青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「得~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

後悔~ 後者~ 徐~ ~徒 徒~ 従~ 従っ~ 従って~ 従来~ ~得
得~
得ず~ ~得た 得た~ ~得ない 得ない~ ~得なかった 得られる~ ~得る 得る~ ~得意

「得~」 8521, 92ppm, 1199位

▼ 得~ (3573, 41.9%)

108 いる 57 いた 54 いるの 29 いたの, ゐる 21 いない, これを 20 いると 19 いるという 17 いること 15 いて, いるもの, いるよう, ゐた 14 いないの, ゐるの, 来たの 12 之を, 私は 11 いるから, いる人 10 いる者, きたの, それを, 居る, 来た 9 いたが, ゐると 8 ゐること, 妙である, 始めて, 来て 7 いるか, いるが, いるところ, ゐたの, 來た, 而し, 自分の 6 いたもの, いないと, いるであろうか, いるのに, 居るの, 後に

5 [19件] いたから, いないこと, いなかった, いました, います, いるとは, いるので, これに, しまった, ゐるか, ゐるやう, 内閣を, 大に, 妙と, 居る人, 帰った, 帰って, 彼は, 来る

4 [22件] いたと, いないから, おいでに, おります, おる, きた, きて, ここに, それが, ゐない, ゐない漢語, 世間に, 今は, 何か, 喜んで, 妙なり, 帰る, 来たこと, 来たもの, 生活し, 蜀を, 頬に

3 [39件] いたか, いたこと, いたであろう, いても, いないという, いながら, いるかという, いるに, いる場合, いる時, おかなければ, おくこと, おらぬ者, そこに, その人, われを, ゐたから, ゐたので, ゐないこと, ゐるから, ゐるわけ, 二人の, 今に, 今日に, 僕は, 天に, 妻と, 始て, 家に, 居た, 居ります, 居ること, 居ると, 居るので, 新たに, 来るもの, 東京に, 次の, 私の

2 [169件] ありがち, いたし, いたに, いた以上, いないかと, いないところ, いなかったこと, いなかった事, いながらも, いません, いるかと, いるかの, いるかを, いるけれども, いるその, いるため, いるだろう, いるとき, いるものの, いるん, いる事, いる人たち, いる以上, いる作家, いる旨, いる点, いる自分, おれば, かきよせて, きたか, きたもと, きたもの, くる, くること, くるでありましょう, くるの, くるので, けり, こ, これらの, こんどは, しまいました, しまうであろう, しまつ, しみじみと, すぐに, その上, それに, それらの, であったが, ひそかに, ひたすら胸, やがては, ゆくので, わがくるし, わずかに, ゐたこと, ゐたもの, ゐて, ゐないの, ゐるかといふ, ゐるが, ゐるであらう, ゐるところ, ゐるとは, ゐるので, ゐるもの, エイキン博士, 一所に, 一時に, 一時の, 一躍成金, 一道に, 中有に, 了う, 人間は, 今日の, 以て, 伊豆の, 余りある, 余りが, 作曲した, 信長の, 優者たる, 入つた, 内外の, 初めて一道, 初めて栗, 動物学研究の, 勢に, 及ぶところ, 四方を, 奇験を, 妙なる, 学に, 安心し, 居って, 居ない, 居らない, 居りません, 居るか, 居るから, 居るもの, 居るよう, 市子は, 市長に, 師の, 帰りました, 帰郷した, 幸福な, 形見と, 彼の, 後者の, 心の, 意外の, 愧赧の, 成仏する, 政権を, 敵の, 文さんと, 最も妙, 月々の, 来たか, 来たと, 来た事, 来た自分, 来なければ, 来るの, 来る様, 東京へ, 歸る, 死に, 死んだ, 死んで, 汝に, 沈勇は, 浄慈寺の, 清水に, 無事に, 然る, 盛んに, 眼を, 知るところ, 空に, 立派に, 筆を, 箱根の, 置かなければ, 置かねば, 置くと, 置なけれ, 耳を, 聖東に, 自由に, 花やかに, 行かなければ, 行くと, 行つた, 西方浄土に, 西方淨土に, 見ると, 見れば, 言葉以上に, 試みに, 贅沢に, 足を, 逐一事情, 雑誌の, 馬を

1 [2227件 抜粋] あげますから, あちらこちらと, あまりの, あること, ある図ぢ, いいよう, いずれは, いたかも, いたであろうか, いたならば, いたらしく想像, いた以前, いた原始民族, いた新聞店, いた眼, いないお雪ちゃん, いないため, いない盛り場, いなかったと, いなかったらしい, いなければ, いますでしょう, いまだ父, いよいよ東京, いるある, いるからには, いるだろうか, いるとの, いるやいなや, いるン, いる人生, いる名誉, いる婦人, いる数多, いる最後, いる状態, いる積り, いる色彩, いる身分, うまい, おいた形見, おかないでは, おきたいの, おくと, おく利益, おこうと, おらぬ, おりましょう私, おり口, おるし, お上の, お松を, お部屋, かえって私, かさかさした, かの古巣, かれは, きたし, きた知的, ください, くるよう, けだし尋常, こういう天地, こうなる, こころが, この冬, この市, この未知, このO, これによ, こんがらの, さう, さて観ずれ, さらに手, ざまを, しかもやすい, しなり, しまうか, しまった者, すぐ出かけます, すっかり政事, すべてが, そうし, そしてまたあの, そして酒, そのまま修行, その伝書, その前, その国旗, その奇異, その当時薬舗, その後二年間に, その方面, その次に, その痍, その維持, その谿, その青銅, それぞれの, そんな出過ぎた, たびたび御, ついに私, つづいて, とにかくこれ, どうでも, なかなか解決, なほ百歩を, のちなら, はじめて取りかかるべき, はたしてこの, ひょっとする, まあ幸福, ましもの, ますよ, また勉強, また東京, みまかりぬかく, もって, もはや恥, やったん, やつて, やろう, ゆく方法, よく吾人, より逸する, わずかの, われわれを, ゐたばかり, ゐた時代, ゐても, ゐないもの, ゐながらも, ゐようが, ゐるだけ, ゐる人, ゐる日本画, ゐる茶席, アメリカへ, キチンと, ゴアに, ジャアナリズムの, スタートされた, タガの, パリーの, ベネデツトオは, ポリュポイテース生み出でぬ, ヱネチアを, 一つの, 一人で, 一八四五年ウェルゲランが, 一切を, 一大原理に, 一層一心, 一散に, 一時わしの, 一気呵成に, 一藩を, 万語お詫び申しあげる, 三四千の, 三週年を, 下されば, 不可避的に, 世津子が, 丸ビルを, 乃ち云く, 予らと, 事件が, 二三年前蟹田の, 二年來の, 五月の, 亡くなったこと, 人を, 人間以上に, 今しきりに, 今よりも, 今日以後療治の, 他から, 他日芸人に, 以来彼女は, 企つべし, 住し来たる, 何一つの, 余を, 作つたに, 來ました, 俊敏鋭利の, 俳句を, 偉功を, 傍らの, 僕を, 兄弟揃つて故郷に, 先づ, 入って, 八荒を, 六丁六甲の, 兵馬を, 其内御, 其片, 内助の, 円満に, 再び諸, 写真も, 准后の, 出かけた, 出版され, 出羽と, 初めて安んず, 初めて洋行, 初めて菊江, 剃頭鋪, 創作したらしい, 努力し, 勇武無双の, 勢力を, 十二月十四日に, 千百歳の, 南京へ, 即ち其木, 即座に, 参ったか, 収められて, 口に, 古郷へ, 右したる, 各道, 同時にまた, 名後世, 君少, 呉れようと, 命長し, 哲学者に, 喜ばなかつた, 喧嘩に, 図書館員を, 国男さんは, 在所自慢を, 執筆し, 壮快な, 夕方に, 大いにこれ, 大いに笑った, 大名, 大多数, 大王, 天の, 夫の, 奔放自在しかも, 奮発し, 好からずや, 妙な, 妻として, 始めてその, 姫宮を, 嬉しそう, 字句の, 安きに, 安定に, 実に幸福, 客僧に, 宰相中将に, 宿望の, 寛和元年に, 対を, 小萩を, 尚も抛, 居たこと, 居て, 居なかったの, 居りまして, 居るが, 居るらしくは, 居る気, 屈すべからず, 山蔭の, 島後へ, 己の, 帝を, 師事したごとく, 帰ったもの, 帰り一, 帰り蒐むるところの山水百余景, 帰るの, 帰宅, 帰邸した, 平和な, 幸ある, 幸福を, 広東から, 康子は, 弟に, 当将軍家, 影の, 往いて, 律の, 後悉く, 後私は, 徐州に, 御身は, 復讎すべく, 心中に, 応急適切な, 忽ちに利発, 思いも, 急には, 恋愛の, 息も, 悪から, 愛用された, 感謝する, 憂いの, 成金に, 我智慧を, 戦地から, 戻つて, 手古奈が, 技巧上から, 拓は, 持て舞, 播磨の, 故ら, 敢て, 数日の, 文学的に, 新しい旅, 新田楠の, 既に天皇, 日本へ, 早速岸本, 昔話でも, 昼まで, 昼食を, 時めきゐたるフィレンツェ, 晴れて, 暢気に, 更に心, 更に高く, 書きたいと, 書上げた, 最初の, 有るところ, 朝早く, 本国へ, 本能的な, 村役人と, 来たかという, 来たので, 来た古, 来た思想性, 来た知識, 来た量子説, 来ること, 来るので, 来んとは, 東京千住の, 某病院, 桑楡に, 極楽往生を, 樣, 次々と, 次第により, 欧洲に, 歓天喜地の, 此に, 武男を, 歸へる, 死せり, 死体に, 殷に, 毎日朝逢える, 氣が, 永らへて, 江戸表から, 波は, 活躍描出され, 海外傅道の, 清水谷の, 満足し, 満足を, 漢学和学の, 火鉢に, 無限の, 然るにや, 爆発する, 父の, 物質を, 狂喜自ら禁ずる, 独立と, 王に, 珍重なら, 現地の, 甚だ善し, 生き国民運動, 生へる, 生存せん, 生涯を, 産業革命が, 畢竟不可得, 當時の, 痛快である, 発表し, 百千萬の, 皆で, 監房内へ, 目出たく職を, 直ぐチヨーク, 相当の, 真の, 眠りに, 知らず識ら, 研究室を, 祝しさらに, 神楽坂署に, 秀子の, 移し植ゑたの, 稿を, 突つ込む, 立ち上り, 立ち直りますからね, 笠島あたりまで, 等しく物好き, 簡単で, 糞を, 素直に, 終身栄えたであろう, 絶を, 縫いぐるみの, 罪なき, 置き並べて, 置こうと, 義弟の, 翼の, 耶蘇教の, 胸の, 臨床的にも, 自分は, 自由な, 船室へ, 色の, 芽出度く終った, 苦悩は, 華々しく死刑, 落胆する, 薄明にも, 蘭軒に, 蛙と, 行きさうな, 行くところ, 行こうと, 行はれない, 製作熱を, 見たいと, 親が, 観念的要素を, 解決する, 計多く, 試みたいと, 話は, 誤らざるやう, 誰れ, 論争の, 豊世は, 貫太を, 賭博厳禁という, 越前の, 身滅する, 輙獻ず, 辛くも繩附, 近処, 追, 送らんとにも, 透さず, 這入ったもの, 進む, 遂に程, 過失を, 還るその, 配当を, 野宿せん, 金沢文庫に, 鉄道起業の, 鐚一代の, 長者を, 間違ひ, 阻めむ, 隠し所, 雀躍りした, 雲山の, 霊公の, 静かな, 靜かに, 須磨に, 風の音をも, 飛出した二三人, 餘ある, 首肯せられる, 馳せて, 高言吐く, 魂再び, 鴫沢の, 黒いマント

▼ 得~ (291, 3.4%)

