青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「尋ね~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

将軍家~ 将門~ 尊~ 尊い~ ~尊敬 尊敬~ ~尊重 尊重~ 尋~ ~尋ね
尋ね~
~尋ねた 尋常~ ~對 對~ ~小 小~ ~小さい 小さい~ ~小さく 小さく~

「尋ね~」 3087, 30ppm, 3934位

▼ 尋ね~ (2237, 72.5%)

131 みた 81 来て 71 見た 47 みると 45 来たの 40 来た 35 見ると 32 みたが 22 みました 18 行って 17 いた, 來た 16 いるの 13 いる, 行った, 見たが 12 きた, みようと, 来ました, 行くと, 見ました 11 みて, みますと, 来たこと, 行くの 10 みても, 来る人, 見ようと, 見る 9 みるが, みれば, 往った, 来ても, 行けば 8 みたの, 来る, 行つた, 見たいと, 見ても 7 きたの, きて, みなければ, みること, 来たと, 来たん 6 おいで, みましたが, 来た時, 行こうと, 見たの, 見ること

5 [15件] いった, おいでに, くれた, みたり, みよう, みる, 來て, 尋ねあてたおれたち, 来たという, 来るの, 来れば, 歩いて, 示す方角, 行くこと, 行った時

4 [26件] いたの, おいて, くれる, それを, みたいと, みたこと, みたん, ゐる, 來る, 参りました, 居ると, 来たが, 来たので, 来たもの, 来た事, 来まして, 来ること, 行きましたが, 行く, 行ったところ, 見て, 見なければ, 見ましたが, 見よう, 見るが, 見れば

3 [35件] いたが, いって, いるよう, くれ, これを, ごらんなさい, まいりました, みたいこと, みるに, みる気, ゆくと, 二度ほど, 來られた, 往くところ, 来たか, 来たから, 来たよ, 来たり, 来た客, 来た者, 来ると, 来るはず, 来るよう, 歩きまして, 行きました, 行く途中, 行ったという, 行つ, 見たい, 見たけれど, 見たところ, 見たり, 見ましょう, 見るに, 針箱の

2 [88件] あちこちと, あった, あるいて, あるぞ, いたあの, いない, いないので, いました, いると, いるところ, いるので, いる人, おきたい, くたくたに, くるの, くれたと, ここまで, ご覧遊ばせ, そこと, その日, まいったの, まいった者, まいりましたが, みたい気, みたい気持, みたけれど, みたら, みた事, みべ, みましたけれど, みましても, みるの, みる隙, みろと, やった, ゆく人, ゐるの, 一泊を, 参りまして, 叔母を, 居りました, 居る, 広島に, 彼女は, 御覧なさい, 手紙を, 本所へ, 来い, 来いと, 来そう, 来たけれども, 来たって, 来たよう, 来たらう, 来た男, 来ながら, 来ましたが, 来や, 来る者, 来る貧乏人, 此の, 編笠乞食の, 置いて, 聞いて, 行かずに, 行かれても, 行くかも, 行く事, 行く人, 行く継子さん, 行ったこと, 行っても, 行つたさうだ, 行つて見よう, 見たいの, 見たくなるの, 見たこと, 見たところが, 見たん, 見た所, 見た頃, 見ましたの, 見ますと, 見む, 見よ, 見ようか, 見ようかしら, 驚ろかれた

