青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幾分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

幽か~ ~幽霊 幽霊~ 幾~ ~幾つ 幾つ~ 幾ら~ ~幾人 幾何~ ~幾分
幾分~
幾多~ ~幾度 幾度~ 広~ ~広い 広い~ ~広く 広く~ 広告~ ~広場

「幾分~」 2460, 25ppm, 4575位

▼ 幾分~ (617, 25.1%)

5 彼の, 残って 4 安之助の 3 僕の, 声を, 心の, 手伝って, 胸の, 自分の, 過ぎた後

2 [40件] おこぼれ, それが, まじって, 世間の, 人の, 余計に, 償には, 力を, 叛逆の, 多くの, 太祇に, 好奇心が, 学問的な, 安心した, 広重らしい, 弁じたの, 彼等の, 心が, 恩が, 意識と, 愛の, 感謝の, 慰められること, 憑頼が, 柔げられる, 気が, 猫背の, 破壊された, 空気に, 笑を, 綺麗な, 緩和され, 自分に, 茶化した調子, 落ち着いて, 落着い, 跛足を, 違って, 頂を, 顔が

1 [502件 抜粋] あきらめも, あったが, あつた, あてが, あらわれたため, ありがたい利目, ある, あるの, ある若者, いずれかを, いる所, いわれは, うれしいよう, えらい考え, おさまったころ, おちついたよう, お気が, お米, ききめが, きざして, きまじめな, こころの, この女, この男, これで, これまで, これを, こわい様, さげすむよう, さびが, しっかり手, そのため, そのわく, その傾, その内, その効果, その平衡, その憶病さ, その数, その淋し, その発展, その発達, その趣, その量, その頭脳, その類, それは, ためらう様子, ちがって, どこかに, なまるん, のんびり, ほっとした, ほんのりと, ましである, まだまる, むすび直し正座, むつかしくなる, やせて, やれば, やわらいで, ゆるめなければ, よい現象, よくなった, わかるよう, わたくしの, オダワラ育ちの, ストライキ坑夫即ち, スポイルされた, ダンテの, ネーチュンその, 三角形であり, 下降し, 不安を, 不快に, 不快を, 不気味な, 不遇の, 世運の, 世間が, 両者間の, 丸く見せ, 乱されは, 乱心の, 事実らしく, 事情が, 互ひ, 交り合っ, 人工が, 人工を, 人通りが, 人間の, 今までと, 今までの, 仏国または, 仕事の, 他の, 似通つて, 低地に, 余と, 余の, 余を, 余熱が, 作品の, 作意の, 侮辱の, 信じたけれども, 信教自由に, 信者らしい, 偽物らしく思われ, 傷つけられるよう, 僕にも, 僕を, 僭上の, 儀式らしい, 償却させる, 優しいところ, 優しいよう, 優柔という, 兄さんの, 先方にも, 先方の, 光輝を, 入って, 其の望, 其仕事に, 内心の, 内生活, 出て, 分つて, 分りましょう, 利益の, 制し了, 削って, 副船長, 割引を, 創作家の, 功徳に, 助けた, 助けるつもり, 勇気が, 勢力を, 勾配の, 十兵衛の, 千里眼に, 厳めしい, 厳重でない, 参考に, 反応を, 同情を, 名人意識も, 周旋者の, 味が, 和いで, 啼声に, 善人の, 嗄がれ声に, 嘲笑したい, 器量は, 国民が, 堅くな, 堅くなっ, 境遇の, 増進した, 壁の, 壮と, 変ったかも, 変化し, 変化を, 外国人に対して, 大きかった, 大兄などは, 失せます, 失望した, 好い兆候, 姉の, 嬉しい気分, 存し, 学者の, 安堵し, 実行し, 宿泊料の, 宿酔の, 寛ぎを, 小形に, 己れ, 市気を, 幸運の, 弛んで, 強めて, 当初の, 当年の, 形が, 影響し, 彷彿させる, 役立ちあるいは, 役立つであろうと, 彼に対する, 彼は, 彼女に, 彼女の, 彼我の, 彼等を, 往昔の, 従前よりは, 御参考, 御用が, 御自慢, 心に, 心を, 心待ちには, 必要なるべし, 思が, 性質も, 恋愛の, 恕し, 恨が, 恨みを, 悪かった, 悪人で, 意を, 意地の, 意識が, 愛情も, 感ぜられるの, 感情を, 慎しや, 慣れて, 慰められて, 憐愍の, 憚る, 憤懣の, 戀愛の, 成功の, 我子に対して, 戻って, 手を, 手伝ったであろうけれども, 手心を, 打解けて, 抜け出た所, 拗ねたよう, 拡がるやう, 持ち上げてさえ, 持直した気味, 挑撥的の, 排外的に, 損害が, 支那語を, 改良されない, 改進的の, 攻撃の, 放心に, 政党内閣の, 教官の, 教訓味を, 散らばって, 敬畏, 斟酌しなけれ, 斯様な, 新しき事, 明かに, 明るくした, 明るくする, 明を, 昔の, 昔のす, 是の, 時刻は, 時間の, 智能が, 暗くし, 暗さ, 有力に, 柔らかく快いもの, 柔和で, 根本義の, 楽しいこと, 楽でございました, 様子の, 模様が, 次の, 歌ならざる, 歡喜の, 正しい側, 正確な, 此の, 此主意である, 此女の, 歩くこと, 残されて, 残り居るべし, 毒質の, 気づよくなっ, 気の, 気を, 気兼そうに, 気安さ, 気疲れが, 治外の, 注文も, 洗うもの, 浮いた心, 消えずに, 混って, 清い世間, 渇を, 減じます, 減却した, 温まりを, 温みが, 満足させ得るだろう, 満足に, 溜飲が, 潜んで, 火の手の, 無いで, 無辜の, 焦げました, 爽快の, 片方で, 物なつかし, 犠牲に, 独断的なり, 狭隘で, 現す事等, 現わ, 理性が, 理解し, 理解し得る, 生きて, 生また, 生徒の, 田の神の, 當つてゐる, 疑いも, 疲れたとき, 疲れて, 癪に, 登りながら, 登りよ, 發光物質が, 白い姿, 白髪も, 皮膚によって, 目の, 目録學の, 相場を, 相通じた, 相通ずる, 相違が, 眉を, 知って, 研究し, 研究的の, 神経でも, 私を, 移動する, 穏に, 空いて, 空想的名所歌の, 立って, 立優っ, 筑波山の, 簡単に, 米友に, 純粋な, 紫の, 経ったらあやめ, 経ったろう読みふけて, 経過したらしい, 綺麗である, 緊張した, 緩である, 緩んで, 緩和される, 羞恥の, 習い始めたと, 習って, 考察的の, 聞いて, 肯定し, 背の, 背を, 胡麻塩と, 胸が, 胸中の, 脚を, 脚気に, 腰で, 腰を, 腹も, 自信を, 自分に対して, 自慢顔, 自然に, 自由を, 興味ある, 興味を, 芸術化させる, 苦味の, 草も, 荒みきった生活, 蒼ざめて見えた, 薄くなった, 融和し, 衰微する, 複雑に, 西洋式の, 見たる所, 見当の, 見縊った考え, 視力を, 親たちよりも, 親切に, 解りそう, 解る程度, 言ひ, 言論の, 記憶で, 話が, 話すたね, 誇大に, 誇張が, 誇張せられる, 調停する, 調和を, 諦が, 諸書, 警戒したらしい, 議員を, 讀者の, 豊潤と, 責任の, 貰えるです, 貴方を, 費用の, 賭けて, 赤みを, 足を, 踏みしめて, 躍らせて, 身綺麗に, 軽い頼り処, 軽かった, 軽くし, 軽くなり, 軽く視, 載せて, 輕かつ, 込入って, 近づきやすく, 迷惑そうな, 逆戻りし, 遂げて, 遅れて, 遊冶郎めいた, 過ぎた, 達せられるかも, 違います, 違うところ, 遠慮し, 遠慮の, 選択の, 遺伝残留し, 避けられるだろうと, 都風に, 酒に, 醉つ, 釈迦の, 重大だ, 重苦しい憂愁, 金を, 鈍ったけれど, 閑静だろう, 閑靜だらう, 間の, 関係し, 関係の, 関係を, 關係し, 陛下の, 陽気な, 雄々しくなった, 離別の, 青みを, 静かな, 面倒な, 面白く暮さう, 面目が, 頭が, 頭痛を, 顔の, 風流だろう, 餘裕が, 高尚の, 魔避け, 麁末なる, 黄ばんだ葉, 黄金の

