青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小屋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小僧~ 小児~ 小判~ ~小声 小声~ 小姓~ 小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋
小屋~
小山~ 小川~ 小林~ 小柄~ 小次郎~ 小母~ 小生~ 小田原~ 小石~ 小舟~

「小屋~」 9990, 96ppm, 1151位

▼ 小屋~ (3357, 33.6%)

163 中に 91 中で 90 中へ 74 ような 73 前に 63 方へ 62 中を 54 中は 46 中から, 中には 42 前を 31 外へ 30 中の 28 戸を 27 前で 23 なかに 20 外に 19 やうな 18 方に 17 外で 16 前へ 15 中が, 前の, 隅に 14 うしろの, ほうへ, 入口に 13 前まで 12 内へ, 前には, 隅の 11 なかで, なかは, 中にも, 戸が 10 乙女, 壁に, 屋根に, 蔭に 9 なかへ, 入口の, 屋根が, 方を, 窓から 8 上の, 中では, 内を, 外には, 扉を, 横に, 裏へ, 近くに 7 そばに, まわりを, 入口から, 内に, 奥の, 戸口に, 方から, 方で, 者は, 裏から

6 [12件] なかから, 主人に, 傍に, 前から, 天井に, 奥に, 屋根の, 横から, 窓の, 裏に, 軒に, 間を

5 [20件] ある方, うちに, かげから, なかでは, なかには, まはり, まわりに, ように, 上に, 中へは, 中まで, 入口には, 周囲を, 奥へ, 庇から, 方は, 神主が, 神主は, 者が, 裏の

4 [34件] うしろに, うちへ, かげに, そとへ, そばの, まえに, 中からは, 中も, 主が, 主人が, 主人は, 側に, 側を, 内部を, 周囲に, 地に, 外の, 外を, 天井の, 後ろに, 後ろの, 戸は, 戸口へ, 掃除を, 柱に, 横へ, 片隅に, 蔭から, 表の, 裏手へ, 軒下に, 近くで, 間に, 附近に

3 [52件] あるところ, あるの, ある所, うしろから, そとに, なかを, ほうから, ほうを, まわりの, やうに, 一つに, 中, 中でも, 二階で, 二階に, 人が, 人に, 付近に, 住人は, 傍まで, 傍を, 入口を, 内で, 内には, 内部に, 土間の, 娘も, 屋根から, 屋根は, 屋根も, 庇の, 後ろへ, 持主の, 方が, 横を, 片隅の, 神主さんは, 神主の, 窓からは, 窓を, 脇を, 蔭へ, 裏で, 裏を, 裏口から, 裏手に, 近くまで, 連中は, 錠を, 附近には, 附近は, 隅へ

2 [181件] あたりから, あたりで, あたりは, あちこちに, ある場所, ある村, ある裏庭, うしろは, うしろへ, うちで, うちの, うちを, かげを, ことです, ことも, すきま, すぐ前, すみに, そとの, そばで, そばへ, そばを, なかの, なかまで, ほうで, ほとりに, まえを, まへ, まわりで, まわりには, まわりは, めえ, ようだ, オデン屋を, 一つで, 一つの, 一つへ, 一つを, 一角を, 一隅に, 上から, 下の, 下へ, 不思議な, 中や, 中より, 丸太を, 主に, 主は, 主人を, 人達に, 人達は, 代りに, 傍らでは, 傍らに, 傍らには, 入り口の, 入口が, 入口は, 内から, 内は, 内部の, 内部は, 出来る筈, 取締りを, 口へ, 向いに, 向うの, 周囲には, 周囲にも, 四周には, 四方に, 土間に, 垂菰を, 壁へ, 外では, 外は, 天井を, 太夫達であった, 奥から, 奥を, 女も, 屋搜し, 屋根を, 平さん, 床に, 影が, 後ろから, 後ろには, 戸に, 戸の, 戸口で, 戸口の, 所へ, 扉が, 扉の, 持主は, 方の, 方へと, 方へも, 旗を, 木戸が, 机の, 材木に, 板壁を, 板屋根の, 柱が, 梁の, 棚の, 楽屋の, 槌音も, 様な, 横で, 横の, 横手から, 横手へ, 正面に, 段も, 活人形の, 潰れ方, 灯が, 灯を, 炉に, 炉の, 焚火は, 煉瓦壁を, 熊の, 片隅で, 番を, 看板を, 真中に, 石だたみが, 神主さんの, 神主という, 空に, 窓に, 窓には, 窓は, 竈の, 粗末な, 群を, 羽目に, 羽目へ, 羽目板に, 者で, 者なんか, 者に, 者らしい, 者を, 職人までが, 背面を, 脇で, 舞台に, 藁の, 蠅は, 表つき一杯に, 表には, 裏口に, 裏手の, 裏木戸から, 見張りに, 跡を, 軒を, 近くへ, 近くを, 近所に, 連中と, 道具でない, 間から, 間の, 附近から, 附近で, 陰から, 陰に, 隅から, 隅で, 隅には, 階段を, 頭が, 骨組の, 高さ

1 [1099件 抜粋] あいだから, あそんで, あたりでは, あたりのは, あたりを, あちらこちらで, あった時分, あとには, ありそう, あるじが, あるを, ある囲い, ある夜, ある百姓家, ある辺, いい処, いぶせきに, うしろにも, うちそとを, うちには, うちら, うち小, えん, お師匠さん, お陰で, かげで, かしいだやう, きたなさ, こっちの, ことだ, ことである, ことを, すぐうしろ, すぐ傍ら, すぐ裏, すみずみ, ずっと端, そと, そばから, それと, ちょうど真中, つくりが, つまって, ところに, ところへ, ところを, どぎつい芸風, なかが, なかです, なかへは, のきに, ひとの, ふしぎな, ほうへは, まえで, まえの, まだら, まねごとの, まわりと, まん中に, むしろに, ものかも, やうだ, やうなた, よい先生, ようで, ようにしか, わきに, わきへ, わめきは, アトラクションだ, アトリヱである, ショオには, タレを, ドアから, ドリアンに, ポツリと, モットーとして, 一ツな, 一件さ, 一件は, 一室, 一室へは, 一方には, 一日が, 一棟に, 一番後の, 一角に, 一軒を, 一部は, 一隅から, 三崎座という, 上には, 上までも, 上を, 下に, 下を, 不成就, 世話を, 並んだ新開, 中だけかと, 中でございました, 中でなけれ, 中などで, 中において, 中にばかり, 中にを, 中ばかりに, 中または, 中一パイに, 中央で, 中央には, 中植込の, 丸太の, 主な, 主人たちが, 主人である, 主人という, 主人公であるらしい, 乾草を, 事の, 事務所に, 二倍くらいの, 二階が, 亭主だ, 亭主も, 人々で, 人々の, 人々を, 人も, 人夫とは, 人数を, 人氣に, 人立ちは, 仕事ぶりを, 仕事場を, 代金も, 伏床に, 位置を, 住人だ, 住人同士で, 余煙を, 作製に, 修理や, 修繕や, 側へ, 側手に, 傍で, 傍よりも, 傍らを, 先生から, 先生に, 光景を, 入り口, 入り口には, 入口で, 入口へ, 六七十倍ぐらいの, 六尺棒月番の, 内にも, 内までが, 内側を, 内外の, 内部だった, 内部まで, 写生, 出入り口表の, 出入口が, 出口で, 出来る前, 列との, 到つて, 前が, 前では, 前などを, 前身な, 労働者を, 勝手は, 北が, 半分は, 厩から, 口あたりで, 口から, 口なる, 口一ぱいに, 右上の, 右手前で, 向うから, 向こうに, 周りごとに, 周り中は, 周囲へ, 周圍には, 呻き, 唄, 四隅へ, 囲いのな, 土間にも, 土間を, 在る多那川べり, 地下道は, 地点も, 坪庭へ, 場を, 場所も, 壇上に, 壊れたるあり, 外が, 外ばかり, 外へは, 外部を, 夢が, 大将で, 大将は, 天井は, 天幕は, 太夫らしい, 太平記読などを, 奇遇, 奧から, 如き岩窟, 娘であっ, 子も, 孤独な, 実際上, 家具を, 家根が, 家賃に, 寝床で, 小さなの, 小僧か, 小娘が, 小川に, 小暗いところ, 少し前方, 屋根で, 屋根なぞが, 屋根には, 屋根へも, 屋根傾いた, 川に, 巡礼が, 工事が, 左側の, 左右及び, 差押人が, 師匠であった, 幕の, 幾軒かを, 床を, 床下の, 床板を, 座主は, 庭の, 庭前の, 廃墟の, 建前に, 建築の, 建築を, 廻りに, 引籠から, 役人や, 往き帰りに, 後へ, 後片付けについて, 息子として, 悪臭や, 慰藉に, 戸をは, 戸口から, 戻りには, 所在が, 扉から, 持主という, 持主夫婦は, 掃除に, 掃除やら, 掟で, 損害を, 教會へ, 数が, 数層を, 整備は, 方々から, 方じゃ, 方には, 旗その, 日ま, 明りが, 明りな, 明るく成る, 普請で, 暖かさ, 暗い隅, 木屑でも, 木戸の, 木戸前に, 木戸口へ, 木戸番です, 木戸番に迄なり, 木材が, 木組は, 木造の, 本棚の, 板, 板の, 板壁に, 板戸を, 枡みた, 柱にも, 柱へ, 根もとへ, 根太を, 桟敷の, 棟の, 森の, 楽屋から, 楽屋であります, 楽屋に, 楽屋へ, 構造の, 様子が, 樂屋口には, 樣子を, 横手で, 横手にあたって, 櫓と, 歴史との, 段あれに, 気分が, 水車が, 水門番を, 流し元で, 消費高でも, 渓に, 源次郎が, 火と, 火の手を, 火は, 火事が, 火事な, 灯である, 灯も, 炉ば, 炭俵の, 煖炉用薪に, 煙出し, 燈, 燈を, 燠火で, 爺さんとも, 片隅へ, 牡馬は, 犬どもは, 狂いであろう, 生活, 生活ちょうど, 男が, 番人が, 番人は, 番人達の, 番士らとが, 看板に, 真中には, 真向う, 砂埃の, 神主さん, 神主さんでありました, 神主でありました, 神主でも, 神主とが, 神主も, 神主様でございました, 神主様の, 神窓に, 移転問題に, 種半植梅など, 空での, 空屋に, 空気に, 空氣が, 空間に, 窓まで, 窓下に, 竈で, 竜之, 竹窓から, 筵壁を, 籠城っぷりはっ, 終幕, 絵看板が, 絵看板を, 縁側に, 美人連から, 義である, 羽目板を, 老爺は, 者とも, 者も, 職人が, 背なかが, 背後から, 背戸を, 胴震ひ, 腐れ柱を, 臭いだけで, 至って粗末, 舞臺開きに, 芝居を, 若者が, 若者四人七人の, 茅屋根に, 荒い羽目, 荒涼たる梁, 菰垂れの, 蒸炉には, 蓆を, 蔭で, 蔭や, 薄暗い中, 藁条を, 行末も, 表では, 被収容者, 裏側に, 裏口へ, 裏崖に, 裏手らしく, 裏手裏木戸の, 裏木戸が, 裏表を, 裏道に, 西側に, 見える街道, 見廻りを, 見物たちは, 親方という, 親爺は, 記号を, 設計まで, 評議と, 話では, 豚の, 豚共を, 賑わしさ, 跡が, 跡に, 踊り子で, 車が, 軒さきを, 軒や, 軒先に, 輕業を, 辺で, 辺は, 辺りにて, 近くの, 近所の, 逢引など, 連中の, 道具箱から, 遠くの, 部屋, 野天商人が, 鉋屑の, 鍵だ, 鍵を, 門まで, 閉場る, 開闢, 間には, 間まで, 関係の, 附近へ, 隅々から, 隅々までも, 隅っこの, 隅蒲團の, 障子を, 隣に, 隣りへも, 雁木の, 集落に, 雑用を, 電灯に, 青牛, 非を, 非常口を, 頂が, 風も, 風よけなどに, 風景が, 食堂に, 馬糧の, 騒ぎに, 高い屋根, 高床に, 鳴り物も, 鶏, 鶏や

▼ 小屋~ (1069, 10.7%)

30 住んで 20 帰って 11 出て 10 着いた 9 帰った, 戻って 7 泊って, 行って 6 入って, 残して 5 いて, つないで, なって, 入った, 入りて, 入ると, 帰ると, 火を, 連れて 4 とりか, 寝て, 居て, 毛の, 着いて, 隠れて

3 [21件] いるの, かかって, かくれて, こもって, はいった, ケチが, 一晩泊め, 休んで, 入れて, 到着した, 泊めて, 泊ること, 滞在し, 着いたの, 移って, 籠もっ, 起居し, 身を, 這入って, 避難した, 雨露を

