青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「律~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~往来 往来~ 征服~ 待~ ~待ち 待ち~ ~待っ 待っ~ ~待つ 待つ~
律~
~後 後~ 後で~ ~後ろ 後ろ~ 後世~ 後姿~ ~後悔 後悔~ 後者~

「律~」 1252, 14ppm, 8195位

▼ 律~ (182, 14.5%)

4 方で 3 中に, 行はれた

2 [15件] ことを, 中には, 五六に, 價値と, 唸り声が, 型を, 戸婚には, 文章を, 方は, 母と, 秘事を, 緩やかな, 詩は, 調子に, 調興象の

1 [142件] あらゆる必然, ことは, ごときもの, それが, ための, とりみだしたようす, ほうで, めぐるを, もので, やうな, ような, サバキと, ダルさを, 一に, 一生に, 七八である, 七八に, 七八を, 三四だけを, 三四七八である, 上での, 上に, 上諭条例と, 中で, 中の, 中を, 二編と, 人生態度を, 倒錯と, 先例を, 八虐中の, 内容と, 内部に, 初めに, 制札が, 制札なる, 前例を, 前半に, 十惡の, 単調な, 単調を, 原則を, 原理とともに, 口語詩が, 各章, 名例律, 命令に, 唇へ, 問題において, 執行者が, 声は, 変化が, 変化と, 大品, 大體, 女としての, 好みらしく鳴り, 如きを, 始めにも, 定式において, 実際の, 容態が, 容態を, 專門家であり, 川とが, 形式である, 影響を, 恥に, 意義と, 我邦に, 戸婚に, 戸婚律中の, 拍節法則を, 推移に, 整合, 文も, 文学にさえも, 方には, 旧友学問に, 曲を, 有無でも, 有無に, 本文の, 本質とを, 来るようす, 格調を, 機微を, 歌に, 比較, 法則に, 法則によって, 法文を, 注意すべき, 注釋, 満足する, 源は, 現れとして, 用例に, 眼は, 着替えが, 着替えを, 確定も, 示さ, 称号を, 立法者は, 第三雇住, 第五, 第五以衣食, 第六合生得, 精神を, 結果として, 繰返しが, 職は, 職制の, 腹を, 自樂婦, 自由を, 自由詩に, 自註, 表現である, 規定が, 規定で, 許す範囲内, 診察が, 詩が, 詩とは, 詩即ち, 詩源氏その他の, 調べは, 調子の, 調子は, 論証解の, 起句である, 退屈から, 重きもの, 重刑に, 離別で, 離縁を, 音に, 音を, 領域に, 頷聯

▼ 律~ (125, 10.0%)

3 支那の, 眼を, 良人の 2 そう思った, 云った, 唐律に, 良人からは, 韻文として, 黙って

1 [104件] あらゆる方法, ある, あるには, いろいろの, うしろから, うしろへ, かう云, くり返した, こう云い終る, これを, さしのばし, さりげなく, しきりに手紙, しぜん主人役, しばらく黙っ, しんなりと, すすりあげた, そう云っ, そう云ったぎり, そのまま松山, その前, その夜, その意欲そのもの, つよい調子, どうし, どきっと, なんで出, ふるえながら, ませた子, また咽びあげた, また良人, やさしくしかも, ゆっくりと, よくありません, 不動心とでも, 九種の, 乱れた足どり, 人の, 仮令進化, 低い声, 何の, 何等の, 健康であり, 儼たり, 兵事に, 其儘で, 刑名律, 単に形式的, 各自の, 喧嘩を, 嚴として, 囁いた, 団扇を, 国に, 声を, 大法を, 太祖の, 夫自身少し, 官吏の, 宮中護衞に, 廐は, 微笑し, 志田郡松山に, 思った, 情愛の, 戸籍に, 指で, 教を, 日本語の, 明かに, 明日船岡へ, 最近詩派の, 朝鮮及び, 此, 此頃黒沢雪堂が, 死んだ時何歳, 氷嚢を, 泣きだした, 漢の, 片方に, 王に, 甲斐と, 皇祖の, 監獄に, 眩しそう, 立ちかけた膝, 立ったまま, 立って, 自然法の, 良人に, 良人を, 苛立って, 蒼くなった, 蘇武が, 行なわれないわけ, 衣桁の, 西洋の, 詐僞に, 路傍に, 運動に, 隋唐の, 頷聯に, 顧られなくなっ, 風邪ひとつひいた

▼ 律~ (115, 9.2%)

