青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「従~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~後ろ 後ろ~ 後世~ 後姿~ ~後悔 後悔~ 後者~ 徐~ ~徒 徒~
従~
従っ~ 従って~ 従来~ ~得 得~ 得ず~ ~得た 得た~ ~得ない 得ない~

「従~」 2380, 26ppm, 4541位

▼ 従つて~ (354, 14.9%)

8 さう 4 ゐるの 3 どのやう 2 その, だん, もつと, ゐる, 来た, 置く

1 [327件] あた, あたかも女房, あらゆる自然主義者, ありや, ある意味, ある程度まで, ある者, ある迫力, ある限られた, いかに幸福, いくら平生, いくら覚え, いたんだね, いづれ出直して, いよいよこいつ, いろいろの, うけひの, お奥, かう云, かう答, かかる思想, かく仮名, かの女自身, かれ等, この, このアコーディオン, この一文, この一点, この七少女, この二つ, この作者, この問題, この国民, この報告, この場合, この子供, この家庭, この少数, この幾何学, この意味, この文章, この日記, この条文, この混乱, この点, この病, この症状, この科学, この稿, この紀念帖, この結合関係, この落語, この記録, この議論, この路次, この際, この震災, ごくお, さういふ感情, さういふ所, さういふ研究, さういふ能力, さういふ質問, さかい, すうと, すぐれた, すぐれた日記, そういう素地, そう日本人, そこで山水清閑, そのしどけなく, そのはたらきかた, その一部, その世評, その中, その作る, その作品, その価値, その値打短歌, その光, その利用, その劇団, その危険率, その原因, その反動, その各自, その地方, その実際, その家族, その影, その態度, その手, その文学行動, その時代, その時時, その晩, その最高レヴェル, その根本, その歌, その治績, その泊り場, その濫造, その点, その無垢, その理論, その生命感, その生活, その生活態度, その病院, その発表, その監督, その真意, その空想, その美し, その考察, その聡明さ, その衰, その詩人, その負担, その足, その長方形, その頃, その領土, それだけ, それだけの, それだけ何, それだけ変態的, それだけ直観的, たかい屋根, たとへ, だんだん快い, でも居る, という, ともかく秋川家, どう云, どのくら, どの俳優, どの皿, なんとかその, ねんごろ, のみ生きる, はやせ, は浴室, は順風, まさに科学的, またいつ, またこれ, またその, また今日, また将来, また微妙, また更に, また歴史, また階級性, まだこの, もつともつと全, もつとも電気, もともと通り, もみた, もやはり常に, も鑑賞上, ゆかしいもの, よい意味, よく考へる, ゐた人, ゐた技師たち, ゐなければ, ゐません, ゐること, ゐるだけ, ゐるでは, ゐると, ゐるに, ゐるやう, ゐるスーシ, をられる, グルグル回り, 一々即物化, 一度それとなく, 一応ヨーロッパ的教養, 一見巧緻, 両岸, 中臣, 亦夫, 今や健全明晰, 今更, 今更新, 今此, 仮普請, 似而非戯曲, 何とも言, 何一つ手落ち, 何時もとは, 何等自信, 余程の, 例へば近代劇, 倦みがち, 偉鑒門, 光りが, 全大地, 全大空, 全篇, 其の姿, 其の皮, 出来ない, 出来るだけの, 初めて馬, 単なる文明謳歌, 単に, 又た, 又モオタアボオト, 又人生, 又偉大, 又僕, 又僕等, 又利男その他, 又炎, 又職工, 又自分以外, 古くから, 各一つ, 各戴くべき, 各部門, 同じからず, 同じく対話, 同じこと, 同じ言葉, 同先生, 同地方, 唯これ, 堅いもの, 多いと, 多かれ少なかれひと, 大きくなる, 大詩人, 大部分, 好んで, 如何に, 始めて津島先生, 学び終に, 学ぶ, 専ら自分, 少くとも, 少しでも, 居る処, 帰らずなつ, 広い意味, 広く少くとも, 強い誇, 御尊父様, 忘れる必要, 恐ろしい事実, 恰もその, 憎みも, 或は路傍, 或ひ, 或作品, 或時, 描いては, 描く代り, 改めて本書, 散るもの, 新傾向, 新古今流, 更に確め, 書かなくては, 最も広く, 最も極端, 最も純粋, 来たの, 来るの, 某候補者, 極く, 次第に低く, 次第に多く, 次第に大きく太く, 次第に小川, 次第に帰つて, 次第に狭ま, 次第に高めら, 欲するところ, 歩き出しながら, 殆ど徒労, 段々口, 段々強く, 段々愚かさ, 段々通俗化, 段々金, 浅い谷, 深かりし, 混み合, 漸く尾大, 激しい競争, 激しくあばれ出し, 無教養, 無暗に, 無論その, 然まで, 煮こ, 熱い頭, 熱さ, 現に敗け, 生ぜし楽人, 白い煙, 皆厨房, 秋めいた星月夜, 純芸術的, 終に其年, 繰返すもの, 美しいと, 老けて, 肝癪, 行かねば, 解らせて, 記し復, 記す, 詳しき歌, 読んだ事, 読んでしまつて, 諸大名, 起りたる文学, 軈ては, 辛くも, 迂廻線, 随分沢山, 青い円天井, 飛ぶこと烟

▼ 従~ (144, 6.1%)

2 それを, てこの, て人生

1 [138件] がほ, この種, この記念的俳句, これに関する, その真実, それまでを, だんだん熱心, つつ, てお, てこれ, てその, てただ, てはよし, てむ, てシバルリイ, て主, て京都, て信仰, て其形, て出来, て厭味, て変ず, て待合所, て怪, て憶出, て我, て支弁, て故郷, て散る, て散歩, て次第に, て此処, て此寺, て淤邇賀島, て漸く, て漸次, て狭く小さく, て生活, て用語表, て男, て約束, て義太夫語り, て自, て芟, て解かん, て迎, て遠く, て選ぶ, て野, て金州, て音, ながらも将来, はしません, はじめは, やがて男達, 一時代は, 一歩々々滅亡, 一行十人の, 不申候, 世の, 二時発の, 人の, 人情の, 今宵此処に, 以て, 件の, 伝統的制約を, 伯爵の, 何か, 何事に, 何十ぺんに, 何時どんな, 全く同一, 力の, 加速度に, 十二月一日原の, 原稿生活改造の, 反つて, 只管霊感に, 各時代, 名所絵も, 名門の, 堂前に, 場所も, 大きなる, 夫人に, 夫死し, 始て, 嫁し, 寸毫の, 少し宛, 己巳六月十一日に, 座に, 彩色板刻に対する, 後者が, 情死喧嘩等の, 或は相当, 或意味, 敵も, 文化時代の, 板木を, 格別苦にも, 次第に歇む, 次第に背景, 歌志内に, 此は, 歴史に対する, 氏は, 江戸に, 河岸の, 沿道の, 演劇は, 漸次に, 牧師の, 町内の, 益々その, 相幇けて, 短歌の, 社会全般は, 種々事務所側と, 童貞を, 結髪に, 給はず, 総ての, 繁激なる, 翌々年の, 老涼し, 耳と, 胸悪く, 自由に, 若し漢文, 蓄髪し, 西上し, 近頃では, 金銀を, 革命軍の, 香の, 黒衣の

