青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「徒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

後で~ ~後ろ 後ろ~ 後世~ 後姿~ ~後悔 後悔~ 後者~ 徐~ ~徒
徒~
従~ 従っ~ 従って~ 従来~ ~得 得~ 得ず~ ~得た 得た~ ~得ない

「徒~」 2547, 28ppm, 4245位

▼ 徒~ (879, 34.5%)

139 に人 8 にその 6 に目 5 に空 4 に他, に皮相, に見物, に高く

3 [11件] にこの, に余, に己, に日, に気, に流れ, に眼, に空虚, に興奮, に頭, をする

2 [60件] なこと, な消費, な謙遜, にお, にげたげた, にしない, にた, に一夜, に事件, に人間, に伊藤侯, に其の, に出, に前, に力み, に反転, に口, に外国, に多く, に大, に大きく, に大言壮語, に天, に廣, に彼, に彼ら, に彼等, に思ひ, に思出, に情, に感傷的, に手, に押入れ, に村, に枝葉, に民心, に混乱, に焦り, に理論, に生命, に生活, に白い, に神経, に空言, に精神, に臆測, に自分, に苛, に苦吟, に複雑, に試みた, に趣味的, に身, に軽佻浮華, に道, に遠慮, に酒, に静か, に饒舌, に馬糞

1 [669件 抜粋] しない事, する男の子, であ, でもなく, とも云, ならぬ天, なるは, なるもの, なるウルトラ急進主義, なる努力, なる後悔, なる感傷, なる感情, なる憤慨, なる投票, なる排外主義, なる推賞文, なる狼狽, なる自己告白, なる誇負, なモダニズム, な享樂, な作者, な克明さ, な円, な勧進, な大言壮語, な女性, な威嚇, な弁解, な弓自慢, な思案, な感情的, な感慨, な感激, な拘束, な持久, な月日, な杞憂, な松, な没頭, な涙, な物真似, な神霊陶酔者, な空望, な精力, な脅し, な臆惻, な興味, な観察, な言句, な警戒, な返答, な重複, な難破, な風流, な鼓舞, にあせらない, にあれ, にうろうろ, にえがき出された, にきらきら, にぐずぐず, にさ, にだだ, につかれる, にとりあげ, にひねくれた, にふたり, にぶくぶく, にもてあそん, にゆがめられた, にわが, にわれわれ, にアポロ, にインテリ, にクビキリ反対, にクヨクヨジメジメ, にケバケバ, にシーン, にジャーナリズム, にプラーゲ旋風, にメガホン, にヰト, に一時, に万巻, に三仏堂, に上, に不毛, に世間, に丸, に乾, に争論, に事, に事業, に五遁, に五里霧中, に人命, に人情家, に人間社会, に今, に伝統, に伸ばした, に住み残され, に住居, に体力, に侃, に便宜的, に倫理会議, に偏知教育, に傍觀, に傷めん, に先人, に先生, に党員, に全て, に全裸, に八年, に兵, に其功, に其皮相, に其表面, に其言論, に内閣, に冗漫, に写真師, に分類学的, に判断, に判読, に力, に力攻, に力自慢, に労働, に労働者, に勇, に勢つて, に勢力, に勧善懲悪, に區別的文藝, に半, に卑俗, に単一組織, に博洽, に博識, に去り, に反動期, に反復, に取材, に口腔, に古, に只, に叫び, に右往左往, に合理主義, に合縱連衡, に名ばかり, に吐くべき, に吠え, に吹き過ぎる, に吾身, に呆れた, に哀愁, に唸く, に啻, に喫かし, に営養不良, に嘆い, に噂, に困窮, に国, に国民, に国際政局, に國帑, に地上生活, に場所, に塗抹, に士, に多大, に夜毎楽屋, に大きな, に大望, に大衆化, に天衣, に夫, に失望, に奔命, に奨励, に女, に好む, に妄想病, に威丈, に子等, に字句, に学風, に安価, に安川, に安目, に宙, に宝, に富士山, に対するひどい, に尊い, に小城, に岸, に島崎氏, に島民, に左翼, に巧緻, に巨大さ, に帰らぬ, に年, に年月, に広々, に広い, に広ご, に弱者, に強い, に強調, に形式, に彼女, に往事, に待ちました, に待ちわび, に待っ, に心, に心思, に心配, に怒る, に思い思い, に思つた, に怠っ, に怠惰因循空騒ぎ, に恋愛, に息, に悩ましい, に悲しませる, に悲壮, に惆悵自失, に惑う, に想, に愁歎, に愉快, に感心, に感情, に感激, に懊惱, に我慾, に戦争, に手出し, に手段, に技巧, に抑圧, に抽象, に排他, に掘じ, に描き初めた, に損ずべからざる, に携行電送写真機, に放縦, に政府乘取, に政権, に政權, に教育法, に散っ, に敵, に日光, に日本, に日本人, に旧い, に明るく, に明君, に時, に時間, に晦渋, に暇どれ, に暗, に暗中, に書き散らしてる, に書生, に書籍上, に木像, に末梢神経, に机上, に材料, に村吏員, に枯れ, に極意書風, に楽しき, に様式, に歎, に武力, に歩い, に歯, に歳月矢, に歴史, に死に, に死に朽ち, に死ぬ, に毛, に民衆, に気取つた, に氣, に法律, に波, に泣き狂っ, に洒, に浴室内, に消耗, に涙, に深く, に渺, に演劇, に漠然, に潰れ掠れ, に激しい, に激しく, に濡れたる, に炯々, に烈炎熾光, に無明, に無為, に無益, に煌々, に燃え費され, に父, に父上, に物々しく, に犬死, に狐狸, に狼狽, に猟官運動, に王羲之, に現在, に理想論, に理由, に生, に産出, に甲府, に町人泣かせ, に異, に當, に疑ひ, に病人, に痙攣, に皆, に盃, に盛ん, に盛年, に目蓋, に相手, に相手方, に真実, に眠らせ, に眺, に睨みいる, に知らぬ, に知識, に社会, に神, に神学, に私, に秘呪, に秘密, に積み重ねた, に積り積, に空地, に空想, に空転, に立つ, に笑つたの, に笑つて, に笑わせ, に筆, に範囲拡大, に篇, に精巧, に精神主義, に紙, に紙屑, に紛れ込んだ, に索然, に組織, に組織立て, に経つ, に縛る, に縺れ, に美しい, に老, に考証, に肥え, に脅かす, に腕, に自ら惱, に自家, に自己, に自我, に自由競争制度, に舊, に色彩, に艶, に芸術的, に若き, に苦, に苦しめる, に苦痛, に英雄, に茶道, に華美, に落した, に落胆, に蒼き, に虚器, に虚無, に蝟集, に血気, に血糊沢山, に衝, に表彰, に西洋映画万能, に見えない, に言葉尻, に言語, に訊き掘じる, に討殺, に語原的詮索, に説明, に読み, に読者, に議会, に議會, に議論, に財物, に貪婪, に貴下等, に費した, に費やす, に賣, に走り騒ぐ, に越後, に跳梁, に軽やか, に辞書, に辺鄙, に迎合, に迎合的, に近藤勇, に送っ, に逃げ, に逆, に通る, に連想, に過ぎた, に過ぎ去つ, に過さなけれ, に過去, に達者, に遠く, に遠路, に都, に醜悪, に重税, に鉱業条例, に鎖されたる, に鏡花水月, に長びかす, に長上, に限定, に陶酔, に雁首, に難癖, に雪洞, に青年, に非情, に面, に鞭打つ, に頭髪, に額, に願, に風, に風俗, に風浪, に飛べる, に飮ん, に首, に騷亂, に驚異, に高い, に高率, に高禄, に魂, に黨員, に鼻, に齢, の執行, の情な, の注意, は城壁, をし, をながめ, を幼い

