青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「徐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~後 後~ 後で~ ~後ろ 後ろ~ 後世~ 後姿~ ~後悔 後悔~ 後者~
徐~
~徒 徒~ 従~ 従っ~ 従って~ 従来~ ~得 得~ 得ず~ ~得た

「徐~」 1517, 16ppm, 6911位

▼ 徐~ (407, 26.8%)

15 に口 87 にそれ 5 に埋れ, に胸 4 にこの, にその, に下り, に吹来つて, に彼 3 にいいだしました, に其の, に動い, に歩, に歩み, に盃, に眼, に私, に顔, に首

2 [28件] にわが, にポケット, に之, に云った, に僕, に其一片, に出, に動き始めた, に右手, に吸, に山, に左右, に席, に患者, に手, に政治改革, に日, に晴れ, に流れ, に涙, に煙草, に空中, に答えた, に莨, に語, に説, に開く, に頭

1 [261件] にお, にかう, にかき, にくだる, にこれ, にこんな, にせよ, にそちら, にぢ, にとり入れかけた, にながく, にのぼりゆく, にひっぱりこまれ, にへらず口, にま, にまわりし, にもう, にもせよ, にスタート, にステップ, にテント, にパイプ, に一二度, に一昨夜, に一杯, に一盞, に一通, に万物, に上り, に上向け, に上手, に下降, に不, に丘, に云, に云い出した, に享楽, に人, に仕度, に仕舞, に令嬢, に以前, に何, に停つた, に傾い, に儒家, に全, に全体, に兩手, に其一角, に其席, に其紺碧, に其背, に其處等, に割れる, に劇的本質, に力, に動かしてる, に動きつ, に又, に右, に吐き出した, に吐き出す, に向き返り, に吹き, に吹来つて水波, に呑みこむ, に周囲, に咲き出, に唇, に喉, に喜び, に喫, に喫した, に囃子, に四周, に四肢, に圃間, に地盤, に坐り直した, に壇上, に夢想, に大きい, に天, に天眼鏡, に太鼓, に奏楽, に奥, に女, に実は, に宣告, に家, に寝床, に小説, に左腕, に帽子, に干潮, に平均, に幻想, に廻っ, に廻転, に弁明, に引きおろされ, に彼岸, に後, に後ろ, に微笑, に懐中, に押し開くる, に招かれ, に挨拶, に振り返り, に揺れ, に揺れはじめる, に擡げ, に教授, に整理, に斯ん, に新川堤, に旋, に日影, に明るく, に明るく大きく, に春, に時節, に曰く, に最後, に朝日, に未來, に未来, に末席, に枕, に桂子, に棒, に棹, に棺臺, に椅子, に楼門, に楽, に橋, に次に, に歎, に正木博士, に歩い, に歩ん, に毛沼, に民族, に永い, に永遠, に洩れ, に浮き上がらせ, に浴槽外, に消え, に滑り出した, に無何有の郷, に燃えた, に爪先, に爬, に片方, に狭い, に現実, に甚三郎, に画策, に目, に目ざめ, に目途, に直訴状執筆, に相, に眼瞼, に石ころ, に空, に立ち上っ, に立ち上り, に立ち直る, に笑え, に策, に糸, に絲, に翁, に老い, に老いる, に考える, に聞え, に肝胆, に育っ, に背後, に腕, に腕組, に膨らん, に自己, に舌, に舟, に色, に若く, に草むら, に草鞋, に荘厳, に菊, に落す, に蒙, に蓮歩, に蠢, に行き過ぎ, に行く, に衣, に被害者, に視線, に視開い, に観念, に言われました, に言葉, に訊問, に語りはじめた, に語り出した, に語り出しました, に語り出す, に読み耽る, に諭す, に識者, に議院, に豪傑笑, に賢人, に質問, に走らせた, に走り出さう, に走る, に起き, に起ち, に足, に踏みだし, に身, に車, に近づい, に迫ります, に述べ始めました, に退けた, に進みよった, に進み入り, に進ん, に進行, に遺骸, に酒, に酒盃, に酔眼, に鐘, に開き, に開け, に開会, に開拓, に降っ, に降ろし, に集まっ, に霞ん, に静め, に面, に頬冠, に顧みたる, に食欲, に高く, に高まっ, 歩む友愛

▼ 徐かに~ (185, 12.2%)