▼ 従~ (114, 4.8%)

2 景樹に, 私は

1 [110件] ある国, これだけ, これを, そのままに, その人, その原理, その句風, その路面, それは, それを, また本国, また白鳥処女説話, 一動一作にも, 一寸々, 一細流を, 両者の, 久しき歳月, 之も, 之を, 今では, 仕事も, 他より, 伝承の, 何時過激派が, 俳聖歌聖と, 働て, 全く菜食主義者, 其交情を, 其人文的発達に, 其成分を, 其記事の, 円滑を, 分業が, 切迫すれ, 劇詩界の, 千差万別の, 原作と, 双方共に, 各種の, 同情相憐むの, 吠, 吾人は, 和合の, 国の, 国家社会の, 堤防修築費の, 変化する, 大学教授を, 天上界と, 夫, 如何なる意識, 始めに, 小士族, 居た丈, 平素より, 幾多の, 序論八ノ系により, 形式の, 彼等の, 意識しつ, 成長し, 我々は, 拈出したる, 支那名が, 故郷の, 新属新種, 日本では, 是等未開民族の, 時間を, 最も信ず, 有意的に, 来たですが, 来たのに, 東都に, 東都を, 枝も, 柳は, 根気能く, 次第に意味, 此事を, 此論文には, 泥濁りに, 浜に, 独立せる, 生ず, 益々顕著, 相衝かざる, 砲術を, 社会問題の, 筆紙墨書籍等の, 維新の, 聊かで, 聯盟に関する, 自から, 芝居は, 萎縮すれ, 行く, 観察する, 詩人の, 諸家の, 諸機関, 譬喩の, 貴兄の, 起る趣味, 進退を, 過去と, 適不適も, 長生ならざる, 飲料に, 飲覚え

▼ 従~ (76, 3.2%)

3 ことに, のは, やうに 2 が好い, ことが, ことを, のが, 様に

1 [57件] が故に, ことと, ことの, に下, に如かず, に有り, のか, のだ, のである, のみ, の一語, は卑怯, ばかりが孝行, やう表面を, や幾多, わけに, わけには, を事, を利, を宜しい, を屑, を当然, を要せず, を賞玩, 一挙一動皆, 主人と, 事が, 事に, 事は, 人, 人々は, 人々まで, 代りに, 以外何等の, 俊和尚の, 修吉に, 傀儡でなかつた, 僕のみと, 内容の, 利益は, 可き, 名にこそ, 土地の, 字を, 影を, 性の, 意が, 意慾の, 方が, 春の, 昭君は, 東亜植物分布区系を, 澹が, 習慣を, 西崎も, 覚悟を, 訳には

▼ 従へば~ (72, 3.0%)

1 [72件] あなたは, いいの, この大きなお, この運動, これは, その前, たとへば斎藤茂吉氏, まさにこの, やはりランドオル, よいか, よろしい, ウソでございます, クグツは, マルクス主義文学理論は, 一つは, 七部集の, 之を, 二匹の, 人類は, 仏蘭西近代戯曲史の, 伊勢国薦野の, 俗社会の, 僕は, 冬嶺名は, 古著屋で, 只一人長育した, 哲学の, 土地会社には, 塩田良三は, 奈古屋に, 始て, 少くとも, 屠蘇は, 常に時代, 平安を, 年次と, 当に, 彼は, 忠行が, 患者の, 批評の, 散文は, 文は, 春杪夏初の, 晶子調之を, 未来と, 杏庵は, 榛軒は, 樸忠は, 此の, 此女は, 此行幸は, 水杵は, 清和源氏と, 清川, 清水氏号は, 父玄道は, 生田頼宗から, 田巻安里は, 自然の, 菊川英山は, 蒲原有明氏の, 蕉風の, 藤原氏と, 蘭軒の, 言葉そのものは, 詮応は, 誰かの, 霞亭は, 霞亭南帰の, 骨董は, 麗蔵は

▼ 従~ (64, 2.7%)

7 ねば 4 うと 3 ないもの, なかつた, なければ 2 ざるべからず, ざれば, しめる, ないといふ, ぬ心, もう容易

1 [32件] うかとも, うとは, うとも, おびただしい数, ざらむ, ざるとき, ざるを, ざる事を, ざる可から, しめたり, しめむとする卑怯なる, しめん, せたきもの, せられた事, たちまち通りすぎる, ない, ないで, ない訳, なかつたから, なかつたトツク, なかつた痕, ぬ, ぬので, ぬは, ぬもの, ねばとて, 主の, 大抵三十代の, 大貴族, 忠に, 蜘蛛の, 連れて

▼ 従~ (27, 1.1%)

2 られて

1 [25件] この乗用車, さへ, た, ば, ばい, ばだ, ば何当を, ば信重の, ば可かつ, ば寛政七年頃の, むこそ, り, パウロの, 一袋の, 儀衛堂々として, 共々に, 推しゆく折りしも, 是れ, 朝廷の, 村娘, 濡れた冬空, 猥褻聞く, 籍田に, 罷出, 隣村より

▼ 従へて~ (26, 1.1%)

1 [26件] これは, すぐ其の, のつ, やつて, ゐる細君, ゐる長男, 京師に, 出て, 到着した, 北に, 司教自ら深夜ひそかに, 女を, 帰つて来る, 常に大国, 幸福な, 悠々現れ, 来る, 来るの, 決然として, 法皇を, 私は, 通り懸つた, 遊燕すれ, 酒を, 閲兵の, 鰭を

▼ 従~ (23, 1.0%)

1 [23件] あなたが, ものが, 一人である, 一行に, 一行は, 中で, 中有功の, 人か, 位置を, 外なき, 形と, 念から, 悪心から, 放免には, 教えに, 牛浜忠太長田真樹の, 神を, 者が, 身分と, 道あり, 道は, 関係でだけ, 関係に

▼ 従五位~ (21, 0.9%)

3 の槍 2 を授けられた

1 [16件] となる, との間, と正, にいたる, になられました, になり, に叙せられた, の, のならび, の位田八町, は禄三十四石余, まで買った, も無用, をちょうだい, を授けられ, を贈らるる

▼ 従~ (20, 0.8%)

1 [20件] いまして, い二人, い種々, うだけの, う敬太郎, えて, えなかった, えば, おりなか, つてその, つて三日前代助が, つて容易に, つて日は, ふことと, パッと, 出揃って, 外から, 多いから, 東海道を, 言って