2 [56件] ありて, あるもの, いた若い, いって, いなかった, お着き, はいったの, はいり海女, 一宿する, 一泊し, 一泊した, 並んだ一棟, 似て, 住んでるくせ, 使って, 働いて, 入つて, 入り内, 入る時, 出ること, 出入する, 別れを, 坐って, 姿が, 姿を, 寝泊りを, 寝起きを, 居る美しい, 帰ったの, 帰れば, 引返すと, 忍び込みせめて, 忍び込み又, 戻った, 手を, 来た, 枕を, 残って, 殘つて居た, 泊った, 泊つてゐる, 泊まって, 眼を, 着きました, 着く, 縛られて, 置いて, 腰を, 行った, 近いところ, 這入った, 這入ったという, 達したの, 集まって, 響いて, 飛び込んで

1 [710件 抜粋] ≫, あがって, あたって, あった, あった秣入, あった農具, あつまり手, あつめて, あなたを, ありますが, ありますれば, ある, あると, ある小さな, ある農具, いたあの, いたさっき, いたるとの, いた吉, いた文吉, いた方, いた時, いた時分, いた飴, いっしょに, いついた, いつまでも, いても, いなけりゃあいけない, いました, いる, いるか, いるかも, いること, いるじぶん, いるもの, いる一人, いる易者, いる牛, いる葉子, いれられて, おいでに, おりました, おり仰向, おれば, おわすこと確か, お母さんと, かえって, かえってから, かえらないで, かえりついたの, かえるん, かかげられた幟, かかりました時, かくれおまえ, かけこみタバコ, かけよったが, かける興行元, き, きたりて, きて, こっそりはいります, こもったまま, こもりゐて, さっきまで, しずかに, した中山半島, した松竹座, しつらえて, して, しては, しのびよりました, しまつて, しまわれるまで, すぎない家, すぎぬが, すみ自ら, すんだ, たき火が, たくさんある, たずねると, たたずみて, ただぼう, たどりついて, たどり着いたが, ついた, ついたの, つかないまえ, つかれきって, つき戸, つけて, つめて, つれられて, とじこもって, とじ籠った, とび帰ったが, とび火, ともされた燈, ともれ一方, なきゃこの, なきゃ増屋, なったり, なっちまったな, なり木戸錢, なること, なんの用が, ねる, のしかかるよう, はいったとき, はいろうと, はおりません, ひっ込んで, ひとしい宮, ひとりの, ぶつかって, ほ, まったく一人きり, まつたく一人きり, めずらしく地方廻り, もぐつて, もぐり込んで, もどれば, やってきた, やって来て, やって来るに, よろよろと, ゐたやう, ゐた者, ゐないの, ゐましたから, オーダンを, パルチザンが, ポツンと, 一と, 一人ぽつねんと, 一個の, 一応頷けない, 一番ちかい, 一緒に, 三人は, 三家族も, 不取締り, 与えて, 並んだ村境, 中ったが, 主人の, 乞食共莚を, 二ツの, 二三人しか, 二人を, 二十軒もの, 二度入った, 五年も, 人の, 付属した, 仮に造った, 似たり, 似た僕等, 似た覆い, 住す, 住ふ, 住みあるいは, 住み慣れてからは, 住み続けて, 住むよう, 住む丹下左膳, 住む黒人たち, 住めという, 住んだり, 住んだ河原, 何を, 使つて居た, 來て, 俄に, 俊寛様が, 俯伏せに, 停まり, 備えて, 入ったもの, 入ったり, 入ってからも, 入ぬ, 入らうか, 入りながら, 入りストーヴ, 入る, 入るの, 入れるか, 入れるとき, 入れる頃, 全く住みつい, 全員が, 兵火の, 再びもぐりこむ, 凭れたり, 出で, 出られること, 出る女優, 出る望月, 到着し得なかったら, 勤めて, 区別され, 半分ばかり, 厄介に, 収容された, 収容せられ, 取って, 取つて, 古い空気銃, 古畳, 同居し, 向うて, 向かって, 向けた, 周防どのと, 呻きころがる豚, 国立出版所の, 在つて手, 坐らなかった, 埋めて, 売られたもの, 壺を, 変化し, 多分昼食, 大きな青大将, 大名の, 失火が, 女手が, 家畜と, 宿して, 寐る, 寐起き, 寝たの, 寝ても, 寝とまりして, 寝臥して, 寝起きしてた, 寢起きし, 封印を, 尋ねて, 小父さん, 小馬, 居たと, 居た文吉, 居た筈, 居なさるだ, 居る, 居る私, 居を, 岩間殿の, 帰った時, 帰った頃, 帰ってからも, 帰つて昼飯の, 帰り, 帰りつくまでに, 帰りました, 帰りませう, 帰り其日, 帰り荷物, 幾日か, 引きかえしたが, 引きずり込んで, 引き上げました, 引っ込んだ爺, 引取られ, 引返して, 彼女を, 後生大事に, 必要な, 必要品を, 忍び込んで, 忍んで, 息を, 投込ん, 抛り込まれて, 抱え主親元小野亭からも, 押しこめられた, 押し寄せる, 担ぎ込んで, 拠つてゐた, 掛かって, 掛かっても, 接した羽目板, 撥ねつるべの, 放火し, 整然と長方形, 於て, 於る, 日当たりの, 日當り, 明かすこと, 晁蓋呉用劉唐公孫勝らの, 晒されて, 晒されること, 暮して, 暮らさなければ, 朝の, 木戸番を, 来い, 来た小屋, 来て, 来てからは, 来られたとき, 樵夫と, 橿の, 歩み寄って, 歸り, 死体を, 残った, 殘つた, 比べたら設備, 沢や, 泊ったあげく, 泊った女, 泊った翌日, 泊つてし, 泊つて居ります, 泊まった, 泊まったあの, 泊らせて, 泊りたいと, 泊り明日大峠, 泊る, 泊るつもり, 泊る事, 泊る積り, 泊る筈, 消えると, 湯川氏の, 潜り込んで, 潜伏中逮捕, 火の, 火の気は, 無限の, 煙さえ, 爺さんが, 独りいた, 独坐し, 現れる鼬, 生きられましょう, 生れついた凡下, 用が, 用の, 由来する, 留まろうと, 留め置くこと, 番人夫婦と, 異常は, 病む人, 発見されたる, 登りました, 白鼠を, 盡き, 目立つて, 眠ること, 着いた昨年, 着いた時, 着いた頃, 着くこと, 着くと, 着し同居, 着物を, 矮い, 積まれ藁, 立たせて, 立ちより, 立ち入ること, 立ち寄り親父, 立って, 立てて, 立去った褐色, 童共を, 筵を, 籠って, 粂八なぞが, 納め置, 緑の, 繋いで, 繋ぎ自分, 置いたら忽ち, 置かれた事, 置き急, 老いたる, 育ちたり, 胡麻の, 腰かけて, 自転車を, 至り夫, 至り更に, 至る三尺幅, 至る道, 船頭が, 芭蕉庵と, 若い女, 茶釜を, 草焼きの, 荷物を, 菊が, 萎縮し, 落ちつく前, 落ち付くという, 行かれるので, 行きそこで, 行きなさい, 行きました, 行き着き弁当箱, 行き着けるという, 行く, 行く子供, 行く王滝頂上小屋, 行った話, 行った銭形平次, 行つてみました, 見えなかった, 見えるまで, 見舞いに, 見落したところ, 親を, 詰めきりであったし, 詰めて, 誰も, 謝罪り, 貼りつけるよう, 賣られたもの, 起き臥しせる乞食芸人, 起居しなけれ, 足を, 踏み込んで, 蹲踞んで, 辿りついて, 辿りつくと, 近い, 近い小さな, 近い方, 近くなかったなら, 近く建て, 近づいて, 近づきて, 近づきました, 近づくまでの, 近づけば, 近寄ると, 近接折柄道の, 迫って, 迷える羊, 追いか, 逃げこめば, 逃げこんだ, 逃げ込んで, 逃げ込んでから, 逗留する, 這入ったところが, 這入つた, 這入り込んで, 這入ると, 連れこまれて, 連れこむと, 連れ込まれねば, 運ばして, 運ばねば, 運んで, 過ぎなかったの, 過ぎなかつた, 達する, 達するの, 達せられる, 違いない, 遠くない, 遮ぎられて, 遺した絶筆, 部屋が, 酔うて, 長くなっ, 長くは, 閉じこめられてる牛, 閉じこもって, 閉じこもりごく, 附属し, 附属する, 隠されて, 隠れたとある, 隠れるつもり, 雄鶏が, 集まった百姓たち, 集めやがて, 雇はれ, 雌牛がさ, 雪ふる, 電話を, 電話線が, 霖降り, 青竹の, 面して, 須弥壇を, 顫え, 飛火し, 飼養はれ, 駆けて, 魅入ったの

▼ 小屋~ (1042, 10.4%)

51 出て 34 出た 23 掛けて 20 建てて 12 かけて 10 作って, 出ると 8 のぞいて, 覗いて 7 造って 6 こしらえて, つくって, 作りて, 持って 5 借りて, 建てた, 立てて, 設けて 4 たてて, 出ました, 建てその, 建てること, 構えて, 経て, 見て, 訪ねて, 開けて

3 [15件] あけて, かけた, こしら, でて, ひらいて, 出てから, 営んで, 建てたり, 張って, 目がけて, 見つけた, 見つけて, 覗きに, 訪れた, 開いて

2 [47件] あとに, かけたの, こしらえた, しまつて, たずねなければ, たて, つくること, ひきはらって, まわって, みれば, めがけて, めざして, もって, 一と, 下りて, 中心に, 作りその, 出かけました, 出しなに勘定, 出たの, 出ながら, 出発し, 包み今, 埋むる客, 大仏の, 建て, 建てたか, 建てたが, 建てる時, 廻って, 後に, 打って, 拵えて, 指して, 捜して, 滅茶滅茶に, 眺めたり, 窺って, 組んで, 結んで, 綺麗に, 覗くと, 訪れて, 閉めて, 開けたが, 離れた, 飛び出して