19 外聞も 6 ない, 言はれぬ 5 言は 3 云へ, 忘れて, 色氣も, 言はれない, 謂はれぬ

2 [16件] ある, すんで, とどこおりなく, ないこと, なかった, なくそれ, なし, わすれて, 云は, 云はれぬ, 何も, 無く一長一短, 縫ひ, 言へ, 言われぬ顔, 謂は

1 [208件] あつた, ありか, ありなかなか, ありは, ありません, いえぬやさし, いえぬ勇気, いえぬ奥行き, いえぬ絶望, いはれないさびしい, いはれなさ, いはれぬ声, いはれぬ快, いはれぬ成仏, いはれぬ美し, いはれぬ苦しみさ, いはれぬ靜, いらないほど, いわれず淋しく, いわれない, いわれない悪臭, いわれない絶景, いわれなかったもの, いわれなさ, いわれぬ, いわれぬ優しい, いわれぬ光, いわれぬ好い, いわれぬ床しい, いわれぬ暖か, いわれぬ美観, いわれぬ苦しみ, いわれぬ蘭麝, いわれぬ面色, いわれぬ馥郁, うちわすれた, かざりも, かなぐり捨て, しないで, すつかり, すること, すれば, せず, せん, ないで, ないでしょう, ないやう, ないよう, ないらし, ない一個, ない佳い字, ない土味, ない書, ない朴とつ, ない粧い, ない親爺, なかつた, なくあわて出した, なくおよそ, なくくたびれちまった, なくそう, なくなり死にたくな, なくなるといふ, なくわし, なく両手, なく乗り出した, なく仰向け, なく何處, なく切腹, なく友染, なく婦人, なく引, なく思う, なく惜しみ, なく打明けた, なく朝, なく正直, なく水干, なく眠くなっ, なく群集, なく腰, なく身ぶるい, なく長火鉢, なく門口, なく集金, なく駈け, なければ, なしに, なし無, はなれて, はりも, まじって, よろこばしそう, よろしくふら, 一緒に, 云えぬ切な, 云えぬ楽しみ, 云えぬ苦しみ, 云えぬ苦痛, 云えぬ香, 云えぬ香気, 云われず一種, 云われず神々しかっ, 云われない快感, 云われない懐かし, 云われない景色, 云われない毒々しい, 云われない気持, 云われない神秘, 云われぬ動, 云われぬ叫び声, 云われぬ嘲笑的, 云われぬ微妙, 云われぬ怖, 云われぬ悪臭, 云われぬ生, 云われぬ綺羅びやかな特種, 云われぬ色彩, 云われぬ風情, 云われぬ魅力, 体裁も, 何にも, 何物も, 入らざりし村, 去らぬ寂し, 取らせなければ, 取れない詐欺師, 商売気も, 嗜みも, 嘲笑も, 堪へず, 寝ざりしが, 寝で, 寝られず取り詰めた果, 得意も, 心得て, 忍ばれず満面, 忘られず, 忘られぬ, 忘れ得ぬ君, 感じなかった, 感じなかつた, 振りも, 放たじと, 柳の, 棄てて, 済んで, 無くなって, 無く誰, 無し所得, 知って, 知らぬ感激, 知れない悪臭い汚い, 知れぬ塵埃, 知れぬ穢い, 糸瓜も, 結ばれぬなるべし, 義理も, 荒風に, 行かれず籠, 行き給はず, 要らないから, 要らない善, 言い難い, 言えない肉体, 言えぬさえずり, 言えぬやさしい, 言えぬゆるやかさ, 言えぬ光, 言えぬ光輝, 言えぬ名前, 言えぬ喜び, 言えぬ女声, 言えぬ幸福, 言えぬ愉快, 言えぬ慰安, 言えぬ擯斥, 言えぬ最初, 言えぬ楽しい, 言えぬ混同, 言えぬ脣, 言えぬ至福, 言えぬ詩趣, 言はれざる, 言われず, 言われず温かい, 言われず銀鈴, 言われないから, 言われないと, 言われない可憐, 言われない嬉し, 言われない温, 言われない異, 言われぬやや, 言われぬ佳い, 言われぬ妙味, 言われぬ強烈, 言われぬ微笑みして, 言われぬ快適, 言われぬ悦喜, 言われぬ感覚, 言われぬ艶, 言われぬ行届いた叮嚀さ, 言われぬ趣, 言われぬ面白い, 謂れず, 謂われぬ色, 風も

▼ 得~ (288, 3.4%)

9520 しと 12 きに, きも 8 からず 6 きや 4 からざる, きものに, き乎, くむば, くもあらず 3 きこと, きのみ, きは, きものは, き性質, く又

2 [19件] からざらむや, からざる事, からざる結論, からし, からじ, かりしを以て, きが如し, きもの亦, き望み, き点, き程度, き謂れ, く, く以, く既に, ければ, しとの, し又, し然

1 [59件] からざる生活, からざる者, からむ, きか, きが如く, きのみには, きの余地ある, きの観ありし, きものである, きものといふ, きものなれ, きもの之を, きもの勿論, きやに関して, きを, き一種, き世界, き事, き十分, き唯一, き地, き所なり, き日, き概念的, き神祕境, き筈, き者, き道理, くかの, くもなかつた, くんば, く且, く世界, く人類学的比較神話学, く其他言語, く其従属, く北亜米利加, く単に, く印度, く史的事実, く唯, く單, く小児, く従, く或, く或は, く敵艦, く未開民族, く海洋的分子, く独り, く猶, く而, く若し, く風習, く駒之助, く高級神話, けんや, しとは, し但し

▼ 得~ (276, 3.2%)

3627 るるもの 11 るる, るるの 9 るべきもの 8 るるであろう 7 るるよう, るれば 6 るるか, るるだろう 5 るるが 3 るること, るるという, るる事, る可

2 [21件] ねば, るべきか, るべき命, るべき性質, るべき最悪, るべき筈, るべき道理, るるかが, るるかと, るるかも, るるごとき, るるだけは, るると, るるといふ, るるところ, るるなら, るるなり, るるに, るるまで, るるわけ, るる限り

1 [89件] の以後, も知らなかった, ること, ると, るの, るべき, るべきあな, るべきあらゆる, るべきこと, るべきでなく, るべきはず, るべきを, るべき与件, るべき事, るべき多種多様, るべき娯楽, るべき幸福, るべき思想, るべき推論, るべき最, るべき最も, るべき最高点, るべき概念, るべき純, るべき術, るべき限, るべくして, るべく豫想, るまじきうもれ木わざ, るまじき平和, るるあの, るるかとも, るるかは, るるから, るるかを, るるくらいの, るるこうした, るるこの, るるすべて, るるそれら, るるだけ, るるだけの, るるでしょう, るるです, るるにても, るるので, るるのみならず, るるは, るるも, るるや, るるアン, るる一つ, るる一切, るる三角測量標, るる仕組み, るる便宜, るる処, るる危急, るる原因, るる問題, るる場合, るる天真, るる夫, るる奉公, るる女性, るる幸福, るる心, るる恩恵, るる所, るる方法, るる時間, るる有用, るる様, るる機会, るる次第, るる深淵, るる理由, るる目的, るる筈, るる節約, るる見込み, るる訳, るる道筋, るる金, るる関係, るる限, るる雑多, るれども, るればこそ

▼ 得~ (264, 3.1%)

19 切って 18 して 13 切つた 7 したの, するの 5 すること, 切つ, 切るの 4 するもの 3 きって, するわけ, する者, 内に, 切った, 切ったが, 切つてゐる

2 [17件] きつて, きるよう, した, したか, したと, したり, しない, しようと, する, すると, はりて, 切つて, 切つてゐた, 切ること, 弁肯する, 忘れて, 搆はず豆なり

1 [126件] いたしたいと, いたします, かく規定, かざる質, きった, きったの, きったまでは, きりました, きり羽, きるの, きるもの, させたか, されたと, しいずれ, したがる男, したこと, したとかいう, したよう, した時, した気持ち, した珍し, した筈, した親, しては, してるという, してるわよ, しない罪悪, しました, しようという, するか, するから, するからな, するそいつ, するであろうか, するという, するところ, するは, するほど, するん, するチヤンス, するモデル, する人, する人間, する代り, そなえたるもの, それ自身に, つくらうとして, はなれた考え, もつて, 云うまいこれ, 伝授いたすべく, 全然は, 切ったあの, 切ったその, 切ったって, 切ったという, 切ったなどは, 切つたのえ, 切つたのが, 切つた名, 切つた批評家が, 切つてふ, 切つてイヤに, 切つて割腹した, 切つて口を, 切つて唸り返し, 切つて斜めの, 切つて灯を, 切つて点頭いた, 切つて稚拙に, 切つて空を, 切つて胸を, 切つて見せ, 切らなければ, 切らぬところ, 切りたがる隱岐, 切りながら, 切りました, 切ります, 切り大手, 切り物凄い, 切り給へ, 切り遂に, 切るあの, 切るある, 切ると, 切るので, 切る手, 切る時, 切る時等, 取りますやら, 取るべきだ, 取る筈, 基礎として, 大事に, 大切に, 失って, 守り立てて, 張ったもの, 張つた, 張つたばかりに, 張らないで, 張らないでも, 張らなければ, 張りあがる, 張りませんでした, 張りやがる, 張り又, 張る奴, 得るの, 忘れた樂, 悪くするであらう, 感じた, 持って, 持つて, 捨ててるの, 知らないばば, 示して, 示しも, 示すみたい, 純論理的, 見せた女役者, 超えて, 離れて, 離れ過ぎるよう, 體得せられたなら

▼ 得たり~ (179, 2.1%)

18 賢しと 8 しは 7 しなり 6 しが 4 顔に 3 かしこしと, しや, 皆人の

2 [16件] ければ, しに, しもの, し事, とな, 一は, 之れ, 少年の, 此の, 浪花風流, 然れ, 西湖柳色の, 賢こし, 賢しで, 賢しという, 閣下の

1 [95件] あるいは新た, かしこで, けむ, けるなり, けれ, けん, けん人, この芙蓉, これを, これ小生の, しこと, したが, したこと, したよう, して, しとは, しないよう, しならん, しならんあるいは, しなり独逸社会党, しなるべし, しにも, しのち, しのみにて, しますよう, しやう, しを, し五十金, し人, し処, し平和, し彼, し故, し貫一, するが, するやう, する支那人, だ中倉さん, っ, である, とあるの, といへ, といへども, なんどと, また江戸, わが友, ローマが, 一たびは, 一毫一糸だに, 一香嚢の, 下山の, 中國, 人は, 人咸な, 其の人となり, 内地に, 別紙を, 多謝深謝, 失ったり, 山路の, 復た, 成功し, 或は素晴らしい, 支え得しま, 故に名, 教養あり, 會, 某は, 楮塵の, 概値から, 気な, 水邊に, 渋茶一ぱい, 然ら, 然るに怪む, 生れ来, 組合が, 義兵を, 而し, 聞き難く, 親しく耳, 賢し, 賢しお, 賢しである, 賢しです, 賢しなん, 賢し善, 賢し飲みましょう, 賢で, 辛未の, 金丹の, 題して, 顔し, 顔を, 鬢毛の

▼ 得~ (168, 2.0%)

