロス君は先発, 得たマンションクラブに一夜, 得たムク犬は山, 得たユニツクな作家, 得たロッパ節はこれ, 得たヴォルガの上, 得た一人である, 得た一八〇八年の兵士ら, 得た一原因はここ, 得た一句を彼, 得た一方戯曲の本質, 得た一日のこと, 得た一歩か二歩, 得た一点の火, 得た一種の福, 得た一筋の音律, 得た一致の結論, 得た七兵衛は少し, 得た上其足で直ぐ, 得た上方落語は大, 得た上述のイメージ, 得た氣味な, 得た不当な利得, 得たなる原因, 得た主我主義のため, 得たに依, 得た予備知識がどんなに, 得た事務的才能を発揮, 得た事実上の結果, 得た事実以外には何等, 得た事實が五代史卷十四, 得た事情には十分理解, 得た二三のもの, 得た二世全安, 得た二人の話, 得た二十五年前を考えます, 得た二千人はフランス, 得た二千余万の婦人, 得た二百余名の野武士, 得た二葉亭の賜物, 得た二語にその, 得たの幸福, 得た五十一歳の時三十二, 得た五月の日, 得た井戸が城郭, 得た享樂ぞ, 得た人これこそ間違, 得た人となり墨子五行記などといふ者, 得た人口増加の原理, 得た人生観や信条, 得た人類の教訓, 得た今わたくしは未だ, 得た今日となっ, 得た今日工藝美に関する過去, 得た今日残生の大半, 得た仏話が秀郷竜宮入譚, 得た仏躯凡そ三百五十躰別に集め得た, 得た仕事を為し得る, 得た他人の秘密, 得た付き過ぎの, 得た以上時雨の如き, 得た以前あの塚, 得た仮借なき意見, 得た会合の最初, 得た伸子は一心に, 得た位師匠の作, 得た何らかの一般的法則を, 得たの創作, 得た作左衛門の抜き, 得た作者の創作, 得た侏儒でさえ彼, 得た便りなどを二, 得た俊助はまだ, 得た保護をそれほど, 得た信仰でございます, 得た信念です, 得た信条でそれ, 得た信用の出来る, 得た信長は偶然, 得た信階は六十三歳, 得た修養を我輩, 得た俳優のよう, 得た俳句と漢詩, 得た個人があったでしょう, 得た個所がある, 得たよりもむしろ, 得た偉観を見る, 得た傑人であった, 得た先生はその, 得た先駆者は私, 得たは文化面, 得た八人は上り, 得た典雅その物, 得た内的直感の感性的認識表徴, 得た円本の攻撃文, 得た冬子は鞠, 得た冷やかさ鋭さ反省のみで完成, 得た処女の純潔, 得た分化の極端, 得た分量を消費, 得た分類かも知れぬ, 得た切れ刀はみ, 得た初代茶人たちの眼, 得た判官の一人, 得た判斷をくだせる, 得た利権を散じ, 得た刺戟とか胸, 得たの男, 得た剣道の精妙, 得た劇作家はその, 得た力強い行者として, 得た功名とに野性, 得た励みとして感じられぬ, 得た労賃の一部分, 得た労銀なの, 得た勇気と胆力, 得た動物種属を内, 得た勝家の得意, 得た北海道のす, 得た十宝中に砂金袋, 得た十年苦節の大, 得た半可通の知識, 得た卓越した遺産, 得た南嶽の慧, 得た単純な道理, 得た原作者に関する知識, 得た原野は茫々, 得たのハガキ, 得た獲は, 得た収入額に耳, 得た叙述がはなはだ, 得たをきいた, 得た古典的概念によつて, 得た古書に無限, 得た史話口碑随所の見聞, 得た名工がある, 得た名誉の音楽家, 得た君臣の間, 得た呉服屋の支配人, 得た周都督の叡智, 得た味覚とはまことに, 得た呼吸だ, 得た咄嗟の表情, 得た和歌凡そ五百首撮影した写真, 得た和蘭歴史の功勞者, 得た問題はこの, 得た喜びにじつと上から犬, 得た喜悦はある, 得たあるごとく, 得たとその, 得た国がらにのみ人間, 得た国民の住まつ, 得た園味を思うさま, 得た地勢である, 得た地頭の百姓, 得た坊主である, 得たを後世, 得た執権時宗の胆, 得た大主典, 得た報身そこに導き取られた, 得た塗薬の小, 得た境地はもし, 得た増長天王二尺余の像, 得た墨汁について寺田先生, 得た外交手段だと, 