1 [640件 抜粋] あけようと, あげようと, あてに, あなたに, あらために, いかにも暗示, いれるやう, うかがい揚団子, うかがう者, おつ建てるだ, おとずれたこと, おり谷地, お立ちに, かけさせて, かけたる者, かける, かけると, かけ乞食, かけ枝, かけ貴重, かこって, かこんで, かして, かたづけたり, からくりで, かりたとき, かりた時, きれいに, くぐりぬけた時, ぐるりと, けしとめなかったなら火, こしらえなくては, こまやかに, こわされ客, こわしたな, こわしたわけ, こんなにし, さがして, さしのぞき, さし飢死, さては攻撃, さへ, しつらえこれ, しまいはじめた, しめきっては, すき間から, すぐるであろう, すこし広く, すすめたの, そここ, そこに, そのま, たずねた, たずね歩いたのち, たたみまた, たづねたり, たてたの, たてるとか, たて杉, ちよつと, ちらりとのぞき, つきとめたの, つくった, つくつて説教, つくりその, つくりて, つくり聚落, つくる, つくるとかいう, つくる以外, つつきに, つつめ, つつんで, つぶして, でた, でてから, でては, とびだしました, とび出した, とび出して, とび出しました, どの電波アマチュア, ならべて, にげ出して, ぬけだして, ぬけ出しました, のこして, のぞいた, のぞきこんだが, のぞくと, はじめて, はじめて子供たち, はじめ諸所へ, ひきあげて, ひきうけること, ひどく明るく, ひッくり, ぶち壊すぞ, ぶち開けた, ほじくりかえして, ほとほとと, ほどよく始末, ぽつん, まかせたの, またワアホイ小屋, まだ見た, まわりて, みつけたの, みつけてから, むすんで, めきりめきりと, めぐる, もたして, もろうた, やって, やぶって, やめること, わが物顔に, わざわざこしらえた, ボンヤリてらし, 一つ借り受け, 一つ牡牛を, 一なめに, 一切取り仕切っ, 一巡し, 一度掃き出し, 一見しました, 一軒手に, 一通り廻り終わる, 丁寧に, 七日まで, 並べし轆轤首, 並べた見世もの, 並べて, 中心として, 乗つとらうと, 二つ建て, 仕つら, 休むより, 伴つてゐ, 作った, 作つた, 作つてそこで, 作つてそこに, 作つて住ん, 作へて, 作らせて, 作らなければ, 作り, 作りお前, 作りこ, 作りこれ, 作り眞, 作り神様, 作るいと, 作ること, 作るよう, 作る事, 作る土地, 使うこと, 使用する, 俺は, 倒した, 借りること, 借りるたって, 借り受けて, 借り受け去年, 借り帝, 充たしたの, 内が, 出かけて, 出した目吉, 出して, 出たときタネリ, 出たわけ, 出た御家人, 出た時, 出た朝, 出た男, 出た頃, 出ても, 出でて, 出なさったの, 出ますと, 出る, 出ること, 出るやいなや, 出ろと, 出奔し, 出宿, 出懸けた, 出発, 出発する, 出立した, 出開き戸, 分捕つて, 刎上げ, 列べて, 別に, 劫そうくらい, 動かないと, 包んだ処, 半分, 占領し, 占領しました, 去った, 取り代, 取り巻いて, 取囲んで, 同じ強, 君たちは, 吟味した, 吹き倒すかとも, 営みあらゆる, 営む遠縁, 囲むん, 囲む原子野, 壓し, 壓倒した, 売り飛ばし而, 守って, 完全に, 宮殿などとは, 宮殿に, 宿に, 射撃した, 尋ねさすと, 小さく背景, 少しばかり, 少し大形, 少し綺麗, 居住宅, 崩させて, 川の, 巡見にと, 左下に, 差覗い, 常小屋, 建てたいと, 建てたらどう, 建てた時, 建てた金, 建てても, 建てないかと, 建てならべて, 建てはじめたの, 建てまた, 建てまったく, 建てやしたの, 建てるため, 建てると, 建てるよりは, 建てる木, 建てる板, 建てる計, 建てアメリカ土人, 建て柵, 建て毎日, 建て自分, 建築し, 廻りさえ, 引きあげて, 引きあげること, 張ったとき, 張り通すこと, 彼は, 得て, 忍び出でて, 忍出で, 思いだしただな, 思ふと, 急造し, 慥えて, 懸けて, 打ちに, 打ち壊すほどの, 打ち毀されます, 打つという, 打つん, 扱つたまくらの, 抛り出されるの, 抱え込んだお, 抱きかかへるやう, 抵当物件として, 拔け, 拵えなくては, 拵えるさ, 拵え木型, 拵へる, 拵らへて, 持ち何れ, 持ったの, 持つ資金, 指さした, 指さして, 指し示した, 指差し, 捜したら血, 捨てて, 捨て郷, 捲きあげて, 掘りだして, 掛けさせつつ, 掛けさせて, 掛けた, 掛けても, 掛けること, 掛けるの, 掛ける人たち, 掛ける時, 掛け宿りて, 掛け日中, 掛け甘酒, 探させ道, 探して, 探しに, 探し当てた, 描いて, 提供し, 揺がさんばかり, 揺りたて, 揺りはじめる, 揺り立てて, 摸したと, 改造し, 改造した, 攻め損じて, 教えて, 新しく建て直した, 新富町に, 明けなくては, 明るく照らし出した, 架け出して, 根城に, 構え椰子, 構へても, 構臼を, 横に, 死場所に, 残す必要, 沢庵は, 洋館に, 浄めなけれ, 淨めなけれ, 清めて, 潜った, 焼いた, 焼いちまったのに, 焼き払い大, 焼き捨て自分, 焼くこと, 焼く以前, 照らして, 爆発させ, 爆破する, 片っぱしから, 狭い両側, 畫い, 畳みかけて, 発った, 発って, 發き, 皆見, 目指して, 直して, 眺めながら, 眼前に, 石秀の, 破って, 示して, 移すと, 空けろの, 窺う二人, 窺っては, 立ち出, 立ち出でて, 立ち退いた後, 立ったの, 立って, 立つ時, 立てさ, 立てたの, 立てはじめた, 立てるよりも, 立て田畑, 立去ったもの, 立退けと, 結び帰り夕方, 繞った, 背なかに, 背に, 背負つて立つ, 自分ひとりの, 荒して, 荒らされて, 葺くこと, 衛生小屋と, 裏へ, 裏手に, 襲った, 襲って, 襲撃し, 見た, 見たから, 見たの, 見た今, 見つけると, 見つけ出すと, 見ながら, 見ま, 見まわる時刻, 見る, 見ること, 見るという, 見るや, 見れば, 見上げて, 見下ろして, 見付けたの, 見付けて, 見回ること, 見守りながら, 見定め生籬, 見廻した, 見張って, 見捨てて, 見物した, 見舞う此処, 見返すと, 規則正しく配置, 覗いたり, 覗いても, 覗き歩い, 覗けば, 訊ねた, 託して, 訪ねた, 訪ねたこと, 訪れました, 訪れると, 訪れるほど, 訪問し, 設けられて, 設ける習慣, 設け信長, 護って, 護るの, 貰って, 買い切っての, 貸した者, 貸して, 足元の, 転々した, 辞して, 辞去した, 辻, 追っかけまわした, 追われます, 追ん, 逃げ出して, 這いだして, 這い出すなり高徳, 這い出すの, 通って, 通つて会津に, 造ったという, 造ったり, 造つて其処に, 造らんこと提議, 造りつけて, 造り女組, 造り物, 造ること, 造る爲, 過ぎる, 過ぎ二十分, 過ぐ, 遥かの, 選ばねば, 開いた年, 開いてを, 開けたの, 開けなければ, 開ける, 除いて, 除く以外, 隔て, 離るる, 離れなかった, 離れの, 離れること, 離れるにつれて, 音取, 順ぐり見, 飛びだした, 飛びだし夢中, 飛び出した, 飛び出し姿, 飛んで, 鷹が

▼ 小屋~ (775, 7.8%)

23 行って 21 帰って 18 はいって 14 入って 9 いって 8 来て 7 戻って 6 入った, 出て, 戻ると, 見物に, 連れて, 運んで 5 入れて, 出かけて, 十三時間第, 持って, 火を, 行った 4 はいると, 十二時間第, 着いた, 行く道

3 [14件] きて, はいる, もぐり込んで, もどって, 來て, 入つて, 戻った, 来た, 泊って, 着いたの, 着くと, 行つた, 這入って, 駈け込んで

2 [51件] いくの, かけて, つくまで, つれて, はいった, やってきて, スキーの, 一宿し, 七時間第, 入りました, 出るたんび, 出掛けて, 因縁を, 夜中に, 夜具を, 始末し, 帰ったが, 帰ってから, 帰らなければ, 帰ると, 帰るべ, 帰れば, 忍び込んだ, 急いで, 曲る路, 来てからは, 来ると, 案内し, 泊ってたん, 泊めて, 着いたとき, 着きました, 着くこと, 着く前, 繋いで, 行きました, 行くと, 行くの, 行つて見よう, 見に, 訪ねて, 足を, 通ると, 運ばれて, 飛びこんで, 飛んで, 食べ物を, 馳け, 駆け戻つた, 駆け込んで, 黒檜の

1 [449件] あつまる小僧ども, あらわれた, あるいて, い, いきましたが, いくこと, いくと, いく人びと, いく道, いこうと, いざなって, いたり, いったとき, いった隼人, いつて, いら, いらしッ, いらっしゃい, いらっしゃるでしょうそう, いらっしゃるの, いろんな人間, うかがって, おいこんだ, おいた, おいで, おそって, おたち, おまえさんの, おもむいた, おれは, かえって, かえってきた, かえってゆっくり寝よう, かえって箱, かからないうち, かけつけて, かの黒ん坊, かよって, きたとき, きては, きました, くるの, ここから, こもって, ご案内, さがるよう, しよつちうかかる, そして発見者, そっと逃げ帰っ, それぞれ捲, たたき込まれちまって, たどりつかなければ, たどりつくと, ですか, どうと, なだれこむ家畜, なんか, ねじ込んで, はいったこと, はいったわけ, はいった以上, はいりかけ一回, はいりしが, はいり一服, はいり見た小屋, はいれそんなに, ひきあげる, ひっかえして, ひっぱり電話機, ひと足踏み込もう, ひろが, ほうりこまれたこと, ほんとうに, まいろう, まぎれ込んで, まわって, みな運びこめ, もう一度戻っ, もぐり込む, もどった, やがて近づいた, やった使い, やって, やってきた, やって来ました迚, やみの, やりに, ゆき, ゆくの, ゆこう, わざと自分, アダヨ, アトラクションに, カギを, 一散走りに, 一日興行で, 一晩泊り込みました, 七尺余りの, 下って, 下りて, 下るには, 並べて, 久世侯から, 乗り込んで, 二つも, 二三度行つて見ました, 仙台の, 住ませて, 住む, 使いを, 來ない, 來れ, 保管し, 入ったか, 入ったこと, 入ったその, 入ったの, 入った折, 入った時, 入ってから, 入っても, 入つた, 入つたの, 入つたまま繰返し, 入つた時, 入つて世話, 入つて張つて, 入らず景気, 入りがけ, 入りこもうと, 入りこもうなどと, 入りすぐ, 入り込んだの, 入ると, 入るまで, 入れたなんて, 入れたの, 入れよ入れ置いて, 入れる, 入れるのに, 入れる手配, 出かけるの, 出る, 出ること, 出入する, 出向いて, 出懸けた, 出演し, 別れの, 到着しました, 力一杯叩きつける, 力瘤を, 勇んで, 十一時間第, 十三時間弁当を, 十九日の, 十二時間くらい, 十二時間焼を, 十四時間第, 千枝子が, 去った, 参りました, 参り此方, 参るから, 叩っ込ん, 同じ映画, 向くの, 向けたの, 吸いとること, 吸い寄せられる人足, 呼ばれて, 商売道具を, 四万石の, 団子用の, 坂に, 城内の, 声を, 変な, 外から, 夜の, 奪われて, 好きで出, 姿を, 嫁に, 安置した, 寄ったこと, 寄附し, 寝て, 寝る夜, 導いて, 少々手入れ, 左手の, 帰えっ, 帰った, 帰ったとき, 帰ったところ, 帰った万三郎, 帰った頃, 帰つた, 帰つて一日に, 帰つて行つた, 帰らないこと, 帰らないで, 帰らねえと, 帰りがけに, 帰りました, 帰りまして, 帰りますがの, 帰りますじゃ, 帰り元, 帰り獲物, 帰り見取り図, 帰ること, 帰る時刻, 帰る道すがら, 帰れないの, 帰ろう, 帰ろうと, 帰ろう悪い, 平次と, 引きあげた, 引きずりこんだ牢人者, 引き取られたの, 引き返して, 引き返すと, 引っぱって, 引っ返して, 引出されたせい, 引揚げ, 引揚げた, 引込むし, 引返したと, 引返した平次, 引返し午後六時泊槍は, 引返し荷物を, 強盗が, 影の, 彼は, 彼を, 彼等の, 往き合は, 径を, 御奉公, 御立寄に, 御運び, 御領主さま, 忍び寄った, 忍ぶ, 戻ったが, 戻っても, 戻らせた, 戻りめし, 手を, 手伝いなどに, 抱え込んだの, 押しかけて, 押し掛けて, 担いで, 担ぎあげて, 担ぎ込むと, 招待した, 持つて, 掛け合いを, 探偵に, 攻めかかり陥落, 放り込んで, 教えに, 斬り込み, 日参し, 日參し, 明日から, 曳いて, 来い, 来た藤吉, 来ちや, 来てから, 来ては, 来とるが, 来るです, 来れば, 案内した, 案内しました, 榊原健吉翁も, 機械を, 此處から, 歸つた, 歸つて檢屍に, 歸つて見, 歸る, 毎日行っ, 毎日行つてどんな, 気味の, 沈没したなら, 泊ったこと, 泊ったよう, 泊った時, 泊つたんです, 泊つて居ます, 泊まり薬草道人, 泊らねえが, 泊られるの, 泊りに, 泊ること, 泊ると, 泊ろうと, 活動写真がか, 流れ込む人, 湯を, 潜るよう, 潜入し, 燃えうつったもの, 爪先を, 現れて, 現われた時, 現われまして, 現われるわけ, 用が, 番人が, 登って, 目がけて, 着いたらちょうど, 着いてからも, 着いてさえ, 着く, 着く迄に, 私が, 移った, 突込みまし, 立ち寄った, 立ち寄る, 立寄っては, 立寄些御頼み申度こと, 立帰っ, 紛れこんで, 繋ぐよう, 置いて, 置いときゃええ, 置くこと, 聞きに, 腰を, 自分で, 自身迎え, 舞い込んだ, 船の, 花子に, 花嵐を, 葛岡を, 行かないか, 行きませんか, 行き其奴, 行くこと, 行くため, 行くには, 行くコース, 行く途中, 行けないわけ, 行けぬわい, 行けば, 行ける, 行こう, 行こうとして, 行ったこと, 行ったって, 行っても, 行つたのは, 行つた時駿介の, 行つて小艶の, 行つて掃除を, 行つて見付けたい, 行つて鷄に, 行燈を, 衣服と共に, 見回りに, 訪ねたの, 詰めかけて, 誘って, 誰かが, 誰かと, 貯えては, 走って, 走つた, 足ちかく, 蹈み込まう, 身を, 辿りついた, 辿りつくと, 近づいて, 近づく土人, 返す, 返へ, 追いかえしたり, 追いやって, 追い込もうと, 追い返すに, 追ひ, 退がってからでも, 退がり僧衣, 退げ, 送られて, 逃げこみ, 逃げ込んだ, 這い上って, 這入ったさ, 這入ったら偶然アトラクション, 這入った時, 這入っての, 這入つた, 這入つて, 這入りかけて, 這入ること, 這入ッ, 通いそこ, 通う細い, 通じる小径, 通ずるよう, 通った, 通はんならん, 連れこんだ, 連れ込もうと, 遊びに, 運ばれた, 運びこみ息, 運び込まれて, 避難する, 還る, 酒壺を, 闖入し, 隠れて, 集まれッ, 預けて, 飛びこめっ, 飛びこんだの, 飛び廻り美しい, 飛び込んだり, 食事などの, 飾ったの, 飾つたのです, 首を, 馬車を, 馳けて, 駆けつけて, 駆けて, 駆け戻った, 駈けこんだ, 駈けこんで, 駈けこんでも, 駈けつけた, 鶏を, 黙って

