青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「後姿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

待っ~ ~待つ 待つ~ 律~ ~後 後~ 後で~ ~後ろ 後ろ~ 後世~
後姿~
~後悔 後悔~ 後者~ 徐~ ~徒 徒~ 従~ 従っ~ 従って~ 従来~

「後姿~」 1107, 12ppm, 9157位

▼ 後姿~ (640, 57.8%)

56 見送って 51 見て 30 見送りながら 26 見送つて 24 眺めて 21 見送った 20 見ると 15 見た 12 見ながら 10 見せて 7 眺めながら 6 見送つた 5 睨んで, 見たとき, 見た時 4 いつまでも, 眺めた, 眼で, 見送ると 3 じっと見つめ, ぢつと, 私は, 見守って, 見守りながら

2 [29件] じつと, それからそれ, ぼんやり眺め, ぼんやり見送, 仰ぎ乍ら眉, 勝平に, 吉野は, 母が, 毎朝見, 目で, 目送した, 目送ッて, 眼に, 福富も, 窓から, 見えなくなるまで, 見せながら, 見ただけ, 見たばかり, 見つめながら, 見れば, 見上げて, 見詰めて, 見詰めながら, 見送つた時, 見送つた目, 見送り, 見送るだけ, 見遣りながら

1 [258件] あの満月, ありがたく見送り, あわれに, いつも見, うかがって, お見かけ致した, お見上げ申す, かいて, かなしく思いうかべられた, かなり遠方, かの女, かわるがわる見送っ, さざ波立った, さだめし快い, さっきから, さつきから, さも忌々し, して, しばらく苦笑, じっと彼女, じっと見, じっと見守っ, じっと見詰め, じっと見送っ, じろりと見, すこし見送る, それも, ちょッと, ちらと, ちらりと認めた, つくづくという, とっくり見, どんなにうらめしく憎らしく, ながめた, にらみつけて, にらんで, はらはらし, ふっと思い出し, ふりかえった, ふりかえって, ふり仰ぎ, ぼんやり見送っ, みおくって, みせて, みました, みまもった, みまもりながら, み送る時, もって, ゆき子は, カメラの, ジッと, チョット見送っ, チヨツと, チラチラ見る, ツクヅク見送つた, 一度ふり返っ, 一番はっきり, 一目見た, 一瞥し, 丑松は, 両手合わせ, 主水, 二階の, 仲間の, 伏し拜むやうに, 何か, 何が, 何度も, 何時も請, 信頼の, 僕は, 入れて, 入口から, 凝視めたままで, 凝視めて, 刺し殺すやう, 勘ちゃんは, 十分享樂する, 半々に, 呆ん, 呼びましたね, 哀れに, 唯一の, 帆村は, 廊下へ, 彫像の, 彼女が, 彼女は, 待つて, 御覧に, 忘れぬ, 快く見送った, 思い出します, 想ふ, 想像に, 感じて, 懐しそう, 扉の, 拜みました, 拝みながら, 拝みましたよ, 拝むこと, 拝んだり, 指したり, 振りかえって, 振りかへ, 描いたの, 日脚なりに, 明るい斜陽, 時々姉, 暫く見送った, 暫時見送つた, 松風が, 気の毒そうに, 氣に, 泪ぐましい気持で, 淋しく見送っ, 無言の, 照らした, 猿沢の, 珍しいもの, 現さず永久, 発見した, 目に, 目送し, 目送って, 目送り, 目顔で, 眺めてすら, 眺めようと, 眺めると, 眺めるの, 眺めるマン, 眺め乍ら, 眺め入っ, 眺め眺め直ぐ後, 眺め継ぎ継ぎ, 眼の, 睨みつけて, 睨み付けて, 睨む, 睨むで, 睨めて, 睨んだ, 瞶めて, 矢代は, 窺った, 笑ひ, 細君は, 絶えず眺め, 美しい女, 義男は, 肩の, 腹立しげに, 腹立たしそう, 自分は, 舞楽の, 蔭にて, 見おくつた老人, 見おくりながら, 見かけた, 見かけたといふ, 見かけた黄昏, 見かけて, 見かけると, 見きわめたあと, 見しのみ, 見たこと, 見たと, 見たとか, 見たの, 見たらふと, 見たり, 見た瞬間, 見つけたもん, 見つけて, 見つめたまま, 見つめて, 見ぬよう, 見ましたの, 見まもった, 見やりながら, 見ようとも, 見ること, 見るの, 見る位, 見る母親, 見入ったそう, 見出して, 見出す, 見失うまいと, 見失った五助, 見失ふまいと, 見失わない程度, 見守ったそして, 見屆, 見届けたとの, 見志津, 見詰むる, 見詰めつ, 見返りたり, 見送ったが, 見送ったとき, 見送ったなり, 見送ったの, 見送った時, 見送った津田, 見送った飯場頭, 見送った鼻蔵人, 見送ってから, 見送ってること, 見送ってる母, 見送つたが, 見送つた妻, 見送つた文吾, 見送つて斯ん, 見送つて笑つて, 見送らせるよう, 見送りあゝ, 見送りそれから, 見送り乍ら室子は, 見送り乍ら愍む様な, 見送り乍ら愍れ, 見送り合掌幕, 見送り食つて, 見送るといふ, 見送るの, 見送るゼラール中尉, 見送る元気, 見送れる体, 見送ッ, 見送ツ, 見遣りつつ, 角を, 認めた, 認めたので, 認めた富豪, 認めた頃, 認める, 認めビン, 貪るやう, 貫一は, 辻に, 追う田庄平, 追っかけるよう, 追ったの, 追って美しい, 追って行く, 追つかける, 追つて, 道子は, 遠く霧, 長いこと, 障子の, 隠す物, 默って, 黙って