4 足れり 3 余は, 彼は 2 やと, 以て, 幸であろう, 幸甚, 必らずしも, 我は, 足れりと

1 [144件] あにまた, いかに愚かもの, いかばかり幸, いずくんぞわが国, いよいよ壮盛, おのずから時勢, かのビスマルク, きわめて幸い, この説話, この身代, これぞ怪しむべき, これに, これ以上の, せめて罪ほろぼし, その工業的, その年, その社会国家, それでじき, それで事, まさに金屋, また聊か, もしつがふ, もっとも光栄, や, やとて相, やと彼等, やと欲, よし別ち, わが武士国, わが邦, われの, アカイア勢は, アポローン光榮汝に, ツネを, 一人にて, 一切の, 一百十三日に, 不出来様の, 不祥だ, 世上禍害の, 世間に, 中, 二百二十五日掛り, 人として, 他日多少, 余の, 假令國論定り, 僕に, 元日より, 全体の, 其分にては, 其少なき, 其時こそ, 再び出, 再び来, 再天日, 則ち, 則ち足れり, 勝敗が, 厚く賞与, 史家は, 名譽此上, 君は, 吾人も, 周公の, 啻にその, 四百五十日四人にて, 大佐よ, 大幸これに, 天上の, 天下を, 如何被, 妓と, 嬉しからまし, 子の, 宜しけれども, 実に望外, 実に無量, 容易に, 少なくも吾人, 巍も, 工人を, 年々餘程の, 幸これに, 幸に, 幸のみ, 幸甚と, 幸甚なり, 幸甚なりと, 幸甚なるべし, 幸甚に, 庶幾は, 廿日の, 彼らを, 征韓論は, 心理的の, 必ず成仏, 必病氣を, 恐らく復讐, 惡しき事なし, 意外の, 慈悲ある, 慥成足跡等の, 我事は, 或は不可, 打者は, 攻めあ, 文学史上に, 文法上には, 更に攻究, 曾而不, 本会の, 本懐の, 本望である, 来るもの, 某所之, 此畑と, 死すとも, 死は, 死後再び, 気が, 汝に, 狐狸もしくは, 独り著者の, 百難ことごとく, 目的こ, 神明へ, 私共迄, 紀州其請人ニ相立可, 義兵を, 自然一戦争致候時他人以て, 苦去り, 解す鼠狼, 誠に愉快, 請うこれ, 請人之者罷出, 諸の, 諸将雲, 財施ならびに, 軍陣馬上川沿細道石原人込みかけはしり, 近海に, 過分の, 長い長い旅, 長生不老の

▼ 得たりと~ (136, 1.6%)

6 雖も

2 [11件] ある, いう, うなずいて, し終身複雑, せんか, 勢込ん, 畳みかけて, 言わぬばかりに, 誇りし, 認む可きものなり, 謂ふ

1 [108件] いいいまだ, いうが, いうに, いうべし, いえども, いかに突っ込ん, いって, いふに, いふを, うなずきながら, うれしがっ, お繼, この挙, した, しついに, しわが, し遊戲, するに, するむき, する詩人, せよ, せり, そこへ, その話, たかって, つかまえ翌月, できるだけしなやか, なして, なすが, なすと, なすもの, ぼくは, ます, ますます暴, カラ, ギロリと, ニッコと, ユール註に, 一方が, 上に, 乗しかかった, 云は, 云はんばかりの, 云言を, 傷が, 内へ, 刎ね, 劫掠し, 勇みを, 医師は, 半殺しに, 又市, 喜びました, 喜べば, 大声に, 奨ます, 奬ます, 存分に, 床の間に, 引取って, 御三方, 心嬉しく, 思い, 思うや, 思った, 思って, 思はる, 我が衣類調度, 戯れ給, 抜き打ちに, 振りもぎっ, 敵は, 最後の, 歎ぜしめし, 為す, 為す者, 爲す可から, 猪之, 神尾は, 私は, 称し大阪, 竹童そこを, 答えて, 耀蔵は, 老女の, 考ふれ, 聞ゆるも, 背後の, 腰に, 自認する, 著入る, 言うべし, 言った調子, 言つた, 言つた顏で, 言ふ, 言わんばかりの, 記すれ, 請合って, 踏み込んで, 踏込みざまえ, 追い付いた侍, 道庵先生は, 鎖せば, 附入る, 雖僅に, 飛び付き咬はん, 鸚鵡は

▼ 得~ (123, 1.4%)

9 して 5 なること 4 なるもの 3 なる事

2 [14件] なって, ならないと, なりました, なります, なるだけ, なるという, なるの, なるん, なる訳, 接しても, 来たの, 来た時, 行った, 貰つてる

1 [74件] あり奈破翁, き, くること, したか, したもの, した奴, すぎないと, する, ときどきしん底, なった, なったくらいの, なったこと, なったはなやか, なった宮, なった男宮, なった金剛子, なっては, なっても, ならない, ならない硯, ならなくとも, ならぬこと, ならぬ事, なられること, なり, なりましたなら世間, なりまして, なりますか, なりますよう, なりも, なる, なるか, なるけれども, なるだけだって, なるでは, なるところ, なるほう, なるまでの, なるよう, なるわけ, なる程度, なる過程, ほかならない, また更にちょっとえらく, ゃならんのだ, やった奉公先, やって来るところ, 伴れ, 内具する, 出た時, 出るとの, 勇み立ちて, 参ったわれらども, 右の, 呼び出されて, 導かれつつ, 就いた者, 就かぬもの, 就ては, 帰する, 廻つて其の, 後退りし, 成る友達, 技師だって, 掛けて, 来たん, 来た女中, 来た日本人男女, 来て, 秘かに, 行くと, 行ったぎり, 連れて, 飛んで

▼ 得ても~ (98, 1.2%)

3 それは, それを 2 社会的には, 自らの, 貴方の

1 [86件] いいの, いざ生, この国, この関係, しかも彼ら, そこに, そのただ中, その倫理, その欲情, その法則, その突破口, その荒, その運動状態, それじゃ, たまに麗都, ついには, ともに尊い, なほ余りにも, なんの, のしたいもの, また如何に, みんなは, よけれど, グウテンベルグと, システムを, プリンシプルに, 万人か, 人民の, 人生の, 人生を, 仏教を, 住民の, 何の, 信じ得たこと, 信頼は, 俺の, 個々の, 健康と, 僕の, 全然無くなる, 前者の, 合理的には, 命を, 善くあり得, 地主は, 天下は, 女王へ, 子供の, 実際に, 家父長の, 工藝の, 彼の, 彼らは, 心から閑, 心許す, 感性的に, 感謝する, 我儘な, 戯曲は, 所々に, 挿絵画家と, 明日は, 本体に, 次の, 正当なる, 民画の, 決定的な, 洛陽の, 浮草の, 為し得ないの, 生かして, 生きて, 甲山陸の, 皇室の, 直ぐ後で発, 直ちに不満足, 祖父の, 私の, 科学的公式は, 肝心な, 芸術生活と, 荘重な, 製品の, 言葉としての, 足らざるや, 身は

▼ 得~ (85, 1.0%)

4 なかに 3 ために 2 いくこと, ように, 事, 行くの, 附くよう

1 [68件] あるよう, いかン, うまい旅行, ことで, ことまで, ことを, ためな, ためにのみ, つもりで, ないありのまま, ないこと, なんのといふ, 一語意味する, 伎倆を, 働きとして, 内に, 切りついでに, 切り方である, 切れさうな, 初役ぜひ, 剛力で, 問題は, 場所の, 境に, 夜に, 廃物利用を, 式で, 式に, 張りたいところ, 後は, 意が, 憲法を, 才能が, 打ちこみである, 方が, 旅館へ, 晩に, 有る事, 機, 活動である, 活動において, 流儀で, 現出である, 現象であります, 生活気分を, 礼を, 立たないところ, 立った証拠, 策だ, 美術的な, 良策である, 薔薇色の, 行く人間, 見解は, 見解を, 観念に, 語に, 語によって, 語義については, 通りで, 道は, 道を, 鉄火肌を, 長い様, 開展である, 開展に, 際には, 雪女郎を

▼ 得~ (80, 0.9%)

6 いう 5 云ふ 3 あり, 見得 2 あるも, いうならば, いふ事, 云ふも

1 [55件] ある, あるを, いうからにゃ, いうべし, いえども, いって, いってね, いつて, いふと, くして, したの, するならば, する私設鐵道, せば, なって, なりましょう, なり第, なる, なる活動, まずこの, 一条なり, 云うの, 云うもの, 云ひし, 信じた, 信じたの, 信じ章安, 信ず, 信ぜら, 古人の, 呼ぶ, 呼んだところ, 失二つの, 御覧遊ばされ候わ, 心得て, 思うが, 憧憬の, 戦って, 手を, 手以外の, 斯う, 斯うじゃ, 樣子相糺し, 歎賞措かざる, 申して, 男の, 知ると, 答うる, 羞恥が, 考えての, 考へよう, 規定し, 言い置く, 記して, 論じて

▼ 得右衛門~ (72, 0.8%)

3 である 2 が言う, だ, の声, はその, は妻籠, は言った

1 [57件] から山口村, がこの, が擒, が言った, が養子, それに勝重なぞ, とだ, との間, と九郎兵衛, と寿平次, に一杯, に頼ん, のよう, の前, の報告, の孫, の家, の帰り, の手, の耳, の頼光, の養子, はあてられ, はお, はおどおど, はなお, は伊之助, は伊那, は半分ひとりごと, は声, は寿平次, は少し, は得, は応接間, は打, は有体, は興覚顔, は言葉, は銀平, は黄昏時, までがまた, もう帰ろう, もまだ, も待ち合えず, も思い出した, も油断, も脇本陣, も鬼, を始め, を家, を誘い合わせ, を迎えた, を送り出し, 大きに弱り, 大出来, 待受けて, 思い切って

▼ 得~ (58, 0.7%)

1 [58件] からりと, がもぎ離し, が乱心, が人形室, が促し立つれ, が地蹈, が引返し, が推量通り, が殺した, が毒殺, が物, が犠牲, その時膝押, たちまち血相, といえる, とは同気相, と入, にこう, に使わるる, に憂い, に投, に聞いたれ, に苛責, に見出され, に認められぬ, のため, の名, の帰る, の手, の手籠, の死体, の気味, の短銃, の言いたれ, の面前, の面色, の顔, は下枝, は今や, は四十, は国, は少時, は苛立ち, は袖, は赫, は頷きけり, は高田, ほとんど責, もこ, もほっと, も何と, も呆れ果て, も探偵, をぞ呼ん, を見, 何心無く外, 再び室, 頷きて

▼ 得~ (50, 0.6%)

3 たかるべし 2 ある, ましき事, 済んで

1 [41件] あった, あっと声, ありそう, ありモーツァルト, あるか, あるかと, あるから, あるでも, あるという, あれば, いいぞ, いかにさまざま, えられるという, おである, かく多様, ござりましょう, すでに出発点, そのままに, その人, それ自身を, ついて, つかない, ほに, イデーの, 内より, 功夫と, 功夫として, 千差万別の, 右の, 呼び出したもの, 屹度ぐづ, 手伝って, 文次の, 来るわけ, 溢れて, 立たねえ, 自ら開展して, 行かずかえって, 行きゃしないん, 行って, 訊いた

▼ 得~ (50, 0.6%)

2 しない

1 [48件] かの時, これ什, しきりにすすめた, しないかという, しないであろうか, しなかった, しなかったという, しなかったろう, しません, すまいと, するだらうが, せぬか, せぬの, それが, それ自身独立の, たのしみだけ, つつんで, どこかという, ないと, ないのになあ, ないよう, なかった, なかつた利害, まず第, 一つも, 一切の, 不安に, 中国の, 何という, 何人かが, 其平素憂慮苦心せる, 取れない, 学校たる, 引っ返して, 往かない代物, 得たものの, 思いがけぬ妬みを, 思い切って, 思想の, 数十年来間隙なく, 曉日初, 病氣其物を, 目ざした目標, 私を, 罷出無, 言わねえですぞ, 起こり得ない, 陳腐平凡を

▼ 得~ (46, 0.5%)

732 ぞ, と云う, と思った

1 [30件] からおらア方, からで, からねえ, から得, かわかるだろう, か日和見, し間違, ぜと云った, って返事, ということ, というよう, という事実, という亡国的, という点, という理窟, といっ, とかいうふう, と勘定, と彼, と思う, と思つて, と思ひました, と斯, と考え, と考えた, なア, ねとだけ云つた, わね, 叔父さんが, 得だ

▼ 得~ (43, 0.5%)

10 んだ 2 ことは, もので, んです, 方です

1 [25件] なん, のか, のじゃ, のだ, のです, のね, ばさて, ばとクララ, ば幸, ものだ, ものである, ものです, もんだ, ような, ように, 事が, 事も, 位置とは, 性分で, 方ね, 方法では, 点は, 立場だ, 立場だって, 立場に