▼ 徒~ (222, 8.7%)

9 如きは 3 ために, 中には, 中にも, 信仰で, 為なり 2 ように, 一人で, 中から, 地上楽園は, 如く悲しき, 官に, 従事する, 手から, 間から, 間に

1 [178件] あなたが, いかがは, うちには, こと, ことばを, これに, ごとく, すなわち狸, すべてが, せいで, ためかつは, はじまりは, ひとり薗田七郎成朝といふ, ほかにも, むらがって, めぼしいもの, ものかも, ような, リバイバルの, 一人でありたい, 三昧聖として, 中で, 中でも, 中に, 中の, 中心には, 事である, 事蹟を, 二三分といふ, 云うこと, 仏門に, 仲間に, 任意に, 会堂へ, 住みついたと, 作為から, 信仰が, 信仰であった, 僧兵と, 僧兵千余人, 先験的洞察に対しては, 兩派の, 出であるらしい, 出る事, 出現によって, 刻々の, 前に, 十字形の, 及ばざる所, 及ぶこと, 友なる, 名と, 名誉と, 喜びを, 嘆願書を, 四人が, 地下街と, 堕落した, 堡塁だった, 堪え得るところ, 墓には, 多く相嫉視する, 大に, 大切に, 大将である, 女で, 女に, 好意に, 如きも, 如き忠義, 如き戦国時代, 妄執である, 姿を, 媒氏の, 存在が, 学園において, 守りを, 寺に, 小宿, 常套で, 張本道場坊宥覚の, 形骸にのみ, 彼の, 心を以て, 悦ぶ所, 悪僧のみか, 戒と, 所謂氣といふ, 手と, 折伏には, 抱懐する, 招きで, 数の, 文芸思惟などでは, 断罪所である, 方から, 方が, 方の, 旅行具である, 春の, 書いたクリスト, 有する多く, 有難い経典, 本来の, 本陣へ, 本領と, 村田を, 楊彪が, 横行ぶりも, 横行闊歩し, 歌に, 歌詞が, 死様を, 涅槃は, 演劇に, 演芸種目らしく思はれる, 潜勢力は, 為事の, 爲に, 牧田では, 獨斷に, 王允に, 甘粛に, 生活状態または, 癖として, 発生も, 目でさえ, 目に, 目を, 眼を, 社会上の, 祖先も, 第二次募集, 続出と, 罪状を, 群に, 義務の, 習い得物, 者も, 胸中の, 自由に, 芸術, 芸術として, 芸術には, 苦心を, 苦行, 落語家が, 行く道, 行する, 術を, 表看板かの, 裏町の, 製作した, 言に, 記事などの, 語り物で, 跳梁を, 迫害を, 連盟に, 連盟も, 道場坊宥覚なども, 遺骨も, 関西に, 闘争の, 陰に, 陰謀では, 隠居だって, 集まるもの, 難ん, 難所, 頭目由井正雪を, 顔を, 食物と, 首領と, 首領後者は, 驚くべき墮落, 高貴なる, 鳥獣を