1 [859件 抜粋] あげること, あるいた, あるいても, ある剣法, いいますには, いうには, いかに孔明, いく者, いたく泣く, いたところ, いた今, いた美しい, いった筈, いつたこと, います, いら, いらしツたん, いらっしゃったん, いらつし, いること, いるこの, いるでは, いるに, いるもの, いるらしい人たち, いるん, いる先方, いる内, いる大月玄蕃, いる最中, いる法月弦, いる海晏寺, いる甲斐, いる竹山氏, いる羅馬国, いる青年, おいてから, おかげで, おくれ, おりました, おりました者, おりますもの, おるぞと, お互に, お出でなさる, お出でに, お客様が, お手元, お答えを, きさうな, きたその, きたという, きたとき, きた用向き, きた足跡, きても, きました今晩, くるでは, くるので, くるる友, くる學者, くれたそう, くれた人, くれた余り, くれた医師, くれないかと, くれなかったの, くれましたから, くれませんか, くれるなと, くれるよ, こいと, こちらへ, こなかった, このところ, この夕徒ら, この山, この村, この階子段, こられましたけれど, これから関西, これに, ござったの, ごらんそれも, ごらんなさいまし, ごらん遊ばせ, さすら, さへ, すぐに, せめて線香, そこに, そこの, そのこと, その動機, その平穏, その考え, それから冷, それが, それに, ついにジャン, どうする, なさけ容赦も, はおるが, はるかに, まいられたからは, まいりましたよう, まいりまする道, まはつ, まわって, みい, みたいという, みたいもの, みたけれども, みたですが, みたところが, みたまえ, みたまえ門, みたまでじゃ, みたらここ, みたらさすが, みたら今, みたら四人息子, みた所, みた時, みないこと, みなかったですか, みなかったの, みなさるが, みましたらこんな, みましょうかしら, みます, みませう, みようかとも, みようかなんぞと, みようとも, みよと, みられるが, みるにも, みるほか, みる勇気, みる機会, みろ, もう一度抱い, もし彼, もみよ, もらいたくそれ, もらうまい, やって来たの, やっとお菓子, やつて, やりたいくらい, やりました, やる, やれ, やろか, ゆきますと, ゆく, ゆくお, ゆくか, ゆくという, ゆくとき, ゆく方法, ゆく森啓之助, ゆく路, ゆけば, よい, よきやら, ゐた, ゐたの, ゐなかつたこと, ゐるらしい一茶, ゐる自分自身, ゐる青年, イチノベノオシハワケの, ツァーランに, ラムネを, 一体どうする, 一夜を, 一度昔話, 一部始終悉しい, 一間に, 上げたいと, 上つておいでに, 上る事, 下さい, 下さいました, 下さいませんのね, 下さりゃ可, 下さるまでは, 下されば, 下さんせ, 下せえました, 両親の, 之を, 九州から, 五年越日本中を, 人名を, 今より, 伊右衛門を, 何か, 使を, 使節の, 來ても, 修行の, 借家を, 僧国常に, 先ず其店番, 先方の, 八瀬, 再びそれ, 出掛ける, 初めて会い, 加集の, 厄介に, 参ったの, 参った者, 参りましたちょっと, 参りましたゆえ, 参りましょう, 参りますので, 参るという, 参る処, 参る者, 参れば, 参ろうと, 只今その, 只食う, 合葬した, 吉弥は, 君や, 呉し, 呉れたの, 呉れないだろうか, 呉れないので, 哭すという, 嘘八百を, 困らせた, 垂れ加え, 場末の, 大いに利益, 大体こう, 奥へ, 妹から, 始めて, 安心したい, 富士川口から, 尋ね当らぬこと, 小奴, 居りましたが, 居るなどと, 居る御仁, 島村が, 帰って, 幾人も, 延安府へ, 廻って, 廻国致す, 当分の, 彼らの, 彼等は, 往きますと, 往くが, 往くわけ, 往こうかと, 往つた時毫も, 往つて使ひ, 往来音問自在なる, 得ずこれ, 得たる知識, 御恩, 御覽, 慰めて, 我々は, 我を, 或は平民的道徳, 折らん墨染め, 故実来歴から, 旅に, 日の, 日本へ, 日毎に, 早速起し直す, 昔の, 曰く, 木の, 本当の, 来ずるずるべったり, 来たお雪ちゃん, 来たぜ, 来たそれ, 来たそれから, 来たぞい, 来たついで, 来たです, 来たねえ, 来たもと, 来たらしく樹, 来たら堅く, 来たわけ, 来たン, 来た与八, 来た人, 来た例, 来た前, 来た半, 来た娘, 来た弟, 来た彼, 来た意味, 来た最大, 来た甥, 来た用むき, 来た私達, 来た自分, 来た要作, 来た訳, 来てね, 来ないし, 来ないと, 来ないの, 来なかった, 来なかッ, 来なければ, 来なすった時, 来ましたぜひ, 来ましたと, 来ます, 来ます友, 来ませんか, 来ませ洛東, 来ようと, 来られた, 来られたの, 来られた生徒さん, 来られましたネ, 来られると, 来られるの, 来りゃあ, 来るかも, 来るからなあ, 来るそう, 来るという, 来るなんて, 来るに, 来るやう, 来る五つ位, 来る同族, 来る客, 来る必要, 来る時, 来る様子, 来る近所, 来る途中, 来る門弟たち, 来る馬鹿もの, 東京から, 果して死なね, 欝叢たる, 歩いた, 歩いたけれど, 歩いたその, 歩いたん, 歩きながら, 歩きましたの, 歩くと, 歩く癖, 歩行いたなら, 江戸に, 池内操縦士は, 法然上人は, 洛邑を, 浪人夫婦が, 渠は, 漂泊う, 父四郎左衛門の, 父王の, 甚だくたびれた, 病状を, 目に, 相談しなけれ, 知らん三島江, 知るまで, 知れましたと, 破談を, 福昌号に, 福昌号の, 私は, 種, 箆棒め飯場た, 精密な, 紫に, 置く, 置こうと, 聖覚法印の, 聞いた事, 自分たちの, 自分と, 花と, 草鞋で, 荒地を, 血眼で, 行かっしゃる, 行かなければ, 行かねば, 行かれたと, 行かれるであらうか, 行かれるの, 行かれるよう, 行かれる一筋, 行きたいが, 行きたいとは, 行きたかつたの, 行きにく, 行きましたけれども, 行きましたらずいぶん, 行きましょう同類, 行きや, 行き一両小遣, 行き彼女, 行くか, 行くという, 行くとの, 行くまで, 行くより, 行く他, 行く必要, 行く気, 行く覚悟, 行く訳, 行けなかつた, 行こうかと, 行こうという, 行ったお, 行ったと, 行ったので, 行ったもの, 行ったらどんなに, 行ったり, 行ったん, 行った先, 行った須永先生, 行つたのだ, 行つた時ばかり, 行つた時水上村といふ, 行つてこの, 行つても, 行つて三輪の, 行つて拝ん, 行つて見る, 行李を, 西また, 見えられます, 見たいとも, 見たいもの, 見たく現在其処, 見たけれども, 見たと, 見たまえと, 見たらうむ沢山, 見たらばと, 見たらまだ, 見たら案外, 見たら紳士, 見たら花宝玉, 見た時, 見てから, 見ないでは, 見ば, 見ましよう, 見やうかと, 見ようかと, 見ようとして, 見るの, 見るもの, 見るより, 見る必要, 見度, 親友には, 言いますには, 記された, 試験を, 誰かが, 諸国を, 貰えまいかと, 貰ったが, 走った, 身を, 迷い入った時, 迷ふ, 連れ立って, 遊んだこと, 郊外に, 郵便局に, 野良犬の, 雄鳥と, 雑木林の, 靴師の, 飛んで, 飽きなかった, 駈けつけると