▼ 後姿~ (153, 13.8%)

9 見えた 7 見えなくなると 5 チラリと 4 目に, 見えて, 見える 3 眼に 2 だんだん小さく, わたしの, 似ると, 僕の, 富岡には, 栗林の, 職員室の, 見て

1 [101件] あたかも姿見, ありありと, ある, いかにもその, かなたに, その中, その派手, ぞろぞろ行く, たよりなく, どうもそうらしい, どこか, にじんで, ひどく慎ましやか, ぼうっと霞ん, またチラついた, また不思議, まだチラついた, まるで人形, チラと, パリへ, 一層醜く, 三四間先に, 上り口の, 二三丁離れた, 二人に, 五六の, 人造人間の, 仄, 伸子の, 似て, 何となく可笑しかっ, 何となく好かっ, 何人かに, 何気なく僕, 先刻忠志君の, 兎も, 全く見えなく, 全く見えなくなった, 別荘の, 厳しく迫つて, 向うに, 土手の, 垣根を, 声の, 夜の, 妙に, 姿見の, 嬉々として, 庭口を, 廊下に, 影絵の, 彼女の, 急に, 想ひ出される, 接近し, 映って, 朦朧と, 本当に改札口, 次第に夕闇, 死んだ妻, 殊には, 消えても, 淋しかった, 混合酒の, 淺間しい, 町角に, 白いうなじ, 目にと, 直吉には, 石碑の, 硝子戸の, 私は, 綺麗だ, 美点の, 習慣の, 肩から, 腰かけて, 自分にと, 蘇って, 蝶の, 行きすぎようと, 行人の, 褄の, 襖の, 見えたり, 見えないよう, 見えなくなってから, 見えなくなるまで, 見えなくなるまでも, 見えました, 見えます, 見えるの, 見えるばかり, 見へたので, 路地の, 道を, 遠く月, 霧に, 非常に, 風に, 高い枯草

▼ 後姿~ (69, 6.2%)

6 向って 2 むかつて, 眼が, 見入つて居る

1 [57件] あふれて, いつまでも, くっついて, さも絶望, しきりに蝉, そっと立った, その客, なって, なつて, なり看護婦, なるに, はっきりあらわれる, まつはる, やつた, カメラを, 人が, 代れる列, 伸子は, 依っては, 依つて, 冬の, 向っては, 向つて, 嗾か, 声を, 宇治は, 対って, 心の, 心は, 惚れたの, 手を, 揺れて, 文学に, 殘る, 気がついて, 気を, 浴せかけた, 深い黙祷, 目も, 眼を, 私の, 突きかけた, 絡った, 罵って, 舌を, 薫ゆらす, 行きそれ, 街の, 表は, 見える深, 見とれて, 見入った, 見惚れながら, 視線を, 触れて, 記者連は, 黒い兵児帯

▼ 後姿~ (62, 5.6%)

8 まだチラついた 2 何か, 荷が

1 [50件] あのノルウェー, ありありと, いかにも冷淡, いかにも涼し, いかにも淋し, いかにも相, いつまでも, おげん, ことに物哀れ, ずんぐりし, そこへ, その者, ひどく寂しかった, まさしく我家, もうそこ, もう広場, わびしい, レエスの, 一二度見られた, 丸腰だった, 人も, 何となく大きな, 何となく私, 余計に, 初々しく朝, 右に, 妙に, 寂しい, 小憎らしいほど, 廊下を, 彼等の, 悄然たる, 悲しいもの, 暗い店, 杉木立の, 楯の, 没して, 消えた, 私が, 突出た, 自信あり, 若々しくって, 若い妾, 見えるわけ, 見たが, 見て, 軒から, 隣なる, 雪子に, 黄昏の