▼ 徒~ (193, 7.6%)

3 至りては, 非ず

2 [11件] した, して, なって, 心を, 日を, 痴れたる思, 知られざりしは, 立ちて, 翫弄せらるる, 虐げられて, 非むば巧慧

1 [165件] あらず, あらずその, あらずわれ, おどしたり, お茶をの, きれいで, すぎて, とつて, とびはねる油, なつた, なるも, ふえて, みごと一ぱい食わせられました, むかって, むつかしい文句, ものな, シエークスピアを, チャセン或いは, 並ぶ, 久しきに, 乱を, 亢奮しない, 交じったり, 人に, 人の, 人家に, 他に, 代へ, 伍し, 似て, 何んと, 俗慾に, 催促の, 党し, 其名を, 凍えて, 出でたもの, 利用され, 利用される, 到るまで, 刻は, 動亂する, 勿体ぶって, 厚顔年を, 可愛らしい娘, 向って, 吠えただけ, 命下し, 喝棒なんぞと, 嘆くは, 圧し合いへし合い郊外, 在ては, 堕しきって, 外ならぬ, 外に, 外国の, 外國語の, 多くし, 大きいよう, 大きくし, 天下を, 委するに, 威すん, 婦人の, 学的な, 対抗し, 平家の, 征服され, 徳利を, 心配苦労し, 悪を, 悪果, 悲み憤っ, 惑ふこ, 我身中の, 拙稿の, 拡りゆかん, 指環の, 挿して, 授けたと, 授けて, 掠奪された, 探した愛, 操られて, 新婚の, 新菓, 昔の, 時を, 未来派の, 未決監に, 欺かれないよう, 歩むこと, 死して, 比す, 比するの, 気韻の, 汗をか, 流した涙, 消え去って, 深刻な, 清洲時代の, 照さむ, 煩悶し, 熱して, 狼狽えて, 王朝の, 現実の, 理くつの, 生ひはびこりぬ, 男女の, 異ならざる也, 當る, 相応しいジョン, 相済みません, 眠り徒, 示し疑義, 神経を, 祭られそれ, 空いた電車, 立って, 第二, 粛索帯甲百万路に, 精細なら, 紙を, 繁茂し, 罹りて, 考えて, 聞いて, 聲を, 肥大硬化した, 至るまで, 艷なる, 花鳥風月に, 苦しめるの, 處する, 虚無を, 襲われた経験, 見せ掛け二月, 見立てた, 親近すべからず, 言いたいこと, 語らぬが, 責めるばかり, 走ったらしい, 軍の, 近い, 近づくこと, 近づくの, 退く時, 運命を, 過ぎずと, 遠くし, 遭わば, 遺憾を, 開かれて, 限って, 限られて, 陥らないという, 震える許, 静臥しあらん, 非ずして, 風俗心の, 食ひ戯れ, 騒ぎ立ちそう, 騒ぐ

▼ 徒~ (153, 6.0%)