▼ 小屋~ (722, 7.2%)

52 あって 44 ある 27 あった 16 立って 13 あつた, あります 9 けして 8 あつて 7 並んで, 建って, 立つて, 見える 5 ありました, あるの, 出来て 4 あったが, あるから, あると

3 [11件] あったり, ありまして, かかって, できて, 出来た, 建てて, 建てられて, 燃えて, 眼に, 設けられて, 軒を

2 [31件] あったので, ありその, ありますが, あるに, あるはず, あるばかり, あるらしい, いくつも, けし市, たって, ついたり, つぶれて, ハネてから, ハネる, 一つ, 一つあい, 一つある, 三つに, 二つに, 二つ三つある, 出來, 建ちましたね, 彼の, 掛って, 点々と, 空いて, 見えた, 見えて, 見えます, 長屋の, 閉まると

1 [390件] あっけに, あったの, あったらしい跡, あてがわれたの, あらば, ありおも, ありそのうち, ありその後, ありましたね, ありましたので, ありますぜ, ありますそう, ありますね, ありますよ, ありまた, あり一セント, あり中ノ湯等, あり何もかも, あり其上, あり其処, あり古い, あり射的場, あり小屋, あり山路, あり御座所, あり池, あり活動小屋, あり舟, あり茶亭, あり薪, あり辺り, あり鶏, あるが, あるきり, あるくらい, あるここ, あるさっき, あるしポスト, あるじゃ, あるだろう, あるだろうが, あるでしょう, あるでしょう畑, あるといふ, あるので, あるもの, あるやう, あるん, ある山上, いぜんだんだん傾い, いちばん古く, いつの間にか移され, いんちきばくちの開帳場に, おかれて, おのずから教場, おましたので, お堂, かかった, かかってから, かたまッ, からっぽでは, からに, きっぱりうしろ, ぎつしりと立ちならび, くずれたあの, けさせる, けし竹矢来を, けし谷水, こちらを, この沛然, こわれるばかり, ごてごてと, しょんぼり坐っ, しょんぼり立つ, すくすくと立っ, すぐ目, すぐ眞下, ずらりと並んだ, ずらりと空家, そうです, そこに, そのむこう, その所在, その辺, その間に, それと, たくさんあった, たくさんある, たくさん出来ました, たくさん建っ, たって煙突, たつのに, ちょうど閉, できあがって, できた, できたとき, できどんどん, とくべつに, どうした, どうと, ない, ないところ, なくても, ならんで, なんと懐しく, はねるまで, ひっくり返るいよいよ, ぼくの, ぽつりぽつりと, ぽつん, ぽつんと建っ, またどう, まだ残っ, まばらに, まるで焼け, みえるだけ, みえ農家, みるみる動き出し, もちろんもうしまった, やけて, よいの, ようございます, わからずちょっと, オレンジ色に, ギッシリと, サヨの, テンデンバラバラたっ, ハタハタと, パッタリと, モーターの, ラッパを, 一ついかにも, 一つしょんぼり, 一つ古, 一つ見え, 一つ見つかった, 一と, 一パイに, 一ヵ所見えた, 一塊り, 一弗の, 一杯に, 一軒あっ, 一軒ある, 一軒ぽつんと, 一軒二軒と, 一軒残った, 一軒立っ, 一週間前から, 七八戸ある, 三つとも, 三つばかり, 三十戸ばかり, 三棟ある, 三棟並ん, 三軒ある, 上方でも, 不規則な, 両側に, 並びその, 並び客, 並んでる見物人, 久松町の, 乞食の, 二た, 二つ, 二つあった, 二つも, 二つ執念深い, 二三軒あっ, 二三軒だけ, 二軒ある, 五つ貯蔵庫は, 五六軒松の, 人の, 仆れ, 今あら, 今の, 今までの, 今も, 他人手, 付いて, 休みで, 休むと, 何所に, 何軒と, 作って, 作られた, 作られて, 偶然にも, 傾いたり, 兎ぐらいに, 全部公設市場の, 円形の, 再びしめられる, 出て, 出来あがりました, 出来かかって, 出来かけて, 出来たね, 出来たの, 出来たので, 出来たん, 出来ても, 出来はじまって, 出来ました, 出来るという, 出来る時, 出来る物売り店, 出来れば, 出来上った, 出来上る, 前のめりに, 割れそう, 劇場と, 十いくつある, 十個所へ, 十軒ほど, 占めて, 取払, 取払われて, 古代の, 右手に, 吹き飛ばされ道路, 四五十ぎっしり, 土台から, 地震みたいに, 塵を, 変った, 多く大分楽, 多く集ま, 大きいだけに, 大きく月, 大きく林, 大きく現われる, 大体形を, 大好きだった, 天堂に, 実際に, 客を, 寂しく立っ, 対岸の, 小さいので, 岩盤の, 岸に, 峡間に, 川に, 川を, 常設館という, 幾つも, 幾百と, 広いの, 廂を, 廃止に, 建ち並んだその, 建つただけ, 建つて, 建て, 建てられた, 建てられたこと, 建てられた離山, 建築された, 建設せられ, 心易く, 急に, 恋しくなっ, 手頃, 持てますか, 掘割の, 掛かる, 掛った, 控えて, 搖れたな, 散らばって, 散在し, 数軒見え, 旗や, 日中は, 昔乍らの, 映って, 最初に, 月に, 有ったり, 有って, 有りました, 東の, 松の, 柱の, 歌舞伎座でなく, 毎夜さわがしく, 氷店に, 江戸一番の, 沢山あり, 河に, 河の, 河原に, 泥沼と, 消え失せる, 淺草猿若町に, 満員で, 潰れて, 潰れるか, 火事という, 火事に, 火元だ, 点々として, 点在し, 無いと, 無くな, 無くなる, 焼かれて, 焼けたため, 焼けて, 焼け人形衣裳, 煙に, 煙を, 熊笹の, 燃えたとき, 燃え上がる, 爆発した, 猛獣狩りに, 現れる, 申し合わせたよう, 番人の, 目立ち市, 眞新, 真新い, 眺められる丘, 眼の, 破壊されれ, 穢れる, 空いたよう, 空きしだい移る, 空き物だ, 空しく朽ち, 立ち並びかかる, 立ち並びそこ, 立ち並び嵐, 立並び道路, 組から, 繋いで, 聳えて, 自分の, 至る所, 芦荻の, 茸の, 草を, 藁屋藁屋茅屋が, 血眼に, 裏の, 見えぬ, 見えはじめ小屋, 見えました, 見えませんやろか, 見えようがの, 見え出したので, 見つかった, 見つかるという, 見下ろされた, 谷に, 豆つぶほどに, 載って, 辺鄙だ, 近くに, 這うよう, 造って, 金色に, 長唄の, 閉されたまま, 閉って, 閉場ってから, 開いて, 開いてるか, 開くから, 附屬し, 隙間なく, 隠れて, 集まって, 雪に, 雪の下に, 震えるほど, 霧の, 頑固な, 風で, 風に, 風変りな, 飛, 飛び出て, 黄色いカーテン, 黒煙を

▼ 小屋~ (445, 4.5%)

5 男のとは 4 完全に 3 あるが, 屋根が, 忽ち吹き飛ん, 昔から

2 [23件] その前, ひっそりと, ズッと, 一つも, 三間に, 今は, 今も, 入口の, 全部外, 取り払われ半分, 客を, 尾上町の, 屋根を, 村の, 柾屋に, 焼けて, 筵張りの, 粗末な, 裏の, 轟然たる, 遠くなかった, 開いて, 風の

1 [378件] あしたから, あたたかい時, あったが, あとも, あなたで, あのふたり, あの通り静か, あらゆるかかる危険, ありとあらゆる安物, あるに, あわれなようす, いったいどこ, いつかなくなって, いつごろまで, いつでも, いつの, うしろに, おいおいと, おろかその, かなりに, かなりの, かなり立派, がらあきだった, きょうの, ぎっしりつまっ, こ, ここらの, この他たくさん, この日僕一人, この東方山腹, ごらんの, さっそくできあがった, さほど混ん, さるのしばい, しばらくぎしぎしきしみました, しまって, すぐに, すばらしそう, ずいぶん頑丈, そこより, そのほうども, そのクチバミ, その下, その年, その後はやらなくなりまし, その敷地, その村, その栗林, その蔭, その頃, それから, それこそ, それと共に, たいへん小さい, たたんで, たちまち実験室, だれの, ちょうど山蔭, ちょっと買手, つまり彼ら, できて, でんぐり返るよう, とてもいっぱい, とても他人, どうなったろう, どこか, どこからとも, どこです, どこにも, どのあたり, どの村の, どれか, どれが, どれも, どれよりも, なかなか立派, なし私, なんだ, なんともかとも, はねたあと, びっくりする, べつになっ, ほかの, ほの, ほんとうに, また一段と, まだ分らない, まったく無, みんな猿若町に, めずらしく立派, もうすぐだ, もうない, もうわれわれ, もう大抵, もう荒廃, もともと宿泊, やや高い, ゆがみ切られた筵, よかった, よく見えました, わからなかった, アメと, ガローシを, ザラ峠から, スキー客の, セエヌ左岸の, テントがわりに, デコボコ・バラックの, ドシドシと, ビルに, ルセットが, 一けんある, 一体何ん, 一団の, 一夜に, 一寸見た, 一山の, 一棟で, 丁度檜, 丁度老いさらばえた, 丈夫な, 三つに, 三俣蓮華岳と, 上松から, 下湯島村から, 下足が, 不明, 与五兵衛ただ一人, 世界中の, 世界各国の, 両雪渓, 中房温泉の, 丸太と, 丸太や, 二つに, 二カ所あっ, 二軒しか, 二階まで, 二階建ての, 五十人も, 人で, 人の, 今にも吹きたおれ, 今の, 今や未曾有, 今日日本の, 他に, 他にも, 他の, 休まないの, 休みでも, 休むより, 住む人, 住む者, 何んと, 何処にも, 作業場の, 使えないの, 倉の, 偶然に, 傾き果てその, 入って, 八つ山の, 八方塞がりよんどころなく, 其女の, 出来上がった, 函館の, 分った, 別山の, 前に, 前の, 割れっ返るよう, 割れつ返るやう, 割れッ, 労働者相手の, 北から, 十二畳ぐらいの, 十勝の, 厭だ, 去年から, 取り壊されささやか, 同じ邸内, 喧嘩場でない, 四つに, 四間に, 土を, 土砂に, 地図の, 地震の, 埋没した, 壁の, 壁板が, 壊れて, 変じゃ, 夕方に, 大きくて, 大きな建物, 大へん, 大丈夫だ, 大久保四谷その他府外数ヵ所に, 大入り満員だった, 大半焼け落ち, 大半露出し, 大嫌, 大槍, 夫れ, 妻が, 妻の, 完全であった, 客も, 宣伝費と, 寂し下, 小さいし, 小さくて, 小高い丘, 尾根の, 屋形または, 屋根に, 屋根の, 山の, 山をめぐって, 山漆を, 岩の, 岩代の, 帝の, 常念岳に, 年々とりこわされ, 幸い四方, 幸橋外に, 床の, 廃屋の, 強い水, 形も, 彼が, 彼の, 後に, 御存じの, 必ずしもあて, 必要で, 必要であった, 忽ち崩れ流れ, 忽ち裕福, 恰もドウデエ作, 意外にも, 戸口に, 所謂, 折角出来あがっ, 持って, 春は, 昨年よりも, 普通の, 曲つた木の, 最初庭にを, 木つ, 木戸を, 木戸口を, 村里を, 東南側の, 東西ともに, 板敷の, 森閑と, 極度に, 槍沢も, 樅と, 樹下に, 樹明君が, 次第に暗く, 正当な, 此方の, 死の, 殆ん, 母家からは, 母家と, 母屋から, 毎日大入りだ, 気持よく, 水に, 江戸名所図会に, 油障子が, 活き人形, 流れて, 浮き出しそう, 海上の, 深くカーテン, 清潔で, 満員だ, 満員で, 炊事場の, 無事な, 無人, 無論ない, 焼かれる衣裳道具, 煙で, 燒けたり, 牢屋の, 特にこの, 特に木地, 狭いので, 町の, 留守だった, 疎らな, 目下休業し, 直接第, 相もか, 相変らず, 相当の, 石室で, 破却, 社宅で, 私の, 移動式な, 空つ, 空地に, 窓が, 粗末な掘, 絶えずミシミシ, 絶対に, 羽目板が, 羽衣座賑座喜楽座雲井座など, 自分たちの, 臭くて, 舞台から, 舞台開きには, 船から, 船を, 草ぶき, 莚を, 落葉松の, 蓆一枚だけで, 蓆掛けで, 蕈の, 薄明り, 藁を, 藩から, 見えても, 見えるが, 見たか, 見たこと, 見るところ, 見るま, 角材に, 訪わず玉蜀黍, 詐偽窃盗の, 謝肉祭の, 谷間の, 豚小屋の, 貧しく小さかった, 貸附け, 賑わった, 軒別に, 軽業師の, 造られて, 適当の, 銭形平次の, 錢形平次の, 鎭守の, 閉じられて, 閉まって, 閉めたか, 開かねえかも, 開くよう, 随分大きい, 雨漏りて, 雪が, 雪に, 雷火に, 静まつた, 非常に, 頑丈だ, 風が, 風で, 騒ぎだ, 高い梁, 高原の, 高距, 鷲羽岳と, 黒く朦朧, 鼠の