7 もって 5 作つた 2 刻んで, 持たないもの, 支持する, 研究に

1 [95件] こしらえさせた, そのまま長篇, それの, なだめると, ひき出す様, もつて, やって, 二度繰返し, 亡し, 交へ, 作った中根, 作って, 作つてその, 作つて其行を, 作りその, 作り難けれ, 作るの, 併せて, 侵害する, 全然形式的, 分けて, 刑名, 初めとして, 刺戟し, 割り出そうと, 加へた七律の, 原子構造の, 厳守してる, 各自に, 合せて, 否定し, 吹いて, 呼吸し, 唱へる, 固く守る, 増損し, 失して, 奪ふ, 妥協させ, 始めその他支那の, 始め明律, 始め漢人, 守って, 守るか, 実践しなけれ, 寄せたので, 帶びた重く凄い, 建て得る, 思考の, 感じて, 抱き上げて, 抽象する, 拵へ, 持した, 掴むに, 査べて, 案内した, 棄てるため, 模範として, 此に, 比較した, 為り風月煙雨, 無視し, 犯した者, 用ゐた, 発見し得る, 発見する, 發見すべく, 破るべきか, 示さない, 示して, 示す一切, 立て勧善懲悪, 紊す, 絶望させた, 置いたの, 自ら建て, 蒐めた, 裏切った行為, 裏切つた行為, 製しこの, 見ても, 見ますると, 見ますれば, 見出せると, 設けて, 賦し, 賦す, 踏んで, 逸する如きあるは, 遺して, 避け律, 重んじた先師左千夫, 録する, 離別した

▼ 律~ (94, 7.5%)

17 ある 7 云った 3 あつて 2 あって, 恰も人生, 昔から

1 [61件] あった, あったの, あつた, あらゆる民族, ありますが, あるが, あるの, あるんでしてね, ある固定, いつもに, くるっと, これまでの, ございますもの, すべてこれに, そうした場合, そう云った, そこに, そこへ, できて, ない, なければ, ひねりだされたり, 不義を, 云った彼女, 人間を, 人類の, 仏蘭西留学中の, 佐月の, 出来たの, 囁いた, 少なくて, 帰国した, 座に, 惰力を, 感情的に, 戻って, 手ばしこさ奧, 支配し, 既に単調, 日本の, 時代の, 最も不合理, 服を, 来た, 来たため, 然しその, 生ずるに, 生ずるやう, 真の, 立とうと, 翻譯せられ, 考案し, 良人に, 茶を, 行われて, 訊いた, 許すまい獨ぼつ, 誤謬だ, 追って来た, 顯著なる, 57を

▼ 律~ (67, 5.4%)

2 すぎない, つれて, なって, 依つて, 歌はれ

1 [57件] あらず, いう同一性, したくありません, しても, するを, ないといふ, なつて, なる所, まとめられるほどに, もとづき後者, よらざる作品, 上つて底知れぬ, 云く, 倣って, 分けました, 則って, 反すること, 名例律, 啜泣く定家卿選歌, 基かなくては, 基づいたもの, 対抗する, 対立し, 当て嵌められて, 従うて, 従えば, 從つての, 微かな, 捲きこんだ清純, 採生, 支配せらる, 於てさえも, 模倣せる, 櫂を, 次いで第, 比して, 比べて, 比較する, 無表情の, 目ざましを, 稽へて, 罪を, 聞けと, 聞こえること, 至る迄, 蒸し熱い, 處する, 調べるに, 調和させ, 賦したるもの, 近づいて, 違へる, 適するやう, 開列した, 關する, 陥らずに, 順応し

▼ 律~ (67, 5.4%)

3 に從 2 に背ける, をたて, 及び我

1 [58件] があります, がその, その失, だ, であったの, でその, ではなくし, でもなく, といふの, とは自ら別物, と因習, と威権, と戰, と此, と習慣, と鷲, なきに, なくば, において一信仰, にては五分の一, にてキリスト, にもとづく, によらず, によりて定められ, に一, に從つて誓約, に求むる, のもと, の中, の以, の博士達, の問題, の庭, の権力, の絲, の編成, の行い, は, はすべて秩序, はすべて連坐法, はそこ, はイスラエル人, は廢らむ, もしその, も如何なる, や誡命, をたてし, をな, を守っ, を守らざりし, を定め, を定めし, を弘宣, を施行, を楽しめ, を破れる, 並びに宗教的権威, 即ち地獄

▼ 律~ (45, 3.6%)