2 かつて存在, 人間能力の, 声を, 既に神, 犯罪を

1 [143件] あ, あまり頭, あれは, いたずらに心眼, いわば人間天性, お道さん, ここに, ことごとく国賊, この翁, この肯定, その後も, その心事時務, その戸, その雄者, そんな贅沢, とても自分達, ともに語る, なかなか以, なければ, なべて競ひき, はなはだ惑う, ほとんど一網打尽, また新た, みさきを, みんな要するに, むろん法師, もちろんこの, もちろんはるばる北越, もとより俗法師, もとより夙, もとより大化以前, もはや法師姿, やはり後, よく感情, よろこびに, わが党, わしらと, アリと, アリ父子の, オランダを, クリストよりも, 一切軍事に, 之を, 事物の, 人間を, 今日でも, 仏教を, 何れも, 侍屋敷の, 信長の, 倶に, 僧家の, 兎角爾云う, 入れ墨さるる, 公然言論, 公衆の, 兵力と, 其情を, 到底彼, 則ち, 反乱を, 受苦聖母の, 古え, 古くこれ, 右の, 周囲の, 唯だ, 善くこの, 四国九州の, 国の, 地方によって, 坐ッ, 基督の, 大抵寺, 天皇直, 夫で, 奴隷廃止が, 姫君の, 容姿を, 少かつ, 左膳の, 巧に, 常に農民, 常に高く, 常に鹿, 度たび滝田君に, 影を, 彼の, 彼らの, 彼等とは, 後までも, 後世穢れ多し, 必ずしも異教徒, 応と, 忽ちわが, 悉くその, 慚死すべし, 懷中の, 或は人情派, 戦争に, 支那人の, 敗軍を, 文明八年春頃より, 朝廷尊崇を, 本意を, 村重が, 来ると, 極端に, 止むなく地, 死なぬぞ, 汚れたる油, 決して主君浅井長政, 汽車に, 浅薄なる, 海を, 深く教, 父の, 申すにも, 病弱を, 皆この, 皆此の, 皆腹形を, 皆踴躍した, 破門し, 確言し, 神罰を, 穴の, 素人も, 絶対なる, 耶蘇と, 聖母が, 聞け, 自ら難行苦行を, 自分が, 苦しそう, 蕪村の, 詩は, 賀茂河原や, 賤民の, 返されません私, 除物に, 雑戸で, 首斬る

▼ 徒~ (146, 5.7%)

2 あった, あって, 功利的口実の, 同じよう

1 [138件] あくまで自分, あったよう, あまりに多, あると, けだし少く, この美しい, この道, これに, しきりに発生, そっちへ, その状態, その間に, それぞれ何と, つとにこの, なお尾, またこれら, またしばしば, みな拠っ, みんなこの, もと非人法師, イラタカの, 一般民衆から, 七道の, 三善清行の, 上古以來特殊な, 世俗と, 丞相薨ぜられる, 串戯にも, 之に, 云うの, 人形を, 介在する, 住んで, 何の, 何人とか, 何時頃よりか, 信仰した, 共産党の, 冬籠りし, 出て, 分別を, 利に, 到る処, 十字架や, 十数人残っ, 同時に駆使, 唱門師と, 四方から, 因果を, 困難な, 国宝の, 国家の, 増附し, 士に, 多くこれ, 多く本山派, 多く水火, 多過ぎる, 夢寝, 大きな声, 大びら, 天に, 天下に, 妙に, 存在するらしい, 容れられぬ恨, 少なくない, 尻を, 屠割, 幼稚の, 彼等の, 待って, 後世までも, 必ずや機, 或いは自分, 所在少から, 持ち去って, 指点し, 支那朝鮮同様弥勒仏の, 攻めて, 政治を, 数の, 既に平氏政府, 日に, 昆虫館を, 時に応じ, 時を, 暴込ん, 村里に, 東北では, 次第に多く, 此美しい, 武技を, 歩いて, 河原や, 洗浴を, 洩れ聞いて, 活きんが, 流れて, 浅慮にも, 淡路四国の, 火を, 烏帽子素袍で, 特に賤民, 玉の輿持つ, 瓢を, 異教の, 白刃で, 益したるところ何物, 真の, 禁酒とか, 立ち廻るからな, 立てたる木卓あまた, 立身出世し, 築地小劇場の, 続々入り込ん, 続出し, 続出した, 繁殖を, 臂を, 良民から, 蒙った影響, 虚を, 街路を, 責任ある, 賤者と, 賽の目に, 跳梁する, 軍資に, 辞表を, 近代的扮装を, 遊芸に, 鉦を, 錦繍を, 集まって, 集り生ぜざるを, 非常に, 高唱する

▼ 徒~ (112, 4.4%)

7 して 6 集めて 2 中心と, 呼んで, 生み出して, 評して, 貶す者

1 [89件] いう, しきりと, すべてエトリと, つれて, とらえて, ながめて, なさらないよう, みな穢多, よびあつめあらゆる, ファンと, 一掃し, 云う, 交えて, 介して, 仰いだうえ, 侮辱する, 信用しない, 凌辱する, 出入りさせ, 加えるくらい, 加え良持殿, 募り博物材技, 匿まった, 収容せず, 呼び集め, 増すばかり, 嫌つてゐたらしい, 尊敬し, 尻眼に, 山より, 引きつれて, 待って, 忌んだの, 惑は, 感化する, 慰めて, 憎み罰せん, 懲らすべきである, 指したの, 指したもの, 指し良民, 捕縛し, 捕縛すべく, 探偵する, 撰び, 支配する, 救うであろうか, 散じぬ, 末派に, 根絶させる, 殺害する, 気どって, 汎稱し, 添えたるもの, 済度し, 済度する, 滅すこと, 狩りあつめて, 狩り集めて, 獄に, 獅子に, 生ぜしめたる当時, 疑って, 糾合し, 糾合候て, 罵つたの, 罵りはじめた, 翻弄する, 聚めて, 良民に, 英雄と, 葬れる多く, 蓄えて, 見たり, 見給いこれ, 解雇する, 討伐する, 誅伐し, 諭しては, 貶黜すべき, 買収し, 追いしりぞけるの, 追い征後, 逮捕し, 逮捕し得ざる, 鏖殺する, 集めかの, 集め故, 駆って