▼ 小屋~ (357, 3.6%)

4 あつた, 夜を 3 一夜を, 待って, 御酒が, 見て

2 [12件] 一同の, 下足番が, 二羽の, 喧しくベル, 殺された晩, 泊って, 聞いた, 聞いて, 職工達の, 見た写真, 見物の, 酒を

1 [313件] あるリーダー, いっしょに, うまく自分, おせんは, おそろしくきたない, お嬢さんの, お父上, お目にかかった時, お目にかかりましょう, お若, かねという, かりにも, ここに, ここは, こそこそ仕事, こなを, このひと, この猫, こんな不意, ごまかしては, さ, さんざん飲ん, すぐわかるだろう, すこし休み, するから, すれちがった時, せう, そういう与, そう言っ, そこに, その初歩, その実物, その後一時は, その期間, それにいつ, それは, そんな事, たき火の, だつて, ちっぽけな, ちょっと休ん, ときどき思い出した, どうやらお伽噺, な, なあ, なかにはわら屋根, なくして, なにか働い, なにしただ, ねたこと, ねたの, ねて, はけものも, はじめて見た, ふらふら倒れ, ふるえて, ぼくの, まずい粗末, まつくろ, もう一箇月, もちろん無人, も造つて久しぶりで, やうやく, やりました女役者, やれば, ゆくりなくこの, ようやく発表, よく顔, カケ声を, ガラッ八, ガラツ八の, ゴーシュは, ハッチャッチャッ, バスケットに, ボーイを, ラムネと, ワラジを, 一きれ, 一しょに, 一人か, 一人の, 一冬を, 一夜ふしぎな, 一席しゃべっ, 一晩泊め, 一緒に, 七把の, 三把の, 上にも, 両横, 主に, 主は, 乃木大将の, 二三年かかっ, 二人の, 二人一緒に, 二十分ほど, 二坪ほどの, 二度ばかり, 二日間雨に, 人間が, 今度こそ, 今日の, 今日午後お, 仕事が, 仕事だけは, 休息し, 休憩の, 休泊する, 会うた主, 会うた女子, 会ったこと, 何十年孤独の, 何年ぐらい, 何時まで, 使ふ, 例の, 俺の, 備忘録を, 働いて, 働かせて, 入口が, 内には, 冬に, 冷飯を, 分けて, 剥く貝, 剥製の, 十五分ばかり, 南の, 卯平が鹽鮭を, 取って, 名簿を, 味を, 呼込みでも, 商いを, 喰ふ, 囃し立てる猫, 四畳半の, 声も, 夕の, 夕飯を, 夜中に, 大きな勝負, 大人五文小人三文, 大太鼓, 大規模, 奇怪な, 女の, 女中も, 妙な, 子刻前, 寄り合ひ騒ぎ, 寒いの何, 寝たこと, 寝ますよ, 寝る鶏, 寝泊りを, 寝起きする, 寢る, 小屋が, 居酒屋を, 屋根の, 山そだち, 岩吉という, 川中島の, 平素は, 幸い焼けず, 幸福な, 店売りし, 廊下の, 引き渡し身寄り, 引き立てられたとき, 待ちぶせて, 急に, 怪我を, 息を, 愉快に, 手込に, 擬物の, 支度を, 放し鰻, 日々読書し, 昼寝から, 暗いから, 最も大阪的, 最も苦心, 朝茶の, 木樵稼業で, 柱にも, 柱を, 樂しく, 横に, 此男の, 死んだまね, 死んで, 死児を, 残飯の, 殿さまと, 毎日あれほどの, 水ばかり, 決定された, 泊つたんです, 泊つて歸る, 泊めても, 泥流コースの, 活動写真に, 活躍し, 演じたら似合, 演って, 濡れた単, 火事が, 火事でも, 炊き出しの, 炊事役を, 烈しく吠え出した, 焚木の, 焚火する, 無数の, 焼いて, 照降, 牛の, 物も, 物真似を, 生活させた, 産を, 甲斐は, 疲れきった児童たち, 白と, 目が, 眠ること, 私と, 私を, 秘密の, 稼いだ仲, 稼いで, 稼ごうと, 米袋を, 粥を, 素敵な, 結婚式を, 綱渡りの, 老女が, 耳に, 聞いたところ, 聞いた事, 育つて, 自炊する, 自炊な, 舞踊だ, 芝居といへる, 芝居の, 芝居を, 芦を, 花やかな, 荒物や, 薦を, 藤次と, 蚤袋という, 蚤袋といふ, 行き倒れ, 襤褸に, 見かけねえ野郎, 見た, 見たの, 見た奇怪, 見た時, 見た松旭斎小天勝, 見れば, 見世物に, 見張りを, 見物した, 見物する, 覚えたが, 親子三人の, 誰知らぬ, 貰って, 赤錆びるよりなかつたのは當然で, 起居した, 身を, 身許不明の, 軽業の, 迎へ, 追い込みの, 送った, 遊んで, 過ごした恐ろしい, 過した, 道庁の, 都会では, 野宿の, 鍛えた強靭, 鍛へ, 開かれた, 開かれて, 陽気に, 雪の, 零度, 靴を, 風が, 風呂の, 食った薩摩芋, 食べるため, 飲んだ茶, 飼って, 飾られてる唯一, 餘り, 首を, 馬が, 馬さえ, 馬の脚的俳優と, 馬の足まで, 魚を

▼ 小屋から~ (349, 3.5%)

32 出て 6 飛び出して 3 とびだして, 二三個の, 外に, 外へ, 帰って, 馬を

2 [15件] 二人の, 出して, 出た, 十町ばかり, 始まって, 小屋を, 少し離れた, 左に, 木を, 流れ出した文吉, 路を, 顔を, 飛びだして, 飛び下りて, 飛び出した

1 [263件] あまり外へ, あるチョビ助, ある子供, うどん屋の, お小屋, お連れ出し, かっぱらって, かれに, この小屋, この席, さかんに, さらわれたまま, しきりに作阿弥, して, しばらく行く, すぐ間道, すぐ飛ん, ずっと離れた, そこへ, そっと抜けだす, だね, だんだんと, ちょっと登る, ちょッと, つまみだして, つれて, なにから, ぬけだして, ぬけ出した, のそのそ這い出し, のぼる炊煙, はい出した兄弟, ばらばらと, ひきずりだされて, ひきずりだされ息の根, ひそかに, へんな, ほんものを, またまた加勢, まろび出, むしろを, もと私達の, よその, チャンバラの, トカトントンという, ドイツ人の, ハンターと, ブナ立尾根を, 一と, 一人寄り二人集まり, 一時間も, 一本の, 一町ほど, 一里両神山頂まで, 一里近くも, 一頭の, 七時間あれ, 三俣蓮華小屋までは, 三四十間ばかり, 三時間の, 三百メートルほども, 三輪の, 上と, 上に, 上は, 下ったの, 乗鞍に, 事務所に, 事務所は, 二三十本の, 二十匹ばかりが, 二十間許北に, 二時間も, 二町ばかり, 二羽の, 五竜岳へ, 五間ほど, 人が, 今持っ, 他の, 仮小屋, 仲間の, 何時でも, 使を, 借りて, 八谷越を, 六尺に, 其儘四五町許り, 出したのち, 出した小, 出した敷藁, 出たりは, 出た彼, 出た男, 出た鵝, 出なかった, 出なければ, 出ること, 出ると, 出るの, 出る乞食, 出る門附, 出掛けて, 別れて, 前と, 十数人の, 半里, 南を, 同じよう, 呉服橋の, 呶鳴る, 四方へ, 土地の, 土間の, 圧され勝ち, 坊主と, 壺の, 外海へ, 多勢の, 夢を, 大分離れた, 女房や, 姿を, 小屋へと, 小者らしい, 少し上った, 少し距, 尻毛で, 尾根を, 居なりに, 岩蔵を, 巻き起つて, 帰る時, 常念, 平までは, 引ずり出すと, 引出すの, 弦之, 御一緒, 御邸内, 戸外へ, 戸板に, 戻って, 戻りません, 手負い猪の, 打上への, 抜け出たところ, 押し出されて, 押し出されると, 持って, 持つて, 掠奪し, 掴み出されて, 撃て, 数十の, 斜め左に, 旅籠へ, 時折苦し, 景気よく, 曳き出して, 更に一里あまり北, 朝湯に, 木之, 未練も, 杵を, 森林帯に, 槍の, 槍ヶ岳に, 槍ヶ岳登頂後南岳まで, 槐の, 武士が, 歩みだした, 歸る, 母屋へと, 河童を, 法師野まで, 浜づたいの路を, 海峡の, 渡し場の, 温泉へ, 漁師町の, 灌木の, 火が, 炬火が, 煙が, 留守番に, 畳の, 瘠せ細った手, 白馬岳に, 百姓女が, 直ぐに, 真珠を, 破裂し, 程遠からぬ, 立ち去ること, 立ち昇る煙り, 立ち登る, 立山に, 聞えて, 職人たちの, 腰を, 臀の, 自宅へ, 船岡の, 葉之, 葬ひ, 蒸れたせいろう, 蓮華岳および, 西南の, 見とどけられたに, 見事に, 見付けた大きな, 見張つて, 講演室まで, 谷へは, 谷までは, 豚が, 豚肉と, 赤岳を, 走り出た, 起つた, 足を, 踊り出た, 身を, 軍隊劔岳へ, 追い出されて, 追い出して, 追い出そうと, 追出して, 追立て, 送りとどけられたランプ, 逃げだしたん, 進歩し, 遁げたんです, 運び出されること, 運んで, 遠い野良, 遠く遠く離れ, 部落の, 里芋の, 野に, 針ノ木岳と, 銀の, 長さ三尺, 開放され, 関取連が, 隅田川の, 集めた卵, 離れた彼方, 雪渓の, 霜の, 靴を, 飛び出されては, 飛び出て, 飛出して, 食物や, 食物を, 首を, 馬車挽き, 驢馬の, 鶏まで, 鶏小屋へ, 黒部源流に

▼ 小屋~ (138, 1.4%)