5 眼を 3 両袖, 腰を, 覚めて

2 [14件] ここを, それを, 云った, 兩袖を, 動いて, 徐かに, 来る, 歩いた, 歩いて, 無言で, 立ち上って, 覺めて, 言った, 軽く点頭いた

1 [143件] おずおずと, お歩き, かれ等, きしって, こう問うた, この部屋, これを, こんな事, しかしたしかに, して, しみじみと, すうツ, その二人, その土手, その姿, その心, その手, その杖, その歩ん, その膀胱, それに, ではある, ながめて, ほぐして, もその, やって来るらしい, やつて來, やるだけの, ようやく僧, アツシジに, ジエンナロよ, バルコンの, プラットフォームを, レエルを, 一服吸った, 上げ円, 上って, 云う, 云ったつもり, 入る, 其を, 制して, 制しながら, 前に, 剣を, 動き出した, 北東の, 去る, 口笛吹く, 古代の, 吸いおわり右手指, 呟きだすの, 和服に, 問うた, 地上の, 夜は, 大師堂の, 太子に, 寢る, 巻き出して, 年齢の, 座を, 廻して, 廻りました, 引つ張ると, 彼女の, 後戻りし, 意識する, 扉を, 手綱を, 扶け, 把手を, 指ぬきを, 日記の, 昇った, 明けて, 来る死, 此方に, 此方を, 歩いたり, 歩きました, 歩き出した, 歩みて, 歩み出すと, 歩む, 歩むが, 歩める人々, 沈みたる底気味, 海の, 湖を, 滑つて動い, 焦げて, 玄関へ, 甦えっ, 男の, 男聲合唱が, 私は, 立ち上がり振り, 立上り, 立上り私に, 笑ひた, 答へ, 続いて, 縄を, 脂粉の, 膝を, 臂を, 自分の, 茶を, 落ちた, 蒲團から, 行き過ぎました, 行くこと, 衣嚢に, 襖が, 言い出した, 訊いた, 話し出した, 語った, 走って, 起ちて, 足を, 軋って, 近づいて, 這って, 這入って, 進める, 過ぎて, 過ぎ去った, 鉢に, 長い抑揚, 閉ぢた, 開いた, 開きつ, 陰気らしく, 靡いて, 靡き過ぎんと, 頭を, 頷いた, 飲まう, 高き家, 髪を, 鹿の

▼ 徐~ (182, 12.0%)

7 の城 6 の呂布 5 の地 4 の境, の太守, へ向っ 3 の牧, へ, を領 2 に迫る, のほう, の留守, へ帰っ, へ移った, へ進軍

1 [131件] いよい, から来た, から東方, か臨城, がおれ, が曹操, このかた皇叔, ごときは, では, で敗れた, で木炭中毒, で殺された, と人馬, と小, にあっ, にそんな, にとどまっ, にとどめおいた, にのこし, には彼, には玄徳, には玄徳麾下, には糜竺, にほどこした, にやぶれ, に下着, に入城, に帰っ, に帰らず, に身, に進み, のいきさつ, のごとき, の二城, の人望, の今日, の使い孫乾, の兵変, の出城, の刺史陶謙, の危急, の咽喉, の四面, の地の利, の城代, の城門, の堺, の太守陶謙, の客将, の封, の小, の戦況, の捕虜, の捕虜二百, の新しい, の残党, の濠ぎわ, の牌印, の玄徳, の玄徳なんど, の老, の者, の薬学校, の要地, の近く, の郊外, の陶謙, はこれ, は今, は喪, は奪, は守備, は完全, は将軍, は従っ, は敵, は枕, へかえる, へさし, へはこの, へは曹操, へひきあげ, へむかった, へ下し, へ伝わっ, へ入城, へ向け, へ向ける, へ向った, へ多く, へ引きつれ, へ引返した, へ急い, へ攻めかかっ, へ攻めよう, へ攻め下らん, へ攻め下れ, へ攻め入った, へ攻進, へ来, へ立ち帰っ, へ総がかり, へ赴いた, へ迂回, へ迫った, へ逃げ, へ通じる, へ重点, へ頼っ, も小, も捨てる, も王土, も落ちず, も陥ちず, を出発, を助け, を奪, を奪おう, を奪っ, を守る, を守れ, を平和, を救う, を救え, を治め, を発し, を討て, を隔, を頼る, 小沛, 幽州

▼ 徐~ (130, 8.6%)