▼ 得ざら~ (42, 0.5%)

6 しむ 4 しめた 32 しめる, しめる状態, んやう

1 [23件] しむとかいへり, しむる, しむること, しむることあり, しむるぞ, しむるなり, しむるの, しむるものゝ, しむる原因, しむる外, しむる禁令, しめしなり, しめその, しめて, しめらるべきである, しめられるべきである, しめられる唯一, しめるであろう, しめるであろうが, しめるの, しめるほどの, しめる所, ん体

▼ 得たる~ (38, 0.4%)

3 ものと 2 にやあらん, に過ぎず, ものでない

1 [29件] がご, が上, が如く, が如し, が故, ところの, ところを, ところ有り, にとどまる, にもあらず, に今日, の思, の想, はあらず, はアールケプトレモス, は或は, ものかと, ものだ, ものであったろう, ものでなかった, を喜べる, を慶する, を覚ゆ, を誇りつ, 價を, 幽趣, 材料等を, 神書と, 軍事費は

▼ 得ども~ (38, 0.4%)

1 [38件] あまりおかしく, およバ, さしあげ不, それも, どふもこれなく, なにぶん気もち, 一向かしぎぼふこふする事ハ, 一向一条, 一向手ニ, 世の中は, 今ハ, 今日は, 何共筆には, 何分御, 何分無, 何分道中, 何卒紀州, 何等の, 先早々, 其ぼふず, 其通りも, 同心の, 実におねがいニ候間, 左様致し, 当時の, 後藤庄次郎と, 手きずこれなく, 早も, 是ハ重役の, 玉目少く, 皆一稽古も, 私し, 私儀船を, 蒸気船借入且手銃千廷取入申候て, 長崎ニ於も, 隊中人を, 非常の, 鳥渡これなく

▼ 得~ (38, 0.4%)

21 の知れない 7 の知れぬ 5 のしれない 1 が知れない, のしれぬ, のわからぬ, の分らぬ, もしれぬ

▼ 得~ (34, 0.4%)

2 に横行, に跋扈

1 [30件] な時代思潮, にかしましく, にさき, にその, にのさばっ, にのさばり出, にスキャッブ, にノサバリ, に乱舞, に出没, に勢, に君側, に呑気, に咲き匂っ, に威張り散らし, に浮ん, に猛り, に突, に繁茂, に色付きたる, に跳躍せり, に輝い, に金光, に霞, に頭, に高々, のいろいろ, のもの, の北条一族, の梅柳

▼ 得~ (32, 0.4%)

9 へすれ 3 せよ 2 うにも, した, してやった, するもの, せまいが 1 うも無い欲情, したの, しめるに, すべきを, すべし, する, するが, つし, へ示さず, らしむる

▼ 得にも~ (32, 0.4%)

2 ならないこと, ならないし, 振りにも

1 [26件] ならず金, ならないじゃ, ならないどころか, ならないので, ならない仲裁役, ならなかったよう, ならなかろうじゃ, ならぬ, ならぬもの, ならんでは, ならんのに, ならん話, なりません, なりゃあしねえ, なりゃしないぜ, なりゃア, なり天下, なるわけ, ねむくなり, もうとてもじゃわい, 一々注意, 我慢が, 眠くなり, 自慢にも, 舞台には, 行かれない

▼ 得~ (32, 0.4%)

6 けむや, けんや 2 からむ, けんやである

1 [16件] からす, かりき, かりしに, かりしのみ, かりしも, かりしもろ, かりし也, かりし価格部分, かりし幸福, かりし物, かりし理由, かりし程度以上, くむば, けんやと, けん也, なくも

▼ 得難い~ (31, 0.4%)

1 [31件] からだ, ことで, ことを, という, に人間, のである, ものだ, ものである, ものとして, ものの, 人物を, 体験である, 体験を, 力の, 土地では, 彼らの, 思ひを, 恍惚境だ, 才である, 明師と, 書物と, 樂しみの, 液体であります, 物だ, 特色であります, 状勢であった, 良友を, 評かも, 變り, 酩酒で, 魚だった

▼ 得~ (30, 0.4%)

23 の知れない 2 の分らない, の知れぬ 1 が知れない, のわからない, の解らぬ

▼ 得~ (29, 0.3%)

5 未聢 2 さりとて其

1 [22件] とろけは, 一向其驗, 不相改, 不謂虚説, 何分近頃通行人有, 元來日本國, 兎角聢, 前條, 去朔日府中勢, 実は御存じ, 尚熟考, 御, 御小姓, 御序, 御役等長吏以下支配, 御武備, 御祖母樣, 御道中切角, 最早御, 見當, 誠に万々一, 込み入り候儀

▼ 得たりとばかり~ (28, 0.3%)

1 [28件] あなたを, いかにも愉快そう, いよいよ図, この我, ごっそり移動, その言葉じり, その隙間, です, ドーブレクの, パッと, ルパンは, ルル説明に, 一分間に, 中央に, 会心の, 分け入って, 受取って, 右の, 喜んで, 外へ, 得物を, 手を, 美容術師の, 膝を, 親爺を, 身を, 追いかける足音, 鎖駕籠の

▼ 得また~ (28, 0.3%)

1 [28件] かかる食堂, そうする, その肉, それによって, なさざるべからざること, ほどなく財政, ほんとの, ロンドンには, 云うまでも, 何を, 南方の, 同じ小麦, 名声を, 多く存在する, 女が, 妥當すべきである, 将来研究すべき, 御辺, 持たねば, 捜索する, 損害を, 桃山時代出版の, 特べつな, 良策を, 蛇を, 製造販売の, 貴重な, 遠駆け

▼ 得~ (28, 0.3%)

1 [28件] ありがたし, いか, おもしろきは, かへり, かへりてし, さらにあ, すこしハ, たれでも, どふし, はたして小弟, まあ今, ゆるして, 何卒小生, 何卒御, 喜び可, 宜しく御, 実ニ大幸, 小曽根英四郎, 御うた, 御かわいがりねんじいり, 御ひま御座候得バ, 御出, 御論決, 早々申達, 早明日, 極テたしか, 猶重役, 近立行カザル

▼ 得てから~ (27, 0.3%)

1 [27件] この家, これを, その禁止, である, でなければ, なんの, 一生懸命に, 何れにか, 先ず生, 入って, 十一年たつ, 咳は, 四十年後の, 実に十年, 帰って, 彼女の, 後は, 愈, 朗読し, 来なさい, 渇いた田, 源氏は, 私は, 若い女, 貧民とは, 野末に, 雄心勃々で

▼ 得~ (26, 0.3%)

2 ている, 寂びせめて

1 [22件] て, ていた, てのち, ても決して, てゐる, て一定, て倶行同心, て卻つて, て居ります, て後生, て社会主義建設, て自ら氣, て農作, ならん, なるべく又, は千萬, や, や否や, 得ただけ, 日の, 者悉く, 難きを

▼ 得~ (26, 0.3%)

2 が云った, の云う

1 [22件] から浄善, が出, が去っ, が自室, が錠前, と浄善, と頃合, に云った, に問うた, に微笑み掛けた, の切髪, の手紙, はただ, は五十, は妙, は屹然, は左, は怒り, は正面, は油時計, は透かさず, を振り向い

▼ 得その~ (25, 0.3%)

2 結果として

1 [23件] すぐ上, ピストル銃を, 中から, 人いう, 全社会, 各々には, 喜びまた, 場合には, 増加は, 意義において, 戯曲は, 所有地の, 教に, 旅行券を, 未醒時代には, 法則に, 直接の, 空気は, 結果僕は, 緒長き, 誨により, 金で, 骨を

▼ 得ては~ (24, 0.3%)

3 いないの 2 ゐない

1 [19件] いたけれど, いない, いないか, いないまでも, いないよう, いるが, さぞかし思ひ, ほっとし, もう安閑, 又掘り, 名医と, 国へ, 居ないの, 武士と, 流浪する, 獨り, 艪櫂も, 花の, 若年の

▼ 得~ (22, 0.3%)

1 [22件] かかった色事, がんす, どもいまだ, なかんべか, デカが, 云つたのか, 人間の, 今更自分, 伴われし, 余に, 取次たるなり, 困りけれど, 多々他人, 幕と, 悩む木蘭, 敬虔なる, 枯れうせたり, 済んだかも, 秋をも, 衆中潛み去る, 體を, 鵜呑みに

▼ 得そして~ (21, 0.2%)

2 彼れ, 第二

1 [17件] かかる禁止, このこと, この量, その結果農業, それが, それに, どしどし進ん, 勤労階級の, 四二〇シリングの, 家康の, 彼の, 彼は, 彼らは, 従来とは, 茶ものみ, 資本の, 靴下に対する

▼ 得ながら~ (21, 0.2%)

2 いつまで, それでも飛び込ん

1 [17件] これを, その後更に, それを, ほんとの, より高い, ウィーンに, 他の, 何故物, 半途に, 寸暇を, 彼は, 教育し, 旅に, 王に, 行くべきところ, 見入って, 言いました

▼ 得そう~ (20, 0.2%)

5 もない 2 にない, に思われる

1 [11件] であった, です, な小説, な範囲, になっ, になりました, にもない, にもなかっ, にも思われない, にも見えぬ, に思われた

▼ 得~ (20, 0.2%)

2 で傲慢

1 [18件] があんな, が許さない, だつた君, だな, である, でおしゃべり, でおまけ, で口先, で小心, で少し, で燒餅, なとんと, なもの, なん, な女, に過ぎなかつた, のわたし, の父

▼ 得~ (19, 0.2%)

2 されねば, せねば

1 [15件] しなければ, せざるを, た其の, 主幹松原二十三階堂, 之を, 反映しなけれ, 受けようと, 惡趣に, 所生の, 採用しなけれ, 活用しなけれ, 用ゐん, 結婚後自己名義の, 説明しなけれ, 資金十分なる

▼ 得つつ~ (18, 0.2%)

3 ある間 2 あるの

1 [13件] あった港, あるその, あるは, あるもの, あるらしい, ある報酬, ある智識, ある賃銭, ある資本家, 今日まで, 幾多の, 行くこれ, 進むの

▼ 得~ (16, 0.2%)

5 の苦しみ 3 は失恋 2 の歓喜 1 ではなかっ, でもない, といふ男女二人, には至らなかった, には至らなかつた, は苦痛

▼ 得やう~ (15, 0.2%)

2

1 [13件] かといふ, かはた, がない, と, といふん, とし, とした, として容積重量, とすれ, とは何人, とは思はなかつた, とも思はれず, と云

▼ 得~ (15, 0.2%)

2 に一人, の大学

1 [11件] が現, たいしたもん, で役, で有名, との中間, にお住い, にだ, に入り込み, の大, の関門, へだ

▼ 得易から~ (15, 0.2%)

3

1 [12件] ざる人傑, ざる奇観, ざる才分, ざる無難, ざる胆汁質的, ざる要, ぬもの, ぬ品物, ぬ女, ぬ寶, ぬ徳, ぬ知己

▼ 得さえ~ (14, 0.2%)

14 すれば

▼ 得たりという~ (14, 0.2%)

2 ふうに, ような 1 ことは, のである, ような勇み, ように, 笑い方, 親愛の, 訳で, 顔つきで, 顔であった, 風に

▼ 得たりや~ (13, 0.2%)

5 応と 2 否や, 応という, 応とばかり 1 と波, 否やは

▼ 得よう~ (13, 0.2%)

4 もない 2 のない 1 からである, がない, するの, にも残念, もしれない, もなく, も知れない

▼ 得かつ~ (12, 0.1%)

1 [12件] その穀物, それが, はその, フランスにおいて, 五〇〇箇の, 各品質, 得んと, 方程式, 毛織物製造業者帽子製造業者靴製造業者その他あらゆる, 貨幣の, 貴国国民が, 資本は

▼ 得~ (12, 0.1%)

6 がため 2 だろう 1 として我輩, と望みたる, になに, や

▼ 得~ (12, 0.1%)