▼ 従つて彼~ (20, 0.8%)

2 は自分

1 [18件] が自殺, が警察, にとつて行為, には恐らく, の中, の作品, の借り, の愛し, の死, の理論, は三千代, は又, は悲劇的, は碌, は秀吉, は艇長, も亦, を是

▼ 従ふと~ (20, 0.8%)

3 いふこと 2 言ふ

1 [15件] いふの, いふ教, いふ方法, すると, すれば, せば, せんか, の相違, 一歳を, 其が, 千首とは, 当時の, 英吉利の, 諸人に, 魚釣も

▼ 従五位下~ (18, 0.8%)

1 [18件] だ, とある, といふむしろ, になつ, に叙せられ, に叙せられた, の位, の兵衛権佐, の兵部, の唐名, の開拓判官松浦竹四郎, をいただきました, をもらった, をやり, を以て招安, を授, を授け, を授けられ

▼ 従つた~ (16, 0.7%)

2 もので, ものである

1 [12件] がまだ, が余程, が晶子フアン, といふの, ならば, ので鎌田氏, ばかりで, までだ, までのこと, ものかと, ものだ, ものも

▼ 従つて私~ (16, 0.7%)

1 [16件] が持つ, の名, の家, の推称, の眼, の解説文, の青春憂鬱症, はそれ, はまた, はよく, は今日, は無口, は私, は筆, は自然, は色紙製

▼ 従たち~ (15, 0.6%)

1 [15件] が諫め, と簡単, のしらせ, の上, の中, の忙し, は, は皆夏, は耳, は自分, は途中, へ何度, も皆, も起き, を早く

▼ 従つてそれ~ (15, 0.6%)

1 [15件] から規定, が悲観, について彼是, はもう, は一定, は人間界, は別, は抜くべからざる, は文学作品, は相手, は高貴, を手, を指し示す, を描いた, を自分

▼ 従三位~ (14, 0.6%)

3 に叙せられた 2 に叙せられ 1 から正, であり前, であるゆえ, とある, に叙, に叙せしむべき, に進み, に進ん, の栄位

▼ 従四位~ (14, 0.6%)

2 に叙せられた

1 [12件] が与えられた, といへ, となし, においては一町, の参議秀吉, はその, は位田二十町, むろん徳川時代, をめでたく, を授けられ, を贈らる, を贈る

▼ 従~ (12, 0.5%)

3 して 1 なって, なるの, まさしく志, 受け師範学校, 置いて, 美を, 討たると, 討たれつづいて, 飛び掛かり左右

▼ 従四位下~ (12, 0.5%)

2 の少将 1 となった, に叙, に叙せられた, の参議, までになつて, を賜わる, を贈られ, ノ侍従六万千石, 実近, 或は従五位下

▼ 従つて僕~ (11, 0.5%)

2 は君 1 があらん, が柳子, の中, の旅行, は, は所謂, は独身ぢ, は男女, は講談

▼ 従身口意~ (11, 0.5%)

10 之所生 1 之生

▼ 従つてこれ~ (9, 0.4%)

1 がまた, が政治家, で人間, は此, は遠野, もある, をお, を教, を次第

▼ 従~ (9, 0.4%)

1 おふたり, した, したる立案たる, し道徳, すべしと, 名乗る身, 為す以, 称し幼, 致しましたため

▼ 従ふこ~ (9, 0.4%)

3 と能 1 とのみ学び, とはできますまい, とは出来なかつた, とは窃か, ともある, とも刻下

▼ 従ふも~ (9, 0.4%)

3 のである 1 のだつた, のであらう, のであり, のに, のを, の僅

▼ 従~ (9, 0.4%)

1 して, その功, やって, 促さざるを, 失っては, 屏け, 得可く, 殺害し, 酔殺す

▼ 従男爵~ (9, 0.4%)

1 が追求, という, とは法廷, に納まっ, の満悦譬, の胤, の血, の面色, はその

▼ 従~ (8, 0.3%)

2 ている 1 ていた, てゐる, てラ, て居なけれ, て来る, 神意に

▼ 従~ (8, 0.3%)

3 ている 1 ていた, てもどっ, て渠自身, て立ち上がった, て門

▼ 従七位~ (8, 0.3%)

1 が見返った, が首, の年俸, の摂理, の神官, はまた, は山伏ども, は白痴

▼ 従二位~ (8, 0.3%)

3 に叙せられ 1 した, とし, に叙せしめ, に叙せられた, に昇っ

▼ 従する~ (7, 0.3%)

2 ことを 1 か, ことも, とも知らず, を肯, 者を

▼ 従つて自分~ (7, 0.3%)

1 でかう, と平岡, の家, はフオーク, は人, は台所, 或は自分たち

▼ 従つて彼等~ (6, 0.3%)

1 の作品, の所謂, の技巧上, の祖先, は愈々, も手真似

▼ 従ふて~ (6, 0.3%)

1 この句, は下されぬ, ものを, 姑く, 白いもの, 神通自在ぢや

▼ 従ふべき~ (6, 0.3%)

1 ことを, と思召, もので, よしいひし, 事, 旨を

▼ 従へる~ (6, 0.3%)

1 ために, といふ自由さ, もので, ものと, 作, 生活は

▼ 従一位~ (6, 0.3%)

1 こういう人, という長者, に叙, に昇り, の家, をばあまり

▼ 従~ (5, 0.2%)

1 てく, てくれた, てこ, てます, てゆく

▼ 従つたの~ (5, 0.2%)

1 だ, だつた, だと, でした, です

▼ 従つてそこ~ (5, 0.2%)

1 にある, には, には彫刻的省略, に見られる, は馬車

▼ 従である~ (5, 0.2%)

1 かに在る, といふやう, のにどう, 事を, 今や女

▼ 従はず~ (5, 0.2%)

1 にはゐられなかつた, には居られなかつた, にゐられない, 故ら, 終に高粱

▼ 従はん~ (5, 0.2%)

1 か彼, ちふの, とせよ, と決心, と誓

▼ 従つてさ~ (4, 0.2%)

2 うした 1 うして, うなされたの

▼ 従つて一つ~ (4, 0.2%)

1 の問題, の大綱, の姿, の役

▼ 従つて今日~ (4, 0.2%)

1 の舞台, までの観光事業, までは文化的専門領域内, 御話しする

▼ 従つて仕事~ (4, 0.2%)

1 に取り, をしつ, をする, を選ん

▼ 従つて俳優~ (4, 0.2%)

1 が戯曲, の心理表現, は常に, を生徒扱

▼ 従つて個人~ (4, 0.2%)

1 としての同情, の権力, の資本投資, は自分

▼ 従つて厳密~ (4, 0.2%)