▼ 尋ねても~ (115, 3.7%)

4 返事を 3 彼は, 誰も 2 ろくろく返事, 二本三本とは, 鐙は

1 [99件] いちどは, お店, このスピイスブルク, こんな意味, さらに分からなかった, その都度都度, それが, それと, それ以上は, たいてい返事, ただこう, ただそこ, ただ大きな, たぶんむだ, どれが, ないの, ない宝物, はかばかしい答え, まるつきし通じない, みたしまた, みて, みないで, みなかった, もうそれきり何, もう二度, やっぱりあれ, よくは, よさそう, わからぬよう, われこそ, ムクは, 一言も, 不動様なんて, 不得要領な, 云いそう, 今は, 何う, 何の, 何を, 來たんで, 便所の, 僕の, 分らない, 分りません, 分ること, 利尻山は, 千代は, 右馬の, 同じ返事, 大子まで, 妙に, 少しも, 居留守を, 山は, 影さえ, 彼女は, 悪かろう, 手前の, 振りかえる烏, 教えない, 文明民族に, 本当の, 来ませ東山いさよ, 根本の, 決して数多く, 湯屋も, 無いかと, 無いで, 無いであろう, 無論返事, 無駄, 物言ふこ, 理由を, 産霊神と, 皆知らない, 真相を, 知って, 知らぬ存ぜぬと, 知れず何, 知れないもん, 知れなかった, 碌々返事も, 笑って, 素直に, 花は, 苦笑いを, 草の, 行かぬのに, 行方が, 要領を, 見えるもの, 見当るまい, 諸戸は, 返事も, 返答を, 逐われる虞, 野々宮君は, 関は, 頭山満翁も