1 [12件] おなやの, で仕事, とか何とか, と中井桜洲山人, などといふの, へ, へ寄り, へ徳山, へ招い, へ榎並夫妻, へ行く, を見れ

▼ 得~ (11, 0.1%)

1 [11件] は, ひし, ひしこと, ひしと問, ひしは, ひし慰, ひたる地上, ふまじと, ふ人, ふ價, ふ錢

▼ 得~ (11, 0.1%)

2 の祈祷 1 さえすれ, さしたの, の因, の為, は疑う, 成仏すべし, 成仏する, 成仏の, 致すでござろうお

▼ 得~ (11, 0.1%)

2 はざるべく, はじ, はで, はぬ 1 はでゐ, はない, はなかつた

▼ 得ずく~ (9, 0.1%)

1 からの職業産業, だ無条件, であるらしく思われるが, でなく何, で世話, で飛出した, の犯罪, の話, ばかりでなく

▼ 得です~ (9, 0.1%)

2 ね, よ 1 から, な, ねというよう, もの, わ

▼ 得という~ (9, 0.1%)

2 もんだ 1 ことで, のが, もの, ような, 一字名に, 旧信, 能わざらんも

▼ 得~ (9, 0.1%)

2 つたもの 1 たるべき, りたる唯一, りたる富貴名利, る, るの, るべき, れる者

▼ 得印兼光~ (9, 0.1%)

1 なる主, のことば, のほう, の声, の物語, はじつに, はたして流, は夜泣き, は突如

▼ 得~ (9, 0.1%)

1 したりとも, なりとも臣家相門, のゆえ, の余僧, の俗男俗女, の晩学, までをも望む, を拝すべからず, を敬う

▼ 得これ~ (8, 0.1%)

1 がため, に樹, に蓄餘, に鼬, を倫敦, を冒, を持て, を旅費

▼ 得した~ (8, 0.1%)

1 なあ, のである, 場合その, 後僅かに, 所が, 時その, 科學的智識を, 銀を

▼ 得たりとて~ (8, 0.1%)

1 何の, 報知せられ, 得意の, 打ち興じ杯, 此を, 示さる, 誇る, 頻に

▼ 得には~ (8, 0.1%)

1 ちっともきこえない, ならない, ならないという, ならないとでも, ならないよう, ならぬの, なりますが, 僅一二杯の

▼ 得やすい~ (8, 0.1%)

1 ためか, ためであろう, ために, だろう, にちがい, ものに, 竹細工に, 職に

▼ 得~ (8, 0.1%)

1 たるは, に反し, を詩爾雅, 侍坐之, 同門諸子之, 壁上之漫題, 扇頭紙尾, 矣

▼ 得~ (8, 0.1%)

1 て遅ればせ, に付, は, は拙者, へバ下坂, ま, よし申参候, 故船廻し

▼ 得~ (8, 0.1%)

3 の元 1 ということ, のすく, の百姓達, もすくなし, もとより天

▼ 得がてに~ (7, 0.1%)

6 すと 1 すちふ君

▼ 得ずし~ (7, 0.1%)

1 てやがて, て三十餘, て京, て子, て後法, て毒蜘蛛, て終

▼ 得それ~ (7, 0.1%)

2 からばりばり, は二十六七歳 1 が人々, より費用, を食し

▼ 得たりとばかりに~ (7, 0.1%)

1 ソローハの, 不可解しごく, 力強い調子, 引っ抱え, 莞爾と, 頻りに, 飛出して

▼ 得てを~ (7, 0.1%)

1 さまつた, られるで, りますけれども, り各所, り如水, るに, れば

▼ 得にくい~ (7, 0.1%)

1 かも知らん, のかも, のであります, 御主人, 故におりおり, 故に何, 色だ

▼ 得もの~ (7, 0.1%)

1 うト身, に突張り, を持てり, を振っ, を携, を用意, を落された

▼ 得~ (7, 0.1%)

1 かて大御所, すきに, 世間への, 外聞だけの, 外聞に, 慰みで, 葛藤の

▼ 得~ (7, 0.1%)

2 の法 1 などもどちら, の執筆, の執筆法, は康有爲, を祖述

▼ 得~ (7, 0.1%)

4 からざる 2 からむや 1 すからず

▼ 得~ (7, 0.1%)

1 さむと, ずそれとも, で押付けられたる, なかった, ぬトルストイ家, ぬ彼, ぬ男

▼ 得知れぬ~ (7, 0.1%)

1 一種不思議な, 佳い薫, 力, 教会の, 物に, 異国の, 藝氣の

▼ 得この~ (6, 0.1%)

1 ものは, ように, 光に, 場合には, 成立の, 茶碗を

▼ 得ざらん~ (6, 0.1%)

2 ほどはと家 1 か, とし, とす, や

▼ 得じゃ~ (6, 0.1%)

2 ないか 1 ございませんか, ないかと, ないかね, ないけれど

▼ 得ての~ (6, 0.1%)

1 ことで, 上で, 上ならで, 上の, 歓喜紛失の, 盛り場では

▼ 得~ (6, 0.1%)

3 が爲 1 の心, わが陣, 恐らくはトロイア陣中何事

▼ 得利寺~ (6, 0.1%)

1 でも兵, で戦死, における陸軍, の池, の要路, は地名

▼ 得堪えぬ~ (6, 0.1%)

3 ように 1 なよやかな, ほどにしなし, 苦痛を

▼ 得さしめ~ (5, 0.1%)

1 てそれ, てやり, よ後世之, 死際に, 遠近の

▼ 得さる~ (5, 0.1%)

1 か如し, も宗教, を覺ゆ其原理たる, 所以を, 時は

▼ 得しかも~ (5, 0.1%)

1 人民大衆は, 案外の, 相手が, 私に, 豊富なる

▼ 得たりけむ~ (5, 0.1%)

2 あらずこれ, 肩を 1 いと思ひ

▼ 得たりといった~ (5, 0.1%)

1 ふうに, ような, ように, 顔で, 風に

▼ 得たりとして~ (5, 0.1%)

1 あの臥竜梅, おった, われを, ホッと, 見て

▼ 得づく~ (5, 0.1%)

2 と命がけ 1 の事, ばかりで, や洒落

▼ 得てからは~ (5, 0.1%)

1 これが, それこそ, 一度も, 来ること, 運動せる

▼ 得といふ~ (5, 0.1%)

1 もんだ, 一字名に, 斯樣な, 著者の, 説も

▼ 得~ (5, 0.1%)

2 しと 1 きも, き道理, し試

▼ 得むと~ (5, 0.1%)

1 お通, 勇み給, 欲する, 欲するは, 欲せば

▼ 得~ (5, 0.1%)

1 で母屋, に羊, のお, の五氏, の奉公人

▼ 得印老人~ (5, 0.1%)

1 のことば, のまえ, の物語, の言う, をはじめ四人

▼ 得右衛門さん~ (5, 0.1%)

1 おそい, お上がりください, でも馬籠, の家, はそう

▼ 得四郎氏~ (5, 0.1%)

1 が稽古, の友人, の手許, の許, 同柴藤精蔵氏

▼ 得堪へず~ (5, 0.1%)

1 やありけん, 口惜く, 小癪なる, 心の, 笑ふなりけり

▼ 得易い~ (5, 0.1%)

1 か如何, ことだ, と云い, 材を, 親しみが

▼ 得易く~ (5, 0.1%)

2 一将は 1 ない人間, なかった, なり胃腸

▼ 得~ (5, 0.1%)

1 あるが, でやがて, のみ, はただ, を現

▼ 得~ (5, 0.1%)

2 を礼拝 1 としての彼, の印, はこの

▼ 得ある~ (4, 0.0%)

1 ときは, 薬種商が, 行商人が, 解釈が

▼ 得され~ (4, 0.0%)

2 ていない 1 ておらぬ, 難いこと

▼ 得たりとも~ (4, 0.0%)

1 あはれたちまさり, その経国, 收支の, 絶念めての

▼ 得つる~ (4, 0.0%)

2 と問 1 や, やまひゆゑ

▼ 得である~ (4, 0.0%)

1 がゆえに, ことは, ことを, と例

▼ 得とは~ (4, 0.0%)

1 これです, これなんめり, 云は, 云わなかった

▼ 得にくかっ~ (4, 0.0%)

1 た, たこと, たに, た時代

▼ 得やすく~ (4, 0.0%)

1 なったので, なってからは, 一将は, 仕事も

▼ 得且つ~ (4, 0.0%)

1 その上, その資金, 佳吟, 議会期にまで

▼ 得堪えず~ (4, 0.0%)

1 ぞっと震い, と言う, 候, 彼れ

▼ 得大帝~ (4, 0.0%)

1 の前, の宿志, はそう, は和蘭

▼ 得~ (4, 0.0%)

4 に諸

▼ 得少し~ (4, 0.0%)

2 の間線路 1 の様子, 力づいた

▼ 得従って~ (4, 0.0%)

1 いかなる部分, すべて同様に, 地代の, 多くの

▼ 得忘れぬ~ (4, 0.0%)

2 面影に 1 その面影, 萬感一時に

▼ 得或は~ (4, 0.0%)

1 歡喜の, 衆生の, 閑靜處に, 非器

▼ 得来った~ (4, 0.0%)

1 ものか, ものである, ものを, 智識の

▼ 得~ (4, 0.0%)

1 似之, 所得ぼうばくとして, 畏家人知乎, 著境界三昧

▼ 得立てず~ (4, 0.0%)

1 ズルズルと, 両手の, 地の, 身を

▼ 得~ (4, 0.0%)

2 の音 1 または骨董, 又は骨董

▼ 得~ (4, 0.0%)

1 の前, の知らせ, は屹, もぐっと

▼ 得~ (4, 0.0%)

1 の妙術, の秘奥, の秘書, の術

▼ 得おの~ (3, 0.0%)

2 づから三年八年三十年四十年 1 づから功夫

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 またはくしゃりと一度, やうに, 然るなり

▼ 得かく~ (3, 0.0%)

1 て人類, て大戦後ドイツ軍事界, て最

▼ 得かの~ (3, 0.0%)

1 四百余年前コロンブスの, 地に, 迷では

▼ 得こそ~ (3, 0.0%)

1 すれ損, 止まじ真夏, 死なれぬわが

▼ 得しも~ (3, 0.0%)

1 一人舞台の, 実は生まれ所, 寒冷の

▼ 得それから~ (3, 0.0%)

1 盛んに, 鍛冶職を, 長さ

▼ 得たる所~ (3, 0.0%)

1 によりそれぞれ防禦, の位地, を

▼ 得たる者~ (3, 0.0%)

1 はその, また到底, 推されて

▼ 得てからに~ (3, 0.0%)

1 して, しないの, するの

▼ 得てこそ~ (3, 0.0%)

1 人も, 始めて女, 誇りと

▼ 得でも~ (3, 0.0%)

1 何でも, 俺らそんな, 氣の

▼ 得とに~ (3, 0.0%)

1 功夫せられゆく, 功夫せられゆくなり, 功夫せられる

▼ 得とも~ (3, 0.0%)

1 いうべきは, もし愛, 竊ニ事を

▼ 得ならぬ~ (3, 0.0%)

1 薫りが, 薫香の, 香気な

▼ 得にくく~ (3, 0.0%)

1 なる, また高く, 新田場などの

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 ウンと, 手真似にこそ, 正当な

▼ 得ばかり~ (3, 0.0%)

1 して, では, 考えるなんて

▼ 得または~ (3, 0.0%)

1 一種の, 彼らは, 自ら消費せん

▼ 得一定~ (3, 0.0%)

1 の手続き, の方向, の職

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 差上候也, 換旧裁, 申候

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 の和, の思はざる, を得

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 の一切, の商品, の者

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 の法, の窮極, の術

▼ 得初めて~ (3, 0.0%)

1 そのマアザミ, ゐた頃, 解脱の

▼ 得印老士~ (3, 0.0%)

1 のほう, の一行, は指

▼ 得堪へぬ~ (3, 0.0%)