2 に云 1 な意味, により喜ばしき

▼ 従つて演劇~ (4, 0.2%)

2 の価値 1 としての独立性, の

▼ 従つて生活~ (4, 0.2%)

1 するやう, せずに, のあらゆる, は荒廃

▼ 従~ (4, 0.2%)

2 のである 1 のであります, のです

▼ 従~ (4, 0.2%)

1 七去, 侍は, 僕を, 執事が

▼ 従~ (4, 0.2%)

1 て又, て有, て膝, て血

▼ 従がって~ (3, 0.1%)

1 それが, 狭い社会, 自信が

▼ 従つてそれら~ (3, 0.1%)

2 に対して無 1 の俳優

▼ 従つてわれわれ~ (3, 0.1%)

1 が自然, はその, は一応

▼ 従つて何処~ (3, 0.1%)

1 からともなく, も濡れ, を歩い

▼ 従つて何等~ (3, 0.1%)

1 の予備知識, の概念, の理想

▼ 従つて僕等~ (3, 0.1%)

1 の心もち, の文芸上, の間

▼ 従つて其処~ (3, 0.1%)

1 で上演, に興味, への行き

▼ 従つて国民~ (3, 0.1%)

1 としての成功, の活動面全体, は彼

▼ 従つて夫人~ (3, 0.1%)

1 に対する憤ろしい, の手, の謎

▼ 従つて女~ (3, 0.1%)

1 の教育, の権利, の肉体的描写

▼ 従つて当時~ (3, 0.1%)

1 としては珍しい, の俳諧界, の難波

▼ 従つて彼女~ (3, 0.1%)

1 の想像, の生活, や彼女

▼ 従つて我々~ (3, 0.1%)

1 がゲーテ, が実際, の間

▼ 従つて戯曲~ (3, 0.1%)

1 なども同様, の全体的価値, の生産

▼ 従つて斯~ (3, 0.1%)

1 ういふ歌, う云, の如き

▼ 従つて日本~ (3, 0.1%)

1 にはまだ, に発達, の学校

▼ 従つて東京~ (3, 0.1%)

1 から見舞, で好き, の印象

▼ 従つて此~ (3, 0.1%)

1 の二人, の仕事, の卿一生

▼ 従つて歴史~ (3, 0.1%)

1 と社会, と自然, 乃至伝記

▼ 従つて自分達~ (3, 0.1%)

1 の後, の恋, も頻りに

▼ 従つて舞台~ (3, 0.1%)

1 が塹壕, の, の上

▼ 従つて芝居~ (3, 0.1%)

1 に行く, の好き, を好まない

▼ 従つて読者~ (3, 0.1%)

1 には先生, の理解, は息

▼ 従であり~ (3, 0.1%)

1 しかもどうせ, 人が, 他方は

▼ 従ども~ (3, 0.1%)

1 の上席位, はこんな, は大抵

▼ 従はば~ (3, 0.1%)

2 如何 1 人の

▼ 従~ (3, 0.1%)

1 おおぜ, 想は, 近づくこと

▼ 従五位上~ (3, 0.1%)

1 で村岡五郎, とある, を授けられた

▼ 従八位~ (3, 0.1%)

1 であるとか, に至っ, の

▼ 従同胞共~ (3, 0.1%)

1 が私, も亦, を愛し

▼ 従四位様~ (3, 0.1%)

2 のお 1 を並べたら

▼ 従しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 従~ (2, 0.1%)

1 と豊国, 願いを

▼ 従つたら~ (2, 0.1%)

1 どうな, 今の

▼ 従つていろいろ~ (2, 0.1%)

1 でせう, な現象

▼ 従つてこれら~ (2, 0.1%)

1 の作品, の機関

▼ 従つてその間~ (2, 0.1%)

1 にくぎり, の事

▼ 従つてほか~ (2, 0.1%)

1 に心, の人々

▼ 従つてる~ (2, 0.1%)

1 だけの話, んです

▼ 従つてわたし~ (2, 0.1%)

1 の相好, は歴史的事実

▼ 従つてテンポ~ (2, 0.1%)

1 も早く, も緩く

▼ 従つてマルクス主義文学~ (2, 0.1%)

1 の作品, は

▼ 従つて之~ (2, 0.1%)

1 を地, を賽

▼ 従つて今~ (2, 0.1%)

1 では以前, の噺家

▼ 従つて仏蘭西~ (2, 0.1%)

1 に相当金, に隣国

▼ 従つて喜劇~ (2, 0.1%)

1 になつ, に厳粛さ

▼ 従つて多く~ (2, 0.1%)

1 の人, の場合

▼ 従つて大衆~ (2, 0.1%)

1 の期待, は安易

▼ 従つて家~ (2, 0.1%)

1 の経済, へ帰る

▼ 従つて小説~ (2, 0.1%)

1 の形, や詩

▼ 従つて山~ (2, 0.1%)

2 はどうも

▼ 従つて平岡~ (2, 0.1%)

1 と自分, を何

▼ 従つて従来~ (2, 0.1%)

1 のやう, 破る可

▼ 従つて文学作品~ (2, 0.1%)

1 が政治, の商品化

▼ 従つて文章~ (2, 0.1%)

1 を書い, を錬

▼ 従つて日本語~ (2, 0.1%)

1 の練習, を習

▼ 従つて是~ (2, 0.1%)

1 は要吉, も代

▼ 従つて時~ (2, 0.1%)

1 には飛躍的, は日

▼ 従つて最初~ (2, 0.1%)

1 はすさまじい, は相当

▼ 従つて梨枝子~ (2, 0.1%)

1 といふ娘, の運命

▼ 従つて次~ (2, 0.1%)

1 のやう, の七名

▼ 従つて氏~ (2, 0.1%)

1 が私, の懐中工合

▼ 従つて海~ (2, 0.1%)

1 に続いた, へ行く

▼ 従つて父~ (2, 0.1%)

1 の様子, は毎日

▼ 従つて瑠璃子~ (2, 0.1%)

1 の容態, は美奈子

▼ 従つて発展~ (2, 0.1%)

2 するもの

▼ 従つて登場人物~ (2, 0.1%)

1 に標準語, の一人一人

▼ 従つて相手~ (2, 0.1%)

1 の人間, を説

▼ 従つて真~ (2, 0.1%)

1 の新しい, の魅力

▼ 従つて社会~ (2, 0.1%)

1 と交渉, に対する批判力

▼ 従つて福山~ (2, 0.1%)

2 を発した

▼ 従つて考~ (2, 0.1%)

1 へが多く, への喰

▼ 従つて芸術家~ (2, 0.1%)

1 たるもの, の自覚

▼ 従つて行~ (2, 0.1%)

1 つた, つたり

▼ 従つて表現~ (2, 0.1%)

1 さる, し得た時

▼ 従つて言上~ (2, 0.1%)