▼ 徒~ (99, 3.9%)

5 なって 3 いえども, なったの, 呼んで 2 これを, 見做

1 [81件] いい賤民, いうならば, いっしょに, いわなきゃならん, かう云, しばしば悶着, し黄, その外形, その軌を一に, なしこれ, なすなるべし, なったこと, なったと, なったので, なったもの, なっては, ならしむる勿, ならしめたり, なりそして, なりカッチアグイーダ, なり基督教徒, なるを, なる惧, なれるスタティウス, みなされる, よばれて, わかたれ何故, 交はるだ, 交わって, 交わられ本家, 交際られ, 会して, 何ら選ぶ, 來る, 做し, 共なり, 共通である, 化したこと, 口を, 同じく, 同じよう, 同じ仲間, 同じ流れ, 同日に, 同類であるべき, 呼ばれて, 唾し, 場内の, 変じて, 大喧嘩, 妥協を, 少しでも, 山中に, 山科の, 応対し, 念仏の, 思って, 思ひしが, 悪く云われる, 択ぶところ, 排して, 混じて, 申しますもの, 睨めあって, 知っての, 祭司とに, 笑ふであらう, 等しい賤称, 終日遊び暮し, 考えられる, 肩を, 背いて, 自らよく, 見られて, 見られるが, 解し吾人, 言えるだろう, 言はるべきであらう, 誹られるよりは, 速断し, 過られるだろう

▼ 徒~ (42, 1.6%)

9 あつた 2 どこかの

1 [31件] あつたの, あつて, あらねば, あられたと, いわば名, いわゆる唱門師, いわゆる河原者, くる者, けだし大社大寺, さあ, そこでは, た, はござりませぬ取締り, やっつけるん, やはり声聞師, 今まで, 女は, 家に, 岩本は, 故ら, 歩いて, 殊に異性, 清水坂の, 渡るも, 畢竟声聞師, 社会に, 縁覚, 肉食妻帯の, 英国の, 話に, 賀川が

▼ 徒~ (37, 1.5%)

2 餌食等も

1 [35件] ありましょう, ある, いくら待っ, いた事であろう, かつては, ここに, この書, さてこの, その末席, また閔, みなこれから, もちろん多かっ, モンパルナスくらいに, 一様で, 一辞を, 人間の, 仏も, 出た, 地方に, 基督の, 富貴の, 少なからず, 当然, 本来は, 段々と, 毒茸の, 法の, 清葉が, 畢竟は, 神の, 稲の, 蒐集家たるべし, 解放せられ, 誘われて, 鷹を

▼ 徒~ (31, 1.2%)

4 であつ 2 だと, だよ, に屬

1 [21件] だ, だつた, だね, であった, でありわれわれ, であるかも, である喞筒, でないと, ではなかつた, なるべ, におわっ, になつたか, にはあらず, にをはらね, に了, に歸, に終, のみ若し, を煩, を重ね, を重ねた

▼ 徒である~ (26, 1.0%)

2 ことは, ことを, のを

1 [20件] かによって即, ためついに, ところでは, として認められ, とする, とすれ, と云う, と云っ, と同様, と思っ, と言い触らし, と認め, と認められ, によって旧称, のでしたがって, ので信長, 事を, 人でなしである, 幸村の, 波斯自身にも

▼ 徒では~ (20, 0.8%)

3 ないか 2 ない, なくして

1 [13件] ありませんか, あるが, この美女, ないけれども, ないこと, ないと, ないという, ないよ, なからう, なかろうかとも, なく平地, なし南朝北朝, 無い

▼ 徒なる~ (19, 0.7%)

1 [19件] ことに, ことにか, に似, ものあり, ものが, ものを, も車, を信ずべし, 事天地に, 喜を, 悲憤や, 懼れ, 揚水尺の, 民の, 流血の, 渋江抽斎森枳園の, 田楽法師から, 花の, 解釈を

▼ 徒~ (19, 0.7%)

4 パリサイの

1 [15件] おろそかに, その他異体の, ただの, みじめな, コタンを, 人妻拐ひ, 仏教徒とは, 俳優等遊芸者の, 怪しい入府者, 疎かには, 見得, 謹厳な, 謹嚴な, 野武士の, 香具師の

▼ 徒~ (17, 0.7%)

2 からどんな

1 [15件] からさ, からね, から役人, ぞ, つたとは, と, とありまし, という面, といふ, といふあの, と思つて, 君主の, 外界と, 後世を, 私は

▼ 徒であった~ (17, 0.7%)

3 のである 2 とすれ, に相違 1 がそれでも, が為, ことが, と解せられる, にほかならぬ, のだ, のであろう, のは, のみならず, 高野山宝寿院蔵永禄十年の

▼ 徒には~ (15, 0.6%)