1 ものの, 悲憤を, 泣音は

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 にその, 帝位に, 流行と

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 もまた, を作る, を得たる

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 この旨, ってまた, れり必ずまさに

▼ 得庵先生~ (3, 0.0%)

1 の著, は堀江, 御在宅

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 の前, の頭脳, をし

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 すると, の機, は棠軒

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 る者, る自動車屋, 時は

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 が爲, より蝋石面, れ国政萎靡

▼ 得更に~ (3, 0.0%)

1 アメリカの, 一年餘を, 又球円

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 で小牧甚三郎, に取立てられ, の若

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 といふ, の後, を渡っ

▼ 得火太立旅館~ (3, 0.0%)

1 がそう, という物々しい, の老

▼ 得終に~ (3, 0.0%)

1 其月日をも, 涅槃の, 火を

▼ 得~ (3, 0.0%)

1 その, たと, の彼

▼ 得耐えず~ (3, 0.0%)

1 縁に, 鈴を, 門柱に

▼ 得自身~ (3, 0.0%)

1 の内, の自己道得, の開展

▼ 得離れぬ~ (3, 0.0%)

3 がためなり

▼ 得あり~ (2, 0.0%)

1 ていまだ, 心のちからに

▼ 得あるいは~ (2, 0.0%)

1 そのままに, 自ら現に

▼ 得いかに~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 得かも~ (2, 0.0%)

1 知れませんな, 知んねえが

▼ 得から~ (2, 0.0%)

1 出たの, 好んで

▼ 得さしめる~ (2, 0.0%)

2 ものである

▼ 得ざらしめ~ (2, 0.0%)

2 たりき

▼ 得しかば~ (2, 0.0%)

1 余所ながら, 諸邦

▼ 得しらぬ~ (2, 0.0%)

1 外なりき, 物なれ

▼ 得そこ~ (2, 0.0%)

1 を八文字, を立った

▼ 得それに~ (2, 0.0%)

1 よつて, よつて其間

▼ 得~ (2, 0.0%)

2 解きがたく

▼ 得たりしかば~ (2, 0.0%)

1 南岳白日衣を, 我等の

▼ 得たりとの~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, 一条は

▼ 得づくで~ (2, 0.0%)

1 お世話してる, は出来ない

▼ 得てかの~ (2, 0.0%)

1 三千円を, 国に

▼ 得てからと~ (2, 0.0%)

1 云ふも, 思いまして

▼ 得てしか~ (2, 0.0%)

1 して, 熱き口づけ

▼ 得てや~ (2, 0.0%)

1 ツと, 破顔せる

▼ 得であった~ (2, 0.0%)

1 といい得る, ようで

▼ 得では~ (2, 0.0%)

1 ないが, なくして

▼ 得とか~ (2, 0.0%)

1 いったよう, せまい台所

▼ 得として~ (2, 0.0%)

1 居る様, 聞き続けた

▼ 得との~ (2, 0.0%)

1 信仰, 證を

▼ 得なお~ (2, 0.0%)

1 引続き滞, 素姓も

▼ 得なかッ~ (2, 0.0%)

2 たの

▼ 得なむ~ (2, 0.0%)

1 と欲, には

▼ 得なる~ (2, 0.0%)

1 ことを, にあらず

▼ 得なん~ (2, 0.0%)

1 だに由っ, や

▼ 得なんか~ (2, 0.0%)

1 切りや, 切りやが

▼ 得ぬき~ (2, 0.0%)

1 に執筆, の心

▼ 得ぼう~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 得むとするの野心~ (2, 0.0%)

2 がなく

▼ 得むと欲~ (2, 0.0%)

1 したもの, するを

▼ 得む愚~ (2, 0.0%)

2 なると

▼ 得やすから~ (2, 0.0%)

1 ざる人物, ざる大

▼ 得よく~ (2, 0.0%)

1 傾けて, 歌ひ

▼ 得より~ (2, 0.0%)

1 この法王, なぜ恩義

▼ 得わかぬ~ (2, 0.0%)

1 文句, 文句テリガラフや

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 見ザルモノアリ, 見ルモノアリ

▼ 得バ私~ (2, 0.0%)

1 しも上京, よりも相

▼ 得ルニ~ (2, 0.0%)

1 過ギナイノデ, 非ザレバ

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 は法王, 小冊子

▼ 得~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ 得乃至~ (2, 0.0%)

1 は天, 菩薩究竟地ニモ尽ク知ルコト能ワズ唯

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 されたもの, 有以

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 て三色摺, て貧賤

▼ 得候儀~ (2, 0.0%)

1 は禁じ申し, は願い申さず

▼ 得健やか~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 得共御沙汰~ (2, 0.0%)

2 の通り

▼ 得共是~ (2, 0.0%)

1 は相調, れ皆

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 れ奚, れ奚ん

▼ 得其版圖~ (2, 0.0%)

2 ノ鋭利ナル

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 でざりき, でで

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 謁, 謁乃賦一律

▼ 得力三世~ (2, 0.0%)

2 との崩

▼ 得取りつかず~ (2, 0.0%)

2 に居る

▼ 得句旋已忘~ (2, 0.0%)

1 と, といふ句

▼ 得嘗て~ (2, 0.0%)

2 使ひ慣れた

▼ 得困難~ (2, 0.0%)

2 に堪へ忍ぶ

▼ 得堪えずなり~ (2, 0.0%)

1 たり, て辛くも

▼ 得外聞~ (2, 0.0%)

1 がある, に懸念

▼ 得大いに~ (2, 0.0%)

1 富んだと, 用ゐ

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 の塔, の穹窿天

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 に刑, に発せ

▼ 得幸福~ (2, 0.0%)

1 を与ふる, を得る

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 だのみな仏教, といへ

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 の糧, の躍る

▼ 得恋メデタシメデタシ~ (2, 0.0%)

1 と考え, よりもよっぽど

▼ 得恋者~ (2, 0.0%)

1 たる君, は何ゆえ

▼ 得愈々~ (2, 0.0%)

1 深きに, 脚氣の

▼ 得意志~ (2, 0.0%)

2 し得る状態

▼ 得~ (2, 0.0%)

2 な私

▼ 得感謝~ (2, 0.0%)

1 で心, に堪へず

▼ 得撫草~ (2, 0.0%)

1 は北海道, や白馬岳

▼ 得易ら~ (2, 0.0%)

2 ず徳

▼ 得来りたる~ (2, 0.0%)

1 を疑うべからず, 生大刀

▼ 得權氏~ (2, 0.0%)

1 が先, の夫人馬氏

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 という全く, にいろどれる

▼ 得次に~ (2, 0.0%)

1 其を, 関タッチイを

▼ 得止し~ (2, 0.0%)

1 て之, て国会

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 がどう, に設計

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 不生動, 又は菜蔬

▼ 得沙婆~ (2, 0.0%)

1 と号する, のこの

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 る後, 即令家僮朝掃時或

▼ 得現在~ (2, 0.0%)

1 では警視総監, の所用日数

▼ 得番人~ (2, 0.0%)

2 へ宛て

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 如月, 怪を

▼ 得知らぬ~ (2, 0.0%)

1 他人に, 渇仰に

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 と同, の国

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 は作り得, も無い

▼ 得置くべき~ (2, 0.0%)

2 ことと

▼ 得脱した~ (2, 0.0%)

1 と云う, 方と

▼ 得自然~ (2, 0.0%)

1 と動き出し, の傾向

▼ 得自由~ (2, 0.0%)

1 と獨立, を得

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 の多く, を垂れ

▼ 得~ (2, 0.0%)

2 次有斯馬國

▼ 得読めぬ~ (2, 0.0%)

2 字を

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 功徳密蔵三味, 邦から

▼ 得辞退~ (2, 0.0%)

2 の手続

▼ 得~ (2, 0.0%)

2 ふやう

▼ 得離れ~ (2, 0.0%)

1 てめんどう, てやる

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 かつた, かりしこの間

▼ 得難聞~ (2, 0.0%)

1 であるの, なるは

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 そぼち風, 自温恭

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 に君側, に惡

▼ 得~ (2, 0.0%)

1 まで睡り, を求むる

▼ 得~ (2, 0.0%)

2 第加

▼ 得鬼神~ (2, 0.0%)

1 の誅せん, 各その

▼1* [946件]