3 であつ 2 が最初, であ, でなければ, の形, の文学史

1 [32件] から削除, がその, が予め, が二人称, が唯一, であり敍事詩, である, である事, である以上, で伝へられ, で伝へられた, としての偶然, としての口頭歴史伝承, と称すべき, と言, における漢文学素地, になる, にはある, には古く, にも, に可, に固定的, に發現, の中, の形式, の根本出発点, の發生, は其數, を保存, を含む, を見, 及びその

▼ 律~ (39, 3.1%)

6 云ふも 2 なつて, 云ふ, 子等と

1 [27件] これに, しこれ, なして, なり後主, やや違, われらの, 云つても, 云ひます, 令との, 別な, 口語律とは, 呂の, 唐律と, 書いた巳年, 書いて, 称えた, 称えたもの, 称えるよう, 称したの, 称した後, 腕を, 見なされたところ, 調和せぬ, 間違ったもの, 隨分形式も, 離別した, 韻脚の

▼ 律~ (36, 2.9%)

2

1 [34件] から得た, さ真面目さ, だもん, であり人, でうれしく, で常識的, なむっつり, なもと, なもの, なわがまま, なん, な一牧人, な人, な人物, な兄者人, な又は, な叔父, な名, な婆さん, な小, な彼女, な性分, な機械工出, な櫛職人, な生活者, な老年, な退屈さ, な運転手, な鎌足, な青年, にそろっ, に農業, めいた問い方, らしく野暮

▼ 律でも~ (18, 1.4%)

3 明律でも, 清律でも

1 [12件] あり官民心得, これは, すべて罪は, 一々の, 一樣であります, 何等掲げられ, 到る處, 又現今, 同姓の, 唐律でも, 大寶律, 經でも

▼ 律~ (15, 1.2%)

1 [15件] にもいたんだ, に居る, に於ける, のリンガエン湾附近, の現状, の空家, の青年, の飛行隊, は西島, へやらし, までで, を取り, を攻略中, を日本, を策源

▼ 律~ (13, 1.0%)

1 [13件] あつて, あまりに酷しく, その額, 全然歌う, 其第二句に, 四十九以下無, 国文脈を, 相応な, 縛られない生活, 行ったの, 説明を, 進んで, 魚は

▼ 律には~ (13, 1.0%)

1 [13件] あるが, かつてさ, これを, ないこと, 十誦律に, 存在する, 書いて, 殊にそれ, 笞杖徒流, 縁の, 總説の, 若供養, 親殺しの

▼ 律~ (13, 1.0%)

2 悟脱の

1 [11件] 三段論法やを, 倫理道徳の, 判例を, 宗教や, 徳目の, 徳目や, 戒などの, 漢訳の, 經の, 良心や, 葦に

▼ 律~ (11, 0.9%)

1 [11件] か自然, という十五位, に合つて, に帰し, の川, の意識, の相場, は即ち, も宝玉, を持っ, 正しく聞こえる

▼ 律では~ (10, 0.8%)

2 妻が 1 なくて, 二千里二千五百里と, 徒刑一年であります, 徒刑一年の, 折傷以上の, 杖一百として, 絞り首, 雑戸が

▼ 律~ (10, 0.8%)

1 あり論, ある, かれら供, そこでは, 亦恐く, 呉昌も, 漸く補, 破れて, 論も, 譜も

▼ 律~ (10, 0.8%)

1 がなけれ, が無けれ, と発想上, の厳正さ, や押韻, をも有しない, を具えた, を必須, を棄て去つ, を考慮

▼ 律一首~ (9, 0.7%)

3 がある 2 が続けられ, が續 1 を得た, 又

▼ 律~ (9, 0.7%)

2 の僧 1 がよい, であります, の本山, の氣勢, の流行, もありました, をとり

▼ 律である~ (7, 0.6%)

1 からです, から断, と言う, と言っ, のは, 云云, 淘汰の

▼ 律~ (7, 0.6%)

4 がある 1 が録存, である, を作つた

▼ 律~ (7, 0.6%)

1 が英國人, にし, に十惡, に及び, の英譯, を知る, を譯

▼ 律~ (7, 0.6%)

2 一が, 一を, 一首が 1 一首

▼ 律調~ (7, 0.6%)

1 により血液, の厳か, の園, の端正, を刻む, を耳, を頭

▼ 律から~ (6, 0.5%)

1 であります, 暗示され, 清律迄, 獨立した, 生れて, 遠ざかろうとばかり

▼ 律という~ (6, 0.5%)