1 [15件] あくまで反対, あらざるか, なおさら任されない, なれないの, 侫奸の, 到底尋ね, 受けとれまさあ, 右門決して, 孔子は, 手の, 産婆や, 相違なき, 緩慢な, 義賊と, 輾転伝受され

▼ 徒~ (13, 0.5%)

1 [13件] かなしみを, ことを, どぎつい気持, のである, のよ, んです, 作為を, 偶然とは, 力を, 威しだ, 循環が, 欲求を, 男性に対する

▼ 徒~ (13, 0.5%)

3 の面々 1 いたく怨み, が猶, と共に郷土, と勇敢, と戰, の親分, をかたらつ, をば共に, をむすび, を組ん

▼ 徒として~ (11, 0.4%)

1 [11件] あげて, これを, エタ仲間に, 世間から, 他の, 出陣し, 取り遺された, 土器を, 葬儀の, 認められて, 軽ん

▼ 徒から~ (10, 0.4%)

1 して, なってること, みれば, 企てられるの, 出たが, 出でても, 海外国内に, 特に, 社会主義建設を, 賞味される

▼ 徒たる~ (10, 0.4%)

1 が如く恥ぢしめし, と囘教徒たる, は上, を忘, 亞流の, 彼等も, 支那帝の, 教育を, 河内山に対して, 私即ち

▼ 徒とも~ (7, 0.3%)

1 ならずして, なり或いは, なるの, また全く, 云い切れない一面, 申すべきか, 膝ぐみに

▼ 徒でない~ (6, 0.2%)

2 ことは 1 かぎりは, ことを, にせよ, のと

▼ 徒とは~ (6, 0.2%)

1 いえ彼女, ちがいまして, 煙の, 見えんだッ, 違う, 違うの

▼ 徒にも~ (6, 0.2%)

1 えぞ, それが, 仏の, 常套の, 往々此, 陣地を

▼ 徒をも~ (6, 0.2%)

1 みな一緒に, エタと, シュクと, 教化した, 疎外する, 餌取

▼ 徒~ (6, 0.2%)

2 に處 1 に処し, に徒罪, は杖罪, を犯した

▼ 徒~ (5, 0.2%)

1 しからずば, 左らず, 江上の, 然ら, 試みに

▼ 徒であり~ (5, 0.2%)

1 ながら時代, パヴーは, 七兵衛は, 後者は, 漸次充実

▼ 徒と共に~ (5, 0.2%)

1 大勢に, 惰眠を, 考索する, 虚偽の, 虚僞の

▼ 徒なら~ (5, 0.2%)

1 いざ知らず, ば横目, ば知らぬ, んとは, んや

▼ 徒三年~ (5, 0.2%)

4 に處 1 と改めて

▼ 徒~ (5, 0.2%)

1 にあらざる, になりやしない, になる, に旧, のみと有

▼ 徒~ (5, 0.2%)

1 から百騎町, に隠居, の往来, の通り, へ掛け

▼ 徒であっ~ (4, 0.2%)

1 てその, ても腕次第, て事実上, て他人

▼ 徒でも~ (4, 0.2%)

1 あろうかと, なかった, なく奴隷, 念仏の

▼ 徒という~ (4, 0.2%)

1 ふうに, 名文句を, 程で, 部落の

▼ 徒なれ~ (4, 0.2%)

1 ど, ば, ばなり, ば何れ

▼ 徒らしい~ (4, 0.2%)

1 かご, 三名の, 侫奸の, 古木の

▼ 徒~ (4, 0.2%)

1 がやはり, の一統, の住ん, の分限

▼ 徒王允~ (4, 0.2%)

1 などは真っ先, はわが家, は何, へひそか

▼ 徒目附~ (4, 0.2%)

1 であった, といふ役, に当てた, の部

▼ 徒その~ (3, 0.1%)

1 おもかげ, 弟子と, 標本たる

▼ 徒であるなら~ (3, 0.1%)

1 その社會科學, その自然科學, ば反対

▼ 徒としての~ (3, 0.1%)

1 基本点が, 私は, 魂を

▼ 徒とともに~ (3, 0.1%)

1 かつて, しばらくニース, 賤民の

▼ 徒などが~ (3, 0.1%)

1 あつて, 彼等の, 自から

▼ 徒にて~ (3, 0.1%)

1 口舌以上の, 走るもの, 逃げつ

▼ 徒に対して~ (3, 0.1%)

1 給仕女が, 絶対に, 道を

▼ 徒~ (3, 0.1%)

1 向って, 微行の, 教書を

▼ 徒~ (3, 0.1%)

1 おも, 幸なき弱, 爾は

▼ 徒一年~ (3, 0.1%)

1 に當該, に處, の罪

▼ 徒歩い~ (3, 0.1%)

1 てルモイ, て帰らなく, ではお

▼ 徒~ (3, 0.1%)

1 となり, にて馳せち, の供二三十人

▼ 徒~ (3, 0.1%)

1 である, に過ぎない, を世に

▼ 徒あり~ (2, 0.1%)