▼ 尋ね~ (107, 3.5%)

4 来たの, 行つた 3 なりました, なるかも, 来た 2 なるの, 來て, 出かけました, 貞阿

1 [82件] きた位, きて, こちらへ, なった, なったので, なりましょう, なる以上, まいります, やつて, やりなど, やるとか, 三里彼方の, 両国まで, 付思ひ出し, 付止を, 來ようと, 兩人言葉を, 出て, 出ましょうに, 出るとともに, 出向いて, 参ったの, 参ったもの, 参った事, 参った者, 参りました, 参ります今度, 参る処, 參る, 城富は, 奥様から, 尋ねて, 小歌が, 往きたいもの, 往く, 往こうと, 往った, 往つたが, 応じて, 應じ, 成ったこと, 新光明寺, 旅立ちました, 旅立つた, 日向まで, 日頃大丈夫の, 来たこと, 来たと, 来たとも, 来たもの, 来たわけ, 来たん, 来た事, 来た人, 来た又右衛門, 来て, 来る, 来るとは, 来る新聞雑誌, 来る裁判所, 松山へ, 歩いた処, 漸く面, 立ち寄りましたところ, 答えるべきなの, 與惣次又, 虎松然, 行きしに, 行きましたが, 行きまして, 行きますのに, 行く, 行くです, 行くの, 行く訳, 行く頓馬, 行ったの, 行った人, 行った猟師, 行って, 近よって, 飛び出す畑

▼ 尋ねたり~ (65, 2.1%)

15 した 3 するの, 尋ねられたり 2 して, する, 相談し, 話したり

1 [36件] あつちの風俗, したが, したところ, した敷島, しました, しましたけれど, し阿園, すること, するところ, するよう, する女, する所, なさいました, または室, やたらに, メルキオルの, 又はこの, 叔父や, 墓を, 家の, 家探しを, 探ったり, 森夫の, 私生児でも, 突然大塚, 聞いたり, 自分で, 若桜スキー場へも, 視察し, 親切に, 言ったり, 語ッたり, 説の, 道程を, 附近の, 隣室の

▼ 尋ね~ (49, 1.6%)

366 るれば 2 るべきもの 1 るに, るべきか, るるどうやらその, るる子, るる時

▼ 尋ねながら~ (27, 0.9%)

1 [27件] うとうとする, ぐずぐずし, ここ宮川の, ついて, にっこりしました, むなしく町中, 中仙道を, 仕事から, 例の, 僕の, 寝床の, 弟や, 彼女は, 手酌で, 拝もうとも, 東京へ, 泣き出したん, 湖心寺へ, 澄子は, 父の, 田川博士が, 相手の, 相談を, 絶えず其獅子, 罪亡ぼし, 遂に探し得なかった, 飛ぶ

▼ 尋ね~ (27, 0.9%)

5 咒術を

1 [22件] ある事, やうです, 一件は, 上は, 上白洲へ, 上長庵を, 人相の, 使いは, 儀に, 儀有之に, 出るの, 如く其節, 廉, 所未だ, 手紙を, 時右彦兵衞が, 時我書たりと, 有りし上相方, 私の, 趣き成程, 趣き罷り, 通りに

▼ 尋ね~ (25, 0.8%)

2 りしを, り暫く

1 [21件] たりし, たるごと, て, て一, て余, りし, りしか, りしならん此方, りし事, りし時我樣子, りその頃余, りて, りぬ, り夜前清三郎, り對面, り無心, り見れば, るの, るべきにより, れば, ん折