2 ものは 1 名を, 名称を, 男は, 称を

▼ 律綱領~ (6, 0.5%)

1 が頒布, で敵討, といふ明治初年, には凡そ, によります, をし

▼ 律として~ (5, 0.4%)

1 天下に, 存在できなくなる, 定められて, 本来非, 非常識な

▼ 律~ (5, 0.4%)

2 や禅家 1 がインド, だから, のごとく

▼ 律としての~ (4, 0.3%)

2 リズム 1 美しさ, 調子が

▼ 律にも~ (4, 0.3%)

1 明律にも, 束縛せられずし, 現れて, 絶句にも

▼ 律ばかり~ (4, 0.3%)

2 では 1 であります, でなく明律

▼ 律之進~ (4, 0.3%)

1 じゃ, という, に聞け, の姿

▼ 律二首~ (4, 0.3%)

3 がある 1 を作つて

▼ 律~ (4, 0.3%)

1 の邸, は留学中, もそれ, を訪問

▼ 律気者~ (4, 0.3%)

1 でよく, と見せ, のダニーラ, らしく伸子

▼ 律~ (4, 0.3%)

1 一に, 七八と, 三は, 二首が

▼ 律とは~ (3, 0.2%)

1 互ひ, 別れて, 異つて

▼ 律~ (3, 0.2%)

1 のであつ, んだ, 文学を

▼ 律などを~ (3, 0.2%)

1 参酌し, 基礎として, 盾に

▼ 律によって~ (3, 0.2%)

1 制約され, 始めて他, 音楽的な

▼ 律に対する~ (3, 0.2%)

1 伝統的な, 反抗が, 絶対服従の

▼ 律戸婚律~ (3, 0.2%)

1 に, には, の中

▼ 律文学~ (3, 0.2%)

1 の基本形式, の文学史, の歴史

▼ 律毘婆沙~ (3, 0.2%)

1 は, 第十三, 第十二

▼ 律~ (3, 0.2%)

1 なもの, なる人々, らしい田舍

▼ 律要素~ (3, 0.2%)

1 の少い, の方, よりも聲樂

▼ 律~ (3, 0.2%)

1 の三つ, の正当, を合せ

▼ 律賓群島~ (3, 0.2%)

1 である, に達した, を占領

▼ 律~ (3, 0.2%)

1 の写本, も論部, をおさめた

▼ 律ある~ (2, 0.2%)

1 反覆や, 闇の

▼ 律とを~ (2, 0.2%)

1 具へたりと, 附するもの

▼ 律なく~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 律なら~ (2, 0.2%)

1 ざるも, 律古詩なら

▼ 律よりも~ (2, 0.2%)

1 更に重い, 積極的に

▼ 律~ (2, 0.2%)

1 と対抗, ばかりが残っ

▼ 律を以て~ (2, 0.2%)

1 殖えつ, 殖えつつ

▼ 律一篇~ (2, 0.2%)

1 を以てした, を載せ

▼ 律~ (2, 0.2%)

1 のほど面白から, の條文

▼ 律中心主義~ (2, 0.2%)

1 に対する判然, の哲学組織

▼ 律~ (2, 0.2%)

1 は困惑, は書斎

▼ 律学博士~ (2, 0.2%)

1 というた, なるもの

▼ 律學者~ (2, 0.2%)

1 として聞えた, と聞えた

▼ 律文要素~ (2, 0.2%)

1 が加つて, のある

▼ 律文集~ (2, 0.2%)

2 のうち

▼ 律文類~ (2, 0.2%)

1 では枕詞一類修辞法, の中

▼ 律~ (2, 0.2%)

1 できめられた, の特色

▼ 律格的~ (2, 0.2%)

1 であるほど, な形式美

▼ 律気さ~ (2, 0.2%)

1 がある, が許さなかつた

▼ 律治氏~ (2, 0.2%)

1 にその, は杉並

▼ 律清律~ (2, 0.2%)

1 などを参酌, などを基礎

▼ 律照寺~ (2, 0.2%)

1 と云う, は四国巡礼二十五番

▼ 律的感覚~ (2, 0.2%)

2 の美し

▼ 律破壊~ (2, 0.2%)

1 を唱導, を唱道

▼ 律童謠~ (2, 0.2%)

1 とでもいはう, を今更

▼ 律賓人~ (2, 0.2%)

1 は何, をはじめ

▼ 律~ (2, 0.2%)