ああ何と, 得あたわぬ貧乏人が, 得あっしゃこの, 得あらゆる生活現象を, 得いはぬなり桜, 得いよいよこんど日本から, 得百人長は, 得たべまいと, 得おのおのその微妙, 得おわってその, 得かつまた今日, 得かという利害心が, 得かなり久しくとどまっ, 得かねての野望, 得からばツか, 得がたいその幸福, 得きかぬほど内気, 得こそとほさざりけれ, 得こらえずして, 得これぞ基督教が, 得これ此等の物, 得さうにもない, 得さしはしなかった, 得さしめぬようである, 得さしめ奉りし徃時より, 得さすべかりしを, 得されどその堂, 得ざったのであす, 得ざった昔の御, 得ざらしめ辱しむ, 得ざらむとするも理なり, 得ざらむトロイアを, 得ざらめや, 得しかツァラツストラが, 得してる僕の, 得しと思いし日, 得しむもの, 得しもの幾人ある, 得しわが名, 得し得ざる時英霊の, 得じゃねえ立派な, 得じゃァごあん, 得すでに善を, 得すなわち同一の, 得するの正, 得せいで父上, 得せしめるに十分, 得その他造船航海の研究, 得それらを綜合, 得ぞなもし, 得たしかに文芸懇話会よりは, 得ただ一人打くつろぐ, 得たちゅう物を見る, 得たてまつらるべきやわづか, 得たまうべきたよりは, 得たりしかど一家の, 得たりしも切符改めの, 得たりといふ構へで, 得たりといふのみにて譬へば蜂, 得たりとのみ云は, 得たりとはその場合, 得たりとばかり之又一分間六万語づゝ六年間, 得たりなど虚偽の, 得たりなどと云うは, 得たれば彼, 得だけに止つて萎ん, 得だのなんにもそんな, 得だろうが損, 得ちゃすぐに, 得やない, 得ついで菱垣廻船積荷仲間と, 得つる病の癒え, 得づくだらうな, 得づくでしたんぢや, 得づくで出たのかも, 得づくならどこまでも, 得てか十数名の, 得てからの新作発表の, 得てけふは, 得てさういふ誘惑, 得てさえくれれば, 得てしかど妾は, 得てしかば自ら獣の, 得てすら僕は, 得てというのに, 得てへへんと, 得てよりはむしろ心, 得であり無と, 得でございましょうこれから少々戻り, 得でない限り決して, 得とうてわざと, 得とかのときの, 得とからくるの, 得ときがたき, 得とくとして物語った, 得とを持たない, 得どう考えても, 得ども何レ長崎よりかへり, 得ども手に銃, 得ども浅手ニて候, 得ども錦繍の文章, 得どれほど自分の, 得なかるべしと学, 得なくなりそして百万ルウブル以上, 得など切るところ, 得などと取替えるなどは, 得などを切つてゐた, 得なほ且長襦袢の如く, 得ならずやといふ人, 得なりとあった, 得なりといふ意義にも, 得なれば毫も, 得なんかを云って, 得なんとす, 得についてはともかくも, 得にてわざと声, 得にでもなるよう, 得にとって必須の, 得にゃならない, 得はなはだ誠実に, 得はるばる島へ, 得ばかりじゃあいけねえ, 得ばりでそれ, 得ば余の幸福, 得ひとたびは失望, 得ふたたび局面に, 得へども何分時節, 得への努力の, 得べからざる事を, 得べけれども其餘, 得ほとんど終世この, 得ほしく, 得まさに用いて, 得まさに共に住すべから, 得またとない美しさです, 得むがための打算である, 得むが為にあらゆる, 得むが為め良匠の精力, 得むことを祈る, 得むとおもふ心ましき, 得むとするのみならず又自ら, 得むとするは詩の第一義, 得むとする時代にあ, 得むとすれどもみなえ婚はず, 得むのおそれをも冒して, 得むものは倫理學説に非ずし, 得むやと深く, 得むや根問ひ葉問, 得むや根問い葉問いするに, 得む乎固より, 得む乎野心満々たる源家, 得む事必定なるべし, 得む如何にし, 得む彼れ策謀, 得む恋うつくしかれな, 得む我等を長く, 得む朗々の聲, 得む樂しみ豈大, 得む武具はヘクト, 得む漫りに, 得もし二百人を, 得もっと多くの, 得やがて一切に, 得やすき事情あり, 得やは去るまじき悪霊, 得よい子を, 得よう道理はない, 得らずしてひたすら, 得らりょうぞ, 得わが藩主も, 得わけてもムーソルグスキーの, 得われ冀州を取ら, 得をも呼んで, 得を以て損を, 得んでせう, 得アノフエレスより瘧, 得ガサツ者である限り, 得ギベルリニがこれ, 得サリシ所ナルヘキモ今ヤ帝国, 得ザルヲ喩フル歟, 得ザルカノ小學程度ヲ以テ國民教育, 得ザルトキハ在京同志ハ悉ク明朝ヲ待タズシテ鏖殺セラルルコトヲ銘記セ, 得ザルト共ニ天日照覽ノ下, 得ザルハ唯人種ニ由ル如ク, 得ザル大々的不便ヲ其, 得ザル缺陷ヲ示ス者ナリ, 得ザレトモ童人種ハ却テ之ヲ能ク成セリ, 得ザレバ醜人トナル, 得シ得ルハ亦論ナシ, 得スト信ス余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス宮内省陸軍皆縁故アレドモ生死別ル, 得スル者ハ國家ノ手, 得ス人民ハ海外貿易ニ倚ラスシテ衣食スルモノ幾ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國ヲ觀ルニ, 得又山地沼沢等, 得ズシテ交ヲ絶チ, 得ズシテ遂ニ当所ヲ退, 得ズト雖ドモ皆蹈襲摸傚, 得ズ安静ニシテ鈴木氏ノ鍼ダケシテ貰ウ, 得ズ斯ニ至ル者ト見エ, 得ズ是レ大ニ易シトスル所ニ, 得ズ露國又依然, 得ズ高円寺ウロウロコーヒー飲ン, 得セシメ初テ, 得セバスナワチ前百丈, 得タカヲ努メテ考エナイヨウニシタ, 得タリト為シ独ダ一ニ書ヲ是レ信ジテ, 得タリ呉ハ虎ヲ得, 得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, 得タリ羊歯科ノ小, 得タリ而シテ魏ハソノ狗ヲ得, 得タリ花ハ皆雌花ナリ, 得タルヲ知リ, 得タルハ固ヨリ膽大力剛ナリシニ由ルト雖モ海戰, 得タル喜ビヲ以テ只管御歎願申上ゲル次第ニ候得バ, 得タル官吏又ハ, 得タル幸運ニ際会スルコトヲ得テ本誌ハ為メニ蘇生シ今後続々出版スルコトヲ得ルニ至リ秋風蕭殺, 得タル新兵器ト火薬ナドノ物智ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 得タル罪ト同坐, 得タル者ヲ記性ニ付シ, 得タル者ナルコトヲ知ル上ニ在リ, 得チベットは申す, 得テイルノハ恐ラク薬剤, 得テ以テ時ニ或ハ書説ニ, 得テ小ヨリ大ニ至リタル者タル可レバナリ, 得テ幸イニ病魔ノ退散, 得テ本誌ハ為メニ蘇生シ今後続々出版スルコトヲ得ルニ至リ秋風蕭殺, 得テ萌出ルハ実ニ悦コバシキ譬ナリ, 得テ青ク籠ニ満ツ, 得テ高橋子モ, 得トルストイやドストイェフスキイ, 得ト雖モ古物遺跡ヲ基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ, 得ナイノハ申シワケガナイケレドモソウカトイッテ彼女ガソノ不足ヲ補ウタメニ, 得ナイ羽目ニ陥レテ, 得ヌ家族ガアルコトニ想ヒ到ラレヨ, 得ノコトモ有ルカラソレヲ手紙ニ書イテ送ッタガ, 得バ一人ニ付一年どふし, 得バ一国だけの論, 得バ一家の事ハ, 得バ両国之重役立合, 得バ中島作太郎方迄つかい, 得バ事ニより近日山口, 得バ二三百人斗ハ私し預候得バ, 得バ人をうつし, 得バ人数きま, 得バ今まで御無音申上候, 得バ何か上許, 得バ元より天下, 得バ其ま, 得バ其御心積なり, 得バ其御船ニ而小弟の危難, 得バ加七が自, 得バ勝先生近日に長州, 得バ双方会計の者, 得バ土佐の御用達, 得バ夫ばかりの事, 得バ小松者おふか, 得バ左の覚さし, 得バ手ををい, 得バ日数も相, 得バ此上疑相, 得バ此人数をうつしたれ, 得バ此度の事, 得バ此拙蔵ハ何でも出来る, 得バ死候時も猶, 得バ清次郎一人でさ, 得バ自分もちてを, 得バ自然近年中御出軍, 得バ船の士官, 得バ萬一の時, 得バ衷心の歓喜何物, 得バ西ハなが, 得バ通常の手紙ニ, 得バ陸奥さへウンとい, 得ヘク第一線ハ則チ海軍ヲ曰ヒ, 得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 得ベカラズ歳月ヲ以テ, 得ベキニ非ズ, 得ベキハ勿論ナリ, 得ベキモ其眞實ヲ去, 得ベキ力ヲ有, 得ベキ基本ヲ作ル, 得ベキ日本及日本ノ同盟スベキ國家, 得ベキ爲ニ男子ト平等ナル國民教育ヲ受ケシム, 得ベキ理由ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, 得ベキ知己友人其他ヲ瓣護人タラシムベキ完全, 得ベキ者ニ非ラズ, 得ベキ財産限度ヲ壹百萬圓トス, 得ベキ資本ノ概算ハ推想スルヲ得ベキモ, 得ベキ資格ヲ喪失スルト同時ニ, 得ベク以下ノ各省皆同ジ, 得ベシ雅人取テ盆松, 得マセンガコノ前測ッタ時ト比ベテ異状ハアリマセン, 得マリユスはコゼット, 得ラレヌ今歌ニスガリテ, 得リーブはファラデー, 得ルカ其疑タル死ニ至テ尚未, 得ルカ得ザルカノ小學程度ヲ以テ國民教育, 得ルガ如キ特別ナル事状ナキ限リハ妻ニ於テ一家ノ生活, 得ルガ如ク只自, 得ルガ如ク云々の諺, 得ルコト極メテ速カナル者アレドモ, 得ルコトヲ要ス, 得ルコトヲ特徴トスル多腕人間方式, 得ルト雖ドモ組織セル念慮ハ之ヲ作ルコト能ハザルナリ, 得ルノ大處ニ立ツ, 得ルノミ採芝図所載, 得ルノミナラズ蒸焼ヲ二回ニ, 得ルノ具且ツ己ヲ保護スルノ具アリテ, 得ルノ結果ハ其徳ノ寛大ナリト云フ源因ニ, 得ルハ亦論ナシ, 得ルモ速度ハ遅シ, 得ルヤ決シテ能クセザルナリ自ラ, 得ル云々ノ多, 得ル処ヲ求メタリケルニ, 得ル制度ノ改造ヲナサバ日本, 得ル力ヲ与, 得ル國家ハ同時ニ國民ノ自由, 得ル夫ハ今カラ, 得ル所以ハ凡テ國家ノ保護ニヨル, 得ル方法如何デアルガコレ本社ガソノ奉仕的企画ヲ今, 得ル有ルナリ故ニ植物学, 得ル機会ヲ掴ンダ, 得ル權利ヲ設定スベシ, 得ル目的ヲ以テ, 得ル程度ノ意, 得ル等ノ効果, 得ル者当ニ是, 得ル者ニ非ズ, 得ル覺醒的民族ト然ラザル者トアルハ, 得ル部分ハ他ニナイ, 得ル限リノ手段ヲ取, 得ル限リ声ヲ低, 得レドモ組織ナル觀念ヲナシ得ザルハ, 得レバ吾徒復タ何ゾ汝ヲ怨ミ汝, 得レバ美人トナリマタ当ヲ得ザレバ, 得ロンデレチウスの, 得計ラントスル社會政策者流, 得ンヤ此ニ於テカ専心一意之ニ従事センガ為メニ始メテ俗累, 得一つは蟆人, 得一善則拳拳服膺而弗失之矣, 得一大決心で家人達, 得一尺を得ん, 得一屋復還, 得一書未報, 得一点ばりで堅気, 得一点張りの註文, 得一驚を喫候, 得もありゃ, 得三これを打見遣り, 得三一度手を動さば, 得三下枝をば高田, 得三冷笑い, 得三呵々と打, 得三室外へ躍, 得三引取って, 得三後居にどう, 得三手燭にてこの, 得三様貴下は可愛い, 得三等がお, 得三等誰そやと, 得三郎を須藤, 得三頭を傾け, 得三高田等は驚き, 得上げで平伏, 得不浄身もて妄り, 得且ツ基督教団ノ基礎, 得世襲子孫に伝えた, 得世間の人間, 得世間的に名, 得中氏はこれ, 得中閣に着いた, 得乎良布見者, 得乘らじとよ, 得乾興元年には晋国公, 得了んぬ, 得が看護中, 得敗れたら逃, 得とは義絶, 得二会と三会, 得二月日本政府代表は国際連盟, 得二里余り常葉川を溯りました, 得はぬ, 得云々とあり, 得云々言辞は至, 得五分の算盤玉を弾き込ん, 得人跡板橋霜次犬冢印南先生遺稿, 得今入宋求法の, 得今日もなお, 得今更のよう, 得仏来というはじめ, 得仏来所経諸劫数, 得仕事をさせる, 得怪を, 得仮親を立て, 得仰せにははかろう, 得伯夷を慕う, 得を占め, 得を味わい得た, 得何ぞいわんや人間界の, 得何人が何人, 得使を走せ, 得來たるや, 得來つたといふ確, 得來つた所がある, 得來つて身分高き中央縉紳, 得便乃去住自由という, 得俚医之レヲ用ウ, 得信仰者は全く, 得信実であれば, 得信神慈善の業, 得修養を積まれる, 