得た外国語の知識そのもの, 得た夜光の短刀, 得たのあと, 得た夢想を具体的, 得た大きな喜悦を, 得た大御所の地位, 得た大正四年五月十一日の午後, 得た失望感からゆがめられ, 得た奇妙な天真, 得た奇蹟のよう, 得た奈良朝時代の国語, 得た女らしさに, 得た女体人造人間を抱きおろした, 得た女子から高句麗, 得た女性たちは恐らく, 得た女王達は極めて, 得たは前, 得た好意と親切, 得た妖怪ばかりとは限るまい, 得たは晩, 得たでその, 得たの誇り, 得た婦人はそれ, 得た婦人觀やら何, 得たやかな姿, 得た子供だけが仮象, 得た子宝のこと, 得た存八一瞬を境, 得た孤独の悲哀, 得た学力をこんな, 得た学問上の得分, 得た学生のよう, 得た學問は右, 得た完全な一個, 得た官兵衛は二つ, 得た官費は絶え, 得た実体は別に, 得た実力はわずか, 得た実証的の知識, 得た客観的に現われる, 得た客體に對, 得た宦官を安, 得た宮廷生活の内幕, 得た容疑者の, 得た宿舎である, 得たや位, 得た在的他者, 得た尊い心情の, 得た小さな発見は, 得た小室も非常, 得た少しの貯蓄, 得た少し後にまた, 得た少年向き物語の中, 得た尚侍の喜び, 得た就職口をよく, 得た居士だと, 得た山居の消息, 得た島守はこれら, 得た島村弾正貴則である, 得た川端龍子の霊泉由来, 得た巣鴨の狭斜街, 得た差異は大抵, 得た巻絹や俵米, 得た市民的生活が氣, 得た市長になった, 得たは飽き足らなかったであろう, 得た平均曲線に従わない, 得た平易なる英語, 得たをうる, 得た幸いに食事, 得た幸福それも同じ, 得た幼時から馴された, 得た幼稚な然し, 得た幾つかの事実, 得た広野へ導いた, 得たの由々しき, 得た弁論なので, 得た弟子ではない, 得た当の基底が, 得た当然の報酬, 得た形跡がある, 得た影響の部分, 得た役所に無理, 得た役目である, 得た彼等に, 得た彼自身の自棄, 得た後一直線に斜面, 得た後敵の襲撃, 得た後深草の党臣, 得た後病のため, 得た得難い良い講義だ, 得た裁決を, 得た御返事をする, 得た復讐はない, 得たでも有る, 得た心底からの山猿, 得た心持ちがした, 得た心身強健法とで漸く, 得た忠一は先ず, 得た忠利の代, 得た忠相は用人, 得たをなさし, 得た思い心の奥深く, 得たの不安, 得た恩恵である, 得た情熱漢天民のかく, 得た情緒は浮世, 得たの神話, 得た意味にとってその, 得た意志の力, 得たを深う, 得た感動は波, 得た感化ではあるまい, 得た感銘をさう, 得た成績は多く, 得た我々の仮名文字, 得た所丈けをやっと, 得た所経過宜しからず, 得た所謂識認というもの, 得た手腕は容易, 得た手酷い叱責を, 得た批判を受けたい, 得たにいちど大和, 得た措置である, 得た提案がない, 得た放射能がそんなに, 得たドクトル, 得た教師の職, 得た文化はプロ式, 得た文句はいずれ, 得た文壇的雰囲気にある, 得た文字は世界, 得た文学界同人の方向, 得た文学精神の不逞, 得た文書の中, 得た文献が只, 得た新旧のイメージ, 得た新風をサツサ, 得た方則を読取る, 得た方法概念の優れたる, 得ただったとは, 得た旅行なの, 得たじるしが, 得た日本の民俗学, 得た日本共産党が今回, 得た日本民族であるから, 得た日本街を感心, 得たを話し, 得た昌造の青年時代, 得た明治二十三年まで側, 得た明瞭らしい外囲, 得た春登は叔母, 得た時のと共通, 得た時わたくしは年, 得た時先生は私, 得た時入院前後の消息, 得た時六樹園は得意満面, 得た時分から今度, 得た時前かがみになっ, 得た時子路は突然, 得た時宗助はなお, 得た時平生森成さんから病気, 得た時慧琳音義が蔵中, 得た時捨水の鮮, 得た時日々見る所, 得た時最初の考え, 得た時油然と漲, 得た時義雄はマオカ, 得た時膝を打つ, 