1 效力ある, 續い

▼ 律~ (2, 0.2%)

1 と梅屋敷, の墓地

▼1* [161件]

ありて凡そ, 律からの解放である, 律こそ論理の, 律これはこれ宇宙, 律へ生じ, 律せらるべきものであります, 律そうして更に其, 律その裏を, 律そのものの批判, 律それ自身が毫も, 律鉄道も, 律たる末句反乱の, 律がこの, 律だけにしか云えない, 律ちゃんでは, 律であったのである, 律であり常規, 律でありますが明律, 律であるべき道理を, 律であるらしいという以外, 律といふものが, 律とかいう極めて形式的, 律とがある, 律とに全然反対, 律ないし自同律, 律などがそれである, 律などでは又此種, 律ならんぞ, 律なりをもつて, 律なる名称を, 律にとってはそれは, 律になつて居りました, 律にまで行はれ, 律による自治制が, 律によるまでもなく尊族, 律に対しまた女人, 律に従ってともかくも, 律のみに手頼っ, 律のみによって物体の, 律ばかりに就いて, 律移すの, 律みたいになっ, 律よりやうやう神秘奇峭, 律をのみ見て, 律をば愈々固定, 律ハ日本語ト國際語ノ存亡, 律一五律一が録存, 律一五律二七絶一が集, 律一菊と楓, 律一赤石の五律一, 律一須磨の五律二, 律一首等がある, 律丁丑の詩, 律が即, 律三十巻大成し天下, 律三首を作り, 律三首等があり, 律如法の, 律並びに疏を, 律乃ち斯くの, 律九章を定めた, 律二七絶一が集, 律二十四篇はあたかも, 律二十編には魏, 律二章の如き, 律二舞子の五律一, 律五律各一, 律伯麦馬里遜は, 律例要義がある, 律例集要新編, 律ある詩其もの, 律俳句はやさしく, 律俳諧の無味蕪雑, 律全書を受け, 律八宗の沙門, 律六十七七律百零三五絶十九七絶三百九十七通計五百八十八首である, 律六首の中, 律共にこの一句, 律其の他に, 律を參照, 律兼仁義みたよう, 律制定當時の印度, 律したもの, 律十二首七絶百十八首計百四十七首, 律十五首七律十二首七絶百十八首計百四十七首, 律十八編を制定, 律即ち歌人の, 律原理に於, 律反則の自己矛盾, 律反応速度論化学平衡等に於, 律取調を命ぜられた, 律古詩なら古詩, 律同韻重疊律, 律例律, 律呂的に耳許, 律呂譜と納め, 律因りて以, 律国賊とは彼, 律寶律で, 律の大いに, 律では点心, 律に, 律の二句, 律成り同じ九年胡惟庸等命, 律成立以後ざつと千三百年間に亙る, 律を講ずる, 律押韻尾脚律行數比聯律重聯對比律等, 律文一つは散文, 律文以外に出なかつた, 律文化した文章, 律文式発想を採らなく, 律文形式はある, 律文情調の漲る, 律文發生の原動力, 律日本の詩, 律明律の行, 律明律清律などを参酌, 律暦兵刑に至る, 律書経済書数学書などもその, 律格的形式とは全然, 律格論者の思想, 律森厳毫も老, 律気真面目一方で彼, 律の証言, 律法上の権利, 律法下の監獄, 律法中に新しき, 律法儀式にのみ拘泥, 律法汝よりわが, 律法的堅実を疑ふ, 律法錢職務習俗を變, 律ならば, 律疏議表にこの, 律百零三五絶十九七絶三百九十七通計五百八十八首である, 律に存在, 律的性質を内蔵, 律真言法相三論華厳浄土禅等と八宗, 律の煩瑣, 律編修局を刑法官, 律快実, 律自身の問題, 律草案第四編首章參看, 律である, 律藏論藏五阿含, 律行數比聯律重聯對比律等, 律西洋の詩, 律解説などを堂々, 律語數律反覆律同韻重疊律, 律語格律語數律反覆律同韻重疊律, 律調運動を爲, 律賓アルゼンチンメキシコブラジルこれに若干, 律賓印度阿富汗, 律賓攻略は結果失敗, 律賓第四飛行聯隊の主力, 律賓総督ドミンゴ・ザルバルブル・ルシェベルリはシドチ, 律賓群島全体の事情, 律賓諸島にエタ, 律賓附近に於ける, 律通り彼を殺し, 律都尉李延年の事, 律聯對比律等の