1 種々方策, 衆民多数の

▼ 徒~ (2, 0.1%)

1 て渡れる, て終に

▼ 徒だった~ (2, 0.1%)

1 のでしょう, のにちがい

▼ 徒だの~ (2, 0.1%)

1 また十津川, 女子挺身隊など

▼ 徒でござる~ (2, 0.1%)

1 てつまり, に因っ

▼ 徒です~ (2, 0.1%)

1 からどこ, から誰

▼ 徒ども~ (2, 0.1%)

1 が吉原, は何

▼ 徒ならず~ (2, 0.1%)

1 ば, 肅然として

▼ 徒なりと~ (2, 0.1%)

1 しまた, 称しながら

▼ 徒に対する~ (2, 0.1%)

1 反撃なども, 烈々たる

▼ 徒のみ~ (2, 0.1%)

1 であって, ならず松下村塾

▼ 徒ばかり~ (2, 0.1%)

1 だ, 手前も

▼ 徒より~ (2, 0.1%)

1 弱かった, 成る

▼ 徒ら事~ (2, 0.1%)

1 になった, のやう

▼ 徒ら気~ (2, 0.1%)

1 な笑, に振つた

▼ 徒~ (2, 0.1%)

1 向ツテ奴隷トナサンコトヲ企ツ, 若クハナシトハ

▼ 徒ラニ~ (2, 0.1%)

1 之ヲ玩ブノミニ, 古クモ有ラヌ玉瓶瑶盃ニ千金ヲ費ヤシ

▼ 徒一年半~ (2, 0.1%)

2 に處

▼ 徒六百三人~ (2, 0.1%)

2 を死罪

▼ 徒力教~ (2, 0.1%)

1 の教義, の洗礼

▼ 徒及び~ (2, 0.1%)

1 その子供, 横井小楠の

▼ 徒声利ニ垂涎シ粉焉沓~ (2, 0.1%)

2 然風

▼ 徒多き~ (2, 0.1%)

1 今の, 所以也

▼ 徒多く~ (2, 0.1%)

1 岡の, 帖木児の

▼ 徒子等~ (2, 0.1%)

1 の一人称発想法, の作物

▼ 徒~ (2, 0.1%)

1 が半分, を発し

▼ 徒~ (2, 0.1%)

2 にあらず

▼ 徒歩き~ (2, 0.1%)

1 でこの, ですから

▼ 徒消した~ (2, 0.1%)

1 ことにな, 人である

▼ 徒~ (2, 0.1%)

2 じて

▼ 徒~ (2, 0.1%)

1 両手で, 棄市された

▼ 徒皆日沒~ (2, 0.1%)

2 を見よ

▼ 徒皆日没~ (2, 0.1%)

2 を見よ

▼ 徒累々相~ (2, 0.1%)

2 依るの

▼ 徒衣徒食~ (2, 0.1%)

1 し恋, と良民いじめ

▼ 徒~ (2, 0.1%)

1 ておれ, 猛将多

▼ 徒~ (2, 0.1%)

2 にあらず

▼ 徒~ (2, 0.1%)

2 にあらず

▼1* [224件]