▼ 幾分~ (322, 13.1%)

6 同情を 5 好奇心を 4 不安を, 疑いを, 興味を 3 余裕が, 力を, 助けを, 好奇心も, 安心を, 疑いが

2 [16件] 一の, 人工を, 休止ある, 余裕は, 利益を, 危険を, 和歌臭味を, 弛みが, 心頼みが, 慰藉は, 理由が, 真理を, 苦々しさ, 補助を, 親しみを, 譲歩を

1 [249件] お役に立つ, お礼を, くぼみを, ためらいを, むらが, ものずき, やわらか味, ゆとりが, センセイショナルな, プラスに, プロバビリチが, ボンヌ・ユミヨオルを, 不同が, 不安が, 不安定が, 不平を, 不心得が, 不明瞭を, 不服や, 不気味さと, 不満と, 不満なき, 不滿, 不潔かつ, 亂を, 事實を, 事情を, 亢奮とで, 休息を, 似よりは, 低能であっ, 余技的ない, 余裕を, 例外を, 価値ある, 便利を, 便宜を, 保護を, 俤を, 内容を, 冷水を, 凄味を, 凌ぎに, 出資を, 利己的少く, 刺戟を, 削除が, 剰余価値を, 助けには, 努力で, 効が, 効果が, 勢力を, 千鳥足で, 危む念を, 原話, 参考と, 参考に, 参考には, 參考に, 取柄が, 叱咤の, 同情と, 名誉を, 和解が, 哀愁が, 善に, 喜びを, 喰み, 嘲笑を, 地ならしに, 堕落を, 増加を, 変化を, 変更改竄増大補修忘失を, 変遷を, 夜の, 天才とで, 奥州訛りを, 好意に, 好意を, 嫉妬も, 学資が, 安きを, 安堵の, 安堵を, 安心も, 寄贈金を, 寄附を, 寛ぎも, 差別待遇は, 平静を, 弱気で, 弱點, 影響を, 役割を, 役目を, 得るところ, 得意と, 得意をさえ, 御奉公, 御恩, 御想像, 心やりに, 心憎さ, 心構えは, 必要が, 志怪気分を, 忙しさ, 快感が, 忿怒に, 思いやりだった, 恐れを, 恐怖を, 恥かし, 恫喝を, 息抜きを, 悲哀とを, 愛情が, 感興が, 慰めを, 慰藉と, 憐れみが, 懸念も, 成果を, 手を, 手当金が, 手心を, 才気の, 批判を, 技術的欠陥とも, 抵抗力と, 效力が, 敝布も, 敝布を, 敬意さえ, 敬語を, 新しみ, 新奇さが, 昂奮すらも, 望みを, 期待を, 未練が, 根據を, 欠点は, 殊勝さが, 気取りを, 気安さ, 気晴しを, 氣ま, 水氣を, 汽車で, 注意を, 消長は, 混雑が, 温もりを, 満足であろう, 源因を, 準備を, 潤沢を, 濕り, 無理が, 焦躁さえ, 煩し, 特徴を, 特殊性が, 狼狽さえ, 現實性, 理あり, 理なき, 理智を, 理解を, 甘えと, 甘さ, 生気を, 生理的影響によって, 画趣を, 異同が, 疑念が, 疑念は, 痛みをば, 発展を, 發達の, 監視さえ, 直覚を, 直覚不幸に, 相違は, 真実を, 真相が, 知覚を, 短な, 短縮と, 科学も, 税金を, 空地が, 緩みを, 美を, 羨望をさえ, 義侠心を, 考えを, 脅威を, 自信を, 興を, 興味が, 興趣を, 若さ, 落葉を, 蒼色を, 衰えを, 装飾を, 補強工事に, 裨補が, 親しみも, 解釋を, 訂正を, 誇らしさ, 誇張と, 説明を, 論述を, 諧謔味が, 變化動搖を, 變形を, 責を, 貯へで, 趣味を, 躊躇を, 軽蔑が, 近代的感覚が, 迷惑を, 造作が, 遊戯分子を, 過程を, 道理が, 違いは, 遠慮が, 重きを, 金を, 銭を, 間隙を, 関係を, 陶冶を, 際どさ, 霊の, 面影を, 飄逸捕捉すべからざる, 食物を, 餘力を, 餘裕を, 骨折りも