1 し奉るのみ, する事

▼ 従つて言葉~ (2, 0.1%)

1 の応酬, の純化統一

▼ 従つて記録~ (2, 0.1%)

1 せられる機会, の上

▼ 従つて誰か~ (2, 0.1%)

1 が作り出し, が書

▼ 従つて近代~ (2, 0.1%)

1 の演劇, の演劇史

▼ 従つて過去~ (2, 0.1%)

1 のある, の作品

▼ 従つて駿三~ (2, 0.1%)

1 の身辺, は最後

▼ 従~ (2, 0.1%)

1 住居も, 保平の

▼ 従であっ~ (2, 0.1%)

1 て此句, て茂

▼ 従はせよう~ (2, 0.1%)

1 とした, としていらつ

▼ 従はせる~ (2, 0.1%)

1 といふ行き, 方式を

▼ 従ふとし~ (2, 0.1%)

1 ても, て近代西洋文学

▼ 従ふべく~ (2, 0.1%)

1 もない, 高等商業を

▼ 従へと~ (2, 0.1%)

1 中に, 言ふ

▼ 従~ (2, 0.1%)

1 に臆病, は黙々

▼ 従~ (2, 0.1%)

1 亢旱に, 賦し

▼ 従七位様~ (2, 0.1%)

1 えらい博識, は何

▼ 従三位文部卿~ (2, 0.1%)

1 にでもなった, のよう

▼ 従二品~ (2, 0.1%)

1 が光禄太夫, より従五品下

▼ 従五位以上~ (2, 0.1%)

1 においては多く, には正

▼ 従五位八町~ (2, 0.1%)

1 まで, までを規定

▼ 従五品下~ (2, 0.1%)

1 の雅称, までの名目

▼ 従何位~ (2, 0.1%)

1 にし, に叙する

▼ 従四人~ (2, 0.1%)

2 忽ち死亡

▼ 従四位上~ (2, 0.1%)

1 になった, に叙せられた

▼ 従四位上左権中将~ (2, 0.1%)

1 であった, であったが

▼ 従四位下侍従~ (2, 0.1%)

1 にも進み, に任

▼ 従四位下参議~ (2, 0.1%)

2 に補

▼ 従四位少将~ (2, 0.1%)

1 の位, はそのまま

▼ 従祖父~ (2, 0.1%)

1 である, の平田将監様

▼1* [796件]