あさましともはずかし, 徒あらそって道, 徒ある折には, 徒あるいは洋学の, 徒あるきもむつかしく, 徒あるきであるから捗どらず, 徒ほむね先見無し, 徒および揚子江畔自然詩人の, 徒おん身も重く, 徒かくのごとく, 徒かも知れぬのう, 徒この詩神と, 徒これを叡山, 徒されて了, 徒したもうべし, 徒じみて居ります, 徒すべて彼らと同意, 徒すらも死んで, 徒ずらになが引かせる, 徒せず遠行, 徒たちに対してお, 徒たりとも口に, 徒たりともこの根本, 徒だって働きが, 徒ったものです, 徒広い中庭, 徒つてこの型, 徒つて家庭及び学校, 徒つまり九州足利方の, 徒づらしたつて, 徒であったらしくいわゆる雑戸, 徒であったろうに保胤, 徒でありまして研究室以外, 徒であろうと思われたです, 徒でございましたでのういつぞやは, 徒でさえもやった, 徒でなく一面ロテイ・レニエ・ドオデエが, 徒でなければならぬ, 徒で無ければならぬ, 徒とか人の, 徒とて確で, 徒とても心まで, 徒とに而も, 徒との関係でなけれ, 徒なくして, 徒なし甚太郎悪行し, 徒ならざるものを, 徒ならぬ露を, 徒なりや床は, 徒なんてものは, 徒なんどのしぶとい, 徒についてこれを, 徒にてぞゆく, 徒にとってはさも, 徒にとっては到底のがれる, 徒によって乱の, 徒のみが非立憲的, 徒のみに独占せしめられた, 徒のみの管轄すべき, 徒はなはだ多し, 徒たりソッ, 徒ほど始末の, 徒までもその仲間, 徒みじめなる奴, 徒みな彼が風, 徒もとよりこれ, 徒よおほかた, 徒らして居る, 徒らしく他人を, 徒ら半分かいて, 徒ら書きをし, 徒寒暑昼夜, 徒をまで広くエタ, 徒を以て任じ社会, 徒オノレノ百ノ美シサ, 徒キリストを神, 徒コレニ過ギズ, 徒ッ子ノ声ニナッタ, 徒ニ天地の間, 徒ニ幸スル所以ノモノハ即チ吾徒ニ禍スル者ト謂フモ, 徒ニ知識ト適用トヲ蓄積スルニ在ル耳ナラズ, 徒ニ禍スル者ト謂フモ亦タ不可ナル莫ランカ, 徒ニ纏頭ヲ他, 徒ニ雕蟲技ヲ甘, 徒仕事ニチガイナイノダト言ワレテカエス言葉ナシ素直ニ首肯ソット爪サキ立チ夕焼ノ, 徒ハ我植学ノ域内ニ, 徒ハ真理ノ有, 徒ラニ同盟罷業ヲ禁壓セントスルハ, 徒ラニ壮語大言ヲナスモ田牛行馬ハ痩セ衰ヘテコレヲ戦場ニ駆ルモ, 徒ラニ外国著作権ヲ侵害シテ, 徒ローマ法王の権勢, 徒一年半父祖が流罪, 徒一年父祖が徒刑, 徒久坂寺島入江の輩, 徒亂人子女之教, 徒も厳重, 徒二万五千人もあった, 徒二年である, 徒五逆の悪人, 徒以上に好かれ, 徒仲由字は子路, 徒ほどのこと, 徒何ぞ曽て, 徒使を羅馬, 徒侍どもは矢, 徒侍六十名がいずれ, 徒侍普通にオカチ, 徒供町方衆へとその, 徒を煽て, 徒に當, 徒六人小頭七人足軽二百二十四人を率, 徒の游泳, 徒のもの, 徒せんや, 徒出陣で戰車部隊, 徒より大志, 徒ちこれ, 徒力教徒の人気, 徒異神, 徒即ち長州とか, 徒未だ其人, 徒よりこれ, 徒土頭を先頭, 徒地上の者, 徒地方官と結托, 徒坐して徒死, 徒多かるよしにきこ, 徒夥しく詣り尊者, 徒劍長槍は, 徒大高平島なる者萩, 徒の群れ, 徒娯跌鼻曹公子勝綽彭輕生孟山譽王子閭等は皆墨子, 徒婦人ばかりを博愛, 徒婦羅沼とも読み得ざる, 徒の書いた, 徒山中でこの, 徒崔烈の弟, 徒に良驥, 徒従ってその, 徒復タ何ゾ汝ヲ怨ミ汝, 徒にし, 徒忽ちに跋扈を, 徒ヲ以テ班揚ニ比ス, 徒扱いさ, 徒数十人警官の服, 徒断乎起つべし, 徒に増し, 徒なり, 徒暗に天下の, 徒でもしよう, 徒有するところの, 徒松陰が才, 徒柔弱は生, 徒の核子, 徒桓文の事, 徒を愛し, 徒楽天の徒, 徒気取りで去年, 徒を掻きたる, 徒死と, 徒流すべし更に一等, 徒流星の飛び, 徒清貧もとより足る, 徒渡りでもしない, 徒と名, 徒焉くに在るかな, 徒無職者は激増, 徒燕雀何んぞ大鵬, 徒でないこと, 徒片脇をもて, 徒特にフランスの, 徒玄徳は奸雄, 徒王允太尉楊彪左軍校尉淳于瓊右軍の趙萌, 徒百万を僅か, 徒百余人をひきい, 徒だ, 徒目付だの石出帯刀, 徒目付六人平士九人徒六人小頭七人足軽二百二十四人を率, 徒目付横山源兵衛の許, 徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 徒目附小人目附等に手附, 徒接して, 徒真にいまだ先覚者の, 徒を知らず, 徒禽獣的生活と罵っ, 徒禽獸的生活と罵つ, 徒窘窮して, 徒競いてその, 徒三は, 徒に特殊, 徒繁昌の際五月節会, 徒の益, 徒肥満の, 徒膚足ニナリ阿部野ヲ指テタドリ行, 徒自尊卑他なる文学的, 徒荘子の話, 徒を持っ, 徒莞爾したばかり, 徒藤井右門は獄門, 徒行いてそれから, 徒ぜい, 徒袁安が孫, 徒詩格罷, 徒説異にし, 徒諸州にみち, 徒不羈之, 徒より起こり, 徒送春詩, 徒走した事が, 徒輩出し手付金, 徒の食事, 徒醜類の汚行, 徒野郎が側, 徒陳群の司空, 徒隨つて之に和し, 徒雷起とはストライキ, 徒雷起が起こって, 徒基督教徒の, 徒を絶え, 徒願人坊主ささら, 徒を並べ, 徒魏人に告ぐる, 徒黨十餘輩を語らう, 徒黨同伐異