▼ 幾分でも~ (119, 4.8%)

4 分けること 2 住みいい国, 僕の, 具体的に, 正確に, 真に近い, 自分の

1 [103件] あてに, あの高潔, あり得そう, あるし, いい条件, お答え申さんけれ, かれを, こういう市日, この女中, この身, この鼻, その子孫, その点, その要求, その解放上, バルザックの, 不安を, 世の, 予言的な, 事が, 事実に, 伝えて, 低下させ, 何かを, 修めたいと, 償還しよう, 先生の, 入れて, 共通の, 分担しよう, 分担する, 力説し, 助けて, 博士に, 原の, 吉原を, 味わせまい, 善い事, 喰い止めるため, 嗣いで, 多くなっ, 大きな増加, 妹の, 妻子の, 姿を, 存在性が, 安心させ, 安慰, 実現出来れ, 広く行われる, 従来負わされ, 得意気な, 忘れて, 慰めて, 慰められるもの, 懺悔の, 我慢が, 我慢の, 普遍な, 晴々した, 未亡人の, 民族の, 気分が, 流れ込んで, 浅く雪, 物理学的要素が, 疑いの, 発展的な, 目指す岸, 目的らしい, 知って, 確からしい, 秀子の, 立って, 等しくなる, 維持せらるべき, 自他共便宜と, 自分に, 興味や, 興奮し, 興奮した, 苦しみが, 菅原に, 落ち付かせるの, 落ついたら先づ清子, 蝋が, 表して, 訣つて貰へる, 調子が, 談す, 貢献し得るなら, 軽くなる, 軽く考へたい, 返したという, 返して, 金を, 長い間維持, 関係の, 関聯し, 面白かつ, 食べられそう, 髣髴できる, 鶴亀延年の

▼ 幾分~ (80, 3.3%)

4 割いて 2 回復するべく, 小六, 要求する

1 [70件] うかがい得られるという, うつして, かしさ, さいて, なして, へらします, また彼女, むすめたち, 与うべしとの, 主人の, 人に, 他の, 他人に, 伐って, 伝えて, 保存させたであろう, 借りるとか, 内政の, 冥, 分ちまた, 分ち与えたこの, 分担した, 割きて, 加えたりとて, 占め用, 卸して, 取つた, 各人の, 吐出して, 含んで, 報じるの, 増して, 増加し, 存, 存せり, 実際に, 山羊に, 広告に, 形造つたと共に, 御紹介, 感じかつ, 慰めんと, 持つた処, 晴らすべしと, 書き加えて, 染められて, 殘し, 殺がれたばかり, 浪費すべき, 減却したれ, 漏らしたの, 点頭いた, 直に他人, 省略し, 示す機會, 禁裏に, 窺ひ得る, 節約し, 職工に, 脱するに, 自分の, 表現し, 補うくらいが, 見出して, 見聞した, 解しはじめて, 記憶に, 詐つてゐる, 諸子に, 遂げたり

▼ 幾分~ (55, 2.2%)

2 あったの

1 [53件] あつたらう, お追従, かせたよう, こうした異常, この室, この居, それと, ましで, ましと, もつ, 上達するだろう, 中へ, 主観的の, 体熱の, 働らい, 充され得る, 判つて居る, 別の, 助かつて, 原文の, 叱られるの, 君に, 増したり, 天分の, 妻の, 子供らしいおびえた, 学問と, 学問の, 容易に, 寝惚けて, 年の功が, 彼女の, 心の, 愉快でいらっしゃる, 慰められるの, 持出されて, 救はれる, 曇天でも, 朧ろげ乍ら味は, 杜佑の, 殆ん, 気も, 爽かな, 現に行, 砂川の, 確に, 私の, 穿ち得た見方, 責任が, 身体の, 違つた新しい, 遠大と, 関係が

▼ 幾分かの~ (45, 1.8%)

2 反響を, 資本を

1 [41件] かざったいつわったところ, さや取りを, ゲ, バタを, 保証として, 信用を, 分前, 利益が, 制限は, 刺戟が, 割賦金と, 助けたらん事, 噂の, 器械を, 好奇心も, 好奇心を, 嫉妬が, 孤独を, 小僧たちの, 差異が, 後に, 必要な, 意味を, 意地とか, 感傷が, 感情を, 慰めである, 所を, 時間が, 暗示を, 望みを, 気懸り, 注意を, 緑が, 美的要求が, 自信を, 観察の, 金包を, 音樂的抑揚の, 風聞を, 餘力を

▼ 幾分かは~ (42, 1.7%)

1 [42件] あった, いいの, お国, お飲み込み, このこと, そう思います, つきりと, どてらが, ほんとうの, やわらいだ, アイヌの, 体現も, 余の, 働いたの, 僕自身にも, 儲けて, 写し集める, 分る, 助けて, 助長される, 古物遺跡の, 安心だけ, 実用の, 彷彿せられるであろう, 役立ち得るよう, 彼の, 思い出すこと, 或る, 昔の, 此の, 此人によって, 消耗が, 清が, 眼も, 美しいの, 自分へ, 自家本位が, 芸術的な, 見えるので, 輪の, 遅くなろう, 道義心の

▼ 幾分なりとも~ (29, 1.2%)

2 改造する

1 [27件] あったこと, なお自分, ふれて, 不安の, 不滿, 之を, 何らかの衝動, 充し得た, 同情と, 増進する, 實現する, 少くする, 得意なり, 御役に立つ, 心を, 恩返しする, 持って, 昔日の, 書き夜, 有利に, 洗って, 物の, 病を, 知って, 見得るもの, 認めて, 軽くしてやろう

▼ 幾分かを~ (20, 0.8%)

1 [20件] あたへられて, さいて, そこに, つとめて, でも再現, みなもっ, 傷つけられた私達, 分けて, 国許へ, 失ふ, 払った, 既に余, 氏に, 獲たかの, 示す可, 祖母の, 脱いで, 補充する役に立つ, 貰って, 養家から

▼ 幾分その~ (12, 0.5%)

1 [12件] ころの, 余波にや, 傾向を, 怠り癖を, 憑依の, 成迹の, 手法を, 方の, 特色が, 理由が, 辺の, 面貌を

▼ 幾分なりと~ (9, 0.4%)

1 ご用達てる, その人々, 仏蘭西語を, 仕送りしなけれ, 入れさせる様, 救うこと, 次郎の, 気を, 途中の

▼ 幾分にても~ (9, 0.4%)