3 の手勢 2 か, と朱霊, の部下, の陣, は

1 [117件] が, がいさめた, がいる, がこの, がそれほど, が今, が出, が出た, が国もと, が得意, が躍り寄っ, が選ばれる, が馬, だった, であった, です, という人間, と出会った, と張遼, などからく, などが籠っ, などという旧, などの勇将, などの善戦, などの老巧, などを三面, なるか, にいいつけた, にも光栄, に出会っ, に追われ, のした, のふたり, の一隊, の二手, の二軍, の先手二千人, の先鋒, の副将, の功, の勢, の囲み, の大将旗, の奇襲隊, の幕舎, の弓, の放った, の旗, の無能, の耳, の説, の馬, の騎馬隊, はうしろ, はお, はきのう, はこの, はさっそく, はその, はただ, はついこう, はむかし, はようやく, はわざと, は一万, は一隊, は仲達, は使命, は勝ち, は嘆息, は大将, は後詰, は御車, は急, は拍子抜け, は敵方, は歓び, は汝, は火焔, は狗, は甲, は直ちに, は膝, は蜀兵, は血気, は進ん, は雷声一撃, は駈け, は驚い, もおり, もつかれ果て, もふたたび, も大, も張, も支え得ず, も斧, も絶倫, も若, も身, も途中多く, やある, やら先, や于禁, をこの, をさしまねい, をし, をすて, を優遇, を味方, を従え, を招い, を救いだし, を次第, を立て, を見る, を説い, 行け

▼ 徐~ (124, 8.2%)

5 の母

2 [12件] か, が帰っ, が玄徳, であった, のことば, の影, の手, の馬, はその, は孔明, は母, へ手紙

1 [95件] から彼, から折, があり, がいう, がお, がご, が丞相, が仕え, が再び, が参りました, が暇, が来た, が行き, が行っ, が見えた, が適任, が都, が魏, そのほか, その人, だと, だよ, っ, っ徐庶, です, ですか, ではない, といえ, とが別離, とその, との交情, とを比較, と私, にとって曹操, に別れ, に見切り, のあと, のすすめ, の人物, の仮名, の光栄, の出発, の姿, の心, の生い立ち, の足もと, は, はあらためて, はあわて, はいつ, はそう, はそこ, ははっと, はふたたび, はまず, はまた, はもぎ, は世, は亭上, は傍ら, は冷たい, は味方, は命, は固辞, は夜, は学歴, は小鳥, は幼少, は恐縮, は愧感, は手, は曹操, は最後, は清らか, は潸然, は燈火, は答え, は自身, は責任, は酔わない, は面, は顔, は駒, へ宛て, ほどな, もっとつまびらか, もまた, も慚愧, も身, をこの, をなぐさめ, を呼びだし, を許都, を迎えさせる, を送っ

▼ 徐~ (58, 3.8%)

2 と丁

1 [56件] からの上表, が, がすかさず, がふたたび, が江上, が答えた, が襲っ, が雷鼓, こそいた, だった, でなければ, ではない, とか, などの諸, など皆, にその, に出合っ, に甥, に私, に迫った, のともがら, のほう, の一角, の下知, の二将, の二軍, の兵, の眠り, の舟, の船手勢, の隊, は, はどう, はどういう, はみすみす, は勢い, は大, は字, は憤怒, は明答, は水夫, は王, は足ずり, もうふたたびこんな, もしまいに, もぜひ, も丁, も決して, も舳, も譲歩, も首, や董襲, を助ける, を扶, を捕えん, 慮聴経遂請留門下

▼ 徐~ (41, 2.7%)

2 の顔

1 [39件] がおもに, がつい, がやって来ました, が一人, が彼女, が抱きとめ, が死んだ, が水瓜, が災難, が知っ, が血, が頭, が黙っ, とは違った, とばったり, にも勧め, のそば, のため, のなか, のよう, の悲惨, の死体, の葬儀, の頬, はじっと, はその, はウイスキー, は上目使い, は両, は崔範, は強く, は眼, は素直, は落着き, は鄭重, は静か, は黙っ, ももう, も熱心

▼ 徐~ (22, 1.5%)

1 [22件] か, が涙, という, というの, には, の墓誌銘, の美貌, の胸, の貞烈, の顔, はすぐ, はふい, はほほ笑ん, はわたしたち, は一時茫然, は化粧, は悲嘆, は手紙, は良人, へ献じた, も奪い取った, をどう

▼ 徐州城~ (20, 1.3%)

1 [20件] から馬, に人, に勅使, に居直っ, に迎え, のうち, の内, の危急, は近づいた, へも出なかった, へ上がっ, へ勅命, へ参る, へ向っ, へ攻めかかった, へ近づい, へ馳せつけよう, を出た, を占領, を奪われた