得た時間はそれ, 得た智将である, 得た智識に過ぎん, 得た暗闇に伊沢, 得た暴力団員が立, 得たには汝, 得た曲線を研究, 得た更に何か, 得た最良の情報, 得た月輪組あわてふためきながらも, 得た有力な方便, 得た有様である, 得たであるから, 得た朝野の感激, 得たが花, 得た木村さんその人, 得た木造家屋はた, 得た本人は多少, 得た本書の誤り, 得た本質的魅力を喝破, 得たなので, 得た村君のも一つ以前, 得た柴田勝家がこれ, 得た栄蔵は体, 得た栄誉の表, 得た構想は後で, 得た標語である, 得た模様ですが, 得たの葉, 得た機会に最も, 得たのやう, 得た歓呼の鯨波, 得た歓喜は一時, 得た歓楽は必ずしも, 得たの奥深い, 得た此作はお, 得た武内桂舟広津柳浪渡部乙羽外に未だ, 得た武士はもと, 得た歴史的地盤にある, 得た歴史的用語であるが, 得た死生問題についての僕, 得た殆ど甚深微妙とも, 得た比丘尼の存する, 得た比類なき民画, 得た民族的気質を知らなけれ, 得た気もちがした, 得た気分を自分, 得た気持がし, 得た氣力が滅入る, 得た水火鍛錬の奥義, 得た河童も同然, 得た法則ではない, 得た法律的に物事, 得た洞察力によってベートーヴェン, 得た津田はすぐ, 得た浄財はほとんど, 得た浅井了意の, 得たであります, 得た海底灯というの, 得た海蚣をアイルランド, 得た消息を岸本, 得た混濁したもの, 得たを示し, 得た滝田君は三人, 得た演劇修業の結果, 得たで燃えた, 得た火勢は今度, 得た為めに先達たち, 得たとともに自責, 得た無論政友系として, 得た然し彼女には, 得た然るに地図には, 得たで器物, 得た熟語の數, 得た熱海にいた, 得た爆弾に匹敵, 得たであるか, 得た爵位とその, 得たの性格, 得た父親もその, 得た特徴に過ぎない, 得た特有さであ, 得た特許商人の所, 得たの一番, 得た率以下で貨幣, 得た王夫人の使飲食, 得た珍奇な品物, 得た珍書が印刷, 得たと申しましょう, 得た實の, 得た現代文壇における地位, 得た現実の真, 得た理想を言語, 得た理想主義的意力は仮令, 得た理由としては花山院, 得た理解によつて補足, 得た環境を考えます, 得たの預り, 得た生徒の絵, 得た生活の種々相, 得た生活様式とは何, 得た生涯の稼ぎ銭, 得たである, 得た由来はかつて, 得た由緒書に拠れ, 得た男達であろうと, 得た画人であると, 得た画家の心, 得た画工の娘, 得た画題であろう, 得た留守居の北条, 得た異国情調に対する憧憬, 得た疾病一は招い, 得たといふ, 得た病人とは思われない, 得た病的心理なども大, 得た痛快な答え, 得た発明が沢山, 得た白々しさである, 得た白絹二反一反ずつわけ, 得た百九フラン十五スーです, 得た皇帝は長駆ゲルマニア自身, 得た皮膚病が猛烈, 得た盲人のやう, 得た相手役すゐせん, 得た真宗の僧侶, 得た真実相が茲, 得たをもっ, 得た眼福は今, 得た着想であるの, 得た瞬間の愉快, 得た知己は彼女, 得た知識それ等をどう, 得た短い返事も, 得た石子刑事は嬉し, 得た確信を元, 得た確實なる基礎的知識, 得た祖先の生活, 得たのお, 得た神人だ, 得た禪宗の傳播, 得た秀吉は勿論, 得た私自身の結論, 得た私達の精神, 得た秋田藩を破った, 得た科学的智識の構想, 得た科学的部分に於, 得たなる機會, 得た稼ぎ高を自分, 得た稿料で昭和四年, 得た空想ではなく, 得た穿物でなければ, 得た窮余の場面転換, 得た立体に関する問題, 得た立場自分が取り得た, 得たの事, 得た筋道は未だ, 得た答えに私, 得た箇条を書き加え, 得たは何, 得た範囲丈でも夫, 得た篤農家である, 得た簡単な品物, 得た精兵で友軍, 得た精神病的被害者はここ, 得た精神的な收, 得た六年の, 得た素材がシング, 得た経済の安定, 得た経験的智識があり, 