1 これに, 一般世人を, 一般社会の, 世に宣, 之に, 同君の, 好意を, 海上の, 達するを

▼ 幾分かずつ~ (8, 0.3%)

1 ソフィストケイトし, 充たされたよう, 孔子が, 対等を, 小降りに, 掛りはじめたという, 支払って, 胃の

▼ 幾分それ~ (8, 0.3%)

1 が羨ましく, に対する処罰, に欠ける, は, よりも軽く, をまぎらかす, を自覚, を見下し

▼ 幾分~ (8, 0.3%)

1 があつ, がおくれる, がハッキリ, が軽く, が進まず, にし, まづい, を付け

▼ 幾分~ (7, 0.3%)

1 あなたの, あると, 女優須磨子の, 果して文学, 舞台の, 都風に, 開場時間に

▼ 幾分この~ (7, 0.3%)

1 害毒が, 影響が, 機運と, 点について, 禍根を, 部類だ, 陸地の

▼ 幾分元気~ (7, 0.3%)

1 が衰え, づいた様子, づいて, になっ, をつけた, をとり戻した, を盛り返し

▼ 幾分~ (7, 0.3%)

1 に張り, のもちかた, の慰め, の落付き, は痛みます, をときめかせ, を労する

▼ 幾分~ (7, 0.3%)

1 が理由, の心, の眼, の胸, は苦手, を慰めよう, を驚かした

▼ 幾分誇張~ (7, 0.3%)

2 して 1 かもしれない, があっ, してまで, をし, を加

▼ 幾分ある~ (6, 0.2%)

2 にし 1 かしれない, か知らぬ, ようだ, ような

▼ 幾分かが~ (6, 0.2%)

1 伸子に, 口中に, 咽喉を, 常に働く, 御想像, 雇主の

▼ 幾分まし~ (6, 0.2%)

1 だろうと, でしょうと, です, ですが, で麦, になりました

▼ 幾分緩和~ (6, 0.2%)

1 されたが, された形, されるかと, されると, し得ると, せらるべきもの

▼ 幾分かでも~ (5, 0.2%)

1 そそりたいと, まじめに, インカの, 補うため, 関係する

▼ 幾分古い~ (5, 0.2%)

4 ものと 1 時代の

▼ 幾分安心~ (5, 0.2%)

2 した 1 ができ, して, はした

▼ 幾分朧ろ~ (5, 0.2%)

5 に見わける

▼ 幾分残っ~ (5, 0.2%)

3 ていた 1 ていなけれ, ている

▼ 幾分いけた~ (4, 0.2%)

4 と見え

▼ 幾分いり~ (4, 0.2%)

4 合せが

▼ 幾分これ~ (4, 0.2%)

1 と似, に據つた, を編入, を緩和

▼ 幾分ずつ~ (4, 0.2%)

1 地辷り, 小出しに, 恢復し, 払って

▼ 幾分~ (4, 0.2%)

1 かの製薬会社, つまらない計算, 云わせずして, 軟骨とを

▼ 幾分ながら~ (4, 0.2%)

3 同情を 1 漂わせて

▼ 幾分~ (4, 0.2%)

1 せよ有, なって, 生まな常識, 砂糖を

▼ 幾分はっきり~ (4, 0.2%)

1 して, と書き足し, もって, 覚めて

▼ 幾分~ (4, 0.2%)

1 をふるはせ, を大, を忍ばせたらしい, を昂ませ

▼ 幾分気持~ (4, 0.2%)

1 がよい, がをちつい, が良い, は軽く

▼ 幾分自分~ (4, 0.2%)

1 で慰められる, のこの, の意見, を変

▼ 幾分~ (3, 0.1%)

1 留守に, 祭り気分的に, 馴染の

▼ 幾分たり~ (3, 0.1%)

1 ともあなた方, とも国の, とも故人

▼ 幾分まごつき~ (3, 0.1%)

2 はした 1 ながら重ね

▼ 幾分不快~ (3, 0.1%)

1 であったけれど, な感触, の色

▼ 幾分低い~ (3, 0.1%)

1 という点, ところを, 水準に

▼ 幾分修正~ (3, 0.1%)

1 さるべきもの, されて, を要する

▼ 幾分~ (3, 0.1%)

1 です, になツ, のもの

▼ 幾分~ (3, 0.1%)

1 と懼, に遠慮, は一般

▼ 幾分新しい~ (3, 0.1%)

2 ので 1 発想を

▼ 幾分~ (3, 0.1%)

1 のその間, もたたぬ, 思ひ定めて

▼ 幾分曖昧~ (3, 0.1%)

1 なところ, な点, になり

▼ 幾分犠牲~ (3, 0.1%)

1 にされる, にし, に供

▼ 幾分狼狽~ (3, 0.1%)

2 して 1 した心

▼ 幾分軽く~ (3, 0.1%)

1 たよりなくなる, なった, なるもの

▼ 幾分遠慮~ (3, 0.1%)

1 がとれ, して, をし

▼ 幾分うるさ~ (2, 0.1%)

1 そうな, そうに

▼ 幾分かに~ (2, 0.1%)

1 しろ修業的, 変化を

▼ 幾分こじれた~ (2, 0.1%)

2 気もちを

▼ 幾分ずつか~ (2, 0.1%)

1 元気を, 皆新しい

▼ 幾分そういう~ (2, 0.1%)

1 ところが, 予感が

▼ 幾分そんな~ (2, 0.1%)

1 格好を, 気に

▼ 幾分ちがった~ (2, 0.1%)

1 態度を, 眼で

▼ 幾分づつ~ (2, 0.1%)

1 の変化, は世間

▼ 幾分づゝ~ (2, 0.1%)

2 現して

▼ 幾分てれ~ (2, 0.1%)

1 て伸子, 臭い気持

▼ 幾分てれた~ (2, 0.1%)

1 ようだった, 調子で

▼ 幾分とを~ (2, 0.1%)

1 まど子さん, 奪わるるの

▼ 幾分なり~ (2, 0.1%)

1 とも裨補, と近藤

▼ 幾分ひきつった~ (2, 0.1%)

2 ような

▼ 幾分びっくり~ (2, 0.1%)

1 したよう, した叫声

▼ 幾分ふだん~ (2, 0.1%)

1 と変った, より亢奮

▼ 幾分をも~ (2, 0.1%)

1 伝え得ないであろうという, 消すこと

▼ 幾分ホッ~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 のほう, の方

▼ 幾分上気~ (2, 0.1%)