5 ある 3 なかった 2 あった, 半分は, 自身番も, 駄目だ

1 [122件] あつた, あつてこ, ありました, あります医者, あり乗鞍, あり危険, あり又, あり山ノ鼻, あり部落部落, あるうち, あるか, あるが, あるし, ある全く, いたまない, お前たちが, かかって, これからそろそろ囃し立てよう, しずかだった, しまって, すくなくなりました, すばらしいし, そっちへ, その一画, できその, とりあげられた, ない, ないまま, なかつた砂地, なく一匹, なく食, なければ, ねえ道筋, まさに漂い去ろう, まだ黒い, まっ暗で, まづまづ, みな打ち出した, もとより水商売, ようやく呻き, よくお, わたしたちの, われるほどの, 一つある, 一夜の, 一軒ありし, 世間並みの, 五棟の, 休んで, 住み慣れて, 倒れんばかりに, 借りるぞ, 入りが, 出来ないこと, 到るところ, 割引時間は, 十二月の, 半分水, 取壊したし, 取払われずに, 唐黍の, 器具類も, 四羽の, 土俵も, 夜は, 大体の, 大筒も, 女の, 娘の, 完全に, 宮殿も, 寒かった, 寺内に, 小さく頭数, 幾たびか, 幾月と, 建たず夏草, 建てられた, 建てるな, 打ち上げたわけ, 押し流された, 押流される, 指点される, 掛かり舞台, 掛けられその他, 掛けられれば, 揺らぐかと, 春めいて, 最早百歩, 机の, 果樹も, 樹を, 殺生小屋も, 水門の, 決らねえ狂言, 淋し気, 満員に, 火の, 燃えはじめて, 物色したるんだ, 畑も, 空しくなり, 立派に, 羽目板も, 腐りかかったところ, 自分の, 興行を, 蔭間茶屋も, 見えて, 見えなかつた, 見て, 見ゆ, 赤沢の, 跡かたも, 辛い追懐, 迷惑この, 過ぎ槍沢, 食糧も, 馬つなぎも, 鶏も, 黄昏と, 黒部五郎と

▼ 小屋には~ (133, 1.3%)

10 いって 3 いると 2 なくて, ひつた, 抱えの, 毛布や, 燭光の

1 [110件] いこんで, いちいち木札, いつでも, いても, いませんでした, お粂ひとり, しかしもう, ずいぶん高い, ちらほら残炎, つい二三時間前, どういうもの, ないもの, にぶい灯, ひつて, まだ殆, もういかせたくなかった, もう人, もう戸, もう焚火, もはや同盟, やくざな, ウサギが, 一人の, 一層の, 一昨日から, 一階が, 一頭も, 主人と, 主夫婦, 五十先きの爺さんが, 五年前まで, 人なく, 人間が, 今御, 住まずに, 住まないの, 住んで, 何百匹という, 俳書が, 包まるもの, 医療品が, 同じ組, 四五人で, 地下室が, 大勢の, 天狗岳に, 姿の, 宗忠の, 客が, 富山電気局の, 寝ない晩, 寝具が, 寝具燃料食糧等備って, 小さくて, 小さな庭, 小さな次の間, 小さな覗き窓, 小頭と, 小馬, 居なかつたやう, 常に二頭, 徹夜の, 怪談が, 恒吉と, 惜しいくらいの, 惡い, 戦場や, 戸も, 手を, 排雪し, 日向さんの, 春から, 時計が, 木を, 木版の, 未亡人や, 果して人, 案の, 母と, 泊めない, 法政の, 浪花節などがか, 渡し守が, 火も, 火鉢は, 火鉢を, 灯が, 燈火が, 牀は, 牀も, 牛は, 窓の, 米も, 老人が, 色の, 莚が, 藥鑵と, 蝋燭が, 誰か, 誰も, 諍いが, 豚は, 這入らなかつた, 道具調べという, 道具調べといふ, 隅田川の, 餌が, 高さ五尺, 高時を, 黒部側に

▼ 小屋~ (115, 1.2%)

4 並んで 3 いうても 2 いって, いふに, して, ときたま仮設劇場, ハキダメは, 土手は, 干し場, 称して, 花崗石の

1 [90件] いえば, いっしょに, いわずおよそ, いわず存分, いわず道具, おぼしい屋敷, この辺, するまでの, その周囲, たてますたび, なぎさ, なって, なり何, なり学校, ハヤ川一ツ隔たり, 云った方, 云っても, 人の, 今一つの, 仮橋の, 何等変り, 余程はなれ, 分けた, 区別し, 医者を, 十文字小屋とを, 十軒あまりの, 同じよう, 同様棒に, 呼ばれて, 呼び頂上, 呼んで, 土の, 多分それ, 大してかわらない, 富貴といふ, 対したの, 小さな醸造場, 小屋との, 小橋の, 少し離れ, 広岡の, 往來を, 往来を, 念を, 改めてみ, 新錢座, 書いて, 木立だけが, 柿の木, 棟つづき, 植木屋が, 水の, 活動小屋の, 海草の, 漁師の, 無数の, 犬の, 監視人の, 相角, 相談所とを, 真向の, 糧秣庫が, 納屋とに, 羊と, 羊舍と, 背中合せにな, 背中合は, 背中合わせに, 脊中合わせだった, 自家との, 茂倉岳との, 薩摩屋敷の, 覚しきもの, 言い箕輪, 言うくらいの, 言ったほう, 言わざるを, 記して, 設備を, 赤くかがやく, 運送屋で, 違って, 違つてミヅグルマの, 関聯し, 隣りあって, 離して, 電信所が, 馬小屋の, 鳥禽舎とが

▼ 小屋まで~ (84, 0.8%)

2 かけて, 三里大沢の, 五里そこから, 寝に, 来た, 荷物を, 行った, 連れて

1 [68件] あつて, おとずれそこ, さがしたが, しらせに, ずっと息, せめては, だと, つづいて, どのくらい, はこんで, ぶらぶら行く, よく聞こえました, わしの, 一切を, 一週間あれ, 三回も, 三時間あれ, 上って, 二カ所ほど, 伝わったから, 医者と, 十七八町, 参りましたが, 参りましたところ, 堂々公開, 届かない, 帰れば, 幔幕を, 廻り道を, 引きずって, 往つて樵夫に, 往復, 徒歩だつた, 担いで, 掛けて, 来あわせて, 来たとたん, 来たの, 来た老婆, 柔い, 楽に, 歩いた, 登りつめると, 着いて, 立戻っ, 聞えるだらうな, 聞きに, 背負ひあげる, 行かずに, 行かないうち, 行かなければ, 行き右, 行くに, 行く予定, 行って, 見えて, 見物した, 設けたほど, 追い詰めた, 送って, 通ずるとの, 造ると, 連中を, 運ばれた, 運んで, 飛んで, 駆け戻って, 駆足

▼ 小屋~ (61, 0.6%)

2 そこら中の, 物置き

1 [57件] この畑, そのまわり, または井桁, また愛山渓, まれに, もっとさっぱりした, トタン囲いの, ヒースの, ボオトの, 上ノ岳の, 中間部屋あるいは, 列び茶屋, 劇團の, 厩の, 厩や, 土佐境の, 地面を, 大門も, 寺や, 小さな家, 小さな物置, 工場は, 幕の, 幕の内または, 幕囲いの, 幟を, 建物の, 掘立小屋, 朽葉色の, 板囲いの, 柵壁は, 椅子などを, 水車小屋の, 洞穴などを, 漁師の, 狐の, 猟師の, 白堊塗り喪布の, 竹やぶに, 納屋は, 納屋を, 繋り舟, 荷車の, 萱原の, 蜜柑山の, 観音開きの, 角力場の, 貧しそう, 辻能で, 通りの, 野天売りを, 鐘乳洞に, 雪隠を, 雪隱を, 馬小屋が, 馬小屋に, 黄色いカーテン

▼ 小屋でも~ (48, 0.5%)

4 建てて 2 あれば, 用は

1 [40件] あったらしい跡, あるし猛獣, あるに, あるよう, いいそれ, とても芝居, どこでも, ないかと, ない妙, なかった, なかったら, のぞきに, よいから, 一晩泊ん, 何でも, 出来て, 変な, 実は旅館, 寄席でも, 密集し, 建ったの, 建つたの, 新室は, 本所だの, 煮込みの, 物置でも, 生命と, 祈りを, 私は, 稲叢でも, 結構です, 臨時に, 自分の, 蝋燭も, 行燈に, 詰侍の, 読んで, 遼陽陥落万々歳という, 餅を, 鼻ッつまみで

▼ 小屋では~ (46, 0.5%)

2 ない, 大和が

1 [42件] あるが, かみさんたちの, かんじんな, こんなこと, そのころ, その夜, それは, ないでしょうかねえ, なかった, なく広い, なんの, まだみんな, やたらに, よく使う, ブランコ乗りが, 主人だった, 今が, 何を, 大釜で, 妃も, 子供達が, 小屋の, 帳付けを, 幹部級という, 強い西陽, 当日お, 彼と, 打出しの, 毎日大きい, 毎日道具を, 焚火の, 犬が, 狩人が, 狭きを, 私の, 穀物を, 笑顔の, 菊五郎が, 蕎麦を, 表の, 金メッキの, 鼠木戸の

▼ 小屋~ (45, 0.5%)

2 である, の女

1 [41件] からお姫様, が, がやります, がやる, が生活難, だとか, だなどと, だろうな, であった, であるという, でいる, でござる, とか申す, として子々孫々, として都, とひょんな, ともいいました, と云, と云つて小屋頭, と称され, と言われ, などと賤, ならとうに悉皆, にも浪士達, の作法, の味方, の居所, の常, の徒, の気, の猛烈性, の男衆, の真似, の紫錦, の総称, の足, の身分, はない, はヒョロヒョロ辞儀, は衣裳つづら, よと賤視

▼ 小屋~ (38, 0.4%)

52 のが, より

1 [29件] あすこには, かで名, からである, から夜, から床, が内, が前, が厩, が同日, が新設, が月曜, けれども雨露, し両隣, ぜみんな, ぞ, つたから, ということ, とかいうところ, とか室堂, とか弘法, とばかし思つて, と光辰, と思ったら, と教え, と貢君説明, な猪小屋, のを, よほんとに, よりはぜいたく至極

▼ 小屋~ (36, 0.4%)

4 をし 3 の芝居 2 があった, して, である, の様子, の見世物

1 [19件] が出来, で芝居, で近在, で鉦, と云, などする, のよう, の中, の丸太, の小, の建物, の模様, の紙鳶屋, の身, もしなけれ, をした, をしました, を終り, を造つて居

▼ 小屋にも~ (33, 0.3%)

2 劣る陋屋, 格別の

1 [29件] あるよう, いたこと, いって, おめ, それぞれな, それぞれ番の, ないで, はいりました, やはり入り, りっぱな, オオケストラ・ボックスが, 人影が, 住まずアル中, 住み馴れて, 侍者, 勝って, 夕方から, 居たこと, 掛って, 灯は, 男子は, 町なかの, 窓に, 等しいよう, 落ちつけなくて, 誰か, 足りない住居, 近く荒壁, 鍵は

▼ 小屋という~ (26, 0.3%)

4 のが 3 のは 2 感じの

1 [17件] なかなか急, のだ, のに, のを, ものの, ものは, もの東京の, ような, んだ, 一軒屋の, 体な, 小屋からは, 小屋の, 小屋は, 尾根へ, 柄の, 笹の

▼ 小屋へは~ (25, 0.3%)

1 [25件] いつた, いつて, いるなり, きちんとかよっ, なかなか出, ひりすぐ, よく鼬, マア近寄らねえ, 一時間で, 人を, 余り顔出し, 入らずに, 八時少し, 初めてだ, 初めての, 參りません, 向きやせん, 帰らねえって, 引っ返すの, 御立寄, 忍び込めねえはず, 忍び込めねえ筈, 折り折り小萩, 最初に, 立ち寄らずに

▼ 小屋~ (21, 0.2%)

2 納屋か

1 [19件] え, お国, お陣幕, さもなく, それに, た, なんかに, ガード下で, 便所の, 地下室かが, 山葵沢の, 招魂祭の, 木挽小屋など, 東の, 漬物小屋かしらない, 物置き, 立寄って, 自身番の, 蜂の巣の

▼ 小屋みたい~ (21, 0.2%)

3 なところ 2 なもの, な家, な建物

1 [12件] だ, だね, であった, なの, な処, な古臭い, な感じ, な牢番長屋, な穴口, な空屋, な臨時施設, に汚う

▼ 小屋からは~ (20, 0.2%)

1 [20件] それでもやがて, また合唱, まるで奇跡, 二里は, 伝蔵を, 参, 幕開きの, 性慾的な, 既記の, 昼夜の, 時たま豚, 景気の, 未だ日, 物事に, 皆一様に, 相變ら, 真正面だ, 酩酊者の, 陽気な, 頻りにそれ

▼ 小屋~ (16, 0.2%)

3 のである 2 んだろう

1 [11件] のだ, のだろう, のであ, のであります, のでふたり, のでぼくら子供心, ので一寸, ので動く, ので驚いた, んだ, んです

▼ 小屋らしい~ (16, 0.2%)