得た結婚であったならばと, 得た結果われわれの対敵行動, 得た結果不自由を感じ, 得た結果等が如何なる, 得たを國産, 得ただから, 得た継母の女王, 得た総額は二万疋以上, 得た練磨も槍, 得た織田松平聯携の盟約, 得たで, 得た美的需要を満, 得た美術品は社会, 得た義理ゆえもあろう, 得たの僅, 得た翌月に, 得た翻訳者関根秀雄氏の見事, 得たを虚空, 得た老後であった, 得た老舗もあります, 得た考証を材料, 得た者らも恐れ, 得た聖典は断じて, 得た聖者はどこ, 得た聯想に執着, 得た職業劇作家は何れ, 得た背景をもっ, 得た臙脂色の菊, 得た自己の青春, 得た自己流であらう, 得た自然科学の謎, 得た自覚を振りかざし, 得た至妙な話, 得た至妙至極の芸術, 得た興味を最後, 得た舞台ならそれで, 得た舞踊劇は確か, 得たはなかっ, 得た船底の塁, 得た良人によって又, 得た良識は実に, 得たに似, 得た芸術の酔いごこち, 得た芸術家などは存在, 得た芸術記者のフルネーム署名入り, 得た若者だったが, 得た草稿を帯び, 得た荒川甚作は明治元年三月病, 得た菅波高橋両家の系図, 得た葉子はこの, 得た藝題の文字, 得た藤吉郎が起っ, 得た虚無であり僕の, 得た虫ケラの手足, 得た蝦夷の捕虜, 得た蝴蝶は全裸, 得た行動だと, 得た行論の結論以外, 得たをまず, 得た被告を思ふ, 得た製法をいろいろ, 得た所要所を, 得た要素を綜合, 得た見方をし, 得た見物のよろこび, 得た見聞を文学作品, 得た見解はまだ, 得た見込みでありしたがって, 得たがない, 得た親友蛸ちゃんはどう, 得たのある, 得た観察の範囲, 得た解決に向, 得た解釈ではなかっ, 得たである, 得た計算の一つ, 得たりに, 得た評價と雖, 得た評論であろう, 得た詩句からは何とも, 得た話し方をする, 得たである, 得た説明は子供, 得た説明案内などが出版, 得た調査の結果, 得た結果を, 得た諸君は何, 得た謙譲の教, 得た警部は今度, 得た議論だ, 得た譲吉の心, 得た豪興が一気に, 得た財産である, 得た貴い経験に, 得た賃金を参右衛門, 得た賃銀は女達, 得た資力ではない, 得た資料は概ね, 得た資本主義のかの, 得た賊軍側は大いに, 得た賜ものであったのに, 得たの女, 得た賤者の解放, 得た起原を黄金, 得たで, 得た足利時代の能衣裳, 得た軍艦が阿波, 得た軍需工業労働者が新しい, 得た輝かしい地位を, 得た輸入思想を便り, 得た迄の過程には, 得た返事等が総て一致, 得た返辞をする, 得た退却に因っ, 得た途端またもや射出す, 得た通りである, 得た通り約束の九時, 得た通商の許可, 得た週期が単に, 得た運動はもう二度と, 得た過去を思つて, 得た道庵先生は本来, 得た道徳的な一徹さ, 得た道心をもっ, 得た選まれた人, 得た郡内の地方, 得た部下は続い, 得た配慮と工夫, 得た重大な機略, 得た重要な箇条, 得た金子には相違, 得た金銭それは幾多, 得たは非常, 得たを利用, 得たはわれら, 得た阿房が主眼, 得た阿波の秘密全部, 得た限り彼の興味, 得た限り蛇は蛙, 得たの許, 得たの足, 得た雜多のこと, 得たの輝き, 得た霊感を根拠, 得た青年であつ, 得た面持で, 得た面白さばかり, 得た面色であつ, 得た韵字を告げた, 得た同じよう, 得たな心, 得たとを以つて, 得た題材だと, 得た題目が多い, 得た顛末であった, 得た風流の高い, 得た飜訳の仕事, 得た食事をとり, 得た食器を用いない, 得たにきょう, 得た餘勢でまた, 得た駒井の知識, 得た駒井甚三郎は全く, 得た驕慢な天才児, 得た驢馬のやう, 得たである, 得た魏兵も馬, 得た魔力でもっ, 得たのよう, 得たの肉, 得たを高々, 得た鶏鳴狗盗を引きつれ, 得たの声, 得た昏れ近く, 得た黒住団七が凱旋将軍, 得た黙示を確立