1 したよう, して

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 ありしやは, を抵制

▼ 幾分亢奮~ (2, 0.1%)

1 し一人, をし

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 の三人, 国訛の

▼ 幾分似通っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 かを發散, か言語

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

2 に出

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 の中, をとんがらし

▼ 幾分同情~ (2, 0.1%)

1 しながら, すべき理由

▼ 幾分固く~ (2, 0.1%)

2 なって

▼ 幾分地面~ (2, 0.1%)

2 が傾斜

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

2 でなければ

▼ 幾分子供~ (2, 0.1%)

1 らしい恐怖, らしい無邪気

▼ 幾分安堵~ (2, 0.1%)

2 の思い

▼ 幾分寄木細工的~ (2, 0.1%)

2 な感

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 さうに伸し, さも

▼ 幾分寛大~ (2, 0.1%)

1 な取扱, な扱い

▼ 幾分小さい~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ 幾分広く~ (2, 0.1%)

1 なった白土, なって

▼ 幾分強く~ (2, 0.1%)

1 なつたと, 主宰神らしい

▼ 幾分当惑~ (2, 0.1%)

1 して, の色

▼ 幾分得意~ (2, 0.1%)

1 のやう, 然として

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 想像が, 気分は

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 れたほど, れても

▼ 幾分恥し~ (2, 0.1%)

1 がりながら, 相に

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 をはづませて言ひだ, を張り詰めた

▼ 幾分情調本位~ (2, 0.1%)

2 な甘い

▼ 幾分意外~ (2, 0.1%)

1 だという, を感じ

▼ 幾分意義~ (2, 0.1%)

1 が踏み出した, の通じる

▼ 幾分敵意~ (2, 0.1%)

2 を含んだ

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 らしく書き直し或は, 知識を

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 が蔭, も短く

▼ 幾分極りわるげ~ (2, 0.1%)

2 にしかし

▼ 幾分滑稽~ (2, 0.1%)

1 だったであろう, に感じ

▼ 幾分理解~ (2, 0.1%)

1 されるの, すること

▼ 幾分疲れ~ (2, 0.1%)

1 ている, を帯びた

▼ 幾分病的~ (2, 0.1%)

1 なの, に見える

▼ 幾分発達~ (2, 0.1%)

1 させたこと, して

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 の形, を据え

▼ 幾分空気~ (2, 0.1%)

1 が残っ, を親しく

▼ 幾分精神~ (2, 0.1%)

1 に異常, に異状

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 をおびた, を差し

▼ 幾分細長い~ (2, 0.1%)

1 方で, 顔に

▼ 幾分緊張~ (2, 0.1%)

1 した交通人達, した顔

▼ 幾分老けた~ (2, 0.1%)

2 ようだ

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 が延び, を曲げ

▼ 幾分腹立たし~ (2, 0.1%)

1 さも, そうに

▼ 幾分興奮~ (2, 0.1%)

1 から冷めた, しながら

▼ 幾分表面的~ (2, 0.1%)

1 であるに, な場合

▼ 幾分赧ら~ (2, 0.1%)

2 みながら

▼ 幾分趣味~ (2, 0.1%)

1 から来る, の問題

▼ 幾分軽い~ (2, 0.1%)

1 気体だ, 気持ちに

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 くして, く滑

▼ 幾分迷惑~ (2, 0.1%)

1 にさえ感じる, を感じ

▼ 幾分迷惑そう~ (2, 0.1%)

1 に紋, に脱い

▼ 幾分遅れ~ (2, 0.1%)

1 て出勤, 気味に

▼ 幾分違っ~ (2, 0.1%)

1 ている, てはいよう

▼ 幾分違った~ (2, 0.1%)

1 点が, 語感を

▼ 幾分違つて~ (2, 0.1%)

1 ゐる, 居た

▼ 幾分長く~ (2, 0.1%)

1 なったよう, 幅は

▼ 幾分~ (2, 0.1%)

1 はしずまり, を垂れ

▼ 幾分驚嘆~ (2, 0.1%)

1 する心持, の気味

▼1* [735件]