▼ 徐~ (15, 1.0%)

1 [15件] いいます, マラツカ海峡の, 人込の, 入つて港内, 地下へ, 戸を, 揉まれた処, 横に, 私達の, 背を, 舟の, 言い伝えて, 通ると, 門を, 閉めようと

▼ 徐~ (14, 0.9%)

2 の故事

1 [12件] が戦乱, が数百人, が移住, が童男女三百人, が童男童女六百人, のローマンス, の墓, の童男童女, はよほど, を蓬莱, 往くとき書, 畏誅不敢還

▼ 徐~ (12, 0.8%)

2 一家を 1 うちの, 家が, 家では, 家の, 家は, 家を, 潤州, 瓦竈には, 要害を, 軍馬を

▼ 徐~ (11, 0.7%)

1 [11件] が怪しん, という男, に言った, の兄, の留守宅, の話, はすぐ, は形見, もうなずい, もまだ, も平素

▼ 徐~ (10, 0.7%)

1 あまり延珸, あまり廷珸, さらに暇乞い, 声を, 大喜び, 大金儲け, 天候を, 温を, 自分も, 首を

▼ 徐~ (9, 0.6%)

1 の一部隊, の兵, の手勢, の放った, の新手, の精鋭, の軍, は相国, は逃げる

▼ 徐~ (8, 0.5%)

2 慶の, 直は 1 慶が, 慶は, 直, 直では

▼ 徐盛丁~ (8, 0.5%)

2 奉の, 奉は, 奉を 1 奉, 奉など

▼ 徐上等兵~ (7, 0.5%)

1 が四名, は困った, は思い, を先, を眼, を見送っ, 殺されたの

▼ 徐~ (7, 0.5%)

2 盡が 1 盡何と, 盡例の, 盡本音を, 盡眞前に, 盡赫と

▼ 徐~ (7, 0.5%)

1 からいろいろ, から聞い, とても女, に任せきりで, に逢います, の家, はお父さん

▼ 徐~ (6, 0.4%)

1 であり呂建, と呂建, と楊収, の下, の二将, を追い

▼ 徐~ (6, 0.4%)

1 とマラツカ海峡, と人込, と入, と地下, と私達, と舟

▼ 徐輝祖~ (6, 0.4%)

1 あるのみ, の軍, は堅実, をし, を召還, 屈せず師

▼ 徐かに手~ (5, 0.3%)

1 を合せた, を振った, を振つた, を洗, を顔

▼ 徐乾學~ (5, 0.3%)

1 があり, と顧炎武, の, の如き, の方

▼ 徐つと~ (4, 0.3%)

1 乗つたの, 出て, 立つて, 腰を

▼ 徐六岳~ (4, 0.3%)

2 を最初 1 という大, といふ大

▼ 徐~ (4, 0.3%)

3 をし 1 は兵十万

▼ 徐州攻略~ (4, 0.3%)

1 におもむいた, に出征, のとき, の陣中

▼ 徐~ (4, 0.3%)

2 祖が 1 祖に, 祖を

▼ 徐~ (4, 0.3%)

1 し來, する事, の馬, を試みた

▼ 徐~ (4, 0.3%)

1 であります, は五代, は説いた, を大

▼ 徐~ (3, 0.2%)

1 だったが, であった, なること林

▼ 徐かで~ (3, 0.2%)

1 あつた, 何か, 確実な

▼ 徐という~ (3, 0.2%)

1 のは, 字を, 家に

▼ 徐~ (3, 0.2%)

1 が松, という者, の瓜

▼ 徐州没落~ (3, 0.2%)

1 このかた, のとき, ののち

▼ 徐州陥落~ (3, 0.2%)

1 で大阪市中, といふ, のサイレン

▼ 徐晃軍~ (3, 0.2%)

1 にはまず, は命, は急襲

▼ 徐かに目~ (2, 0.1%)

2 をもっ

▼ 徐かに離れ~ (2, 0.1%)

1 の方, へ行った

▼ 徐かに面~ (2, 0.1%)

1 を挙げ, を擡げ

▼ 徐かに顔~ (2, 0.1%)

1 をあげ, をあげた

▼ 徐~ (2, 0.1%)

1 怒って, 材木を

▼ 徐~ (2, 0.1%)

1 ょに, ょにわがかたへも延長し来たれるなり

▼ 徐~ (2, 0.1%)

1 呼びとめた, 睨んで

▼ 徐州城下~ (2, 0.1%)

1 に住ん, へ向っ

▼ 徐庶字~ (2, 0.1%)