▼ 後姿~ (38, 3.4%)

4 女が 2 女を

1 [32件] いつの間にか青年, そこから, そつくりな, その上, どこやらに, なかれけり, ま, まだ消え切らぬ, ままで, まま引留められた, スケッチが, 上に, 事を, 人影が, 分らないよう, 女との, 女についての, 女の, 女は, 方が, 方に, 正体も, 泣かれけり, 異様に, 美しい女, 羽織が, 肩の, 舞妓が, 華奢な, 襟清く, 見えるうち, 見える赭松

▼ 後姿~ (23, 2.1%)

2 ヨソ目ながら

1 [21件] あつた, いっぱいであった, お夏, すっと台所, すらりと, それと, ふるえながら, もって, ゾッとする, バルコニーに, ファニーに, 分って, 前へ, 寂しそう, 彼の, 捌く褄, 木箱の, 横から, 歩いて, 水盤の, 間もなく思い出した

▼ 後姿~ (12, 1.1%)

2 声を 1 こう叫ぶ, 一寸振向い, 向って, 嘉六は, 小太郎が, 歯を, 源吉は, 眼を, 蛮声を, 話しかけたが

▼ 後姿~ (12, 1.1%)

2 見えた 1 あるの, それと, 厭やらしい, 寂しそう, 尊いほどに, 忘れがたい, 眼と, 衣紋も, 要りは, 見えなくなつ

▼ 後姿には~ (8, 0.7%)

1 あのゴム長, その臆, ひどく孤獨, 刻々多く, 実になんともいえない, 小さい娘, 眼を, 笑って

▼ 後姿から~ (7, 0.6%)

2 目を 1 ヘンな, 光が, 受けるよう, 白い衿頸, 離さずまた

▼ 後姿だけが~ (4, 0.4%)

2 彼の 1 何時までも, 文字ある

▼ 後姿~ (3, 0.3%)

1 一所に, 火星人の, 通り路とは

▼ 後姿~ (3, 0.3%)

2 ので人相 1 のだ

▼ 後姿~ (3, 0.3%)

1 動いて, 横顔や, 秋の

▼ 後姿あり~ (2, 0.2%)

2 てわが

▼ 後姿しか~ (2, 0.2%)

1 知らねえだよ, 見えないの

▼ 後姿だけ~ (2, 0.2%)

1 では, 美人が

▼ 後姿という~ (2, 0.2%)

2 ものは

▼ 後姿とも~ (2, 0.2%)

1 云つていい, 思われる殊勝

▼ 後姿ながら~ (2, 0.2%)

1 それは, ひどく元気

▼ 後姿などが~ (2, 0.2%)

1 まざまざ目, 雑然と一目

▼ 後姿にも~ (2, 0.2%)

1 寸分の, 生真面目な

▼ 後姿のみ~ (2, 0.2%)

1 屁みたい, 見えて

▼ 後姿はと~ (2, 0.2%)

2 見ると

▼ 後姿三之助~ (2, 0.2%)

2 よりは丈

▼ 後姿~ (2, 0.2%)

1 り, り唯

▼1* [46件]

後姿ぢらしく, 後姿何かへ, 後姿からでも判断が, 後姿からはみるみるいぶかしい白い, 後姿すぐに浅茅生, 後姿その手首の, 後姿その他のラビたち, 後姿母親の, 後姿だけしか見た事, 後姿だけで人間の, 後姿だけは見て, 後姿だけをむす子, 後姿だったね, 後姿でのうては罰, 後姿でもいい, 後姿なぞの節子に, 後姿などはすっきりし, 後姿なんかを思いながら, 後姿にぞ傾くめ, 後姿について全く無意識, 後姿のみはありありと, 後姿のみも拜し得たる, 後姿よりはむしろその, 後姿よりも向う側に, 後姿イーストエンドの公園じゅう, 後姿見送リナガラ, 後姿が三田, 後姿仰ぎてありし, 後姿初めて見し時, 後姿姿さすが, 後姿廊下から階段, 後姿打ち見やりつつ茫然, 後姿振返り見返る処の, 後姿朦朧として幻, 後姿ぶかき四五, 後姿相対える猛獣, 後姿紀州にまぎれ, 後姿を揺つて, 後姿を籠め, 後姿見えずなるやいなち, 後姿見ました私の, 後姿見送りたる篠田, 後姿足つきなどどこ, 後姿の室, 後姿頭陀の袋, 後姿に動く