幾分あがつたりさ, 幾分あたかも化石した, 幾分あたたかい感じを, 幾分あてられている, 幾分あなたに残される, 幾分あばたのある, 幾分あまえ気味に, 幾分あわてるような, 幾分うかがわれるかも知れない, 幾分うすくなつて, 幾分うなづかれもする, 幾分えげつない感じは, 幾分おくての私, 幾分おくゆかしいところも, 幾分おびえたような, 幾分およそ三貫目ばかり, 幾分かお快しいのです, 幾分かお邸の力, 幾分かかる証拠として, 幾分かかれ等の, 幾分かくいとめては, 幾分かくしてはいる, 幾分かご参考になるだろう, 幾分かすてばち, 幾分かずつを返済する, 幾分かで買うと, 幾分かどつかに, 幾分かについては前条でも, 幾分かぶり返し気味で, 幾分かより生きる余地, 幾分かよわくなった, 幾分からだを, 幾分からかひ気味, 幾分からかい心も出る, 幾分からかうような, 幾分からんだ口ぶりで, 幾分かわいた息が, 幾分かをも彼女の, 幾分か弱いものに, 幾分きざなと, 幾分きしむところが, 幾分ぎごちなく伸子, 幾分くすんだやうな, 幾分くらしっくに, 幾分けちなくらい, 幾分こたえて足, 幾分こたえたのでしょう, 幾分こだはりすぎは, 幾分これら以前の長城, 幾分うした, 幾分さげすむように, 幾分さっきエクセントリック時代にガブ, 幾分しどろになっ, 幾分しのぎようございます, 幾分しめつた朝の, 幾分しめやかでは, 幾分せかついている, 幾分そうであった方, 幾分そこから下った, 幾分たじろぎながら, 幾分ためらつた, 幾分ためらう色の, 幾分だらしなくなるが, 幾分ちがいますがね, 幾分ちがってい, 幾分ついて来た, 幾分つかれきった心持が, 幾分つつましげに, 幾分つりあがった眦は, 幾分づつそれに近づかうとして, 幾分づつ家族制度の弛緩, 幾分づゝか雅馴なもの, 幾分づゝでも身も心, 幾分づゝでも餘計に滿, 幾分路次裏に, 幾分でもかの評論家の, 幾分というものも, 幾分とがり始めた男たちの, 幾分とりもどせたろうと思われた, 幾分とり入れられる事に, 幾分どきりと胸を, 幾分どもりながら私, 幾分なぐさみ戻ると, 幾分ならずもう體, 幾分にがみばしった顔つきを, 幾分にげていました, 幾分にでもなつて, 幾分のこっている, 幾分のろまなよう, 幾分はげしいくらゐ, 幾分はやく伸びる慣, 幾分ひし堅くなっ, 幾分ひしゃげて壊れ, 幾分ひどい音を, 幾分ひらけたということ, 幾分ふくめてゐた, 幾分ふさはしく, 幾分ふざけて云った, 幾分ふてくされた感じだった, 幾分ふわふわしたもの, 幾分ぶつきら棒に, 幾分ぐよりは, 幾分ほっとさせた, 幾分ほつとした, 幾分ほんとだつた, 幾分ぼんやりして, 幾分まあ紳士らしい, 幾分まぎらされて居るらしい, 幾分まごまごしながら, 幾分むしゃくしゃした気色, 幾分めかした姿などに, 幾分經たぬ, 幾分もう春めいた夜気, 幾分もたげ気味に, 幾分もの御恩, 幾分やけ気味になっ, 幾分やせて荒ん, 幾分やはらいだ, 幾分ゆだんは出来ない, 幾分ゆっくりと上っ, 幾分ゆるめていた, 幾分ようございますか, 幾分よごれはし, 幾分づらは, 幾分わかってきた, 幾分わかるだらうと思ひつき, 幾分わが古代の, 幾分わざとらしい感じも, 幾分わずらわしくなった例, 幾分をば弟妹親戚等に, 幾分エロチックな空気, 幾分オーバーハングしては, 幾分カハ痛快ニ感ジルデアロウガムシロ気味悪ク感ジル方ガ強イデアロウ, 幾分カラマゾフ的だね, 幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ古物遺跡ヲ基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ, 幾分カ負担シテイルヨウデアルガ依然トシテ, 幾分クラクラです, 幾分ジクついてるの, 幾分ダシが出る, 幾分チカツきながら, 幾分之ヲ海外ニ需ムルニ至リ彼我經濟上, 幾分ハヌマン崇拝より出た, 幾分バイロン風なもの, 幾分パロディー的であること, 幾分ボヤケている, 幾分ポンパドゥール風に偏, 幾分ヤケで荒ん, 幾分ユリはてれた, 幾分ユーモラスな氣分, 幾分ロックガーデン風に造っ, 幾分ロマンティックだ, 幾分ワトオの, 幾分一人決めの推量, 幾分一身を潔く, 幾分上り気味だった, 幾分上向きになつ, 幾分上方に切られ, 幾分に見渡せる, 幾分下げて左手, 幾分下方に当る, 幾分下火になった, 幾分不作法であるが, 幾分不備の点, 幾分不可解な気持, 幾分不安そうに前, 幾分不愉快な様, 幾分不憫でもあつ, 幾分不正確かも知らぬ, 幾分不気味な重苦し, 幾分不満足らしい様子, 幾分不用になった, 幾分不自然に聞える, 幾分不良性のある, 幾分世紀末的であったに, 幾分とかはつ, 幾分並みぢやア, 幾分丸味がつい, 幾分を償わん, 幾分事件の真相, 幾分二人とも亢奮, 幾分二心を抱いた, 幾分ひに, 幾分人間的な温かい, 幾分人間衒気のつい, 幾分今日よりは良好, 幾分仏教の真理, 幾分仰々しい出仕度を, 幾分伊曾を戸迷, 幾分伏眼にし, 幾分はなめらか, 幾分伸びやかな線, 幾分寄つて居る, 幾分似たところも, 幾分似通うたもので, 幾分位眠つたか知らぬ, 幾分低かった, 幾分低くたるんで, 幾分低下したもの, 幾分低減すとも, 幾分低落すべきこと, 幾分何かしら圧迫を感じ, 幾分余裕があった, 幾分余計に左足, 幾分佛教の教理, 幾分作用して, 幾分の小判, 幾分例外の氣味, 幾分保ちながら樹木, 幾分信用できただろう, 幾分信長を弁護, 幾分俳優を人形視, 幾分きて, 幾分健康をとりもどし, 幾分偶然のおかげ, 幾分傲慢のよう, 幾分傲然たる態度, 幾分傴僂らしく何時も, 幾分傾向批評が主, 幾分働いて居る, 幾分僻んだヒステリックな, 