▼ 尋ね~ (23, 0.7%)

3 しないのに 2 しないうち

1 [18件] いたしませんでした, しず一人, しないお, しないが, しないで, しない事, しなかった, しなかったし, しましねえが, せずに, せずまた, せず不思議がり, せず自分たち, せず足疾, せぬに, せぬの, 申上ざる, 見ば

▼ 尋ね~ (21, 0.7%)

4 をした 2 が急

1 [15件] がじつに, がまた, が何となく, が悪い, が詰り, ではありません, ではエラ物, なの, には行き, のよく, はおかしい, はできなかった, をします, をする, を願い出

▼ 尋ね~ (18, 0.6%)

8 しなかった 2 しない 1 したが, しない云ったの, しなかったが, しなかつたけれど, しません, しませんただ, なきやう, 致しませんでした

▼ 尋ねては~ (14, 0.5%)

1 [14件] いかん, くれない, ならぬもの, ならぬ人, みたが, ゐなかつたかと, 俊夫君の, 先方から, 帳面に, 折角巡逢った, 来なかった, 来なかったの, 見るけれど, 金田夫人の

▼ 尋ね~ (12, 0.4%)

42 ひしに, ふに 1 はしめ給, ひて, ふと一斉, へば年ごと

▼ 尋ね~ (11, 0.4%)

1 [11件] と申ゆゑ數多, に付き, に途中, ひしに, へども更に, へばその, へば井田駿河守, へば其人, へば右紅毛, へば父, へ共何分

▼ 尋ね~ (7, 0.2%)

4 わるい結果 2 ありましたから 1 いけない結果

▼ 尋ね~ (7, 0.2%)

1 て, てたやう, てて家賃, てられたとき, て魚, り彼, り次第市之丞

▼ 尋ねその~ (6, 0.2%)

1 人をも, 名刺を, 方法を, 物の, 門生たらん, 静かな

▼ 尋ね~ (6, 0.2%)

1 ひしか, ひぬ, ふに, ふ共, へといふ, へと云

▼ 尋ねてから~ (5, 0.2%)

1 いいました, もう十四, 判事に, 呼び出して, 私は

▼ 尋ねやう~ (5, 0.2%)

1 としても尋ねる, ともしなかつた, と存じける, と思, と思ふ

▼ 尋ね~ (5, 0.2%)

1 しかば道庵別, しか共, て御身, に平吉, 之候

▼ 尋ねそれ~ (4, 0.1%)

1 から行っ, に対する子供たち, に迫つて, を一緒

▼ 尋ね~ (4, 0.1%)

2 ほしき園原 1 ゐら, ゐり候

▼ 尋ね~ (4, 0.1%)

1 ざれば, て表, て身, て金子二分取出し

▼ 尋ね~ (4, 0.1%)

1 な奉行, に, に佐吉, に垢

▼ 尋ね~ (3, 0.1%)

2 した 1 っしゃるとの

▼ 尋ねそして~ (3, 0.1%)

1 神が, 金を, 頭を

▼ 尋ねそれから~ (3, 0.1%)

1 湖の, 疲れて, 近頃の

▼ 尋ねつつ~ (3, 0.1%)

1 上がって, 同地方, 此方の

▼ 尋ね~ (3, 0.1%)

1 ひあるは, ひしに, ぶらはむ

▼ 尋ねよう~ (3, 0.1%)

1 がありません, は元, もなく

▼ 尋ね~ (3, 0.1%)

1 られたり, り久々, り候間右

▼ 尋ね当て~ (3, 0.1%)

1 なければ, 曠野に, 無事親許に

▼ 尋ね~ (3, 0.1%)

1 たりと, て厚く, べきむね嚴重

▼ 尋ね難く~ (3, 0.1%)

1 その僅か, なって, 市木さんの

▼ 尋ねかつて~ (2, 0.1%)

1 世界の, 捨てられたわたくし

▼ 尋ねけれども~ (2, 0.1%)

1 一向に知れず, 文藏立腹の

▼ 尋ねそこ~ (2, 0.1%)