ありといわざる, 従がっていった, 従がったのです, 従うて僕, 従ごて来るつもりらしかった, 従したる作なる, 従しない関係の, 従し切つてゐた, 従せしめ得たのであった, 従たる一原因に, 従だけをつれて, 従つた一上等兵として沙河, 従つた大工の棟, 従つた幾月も幾月, 従つた忠告は結局一つ, 従つた文学芸術の意, 従つた民こそ真, 従つた由である, 従つていはゆる, 従つていくつもの島, 従つていくら文章が巧, 従つていつでも存在, 従つていつか前人の説, 従つておのづから経済的生活, 従つてお前の文化部, 従つてかくは言上, 従つてかなりの作, 従つてがさつ粗野ともなります, 従つてここでは, 従つてこれら青年男女の, 従つてそれぞれの人物, 従つてそれ自身一つの価格, 従つてちよつと行つて, 従つてつまり二三秒置きに, 従つてどこまでも巧緻精妙化, 従つてなんの躊躇, 従つてひろ子が外部, 従つてぼくはぼく, 従つてぼろぼろに刄, 従つてまれびとの国を高天原, 従つてわが家の平和, 従つてわれわれ外国人の新た, 従つてわれわれ新劇関係者の共同, 従つてアカデミーで許され, 従つてアヴァン・ギャルドの芝居, 従つてカリエスは結核性, 従つてグロテスクの味, 従つてゲーテの見方, 従つてゴブより多少, 従つてサンヂカリズムの共鳴者, 従つてスリッパを一つ一つ, 従つてセンチメンタリズムに堕する, 従つてドラマツルギイなるもの, 従つてニイチエがハイネ, 従つてヒロイツクは彼等, 従つてファルスの主題, 従つてフランス語が前, 従つてプロレタリア文学とブルヂヨア文学, 従つてポウの主宰雑誌, 従つてポストのかげ, 従つてマツチの商標, 従つてメフィストフェレスはデモーニッシュ, 従つてラヂオ・ドラマなる新しい, 従つてヴォルテールが最初シェイクスピア, 従つて一と通り, 従つて一人の人物, 従つて一人位は歌つた, 従つて一切の者, 従つて一割のお礼, 従つて一家の経済, 従つて一年の立つ, 従つて一戸のうち, 従つて一方の進歩的, 従つて一様に曲つた松, 従つて一種の自己, 従つて一緒に暮した, 従つて一般大衆には難解, 従つて一般民衆はこれ以上, 従つて一般興行者も上演料さ, 従つて一葉を読み, 従つて一見して, 従つて丁寧語が敬語, 従つて七八歳以後の少年期, 従つて万葉集のサブシ, 従つて三千代の名, 従つて三脚の机, 従つて上の, 従つて上乗の日記, 従つて上演しさ, 従つて下句も活溌, 従つて不便を生じる, 従つて不用意に発する, 従つて世間一般が文章, 従つて両君はここ, 従つて両親の許し, 従つて中央に糸, 従つて中根以下の人々, 従つて中途半端な表現, 従つて主人の営所, 従つて主君に弓, 従つて主張を転換, 従つて之等の旧, 従つて乗客は一糸, 従つて事を運ぶ, 従つて事業が益々, 従つて二人とも眼, 従つて五雲は思ひ, 従つて享楽を, 従つて京に入り, 従つて京都に帰, 従つて人の生活, 従つて人心が荒ん, 従つて人格も練れ, 従つて人物を崇拝, 従つて人生のうち, 従つて人間及び人間群, 従つて人間相互の感情, 従つて人間精神の鍛錬, 従つて人類生活が益々, 従つて今夜の返事, 従つて今年の新年, 従つて今度出た, 従つて今後の文化団体, 従つて今日存せないの, 従つて今日存在して, 従つて他の人々, 従つて他所行きになつ, 従つて代表作として, 従つて令嬢達を外, 従つて以上の二篇, 従つて以下万葉集の恋歌, 従つて会津其他の征討, 従つて伯爵自身の山荘, 従つて位置を高め, 従つて体力も弱い, 従つて何も谷崎潤一郎氏, 従つて何れも試み, 従つて何事にも公平, 従つて何時か真暗, 従つて何等生産的でないもの, 従つて作品の佳, 従つて作家の方, 従つて作者と共に, 従つて作詞されたもの, 従つて例のウオルトン, 従つて価値を失つて, 従つて俗に, 従つて保健衛生の立場, 従つて信一郎の眼, 従つて値段も安い, 従つて傍丘を或は, 従つて傾向的な文学, 従つて僕自身の作品, 従つて先刻妹の方, 従つて入社しおのれ, 従つて全速力に所置, 従つて八百長を敢行, 従つて公衆的ならずして, 従つて兵科もいろいろ, 従つて其他にも骨, 従つて其国の田園, 従つて其守護の記念, 従つて其絵は万花鏡, 従つて其踊りのやまと, 従つて兼好の眼, 従つて写実的な要素, 従つて凡てが流れる, 従つて出でよ, 従つて出演の講釈師たち, 従つて出版界の革命, 従つて刀を投げ, 従つて判決書の全文, 従つて別荘の一つ, 従つて制作を刺戟, 従つて前よりも一層, 従つて割愛した, 従つて劇評家の批評, 従つて勉強や仕事, 従つて動作し与へられた, 従つて動詞を作つて, 従つて勝平の心, 従つて勢ひ術語, 従つて十一歳にし, 従つて十二畳許の書院, 従つて千八百九十七年版以後のもの, 従つて午前二時五十六分の汽車に乗れない, 従つて南の山の上, 従つて単純なる原始人類, 従つて印象派の芸術, 従つて即興的であるよりも, 従つて原作のユウモア, 従つて収入も少く, 従つて口数が減つて行き, 従つて古代希臘の如き, 従つて句読を受, 従つて各人の言葉, 従つて各人各様の特質, 従つて各自にのみ任, 従つて同地より我師団, 従つて同氏のもの, 従つて同窓たちの頭, 従つて吾五位の如き, 従つて呉清源のほか, 従つて周囲の騒ぎ, 従つて噺家の乗つた俥, 従つて囃子がちがつて来, 従つて四季の中, 従つて四章に分類, 従つて困難とも思はれる, 従つて国のこと, 従つて国境を見ずし, 従つて国家の繁栄, 従つて国家成員のすべて, 従つて国民生活の実際, 従つて国民相互の信頼, 従つて国語の現象, 従つて土着精神が商工者, 従つて在来の演劇, 従つて地方文化運動もその, 従つて地方生活のあらゆる, 従つて地球の大, 従つて執拗く悪, 従つて場合によつて, 従つて塔の頂, 従つて増長するといふ, 従つて壮烈な対敵行動, 従つて声量の試験, 従つて売上げも決して, 従つて変化する, 従つて変容する自然, 従つて変態を生ずる, 従つて外のこと, 従つて外務省は殆ど, 従つて夢声君と私, 従つて大小の山脈, 従つて大抵の方, 従つて大正震災に突如, 従つて大衆文学に於い, 従つて天が自分, 従つて天長節は秋季, 従つて夫の, 従つて夫婦喧嘩の絶え間, 従つて女中頭の深草乃里, 従つて女房子にみせなくつ, 従つて好悪の別, 従つて妙に雲, 従つて妻といふ字, 従つて委員会が開かれる, 従つて姿をあらためて, 従つて娯楽とか休養, 従つて嫉妬の執念, 従つて子供をあまり, 従つて子供達も一所, 従つて存在の権利, 従つて季題のない, 従つて学界に向, 従つて安物づくめ, 従つて宗教的な行動, 従つて官吏なきを以て, 従つて宝池の中, 従つて実感の出よう, 従つて客はその, 従つて宮廷の信仰, 従つて家庭に於, 従つて寄席の客, 従つて富士を描く, 従つて対策については先づ衛生知識, 従つて小穴の教訓, 従つて小説家は彼自身暗澹, 従つて山水を学ぶ, 従つて山科荘司は老人, 従つて岐阜提灯をヴエランダ, 従つて岬の納屋, 従つて嶮しさ, 従つて左に入選作品, 従つて左右に分れ, 従つて巨額の金, 