幾分儀式ばってる, 幾分儀式張って仰々しく, 幾分儒生も混じ, 幾分儲かることなら, 幾分充たされるに相違, 幾分に出発, 幾分光りが差し, 幾分光明のある, 幾分に答, 幾分其の製作を, 幾分其痕跡が見られる, 幾分写実的なやり方, 幾分冷やかになり, 幾分冷ややかに超然, 幾分冷笑ぎみに云った, 幾分切口上めいた調子, 幾分利き目が, 幾分前後したり, 幾分前賢の缺陷, 幾分剛情の方, 幾分割引をした, 幾分劣るというの, 幾分労働忌避を意味, 幾分効果がある, 幾分勇気を挽回, 幾分動物的な感触, 幾分勝ち誇つたやうな, 幾分勿体ぶって言葉, 幾分された, 幾分危険だという, 幾分原始的な新鮮, 幾分厳正な感じ, 幾分参考となる, 幾分反り気味に見えた, 幾分取りつきにくいもの, 幾分の諳誦風, 幾分古びた西洋造の, 幾分古典的で優美, 幾分古風な者, 幾分へ傾い, 幾分右方に傾い, 幾分合理性も認められる, 幾分同じ傾向の, 幾分の好奇, 幾分含んでゐた, 幾分周章気味に言った, 幾分し方, 幾分和いだようである, 幾分和臭があつ, 幾分哲人の風格, 幾分啓蒙的でありすぎるため, 幾分がれた, 幾分嗜虐性の傾向, 幾分嘲るような, 幾分嘲笑の眼, 幾分困難であった, 幾分固くるしいような, 幾分固有のもの, 幾分国民の良心, 幾分土曜日夕方のハイド・パアク, 幾分地方的な変化, 幾分に入らない, 幾分壊れた姿でない, 幾分声さへ荒らげ, 幾分声高に話し始めた, 幾分つたかたち, 幾分変ってき, 幾分変ったと気づいた, 幾分変態的な戦慄, 幾分の午後, 幾分夕暮れの感じ, 幾分外れている, 幾分外界の刺激, 幾分外部の事情, 幾分多いからである, 幾分多くなるよう, 幾分多寡をくくっ, 幾分大きくなったと, 幾分天子神秘観がへつた, 幾分天寿を早めた, 幾分失笑を禁じ得ません, 幾分奨励の意, 幾分女らしい優しさを, 幾分女性の傲慢, 幾分姿を変, 幾分威張って歩きたがる, 幾分媚態を帶び, 幾分子供達の舌鼓, 幾分した, 幾分安んずるの心持, 幾分安易な気分, 幾分安蔵の話, 幾分実感として心, 幾分宣傳用に使, 幾分宥めるつもりで, 幾分寂しいような, 幾分専門的な審美感, 幾分尊んで用いた, 幾分尊大なところ, 幾分小型ですが, 幾分少くてもそれほど, 幾分尾鰭をつけ, 幾分巡礼に出る, 幾分師弟としての影響, 幾分帳消しになる, 幾分常識的散文的にいう, 幾分平凡な物語, 幾分平生と違う, 幾分之助, 幾分廉直に過, 幾分やかな眺め, 幾分建て直って, 幾分弁舌のさわやか, 幾分弊害を伴, 幾分弓形の方, 幾分引き締めて前, 幾分弛みを持たせ, 幾分弟子たちの間, 幾分が弛むだろう, 幾分弱く云い張った, 幾分弱まったものと, 幾分まつて, 幾分当惑げな寛大さ, 幾分が似, 幾分役に立ったであろうしそして, 幾分役に立ったろうが今, 幾分役立ったように, 幾分役立つことが, 幾分彼らの境遇, 幾分彼女を妬い, 幾分彼我似通つた點, 幾分往昔の面影, 幾分待心で居る, 幾分になる, 幾分後天的に行, 幾分後悔の気持ち, 幾分後暗い見たいな, 幾分得意気に笑っ, 幾分御存じであろう, 幾分心構えが変っ, 幾分心理學的であるのに, 幾分必要では, 幾分快方に向い, 幾分つてゐます, 幾分思ひ当る節が, 幾分の好奇, 幾分性格にも差し響い, 幾分怪しげなところ, 幾分恐怖の背, 幾分恥しいが手拭, 幾分恨みながらだろう, 幾分恵まれてゐる, 幾分まれる, 幾分悪化しつつ, 幾分悲しく腹立たしい過敏な, 幾分想像がつく, 幾分想像力を満足, 幾分愁然と上衣, 幾分愉快らし, 幾分意地になった, 幾分愚痴も出, 幾分愚鈍な牧田, 幾分愛すべき部類に, 幾分愛想をつかし, 幾分感じが分るであろう, 幾分感傷的な語調, 幾分感心した, 幾分感情を誇張, 幾分慣れては来, 幾分慰めとなっ, 幾分慰安して, 幾分憂欝な雰囲気, 幾分憂鬱な眼光, 幾分憐憫の情, 幾分憔悴の見える, 幾分成否を疑っ, 幾分我々を不安, 幾分我が国に於ける, 幾分或は幾十分の週期を以て, 幾分戯画的気分に支配, 幾分扉絵の気分, 幾分手心を加, 幾分手応へのあり, 幾分手筈を極めね, 幾分打ち解けた態度を, 幾分承認できるつもり, 幾分折れては来, 幾分拙いために, 幾分持ち上げ気味に, 幾分捨て鉢的な, 幾分控え目に無口, 幾分をし, 幾分損失を恢復, 幾分支那に似, 幾分改まってくる, 幾分放浪者の素質, 幾分救つてゐるの, 幾分教育の制度, 幾分敷衍された形, 幾分文字ノ不便ハ免ルベキモ言語, 幾分文章上の修飾誇張, 幾分文芸に対する寛容, 幾分かひ, 幾分新潮記者なり読者, 幾分旧式のよう, 幾分早く喉が, 幾分早口に求婚, 幾分昂奮して, 幾分明らかになる, 幾分明るい空を, 幾分明るかったけれど, 幾分明白になる, 幾分明瞭した, 幾分の熟語法, 幾分春めいて来ました, 幾分時局から遠のい, 幾分さを, 幾分暗くかつ一層, 幾分暢気にかまえ, 幾分書いて見なけれ, 幾分かな気分, 幾分朗らかになった, 幾分決算の, 幾分埋の, 幾分東洋史も習つて, 幾分林檎に似, 幾分柔かな忍返し, 幾分柔かくなった肌, 幾分柔らげてその, 幾分椅子の上, 幾分を煮やし, 幾分だったとは, 幾分機嫌を損じ, 幾分欠けてゐる, 幾分が上調子, 幾分歌舞伎劇の劇場, 幾分の作, 幾分此点に注意, 幾分此者の顔面, 幾分残つてをつた方, 幾分残酷な質問, 幾分殘つてゐる, 幾分殺いだ理由でも, 幾分殺気立つて, 幾分の影響, 幾分母性的な態度, 幾分民謡的な技法, 幾分気づかわしげに私, 幾分気の毒な思ひに, 幾分気分を殺ぐ, 幾分気取った恰好で, 幾分氣樂な隨筆, 幾分水気をふくん, 幾分沈み勝ちに, 幾分治療せられたろうこと, 幾分法螺もあるだろう, 幾分注意ぶかく, 幾分活気を与える, 