得俸給を受, 得候事やらん, 得候処は必ず, 得候各々様ゆえ別して御, 得候戦よりつまらぬ, 得候有来候神社嶽, 得候次第折々亡父, 得候而書に述, 得に右三種, 得の貰つた賞品, 得僧智現の名, 得に帰朝, 得先ずこれで, 得光栄少なくし, 得入らずしてひき返せり, 得入空華月所如是縁庵等と号, 得軍の, 得全国の青年たち, 得公祝をし, 得共おのれも風邪等, 得共さるにても御, 得共に合力し, 得共一國の武備, 得共一時に御事, 得共乗船御供被仰, 得共些も勞, 得共今少し御, 得共何れ両三年已前, 得共何如様共可致, 得共何時御立帰りになりたる, 得共先々頑健罷在, 得共先年当村, 得共先月末当月初両度之乗様, 得共全快之程不相, 得共兼て御, 得共内心は不測, 得共前度殊の外入口六ヶ敷候, 得共只今迚も多, 得共右御條, 得共右様の次第, 得共右等之處宜敷, 得共国中一統人気も平常, 得共外に疑, 得共如何様とも工夫, 得共小屋木等朽居候故年限難, 得共小網町に而, 得共常識より判断, 得共平生船中は勿論, 得共幼少より戦国, 得共廟議少しも, 得共御国へかへり, 得共我一代は兎角, 得共明廿三日より出勤, 得共東湖も心, 得共此前より唐日本, 得共此節一向ニ銭切ニ而困, 得共此節柄餘儀なき場合, 得共此迄の御, 得共病気引込中奉願上候, 得共益御機嫌宜敷, 得共私事六十余歳罷成, 得共私荷物ハ皆失, 得共纔中兩日之御, 得共至而難題至極と申此上, 得共言葉を替せ, 得共頓と御, 得共餘程臟腑も迷惑, 得共鳴のある, 得其処に祀られた, 得其史料にし, 得其学校に籍, 得其學校に籍, 得其将さに傾覆せん, 得其意早々下田港, 得其木を植え, 得内大臣に昇り, 得内容を得, 得出ずに居る, 得出來さずに, 得出藍の譽, 得分化して, 得の程度, 得利寺海竜城黒山屯長春遼陽鉄嶺湯崗子等に農場試験地, 得制度を顛覆, 得剰えその時, 得の處, 得力量三十人に倍し, 得勇気を得, 得ざりき, 得動物試驗を行つて有效, 得勝楽という軍楽, 得勢い旭日の, 得十七歳のとき弁護士, 得十分に読書, 得十月下旬大略義仲史蹟を歩い, 得十郎らの先任出役中, 得隅無, 得半分の意地っ張り, 得はざる, 得印五人組のため, 得印先生はハラハラ, 得印兼光老士は門弟, 得印家に生まれ, 得印老士兼光の低, 得印門下の四人, 得印門下平鍛冶の大男, 得即ち不能といふ, 得に入れ, 得又は衣食婦に, 得叉尸羅城の青, 得肌を, 得口語なら, 得古今之平, 得只今より我々, 得可らざる事, 得可キハ第一, 得可有之事, 得可食の雜草, 得につき又, 得右衛門ただ一人板塀を廻っ, 得右衛門たちに追いついた, 得右衛門なぞはいずれ, 得右衛門居住い直して, 得右衛門得右衛門が養子, 得右衛門方はと見る, 得右衛門立停って, 得合祀費用三百五十円払いて, 得同家の地方用人, 得同時に世間に, 得同輩同職に対しては競争, 得名前を変え, 得名山が天, 得名津に立ち, 得君寵も厚く, 得なるのみ, 得味方をし, 得唐代の諸, 得喜捨する者罪, 得嘉永六年正月萩を発し, 得四郎氏以下多数参列の下, 得四郎氏揮毫の隷書, 得四郎氏縁故者牟田口利彦氏常任理事佐藤文次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 得囲みを解い, 得図書館は管理, 得国会は之, 得在来の御家流, 得を得, 得地の利を得, 得地上のそれぞれ, 得地中を洞, 得堂宇も起し, 得堅く相守るべき, 得堡大學にも昨年, 得堡大學東洋言語科大學, 得堡等の國都, 得堪えず倒れたであろうあたかもその, 得堪えられぬように, 得堪へずして起ち, 得堪へずなりたり, 得堪へず呻き苦むを, 得堪へぬらしいなよ, 得夕日の照り, 得苦多, 得多く事を解, 得多年の夙志, 得多摩の府中, 得夢定見大姉池田全安妻, 得大乗の祖師, 得大抵両三人, 得大正九年漢口に赴任, 得大王は約, 得天下をし, 得天下英才而教育之三楽也, 得天劉石菴と云, 得天孫種族本来の美点, 得失敗しても, 得失火を睹, 得奇書坐, 得好く振舞つて舞台の, 得妙果の境界, 得は又, 得妻子とともに楽しく, 得妻帯し得るの, 得姉たちは六角牛, 得始めより窮, 得姓名を藪原辰一, 得姿を変えた, 得さずて, 得婚姻によりて想界, 得と云, 得を買, 得嫦娥は吾人, 得存候然者, 得学習すること, 得宇宙広しと, 得安住し得て, 得もしくは密, 得客先へ配達, 得をどうして, 得家屋を焼, 得宿に帰った, 得富強を致す, 得を得ん, 得寺塔を觀, 得寿院量遠日妙信士, 得将来東洋貿易の中心, 得尊者特に好む, 得小説に読み耽り, 得少しく涼し, 得少なく之に, 得少なくとも寝食の, 得尭孝は二条流, 得尼のは階段, 得ぶるいし, 得を司る, 得工場の一部, 得已に世の, 得已事情の下, 得已嘘をついた, 得已強訴之者打払之令出近郷, 得已拙筆にて補板, 得已斬殺に及びし, 得已賀状を以て拝趨, 得帝以来不断西欧の文化, 得帝欲起取空曰三郎勿起, 得師子わが後, 得の鼠, 得引くと, 得幕府政治の建設, 得有旨令與不空驗優劣, 得幾くもなくし, 得幾清明と, 得の見解, 得度しがたき悪魔として, 得庵先生これなり, 得廃墟の, 得延テ帝國國防ノ如何, 得張りに接し, 得彫らじといい, 得でもあり, 得彼女は遂に, 得往生新しくやった, 得往生必無疑と, 得孝孺の, 得後者はそれ, 得徐福畏誅不敢還, 得従前からすでに, 得従容以テ公命ニ答ヘント欲ス而シテ余ヤ素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, 得従者をつれ, 得從つてそれの表現, 得從來未知の成分, 得心解け, 得寛, 得心して帰るかも, 得心づくの果し合いとは, 得心づくで事を, 得心づくで借りた借財何うし, 得心根のやさしい, 得心臓が弱かっ, 得忍ばず涙ぐむともうはらはら, 得が帰らん, 得志恒にその, 得志虎を以て友, 得るまじく可, 得へず, 得思想界における反動的勢力, 得へじ, 得恋人を得, 得恩愛を得くべき, 得でした, 得悪い文句が, 得悪業を犯せ, 得恐有, 得に内, 得我智慧を以て取り, 得或いは寧ろ常にそうである, 得戸外に子供幾人, 得所謂印税成金になっ, 得手づるを見つけ, 得の小, 得才色双絶, 得批評し得るという, 得拝眉大慶不過之候, 得挙げざりし病人の, 得挙げずゐたり, 得損なった人が, 得一切衆生三昧, 得撫以往の北千島, 得撫草色丹草など帝国極北, 得へなん, 得攻落さねば, 得放れざるかの客, 得政治軍事経済の三面, 得故にこの石, 得ひを, 得敵将五人を捕虜, 得の門, 得斎塗りの黒壁, 得斎節の前, 得な徳, 得新たに, 得だと, 得日ごろ好む和歌, 得早くから京都へも, 得易きも太田蒲坂兩氏, 得の天子, 得時として少しく仕事を, 得時にその国, 得暁風一味涼, 得あれば, 得暴飮よりし, 得書かないうちに, 得會賦詩遣懷, 得朗詠集の類, 得来つたもので, 得松下村塾を興したる, 得果てざる間に, 得枯木と生葉, 得梅泉は早く, 得楊氏の婆, 得楚知張皀旗等を失う, 得などとはあんまり, 得模倣者や亜流, 得権威を振ひ, 得に乗じ, 得機関誌を会出版部, 得檻輿長門に下り, 得次いでは世, 得次の間の宿, 得次第いつも矢, 得次第に正誤し, 得次第独立しなくっちゃ, 得直に戰爭, 得止太平号は当地, 得止本誌の進呈好意, 得此卦といひ, 得死ぬことすら, 得残りは労賃, 得は金徳, 得殿軍の任, 得水佳ならざれば, 得決めないでいます, 得沈紋とは土器, 得沮洳の地, 得法せりとも比丘尼等, 得法王の偶像, 得はで, 得洪武五年より後, 得流石に先生, 得城風雨詩, 得為すまいと考えた, 得と彫り付けた, 得無い喜びに, 得を得, 得熟す故に五月, 得爽快ならずと, 得爾来七年間光田園長の, 得物貨は汽船, 得特に女子教育の, 得はね, 得玉はんとなら, 得の所, 得現在私の助手, 得として蒼玉の, 得甚だ之を, 得生死又何くに, 得生田なる者, 得甲子の旧遊, 得申し候, 得申したあの御, 得申す以来お, 得申候加藤玄智氏等の仲間, 得を生め, 得男子の間, 得留まらぬ真逆, 得白洲え差出, 得そう思っ, 得しようと, 得赤くし, 得直ちに獄舎に, 得見残念至極, 得真実の生命, 得瞽官の授与, 得知らずただわが, 得知れざりしを医員, 得知れない薄黄色い, 得と為すべし, 得硯箱茶器ノ製作ニ巧ミナリ, 得社会を改革, 得神人交通の靈力, 得神通圓滿せる智者, 得祭酒は義舍, 得秀作である, 得の心, 得の本, 得秋風蕭殺の境, 得は中策, 得称名の功能, 得立てねちろちろ, 得立てずゐるを婦人, 得立てず傷み悲み, 得立てない女を, 得立博士や美学, 得立教授でありこの, 得立派な家, 得竜女の髪, 得篳篥の孔, 得を上げたら, 得な料亭, 得紙類を少し, 得素朴な驚異, 得給いなんと申しき, 得給いしものと, 得給はんためには美しき, 得給ふからであります, 得統一を得るであらう, 得繁盛する珠, 得繆公道中で二童子, 得いて, 得罪人も一変, 得美人は又, 得翌年姉のファンニー, 得考拠之備, 得者乗船仕候得者持病差起候者必然, 得者乗船御供御免被仰, 得者其上にては度々, 得者兼而眩暈之気味, 得者忝くも松雪院様雪の如き, 得者持病差起候者必然之儀, 得者松雪院様何とやらん, 得者纔三間之矮屋也竊審容膝之易安, 得者血少しばかり, 得して, 得而吉で延喜, 得ヲ也末代以テ如此成ヘシ, 得肴近日諸子学術頗進後句及之, 得脱するように, 得自らその勝利, 得自殺に成功, 得自然科学は他, 得自由党全体の意思, 得自由黨全體の意思, 得自覚をもち, 得自身鞆の津, 得良寛の字, 得若い娘は, 得若し家族が, 得英一の死後六ヶ月目, 得の顯, 得シク増額セラレタル年金ヲ, 得は散じ, 得蛇ために長, 得蜀主の安泰, 得行かじあわれ軒, 得行かなかったと, 得行きもせず, 得衛仰天して, 得装飾を向う, 得西暦八百十九年に潮州, 得西鶴によって人間, 得見たまわざりしと覚ゆ, 得覺作二性之資, 得解脱と牢, 得言わざるべく特に, 得討たないでいる, 得詠まぬ歌ぞ, 得一切仏刹三昧, 得試補は訓導, 得読まずにいる, 得調査し得た仏躯凡そ三百五十躰, 得はれぬ屈辱, 得謂はずなりて, 得謙信の父為景, 得に我家, 得貞屯悔豫皆八也といふ, 得を惜しまず, 得財利楽事一切集まる, 得貧苦も病患, 得貴族を現実, 得資金も現に, 得質問書もまた, 得足下之一大著述, 得も無事, 得軽易にし, 得農会長の肝いり, 得辺幅をかざらない, 得送らぬ文は, 得に又, 得はなかつた, 得連夜水を汲み, 得進路を過たざる, 得遂げざりしこそかへす, 得遂げざれども, 得遇ヒ難キノ密法ニ逢ヒタル乎ト五体ヲ地ニ擲チ, 得に対し最も, 得遺憾といふべし, 得邸内はまたたく, 得郎君の紹介, 得部下よくその, 得部下数名を率い, 得部将李如柏李如梅李寧等も孰, 得に歸, 得を得, 得酔工夫伴人歌扇懶妝梳, 得酔郷今歳富, 得善の, 得重恩を荷なった, 得もだんだん, 得金沢表へ帰った, 得金銭を得ん, 得鉄胤はじめその子息さん, 得銖錙の利, 得長寺院の三十三間, 得間接には日本通商, 得間断なく玄徳, 得闘鶏係りの官人, 得の下宿屋, 得く失ひ, 得離れざるを怪し, 得離れた嬉しさ, 得離叛すれば, 得難きぐずり松平, 得難くなれるを, 得となっ, 得后, 得音曲に和, 得須臾婦の目, 得風帆船をもっ, 得食わぬ人も, 得食料の補給, 得飲まずしてこの, 得駁氣にならざる, 得骨格に於, 得無賣處, 得鮮花香裡不帰来, 得を合せ