1 に根柢, へお

▼ 尋ねたま~ (2, 0.1%)

1 へ, へり

▼ 尋ねてと~ (2, 0.1%)

1 云う, 仰せられるか

▼ 尋ねての~ (2, 0.1%)

1 あした村人さへ, 帰りに

▼ 尋ねにくい~ (2, 0.1%)

1 人の, 気が

▼ 尋ねにくく~ (2, 0.1%)

1 なった, なったの

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 うなばか, 革命の

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 したら月桂寺さん, 受けた位

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 つべし第, に候

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 についてはさっぱり, の始末

▼ 尋ね來ら~ (2, 0.1%)

1 は葢, ば斯樣

▼ 尋ね候處~ (2, 0.1%)

1 大いに驚, 知れざる由

▼ 尋ね向き~ (2, 0.1%)

2 を探っ

▼ 尋ね天明以後~ (2, 0.1%)

2 の美人画

▼ 尋ね嵐雪~ (2, 0.1%)

1 を訪い, を訪ひ素堂

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 は思ひ, 存ずるなり

▼ 尋ね廻つて~ (2, 0.1%)

2 見たが

▼ 尋ね廻り~ (2, 0.1%)

1 しかど, し裏河岸伝

▼ 尋ね或は~ (2, 0.1%)

1 態と風情, 批判する

▼ 尋ね自分~ (2, 0.1%)

1 に親しみ, の名前

▼ 尋ね遂に~ (2, 0.1%)

1 奸計を, 病氣の

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 にわざ, に思ひ

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 ひ上, ひ奉つり度私

▼ 尋ね~ (2, 0.1%)

1 んで今や, 倦んで

▼1* [197件]