従つて巻数も現在, 従つて市吏員の生活, 従つて希臘全盛時代に於ける, 従つて常世人と言, 従つて幕末のやう, 従つて平凡なる歌, 従つて平生私個人とは疎遠, 従つて年よりのやう, 従つて幾島はたしかに, 従つて幾種類かの詞章, 従つて廃刊のやむなき, 従つて当代に理解, 従つて当分発表するもの, 従つて当時歩兵中尉であつ, 従つて当時私もまた, 従つて形式においても歌, 従つて形式勉強の長, 従つて彦根に赴いた, 従つて彫刻も独立, 従つて彼らの中, 従つて後世芭蕉派と称する, 従つて後者は, 従つて御免を蒙ります, 従つて徳も亦, 従つて心にいくらか, 従つて心残りの長沢, 従つて心理の陰影, 従つて必然的に階級, 従つて忌服即喪, 従つて応分の賃銀, 従つて忠実に発音法, 従つて思想上の価値, 従つて思想的な影響力等, 従つて恋愛は屡々, 従つて悟性の技巧的, 従つて悲壮な顔付, 従つて想像力と批評精神, 従つて意外千万だといふ, 従つて意見を製造, 従つて憔燥が残る, 従つて戯曲批評なるもの, 従つて所謂通俗小説中の人々, 従つて手つ取早く, 従つて手全体がびり, 従つて手前どもも太夫様, 従つて批評の使命, 従つて技倆勝れたる翻訳家, 従つて技術は常に, 従つて拙劣な布置, 従つて揺ぶれるの, 従つて支那の貨幣制度, 従つて政治的価値のなく, 従つて政治経済文化の諸, 従つて教育そのものの孤立, 従つて整列させるやう, 従つて文化部門の専門家たち, 従つて文学を愛する, 従つて文学そのものが進化, 従つて文学三昧も好い加減, 従つて文学座はその, 従つて文学談は単に, 従つて文武両道は武士, 従つて断片的でなければ, 従つて新らしいもの, 従つて新劇なるものの, 従つて新劇運動の中心, 従つて方を処し, 従つて方言を訂正, 従つて旅館が今日経営, 従つて旅館廃止といふことに, 従つて既成の俳優, 従つて日本人贔屓の人, 従つて日本在来の常識伝統, 従つて日頃悪食せし覚え, 従つて明治四年の廃藩置県, 従つて星座の数, 従つて時勢も段々, 従つて晴代は心配, 従つて暇も多, 従つて暗示力が希薄, 従つて最初行つた時に羅漢寺, 従つて最近の感想, 従つて有難味も分らない, 従つて木兎もやはり, 従つて未知に伴, 従つて本多子爵及夫人等の名, 従つて本来厳粛なるべき道徳, 従つて本来尊厳なるべき道徳, 従つて本集は昭和二年八月, 従つて村山知義氏等の提唱, 従つて東表口に向, 従つて東遊し昌平黌, 従つて枕詞の利用範囲, 従つて柔かに青葉, 従つて根本的にはか, 従つて梁川に往つて, 従つて極端な附和雷同性, 従つて構成にはすこし, 従つて欠陥の半面, 従つて欲望に変化, 従つて歌舞伎は良家, 従つて歌舞伎劇には新, 従つて正月が来る, 従つて正面から問題, 従つて此処に一人, 従つて此劇団の活動, 従つて此咄し初め, 従つて此国へ群行, 従つて此書にも巴里, 従つて歩みを運び, 従つて歯の磨き方, 従つて歴史性従つてまた階級性, 従つて歴史的批評への迂回, 従つて歴史的生命をひとつ, 従つて死に飛び入る, 従つて殆んど, 従つて残りの五, 従つて殺人の動機, 従つて比較すると, 従つて民衆の生活, 従つて気兼も苦労, 従つて気持がだんだん, 従つて気風が荒く, 従つて水は音, 従つて水量がちよ, 従つて永久にわが, 従つて永久といつても現在, 従つて求婚に対する妾, 従つて汝等の力, 従つて江戸時代の演劇文学音楽舞踊演芸, 従つて沖縄には優れ, 従つて沢山の人, 従つて河童の風俗, 従つて洋画の道具, 従つて洗ふ水, 従つて洗つて来るかな, 従つて洗練されて, 従つて活字になつ, 従つて浜松から東, 従つて海員の女房, 従つて海岸を行, 従つて渋江抽斎と共に兄, 従つて溪谷を下り, 従つて漂ひある, 従つて演劇人たるの夢想, 従つて漕運の功, 従つて火の様, 従つて無用の論理, 従つて無限の程度, 従つて煮物を始め, 従つて熟語から出, 従つて父祖の恩恵, 従つて爾後の文学的行動, 従つて牛肉店を作る, 従つて特性のない, 従つて犯罪の発覚, 従つて独のみ居る, 従つて玄関へ上がらう, 従つて玄関先の快, 従つて現代の日本人, 従つて現在の自己, 従つて理想社会をめざす, 従つて理窟くさく成り, 従つて甘美で悲劇, 従つて生命の, 従つて生徒の中, 従つて生涯無垢だと, 従つて産後の危険期, 従つて甲は乙, 従つて男性はもちろん, 従つて留守をする, 従つて異同がある, 従つて痛痒は減ずる, 従つて癇癪の反響, 従つて癇癪持のお, 従つて発展性ある再建設計画, 従つて百姓を初めた, 従つて百姓間にはベースボール, 従つて皆消えつつ, 従つて皇極, 従つて盤回すれば, 従つて相異なるべきは, 従つて相槌の打, 従つて相違して, 従つて真実の自我, 従つて眼界が広く, 従つて矛盾に矛盾, 従つて矢張り小学時代から浦里時次郎, 従つて矩を超えない, 従つて研究も広く, 従つて社会的価値をもつ, 従つて祖先を異に, 従つて禁慾主義的とさ, 従つて福原の新都, 従つて私一個としては泰平郷建設, 従つて私共の生, 従つて私同様の御, 従つて私自身の境遇, 従つて私達は神秘的興味, 従つて移動しその, 従つて種々の考, 従つて種族の繁殖, 従つて稽古を進めた, 従つて空襲直後未だ人心安定, 従つて第二義に低回, 従つて筆を執り, 従つて等閑に附せられる, 従つて簡単に手, 従つて簡潔な鮮明, 従つて精神的に豊富, 従つて純粋な意味, 従つて級数的に入浴, 従つて素敵な人数, 従つて経営し得るやう, 従つて経験をつん, 従つて結果は, 従つて絶念めるより, 従つて編集者としてもさ, 従つて繁代と彼, 従つて罪人は女, 従つて美奈子は母, 従つて翼賛会としましてはこの, 従つて而して, 従つて職業に対する興味, 従つて職業的ジヤアナリストを兄弟, 従つて肝腎の授業, 従つて能舞台の構造, 従つて脚本作者は自分, 従つて自余は古く, 従つて自分一個の推薦理由, 従つて自分丈が多く, 従つて自己の自然的, 従つて自己全体の活動, 従つて自然は我々, 従つて自然主義を口, 従つて自然的作家であると共に, 従つて自由に下す, 従つて自重と粘り, 従つて興行場としての機能, 従つて興行者及興行場主並にその, 従つて興行者自身が実は, 従つて舞台美術家が考案製作, 従つて艇長の声, 従つて良秀がどの, 従つて色も白, 従つて色々な迷信, 従つて艶物を書い, 従つて花鳥を学び, 従つて芸術の話, 従つて芸術的価値の正体, 従つて茶の湯や生花, 従つて草木の花, 従つて萎縮すれば, 従つて葬式を出さね, 従つて蓄音機のある, 従つて血流で運び去られる, 従つて行つた奴が戻, 従つて行為そのものだけを取り立て, 従つて行為其物を目的, 従つて衰へるの, 従つて西洋の芝居, 従つて見聞は甚だ, 従つて見識が手堅く, 従つて規模に大小, 従つて解脱しない佳, 従つて言ふ事, 従つて言語学は歴史科学, 従つて訂正すれば, 従つて記すること, 従つて訳語の生硬さ, 従つて話も随分, 従つて語学的に又は, 従つて語義も殆, 従つて読書力の非常, 従つて誰でも会員, 従つて諏訪湖の穴釣り, 従つて論議を立てる, 従つて諸君のこの, 