2 ものは, ものを

1 [12件] のが, ものが, ものも, もの物置らしい, 一室の, 一棟でした, 一棟とが, 小屋が, 建物を, 物を, 長い棟, 陰に

▼ 小屋との~ (15, 0.2%)

3 間の 2 間に 1 あいだの, ごみごみした, 交通が, 前まで, 近くに, 部分, 間から, 間には, 間を, 間隔は

▼ 小屋です~ (14, 0.1%)

421 から特に, がちかよっ, がね, が中, が部屋, が野天風呂, って, よ綱渡り太夫

▼ 小屋同様~ (13, 0.1%)

3 のもの 1 であったが, で八百屋, で四方, な寝小屋, な新しい, のところ, の所, の生活, の移住民, の門前

▼ 小屋より~ (12, 0.1%)

1 [12件] もう一時代前, スバリ岳往復三時間半, ズーッと, 上は, 二町ほど, 凡そ二里ばかり, 右奥であった, 失火を, 安心である, 破れ鍋を, 追い返されたこと, 顕われたる

▼ 小屋全体~ (12, 0.1%)

1 [12件] が一つグン, が大風, が徐ろ, が物々しい, が物狂, が自分一人, に高く, の礼節, は恰も, も恰も, をはね, をギシギシ

▼ 小屋~ (12, 0.1%)

2 の案内 1 がい, だけが凍死, にかつがれた, に斬らせる, のもの龍平, の仲間, の残し, の話, はおとなしい, や案内人

▼ 小屋あり~ (11, 0.1%)

1 [11件] ここが, すなわち池ノ平, て此, て牛, 一人の, 主は, 嬉しきこと, 春暮る, 炭燒釜あり, 肥料蓄積所寄宿舎私は, 雨ふる

▼ 小屋~ (11, 0.1%)

2 の森さん 1 から見舞い, がおさえた, に渡した, の小, の楽屋, の茂右衛門, は気がつい, は越中小川温泉山崎村羽入, ももう

▼ 小屋住まい~ (11, 0.1%)

5 をし 1 したから, する例, をした, をする, をせざる, をなし

▼ 小屋~ (11, 0.1%)

2 の地所 1 からはなれられない, がある, では会う, で一刻, といわれ, に御, の二つ目, の灯, へ監視

▼ 小屋とは~ (10, 0.1%)

2 二百メートルも 1 一つに, 反対に, 山人言葉で, 思われなかった, 棟を, 異って, 見えず元, 言いながら

▼ 小屋など~ (10, 0.1%)

1 あった, いうところ, して, であった, ないか, よりによって危険, 一つ, 引くるめ, 影も, 見当も

▼ 小屋住居~ (10, 0.1%)

3 して 21 した所謂河原者, した落伍者, をし, をした, をしました

▼ 小屋附近~ (10, 0.1%)

1 からの眺望, から下, しか登れなかった, で若い, に槍沢, に露営, のさる, の積雪量, は唐沢岳, までは既に

▼ 小屋~ (10, 0.1%)

2 を尋ね 1 であった, といふの, などには足洗, になります, になれ, の下, の支配, は勿論

▼ 小屋へも~ (9, 0.1%)

1 仕事に, 出ること, 勉強に, 宿へも, 来ない, 来るの, 行った, 見物の, 長いので

▼ 小屋までは~ (9, 0.1%)

1 あのつづら, お天気, まだこの, スキーが, 四時間から, 地図より, 左岸を, 往生しました, 辿り着けないけれども

▼ 小屋だって~ (8, 0.1%)

4 のか 1 いいので, いうの, お前こんな, お客さまは

▼ 小屋だの~ (8, 0.1%)

2 料理屋だ 1 味噌蔵だ, 大久保お, 湯殿だの, 蕎麦の, 露店の, 鳥や

▼ 小屋である~ (8, 0.1%)

2 が奥 1 からそれ, が酒肴, けれどもうそ, ことは, ことを, とは気づく

▼ 小屋なども~ (8, 0.1%)

1 みな吹き倒された, 出来たこと, 出来て, 前年私の, 百年を, 見えたが, 見えなくなると, 造りつけて

▼ 小屋などを~ (8, 0.1%)

2 渡り歩き力業 1 何度も, 徘徊し, 見下ろしながら, 覗いて, 造りその, 造り又

▼ 小屋なら~ (8, 0.1%)

1 せいぜい五十圓, ば毎晩, 一夜で, 一間の, 大丈夫である, 妻は, 雪が, 零度か

▼ 小屋にて~ (8, 0.1%)

1 その半, 休み木曾須原, 休み焼印を, 休む, 喚く声せり, 板敷の, 焼印を, 生立ちし

▼ 小屋~ (8, 0.1%)

2 の机 1 から男女, の小, の建物, の教育法, の横穴, を改め

▼ 小屋あたり~ (7, 0.1%)

1 にはえた, に泊っ, に泊まる, に焚きつらね, は所謂ゲレンデー, までくる, まで人間

▼ 小屋へと~ (7, 0.1%)

2 近づいた 1 下りて, 向ったが, 帰りに, 引き立てられて, 辿って

▼ 小屋もの~ (7, 0.1%)

1 となっ, との彼ら, のお初, のむす, の娘, 女芸人と, 番太

▼ 小屋~ (7, 0.1%)

1 が払えない, と税金, に, の工面, の払い, を厳重, を引き

▼ 小屋仲間~ (7, 0.1%)

1 と称, にいた, は又, は愕, は起き出し, も, もめいめい

▼ 小屋~ (7, 0.1%)

1 が其連合, だけは元, の下, の丸太, の橋, の空所, 即ち桁

▼ 小屋荒し~ (7, 0.1%)

1 が捕まった, だって, に来, に発足, のよう, の遠い, をし

▼ 小屋とも~ (6, 0.1%)

1 つかぬ穴倉, または非人小屋, 知れぬ戸, 称しその, 見え彼は, 遠く普通

▼ 小屋などは~ (6, 0.1%)

1 なんでも, まったく犬小屋同様, もうどうでも, 以前の, 名は, 疲れきった旅人

▼ 小屋にでも~ (6, 0.1%)

1 いるよう, はいったかの, 居たん, 引っこん, 押し籠め, 泊めて

▼ 小屋への~ (6, 0.1%)

1 往復にも, 案内人として, 路を, 近道な, 途中で, 道を

▼ 小屋~ (6, 0.1%)

2 で知らない 1 に, の豚, をあちらこちら, をヤマアラシ

▼ 小屋~ (6, 0.1%)

1 から上, から小, から峠, から楢俣, から登る, の或

▼ 小屋からも~ (5, 0.1%)

1 のぞいて, 今しきりに, 声が, 濛々と, 知らせが

▼ 小屋だった~ (5, 0.1%)

1 が, が七月初旬, ところで, のである, のを

▼ 小屋での~ (5, 0.1%)

1 さんを, 事件が, 寝起き, 恩返しにも, 話山霊の

▼ 小屋といふ~ (5, 0.1%)

1 のは, のへ, のも, ふうな, ものは

▼ 小屋などに~ (5, 0.1%)

1 それぞれ収容され, 埋れて, 掲げるには, 比べれば, 籠るの

▼ 小屋ほども~ (5, 0.1%)

1 あるかと, ある大きな, ある巨岩, ある箱, ない小さな

▼ 小屋よりも~ (5, 0.1%)

2 ひどい裏長屋 1 一番みじめな, 狭い, 私に

▼ 小屋一パイ~ (5, 0.1%)

2 の客, の見物 1 の歡聲

▼ 小屋係り~ (5, 0.1%)

1 この長, の一人, の衆, はその, は先導

▼ 小屋小屋~ (5, 0.1%)

1 にたき火, に火の手, の軒, を丁寧, を皆

▼ 小屋いっぱい~ (4, 0.0%)

1 に流れ込んだ, に溢れた, に烟, の見物

▼ 小屋じゃ~ (4, 0.0%)

2 ないか 1 あるまいし, ございますが

▼ 小屋ぜんたい~ (4, 0.0%)

1 がたいへん, がふるえ, がウウム, が繩

▼ 小屋だろう~ (4, 0.0%)

1 が, が人, となん, と思っ

▼ 小屋であった~ (4, 0.0%)

1 か本宿, ことを, ので注連飾り, 四尺程の

▼ 小屋であり~ (4, 0.0%)

1 あるいは神仏混淆, ある時, ながら下, 他国人なら

▼ 小屋であれ~ (4, 0.0%)

2 どこかの, 消防の

▼ 小屋として~ (4, 0.0%)

1 主な, 作られたもの, 名高いその, 米は

▼ 小屋へでも~ (4, 0.0%)

1 入れて, 入れるさ, 来るかと, 行ったの

▼ 小屋または~ (4, 0.0%)

1 算道との, 興業物の, 貧しい人たち, 金のか

▼ 小屋もろ~ (4, 0.0%)

1 ともジリジリ, とも取り囲んだ, とも埋められ, とも踏み潰し

▼ 小屋らしき~ (4, 0.0%)

1 ものあり, 物が, 物なし, 物を

▼ 小屋一つ~ (4, 0.0%)

1 あり, は素人小屋, 倒れ御座候, 建てるの

▼ 小屋一件~ (4, 0.0%)

1 からはこッちの身一つ, が祟ッ, の下手人, の御用風

▼ 小屋~ (4, 0.0%)

1 が然, にて休息, には流木, に眠る

▼ 小屋~ (4, 0.0%)

1 で出会頭, で輿, の幟, へ押しかけ

▼ 小屋同然~ (4, 0.0%)

1 になつ, の住宅, の家, の建物

▼ 小屋~ (4, 0.0%)

1 とは比較, は碑祠, を移された, を過ぎ

▼ 小屋馬車~ (4, 0.0%)

1 がやせた, の中, の車輪, も多分

▼ 小屋~ (3, 0.0%)

1 ほっ建てて, 建って, 建てたり

▼ 小屋かと~ (3, 0.0%)

1 ながめて, 思ったが, 思ふ垣根

▼ 小屋さえ~ (3, 0.0%)

1 出来た, 建てて, 見あたらなかった

▼ 小屋じゅう~ (3, 0.0%)

1 の人夫, の見物, をわあわあ

▼ 小屋って~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 ものの

▼ 小屋といった~ (3, 0.0%)

1 ような, 形である, 方が

▼ 小屋としては~ (3, 0.0%)

1 九分の, 完全な, 甲武信岳を

▼ 小屋なりと~ (3, 0.0%)

2 差掛け警固 1 ただちに宿泊

▼ 小屋よりは~ (3, 0.0%)

2 確かに 1 いくら増し

▼ 小屋をも~ (3, 0.0%)

1 後に, 過ぎると, 遠巻きに

▼ 小屋ん中~ (3, 0.0%)

2 にいる 1 のどっか

▼ 小屋一軒~ (3, 0.0%)

1 しかなかっ, だけであり, も客

▼ 小屋二ツ~ (3, 0.0%)

2 ありその 1 あり記名

▼ 小屋~ (3, 0.0%)

2 あるわけ 1 の外学問

▼ 小屋又は~ (3, 0.0%)

1 それ以下の, 大寺の, 甲斐駒の

▼ 小屋~ (3, 0.0%)

1 と見, へかけよった, より更に

▼ 小屋通い~ (3, 0.0%)

2 をし 1 に手伝い

▼ 小屋かけ~ (2, 0.0%)

1 てただ, 木賃宿其れ

▼ 小屋かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れぬ

▼ 小屋からの~ (2, 0.0%)

1 使です, 葉書を

▼ 小屋ぐらい~ (2, 0.0%)

1 なら外部, 見たが

▼ 小屋これ~ (2, 0.0%)

1 にもその, は伴某

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 しに, しに私

▼ 小屋ごと~ (2, 0.0%)

1 こんがり燒, にいた

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 来たもん, 隠れたつけア

▼ 小屋そこ~ (2, 0.0%)

1 から地下, には人

▼ 小屋そっくり~ (2, 0.0%)

1 の手製, の胸

▼ 小屋そのまま~ (2, 0.0%)

1 というひどい, ひと塊

▼ 小屋だけ~ (2, 0.0%)

1 では, 見ても

▼ 小屋だけが~ (2, 0.0%)

1 夕飯が, 暗くつめたいの

▼ 小屋だけでも~ (2, 0.0%)

1 五十ぐらいは, 何十軒という

▼ 小屋だけは~ (2, 0.0%)

1 勤めて, 金を

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 うを, やあんめ

▼ 小屋であっ~ (2, 0.0%)

1 てこの, てその

▼ 小屋でございます~ (2, 0.0%)

1 からまあ, よ

▼ 小屋でした~ (2, 0.0%)