尋ねあてたる智月庵, 尋ねあて湯に入れ, 尋ねあるいは古音旧, 尋ねいつごろ落したの, 尋ね互に合宿, 尋ねおききなさるが, 尋ねお父さんも開け, 尋ねかたをした, 尋ねけれど在らず, 尋ねことに三河の, 尋ねこれはほかならぬ, 尋ねごとさっしゃるかね, 尋ねさらに雪舟土佐に, 尋ねさッしゃるかな, 尋ねざらんや, 尋ねしも訳分らず, 尋ねそれぞれの意見, 尋ねたりといひいひを, 尋ねだれだれはどう, 尋ねちゃ駄目だ, 尋ねついに法界に, 尋ねてからにするほう, 尋ねてでもいなさるの, 尋ねてな清きその道, 尋ねてなんか行くもの, 尋ねてまでみた, 尋ね訪ねど, 尋ねながらに牧場の, 尋ねなどした, 尋ねにかと得右衛門, 尋ねにくそうな, 尋ねにくかったの, 尋ねにこそは出行けれ爰, 尋ねに対する御返事には, 尋ねはし給はぬか, 尋ねばかりにて外には, 尋ねぶりであります, 尋ねみずから魂を探り, 尋ねむとするときは或はその, 尋ねもとむる心も, 尋ねやがてその人, 尋ねゆゑ早速文藏, 尋ねゆゑ私し共, 尋ねりや怪我過失は所, 尋ねわが罪を, 尋ねカブラルが大っぴら, 尋ねゲーテの艶福, 尋ねファヴロールにおける家族ら, 尋ねモンパルナスは答えた, 尋ねランプの火, 尋ね一の関に至つて方, 尋ね一緒に玉突き屋, 尋ねを比較, 尋ね日進覧す, 尋ね今日は何, 尋ね仰せらるるの, 尋ね体温を聞きました, 尋ね何時立たんセエヌ, 尋ね候ところアメリカ船にて江戸表, 尋ね候処驚怖の, 尋ね候所何成罪にや傳吉領主, 尋ね候所弟吉三郎金屋利兵衞方に譯, 尋ね候所曼陀羅紛失の次第斯樣, 尋ね候折柄此間千住に於, 尋ね候處不慮の災難, 尋ね候處夫は最, 尋ね候處御召捕に, 尋ね候處文右衛門は八ヶ年以前國表越後家浪人, 尋ね候處霞ヶ關邊の病家, 尋ね先々の話, 尋ねつて重い鈍い, 尋ね全快次第出勤せいと云, 尋ね其品行を説き, 尋ねださる, 尋ね出さんと又, 尋ね出さん爲御邊を是, 尋ね劉子の流, 尋ね労働運動について彼, 尋ね勝見に会っ, 尋ね参考書なども貸し, 尋ねくべきもの, 尋ねの金子, 尋ね各々の学問, 尋ね合点するの, 尋ね向うにも食べる, 尋ね向島堤上の砂利, 尋ね和尚にはそう, 尋ね哀しみ狂して, 尋ね問いなどし, 尋ねから噂, 尋ね大丈夫だと, 尋ね天一坊の身分, 尋ね天安記と云, 尋ねにても手係り, 尋ねおかめ, 尋ねも真顔, 尋ね孝子を顕賞, 尋ね孫たちをそば, 尋ね宿の妻, 尋ね陵の, 尋ねを探り, 尋ね常々新町へも入, 尋ね度事なり依, 尋ね度仔細ありと, 尋ね度段あり先, 尋ね廻つて一種の調子, 尋ね廻り三月前から西班牙, 尋ね廻り千辛萬苦し今日此處, 尋ね廻り地内の鎭守稻荷堂, 尋ね廻り往來の人々, 尋ね弔はんには秋, 尋ね彼女がその, 尋ね彼等を飜弄, 尋ねって新妻, 尋ね仕置にも, 尋ね思い出に耽る, 尋ね怪談に関する文藝上, 尋ねを報い, 尋ね悪い局所にも, 尋ね惱みつと覺, 尋ね懇篤で道義的, 尋ね或いは人の, 尋ね文書を探っ, 尋ね識を, 尋ね旅人から奪っ, 尋ね既往を回顧, 尋ねが願い立て, 尋ねつらん, 尋ね来山村の旧, 尋ねです, 尋ねは自分, 尋ね武蔵のあり, 尋ねるき出した, 尋ね歩きしが明治十年前後, 尋ね歩行たる事, 尋ね歩行鴻の巣より態, 尋ね毎夜海底の妖怪鬼魅, 尋ね気分が悪かっ, 尋ね求むること三日漸くに, 尋ね求めもしない, 尋ね沙汰し敵人, 尋ね淀屋の巨財, 尋ね深く踏込んで, 尋ね深夜にあるく, 尋ね源太夫という軽業師, 尋ね灌木の茂み, 尋ね玉突やら晩餐, 尋ね申さんと暇乞, 尋ね申上んと言置長八, 尋ね申上度候得共おのれも風邪等, 尋ね申付る來, 尋ね申度事有右夫婦の者, 尋ね申度仔細あり御, 尋ねは一枚, 尋ねの間, 尋ね病人がない, 尋ね矢鱈婦人に思ひ付かれ, 尋ね研究すること, 尋ねし儀其儀, 尋ねむべき, 尋ね究むる暇なかりしもの, 尋ねのごとく走り追う, 尋ね純理を探る, 尋ね索めている, 尋ね給ふか檀那は別に, 尋ね締りの儀, 尋ね置被下間敷哉但自炊にても差支無, 尋ね聞召さるるの, 尋ね聴講科目などの指導, 尋ねふ, 尋ねの庵, 尋ね蕎麦屋の出前持ち, 尋ね行んと思ひ, 尋ね行事などは思ひ, 尋ね行身の落付, 尋ね西京見物に日, 尋ね見物して, 尋ね親しくその眉目, 尋ね許諾を受け, 尋ねの泉, 尋ねたるお, 尋ねを聞き, 尋ねを診, 尋ねへか行, 尋ねよること, 尋ね進らせん名を聞ば, 尋ね部屋は気に入った, 尋ね金子を返却, 尋ね雑仕婦はいろいろ, 尋ね難いが少なくともかつて, 尋ね難し而も, 尋ね頑としてさうであると, 尋ね頑としてそうであると, 尋ねを探り物, 尋ね馬糧の草, 尋ね骨組を作り, 尋ね高直で買い取った