幾分流布されたのみ, 幾分浪漫的な感情, 幾分消えてなんと, 幾分消極的では, 幾分涼しそうである, 幾分涼しいほうである, 幾分淋しげな, 幾分混乱が鎮まらなく, 幾分混雑もした, 幾分清新さを取返す, 幾分清澄の茂太郎, 幾分をしのぐ, 幾分つたので, 幾分減っている, 幾分減ったことは, 幾分減退するが, 幾分器の, 幾分漠然たる予言者の, 幾分潤飾されて, 幾分澱んで見えた, 幾分激しかつたであらう, 幾分激昂した顔色, 幾分濃いとしか思われぬ, 幾分無自覚な演劇, 幾分照れ朝子は, 幾分照れくさそうに, 幾分照れたやうに, 幾分煩瑣に過ぎる, 幾分熟語を作る, 幾分熱帯的に見える, 幾分物足りなさを, 幾分独りに馴れ, 幾分狭い額の, 幾分猟奇的なもの, 幾分現界の鷹, 幾分理性の鋭さ, 幾分理智的である, 幾分理解者が多い, 幾分甘えた口調で, 幾分甘く見られて, 幾分生計にも余裕, 幾分用立てた金を, 幾分田舎らしい顔, 幾分甲高い声で, 幾分異なるらしいけれどもまず, 幾分縁に, 幾分疎外排斥を受け, 幾分はし, 幾分疑ひを抱かず, 幾分疑惑を持っ, 幾分痩せて見えました, 幾分痩せたとすれ, 幾分やされるだろう, 幾分発表の路, 幾分白みがかつて, 幾分白痴のやう, 幾分皮肉な語気, 幾分皮肉さをもっ, 幾分盲目的のところ, 幾分つて来た, 幾分相違して, 幾分省略された傾き, 幾分矜らかに厳めしくも彼, 幾分知っていた, 幾分知つてゐたらしくその, 幾分短くて曲り, 幾分硬化しかけて, 幾分確実な史実, 幾分磨滅する, 幾分社会から賤, 幾分祖先に對, 幾分祖母へ遠慮, 幾分神経的な鋭さ, 幾分神經を痛め, 幾分種類が多い, 幾分を反映, 幾分窪みになつて, 幾分窮屈に窄め, 幾分窺い得たような, 幾分笑いをふくみ, 幾分一国立銀行時代の, 幾分筆致を引, 幾分算哲博士の精神鑑定, 幾分粗暴であるよう, 幾分粘膜の傷つく, 幾分粛然と気取りすぎた, 幾分精密である, 幾分精神薄弱の部類, 幾分紅庵に似た, 幾分純粋では, 幾分細君の手前, 幾分細工の穴, 幾分終りを改作, 幾分経済的でも, 幾分経験あるを以て, 幾分給料が多く, 幾分が細, 幾分緩くなったかと, 幾分を輕, 幾分羞らひを, 幾分羞恥と躊躇, 幾分老人に安心, 幾分ふる所, 幾分考慮の余地, 幾分耐震的にな, 幾分職人肌のべらんめえ口調, 幾分肩身が狹, 幾分胸騒ぎに駆られ, 幾分脅かし気味で, 幾分と爪先, 幾分腫れ気味の頬, 幾分も立っ, 幾分腹癒せになるであらう, 幾分腹立たしいような, 幾分膨らみそうする, 幾分臆病な表情, 幾分自ら進んで, 幾分自性寺の所蔵品, 幾分自身と血, 幾分興味を淡く, 幾分興奮時期にあつ, 幾分良心に疚しい, 幾分があせ, 幾分色調の差別, 幾分芝居じみて, 幾分芸術で拵え上げた, 幾分若い方々の, 幾分苦しそうに, 幾分苦しかった房総, 幾分苦しんであまり, 幾分苦悩の跡, 幾分苦痛をのがれる, 幾分苦笑を禁じ得ない, 幾分荒んだ風貌, 幾分落着いて, 幾分著しい転訛が, 幾分蒼ざめた顔をし, 幾分蒼ざめて鼻の下, 幾分蒼白い顔を, 幾分蔑すみを, 幾分気味わるく, 幾分薄くなつて, 幾分薄暗かった, 幾分蝙蝠に象ったるべき, 幾分血走ったそして白眼勝ち, 幾分はれて, 幾分行けたと見え, 幾分表情的に過ぎた, 幾分補助を貰っ, 幾分褪せてぼんやり, 幾分西がかった側, 幾分西洋くさいアパート, 幾分得も, 幾分見出し近いうち, 幾分見当がつい, 幾分ていた, 幾分解けたようだ, 幾分解けたらしかつた, 幾分解釈がつく, 幾分触れるかも知れない, 幾分言葉にも馴れ, 幾分言葉遣いも丁寧, 幾分記録されて, 幾分詠歎的な意味, 幾分気味でも, 幾分誇らしげな表情, 幾分誇大に伝わっ, 幾分認めない事も, 幾分誤算をし, 幾分も矯飾, 幾分調子に乗ったらしい, 幾分い懐, 幾分警告的な意味, 幾分警戒の心, 幾分のよう, 幾分豆八のいう, 幾分豊富な芸術的知識, 幾分象徴詩的なところ, 幾分財政的余裕も出来かけた, 幾分貢獻したと, 幾分責任を感じなけれ, 幾分貰い受けていた, 幾分な様子, 幾分賢し気に, 幾分賤視されては, 幾分赤味の勝つた, 幾分国境的なる, 幾分を異に, 幾分趣味的であつ, 幾分をひく, 幾分躊躇されたので, 幾分身体が大きく, 幾分身分が下, 幾分んじ, 幾分軽蔑するやう, 幾分軽蔑揶揄の意味, 幾分輝かしい顔色を, 幾分輿入れ前の花嫁さん, 幾分通訳の意昧, 幾分速口に喋舌, 幾分遅くなっても, 幾分遊戯気分で追い廻し, 幾分過敏になりかけ, 幾分達せられたものと, 幾分ふで, 幾分違うかも知れませぬ, 幾分違つた声が出る, 幾分違つた形でい, 幾分違つた方向に岐, 幾分違つた方面から筆, 幾分違つた綴方や表現, 幾分違ふところがある, 幾分遠ざかったので空気中, 幾分遠慮がちなしかし, 幾分都人士の嗜好, 幾分のせゐが, 幾分酔ひがまはつて, 幾分醒めかかっていた, 幾分醜態だった, 幾分かりしならん来訪者, 幾分重い足取りで, 幾分重くする併, 幾分重苦しい少女にな, 幾分重複を顧みず, 幾分鋭くなって, 幾分鍛練がある, 幾分長慶太神宮御由來, 幾分開けた箇処を通して, 幾分開發されて, 幾分間接ではある, 幾分関係がある, 幾分關係して, 幾分防いでゐる, 幾分陰気になっ, 幾分陽気になる, 幾分青ざめた顔を, 幾分非難らしい表情, 幾分やつれ, 幾分低れ, 幾分がこけ, 幾分頭腦も明瞭, 幾分を曲げ, 幾分頼りにさえ思うらしく, 幾分の張った, 幾分を和げ, 幾分顔色のよく, 幾分類推すること, 幾分えを, 幾分飲み仲間で, 幾分馬鹿馬鹿しくもなった, 幾分馴れてきた, 幾分駈け気味に, 幾分驚いて叫んだ, 幾分驚いた様子を, 幾分驚きを含んだ, 幾分高価に売れる, 幾分黄色味を帯び