1 が, が改造

▼ 小屋とに~ (2, 0.0%)

1 取かこまれた三坪, 背中を

▼ 小屋とを~ (2, 0.0%)

1 連絡する, 除いた以外

▼ 小屋などの~ (2, 0.0%)

1 あるの, ある訳

▼ 小屋なんぞ~ (2, 0.0%)

1 で窮屈, オレが

▼ 小屋なんぞへ~ (2, 0.0%)

1 出掛けたの, 送られて

▼ 小屋において~ (2, 0.0%)

1 テントを, 茂庭周防の

▼ 小屋にさえ~ (2, 0.0%)

1 はいって, 注連縄を

▼ 小屋にだって~ (2, 0.0%)

1 一人や, 屋根は

▼ 小屋について~ (2, 0.0%)

1 声を, 来た経緯

▼ 小屋にては~ (2, 0.0%)

1 北アルプス見えざれ, 白き桑実

▼ 小屋にのみ~ (2, 0.0%)

1 入りて, 封印し

▼ 小屋にゃ~ (2, 0.0%)

1 入れねえん, 年中亡霊たちが

▼ 小屋のなわ~ (2, 0.0%)

2 張り株を

▼ 小屋ほど~ (2, 0.0%)

2 適する

▼ 小屋また~ (2, 0.0%)

1 興行物の, 茅葺の

▼ 小屋までの~ (2, 0.0%)

1 三町程の, 悪路

▼ 小屋までも~ (2, 0.0%)

1 クリスマス, 滅茶滅茶に

▼ 小屋めいた~ (2, 0.0%)

1 建物が, 薄暗い旅籠屋

▼ 小屋をめぐって~ (2, 0.0%)

1 ざわざわと, 遠く又

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 作ツテヰタガ南方カラ大判罫紙, 作リテ辛ウジテ彼等ノ

▼ 小屋世間一體~ (2, 0.0%)

2 から馬鹿

▼ 小屋乗越~ (2, 0.0%)

1 で向う, を越し

▼ 小屋以上~ (2, 0.0%)

1 のもの, の家

▼ 小屋住い~ (2, 0.0%)

1 の無一物, をし

▼ 小屋先生~ (2, 0.0%)

1 になりすまし, の呉用

▼ 小屋入り~ (2, 0.0%)

1 するよう, をし

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

2 樣の

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 という, に出

▼ 小屋堀南~ (2, 0.0%)

2 から中堀橋

▼ 小屋懸けし~ (2, 0.0%)

1 て住ん, て私

▼ 小屋掛料~ (2, 0.0%)

1 まで施し, を施し

▼ 小屋材木納屋~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 の丸太, の文庫

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

2 でなく永久的

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 ときどき霧, 仕候

▼ 小屋着焼印~ (2, 0.0%)

2 を押し

▼ 小屋知ってるでしょ知ってる~ (2, 0.0%)

2 わね

▼ 小屋米倉なぞ~ (2, 0.0%)

1 のある, の前

▼ 小屋芸人~ (2, 0.0%)

1 の仲間入り, やまがら

▼ 小屋若しくは~ (2, 0.0%)

1 木曾駒の, 糞に

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 で日本一太郎, の荒地

▼ 小屋見た~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 小屋見たい~ (2, 0.0%)

1 に建てられ, 壁に

▼ 小屋見たいな~ (2, 0.0%)

2 ものが

▼ 小屋部落~ (2, 0.0%)

1 のひとつ, をなし

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 からも西口脇門, のかなた

▼ 小屋~ (2, 0.0%)

1 が多分, の構

▼1* [304件]

小屋あけるな, 小屋あることを, 小屋あるいは蒲鉾小屋の, 小屋あん嬶あが, 小屋いずれも駱駝色, 小屋いちめんがま, 小屋うちに引き, 小屋うらの間道, 小屋お気に入りました, 小屋かげに隠れる, 小屋かしらないが, 小屋かなどとしきりに皆, 小屋からかそれとも評判, 小屋からからだ中, 小屋からさえも追い出されたの, 小屋からずつと離れた龜澤町, 小屋からでも持って, 小屋ががつしり, 小屋がわりにおい, 小屋くらゐの, 小屋くらいある大きな, 小屋くらいはちょっと半日, 小屋ぐらいの読み書きは, 小屋ぐるみ押焦げたあ, 小屋こそ粗末な, 小屋こそは十数年前に, 小屋こもりと針ノ木付近, 小屋さえもなおふたり, 小屋さ娘軽業というの, 小屋さ隱れたつけア, 小屋て二, 小屋しばやとかの, 小屋じまいまで厄介, 小屋じゃあ広過ぎる, 小屋じゃろうという, 小屋すなわち産所が, 小屋そうしたところでなけれ, 小屋そこらを出入り, 小屋その後ろに, 小屋そのものにもある, 小屋その他の建物, 小屋それに薪, 小屋だけに素晴らしく厳重, 小屋だけのことでしょう, 小屋だけを焼きつくして, 小屋だったでなあ, 小屋ゅうは, 小屋ってなアあれです, 小屋つづきの疎林, 小屋つていふの, 小屋でありましたが何方, 小屋でしていた, 小屋でない以上は, 小屋でなくりっぱな, 小屋でなくっちゃいけない, 小屋とかいう高い所, 小屋とかへ持って, 小屋としか思われねえ, 小屋とで出来て, 小屋とまで発達した, 小屋どうような, 小屋どちらへ向い, 小屋なぞが並んで, 小屋なぞも裏の, 小屋などから持ち出して, 小屋などが衛舎に, 小屋などで華々しく興行, 小屋などとくらべて, 小屋などへは住むもの, 小屋なり野営地なりに, 小屋なるものは, 小屋なんかでなに, 小屋なんかで満足し, 小屋なんかに入れられたの, 小屋なんて云うから, 小屋にあたって緑の, 小屋においても故なき, 小屋における破裂, 小屋にかへり一連, 小屋にだけは伝はらなかつた, 小屋につれ込まれたお, 小屋にとっては弱震も, 小屋にとり残されて, 小屋になつて始終, 小屋にはなスコーネじゅうで, 小屋によって夏道を, 小屋により雪の, 小屋しの目にも, 小屋ぬちはしばし, 小屋のうへにザボンの, 小屋のかずが多い, 小屋のぞく日の, 小屋ののきばに, 小屋のみガラスに, 小屋のみにて夫れ, 小屋のみは他所に, 小屋のよこまで, 小屋はけむりでいっぱいになったがそんなこと, 小屋はま新しく点在, 小屋はもすこし先, 小屋ばかりでなく協会, 小屋ばかりが色を, 小屋びらき仕り候, 小屋ふきのとう, 小屋へけえって, 小屋へばかり遊びに, 小屋ほどの大きさ, 小屋までが排斥されました, 小屋まででも大変だった, 小屋みたような, 小屋みないな家, 小屋めがけて中り, 小屋やらおもちゃ店やらが, 小屋らしくうらぶれた落ちぶれ方を, 小屋カフェー飲食店なぞが色魔式, 小屋ザラを越え, 小屋てえな, 小屋トロリー軌道ちょっとした畑, 小屋前デレスリーニ戯レテイル, 小屋バケツの中, 小屋一〇・〇〇零下一四度積雪量四尺くらい, 小屋一つポーツと燒, 小屋一つ御座候此分人数四五人計も住居, 小屋一ツありは, 小屋一杯になった, 小屋一杯猥褻な悲鳴, 小屋一杯蘭麝の香, 小屋一棟も焼き残す, 小屋一軒当りに五, 小屋一面に叢生, 小屋七八立てるのみ, 小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 小屋三四あり, 小屋下手に橋, 小屋世間一体から馬鹿, 小屋中期の住宅, 小屋中水だらけにし, 小屋丸太を引き抜き, 小屋主その他の関係者, 小屋乗越辺の疎林, 小屋二三と眺望, 小屋五六其額に巣, 小屋人足たあ, 小屋人集り場盛り場に抜目, 小屋の明治座, 小屋仕事を終わった, 小屋には魚, 小屋代さへ払, 小屋代大道具代衣裳代弁当代かつら代などの調達, 小屋以南は人, 小屋借りて唐錦, 小屋の者, 小屋なので, 小屋八時三十分着十時十分出発, 小屋は梓川, 小屋出来たるはもの心覚え, 小屋出発大喰岳, 小屋初めての珍風景, 小屋前十二三間のところ, 小屋割りを見る, 小屋午前六時出発この路アルプス銀座通り, 小屋即ち劇場といふ, 小屋参りと称し, 小屋が置い, 小屋同然屋根も壁, 小屋の入った, 小屋吹きぬける風が, 小屋回りするなんて, 小屋に願っ, 小屋地南に延び, 小屋は母屋, 小屋大した悲しい小屋, 小屋大七郎に初めて, 小屋の木戸, 小屋子供は最早, 小屋寄席などが雑然と, 小屋寄席木馬館のメリー・ゴーラウンド, 小屋だ峰入り, 小屋小屋これにもその, 小屋屋上には開山, 小屋山大高山小高山, 小屋に折れ, 小屋の勘八, 小屋師匠孫呉の智識, 小屋常府小屋に区別, 小屋の音, 小屋も押し迫った, 小屋幼稚園まがいの小さい, 小屋建てかけらしいぜ, 小屋建てよう清溝の柿の木, 小屋建てるなら組で, 小屋建築にとりかかった, 小屋式幼稚園みたいなこと, 小屋引き請けること, 小屋のもの, 小屋御免で道頓堀, 小屋徽典館御破損小屋, 小屋抜けをする, 小屋担当の俳優, 小屋になった, 小屋持主を訪ね, 小屋掃除も魚つり, 小屋掛けさへ, 小屋掛けしばいに, 小屋掛そつくりである, 小屋掛人足が意気, 小屋掛興行になった, 小屋掛芝居へ打って出た, 小屋数十ヵ所を辻, 小屋整理班に加わっ, 小屋のつ, 小屋を渡しました, 小屋料理屋果物屋がある, 小屋方一同に酌, 小屋日本一台詞のとおり, 小屋れへ, 小屋時代の名残り, 小屋暮しはいたずら坊主, 小屋暮らしながら花, 小屋最上の愉快, 小屋木口は非常, 小屋木戸番の声, 小屋本家茶屋からといふの, 小屋村落には結婚式, 小屋に片手, 小屋だ階段, 小屋の小屋, 小屋のもの, 小屋櫓づくりの立派, 小屋止むなければ北, 小屋正面の高座, 小屋此方は生垣, 小屋殊に目立つの, 小屋気分がいよ, 小屋泊人の多き, 小屋温泉に下る, 小屋溜りがある, 小屋火の手は附木, 小屋炭置場の外, 小屋物等を見物, 小屋狹い暗い共同浴場, 小屋発足信州細野入より黒部山, 小屋的任務にあたった, 小屋相営み移住仕り, 小屋着三時絵葉書焼印スタンプ等を押し, 小屋着二時半途中大槍小屋, 小屋着昼食を食し, 小屋着途中女学生の一隊多数下山, 小屋の破れ, 小屋移転の件, 小屋程の塊が, 小屋程もある大きな, 小屋かな船, 小屋筋違い前にあたる米屋五兵衛こと, 小屋籠りと針ノ木付近, 小屋籠りして夜, 小屋堆まで, 小屋納屋の屋根裏, 小屋組全部を支, 小屋者すべてすぐッ, 小屋者たちも心得, 小屋者垣内などと呼ばれ, 小屋者総出で木戸前, 小屋育ちの祖母, 小屋自体の雰囲気, 小屋という村, 小屋若人少にて, 小屋荒したあ口, 小屋葺替への村人たち, 小屋藁屋を屋根, 小屋の中, 小屋衞門の小屋, 小屋へ駆けつけ, 小屋襲撃引揚げの際, 小屋調練場の掃除, 小屋職人は, 小屋諸共あたりの田地田畑, 小屋豚小屋糞堆まで, 小屋貴人でも, 小屋貸し科をかせい, 小屋跡一つ御座候得共小屋木等朽居候故年限難, 小屋跡等道形の儀, 小屋跡菊人形見世物塲より失火, 小屋から完全, 小屋戻ると, 小屋迄は殆ど道, 小屋近くに良い, 小屋通りに乗りつけました, 小屋造立の間, 小屋金龍館へ私, 小屋開きになる, 小屋阪東米八の楽屋, 小屋の門, 小屋のベット, 小屋随一の腕ッ節, 小屋随分穢い雨露, 小屋雑草の井桁, 小屋非人溜りにいる, 小屋の戸, 小屋風呂場その下, 小屋飛騨街道も一目, 小屋食堂用の板敷, 小屋鶏小屋を設け, 小屋鷄舍牛部屋を順に