従つて議員と云, 従つて讃詞とその, 従つて貰ふとなれ, 従つて費つたもの, 従つて賈も亦, 従つて賑やかになつ, 従つて質問の準備, 従つて質実剛健の気風, 従つて走り行けば, 従つて趣向も変化可致候, 従つて趣味ある古, 従つて足音を忍ばせる, 従つて農人はおの, 従つて近時の翻訳, 従つて迷信が盛ん, 従つて逆に俳優養成所, 従つて通力と値打, 従つて逞ましい, 従つて運動の方向, 従つて運命も変ずる, 従つて道徳は批判, 従つて違つてゐる, 従つて都市を形作る, 従つて酒場の空気, 従つて野原がだんだん, 従つて野獣を殺す, 従つて金で自由, 従つて鐘楼が見え, 従つて鑿を揮, 従つて長男と二男, 従つて限りない悲しみ, 従つて陰影の濃淡, 従つて隊長以下支那語に堪能, 従つて隠見する相模灘, 従つて隣人同士が口, 従つて雑誌発表の分, 従つて雪の方, 従つて電車もなく, 従つて需要も少く, 従つて青年が自分, 従つて非合理は文学, 従つて非常に単純化, 従つて頭のある, 従つて頽廃の一路, 従つて風は段々, 従つて風趣が増し, 従つて食ふに, 従つて馬賊は犯跡, 従つて魅力に乏しい, 従つて魔術の力, 従つて魚のアタリそのもの, 従つて鳥はひよ, 従つて鳥類界にも文化, 従つて鴉の位置, 従つて鴉片の煙, 従つて鶴村の周囲, 従つて鶴飼橋に来た, 従つて黒幕の仕事, 従つて黒溝台の悪戦, 従つて鼠色の質素, 従てかうした, 従てかの神話が, 従てば純如, 従でしかない, 従でなければならぬ, 従でもない, 従というものが, 従とはわしは, 従ともなり切れず又, 従と共に貞盛を, 従なりしを特に, 従なるやを知る能わざる, 従において代官神川平助を, 従にまでいたわりと, 従ねばならん, 従はうと云, 従はず一朝の変, 従はず鎌倉の家, 従はむと思へ, 従はれたものでございませう, 従ひたる処多し, 従ひつかへし, 従ひまつれと, 従ひまして私, 従ひます為に, 従ひゆきしに曲り曲りし, 従ひ働くやうなれ, 従ひ奉る船三百余艘なり, 従ひ居り候上は, 従ひ得るやうな, 従ひ思ひきつて, 従ひ来れる馬士を, 従ひ行くものの, 従びとまたいや増しぬ, 従ふから大丈夫です, 従ふた者は忽ち, 従ふつもりです, 従ふてひよいと, 従ふて判ずればこれ, 従ふて止まる所を, 従ふて記したる者かつ, 従ふといへども号を, 従ふと初めて此橋を, 従ふならこの剣山, 従ふべからず忽ち飄然, 従ふべきだとこれ, 従ふべきではある, 従ふべきであらうか, 従ふまでは村, 従ふよりほか術, 従ふわれわれは, 従へつつ普く市街, 従へてはひつて, 従へとは云ふけれ, 従へに行つた, 従へり後には, 従ものの名, 従れた主が, 従イソノピイピイト云ウ声ガ現ニ佐々木看護婦トベッドヲ並ベテイルコノ部屋, 従イ左ノ割合, 従イ必ズソノ行事ヲ厳粛ニ行ワナケレバ承知シナイデアロウ, 従ウ者ハ昌ニシテ天ニ逆ラウ者ハ亡ブ, 従エバコウ冷エル時ハ大キナタオル, 従ッタヨ兵庫ガ脳ガ悪イカラ, 従ッテ正四角形, 従ッテ右罰金ハ被告人ニ於テ納付シタルモノニ無之候間右執行, 従ッテ嬉遊し層台ニ登ッテ情ヲタノシム, 従ッテ尿量ガ多ク, 従ツテ為ス所ヲ異, 従テ假令國外出征中ノ現役將卒ト雖モ何等, 従テ新陳代謝シ四方ヨリ風ヲ臨ンデ集リ来レルモノ, 従テ本願ハ援用立像ヲ以テ拒絶セラルル理由, 従ハザル諸所ヲカク僅カバカリノ間ニ, 従宜ヲ制セサルヘカラス, 従ヒ其精神ヲ抖, 従ヒ奥州ヨリ此山中ニ来リ盗賊ヲ業トシテ年月ヲ経過セシニ, 従ヒ英国教会ヲ離レテソノ同志者トナリケレバ, 従故ヲ以テ, 従フトコロノモノモ屈強ナル壮年男子ニ限リタレドモコノ信神渡航者ノ一行ニハ, 従フト雖モ俗累肘ヲ内, 従フニ依ツテ徒ニ行李, 従フベキト為サズ反覆討尋其正ヲ得, 従ヘリ而シテ其書タル精ヲ極, 従一位准三后という身分, 従一位太政大臣を贈位贈官, 従一位摂政関白太政大臣になった, 従一変すれば, 従七位様天井や縁, 従七位花咲く霧, 従三位五月二十六日更任右中将建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 従三位以上には食封, 従三位伊勢朝臣継子大同の末春宮, 従三位保子である, 従三位勲五等大物忌神社飽海郡の山上, 従三位参議に任叙, 従三位参議徳川家康こそ恃, 従三位土肥は従四位, 従三位大納言の地位, 従三位子爵某と昨日今日墨黒, 従三位定家卿などと共に和歌所, 従三位左衛門督をかね, 従三位権中納言宗春と連れ, 従三位為子の腹, 従三位為子みなこの世の人, 従三位為子腹の宗良親王, 従三位百戸までの食封, 従三品銀青光禄太夫正四品上, 従三富の事, 従二位中宮太夫となった, 従二位勲一等伯爵という顕爵, 従二位勲一等伯爵山県有朋を筆頭, 従二位大江維時の子, 従二位大納言の旗, 従二位建保元年二月二十七日正二位このころ, 従二位権中納言に昇り, 従二君同看, 従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 従五位上六年には十一歳, 従五位上岡本保晃というもの, 従五位上左近少将と肩書, 従五位上常陸大掾, 従五位上常陸平氏の祖, 従五位上火男神従五位下火売神の二社, 従五位上肥後守といっ, 従五位上駿河守になった, 従五位下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 従五位下伊予守忠弘臍の緒, 従五位下伯太椿社を出す, 従五位下前朝散太夫なんとかの, 従五位下勲六等という位階勲等, 従五位下図書頭殿ノ自作自筆ニ係ル, 従五位下大夫判官とよばれる, 従五位下安房守となり, 従五位下尾張浜主といふ百十三歳, 従五位下左近衛少将に叙, 従五位下常陸大掾, 従五位下常陸介朝宗どのに出, 従五位下弾正忠という微, 従五位下族を惟任, 従五位下朝散太夫の唐名, 従五位下火売神の二社, 従五位下筑前守であつ, 従五位下長田の祖, 従五位下高麗若光, 従五位位田八町合計十町二段を給せられる, 従五位勲三等前の軍医監, 従五位勲三等河野英臣の発議, 従五位勲何等の局長閣下, 従五位河内守たるにすぎない, 従五位高麗若光, 従五品上が朝請太夫, 従六位上から従五位下, 従六位医学博士正木敬之氏が溺死体, 従同胞の中, 従同胞等は日, 従四位これにたいしてこの, 従四位ヨリ以上ヲ望マズ, 従四位上侍従になっ, 従四位上侍従参河守斉民となった, 従四位上少将高家の筆頭, 従四位上平好風, 従四位下侍従兼肥後守にせられ, 従四位下侍従兼肥後守光尚の家督相続, 従四位下右京大夫となり, 従四位下右兵衛督へ任命, 従四位下少将まで進んだ, 従四位下左近衛少将兼越中守細川忠利は寛永十八年辛巳, 従四位下弾正少弼に叙任, 従四位侍従になっ, 従四位八十戸に増額, 従四品上が大中太夫, 従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 従数輩を殺戮, 従田原栄作とあり, 従男爵コンラド氏の敗訴, 従男爵ベルギーの上院議員, 従男爵側に在り, 従評釈は読者諸氏, 従部屋付き女中料理人せんたく女, 従鎮西上人依観音, 従長田真樹