1 は元, を元

▼ 徐~ (2, 0.1%)

1 を前軍, 亦創

▼ 徐敬業~ (2, 0.1%)

1 の乱, は十余歳

▼ 徐晃字~ (2, 0.1%)

2 を公明

▼ 徐晃張遼~ (2, 0.1%)

1 などがふたたび, の二将

▼ 徐晃曹洪~ (2, 0.1%)

1 が出払った, などの曹軍中

▼ 徐~ (2, 0.1%)

1 という気品, は家

▼ 徐~ (2, 0.1%)

1 など, などの書風

▼ 徐~ (2, 0.1%)

1 に付し, の子

▼ 徐錫林~ (2, 0.1%)

1 から狼村, まで徐錫林

▼ 徐霞客~ (2, 0.1%)

2 の如く

▼1* [125件]

かなものの云い, 徐かな歩附きで立派, 徐かな話し声が洩れ, 徐かな足取りで大股, 徐かにはいって, 徐かに一杯の飯, 徐かに二足ばかり歩い, 徐かに地を叩い, 徐かに後を振, 徐かに数滴の泉, 徐かに艇頭を廻らし, 徐かに談話す, 徐かに金天狗に火, 徐かに風が吹き出した, 徐かに馬をあゆませ, 徐とが呉の, 徐としてゐた, 徐なる静けさで, 徐敵前上陸し, 徐まで帰ったの, 徐むろに溯源, 徐その謝礼, 徐かに笑いたまい, 徐其の背, 徐ら採りソラ当りますとの, 徐ら此方に向き, 徐ら起上りざま母親はと見れ, 徐ら雪のよう, 徐と煙草, 徐カナルコト林ノ如シ, 徐之レ, 徐ロニ刀ヲ鞘ニ納メテ, 徐上等兵お前はお寺, 徐棹郎歌, 徐世昌を除け, 徐世賓たらば, 徐二氏の本, 徐佐卿といふ道士, 徐先生のお, 徐光啓と相, 徐兢高麗に使, 徐の御, 徐凱李文陳暉平安等に命じ, 徐凱等と与, 徐南近江漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 徐か, 徐の廻廊, 徐で醤油, 徐安鐘祥等をし, 徐家匯附近の庶民, 徐之未遂而没, 徐崇嗣は豊熟, 徐川細谷離と村内, 徐州以南の淮水, 徐州侯の封, 徐州兵はことごとく, 徐州地方に対する曹操, 徐州城内の北苑, 徐州大路へ, 徐州徐州と人馬, 徐州揚州荊州豫州梁州雍州となつ, 徐州攻撃続いて, 徐州攻略軍の陣中, 徐州梁州がなくし, 徐州燕州などの生れ, 徐州臨城袞州へと退却, 徐州離散の後, 徐巨源と言, 徐師川荊公の細, 徐庶はなみだを, 徐庶元直か, 徐庶孟建ぐらいな, 徐庶汝南の孟建, 徐の徐, 徐をはじめ八十五人, 徐弱謝子唐姑果等を指摘, 徐彦成は材木, 徐徐ニ之レ, 徐定公墓前十字記, 徐春甫が, 徐晃これにお待ち, 徐晃どのおつつがも, 徐晃みずから来ると, 徐晃于禁などの輩, 徐晃于禁李典なんどの錚, 徐晃勢だけで, 徐晃右には許, 徐晃徐晃やある, 徐晃徐晃徐晃やある, 徐晃朱霊などの別働隊, 徐晃李典楽進于禁などの諸, 徐晃軍五万が敵, 徐栄軍はついに, 徐校濤の美人譜中, 徐が楊継成, 徐歩逍遥せる或, 徐氏筆精に云, 徐に詣り, 徐洪範はかつて, 徐の夷, 徐の孫, 徐王府賓輔史彬と楊応能, 徐といふ日傭取り, 徐盛それにつづき, 徐盛らが馬, 徐盛董襲などの呉軍, 徐盛董襲なんどの雄, 徐盛軍だったの, 徐真孫晟王貴等皆執えら, 徐真等の上, 徐知諫という人, 徐急が, 徐祖正氏の訳, 徐福伝説の伝播, 徐福將童男女數千人入海求蓬莱神仙不得, 徐総統に会見, 徐羣夫と云, 徐之云々かつて, 徐為の, 徐葆光の, 徐という諸, 徐説愛花吾似子, 徐輝祖曹国公李景隆をし, 徐輝祖獄に下さるれ, 徐阿片二万函を焼き